ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1101] 貧困の構造
日時: 2011/06/15 10:15
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:dsDdpM5o



ここに人口減少県の推移を上げる。

1920〜25年   2
1925〜30年   0
1930〜35年   3
1935〜40年   22
1940〜47年   3
1947〜50年   1
1950〜55年   7
1955〜60年   26
1960〜65年   25
1965〜70年   20
1970〜75年   5
1975〜80年   0
1980〜85年   1
1985〜90年   18
1990〜95年   13
1995〜00年   24
2000〜05年   32

これは人口が流出した都道府県の数であり、人数をあらわしているものではない。
年配の方ならこれが示す意味を御分かりでしょう。

1955〜70年の時代は、それこそ我が国の経済も行け行けドンドンの時期であり、都市部の人手不足を解消するため、都市部で働くために人口の大きな移動が続いた。
ところが、1985〜現在に至る都市部への人口の集中は、我が国の生産体制が海外へシフトを始めた時期であり、労働を求められて移動していた時代と様相が異なる。
さらに、地方からの人口の流出は年々激しい勢いで増している。
2000〜05年に至る過程は異常な数値となっている。

これが意味するところは、1985年頃に起きた「前川レポート」の論理に基づいて、この頃から地方の切捨てが始められ、地方で職がない人が、都市部を頼って流出した事になる。
都市部でネットカフェに宿泊する人間や、公園を住居にする人たちが目立ち始めた頃とも一致する。

ワーキングプアは現実に存在するのである。
5年に一度、国政調査を行いこのような統計も掴みながら、政策に何の反映もしてこなかった、自民党政権の本質は、年金問題に留まらず斯くのごときものである。
都市部のタクシーが異常に増え、少ない給料で働く運転手のことなどを、規制緩和の影響などと、話をそらして平然としている奴等を一刻も政権に留めておくことはならないのだ。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 貧困の構造 ( No.49 )
日時: 2011/06/24 22:15
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:RdZQNfqU

>違います。同一職場内のことです。公務員で同一の職場で同じ仕事をしても、正規と非正規では賃金が倍以上違います。

私は社会主義者ではないので、それくらいの格差、不平等は問題にしていません。

また、この様な内容は労働争議の範疇で解決すればよいと思います。
日本の労働組合も個人加入者を保護するユニオンのような形が強まればよいと思っています。
実際に、○○ユニオンと名付けた中小の労組が沢山出来つつあります。

それよりも、もっと大きな経済政策の転換を図らねばならないと思っています。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.50 )
日時: 2011/06/24 22:35
名前: グッキー ID:dm1/1IvU

小泉、竹中のした新自由主義とは、弱い者だけに競争させその所得を引き下げた。

競争すれば儲からない。
競争しなければ儲かる。

これが市場原理というものです。
だから米国の企業も、その市場の支配的プレーヤーになり、競争しないことを望むのです。

しかし同じ経済社会に、競争する者と競争しないものが並立するのは公正ではありません
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.51 )
日時: 2011/06/24 22:58
名前: グッキー ID:dm1/1IvU

>私は社会主義者ではないので、それくらいの格差、不平等は問題にしていません。

>また、この様な内容は労働争議の範疇で解決すればよいと思います

違いますよ
法的保護の問題です。
法的保護をするなら全員をし、しないなら全員をしない、これを公平、公正と言います。

中国と自由競争させるなら
例えば公務サービス、税金、公務員賃金を中国並みに引き下げろということです。
物価を同じにする。ボクシングで言えば同じウェイトで試合するということです。
これで初めて公平、公正と言えます。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.52 )
日時: 2011/06/24 23:41
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:RdZQNfqU

グッキー さん

私は、資本主義の新しい経済理論を求めているのです。

法整備の問題でも、現実理論の運用の問題でもありません。
創造の世界のことを言っているのです。

「修正資本主義」とか「修正民主主義」を考えようとする、大風呂敷を開いているのです。

呆れて、相手にしてくれない方が殆どですが。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.53 )
日時: 2011/06/25 00:29
名前: グッキー ID:FshHLwn.

