ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1697] 当代世間騙し装置
日時: 2013/02/24 20:14:53
名前: 満天下有人 ID:1361704493

先日TVで見た、未発見の素粒子を見つける為の欧州原子核研究機構・CERNによってスイスに設置された超高速実験装置、円周が35Kmに及びフランスにまたがる巨大なものだが、宇宙物質を構成する17個の素粒子の内、未発見の6個?を探るものらしい。

宇宙物理など縁がないもので、何が何のためのものなのか、さっぱり分らないけど、物質を構成する素粒子が質量を持つのは、ヒッグス粒子なるものがある筈だ、その仮説に基づいて素粒子を高速で衝突させて発見する装置だそうな。まだ人類が発見していない最小単位の素粒子を暗黒物資、そこから生じるエネルギーを暗黒エネルギーとも言い、宇宙を膨張させているらしいが、国際物理学会では、実験中に生じると仮定されるブラックホールの危険性を理由に、実験反対の学者さんたちも結構居るとか・・・

CERNが今回、東京会議で言うには、我が国の東北地方が実験装置を作るのに最適な場所らしい。スイスでは研究者たちが多数住むことになり、その経済効果も結構なものらしい。

はてさて素人にとっては、その宇宙構成物資を全部発見して、それが人類の生存にどのように関わって来るのか、すぐにさような卑しい根性が頭をよぎる(笑)、まあ、別に科学の果てしない探究心をあれこれ言うのではないのだが、生命の誕生の謎にも迫ることが可能になるとか。

東大の若い先生によれば、宇宙の研究は我々人間の生活にすぐ役立つというものではなく、「知りたい」という好奇心が何よりも大事で、人間がどこから来たのかという根本問題に関係し、その生命の源になる元素を学ぶことに意義があるとのことだ・・・

で、生命の源になっている元素の解明で、どうして人間と言う生命が騙し合う元素を持っているのか、それも発見出来ればありがたいことではある。むしろ騙しのテクニックを用いる連中を、その加速ぶつかり合い装置に放り込んで実験した方が、より有意義な結果が得られるような気がするのだが、如何なものだろうか・・・

人間、どうしてダマシ合いの社会装置を作ってしまったのか、我が官僚機構も司法制度も政治家も、この超高速装置で実験しない限り、その生命の謎は解けないのではないか・・・

そして国際関係における騙し合いもまた、謎を解き明かさねばならない。何やら安倍の訪米も、TPP関税撤廃の聖域の一部除外についてオバマ大統領と合意に達したとして、マスコミは褒め称えている。公明党の山口代表も米国側が一定の柔軟性を持っていることが分かったと、まあ単純なことを言いおる。

安倍成果の評価は、自民党内反対派を抑える辻褄合わせ、一種の騙し装置であり、山口公明党による評価もまた、聖域一部除外に米側に潜むダマシの手口を見ていない。米側の柔軟性の見返りは何か、共同声明で、自動車部門、保険部門については2国間で話し合い継続するとはっきり書いてあるではないか。

別テーマにした人間成長の限界は、実はこの人間同士の騙しの装置にあるのではないか、限界を示す装置を抱えていては、成長もへったくれも無い。宇宙の諸現象から物質の謎に迫る自然科学と同じように、人間が生み出している限りない現象を羅列して見るのも一興あるというものだ。残念なことは、この諸要因を放り込む巨大な実験装置が無いことだ。いや、果てしない騙しの構造そのものが、実験装置なのかも知れない。
メンテ

(全部表示中) もどる スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間騙し装置 ( No.1 )
日時: 2013/02/24 20:41:58
名前: 天橋立の愚痴人間

ワオ すごい事になって来ました。

確かに人間性、すなわち人間の行動(思考)は現在のスーパーコンピューターを使っても幼稚園児程度の解析より出来ないでしょう。

その人間性をコントロールできる装置とは、大宇宙の解明装置よりも難しいかも知れませんね。

それを、コンピューターに頼らず人力でやろうとは、壮大な試みです。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.2 )
日時: 2013/02/24 21:20:35
名前: 満天下有人

・・・あっはっは、橋立さん、いっちょう騙し屋どもを超高速遠心分離機にかけて振り回して見るのも一興・・・はてさて如何な実験結果が出ましょうか(笑)。

ある学者先生によれば、地球上に存在する生物のほとんどは環境に応じて進化して来たと言われています。人間も例外ではなく、ラマピテクスやアウストラロピテクスから進化して現在の人類に行き着いているのは、厳しい環境に置かれて、それを乗り越える為に異変を起こしたからで、何だかだ言っても我が国が典型例であるように、甘い環境に慣れてしまうと、そこで進化は止まると・・・

最近の研究によると、人類の進化はすでに止まっており、何年たっても今の人間とあまり変わらないそうです。何だか騙しの装置も、人間どもを厳しい環境に置いて再生させる装置でもあるとの解釈も出来そうですが、そこまでは深く考えてもいないでしょう。

・・・何だか自民党政権に復帰してから、世の中の糾弾の矛先が鈍ってきたような感じを受けます・・・こういう時にこそ、超高速遠心分離機を作動させねば(笑)。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.3 )
日時: 2013/02/24 21:33:53
名前: 天橋立の愚痴人間

>・・・何だか自民党政権に復帰してから、世の中の糾弾の矛先が鈍ってきたような感じを受けます・・・

自民党は今まで散々やったので、またか!

とゲンナリしているのでしょうね。

糾弾サイトでも、3年前の投稿を転載すれば済む事ですし。

いづれ復活もして見ましょう。

ともかくも、同じ事では気迫が出ません。

今のうちは、奴等を叩きのめす、牙を研いでおきましょう。

新しい経済論をするまでに、まずは人間性を遠心分離機にかけて検証しましょうか。
メンテ
陽炎(かげろう) ( No.4 )
日時: 2013/02/25 10:05:40
名前: 満天下有人

北陸から北日本にかけての寒波は、今世紀最大のものらしい、TVで見ていてもすごい吹雪。

関東地方でも風はまだまだ冷たい、春は名のみぞ、風の寒さや、谷のうぐいす春を思えど、時にあらずと声も立てず・・・でも陽光に春の匂いがしてきた。

・・・急に気温が上がって空中の密度に差が大きくなって光が屈折して現れる現象が「陽炎」・・・実態は無いのに、そこに物があるように人間の眼に映ってしまう。

春先は頭がボヤーっとする季節でもあるか、そこへ色んな現象が現れて来ると、ややもするとボケた頭では浮かれてそれがほんものだと錯覚することも多くなる。

虚構は陽炎が如しという言葉もある。円安株高にも大いに注意を要する。TPPで安倍が手柄を立てたなどと浮かれてはいけない。あんなの騙し装置に過ぎない。米側は参加「交渉」においては日本のセンシビリテイは了解したと言ってるだけで、本番になったら話は別との意向なのだ。

・・・日銀新総裁にアジア開銀の黒田氏でどうやら決まりのようだ。通貨「外交」に長けたお方のようだが、、お札の交換比率も一種の陽炎みたいなもので、実態から乖離する幻想がゆらゆらと揺らめくが如し。

それにしても昨今のネットや電話での金融業者によるオカネ借りてくれとの勧誘が多い。インフレターゲットとは要するに借金して物を買えとの政策か。

春から夏にかけて参院選までは、実態を錯覚させる陽炎が如き騙し装置が全開となる(笑)。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.5 )
日時: 2013/02/25 12:04:42
名前: 天橋立の愚痴人間

>北陸から北日本にかけての寒波は、今世紀最大のものらしい、TVで見ていてもすごい吹雪。

青森県では、5.5mの積雪があったらしいですね。
私の経験では、1.8mの積雪が最高です(兵庫県、豊岡市で)。
当地、宮津では、1.5mくらいです(8kほど離れ山間部、丹後半島のど真ん中)では、3.0mほど積もると言う事です。

1.5mでも積もると、もう大変です。
道路の雪かきは機械でしますが、雪の集積場がありません。
幸いに当地は海が近いのでまだ良い方ですが、他所では本当に困っていることでしょう。

1.5も積もれば、道路などではなく住宅の屋根の雪も下ろさねばならず、これまた置き場がない上に、家の人間だけでは処置が無理です。
それで工務店などが、雪下ろしをする事になります。
老人世帯などは、行政が業者を派遣します。
街中が雪かき作業に追われます。

と言うことで、とても通常の商売は出来ません。
積雪が毎日続くと道路の除雪も十分には出来ず、自動車の通行で踏み固められた雪が、アイスバーンとなって15〜30センチにもなります。
それも、わだち部分は掘り込んでいるので、自動車は必然と、付いているわだちにそって走る事になります。
そうなれば、方向転換もままならず、1台が、何らかの理由で立ち往生すれば、たちまち渋滞が出来ます。
雪道になれた運転手でも、接触事故がアチコチで起きます。

このような状態になれば、4〜5k先へ行くには歩いた方が早くなります。
当地では、このような状態は25〜30年前に一度あっただけで、その後はありません。

5.5mの積雪地域の窮状は、計り知れません。
そういうところの映像は出ていません。

大雪の情報を御届けしました。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.6 )
日時: 2013/02/25 12:44:32
名前: イントィッション

>それにしても昨今のネットや電話での金融業者によるオカネ借りてくれとの勧誘が多い。インフレターゲットとは要するに借金して物を買えとの政策か。

え? となると、近い将来、利息がものすご〜く高くなる可能性がでてきましたね〜。。。

借金が返済できなくなり、市中の豚積みも空っぽになり、国債の借金が増えるので、国債の利息が降って湧いてきて、ギロチン化ぁ??? それ待ってましたと、ユダ菌が売り出すかぁ??? 

それで我が国はギリシャに?!?
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.7 )
日時: 2013/02/25 17:06:57
名前: 満天下有人


まあ、ギリシャのようにはならないでしょう。

○ギリシャの労働人口は圧倒的に公務員が多く、産業が無い。
○国債も我が国と違って、外資による保有が多い。財政悪化、及びそれをゴールドマンサックスによって隠蔽されていたので、外資が国債を売りまくり金利が暴騰。

我が国は目下、巨額借金経済ですから、一般会計における利払い負担を抑える為に0金利政策を取っていますが、我が国といえどもTPP参加による資本の更なる自由化、あるいは郵政株式の外資保有により、郵政大量国債を外資がいじり始めたら、長期金利が上昇する可能性は大いにあります。いじり始めるきっかけは、経済成長が伸びない、先行き経済悪化すると思い始めたら国債売りを始めます。その時に長期金利が上昇します。

通常、長期金利は短期金利より高いのが正常な状態です。例えば年1%の利率でも複利で10年計算すると、短期よりも高くなる筈で、当然のことです。ところが、この長短金利が逆転して短期金利が長期金利より高くなることがあります。これは経済が悪化すると思い始めたら、早く換金しておきたい衝動が強くなり、その場合は短期国債が先ず売られ始めて短期金利が上昇し、長期金利より高くなって長短金利の逆転現象が起こります。

良い例が、リーマン破綻の少し前から米国長短金利が逆転しておりました。

安倍の超金融緩和で、インフレターゲットを定めても、消費者が物を買わないと物価は上がりません。賃金上昇による正常な消費喚起ならともかくも、経団連は賃金をあげたくない、そこで安倍が経団連に賃上げを頼んでも、企業は一時金を上げる、それも本社社員に限定するかで、効果はありません。今日も米倉経団連ジジイ会長が、TPP参加を早くしろと政府との会合で言ってました。要するに自分とこ企業だけが海外に出て儲かれば良いという姿勢です。

なので安倍政権は、金融金の尻を叩いて庶民への貸し出しを増やせとの圧力をかけ始めたのでしょう、金融業者、銀行、クレジット会社などの貸出メールがすごいです(笑)。借りる人は恐らく株がまだ上がると思って、モノは買わずに株式市場に投資するでしょう。バブルがはじけたら又、同じ道、需要不足にまた拍車をかけるでしょう。

国内の正常な経済循環の道を探らない限り、また騙しの構造に乗らされてしまうことでしょう。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.8 )
日時: 2013/02/25 17:51:33
名前: 天橋立の愚痴人間

>金融金の尻を叩いて庶民への貸し出しを増やせとの圧力をかけ始めたのでしょう、金融業者、銀行、クレジット会社などの貸出メールがすごいです(笑)。

以前から、私の様なところにも、資金は要りませんかと、日本政策金融公庫(昔の国民金融公庫)から電話がかかってきます。
勿論、返さなくて良い金なら、いただけるだけ頂きたいと返事をしています。

それとは別に資金繰りが付かず、毎月の借金の返済にこまり資金を借りたいが貸してくれないという悩みは多く聞いています。
それらの人には、できるだけ早く事業を閉鎖することだと、無茶無茶を言っています。
何年やっても、尻すぼみが解っていながら、それぞれの事情で、倒産が怖くて出来ないない人が殆どです。
当地で、ここ3年くらいで、株式会社組織でやっている建設業者の1/2が無くなりました。
中には、従業員を一人二人に減らして、後は家族が頑張っている工務店がありまして、その社長が情けなげに嘆くのですが、
私は、何を仰る、自分が思う様に事業を縮小できる有能な経営者こそ、そんなにいないのだ。
大概は、解っていても成り行きに任せざるを得ず、手ひどい負債を抱えて倒産するものであると、慰めています。

この現状、その内に思い知らされるでしょうね。


ところで、

>これは経済が悪化すると思い始めたら、早く換金しておきたい衝動が強くなり、その場合は短期国債が先ず売られ始めて短期金利が上昇し、長期金利より高くなって長短金利の逆転現象が起こります。

これが不思議なのです。
国債が売られることとは、持っていても損をするから売るのでしょうが、その金利が上がるとは、逆の現象ではありませんか。
理由は、国債の人気を維持するために、発行元が金利を上げてつなぎとめると言うことでしょうか。
メンテ
国債価格と金利(利回り)の関係 ( No.9 )
日時: 2013/02/25 20:11:02
名前: 満天下有人



ここが良く誤解されるようですが、先ず国債の価格と利回りは一定の関係にあるということを押さえて下さい。つまり支払はれる国債の利子は「券面額面x券面の利率」で固定されているのです。

通常国債は券面100円?で、表面利率は3%とか表示されています。仮に橋立さんが10年債なり3年債なりを購入したとします。一応長期金利の指標となる長期国債10年物、表面利率3%を市場で買ったとします。満期償還まで保有すると利回りは年3%です。

ところが、景気先行き不安、あるいは資金の必要が生じた、あるいはもっと利回りが良い金融商品が欲しい人が増えて、仮にそのような商品が市場にあるなら、市場原理によって売り傾向が強まります。
売りが多く100円国債が90円に下がったとします。国債と利回りは一定の関係にありますので、
100円で3円の利得3%であったものが、90円で買った者は、仮に満期償還まで保有すれば年90円で3円の利得、3%÷90円で3.333%になります。

実際の市中金利はこれを基準に+アルファして決まって来ます。勿論、利回りだけでは無く国債価格そのものの価格変動の利ザヤを狙って売買もされます。

では何故我が国の金利は低いのかと言いますと、財政巨額借金があるために金利負担を押さえねばならない、そこで我が国特有の、政府(財務省)、日銀、市中銀行護送船団方式で、国債を消化し、市中の市場原理には任せない、任せられないことにしているからです。

も一つは、釈迦に説法ですが、市中銀行による貸出先が無い、となると、金利が低くとも担保の安全性からして最後の最優良債権である国家債券・国債買いをやるしか手が無い、国債買いがあるから価格は安定し金利は上がらない。一方政府は、それを良い事に、国内で国債引受をさせておけば金利高騰による財政破綻リスクを抑えられるという構図が続いて来ている訳です。

これが外資による資本の全面自由化、あるいは国債を最も多く保有している郵政の株主になれば、株主として国債も売り買いせよとなって、市場価格は経済財政の将来を見た売買=市場の原理に任されてしまいます。米欧などはそうやっている訳です。ギリシャはそれに耐えられなくなってしまったと言うことでしょう。

安倍のミクス超金融緩和は、上記理屈からして、財政フイアナンスがほんとの狙いだと言うことが透けて見えて来ます。矛盾していることは、名目成長率を上げるためにインフレターゲットを導入する、
実質金利は=名目金利−物価指数ですから、この物価指数が上がれば実質金利も下がる、円安になるという理屈で、金利、為替上ではそれで良いかも知れません。

まあ名目金利も、護送船団方式で外資に買わせないようにしておけば、抑えることは出来る。しかし実質成長率=名目成長率−物価指数の関係で、名目成長率が上がらないと、物価だけが上がって実質成長率は上がらない。実質成長率が上がるのは、自然利子率=潜在成長率(新たな分野での投資や生産性の向上)によりますから、この中の労働力が問題になって来る。生産性の向上が雇用の増加に結び付けば良いですが、資本が更なるコスト削減に動けば、潜在成長率が下がって行き、実質成長率も伸びなくなります。

