ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1101] 貧困の構造
日時: 2011/06/15 10:15
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:dsDdpM5o



ここに人口減少県の推移を上げる。

1920〜25年   2
1925〜30年   0
1930〜35年   3
1935〜40年   22
1940〜47年   3
1947〜50年   1
1950〜55年   7
1955〜60年   26
1960〜65年   25
1965〜70年   20
1970〜75年   5
1975〜80年   0
1980〜85年   1
1985〜90年   18
1990〜95年   13
1995〜00年   24
2000〜05年   32

これは人口が流出した都道府県の数であり、人数をあらわしているものではない。
年配の方ならこれが示す意味を御分かりでしょう。

1955〜70年の時代は、それこそ我が国の経済も行け行けドンドンの時期であり、都市部の人手不足を解消するため、都市部で働くために人口の大きな移動が続いた。
ところが、1985〜現在に至る都市部への人口の集中は、我が国の生産体制が海外へシフトを始めた時期であり、労働を求められて移動していた時代と様相が異なる。
さらに、地方からの人口の流出は年々激しい勢いで増している。
2000〜05年に至る過程は異常な数値となっている。

これが意味するところは、1985年頃に起きた「前川レポート」の論理に基づいて、この頃から地方の切捨てが始められ、地方で職がない人が、都市部を頼って流出した事になる。
都市部でネットカフェに宿泊する人間や、公園を住居にする人たちが目立ち始めた頃とも一致する。

ワーキングプアは現実に存在するのである。
5年に一度、国政調査を行いこのような統計も掴みながら、政策に何の反映もしてこなかった、自民党政権の本質は、年金問題に留まらず斯くのごときものである。
都市部のタクシーが異常に増え、少ない給料で働く運転手のことなどを、規制緩和の影響などと、話をそらして平然としている奴等を一刻も政権に留めておくことはならないのだ。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 貧困の構造 ( No.19 )
日時: 2011/06/19 21:05
名前: 手塚 青山 ID:eENMpmxo

愚痴どん、

御意、Thanks。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.20 )
日時: 2011/06/22 11:57
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:diJ0VWQg

http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/o/44/index2.html


相対的貧困率、日本は第5位から第2位へ
 対日経済審査報告書が指摘した二つ目の点は「日本の相対的貧困率は今やOECD諸国で最も高い部類に属する」ということだ。

 相対的貧困率とは国民を所得順に並べて、真ん中の順位(中位数)の人の半分以下しか所得がない人(貧困層)の比率を意味する。つまり、中位の人の年収が500万円だとしたら、250万円以下の所得層がどれだけいるかということだ。

 OECD東京センターが発表した対日経済審査報告書の日本語概要では相対的貧困率が「最も高い部類に属する」としか書いていないが、7月20日のOECD発表記者会見では「OECD加盟国中、第2位になった」と表明した。

 昨年、日本の相対的貧困率はメキシコ、米国、トルコ、アイルランドに次ぐ第5位だったが、ついに“堂々たる世界2位”の格差社会になったというわけだ。

 かつては1億総中流社会といわれた日本が2位になったことについて、OECDは危険な状況であると強く警鐘を鳴らしている。

 ゼロ金利解除と相対的貧困率は一見、関係がないように見えるが、実は両方とも格差拡大の大きな原因となっている。

 個人レベルで考えると、金利が上がると、預金金利と貸出金利が上がる。勝ち組は借金を持たず、多額の預金などおカネを持っているから、利子が増えて、さらに勝ち組になる。

 一方、庶民の多くは住宅ローンを抱えていて、それほど預金を持っているわけではない。国土交通省の調べによると、平成17年度上半期末(昨年9月末)で、10年超の金利固定による住宅ローンの割合は5%程度にしかすぎない。

 つまり、95%の人が変動金利や短期型のローンであり、ローン金利の上昇で家計が圧迫されることになる。特に変動金利型の住宅ローンの割合は33%であり、3分の1の世帯はいきなり影響を受ける。

 変動金利ローンの金利は短期プライムレート+1%だから、短期プライムレートが0.25%引き上げられると、住宅ローン金利も0.25%上がる。ローン残高が3000万円ならば、年間7万5000円の負担増となる。

