ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1661] 人間成長の限界
日時: 2013/01/01 08:39:39
名前: 満天下有人 ID:1356997180

・・・目出さも
    あなた任せの
        年の明け・・・

・・・宇宙運行の神は、暮れると必ず明けを運んでくださる。
そこに棲まはせてもらっている人間ども、そろそろ自らの手で明けを運ぶことが出来るのか、21世紀もその内の13%を既に費やした、自らが創り上げて来たシステムも老朽化し限界に近づいてもいるような・・・

社会の、世界の仕組みを巨大な機械と見立てて見るに、民主主義とやら言う潤滑油も、部品にばかり油を注ぎ、この巨大な機械が果たして全人類のエンジンとして適切なものなのか、機械そのものの構造を考えて見る修理屋さんが居ないように思える。

・・・いや修理屋さんは修理が専門だから、機械の構造そのものの適否を求めるのは酷というものだ。だが大きな設計士さんが世界を見渡しても居ないことが、人間の成長の限界を予感させる・・・

ITを駆使しての今日的民主主義の表現の場を掲示板とするなら、どの巨大掲示板を見ても、部品の修理というか、ここのネジはあそこの部品屋に頼もう、いやこっちだと、部分だけの議論に終始している・・・某巨大掲示板を見てたら潤滑油にはベーシックインカムが最適だとの、未だに機械全体を爆発させてしまうような危険な論がまかり出て来ている。

一つの修理現象としてそこにも、機械全体の構造を見れていない、単なる油差しの視点しかない。

・・・新たな機械のエンジンは、エネルギーをくまなく隅々にまで送り込むものでないと、偏った構造ではいずれエンジンストップの日を迎える。人間社会を動かす巨大機械に新たなセンサーを組み込まないと爆発してしまう。新たなセンサーの哲学をどこに求めるか、人間に対する価値観なるものは何なのか、空気を吸い、食わない事には人間は生存できない。価格需給や金融分析主導の論に終始する経済も、何のために同じ論議を繰り返しているのか、経済における価値論がすっぽり抜けたままである・・・これも機械の部品いじりと同じ光景ではないか、宇宙の動かし難い元素を無視したままで、地球崩壊をあれこれ論じるに等しくなる・・・

・・・まあ、人間はただ生きている、生かされているだけの生物体で、別に価値なんぞを求めるややこしい話など不要かも知れない。ならばそれこそが「人間成長の限界」というものになる。だが、生存したいという本能が存在する限り、部品いじりを何のためにやっているのか、人間に沿った共通する価値原則をも一度振り返って見ることから始め直さないと、運行機械が爆発してしまう。

…謹賀新年、謹んでお喜びを申すべきところ・・・

目出たさも
  半ばなりけり
      年の明け・・・

各位様におかれましては、先ずは生存継続の証として新年を迎えることが出来たことに同慶を申し上げたく。  
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 人間成長の限界 ( No.106 )
日時: 2013/02/17 21:09:53
名前: 満天下有人

そうですね、もう20年前になりましょうか、ひょんなことから○菱○行の元支店長さんと昵懇の間柄となりまして、杯を交わす度にその方が、いやはや、ロスチャイルドはすごい、世界で勝てる者はいないと言い、私の方も明治創業と日露戦争時にロスチャイルドと軍部との仲介の歴史があったものですから、双方興味もあって色んな史実を酒の肴にして、1年間ほど立体的な検証に集中して見たことがありました。御法度のものもありますが(笑)、宗教、政治が絡んで、その意味では奥が深い・・・。

それに比べると、日本の坊さんは、政治とつるんだのでなく天災と疫病が続いた鎌倉時代の北条時頼に政治を諌めて四大法難に会った日蓮上人と違い、今では事実上政治の庇護の下にノンキなものですね。修行を終えて下山した坊主どもの飲みっぷりはすごい(笑)。

正統日蓮からずれた創価のことは、秀吉の小田原城攻めで反旗を翻した風間(風魔)一族のことを調べると、より歴史的実態が見えて来ると思いますよ。千葉柏原における戸籍改竄の原点も見えて来て、これはむしろ遂犯無罪さんが詳しいと思います。私は少し首筋が冷たくなる怖さがありまして口にチャックです(笑)・・・。
メンテ
Re: 人間成長の限界 ( No.107 )
日時: 2013/02/18 15:50:22
名前: 八百長

