ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1110] 消費管理政策、その他
日時: 2012/01/03 00:45
名前: グッキー ID:FzYg6wrI

元経済官僚で経済学者の高橋洋一氏が政府紙幣というものを言っております。
これは0金利永久国債で日銀調達するのと同じことです。
政府紙幣を発行し、日銀に持ち込んで、日銀券と交換するというものです。
政府紙幣だろうが、0金利永久国債だろうが同じことです。
債務負担無しでお金を日銀から引き出すということです。

しかし政府紙幣には、何でそれをするのかという理念がありません。
単に経済成長のためというだけです。
これでは上手く行かないでしょう。
0金利永久国債には、マクロ的に不公正を是正するという理念があります。
こういう理念を持つから、社会の問題の解決に繋がるのです。
(ケインズはこれを知らないので失敗した)

私は供給の許す限り、信用の増大(通貨増刷)を行ってもかまわないと考えました。
これを消費管理政策と名づけました。

現在の問題は経済のメインストリート
消費→生産→設備投資、研究開発投資、雇用→消費
にお金が流れないことです。

これを消費にお金を注入することでお金を流そうということです。
政府紙幣も同じことを考えています。
何が違うのか。公正という理念を持たなければ、政策を行っているうちに
他のところに、お金が流出してしまうからです。
-----------
ギリシャ危機
腹立たしい状況が続いている。
ユーロ危機、PIGS、英国などではデモが吹き荒れている。
ギリシャはユーロ加盟のため、金融、為替政策が使えない。財政政策は激しい緊縮を求められ、デフレが渦巻いている。

こんな状態でどうやって経済を回復させるのかと、ほとんどの専門家が諦めている。打つ手が無いと。
ひたすら何もせず、ヘアーカット(債務削減)を待っている。そして落ちるところまで落ち、自然回復するのを待っている。

世界に何万人、経済学者が居るのだろう。何で解決策がわからぬのだろう。
人間とは考える動物というが、実はサル並みの知能しか持ち合わせていないのか。

http://blogs.yahoo.co.jp/olympass/MYBLOG/yblog.html
ギリシア危機 

ギリシアのデフォルト(これは国債金融危機を引き起こす事態になっている)を避けるためにEU首脳は1200億ユーロのベイルアウトに合意した。ドイツはEU加盟国全体での拠出を主張したがイギリスはユーロ加盟国のみに限定すべきだと主張し、結局イギリス側の主張が通った。
 ただし、このベイルアウトには条件がついており、ギリシア政府による超緊縮財政の議会通過である。それによると、連帯税を課し、所得税の課税基準を引き下げる、民営化、自営業者への課税、さらに燃料への課税などが含まれている。ベイルアウトされた資金は国債の差し迫った返済に使われる。他方、超緊縮財政は強烈なデフレ策である。ギリシア経済は一掃打撃を受けるわけで、こうした方法でギリシアの問題は解決されることはない。
金融工学とは詐欺を正当化する学問か。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 消費管理政策、その他 ( No.277 )
日時: 2012/04/03 21:26
名前: 馬鹿者の戯言 ID:XP8.LEhw

正体見えた!

「騙されて遣った事が何度か有ります・・・。」とは亦豪儀な話では御座いませんか! 前々から若しや、若しや、と思っていましたが、この一語を以ってグッキーさんの富裕度が知れようと言うものです。普段から言う事に一々悠揚迫らぬゆとりが有りますからねぇ。いや参った参った、ソレガシ如き水飲み百姓の身分ではなく、いとヤンゴトナキ辺りのお生まれで御座ろう。とはさて置き、

確かに、「欲が深いから騙される」というのは真理です。その証拠に一度詐欺に掛かった奴は何度も被害を受けています。 これ正に「慾呆けの懲りない面々」だと何時も思っています。 それに引き換えワタクシなどは詐欺に掛かるお金も無いので被害に遭わないと言う、幸せであるような、幸せでないような、まことに中途半端な身上です。

ところでグッキーさん! 内緒ですが、良い儲け話があるのですが、一口乗りませんか?(笑)

メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.278 )
日時: 2012/04/03 21:42
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:60DWtJKY

