ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[106] 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる
日時: 2016/04/13 08:12
名前: 遂犯無罪 ID:AEEuyB9Y

絶望的な日本の警察裁判所

法治国家の無法地帯・・裁判所 裁判の仕組みが 犯罪も 捜査も 裁判も 弁護も 仲間内でやれる裁判に「裁く側と捜査する側の不正」がある 公判調書偽造で立証された。
マル暴扱いのアウトローや変質者扱いされて有罪判決になった方は 自分の判決書を取り寄せて検証すべきだ 懐疑しなければ人間の尊厳という生きるに値する根源まで破壊される。

誤判の基は当事者主義の不徹底 検事の証拠隠し 被疑者 証人等の供述証拠のみを有罪証拠に権力のでっち上げ 弾圧事件において「証書の差替え 検事の証拠の偽造」を立証した本件は司法を国民の手に取り戻す突破口となった。 

http://www.suihanmuzai.com/
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる ( No.107 )
日時: 2011/02/02 00:38
名前: 日本をいい国にしたい人間 ID:jdkyWNsA

司法を担当する司法試験に合格したという人たちは、本当に頭がいいのだろうかと疑問を持つ。
中には立派な人格で、司法の悪事を暴いている人たちもいるが、ほとんどの司法試験を合格した人たちは、こんな腐った日本の司法に疑問を抱かずに、ただ給料だけ貰えば、どんな悪事に加担しようがおかいまいなしで、平気で暮らせるのだろうか。

わたしたち一般国民は、毎日、仕事は人様に尽くすこととして、真面目に動いている。しかし、その精神を片っ端から壊しているのが、今の日本の司法に関わっている、いわゆる司法試験を合格した頭のよいといわれる人たちの指導者たちなのである。

日本の教育はどうなってしまったのだろうか。メチャメチャなことが、平気でまかり通る日本になってしまっている。

遠山の金さんではないが、上に立つ人たちは、いつも悪事を働く人たちが多いということが、真実だと、国民は感じ初めているのではないか。

国民が疑問を抱いた犯罪をきちんと捜査するのが、捜査機関の仕事なのに、捜査機関が、自分たちの仕事を私物化して、自分たちの権力として、捜査したり、しなかったりする。これは給料どろぼうであり、詐欺行為であり、国民をだましている。

検察審査会で、出席者がいたのかどうかと騒がれているのに、検察審査会のメンバーを隠蔽している。デッチ上げではないかといわれているのに、知らん顔を決め込んでいる。これはもう犯罪である。仕事として、関係した人が責任を負うべき大きな問題なのにである。一般社会人は、司法試験は合格していなくても、もっと責任ある生き方をしている。司法の権力の座にいる人は、何をやっても追及を受けないなどということは、国民は誰も認めていない。みんな国民はどんな仕事の人でも平等なのである。
メンテ
あなたの上告 握り潰されています ( No.108 )
日時: 2011/02/11 18:40
名前: 遂犯無罪 ID:/Vm81Uy6
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

多くの訴訟沙汰をしていますが大半は高裁止まり 上告は公示送達の一件のみです これが銀座支店の消印 原審の地裁に保管されている記録の中に この最高裁の郵便送達報告書が綴られているのでしょうか?

そうです。
ただし、判決書ではないので保管期限は、最短3年、若しくは5年となっているようです。
郵便送達報告書には、あなたの住所地を管轄する(八王子支店?)支店の郵便認証司の署名押印または記名押印がされています。
なお、19年?からは、今まで認証司1名であったものが2名の認証司によって認証されることになり、以降は、2名の名前と押印があるはずです。

2名は、配達した認証司と、それを証明する認証司のことで、同じ人物が認証することは出来ない、仮に、同じ認証司であれば、その送達は無効となります。


勘違いしていました 最高裁からの記録送達通知書が銀座支店の消印 棄却決定書は最高裁局です
しかし銀座支店の消印は30切手を外しています この当時ですから追跡などしていません また特送でなく簡易書留ゆえに郵便送達報告書の作成はないかと。


>簡易書留ゆえに郵便送達報告書の作成はないかと。
そうでしたね。そのとおりです。
>最高裁からの記録送達通知書が銀座支店の消印 しかし30切手を外しています

  これは、普通郵便で送達しますから、銀座支店の消印はあり得ません。最高裁の郵便番号上3ケタの102の集配を管轄しているのは麹町支店です。 記録到着通知を最高裁判所内郵便局の窓口にこれを差し出す専門の裁判所職員が持参します。ここの郵便局の集配は麹町支店が管轄ですから、どう考えても銀座支店の消印はあり得ません。
集配管轄を無視して、管轄外の支店が集配するというこは、大変な事件です。
郵便物の信用性が根底から覆ってしまう事件です。

