ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1101] 貧困の構造
日時: 2011/06/15 10:15
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:dsDdpM5o



ここに人口減少県の推移を上げる。

1920〜25年   2
1925〜30年   0
1930〜35年   3
1935〜40年   22
1940〜47年   3
1947〜50年   1
1950〜55年   7
1955〜60年   26
1960〜65年   25
1965〜70年   20
1970〜75年   5
1975〜80年   0
1980〜85年   1
1985〜90年   18
1990〜95年   13
1995〜00年   24
2000〜05年   32

これは人口が流出した都道府県の数であり、人数をあらわしているものではない。
年配の方ならこれが示す意味を御分かりでしょう。

1955〜70年の時代は、それこそ我が国の経済も行け行けドンドンの時期であり、都市部の人手不足を解消するため、都市部で働くために人口の大きな移動が続いた。
ところが、1985〜現在に至る都市部への人口の集中は、我が国の生産体制が海外へシフトを始めた時期であり、労働を求められて移動していた時代と様相が異なる。
さらに、地方からの人口の流出は年々激しい勢いで増している。
2000〜05年に至る過程は異常な数値となっている。

これが意味するところは、1985年頃に起きた「前川レポート」の論理に基づいて、この頃から地方の切捨てが始められ、地方で職がない人が、都市部を頼って流出した事になる。
都市部でネットカフェに宿泊する人間や、公園を住居にする人たちが目立ち始めた頃とも一致する。

ワーキングプアは現実に存在するのである。
5年に一度、国政調査を行いこのような統計も掴みながら、政策に何の反映もしてこなかった、自民党政権の本質は、年金問題に留まらず斯くのごときものである。
都市部のタクシーが異常に増え、少ない給料で働く運転手のことなどを、規制緩和の影響などと、話をそらして平然としている奴等を一刻も政権に留めておくことはならないのだ。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 貧困の構造 ( No.39 )
日時: 2011/06/24 00:38
名前: 満天下有人 ID:OHa6cVKc

・・・まずは、反論でなく、反問形式で対論の与件を詰めて行きたいと思いますので、よろしくお願いします・・・

<目下の経済の病根は、通貨が回転せず消費不足に陥っていることだと考えています>・・・

通貨が回転しない原因は、どこにあるとお考えでしょうか?・・・

<地域通貨でも通貨を増やし回転させれば、消費が増える・・・>

で、消費者はどうやって増刷された地域通貨を手に入れるのですか?、これは地域通貨でなくとも日銀券についても言えることですが・・・

<どうしても通貨が滞留する場合は、減価する通貨という手があります>

・・・所謂ゲゼルのスタンプ通貨のことを言っておられると思いますが、それを生産面でなく消費促進と言う側面から見ますと、何だか滑車をグルグル回っている二十日ネズミみたいで、休息の間もないようですが(笑)、この場合、貯蓄性向は0と考えてよろしいのでしょうか・・・となると自治体政府は、市民町民の資産を背景に投資を促すのでなく(地方債)、あくまで生産投資は民間企業が地域通貨を使ってやる、そういうことでしょうか?・・・

モノがあるからというのは、厳密に言うなれば、既に生産物が過剰にあるということではなくて、供給能力の状態で「ある」ということですから、どうしても生産投資がなされねばなりません・・・そこで前稿でお聞きしたことを再度お尋ねしますが、生産物投資が他所で日銀法定通貨投資によって行われていた場合、@地域通貨との交換比率はどのようにお考えでしょうか、A日銀円だと利子率がついて回ります、それを地域通貨にどのように織り込むのか、ということです・・・或いはB「利子」は廃止すると言うことでしょうか・・・

・・・ゲゼル理論はケインズによって補強されていますが、その場合、利子率と資本の限界効率のバランスが常につきまといます・・・と申しますのは、一方で利子付通貨が存在するからです・・・

