ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1661] 人間成長の限界
日時: 2013/01/01 08:39:39
名前: 満天下有人 ID:1356997180

・・・目出さも
    あなた任せの
        年の明け・・・

・・・宇宙運行の神は、暮れると必ず明けを運んでくださる。
そこに棲まはせてもらっている人間ども、そろそろ自らの手で明けを運ぶことが出来るのか、21世紀もその内の13%を既に費やした、自らが創り上げて来たシステムも老朽化し限界に近づいてもいるような・・・

社会の、世界の仕組みを巨大な機械と見立てて見るに、民主主義とやら言う潤滑油も、部品にばかり油を注ぎ、この巨大な機械が果たして全人類のエンジンとして適切なものなのか、機械そのものの構造を考えて見る修理屋さんが居ないように思える。

・・・いや修理屋さんは修理が専門だから、機械の構造そのものの適否を求めるのは酷というものだ。だが大きな設計士さんが世界を見渡しても居ないことが、人間の成長の限界を予感させる・・・

ITを駆使しての今日的民主主義の表現の場を掲示板とするなら、どの巨大掲示板を見ても、部品の修理というか、ここのネジはあそこの部品屋に頼もう、いやこっちだと、部分だけの議論に終始している・・・某巨大掲示板を見てたら潤滑油にはベーシックインカムが最適だとの、未だに機械全体を爆発させてしまうような危険な論がまかり出て来ている。

一つの修理現象としてそこにも、機械全体の構造を見れていない、単なる油差しの視点しかない。

・・・新たな機械のエンジンは、エネルギーをくまなく隅々にまで送り込むものでないと、偏った構造ではいずれエンジンストップの日を迎える。人間社会を動かす巨大機械に新たなセンサーを組み込まないと爆発してしまう。新たなセンサーの哲学をどこに求めるか、人間に対する価値観なるものは何なのか、空気を吸い、食わない事には人間は生存できない。価格需給や金融分析主導の論に終始する経済も、何のために同じ論議を繰り返しているのか、経済における価値論がすっぽり抜けたままである・・・これも機械の部品いじりと同じ光景ではないか、宇宙の動かし難い元素を無視したままで、地球崩壊をあれこれ論じるに等しくなる・・・

・・・まあ、人間はただ生きている、生かされているだけの生物体で、別に価値なんぞを求めるややこしい話など不要かも知れない。ならばそれこそが「人間成長の限界」というものになる。だが、生存したいという本能が存在する限り、部品いじりを何のためにやっているのか、人間に沿った共通する価値原則をも一度振り返って見ることから始め直さないと、運行機械が爆発してしまう。

…謹賀新年、謹んでお喜びを申すべきところ・・・

目出たさも
  半ばなりけり
      年の明け・・・

各位様におかれましては、先ずは生存継続の証として新年を迎えることが出来たことに同慶を申し上げたく。  
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 人間成長の限界 ( No.36 )
日時: 2013/01/14 13:32:13
名前: イントィッション

どーも、尖閣でなんやら、激しいことが起きているようです。。。

私たち国民には、メディアはほとんど報じようとしないのですが。。。

 日本も中国も開戦の準備を進めている、緊張が極限に達した尖閣―中国メディア

Record China 1月13日(日)13時39分配信

   ↓

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130113-00000011-rcdc-cn

麻生や安倍が東南アジアなどに行く理由は、日中戦争をやるから、あんたら、日本に味方しろ!と言いつけるようです。。。

ロシアは、アジアは協力していくと言いながら、戦争するようですと発言。。。

最近、ロシアは、ロシアの親の無い子供たちを、アメリカへ行かせない禁止条例を出しました。。。

さてさて、日本では、いかにも国民に“お金を恵んでやるから!”と発言しておきながら、外交はアメリカの利益のためだけに政策無の脳タリン行動であ〜る!

安倍米ミクス、裏でコソコソコソコソ! 国民には何も真実の情報が伝わらない!

ひどい未熟度ナンバーワン!!!
メンテ
Re: 人間成長の限界 ( No.37 )
日時: 2013/01/14 13:44:03
名前: イントィッション

これは危険! アメリカの利益のためだけの日中戦争! 見えてきました。。。

 ↓

ttp://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=68154

 中国の軍拡に対抗! 米国製兵器のアジアでの販売が好調!

日本ではF−4に変わる新たな戦闘機の導入が急務だが、こちらも米国が中心となって開発されているF−35が採用される予定だ!

軍事産業の利益のためだけの戦争を起こすために、詐欺統一教会の安倍を不正選挙で首相に仕立てた!

メディアも同罪である!!!