満天下さん闇は深いです。

>そうですね、もう20年前になりましょうか、ひょんなことから○菱○行の元支店長さんと昵懇の間柄となりまして、杯を交わす度にその方が、いやはや、ロスチャイルドはすごい、世界で勝てる者はいないと言い、私の方も明治創業と日露戦争時にロスチャイルドと軍部との仲介の歴史があったものですから

>正統日蓮からずれた創価のことは、秀吉の小田原城攻めで反旗を翻した風間(風魔)一族のことを調べると、より歴史的実態が見えて来ると思いますよ。千葉柏原における戸籍改竄の原点も見えて来て、これはむしろ遂犯無罪さんが詳しいと思います。私は少し首筋が冷たくなる怖さがありまして口にチャックです(笑)・・・。


”この国では戦国時代や江戸時代や宮家などの家系が尊重されそれに反逆し改革を志す者は滅亡する”by小沢一郎

下記をご覧になって下さい。今、何が起きているのか?

ttp://www.youtube.com/watch?v=uBlN2z4k55Q

柏市戸籍改竄事件

ttp://www.youtube.com/watch?v=0MFBAynftKY

ツイートTVの服部さん(女)は、小沢さんの言っている事がよく判ると言っています。服部さんは、何がよく判ると言っているのか?

全てが見えませんか?尖閣騒動も、集団的自衛権も、tppも、円安誘導も、陸山会事件も、小沢が何を考えているのかも?

だから、小沢の支持者は、小沢信者と揶揄されようが、小沢を支持しているのです。

この男(小沢)は、ケタ違いの大物らしい?

メンテ
Re: 人間成長の限界 ( No.108 )
日時: 2013/02/18 16:31:36
名前: 路傍の石

皆さん凄いですねぇ、ずーっと拝見しているのですが、話の流れと言うか、論調と言うか、話題がどんどん荒唐無稽な方向に進んで行っているようで、並みの頭では付いて行けませんねぇ。

書き込みの文章を拝見していて、茫然自失と言うか、あれよ、あれよ、と言うか、やっぱり凡才はこう言う掲示板へしゃしゃり出て来るべきでは無いのですねぇ。

道理で、閲覧者は多いが、レスする者が少ない筈です。余計な口出しはせず、黙って拝見する事にしましょう。精々勉強させて頂きます。
メンテ
Re: 人間成長の限界 ( No.109 )
日時: 2013/02/18 18:35:05
名前: 天橋立の愚痴人間

路傍の石 さん、こんばんわ

ご見識豊かと思われる貴方から見れば「荒唐無稽」と言いますよりも「青臭い」と表現されたいところでしょう。

ですが、このスレッドでの満天下さんの趣旨は、今までやってこられた当代世間○○シリーズの延長として、より根源的なものへ踏み込まれるつもりかと思っています。

現在、資本主義とか民主主義の概念は空気のように当たり前の事になっています。
しかしながら、現代社会で起きている、数々の根本的な問題は、その中から生まれてきているのです。

それを解明するために、斯くも青臭い議論となっております。
現在は、それも一番深い場所にいますが、ご指摘の通り、出来れば青少年に問いかけたい内容ですね。

出来ますれば、ご意見も賜れば幸せに思います。
メンテ
Re: 人間成長の限界 ( No.110 )
日時: 2013/02/18 19:47:37
名前: 満天下有人

八百長さん、残念ながら小沢は時期を失しましたね、まあ、検察の謀略は既に明るみに出たことですが、市井人には知ることも出来ない複雑で巨大な圧力があったことは想像できます。結果論になりますが、民主党に留まることで党を再生できると思い過ぎた、菅直人不信任案が絶好のチャンスだったと思いますが、菅直人を支える裏の勢力の方が勝ったということでしょう。そして単に議員バッジを付けているだけの民主党議員たちがそれに追随した。

今頃になって民主党は党改革を始め、先週、党改革案の修正案を公表したようですが、原案にあった野田前首相への批判と同じ扱いで小沢一郎元代表への批判を削除。問題は批判削除してどうこうという事にあるのでは無いのに・・・

