ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1110] 消費管理政策、その他
日時: 2012/01/03 00:45
名前: グッキー ID:FzYg6wrI

元経済官僚で経済学者の高橋洋一氏が政府紙幣というものを言っております。
これは0金利永久国債で日銀調達するのと同じことです。
政府紙幣を発行し、日銀に持ち込んで、日銀券と交換するというものです。
政府紙幣だろうが、0金利永久国債だろうが同じことです。
債務負担無しでお金を日銀から引き出すということです。

しかし政府紙幣には、何でそれをするのかという理念がありません。
単に経済成長のためというだけです。
これでは上手く行かないでしょう。
0金利永久国債には、マクロ的に不公正を是正するという理念があります。
こういう理念を持つから、社会の問題の解決に繋がるのです。
(ケインズはこれを知らないので失敗した)

私は供給の許す限り、信用の増大(通貨増刷)を行ってもかまわないと考えました。
これを消費管理政策と名づけました。

現在の問題は経済のメインストリート
消費→生産→設備投資、研究開発投資、雇用→消費
にお金が流れないことです。

これを消費にお金を注入することでお金を流そうということです。
政府紙幣も同じことを考えています。
何が違うのか。公正という理念を持たなければ、政策を行っているうちに
他のところに、お金が流出してしまうからです。
-----------
ギリシャ危機
腹立たしい状況が続いている。
ユーロ危機、PIGS、英国などではデモが吹き荒れている。
ギリシャはユーロ加盟のため、金融、為替政策が使えない。財政政策は激しい緊縮を求められ、デフレが渦巻いている。

こんな状態でどうやって経済を回復させるのかと、ほとんどの専門家が諦めている。打つ手が無いと。
ひたすら何もせず、ヘアーカット(債務削減)を待っている。そして落ちるところまで落ち、自然回復するのを待っている。

世界に何万人、経済学者が居るのだろう。何で解決策がわからぬのだろう。
人間とは考える動物というが、実はサル並みの知能しか持ち合わせていないのか。

http://blogs.yahoo.co.jp/olympass/MYBLOG/yblog.html
ギリシア危機 

ギリシアのデフォルト(これは国債金融危機を引き起こす事態になっている)を避けるためにEU首脳は1200億ユーロのベイルアウトに合意した。ドイツはEU加盟国全体での拠出を主張したがイギリスはユーロ加盟国のみに限定すべきだと主張し、結局イギリス側の主張が通った。
 ただし、このベイルアウトには条件がついており、ギリシア政府による超緊縮財政の議会通過である。それによると、連帯税を課し、所得税の課税基準を引き下げる、民営化、自営業者への課税、さらに燃料への課税などが含まれている。ベイルアウトされた資金は国債の差し迫った返済に使われる。他方、超緊縮財政は強烈なデフレ策である。ギリシア経済は一掃打撃を受けるわけで、こうした方法でギリシアの問題は解決されることはない。
金融工学とは詐欺を正当化する学問か。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 消費管理政策、その他 ( No.226 )
日時: 2012/02/08 19:37
名前: グッキー ID:gb8t.WKQ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E8%87%AA%E7%94%B1%E4%B8%BB%E7%BE%A9
市場原理主義の経済思想に基づき、低福祉、低負担、自己責任を基本として小さな政府を推進する。経済政策については、均衡財政、福祉・公共サービスなどの縮小、公営事業の民営化、経済の対外開放、規制緩和による競争促進、労働者保護廃止などを基本とする、市場原理を極力活用した資本主義経済体制が新自由主義である。