グッキーさん

>中国、韓国の人は、非常に駆け引きが強い。日本人の感覚だと辟易するほど駆け引きをする。
>政府や社会の信頼できない世界で生き、その分家族、親族、友人の絆を、大切にするのだろうか。

この事は、中国で事業を展開されているジョンさん(日本人)が中国人には「公」と言う概念が希薄であると言っておられました。

上記のように信頼できる国家、または、本格的な国家を持たなかったせいでしょうね。
同じことが国家単位ではなく、会社に対する忠誠心にも現われていて、昨日、首になっても翌日になると平気で自分を雇うように売り込んでくるといわれていました。

また、さらに御聞きしいのですが、アメリカ人やロシア人などの要求の強さは何処から来ているのでしょう。

日本人は、交渉をしながら、すでに相手の立場を思い計っているのだと思います。
それは決して否定したくはないのですが。
一方、アメリカ人、ロシア人は、強欲な発想(日本人から見ると)ではなく、単なる交渉術として心得ているように思いますが。

ロシア人の事はよく判りませんが、アメリカ人、ヨーロッパ人は、国家(公)がある以前にキリストがあり、自分の人生は究極的に神との個人的な関係で成立しているものであり、そこに他人を入れた公(共生認識)は、より希薄である、と言うこじつけは可笑しいでしょうか。

要するに多神教世界では、先ず共生ありきという認識がありえると思われますか。
「大和魂」スレッドを続けるための試行錯誤をやっています。


メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.279 )
日時: 2012/04/03 23:46
名前: 馬鹿者の戯言 ID:cNNC7hHk

愚痴人間さん、 横レスをご容赦願います。

日本人の特性に関する私の“理解”。
大陸に国を定めている連中(白も、黄色も、黒も、区別無く)は、長い歴史の内に、異民族との交渉や軋轢や戦いに於いて、我等島国の人種とは比べ物に成らぬ、過酷な経験を積み重ねてきております。それは太古から今現在に至るも尚連綿と続き、耐えることがありません。毎日が嘘、策略、裏切りその他のリスクの連続で、日常的に駆け引きをしなければ生きて行けないのです。

翻って我が国は、戦国時代まではほぼ大陸の連中と同じ様な状況の巷でしたが、織・豊時代を経て家康が天下人になった時点で世は太平の御世となり、凄絶な殺し合いがなくなりました。とは言え、親藩、譜代、外様、と色分けされた外様の藩は、殺し合いはせずとも絶えず難癖を付けられて、取り潰しに遭うリスクを抱えて世渡りをせねば成りません。然し、生存の方法は“絶対的恭順”の態度を示すと言う一事にまい進して居れば良かったのです。

私の考えでは、この“徳川300年”の太平の世こそが日本人総ての性格を形作った! と思います。その形成に影響を与えたのは仏教とかキリスト教とかなどの宗教より、その国の統治制度がその社会の人間の性癖を醸し出したと思うのです。
江戸時代の、外国との接触の無い狭い封建社会では、統治者の機嫌を損ねぬ様、お上の言う事を聞いておれば取り敢えず安全だったのです。
それが今に連綿と続き、物言わぬ民衆を作り出したのだと思います。

実に、歴史の流れに秘められたDNAは不可思議にもまた恐ろしいものです。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.280 )
日時: 2012/04/04 00:28
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:/BXnXg4I

馬鹿者の戯言 さん

横レスも何も、出来るだけ多くの方の意見が聞いてみたいものです。

私が「大和魂」スレッドでやっていますことは、貴方も短い文章で指摘されているようなことを、何とか証明するために長々とやっています。

丁度、最近、日本列島は民族移動のたまり場的な存在で(3万年の昔から)、特に多くの人口の流入があった訳でもなく、比較的平穏に過ごすことが出来たという事に注目しています。

江戸時代以降の思いは私も全く同じです。
ですがNDAと言う表現をされていますが、正確に言えば、随分と長いマイルドコントロールの範疇であると思っています。

我が国で起きた歴史的に過酷な事件と言えば、織田信長の一向衆虐殺くらいではないでしょうか。
NHKでやっている平清盛でも、源氏を根絶やしにしなかったから結局は平家が滅びることになりました。
大和朝廷を廻る争いでも、争いながら酷薄な殺戮はしていないようです。