その典型例が、細野豪志幹事長が滋賀県のサポーター集会で、本当に民主党は要らないのか、消えてなくなっていいのか。生活者の立場で政策をつくる政党はなくていいのか。改革政党として、物事を変えていこうという政党がなくなっていいのか、私は違うと思っている、と叫んだようですが、今頃言うてもねえ・・・・野田、前原他隠れ自民党7人衆を抱えたままで、何を言っても空虚であることがまだ分かっていない。

海江田新代表も参院選を控えて小沢に秋波を送るにも、異分子を抱えたままでは動きが取れないのに。その上、蒙昧な国民が表面的円安、株高に幻惑されて安倍内閣支持率を70%にまで上げている政情からして、そして未来の党の失敗が重なり、小沢も大変でしょう。
メンテ
Re: 人間成長の限界 ( No.111 )
日時: 2013/02/18 19:59:55
名前: 神の目

北関東、下総の国、小金城が、風間忍者の隠れ里、怨念抱えて、日暮ゲンバに、名前を変えて、・ ・ 様を立て奉り
下総の盗賊団と、手を組んで、金、金、金、と、税金、盗んで、国盗む。  わかるかな、、、ゲンバ
メンテ
Re: 人間成長の限界 ( No.112 )
日時: 2013/02/18 20:26:36
名前: 八百長

満天下さん

ご指摘、全てに同意します。

円安誘導での灯油、ガソリン価格の急騰に国民は喘いでいるようです。

円安と株式市場の活況が己の生活(所得)には反映されないことも薄々判り始めたらしい(笑)

これも授業料と考えればいいのではないでしょうか?

一度は奈落の苦しみを味わってみるのも悪くはないと思います。
メンテ
Re: 人間成長の限界 ( No.113 )
日時: 2013/02/19 00:39:31
名前: 天橋立の愚痴人間

満天下さん、
最近、あまりにも文化文明論の方向から入りすぎていましたので、退屈されている方もおられるようです。
下記の文章は、このスレッドと同じ「人間性の限界」で検索したところ出てきたものです。
満天下さんも確認しておられるかも知れませんが転載してみます。
 
ttp://agora-web.jp/archives/1485974.html
言論プラットフォーム アゴラより

「成長の限界」はA Comparison of the Limits to Growth with Thirty Years of Realityという論文で検証されている。この論文によれば、ローマクラブのシミュレーションと現実の軌道は、かなりの程度一致しており、持続可能モデルとは乖離しているということである。 実際、予測は、極めて正確である

1972年に発表されたローマクラブによる研究「成長の限界」は、制御理論によるコンピュータシミュレーションを用いて、2030年前後に世界人口減少が始まり、世界は急速に崩壊に向かう、という衝撃的な予測を行ったものである。 

「成長の限界」はA Comparison of the Limits to Growth with Thirty Years of Realityという論文で検証されている。この論文によれば、ローマクラブのシミュレーションと現実の軌道は、かなりの程度一致しており、持続可能モデルとは乖離しているということである。 実際、予測は、極めて正確である:


(Looking Back on the Limits of Growth(「成長の限界」の検証)より転載) 「成長の限界」の読み方

「成長の限界」の最大の貢献は、地球の有限性を初めて数値的に認識したことにあり、そのエッセンスは予測というより、

「常に有限性を意識して、成長をコントロールすることが、最適化につながる」

という哲学である。 

未来まで込めた最適化と、現時点のみを見つめた最適化には大きな齟齬があり得るということだ。

有限性は顕在化しているか? 

実際に世界経済が今後も成長を続けられるのか? という点に関しては、悲観的にならざるを得ない。 実際に以下のような障害が顕在化している:

(1) 石油生産の限界(ピークオイルを既に迎えた)
(2) 食糧生産の限界(ここ10年ほどは穀物生産がほとんど伸びていない)
(3) 気候変動の顕在化 

現在、起きていることを、簡単に検証すれば、グローバル化で新興国が台頭し、有限な資源の奪い合いが起きているため、一次産品の価格が高騰し、人口増加率が鈍化した(あるいはマイナスの)先進国経済の衰退を招いたということである。