新自由主義を主張した主な学者・評論家にはミルトン・フリードマン、ジョージ・スティグラー、ゲーリー・ベッカー、ジェームズ・M・ブキャナンなどがいる[3]。また新自由主義に基づく諸政策を実行した主な政治家にはロナルド・レーガン、マーガレット・サッチャー、中曽根康弘、などがいる[4]。
ーーーーーーーー

http://blogs.yahoo.co.jp/olympass/MYBLOG/yblog.html
・トロイカは完全にワシントン・コンセンサス路線、ネオリベラリズム路線、オルド・リベラリズム路線だ。リーマン・ショックを引き起こしてきた考えが、いまここにユーロで再現して、ホーントしているのは皮肉である。それを支える経済学は一体何なのか。その経済学は地に落ちたものだ。
 こういってもいいいだろう。SBSの膨張と投機活動がアメリカ資本主義をメルトダウンに追い込んだ。そしてそれをもたらしたネオリベラリズムを葬り去った、はずだった。リーマン・ショックの波はユーロ圏を1年後に激しく襲い、それに抗するためにユーロ圏首脳は、超緊縮政策、お仕置き路線をとった。これは完全にネオリベラリズム路線、構造改革路線である。
 ユーロはトロイカの「お仕置き路線」と超緊縮政策のがまんを超えようとしている諸国民の放棄という非常に緊迫した状況に突入してしまっている。
(この状況は2年前の5月のベイルアウトのとき、ゼミで私が話したこととまったく同じ筋書きで進んでいる。常識があれば、だれでも予測できることだと思う。)
ーーーーーーーーー

終わったはずの思想だった。しかし何時までもこのネオリベラリズムという悪魔的な思想は幅を利かせている
欧州で日本で、アメリカでも共和党はまだネオリベ、オバマも半分はネオリベ、思想的にはリーマンショックで終わったはずなのに、人々はその思想を離そうとしない。よほどネオリベラリズムという思想が居心地の良い人たちが居るのだろう。
市場の自由、略奪する自由が好きな人が多い。

経済とは拮抗力が無ければ強いものに富が集まってしまう。

大企業が政治献金や広告費をふんだんに使う。多大な役員報酬を払う。こういうことがなぜ出来るのか、大企業が市場の強者であり寡占による超過利潤を得ているからだ。

もし消費者が単一の消費組合を創り、そこで一括購入するようになれば、大企業でもコスト削減を徹底的に求められ、政治献金や、多大な広告費、多額の役員報酬など、余分な冗費は支払う余裕が無くなってしまうだろう。

何故なら消費者のほうが大企業より市場での立場が強ければ、削れるものは徹底的に削られてしまうからだ。
現在は大企業が市場を支配し、消費者が望まぬ広告費、政治献金、多額の役員報酬などを強制徴収されている。

テレビで高額のギャラを取る、司会者、コメンテーターなどは、超過利潤のおこぼれを得ているに過ぎない。消費者から広告費を強制徴収できなければ、彼らのギャラは、あっという間に縮小してしまうでしょう。

もしコスト100円で生産し90円でしか売れない経済に成ったとしたら、10円の赤字です。
こういう場合、資本の減価する経済、通貨の減価する経済というものを考えなければ成らないでしょう。
資本が減価する、資産が減価する、通貨が減価する、多くの人にとって受け入れがたい思想です。資本、通貨は増えていくのが当然という考えに凝り固まっているからです。

メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.227 )
日時: 2012/02/09 21:09
名前: グッキー ID:TfbE4OjQ

「減価する経済」なんてのは、欲の深い人間には想像もつかないのかな。
貯蓄過剰経済なら、貯蓄がマイナスになってもおかしなことはありません。むしろそれが市場原理です。
マネーをモノに置き換えたら感嘆に分かることです。借り手が居なければマイナスの利率でも貸さなければものは減価してしまいます。

通貨を減価させる、資本を減価させる、資産を減価させる、預金を減価させるなんてことは想像もつかない人が多そうです。

モノは減価するものです。従ってモノの交換媒体である通貨も減価させるべきです。これがゲゼル理論の根底です。
しかし減価と聞いただけで欲の深い人間は拒絶反応を起こしそうです。

