ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1101] 貧困の構造
日時: 2011/06/15 10:15
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:dsDdpM5o



ここに人口減少県の推移を上げる。

1920〜25年   2
1925〜30年   0
1930〜35年   3
1935〜40年   22
1940〜47年   3
1947〜50年   1
1950〜55年   7
1955〜60年   26
1960〜65年   25
1965〜70年   20
1970〜75年   5
1975〜80年   0
1980〜85年   1
1985〜90年   18
1990〜95年   13
1995〜00年   24
2000〜05年   32

これは人口が流出した都道府県の数であり、人数をあらわしているものではない。
年配の方ならこれが示す意味を御分かりでしょう。

1955〜70年の時代は、それこそ我が国の経済も行け行けドンドンの時期であり、都市部の人手不足を解消するため、都市部で働くために人口の大きな移動が続いた。
ところが、1985〜現在に至る都市部への人口の集中は、我が国の生産体制が海外へシフトを始めた時期であり、労働を求められて移動していた時代と様相が異なる。
さらに、地方からの人口の流出は年々激しい勢いで増している。
2000〜05年に至る過程は異常な数値となっている。

これが意味するところは、1985年頃に起きた「前川レポート」の論理に基づいて、この頃から地方の切捨てが始められ、地方で職がない人が、都市部を頼って流出した事になる。
都市部でネットカフェに宿泊する人間や、公園を住居にする人たちが目立ち始めた頃とも一致する。

ワーキングプアは現実に存在するのである。
5年に一度、国政調査を行いこのような統計も掴みながら、政策に何の反映もしてこなかった、自民党政権の本質は、年金問題に留まらず斯くのごときものである。
都市部のタクシーが異常に増え、少ない給料で働く運転手のことなどを、規制緩和の影響などと、話をそらして平然としている奴等を一刻も政権に留めておくことはならないのだ。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 貧困の構造 ( No.89 )
日時: 2011/08/20 20:47
名前: 天橋立の愚痴人間

デンマークは消費税25%です。なぜそのデンマークが最も幸福度が高いと国民が思うのか、それを探っていった結果、見つけたのが次の記事です。



デンマークの労働市場政策   弁護士 中西 基

1 デンマーク・モデル〜「黄金の三角形」・「フレキシキュリティ」
 デンマークの労働市場は、「黄金の三角形」と称される3つの要素(@柔軟な解雇規制、A手厚い失業補償、B積極的労働市場政策)から成り立っています。
 柔軟さと補償を兼ね備えているところから、「フレキシキュリティ」(フレックス+セキュリティ)とも称されています。
 デンマークは、この3つの要素のバランスによって失業を大きく減らすことに成功したことで注目されているのです。


2 柔軟な解雇規制
 デンマーク・モデルを特徴づける第1の要素は、柔軟な解雇規制です。
 生産活動が減少した場合には解雇が容易にできるようにしておきます。そうすれば、企業は、生産活動が増加した場合に正社員を雇用することを躊躇しません。結果として、解雇された労働者にとっても次に再雇用される可能性が高くなるというわけです。
 注意しなければならないことは、デンマークにおいても「解雇が自由」なわけでは決してないことです。デンマークでも解雇には合理的な理由が要求されており、人種や性別による差別的な解雇や労働組合員であることを理由とする解雇など不合理な解雇は当然に違法です。ただ、1899年以来の伝統である労使相互の信頼と尊重の精神によって、企業側の経営的判断については労働組合もそれを基本的には尊重する結果として、日本の整理解雇の場合のように、解雇の「必要性」を巡って裁判上の紛争になることはほとんどありません。つまり、「柔軟な」という意味は、労使相互の信頼をもとにして、労働組合が企業の経営判断を尊重するという意味に理解するべきです。
 なお、労働組合と使用者団体との労働協約によって、同一労働同一賃金原則が徹底されていることと併せて、企業側としても有期雇用を活用しようというメリットはありません。
 
3 手厚い失業補償
 失業保険に加入している労働者が失業した場合に失業給付を受給できる期間は2010年7月以降、2年間です。これは日本の場合の最大で360日、平均で125.9日(2009年度。ちなみに2008年度は99日。)と比較すれば、十分に手厚い補償です。
 もっとも、デンマークの失業給付の受給期間は、かつては事実上無制限でした。その後、それが1994年以降、7年間→5年間→4年間に順次短縮され、2010年7月からはさらに2年間に短縮されたものです。
 また、1994年の改革からは、失業者に対しては、就労に向けた積極的な努力がより強く要求されるようになっています。具体的には、全国共通のオンライン・ネットワークに求職登録(CV)を行ったうえ、毎週1回以上の更新が求められます。また、離職後3ヶ月を経過すれば失業者1人1人についてジョブセンターの職員(カウンセラー)と面談のうえで個人別の就労計画の作成が義務づけられます。その後は3ヶ月毎にジョブセンターに出頭して職員(カウンセラー)と面接し、求職活動のみならず、就労に向けた様々な活動(アクティべーション・プログラム)への参加が義務づけられます。これらに違反すれば、失業手当は減額もしくは支給停止されることになるのです。
 このように、失業者に対する就労への圧力は、むしろ日本の場合よりも強制的です。