そのあとの、簡易書留、追跡されていない場合でも、先の記録到着を知らせる普通郵便が集配管轄違反ですから、最高裁が記録を審理している裏づけ証拠が無いということになります。
あなたの上告、握りつぶされています。
最高裁は、このように私たちの郵便知識が無いことを逆手に取り、訴訟費用だけボッタクリ、騙し続けているのです。
一体、どれだけの訴訟が握りつぶされているのやら…

みなさん、封筒捨てないでください!
追跡データも最短、3か月で消されます。
すぐにプリントして保存しましょう!
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/110211.jpg.html
メンテ
最高裁の崩壊 ( No.109 )
日時: 2011/02/12 03:12
名前: 遂犯無罪 ID:yoCS7Mg2

最高裁判所内郵便局から差し出されるケースのみ、なぜ、本来ならまったく関係ない銀座支店を経由しなければならないのでしょうか

最高裁の所在地と同じ配達地域である麹町支店の地域に配達するにもかかわらず、なぜ、敢えてその地域外にある統括支店でもない銀座支店を経由して麹町支店に戻される必要があるのでしょうか

http://trial17.blog40.fc2.com/blog-entry-82.html#comment1228


▲遂犯無罪さんのように、ある方が、 記録到着通知書の消印が切手から外れて押されていたということをおっしゃっていました。
その方の考えでは、消印のない切手を再利用しようと、封筒を(切ったり濡らしたりして)捨てさせるためではないかということでした。
なるほどと思ったのですが、ご参考まで。
メンテ
供述調書作成した後に改竄する ( No.110 )
日時: 2011/02/19 13:07
名前: 遂犯無罪 ID:/ROhi0AY
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

取り調べ可視化「自白調書読み聞かせ」のみ

 厚生労働省元局長・村木厚子さん(55)が無罪となった郵便不正事件を受け、再発防止策の一つとして打ちだした特捜部事件の取り調べの一部録音・録画(可視化)について、最高検は、裁判員裁判対象事件で行われている「自白調書の読み聞かせ」の部分に限って試行する方針を固めた。

 24日の法務省の「検察の在り方検討会議」で試行方針を報告するが、同会議では、全面可視化を主張する意見もあり、反発が予想される。

 最高検は1月以降、各地検の特捜部から意見を聞くなどして試行案の策定を進めてきた。その結果、特捜部が独自に手がける事件で容疑者を逮捕したケースに限り、可視化の範囲も、取り調べの最後に、容疑者に自白調書を読み聞かせる場面に限定することにした。


供述調書の署名・指印だけを残して中身を差替えする 改竄は自白調書に限らない 作成した調書はその場で複写 即時交付するしかない
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/110219.jpg.html
メンテ
本日も裁判沙汰 ( No.111 )
日時: 2011/03/08 12:35
名前: 遂犯無罪 ID:lprwbI.g
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

本日も裁判沙汰

被告の訴訟行為は、原告の事実の指摘に対して反論できず 「15年近く経過した現在、明確な記憶はなく、偽りを述べた事実はない」 被告は性懲りもなく、愚弄した弁明を繰り返すが、被告の虚偽告訴と、捜査機関の刑事調書捏造は双輪の関係にあり、須崎検面調書の本人署名が検認されるだけでも、被告・検察の双輪は空中分解する。

出獄して、この権力犯罪を某組織に相談した、国家転覆事件ゆえ30年、この冗談に憮然としたが,、現実となる様相に、死後再審請求者の実娘に委ねるしかない、被告夫婦らの、虚偽告訴の証拠は未来永劫に不滅で新鮮である。
本訴訟は上告審まで続くが、その後は被告からの刑事告訴・提訴を求めて、糾弾ビラ配布再開など法廷・地域社会・ネットで、挑発的糾弾弾劾を果敢・蛮勇に続けてゆく。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/110308.jpg.html
メンテ
偽装発信を使う裁判所書記官 ( No.112 )
日時: 2011/03/24 08:04
名前: 遂犯無罪 ID:ur5JK0GI

坪井隆作はホームレス支援者のブログに・・八王子の〇〇が色々言っているみたいですが、変な人なので相手にしていません 〇〇の悪行は 園田洋子 でも検索できます
昨年末の刑事法廷寸借詐欺事件訴訟の控訴棄却でも 被告の主張はただ一言”総て原告の嘘” これで勝訴した この特送も またこの訴訟の特送も 法的効力を無効にすべく郵便法・民法に違反した偽装裁判がされている ※民法第97条・・意思表示の送達主義と発信主義。

答弁書は@Aにびっしりと5枚とはたまげたが 訴状が乙号証とは面食らう 法的思考もゼロの被告の本人訴訟とは書記官も大変だ
相手方弁護士とつるみ背任行為をする弁護士がいると聞くが この仲介者は書記官とか これを実証するような今日の出来事です