要するに働く者の可処分所得が増えないと、実質成長は望めないと言うことです。株が上がっている間は良いですが、これがはじけると、現在の社会構造からして以前のバブル崩壊よりももっと、ひどい事になる危険もあるでしょう。

以上、一般論で、どう動くかの予測は難しい所ですが、ほぼ想定通りになって行く可能性が高いと思っております。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.10 )
日時: 2013/02/25 21:27:28
名前: 天橋立の愚痴人間

満天下さん、

国債の売り買いを通して貨幣の流れが、どのように推移して行くかについては、ほんの一欠片のようですが、何とか理解した積りになります。
国債を通して中央銀行が資金の流れを調整しているということの概念も同じでくらいだけわかります。


ですが、疑問に思う最初の問題、

>通常国債は券面100円?で、表面利率は3%とか表示されています。仮に橋立さんが10年債なり3年債なりを購入したとします。一応長期金利の指標となる長期国債10年物、表面利率3%を市場で買ったとします。満期償還まで保有すると利回りは年3%です。

>売りが多く100円国債が90円に下がったとします。国債と利回りは一定の関係にありますので、
100円で3円の利得3%であったものが、90円で買った者は、仮に満期償還まで保有すれば年90円で3円の利得、3%÷90円で3.333%になります。

売りが多ければ国債の価値が下がり、買い手も付かなくさらに価値がなくなるという道を、株なら歩むと思いますが、国債が売られれば金利が上がると言う事が、まだ判りません。

それは、国債が売られれば、日銀が買わざるを得ないということでしょうか。
そうであるなら、市中の貨幣が少なくなり市中金利は上昇することは想像できます。


後段の安倍のミクスの経緯の説明についても、流れは何とか解るようです。
しかしながら、

実質成長率=名目成長率−物価指数の関係
自然利子率=潜在成長率

の説明は、理屈においては何とか解りますが、その考え方自体が経済学において数値が必要なものだから考えた上での、勝手な想定に過ぎないといえるでしょう。

それを参照にするのは良いとしても、そんなもので実際の経済政策を決められては溜まりませんね。
そんな程度の根拠で経済政策を決めていると思うと、腹が立ちます。

政組織と言うものは、行政としての責任を取りたくないために、自分の判断よりも、別の基準を求めて諮問委員会や外注のコンサルを利用するのと違いはないようす(都合の良い部分は裏で操作していますが)。

また、財務省の官僚共は、下手に動けば自分の責任になるので、自分の出世と生活が第一なので、本当の事が判っていても手は出さないでしょう。

その上に、これも我が国の無能な政治家がいるのです。結局は国家国民の為の経済政策は誰も考えていず、ひたすらユダ菌など巨大資本の思うままのようですね。


TPPのことも、別途スレッドを立てまして、今まで言われたTPPの問題点を条文に合わせて検証していますが、見れば見るほどに政治の無能を感じます。

経済、それもユダ菌に此処まで振り回されて、政治はもはや機能しなくなったのでしょうか。
世界中のことです。


TPPこそ、

「当代世間騙し装置」の代表ですね。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.11 )
日時: 2013/02/25 23:23:46
名前: 満天下有人

先ず、国債と株式は性格が全く違うものです。

○国債は借主が国家であることです。そして必ず償還の期限を付けます。借主が国家であると言う事は、その借りた資金は国家金融政策や、経済政策に使う訳です。先ず金融性格に目を向けた場合は、日銀が政府に代わって国債を金融政策の道具として使う訳ですね。そこが自由であるが「私的」経営政策の為に用いる株式と根本的に違う訳です。故に国債の場合は一定の「表面額面」と、利回りを、固定して連動させて金融政策のツールとしているのです。何故それを中央銀行にやらせるか、ならば政府が利率を決めて政府が直接市中に流せば良いではないか、さような疑問が出て来ると思いますが、そうなると政府が紙幣発行権も持つようなことになり(=政府紙幣)、そうなれば政府の1権利によって、何でも好き放題にやれる、その結果による国家破綻の苦い水を避けようとの歴史的教訓によって、近代国家としての中央銀行の独立性が確立されている訳です。

前稿で最初に申しました国債額面は、利率と一定の範囲で連動されている、価格が下がれば利率が上がる、価格があがれば利率が下がる、さように一定の枠内で動く仕組みになっておりますから、価格と利率が連動している訳です。

○これと違って株式は、配当があろうが無かろうが、株価は上下します。まあ、配当利回りや1株当たりの利益や、1株当たりの資産価値とか、ある指標はありますが、株価が下がったら配当を増やすようなことはしません。つまり株式発行による資金調達は国債の「借金」と違って、自己資産です。倒産しても返済する必要は全くありません。業績が悪ければ配当しなくとも構わないのです。それで株価が下がろうが、株主に対する金銭的責任は全くありません。逆に、倒産しかかっているような企業でも仕手筋が介入して株価が2倍3倍になる企業も珍しくありませんが(笑)。

国債は少なくとも1国に対する返済責任があります。まあ、究極面で国家破綻する場合もありますが(戦後の我が国、最近のギリシャ)、それでも1私企業と違い国家ですから、国民に対する責務の為に、政権を変えてでも、外国に頼ってでも責任は取らざるを得ません。私が最終的に国債なんぞ燃やしてしまえと言う理屈は、どこをどうやっても復活のカギが無くなった時で、それまでは責任を果たさねばなりません。そこで金融政策を政府権力によって好き放題やらせるのではなく、中央銀行の金融政策と整合性を持って行動することが不可欠になり、そして中央銀行はその政策を,国債オペによってやる訳ですから、そこで利回りと連動させておかねばならなくなる訳です。金融政策は常に国債による資金供給と資金吸い上げ、それと連動して政策金利で行われます。この二本が柱で、市中の国債市場も毎日それを軸に、国債価格と利回が連動して動き、価格と利率変動は、東京証券取引所、国債市場で毎日見ることが出来ます。

<国債が売られれば、日銀が買はざるを得ないということか>・・・買はざるを得ない、ということよりも、インフレ懸念で金利上昇圧力が強まれば、日銀は国債買いオペで、国債価格を維持し、連動している金利を下げる動きに出ます。今回安倍政権が白川総裁を更迭したかった理由は、昨年、政府発行国債の金融機関による引受札割れが出ました。日銀としては経済政策無き国債発行を市中金融機関も忌避し始めたと感じ、政府の経済政策を求めた、それが安倍政権に尾を引き、白川ではこれ以上の赤字国債を引受ないのではないかとの懸念があったものと思います。

まあそんあことはせずに、株式並みに自己責任でやれば良いではないかという話になって来ると、そもそも国家とは何なのだ、という話になってしまいます。

再度申しますと債権が売られれば価格が下がります。しかし利息も(配当も)払わずに済む1民間企業の証券の価格変動とは全く違うものなのです。国債でそんあことをしたら、あっと言う間にハイパーインフレが襲い、国家が破綻します。1私企業なら勝手に倒産し、株主は損したで済むことですが、国家となるとそうは行きません。よって額面と利率は連動されているのです。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.12 )
日時: 2013/02/25 23:47:17
名前: 天橋立の愚痴人間

御手数をかけました。

>国債額面は、利率と一定の範囲で連動されている、価格が下がれば利率が上がる、価格があがれば利率が下がる、さように一定の枠内で動く仕組みになっておりますから、価格と利率が連動している訳です。

要するに国債を買った者は、償還年限がくれば、元金と約束された金利(前回のたとえで言えば3%分)を確実にもらえる代わりに国債の価格の上下には関係が無いと言う事ですね。

そんな事があるのですか。
満天下さんには常識であったでしょうが、此処が解らず四苦八苦していました。
満天下さんが書かれている文章も、要約理解が出来ます。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.13 )
日時: 2013/02/26 08:50:01
名前: 満天下有人

はい、個人の場合なら、例えば株式の売買なら誰でもやれることで理解が早いのですが、国債となると個人は償還期限まで保有する訳で,国債先物市場で価格差、金利差を狙って売買することはありませんし、しかも国債市場となると大手金融機関同士と、そこに金融政策を司る日銀が入りますから、分かりにくくなる訳です。この市場は日本国債だけでなく先進国発行の国債は、毎日その指標で動いており、その指標の基準は米国債となっている訳で、それがドルを中心とした為替にも影響すると言う構図になっております。

いつぞや米国財政の崖の話をしました。それもこの国債価格と金利指標成る要素が大きく絡んでいるのです。米国債が発行上限を法律で枠をはめられている訳もそこにある訳でして、そんなことに関係なく国債を発行すればどうなるか、米国の場合はリーマンショック後の金融機関救済の為に超金融緩和をやらざるを得ない状況下にあって、7割が外国以外の金融業者によって売買されている米国債の大量発行が国債売りのインパクトを強めると、国債利回りが上昇して金利が上がって、財政を更に悪化させるここから、ジレンマに陥っているのです。

・・・ここから先は先は読み流して下さい。

蛇足ながら、国債の信頼度はこの価格と金利の動きが指標となっておりますが、も一つの指標にCDSプレミアムというものがあります。クレジット・デフオルト・スワップの略で、要するに発行された当該国の国債やサブローン債券等の債権破綻保険が大量に売買されていると言う事です。

米国発金融工学の発達によるデリバテイブ商品の一つで、リーマンはこれを約40兆円ほど売っていたのです。リスク防衛の為にこの保険証券を買っていた先は、本体の国債なりサブローン債権そのものがやばいとなると、保険を満期まで保有するのが気持ち悪くなって売り出します。仮に満期になってもーマンは国家ではありませんから、果たしてリーマンがその保険料を払ってくれる保証は無い状況がサブローン破綻で生じた訳です。

そのCDS売りが殺到して来ると、価格は暴落、プレミアム=一種の利回り・金利が暴騰して行きます。ギリシャ国債の場合はそのプレミアムが53.6%、ポルトガルで10.6%にまで上昇、ちなみに当時の日本国債CDSプレミアムは1.1%でした。

言い換えますと仮に1億円のギリシャ国債を買う場合の保険料は5360万円ということです。そんなことまでしてギリシャ国債を買うバカは居ません。そんなCDSなんかほっとけですが、ここに金融工学による紙切れ売買錬金術による巨大な市場が出来上がってしまっているから、どうしようもないのです。我が国でも東京金融取引所なるものがあって、みずほ銀行や米ゴールドマンサックスなど20社?が集まってそのプレミアムを売買しており、国際市場となるともっと巨大なものです。

このCDSは買う側からすると、購入債券が何であれ、万一の場合はその保険CDSが元本を保証してくれる、売る側は保証せねばならない。リーマンの場合はその販売額が約40兆円で、だが手当が10%しか出来ずに破綻。言い換えるとそのCDS価値は1/10のジャンク債になっていた訳です。

破綻数日前からリーマン社の社員が、金目の物を全部は運び出していた光景も我が国で報道されていましたね。社長のフアルドは暗殺を怖れて雲隠れ(笑)。これがリーマンの場合ですとトカゲの尻尾切で済みますが、問題は米最大手のアメリカン保険・AIG及びフアニーメイ住宅金融会社2社にありました。これが破綻すると、総額で約6千兆円規模のCDS市場が崩壊、米国も沈没することになり、その影響は世界は単に及ぶ。元の額は6千兆円でもCDS販売がデリバテイブによって更に売買の輪が広がっており、推定6千兆円の10倍の6京円とも言われておりました。

よく耳にされる米超金融緩和QE1,2,3という言葉、その原点は米経済を復活させると言うよりも、このCDS破綻救済が眼目であったと言う事です。我が安倍のミクスとて、赤字財政フアイナンスが本質なのに、円安株高を前面に打ち出していますね、これを騙しの装置と言いたいのです。
この巨大保険会社のAIGなど、TPPによって保険の規制撤廃を求めている訳で、こんな体質の巨大企業をの野放しにして良いのかということも、TPPを見る時の重要な側面であると思います。農業分野だけではないですね、混合診療の背後にもAIGが居ることは見え見えです。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.14 )
日時: 2013/02/26 23:29:43
名前: アナーキスト

このスレッド、本日初めて拝見。

粒子加速装置!、日本にも世界的に大きな物が有りますねぇ。
兵庫県、山陽新幹線、相生駅から25分くらい北へ登ったところ、作用と播磨新宮とにまたがる山の中に、巨大な装置「Spring・8」と言う「粒子加速装置」が有ります。付近一帯はモダンに開発されて大学の研究機関や、企業の研究所、病院、居住区域、など鄙びた山中とは思えぬ様相です。
その「Spring・8」ですが施設自体は地中に建設されているため、街を走っていても全く目に付きません。目的を持って探さなければなかなか見つからないでしょう。
加速装置の形は、アラビア数字の“9”の足の部分を直線にしたような形で、半径何百メートルか解りませんが、巨大な電磁石のなかへ電子、陽子、などを投入して加速し粒子同士を衝突させて、その瞬間に放出される放射光(放射線とは違うそうです)を計測していろいろ調べるそうです。
と言われても何が何やらさっぱり理解できませんが・・・、兎に角もう10年以上前から在るようです。あらゆるジャンルの企業が一事借り受けて研究をしても良いそうです。

これに関連して、気の利いたレスを書く事は出来ませんが、もっと知りたければ「Spring・8」で検索するとヒットします。又、マピオンなどの地図検索で、相生市の北部、「光都」と言う地域を拡大するとこの町の全貌が出てきます。暇が有れば一度ご覧になれば・・・・?

以上、関係無い話を一言。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.15 )
日時: 2013/02/26 23:53:27
名前: アナーキスト

訂正です。

「Spring・8」のある「光都」は、最新の行政区分で言うと「上郡町」と「たつの市」に跨る場所です。

以上、間違いを訂正します。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.16 )
日時: 2013/02/27 07:08:43
名前: 満天下有人

Spring 8の紹介、どうも有難うございます。

場所は手延べ素麺・揖保の糸で有名な播州のようですね、もうウン十年昔、若い頃に訪れた地方であることを想い出しました。

あそこにも超近代的な実験装置が作られて、昔変わらぬ田園風景の見えない部分でこの世はどんどん近代化しているのですね。実験の形態を変える度に別の加速器が必要となると、あちこちで何十キロにも及ぶ装置を新たに造らねばならないのでしょうね。

物理学そのものは全くの門外漢でして、宇宙構成の最小単位を探るその興味よりも、科学の探索はどこまでも広がっているのに、人間が織りなす社会の構造に新しい息吹はなく、進歩どころか退化の方向に向かっている、生命の起源が分かっても、それがこの世の人間が織りなす何の解明にどう影響するのか、巨大な粒子加速器を見て、ふとさような感慨が浮かんだものです。

人間騙し装置ばかりが次から次へと造られて、加速器の中で人間は、逆回転にまっしぐら(笑)、生命誕生の謎が解明された途端に、人間が居なくなったりして(笑)。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.17 )
日時: 2013/02/27 14:04:43
名前: イントィッション

アベノミクスの落とし穴! やっぱりアブのゴミクズですね〜。。。
 ↓

ttp://news.goo.ne.jp/article/businessi/business/fbi20130226002.html

アベノミクスに“落とし穴” 相次ぐ「入札不調」

2013年2月27日(水)08:21


 2012年度補正予算の柱は、地方自治体向け交付金などを含め、5兆円規模となる公共事業費だ。しかし、建設業界の人手不足や建設資材の高騰の影響で入札参加者が足りずに落札者が決まらない「入札不調」が相次ぎ、着工が遅れている。「三本の矢」の一つである財政出動がうまく機能しなければ、「アベノミクス」の景気浮揚効果に対する懸念が高まる恐れもある。

 首都圏のある自治体が最近実施した公共施設の入札は「不調」に終わった。参加を断念した地元の建設業者は「資材や人件費の上昇はバブル期並み」と表情を曇らせる。工期中にも高騰が続けば、赤字を出すのは避けられない状況という。

 建設業界はこれまで、公共事業の削減や景気低迷への対応でリストラを加速させてきた。国土交通省の調べでは、11年度末の建設業者数は約48万と、ピーク時の1999年度末から20%減ったほか、高齢化も進んでいる。このため、老朽化した橋やトンネルの補修・点検など、急増した公共工事に対応する余裕がない。

 一方で、東日本大震災による復旧・復興工事が東北3県に集中しており、熟練工や建設資材の争奪も激しくなっている。建設物価調査会や国交省の調べでは、仙台市の生コンクリートの価格は2月時点で震災前の4割以上も高騰。昨年4月から今年1月までの「入札不調」の割合が49%にものぼっている。