金利は名目金利ではなく実質金利ならマイナスにすることが出来ます。金利がマイナスなら企業は赤字でも問題は有りません。
実質金利がマイナス10%、銀行がマイナス7%の金利で預金を集め、企業にマイナス4%の金利で貸し出す。
企業はマイナス4%以内の赤字で良いことになります。資本調達もマイナス4%以内で出来るということになります。この場合、企業は時間とともに資本調達する必要があります。
しかし企業が、マイナス金利よりマイナス幅の少ない業績なら資源の最適配分は起きます。
つまり今はより利潤の多い企業が優良企業ですが、よりマイナスの少ない企業が優良企業ということになります。

実質金利はマイナスなら通貨も株も減価します。これによりケインズの「金利が一定以下に下がらないことが失業を生む」という命題を解決することが出来ます。

そして欧米の発想である財産権というものを疑って見なければなりません。
地球は誰のものか、誰のものでも有りません。人間が利用させて貰っているに過ぎません。
その地球(の一部を)を、我が国のものだ、俺のものだと言い人間は争いあいます。利用させて貰っているという思想に立てば、自分だけ利用させて貰っているのだから、公共に利用料を払うのは当然のことでしょう。
それでみんなが公平に地球を利用させて貰っているということになる。不公平な利用の方法になるから何時までも争いが絶えないのです。
土地もゴールドも、資源、水、空気、すべて誰のものでも無く、人間が利用させて貰っているだけのものです。
これらのものを一部の者が利用するのには利用料がかかって当然でしょう。
つまり土地、ゴールド、資源などに保有税がかかれば減価するのと同じことになります。
美術品など換金性のあるものは、通過に準じるとみなし保有税をかけます。

建物や工作物などは人間の付加価値でほとんど出来ているので財産として認めます。
人間が造ったもので無いものは財産として認めません。

これで通貨、土地、株、ゴールド、資源、すべてのものが減価する経済が出来上がります。

と書きましたが、なーにやることは簡単です。
お金を増やし目標インフレ率を創り、実質金利をそれより目標に従って下げれば良いことです。
そして土地、資源、ゴールド、美術品などに保有税をかければよいことです。

そして目標インフレ率にするために出来る通貨発行益を富の再分配に使う。
これでガルブレイスが指摘する「寡占による超過利潤」という命題も解決の道が出来ます。

経済危機だ、金融危機だといくら騒がれても、市場経済構造の持つ根本的な問題点を多くの人は知らない。
これでは経済危機、金融危機が解決せず、社会は混乱を増すばかりです。

ケインズが指摘した
「利子率が一定以下に下がらないことが失業を生む」
ガルブレイスが指摘した
「拮抗力が無ければ、寡占により超過利潤が生まれる」

この二つの命題を真剣に考えた人が、社会にどれだけ居るでしょう。

オキュパイ運動にはまとまった思想や理念、目標が無いから成功した、というよりもそのようなものが創れないのです。
みんなが納得できる思想、理念、目標が出来ないのです。
しかしみんなが納得できる思想、理念、目標が出来なければ社会は変わらないでしょう。混沌だけが残ることになります。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.228 )
日時: 2012/02/10 16:57
名前: グッキー ID:eqoiQxx.

今日はミクロ面から見た日本の景気現状を少し

私は気の向くままに、たまーにパチンコ屋に行く。
パチンコというのは4円で玉を借りて、博打をするようなもの。
それが去年あたりから1円パチンコというのが流行りだした。
つまりお客がお金が無いので、博打のレートを4分の1に下げたのです。
それが最近、0,5円パチンコというのまで出てきた。
いかに経済活動の末端にお金が無くなっているかの証明です。

10年前ほどはパチンコ屋はいくら不景気とはいえ、結構、朝から並ぶ人も多く、店内も混雑していた。
しかし今は閑古鳥が鳴き、レートを下げたにもかかわらず、まったく客が寄り付かない。

ギャンブルというものは不景気でも結構、流行るものです。
不景気で暇が出来、一攫千金を夢見て流行るのです。

それが今は不景気でも流行ると言われたギャンブルでもお客が居なくなってしまった。
もちろん公営ギャンブルもその限りではない。公営ギャンブルが不採算で撤退する自治体も目立つ。

