ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[106] 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる
日時: 2016/04/13 08:12
名前: 遂犯無罪 ID:AEEuyB9Y

絶望的な日本の警察裁判所

法治国家の無法地帯・・裁判所 裁判の仕組みが 犯罪も 捜査も 裁判も 弁護も 仲間内でやれる裁判に「裁く側と捜査する側の不正」がある 公判調書偽造で立証された。
マル暴扱いのアウトローや変質者扱いされて有罪判決になった方は 自分の判決書を取り寄せて検証すべきだ 懐疑しなければ人間の尊厳という生きるに値する根源まで破壊される。

誤判の基は当事者主義の不徹底 検事の証拠隠し 被疑者 証人等の供述証拠のみを有罪証拠に権力のでっち上げ 弾圧事件において「証書の差替え 検事の証拠の偽造」を立証した本件は司法を国民の手に取り戻す突破口となった。 

http://www.suihanmuzai.com/
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

何故に判決書を公開しないのか ( No.128 )
日時: 2011/09/05 09:18
名前: 遂犯無罪 ID:nhG.S1uU
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

お主の逆転無罪判決をこのように考えている。

前科持ちで定職も無く、終わっている裁判沙汰で騒ぐ北詰はトラブルメーカーと胡散臭く周囲は思っている、淳司なら何をしてもおかしくない、そうした面からも7年前にお前の身辺調査をした、借家の管理会社・富士不動産や近所の聞き込みもした、しかし意外と地元では目立つ不良行為はない。

逆転無罪になったのは告訴人・河野洋子氏の員面・検面調書の不正にある、その証左として河野氏の所在は消えて掴めない、河野氏を口封じする必要が司法にはある。
たぶん十数回もの法廷であったならば、当然に国選は真相を知っている、だから法曹三者の意思一致で、調書事件を揉消そうとした。
しかし二審の国選は何らかの外圧(司法監視組織)から、事実調もせず、原判決を覆した、検察も断念するしかなかった。

俺は逮捕時より犯行を全面的に認めており、一、二審の判決書を総て公開している、刑事犯を認めている以上、氏名など出す必要もない、実名公表は冤罪主張とは別問題だ、因みに当方の事案は再審請求事件でなく、裁判そのものが構成していない非常上告事案であり、検事総長の指揮に係る裁判所犯罪だ。
再度告ぐ、一、二審の判決書をfax送信しろ、この公開はしないと約束する。


>前科持ちで定職も無く、

お前が何の権利が在ってこの様に記載するのだ!

>終わっている裁判沙汰で騒ぐ北詰はトラブルメーカーと胡散臭く周囲は思っている、

明らかな証拠が在るからで、あろが!「判決書」そのモノが法律違反どころでは無く!憲法違反で在り!裁判そのものの危機を象徴するものなのだよ!

>淳司なら何をしてもおかしくない、

そうだ!正義の為ならばやる!“冤罪を詫びるどころか!”更に!違法行為・殺人行為の継続をしようとしている、殺人をしようとした様な役人らを、なぜ!許す必要があるのだな?

>そうした面からも7年前にお前の身辺調査をした、

お前に、その様な事をする、どの様な権利が在るのだ!

>借家の管理会社・富士不動産や近所の聞き込みもした、しかし意外と地元では目立つ不良行為はない。

当方は「人を陥れる様な事はしない!」しかし、逆に、その様な理不尽をするモノは許さない!!

>逆転無罪になったのは告訴人・河野洋子氏の員面・検面調書の不正にある、

その様な単純な事ではない。
@ 「河野洋子氏の員面・検面調書の不正にある、」は当然ではあるが!
A 高裁での当方を有罪にする為の段取り工作等がバレルからなので在り!!
B 東京歯科大関係の病院・山倉大紀医師の免許剥奪等に発展する為でもある!
C その他でも重要な存在で在るからなので在る。

>たぶん十数回もの法廷であったならば、当然に国選は真相を知っている、

「そんな甘いものではない。」のだ!

