ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1503] 柏市戸籍改ざん事件・行政不開示処分取消訴訟
日時: 2013/11/06 17:55
名前: 遂犯無罪 ID:PeM3Revo

原告は前訴受任弁護士、生田 暉雄先生に「これ以上裁判を続けると、貴方は本当に殺されるよ!」
と忠告されたことを、重ねて申し添えておきます。

■ 戸籍事件は家庭裁判所の所轄であり、生田弁護士が何故にこの指摘をしなかったか不審である。

民事訴訟においては、「事実」と「主張」とを明確に分ける。
即日結審後の準備書面を裁判長は陳述(主張)と認めるか、しかし陳述されても当事者尋問がされなければ事実(証拠)はないのだから、裁判長の自由心証主義の入り込む余地はない、つまり門前払いである、判決は22日
http://www.suihanmuzai.com/120721.jpg.html
[1342755271-1.jpg]
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

裏社会の連絡掲示板 事件屋巫グループ ( No.49 )
日時: 2017/06/15 23:39
名前: 遂犯無罪 ID:r8NpL8qE
参照: http://www.suihanmuzai.com

長く悪辣日本裁判司法への挑戦を続けていると、途轍もなく圧倒される虚偽公文書犯罪群に直面する、
これらが事実と思えず自分が狂っているような感覚を起こしてしまう、こうした状況に陥るのは詐欺師症候群という。

恐喝示談事件の坪井隆作と恐喝傷害事件の北詰淳司から、名誉毀損で刑事告訴されて家宅捜索が入り送検事件となった、
これが現実とは到底に思えず、また警視庁サイバー犯罪課のPC押収からも、三年が過ぎた今でも悪い夢だったとしか思えない。

今回の小川掲示板の不審についても、これではまるで都市伝説的な推理であるが、IT無知な小川が幾つものIPアドレスを使うのは奇怪である、
小川掲示板(週刊相場情報掲示板)に係る争点で、巫・吉田・小川を提訴した原告立証と被告の反論から、
推論できるのは小川掲示板は巫グループの裏掲示板の役割している。

裏社会の連絡掲示板 事件屋巫グループ
http://suihanmuzai.com/index5/170616.jpg.html
メンテ
小川達夫の保険金殺人疑惑が再燃 ( No.50 )
日時: 2017/07/12 09:01
名前: 遂犯無罪 ID:sBD8h44M
参照: http://www.suihanmuzai.com

小川訴訟は被告小川の勝訴になったが控訴された、この危機感から小川は隠していた、松戸地裁の被告柏市側の書面、また親族との裁判書面、更に和解調書等を控訴審に提出した、これに高裁は事件性ありとして書記官の認証印が見られる

小川達夫の保険金殺人疑惑が再燃
http://suihanmuzai.com/index5/170712.jpg.html

柏市戸籍改竄事件を騒ぐ狙いは、交通事故任意保険の一億円にあった、たいした怪我もなく死亡したが、何故か自賠責から三千数百万が支払われた、しかし任意保険から見舞金として二百万、相続関係者はこれで手打ちをした、しかし小川達夫のみが四半世紀を過ぎて、金融庁・保険会社などに強訴して騒いでいる。

小川達夫は戸籍が改竄されたと訴訟沙汰にして、多くの支援者を集めて、戸籍改竄に基因する父親の謀殺死と訴えたが、死因に不審があり、また松戸地裁で和解解決をしていることを隠していた、これに支援者は離れて詐欺師小川と、世間の評価は定まっている。

万が一に小川の父親の事故死が殺人であれば、これも北詰に続く保険金目当ての殺人事件となる、時効の撤廃から小川の事件は、注目されて魚拓されている、また小川は松戸地裁の和解調書の変造をしており、これも魚拓されている。
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:PaiFtHt1Dr4J:www.suihanmuzai.com/140502.jpg.html+&cd=4&hl=ja&ct=clnk&gl=jp
メンテ
小川達夫の二件の保険金殺人事件は再捜査か ( No.51 )
日時: 2017/07/17 16:19
名前: 遂犯無罪 ID:8lsCcUGo
参照: http://www.suihanmuzai.com

