ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1110] 消費管理政策、その他
日時: 2012/01/03 00:45
名前: グッキー ID:FzYg6wrI

元経済官僚で経済学者の高橋洋一氏が政府紙幣というものを言っております。
これは0金利永久国債で日銀調達するのと同じことです。
政府紙幣を発行し、日銀に持ち込んで、日銀券と交換するというものです。
政府紙幣だろうが、0金利永久国債だろうが同じことです。
債務負担無しでお金を日銀から引き出すということです。

しかし政府紙幣には、何でそれをするのかという理念がありません。
単に経済成長のためというだけです。
これでは上手く行かないでしょう。
0金利永久国債には、マクロ的に不公正を是正するという理念があります。
こういう理念を持つから、社会の問題の解決に繋がるのです。
(ケインズはこれを知らないので失敗した)

私は供給の許す限り、信用の増大(通貨増刷)を行ってもかまわないと考えました。
これを消費管理政策と名づけました。

現在の問題は経済のメインストリート
消費→生産→設備投資、研究開発投資、雇用→消費
にお金が流れないことです。

これを消費にお金を注入することでお金を流そうということです。
政府紙幣も同じことを考えています。
何が違うのか。公正という理念を持たなければ、政策を行っているうちに
他のところに、お金が流出してしまうからです。
-----------
ギリシャ危機
腹立たしい状況が続いている。
ユーロ危機、PIGS、英国などではデモが吹き荒れている。
ギリシャはユーロ加盟のため、金融、為替政策が使えない。財政政策は激しい緊縮を求められ、デフレが渦巻いている。

こんな状態でどうやって経済を回復させるのかと、ほとんどの専門家が諦めている。打つ手が無いと。
ひたすら何もせず、ヘアーカット(債務削減)を待っている。そして落ちるところまで落ち、自然回復するのを待っている。

世界に何万人、経済学者が居るのだろう。何で解決策がわからぬのだろう。
人間とは考える動物というが、実はサル並みの知能しか持ち合わせていないのか。

http://blogs.yahoo.co.jp/olympass/MYBLOG/yblog.html
ギリシア危機 

ギリシアのデフォルト(これは国債金融危機を引き起こす事態になっている)を避けるためにEU首脳は1200億ユーロのベイルアウトに合意した。ドイツはEU加盟国全体での拠出を主張したがイギリスはユーロ加盟国のみに限定すべきだと主張し、結局イギリス側の主張が通った。
 ただし、このベイルアウトには条件がついており、ギリシア政府による超緊縮財政の議会通過である。それによると、連帯税を課し、所得税の課税基準を引き下げる、民営化、自営業者への課税、さらに燃料への課税などが含まれている。ベイルアウトされた資金は国債の差し迫った返済に使われる。他方、超緊縮財政は強烈なデフレ策である。ギリシア経済は一掃打撃を受けるわけで、こうした方法でギリシアの問題は解決されることはない。
金融工学とは詐欺を正当化する学問か。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 消費管理政策、その他 ( No.267 )
日時: 2012/03/31 01:07
名前: グッキー ID:LIXZjkFE

マーフィー さん

>ニューディーラーがマルクス主義を頂くグループであったということは、歴史的事実です。これとケインズの政策はまったく違うと思いますが、如何ですか。

マルクス主義者であったかどうかは重要では有りません。行ったことは公共事業をメーンにした総需要管理政策です。
元々ケインズは社会主義的傾向が強いですし、政府による需要管理というのが社会主義的なものです。
ケインズの目的は需要を政府が増やすことにより、非自発的失業者が無くなるまで、生産を増やすということでは有りませんか。

ケイの法則、供給から需要が生まれるなんてのは実業人から見れば、臍で茶が沸きます。生産すれば需要が生まれるなんて信じて生産する実業人なんて一人も居ません。
計画経済なら生産すれば需要が生まれますけどね。

経済学はどうも、経済学のための経済学に陥っているようです。
だから現在は経済学など信用されず、経済理論どおりの経済運営などどこの国も行っていません。
財政原理主義と銀行救済、どんな経済学に立脚しているのでしょう。

供給と需要の考え方。所得が一定ならどちらか小さいほうに収斂します。大きいほうに収斂させようとしたら、供給が足りない場合はサプライサイドに資源を向け、需要が足りない場合は需要に資源を向けるしか有りません。

