ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1110] 消費管理政策、その他
日時: 2012/01/03 00:45
名前: グッキー ID:FzYg6wrI

元経済官僚で経済学者の高橋洋一氏が政府紙幣というものを言っております。
これは0金利永久国債で日銀調達するのと同じことです。
政府紙幣を発行し、日銀に持ち込んで、日銀券と交換するというものです。
政府紙幣だろうが、0金利永久国債だろうが同じことです。
債務負担無しでお金を日銀から引き出すということです。

しかし政府紙幣には、何でそれをするのかという理念がありません。
単に経済成長のためというだけです。
これでは上手く行かないでしょう。
0金利永久国債には、マクロ的に不公正を是正するという理念があります。
こういう理念を持つから、社会の問題の解決に繋がるのです。
(ケインズはこれを知らないので失敗した)

私は供給の許す限り、信用の増大(通貨増刷)を行ってもかまわないと考えました。
これを消費管理政策と名づけました。

現在の問題は経済のメインストリート
消費→生産→設備投資、研究開発投資、雇用→消費
にお金が流れないことです。

これを消費にお金を注入することでお金を流そうということです。
政府紙幣も同じことを考えています。
何が違うのか。公正という理念を持たなければ、政策を行っているうちに
他のところに、お金が流出してしまうからです。
-----------
ギリシャ危機
腹立たしい状況が続いている。
ユーロ危機、PIGS、英国などではデモが吹き荒れている。
ギリシャはユーロ加盟のため、金融、為替政策が使えない。財政政策は激しい緊縮を求められ、デフレが渦巻いている。

こんな状態でどうやって経済を回復させるのかと、ほとんどの専門家が諦めている。打つ手が無いと。
ひたすら何もせず、ヘアーカット(債務削減)を待っている。そして落ちるところまで落ち、自然回復するのを待っている。

世界に何万人、経済学者が居るのだろう。何で解決策がわからぬのだろう。
人間とは考える動物というが、実はサル並みの知能しか持ち合わせていないのか。

http://blogs.yahoo.co.jp/olympass/MYBLOG/yblog.html
ギリシア危機 

ギリシアのデフォルト(これは国債金融危機を引き起こす事態になっている)を避けるためにEU首脳は1200億ユーロのベイルアウトに合意した。ドイツはEU加盟国全体での拠出を主張したがイギリスはユーロ加盟国のみに限定すべきだと主張し、結局イギリス側の主張が通った。
 ただし、このベイルアウトには条件がついており、ギリシア政府による超緊縮財政の議会通過である。それによると、連帯税を課し、所得税の課税基準を引き下げる、民営化、自営業者への課税、さらに燃料への課税などが含まれている。ベイルアウトされた資金は国債の差し迫った返済に使われる。他方、超緊縮財政は強烈なデフレ策である。ギリシア経済は一掃打撃を受けるわけで、こうした方法でギリシアの問題は解決されることはない。
金融工学とは詐欺を正当化する学問か。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 消費管理政策、その他 ( No.287 )
日時: 2012/04/05 20:55
名前: グッキー ID:VSgUArkw

天橋立の愚痴人間さん

>生産技術はさらに発達し、ますますこの傾向は強まります。

>私が心配していますのは、この状態をどのようにすれば切り抜けられるかと言うことです。
この当たりの思案は如何でしょう。

生産性の上昇はきちんと市場原理が働いていれば何の問題も無いのです。

市場原理が働けば生産性上昇の果実は、需要増加(賃金増加)という果実として現れるか、総労働時間の短縮(時短、休日増)という果実で現れるものです。

自給自足経済で考えて見てください。
畑での収穫を大幅に増やす農業を考えたら、お腹が減っていれば労働時間を減らさず、収穫を多くすることを考えるでしょう。
お腹が減っていなければ労働時間を減らし余暇を楽しむことを考えるでしょう。

現実的にはちょっと生産を増やし贅沢をし、ちょっと労働時間を減らし余暇を楽しむことを考えるでしょう。

それを寡占化経済が、生産性の向上により労働コスト削減と価格の維持という、マクロ的には両立しえないことをしようとするから失業者が増え、経済が破綻へと向かうのです。

これを政府が市場原理に添うように、政策を行えばよいのです。
需要増(所得増)により失業者を吸収するか
労働時間短縮(ワークシェアリング)などにより失業を吸収すれば何の問題も有りません。
現実的にはこの二つを組み合わせたものが良いと思います。

なお現在の失業が構造的要因(技術力不足など)などでは無く、単なる需要不足で起きているとする、バーナンキの公演の記事は前にアップしました。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.288 )
日時: 2012/04/05 23:07
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:pznwzQsI