・・・ゲゼル理論の根底に一貫して流れている思想は、利子付貨幣が流通するから貧富の格差が無くならないというのが、出発点であるように思います・・・

・・・私が政府紙幣であった太政官札を持ち出したのは、商品の需給バランス、モノが有る無しのことからではなく、政府紙幣は明確に政府債務であるということが確定されており、では地域通貨とはいかなる性格を持つ通貨なのかという点をお聞きしたかったからです・・・誰の債務でもないものを、いくらでも発行出来るとなると、大インフレのリスクをもたらしますから・・・

まだまだ疑問点が多々ありますが税収増株価上昇と地域通貨との関係については、順次お聞きするとします・・・。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.40 )
日時: 2011/06/24 07:43
名前: 手塚 青山 ID:Lmj.64Ms

ケインズだ コンニャクだ とほざいても はじマラねえ〜...
いっそうの事、アメリカの 一州 に成った方が 即効効果はあるぜ!
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.41 )
日時: 2011/06/24 07:59
名前: 満天下有人 ID:OHa6cVKc

・・・あはは、その手もある・・・円をUS地域通貨にしてもらう・・・現実には既に、そうなっているか・・・。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.42 )
日時: 2011/06/24 10:51
名前: グッキー ID:dm1/1IvU

満天下有人さん


>・・・まずは、反論でなく、反問形式で対論の与件を詰めて行きたいと思いますので、よろしくお願いします・・・

こちらこそよろしくお願いします
生産性のある議論なら歓迎です。

>通貨が回転しない原因は、どこにあるとお考えでしょうか?・・・

経済の公正が損なわれており、格差が拡大している。
買いたいモノが無いとか言う、内閣官房費=国民の税金を掠め取っている三宅久之氏のような所にはお金が滞留し、買いたいモノがあるという人たちには、お金が回っていかない。

>で、消費者はどうやって増刷された地域通貨を手に入れるのですか?、これは地域通貨でなくとも日銀券についても言えることですが・・・

定額給付金と考えております(一時金)

>・・・所謂ゲゼルのスタンプ通貨のことを言っておられると思いますが、それを生産面でなく消費促進と言う側面から見ますと、何だか滑車をグルグル回っている二十日ネズミみたいで、休息の間もないようですが(笑)、この場合、貯蓄性向は0と考えてよろしいのでしょうか・・・となると自治体政府は、市民町民の資産を背景に投資を促すのでなく(地方債)、あくまで生産投資は民間企業が地域通貨を使ってやる、そういうことでしょうか?・・・

地域通貨、日銀券並立ですから貯蓄も可能です。0金利以下にならなければ貯蓄性向は無くならないでしょう(現在と同じかw)

>モノがあるからというのは、厳密に言うなれば、既に生産物が過剰にあるということではなくて、供給能力の状態で「ある」ということですから、どうしても生産投資がなされねばなりません・・・そこで前稿でお聞きしたことを再度お尋ねしますが、生産物投資が他所で日銀法定通貨投資によって行われていた場合、@地域通貨との交換比率はどのようにお考えでしょうか、A日銀円だと利子率がついて回ります、それを地域通貨にどのように織り込むのか、ということです・・・或いはB「利子」は廃止すると言うことでしょうか・・・

利子率が違う通貨が並存する。市場原理に反します。だから私は地域通貨論者では無いのです。恒久的制度にするのは難しい。
対策としては給与の一定額を地域通過背で支払う、地域通貨と日銀券の交換停止などを条例で定めるなどがあります。

>・・・ゲゼル理論の根底に一貫して流れている思想は、利子付貨幣が流通するから貧富の格差が無くならないというのが、出発点であるように思います・・・

色々な考えがあります。私は交換格差、法律などによる賃金格差が問題と考えています。
途上国の商品と先進国の工業製品の交換格差が問題に成っています。
一杯のコーヒーに占めるコーヒー豆の原価は数%とか。これを改善する方法は簡単です。OPEKのように生産カルテルを造り、価格を上げれば良いことです。一杯100円のコーヒーが、110円、120円に成っても、先進国の市民はコーヒーを飲むのを止めないでしょう。
国内でも農林水産製品と工業製品の交換比率が問題だと思います。