>私は、資本主義の新しい経済理論を求めているのです

新しい経済理論とは何ですか?
私はそのようなものは聞いたことがありません。

公正とは資本主義とかとは関係の無いものです。
社会が成り立つ基盤に関わることです。

今は自由市場とは素晴らしいという幻想に溢れています。
市場経済の持つ問題点、欠陥について言うものが居ないのです。

欠陥を問題にしたくない人たちが居るのです。
意識的、無意識的に、その問題を無視しようとしています。
経済構造自体がそれを許さないでしょう。
いくら嘘をついても、放射能に嘘は通じないように。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.54 )
日時: 2011/06/25 00:35
名前: グッキー ID:FshHLwn.

公正な市場というのは存在しないのだ、という前提に立って考えなければ成りません。
しかし人々は自由市場という幻想に囚われている。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.55 )
日時: 2011/06/25 01:38
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:uLrFbkW2

>新しい経済理論とは何ですか?
>私はそのようなものは聞いたことがありません。

これから作るのです。

アッハッハ

難しく考えることなどないのです。
民主主義の思想も、資本主義の思想も、マルクス主義も、庶民が、そのようにありたいと思ったことが発端なのです。

出来上がった理論に振り廻されていては、新しい希望、可能性は見えてきません。
市場主義経済の形など、高々300年の歴史です。
何時までも、今のままでいる必要もないし、続くはずもありません。

現代は、その糸口が見えていると言うことではないでしょうか。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.56 )
日時: 2011/06/25 10:36
名前: 反戦主義者

トンチンカンな無教養者が割り込みますが・・・、

正直申し上げて、グッキーさん、愚痴人間さん、の双方に、
「そうだねぇ」と「それは無いよ!」の二つの感想を持ちます。

愚痴人間さんの論には、時々「衣の下に鎧」が見え、グッキーさんの論には、あれ!「新自由主義」是認なのか?と思う時があります。
私のような馬鹿以外でも、其れほど「経済論」は難しいのだな、とつくづく思います。

お二人の持論は夫々頷ける所も有るのですが、私としては「規制型資本主義」とでも言う物を望みます。此れを書くと、又グッキーさんにそんな物聞いた事が無い、といわれる事は解っていますが、此れは今即興で作った言葉です。

今の世界には、共産主義や社会主義は既に通用しなくなっていますから、このイデオロギィをリヴァイバルさせようと思っても無理です。
中国は未だに共産党独裁国家なんていっていますが、実体は「資本主義国家」です。「市場経済主義」なんてまやかしを言っているに過ぎません。
北朝鮮も、共産党の独裁国家らしく振舞っていますが、実体は「専制君主国家」です。

話を戻して、一見勝利したかに見える「資本主義」ですが、愚痴人間さんもご指摘のように、その歪が前面に出てきてこの処理に世界中が苦慮している事は、皆さん周知の事実です。アメリカの「サブプライム、ショック」に端を発した「リーマン・シンドローム」はその良い例です。

「資本」は特にアメリカの資本主義は、「新自由主義」などというモンスターに変身して、世界中に毒液を流しまくりました。
「資本」は放任すると其れを操る者の止め処無い欲望により“暴走”します。だから此れを政治が規制というコントロールを掛けなければ成らない! と言うのが私の思いです。

「公正」も「公平」も此れだけ複雑になった社会では、その実現は至難の業ですが、此れを目指す作業だけは続けなければ成りません。でなければ先に書いた「資本」の暴走を許すことに成ります。
多分この作業は終わりの無い「エンドレス・ゲーム」に成るかも知れません。

此の頃思い始めたのは「貧者」には皆一様に成れるが、「富者」には誰でもが成れないと言う事、“金を握ろう”“富を手にしよう”と思えば、並々ならぬ執念が必要であると言う事です。人を押しのけても、少々危ない橋を渡っても、目的に向かって突っ走る。此れが無ければ「富者」に成れないと言う事が、先日散髪屋で同席したオヤジの話を聞いて解ったのです。 勿論私は失格です。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.57 )
日時: 2011/06/25 11:08
名前: グッキー ID:FshHLwn.

