ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1457] 証拠物群に基づく再審請求申立
日時: 2012/06/10 09:43:54
名前: 遂犯無罪 ID:1339289035

2012年6月11日

東京高等裁判所刑事部 御中

再 審 請 求 書


1 請 求 の 趣 旨
請求人に係る、平成8年(う)1401号事件(名誉毀損被告事件)につき、1996年12月11日、東京高等裁判所第9刑事部が言い渡した有罪判決に対し、以下の理由により再審の請求をする。


2 請 求 の 理 由
刑事訴訟法 第435条 再審の請求は、以下の場合において、有罪の言渡をした確定判決に対して、その言渡を受けた者の利益のために、これをすることができる。

■ 証拠となった証言・証拠書類などが、虚偽であったり偽造・変造されたものであったことが証明されたとき。                                         
告訴人・園田洋子を提訴した平成22年(ワ)932号事件被告尋問に於いて、刑事判決書の証拠標目に記された園田洋子員面調書は二通ではなく、一通であると証言した。                                          

■ 有罪判決を受けた者の利益となる、新たな証拠が発見されたとき。

一審判決事由である「妄想に基づく犯行」 これに対して絶対的控訴事由となる、虚偽告訴人・園田義明の本人署名・捺印がある”園田の同意書”が、照会請求から発覚、この弾劾証拠の提出を、佐藤文哉裁判長は裁判外で握り潰す違憲訴訟指揮をした。


■ 証拠書類の作成に関与した司法官憲が、その事件について職務上の罪を犯したことが確定判決によって証明されたとき。  取調検事・高橋は、須崎スミエ検事面前調書の本人署名・指印を偽造する職務犯罪をしており、平成24年(ワ)491号事件の答弁書でこれを認める擬制自白している。


3 結語

満期出獄して虚偽告訴人の共同不法行為を提訴、両者は反論も反訴せず被告尋問では偽証を繰り返した、しかし全面棄却は証拠の評価を回避した政治的判決であった。
確定判決を得られない虚偽告訴事件だが、偽造検事面前調書の実行犯検事・高橋は答弁書で偽造署名・指印を認める擬制自白をした。

虚偽告訴に基づく捜査報告書・員面調書・検事面前調書、そして公判調書・判決原本の不正、請求人は非判決で有罪認定がされる非常上告事案と思料している。
これらの確たる”証拠物”群と確かな理論から、早急に再審開始決定を要求する。以上
http://suihanmuzai.com/120611.jpg.html

↓交付する判決書は原本と一字一句同じ謄本と決まられているが、交付されたのは書記官の要約判決書である判決抄本、つまり判決原本が存在しない偽装刑事裁判の証左。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 証拠物群に基づく再審請求申立 ( No.24 )
日時: 2012/06/19 04:41:57
名前: 八百長

22、訂正

22のアドレスです。

書留番号11636427213

上記書留番号は判決正本再交付申請をして送られて来たi一般書留番号さ。

送られて来た一般書留の封筒には手書きで“書留”さ。

これには、郵便局員もブッたまげたね。(12分50秒辺り)
http://www.youtube.com/watch?v=s0NDd7evjns&feature=relmfu

”郵便局に書留印がない郵便局はないです”だとさ。

これがアウトソーシングというやつなんだろ?

メンテ
Re: 証拠物群に基づく再審請求申立 ( No.25 )
日時: 2012/06/22 04:33:37
名前: 遂犯無罪

苦言の主旨は、昨年末に貴会から送達された文書内容も然ることながら、この発信元封筒・後納郵便スタンプの真正、郵便検索の虚偽表記、手書きの”書留”文字など多様な郵便法違反が視られます。

強行規定違反である、郵便法違反で送達された公文書は、法的効力は有しない。
この平成16年12月7日付の法務省人検第2614号、議決通書には審査対象検察官の名を伏せているが、審査申立期日から検察官・高橋真であると推認する。

確たる証拠と確かな理論で、偽造検事面前調書の直接犯・高橋への審査申立をして8年が過ぎて、待ちかねた審査通知に愕然とした。

暗澹たる想いで高橋真の所在を求めてネット検索を再開、長年に亘り探索し続けている高橋の所在、”高橋真・広島地検” このヒットに我が目を疑った、まさか法務省本庁に潜んでいるとは・・