>だから法曹三者の意思一致で、調書事件を揉消そうとした。

更に!当方を有罪とる為の陰謀がバレナイ為なのである!!

>しかし二審の国選は何らかの外圧(司法監視組織)から、事実調もせず、原判決を覆した、

“当方の為”に、である!!!

>検察も断念するしかなかった。

まさに!「自分たちは知らなかった。」とは、言えない状態で在るからである!!!

>俺は逮捕時より犯行を全面的に認めており、一、二審の判決書を総て公開している、刑事犯を認めている以上、氏名など出す必要もない、実名公表は冤罪主張とは別問題だ、因みに当方の事案は再審請求事件でなく、
>裁判そのものが構成していない非常上告事案であり、検事総長の指揮に係る裁判所犯罪だ。

当方は解らない!知らない。

再度告ぐ、一、二審の判決書をfax送信しろ、この公開はしないと約束する。

現時点では必要はない!
想像する様なモノでは無く、昨年の今時分に、その理由も記載している。

http://www.a-kitazume.com




メンテ
無罪で文句あるかと判決書を渡さない東京高裁? ( No.129 )
日時: 2011/09/07 09:13
名前: 遂犯無罪 ID:64X.ti.s
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

無罪で文句あるかと判決書を渡さない東京高裁?

高裁の判決書を当方は本当に読んでいないのです。
それは、裁判所での言度を聴いておりまして!
裁判体が、まだ、負け惜しみを言(記載している)っている為です!!
抗議に裁判所へいきましたよ!
しかし!「無罪に不服があるのですか?」と!!
切り返されましたがね!!!
従いまして、この件はしばらく待って下さい。
しかし、当方のホームページ等へのリンク・記事としての取り上げはよろしくお願いします。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/110905.jpg.html
メンテ
キ印・北詰淳司の欺き ( No.130 )
日時: 2011/09/08 07:03
名前: 遂犯無罪 ID:LlOrvxcA
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

suihanmuzai よ!
当方の昨日、今日の有楽町駅・警察庁・裁判所前での警察庁に対する街頭演説を仲間から聴いてみろ!
最早!お前などを、盛り上げる為に! 当方を“いじらす”段階ではないのだ! 判るか? 2011/9/7(水) 午後 10:02




判決書の全文は手元にあるからスキャンしたのだろうが 道化ではすまないキ印の欺きだ 謝罪しろ!

この男は、大高正二氏をいろいろ批判していますが、じつは妻の死亡保険で毎日仕事すらしないで遊び暮らしている男でして、相手にするべきではありません
しかも妻の死亡には不審な疑惑があり、それを指摘すると片っ端から削除し質問に答えません
メンテ
判例は国民共有の財産 ( No.131 )
日時: 2011/09/11 09:26
名前: 遂犯無罪 ID:mZe7dqWs
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

判決書は国民共有の財産である、この逆転無罪判決の判決書が手元にありながら、判決事由は知らないと嘯き、司法糾弾する北詰淳司の欺瞞は看過すべきではない。
こやつの狂乱沙汰は体制側への利敵行為であり、腐った林檎は排除しなければならない。

逆転無罪となったのは訴訟手続きの違背であることは推知できる、これを鬼の首を取ったように、二年余も隠して自己顕示欲に理由する、どこに社会公益目的がある、映画にする?
 これがこいつの本音だ。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/110905.jpg.html
メンテ
これも偽装裁判だ ( No.132 )
日時: 2011/09/14 20:49
名前: 遂犯無罪 ID:hIuHw5Is
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

>多和田裁判長の顔が青くなったとの事です。
青くなった・・とは先入観的ですが、人一倍ポーカーフェイスが求められる法曹三者でも、咄嗟に嘘は吐けず態度に表れるものです。
15年前の東京高裁刑事9部、弁護人を威嚇する佐藤文哉裁判長に向かい「虚偽告訴事件である」激しく抗議したところ、佐藤は顔を振り明らかに動揺する様を見せた。
この原審は偽装裁判であり、これを隠蔽すべく二審でも証拠調は為されなかった、刑事でも民事でも偽装裁判がされている。