ギャンブルの流行らない不景気とは、底冷えのする不景気です。つまり下々がまったく余裕が無くなってしまったということです。
このような不景気は戦後、見たことも無い、恐ろしいほどの不景気です。
パチンコ屋など石原都知事が無くせと言うまでもなく、そのうち倒産ラッシュが起きるでしょう。

もちろんこのような景気実態は政治家の方々はご存じない。
普通の人々も、自分が実体験し、実感しなければ分からないのではないでしょうか。
直感の鋭い人は足元から、何か危険なものが忍び寄ってくるように感じて怯えている。
私もその中の一人です。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.229 )
日時: 2012/02/11 08:03
名前: グッキー ID:vM4h94Ec

http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-4977.html
見えない倒産"廃業が急増中
(日刊ゲンダイ2012/2/10)

年間2万5000件以上

昨年、倒産件数が13年ぶりに1万3000件を割り込んだ。この数字を見る限り、企業の破綻は減少している。しかし、これはまやかしだった。
「廃業や休業が激増しているのです。昨年の休廃業・解散の件数は2万5000件以上。年間の倒産件数の倍です」(東京商工リサーチ情報本部長の友田信男氏)

経営に行き詰まり、倒産寸前で会社を整理する。そんな廃業が3・11大震災以降に増え続けている。廃業は倒産にはカウントされないが、実態は破綻同然。いわば“見えない倒産”だ。

自動車部品を製造する孫請け会社の経営者(70代)が言う。
「倒産は従業員や金融機関、取引先などに迷惑をかけます。だから、その前に会社をたたもうと決意しました。実は最大の納入先から自主廃業を促されました。借金は残りますが、倒産よりマシです」

経営の苦しい中小・零細企業は「金融円滑化法」で借入金返済の先延ばしが可能となり倒産を逃れた。昨年暮れ、この円滑化法は13年3月までの延長が決まった。これにより表立った倒産は減少するだろうが、かといって、一時しのぎだから展望が出てくるわけではない。むしろ廃業が急増するのではないか。そう見る専門家は多い。

「小さな個人商店を含めると日本全国に約420万の企業があります。経営難から抜け出せなければ廃業を選択するしかない。そうした決断を余儀なくされる事業主は今後、増加するでしょう。零細企業を中心に、現在の3倍、4倍の廃業が出てくる可能性があります」(友田信男氏=前出)

現在の4倍ということは10万件の廃業だ。倒産減少の裏で起きている廃業ラッシュ。倒産減少にだまされてはいけない。
------------

なるほど、倒産件数が増えないのは金融円滑化法の関係かと思っていたが、こんなに自主廃業が増えていたのか。
正に現在が危機的状況。TPPや増税を止めたからといって、この危機的状況が無くなる訳ではない。

しかし政治家はこんな危機的状況も把握できない。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.230 )
日時: 2012/02/12 14:33
名前: グッキー ID:tjDpD38w

http://blogs.yahoo.co.jp/olympass/MYBLOG/yblog.html
Grexit − ギリシアの脱退問題および心理的均衡の破壊問題