反戦主義者さん 初めまして


<「資本」は特にアメリカの資本主義は、「新自由主義」などというモンスターに変身して、世界中に毒液を流しまくりました。
「資本」は放任すると其れを操る者の止め処無い欲望により“暴走”します。だから此れを政治が規制というコントロールを掛けなければ成らない! と言うのが私の思いです。>
ーーーーーー

##私は市場経済には根本的な欠陥があるという立場です。##


公正な市場とは、多くの売り手、多くの買い手が居て、すべての情報を共有する
という条件で成立します。
しかし現実的にそんな市場は存在しないのです。

それをミクロ的に修復するのが規制であり
独占禁止法、労働法などです。

マクロ的に修復するのが、戦後であれば、高率の累進所得税、相続税であったわけです。

それを自民党政治がどんどんぶち壊してきて、最後の仕上げは小泉、竹中による
新自由主義経済政策でした。

今では市場経済に欠陥があるということさえ忘れ去られ、みんなおろおろと
失われた20年などと言って、なすすべも無いありさまです。
またグローバル経済という状況下で、その解決法を見つけねば成りません。
メンテ
資本的生産関係の歪みは、公正さで解決できるのだろうか・・(1) ( No.58 )
日時: 2011/06/25 11:29
名前: 満天下有人 ID:18vSbFOU

・・・今日は朝から掲示板アクセス不能、投稿文が間延びしてしまい、止めようかなとも思いましたが、ま、枯れ木も山の賑わい程度に、流してください・・・

・・・グッキーさんの、通貨、金融、経済論に一貫する考えが少し見えて来ました・・・市場主義自由経済に対する批判が土台になっているということが分かり、私も同じ考えです・・・しかし個別論になりますと、論理展開の技術的なことですが、一貫するものと理解した事と、仰っていることに少し矛盾を感じる箇所がありますので、整理という意味で2,3指摘させて頂きます・・・

・・・通貨、金融の歪んだ現象は、常に土台になっている資本的生産関係から、特にグロ−バル化され資本が国際化された今の時期、ギリシャ危機問題も含め、その歪みが顕著になっております・・・その点で地域通貨にせよ減価通貨の事にせよ、それに伴って生じる影響は何によって支配されているのか、前提としてそこを明確にしておかねば対論が混乱する、そういう意味で前回投稿でいきなり、「利子率と資本本能である資本の限界効率との関係」という、いささか教科書が如き公式を持ち出しました・・・

経済社会における公正論に信用の創造、またコヒーや農林漁業にける第一次天産物商品と工業製品のように種類が違う商品間の「交換価値」の問題、それは公正でないのか、あるいは公平でないのかという多岐に亘る要素が、一度に出されまして、一気に消化出来ませんので、順次に譲るとして、細かいことですが、貴見において論理が繋がらない点を先ず指摘させて頂きます・・・

歪みの是正策について、誤解を恐れずに申すなら、歪みの根本をどうするかの視点より、処方箋としての通貨論、信用の創造など、そこを「公正」さによって処方的に解決しようという事に重点を置かれているという印象を受けます・・・

・・・資本の本能はそもそも原初的に自己利益の増殖を図る=剰余価値の蓄積にある訳で、公正なる要素は当初から持っていない、よって公正さを求めて果たして解決出来るのかと言う疑問が、抜け切れません・・・通貨論にせよ、根本的に資本本能を置いたままで、果たして解決できるものなのかという疑問が残りますが、そこは総まとめとして別稿にするとして、貴見で論理を繋げて理解不能な個所を次に提示させて頂きます・・・

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存