ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1116] 震災復興オリンピックには津波防波堤のうえにリニア新幹線を!
日時: 2011/06/30 05:38
名前: 政治は年寄りがやれ

復興基本法を何度読んでも
なにがやりたいのかよくわからない

そこでもと交通警備員が勝手な提案をする
前提条件は以下である

1.住民は山の上に住め、補助金を出す
 というが正気とは思えない
  山の上に城や住居があったのは
  戦国時代前である
  
  国会議員や官僚は頭が狂ったとしか思えない
  山の上を開発すれば、自然の体系が崩れ
  土砂災害、山津波が頻発、そのあとは
  里へ降りろとなるだろう

  馬鹿もやすみやすみにするがいい

2.リニアモーターカーは中国に先鞭をつけられている
  日本が再度リードするのはトンネルがなく、立ち退き
  問題がないところがよい。投資対技術成果の効率
  がいい。資金力がJR東海しかなければ、三陸鉄道を
  JR東海が買収すればよいのである

3.東北の再建において、津波を克服することなく
  再建することはありえない。津波対策は
  真正面から取り上げられなければならない

4.津波を克服する方法は、常識的に言ってふたつしかない
  一つは津波より高い防波堤をつくること
  もう一つは海のなかに津波をの方向を変える
  大きな滝をつくること(つなみとつなみを
  ぶつからせて減衰すること)


これだけの条件があればあとは簡単だろう
津波対策は地域の条件を加味しながら
防波堤をつくるか
高さ三〇メートルの大きなつなみがきても
落差三〇メートル以上の滝になる空洞をつくり
その流れを大きな川のようなパイプで
沖に押し出してやればいいのだ

高さ三〇メートルの防波堤は現代の万里の長城である

中国人は万里の長城のうえに道をつくった
現代万里の長城のうえにリニアモーターを走らせても
だれも文句はいうまい

オリンピックがこうした夢でつながるなら
津波対日本人は、日本人の勝ちということになろう




 

 
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

津波にうちかつことは原発事故を終息させるよりやさしいはず  ( No.1 )
日時: 2011/07/01 01:27
名前: 政治は年寄りがやれ

いちばん読んでほしかったこのスレッドが
いちばん関心がないようで残念です。

わたしの父は専門学校を出て炭鉱につとめていました。
炭鉱につとめると戦争にいかなくてすむというのが
動機だったようです。

その意味ではあまり誇れる父でなかったのかもしれません。
数年まえに天寿をまっとうしましたが
生前2度ほど世間を驚かせたことがあります。
ひとつは
阪神大震災の数年前に、80歳のころだった
」とおもうのですが阪神地区には大きな活断層
が走っており大震災の危険があると警鐘をなら
していたことです。
日本全土をおおっていた氷河と活断層は密接
に関連しており、とくに阪神地区は危ない
という独自の推論による論文でした。
父の論文によると、まさに地震の巣のうえにある
あぶないダムはいくつかあるようです。

もうひとつはそれよりずっとまえ50歳のころ
独学で地質学を学び、まだ電子計算機がない時代
水が土を透過する速度を計算尺をつかって算出したことです。
これにより父は大学で学んだことがないにもかかわらず
その着想と努力に東大より工学博士の学位を授与されました。

この透水係数は実際にはどう利用されたかといいますと
西海に島の面積の半分以上が湖という孤島がありました。
父が勤めていた炭鉱は
この湖の水をすべて掻き出したうえ
巨大な石炭輸送船が出入りできるように
掘り下げました。
最後に爆破して
一瞬のうちに台風にもびくともしない
安全な石炭搬出港をつくったのです
炭鉱はこの島から東シナ海に向って
鉄鋼用の海底炭田を掘り進みました。
爆破のシーンの8ミリ映像をみたことがありますが
東シナ海の海水が孤島に襲いかかる様子は
まさに今回の津波と同じ映像でした。
湖の水は、外洋とつながっており
湖の水位と外洋の潮位を入念に計測
しながら、海水が浸透する速度を算出
工事が進められたようです。
またロシアはこの透水係数を使って
高圧水を炭層に吹き付けて掘り進む
という水力採炭の技術を開発しました。
人間は意志と知恵と勇気さえあれば
自然を克服することができるのです。
大事なことは自然と共存する技術であるか
どうかであると思います。

今回インターネットで経緯をしらべてみますと
東北海岸は
1年前にも津波を心配する地震があり
1000年ぶりとはいわないまでも
つねに地震と津波の恐怖にさらされて
いたようです。
そしてその立地の厳しさが
自然の恵みを産む理由のようでもあります

復興基本法をいくら読んでもイメージがわかない
数多くの会議をつくっても実施されるものはなにもない
法律をつくるのに時間がかかった
野党の案をまるのみにした
さまざまなことは
ただひとつの真実を覆い隠しています

それは津波に真正面から取り組もうという
根本的解決策をさけているということです

私も今回現地をみて
被災地が絶望にうちひしがれているのは
当然とおもいました。

生活の基盤をいまより30メートもあげること
など不可能に近いのです
津波に対する備えができなければ
生活の再建など考えられないのは当然です
だれがまた津波がやってくるかもしれないところに
自分の人生をかけた住宅や店舗や工場や船舶
をおくでしょうか