>付加価値創造のしくみはおおよそ解明されています。
http://zaiseijapan.blog.fc2.com/blog-entry-52.html


ミクロ的な経営学による付加価値創造の仕組みですね。
マクロ的には誰かが付加価値を造る事が、誰かの付加価値を減らすという現象が起きます。

>人間が外部の意識の集合体の集積値を分析する能力は、唯物的なアプローチでは不可能です。外部の情報と瞬時に感応する未知の情報構造が存在しているからです。シュレーディンガーの猫とういことですが、仮にそれが存在するとしても、人間がその原理・原則が理解できる位置に到達していなければ、それは不可能です。

完全なものなど何も無いのです。絶対と言えるものも何も無い。
しかしこんなことを言っていても何も意味は有りません。
人間はその状況における最善と思えるものを考え選択するだけです。

通貨発行益を使うしか、現在の経済状況を抜け出す説得力がある方法を誰も持ち合わせていません。
それが失敗するという説得力のある反論も存在しません。
しかし私は通貨発行益で財政政策を行うだけでは駄目で、経済を自律的成長をもたらすような構造にしなければ駄目だと言っているのです。
現実的な政策の話をしているので認識論をあまり展開したくはありません。

>減価するお金を使うにせよ、増加するお金を使うにせよ、重要なのは「受給」を一致させること、これは誰しも持っている「基本認識」でしょう。しかし、マクロ経済学のような単純なものでは解決できる代物ではありません。

「需給」ですね。
需給のコントロールはそれなりに可能でしょう。でなければマクロ経済学は意味を持ちません。
需給の調整が出来ないとする根拠は?

>元オプショントレーダーの立場でいいますと、「非線形」は、数学では解けません。マクロ経済学で広く用いられてきた 2 つの主要な分析手法には、深刻な実務上の欠点がありますから、これを論じる事には意味がありません。ミクロ分析もそうですが、積分するにせよ、微分するにせよ、新たな(影)の部分を生むからだと考えています。

事象は観測することにより影響を受けますからね。
しかしマクロ経済学においては完璧など求めません。
ヘリマネをいくらすれば、いくら需要が増える「だろう」の世界です。

>追伸:丹波教授も高橋洋一氏も、ケインズ政策が万能だと思っているわけではないと思います。サプライサイドからの刺激策としては、絶対必要条件ではありませんが、必要条件だと思います。

デマンドサイドからの刺激策ですね。
ケインズ政策は需要を造るということでしょう。
私は総需要の管理ではなく、消費による総需要の管理が正しいと考えます。
丹波教授も高橋洋一氏も、政府紙幣を使った景気刺激策しか述べていません。
バケツの穴を塞ぐ方策は何も有りません。

>若干補足しますと、ぼく自身は、多種多様な考え方があるから世の中は素晴らしいと思うのです。絶対にこれだ、というものは、絶対なものではありません

絶対正しいなどというものが人間にわかるわけが無いでしょう。
正しいと思えることをするのが人間です。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.268 )
日時: 2012/03/31 02:11
名前: マーフィー ID:IDjzR44M メールを送信する
参照: http://zaiseijapan.blog.fc2.com/

天橋立の愚痴人間さんお疲れ様です。

民主主義の問題は、主権在民であることから、一言で言えば、すべての国民が己の欲求を押さえず、周囲の都合を顧みず、主張したいことを主張するという「万民の万民に対する戦い」的要素を孕むことです。換言すれば、神は悪魔を生んだ従って、神は悪魔であるという問題と大同小異、同じ構造です。

ぼくは基本的に二元論なんて単純なものは絶対だと思っていません。アダム・スミスは、経済原理に「神のみえざる手(三位一体)」が働いている事を見抜いており、個人がその能力を最大限活用することが、社会全体の利益につながると考えたのです。それが、後に毀損して行ったものです。

前職でM・ポーター氏も社外役員をしていた某米系コンサルにいたことがあって、ここで某大手のコンサルとタイアップして、5億かけて日米欧トップ100社を調査し、戦略をトレースしたことがありました。ここは、あまりにも狩猟的なので退社し、今は細々と生計を立てています。