 毎月6000円強の負担は少ないお小遣いでやり繰りしているお父さんたちにとって手痛い出費だ。



これは2006年の発表なので現在はトップとなっている可能性が高い。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.21 )
日時: 2011/06/22 14:57
名前: 満天下有人 ID:QvYLG6tY

・・・という状況なのに、増税ばかりを言うバカども・・・

門戸開放、グローバリゼイションに乗せられて、このザマだ・・・

日経が報じるところによれば、アメリカ、ジャパンハンドラーズの代表格アーミテージが昨日官邸に入り、復興事業までかすめ取りに来ている・・・

門戸開放してもこのザマなら、一刻も早く鎖国せねばならない。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.22 )
日時: 2011/06/22 15:07
名前: 天橋立の愚痴人間 メールを送信する

平成20年 国民生活基礎調査
2所得票 第014表 世帯数の相対度数分布−1世帯当たり平均所得金額−世帯人員1人当たり平均所得金額−中央値−平均所得金額以下の世帯の割合,全世帯−標準4人世帯-特定世帯・所得金額階級別
   注:「標準4人世帯」とは、夫婦と18歳未満の未婚の子2人の世帯である。
所得金額階級 全世帯 標準4人世帯  高齢者世帯 母子世帯 児童のいる世帯
世帯数の相対度数分布(%)
総   数 100 100 100 100 100

 50万円未満 1 - 2.6 2.9 0.4
 50〜100 4.9 0.7 13.1 9.8   1.1
 100〜150 6.5 1.5 13.2 12.7 2.2
 150〜200 6.1 1.1 11.6 22.5 3
 200〜250 6.5 1.1 11.2 15.7 2.8
 250〜300 6.3 2.9 9.1 13.7 4.5
 300〜350 6.9 5.5 9.7 6.9 4.5
 350〜400 6.1 5.3 7.7 2.9 5
 400〜450 6 8.4 5.7 2.9 5.9
 450〜500 5.1 6.4 4.1 1 5.8
 500〜550 4.7 7.3 3.3 1 5.9
 550〜600 4.9 8.2 1.9 2.9 6.5
 600〜650 4.3 8.8 1.2 2 8.1
 650〜700 3.4 6.6 0.9 - 4.9
 700〜750 3.4 5.5 0.9 1 5.2
 750〜800 2.9 5.8 0.7 1 4.8
 800〜850 2.8 4.4 0.4 1 4.2
 850〜900 2.4 3.3 0.3 - 3.7
 900〜950 2.2 1.8 0.1 - 3.5
 950〜1000 1.8 2.2 0.1 - 3.2
 1000〜1100 2.8 3.3 0.3 - 3.5
 1100〜1200 2.1 2.4 0.6 - 2.8
 1200〜1500 3.8 4.4 0.6 - 4.5
 1500〜2000 2 1.8 0.2 - 2.4
 2000万円以上 1.3 1.1 0.6 - 1.6
1世帯当たり平均所得金額(万円) 556.2 664.2 298.9 243.2 691.4
世帯人員1人当たり平均所得金額(万円) 207.1 166 192.4 93.6 165.2
中央値(万円) 448 600 240 207 609
平均所得金額以下の世帯の割合(%) 60.9 59.7 60.7 62.7 60

投稿により表が判らなくなってしまいましたので、例を挙げて説明します。

50〜100 4.9(%)0.7(%)13.1(%)9.8(%)1.1(%)
と言うことです。お手数ですが、換算して御読み下さい。

1世帯当たりの平均所得とは全所得を世帯数で割ったものを言い、平均所得に達している世帯数は全体の4割に満たない。
これに対して、世帯数の半分の数値で換算しているのが中央値である。
これも統計の資料の使い方で若干の誤差がです。
以前に別の根拠で私が示した概算、世帯数の半分は年収400万円以下、300万円以下は35%、200万円以下は20%を越えていると言う想定がかなり現実であることを証明している。