「ギリシアが脱退しても、問題はない」的発言が出回るようになっている。オランダの首相がそう公言している。トロイカの居丈高な態度もそうした可能性を十分に考慮してのものとも思われる。
 ギリシアは残っても地獄、去るも地獄だ。2001年のアルゼンチンのデフォルトのようにはならない。アルゼンチンは資源が豊かで、折からの一次産品ブームに大いに助けられた。長年、パリ・グループから締め出しを食っていたが、立ち直ることができた。だが、ギリシアには何も資源がない。観光資源だけだ。ドラクマに戻って、ユーロにたいし大幅な切り下げになったからといって、期待はできない。ギリシアでは銀行はもう機能していないと思う。ギリシア国民で預金を持っている者はすべて国外の銀行に移転しているか、タンス預金をしているからだ。実際、巨額の資金がギリシアの銀行から消えている。
 問題は、ギリシアのデフォルトがdisorderlyに行われたときのユーロ圏への波及である。ドイツ、フランスの大手銀行は巨額のギリシア国債、それにギリシア民間経済への債券を保有している。これがパーになる。紙くずになる。預金者はこれらの銀行の倒産を恐れて引きおろしに向かうだろう。すると取り付け騒ぎという昔からの行動に見舞われる。この心理的な動きは、ひとたび加速するともう止めることはできなくなる。
 資本主義経済は非常に心理的な均衡の上に成り立っている − これはケインズの有名な言葉だ。バブルは、人々を超楽観にさせ、人々は借りまくり、銀行は貸しまくる。そしてその動きを政府が止められなくなると、爆発するまでだれも何もできなくなる。
 いまはその逆の場面だ。デフォルトの恐れは人々を不安に駆り立て、その不安が不安を呼ぶ、そのなかで投機者は漁夫の利を得ようとして動く。こうした状況が展開し、そしてその動きを政府が止められなくなると、爆発するまでだれも何もできなくなる。
 資本主義は金融資本主義である。そして金融は信用である。信用は大変心理的な要因に作用される。こうした本性がバブルとデフォルトを引き起こしやすくしている。
-----------

銀行が機能しなくなったのでは、もう経済はどうのも成らない。輸入が前金、現金決済ということは聞いていたが、国内商業活動まで前金、現金決済では商業活動が成り立たない。
これでは革命前夜だ。

加入していても先の見えないユーロから脱退、デフォルトし、富裕者の資産をすべて没収、再配分し、そこから経済を立て直すしかないのかも知れないが、とてもそんな政策は普通の政府には出来ないだろう。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.231 )
日時: 2012/02/13 05:32
名前: グッキー ID:flXQrHIo

TPP,消費税増税などというのは、取らぬ狸の皮算用のように聞こえます。
消費税増税は14年、それまで日本経済が持つのでしょうか???

消費税増税は輸出企業への補助金だなどという話もありますが、これは下請企業が消費税を転嫁しないという前提の話です。

しかし下請企業はもうコストカット出来る余地が無い。
だから大企業は次々と海外移転に踏み切っているのではないですか。
コストカット出来るのなら海外移転しません。
このままでは中小零細企業の倒産、休廃業が続出してしまう。

ーーーーーー
http://blogs.yahoo.co.jp/olympass/MYBLOG/yblog.html?m=lc&p=2
「産業の空洞化」の進行

一番の原因は歴史的な円高だ。政府はこれを食い止めることができていない。
下記ではTIとパナソニックが九州工場を閉鎖することを決めたことが記されているが、これがいまの日本の趨勢である。パナソニックは記録的な赤字決算となっている(電機メーカーすべてがそうであるが)。とくに韓国ではウォン安が続いているため、いっそう問題は深刻化している。
続きはリンクへ
ーーーーーーーー

中小企業にも労働者にもコストカットの余地が無い。だから不景気に強いといわれているパチンコ屋まで火の消えているように成っている。現状は戦後で最大の大不況に成っている。

企業倒産件数は13000件と、それほど増えていないが金融円滑化法で下支えしての話。しかも休廃業は年24000件と激増している。
企業の設立、廃業の詳しいデータは存在しないが、90年以降、企業の廃業が設立を上回る傾向が続いている
ーーーーーー
我が国における開業率・廃業率の推移
http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h19/h19_hakusho/html/j1210000.html
ーーーーーーーー

増税先送りの復興予算で、少しは景気が持ち直すかもしれないが、このままでは2年後までに多くの国民の生活が破壊されてしまう。
革命が起こっても不思議ではない状況に成ってしまう。
そのような時に増税だのTPPだのと、取らぬ狸の皮算用ではないでしょうか。