奇しくもこの15年前の12月24日、刑執行がされた、この無念を虚偽告訴人を提訴した訴訟の完勝前、2000年7月に以下の如く記したが、この完敗から獄中以上の艱難辛苦が続いている、擬制自白した高橋真訴訟の判決は7月10日である。
ttp://suihanmuzai.com/120621-1.jpg.html
メンテ
二重スタンプの罠 ( No.26 )
日時: 2012/06/23 18:06:52
名前: 遂犯無罪

昨日に高裁再審請求担当を訪ねて早急なる再審開始を要請、ついでに法務省・検察官適格審査会
そして東京法務局訟務部を訪ねて鬱憤晴らしに演説をしてきた。

後納郵便スタンプに重ねて料金計器スタンプ
これは特捜の不受理通知に限ったことで、ここまで羅列すれば言い逃れが出来ない
ttp://suihanmuzai.com/111102.jpg.html
メンテ
Re: 証拠物群に基づく再審請求申立 ( No.27 )
日時: 2012/10/10 13:36:08
名前: 遂犯無罪

(お)第3号の再審決定書は、このような内容になります、つまり一枚の再審請求申立書と手元の僅かな証拠では、こうした仔細で長大な判断はできない。

裁判所は提出された証拠を基に審理する、捜査機関ではないから職権で事件捜査はしないが、検察等に開示命令は出せる、つまり民事を担当した弁護士が"秘蹟"していた無罪証拠を提出しているということ。

再審を認めるということは司法の威信・秩序から、裁判所は到底に受け入れ難く門前払いをする、しかし受理したからには審理をしなければならず、これを却下することは恥の上塗りでありまず無い、しかし受理から7年を費やしての決定である。

ttp://www.enzaiboushi.com/images/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%AB%98%E8%A3%81%E5%B9%B3%E6%88%9017%E5%B9%B4%EF%BC%88%E3%81%8A%EF%BC%89%E7%AC%AC2%E5%8F%B7%E6%9D%B1%E9%9B%BBOL%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E6%9B%B8%EF%BC%88%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E7%89%88%EF%BC%89.pdf
メンテ
Re: 証拠物群に基づく再審請求申立 ( No.28 )
日時: 2012/11/23 09:30:08
名前: 流浪の民の乱

高知白バイ事件の再審請求活動の中核を担っているのは国民救援会、ここの集結する法律家は自由法曹団に所属するいわゆる共産党系。
国民救援会が支援する高知白バイ事件の冤罪者・片岡氏のブログには執拗な反共攻撃がされて閉鎖した。
新規したhpには投稿欄がないが、以下のとおりに果敢に再審開始に向けて闘っている、憲政以来の司法革命への界面下での動きは起きている、これを小沢氏のみが闘っているいるとするツィートTVの見識は偏狭である。


片岡氏んの再審請求書は昨年10月18日に提出、以下は下記の如き攻防の最中にある。

再審裁判情報
2012年
06月13日 第20回三者協議
05月21日 第19回三者協議
04月20日 第18回三者協議
04月06日 第17回三者協議
03日26月 第16回三者協議
03月06日 第15回三者協議
02月20日 第14回三者協議
01月16日 第13回三者協議 高知地裁

2011年
12月19日 第12回三者協議 高知地裁
11月28日 第11回三者協議 高知地裁
11月14日 第10回三者会議 高知地裁
10月7日   高知地裁がブレーキ痕等の嘱託鑑定を開始
9月2日   高知地裁ネガフィルム検証 (東京)
同日     三宅鑑定人に画像解析依頼
7月4日   ネガフィルム開示 (高知地裁)
ttp://haruhikosien.com/

※ わが再審請求の意見書は9月に提出、これに対して検察の意見も出されるのであろうが、たぶん再審請求者の無罪主張をするしかない・・これには民事担当した自由法曹団の弁護士がある。
メンテ
Re: 証拠物群に基づく再審請求申立 ( No.29 )
日時: 2012/11/23 09:41:51
名前: 悪事で名を残した古田佑紀