どこか別の場所に移住させるか
それとも津波に万全の備えをするか
どちらかでしょう

これだけ技術革新が進んだ現代において
津波を克服できないはずはないのではありませんか



メンテ
大都市暴走水を地下に溜め込むことはいまや普通におこなわれている ( No.2 )
日時: 2011/07/01 02:21
名前: 政治は年寄りがやれ ID:3PpJivXE

東京都内では神田川の地下に
おおきな地下貯水場がつくられ
コンクリートジャングルのうえに
短時間に降り注ぐ雨水を流し込むように
なっているという
これにより都内ではどんな集中豪雨があっても
川の水があふれて住宅を襲うということがなくなった

わたしはしろうとだから確信はもてないが
津波だってきちんと手当てをすれば
克服できるはずである

ただあたまを使う必要があるだろう。
私は大きな津波の被災地をみたのは二度目である
数年前のスリランカの津波そして今回である

不思議なことは
頑丈なビルが倒れていることもあれば
お世辞にも立派といえないビルが無傷で
のこっている
これはビルの形、ビルの方向などさまざまな
ことが影響したのであろう
日本では松林は根こそぎ全滅したが
スリランカではやし林は無傷であった

津波は陸を直接襲うばかりではなく
河川をさかのぼり、後ろからまわりこむように
住宅を襲った
津波が河川をさかのぼらないようにする
事も大事である
また津波にとって障害物と障害物の谷間に
なるとことは流量が倍増、被害も一層
大きくなることも今回わかった

ここから先は日本人の選択の問題である。
住民を山の上に移住させるということは
東北海岸において海抜ゼロメートルから
海抜30メートルまでを日本地図、日本領土
空消し去ることである。
 この地域が日本のみならず世界の自動車
産業、石油化学工業などのとってどれだけ
重要なしごとをしていたか、世界中のひとが
すでに知っている。その土地をみすみす
捨てようというのはあまりにもばかげている。

津波は怖いといってもたかだか水の回転運動である。
あらかじめ上手に逃げ道を作れば解決できない
はずはない

オランダのフランダースの犬という話だっただろうか。
水面下の堤防に穴が開き、それを守ろうという
悲劇があったような気がする。

海岸線の陸側を神田川の地下貯水層のように
数十メートル、あるいは百メートルも掘り下げて
津波を落下させ勢いをとめることなど簡単なはずである
地下貯水槽のうえに巨大な橋をかけ上にリニアモーターカー
でも通せば、だれも無用の長物とはいわないだろう

とくに北上川など今回津波が駆け上がった大河川の
地下には神田川の何倍もの規模の地下貯水槽をつくり
津波を滝のようにおとせば以降はなんの心配もないはずである。

財源はどうするのか
 当然復興債でまかなう。
 こうした工事は当然、独禁法の対象外、中小企業分野調整法の
 対象企業として地元の企業の身で施工する。」

 地元の人々が魂を失い、生活保護やギャンブルで人生を見失う
 より、自然の運命に挑戦していく政府の姿を示すことは
 日本ばかりでなく、世界中の人々に勇気を与えるはずである。

防波堤の上にリニアモーターカーを走らせ
オリンピックの人々を運ぶ
2020年には日出国のイベントではないか
メンテ
巨大地下津波貯水槽のうえに「浮かぶわが町」なんて天空のラピタではないか! ( No.3 )
日時: 2011/07/02 02:15
名前: 政治は年寄りがやれ ID:X6NTxhUA


インターネットを検索していたら
他の場所で津波対策として
地下都市構想や浮かぶ都市構想
などが議論されており
うれしくなりました。

ただでさえ構想力において欧米の後塵を
配する日本としては、ぜひがんばって
ほしいものです。

とくに浮かぶ都市構想は
面白いと思います。
陸上から離れて外洋に浮かぶ
というのもありでしょうが

大規模海岸線地下貯水槽構想に
この浮かぶ都市を結びつけると
津波がドアをぶちこわして
地下貯水槽に海水を落としこんで
いったあと、そこに空気のたまりが
出来て、自動的に水面に建物が
浮かび上がる

なんていうのも簡単にできるのではないでしょうか
ポールみたいに4隅にガイドをつけておけば
建物は垂直にガイドにそって浮上していく

そんなゆめみたいな仕組みをかんがえれば
東北は人類の希望の地となるのですが

経費はすべて純粋工事費だけです。
土地対策に大半をとられる
公共工事にくらべれば数分の1
ですむのではないでしょうか。
どうやっても津波対策はいるのですから
費用効果は果てしなく大きいとおもう
メンテ
Re: 震災復興オリンピックには津波防波堤のうえにリニア新幹線を! ( No.4 )
日時: 2011/07/02 05:10
名前: 手塚 青山 ID:cppdIuoE