欧州は緊縮財政一本やりで経済の先が見えない。ギリシャはいつ国民が暴発するかという状態に追い込まれている。
ギリシャで国民の怒りが爆発すれば、ポルトガル、スペイン、イタリアなども、それに触発されて国民の怒りが爆発する可能性が強い。

アメリカもFRBの金融緩和でミニバブルが起きているみたいだが、潤っているのは金融業界だけ。失業率が改善したと言っても雇用者所得は増えていない。消費者信頼感指数なども低下している。国民の生活はまったく良くなっていないのではないか。
米国政府はしきりにオキュパイ運動を弾圧しているがどうなってしまうのでしょう。

バルチック海運指数もリーマンショック以来最悪を更新し、世界貿易も停滞して居ます。もはや完全に世界同時不況です。後は金融恐慌が起きるか起きないかくらいです。

日本も2年後には状況ががらりと変わるのではないでしょうか。
経済は悪化を続け困窮者が増え続ける。
生活保護所帯が戦後最悪を更新したといっても、これは政府が押さえに抑えて出した数字でしょう。実体は分かったものでは有りません。
放射能健康被害も増加の一途を続ける。

2年後には社会状況が激変している。それでTPP、増税とは取らぬ狸の皮算用ではないでしょうか。

政治家は国民生活が良くなったという実績を出せ

実績を出せない政治家は出て行けと言いたいですね。

実績を出せなかった自民党と民主党の政治家は全員出て行けと言いたいです。
もはや下らぬ言葉で騙されたくない、実績を出せ!!!
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.232 )
日時: 2012/02/14 11:58
名前: グッキー ID:w2d5wfWs

http://blogs.yahoo.co.jp/olympass/MYBLOG/yblog.html
ギリシア内乱状態

すでにギリシアは内乱状態にあるといっていい。押し寄せる群衆の抗議行動、治安部隊との衝突、放火、略奪、打ちこわし・・・。多数のホームレス、乞食・・・。政府機能のマヒ。この状態で、トロイカは超緊縮予算を杓子定規に押し付けている。1300億ユーロの第2次ベイルアウトと1000億ユーロのヘアカットの交換条件として。そしてさらに追加的な(みせしめの)節約を要求し、そのうえ、「ちゃんと約束を履行します」という念書を要求する有様だ(さらに新しい内閣になっても必ず守ることを約束しろ、とまで言っている)。トロイカは律法一辺倒だ。契約書を作成すれば、これで履行ができると決めてかかっている。しかし、ない袖はふれない。そしてギリシアには袖がないのである。政治的・社会的混乱がいっそう続くばかりである。ただし、ギリシア国民がもつ報復手段は1つある。秩序のないデフォルトで、ユーロ・システムを大混乱に陥れることで、一緒に落ちるという手段である。憎たらしいドイツに一泡吹かせてやれ、と思うギリシア人は圧倒的に多い。歯車が狂いすぎている。そして行くところまで行ってしまうほかない。そういう状況に突き進んでいる。
英文はリンクへ
ーーーーーーー

いったいギリシャはどうなるのか???
どのような状態になっているのか???

世界の未来を暗示させるのではないか。
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.233 )
日時: 2012/02/15 08:03
名前: グッキー ID:oHyDmcFk

インタゲ、インタゲって、インフレにもいろいろの種類のあることを何で説明しないのかな???
現在、日銀が金融緩和して起きるインフレは

コストプッシュ型輸入インフレ

つまりガソリン、資源、食料品が上がって、給料が上がらないという最悪のインフレ。

そんなことも知らずにインタゲ、インタゲと騒ぐのは、日本人はみんな馬鹿になってしまったのかな???