ウオールマートの会長が、その市場に進出するかどうかの判断は、その市場の支配的プレーヤーになれるかどうかで決まる、と言ってました。
つまり寡占による利益を欲しているのです。プライスメーカーになる、これも寡占による利益です。資本も寡占による利益を欲し、その方向に流れます。
自由主義市場経済の実体とはこんなものです。とても公正なものとは思えません。

公正な市場とは、多数の売り手と、多数の買い手が存在し、かつ全市場参加者がすべての情報を共有する、ということで成り立つはずですが、現実にそのような市場が存在することはありません。
だからその欠陥を修復する必要が有るのです。

正規労働者と非正規労働者が、同一労働、同一賃金ではないことも公正では有りませんね。
これは法律、労働組合による保護があるかないかの差です。

何が公正かという明確な基準はありません。しかし明らかに公正ではないという状態が認められたら、それを修復していかなければ、社会と経済が崩壊してしまいます。
もちろん個人により能力格差というものが有ります。これを認めなければ社会が停滞してしまいます。

>・・・私が政府紙幣であった太政官札を持ち出したのは、商品の需給バランス、モノが有る無しのことからではなく、政府紙幣は明確に政府債務であるということが確定されており、では地域通貨とはいかなる性格を持つ通貨なのかという点をお聞きしたかったからです・・・誰の債務でもないものを、いくらでも発行出来るとなると、大インフレのリスクをもたらしますから・・・

政府の債務、自治体のの債務とは、国民の債務、地域住民の債務です。
つまり債務を増やしお金を受け取る。信用の増大にほか成りません。
0金利永久期限の債務を増やし、信用を増大する。
モノが有る限りにおいては、信用を増大させても問題ないと考えます。

例えば今、バブルが発生し信用が増大するとしますね。実体経済にどれほどの影響があるというのでしょう。モノが有る限りにおいては、実体経済に悪影響は無いはずです。バブルの80年代後半も繁栄を謳歌しただけですね。
しかしバブルは、そのモノの実体価格を上回る価格で重力が働き崩壊します。社会の公正にも反します。
私はそれを恒久的に出来る方法で、しかも公正にも反しない方法ですれば良いと言っているだけです。
つまり信用の増大を恒久的に公正に反しない方法でする。
バブルとは信用の増大です
通貨の増刷、給付も信用の増大です。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.43 )
日時: 2011/06/24 14:06
名前: 手塚 青山 ID:Lmj.64Ms

公正なんてことは ありません。  
現実問題、勝か 負けるか です = しかし これは物理的なものです。
人間には 物理的なもの以上に 重要なものがあります、それは自分自身の 知的財産です。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.44 )
日時: 2011/06/24 14:20
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:RdZQNfqU

ボクシングでヘビー級とフライ級の選手を戦わせ戦うルールは同じものだから「公正」であると言っても始まりません。

もちろん動物的な弱肉強食を求めるならこのかぎりではありません。

「公正」の基準なくして「公正」を論じることは出来ないし、「公正」は多様に捉えなければならないのではないでしょうか。

メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.45 )
日時: 2011/06/24 14:27
名前: 手塚 青山 ID:Lmj.64Ms

愚痴どん、

何を言ってんのか解らん。

現実、世間には 富と貧 がある、人間社会には 公正 などあり申はん。

しかし、志高清遠、ひと夫々の 知的存在では違います、人, 人生夫々です。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.46 )
日時: 2011/06/24 15:01
名前: グッキー ID:dm1/1IvU

手塚 青山さん 初めまして


>いっそうの事、アメリカの 一州 に成った方が 即効効果はあるぜ!

