ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1392] 日本を滅ぼす公取委と地検特捜部
日時: 2012/04/22 22:54
名前: 政治は年寄りがやれ ID:oqGTcFPQ

 だれも書かないのであえて書く。
 
 ○○○○に刃もの。

 馬鹿とはさみは使いよう。

 同じようなことわざにみえるが、結果は全く異なる。

 ここ週末の経済ニュースは、ベアリングのカルテル摘発一色である。

 私は、関係者ではないが、国民のみなさん、本当にこれでよいのですか?
 と問いたい。
 なにか、話はおかしくないでしょうか。
まさに○○○○に刃物なのだ。

 ベアリングメーカーとユーザーの自動車会社は
 たとえて言うならば経営規模では、アリとゾウの違いがある。
  
 ベアリングの原料は100%鋼材である。原料は鋼材メーカーから仕入れる。
 経営規模でいえば、鋼材メーカーとベアリングメーカーは、
 ライオンとアリの違いがある。

 つまり、日本のベアリングメーカーは
 ライオンから原料を仕入れ、アリはそれをせっせと丸めて、ゾウに売って生きていた。

 その一番弱い立場のアリを検察庁と公正取引委員会は、カルテルであると摘発して
 莫大な罰金をとろうというのである。

 このニュースをだれもおかしいと思わないのだろうか。
 しかも、そもそも事件は、ライオンがアリに値上げを要求した。
 アリが集まってゾウへの値上げをきめたのが悪いという話である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 産経ニュース(インターネット)より

 ベアリング4社で「価格表」作成 カルテル容疑で捜索 東京地検特捜部
  2012.4.21 00:49
 
 自動車の部品などに使われるベアリングの販売をめぐる価格カルテル事件で、カルテルを結んでい たとされる大手機械部品メーカー4社が話し合って販売価格を決定し、ほぼ統一された内容の「価 格表」を作っていたことが20日、関係者の話で分かった。

 東京地検特捜部と公正取引委員会は同日、(中略)
 関係者によると、4社はベアリングの原材料となる鋼材の値上がりを契機に、カルテルを開始。
 (後略)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  この掲示板で日本の公取委がとち狂っている、と指摘しているが
  公取委は少しの反省もなく、日本企業をアメリカに売り続けている。

  たぶん、この摘発で世界に冠たる技術をもつ日本のベアリング会社の
  経営が悪化、投資ファンドなど悪質な外資の餌食になることは目に
  見えている。小沢事件といい、ベアリングといい、日本の強さの
  芯にあっている部分にナイフをつきつけ、壊滅させようとしている
  のだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  これもでに主張の繰り返しになるが、
  独占禁止法は、自動車産業や家電産業の利益を巨大にするための法律ではない。
  独占禁止法は、経済的に弱い立場の事業者を巨大企業から守るための法律である。
  今回の例からいえば、ライオンやゾウからアリをどう守るか
  というのが独占禁止法の趣旨なのである。

  それをゾウにものを売るため相談したといって
  アリを捕まえて、しかもあろうことかアリのクビをひねって
  罰金を払わせようとする

  だれもおかしいと感じないのだろうか?
  
  
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

気の毒な黒字企業。これから内通はカルテル全員で同時に飛び込めばよい。 ( No.1 )
日時: 2012/04/23 17:16
名前: 政治は年寄りがやれ ID:lU15TDGg

 
 1.平成24 年4 月20 日
   各 位
   会社名 株式会社ジェイテクト
   代表者名 取締役社長 井川 正治
   (コード番号 6473)
   問合せ先
   広報部
   部長
   橋本 隆一
   (TEL 052-527-1915)

   当局による強制捜査について
   当社は、ベアリング(軸受)の取引に関して、独占禁止法違反の疑いがあるとして、
   平成24 年4 月20 日、東京地方検察庁による強制捜査を受けました。
   当社としましては、今後も当局の捜査に全面的に協力してまいります。
                             以上

 2.2012年4月20日
  日本精工株式会社 広報部
   当社に対する捜索について
   当社は平成24年4月20日、独占禁止法違反の容疑により、東京地方検察庁特別捜査部
   および公正取引委員会による捜索を受けました。
   株主様、お客様をはじめ、関係の皆様には多大なご心配をおかけすることになり、
   深くお詫び申し上げます。
   当社といたしましては、今後も関係当局の調査に全面的に協力してまいります。
   また、このような事態になりましたことについて、極めて厳粛に受け止め、
   さらに法令遵守の徹底に努めるとともに、皆様の信頼回復に向け全力を傾注してまいります。

