ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1110] 消費管理政策、その他
日時: 2012/01/03 00:45
名前: グッキー ID:FzYg6wrI

元経済官僚で経済学者の高橋洋一氏が政府紙幣というものを言っております。
これは0金利永久国債で日銀調達するのと同じことです。
政府紙幣を発行し、日銀に持ち込んで、日銀券と交換するというものです。
政府紙幣だろうが、0金利永久国債だろうが同じことです。
債務負担無しでお金を日銀から引き出すということです。

しかし政府紙幣には、何でそれをするのかという理念がありません。
単に経済成長のためというだけです。
これでは上手く行かないでしょう。
0金利永久国債には、マクロ的に不公正を是正するという理念があります。
こういう理念を持つから、社会の問題の解決に繋がるのです。
(ケインズはこれを知らないので失敗した)

私は供給の許す限り、信用の増大(通貨増刷)を行ってもかまわないと考えました。
これを消費管理政策と名づけました。

現在の問題は経済のメインストリート
消費→生産→設備投資、研究開発投資、雇用→消費
にお金が流れないことです。

これを消費にお金を注入することでお金を流そうということです。
政府紙幣も同じことを考えています。
何が違うのか。公正という理念を持たなければ、政策を行っているうちに
他のところに、お金が流出してしまうからです。
-----------
ギリシャ危機
腹立たしい状況が続いている。
ユーロ危機、PIGS、英国などではデモが吹き荒れている。
ギリシャはユーロ加盟のため、金融、為替政策が使えない。財政政策は激しい緊縮を求められ、デフレが渦巻いている。

こんな状態でどうやって経済を回復させるのかと、ほとんどの専門家が諦めている。打つ手が無いと。
ひたすら何もせず、ヘアーカット(債務削減)を待っている。そして落ちるところまで落ち、自然回復するのを待っている。

世界に何万人、経済学者が居るのだろう。何で解決策がわからぬのだろう。
人間とは考える動物というが、実はサル並みの知能しか持ち合わせていないのか。

http://blogs.yahoo.co.jp/olympass/MYBLOG/yblog.html
ギリシア危機 

ギリシアのデフォルト(これは国債金融危機を引き起こす事態になっている)を避けるためにEU首脳は1200億ユーロのベイルアウトに合意した。ドイツはEU加盟国全体での拠出を主張したがイギリスはユーロ加盟国のみに限定すべきだと主張し、結局イギリス側の主張が通った。
 ただし、このベイルアウトには条件がついており、ギリシア政府による超緊縮財政の議会通過である。それによると、連帯税を課し、所得税の課税基準を引き下げる、民営化、自営業者への課税、さらに燃料への課税などが含まれている。ベイルアウトされた資金は国債の差し迫った返済に使われる。他方、超緊縮財政は強烈なデフレ策である。ギリシア経済は一掃打撃を受けるわけで、こうした方法でギリシアの問題は解決されることはない。
金融工学とは詐欺を正当化する学問か。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 消費管理政策、その他 ( No.257 )
日時: 2012/03/18 03:13
名前: グッキー ID:yp9xjvYo

みつこさん

>経済学者とか地震学者とか、正直何してるの?って話ですよね。

私のよく引用する経済学の教授はケインズ派の先生です。
現在の経済の状況に義憤、疑問を呈するのですが、ではどうしたら良いのかという解決策を持ち合わせていません。
経済学の細部の迷路にはまり込み、方向が見えないのです。

しかし経済を指導すべき経済学の教授が愚かなのは罪悪です。
本人はもちろん愚かだと思っていませんし、分からないのが当たり前だと考えています。
「経済学は答えが出せない」とか言ってましたね。

さすがに経済の情報や知識には詳しいので参考にさせて貰っています。

政治家も経済学者を信頼していません。政治はどの経済学の立場も取らず、その場しのぎの対策を行っているだけです。

何してるのと言われるとこんなものです。

>けれどお金が人の命より重いという発想は、とうてい理解に苦しみます。

お金が命より重いというよりも、人のことを考えられなく成ってしまうのです。
欲に目がくらむと人間はこうなります。

>黒会議員達の顔が、みんな化け物に見えるのは気のせいでしょうか。

私は国会中継やニュースで政治家やコメンテーターの顔を見るとうんざりするので見ません。
愚かなくせに偉そうな顔をして能書きを言っている、うんざりします。

>怒りこそ人を動かすというのを聞いたことがあります

感情や欲は悪いものでは有りません。生きていく上で必要なものです。行動のエネルギーとも言えます。
しかし欲が過ぎると人間は問題を起こします。

子供の目で見て大人の頭で考えろと言います。
子供の純粋な目で見て、大人の知識、経験豊富な頭で考えろということです。
しかし今の人は大人の欲の深い目で見て、子供の頭で考えている。
間違いばかりするはずです。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.258 )
日時: 2012/03/18 22:46
名前: グッキー ID:jaaEeyng