大高氏が国選弁護士を解任して萩尾健太弁護士を選任しましたので大高氏への返信をお知らせします。
大高さんの奥さんのお話では、12日萩尾弁護士が大高さんと
接見後、東京地裁に選任届けに行くと、多和田裁判長が『16日の法廷は国選弁護士で行く、貴方は大高の弁護士とは認めない』
との違法、13日更に、萩尾弁護士が大高さんと接見後、東京地裁に行き多和田裁判長と話し、和田裁判長は『16日の法廷は国選弁護士で行く、貴方の法廷は10月に設定する』と言い、更に萩尾弁護士が「私の他にもう1人弁護士をつける」と言うと、
多和田裁判長の顔が青くなったとの事です。
http://www.konansoft.jp/bbs/ootaka/light.cgi
メンテ
公務員の個人責任を問う ( No.133 )
日時: 2011/10/17 15:39
名前: 遂犯無罪 ID:5I.Zx0yo

村木事件とは、法廷に証拠提出されていない検事証拠を捏造したというものである。
わがお粗末名損刑事事件では、捏造した検事証拠を有罪証拠とした採用、判決書の証拠の標目にも記載されている。

確か村木さんは、犯罪行為をした公務員個人の責任を追及しての提訴だと記憶しているが、認諾により争う権利を奪われたことになる、しかし裁判例としては注目に値する。


郵便不正事件で無罪が確定した厚生労働省の村木厚子元局長(55)が、不当な逮捕、起訴で精神的苦痛を受けたなどとして国と大阪地検元特捜部長、大坪弘道被告(58)=犯人隠避罪で起訴、公判中=ら3人に計約4100万円の支払いを求めた国家賠償請求訴訟の第4回口頭弁論が17日、東京地裁(堀内明裁判長)であった。これまで認否を留保していた国側は、休職中の給与分など約3770万円について、請求を認める「認諾」を表明した。

 国賠訴訟で、国側が認諾を表明するのは異例。認諾した内容について、大坪被告ら検察官個人の賠償責任などは今後審理されない。

 一方、大阪地検が報道機関へ捜査情報をリークしたとして請求された慰謝料など330万円については、争う姿勢を示している。

 国側はこの日提出した準備書面で、村木さん側の主張に対し、「事件の重要な証拠であるフロッピーディスクの改竄(かいざん)など、事案の特殊性に鑑みて認諾する」と説明した。

 村木さんの代理人を務める弘中淳一郎弁護士は東京・霞が関の司法記者クラブで会見し、「裁判を通し少しでも真相が明らかになることを期待していたのに、驚いている」とする村木さんのコメントを発表。「税金をぽんと渡し、一切の議論を封じ込めた。納得いかない気持ちだ」と述べた。

メンテ
検察庁法違背に係る件についての面会申立 ( No.134 )
日時: 2011/12/14 21:40
名前: 遂犯無罪 ID:e7eCTxAM

憲法に保障された”公正な裁判を受ける国民の権利” 
この基本的人権が、公益の代表者・検察官による証拠の偽造、恣意的公訴権の行使から蹂躙・侵害されている。
世界共通の法の理念「適正な法の手続き」を蔑ろにした、偽装裁判が全国津々浦々でされている。

我らは検察による人権侵害の被害者であり、この長き亘る有形無形の被害は拡大生産化して、生活破綻の情況に瀕している、人権は経済的に保障されて、始めて人権になる、 浜野検事への愁訴すべく、年内の面会を要請します。


投獄から16年、未解決事件のキーパーソンは、偽造検面調書の実行犯・高橋真検事及び、検面調書の供述人・須崎の出現です。
この両者への取調要求に対して、適格審査会は捜査権が無いことを理由に、8年も不作為を続けています、しかし高橋真検事は、昨年10月から隣接する東京地方検察庁検事の職籍にあります。
この両名に検面調書の本人署名・指印の検認をさせれば、瞬時に解決に至る事犯です、ただこれだけで積年の艱難辛苦から解放されます、宜しくお願いします。http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/111215.jpg.html
メンテ
検察官適格審査会の偽装議決 ( No.135 )
日時: 2011/12/16 18:13
名前: 遂犯無罪 ID:O/zwDppo