以下は平均値の推移を示す。

20年(2008)は中央値が448万円、平均値は556万2000円
19年(2007)は中央値が451万円、平均値は566万8000円
18年(2006)は中央値が458万円、平均値は563万8000円
17年(2005)は中央値が462万円、平均値は580万4000円
16年(2004)は中央値が476万円、平均値は579万7000円
14年(2002)は中央値が485万円、平均値は602万円
12年(2000)は中央値が506万円、平均値は626万円
10年(1998)は中央値が536万円、平均値は657万円
08年(1996)は中央値が550万円、平均値は659万円

10年間で10%堕ち続けていることが判る。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.23 )
日時: 2011/06/22 15:30
名前: 天橋立の愚痴人間

所得別世帯数の整理(平成18年)

100万円以下       6.0(%)
100〜200万円      11.9
200〜300万円      11.8
300〜400万円      12.7
400〜500万円      10.9
500〜600万円       9.7
600〜700万円     8.2
700〜800万円     5.9
800〜900万円     5.3
900〜1000万円     3.3
1000万円以上     14.3

これは世帯別の集計なので、所得の少ない家庭ほど、夫婦が真剣で働いているはずである。
個人の年収では200万円以下、詰まり月収15〜20万円で働いている人間が相当いることになります。

それに引き替え、公務員は地方公務員でも軒なみ年収600〜700万円となります。
国家公務員、特殊法人ともなると700〜800万円と聞きます。
かつ、年収が多いほど、福利厚生や老後の生活も手厚く保障されています。
税金を使ってこの様な状況になっていることは、如何様に考えても納得できません。

なを、かつ、この統計は5年前のものです。
事態はさらに深刻になっているでしょう。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.24 )
日時: 2011/06/22 21:52
名前: グッキー ID:Bitzflok

天橋立の愚痴人間 さん

こういう共産党や社民党が言っている政策では駄目なのです
企業もまた競争下にあり、ミクロ的には弱いものをいじめて儲けるのが正しいのです。
税もグローバル競争下にあり、思い通りには出来ません。
前に阿修羅で別の方法を提示しましたよね。

今は市場経済の欠陥が噴出している時代です(世界暦にも)
私は市場経済を否定するものでは有りませんが、欠陥は欠陥として認め、
是正していくことを臨みます。

市場経済の欠陥とは強いものが多くの富の配分を得るということです。
強さとは市場支配力、資本力、規制により守られている、組合により守られている
等です。
これは公正とは思えません。
そのため戦後派効率の累進課税などがありました。
でも現在は経済だけのグローバル化の時代、こういう方法は不可能です。

ヤフーのコメント欄がおかしいです。
情報統制でもしているのか?
http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20110614-00000005-jct-soci&s=points&o=desc
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.25 )
日時: 2011/06/22 22:19
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:diJ0VWQg

グッキー さん、御訪問ありがとうございます。

>共産党や社民党が言っている政策では駄目なのです

もとより、マルクス主義は否定しています。

>今は市場経済の欠陥が噴出している時代です(世界暦にも)
>私は市場経済を否定するものでは有りませんが、欠陥は欠陥として認め、
>是正していくことを臨みます。

まさに、上記の言葉に対して方策を探ろうと思っています。
経済の体制もですが、市場主義経済のシステムに修正を加えるには、自ずから民主主義の考え方にも修正が必要です。

具体的には「地域循環型経済圏」を合わせ持てるような資本主義経済の理論へ挑戦してみたいと思います。
もう一方の標語として「身の丈にあった生活環境の確保」と言うスタンスで、これからこのサイトで意見の集約を計りたいと思います。

どうか、また参加していただくように御願いいます。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.26 )
日時: 2011/06/23 15:53
名前: グッキー ID:uv.ADpEc

「地域循環型経済圏」
ですか、ゲゼル理論があります。地域通貨です。大恐慌の時ある程度、成功した
みたいです。
今でも世界各地、日本でも行われていますが規模が小さいです。
自治体で地域通貨を発行して、その地域で流通させることが出来れば
効果は大きいと思います。

ようは日本の問題はマネーの問題なのです。マネーが集まり回転しなくなってしまった。
モノはあるのだからマネーを回転させれば、すべては上手く行きます。

市場経済には強いものにマネーが集まってしまうという欠陥があります。
だから独占禁止法や労働法が出来たのです。

しかし優越的地位利用の禁止という項目が独占禁止法にありますが、優越的地位利用など
普通の商取引では通常のことです。あまり酷いものが表ざたになるだけです。
これは実業を経験したものなら当然、知っているはずです。