 3.NTN広報ニュース
   2012年4月20日
    当社に対する捜索について
   当社は、平成24年4月20日、独占禁止法違反の疑いがあるとして、
   東京地方検察庁特別捜査部および公正取引委員会による捜索を受けました。
   当社は、今回捜索を受けたことを厳粛かつ真摯に受け止めており、
   今後も関係当局の捜査に協力してまいります。

 4.当局による捜索について
   2012年4月20日
   株式会社不二越
   当社は、本日、ベアリングの取引に関する独占禁止法違反の容疑により、
   東京地方検察庁特別捜査部および公正取引委員会による捜索を受けました。
   当社といたしましては、ひき続き、調査に全面的に協力してまいります。
   また、このような事態になりましたことを極めて厳粛に受け止め、
   グループをあげて法令遵守の徹底にとり組むとともに、
   皆さまの信頼回復に努めてまいる所存です。

 1,2,3,4いずれも今回の事件の主役4社のインターネットお詫び談話である。

 そこで問題である。1,2,3,4でお詫び談話の内容に
 大きな違いがある。どこが違うかお分かりであろうか。

 新聞を読んでいる人は分かるであろう。

 正解は、1が捜索を受けたのは地検特捜だけ。公取はいない。
 2,3,4は、地検特捜と公取の両社。
 
 一見同じ談話に見えるが、1と残り2,3,4社では立場に大違い。
 1はカルテルの内通者。課徴金は裏切りの報酬として免除される。
 2,3,4が逃げ遅れた罰金会社。莫大な課徴金が課せられるという。


 ここでひねくれ者は、部外者だが、大いなる疑問がわく。

 1のジェイテクト社は旧光洋精工と豊田工機が2005年に合併した
   毛並正しいトヨタの純子会社。
   売り上げは平成23年で5471億円 当期利益は106億円だが
   22年は24億円の当期利益赤字
   21年は116億円の当期利益赤字 21,22年はいわゆる大赤字である。

 2の日本精工は
   売り上げは平成23年で7104億円、当期利益は261億円の黒字
   22年は47億円の当期利益黒字
   21年は46億円の当期利益黒字 順調である。

 3のNTNは、旧東洋ベアリング
   売り上げは平成23年で5875億円、当期利益は47億円の黒字
   22年は45億円の当期利益黒字
   21年は42億円の当期利益黒字 楽ではないが安定している。

 4の不二越は
   売り上げは平成23年で1660億円、当期利益は100億円
   22年は55億円の当期利益黒字
   21年は74億円の当期利益赤字  21年苦難はあったが、以後急浮上している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
 ここまででカルテルがどの期間のことを問われているかは別として
 次のことがいえる。

 5.ここ数年の円高およびアメリカにおける日本製自動車のバッシングは
   部品メーカーであるベアリング会社を直撃しており、大手4社のうち
   2社は2年前の状態で、深刻な赤字経営であった。

 6.ベアリング業界の不況はなかでもトヨタの直系子会社は、深刻な
   不況であった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 もう誰もが、年寄りが抱いた疑問に気付いていただいただろうか。 

 一体この価格カルテルは、誰のためのカルテルであったか、ということである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
7.データーから見る限り
  誰がどう否定しても
  この価格カルテルは、トヨタの直系ベアリング会社、ジェイテクトを救済するために
  企画され、実行されたとしか思えないのではないか。

8.なぜなら、黒字2社にとっては不況下に安値攻勢をかけ、
  他の2社をつぶす絶好の機会であったにもかかわらず、
  赤字2社が生き残ることができる水準に価格を設定し
  赤字2社の急場を救ったからである。

9.ではなぜ、黒字2社は赤字2社にカルテルという救援の手を
  差延べたのであろうか?

  以下は業界のことを何も知らない年寄りの想像である。
  
 なぜ助けたか?三つのことが考えられる。

10.まず第一は、赤字企業がトヨタの筆頭子会社であったからだ。
  トヨタの子会社を攻撃することは、いずれトヨタの市場から
  締め出されることを意味する。急場を救うことは貸しをつくる
  ことであり、米国市場と円高で瀕死の重傷を負っている企業
  にやるべきことではないと考えたに違いない。