グッキー さん、

その意見は以前にも聞いています。

>市場原理が働けば生産性上昇の果実は、需要増加(賃金増加)という果実として現れるか、総労働時間の短縮(時短、休日増)という果実で現れるものです。

実際は、ご指摘のように、強者が富の寡占をはかり、計算通りには行かないと思います。
また、仮に

>労働時間短縮(ワークシェアリング)などにより失業を吸収すれば何の問題も有りません。

この様なことが出来たとしても、労働意欲の減退は避けられません。
かつ、余暇を持て余した人たちの、こころの荒廃は貧富の格差の問題以上に深刻な事態を招くことでしょう。

人間、暇があればあるほど、横着になり、真摯に行動することはしなくなります。
ですので、ここは何とかして雇用の確保と言う面から経済のシステムを考えた方が良いかと思っています。

まあ、どのみち、SF映画のような世界に近づくことでしょうが。
あの世界は、現在の人間社会から見ると地獄のようなものと思っています。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.289 )
日時: 2012/04/06 00:48
名前: グッキー ID:TKOwZXBE

天橋立の愚痴人間さん


>実際は、ご指摘のように、強者が富の寡占をはかり、計算通りには行かないと思います。

それが寡占経済というもので、政治が補わなければ成らない部分だと何度も書いています。
その補う方法も。

>この様なことが出来たとしても、労働意欲の減退は避けられません。
かつ、余暇を持て余した人たちの、こころの荒廃は貧富の格差の問題以上に深刻な事態を招くことでしょう。
>人間、暇があればあるほど、横着になり、真摯に行動することはしなくなります。
ですので、ここは何とかして雇用の確保と言う面から経済のシステムを考えた方が良いかと思っています。

まあ、色々意見の対立が有りますが、そんな心配は福島第一が吹き飛ばしてくれるでしょう。
毎年、何十兆円も事故対策費がかかるかもしれません。1000万人くらいの雇用が必要かもしれません。
さすがの日本の余裕も吹き飛んでしまうでしょう。(需要超過になる)

ちょっと聞きたいのですが富士山くらいの山を造ることは可能でしょうか。
つまり地上核実験を地下核実験に変えてしまうということです。
地下数キロで臨界を起こしても地上への影響は無いでしょう。
最悪はなんでもかんでもぶっ掛けて(w)埋めてしまうしかないでしょう。

メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.290 )
日時: 2012/04/06 00:59
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:LLqEIcoI

>まあ、色々意見の対立が有りますが、そんな心配は福島第一が吹き飛ばしてくれるでしょう。
>毎年、何十兆円も事故対策費がかかるかもしれません。1000万人くらいの雇用が必要かもしれません。

アッハッハ

それぞ、私が願っている、ヘリマネによる公共事業です。

何とか、このヘリマネ論の理論を完成させてください。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.291 )
日時: 2012/04/06 01:52
名前: マーフィー ID:GAJ/7/m2 メールを送信する
参照: http://zaiseijapan.blog.fc2.com/

コメントありがとうございます。

>グッキーさんも、マーフィーさんも、現在の資本主義経済を経済論的に捕らえられていて、


お疲れ様です。

ぼくは今の「縁故経済」をマクロ経済学では全く捉えていません。

寧ろ、現象学(Phenomenology)的なアプローチです。

今の経済は『縁故経済』であり、わざわざ複雑なマクロ的アプローチをしなくても単純化すれば、プレーヤーは特定できます。つまり、政府(中央銀行)、多国籍企業、その他トランスナショナル企業、民間(一般ピープル)です。

民間(一般ピープル)の側に決定力はありませんから、政府(中央銀行)、多国籍企業、その他トランスナショナル企業の戦略的コミットメントを考えればよいだけです。

わざわざマクロ経済学を引き合いに出しているのは、依然として経済学が「出荷額の構成比が高い産業は投資額の構成比も高く、、出荷額の高い産業を創造すれば、国の経済は上向く」という二次関数的な考え方から脱却していないためです。

例えばコンテンジェンシー理論は、企業で用いられる技術特性が変化するにつれ、企業の組織構造も変化することを示していますが、これは依存関係が変化するからです。

シロアリ・政府(中央銀行)や多国籍企業は、自然との依存関係の変数の変化を無視して、通貨供給量であるとか、金利であるとか、マネーサプライであるとかに無理なしわ寄せをしているので、破綻することは明白です。ぼくの側から見ると、マクロ政策でマクロ経済を立て直せると考える方が、論理矛盾なのです。条件が、別の条件に置き換わるだけの話で、寧ろ個体特性(一般ピープル)を変える方が早道なのです。