 資材の高騰や人材不足の影響は、準大手以下のゼネコン(総合建設会社)の業績を圧迫し始めている。準大手の戸田建設は13年3月期の業績予想について、連結最終損益を当初の385億円の赤字から630億円の赤字へと下方修正し、井上舜三社長が引責辞任に追い込まれた。井上社長は会見で「見通しが甘かった」と唇をかんだ。

 26日の参議院予算委員会で、民主党の桜井充政調会長は、補正予算について「被災地の復興や真の経済再生につながるか疑念が強い」と批判した。政府は「アベノミクス」の思わぬ“落とし穴”にどう対処するのかが問われている。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.18 )
日時: 2013/02/27 15:56:03
名前: 満天下有人

イントちゃん、この分野は天橋立さんが専門家、分析して頂きましょう。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.19 )
日時: 2013/02/27 17:01:05
名前: 天橋立の愚痴人間

>イントちゃん、この分野は天橋立さんが専門家、分析して頂きましょう。

アッハッハ、専門家と言うよりも、この方面に何時も気を使っていると言う事です。
具体的に説明しますと、公共事業の発注は、国、県、市町村と分かれます。

国の発注は大きなものが多く、大手企業、中堅企業が対象なので人手が足りないということは無いでしょう(全国から集めますので)。
ところが市町村単位では、おそらく、震災以来有り余るほどの事業を前に地域の業者はホクホクと言ったところでしょう。
小さな事業者では同時に何箇所の工事を受けられません。
それで入札があっても、余程の好条件でなければ強いて受注しようとはしないのでしょうね。

ここで問題となりますのは、地域の市町村は出来るだけ地域内の業者に発注します。
その枠を周辺地域まで広げれば良いのですが、そこは官僚主義、硬直化した頭では、かなか融通が効かせないのです。
具体的に言えば、公共事業は指名競争入札なので、以前から登録している業者以外には発注しないのです。

震災復興予算で国民経済の底上げをするならば、その目的に対して可能な限りの方法を取るべきなのです。
震災復興予算だからと言って(被災者の生活保障とは別に)、事業費などは、できれば国中の業者が潤うようにすれば良いのです。

震災復興税なるものを全国民なら徴収しておいて、結局は全国を又にかけて活動する大手企業だけが、その恩恵を十分に受けて、中小零細企業は一部のみが潤うという現象がおきているのです。

また、何でもかんでもすぐにしなくても、後でしても良いものもあります。
そういう面で、本当に適正な発注が出来ているとも思えません。


さらに、何かと言えば人手不足を喧伝していますが、これも政府、官僚のマイルドコントロールなのです。
国民経済の低迷の根源は、仕事が無いからなのですが、其れに対して、どの政府も行政も手の打ちようが無いのです(公共事業の発注は別ですが)。
それを逆手にとって、人手不足を喧伝したいのです。

下記の文章は、{貧困の構造」スレッドから、持ってきたものですが、
我が国の産業別就労者の経緯を現したものです。

昔は多くいた、第一次産業、二次産業(建設業を含む)で働く労働者が随分と減ってきております。
第三次産業が、かなりその受け皿の役目をしてきましたが、それも頭打ち、特に景気あ悪くなると、ここも人手減らしをします(介護の分野だけが、人手不足のようです)。

デフレ解消とか、金融緩和などと言って景気回復を画策していますが、
下記の就労の問題を解決して初めて、我が国は次のステップへ移れるのです。

それなのに、建設業が人手不足などと、なんと言う無責任な認識でしょう。
これでは、何時までたっても国民経済の浮上はありません。
当地でも、仕事がないので倒産したり廃業した多くの労働者が、ガードマン、ガソリンスタンドの販売員、そのたアルバイトの様な状況で何とか生計を立てています。
仕事が増えて、元の仕事に戻る事ができれは大喜びするでしょう。


産業別就労者の推移
ttp://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/5240.html

産業別GNP
ttp://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo10/shiryo/__icsF ..... df#search='%E7%94%A3%E6%A5%AD%E5%88%A5%E5%B0%B1%E5%8A%B4%E8%80%85%E6%95%B0'

年代別下記の表で上は就労者数の実数を示し、中段は、就労者数の産業別比率を示します。最下段はその年のGNPの産業別比率です。

          第一次産業     第二次産業   第三次産業  
1955(昭和30年) 1600万人     950万人    1400万人
           40.0%       24.0%    36.0%
            5.0%      35.0%     60.0%
 
1980(昭和55年) 500万人      2000万人   3200万人
           9.0%      34.0%     56.0%
           4.0%      34.0%     62.0%

2010(平成22年) 250万人     1550万人    4400万人
          4.0%       25.0%     71.0%
          2.0%       25.0%     73.0%

我が国は池田内閣の頃より大阪万博を始め右肩上がりの成長を続けていて1980年頃までは、格別に構造的な危機感を抱かないまま順調に推移してたと記憶しています。
1980年と言いますと中曽根政権の時代です。後にバブルと言う状況は、この頃から始まりやがて1990年過ぎに挫折を生む事になります。

上記のデーターで、1980年は その経緯であったとして、その後数年で、2010年のデーターが示すようなものに急展開しています。
2010年のデーターの問題点として、それまで延びてきた製造業を中心とする第二次産後が頭打ちとなり、縮小してきた事です(1992.年がピークとなっています)。

第一次産業の衰退は止まらず、1995年頃とは雲泥の差です。
GNPにおいてはそれほど減ってはいませんが、それでも後述しますウルグアイランド以降急に食料品の輸入が増えた影響を蒙っているのが判ります。

ここで、産業別分野を示します。
(第一次産業)
 農業、漁業、林業
(第二次産業)
 製造業、建設業
(第三次産業)
公務員、運輸・輸送、情報、不動産、金融・保険業、小売、電気・ガス・水道
それ以外のサービス業(娯楽、医療・介護、警備、飲食、その他)

上記のデーターを分析しますと、第一次、二次産業の従事者が減っているのは世界的傾向と思います。
原因は輸入の増加と生産力の向上です。
ですが、その受け皿となっている第三次産業の収容力は、どれほど期待できるのでしょうか。
過去50年間では、第一次、二次産業の余剰人員を吸収してきました。
結果、第三次産業の就労者が占める割合は70%を超えています。
最近、世界の各地で失業者が増えていると言うことは、この第三次産業の分野でも受け入れかねる人数が発生していると言うことと思います。
それとも、第三次産業の分野で、新たな領域の産業を見つける事が出来るのでしょうか。
そこの問題を検証すると共に、第一次、二次産業の分野の就労者をこれ以上減らさない、もしくは増やすような施策も考えねばならないのではないでしょうか。

第三次産業で今後の収容力増加を見込める分野として

介護、これは財源さえ確保できれば、まだまだ増やせるでしょう。
運輸・輸送、情報については、社会が豊かである限り、まだまだ発展の可能性があります。
成長と共に連動して動くことでしょう。
娯楽もまだ伸びる事が出来ると思います。
新エネルギーの開発、それも拠点を拡散する事による雇用者の確保が条件である程度期待できるでしょう。
また家庭における自家発電装置が開発されれば、さらに期待が出来ます。

しかしながら「物」を媒体とはしない付加価値の生産が経済の主流のなると言うことに、いささか懸念を持ちます。
金本位性が長いこと貨幣の価値基準として人間の経済活動の規範であったように、物を媒体としない付加価値の安定性に疑問を生じるのです。
人間がサービスを受けるための金を、自分がサービスする事によって得られるという図式が、何処までも描かれるのでしょうか。
たとえば、直接生存には結びつかないサービスは拒否も出きます。
貧乏で拒否せざるを得ない場合もあるでしょう。この場合、貨幣の循環は保たれるのでしょうか。
あっと言う間に崩壊もする危険性もあるのではないでしょうか。
また、少なくとも現在は第三次産業の就労者収納能力も飽和状態であることも確実です。

(引用終わり)

安倍の馬鹿は、TPPに加入して、農業を中心に第一次産業就労人口を、さらに半分以下に減らすつもりです。
さらには外国企業の公共事業参入を認め、第二次産業の就労者も減らします。

結果、我が国の就労者の80〜90%が第三次産業に集まらなくてはならないようになります。

都市部は、まだサービス業が増える余地があっても、地方では、何のサービスがあるのでしょう。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.20 )
日時: 2013/02/27 18:05:11
名前: 満天下有人

建設業は第二次産業に分類されていると思いますが、それでも減少傾向を辿って来たのですね。

一挙に大掛かりな公共事業を始める時、一般労働者は全国から集められても、一定の技術を持つ有効労働者の数はどうなんでしょう、どこかでその労働力が不足しているとの意見を目にしたもので。

仮にそうでないとして、今度は融通の利かない官僚仕様が足かせをはめていると言う訳ですね・・・

前回、金融機関の通貨に付帯する貨幣利子とは違う自然利子率(力)の話をしました。この理論は、一国経済循環における「潜在成長率(力)」のことを表し、要素として資本(資金)、生産性、労働力から成り立っている。この労働力が不足するか、流動性に欠けると、その分、潜在成長率は落ちます。

それを安倍ノミクスは、金融だけで解決しようとし、それが出来ないのは日銀の所為だと言ってる訳ですね。この分野は金融当局の問題ではありません、中央銀行がどうして労働力の事までやらねばならないのいか、やれる筈もありません。これは一重に政府の責任範疇に属する事柄です。なのに潜在成長を促す労働力の流動性を欠くような行政に先ず資本資金を流すのですね。

加えて橋立さんご指摘のように、TPPで更に構造をひっかき回そうとする・・・内需振興すれば不労所得の官僚機構に資本を預け、これに外資を導入してグチャグチャな内需にしようとうとする。

内需をきちっと整理して、順序立ててやれば出来ない事も無いのに、経団連も外ばかりに目を向ける。カネを出しても内部留保の蓄積に向かい、超金融緩和による政府資金は官僚機構に握られて、これでは国内立て直しなど出来る筈もありません。そのうち、もぬけの殻になってしまう危惧さえ感じます、この国は。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.21 )
日時: 2013/02/27 19:50:35
名前: 天橋立の愚痴人間

>一挙に大掛かりな公共事業を始める時、一般労働者は全国から集められても、一定の技術を持つ有効労働者の数はどうなんでしょう、どこかでその労働力が不足しているとの意見を目にしたもので。


このようなことは心配しなくくても必要であれば組織は出来てくるものです。
今までも、そうして発展してきました。



かつて、グッキー氏が需要を増やせば供給も増やす事により景気が向上すると言っていました。

卵が先か、鶏が先かの同道めぐりです。

そのような観点から抜け出せずに、彼は空理空論へ走って行きました。
この場合は、はっきりと労働者が金を手にする事ができる仕事の確保が一番先に来るべきです。

政府も官僚も、経済学者も自分自身については食べる事に不安がないので、何時までも経済理論を弄んでいます。
その経済理論が、統計をいじくるだけで、根本的な命題、既成の経済理論には無い領域を見ようとしません。

どんなに物価が下がろうとも、それを買う金が無くては手に入れる事ができません。
先に言った経済政策で遊んでいる奴等には、明日の食べ物を買う心配など想像も出来ないことでしょう。

実際には、毎月10万円足らずで生計を立てている人間が相当います。
10万円でも何とか生きられますが、2万、3万ではどうなりますか。

そういう人には生活保護があると無責任言う奴等も、同じ様に豊かな人間の言う事です。
実際に生活保護も受けられず困窮している人がどれほどいるか。

彼等は、そんなに高給でなくとも、年収150万円でもあれば何とか生きて行くでしょう。
無職と言うことは、そういうことなのです。
これが景気が良くて、いづれ就職が望める状況であれば、まだ希望があります。

TPPもそうですが、現在、経済問題に取り組んでいる連中の発想では、何時まで待っても解決はしないどころか、ますます仕事をなくす人々が増えてきます。
これは経済の理論の問題ではないのです。

金融政策で乗りきろうとか、為替の相場、云々などと言うことを聴くたびに絶望を感じます。
今、確実に出来ることは公共事業を増やして人為的に雇用を確保することだけです。
人々に、もっと金を使えと言っても、もっと国内旅行をせよと言っても、そんなものが有効に機能するはずはありません。

世界の流れはグローバル化が主流で、ユダ菌が早々にはなくならないことは歴史が証明しています。
であれば、その条件下で何がやれるかと言う事です。
以前にも書いていましたが、グローバル化の影響が最も強いのは工場生産品についてです。

第一次産業の分野や建設業は、今でも人力に頼らねばならない領域が多く、やりようによっては、これらの産業を保護育成することでグローバル化の影響から少しは国を守る事ができるのです。
グローバル化、そのものを否定していても始まりません。

公共事業を多くすることで必要な資金の繰り出しこそ(ヘリマネ)、経済学の理論を総動員して考えればよいのです。

これから見れはTPP参加などは、将来、我が国の国内経済を何とか立て直す手段を、自ら奪っているようなものです。
大規模営農を目指す姿勢も、長い目で見れば、国民の雇用を奪う方策です。
今まではともかく、今後は雇用の喪失のない産業を意識して保護するべきなのです。

このような観点からの思考が全く出来てない状況を憂います。
此処まで格差が広がり、世界的に失業者が増えているなど経済のグローバル化の悪影響が解っているのに。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.23 )
日時: 2013/02/28 07:03:41
名前: 満天下有人

相対的貧困もさることながら、絶対的貧困について、誰も改善しようともしませんね・・・資本主義の担い手は、結局個別資本で、企業資本主義ですから個々に求めてもどうしようもありません。

戦後では総資本対総労働なる構図が有効に機能しておりましたが、今や見る影もありません。連合がそれを象徴している所でしょう。

それを総括し、歪みを糺すのが政治というものなのでしょうが、儲かっている企業はボーナスを増やせという幼稚な個別主義で対処しようとする所に、限界を感じます。マクロの眼が全く無いのです。お金を操作すれば総雇用に好影響がある筈だとの幻想から抜け切れないのです。

それは学者理論にも言えることで、近代経済学が『需要と供給』なる現象ばかりを分析するものだから、「需要を」“増せば”という捉え方しか出て来ない、そもそも需要は「満たされなければならない」ものと言う原初的視点が、完全に抜けているのです。その原点に立たない限り、何をやっても堂々巡りのテクニック論の繰り返しで終末を迎えることでしょう。

我々は、根本命題に気が付かない人間の限界とも言うべき、運命的な運動の中で生きているだけなのでしょう。特に国民も含めて自民党的、企業的体質がマジョリテイになっているこの国では・・・。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.24 )
日時: 2013/02/28 10:09:42
名前: 天橋立の愚痴人間

追伸です。

>一般労働者は全国から集められても、一定の技術を持つ有効労働者の数はどうなんでしょう、どこかでその労働力が不足しているとの意見を目にしたもので。

私の経験で言えば、これには別の原因があります。

建築関係の専門家の能力が、徐々に落ちてきています。
設計においても、現場監督のおても、職人の技術においても。

何といいますか、これは精神の問題ですね。
私の経験で言いますと、学校を出て仕事を始めたころ、解らないことばかりで図面を早く書く事ができません。
先輩から言われた図面を期日までにはなかなか書けません。

それで残業する事になるのですが、毎日10時頃までやっていては残業稼ぎと思われるのが嫌で、家に持ち帰って深夜までかいて、翌日、そ知らぬ顔で出来あがった図面を広げていたものです。
先輩への質問も、先輩が嫌がるほど頻繁にしていました。

言われたことを、その都度やり遂げる事によって、自分の技術を磨いていたものですが、随分と前から(私が指導的立場に立ったころ)、後輩は、私の様な行動は取りません。

指示した図面も結局は間に合わず、そうかと言って、仕事なので、私には出来ませんでしたでは済まされず、結局私が手を出す事になります。
当人は怠けている訳ではもなく真面目な奴ですが、要するに根性が足りないのです。

このような傾向は、設計の分野だけではなく、建築関係のあらゆる分野に及んでいます。
現場監督の分野でも、私が若い頃(設計者として)付き合った、まだ若い現場監督は、現場と言うものは3回経験すれば自分の責任でやれるものと言っていました。

彼によると、初めは何も解らないので、先輩のやることを見てばかしで、2回目は自分で考えてやってみる。
3回目は、2回目を反省して、何とか一人前にやれるようになる。

まあ、現場にもよりますが、小さな工事では出来るでしょう。
ですが、最近は帰る時間を気にしながら、受け身でやっている監督では、何年経っても仕事を任せる事ができません。
本人も気にすることなく、永久就職をしたつもりで、所定の給料がもらえれば要領良くサラリーマン生活をやれば良いと思っています。