これなどは、諸外国の事情とは少し違うようですね。
ただし、マヤ文明とか、すでに滅んだ弱小民族のそれは解かりませんが。
自由は戦い取らねばならないと言いますように、穏やかな民族性は良いとしても、江戸時代以降、特に戦後ほど不甲斐ない精神を宿してきた日本人は異常というより他ないですね。

まあ、このサイトへ顔を出してくださる皆さんは該当しませんが、本当にそうした人が多くいます。
最も、比率において貧乏人はそうでもないですが。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.281 )
日時: 2012/04/04 05:42
名前: グッキー ID:mY4YqSYE

天橋立の愚痴人間さん

>さらに御聞きしいのですが、アメリカ人やロシア人などの要求の強さは何処から来ているのでしょう。

私のつたない頭で考えますと、権利意識が強いのではないかと思います。
契約、権利、義務、こういう思想が強いので、これに添って要求することが当然のごとく思えるのでしょう。

日本人はまず感性が働きます。感性は法律、契約などを超えた上位のものです。
感性で共生することを求めます。

取引先と共生するという感性が働けば信頼関係が生まれます。自分だけ儲けようと考えれば、相手にとっては損になることなので敵対関係に成ります。

一緒に仕事をしていく上で、敵対関係ばかりではよけいな神経ばかり使ってかなわないでしょう。非合理的です。
建築士さんが民間の小さな設計を請け負うのに、がんじがらめの契約などしなければ成らなければ非合理的でしょう。
多くの場合、信頼関係でしているのではないですか。

日本の場合、多くの仕事が信頼関係により成り立っています。
みんなが共生をしなければと感じることにより信頼関係が生まれます。

契約の民、法律、権利、義務を重視する民は、ここら辺が違うのかもしれません。
日本人の場合は、法律、権利、義務の前に共生をしなければと感じるのだと思います。
これはそう考えるというより、そうしなければと感じるものでしょう。

しかし最近は人間が矮小になりました。
使われることを好む人が9割だと言われますが、あまりにも自主独立の気概が失われました。
大資本、大企業、官僚の下僕になることを勝組みになると言って喜んでいる。
上からいじめられた分、下をいじめて喜ぶという浅ましい人たちが増えました。

だから学校でいじめなどということが起きるのでしょう。子供たちは社会の鏡です。浅ましい社会だということが分からず、いじめ対策だなどと言うのは本質を見逃しています。
大勢で弱いものを苛める、私のもっとも嫌いとするところです。
卑怯千万、卑しい行いです。何でこんなことが起きるのか、社会に遡って考えなければ成りません。

社会が卑怯千万なことを行う仕組みに成っているからではないでしょうか。
弱いものをいじめ、弱いものから搾取する、そういう弱肉強食の社会に陥っているからではないでしょうか。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.282 )
日時: 2012/04/04 12:28
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:/BXnXg4I

グッキーさん

ありがとうございます。

>契約、権利、義務、こういう思想が強いので、これに添って要求することが当然のごとく思えるのでしょう。

書かれたものでなく、ご自身の生の体験として重宝に思います。

欧米は契約社会といわれますが、ものの本によれば一方で、契約してない部分については、それこそ無制限に利己心を発揮するのでしょうね。

それがキリスト教徒の認識であり、神との関係においても同じことがおき、そのために懺悔と言うシステムを作り出し、つじつまをあわせているのでしょうね。

キリスト教がそうなのか、欧米人がもともとそうであったかの問題もありますが、概して神との個人的関係を重視する一神教社会の共通事項と考えてよいのではないかと思います。

「大和魂」スレッドで長い紙面を割いて各地の民話、伝説を紹介していますが、その世界では、それぞれ微笑ましい描写があります。

それはたぶんに共生社会を演出するための知恵であると思っていますが、もちろん一神教の世界でも、そういうものはあります。
さの微妙な差異を見て欲しく思います。

そうでないと、欧米人と日本人の民族性の違いを捕らえることが出来ないのではないでしょうか。
大雑把にみていると、赤十字、ボランティア制度など欧米の方が親切で思いやりの深い民族のように思われます。

