ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[106] 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる
日時: 2016/04/13 08:12
名前: 遂犯無罪 ID:AEEuyB9Y

絶望的な日本の警察裁判所

法治国家の無法地帯・・裁判所 裁判の仕組みが 犯罪も 捜査も 裁判も 弁護も 仲間内でやれる裁判に「裁く側と捜査する側の不正」がある 公判調書偽造で立証された。
マル暴扱いのアウトローや変質者扱いされて有罪判決になった方は 自分の判決書を取り寄せて検証すべきだ 懐疑しなければ人間の尊厳という生きるに値する根源まで破壊される。

誤判の基は当事者主義の不徹底 検事の証拠隠し 被疑者 証人等の供述証拠のみを有罪証拠に権力のでっち上げ 弾圧事件において「証書の差替え 検事の証拠の偽造」を立証した本件は司法を国民の手に取り戻す突破口となった。 

http://www.suihanmuzai.com/
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

みりんで果実酒 ( No.115 )
日時: 2011/05/05 16:56
名前: 遂犯無罪 ID:t/dsV29I
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

当方は違法すれすれの禁じ手に悦びを見出す資質があります 大昔に飲酒検問を突破、追跡するパトから逃げ長風呂で酒気抜きをしました。

しかし近年は冤罪主張者ゆえそうしたスリルは望めず ささやかな反則・酒税法抵触を愉しんでいます。
”みりん”で果実酒 いちごで試したところ、色は混ざってしまうものの、これが何とも美味い、宝・万丈・ミツカンなどの本みりんを利き酒しましたが、何れも吟造酒のランクで値段も合成酒並、ただ難点は甘すぎる、青梅に穴を開ければ一ヶ月後には呑めるのではとこの先の楽しみです。
http://www.marukawaya.com/mamechishiki/mamechishiki25.html

先日の都心から高尾行きの終電での出来事です、国分寺を過ぎた頃、若い女性が「この人から痴漢をされました」混んでいるごく近くから声が上がり初老の男がにやけていた。

女性は男の手を掴み次の西国分寺で降りた、たぶんこの先まで行くのだろうが被害届をするとなると帰路はどうなるのだろう、初めて身近で起こった痴漢事件だが、15年年前のこの五月、ワイセツFax男と商業五紙で報道リンチされ留置場の情景が甦る 初夏とあり痴漢犯も多く自白話を聞いた。

同じ女性に二度目の犯行をして逮捕された また若い女性を尾行して人目の無いところで前に立ちはだかりズボンを降ろす しかし若い女性は絶句して逃げる これが愉しいという学生。 
あるとき黒髪の後姿が美しい女性の前に立ったところ凄い悲鳴を上げた しかも若いと思っていた女性は60近くだったとか。



わがHNの確信犯の冤罪主張とは二律背反を指したものです 民事上の加害者から生活破綻となる危機状況に 違法性が阻却される違法行為をした。

この緊急避難の要件から注意深く犯行を重ねた 例えば誣告者・園田の警察調書に・・被疑者からの電話に「云い難いのですが頂きたいものがある」そこで何でも良いから要求せよと云った。

忘れていたことを思い出した この時に突然に演歌が聞こえた クラッシクしか聞かないという奴 園田はカセット録音の再生を間違って押してしまった 可笑しいのを堪えて「次回号のビラの貴殿のポートレートを載せたく顔写真が戴きたいのですが」何とか恐喝犯罪に仕立てようとした園田だが、起訴事実は狙いの名誉毀損容疑 これでは園田夫婦の狙う投獄は敵わないから激越な被害・処罰感情を訴えた。

また検察も偽造検事面前調書を隠蔽すべく、告訴の追完をする追起訴をして弁論の併合をした、ここら辺のことは獄中で学習した口語刑事訴訟法から推知、起訴有罪率99,9%の現実に、起訴されて小躍りした者は稀有でしょう。

即日結審を主張する弁護人は無視して、起訴事実は完成時効であり公訴棄却主張する積りが、何と法廷で訴因変更されてしまった、検察証拠を見ずに証拠同意する弁護人から誣告者への反対尋問権を放棄された、この事態に混乱、気が付いたら結審していた。

しかし二審も事実審であり、二審で事実調べをすれば逆転無罪で虚偽告訴人から一連の捜査側や原田判事らも逮捕となった。
二審の私選・原・佐藤弁護士は「一審で為されることが何もされていない」と云いつつ何もせずに結審させた。