本当に汚いユダヤ菌だらけ!!!
メンテ
Re: 人間成長の限界 ( No.38 )
日時: 2013/01/14 19:11:43
名前: 満天下有人

麻生財務相、岸田外相、甘利経産相の東南アジア歴訪を受けて、今週は安倍ご本尊の歴訪ですね、各大臣のそれぞれの現地での発言を聞くと、中国包囲網の構築が狙いであることがよく分かります。特に中国寄りのブルネイに対し、日本はASEAN議長国としてのブルネイを支援する、つまり中国離れせよという言葉にその本音がよく見えます。

甘利経産相の空港での記者に対する答弁で、外交に行くのに何でまた日銀の金融緩和姿勢に言及するのか、中国包囲網形成に欠くことが出来ない円のばら撒きの本音が伺えます。

ミヤンマーに対する過去5千億円の債権のうち3千億円はチャラにして更に500億円の円借款の供与、国内で20兆円ですから日銀に円を印刷させないと追いつかないでしょう。

安倍が力を入れる官民共同フアンドで、外債を50兆円も買う事にしていることも、海外に対する円のばら撒きです。恐らくその7割は米国債買いに向かうでしょう。

それがデフレ解消、つまり日本国民の購買力の増加になれば文句を言うことも無いでしょうが、購買力が上がるのは、こちらでなく向こうですからねぇ、こちらで増えるのはオスプレイと最新戦闘機だけです(笑)。
メンテ
Re: 人間成長の限界 ( No.39 )
日時: 2013/01/15 14:16:35
名前: イントィッション

本当に今の政権はクズが不正をしてとった政権ですねぇ。。。

この安倍シンゾーの公式サイト見てください!!!
  ↓
 ttp://www.s-abe.or.jp/#pickup

森ゆう子議員と最大に違うところはどこでしょうか?

それは、色々な人々が意見を出していることをちゃんと公表しているのが森ゆう子議員!

つまり、森ゆう子議員は、本当に皆がどのような思いでいるのか? ということをちゃんと誠意をもって皆さんの意見を公表しておられる。。。

ところが、クズ安倍シンゾーときたら、自分の主張や本当かどうかわからないヴォランティアの話まで持ってきて、国民がどのような思いでいるか?なんて一つも公表してありません!!!

もっとも、国民の意見を公表することは、自分たちにとって都合の悪いことばかりなんでしょう。。。(苦笑)

ついでにご意見をお寄せくださいという安倍シンゾーのサイトに下手に意見を送れば、テロ行為専門政権に自分のIDがわかってしまい、とんでもないことになるかもしれません!!!

安倍シンゾーなどのようなテロ行為そのものの危険なサイトだけには絶対にメールを送らないようにしましょう!!!
メンテ
Re: 人間成長の限界 ( No.40 )
日時: 2013/01/15 14:22:55
名前: イントィッション

続きです。。。

敵は本能寺にあらず!

 敵は首相官邸にあり〜!
  ↓
 ttp://www.kantei.go.jp/
メンテ
成長無き成長論・・・ ( No.41 )
日時: 2013/01/15 21:22:20
名前: 満天下有人

イントちゃん貼り付けの安倍の演説、新たな成長を目指すと言うが、何の進歩も無い旧態依然たる成長を言ってますね。お金をばら撒けば人は物を買うと言いてるだけです。人が物を買えば成長する(笑)と思っている。

成長なるものが囃されたのは、イギリスでの産業革命からで、たかだか200年くらいの期間で、その間に人類は石油を利用して成長を始め、その枯渇に反比例して人口が爆発的に増加、一方食糧生産源である土地は塩害化して、このままでは当然ながら限界も遠い将来の事では無くなっている。

産業革命がオカネの増発をもたらし、特に今世紀に入ってから、人間どもは錯覚を起こし、待てよ、先にオカネをどんどん増やしたら更に成長すると考え始めましたね・・・そしてオカネの力で(購買力)技術革新はどこまでも可能であり、並行して成長もいつまでも続くと錯覚してしまっている・・・

安倍の政策は、そこから一歩も出ていません。まあ、政治なるものは目先の事を何とかせねばと言う側面を持っており、大衆もそれに準じて目先を何とかするのが政治であると思いますから、それはそうだとしても、金融主導や生産資本主義の限界のほころびが見え始めている時に、旧態已然たる政治ではどうにもならん。

これまでと同じ事をやること自体に成長していない本質がよく見えて来るのですが、成長していないのに成長だけを善とする政治も国民も、正に「成長無き成長」を求めている観ありです。先を求める方が無いものねだりなのかも知れませんけど、せめて一歩踏み込んで持続可能な社会構想の片鱗でも見せてくれたらねぇ・・・。
メンテ
Re: 人間成長の限界 ( No.42 )
日時: 2013/01/15 22:38:56
名前: 小心者

私も常々「経済成長限界論」に囚われているのですが、学がないものですから其れを上手く理論展開出来ません。

細菌やウイルスは別にして、この地球上で最も数多く繁殖した“ヒト族”が、なまじ“火”と“テクノロジー”を手に入れたばかりに、幾何級数的な加速度で地球と言う星の環境を破壊し尽くし、食い尽している。更には、他の生き物は先ず行わない同種殺戮を行って一部の集団の自己保存を図る。

此れは地球に対する実に恐ろしい「犯罪」でなくて何なのか! 