検察官適格審査会に昨日に送った面会申し立ての回答があった
タダと名乗る検察官は、2004年12月17日に開かれた審査会で申立却下の議決がされた。
この議決書は郵送してあり届いている筈という、もちろんそんな事実はなく、送付者の記録も旧いことで保管はないとか。

2003年12月に法務省に赴き名を名乗らず庶務担当という男二名に審査申し立てをして、その後も二人の検事に対する審査申立をしている。

申立から一年が過ぎて審査状況を訊いたところ、審査会は捜査権がないから相手側の調査ができない。
毎年盆暮れには催告書を送り続けた、やっと検事面前調書の偽造犯・高橋眞検察官が東京地検にいることを突き止め、これで積年の問題が解決すると安堵した。
送達されていない議決書は明日にも届くが、やはり偽装裁判・偽装議決は郵便と表裏一体であるのが証明されるだろう。
メンテ
Re: 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる ( No.136 )
日時: 2012/03/12 11:22
名前: 遂犯無罪 ID:EQLRiZVU

14年前、満期出獄して虚偽告訴人・園田義明と須崎スミエを提訴、二年の審理で原告勝訴は必至であり、このときに始めて検事面前調書の偽造署名を、冤罪事件関係の組織に伝えた。

折り返し意味不明の返信が届いたが、この組織の次回の機関紙に蜂起宣言と思えるトップ記事が掲載された。
これは党派を超えての結集を呼びかけるもので、このときから界面下で検事面前調書の捏造を核とする冤罪事件の総結集がされるものと推知した。

やはりこの憶測は当たっており、先日の東住吉再審事件や今日のこの再審請求事件など、誰の目にも判る再審請求の続出である。


27年前の殺人で再審請求=懲役13年確定し服役―熊本地裁

 熊本県宇城市で1985年に知人男性を刺殺したとして、殺人罪などで懲役13年が確定し服役を終えた熊本市の宮田浩喜さん(78)の弁護団が12日、熊本地裁に再審請求した。請求は日弁連が支援している。
 弁護団によると、捜査段階で宮田さんは「凶器の小刀に布を巻き付けて刺したが、布はその後燃やした」と自白。しかし、布が熊本地検に保管されているのが見つかり、布や小刀に被害者の血液は付着していなかったという。また傷の形状と小刀の形が合わないとの新たな鑑定も得て、これらを自白の信用性を覆す新証拠としている。 


引用から
戦いというものは、敵陣の惨状よりも味方の被害のほうが見え易いものです。自陣の状況のみをみていると判断を誤ると思います。楽観は禁物ですが敵もかなり追いつめられている。
それに我々が認識しておくべきことは、敵と味方を並列に並べてどちらが勝つかという単純軍事的観点ではなく、闘争が先鋭化すればするほど、矛盾が顕在化し、今まで覚醒していなかった国民が覚醒し、一旦覚醒した国民は再び眠るというようなことがない、本質的に政治的不可逆過程の闘争なのだということです。何やら一昔前の全共闘的な文章になってしまいましたが、勝利が3ヶ月後なのか100年後なのかはべつにして原理的に勝算は我々にあります。敵ができることは、敵陣をいつまで護ることができるのかというだけです。

メンテ
いよいよ胸突き八丁・・ ( No.137 )
日時: 2012/05/05 05:57
名前: 遂犯無罪 ID:n15lqGtA

雌伏19年 臥薪嘗胆16年 やっと実行犯検事が擬制自白する新局面に加えて、今月の20日でインフォシークが閉鎖となり、整理がてらに引越します。

アクセス稼ぎのスクラップ訴訟も今は一件のみ、これも訴状の二度の受取拒否で認諾の模様です。
いよいよ胸突き八丁・・ご注視よろしくお願いします。
http://suihanmuzai.com/
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存