http://www.value-gap.com/2006/10/post_86.html
ブラック企業リスト一覧

ブラック企業という言葉が気になったものだから調べて見たら、かなり有るものですね。
社会はブラック企業を非難し、ブラックを止めさせようとするが視点を変えて考えて見よう。

多くのブラック企業はブラックを止めさせれば倒産してしまうのではないか。
その結果、失業が増え労働環境が更に悪くなるのではないか。

過酷な競争をさせるから、ブラック企業が増え、そのブラック企業で働かざるを得ない人間が出てくるのではないか。
過酷な競争が無ければブラックなどやる必要が無い。従業員も過酷な競争が無ければブラック企業など、どんどん辞めてしまうだろう。

競争万能社会、小泉、竹中の行ったことが社会をこういう風に変えてしまった。
現在は競争しなければ成らないという先入観念が強すぎる。
中庸をよしとする発想は出来ないものか。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.259 )
日時: 2012/03/20 12:13
名前: わかりません ID:ST5hsiIw メールを送信する
参照: http://gffz.biz

この前の件、これですね。チェックしてください。d(´∀`*)グッ♪ ttp://ktjg.net
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.260 )
日時: 2012/03/25 06:38
名前: グッキー ID:SXNjqNFw

http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/51972068.html
本澤二郎の「日本の風景」(1018)
<為替差損53兆円を米国政府に上納>
ーーーーーーーー

ネットで持て囃される言論人、経済学者でさえ、こんな愚かな発想しか出来ない。
ただただ情けない。

アメリカに輸出したければドルでの支払いを受けるしか無いのです。
輸出した企業はドルを円に交換しなければ、輸出に掛かった費用、人件費の支払いが出来ない。
で、誰が円を売りドルを買うかと言えば政府部門しかないのです。
で、円高に成らない為に必死でドルを買うので為替差損が発生してしまう。

アメリカに取って見れば上納されているのではなく、必死に輸出されるので、国内産業が衰退し、失業の輸出でしかない。

世界中が重商主義に陥ってしまっている。輸出を増やし経済を成長させようと考えている。
でも純輸出はゼロサムゲームだから、それで世界経済が成長することは無い。
無理に輸出に頼れば、為替介入をし為替差損を政府が負うことになる。

分業化社会での経済は、いかに交換をスムーズに行えるかです。

温泉ホテルをしている人が、車を買いたいが、お客が少ないのでお金が無く車を買えない。
車を生産している人は、温泉旅行に行きたいが、車が売れないので、お金が無く温泉ホテルに行けない。
で、双方とも仕事が無く、自宅でぶらぶらし困ったなーと言っていることになる。

交換をスムーズに行うことさえ出来たら、双方とも仕事が出来、望みのものを買うことが出来る。
で、その分、GDPも上昇する。

国内の交換をいかに上手く行えるようにするかが政府の仕事なのに、そんなことはまったくせず、輸出に頼ろうとする。
重商主義、己が利益、大企業の利益ばかり考えているから、こんな馬鹿な政策しか出来ない。

上納金、もし中国がどんどん日本に輸出し、日本の産業が衰退し失業者が多数出ても、中国は日本に上納金を払っていると日本人は思うだろうか。(中国が日本に輸出を大幅に超過させるには、為替レートを維持させる必要がある、従って円を買い、日本国債で運用し為替差損が発生する)
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.261 )
日時: 2012/03/28 16:54
名前: グッキー ID:LlA77NTs

http://www.asyura.com/12/hasan75/msg/475.html
バーナンキ議長の雇用理論講義
ーーーーーーーー

オークンの法則の反動か、まあ、そんなものでしょう。
2008年後半、2009年にレイオフが出すぎたので、その反動で現在、失業率が改善している。

で、結論は景気を回復し失業率を以前の水準に戻すため0金利政策を続けるしかない。

で、0金利政策で起きることは設備投資ではなく、
ミニバブル、株価の上昇とコモディテイーインフレでしかない。
それと金融カジノゲームが激しくなる。

ミニバブルでもいくらかは景気が上向くが、所得階層の下位の人たちにはそれほどの恩恵も無い。むしろ所得が上がらないのにインフレに成るから生活は苦しくなる。

結局は金融政策は限界ということ。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.262 )
日時: 2012/03/30 16:51
名前: マーフィー ID:jdDzrJi6 メールを送信する
参照: http://zaiseijapan.blog.fc2.com/