同じ仕事をしても正規と非正規では賃金に格段の差があります。
これは正規社員が、法と組合に守られているから起きることです。

このようなことを放置すれば、社会の倫理、モラルが保てません。
よく振り込み詐欺などで逮捕された人間が言う言葉は「どうせ社会は弱肉強食だ、
弱いものから取って何が悪い」です。
経済システムが公正でなければ社会はどんどん酷くなるのです。

しかし市場経済はミクロ的にこの問題を解決するのは難しいのです。
ミクロ的に解決しようとすれば、経済の自由というものを奪ってしまいます。
マクロ的に富の再分配という政治的手法で解決するしかありません。
しかし税による方法は、経済だけのグローバル化により封じられています。
現在、政治的に出来る方法は、マネーの発行という方法しか無いでしょう。

しかし政治家や学者、評論家と言われるテレビに出てくるような人たちは
現在のままが良いのです。所詮、困るのは弱いものです。
現在が変わってしまったら彼らは困るのです。
だから既存の枠を超えた発想をしないのです。
ごちゃごちゃと言っても、所詮、既存の枠内の発想です。

日本はモノがあまり豊かな国です。
豊かなのに、何で困窮する必要が有るのでしょう。
有り余るモノの中の困窮、これが失われた20年です。

何でこんな愚かなことを、愚かと感じないのでしょう。
まず、愚かなことを愚かと感じなければ話になりません。
モノが有り余っているのに困窮者が増えるのはおかしい
と感じられませんか。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.27 )
日時: 2011/06/23 17:09
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:LdHBNNRg

グッキー さん

>ゲゼル理論があります。地域通貨です。大恐慌の時ある程度、成功した
みたいです。

ゲゼル理論ですか、知らなかったので研究してみます。

>豊かなのに、何で困窮する必要が有るのでしょう。

この様に言われている事に関連して申し上げますと、
「新しい国(経済)の形」を考えて行く上で、ヘリマネ理論に行き着きます。

ヘリマネといいましても、実際に現金をばら撒くのではなく、仕事が無い人に仕事を国家が与えると言うことです。

その方法も、昔、ニコヨンと言って、地方の行政機関が道路掃除夫などを直接日当を払って雇っていたことがあります。
所謂、個人で受ける公共事業です。

このような方法も有りますが、地域の中小零細企業だけに発注する公共事業をヘリマネ(紙幣の印刷)で賄おうということです。
この様な方法で1000〜2000万人分の雇用を国家が確保しなければならない時代が来るのではないかと思っています。

この方法ですと、物資が不足している訳でもないのでインフレの心配は無いかと思います。
「地域循環型の経済圏」の確保についても、漠然として考えはあるのですが、実際に施行しようと思えば理論的な裏づけまでやらねばならないと思います。

ある程度は経済のことも知る努力をしていますが「ゲゼル理論」なども見てみたいと思います。
メンテ
法定通貨日銀券、政府紙幣、地域通貨・・・ ( No.28 )
日時: 2011/06/23 19:10
名前: 満天下有人 ID:wV7GiXC2

・・・横レスで恐縮です・・・まだグッキーさんの詳しい理論の展開に接しておりませんが、グッキーさんの問題提起は、昔ヤフー掲示板で対論しましたお若い方で、私がヒッキーさんと愛称を付けて呼んでいた方の提起と、良く似ているのですが、別の方でしょうね・・・

・・・それはさておき、この種の通貨の対論になりますと、勿論、その背景には地域経済を活性化させたいという評価すべき願望があるのですが、得てしてそれを通貨面から活性化させるということになりますと、現実論としても色んな制約と言いますか、通貨なるものが本来的に持っている性格と、人間が通貨に対する欲望が重なって、どうしても限界が出て来るのです・・・