自分で考えて自分で解決する意思がないので、疑問点を先輩に頻繁に聞く訳でもなく、何でも解りません、それはできませんなのです。

職人の世界も同じで、職人技と言われるものを受け継ぐ人間が随分と減っています。

これは景気、不景気の問題ではなく、雇用の問題でもなく、単なる平和ボケした人間が向上心をなくし、自分の生活ばかりに目を取られている結果と思います。
さらに、大手企業においても、別の問題が起きているようです。
それは大手企業の人間が、自分自身で苦労する事を嫌い、仕事がふんだんにあることを幸いに、多くを外注で処理している内に気がつけば社内の高度な技術を持っているものが激減していて、驚いたという話も聞いています。

東電の原発事故処理でも同じような事が言えます。
東電の正規の社員では、もはや原発事故の処理を誰よりも適正に進めるものがいなかったのでしょう。

このような技術の空洞化も随分と進んでいるのではないかと思います。
一部(テレビで紹介されるような先端技術を駆使する分野)の領域以外の平均的な現象として。


さらに言い忘れ、

>一定の技術を持つ有効労働者の数はどうなんでしょう・・・

について、地方の業者に発注される工事などは、道路を作ったり、擁壁を作ったりする工事が大半で、そんなに専門知識が必要な工事ではありません。
ともかく、ウソが多い発表です。
全て、みんなが考えるほど雇用の問題はないと言いたいのでしょう。
無策の裏返しとして。

部分的な現象を捉えて、それを拡大解釈し全体の問題のようにすり替え、誤魔化す官僚のやりそうな事です。

耐震強度偽装の姉歯事件後の対応も、まさにそれであります。
行政の落ち度を全国の建築士の怠慢として、そのご建築士に対する締め付けを強めています。
締め付けても官僚共に何の利益がないと思われるでしょうが、そこがそうではないのです。
締め付けのための法律を作り、それを監視する公益法人をチャッカリ作っているのです。

ともかく、ニュースなどを信用していては、本当の事が判らなくなる昨今です。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.25 )
日時: 2013/02/28 11:38:11
名前: 天橋立の愚痴人間

>それは学者理論にも言えることで、近代経済学が『需要と供給』なる現象ばかりを分析するものだから、「需要を」“増せば”という捉え方しか出て来ない、そもそも需要は「満たされなければならない」ものと言う原初的視点が、完全に抜けているのです。その原点に立たない限り、何をやっても堂々巡りのテクニック論の繰り返しで終末を迎えることでしょう。

上記の文章を落ち着いて読んでみて、このように思いました。

アダムスミスが資本主義について論及した時期は、殆どの人は物質的に満たされない状況であったと思います。

その後も家電製品を中心に、次から次へと人々が希求する商品を見せ付けられて、常に満たされない状況でした。
ですので、人々は満たされるために頑張ってきたと思います。
それが需要となって供給を刺激していたのでしょう。

ところが現代社会では、自動車も家電製品もIT製品も十二分に行き渡っています。
この上は、自由に空を飛べるものとか、宇宙旅行となりますが、それは少し拡大しすぎて、旨い食べ物を欲しがることとか、自由に移動したい乗り物とか、テレビ、映画などの娯楽志向に比べて万人の求める事でもなくなっていると思います。

満たされなくてはいけないという「需要」の総量が減少しているのではありませんか。
その上に、生産技術の発達が、人々を満たすための生産において、昔の何十分の一と言う人手で済むようになりました。

売買を元にする統計上の資本の「需要」と「供給」は、今でもバランスを取る事ができるでしょうが、
一般庶民の生活の立場での「需要」と「供給」の法則は、成り立っていないという事になります。
意味が無いと言う事になっています。

こんな事は、理論的には50年前に気付かねばならない事で、現実の認識も、30年前には出来たはずです。
ロボットによる生産体制が本格化していた時期です。
統計的には第一次、二次産業の就労者の比率が落ちてきた時期です。

現実は、その対策とは正反対の新自由主義なる経済のシステムが進んできました。
日本はアメリカの属国と言われていますが、世界の経済学者こそ、ユダ菌の奴隷として、あるべき職務を放棄しているのですね。

この観点に立つと。マルクスも現代社会の要請には答えることは出来ていないでしょう。

それは、国民全員が、働かなくとも物質的な「需要」と「供給」は成り立つ訳ですので。

人間はその他の物質的な需要が、幾ら満たされても食べ物をを手に入れることが出来なければ存在、そのものが成立しないからです。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.27 )
日時: 2013/02/28 14:11:47
名前: 天橋立の愚痴人間

イントィッション さんが、引用されている文章について、ろくに読んではいなかったのですが、新ためて意見を言わせて頂きます。


>首都圏のある自治体が最近実施した公共施設の入札は「不調」に終わった。参加を断念した地元の建設業者は「資材や人件費の上昇はバブル期並み」と表情を曇らせる。工期中にも高騰が続けば、赤字を出すのは避けられない状況という。


首都圏で、そんなに建設資材の高騰があるとは、知りませんでしたが、被災地に近いので若干の高騰はあるかも知れません。
問題は、入札不調の原因ですが、公共事業の予算決めは、全国的、平均の単価を採用しています。
それも実際は周回遅れの時点の単価です。
かつ、そこに記載されているのは、大きな規模の工事での発注単価であり、中小零細業者が行なう、小さな工事では、その単価ではとても資材の調達が出来ません(大手企業は小さな工事でも、組織の力で大きな工事並みの単価で資材を購入します)。
その差で、仕事が欲しくても、ミスミス赤字になるような工事の受注を控えたのでしょう。
入札不調とは、役所が規定した、その工事の上限の工事費以下の応札者がいなかったという事です。

また、その入札に参加した地域の業者が十分に仕事を抱えていたのであれば、仕事がなく、少々安価でも応札したい業者がいる地域を対象に入札をすれば良いのですが、行政はそんなことはしません。
不況が続いているおり、行政は出来るだけ、その地域内の業者に限って工事を発注するようになっているのです。

第一、資材の高騰は、ドサクサにまぎれて暴利を貪ろうとするメーカーの魂胆なのです。
住宅建設だけを捉えても、かつて年間150万戸を建設していました。現在は60〜70万戸です。
その差額の生産力は、どこへ消えたというのでしょう。
2年も経つというのに。
コンクリートも鉄鋼も同じです。


仮に、首都圏で、実際の工事が本当に増えているならば、入札不調云々する必要もなく、喜ばしい事ではありませんか。


>建設業界はこれまで、公共事業の削減や景気低迷への対応でリストラを加速させてきた。国土交通省の調べでは、11年度末の建設業者数は約48万と、ピーク時の1999年度末から20%減ったほか、高齢化も進んでいる。このため、老朽化した橋やトンネルの補修・点検など、急増した公共工事に対応する余裕がない。

1999年は、すでに公共事業が削減され、民間の景気も低迷していて、実際のピーク時に比べて、売り上げ面で言えば、20%ではなく40〜50%減の実感があります。
高齢化と言っても団塊の世代が、まだ何とか活動している現在、それは当てはまりません。

>一方で、東日本大震災による復旧・復興工事が東北3県に集中しており、熟練工や建設資材の争奪も激しくなっている。建設物価調査会や国交省の調べでは、仙台市の生コンクリートの価格は2月時点で震災前の4割以上も高騰。昨年4月から今年1月までの「入札不調」の割合が49%にものぼっている。

建築資材の高騰は、この場合、震災の被災地中心に起きていて、鉄鋼など大手メーカーは、それを良い事に全国的な値上げの口実にしています。
かつて、東京オリンピックや大阪万博のおりにも同じような局所的な資材の高騰がありました。
其れに伴って、全国で建設をしようとするものにも影響が及び、工事費の高騰があったものです。
ですが、全体に好景気であれば、結局は、そんなものを吸収して景気が続いていたものです。

>資材の高騰や人材不足の影響は、準大手以下のゼネコン(総合建設会社)の業績を圧迫し始めている。準大手の戸田建設は13年3月期の業績予想について、連結最終損益を当初の385億円の赤字から630億円の赤字へと下方修正し、井上舜三社長が引責辞任に追い込まれた。井上社長は会見で「見通しが甘かった」と唇をかんだ。

請負工事と言うものは、入札がある時点で、業者は資材の単価の確認をして金額をはじき出します。
まあ、工事通で半年の間に高騰する資材もありますが(これは鉄鋼の場合です、鉄鋼は殆ど独占支配でメーカーの言いなりです)、指摘の戸田建設が、震災関係の工事を受注して赤字に陥ったというのはウソです。
かつ、言いましたように大手メーカーが生産調整をしている資材以外は、全国の資材置き場に有り余っています。
震災直後、被災地に拠点を置いていた厨房器具メーカーの商品や空調関係の資材の流通が止まり各地で困った事があります。
現在は、そういう状況は解消されています。
資材の不足が問題となるのは、どちらかといえば頼もしいことであり、そのことを問題とする認識は全く意味が判りません。


>26日の参議院予算委員会で、民主党の桜井充政調会長は、補正予算について「被災地の復興や真の経済再生につながるか疑念が強い」と批判した。政府は「アベノミクス」の思わぬ“落とし穴”にどう対処するのかが問われている。

民主党の馬鹿の言うことなど、論外。
被災地の復興のあり様以外にも、国会議員であれば、考えるべき大きなものがあるであろう。
数十兆円といわれる巨額の費用を使う、復興事業で、いかに国全体の景気の底上げをするかが、政治家としての使命であろう。

被災地を、今の時点で、どうするかなど、学生や主婦の団体に言わせておけばよいもの。

馬鹿、安倍も公共事業の増加と言う面では正しい選択をしている。
やり方と財政の問題を別にすれば。

同じ様に、かつて菅首相が原発廃止を訴えたとき、他のことは差し引いても、私が菅にエールを送ったところ、轟然と非難の対象にされた。

我々自身が、このように正しい方向へ進むはずの道を、100%の倫理、道義において否定していては、民主主義のなか、結局は何も起きない、変わらないことを我々自身が望んでいるという事になる。

安倍にる公共事業は、どうあれ、社会を動きださせている。
考えるべきは財政の問題のはず。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.29 )
日時: 2013/02/28 22:52:53
名前: 國井

裁判官に正義がある訳ないです。
正義のある人が裁判官になったりする訳ないじゃないですか。

この腐敗した日本を形成しているのです。
司法は、独立していないのです。
三権分立は、していないのです。
司法は、権力のためにあるのです。
権力者の手先になっているのです。
社会的ステータスは、人間としての誇りを必要としないのです。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.31 )
日時: 2013/03/01 12:55:03
名前: イントィッション

TPPについて!

こんなホームページを見つけました。。。

TPP−Kokuminと、TPPと国民を結びつけたような言葉を発言し、いかにもすぐに誘導していくかのような宣伝ですが、これはアメリカよりも官僚による推進のようですね〜。。。
  ↓
ttp://tpp-kokumin.jp/

国民皆健康保険も実は、財務省が崩壊させたいのではないでしょうか??? 医療費の請求がドンドン増えていき、医療費によって赤字が膨らむので、財務省官僚は、官僚の高給給与を守りたいために、皆保険を崩壊させ、アメリカの保険会社に肩代わりさせたいんでしょう!!! 

しかし、アメリカは日本の文化や国民の病院通いの生活習慣も知らずに、TPPに参加させたい! なんて、ものすご〜い勉強不足であるでしょう。。。

例えば、TPPが初まったとして、医療に高い保険をかけなければなりません! となると、こんなに高い保険をかけているのに、医者通いしなくちゃ〜損損!と、ドンドン高給年金自給者の爺様ばあ様は、毎日通います。。。となると、医療費の請求がド〜ンとアメリカの保険会社にいくわけですね〜。。。 ありゃ〜とアメリカの保険会社は真っ青になるわけです。。。

と、ISD条項を持ち出して、お宅の国民がちょっとあったことでもすぐに病院に駆け込むので、こちらは大赤字になったので、その賠償をしていただこう!!! となるわけです。。。WWW。。。

そして、今現在でも、自動車部門はアメリカ国内で、日本の車の売り上げがトップ競争となっておりますが、その反対にゲゲゲの争いにクライスラーなどのアメリカの車ですが。。。

TPPで日本にアメリカの車が来ても、買う人がほとんどおりません!!! となると、売れないので、すぐにISD条項を持ち出して、日本でアメリカの車産業が損をしたので告訴してきます!!!

今、F35戦闘機は、日中戦争のために、維新の石原爺や自民の安倍シンゾー(27日の国会では、トイレ通いが多かったそ〜なぁ!)カルト宗教団体が、もう購入を決めていたのですが、欠陥が見つかって、今度は日本の企業がF35戦闘機の欠陥を埋めることが決まって、やはり、アメリカ人には製造は無理! ということがよく理解できました。。。

それなのに、何でも損損!とISD条項を持ち出してくるアメリカはただの押し付けであり、韓国とのFTAでも、アメリカが損をしたともうすでにISD条項で訴えております!!!

2日前は、生活の党のハタさんが、TPPの交渉の内容を、英文でどのように伝えたのか? と外務省の担当者に聞いたところ、その時の英文の記録はとっていません! と発言!

英文の内容と、シンゾーが言うTPP強行発言は意味がとても違うと思います!!!

ハタさんは、英語で交渉した内容を記録していただきたい! と発言されました!!! 

たくさんの野党がTPPの反対を掲げているのに、昨日、シンゾーやブタ積み太郎が宣言書を読み上げる!!!

これは絶対に財務官僚が中心となって、マスゴミや国会での宣言をやらせているものと思います!!!

永田町は売国奴だらけ!ですね〜!!! (怒!!!
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.32 )
日時: 2013/03/01 13:26:33
名前: 天橋立の愚痴人間

イントィッション さん

紹介のサイトはTPPを促進する国民会議(名前が気に入らない)のPRですね。
真実は「TPPとは何か」スレッドで、TPPの条文を検証して、説き始めていますが、全くことなるものです。


当代世間騙し装置 医療編。

TPPに参加すると何故、日本の皆保険制度が崩壊するのか、そのストーリーが良く解らなかったのですが下記の様な事が起きるらしいです。

日本の保険制度が危機に瀕しているのは老人の数が増えている事もさることながら、医学の発達で高額医療が増えていることもあるようです。

混合診療を認めない代わりに、どうしても保健医療である程度の先端医療もしなければならず、実際には、相当高額な医療も保険でやっている。

混合医療制度を認める事により、高所得者は、別途自費で医療を受けるか、高額医療も対象にするアメリカの保険(掛け金も相当高いが)を利用すれば良いという事になるらしいです。

一見、問題はないように思われますが、その内に、日本の健康保険(掛け金は国民皆保険を対象にしているので安い)で受けられる先端医療が保険対象から外されて行く事が想定されるようです(財政上の理由で)。

要するに、金持ちはアメリカの保険を使い先端医療が受けられ、貧乏人は日本の保険を使い、それなりの治療で済ませるという事です、

同時に、そうなるとアメリカの保険を多く使う医療施設と日本の保険を使うものが多く集まる医療施設とは医療機器の内容も格差が出来、病院にあつまる医師の質も格差が出来ると言うものです。

TPPで皆保険制度が破綻すると言う説明だけでは此処まではわかりません。

「当代世間騙し装置」そのものですね。

食の安全についても解説していますが、このサイトで言われていることとは全く違います。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.34 )
日時: 2013/03/01 20:38:15
名前: 満天下有人

税理士に聞くと費用がかかるせいか、頼まれて2、3税還付申請を手伝ってあげた。まあ、小さな数値だが生命保険料控除に新旧区分が出来て、昨年度加入の保険料控除はそれ以前より少なくなっている。

これまで控除項目の廃止があいつぎ、実質増税が進められて来たが、一方、東北災害復興税が今年度より課税される。今後25年間所得税では2.1%、県民税、市町村税の地方税は一律1000円。野田が野ブタ豚舎の代表の時、復興予算19兆円の財源が無いとして10兆円を臨時増税と称して増税した。25年間も徴収するのに臨時なる言葉を被せた騙し装置であった。

さあ、豚舎の主が政治的に合意してくれて喜んだ霞が関ブタ共の流用は目を覆うばかりだった。
やれ捕鯨調査に23億円、自衛隊戦闘機訓練費に19億円、自衛隊施設改修費に21億円、その他軍事訓練機器に54億円、国税庁施設改修費に6億円、国立競技場改修3億円、外国青少年交流費72億円、岐阜県コンタクトレンズ支援費3千億円・・・枚挙にいとまも無い。

外国英少年交流費の使途は、原発事故風評被害を防ぐためとされ、外へのPRばかりで国内では、メルトダウン放射性物資がその後どうなっているのかは、伏せられている。

TPP然りである。安倍は国会でしきりに聖域なき関税ばかりを答弁しているが、問題を関税にばかり向けさせ、その背後にある大きな問題から眼をそらさせる。ニュージーランドでは政府が秘密交渉せねばならぬ程の事がTPP交渉に潜んでいるなら、それこそ公開交渉にせよとの世論が65%に達しているとの記事も目にした。こちらは逆の騙しに一生懸命である。