11.第二に黒字2社は技術力で世界をリードしているとの自負をもっており
  赤字2社に塩を送っても将来脅威にはならないと考えたと思われる。

12.そして第三に、これがもっとも大事なことであるが、会社の気品である。
  日本精工は、業界のトップ。今里広記氏のもとで経済同友会など
  戦後一貫して日本財界と産業界を支えてきた。
  その経営には無駄がなく、気品があり、技術力も高く、非の打ちどころがない。、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 4社のホームページから最近の技術ニュースを拾ってみる。

 日本精工
   4月18日 NSK、「北京モーターショー2012」に出展
   4月13日 NSK、中国系軸受メーカーに出資
   3月28日 世界初 大規模空調設備向け「高効率ターボ冷凍機用低トルク転がり軸受」を開発
   3月28日 日本初、旅客鉄道車両用に「車軸センサ軸受」を開発  
   3月27日 超高負荷容量 一軸アクチュエータ タフキャリア™に「高推力シリーズ」を追加
   3月15日 コンプライアンス委員会の設置について
   2月3日  連結子会社との合併に関するお知らせ
   1月18日  高密封性ハブユニット軸受」を開発

 NTN
   4月16日 NTNインホイールモータ搭載の二人乗り小型EVが静岡県で実証実験を開始
   3月30日「公正取引監察委員会」設置のお知らせ
   3月16日 世界最高水準の「焼結合金」製造技術を開発
   3月15日 微細異物除去装置」を開発
   3月14日 (株)NTN能登製作所竣工のお知らせ
   3月13日 (株)NTN羽咋製作所の新工場建設のお知らせ
   3月 1日「薄膜系太陽電池用レーザスクライバ」を開発
   2月15日 「低トルク密封形深溝玉軸受」を開発、EVモータなどの高効率化に貢献
   1月23日 エンジン補機ベルト用「高荷重対応樹脂プーリ」を開発
        「フィルタシール付大形軸受」を開発
   1月5日 高速・高精度位置決め用「パラレルリンク型高速角度制御装置」を開発

 不二越
  1月 「日刊工業新聞社主催 第54回2011年十大新製品賞 本賞」受賞1月
    不二越の超速ロボット「SRA」は、日刊工業新聞社主催の第54回2011年十大新製品賞      本賞を受賞した。

 残念ながらジェイテクトには、今年に入っての技術ニュースが見当たらない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 価格カルテルとは談合のことである。

 稲山経団連時代以降、日本はミスターカルテルのもとで価格競争を排し
 その分、し烈な技術開発競争、し烈な世界市場開拓競争で日本経済の
 高度成長を支えてきた。

 今回のベアリングカルテル摘発をみるかぎり
 みんなで守ったはずの出来の悪い御曹司、バカ息子が
 カルテルの内通者になり、課徴金を免れる。
 日本の経済を一貫して支え続けてきた日本が誇る
 床の間を背負ってきた企業が、公取と地検特捜に蹂躙されることになる。

 やり切れない。

 どろぼうを捕えてみればわが子かな。

 子が親に高い製品を売りつけていた。
 子はその金で生きるか死ぬかのきちきちの生活をしていた。

 自分の息子がやっと生き抜ける価格だというのに、
 高値で売りつけられたと主張する
 親会社がありうるだろうか。

 もしこんなことを誰にも頼まれず独断でやったとしたら、この4社は大馬鹿者である。
 誰が考えても、こんなことは理から外れている。

 背景があって、外から
 バカ息子が死なない程度の価格をきめてください
 と頼んで回ったにちがいないのだ。

 もちろんこんなことは、公取委も地検特捜も百も承知であろう。
 ではなぜ、こんなことをするのか。
 日本の自動車産業に強さは部品にある。
 日本の部品会社を叩き潰さない限り、米韓欧の自動車産業に安心はないからなのだ。

 はるかな宇宙の旅をして還ってきたはやぶさ。
 残念ながらこの姿勢制御のベアリング装置は米国製であった。
 しかし2010年、日本精工は国産技術の開発に成功
 はやぶさの後継機には当然、搭載が期待されている。
 自動車はほろんでも
 やすやすと宇宙時代のベアリングの技術はつぶされてはならないのだ。

 公取委と地検特捜など当局が日本の優秀企業の壊滅をはかることは
 もういい加減にしてほしい。

 
 いくら公取委が外国のために働いている
 公取が日本を滅ぼすと口を酸っぱくといっても
 相手にしてもらえない。
 
 そこで年寄りは考えてみた。
 生き残るためには価格を話し合う必要があるだろう。
 
 価格カルテルの内通者には課徴金が免除される。
 この制度は鉄壁である。
 この制度を使わない手はない。

 もう頭の良い人はわかったであろう。
 
 カルテルしか生き残れないときのことだ。
 カルテル実行後、頃合いを見て解除する。
 
 そして、全員が一斉にカルテルを当局に自首するのだ。
 日本企業の足並みそろえて、あらかじめも定めた日時の1分1秒も違えず
 当局に自首する。
 どこの社が速かったか全く判定できない。
 全員同着と判定されれば、全員が内通者として判定され、お咎めはないのではないか。