古田佑紀(ふるたゆうき)裁判長=権力利権志向の裁判長

2008年8月:高知白バイ衝突死事件 - 上告を棄却(警察権力)
2008年9月:栃木リンチ殺人事件 - 遺族の上告を棄却 (警察権力)
2011年7月:賃貸更新料 - ぼったくり更新料有効(利権)

多くの有識者から古田佑紀裁判長について「不公平な裁判をする虞れがある」と古田佑紀裁判官に対する回避勧告書も出された。

過去には旧長銀の粉飾決算事件で経営陣責任が問われ出された1,2審の有罪判決を破棄し逆転無罪判決を出した。→国民負担


メンテ
Re: 証拠物群に基づく再審請求申立 ( No.30 )
日時: 2012/12/04 23:22:51
名前: 遂犯無罪

三日前の12月1日に検察官高橋真訴訟の控訴棄却判決書が届いた、そして本日に再審請求棄却決定が着いた
高橋真を提訴して6月に再審請求書を提出した、7月に立川支部で棄却判決、8月に高裁刑事部から精神請求意見の提出要請があり、このときの秋元書記官が意見書提出を急がせる様子に違和感を覚えた
やはり判検癒着の連係プレーで検察官犯罪潰しをした、しかしもう少し公正らしさぐらい見せたらどうか。

虚偽告訴人園田・須崎を提訴した裁判の訴訟書面の一部が内容が重大とかで返還されない、この請求をしても法曹三者の弁護士が総てを渡すとは思えない
敗訴した民事であるが事件の全貌は明かされていると考える、原告代理人・赤沼康弘弁護士 西山弘子弁護士、園田義明の代理人・渡邊良隆弁護士、須崎スミエの代理人・山下正祐弁護士、そして偽装刑事裁判の弁護人・原良和弁護士 佐藤仁志弁護士、そして原田國男の本人署名の確認 偽装裁判ゆえ裁判が存在しなく非常上告で無罪認定する事案だ。

ttp://www.suihanmuzai.com/

本日にアップした記事のURLを紹介したいのですが、”禁止ワードが含まれています ”と受け付けません。


メンテ
Re: 証拠物群に基づく再審請求申立 ( No.31 )
日時: 2012/12/04 23:50:31
名前: 遂犯無罪

刑事判決謄本の不正をアップした以後、これまで投稿が出来た法律家のブログでは拒否されてしまう。

弁護士のブログ
ttp://ameblo.jp/ogmomo/entry-11172961681.html

裁判官のブログ
ttp://blogs.yahoo.co.jp/judge_nori

メンテ
Re: 証拠物群に基づく再審請求申立 ( No.32 )
日時: 2013/07/23 11:31:48
名前: パネライコピー

初心に戻って!
皆さん。じっくり語り合いましょう〜。
メンテ
Re: 証拠物群に基づく再審請求申立 ( No.33 )
日時: 2013/07/23 16:53:08
名前: 非判決で有罪 遂犯無罪

先月に勝訴的訴訟の取り下げをした事案がある、これは17年以上前の警察員面調書の事実確認を求めた提訴であるが、こうした主趣の訴訟提起に対しては、裁判所は「訴えの利益がない」として訴状審査で印紙代は没収して却下となる。

つまりこの事実を求めて明かされたとしても、原告には何らの目的達成とならない・・陰の声ではもし万が一に調書捏造がが発覚したとなれば、とんでもないことになる。

ところが今回は書記官の好意かうっかりかで審理に出された、これを裁判官はまずい様子をみせたが、二回期でも被告欠席で原告の立証不十分として棄却を考えたいたが、なんとまさかの被告が出廷した。

さあ大変だ、当然に原告は被告尋問を要求する、仕方なく裁判官は応じてが、判決書の証拠標目にある被告の警察調書は作成していないという、そして印鑑のみを同じ承認の三上万里子に渡した・・

私の検事面前調書の作成は一通、また園田洋子の警察調書は二通とあるが三年前の被告尋問で一通と証言している、須崎の検事面前調書の本人署名は偽造である・・来月にはこの三上万里子を提訴、判決書の証拠調べが偽装されていた。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存