目につかぬように差配する税とその使途の問題を始め、ダマシテクニック全開の様相になってきた。
騙されぬようにしようとする民も、騙さにゃ損だとの機運がはこびり、民間企業でも労使を問わずそのムードが蔓延して来る。

騙し合いせねば生きて行けない社会って、何なのだろう・・・監視の眼ばかりが発達する夜警国家、これに騙し社会が重なっては、行き着く所は目に見えている。
メンテ
騙し装置で青少年は健全になれるのか ( No.35 )
日時: 2013/03/02 09:10:52
名前: 満天下有人

・・・昨日、東北復興予算の流用を投稿、その中で自衛隊訓練、訓練装備、施設改修費への流用が大きいと書いたら、自衛隊も 国防軍になるのだし、予算は もっと増やすべし、日本男児青少年の精神崩壊を立て直すには、軍隊に入れ心身の訓練が不可欠緊務とのお叱りメールを頂戴した。

言いたかったことは、このような薄汚い官僚仕様で、国の背骨を糺せるのかということであった。防衛官僚による不正事件、隊員による不正事件が後を絶たない。復興予算の流用問題の他では、軍事産業に対する脱税と言える行為の容認、数え上げれば枚挙に暇もない有り様だが、税のかすめ取りと言える水増し請求が950億円に上っている。

トップは日本電気NECの263億円だが、この合計950億円の他に問題視されていたのが三菱電機の992億円。三菱重工他に至ってはすごいものだろうと想像が広がる。

昨今ではインターネット情報の拡汎で若い者も色んな情報を入手できるから、軍事不正を知る者も少なくないことだろう。こんな構造の中で軍隊教育をした場合、昨日も申したことだが、騙されるならこちらも騙してやらにゃ損だとの気分が蔓延してもおかしくない。果たして健全な鍛え方が出来るのだろうか。確かに昨今の若者はおかしくなっていることは否定しない、だが、それを糺せる資質がそもそも社会から消え失せているのではないか。

国防軍にするのだからもっと予算を増やさないといけないとの論も、正当性を持つかにも聞こえるが、そもそもこの国防軍設定の為に憲法改正までが結び付けられる風潮が如何なものかと思う。
憲法改正が国防軍必要性から始まり、そして改正手続きとしての96条の国会議員2/3を1/2にまで緩める論拠は、一体何によるものなのか。手続き論だけを改正の表にすることは、要するにテクニックだけで改正に持ち込み、それ以前の一国の土台になるべき最も重要な憲法精神の哲学性など全く無視され、単に軍事だけを持って改正するなどとは、近代法の精神の過程においても聞いたことも無い。軍事は結果としてそれに伴うものであり、話が逆さまである。

国家と法の関係は何かといえば、ホッブス、ロック、ルソーと繋がる社会契約説がその始まりである。それ以前の王権神授から、国家を形成する国民の手で社会契約が成されるべきだとの思想が、古くは王権を制限した13世紀の英国マグナカルタから、18世紀のフランス人権までの流れの中で勝ち取られ、思想哲学の根本は、個々人が自然との契約を行うが如く、個々人の間だけで契約行為を行うだけでは、社会は成り立たない、個人の欲望が秩序を妨げる(ホッブスの万人の万人による闘い)から、国の代表者を決めて国民と契約させる。契約の実効を担保させる為に法の支配を行う。

その根本にあるのが近代国家における法の大元・憲法を真ん中に置いた。近代国家の思想の軸はそのようにされて今日に至っている。所が国民との契約によって社会を運営すべき代理人の場・政治が契約をごまかし騙すようになってしまった。基本精神などどこかえ消えてしまった。憲法改正を手続き論を変えてしまえば精神が事足れりとする有り様など、その典型ではないのか。軍事にかこつけて税泥棒が如き行為も、その典型ではないのか。発想が軍事から始まるのでは,原始共産体と何ら変わる所も無い。

グローバリゼイション下にあっては、そんなこと言ってる場合か、食われてしまうと言うなら、伝統的文化によって保たれて来たある種の秩序、それも憲法を構成しているそれさえもどうでも良いと言うことになる。TPPが好例だろう、そこにも手続き論が表を闊歩して、本質が忘れ去られてしまっている。

憲法改正手続き論によって変えられるだけの国防軍によって、果たして青少年は育成され得るものなのだろうか。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.36 )
日時: 2013/03/03 19:45:02
名前: 小心者

確定申告の時期が来る度に、むかっ腹が立つと言うかストレスが一層昂じます。我々如き貧困層からさえも、取っても取らなくても良さそうな所得税を取り立てます。尚且つ其れで済んだ訳ではなく、国税の10倍近い地方税が問答無用で課せられます。此れが尤も腹立たしい事で、本当に無力感に苛まれるのです。そのほか後期高齢者医療保険、介護保険、今年は復興税まで課せられるのです。其の上、年金は又も減額です。
それで居て「政党助成金」を廃止すると言う事を聞いた覚えが有りません。実に恐ろしきは国家のダニ共です。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.37 )
日時: 2013/03/03 20:24:25
名前: 満天下有人

実に腹立しくなりますね、額のことより、そのこすからしいやり方が頭に来ます。そしてその使い方を合わせて見ると、もう古代専制収奪国家のようです。

ここまでやるなら、政党助成金など真っ先に廃止すべきですが、廃止を決める所が、取る方の立法を決めるのですから、手に負えません。そして税を負担すべき所には甘い。

続いて消費増税ですね、財政立て直しの為にと言うのが、立前になってますが、こんなやり方では、いくら増税しても財政など立て直せる筈も無し。国富とは万遍なく富の力が涵養されて初めて可能になるのに、平均層を逆に押さえつけるでは、まあ、先行きが見えると言うものです。



メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.38 )
日時: 2013/03/04 11:28:10
名前: イントィッション

やはり、財務官僚でしたね〜。 勝栄次郎という財務次官の盗賊!!!

 消費税大増税をやらせた男! 勝栄次郎! 

 独立行政法人「情報通信研究機構」のIT関連事業に500億円もの予算をつけた 勝栄次郎!!

 実は、自分の天下り先の企業!!! つまり、盗賊と同じ! 税金の詐欺罪に匹敵!!!

 財務事務次官という税金泥棒を早く、無くしてしまえ〜!!!
   ↓
 ttp://gendai.net/articles/view/syakai/141162
メンテ
財務省の騙し装置 ( No.39 )
日時: 2013/03/04 13:35:41
名前: 満天下有人

全くどこまで国民を食い物にして自己利益を図るのでしょう。

勝財務次官の天下り先・インターネットイニシアテイブが、政府情報のセキュリテイを請け負うとかで、500億円の大盤振舞い、情報通信研究機構の本予算は僅か5800万円なのに、まあもう財務官僚機構のオラが大将気分がさく裂、もう堂々とやり始めましたね。

何しろ勝次官は、財政再建のごまかしを使ってでも消費増税してくれた恩人ですからね。

しかしそれで以って財政再建は不可能でしょう、何時か計算して見た赤字財政と新たな公共事業費200兆円の利息だけでも10年間で200兆円近いものになります。消費税25%にしないと追いつかない、それでも1000兆円の借金は減りません。社会保障費の改革も出来ません。

なのに官僚機構にはいくらでも注ぎ込むのです。以前ならバツが悪そうにこっそりやってたものが、いよいよ正面から堂々とやり始めましたね。
メンテ
神がかって来た安倍シンゾー ( No.40 )
日時: 2013/03/05 08:41:25
名前: 満天下有人

先週、本来ならネジレ参院では成立の見込みが無い補正予算を、たった1票差でも通過させた自信からか、シンゾーの国会答弁も些か詠嘆調を交えて神がかって来た。

賛成は御多分に漏れず、自公維新だが、これに民主党と連立を組んでいた国民新党に、どちらかと言えば小沢グループに近かったみどりの風が加わり、そこへ民主党の川崎議員が賛成に回って117票VS116票の1票差の賛成となった。
総額13兆円で、補正としては過去二番目の規模、8兆円が国債財源で賄われ、民主党政権の時の赤字国債44兆円と合算すると52兆円の国債発行となる。まあ、中身は崩落トインネルなどの補修費、景気対策としての公共事業費が10兆あり、それはそれで緊急を要するとしても、国家100年の大計無きオカネばら撒きの印象は、相変わらずだ。どうせ後で復興予算の流用と同じように、中身は名目を変えて流用されるものが多いことだろう。

赤字国債のことなど、もうどうでも良い、最初は○女の如く、後は脱兎のごとくで、天文学的赤字に至る過程で、いずれ通貨に対する信認が破綻するのは目に見えている。インフレターゲット然りである、幻想が幻想を巻き起こし、うっとりと詠嘆調になっているうちに、はたと幻想に気がついて通貨価値が破綻する。悪性インフレを抑えるために今度は、超金融引き締めをやり金利が高騰する。過日、現状のままでも10年後までの利払い累積は約200兆円に達すると計算したが、こんな額では済まなくなる。分かりきっていてもやるなら、毒を喰らわば最後まで行くもよし・・・但し、増税に対する生活者の悲鳴を伴って。

あれもこれも騙し装置でやっている内に、どれがウソでどれがほんとだったのか、ご本人も訳が判らなくなり、頭が朦朧として更に詠嘆調にもなるのか(笑)、シンゾーの背後には得体の知れない新興宗教があまた控えていることだし、神がかりで誤魔化す術は、御手のものであろう(笑)。

しかしホワイトハウスはどうやら誤魔かしに乗らなかったようだ。シンゾーはTPP聖域なき関税撤廃に例外を求めて、あたかもオバマの同意を得たかのような印象付けをやっているが、ホワイトハウスとて米議会の同意も無しに、事前にそう簡単に例外を認め得る筈がない。2日の朝日が、帰国後の説明などを変更する機中での緊急打合せの模様をスッパ抜いていた。

シンゾーが選挙当時の自民党のポスターで、自民党はTPPに反対ですと謳ったあれは何だったかと突っ込まれると、あれは公約では無い!と本音を漏らしたように、訪米によって米側の関税一部例外を認めさせたら、帰国後の演説で一気に参加表明する手はずだったのが、ホワイトハウスの確約が取れ無かったものだから帰国機中で、原稿を大幅に修正したと・・・

米市民団体も秘密主義のTPPを批判している。垣根なき経済の世界化は、それぞれ諸国の長年に亘る文化伝統を踏まえた秩序も無き物にしてしまう。その先端にある日米同盟を基軸にして、何で美しき日本に立ち戻ると言えるのか・・・詠嘆しているに過ぎない。ネジレ参院で補正予算成立の勢いをかって、今度は96条憲法改正の為の技術的改正に踏み込み、今の状況ではそれも成立するだろう。

憲法とは、軍事だけの問題では無い。改正するなら基本理念の再構築なる根本、原点と生命力から、練り直すべきものではないのか。国民としての平均的文化的生活のことはどうする積りなのか。単なる9条の問題では無い、他に再構築すべき条項は多々ある筈ではないのか。

民主党の詐欺政治、それに続くダマシ装置政治、小泉以来、一体何年続ければ気が済むのだ。



メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.41 )
日時: 2013/03/05 11:10:28
名前: イントィッション

>民主党の詐欺政治、それに続くダマシ装置政治、小泉以来、一体何年続ければ気が済むのだ。
     
まったく、官僚が怖いのは、やはり小沢さんではないでしょうか?!?
だから、小沢さんをメディアを使って、大罪人にしたてあげた!!!
多分、財務官僚の中には、統一教会や創価学会の詐欺屋が存在しているんでしょう!!!

日刊ゲンダイはこう最後に記しています。。。
  ↓

★今回の補正予算はデタラメだらけで、民主党政権で統廃合が決まった独法にどんどん予算がついている。天下り禁止もナシ崩しに容認され、昔ながらの自民党利権政治が完全復活したということです」

 ★シロアリを肥えさせるだけの補正予算なら不要だ。巨額の血税をムダに使われても、黙って安倍政権を支持している国民はお人よし過ぎる。

安倍政権を指示している国民はお人よしなどではなく、完全にメディアによって脳を壊されてしまったんでしょう!!!

TVで国会を見る人もほとんどいなくなりつつあります。。。 まるでそんなものタブーで、見ただけ怒りが湧いてくるので見ないほうが体に良い!!!と言う人も居ますが。。。

昨日の衆議院の質疑で、自民党の女性の議員が、リークした話と、必要以上に英語の単語を使用して、発言していましたが、リークという意味が解らない人が多いはずですね〜。。。 国民の中にわからない人が多いから、なおさらそんな単語をひっぱりだして発言しているんでしょうか??? さも、国会は国民のための国会ではないような態度ですね。。。

まず、国民の態度から改めていかないと、もうこの国は終わりでしょう。。。

と言っても、天橋立さんがいつもおっしゃるように、明日、銀行へ行ったら、閉鎖されていた!!! とか、スーパーへ行ったら、品物がほとんどなかった!!! とか、そんなことが無い限り、気が付かないんでしょうね!!!

もう永田町や霞が関は道徳の無い狂った猿人ばかりしか存在しないのでしょうから。。。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.42 )
日時: 2013/03/05 11:43:27
名前: 天橋立の愚痴人間

新しい日本のかたちを明確に提示できれば、官僚共は、其れに倣って来るでしょう。

自民党も民主党も、

それが出来なかった。

同じことを、幾ら繰り返しても、官僚組織を動かすことは出来ない。

新しい国の理念を

新しい経済の理念を確立し、取り入れることこそ

官僚を変える事ができ、社会を変えられる。

そうして、それを(新しい理念)

官僚に求めることは無理な話し。

官僚とは、そういう者。

頭は良くても、本当の所は無能者であるのが

官僚の特性。

奴等は事務屋に過ぎないのです。

官僚を謗るよりも、

もっと大きな謗りをするべき方向があるのでは!
メンテ
安倍よ、TPPに対し十字架演説の気骨はないのか! ( No.43 )
日時: 2013/03/06 08:19:18
名前: 満天下有人

『人類はかつて二千年前、ナザレのイエスを十字架にかけた。しかも、今日、どうであるか。諸君は、いわゆる世界の世論なるものが誤っていない、と保証できようか。われわれ日本人は、現に試練に遭遇しつつあるのを覚悟している。ヨーロッパやアメリカのある人びとは、いま二十世紀における日本を十字架にかけんと欲しているのではないか。
諸君!日本はまさに十字架にかけられんとしているのだ。
しかし、われわれは信ずる。固く固く信ずる。わずか数年ならずして、世界の世論は変わるであろう。しかして、ナザレのイエスがついに世界に理解されたごとくに、われわれもまた世界によって理解されるであろう。』

・・・これは安倍首相の血族で外務大臣の松岡洋右が、満州事変以降の国際連盟による日本への対処に反発した有名な演説で、十字架演説と言われている。

日本の満州進出に対し、当時の西欧列強がリットン調査団を満州に派遣、報告書では日本の権益は認めるとしたものの、満州を国際管理下に置くというもので、これに対し松岡外相が行った反発演説である。

演説の背後には、満州侵略に対する策謀を交わそうとする意図も見え隠れするが、松岡は国連脱退の意図は持っておらず、当時の外務省、軍部の圧力で脱退したとの学説もあるが、満州侵略の意図は消去して、演説の言葉をそのまま文字通り読めば、昨今の安倍による巧妙なTPP参加の意図とは正反対の毅然とした姿勢が見える。

安倍は農産物関税は維持するとして、13日に交渉参加を決断。関税だけに焦点を合わせて、他の医療、保健、軽自動車問題、地方自治体の公共事業にも門戸を開けとする条項、労働慣行も根本的に変えられてしまう(尤も、この分野は既にリストラ自由で、既に変えられてしまっているが)、企業が相手国の伝統習慣による規制によって利益が毀損された場合は、企業が相手国を提訴できるとするISDS条項などは、一体、どのように対応するのだろうか、他の条項には全く触れずに関税ばかりで騙し討ちにする風情である。血族上、叔父に当たる松岡外相のような姿勢を何故取らない。

米側のTPPにおける日本の取り扱いは、小泉時代に強化された日米構造改革年次米要望書と同じである。その後、批判が起こって一昨年に名目は日米経済協調対話なる名称に変えられたが、底流の狙いは全く同じである。日米同盟新指針も三位一体となっている。

先月28日にはインドで労働者が、新自由主義的経済政策に反発して、1億人規模のゼネストが決行されている。松岡外相の演説の一説を引用するなら、「わずか数年にして世界の世論は変わるであろう」・・・だがこちらでは新自由主義経済に益々のめり込んで行く、それでも大衆は我関せずだ。

日本の伝統を取り戻すと言いながら、伝統的風土を根こそぎ変えてしまうTPPにのめり込まないと、日本は国家として存続出来ないとでも思っているのか。

憲法改正自民党私案序文など、女学生が如きものだが、それでもキリスト教圏とは違う美しい平穏な風景までもが、浸食されて行く。原発は維持せよとの米ネオコンからの指導(笑)、東京湾でも放射能汚染の数値が出始めている。そでもこの国では原発を維持する・・・春先ののどかな海の風景も、どこか消えてしまいそうだ・・・

♪松原遠ぉ〜く  消ゆるところ〜
 白帆の影は浮か〜ぶ〜
干網浜に高くして〜  かもめは低く波に飛ぶ〜
見ぃ〜よ 昼の海ぃ〜 見〜よ 昼の海ぃ〜♪

♪. 島山闇に〜 著(しる)きあたり〜
 漁火光り〜淡ゎし〜
  寄る波岸に緩くして〜  浦風軽ぁる〜く沙吹く〜
  見ぃ〜よ 夜の海ぃ〜  見ぃ〜よ 夜の海ぃ〜♪
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.44 )
日時: 2013/03/06 11:36:21
名前: 小心者

全く同意します。

私が何故現在の日本に失望するのか? 将に此の事! 日本の政治家・官僚どもの奴隷根性、独立自尊心の欠如の故です。

我々一般国民が持っている「日本人のアイデンテティ」を彼奴等は何故持ち合わせていないのか?