これも実際に外国人と付き合われて、どのように感じておられるか知りたいものです。
満天下さんも長らく海外生活をされていたようです。
今まで聞いていなかったのですが、感じるところがあれば御教え下さい。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.283 )
日時: 2012/04/05 04:51
名前: グッキー ID:9LRQs12Q

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/34906
企業の利益率は極めて高くなっている。この水準は果たして維持できるのか?
--------------

欧米において企業利益が過去最高を更新しているという話。

この不景気で失業者が多数出ている状況で何で大企業だけ儲けているのか。
利益水準が高いのなら生産が増えるのが市場原理だろう。

生産がロボット化されているからなどという話はまやかしだ。
生産性が上がったのなら、時短、賃金上昇で労働者がその果実を得なければ成らない。
でなければ需要が縮小し、生産物の価格が大幅に下がるのが市場原理だ。

生産物の価格も下がらず、労働者の時短、賃金上昇も起こらない。
すべて市場が寡占により支配されているからだ。

企業の利益率が最高、つまり寡占による超過利潤が最高の水準だということ。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.284 )
日時: 2012/04/05 12:39
名前: グッキー ID:ui6Sebc2

市場原理と寡占経済

市場経済では生産性が上昇した利益は国民の利益と成るのが市場原理なのです。

生産性が上昇し労働コストが低下した。労働コストが低下すれば、需要が減るので価格の引き下げて成って消費者にその生産性上昇の利益が還元されるのが市場原理です。それで経済のバランスが取れます。

価格を引き下げたくなければ、需要を増やす、賃金を上げなければ成りません。
つまり生産性が上昇した場合、賃金を上げるか、価格を引き下げなければ、経済はバランスを失い破綻してしまうのです。

その価格維持と労働コスト削減という矛盾したことを、同時にやろうというのが寡占経済です。
この矛盾したことを二つ同時にやろうということは市場支配力を持つ大企業しか出来ません。
しかしそれをやれば経済はバランスを失い破綻へと向かって行ってしまいます。

市場原理主義とは真の市場原理とは相容れず、市場原理に反することを自由にやらそうという事なのです。
そして市場原理に反することを自由にやらせた結果が現在の経済危機なのです。

市場原理に反することをやらせないために、独占禁止法や労働法を造り、政府が市場に介入するのではありませんか。
それを政府が介入することが市場原理を損ねると、まったく反対のことを主張したのが新自由主義者たちです。

しかし困ったものです。
ミクロ的に見れば、労働コストを削減し価格を維持するというのが、利潤追求から見て企業にとって正しい行動です。
そしてそれは大企業しか出来ない。資本はそういう行動を取ることを企業に求める。
しかしそれでは経済は破綻に向かう。マクロ的に見れば労働コスト削減と価格の維持は両立出来ないのです。
いまさら大企業を無くすことも出来ないし、グローバル化という経済の環境も考慮しなければ成らない。

だから馬鹿な連中は輸出、輸出と叫びを上げ、ゼロサムゲームなのに重商主義を言う。
それでも上手く行かないので、インフレターゲットと、投機、仮需により価格を維持しようと考える。(労働コスト削減、価格維持か上昇)

これらの政策が上手く行くはずがありません。
だから消費により総需要を管理しようと言う政策が、グローバル化という環境を踏まえ正しいのです。

しかし人間とは業の深いもので自分だけ社会で優位に立ちたいと欲求する。
みんなが富裕者になれば、富裕者は浮遊者として社会で優位に立てません。
自分が多少損をしようとも、みんなが貧乏で居てくれたほうが、富裕者は社会で優位に立てます。

富裕とか貧乏というのは相対的なもので他者との比較です。
社会で優位を保つためには自分だけ富裕で居ることが好ましい。だからみんなが良くなる政策は取れないのです。つまり足の引っ張り合いの競争、マイナスの競争が発生します。

私は社会で優位に立ちたいとも思わないしマイナスの競争も嫌いです。
みんなが良くなるためのプラスの競争が出来る環境を望みます。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.285 )
日時: 2012/04/05 17:37
名前: グッキー ID:GQ/1NDt.