シロアリは、自然に考えれば、わたしを含めた民間(一般ピープル)より賢いのは当たり前です。デフレを長期化させているのは、自分たちが過去に犯した失敗(初期依存値)を引きずりながら、解法を模索しているためで、その前提にあるのは、巣を守る事です。

そもそも「限定合理性」(bounded rationality )もあるので、マクロ側から捉えるのには無理があり、むしろ政策当事者の個体特性を考えた方が早道です。

ですから、これは「心理学」的なアプローチの方が早道だと考えています。

経済学の問題ではありません。
意識の問題、現象学(Phenomenology)的アプローチの問題、演繹法ではなく、帰納法的アプローチの問題だと考えています。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.292 )
日時: 2012/04/06 10:36
名前: グッキー ID:xYnRzkBs

天橋立の愚痴人間さん

>何とか、このヘリマネ論の理論を完成させてください。

通貨発行益を使う政策など政治が決断すれば簡単に出来ることです。

通貨発行量の基準はどこに置くか
非自発的失業が起きない水準です。

非自発的失業とは何か
靴屋さんが洋服を欲しいと思っている。
洋服やさんが靴を欲しいと思っている。
しかし交換するマネーが無いので靴を買えない、洋服を買えない。
靴が売れない、洋服が売れないので靴屋さんも洋服屋さんも失業状態となる。
これが複雑に大規模に起きているのが非自発的失業です。

ここに交換するマネーが有ったら、靴を買うことが出来る、靴が売れれば洋服を買うことが出来るということで、靴屋さんも洋服屋さんも失業状態から開放される。
つまり非自発的失業状態が無くなる水準が、交換するマネーの適正水準ということになります。

ここで注意しなければならないのは、貯蓄するマネーを増やしすぎないことです。
貯蓄するマネーが増えると、すぐに投機資金が増え経済危機を引き起こします。
現在は貯蓄するマネーを増やし、交換するマネーを減らすという、やってはいけないことをやっているから経済危機に成っているのです。

公共事業も良いですが、大企業、銀行ばかりが儲けるようなものだと、交換するマネーがどんどん貯蓄するマネーに変換されてしまい上手く行きません。
まずシロアリを退治しなければ成りませんが、これには時間がかかるでしょう。
その点、定額給付金配布というのは即効薬であり、すぐに結果が出ます。
通貨発行益をすべて国民に還元してしまえばシロアリがたかる余地も有りません。
つまり通貨発行益を政府の財政には入れないのです(ここが他の政府紙幣発行論者と違うところです)
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.293 )
日時: 2012/04/06 12:34
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:LLqEIcoI

>公共事業も良いですが、大企業、銀行ばかりが儲けるようなものだと、交換するマネーがどんどん貯蓄するマネーに変換されてしまい上手く行きません。


その分(ヘリマネ)については新しい公共事業と呼んでいまして、雇用対策の為の事業なので、中小零細企業から順に発注します。

この様な発注の仕方は、おっしゃるとおり、官僚共を退治してからでなくては実行できないでしょう。
また事業の内容は、養殖漁業の施設とか、港湾設備(津波対策でも良いでしょう)、農業施設(大型温室の全国展開)など生産に結びつく分野の国つくりをすればよいと思っています。

それも、中小零細が工事が出来るように、工期は大幅に延長し、細切れ発注すればよいのです。
技術的な領域は、どの道専門の職種(これも結構中小企業が多いです)が入ってきますので、そこへ下請けに廻せは、超高層建築など、特に高度な技術を必要としない大方の公共事業は行なえます。

メンテ
マーフィーさんへ ( No.294 )
日時: 2012/04/06 16:28
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:LLqEIcoI

現象学的アプローチと言っておられます。
その概念にたどり着くために、復習をして見ます。

哲学の世界では始めに観念論が隆盛でした。
観念論は、認識において形而上学てき志向性を持っていたと思います。

そのご唯物論と言う考え方が見直され、形而上学志向に対して人間中心に置き換えるようになってきました。
その後で出てきたのが現象学という分野と記憶しています。
それまでの哲学が観念論にしても唯物論にしても頭の思念により構成されてきた事に対して、人間の認識(知覚)を生理学的に分析し、その延長で唯物論的なものを展開するようなものではありませんか。

ですので経済を現象学的にアプローチするという事は、付加価値を追うという経済行為において、その付加価値が我々の思考のどの領域に基づいているかの検証ではありませんか。

より具体的には、現在我々が思っている付加価値の形而上学的思念に絡むものがありや、なしや、と言う分析と、共生を前提とする人間の生理的特質から派生するであろう付加価値を選び出そうとする試みではありませんか。