4 積極的労働市場政策
 デンマークにおける職業教育は、義務教育終了時点から継続的に実施されています。義務教育卒業者の進路は大きく分けて2つです。1つは中等教育コース(3年)への進学、もう一つは職業訓練プログラムへ進むコース(3〜4年)です。前者の中等教育コースの中でも、工業系高校へ進学するコース、商業系高校に進学するコース、普通教育コースと3つに分かれており、日本における普通高校のような普通教育コースへ進学する生徒はごく一部です。これら中等教育コースへの進学者の多くは、さらに上級の教育課程(大学レベル)への進学を目指しています。他方、職業訓練プログラムコースは、座学と職場での実習を繰り返すいわゆる「デュアル・システム」と呼ばれる仕組みをとっています。生徒は最初の1年間は学校で基礎的な教育を受けた後、2年目以降は実習先企業における数ヶ月間の実習と学校での座学を交互に繰り返します。職業訓練プログラムに進学した生徒に対しては、学校での座学の期間中でも企業での実習期間中でも一定の賃金が支払われます。なお、実習先は生徒自身が自らの希望によって受入先企業を探し、面接を受けて、採用されます。職業訓練プログラム終了後、多くの生徒は当該実習先企業に正式に就職することになるのです。

 これ以外にも、成人向け教育(国民学校など)があり、全労働者の45%程度が学卒後就労してからも自主的に何らかの生涯教育を受け続けています。
 失業者は、ジョブセンターの職員(カウンセラー)との面接において、再教育・再訓練が必要であると判断された場合には、ジョブセンターが提供する各種の再教育プログラム(アクティべーションプログラム。通常は数週間から数ヶ月)を受講することが義務づけられ、あるいは、場合によっては、上記職業訓練プログラムの受講を義務づけられることもあります。

 もっとも、デンマークにおける失業者向けの職業教育・職業訓練は、それによって当該失業者の能力を高め、その結果として再就労を実現しようとする目的のものではない、と評価すべきでしょう。むしろ、長期失業者に対してアクティべーション・プログラムの受講を強制することによって、早期に自発的に再就職するためのインセンティブにしようとする観点が強いです。職業能力の開発とは直結しない無意味なプログラムを課せられることもあるようです(鳥の鳴き真似をするプログラム、パスタとマシュマロを用いて工作するプログラムなど)。

5 デンマーク・モデルの評価 〜日本との違いについて〜
 デンマーク・モデルは、確かに、デンマークにおいては、失業を減らすことに成功しました。しかし、デンマーク・モデルは、デンマークの伝統的な労使関係や労働市場や社会の状況を前提として初めて成り立っているものであって、このモデルをそのまま他の国に導入したとしても、失業を減らし完全雇用を実現することにはならないでしょう。
 特に、日本とデンマークとでは、産業構造が決定的に異なっていることを忘れてはなりません。すなわち、デンマークの企業は中小企業が中心であり、産業分野としてもニッチ産業(すき間産業)が中心です。それゆえ、デンマーク企業は、グローバル市場における競争とはほぼ無縁なのです。他方、日本では輸出産業が中心であり、日本の大企業のほとんどはグローバル市場における熾烈な競争にさらされています。そこでは労働コストは直ちに価格競争に反映するのであり、それゆえ、グローバル市場で勝ち残って利益を確保するためには、労働コストをカバーするだけのより高度な技術力や生産性が要求されることとなります。それゆえ、日本における労働者への訓練・教育は、賃金コストを上回るだけの高度な職業技術・職業能力を身につけることができるものでなければならず、それは容易なものではありません。

