ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1110] 消費管理政策、その他
日時: 2012/01/03 00:45
名前: グッキー ID:FzYg6wrI

元経済官僚で経済学者の高橋洋一氏が政府紙幣というものを言っております。
これは0金利永久国債で日銀調達するのと同じことです。
政府紙幣を発行し、日銀に持ち込んで、日銀券と交換するというものです。
政府紙幣だろうが、0金利永久国債だろうが同じことです。
債務負担無しでお金を日銀から引き出すということです。

しかし政府紙幣には、何でそれをするのかという理念がありません。
単に経済成長のためというだけです。
これでは上手く行かないでしょう。
0金利永久国債には、マクロ的に不公正を是正するという理念があります。
こういう理念を持つから、社会の問題の解決に繋がるのです。
(ケインズはこれを知らないので失敗した)

私は供給の許す限り、信用の増大(通貨増刷)を行ってもかまわないと考えました。
これを消費管理政策と名づけました。

現在の問題は経済のメインストリート
消費→生産→設備投資、研究開発投資、雇用→消費
にお金が流れないことです。

これを消費にお金を注入することでお金を流そうということです。
政府紙幣も同じことを考えています。
何が違うのか。公正という理念を持たなければ、政策を行っているうちに
他のところに、お金が流出してしまうからです。
-----------
ギリシャ危機
腹立たしい状況が続いている。
ユーロ危機、PIGS、英国などではデモが吹き荒れている。
ギリシャはユーロ加盟のため、金融、為替政策が使えない。財政政策は激しい緊縮を求められ、デフレが渦巻いている。

こんな状態でどうやって経済を回復させるのかと、ほとんどの専門家が諦めている。打つ手が無いと。
ひたすら何もせず、ヘアーカット(債務削減)を待っている。そして落ちるところまで落ち、自然回復するのを待っている。

世界に何万人、経済学者が居るのだろう。何で解決策がわからぬのだろう。
人間とは考える動物というが、実はサル並みの知能しか持ち合わせていないのか。

http://blogs.yahoo.co.jp/olympass/MYBLOG/yblog.html
ギリシア危機 

ギリシアのデフォルト(これは国債金融危機を引き起こす事態になっている)を避けるためにEU首脳は1200億ユーロのベイルアウトに合意した。ドイツはEU加盟国全体での拠出を主張したがイギリスはユーロ加盟国のみに限定すべきだと主張し、結局イギリス側の主張が通った。
 ただし、このベイルアウトには条件がついており、ギリシア政府による超緊縮財政の議会通過である。それによると、連帯税を課し、所得税の課税基準を引き下げる、民営化、自営業者への課税、さらに燃料への課税などが含まれている。ベイルアウトされた資金は国債の差し迫った返済に使われる。他方、超緊縮財政は強烈なデフレ策である。ギリシア経済は一掃打撃を受けるわけで、こうした方法でギリシアの問題は解決されることはない。
金融工学とは詐欺を正当化する学問か。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 消費管理政策、その他 ( No.309 )
日時: 2012/04/07 20:15
名前: マーフィー ID:nXlbsmGM メールを送信する
参照: http://zaiseijapan.blog.fc2.com/

グッキー様、

お疲れ様です。

おそらくグッキーさんとわたしは同じことを言っています。「複雑系」は「単純化」すればするほどややこしいが故に、その分言い回しも少し違うのかなと思いました。

おっしゃるように


http://zaiseijapan.blog.fc2.com/blog-entry-52.html

労働分配率(%) = 人件費 ÷ 付加価値 × 100

「複雑系経済」では、「労働分配率」の高い企業は「高付加価値企業」であり、逆に低い企業は「低付加価値企業」となります。

もちろん外部調達材(中間財も含め)は、バリューチェーンに転嫁されます。

「労働分配率」の定義は、明らかにマクロ経済学の解釈とは異なります。

結論を言いますと、今は「コンドラチェフ波動」とその上の「覇権波動」(100〜150年くらい)が重なるばかりでなく、もっと多いな波(500年〜1000年周期)も重なっている状態だと考えられ、がらがらぽんしそうです。

わたしはそのタイミング(恐らく年末)とその準備をしこしこ進めています。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.310 )
日時: 2012/04/07 20:46
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:huOo/Ru.