ところで、最高のパフォーマンスを上げている企業は、自分の最も得意とする手法と全く逆の手法を同時に取り入れた『弁証法的経営』をしていることが判明しています。実は、これ日本のお家芸の「すりあわせ」に他なりません。もっというと『禅』です。

日本人が凄いのは「もののあはれ」や「もったいない」という伝達言語では表現不可能な文化を持っている点で、複雑な事を単純にやってのけられる社会能力の高さです。民族としてそういう精神を持っていることは正に宝で、これは自然との調和、共生の気持ちや道徳がまだ少なからず残っているからではないでしょうか。『江戸時代』の循環経済なんかその典型でした。

欧米流に考えれば「情報の非対称性」というモラルハザードや「トーラレンス(領域)」のような問題は確かに存在しますし、マネタリストなんか社会科学的に捏ねくり回したい気持ちもわかりますが、こんなものは個に依存するものであって、集合知でもなんでもない。ですから、ぼくは論理的に正しい事が必ずしも正しいとは思っていません。それに、定理よりも公理の方が上位概念です。

そもそも前頭葉連合野だけに依存している欧米の人たちよりも、わたしたちの方が遥かに効率的に脳みそを使っているだけの話で、これからの時代(暗黙知の方が)俄然有利です。経済が人に依存する以上は、それは「心理学」の世界です。「需給」の一致も数字から何かわかるわけではなく、数字が見せる「ダンス」(波動)『相』を見るしかないのです。これ、自然発生的に自己組織化しているからではないでしょうか。

論理もどんどんリープしていいわけで、ぜひ大和魂の世界で行ってみて下さい。

しばらく、自身の研究を進めますので、ROMモードに入らして頂きます。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.269 )
日時: 2012/03/31 03:44
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:YMHHEbUE

マーフィー さん

ありがとうございました。
貴方のような方がおられる知って勇気が湧きます。

どうか研究を続けてください。
時折、ブログを覗かせていただき、ヒントを頂戴します。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.270 )
日時: 2012/04/01 19:50
名前: マーフィー ID:s0RMtans メールを送信する
参照: http://zaiseijapan.blog.fc2.com/

ちなみに、消費税増税は、シロアリの巣を守るためのものです。
シロアリは、マクロ的に巣を守る事しか考えていません。

http://zaiseijapan.blog.fc2.com/
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.271 )
日時: 2012/04/03 03:49
名前: グッキー ID:uNiP3QCc

http://takokakuta.k.asablo.jp/blog/2012/02/21/6342621


リーマン・ショック以降、新自由主義ともてはやされた経済学は見る影もなく、今や経済学はなんの対策も打ち出せない中、経済学の終わりとまで言われている。

このような中、ニューケインジアンではない新たな視点でケインズへの理解を深めようという動きを代表するのが本書である。
前半は、高名な学者たちの集まるシンポジウムの記録、後半は様々な学者からのケインズを巡る論考、そしてケインズの生涯とその著作の紹介という構成になっている。

このうち、前半のシンポジウムが参考になる。
そこから見えてくるのは、資本主義そのものが持つ危うさを彼がすでに指摘していた点である。
すなわち、経済は自由競争のまま放置すると貨幣の投機がすすみ、貧富の差が拡大し、結局恐慌やハイパーインフレをもたらす。
まさに、2008年世界金融危機とその後を予言しているかのような鮮やかさで現代の苦境を説明する。
また、第二部の伊藤邦武と岩井克人の討論が光る。
伊藤氏は、 「われわれは将来の不安を解消するために貨幣という尺度による計画に執着する。しかし、不安の忘却と未来の世界への想像力の発揮とは同じこと。」
これが、今のEU危機である。
また、岩井氏は「貨幣経済というのは、投機的な自己循環論法によってのみ秩序が保たれるシステム。貨幣は秩序を生み出すが、同時にそれは純粋に投機の対象であり、バブルやパニックを必然的に生み出す。」 とする。

後半の論考では、平井俊顕氏の主張が参考になる。
「リーマンショック後に、新古典派が何の政策も打ち出せない中、オバマをはじめとする世界は明示的にケインズ的政策を打ち出した。
ところが、2010年6月頃から世界経済の政策スタンスには大きな変化が見られ、EUの超緊縮財政に見られるように有効需要の大削減政策に転換した。
結局のところ、世界の財政状況、経済状況は一層の悪化を辿っている。」