 もう一つ、日本とデンマークとの重要な差違は、雇用の慣行です。デンマークでは1人の労働者が生涯に転職する回数は平均して6回(!)です。実に就労人口の3分の1が毎年転職を経験しているのです。他方、日本では、「新規学卒者の定期一括採用」という雇用慣行が長く労働市場を支配してきました。この新規学卒一括採用システムと終身雇用制度及び年功序列賃金制度は、世界に他に類例を見ない「日本型雇用慣行」と称される特殊なシステムであり、1970年代から80年代の日本の高度経済成長を支えたバックボーンでもありました。このような新規学卒者定期一括採用システムの下では、中途採用の労働市場はきわめて限定的であり、それゆえ、一旦失職した者が再就労することはそもそも容易ではありません。つまり、日本の労働市場では、労働者の教育度合や訓練度合によって採否が決定される慣行がそもそもないのです。

 さらに、もう一つ、日本の特殊な産業構造として忘れてはならないのは、大企業を中心とした重層的な「下請」構造による賃金格差です。デンマークでは、労働協約によって産業別の同一労働同一賃金が徹底されおり、同じ産業で同じ職種に就いている労働者の賃金は基本的には同一です。ところが、日本では同じ産業の同じ職種の労働者であっても元請と下請と孫請とでは賃金に大きな格差があります。「下請」構造においては、元請会社の社員と下請会社の社員との間に賃金格差があることは当然視されているし、下請会社の社員と孫請会社の社員との間においても同様です。その原因は、元請会社が製造コストを下げるために下請会社への発注価格を極限にまで切り下げ、下請会社は自らの利益を確保するために孫請会社への発注価格を極限にまで切り下げるからです。元請会社が自社社員の賃金コストを下げることは容易ではなくとも、下請価格を下げることはいとも簡単にできてしまうのであり、このような「下請」構造の結果、日本の労働者の賃金は全体として抑えつけられてきたし、下請や孫請においては法定最低賃金の水準ですら雇用の維持さえままならない状態になっているのです。

■日弁連のデンマーク調査報告書もご覧下さい。

http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/committee/list/data/danmark_report.pdf
  
(引用終わり)

下記について最も注目してください。
デンマーク以外でも、台湾、東南アジアでグローバル化の波に抵抗してなんとはやっている国は、同じような傾向があります。

・・・特に、日本とデンマークとでは、産業構造が決定的に異なっていることを忘れてはなりません。すなわち、デンマークの企業は中小企業が中心であり、産業分野としてもニッチ産業(すき間産業)が中心です。それゆえ、デンマーク企業は、グローバル市場における競争とはほぼ無縁なのです。他方、日本では輸出産業が中心であり、日本の大企業のほとんどはグローバル市場における熾烈な競争にさらされています・・・



メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.90 )
日時: 2011/08/20 22:12
名前: グッキー ID:36uAyHGw

だから言ったでしょう。
市場経済では力により富の分配が決まると。

それをミクロ的にカバーして来たのが労働法であり、独占禁止法です。
マクロ的にカバーしてきたのが累進課税です。

それを世界的に、日本では自民党政権がなし崩しに無くして来た。
だから富の集中が起き、リスクを取れるマネーが増大し、マネーが実体経済から投機市場に流出しデフレ経済に陥った。

しかし共産党や社民党の言うような賃上げによる消費拡大などというのはナンセンス、グローバル経済という環境に適した政策でなければならない。
それが消費管理政策なのです。

雇用に関しては消費が増え、雇用が増えなければ根本的な解決は出来ません。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.91 )
日時: 2011/08/21 00:54
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:aTDjHGrI

・・・特に、日本とデンマークとでは、産業構造が決定的に異なっていることを忘れてはなりません。すなわち、デンマークの企業は中小企業が中心であり、産業分野としてもニッチ産業(すき間産業)が中心です。それゆえ、デンマーク企業は、グローバル市場における競争とはほぼ無縁なのです。他方、日本では輸出産業が中心であり、日本の大企業のほとんどはグローバル市場における熾烈な競争にさらされています・・・

グッキーさんは、この文章をどのようにとっておられるか、今一つ判りません。

ですが、経済のグローバル化、言い換えれば企業の拡大、寡占競争の果てが雇用を奪うという認識では同じと思います。

それに対抗する方法としての「消費管理政策」も今一つ理解が出来ません。
何となれば、私の考えは、デンマークのような中小企業が生きて行ける経済環境を国家の手で作り出すという側面から対応しようとしています。

市場主義経済体制を維持したままで、この状態を作るのは個人の利己心を無制限に開放している中では無理なことです。

ですが現実にデンマークの例があります。
そこには国家として、国民としての何かの了解事項があるはずです。
我が国には我が国にあったそういうものを育ててこそ、可能な環境であり、現状を続けるかぎり無理なことと思います。