金利が10%のものを5%に下げるというのなら。資本の限界効率が下がるので、設備投資が増え、需要超過型インフレに成る。

しかし0金利のものを金融緩和したって資本の限界効率は下がらないので設備投資は増えない。
もともと設備投資需要が少ないから金利が低い。

設備投資が増えなければマネーの行く先はコモディティー市場、金融カジノ市場に決まっている。
つまりコストプッシュ型輸入インフレ

メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.234 )
日時: 2012/02/15 22:38
名前: グッキー ID:wpENfUWE

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE81K3Q320120215?rpc=122
焦点:マイナス成長5年目のギリシャ、歴史に残る経済悪化に
2012年 02月 15日 15:22 JST

記事を印刷する | ブックマーク | 1ページに表示
[-] 文字サイズ [+]


1 of 1
[Full Size]
トップニュース
海外戦略で修正迫られる中堅自動車メーカー、北米・東南アに活路
日銀追加緩和の反響続く、円キャリートレード復活の思惑も
日航、16年度まで毎年10%以上の営業利益率確保へ=中計
日経平均が今年最大の上昇、商いも今年最高

[ロンドン 14日 ロイター] ギリシャはマイナス成長が5年目に入っており、近代における経済悪化の最もひどい事例の1つとして不名誉な記録に載りかねない。

ギリシャの昨年の成長率はマイナス6.8%で、危機前のピーク時からの落ち込みは推定16%となった。2008年に7.7%だった失業率は20%以上に達している。

最近の深刻な景気後退としては2001年の債務不履行により経済が20%落ち込んだアルゼンチン、08年の世界金融危機で24%悪化したラトビアなどが挙げられる。世銀の統計によるとロシアは1989年から98年にかけて生産が44%減少しており、米国が大恐慌の際に経験した29%を大幅に上回るが、これはソ連崩壊時のこととして例外扱いされることが多い。

カーネギー国際平和財団のエコノミスト、ウリ・ダトッシュ氏は、ギリシャは国際的な金融支援と引き換えに一層の財政引き締めを計画しており、過去のこうした記録と肩を並べるばかりか抜き去る可能性があると指摘。「このままの道筋をたどれば─私はそんなことは続けられないと思うが─ギリシャの国内総生産(GDP)成長率は25─30%減少し、過去に例のない落ち込みとなる。ギリシャにとって悲惨な危機だ」と話した。

<長い悪夢続く>

経済危機を比較するのはりんごとオレンジを比べるようなものだ。すべての国は経済や政治の面でことごとく異なる。ただ経済政策調査センター(CEPR)の共同ディレクターのマーク・ワイスブロット氏によるとギリシャには他の事例と大きく異なる重要な点がある。経済が悪化し続けている期間が過去の事例の平均の2倍におよび、なお収束のめどが立たないのだ。同氏は「かなりの確率で最悪期を脱したというのならば違ってくる。しかしそうは言えない。まだ長い悪夢が続いている」と述べた。

ギリシャ政府は2010年に1100億ユーロの金融支援を受ける際に改革断行を約束したがそれを果たさず、欧州連合(EU)、国際通貨基金(IMF)、欧州中央銀行(ECB)のいわゆる「トロイカ」をたびたび怒らせてきた。公務員の削減や民営化など財政立て直しに向けた取り組みにも消極的だ。

しかしプライマリーバランス(基礎的財政収支)でみるとギリシャ政府は増税や年金削減などによって大きな調整を果たしている。09年のプライマリーバランスのGDP比は10.4%の赤字だったが、今年は同0.2%の黒字が見込まれている。コンサルタント会社キャピタル・エコノミクスのアンドルー・ケニンガム氏は「これまでの政策の実行ぶりに対する評価は高くないが、これほど急速にプライマリーバランスの赤字を縮小した国はほかにない」と話す。

とはいうものの、巨額の利払いのため、今年の財政赤字のGDP比はなお4.7%に上ると見込まれている。EUとIMFはこの財政赤字を抑制するためにプライマリーバランスを14年と15年にGDP比で5.0%の黒字にするよう求めている。CEPRのワイスブロット氏によると、ギリシャの金利負担はジャマイカに次いで世界で2番目に重く、「(EUやIMFは)ギリシャから永遠に絞り取ろうとしている。トンネルの出口は見えない」という。