資本主義システムが非常に危ういシステムに堕していく危険性が指摘されている今、再びケインズに光が当たり始めた。
ーーーーーーーーー

経済学者もやっと市場経済には見えざる悪魔の手も働くということを理解し始めたか。
投機による価格形成だ。
しかしもう一つの悪魔の手、寡占、独占による価格形成については知らない。
それとも寡占、独占企業の利益に反するので言わないのか。

そしてケインジアンはケインズ的政策しか知らない。ケインズを超えることが出来ない。

先進国の指導者はハーメネイの笛を吹く。
財政均衡主義という愚かな政策に拘っている。
Economist Financial Timesを見ても、ほとんどのエコノミストは財政原理主義に反対している。
はっきり言って財政原理主義は総需要縮小政策だ。

日本のほんの一部の学者だけが増税で経済成長をなどと御用ぶりを発揮しているだけだ。
民間の需要を仮に政府の需要に変えても、シロアリも退治できない政府が、民間より経済成長に有効な需要を造りだせるとは思えない。

先進国の指導者が揃ってこんな愚かな政策を取るのは、誰かが命令して行っているように見える。だから陰謀論が流行るのだろう。
しかしたぶん指導者たちは傲慢になり、現況を正確に把握できないのだろう。自分の見たいものしか見えないのだろう。

財政原理主義はキャメロンが始めた。おかげで英国では略奪まで起きた。
メルケルはユーロ危機で、財政原理主義にまっしぐらだ。欧州では暴風が吹いている。
オバマは財政原理主義に熱心ではないが、共和党の政策に引きずられて財政原理主義へと舵を切ろうとしている。アメリカもOWSが猛威を振るう。
野田は消費税増税に政治生命を賭けると、財政原理主義にまっしぐらに進もうとしている。
財政原理主義と、輸出に頼る重商主義、最低の経済政策が行われている。

先進国はみんなで崖から飛び降りなければ正気に戻らないのか。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.272 )
日時: 2012/04/03 16:11
名前: グッキー ID:ohMjuxFU

「和」を商取引で考えて見ましょう。

外国人は欲求の対立ー妥協という道をたどるのではないでしょうか。
50円で妥結する商品なら、100円で売りたい、売れたら儲けものと考える。
10円で買いたい、買えたら儲けものと
そして対立から妥協、50円で取引することになる。

日本人は相手に損をさせては悪いと、お互いが利益になる共生の道を考える。
50円で取引するものなら60円で売りたい、40円で買いたいと、非常に駆け引きの幅が小さくなる。
幅が小さければ妥結も早いので、より合理的に取引が出来る。

日本で色々な取引の場に立ち会いましたが、非常に駆け引きの幅が小さく思えました。中にはまったく駆け引きなど考えない人も結構いました。
これが外国人が関わると非常に駆け引きの幅が大きくなり、妥結するのにも時間が掛かりました。
但しこれは一般論です。個人による差が有るのは当然のことです。
最近の傾向では儲ければよいと外国型に変わりつつ有るのかも知れません。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.273 )
日時: 2012/04/03 15:54
名前: 馬鹿者の戯言 ID:XP8.LEhw

>儲ければよいと外国型に変わりつつ・・・、

と言うのを通り越して、過日の「AIJ」の如く騙しても「騙す積りは無かった・・・、」などとヌケヌケと言う破廉恥商法の横行です。

「悪い事をしたとは思っていない・・」と開き直った彼の今後は、如何言うことに成るのか凡その想像は付きますが、まさか中国の様に死刑には成らないだろうし、大して長くも無い有期刑でおしまいと言うのは知れています。
奴等は要領良くその方面へ金をばら撒いていますから抜かりは有りません。

日本人は往古より四つ、否、厳密には三つの島に閉じこもって生きてきた民族ですから、大陸の諸民族に比べてお人好しと言うか馬鹿の類です。

今まで散々酷い目に遭って来たのですが、此れからも未だ外でも内でも騙されるのでしょう。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.274 )
日時: 2012/04/03 16:36
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:60DWtJKY

>日本人は相手に損をさせては悪いと、お互いが利益になる共生の道を考える。
50円で取引するものなら60円で売りたい、40円で買いたいと、非常に駆け引きの幅が小さくなる。
>幅が小さければ妥結も早いので、より合理的に取引が出来る。