資本主義市場経済と市場経済

私は資本主義市場経済と市場経済を分けて使っている。

市場経済と言うのは人類が分業化を始め自由に交換を行うように成った、いわば分業化自由交換経済の事を指す。
私は純粋な形での市場原理は信頼している。そこには神の見えざる手が働く。
しかし純粋な形での市場原理など試験管の中でしか存在できない。
だから純粋な形での市場原理でどうなるかを考え、政府がその結果に近づけるような政策を行わなければ成らない。

生産性上昇の果実が純粋な市場原理でどうなるか、大雑把に単純化して考えて見よう。

多くの買い手と多くの売り手が居る寡占化されていない市場では、生産性の上昇により労働コストを半減させたら需要が半減するので生産物の価格が半減する。
失業者が半数出るが、社会を成立させる以上、これを福祉政策で補わなければ成らない。あるいはワークシェアリングで労働時間を半減しなければ成らない。
つまり生産性の上昇の果実は総労働時間の短縮という形であらわれる。

あるいは賃金上昇という形で、需要を倍化させなければ需給が調和できない。
この場合は賃金上昇という形で生産性上昇の果実が現れる。

政府はこういう調和の取れた形に導く政策を取らなければ成らない。

市場経済というのは資本主義の専売特許ではない。色々な市場経済がある。

資本主義市場経済というのは、資本が経済を回転し、利潤や剰余価値を生み出す経済だ。
そこには資本しか利潤や剰余価値を生み出せないという特権がある

通貨発行益というのは利潤でも剰余価値でもない。単に経済が必要としている交換媒体としての貨幣を、社会の合意により造るだけのことだ。
経済の必要に応じて貨幣を増減する。当然のことだと思う。

しかし資本しか利潤や剰余価値を生み出せないとする特権を脅かされる資本主義者は、自身の優位性を脅かされると考えて、根拠も無くインフレに成ると騒ぎ立てる。
供給を上回る需要が無ければインフレには成らないという、子供でも理解できそうなことを忘れてしまう。

経済が必要とする交換媒体としての貨幣を必要に応じて増減する。何でこんな簡単なことが出来ないのだろう。
そこには人間の利害が絡む。利害に囚われた人間はこんな簡単なことも出来ず苦しんでいる。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.286 )
日時: 2012/04/05 19:46
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:pznwzQsI

ひさしぶりに経済の話しをさせていただきます。

グッキーさんも、マーフィーさんも、現在の資本主義経済を経済論的に捕らえられていて、それぞれの立場で改変の提案を模索されているようです。

新しい国の形をt作るために、そうした経済の理念の確立が必要なのは判ります。
一方、私は理論的なアプローチではなく、実際に職を失った人をどのようにするかを主題に考えています。

昔は、衣食住に関わる、所謂、第一次、二次産業で働く人が労働総人口の7割くらいを占めていたと思います。

この時代は、体力さえあれば、格別の能力を伴わない誰でも職業に就くことが出来ました。
ところが生産技術の発達は、生活に必要な衣食住の商品を作り流通させるためには、総労働人口の4割もいれば賄えるようになって来ています。

必要でなくなった3割の労働者の殆どが、サービス産業などの分野等へ吸収されているかと言えばそうも行きません。
結局は1〜1.5割の労働者が労働市場から締め出された状態と思います。
1.5割と言えば実数で約1000万人ちかくなります。

現在の完全失業者、300万人、生活保護世帯(失業者と重複する部分もある)200万世帯と数百万の実質ワーキングプア(非正規労働者に多い、また単身者などえ元々多額の収入の必要のない者は除く)の存在がはっきりとそれを証明しています。

ところが現実は、さらに悪く、失業予備群、ワーキングプア予備群がさらに1割、600万人は控えています。

なお、現在国内では必要とはしなく、商品を外国へ輸出する目的の商品の生産に携る事によって生産労働者の雇用を支えている面があります。
これなどは、中国、インドなどの国の生産力が上がれば、縮小されることは間違いありません。

将来を含めると、我が国の労働人口の2〜3割り(6500×(0.2〜0.3)、つまり、1300〜2000万人)の人たちが職を失うという事になります。

少子化の影響で、労働者も減るという無責任な意見が横行していますが、人口が減れば必要な生産も減ることになる一方、生産技術はさらに発達し、ますますこの傾向は強まります。

私が心配していますのは、この状態をどのようにすれば切り抜けられるかと言うことです。
この当たりの思案は如何でしょう。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存