小川達夫の二件の保険金殺人事件は再捜査か
http://suihanmuzai.com/index5/170717.jpg.html

人権擁護部からの削除命令に応えて、当該のどうでも良い以下のURL記事中の巫住民票を削除した、だが何となく坪井の削除要請を思わせる違和感がある、果たして巫が法務局等に泣き付くものだろうか、もしかしたら坪井と同じく以後は娑婆に居ながら沈黙状態になるのかも、吉田も消えた巫も消えて、もう直ぐに小川も消える・・共謀罪施行から巫グループは消えるな。
通名と本名と偽名を使う巫召鴻の裁判書面
http://shizensou.org/index4/161228.jpg.html

改めて共謀罪とは空恐ろしい。
金田法務大臣が「花見の席で地図を広げることや双眼鏡を覗き込むことはテロの準備行為に該当する」と答弁したことだ。金田発言により、花見が罪になる可能性が示唆された。
メンテ
一億保険金不払いが柏市戸籍改ざん事件の淵源 ( No.52 )
日時: 2017/07/21 09:09
名前: 遂犯無罪 ID:856Tv77s
参照: http://www.suihanmuzai.com

保険会社を恫喝すべく、戸籍事件で訴訟を提起して、三十年前の未払い任意保険金一億を出せと、小川は執拗に相手会社に対して、以下の連続強訴を続けた、これはその一部である。

一億保険金不払いが柏市戸籍改ざん事件の淵源
http://suihanmuzai.com/index5/170719.jpg.html
メンテ
増殖する事件屋柏市戸籍改竄事件 ( No.53 )
日時: 2017/08/08 10:28
名前: 遂犯無罪 ID:Y47lvpfQ
参照: http://www.suihanmuzai.com

柏市の戸籍改竄事件に始まる小川グループの事件屋の犯罪に捜査の手が入らない、こうした事態に小川らは増長して次々と虚偽公文書行使に係る犯罪を拡げてゆく、これは明らかな検察の怠慢である、巫ループの組織犯罪を摘発せよ。

増殖する事件屋柏市戸籍改竄事件
http://suihanmuzai.com/index5/170808.jpg.html

メンテ
柏市戸籍改竄事件はダミー 狙いは一億円の死亡保険金 ( No.54 )
日時: 2017/10/30 23:39
名前: 遂犯無罪 ID:DEAfr9xc
参照: http://www.suihanmuzai.com

柏市戸籍改竄事件URLにアクセスが続いている、そこで小川が柏市を提訴した訴訟の判決書を探してみたところ発見した、やはり戸籍事件はダミーで、狙いは”交通事故死”した父親の任意保険一億円にある。

柏市戸籍改竄事件はダミー 狙いは一億円の死亡保険金
http://suihanmuzai.com/index5/171031.jpg.html
メンテ
Re: 柏市戸籍改ざん事件・行政不開示処分取消訴訟 ( No.55 )
日時: 2017/11/26 19:36
名前: 白子の正体を暴く者 ID:IZKmsSxM

白子民彦氏への忠告

北詰から60万円、ふんだくってやる、坪井からは30万円だったな、白子www

言い掛かりをつけ、訴状を提出し。糾弾掲示板で相手を袋叩き、その相手に俺と和解しないかと囁く悪党白子

その軍資金は生活保護費、知能犯だねえ、お前さんはwww
メンテ
小川達夫の二件の保険金殺人疑惑事件 ( No.56 )
日時: 2017/12/10 07:38
名前: 遂犯無罪 ID:9fPnD52w
参照: http://www.suihanmuzai.com

小川達夫の二件の保険金殺人疑惑事件


柏市戸籍改竄事件の由来は戦国時代に遡る風魔一族から始まり、ロシア正教も絡んだ最高裁事務総局の・・と妄言で誑かしているが、
要は「柏市が戸籍改竄をして財産を乗っ取りに加担した」と主張しているが、実はまったくの嘘。