二審の裁判官・検事・弁護人こそA級戦犯である。
白日夢のような真昼の暗黒・偽装裁判からこの7月で15年が過ぎる。

メンテ
日弁連の責任倫理を糾す ( No.116 )
日時: 2011/05/07 03:24
名前: 遂犯無罪 ID:3lVGNrWw
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

日弁連の責任倫理を糾す

 1994年5月、須崎の偽計失踪から始まった痴話事件は、姦計・園田夫婦の陥
 穽に嵌った弁護士の虚偽告訴訴幇助から、一連の調書偽造事件にと生産拡大
 化して、一大法曹疑獄事件となった。
 民事上の加害者(須崎・園田)からでっち上げ事件され、法律事務所で相談
 加害者は警察に相談した、その後に両者の陰謀から、生活破綻となる危機的
 情況となり、再び法律事務所で相談、しかし須崎の所在が不明で断念した。

 已む得ず緊急避難とした犯行が告訴事実となり、精密司法と云われる公判で
 須崎・園田との対峙での真相解明を望んだ、しかし起訴有罪率99%の絶望的
 な日本の警察裁判所は、被告人に争う権利はなく、法曹三者が意思一致して
 情状嘆願のみの流れ作業で有罪認定する儀式化している。
 公権力という暴力装置の行使には、世界の理念・適正な法の手続きが大前提
 であり、作成調書の即時交付・記録機材の法廷内使用解禁は不可欠である。
  
 商業新聞五紙上に、変質者と実名報道されて、この五月で15年が過ぎる。
 この虚偽告訴事件関連・遠因する訴訟沙汰は、二十件に及ぼうとしている。
 現在も立川支部・さいたま地裁で係争中であり、これらをhpに公開、HNは
 遂犯無罪・確信犯の冤罪主張など、集客目的の訴訟狂を演じている。
 
 名誉毀損刑事事件に始まる刑事・民事(国賠の訟務検事も含む)の弁護士は
 数十名に及ぶ、裁判官も弁護士も法務省も、心情倫理として事件の概要は推
 知している、悉く潰され続けているのは、そこが裁判所だからである。
 本事件を追及すれば、必然的に弁護士問題に基因する、自らの存亡にも及ぶ
 理由から、調書事件を看過し続けていると云わざるを得ない。

 法曹三者は、法の原理原則を軽んじ歪曲もする、そして行為の結果にも責任
 を持たない、法曹の在るべき姿とは、結果についての責任倫理である。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/110506.jpg.html
メンテ
復活した鶴田検事正のおくやみ情報 ( No.117 )
日時: 2011/05/08 22:32
名前: 遂犯無罪 ID:3iyW21ec
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

消えた鶴田小夜子検事のおくやみ情報が復活しています
注目すべきは原田國男へのFAX文が掲載されている たぶん何らかのソースがあってのことかと。

http://fuhou-shinbun.stone-dragonet.com/goner/%E9%B6%B4%E7%94%B0%E5%B0%8F%E5%A4%9C%E5%AD%90

メンテ
訃報新聞とは? ( No.118 )
日時: 2011/05/15 14:45
名前: 遂犯無罪 ID:iQU4FE32

前記のとおり 昨年12月中旬に鶴田検事の訃報記事が消去されました
この一ヶ月程前に 刑事判決裁判長の署名不審の記事をわがhpにアップ これは署名偽造したと思われる現役書記官への糾問状 またこの原田國男にも質問していますが何れも回答はありません。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/100816.jpg.html

再び復活した記事は差し替えられている 訃報新聞・・なんだろうと検索するもヒットせず リンク先として”毎時新聞” このhourly-pressは情報組織のようです。
http://hourly-press.go-well.biz/links.html

原田・金山・中野判事らの署名不審を載せた画像を新たに引用しているのは 何らかの確証を得ているからではないか 満期出獄から調書偽造事件を訴え続けて13年半 もの言えば唇寒しの現実に やっと載った記事が訃報新聞とは・・ しかし僅かな光明が見えてきた。 
メンテ
健全な法治国家のために声をあげる市民の会 ( No.119 )
日時: 2011/05/25 23:13
名前: 遂犯無罪
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

昨年10月24日デモ 同時して「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」なる組織が立ち上がっています。
昨日にこの会の 緊急パネル ディスカッションがありました 司会・岩上安身氏 メンバーの郷原氏は検察在り方検討会議の議員であり 氏の発言は大変に興味深いものです。