たぶん坪井の固定電話(自宅がある)からのFAXを裁判所は転送したのだろう 発信者番号を消すとは裁判所も坪井も犯罪性ありだ 
相手方弁護士とつるみ背任行為をする弁護士がいると聞くが この仲介者は書記官とか これを実証するような裁判所の裏技だ
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/110323-1.jpg.html
メンテ
未承認にする理由 ( No.113 )
日時: 2011/04/05 09:30
名前: 流浪の民の乱 ID:t/dsV29I
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

この書庫は本人訴訟で弁護士と闘っている方のために設けました
本人訴訟をされている方で記事の希望があればお申し出ください

本人訴訟は弁護士を代理人にしないで裁判をする方法です
私たちは裁判をする権利があります。弁護士はその代理人になるべく
勉強してきたはずです。しかし弁護士は弁護士を訴える代理人には
なりません
仲間を訴えることはしません。
人権派と呼ばれる弁護士、左翼系共産党系、自分でフェミニストだと
いう弁護士でさえ弁護士を訴える代理人にはなりません
私は司法修習生の給費制に反対しています。その理由のひとつに
どんな悪徳、手抜き弁護士であっても被害者の代理人にはならないと
いう弁護士会の暗黙のオキテがあるからです
弱い者の味方、法律には無智なものの代理になるのが弁護士では
ないでしょうか
ところが実態はまったく違います。
弁護士というのは口では人権が大事、弱い者の味方というが実態は
まったく違うのです。
そんな自分たちの既得権益を守る金儲けしか頭にない弁護士を
養成する司法修習生に税金など使う必要はありませんというのが
私の主張です

ある弁護士のひとこと
「弁護士というのは、二人の人間に相撲を取らせておいて、
彼らが裸になって相撲を取っている間に彼らが脱いだ服を
どこかに持っていくような人間だ」
http://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/32437367.html


ここに以下の投稿していますが 未承認で私のpc以外は表示されません 見えない筈ですが・・

誣告者が共謀して良心的弁護士を嵌めた これに気付いたが時遅く保身から虚偽告訴幇助した 事実確認の調停を経て 訴状は被告・弁護士に送達されないままに却下された また門前払いで印紙をパクられた。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/m-gizou.jpg.html

民事訴訟法第140条(口頭弁論を経ない訴えの却下)
訴えが不適法でその不備を補正することができないときは、裁判所は、口頭弁論を経ないで、判決で、訴えを却下することができる。
提訴は2日 そろそろ期日通知があるかなと思えば何と判決書 提訴自体が失当であれば訴状を不受理にすべきだ 損害賠償請求にすれば訴状送達ぐらいはされたのであろうが まあ目的は弁護士の名を曝すことだからこれで確定とする 全ては再審後に始まる しかし・・もう16年の歳月が過ぎた。
2011/4/4(月) 午前 11:14 [ suihanmuzai ]
メンテ
弁護士モンダイ ( No.114 )
日時: 2011/04/17 15:08
名前: 流浪の民の乱 ID:vJzIoVR2
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

弾圧事件主張するも 二審の私選は虚偽告訴人や訴追側との接触すらせず 実刑維持を譲らない
仕方なく誣告側の弁護士に実情を愁訴した そしたら競売調書を獄中に送り突けた。

保管を放棄しての送付であれば返還品目の明細が有って然るべきだ 出所後に鍵屋に依頼して開けたところゴミ・古着が入っていた 泥棒詐欺者の利益を護る元検察事務官・山下弁護士である
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/doroben001.jpg.html

上記の文をブログ・弁護士と闘うに投稿したしたが 承認されて公開されるか否か。
http://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/32468559.html
メンテ
みりんで果実酒 ( No.115 )
日時: 2011/05/05 16:56
名前: 遂犯無罪 ID:t/dsV29I
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

当方は違法すれすれの禁じ手に悦びを見出す資質があります 大昔に飲酒検問を突破、追跡するパトから逃げ長風呂で酒気抜きをしました。

しかし近年は冤罪主張者ゆえそうしたスリルは望めず ささやかな反則・酒税法抵触を愉しんでいます。
”みりん”で果実酒 いちごで試したところ、色は混ざってしまうものの、これが何とも美味い、宝・万丈・ミツカンなどの本みりんを利き酒しましたが、何れも吟造酒のランクで値段も合成酒並、ただ難点は甘すぎる、青梅に穴を開ければ一ヶ月後には呑めるのではとこの先の楽しみです。
http://www.marukawaya.com/mamechishiki/mamechishiki25.html

先日の都心から高尾行きの終電での出来事です、国分寺を過ぎた頃、若い女性が「この人から痴漢をされました」混んでいるごく近くから声が上がり初老の男がにやけていた。

女性は男の手を掴み次の西国分寺で降りた、たぶんこの先まで行くのだろうが被害届をするとなると帰路はどうなるのだろう、初めて身近で起こった痴漢事件だが、15年年前のこの五月、ワイセツFax男と商業五紙で報道リンチされ留置場の情景が甦る 初夏とあり痴漢犯も多く自白話を聞いた。