ギリシャ経済はさらに下振れるリスクがある。緊縮財政で成長が落ち込めば税収が減り、財政赤字が拡大し、一層の財政引き締めが必要になる。そしてこうした事態は既に昨年発生している。14日発表された11年の成長率はマイナス6.8%。IMFはマイナス4.5%としていた予測を昨年12月にマイナス6.0%に引き下げたが、実際にはそれよりも悪かった。

<ユーロ圏にとどまるべきか否か>

景気悪化に見舞われた国は通常、通貨を大幅に切り下げることによってこうした悪循環を断つ。生産や雇用は当初は大きく悪化するが、比較的速く回復する。アルゼンチン、ロシア、1997─98年のアジア金融危機後の国などがそうだ。

こうした事例から、ギリシャはユーロ圏を離脱して通貨を切り下げるべきではないかとの問題がくすぶり続けている。アイルランドや、通貨をユーロにペッグさせているラトビアは、通貨切り下げだけが唯一の解決策というわけではないことを示した。予算や賃金の切り下げによっても競争力は回復できる。

しかしワイスブロット氏は、ギリシャは危機があまりにも深刻なため、危険を冒してユーロから離脱すべきだと考えている。同氏は「私の予想では、ユーロを捨てればアルゼンチンのように非常にうまく行くだろう。短期的には危機に見舞われるが、それを脱して急速に成長するだろう」と話す。

一方、シンクタンクのブリューゲルのリサーチャー、ソルト・ダルバス氏は、ギリシャのユーロ離脱は混乱が必至で、その実現の可能性は低いとみる。ユーロを離脱すれば国際機関が支援から手を引いて政府が破綻するだけでなく、ユーロ建て債務の返済が不可能になって銀行や民間企業の大半は経営が行き詰まるという。同氏は「純粋に経済的な見地からすれば、たとえあと5年以上経済が悪化してもユーロ圏にとどまる方がギリシャにとって好ましい」と述べた。

ただダルバス氏は、つまるところこうした質問に答えなければらないのはギリシャの国民と政府だと付け加えた。ギリシャ国民はいつまで緊縮財政に耐えられるのか。いくら経済を比較検討してもその答えは見つからない。
-ーーーーーー

景気後退の最長記録更新
今年もマイナス成長だと言うし、その先もまったく見通しが無い。

ほんとに何時までギリシャ国民は耐えられるのか???
メンテ
Re: 消費管理政策、その他 ( No.235 )
日時: 2012/02/23 18:35
名前: グッキー ID:Ty2TNa7A

インフレには大きく分けて2種類有ります。
需要超過型のインフレとコストプッシュ形のインフレです。

それを分けもせずに日銀はインフレターゲットをせよとは、金融業界を儲けさせるために言っているとしか思えない。

需要超過型のインフレなら、企業は生産を増やそうとするから、設備投資が増え、雇用が増え失業問題が解決する。
高度成長期の日本などで起きていたインフレです。

コストプッシュ型のインフレは、資源、エネルギー、食料価格が上がりインフレには成るが、需要が増え、雇用、所得が増えているわけではないので消費者の生活を圧迫するだけです。

中央銀行は0金利の場合、いくら金融緩和しても、資本の限界効率が下がらないため設備投資需要を起こせないのです。
もちろん中央銀行が消費者に直接にお金を貸すことは無いため消費需要も起こせません。

中央銀行が0金利の時、量的緩和をした場合、お金の行き先は、国債、株、土地、コモディティー市場、インデックス市場の投機です。
つまり中央銀行が量的緩和をしても、コストプッシュ型コモディティーインフレしか起こせないのです。

こんな簡単なことはエコノミストなら分かりきったことだと思うのに、インフレ他ターゲットなどと馬鹿げたことを言うのはどういうことでしょう。

アメリカで起きているインフレは、このコモディテイーインフレです。だから失業問題は解決しないのです。
物価が上がれば失業者や貧困者はより苦しむことになります。そしてその値上がり益は金融業界に行くことになります。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存