先進国は衰退を防ぐために、金融資本主義を膨張させ、ヴァーチャルな世界を拡大して、実体経済から金を巻き上げることで、先進国経済を復活させようとしたが、必然的にバブルを引き起こし、それが破裂して現在がある。結局、too big to fail を用いて、一部の金融セクターが、マジョリティから金を巻き上げることで、富裕層が生活水準を維持する一方で、マジョリティは大きく貧しくなり、トップ1%対残りの99%という対決の構図を浮かび上がらせている。

現在の世界の姿を一言で言い表すならば、「行き過ぎた繁栄」ということではないか、と私には思われる。つまり、地球の有限性を無視して、成長の抑制(未来まで込めた最適化)に失敗したために、大きな揺り戻し(衰退)の縁に立っているということだろう(経済学は最適化理論だが、地球規模の問題以前に、バブルの生成をコントロールすることにすら、有効な対策を打ち出せていない)。

これは、「成長の限界」の描いた世界と極めて近いといえよう。

そろそろ、我々は拡大主義的な、ものの考え方を転換し、持続可能な世界を目指す必要があるだろう。 



(転載終わり)

こちらの方は、如何にもローマクラブらしい、毒にも薬にもならない統計的論証(概論)でそれが、

「常に有限性を意識して、成長をコントロールすることが、最適化につながる」と言う結論とされていることで如実に感じられます。

問題は、コントロールする事が、どのように可能かと言う事だと思います。

1000年前から開放された人間性、人間の利己心の開放は、そうは簡単には収まらないのではないでしょうか。
その具体的な事象が、今日の資源獲得競争にも現れていると思います。

>実際に世界経済が今後も成長を続けられるのか? という点に関しては、悲観的にならざるを得ない

文中の上記の言葉にも、人間成長の限界と、資本主義のシステムの限界を混同しているようです。

>行過ぎた繁栄

と言う定義にも同意できません。行過ぎたということの意味を特定することを出来ていないからです。

まあ、トコトン行き着くところへ行けば、上記のように変化は起きるでしょうが、それは人間の叡智を絞ったものとはならないのではないでしょうか。

メンテ
Re: 人間成長の限界 ( No.114 )
日時: 2013/02/19 01:18:06
名前: 天橋立の愚痴人間

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20130218/k10015605791000.html

民主党は役員会を開き、先の衆議院選挙で大敗した原因について、「トップによる失敗の連鎖が、期待外れの政権というイメージを与え続けたためだ」などとした報告書を了承しました。

民主党は、衆議院選挙の大敗を受けて、3年余りの政権運営や選挙戦略について検証した結果を報告書にまとめ、18日の役員会で了承しました。
それによりますと、政権運営について、政権に就くと、役所の壁に阻まれ、ときには主導権を取られ、次第に現場感覚を失っていったことや、まとまりがなく、重要な局面での党の幹部たちのバラバラな行動や発言も大きなダメージとなったと指摘しています。
また、衆議院選挙に大敗した原因について、鳩山氏、菅氏、野田氏の歴代総理大臣に対する名指しは避けながらも、アメリカ軍普天間基地の移設問題や、消費税を巡る発言、衆議院の解散時期の見定めなど、「トップによる失敗の連鎖が、期待外れの政権というイメージを与え続けたためだ」などと分析しています。
そのうえで、党の立て直しに向け、地方組織を強化し、地方議員の拡大に全力で取り組むなどとしています。



(引用終わり)

残り滓(カス) 集めて眺む 民主(ミンス)かな


カスどもの 戦い跡の むなしさや


腐れ木と 残滓(ザンシ)浮べて 民主池
  カエルの歌も ゲゲのゲ(・・ありゃ、足りない)
メンテ
ドブ浚え出来ない自滅民主党 ( No.115 )
日時: 2013/02/19 15:17:21
名前: 満天下有人

細野豪志幹事長の滋賀県サポーター集会に続き、馬淵幹事長代理の水戸市集会では、野田を議員辞職させろとの声が強かったそうで・・・

しかし千葉4区選挙区で野田は、首相辞任しても過去最高の得票で当選、まあ、いくらか不正集計もあったにせよ、我が国の政治文化とは奇妙なもの、何が因なのか、それでも崩壊しません・・・

野田どじょう
   楽しからずや 濁り水
      どっぷり浸かって ヒゲが蠢く・・・(笑)。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存