お疲れ様です。
ギリシャ危機については、英ガーディアンがすっぱ抜いたようにGSのプロジェクトというように単純化した方が理解が早いかと思います。

日本は、NHKスペシャルにあったように円の通貨圏で太平洋戦争を戦いました。当時の同盟国ドイツは、シャハトの経済政策で復活していますし、そもそも投機筋がドル売りに走ろうが、ドル買いに走ろうが、自己通貨の流通については、自国で責任を持つと宣言すればすむ話です。

ヒャルマル・シャハトの経済政策を評価する

http://zaiseijapan.blog.fc2.com/blog-entry-58.html

政府シロアリ(政治家は除く)は、もちろん学者の人たちも馬鹿ではないので通貨の原理なんて遠の昔に解明していると思います。

少なくともバブル崩壊による資金欠如分を補てんしなければならないので、必要な額は少なくとも300兆〜最大800兆程度、ただし、そのほとんどは政策的インフレに関与する新技術と賃金に当てられなければなりません。



メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.263 )
日時: 2012/03/30 18:22
名前: グッキー ID:JLWLmd.Q

マーフィーさん

>ヒャルマル・シャハトの経済政策を評価する

シャハトの経済政策は、天橋立の愚痴人間さんの考えている、新しい公共事業と大変よく似ていると思います。
シャハトの経済政策は労働者、弱者への資金の配分を多くしているので、バケツに開いた穴を小さくする効果があったのでしょう。
良い政策ですね。

>政府シロアリ(政治家は除く)は、もちろん学者の人たちも馬鹿ではないので通貨の原理なんて遠の昔に解明していると思います。

丹波教授にしろ高橋洋一氏にしろ、あまり良く理解していないようにも思えるのですが。
政府紙幣を発行して財政支出を増やせば景気は拡大する。ここまでは中学生でも理解できるでしょう。
しかしそれで経済が持続的成長軌道に乗るかということなのです。

ケインズの失敗とはニューデール政策のことです。
財政政策を行えば景気は下支えされる、しかし財政赤字が気になり財政を引き締めると経済が落ち込む、この繰り返しでした。
日本のバブル崩壊後の経済政策もこれとそっくりでしたね。

穴の開いたバケツに水を入れても一杯には成らない。経済が自律的成長軌道に乗らないのです。
では政府紙幣を発行し続ければどうなるかというと、金融市場に溢れたマネーが金融カジノ市場に向かう。
バブル、通貨投機、国債投機、コモディテイーインフレと、バイアスが増幅し経済が破壊されるでしょう。

経済のメインストリートから金融市場に向かうマネーを止める(バケツの穴を塞ぐ)という発想が無いのです。
こういうことも分かっていて、本当は金融業界のために政府紙幣の発行と言っているのでしょうか。

ちなみに丹波教授は政府紙幣発行による国債の償還と言っておりますが、金融市場に償還されたマネーはいったいどこに向かうと考えているのでしょう。

>少なくともバブル崩壊による資金欠如分を補てんしなければならないので、必要な額は少なくとも300兆〜最大800兆程度、ただし、そのほとんどは政策的インフレに関与する新技術と賃金に当てられなければなりません。

資金自体はベースマネー、マネーサプライとも増えています。(日銀はそのように努力しています)しかしマネーサプライの回転率が極端に落ちているのが問題なのです。
これは何を意味するのかと言いますと、経済のメインストリートにある交換するマネーが、金融市場の貯蓄するマネーに変換されているということだと考えます。

新技術開発、賃金にマネーが回るのは、交換するマネーを増やすことなので良いことなのですが、政府が賃金を上げることも民間投資を増やすことも出来ません。
だから定額給付金で配布してしまうのが良いと考えるのです。
そしてこれは弱肉強食により生まれた格差を改善する公正にもかなう政策なのです。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.264 )
日時: 2012/03/30 18:37
名前: マーフィー ID:jdDzrJi6 メールを送信する
参照: http://zaiseijapan.blog.fc2.com/