・・・ということで、地域通貨を論じる場合、論者が地域通貨なるものの性格を、どのように位置付けておられるかが、大変大事なことになって参ります・・・

そこで、グッキーさんが、地域通貨をどのように位置付けておられるかを、お聞きしたいのです・・・

<自治体で地域通貨を発行して、その地域で流通させることが出来るなら、効果が大きいと思うのです>と、仰っておられますが、どのような効果があるとお考えでしょうか・・・

・・・商品を購買する手段としての通貨が不足しているから、言い換えますと、貨幣なるものが一か所に滞留してしまうから景気が上向かないと言う論理になりますが、ではその基になっている商品の生産は、日銀円でなく、それも地域通貨で投資生産されたものと考えてよろしいのでしょうか・・・

・・・仮にそうでないとするなら、地域通貨は、ゲゼルも言っていたように、「スタンプ貨幣」ということになりますが、でもゲゼルは、通貨の回転を速めることが地域循環経済に寄与する、ただし、これを滞留させないために、地域通貨をタイムマネーとして位置付け、時間経過によって通貨の交換価値を「減価」させなばならいと言っております・・・

話が混乱しますので、今回は簡単に申しますと、その減価率は法定通貨の利子率の範囲内に限定され、ケインズは更に、利子率は資本の限界効率との兼ね合いになる・・・経済学者の中にはそれをゲゼル・ケインズ理論と呼ぶ者もいるのですが、言い換えますと地域通貨なるものも、結局最終的には一国の法定通貨の運動に制約されるということを認めている訳ですね・・・

・・・ま、ここは一旦省略するとしまして、ある地域での付加価値創造、つまりその地域における生産投資が、地域通貨でも賄えるとした場合、その生産要素がその地域で全部手当出来る場合は問題がありませんが、丹後で生産材料が手当出来ない場合、北海道釧路から手当する・・・その場合の丹後通貨と釧路通貨との交換比率は、どのように決められるのか、そこも知りたいのです・・・

・・・この現象を拡大して行きますと、結局ドル・円。円・元。元・ユーロ。ということと同じ現象が起こって来ます・・・

となると、丹後通貨と釧路通貨を媒介する基準が必要になって参ります・・・結局法定通貨円を基準にせざるを得なくなります・・・ならば最初から円で良いではないかという、元に戻ってしまわないでしょうか・・・

・・・いや方法は無きにしもあらずですが、それは江戸時代の各藩の藩札に戻すと言うことになります・・・さてそれで全体の経済のパイが広がるのか、藩によっては生産消費が活発化せずに、財政赤字となって、通貨価値が全国に認められないから、やむなく信用を得るために、金二分をつけるという「金札」も出回ったのですが、これが投機の対象となり明治時代に大混乱が起こっております・・・

・・・いや地域通貨とは、そんな大げさなものではなく、地域住民が円紙幣が不如意なる時に利用できる程度のものであれば良いということになると、逆に対象商品が限定されてしまい経済効果は期待できないのではないでしょうか・・・当初地域通貨が発行されたケースは全国で400種類もありましたが、自治体は法定通貨円との兼ね合いも考慮し、一部の商店街でしか使用できないように制限した為に、利用度が漸減して現在ではほとんど消えてしまったようです・・・

・・・やはり正攻法で日銀券によって経済は循環すべきで、それには政府による経済政策がキイポントになるという、ありきたりの結論に落ち着きます・・・

・・・<モノはあるのだからマネーを回転させればうまく行きます>・・・そのモノに対する需要が減少しているという側面と、将来不安が重なると、通貨面からの刺激は難しいと思います・・・極端なケースとして「名目利子率」がデフレで実質利子率がマイナスになっているなら、オカネ使うたびにそのお金にプレミアムをつけて上げねば貨幣が回転しないという理屈も成り立ちます(笑)・・・ゲゼル理論のタイムマネーに似た理屈です・・・

最初に申すべきでしたが、私の基本的なスタンスは政府紙幣発行もやってはいけない(明治維新政府の太政官札発行の大失敗があります)、法定通貨の信用を著しく毀損します・・・そして地域通貨も効果が無い、発行を拡大すれば太政官札と同じように逆に混乱を招くと思います・・・

・・・最も大きな視点では、貨幣操作による所謂マネタリスト的姿勢で経済を操作すると言うことには反対です・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存