同じ女性に二度目の犯行をして逮捕された また若い女性を尾行して人目の無いところで前に立ちはだかりズボンを降ろす しかし若い女性は絶句して逃げる これが愉しいという学生。 
あるとき黒髪の後姿が美しい女性の前に立ったところ凄い悲鳴を上げた しかも若いと思っていた女性は60近くだったとか。



わがHNの確信犯の冤罪主張とは二律背反を指したものです 民事上の加害者から生活破綻となる危機状況に 違法性が阻却される違法行為をした。

この緊急避難の要件から注意深く犯行を重ねた 例えば誣告者・園田の警察調書に・・被疑者からの電話に「云い難いのですが頂きたいものがある」そこで何でも良いから要求せよと云った。

忘れていたことを思い出した この時に突然に演歌が聞こえた クラッシクしか聞かないという奴 園田はカセット録音の再生を間違って押してしまった 可笑しいのを堪えて「次回号のビラの貴殿のポートレートを載せたく顔写真が戴きたいのですが」何とか恐喝犯罪に仕立てようとした園田だが、起訴事実は狙いの名誉毀損容疑 これでは園田夫婦の狙う投獄は敵わないから激越な被害・処罰感情を訴えた。

また検察も偽造検事面前調書を隠蔽すべく、告訴の追完をする追起訴をして弁論の併合をした、ここら辺のことは獄中で学習した口語刑事訴訟法から推知、起訴有罪率99,9%の現実に、起訴されて小躍りした者は稀有でしょう。

即日結審を主張する弁護人は無視して、起訴事実は完成時効であり公訴棄却主張する積りが、何と法廷で訴因変更されてしまった、検察証拠を見ずに証拠同意する弁護人から誣告者への反対尋問権を放棄された、この事態に混乱、気が付いたら結審していた。

しかし二審も事実審であり、二審で事実調べをすれば逆転無罪で虚偽告訴人から一連の捜査側や原田判事らも逮捕となった。
二審の私選・原・佐藤弁護士は「一審で為されることが何もされていない」と云いつつ何もせずに結審させた。

二審の裁判官・検事・弁護人こそA級戦犯である。
白日夢のような真昼の暗黒・偽装裁判からこの7月で15年が過ぎる。

メンテ
日弁連の責任倫理を糾す ( No.116 )
日時: 2011/05/07 03:24
名前: 遂犯無罪 ID:3lVGNrWw
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

日弁連の責任倫理を糾す

 1994年5月、須崎の偽計失踪から始まった痴話事件は、姦計・園田夫婦の陥
 穽に嵌った弁護士の虚偽告訴訴幇助から、一連の調書偽造事件にと生産拡大
 化して、一大法曹疑獄事件となった。
 民事上の加害者(須崎・園田)からでっち上げ事件され、法律事務所で相談
 加害者は警察に相談した、その後に両者の陰謀から、生活破綻となる危機的
 情況となり、再び法律事務所で相談、しかし須崎の所在が不明で断念した。

 已む得ず緊急避難とした犯行が告訴事実となり、精密司法と云われる公判で
 須崎・園田との対峙での真相解明を望んだ、しかし起訴有罪率99%の絶望的
 な日本の警察裁判所は、被告人に争う権利はなく、法曹三者が意思一致して
 情状嘆願のみの流れ作業で有罪認定する儀式化している。
 公権力という暴力装置の行使には、世界の理念・適正な法の手続きが大前提
 であり、作成調書の即時交付・記録機材の法廷内使用解禁は不可欠である。
  
 商業新聞五紙上に、変質者と実名報道されて、この五月で15年が過ぎる。
 この虚偽告訴事件関連・遠因する訴訟沙汰は、二十件に及ぼうとしている。
 現在も立川支部・さいたま地裁で係争中であり、これらをhpに公開、HNは
 遂犯無罪・確信犯の冤罪主張など、集客目的の訴訟狂を演じている。
 
 名誉毀損刑事事件に始まる刑事・民事(国賠の訟務検事も含む)の弁護士は
 数十名に及ぶ、裁判官も弁護士も法務省も、心情倫理として事件の概要は推
 知している、悉く潰され続けているのは、そこが裁判所だからである。
 本事件を追及すれば、必然的に弁護士問題に基因する、自らの存亡にも及ぶ
 理由から、調書事件を看過し続けていると云わざるを得ない。

 法曹三者は、法の原理原則を軽んじ歪曲もする、そして行為の結果にも責任
 を持たない、法曹の在るべき姿とは、結果についての責任倫理である。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/110506.jpg.html
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存