>Y=C+I+G+(X-M) これがGDPの計算式です。

>現在はC(個人消費)とI(投資)が少ないのでG(政府支出)で40兆円くらい補っています。
>それを何とかしようと(X−M)=純輸出、を増やそうと、競争力、輸出と騒ぐのです。

マーフィーさんが出しておられる数式(実は意味が殆ど解からないのですが)も含めて、経済の指数を統計的に扱い、その中での流れの有り様を規定し、規定することによって流を変えてみたいという様に思います。

冒頭の中でも、最近は、ヘリマネとも解釈できる政府支出40兆円くらいを計上して、インフレなどが起きない範囲で数式的帳尻を合わせようとしている様です。

ここに私は2つの問題を考えます。
一つは、40兆円という政府支出(ヘリマネ分)実際は、現実の経済のシステムを維持するために使われていること。

実際は90兆円の予算のドンブリ勘定で、国債費の償還などに、この分(ヘリマネ分)が消えているものと思います。
また、円高介入などの資金や、かつての長銀救済や、通貨安定の為の支出など、実態経済に跳ね返らない、相当多額の金が(300〜400兆円)支出されてきたのではないでしょうか。
国の借金が800兆円と言われていますが、どのように考えても、国民自身の身につくような支出があり、そのために財政が逼迫したとは思えません。
要するに、現行の経済のシステムを守るために多くのヘリマネ資金を使ってきたのでしょう。

もう一つは、最初に言ったことと関連するのですが、
政府が経済施策の対象として認識している経済の領域とは何か、と言うことです。

30年くらい前までは、政府が発表する景気の動向は、殆どの国民にも影響があり、関心の的でもありました。
不況に陥っても、政府発表の様な景気の回復があれが、いずれ地方の隅々までがおこぼれに預かることが出来ていたのです。

ところが、最近は(20年ほど前から)ニュースで聞く景気の動向どのように言われていても、地方(都市部の一部も同じ)の景気は変わることはありません。
最近まで、過去の経験から、辛抱強く景気の好転を待ち望んでいたようですが、その人たちも、今では、完全に諦めています。

この様に、我が国の経済と言っても、景気、不景気の流れの中で、一喜一憂出来るような環境にさえいない多くの事業者、従業員がいるのです。

私は、この様な人たちの住む環境(地域)を、番外地と呼んでいます。
番外地で生息する人々は、資本主義経済のシステムの基本的な理念の恩恵も受けていないのです。
況や、お二人が出しておられる数式の影響などは、全く受けることのない環境にいるのです。

そうして、この様な、番外地の住人が年々増えてきている現状を打破するシステムが求められているのです。
私が言っていますのは、富の配分の多寡、貧富の格差の事ではないのです。

絶対的な生活権、死活の問題なのです。
私は、ずっと言い続けていますように経済の技術的な解析には疎く、お二人さんの数式のなかに、今、申しましたような、ことに対応する要素が入っているか、否かあまりわかりません。

ヒョットすると、行き詰まり、ギスギスしてきた市場主義経済のシステムの潤滑油を注いで流を良くするような視点ではありませんか。

それでは、番外地の人々に限り、救済することは出来ないのではないでしょうか。

こういう事に、常に関心を持って、なを、これを何とか解決できる施策を考え出して欲しいものだと、食い下がっているのです。


過去にエリーゼさんとも論争をしましたが、結局は、エリーゼさんの意見も、総論的にシステムの見直しを言われていますが、あくまでも、市場主義経済のシステムに参加する層を対象としたもののようでした。

メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.311 )
日時: 2012/04/07 22:19
名前: グッキー ID:UTZSJrcs

天橋立の愚痴人間さん

>ところが、最近は(20年ほど前から)ニュースで聞く景気の動向どのように言われていても、地方(都市部の一部も同じ)の景気は変わることはありません。
最近まで、過去の経験から、辛抱強く景気の好転を待ち望んでいたようですが、その人たちも、今では、完全に諦めています。

前に言いましたが、これは地域の貨幣流通総量が減って来ているためです。
政府が減るような政策を取っています。政府が地域の通貨流通総量を増やすような政策を取らないなら、自治体、自治体が行わないなら地域で取らなければ地域は活性化しないでしょう。

そういう経緯があって戦前は地域通貨というものが考えられました。
マーフィーさんの言われる物々交換システムというのも、基本的にはこれに近いものだと考えます。

ようは物と物、サ−ビスの交換がスムーズに行えるようにすれば良いのです。

政府、日銀が増やしていると言っている通貨は、中央の銀行にある通貨だけです。
地方の流通する通貨はどんどん減っています。
だからデフレになるのです。

現実的に地域の経済を活性化したいのなら、地域通貨を行っている人に相談するのが良いと思います。
あるいはマーフィーさんのようなシステムを考えている人に。
地域通貨の立ち上げ方を教えてくれるでしょう。