やけを起こしてはいけません。
そうしたら日本の農林牧畜業が壊滅します。
国防意負担が少ないと、思いやり予算どころではない上納金を要求されます。
財政、金融、為替の手足を縛られ、何も出来なく成ります。
財政再建せよと、増税圧力ばかりが来ます。

ギリシャどころではない。
死にに行くようなものです。

>現実、世間には 富と貧 がある、人間社会には 公正 などあり申はん

社会とは公正が担保されることにより成立します。
公正が無くなればアナーキー、殺人、強盗、何でもあり
ということに成ります。
ーーーーーーー
天橋立の愚痴人間 さん

>「公正」の基準なくして「公正」を論じることは出来ないし、「公正」は多様に捉えなければならないのではないでしょうか。

何が公正か、非常に難しいですね。
しかし公正を大きく外れたことは分かります。
同一労働で賃金が2倍違うなど、明らかに公正を外れていますね。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.47 )
日時: 2011/06/24 20:21
名前: 天橋立の愚痴人間

>同一労働で賃金が2倍違うなど、明らかに公正を外れていますね。

私は、この様な面での「公正」には、あまり拘りません。
企業の実力と言うものが平等でないかぎり、給料に格差が出るのは仕方のないことです。

人は自分の実力でより高給を得られる企業に入るようにしたらよいだけ、もしくは自分の実力で企業を起こせばよいのです。

私が言っているのは、グローバル化の波に乗った企業が、海外で安価なものを仕入れ、ないしは生産し、国内で販売している現在、どうして今までの中小の生産業者が太刀打ちできるか、と言うことです。

これは、個人の努力の問題ではないのです。
我が国と言うよりも、世界中でこのような勝負にならない環境で競争を強いられている人がいるのです。

これを「公正」ではないと言っているのです。
いい忘れていましたが、経済活動の需要と供給、すなわち生産地と消費地が50〜100年前とは桁違いに離れているのです。

すなわち局地的に見ると貨幣が循環していないのです。
マクロ的に見れば1国単位では問題なくても、局部に置いて人間は1ヶ月も食べずに生きて行けないのです。

国民生活の目線からみて、経済学の拠って立つ立ち位置はずれてしまっているのです。

貴方の御意見も経済学全般から見れば成立していても、現代の問題の解決には効力がありません。


この様な面に、経済学は何もしようとはしていません。
考える気もないようです。
何のための経済学か、

ゲームとしての市場主義経済の後追いをしているだけの経済学など、図書館に埋もれさせておけばよいのです。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.48 )
日時: 2011/06/24 22:07
名前: グッキー ID:dm1/1IvU

>私が言っているのは、グローバル化の波に乗った企業が、海外で安価なものを仕入れ、ないしは生産し、国内で販売している現在、どうして今までの中小の生産業者が太刀打ちできるか、と言うことです
------------
>>34
>市場主義経済もグローバル化の行く過ぎで、これを是正するためには、この様な角度からの取り組みが必要ではないでしょうか。

経済だけのグローバル化とは、もともと無理があるのです。
税制も経済ルールも違うのに自由化すれば、政府の政策が縛られます。
1日の交通費600円、1日の賃金600円の国が競争など出来るわけがありません。
物価体系などがまるで違います。
それを無理にグローバル化したものだから、弱いものに皺寄せし、その所得を切り下げて
しのいできたのです。
-----------
と書いているではないですか。これは公正というより政策ミスです
弱い者だけに皺寄せする。これは不公正です。
中国と競争させるなら、交通費、電気、ガス、水道、公務員賃金、その他すべての物価を引き下げての競争でなければ公正とは言えません。
それをしないで弱い者だけに皺寄せした。

>私は、この様な面での「公正」には、あまり拘りません。
企業の実力と言うものが平等でないかぎり、給料に格差が出るのは仕方のないことです。

違います。同一職場内のことです。公務員で同一の職場で同じ仕事をしても、正規と非正規では賃金が倍以上違います。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存