政治家であれ、官僚であれ、人間であれば“エゴイズム”を持っている事は認めるものの、彼らの立ち位置を全く無視した行為、即ち国益を害する行為を何故行うのか? 幾ら考えても答えが見付からないのです。

こう言う“国賊的人物”を国家指導者に選ぶ事しか、我々日本人には出来ないのは何故か? 

我々日本人は、何故ここまで無知蒙昧に成ってしまったのか? 本当に答えが見付かりません。

当節の、政治や官僚や財界人の言動を見ていて、つくづく思うのは、「如何に彼等を責めても無駄である。彼等を輩出した日本の土壌そのものが、腐敗し、劣化し、枯れ切っているのである所為だ!」と言う事です。

日本人が、此処まで無気力・無能に成っている状態を、リセット又は再生させない限り、日本は生残れないでしょう。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.45 )
日時: 2013/03/06 15:08:56
名前: イントィッション

おっちゃん!

昨年の選挙違反、東京裁判で判決がでました!!!
 ↓
 ttp://gendai.net/news/view/102596

東京高裁、昨年の衆院選に違憲判決

 しかし、選挙のやり直しはできませんでした。。。

 これで、安倍は偽総理と可決されました!!!

これから偽総理と呼びましょう!!!

多分、財務官僚がコントロールした選挙だったんでしょう!!!

国民の主権ではありませんでした!!!
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.46 )
日時: 2013/03/06 17:46:37
名前: 満天下有人

全く、今の政治家どもは、政治を稼ぎの場にした政治稼業屋に成り下がってしまっていますね・・・昨今の民主党、国民新党から出て行った政治家共、どこの政党に行った方が得か、基準はそれだけで、政治家としての本来あるべき信条など皆目ありません。

これに対する国民の政治姿勢も、ミーハー的で、国民の権利など二の次にしか考えません。だから政治側も本心では有権者を馬鹿にして、迎合姿勢(ポピュリズム)を示し、権力の座についた途端に正反対のことを悪びれもせずに平気でやる。

小心者さんの年代を知りませんので、失礼になるかも知れませんが、現在の67歳以下の世代は、生まれた時から日米同盟の社会で育ち、それが当然のこととして疑問も抱かないと、ある社会学者の記事も目にしたことがあります。それ以外の要素も勿論あるでしょう。

全部が全部そうとも思えませんが、企業がリストラするのも当然と思い込まされるような経済制度の中で育っていますから、権利の主張も弱くなってしまっている。連合がそうなのですから、もう自業自得の様相です。政治権力が言い出さないと賃金も上がらないのです。

我が国独特の穏やかな助け合いの心が、間違った相手にまで適用される、騙しの装置にまんまと乗せられる光景です。行き着くところまで行かないと根本的な権利は何なのか、気が付かないことでしょう,かなりの時間を要するものと思います。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.47 )
日時: 2013/03/06 20:06:58
名前: 満天下有人

あっはっはっイントちゃん、偽総理ですか(笑)。

シンゾー→空き菅→野ブタ→またシンゾーと、最近はニセ者が一国のトップに座るのですねぇ〜。

シンゾーは幹事長時代に、手をかざせば神様のお告げが分かると言う彗光塾とやらの、如何わしい宗教団体でも演説をやっていた。とにかく変な新興宗教がお好きなようで・・・サテイアン総理はどうだろう(爆)。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.48 )
日時: 2013/03/07 11:21:16
名前: アナーキスト

満天下 さん、

悔しいけれど、もう立派な後期高齢者です。「我若し 未だ三十路半ばなりせば・・」と思う事は思えど、そんな歳であっても やっぱり日本を変える行動は起こし得ないでしょうね。自分も相当に意気地なく気力減退してしまって居るのです。 ですから「若い連中を責める事は出来ない!」と言う事は承知しながら、口だけは イエ 指だけは達者で、ネットで悪態を吐き続けている、と言う始末です。 と言うのも、二十歳代の頃、たった一人で勤め先の“一部上場企業”のノーテンキな方針を変えてやった、と言う“ゴマ粒”ほどの自負心を持っているからで、この節の日本人の殆どが全く声を上げない事に、失望と焦燥感を強く感じているのです。

敗戦の時、これまでの価値観がガラガラと崩れ去り、これからは「民主主義」と言う四民平等の世の中に成るのだ! と教えられ、国民は住む家も碌に無く、毎日空き腹を抱えて口に糊する物を探し回っていたけれど、新しい日本を築くのだと言う気概は当節の比ではありませんでした。

その辺は良くした物で、アメリカとその手先に成った政治と資本が、急いで国民の腹をクチクする方策を講じたため、僅かな満腹感で忽ち何も言わなくなって仕舞いました。実に「飽食は馬鹿を生む」とはこの事です。

ですから今思う事は、「いっそこの際、日本を“グランドゼロ”にしてしまえ」と言う事です。日本人はそうでもしなければ此の後も“肥えた豚”でしか在り得ないでしょう。 復活には何十年掛かるか知れませんがね。
メンテ
太った豚 ( No.49 )
日時: 2013/03/07 12:08:19
名前: 満天下有人

そうですか、アナーキストさんも後期高齢のお仲間ですか。この歳になって新自由主義風潮の社会に振り回されるとは、夢にも思いませんでした(笑)。

「太った豚になるよりも、痩せたソクラテスたれ」と訓示したのは、東大層総長を務められた社会政策経済学者の大河内一男さんでしたか・・・ソクラテスほどの毒杯を煽る哲理も持ち合わさず、ただ痩せガラス老人になってしまいました(笑)。

目下の国が、このような有り様になった社会因子は、あれこれ論議されるところですが、やはりヤマトンチュウの遺伝子には、相手をおもんばかる忖度の気質がどうしても根を張っていて、政治に対しても何事に対しても、相手にも色々あるのだろうと、譲ってしまう、その考え過ぎが目の前に起こる現象に対し、曖昧な姿勢となって現れる、そんな気がしてなりません。外交然りでしょうね。TPPで「センシビリテイ」なる言葉が安倍と米側の交渉で出たことも、その端的な一例でしょう。米側は日本側の農産物関税維持について、そのセンシビリテイは理解したと、曖昧な日本側の姿勢を理解した振りは見せるものの、分かった振りをして洋鬼どもは、バッサリやりますからね・・・

曖昧な姿勢、政治がそうさせていると言うよりも、何事につけ民族がそうさせてしまっている要素が、一番の原因ではないかと思います。

これは、時間の経過と共に、直せるものでもないか…気質ですから。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.50 )
日時: 2013/03/07 13:45:47
名前: 國井

満天下有人 さま

センシビリテイ?

センシビリテイこの社会が腐敗しているのは、そんなものじゃないでしょう。

既成政党も
ある程度にこの世の中の立ち位置を獲得した国民も何とか維持したいと
腐敗の中で権力に阿ることで、今の社会が形成されているのです。

この村社会にいると、
権力の手先になって、弱者を苛めに来ます。

村長選の公選法違反事件で、
「私は、対抗馬の村長の妻とは、従兄弟になるが、就職(厚労省)を斡旋して貰った方が大事なので、
落選した村長の応援をしました。」

私が村長に立候補して、落選した時、
2名の者が入れる人がいなかったから、選挙に行かなかったと我が家来た。

後で聞く所によると、その人物は、対抗馬のために動いていたと聞きました。
当選した村長に相手にして貰えなかったので、そんな事を言っているんだと。

体制側にいる者らは、その立場を確保するために躍起となって、腐敗した社会が形成されているのです。

革命は、日本には合わないと思います。
グラウンド0。
空即是色 色即是空
ヨーロッパ文明の発達は、インドのゼロの概念によって、発達されたと言われます。
ゼロの思想を国民が忘れているのではないでしょうか。

私は、般若心経は、私の宗旨では、読まれませんが
仏教者としては、理解できます。

蛇足ですが、他力本願を努力しない事に使われますが、
特に石原慎太郎が多用しますが、仏教者として、不甲斐無い気持ちでいっぱいです。



メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.51 )
日時: 2013/03/07 15:19:13
名前: イントィッション

今日、3月7日は、國井さんが大嫌いな小沢議員を支援する会があります!!!

多分、メディアの頭脳コントロールのせいであると思います。。。

私は、この国を財務官僚やユダヤ金融から守ることができるのは小沢さんだけだと思います!!!
昨日の森ゆうこ議員の国会での質疑の間、すばらしい発言をされていました!!!
ところが、偽与党のクズ統一教会自民党どもは、ニヤニヤ笑った、まるで小馬鹿にしているようなふるまい!!!
私はとても怒りましたが、実は、一番怖いんですね〜。。。偽与党にとって、小沢さんと森ゆう子議員が一番怖いのです!!! だからあのようなふるまいをしているのでしょう!!!

 中継はこちらです!!! 本日、夕方の6時30分から開催です。
   ↓
 ttp://minshushugi.net/activity/index.cgi
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.52 )
日時: 2013/03/07 15:46:55
名前: 國井

イントィッション様

勿論、私、反小沢である事は、勿論です。

だからと言って、他の既成政党を是認している訳でもありません。
既成政党、みな同罪です。

口先だけでは、何でも言えます。

今まで、何を行ってきたか、
国民が苦しんでいる体制の中で、如何にその地位を維持するかばかり、精神を集中するだけです。

この日本社会を形成したのは、政治であります。

勿論、そのような政治家を擁護してきた国民ですが・・・

そのような国民を欺罔してきたのは、政治家です。
メンテ
色即是空に安住できるか・・ ( No.53 )
日時: 2013/03/08 11:55:23
名前: 満天下有人

・・・國井さんが言われる「ヨーロッパ文明は、インドのゼロの概念によって発達した・・・」
機会があればそこを、も少し教えて頂きたく思います。つまりグランウンド0の思想がどのようなものであったのか・・・3:11のNY貿易センタービルの爆破でも、グラウンド0の復興合言葉がよく聞かれました。破壊されることで0に戻り、しかし0から復活してやるぞ!そういう思想がヨーロッパ文明の土台であったのか・・・

・・・仏法における教え、色んな比喩にも使われる難解な教え・・・形となって見える現象形態=色、その本質は「空」=目に見えない本質によってこの世は構成されている。本質は動かない絶対値なのに、人間の色を見る角度によって常に変動しながら動かされている=無常・・・

色によって本質が見えなくなる時、常に本質に戻れと言う教えは、法華経でも「能詮は報身、所詮は法身、色相の文字は即ち応身なり」と、現象である色相に迷った時には応身=仏にすがれと言う意味のようですが、でも色相の本質が何であるのか、それにどう対処するかは、やはり人間が創り出したものには、人間が対処せねばなりません。

先日ここでも超高速素粒子発見装置のことを書きました。目に見えない最後の物質・素粒子を発見する為の巨大な装置、生命の謎も解明できるかも知れないというシロモノ・・・

生物も含めてこの世のものは、全て物質で出来ている、生命も例外では無い、その謎を発見しても、目に見えない物質・本質を見つけても所詮、人間は「空即是色」の観方しか出来ない生き物ですから、現象として現れている社会の諸々の歪みをどう糺すのか、目に見えにくい社会現象の「空」を探る努力が求められている筈だ・・・仏法の教えを現実に照らして見る時、さようなアプローチが求められているやに思えます。

ただ仏に頼るでは、一種の「諦観」に漂うでけになってしまう。

生身の人間、あるいは他の生命体にせよ、物質で出来ているにせよ、共通していることはみな生命を持っていることです。釈迦の説話と言われるものに「一音(いっとん)」なる言葉があります。全ての物質には命がある、そういうことのようですが、短い生命を社会と言う仕組みの中で、どうやって全うするか、させるか、そこが命題になるのではと思います。

仏にすがれ(=他力本願)だけでは、グラウンド0になるだけで、物質で構成されている人間からも物質を取り去れば、無になってしまうだけではと思いますが・・・「空」の本質を把握して「色」を変えねばなりません。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.54 )
日時: 2013/03/08 11:57:01
名前: イントィッション

國井さん!

 もう一度、小沢さんを信じてあげてはいかがでしょうか???

 もう私たち、このマイナスな方向に回っているグローバル化:ハゲタカ詐欺中心主義から日本の全ての良い富を守るのは今、小沢さんしか居ません!!!

 他は生活の党と緑の党を除いては皆クズです!!!

  昨日の小沢さんのインタビューの動画をここに貼り付けておきます。。。

  ぜひ見ていただけることを強く希望します。。。
     ↓
   ttp://www.youtube.com/watch?v=w40QvwRP7YM
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.55 )
日時: 2013/03/08 14:12:47
名前: 國井

私、デジタルの事は、詳しくないのですが、デジタルは、0と1の組み合わせですよね。
十進法もマイナスの概念も「空」の概念よって確立したと聞いています。

余談だが、ステーブ・ジョブズさんは、出自の事で悩まれ、インド旅行をされたりしたそうです。そして、乙川弘文氏の元、仏教(曹洞宗)に帰依されているとのこと。

第18願 「設我得仏 十方衆生 至心信楽 欲生我国 乃至十念
      若不生者 不取正覚 唯除五逆 誹謗正法」
(和訳) わたしが仏になるとき、すべての人々が心から信じて、
     わたしの国に生れたいと願い、わずか十回でも念仏して、
     もし生れることができないようなら、わたしは決してさとりを
     開きません。ただし、五逆の罪を犯したり、仏の教えを謗るもの
     だけは除かれる。
大無量寿経で仏は、生きとし生きる者が救われなければ、私は、仏になれないと修行しておられます。48願があります。
その18願は、根本の願です。人々は、色々な願いをもっています。本願とは、生きていることそのことを指します。本願と言われる所以です。仏様が願っておられる事を「法の深信」、その仏様の願いを信じることを「機の深信」と言うことです。

他力とは、人間の相対的な概念でないと言うことでしょう。仏の教えは、絶対、人間は、相対的ということでしょうか。

First when there's nothingで始まる歌、私の大好きな歌です。


First when there's nothing
But a slow glowing dream
That your fear seems to hide
Deep inside your mind

All alone I ave cried
Silent teats full of pride
In a world made of steel
Made of stone

Well I ear the music
Close my eyes feel the rhythm
Wrapped around take your old
Of my heart

What a feeling
Please believe it
I can have it all now I'm dancin' for my life
Take your passion
And make it happen
You just come alive
You can dance right throug your life

Now I ear the music
Close my eyes I am rhythm
In a flash it takes hold of my heart
What a feeling
Please believe it
I can have it all now I'm dancin' for my life
Take your passion
And make it happen
You just come alive
Now I'm dancin' through my life
What a feeling

What a feeling (I am music now)
Please believe it (I am rhythm now)
You just come alive
You can dance right through your life

What a feeling (I can really have it all)
What a feeling (You just gotta laugh when I cry)
I can have it all (I can really have it all)
Have it all (You just gotta laugh when I cry)

(Call, call, call, call what a feeling)I can have it all
(Please believe it)Please believe it
(Take your passion)
(Make it happen)Make it happen…
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.56 )
日時: 2013/03/08 14:15:28
名前: 國井

イントィッション様

小沢命からそろそろ目を覚まされたら、如何でしょうか。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.57 )
日時: 2013/03/08 17:36:54
名前: 満天下有人