これによりますと、シロアリと言う言葉に代表される組織とか、寡頭勢力と言う言葉に代表される組織の考える(マクロ経済論)付加価値は、たぶんに彼らの形而上学的思考に基づいていて、これに対して必要とされるのは、一般庶民の立場の現象学的見地からの付加価値の検証であると言うことになります。

民主主義が行き渡った現代社会で、昔のように観念論的発想で大衆を導くことは至難であり、それよりも現象学的アプローチで大衆の思念(付加価値の動向)を啓蒙するという事と承ります。

自分勝手な解釈で、間違っているかも知れませんが、どちらにしても現行の市場主義経済のシステムを大幅に改編しようと思えば、人々の価値観を左右する必要が出てきます。

私が言っています「地域循環型経済圏の併設」も「ヘリマネによる新しい公共事業」も「食糧鎖国政策」も、大衆の理解なしではできません。

こういう領域の検証をされていると思いましたが、如何でしょうか。
メンテ
モノの(事の)本質と現象形態・・・ ( No.295 )
日時: 2012/04/06 15:20
名前: 満天下有人 ID:8POUlzyo


・・・<付加価値を追うという経済行為において、その付加価値が我々の思考の、どの領域に基づいているかの検証・・・(それに基づき)現象的アプローチで大衆の思念を啓蒙する(必要がありはせぬか)・・・現行の市場主義経済システムを大幅に改編しようと思えば、人々の価値観を左右する必要が出て来る・・・>

・・・天橋立さん、なかなか有意義な問題を提案されました・・・

現行の経済(学)が、経済市場の範囲内だけでの分析に終始している以上、何ら新たな展開も期待できません・・・経済行為は経済行為だけの範疇にあるのではなく、「社会」という大きな営みの中で行われている・・・その視点に立てば、経済行為が初期生産から各段階を経て、付加価値の最終実現に至る間、付加価値創出の担い手への価値還元(生活の再生産)が、如何なる社会的制約をも受けずに成されているか・・・社会関係の中での経済行為という視点を欠いたのでは、経済の範囲内だけでのいかな分析をやっても、空虚だと思います・・・

・・・言い換えますと、経済を取り巻く社会的制約にも目を向けないと、大衆の支持は得にくいとうことです・・・

・・・それと細かいことで恐縮ながら、フッサールなどに代表される現象学は、モノそのものの認識を現象面からだけによるなら、本質を取り違える危険があるとの趣意であったやに思います・・・その意味で<“現象”学的アプローチによっての啓蒙>は、大衆をミスリードするリスクもあろうかと思います、所謂現象形態論が持つリスクです・・・ずばり、物資的モノの構造を指摘する方が、誤解を招かず、大衆もまた歪んだ構造への認識がストレートになるのではないかと思料します。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.296 )
日時: 2012/04/06 19:00
名前: グッキー ID:OZBwzMcA

マーフィーさん

哲学は思考の方法、認識の方法を考察したものだと思います。
複雑系としての認識、帰納法、演繹法による思考、人間がごく普通にしていることを体系付けたものではないでしょうか。
その方法により、どんな結論が導かれ、それが現実とどう直結するのかということが無ければ、私には有意義性が理解いたしかねます。

>シロアリ・政府(中央銀行)や多国籍企業は、自然との依存関係の変数の変化を無視して、通貨供給量であるとか、金利であるとか、マネーサプライであるとかに無理なしわ寄せをしているので、破綻することは明白です。ぼくの側から見ると、マクロ政策でマクロ経済を立て直せると考える方が、論理矛盾なのです。条件が、別の条件に置き換わるだけの話で、寧ろ個体特性(一般ピープル)を変える方が早道なのです。

マクロ政策を変えてもシロアリはシロアリとしての行動を取るでしょう。
個体特性、個人の認識、思想の変化が無ければ人や社会は変わらないでしょう。

そのために公正を尺度として経済がどういう状態が公正か、公正な状態に成ったら経済がどうなるかを考えて貰うために書いているのです。

例えば
「地球は俺のものだ」とする財産権というものに人々は何の疑いも持ちません。
地球は誰のものかと聞けば、ほとんどの人は誰のものでもないと答えるでしょう。
しかし人々は地球は俺のものだとする財産権に何の疑問も持ちません。

これが「地球は誰のものでもない」という認識に変化し、
財産権は人間の作り出したものに限定するという思想に変われば、
社会も経済も、その思想に合わせて変わってくるのではないでしょうか。

こういう基本的な個人の持つ、常識、思想を考えて貰いたいのです。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存