「ヒト」はもうこの辺で生存の哲学を大変換しなければ成らないのではないか? 飽くなき成長など有り得ない! 此れからはこの地球上の生きとし生ける物が「ムサボリ」を止めて生存を続けるよう叡智を傾けなければ成らない。

それには先ず「利己」と言う欲望を抑制する必要が有りますが、そう言う事も含めた新しい価値観を構成するには如何したら良いのだろうか?

と言う事が絶えず頭の中を過ぎります。

今のような“思想無き”政治や産業活動が続く限り、「ヒト」は急速に滅亡へと転がり落ちる事でしょう。

此れは日本人や欧米人やその他の民族に拘わらず、総てに対して言える事ですがねぇ・・・。 
メンテ
ヒト属種の限界・・・ ( No.43 )
日時: 2013/01/16 08:07:27
名前: 満天下有人

小心者さん、お早うございます。

<「ヒト」はもうこの辺で生存の哲学を大変換しなければ成らないのではないか? 飽くなき成長など有り得ない! 此れからはこの地球上の生きとし生ける物が「ムサボリ」を止めて生存を続けるよう叡智を傾けなければ成らない。>

・・・問題は正にそこにある訳でして、言い換えますとヒト属の欲望は、何と何を基準にどの一線で妥協し合えるのかという、心理学的な要素も含んでおり、難解な属種ではありますね・・・

アメリカのヒューマニステイック心理学者として有名であり1970年に他界されたアブラハム・マズロー氏は、ヒト属と動物を区別しない行動心理学の研究に端を発し、精神心理学だけでなく社会の色んな分野においても当てはまる哲学・倫理学を打ち立てるという企てに挑戦されていたのに、結局未完のまま他界されてしまいました。

そのマズロー氏のほんの一部の言葉だけを借りて恐縮ながら、氏は「人間性は、どの程度の質の社会なら許容できるのか?逆に社会は、どの程度の質の人間性であれば許容できるのか?」という命題を提起されておりました。

・・・ヒト属はどの程度の質の社会なら許容できるのかという命題を考える前提として、私はいつも思うのですが、そこに棲む人間たちが、現状社会をどのように認識しているのかが、先ず問われないと話にならないと・・・でも結論は実に悲しいものです。

世界の指導者に先見性を持って、現状の物質的、精神的、経済的な限界を考えている者がいましょうか、現状のままで更に精神的にも物質的にも成長出来ると思っているものが殆どでしょう。
そして大衆は政治制度の発展?と共に、職業的政治家が全ての答えを持っていると錯覚してしまうようになったやに見えます。特に我が国ではその傾向が顕著に見えます。今回の衆院選にそれが顕著に出たと思えます、実際にはあらゆる点で限界が到来していることにも気がついていない者を、気がついていると思ってしまったようです。

ヒト属種は動物と違って、美や倫理とか、そこから派生する感性を持っている筈なのに、それが経済至上主義的な成長に押しつぶされてしまったようです。そしてその経済面における成長でさえも、競争至上主義に幻惑されて、持続可能な共生理念がどこかえ去ってしまったようです。

一気に現実論に話を落とし込み、懐古趣味との批判も出ましょうが、折に触れて提起していることに、我が国では大衆も官僚制度でさえうまく共存していた護送船団方式時代があった、公害問題も多発しましたが全体が持続的にうまく機能していた時代がありました。我田引水になりますが、たまたま昨日、マレーシアの元首相であるマハテイール氏が朝日との一問一答で、行政指導、日本株式会社といった、欧米から批判されたシステムを捨てたことが大きな誤りだったと指摘されており、何も無いマレーシアとしては終身雇用制度なども含めて大いに参考にさせてもらった、今では米欧型のグローバリゼイションに傾いてしまった日本から学ぶことは何も無い、学ぶとしたら今の日本のようにならないことだ、と・・・
 
この人はオバマが大統領になった年に、拝啓、大統領閣下、今年から米国主導の金融デリバテイブ商法を止めてもらえないかと、公開年賀状をも送っておりました・・・アジア通貨危機の時もマハテール首相は他の諸国と違い、マレーシア通貨リンギットを対ドル固定相場に釘漬けにし、非居住者のリンギット取引を中央銀行の許可制へ移行、非居住者がマレーシア株式及びリンギット建資産の売却で得た外貨の持ち出しの禁止を行うなど、果敢な政策を取っておりました。