 内通者という制度がよいのか、悪いのか。

 親が子供を救ってくれた企業を談合として訴えるのか。
 大変参考になる事件である。

 建前は生存競争。
 本音は、みんなで仲良く。
 談合とは、本音と建て前を繋ぐ、日本人のこころのきずなである。
 談合により、1社平均5千人、4社全体では数万人という雇用が
 危機から救われた。

 これをマスコミは、巨大市場の闇にメスを入れたとたたえている。

 年寄りからみれば、
 今回、偉いのは日本精工とNTN、
 くずはジェイテクト
 はたから見るとそうなる。

 真相はきっと裁判で明らかになるであろう。
メンテ
ベアリングヤミカルテル事件。被害者はだれ?子会社並びは全部アウトなのか? ( No.2 )
日時: 2012/04/24 01:28
名前: 政治は年寄りがやれ ID:2BQVoctQ

  納入価格を提案して
 「それでは安すぎる。もう一度考え直してくれませんか」
 営業マンならだれでも得意先に迷惑そうに
 こういわれて価格表を突き返された経験があるにちがいない。
 価格には購入者、納入者の様々な事情、業界秩序などがつまっている。
 安ければ正義としか理解しない公取委や地検特捜には
 100年説明しても理解できないことであろう。


 インターネットのメデイアによると
 23日も当局の強制捜索は、全国に広げて進んでいるようである。

 そのなかで、日経新聞がNTN社はカルテルに参加の事実を否定しているという。

 納入企業の中で唯一赤字にあえぐ子会社が内通者となっている。
 子会社とはいえもちろん上場企業である。
 
 もしあなたが赤字子会社を抱えた親会社の担当者ならどうするか。

 相場より高く、部品を買えば、贈与として
 国税当局より脱税を指摘されるであろう。

 株主から不正取引や子会社の経営指導の在り方
 を厳しく指摘される可能性もある。
 外様と直系の部品会社の経営力の違いは一目瞭然。
 放置しておけば直系会社の赤字は雪だるま式に増え、
 親会社の監督責任に飛び火しかねない。 

 一般的には親会社の資材購入担当者が部品の納入会社にこうつぶやく。
 「お宅が安いのはいいのですが、それではうちが迷惑するのです。
  なんとか丸く収まりませんかね」
  担当者は、走って直系子会社に尋ねる。
 「いったいいくらなら、やっていけるんだい」 

 経済小説の作家なら、こんな風に事件の発端を書くだろう。

 事件にはふつう、犯行の目的、そして加害者と被害者がいる。
 今回の事件の発端が年寄りの経済小説マニアの想像通りなら、
 読者は混乱してしまうに違いない。

 一体、この事件の加害者はだれ。
      そして被害者はだれ

 加害者と思われたものが被害者なのか?
 被害者はいるのか?それとも被害者が加害者なのか?

 NTNがカルテルの参加を否定していることで
 被害者のいない人間模様のごくふつうの値上げ交渉の姿が
 明確にかびあがってきつつある。

 納入業者の中に直系の子会社が混じることは日本においては珍しくない。
 部品を一社から調達することは天変地異などで危険きわまりないからだ。
 仕切り価格は一律にすることは当然で、
 通常は価格競争力がもっともないのは直系子会社だ。
 天下り人事、単一納入先など競争力のない理由はさまざま。
 しかし、事実として仕切り価格は子会社の採算価格で決まる。

 こうした価格形成の仕方を公取委と地検特捜がヤミカルテルというのであれば
 日本経済は存続しえないであろう。

 メーカーが部品製造をすべて抱え込むなど不可能なことである。
 また逆に100%外注では、ライバルにどうぞつぶしてください
 といっているようなものである。

 我が国独特の子会社を中心に形成される納入価格の価格決定のしかたが
 公取委や地検特捜によってヤミカルテルとされるのであれば、
 長期的に日本メーカーは重大な岐路にたたされるのはまちがいないだろう。

メンテ
Re: 日本を滅ぼす公取委と地検特捜部 ( No.3 )
日時: 2017/11/13 14:10
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:t7TZHxoI

UP
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存