西洋文明の発達は、十進法、0、マイナスの発見によるものだ、そういうことを言われたかったのですね・・・

その延長線上で、0と1の組み合わせによるCPが発明された、確かにそれが現在の文明になっていると思います。しかしその功罪は無視できないものも持っていますね、何もかもが0と1によって動かされる世相になってしまっております。人間は相対であるとは、どの宗門でも唱えられる釈迦は、「因縁」があってこの世に出られた、日蓮宗でも「自我得仏来 所経諸劫数・・・」と唱え、それは釈迦が已むに已まれずこの世に出られた因縁だけを教えているだけでなく、人間同士も因があって縁で結ばれている、つまり全てが生命を以て縁で結ばれている、人間同士の因縁、それは人間の相対関係そのことも説いているのではないかと思います・・・ここが現世では現実にしっかり把握出来ていないから、世の中、生存の基本的なものが置き去りにされて、現象が歪んでしまっているのではないでしょうか。

正に仏法が教える色相=人間の相対関係が、無機質的に変に歪んでしまったやに見えます。ここは糾弾掲示板ですので、歪んだ色相を糾弾せねばなりません。You だけでなくWe just come alive する為にも。

あなたの好きな歌も、リグベーダーが宇宙創世期を謳った、その時、世は漆黒に覆われ無であった First when there’s nothing から来ているものと思いますが、そのことと0の概念、空の概念を組み合わせれば、反小沢などということは、ちっぽけな問題になってしまいますね。

小沢は仏法僧のような所もあり、それゆえに自分の理念に埋没してしまって、現実の政治行動ではなかなか理解して貰えない、唯我独尊のような面もあります(笑)、しかし案外、仏法の心は、並み居る衆よりも、深く会得しているかも知れませんよ。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.58 )
日時: 2013/03/08 17:38:10
名前: 天橋立の愚痴人間

>小沢命からそろそろ目を覚まされたら、如何でしょうか。

動画を見ましたが、目があらぬ方向を見ているようですね。

狙ったものを外さない、と、言うような凄みがありません。

勢力激変の、立場の上で仕方がないとも、言えますが、本物の闘士ならば、そういうことは無いでしょう。

最近、多弁になり、色々と具体的な領域のことも言い始めていますが、やる気があったなら、何故、それを民主党の時代に言わなかったかと思います。

自分では、言うことを実戦することは無いと思う心情が、多弁と重なって空ろな眼力となっているのでしょうね。

そういう小沢自身の心情も判らないで、阿修羅などでは、小沢待望論が続いているようです。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.59 )
日時: 2013/03/08 20:08:00
名前: 國井

満天下有人 さま

他力とは、絶対です。この世は、相対的な存在です。

空の概念もこの世に現れれば、功罪も出てきます。色の世界でしょうね。

この世は、相対的な世界、我々は、相対的な存在であることの自覚が必要です。

私なんて、小沢どころの騒ぎでは、ありません。
夫や夫の弟妹の事で本当にムカムカしたり。遣り切れなかったり。

私の対抗馬のために運動して、当選した村長に相手にされなかったので、
「入れる人がいなかったから、投票に行かなかった」と、我が家にやってくる。
まぁ、これは時々、笑っていますが。

夫の弟妹の事で本当に許せない・・・もうそんな事いい加減に脱出したいのに・・・

せねばならない事がたくさんあるのです。

検察審査会、強要罪の告発、官製振り込み詐欺の住民訴訟・・・
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.60 )
日時: 2013/03/08 21:23:00
名前: 満天下有人


人間の相対関係から課せられる業、いい加減に抜け出したくともそうは行かない人間の宿命。
ダンテの神曲にも似たりです。耐えることも人間の一種の業かも知れません。がんばるしかありませんが耐えるだけでなく、諸々の騙し装置には対抗せねばならないでしょう。
メンテ
いい加減な連中にリードされる憲法改正 ( No.61 )
日時: 2013/03/09 08:38:00
名前: 満天下有人

夕刊紙が報じているが、石原前都知事が風邪をこじらせて入院し面会謝絶、どうやら仮病の気配が感じられる。その根拠は、入院時の石原が周辺に漏らしていた言葉、「もうなんか、どうでもいいやな」・・・

統率がとれない維新の会のこと、それにカネズルである日本最大の医療グループ・徳洲会の内紛でプッツンしてしまったようだ。石原の長年に亘る刎頸の友、ワンマン徳洲会会長に対し、内部の反対派が、石原との黒い癒着を東京地検特捜部にバラすと息巻いており、石原が逃げて入院してしまったとの見立てだ。

このおっさんの憲法改正は誰もが知る所である。尖閣問題に火をつけ、あたかも日本独立の正論をぶつが如き姿勢の裏で、米ネオコンの巣窟が如きヘリテージ財団と気脈を通じての芝居をやるなど、このクソジジイの改正論もまたマユツバものである。

安倍などもその典型である。真の独立を目指す改正なら、先ずは日米同盟基軸を見直してからのものでなければならないのに、一方ではTPP交渉に見れるがように、隷属を強化する為の改正論にしか過ぎない。そのことは集団的自衛権について、米国が攻撃された時にも集団的自衛権が発動されるとする見解に、如実に現れている。

米製憲法だから変えるべしとの論理とは、矛盾も甚だしく、米側にごまを摺る改正論である。改正調査会にも軍事だけの視点で改正を唱える委員ばかりを集めていることにもそれが伺える。

天橋立さんが、米国、ドイツの憲法全文の紹介に着手されている、フランス憲法も多分続くだろう、まだ中間だと思うが、米独それぞれに、その国の歴史的背景によって成文化されたものであり、それぞれに血を流しながら形創られて来たものであり、特にドイツ憲法序文に見れるように、近代憲法の最も重要な精神は、国民人権が国家権力によって制限されることが無いようにしていることである。

翻って我が改正論は、切り口が軍事だけである。日本は日本なりに独自の文化を形成して来た。それと対比して現憲法のどこが良くないのか、我が国独自の価値観とどこがそぐわないのか、基本哲学、思想とどこにそぐわない箇所があるのか、その角度からの議論は皆無である。ただ切り口は軍事だけである。

世界が紛争に明け暮れ、経済面でもフン詰まりの状況にある時、むしろ新たな価値観を盛り込めるくらいの視点で、改正が論じられるべきではないか・・・現憲法がいくら規定していても、基本的人権さえ守れず、施政権力側の勝手な解釈で翻弄されているだけのことは、三権それぞれの分野で、嫌というほど見せつけられている。改正するなら、各条項で権力が守っていない条項に、それを制限する厳しい条項を、修正条項としても良いから、付け加えたらどうか。

・・・新しい時代において、何を新しいものとするか、何故そうするのか、段階を踏む根本論議も無く、ただ改正し易くする為の96条の改正から始めるとは、典型的な騙し装置の稼働ではないか・・・

石原なんぞ、病院から出る必要も無い、そこで終わってくれ。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.62 )
日時: 2013/03/09 11:54:32
名前: 天橋立の愚痴人間

満天下有人 さん

憲法改正を時の政権が言い出しているのにメディア、国民の無関心は如何でしょう。
憲法といえば念頭に浮ぶのは第9条くらいのもののようです。

「憲法改正について」スレッドでやり始めましたのは、日本国憲法と言うものを再検証して頂きたいためです。
後で、論証を行いたいと思いますが、アメリカ合衆国憲法は如何にもアメリカらしく参考にするところはあまりありません。

其れに引き替え、ドイツの基本法は、綿密な記述で構成されているようです。
基本的人権に関する内容は、我が国に似ています。
ドイツの基本法は、随分と長く、議会制に関するものなどは省略しようと思っていたのですが、読んで見ると、そこにドイツ、そのものが解るような文章が続いています。

我が国の憲法の大きな部分が、行政の規範で費やされているのに対して、ドイツのそれは、国民の側からみた、行政のありようを謡っています。
公務員の給料に関する条項もあります。

そのところが、日本国憲法とドイツ基本法の根本的な違いですね。
また、日本国憲法は、神棚に御供えしているばかりで、如何に運用されているかに関しては知ろうともしません。

ドイツの場合、常に国民の関心があるのか、EU加盟に伴って、ドイツとEUの関係も明確に規定されています。
ドイツでの違憲立法審査権が戦後400回以上(10年前で)発動されていることも、ドイツ基本法が国民の間で生きている証拠ですね。
我が国の、それ(違憲立法審査権の発動)は、数回との事です。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.63 )
日時: 2013/03/09 12:26:29
名前: 満天下有人

橋立さん、大変な労力を要するテーマへの挑戦、ご苦労様です。

仰る通り、ドイツ憲法の方はよく練られていると思います。翻って我が国の改正論の、何と浅っぽいことでしょう。そして国民の無関心さは、これが近代国家かと思えるほどに情けないものです。後進国そのままです。

各条項について、思う事を折に触れて投稿させて頂くことにします。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.64 )
日時: 2013/03/09 18:29:48
名前: イントィッション

國井様

>小沢命からそろそろ目を覚まされたら、如何でしょうか。

私は、小沢命などと、今まで思ったこともないし、私は10年ほどアメリカへ行き来していて、ベトナム戦争当時沖縄でアメリカ兵だったアメリカ人の話を聞いて、なんてアメリカは大統領をはじめ政府がユダヤロビーが支配しているイスラエルの北朝鮮なんだ!!! と確信しました!!!

そこで、田中角栄は在日朝鮮人の児玉義男にロッキード事件をあやふやにしてやられ、小沢さんも財務官僚によって大罪とされ、政治に復帰できないようにしたのが事実です!!!

最近、安倍ゲリゾーの偽装理による13兆円の金融緩和の中の500億円は、勝栄次郎による国民の税金の着服で、自分が天下りするIT企業に融資し、しっかり自分はそこの社長になりました。。。

これは横領のなにものでもありません!!! 消費税増税を決めたのもこの勝栄次郎本人なんです!!!

そして、TPPで国民皆保険が破綻するかもしれない噂がありますが、これはアメリカを考えると本当のとこでしょう!!!

つまり、今の国民皆保険で、いつでも医療機関に行ける国民の行動がネックになって、医療費がドンドン膨らんでいくので、アメリカの制度と同じにして、アメリカの保険会社に日本の医療を任せ、医療費が浮き、官僚の給与と天下りだけはしっかり国民の税金で保持されることを狙って、TPPは財務官僚のやらせ!!! だと確信しています!!!

しかし、TPPは恐ろしいものでそれだけではありません!!! そのことを財務官僚は知っているのか知らないのかわかりませんが、日本の国民の総資産の750兆円を詐欺方式にかけるだけではなく、満天さんがいつも発言しておられるように、モンサントの遺伝子組み換えの種が日本にやってきて、その種を土壌に植える!!! そうすると、一度このモンサントの種を植えるともうその種でしか、その土壌の草木は育たない!!! こうやって、日本人の食を支配して、国中の国民を奴隷にする!!!

財務省官僚はそんなことどうでもいいわけです!!! 自分たちの給与と天下りさえ保護されれば、国民がアメリカの大統領を支配しているユダヤロビーに奴隷化されようが、そのほうが財務官僚にとっては利益があるんでしょう!!!

その財務官僚にとって小沢さんが一番怖いんです!!! 小沢さんは今まで、どれだけ財務官僚の悪魔頭脳の暗殺から逃れてきたかわかりません!!! 今、小沢さんが元気でいるのは、皆の期待を裏切っているかもしれませんが、実は、財務官僚の支配から国民を解離す希望がまだあるということです!!!

今、アメリカは、今月、23日から2017年までに全てのアメリカ国民にマイクロチップを体に入れる法が成立しています!!!

アメリカ人は全て、体自身が携帯電話のようになるわけです!!! ユダヤロビーがすべてのアメリカ人の脳をコントロールするのです!!! ユダヤロビーにたてつけばすぐに罪人にすることもできます!!!

そして今、アメリカの財政破綻が決まっていて、それでも安倍下痢ぞーが日米同盟の強化だと発言します。。。

ただのやらせ!!!で、アメリカの利益のためだけの日中戦争も起こそうとしています。。。

でもそれを止めるのは小沢さんしか居ません!!! 小沢さんだけしか、財務官僚の支配をとめることができません!!!

小沢さんだけしか、アメリカの言うなりになることはあり得ません!!!

今、この日本の窮地に小沢さんしかいないのです!!!

もっと柔軟な姿勢で小沢さんを見ないと、本当にこの国は、終わります!!!
メンテ
対TPP、最も大人しい日本 ( No.65 )
日時: 2013/03/10 10:18:01
名前: 満天下有人

TPP交渉参加について安倍の口数が少なくなっている、入れ替わって集団的自衛権、国連PKO参加が声高になって来た(笑)。

聖域無き関税撤廃について、アメリカは必ずしも条件としていない、故に交渉に参加すると言いながら、帰国機中で慌てて声明を書き換えるなど、ほんとうのことは言わない。アメリカ側は既に関税無き聖域を既定路線として決めている、今更議会を相手に路線変更は出来ない事情を知っていながら、それをごまかし、TPPに参加を急ごうとする。

7日に東京新聞がすっぱ抜いているが、後から交渉参加を表明したカナダ、メキシコも、当初から参加交渉に参加していた9カ国だけが拒否権を有し、後発参加組には拒否権は与えない、各条項はそのままだとする強硬な条件を突きつけられた。それでも加・墨が参加するのは、同じ農業分野を持つ両国が、農産物で不利な条件になっても日本が参加すれば、他の日本市場分野でメリットがあると踏んだからだ。

安倍は首相就任直後にそのことを既に知ったそうである。だが関税維持についてアメリカはさほど頑固でもないと国内を煙に巻こうとしたが、どうも隠しきれなくなったことが、対TPPについての口数が減った真相のようである。

農業分野に限っても、問題は関税だけのことではない。イントちゃんが言われる例えばモンサントが如き不埒な多国籍企業が、根っこの種子で参入して来る。後発交渉参加では、これに拒否権を発動することは出来ない。例えコメに例外を設けても、代償としてモンサントを認めろということは十分あり得る。

モンサントのことは随分以前から、何度もテーマにして来た。イントちゃんも2011年10月20日に、当代世間ウソ算用スレッドに、メコンデルタ地域でコメ農家がこの種子に飛びついてひどい目にあったことを投稿されています。07年にはフランスがGMOコーンの栽培禁止に踏み切り、駐仏米大使が本国にEU制裁を要請したり、スペインも同じ行動に出たところ、モンサントが駐スペイン米大使に、大使としてEUの何の情報も持っていないとして、作戦の練り直しを求めたとか、その強引さは枚挙に暇がない。

2011年にはインドの有機栽培農民たちが、モンサント種子使用の結果、弊害が大きく、倒産に瀕した農民たちの自殺が相次ぎ、モンサントに対し訴訟を起こしている。カナダでは、収穫が良くなって利益を得たのは、モンサントの花粉がその農家へ飛んで来たからで、その利益は全部モンサントに帰属するもんだという、滅茶苦茶な訴え起こされた農家が敗訴、その農家はドイツのボンで農民の権利を守る勇敢な行動を起こしたとして表彰されている。

全米ではモンサントのGMO種子の占有率は大豆で100%、コーンで70%。この種子は自殺種子と呼ばれ実を結んでも発芽しない、つまり農家が自家保存種子として発芽させることが出来ず、毎年購入を余儀なくされる、食料生産の完全支配である。

最も新しい訴訟では、お膝元米国インデイアナ州の農業経営者が、無印混合種子をまいた所、モンサントの種子が混入していたことが分かり、それを非難するモンサントに対し果敢に訴訟を起こしている。市民団体Blogの Institute for Responsible Technology などが執拗に追及している。ニュージーランドでは、何故TPPが秘密主義で交渉が行われるのか、疑問を持つ世論が70割弱に達している、こちらは安倍と経団連の如何わしさに疑問も持たず、大人しいものだ・・・ 

モンサントは1901年にクイーニーによってセントルイスで創業。妻のオルガ・モンサントの名前を社名にしている総合化学メーカーとして事業拡大。PCB公害で悪名を馳せ、ベトナム戦での枯葉剤開発でも悪名が高い。これに協力したのが三菱化成とモンサントの合弁である三菱モンサント。米倉経団連会長の住友化学も無関係ではない。何故経団連がTPP参加を執拗に求めるのか、安倍がそれにひれ伏する裏は、自ずとわかると言うものだ。勿論、それだけではない、我が国がTPP参加によって押上げられるGDPは、たかが0.02%という専門家による試算もある。それに比べ、リスクが大きい分野が、何と沢山あることだろう・・・

何故一部の企業の為に、そここまで釈迦力にならねばならぬのか、さっぱりわからない。それによって雇用も増えデフレも解消するものなのか、逆であろう、雇用の門戸も解放されるのだから・・・それ以上に理解不能なことは、当事国でさえ、国内で世論が沸き起こっているのに、何故経済規模が参加国第二位のこの国は、かくも大人しいのか・・・