具体的に言えば、たとえば原則食料鎖国を国民が受け入れ、国内で多くの中小零細企業が食糧生産に従事することです。
また、小さな規模の公共事業を増やし、その発注を、これも同じく中小零細企業に限って受注できるような形態を作ることです。

そのほか、年金、保険などの労働環境を同一のものにし、公務員の採用も常時中途採用の枠を新規雇用の半分くらいとすれば、デンマークのような労働市場の流動化を促進し適材適所の雇用が生まれます。

これくらいの事は、市場主義経済の中でも並存できるシステムと思います。
中小零細が生きて行くための公共事業の財源として年間20兆円くらいは税金ではなき印刷で調達する。
これくらいならば、その金は生活に廻り消費を増やすことはあってもインフレにはならないと思います。

他にも方策はあるでしょうが、私が考えている新しい国のかたち、雇用確保の施策です。
けれども、食料鎖国にしても、それを国民が認めることは大変難しい問題があります。
結論のありようよりも、そのシステムを国民が認めるか、否かが問題です。

でも、デンマークの例を見て、やり方は違えど実践している国があると聞き勇気を得ているものです。

最後にグッキーさんが言われている「公平」とは、制度上の公平でなく、国民の殆どがグローバル化の不公平から開放されて生きられるためのシステムを作るという意味であれば、概ねは私と違っていないと思います。

また地域貨幣のことについては、このことに関してどのような関連があるか、これも今一つ解かりません。

それと外国との関連の問題もあると思います。
我が国独自の金融政策が世界市場で存在できるかなど、これはより専門的な話しですので、グッキーさんや満天下さんに譲らねばなりません。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.92 )
日時: 2011/08/21 01:09
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:aTDjHGrI

追伸です。

大規模店舗法が有名無実となり、瞬くまに多くの小売店舗がなくなりました。
しかしながら、量販店の進出によって受けている利益も無視は出来ません。

これを単純に昔に戻すことはよくないと思います。
これは別の方法で小さな小売店の復活を考えねばなりません。
昔のようにはならないと思いますが、付加価値の高い商品の開発に努力して安価であるだけがとりえでないことを国民が理解するようになることです。

小売店舗、小さな生産業の復活はおいそれとは行かない代わりに、土木建設業を作り出すことです。
この業界はまだまだ手仕事に頼らねばならないことが多く、比較的グローバル化の影響が少ない分野です。

また関連する産業の裾野が広い分野でもあり、工事の対象は100年続けても尽きないほどです。
この様な施策を30年も続けると、新たな活力が浸透し、自然と消費も増えてゆきます。
消費が増えると雇用も確保でき、デフレスパイラルのようなどうにもならない現状から抜け出せること請け合いです。

ついでに申しておきますと現在の政治家の視野は話しにならないもので、1年先のことも見通すことが出来ないボンクラそろいです。

己のボンクラを官僚の腐敗に置き換えて官僚たたきをする政治家など、穴を掘って埋めてしまえばよいのです(この項、中国古代の映画を見すぎです)。

メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.93 )
日時: 2011/08/21 02:18
名前: グッキー ID:iJD2RPkM

>・・・特に、日本とデンマークとでは、産業構造が決定的に異なっていることを忘れてはなりません。すなわち、デンマークの企業は中小企業が中心であり、産業分野としてもニッチ産業(すき間産業)が中心です。それゆえ、デンマーク企業は、グローバル市場における競争とはほぼ無縁なのです。他方、日本では輸出産業が中心であり、日本の大企業のほとんどはグローバル市場における熾烈な競争にさらされています・・・
--------

デンマークは市場が小さいので巨大企業が育たなかったのです。日本は市場が大きいので巨大企業が育ちました。
大企業はモラル的に問題がありますが、必要なものなら仕方がないでしょう。
鉄鋼、自動車、電機、石油プラントなど、大企業が必要ですね。

また経常収支のバランスも維持しなければなりません。
日本の中小企業製品でエネルギー資源、食糧を買う外貨が得られるでしょうか。

雇用に関しては需要が無ければどんなシステムを取っても上手く行きません。
もちろんデンマークのシステムは良いと思いますが。

農業鎖国は現実的ではありません。
どうやって転換するのか途方にくれます。国際貿易問題にも成ります。

消費管理政策は資本主義市場経済の欠陥、公正を回復する手段でもあるのです。累進税率、法人税が引き下げられた代わりと言っても良いです。

欠陥を是正しなければ実体経済から投機市場にマネーが流出し続けます。それを補おうと毎年、実体経済にマネーを注入し続ければ、投機市場にマネーが溢れかえり、メルトダウンを起こします。