このメンバーの原田國男は、わが事件で偽装裁判をした裁判長であります、ともかく検察の中枢を知る郷原氏 そして恫喝取調べのヤメ検・市川弁護士の話は納得するものがあります。
http://shiminnokai.net/index.html


原田國男氏は裁判所と検察がズブズブの関係にあった時代の裁判官です

11月4日柳田法相の私的諮問機関「検察の在り方検討会議」に選ばれた委員の顔ぶれを見て驚いた。メディアは検察問題を指摘している元検事で名城大学教授の郷原信郎氏や、ジャーナリストの江川紹子氏がメンバーに選ばれた事を取り上げ、改革が既定路線のような報道振りだ。

しかし、組織防衛のためなら事件でっち上げや,口封じ逮捕も何でもありの検察だ。今回の人選にも当然ながらワナが仕掛けられている。

『(検察に)厳しい意見をお持ちの方に入っていただくのが適当』と会見で柳田法相は偉ぶっていたが、ちょいと待ってくれ、この第三者機関の座長は郵便不正事件の公判時に法相だった千葉景子前参院議員〔今回落選〕だ。

日弁連から『法務省が真に失われた検察への信頼を回復しようとする立場にあるかどうか、重大な疑問』と抗議声明まで出された人物である。

親分がデタラメなのにその子分の人選が「厳しい」も「甘い」もないだろう。今回でも郷原氏や江川氏ら数人を除くと首を傾げたくなるような人ばかりだ。司法組織寄りのメンバーが目立つ。

その筆頭が但木敬一・元検事総長。原田明夫元検事総長と二人三脚で
『検察裏金問題を』隠蔽(いんぺい)した人物です。

佐藤英彦元警察庁長官は、北海道警察の裏金問題が国会で追及された際,ノラリ、クラリと答弁をはぐらかして組織防衛に走りました。

井上正仁・東大教授、後藤昭・一橋大教授はそろって裁判員制度の導入に深くかかわり、法務省に近い学者です。龍岡資晃、原田国男両氏は裁判所と検察がズブズブの関係にあった時代の裁判官です」

第三者機関の会議では検察の捜査手法や人事制度、取り調べの可視化などが議論される見通しだがこのような「現状の検察」擁護派の面々はあの手この手で反論するのは目に見えている。

元大阪高検公安部長の三井 環氏は
「元検事総長がメンバーに入っている時点で全く期待できません。そもそも最大のポイントは検察組織の決済システムの在り方です。

重大事件はこれまで『無罪判決』が出ても主任検事が責任を問われたことは一度もない。それはすべて上級庁と事前協議し、決済を仰いでいたからです。

第三者機関立ち上げのきっかけになった郵便不正事件でも、村木氏の逮捕、起訴に至る決済の解明なくして問題解決は有り得ないが元検察トップが委員に居て、出来る訳がない。

法相の諮問機関といっても所詮は法務省の人選なのです」

法相の私的機関だから、位置づけや、権限はあいまい、更に議題によっては非公開にする様事務局を務める法務省が委員に提案すると言うから全くいい加減さも目に余るし、ハナからやる気なしの機関なのである。 終わり。

http://blogs.yahoo.co.jp/yosinonagato/20168059.html


菅 直人・放射能による大量殺人への実態
                必見!!
5月28日15時NHK総合放射能汚染の実態!!

皆さん。5月28日午後3時〔土曜日〕のNHKを必ず見てください。

ものすごい放射能の汚染の実態が分かります。我々は政府を信用して来たのですが、今回の福島原発『菅災事故』の実態が放送されます。

このままじっとしていたなら、間違いなく殺されてしまいます。
枝野幸男や岡田克也が福島に何故重装備で行ったかが、分かります。腰を抜かすほど汚染されているのです。我々は嘘つき政府を、菅内閣を直ぐ辞めさせないと、放射能で、無理心中させられます。

とにかく来たる5月28日午後3時から、NHK総合テレビをご覧下さい。我々のそしてあなた方の命が懸かって居ます。

国民に嘘をつき、国民の生命と国家の存立をあやめる・菅直人大量殺人内閣・は直ぐにも菅を引き摺りおろし、この内閣を潰さなければなりません。

この不始末は、最早、全世界に影響を及ぼし始めています。
メンテ
下獄にあたって・・丸岡修 ( No.120 )
日時: 2011/05/29 17:51
名前: 遂犯無罪 ID:bdcwh/is
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