地域通貨は規模がないと交換がスムーズに出来ません。
ある程度の規模にする必要が有ります。
自治体で行うのがベストなのですが、自治体の首長などキモが座っていないから、他の自治体が行って成功していないと出来ないでしょう。
日本では自治体で行った例はありません。
世界では自治体で行った例があります。

交換がスムーズに行えれば、需要が増え失業が減り、経済が活性化します。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.312 )
日時: 2012/04/08 00:26
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:WngcnlLY

>前に言いましたが、これは地域の貨幣流通総量が減って来ているためです。
>政府が減るような政策を取っています。政府が地域の通貨流通総量を増やすような政策を取らな>いなら、自治体、自治体が行わないなら地域で取らなければ地域は活性化しないでしょう。

この事は、グッキーさんとマーフィーさんのやりとりを見ていても解かります。
問題は、地域の貨幣流通総量が減ってきていることの具体的な内容です。

私が公共事業を増やせと言っていますのは、まさにこの事で、ほおっておいても地域の貨幣流通の総量は増えません。

昔は、衣食住ともに地域で流通する物資の大半が地域で調達されていました。
これが一番の問題です。
ですので、地域の中で、地域の景気、不景気を左右する要素もありました。
何かの拍子で、経済が停滞しても、また何かの拍子で活性化することもあったでしょう。

ですが、現在は、その衣食住とも、物資の多くは中央や外国製品であふれています。
例えば、住宅建築でも、新たに着工される半数以上はプレハブ建築であり、地元の建築業者は指をくわえて見ている状態です。
衣も同じで、特に流通過程などは大手量販店の独占状態で、小売業者は殆ど廃業しています。
とにかく、生活費を稼ぐ手段がドンドン減ってきているのです。
生きるためには、大きな息すらせずに、最小限の消費で暮らさねばなりません。
地域全体がそうなのです。
ちなみに、当地、宮津市は、市政が出来たころの人口25000人(50年くらい前)から現在は、19000人に減っています。
とりわけ、最近10年の減り方が顕著です。
理由は、殆ど仕事がないからです。



この事は「貧困の構造」スレッドの冒頭記事にも書いていますように、全国的な傾向です。
http://www.kyudan.com/cgi-bin/bbskd/read.cgi?mode=view&no=1101
昭和30年代、誰もが仕事を求めて都市へ行った時代を上回る、都市部への人口流入が確認されています(30年代は、引く手あまたで都市部へ働きに行きましたが、現在は給料が極端に安いタクシー運転手とか、結局はホームレスになる場合も多いようです)

地もとの定期バス(民間)などは、数人の乗客を乗せて運行している場合が多く、最近はマイクロバスを使う時もあります。
天橋立という結構、名の通った観光地があってもこれです。

ですので地域の責任で、幾ら地域経済を揺さぶってみても何も変わりません。
都市部でも影に隠れた部分は同じことだと思いますが、大都市の活気ある部分の風情を見ていると、そういうものがあまり感じられないのだと思います。

「貨幣流通総量を増やす」といわれますが、どのような方法があるのでしょう。
最も、日本政策銀行など中小零細向けの融資を担当する窓口は、資金を貸し出しましょうか、としつこく言ってきますが、投資しても元が取れないことが解かっている業者は手が出ません。
とりあえず、運転資金に行き詰まっている企業は借りているようですが、そういう企業は遅かれ早かれ破綻するでしょう。

結局は、金融システムを幾らいじっても(現在やっている数々の景気対策など)、地域の貨幣流通総量は増えません。

地域に具体的に仕事が増えて、始めて「貨幣流通の総量」が増えるのです。

ですから、地域通貨の発行など、地域の経済の救済には何の役にも立ちません。
経済活動の時代環境が全く異なるのです。

ただし、もう一つの方法、ベーシック・インカムで現金を地域にばら撒く場合は、これとは異なりますが、以前から言っています様に、それは人間社会にとって地獄の一丁目に入り込むことになります。

ですので、現金でなく、仕事をばら撒いて欲しいと言っています。
新しい公共事業(前に書いたような)を年間、30兆円分もやれば、しかも、それを30年ほどやり続ければ、地域自体の環境が変わってきて、昔のように地域で循環できる経済の地盤が出来るのではないかと思っています。

仕事があれば、人口が減らない。
それぞれが、もう少し裕福になれば、その人たちの投資意欲、消費意欲が向上し、ついては地域で流通する経済が動く。

その時の為に、何でもかんでもグローバル化を希望しない、付加価値感も育てて行く。
この様に考えています。

この様な地域は、日本中に広まっています。
アメリカで始まった、99%運動とは、少し様子が違いますが、根底に流れる経済的環境への疎外感は同じです。

99%と言うことを聞いて、後の1%にひがみを持っている意味ではありません。
文字通り、死活問題なのです。
アメリカでも、本当に困窮している人々、死活問題として捉えている人々は、99%運動にも参加してないと思います。

そんな余裕もないはずです。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.313 )
日時: 2012/04/07 23:52
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:huOo/Ru.