・・・話が細かい現実のことになりましたが、問題はヒト属の脳はどこが限界なのか、前頭葉のことまで分解する些か脳科学の分野の事にも関わって来るのでしょうか、解剖学者・養老孟司先生の「バカの壁」が、現実の限界を示しているのかも知れませんが、現実の解は「人間性は、どの程度の質の社会なら許容できるのか?逆に社会は、どの程度の質の人間性であれば許容できるのか?」という、マズロー心理学者の問いからして、結局の所、ヒト属なる生き物は欲望と現実問題との妥協点をどこに見出せるかにかかっているようです。
メンテ
Re: 人間成長の限界 ( No.44 )
日時: 2013/01/16 19:01:27
名前: 天橋立の愚痴人間

小心者さんが、提示されている、

>それには先ず「利己」と言う欲望を抑制する必要が有りますが、そう言う事も含めた新しい価値観を構成するには如何したら良いのだろうか?

満天下さんが引用されているこの言葉、

>現実の解は「人間性は、どの程度の質の社会なら許容できるのか?逆に社会は、どの程度の質の人間性であれば許容できるのか?」という、マズロー心理学者の問いからして、結局の所、ヒト属なる生き物は欲望と現実問題との妥協点をどこに見出せるかにかかっているようです。

実は一つの結論が映像で示されています。

以前にも書きましたが、SF映画の世界です。
そこでは、虐げられて地下へもぐった沢山の人々と、地上でコンピューターとロボットの守られて生活する上流の人々の生活が描かれています。

地下へもぐると言いましても、都市部の地下道などをねぐらに改装して、食料など必要な生活物資は地上に住む上流社会が捨てた物を広い集めたり、倉庫から盗んできます。

地上の奴等は生産力豊かであるので、少々のものが盗まれても、気にはしません。
地下の住民が反乱などを起こさない限り、恵んでやっているつもりです。
ですので地下の住民も物質的には、そんなに困窮している訳ではありません。

そこでは、古き良き時代のルールが生きています。

究極の2極化が進んだ社会としてありえる想定でしょう。
宇宙を飛び回るSF映画にしても、作家の想像力は大したものだと驚かされます。

まあ、こうではない結論を得るために頑張っているのですが、
まじめな話、200年前から始まった、民主主義と資本主義と言うものを、そろそろ、根本的に見直すということでしょうね。
方法はあると思うのですが、それを邪魔しているのがユダヤを中心とする金融マフィアと、それに追従する各国の金融資本の存在でしょう。

ヒットラーが、ユダヤを根絶やしにしてくれていたら、人類は、もう少しは取り返しのつかないようになるまでに、自省の気持ちも起こっていたかも知れませんね。

今後、50年、このスレッドでやっている事が問われる時代でしょうし、それなりの動きが出てくると思いますが、少なくとも我々は少しこの世に出るのが少し早すぎたのか、それとも警鐘を鳴らす一番手として存在していることを誇るべきなのか・・・

他の掲示板でも、現行の経済のシステムにクエッションマークをつけている人もボチボチ見られるようです。

「人間の成長の限界」すなわち「人間性の限界」

色々な観点から掘り下げて見たいものですね。
メンテ
Re: 人間成長の限界 ( No.45 )
日時: 2013/01/17 00:10:14
名前: 小心者

誠に傲慢で冷酷な噺ですが、私も早くから、「思い返すとヒットラーは人類世界の深い所を見抜いていたのではないか?」と感じる事があります。
ヒットラーの狂気は頂けないが、遣った事は案外正しかったのではないか?

と、此れは私の悪夢です。

人類には、どの様な民族も必ず善と悪との二面性を持っていますが、ユダヤ人の底知れぬ狡猾さと残酷さは、他を抜きん出ています。その由って来たる所は、彼等の2000年に及ぶ流浪の歴史が彼らの“在りよう”を形作ったと言う事ですが、其れは彼等に対してそうさせた加害者に対してリベンジするのなら兎も角、その他関係の無い世界中の人々にまで災厄をばら撒くと言う徹底振りには、何としても納得しかねる物があります。

其れだけではなく、今世界は広範囲に亘って「モラルハザード」の時代に突入したかのようで、中国は狂った様に赤色帝国主義を推し進め始めましたし、中近東では相変わらず狂気の独裁者と権力欲に狂った反体制派が殺し合いをしていますし、インドもその前近代的な国家・国民のメンタリティの存続が膿となって次々噴出して来ているし、「人間成長の限界」どころか恰も中世へ逆戻りしつつあるようです。

天橋立の愚痴人間、さんは常にポジティヴに思考を進めておられますが、私などはネガティヴな人間ですからしょっちゅうペシミスティックに考えたり書いたりしてしまいます。困った物ですが、現状を見ていると如何にもポジティヴに成れない悲しさが有るのです。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存