年寄どん、

色々 素晴らしい発想!立派です。
日本人は現実に ぼっとり 浸かっており、夢 希望 の発想が
枯渇してしまいました。  尊兄の Idea は今日本国民が
一番必要とするものなんです。

政権を倒す People's power だって同じなんです。
将来の 夢 希望 なんです、日本の惨状には、ご尊父が 泉下で泣いているでしょう。
メンテ
復興基本法をつくりなおせ!独禁法適用除外で談合工事合法化で地域再生すべし! ( No.5 )
日時: 2011/07/04 00:17
名前: 政治は年寄りがやれ ID:yiRgafrs

手塚さま
 父のことすみません
 父は炭鉱を離職したあと中小建設会社にはいりました。
 転職してすぐ営業担当になりました。
 技術屋の父が東京ですぐ営業の成績などあげられるはずはありません
 
 だから前にも書きましたように随分と談合に助けられていました。
 人一倍勉強する父でしたので談合のひとたちも
 父の海底炭田や地底人工港などで培った地質の知恵に耳を傾けたようです

 私は学生でしたので潔癖で談合の恩恵に涙を流す父をすきではありませんでした。
 しかし、その後、アメリカの意向をうけて
 公正取引員会や朝日新聞が、ヒステリックに公共工事の談合を
 摘発していきました。

 その結果、日本の建設会社はあっという間に技術力を失い
 地域の建設会社もほとんどが倒産、姿を消すという事態になったのです

 欠陥工事や手抜き工事、構造計算のごまかし など結局は全部納税者に
 しわよせされているのです。
 公正取引委員会は
 本来ならマイクロソフトやヤフー、グーグルなど
 あるいは石油輸出国機構(OPEC)の生産調整など
 海外にむかって優越的地位の濫用や巨大独占などの
 摘発をしなければいけない政府機関のはずです

 それが地域の経済を破壊し、
 いまだに日本経済の支配をもくろむ
 欧米資本の手先となって闇カルテルの
 摘発をつづけているのは言語同断です。

 高度成長のころは、ミスターカルテルこと
 新日鉄の稲山会長が経団連に君臨して
 価格を話し合いで決めることがなぜ悪い
 と体をはって、談合を守っていました。


 私にいわせれば、
 現代において最大の誤りは
 自由競争無謬説です。

 自由競争ということはお金がすべてである
 ということです。
 健全な経済は自由競争では決して実現しません
 私は経済の専門家でないので立論の能力はありませんが
 自由競争とはおかねがすべてであり
 世の中はお金がすべてで動かすと
 大半の人が貧困のどん底につきおとされる

 公正取引委員会は庶民の味方の顔をしながら
 実は世界の巨大資本に談合を摘発するたびに
 日本人の地の滴る人肉を差し出している

 日本のひとはこの皮肉と現実を一日も早く気づいて
 ほしいのです。
 
 談合はなぜ悪い
 公共工事のコストを高くするから

 こんな偽りの回答はありません。
 談合がなくなれば まず激しい受注価格の引き下げ合戦があり
 その結果、下請け企業が厳しい値下げを迫られる
 結果従業員は生活保護より安い賃金に追い込まれる

 最低賃金を引き上げれば、日本の企業は撤退か廃業を
 せざるを得ず、どんどんと日本が外国企業と外国労働者に
 蚕食されていく。
  
 公取がこのまま談合工事の摘発をつづければ
 結局あと20年もすれば、技術力もなくなり
 公共工事のたびに外国に借金するという事態になるでしょう。

 今回も大震災で韓国のプレハブ業界が700億の特需に
 わいているのがいい例です。
 みんなが考えている以上に日本経済の余力はのこっていないのです。

 その意味で
 復興基本法は山の上に住宅をつくるぼんくら法律です。
 こんな法律をつくった政治家は全部名前を調べて政界から
 ついほうすべきなのです

 真の復興基本法をつくることが急務です。
 内容は
 1.被災地はすべて独占禁止法の適用を除外する。
 2.建設工事はすべて地元企業をメインコントラクターとする。
 3.談合は届出制として、組合とみなし優先発注する
 

 私が小沢元代表を政治家として評価するのは
 この窮状の建設業界に野党に身でありながら
 親身になって防波堤になったことです。
  野党だから職務権限もなく、政治献金も
 全部表に出せばなんの問題もない。

 なさけないのは
 談合が日本を守る唯一の自衛策ということを
 理解しない日本人があまりにも多いことです。

 談合とは話し合いです。
 民主党も数のたたきあいで自滅していった。
 話し合いで弱者にもチャンスを与え
 皆が生き残りをはかる

 切符を買える者だけを
 船に乗せることは政治がやるべきことではない
 すくなくとも日本人がやるべきことではない
 日本人はみんな目を覚ましてほしいものです
 
 
メンテ
Re: 震災復興オリンピックには津波防波堤のうえにリニア新幹線を! ( No.6 )
日時: 2017/05/02 13:14
名前: Evaline ID:mdulTUb2 メールを送信する
参照: http://nfhkgd.com

I'm impressed! You've managed the almost imesosiblp.
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存