見せしめのために、私が無罪か有罪かを問う前に、日本赤軍の者であることで「先ず重罪ありき」なのです。

日本が今後二十年もこのままでということは絶対にありえず、堂々と監獄から出てくる日はそれほど遠い未来でなく近い未来でしょう。
人生百年、私にはまだ五十年ちょっとあるのです。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/110529.jpg.html  

メンテ
弁護人の罪 ( No.121 )
日時: 2011/05/30 10:01
名前: 遂犯無罪 ID:v2F/zDqQ
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

弁護団は・・この記述に違和感を覚えた もしこの報道が事実なら弁護人の無実誘導に包括されてしまい 無罪主張することで無期刑となった?

29日に死亡した元日本赤軍幹部丸岡修3 件受刑者(60)が、刑事裁判で一貫して否定し続けたドバイ事件とダッカ事件への関与を全面的に認めて謝罪する「遺書」を残していたことが、支援関係者への取材で分かった。「無実を信じて応援してくださった人々を欺いてしまい深くおわびします」とつづっている。

 関係者によると、遺書は2月22日付で数枚。3月10日付で追記が書かれ、刑務所内から支援者に郵送された。

 遺書では無罪主張の背景に、有罪には証拠が不十分とした弁護団の判断と、日本赤軍指導部の指示があったとし「無罪か無期懲役なら徹底してやろう」と考えたとした。

 しかし刑確定後は「(有罪を認めていれば)人々への公的な謝罪の場があり、(量刑も)有期となる可能性があった」として、後悔の念があったことを明かしている。

 控訴審に証人出廷した元メンバー浴田由紀子受刑者(60)が「ダッカ事件のリーダーを知っている」と述べ、丸岡受刑者の関与を否定した点は「控訴審で新証拠が求められ、審理再開のための裁判戦術だった」と説明。

 遺書を書いた理由は「墓場まで過ちを持ち込むわけにはいかない。死が現実になったところで決心した」としている。(共同)

http://www6.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20110529-783012.html
メンテ
弁護士の「不正・非行・犯罪」と闘う ( No.122 )
日時: 2011/06/21 21:35
名前: 遂犯無罪 ID:F4ugRVVA

以前は弁護士批判を避けていたが やはり弁護士とは土俵で相撲を取らせその間に衣類を持ち去る類の輩である、投獄から15年、初めて公の場でわが再審請求事件を語る機会が訪れた。

一審の国選は慣例から手抜き弁護をした 二審の私選(二人)は検察・裁判所の圧力に屈服 二審でも証拠調べを省いた 此処までは仕方ないとしても 下獄に際して虚偽告訴を証明する弾劾証拠の廃棄処分を執拗に求めた もし応じていれば総ては闇に葬られていた これが赦せるか!
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/110619.jpg.html





【イベント情報】弁護士の「不正・非行・犯罪」と闘うシンポジウム開催迫る!

<弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする>
弁護士法1条1項には、そう定められている。しかし現実には、本来の使命に真っ向から背く弁護士は少なくない。ゆがんだ主張を押し通すために、弱者の人権を侵害する唯我独尊的な「人権派」。法と資格を悪用し、私利私欲のために「不正義」をはたらきながら、まんまと処罰を逃れる弁護士。そんな「悪徳」をはびこらせる“病弊”となっているのが、「弁護士自治」という名の伏魔殿だ。
第2回<RAGTAGセミナー>は、弁護過誤の被害者や非行弁護士と闘う人たちが集い、シンポジウム形式で開催する
弁護士の「不正・非行・犯罪」と闘う当事者たちのシンポジウム〜「正義の味方」の仮面を剥ぐ!〜
日 時:2011年6月26日(日)午後1時から4時
場 所:貸会議室プラザ八重洲北口 5階1号室
参加費:1000円
東京都中央区八重洲1-7-4 矢満登ビル5階(1階 CafeRenoir ニュー八重洲北口店)
プログラム
【第1部】弁護過誤や弁護士の非行と闘う当事者の口頭発表 13:00〜13:50
○中野麻美弁護士(NPO派遣労働ネットワーク理事長)ら2名の人権派弁護士を相手に、
損害賠償を求める訴訟を提起した元依頼人の女性。
○懲戒請求した相手の弁護士が、報復的に虚偽の刑事告発をしたことによって「誤認逮捕」され、
「日弁連」の管理責任を問う民事訴訟を係争中の女性。
○職権を悪用した“別れさせ屋”弁護士に、虚偽のDV(家庭内暴力)をねつ造され、子供と会え
なくなった男性。
その他、弁護士による非行被害者をご紹介します
○市井信彦「日本弁護士被害者連絡会」会長による弁護過誤、懲戒請求事案などの代理報告
【第2部】基調講演「スラップ(言論抑圧訴訟)を起こす人権派弁護士のエゴイズム」(仮題) 13:50〜14:20
寺澤有(光市母子殺害事件被告の実名ルポ本出版をめぐる訴訟で、安田好弘弁護士ら人権派弁護士の横暴と闘うジャーナリスト)
〔休憩 14:20〜14:30〕
【第3部】オーガナイズドセッション 14:30〜16:00
市井信彦(みずからも懲戒請求や本人訴訟で弁護士の非行と闘い、弁護過誤などの被害者を支援する活動家)
車田宏章(懲戒請求を退けられるも、本人訴訟で「人権派」金井塚康弘弁護士に勝った編集プロダクション社長)
藤田泰裕(ワンクリック請求の取り立てをやった大木一幸弁護士の責任を追及する行政書士)
津田哲也(250億円を集めた悪質業者「サンラ・ワールド社」から、約2億円の報酬等を荒稼ぎした
佐藤博史弁護士の非道を暴く)