お疲れ様です。

新参者にコメントありがとうございます。

ニューディーラーがマルクス主義を頂くグループであったということは、歴史的事実です。これとケインズの政策はまったく違うと思いますが、如何ですか。

付加価値創造のしくみはおおよそ解明されています。

http://zaiseijapan.blog.fc2.com/blog-entry-52.html

減価するお金を使うにせよ、増加するお金を使うにせよ、重要なのは「受給」を一致させること、これは誰しも持っている「基本認識」でしょう。しかし、マクロ経済学のような単純なものでは解決できる代物ではありません。

というのも、本来の価値の等価というのは、 1.負荷 2.反映 3.対化 4.等化 5.中和 6.精神 7.付帯質(心) のような物理法則に従うためです。

元オプショントレーダーの立場でいいますと、「非線形」は、数学では解けません。マクロ経済学で広く用いられてきた 2 つの主要な分析手法には、深刻な実務上の欠点がありますから、これを論じる事には意味がありません。ミクロ分析もそうですが、積分するにせよ、微分するにせよ、新たな(影)の部分を生むからだと考えています。

追伸:丹波教授も高橋洋一氏も、ケインズ政策が万能だと思っているわけではないと思います。サプライサイドからの刺激策としては、絶対必要条件ではありませんが、必要条件だと思います。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.265 )
日時: 2012/03/30 18:47
名前: マーフィー ID:jdDzrJi6 メールを送信する
参照: http://zaiseijapan.blog.fc2.com/

若干補足しますと、ぼく自身は、多種多様な考え方があるから世の中は素晴らしいと思うのです。絶対にこれだ、というものは、絶対なものではありません。

http://zaiseijapan.blog.fc2.com/blog-entry-19.html

そうなるとこれは、『相転移』という幾何学の問題なのかも知れません。


人間が外部の意識の集合体の集積値を分析する能力は、唯物的なアプローチでは不可能です。外部の情報と瞬時に感応する未知の情報構造が存在しているからです。シュレーディンガーの猫とういことですが、仮にそれが存在するとしても、人間がその原理・原則が理解できる位置に到達していなければ、それは不可能です。

カントやゲーテやスゥエデンボルグやニールス・ボア、ユング、それに易だって、フリッチョフ・カプラのシバ神のダンスも同じこと、絶対的なものではありません。DNAの構造も単純化できるけれども無限です。また見え方も受けてによって、万華鏡のように変化します。

お金の問題も全く同一ではないでしょうか。
人間進化の段階において、(表面上の手段として)お金があれば、独立も開放も、大きな計画を実行もし、高い理想を達成することが可能です。つまり植物にとっての栄養(空気や、水や、日光、大地)と同じことです。

ひとりの日本人は、中国人やアメリカ人には勝てないとよく言われますが、複数のアメリカ人や中国人は、複数の日本人に勝てないのです。3.11のように。

日本人は、「和」をつくれる民族ですから、最高です。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.266 )
日時: 2012/03/30 19:22
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:s.kDmLvY

マーフィー さん

グッキーさんとは、新しい経済の仕組みについて何度か話をしました。
意見の食い違いはありますが、それはアプローチの角度の問題であり、専門知識に乏しい私は、形から入ってやっています。

貴方もグッキーさんも、経済学の数値を頭に置き、理念的に捕らえようとされています。
新しい経済の形を提唱するには、必ず、この理念の裏づけが必要です。

この面を満天下さんを含めて期待しています。

>日本人は、「和」をつくれる民族ですから、最高です

と書いておられますが、これにも共感するところがあります。
現行の資本主義の考え方を修正しようとすれば、西欧民主主義の名の下に開放された人間のエゴのコントロールの問題まで行き着き、数値的な説明では解決できない面、人々の感情の面の問題が発生します。

そのことを予想されての上記の言葉と思います。
実は、私が別のスレッド「大和魂」をやっていますのは、西欧(キリスト教的)民主主義に対応する民主主義も考えねばならないと思ったからです。

今のところは「和」の検証どまりで、そこまで行ってはいませんが、この方面も私の受け持ちとしてやろうと思います。

あなたが「和のこころ」に触れられて、自信が持てました。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存