大事なことを言い忘れていました。

>ようは物と物、サ−ビスの交換がスムーズに行えるようにすれば良いのです。
>現実的に地域の経済を活性化したいのなら、地域通貨を行っている人に相談するのが良いと思います。
>自治体で行うのがベストなのですが、自治体の首長などキモが座っていないから、他の自治体が行って成功していないと出来ないでしょう。

地域のありようを工夫すれば解決策があるようなこととか、地域主権を進めるなどという無責任な言葉をよく耳にしますが、

地域で困窮している人間は、まさしく自分自身の死活の問題としてぎりぎりの努力をやっています。
やり方を変えれば出来る程度のものなら、始めから、問題などありません。

別の問題ですが、順調に成績を上げている大手企業の経理担当者などは、給料泥棒と言っては叱られますが、経営に四苦八苦している企業の経理担当者の苦労に比べると、そうなります。

最も、大手企業の経理担当者は、企業が赤字にならないように、先手、先手と打っているからであり、その努力と先験性は尊敬しますが。

政治家や経済学者などの認識も、その程度であると思います。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.314 )
日時: 2012/04/08 00:34
名前: グッキー ID:7rH/0ESE

天橋立の愚痴人間さん

>ですから、地域通貨の発行など、地域の経済の救済には何の役にも立ちません。
経済活動の時代環境が全く異なるのです

これは違いますよ。
この政府が、政府がという甘ったれた考えはいけませんよ。
現実的には消費税増税などという寝言を言う政府には何の期待も出来ません。
小沢に変わっても、小沢は現在の経済思想の枠内の発想しか出来ないので、大したことは出来ません。
私の言っている政策とは理想的にはどうするべきかと言っているだけです。
現在の政府が行うとは考えていません。将来を見据えて言っているだけでs。

仕事が仕事がというのは、つまり仕事の買い手が欲しいという事でしょう。
仕事の買い手を政府に期待しても無理なので、自分たちで仕事の買い手を造ってしまおうというのが地域通貨なのです。

現在、天橋立の愚痴人間さんに余分なお金が出来たら何かを買うかするでしょう。(買いたいものが無いなら、元々経済対策など要らない)
例えば余分なお金で温泉ホテルに行くとする。そういう人が増えると温泉ホテルはお金が出来、設備を更新しようかと考える。そうすると天橋立の愚痴人間さんに仕事が回ってきて、また天橋立の愚痴人間さんにお金が出来ることになる。
こういう循環を地域通貨は造ろうということです。

現在はお金があれば供給がたくさん控えている状態です。(失業者がいることがその証明)
需要が出来、仕事(供給)をすれば、お金が出来、また消費(需要)をすることが出来ます。
まずお金を造り需要を造ることが必要なのです。

ケイの法則なんて供給が需要を生むなんて、アホみたいな法則を考える奴が居るから、おかしなことになる。
生産を増やせば需要が増えるなんて考えて生産する経営者なんて一人も居ない。
この法則は計画経済でのみ有効なのです。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.315 )
日時: 2012/04/08 01:16
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:WngcnlLY

グッキーさん

>この政府が、政府がという甘ったれた考えはいけませんよ。

逆に言うと、地域で現在の経済問題が解決できると思われているのでしょうか。

それならば、市場主義経済のシステムの修正とかのスタンスで追求する必要もないし、アメリカの99%運動も、地方行政の問題とすることになります。

どちらにしても、市場主義経済のシステムのひずみに対して、どの様にアプローチするかですが、新自由主義を推し進めようとしている世界の寡頭勢力に異議を申し立てるか、各国の経済政策を糾すと言っても、それに変わるシステムを提示しなければ、希望や批難だけでは行かないでしょう。

何が必要かと言えば、先ずは、新しい経済の理念だと、思います。
ところが、経済学者共は、現行のシステムの歪みの是正を、しかも後追いで取り繕っているばかりです。
マーフィーさんが紹介されているような数式も、現状の分析には有効でも、問題の解決には役には立たないでしょう。