http://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/32653763.html
メンテ
鍵は原田國男元東京高裁総括判事の動向 ( No.123 )
日時: 2011/08/19 21:20
名前: 遂犯無罪 ID:RHL/iTh6

7月上旬より道東・和琴半島湖畔キャンプ場に滞在、よく整備され設備も環境もよいキャンプ場ですが、訪れる人は少なく静かで爽やかな避暑が適いました。
バイクツーリングの豊橋の大規模営農経営者と、ハレーで来た50歳の千葉の男性と三人で飲んだのですが、お二方共に奇しくもボクシングジムに通い、互いの武道に纏わる話が面白く聞いていた。

営農の話に移り、これを千葉の男性は具体的な数字を挙げて解り易く話した、これに驚き専門職かと訊ねたところ、政府の経済部門の委員をしており東大教授という。
そこでわが事件は、日本の司法制度の根幹を覆す憲政以来の歴史的事件であり、形式的真実主義の欠陥を突いた突破であると説明した。
半信半疑であったが、翌朝に氏はわがhpを読み適切な助言をした、リンクしている”一人でアクション”反原発訴訟の原告主張は論理破綻しており外した方がよい・・実は訴状を読んでいなく被告・国の代理人が二十名に及ぶことから妄信していた、この訴状を読むだけでも大変だが、わがhpの主要な箇所は読み概容は理解したという、凄い事件だと驚いていた。

氏の見解は、問題は霞ヶ関だが、官僚でも良心的な人もおり、当方の事件解決の鍵は刑事一審の判決裁判長の動向にある、この原田國男元東京高裁総括判事は検察あり方審議会など、司法改革の中心的活動をしており、この原田が改心して罪を認める方向に行くか、それとも潰しにかかるか、これが焦点とは同意見であり意を強くした次第です。
氏はナイフ投げや秘境の露天風呂など多岐に亘り精通しており、この疑問を尋ねたところ、興味を持つと嵌まり込みとことんまでやる・・こんな性格・能力があれば人生は愉しいに違いない。

原田國男てどんな人?
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/harada.jpg.html
メンテ
ある男の逆転無罪判決 ( No.127 )
日時: 2011/09/04 11:42
名前: 遂犯無罪 ID:rQGQoZa6
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

前科一犯のある男が、被害女性から告訴されて、実刑判決になった、被告人はこの女性へのストーカー行為は認めたが暴行行為は女性からと控訴した。
二審では事実調べが延々とされて逆転無罪判決がでた、拘置は1年10月に及び、この間に獄殺を謀られたとこの偏執狂気味の男はネットなどで騒いでいる、元々に2ch等でパラノイア視されて小学国語も覚束ない訴えは理解されがたい。

二年前の8月、男に東京高裁は逆転無罪判決をして確定した、しかしマスコミは全く報道しない、男自身が今以て何故に無罪になったか理解していない、そこで一、二審の判決書の提示を求めている、たぶんわが事件と同じ手口の偽装裁判が、一審でされたに違いない、追って検証結果を投稿します。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存