デンマークは力の強い大企業が無く、賃金も同一労働同一賃金なので富の集中が起こらず、実体経済から投機市場へのマネーの流出がそれほど起こらず、消費ー生産と、経済が上手く回転しているのではないでしょうか。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.94 )
日時: 2011/08/21 03:32
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:aTDjHGrI

グッキー さん、この話は尽きないので一旦は休止しますが、確認の為に申し上げておきます。

中小零細に拘っていますのは、雇用からはみだされる人たちに限っての救済策であり、国全体としては今のままのグローバル化促進でよいかと思っています。

その分で外国との付き合いも出来、必要な外貨の獲得も可能かと思います。

食料鎖国の話は、農地の問題やエンゲル係数が上がることなど、確かに途方もない問題を解決しなければなりません。

それでも国家100年の計として推し進めなければならないと思いますが、これに変わる方策で解決できるものならやる必要はないと考えています。

いづれにしても概論だけでなく、もう少し煮詰める必要がありますね。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.95 )
日時: 2012/01/04 10:50
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:IRn2s0K2

貧困問題について資料を集めています。
年頭にあたり、この問題もさらに取り上げたいのでUPします。

関連のスレッドに下記のものがあります。

msehi 氏のスレッド(ドイツ研究者から見た日本)
http://www.kyudan.com/cgi-bin/bbskd/read.cgi?mode=view&no=1192

黒猫のプーさんのスレッド<格差社会を統計的に考察
http://www.kyudan.com/cgi-bin/bbskd/read.cgi?mode=view&no=91

他にもいろいろとあります。
どちらかと言えば、殆どの記事が、この事を念頭に置いて書かれていると思います。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.96 )
日時: 2012/10/02 15:29:22
名前: 天橋立の愚痴人間

「世界で2億人失業、若者が打撃=雇用創出へ環境整備を―世銀」
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121002-00000025-jij-int

【ワシントン時事】世界銀行は1日発表した世界開発報告で、欧州債務危機などによる失業者が世界で約2億人に上り、うち約4割を25歳未満が占めるとして、若者が深刻な打撃を受けている現状を指摘した。就業率を一定に保つためには、2005年と比較して20年までに約6億人分の雇用を生む必要があるとして、各国政府に対し、雇用創出に向けた環境整備を進めるよう訴えた。
 世銀のキム総裁は報告に関し、「雇用は貧困削減や経済、社会の発展に寄与しており、政府は民間部門による雇用創出を支える重要な役割を担う」と指摘。官民が協力して、新規雇用を促進する必要があると強調した。
 報告によると、米国の金融危機などを受け08年には2200万人が失業。雇用の伸びは同年以前は年間1.8%程度だったのが、09年には0.5%を下回り、10年末時点でも危機前の水準は回復していないとした。 



「ユーロ圏失業率、過去最悪=スペインは25.1%−8月」
ttp://www.jiji.com/jc/zc?k=201210/2012100100841&rel=&g=&rel=y&g=int

 【ロンドン時事】欧州連合(EU)統計局が1日発表した8月のユーロ圏失業率は、季節調整済みで11.4%となった。前月も11.4%に改定され、失業率は1999年の欧州単一通貨ユーロ導入以降で最悪の水準に依然高止まりしている状況だ。
 特に、債務危機に見舞われ、緊縮財政を余儀なくされている南欧諸国での雇用悪化が引き続き顕著だった。スペインの失業率は25.1%(前月は25.0%)、ポルトガルは15.9%(同15.7%)となった。
 スペインの25歳以下の失業率は52.9%(同52.7%)と、2人に1人以上が失業している状況。同国では緊縮財政に反対するデモも激化しており、雇用環境悪化が続けば一段の社会不安を招く恐れもある。(2012/10/01-19:01)

(引用終わり)

この現実を前に、原因をまだ、景気のせいにしたり、金融施策で解決できると思っている。
情勢は、まだまだ悪くなり、そのうちに世界中で暴動が多発する。

さあ、何とするつもりか

経済通さんよ。
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.97 )
日時: 2012/10/05 19:20:57
名前: 正義


正義を殺す、国民も殺す、下総のの盗賊団。
 
 ttp://suihanmuzai.com/121001.jpg.html
メンテ
Re: 貧困の構造 ( No.98 )
日時: 2012/10/25 19:09:13
名前: 正義

尼崎、怪死 事件、角田美代子の殺人は、まだ序の口、下総の国では、歴史的に、行われている、
 羊殺して金ためろ、金のためなら、親まで殺す、これが現実です。知らぬは、死人ばかり!
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存