現在の市場主義経済のシステムが抱える問題は、経済の流通の問題ではないと思っています。
それなのに、彼らは何時まで経っても、それ以上を見ようとはしません。
市場主義経済のシステムの中で生息している彼らは、一か八かで新しい試みを提示するのが怖いのです。
自分たちの保身の為に触れたくないのです。
そういうのを、満天下さんが、経済学の怠慢と指摘されています。

経済の専門家が、寡頭勢力など世界の主流に媚びて、何の動きもしないのでは、そりゃ、政治家共では手も足も出せません。

結局は、従来通り、何時までも金融政策でお茶を濁しています。
否、奴等は、他に考えることもあると言うことすら、考えません。

冒頭で、
>この政府が、政府がという甘ったれた考えはいけませんよ。

の事を持ち出しましたが、私が国に文句をつけているのは、また小沢を誹謗しているのは、この問題から逃げているからです。
これは最低でも、国家の責任でなければ何も出来ません。
国家の責任と言っても、我が国だけが突出しても解決は出来ないと思っています。

ただ、一つ確実なことは、ヘリマネが可能なら「新しい公共事業」を大量に発注すれば、国民経済の底辺に変動が起きることです。
私が、グッキーさんやマーフィーさんに期待しているのは、これを証明していただき、システムとして完成させて欲しいからです。

最も、お二人の考えも考慮せずに押し付けがましいことだと思っています。

これでやれ、と
クソッタレの政治屋共に突きつけられるような理論を作ってください。


メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.316 )
日時: 2012/04/08 01:26
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:WngcnlLY

もう一つ、マーフィーさんも触れておられる地方通貨の発行の問題ですが、

地方を束ねて経済の再建を考えるならば、いっそのこと鎖国政策を取れば一定の成果が上がるでしょう。

私は「食糧鎖国」と言うものを言っています。
部分的にではあっても、地域を地域で自立させるには、これくらいの環境整備が必要ではないでしょうか。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.317 )
日時: 2012/04/08 01:38
名前: グッキー ID:7rH/0ESE

マーフィーさん

>結論を言いますと、今は「コンドラチェフ波動」とその上の「覇権波動」(100〜150年くらい)が重なるばかりでなく、もっと多いな波(500年〜1000年周期)も重なっている状態だと考えられ、がらがらぽんしそうです。

時期はわかりませんが、現在の経済システムが破綻するのは確実でしょう。
従来からの経済思想でしか発想できない政治家、エコノミストでは、

財政原理主義=破綻にまっしぐら
マネタリズム、新自由主義=机上の空論、拮抗力の無い市場では市場原理は働かないということを知らない。
ケインズ政策も金融カジノ市場の暴走を止める手段を持たない。

新しいより良い経済思想、経済構造、経済システムが出来なければ混乱が続くと思います。
私はそのより良い経済思想が「公正な経済」から出来ると考え、短期的には公正な経済に基づく消費管理政策が良いと思います。
中長期的には減価する経済というものが良いのではと考えています。

減価する経済とはゲゼルの思想を発展させたものと考えてよいでしょう。
通貨は通貨発行により減価させることが出来ます。
人間が造ったものは時間と共に減価します。
自然にあるものは財産と考えず、そこから得られる収益を税として吸収し公のものとするのが良いでしょう。
ゲゼルも土地公有化を言っていましたが、これをもう少し発展させなければ成らないでしょう。

しかし新しいより良い経済思想が出来るのか不安です。
出来なければ長期間、混乱した時代が続くことになります。
--------------

天橋立の愚痴人間さん

禅の言葉に「することが無ければ人のために成ることをしろ」という言葉があります。
余暇が出来ても人のために成ることをしていれば人間の精神は健全性を保ちます。

仕事をしても、穴を掘って埋めるような、人や社会のためにならない仕事では、人間の精神を蝕みます。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.318 )
日時: 2012/04/08 03:58
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:WngcnlLY

>禅の言葉に「することが無ければ人のために成ることをしろ」という言葉があります。
>余暇が出来ても人のために成ることをしていれば人間の精神は健全性を保ちます。

もちろん、そう言う人たちもいるでしょう。

ですが政治を語り、社会を憂う領域で、そのようなもので括ってしまうことは問題ではありませんか。

逆に、そういう前提で全体を俯瞰することが出来るなら、市場主義経済の矛盾も、寡頭勢力の横暴も倫理、道徳で解決できることになります。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存