>日本で色々な取引の場に立ち会いましたが、非常に駆け引きの幅が小さく思えました。中にはまったく駆け引きなど考えない人も結構いました。
>これが外国人が関わると非常に駆け引きの幅が大きくなり、妥結するのにも時間が掛かりました。


グッキーさん、最後の外国人との取引で感じられたものを、もう少し具体的に表現していただけないでしょうか。

微妙な問題で表現しづらいとは思いますが。

このスレッドでの話題としてではなく、民族性を垣間見るための一つの事象として参考にさせていただきたく思います。

メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.275 )
日時: 2012/04/03 18:31
名前: グッキー ID:ohMjuxFU

>グッキーさん、最後の外国人との取引で感じられたものを、もう少し具体的に表現していただけないでしょうか。

アメリカ人というのは要求をはっきりと言ってくる。
出来ること出来ないことを、断固とした態度できちんと説明しなければ駄目だ。出来ないことを曖昧にすると、出来るのではないかと思われてしまう。
相手の要求に圧倒されると交渉にならない。論理的に理解できると納得する。

マーフィーさんも言っておられたが、わび、さびとかいう感性が論理に拘りすぎ薄いのかもしれない。
人間は本来、感性で良い悪いなどを判断する。論理的に考えるのはそれを確かめるためだ。
しかし論理に拘りすぎると感性が薄くなってしまうのかも知れない。

ロシア人は自尊心が強い。「実るほど頭の垂れる稲穂かな」というような人は見たことが無い。

中国、韓国の人は、非常に駆け引きが強い。日本人の感覚だと辟易するほど駆け引きをする。
その代りいったん信用すると、こちらが辟易するほど信頼される。お願いしますと頼まれ、自宅に招待され、盆暮れには毎年、必ず贈り物をくれる。
あんまり信頼されるのは肩の荷が重いんだよね。

政府や社会の信頼できない世界で生き、その分家族、親族、友人の絆を、大切にするのだろうか。

いずれにしても日本人同士の交渉なら1回で済むものが、外国人が当事者になると何回も交渉を重ねるケースが多い。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.276 )
日時: 2012/04/03 18:59
名前: グッキー ID:ohMjuxFU

馬鹿者の戯言さん

>と言うのを通り越して、過日の「AIJ」の如く騙しても「騙す積りは無かった・・・、」などとヌケヌケと言う破廉恥商法の横行です。

あはは、騙すつもりとは言わないでしょう。騙すつもりと言えば詐欺罪が成立します。
運用で損失を出し、虚偽の報告書を提出したということにすれば、投資顧問業法違反だけ、執行猶予付きの判決に成るのでは。損害賠償もほとんど来ないでしょう。

>「悪い事をしたとは思っていない・・」と開き直った彼の今後は、如何言うことに成るのか凡その想像は付きますが、まさか中国の様に死刑には成らないだろうし、大して長くも無い有期刑でおしまいと言うのは知れています。
奴等は要領良くその方面へ金をばら撒いていますから抜かりは有りません。

まあ、警察も検察も裁判所も、裏金を造っても起訴もされない。個人で流用したのではなく、みんなで使ったのでは犯罪に成らない。
持ちつ持たれつで上手くやりすぎです。

>日本人は往古より四つ、否、厳密には三つの島に閉じこもって生きてきた民族ですから、大陸の諸民族に比べてお人好しと言うか馬鹿の類です。

お人よし、良いでは有りませんか。日本人は親切できれい好きという定評です。
何にも悪いことは有りません。むしろそういう社会が消えていくことが寂しい。

>今まで散々酷い目に遭って来たのですが、此れからも未だ外でも内でも騙されるのでしょう。

騙されるのはお人よしだからでは有りません。欲が深いからです。
刑法で詐欺の被害者は善意の第三者に対抗できないとは、こういうことを考えてのことです。
ちなみに強盗に有った被害者は、善意の第三者に対抗できます。

私など生まれつき過剰な欲が少ないので、詐欺になど合いようがありません。利巧ということではなく、単に何故か欲が薄いだけです。
まあ、あんまり必死に騙そうとするので、可哀想に成って大した金額ではないので騙されてやったことは何度か有ります。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存