実際は正当な相続で、小川達夫の祖父母の代に正当な相続をした結果で、小川達夫の取り分はないことになっているだけ。

小川達夫には二件の保険金殺人疑惑がある、一件は父親を走っているダンプに突き飛ばした、たいした怪我もなく自賠責から三千万余の自賠責が払われたが、任意保険一億円は拒否された。

そこで殺人の時効完成が過ぎて、これを払えと戸籍改竄事件をでっち上げて松戸地裁の和解調書の変造をした、これが事実だ、
この趣旨で小川を提訴するが、請求原因とは小川の掲示板と未払い敗訴金の請求なり。

裏社会の連絡掲示板 事件屋巫グループ
http://suihanmuzai.com/index5/170616.jpg.html

メンテ
元警視庁職員と組んで1200万円の恐喝を企む小川達夫 ( No.57 )
日時: 2017/12/26 10:04
名前: 遂犯無罪 ID:Vcw1reuM

元警視庁職員と組んで1200万円の恐喝を企む小川達夫
http://suihanmuzai.com/index5/171225.jpg.html

某ブルグに大高氏の逮捕について・・数年前までは、いわゆる、転び公妨事件の被害に逢った悲劇のヒーローとして、あちこちから持て囃されていたが、えらい変わりぶりである、大高の裁判は、筆者も数度、見物したことがあるが、弁護士や「支援者」たちが、ダメおやじを助けるふりをして、ただ利用しようとしていたに過ぎなかったか、これはいずれ説明しよう。

そして現在に大高救援を表明しているのは、北詰訴訟の傍聴帰りに北詰にトンカツ定食とクラブサンドイッチをご馳走した女性のみ、しかし今は北詰を詐欺師呼ばわりしている、また大高様は救いの神と崇めていた小川達夫だが、今は元警察官と共謀して1200万円の恐喝を企んでいる、この仔細は書証を挙げて来春の二次小川訴訟に述べる。

詐欺師小川達夫は常に人を騙すことしか考えていない、以前も証拠を送ると真っ黒い紙を送ってきたが、今回も一枚の書面を三つに割って送信してきた、全く吉田同様な幼稚な手口だ。以下は1200万請求の証拠とか。

メンテ
三次小川訴訟の控訴審書面、四次吉田訴訟の控訴審判決書 ( No.58 )
日時: 2018/12/16 09:25
名前: 遂犯無罪 ID:r8t6DaIQ

三次小川訴訟の控訴審書面、四次吉田訴訟の控訴審判決書
http://suihanmuzai.com/index6/181214.jpg.html

四次吉田訴訟は執行宣言付きの原告勝訴が確定するが、現住所の牛久には吉田卓朗の住民票はない、本物の吉田卓朗は船橋に居住している、前訴勝訴と併せて11万の勝訴額は4回の訴訟費用にも及ばず、しかも吉田の所在は不明、再三の吉出への刑事告訴も不受理、これで一件落着なのか、それに付けても牛久の吉田卓朗とは誰なのか。

小川達夫が戸籍を改竄してと柏市を提訴した民事は2010年5月、小川の言う戸籍改ざんと28年前の父親の”不審な交通事故死”の関係とは、風魔一族に遡る歴史にあるとい、戦国の昔から戦後のロシア正教、朝鮮部落等の荒唐無稽な嘘話で誑かしたが、むろんこんな与太話は信じなかったが、この裁判の中核的人物を過去に知っており、これを信用したのがいけなかった。

28年前の事件では民事時効はとうの昔に完成している、そこで小川は当時の和解調書が改ざんされていると、戸籍謄本の父親らの戸籍名漢字を捏造した、これで時効の壁は乗り越えられて、後は戸籍改ざんをしたと柏市を訴え、インターネット上で騒いで金融庁や保険会社を強請った。
http://suihanmuzai.com/index2/ogawa.jpg.html

小川は父親の”交通事故死”の一年前に、小川が経営する会社の従業員を保険金目当てに殺人をしている、そしてこの保険金から会社の倒産が避けられた事実がある、相場狂いの小川には当時、マチ金等から当時数億円の借金があり、こうしたことから指詰めされたのだろう。
http://suihanmuzai.com/index2/ogawa130501.jpghtml
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存