話が飛躍するも、以前見たことがある「ヒトラー、最後の12日間」なる映画が、Gyaoで無料配信されたのでも一度見てみた。ヒトラー総統の秘書として採用され、ソ連軍に包囲されてしまったベルリンの地下要塞で、ドア一つ隔てた部屋で毎日総統に接し、奇跡的に逃げ延びることが出来た秘書の記録によって制作された映画で、事実が細かく表現されている信憑性の高いもの・・・本物以上に本物のようなヒトラー(笑)の仕草は絶品ものだが、最も印象に残る場面は、国民を見捨てるヒトラーに対し側近高官たちが最後は国民だけは安全にするよう進言するのだが、それに対するヒトラーの言葉が最も印象に残る・・・

「私は国民に強制したことなど一度も無い。むしろ国民が私に望んだことだ。よって国民のことなど考える必要は無い!」

この伝て言えば、最も恐ろしい存在は、国民ではないのか・・・。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.66 )
日時: 2013/03/10 16:08:46
名前: 天橋立の愚痴人間

>この伝て言えば、最も恐ろしい存在は、国民ではないのか・・・。

韓流ドラマの話しですが、ハングル文字を考えた朝鮮朝廷時代、その文字を普及させることに関して対立があったそうです。

一方は、貧しい国民の生活向上のためと称し文字を普及させたいと言い、一方は国民が文字をしり知識を蓄えると、やがて権力を脅かす存在となって行くから絶対反対であると主張する。

結果は、双方共に間違ってはいませんでした。
民主主義国家と言いながら、国民の身勝手さは、統治を健全なものにはしていません。

過去、統治と言うものは、集団の有力者(強者)によるものであるか、宗教的権威が行なうものであるか(明治の神道もこれに含まれる)、民主主義の名を借りた独裁者のゲームでありました。

ところが資本主義の発達と共に、新たな統治者が出てきました。
それは金融資本と言うものです。

TPPは、何を隠そう、国家主権と言うものを金融資本に譲り渡す最初の公式な試みであります。
これが歴史として成立するのでしょうか。
人間社会に存在しうるシステムとなるのでしょうか。

げに、

恐ろしきは、庶民の性癖であります。

中世の朝鮮朝廷が取り上げた、この命題は今も生きていると言うことでしょう。

>一方は、貧しい国民の生活向上のためと称し文字を普及させたいと言い、一方は国民が文字をしり知識を蓄えると、やがて権力を脅かす存在となって行くから絶対反対であると主張する。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.67 )
日時: 2013/03/10 16:49:21
名前: 満天下有人

<TPPは、何を隠そう、国家主権を金融資本に譲り渡す、最初の公式な試みであります>

本質を突いた名言です。企業が国家を相手に訴訟出来る条項など、最早言うべき言葉も見つかりませんね。米韓FTAで韓国は、この条項によって今頃になって目茶苦茶にされかかっているようで、騒ぎが大きいようです。

一部寡頭勢力だけの世界等、想像も出来ず、またそんなことで現実の社会が存続できるものなのか、多数が死に絶えて果たして金融寡頭勢力だけでわが世を謳歌できるものなのか、周りには何も無い世界になって、そんなことのどこが楽しいのでしょう。楽しめる土壌を自らが壊して楽しめるものなのか・・・

ヒトラー最後の12日間で、も一つ印象に残った言葉に「自分の誇りは、この神聖なアーリア人種の土地からユダヤを抹殺したことだ」と言うのがありました。金融資本だけを抹殺したならともかくも、ユダヤ金融からはせっせと貢がせて、他は抹殺してしまった・・・

今の金融資本は、人種も問いませんからね。

文字を通じて国民全体を引き上げる、あるいはそれが権力にとって脅威になるかの半島における歴史・・・我が国では懸念無用のようです(笑)。知る者はどちらも無関心層と、権力走狗を増やしているだけなのですから。






       
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.68 )
日時: 2013/03/10 16:58:32
名前: 天橋立の愚痴人間

アッハッハ 満天下さん、

>知る者はどちらも無関心層と、権力走狗を増やしているだけなのですから。

これも、文字を知った故の、知識を得た上の、独裁を許す、衆愚と思っています。


いっそのこと、何も知らずに筵旗を上げた方が良いのですが・・・
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.69 )
日時: 2013/03/10 21:37:59
名前: アナーキスト

私も今頃に成って、ヒットラーとはなんと洞察力の鋭い男だったのか! と思います。

彼はもう80年も前から今の世界情勢を予見していたのではないか! と、勿論これは一種のパロディですが・・・。

それ程今の世界の経済情勢は醜悪で残酷なものです。 私も事ある毎に周りの者に言って居ますのは、

「一将功成りて、万骨枯る」と言う言葉があるが、これと少し意味が異なるものの、当節の寡頭勢力と言うか寡占金融資本と言うか、世界制覇をたくらむ勢力は、世界の未来像をどの様な物と考えているのか、世界中の民衆を奴隷化してどの様に自らの存続或いは拡張を為し得ると考えて居るのか、「人間」と言うものの尊厳を全く意に介さぬ所業である。
敢えて言うなら、彼らは人間社会に巣食う「癌細胞」なのではないか? 癌細胞は一たび人体内に繁殖を始めると際限なく増殖し、やがては宿り主の人体の命を奪う。それと共に自らも生き延びる事は出来ずに、共に死滅するとね。

彼らはこの条理が理解出来ないのであろうか? 理解出来ているなら今の様な愚かな所業はする筈はないと言う事です。

まぁ然し、彼らにこう言う正常な思考を求めても無理でしょうけれど。
メンテ
懲りない面々 ( No.70 )
日時: 2013/03/11 15:42:08
名前: 満天下有人

・・・太平の 眠りを醒ます蒸気船  たった四杯で夜も眠れず (江戸から明治へ)

・・・ピカドンを 二発も喰らって やっとこ安眠 反省無しでPKO  (敗戦から再軍備)

・・・ピカドンの 後にまた原発 2年も経って復興進まず(平成25年3月11日、原発維持)

・・・その上に 眠ったままでTPP 根こそぎされて ピーピー泣くか (本年10月に交渉参加)
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.71 )
日時: 2013/03/11 20:00:49
名前: 天橋立の愚痴人間

>・・・ピカドンの 後にまた原発 2年も経って復興進まず(平成25年3月11日、原発維持)

当代世間騙し装置、東日本編。

今日は、3月11日、1日中、震災関連の映像ばかり。

そこで言っているのは、何時になったら元の土地へ帰還できるかの話が多い。
元々、そりゃ無理な話し。

ある地区では、1800軒ある住宅の内、2年かけて除染出来たのは数十軒と言う。
このままでは後、30年以上かかるし、現在でも除染で発生した汚染材の置き場がなく、露天に放置されているとのこと。

まずは、汚染された土地に帰り住むことなど出来ない話し。
特に農業を営む人たちが幾ら大丈夫と言っても終生その農作物を売ることは出来ない。

それでも、形だけの復旧を目指し作業が続いている。
25兆円も使うくらいであれば、どこかの山の頂を削って、新しい街つくりをする方が、よほど経済的な話しである。

それを、何故、しないかと言えば、それは原発に一端事あれば、日本の土地が無くなって行くという事実を承認しないためであり、原発を続けるための最大の課題であるのであろう。

何せ、25兆円といっても、税金か、東電が値上げして集める金であるので、関係者にとっては、痛くも痒くもないのである。

そういう事を考えていれば、今日の報道は、誠にやり切れない矛盾を感じる。
しかしながら、多くの国民は、被害者に同情し、政府の復旧政策の遅れを問題にしていることであろう。

げに

当代世間騙し装置は、又、一つ増えた事になる。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.72 )
日時: 2013/03/11 20:57:34
名前: 小心者

実に残酷かつ非情な言い草ですが、「何処かの山か土地を開発して、其処に住むべし」と言っても日本人の妙な“センチメンタリズム”がそう言う事を受け入れないのですから始末に負えません。
いーえ、史上稀な天変地異で家、職、を失い、更に人災である原発の破壊事故による放射の汚染の為父祖伝来の土地までも住めなくなった悲しさ、悔しさ、は当人たちの比ではなくても想像出来ますが、「斯く成る上は、是非に及ばず」と言う言葉も有る様に、或る所までで線を引かざるを得ないのでは、と言う事は当人達も解っているのではないかと思います。
其れを日本のマスコミは、妙な所でやたら感傷的な論調の記事や放送を発するものですから、被災者自身にも色々迷いのような物が出てくるようで、何か宙ぶらりんの状態に置かれているようです。
私のような素人から見れば、多額の金を掛けて「一本松」のレプリカを作って記念碑とするよりも、政策を一本に絞って住宅が無くなった被災者に、団地スタイルでも良いから住宅を安全な場所に作って、低家賃で住まわせ「寝る場所」の確保をし、当面は其処に住まいして貰い、生活の糧を得る為の仕事は、此れも当面は公共事業で当座の稼ぎを得て貰う。其れに由って一応毎日の不安を解消し、徐々に各人の才覚によって進展すべきは進展して貰う。

兎に角何か一つは絶対に政府と行政に任せてくれ、と言うものを決めて人心の安定を図ることが必要で、よくせき食うに困る人たちには政府が面倒を見なければ成りません。その為の国家であり行政であるのですから。

何処かの人の言葉ですが、「人間は水と食べ物が有れば戦争即ち諍いをする者は居ない」と言っていましたが、今度の大震災の被災者の人たちに、何か一つだけでも「絶対安心だ!」と思って貰う物を国家として用意しなければ成らないと思うのですが・・・。
メンテ
背筋に冷たいものを感じるこの国 ( No.73 )
日時: 2013/03/12 06:48:40
名前: 満天下有人

昨日のメデイアは、3:11二周年を迎え復興現状一色、どちらかと言うとお涙頂戴的な我が国独特の報道ぶりが印象に残る。

先日NHKが哲学者・梅原猛先生との長時間対談をやっていた。途中で大災害復興構想会議名誉議長就任を菅首相から依頼された経緯について、激怒の気持ちを暴露されていたが、形だけ名誉議長になってくれ、発言はしないで欲しいと菅から言われ、激怒されたらしい。それを遮って会議メンバーの前での挨拶発言を強行、この会議は単に天災復興を論議するのではなく、「文明災」である原発問題を明確に中心軸に置かねばならないと・・・当時この部分はNHKもカットして放映していなかった。

放映された場面は、実質議長であった五百旗頭防衛大学長の、冒頭での復興増税答申だった(笑)。

それに加えて復興予算の信じられないような流用問題などメデイアは報じない。二年も経って尚この有り様の復興現実、出発点からして何の哲学性も無い、中心軸の無いこの国のスタンスが、事を根本的に運べない現実をもたらしているのではないのか・・・何か一つ、これはやると言う目標も無く、あるのは原発維持再開、これは明確に絶対やりおる(笑)。

昨日並行して見た記事に、大阪堺市にガレキ処理の施設新設に、市の予算40億円に対し、国が態々80億円の補助金を付けるとか、ソロバン勘定の玉の間に哲学が無い為に、漏れて行く貴重な物の何と多い事よ・・・

梅原先生も哲学界では毀誉褒貶もある方だと聞く。でも、西洋哲学から出発されてそれに疑問を抱き、大和縄文時代に立ち返られて、農耕時代に思いを馳せて仏教哲学の境地も開かれた印象がある。そのことが菅首相に対する、あの大災害に埋もれた西洋文明災の本質を忘れるなと言う言葉となって出たのであろう。

それでもこの国は、TPPにのめり込む姿勢に端的に見れるように、21世紀以降も西洋、特にアメリカ文化でないと生きて行けない、それが最高の選択だとでも思っているのか、安倍の諮問機関・産業再生会議では競争に明け暮れて正社員の首きりまでやり易いようにするソロバン勘定論がまかり通る有り様だ。

天橋立さんが日本を見つめるスレッドで、終身雇用が無くなり半身雇用時代に入った、社員たちの意識もそうだとの論を紹介されているが、そもそもの発想の原点は、より自由な能力発揮の場を与えると言うより、競争に向かう企業資本主義論から生じたもので、労働能力の自由など言うのは、騙し装置の一つにしか過ぎない。現にここで引き続き働きたいと思っても、企業資本の都合で首切りが行われているのが、現実である。

そしてTPPで、この国の法律よりも米企業の利益を優先させる骨子を見ていると、せっかくの春の暖かさに反比例して、背筋に冷たいものを感じてしょうがない。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.74 )
日時: 2013/03/12 08:41:34
名前: アナーキスト

兎に角、TPPの問題は一部の項目を例外とするもしないも、そんな事は枝葉末節の事で、この条約そのものが悪魔の企み、将に毛唐共の有色人種に対する「騙し装置」なのに、何度も言う様に日本の売国奴たちは“国を売る”事に躍起となっている。実に情けない有様です。

幕末、勅許なしに勝手に条約を結んだと言う事を理由に、暴発の水戸浪士に首を討たれた井伊直弼は、彼なりの世界情勢分析の結果、列強の植民地回避のベターな判断で、事を断行したそうですが、あの時とは全く様変わりした現代日本が、今の様にヘナヘナ外交をする必要はありません。それを如何して・・・? と不可解の思いが頭から離れません。

何か、今の心情はどんどん幕末の攘夷論者の様に成りつつあり、我ながら恐ろしくも又情けない心境ですなぁ。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.75 )
日時: 2013/03/12 12:46:00
名前: 天橋立の愚痴人間

満天下さん、

梅原猛氏の名前くらいは知っていましたが、どのような人かは知りませんでした。
ウイキペディアの知識ですが、訪ねてみて、氏の軌跡や、私の思うこととの類似性に驚きました。

勿論、相手は、その道の大家、内容において比較しよう等と思い上がってはいませんが、梅原氏が、どのようなことを言っているか知りたいものです。

まあ、ここ40年ほど、堅苦しい文献は読んでいませんので、読めるとは限りませんが。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.76 )
日時: 2013/03/12 13:59:37
名前: イントィッション

なぬ〜???
 安倍シンゾーが、国産玉ねぎが中国よりも安くなった!!!
         これで、国産のたまねぎよく売れるでしょう!!!
          ワハハハハーてきにほざいている。。。BY朝日新聞

  アベノミクスの超円安誘導は、つまりものすごーいデフレじゃ〜ないですか???
  
   「玉ねぎが中国より安くなった」ということは、「中国の銀行などの総資産よりも日本の総資産のほうが安くなった」ということではないんですか??? そして、円の価値がドンドン低くなって、赤字額が変わらないということは、日本の国債の価値が低くなり、それに伴って金利が上がれば、大変なことになりますよね。。。

 これで、NHKの調査で、安倍政権が好ましいが75%ほどあると発言!!! え?????
  日本の国民は阿呆か??? 株さへ上昇すればそれでよいのか???

 おっちゃん、教えてちょうだい。。。

  それと、TPP相当急いでいるようですが。。。
    ↓
  

  「静かにしろ!!」「声を張り上げるな!」 TPPめぐり、自民会合であわや乱闘騒ぎ
ttp://sankei.jp.msn.com/politics/news/130311/stt13031119450000-n1.htm


環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の交渉参加をめぐる自民党の11日の厚生労働関係会合で、西川公也TPP対策委員長と尾辻秀久元厚生労働相が怒鳴り合う一幕があった。

 会合は冒頭から紛糾。TPP慎重派の尾辻氏が「なぜこのような会議を開くのか」と発言すると、西川氏は「安倍晋三首相の(交渉参加の)判断が出たときに党の検討が遅れないためだ。理解してほしい」と説明した。

 だが、納得しない尾辻氏は「これだけ党内に議論があるのに、なぜ急ぐのか」とさらに追及。西川氏も堪忍袋の緒が切れたのか、「あんたも静かにしろよ!!」と反撃した。これに対し、尾辻氏は「声を張り上げるなと言ったのは、あんただろ!」と応戦。両氏が立ったまま、殴り合い寸前のようににらみ合った。

 ほかの議員が「冷静に」ととりなして何とか収まったが、ある秘書は「まるで党が割れているみたい。みっともない…」とぼやいていた。




メンテ
世界初!メタンハイドレードガス採取に成功! ( No.77 )
日時: 2013/03/12 15:36:48
名前: 満天下有人

各位様、レスの前に朗報です。

『経済産業省は12日、愛知県沖約80キロ・メートルの海底地層から天然ガスの一種「メタンハイドレート」の試験採取に成功したと発表した。

 海底からのガス採取は世界で初めてという。日本近海には、国内の天然ガス消費量の約100年分に当たるメタンハイドレートがあるとの推計もある。政府は2018年度の商業化を目指しており、安定的な生産の道筋がつけば、豊富な国産エネルギーとして活用することが期待できる。

 地球深部探査船「ちきゅう」が同日午前6時前、水深約1000メートルの海底までおろした掘削機を使って、固形状のメタンハイドレートを水と天然ガスに分解し、ガスを取り出して海上まで引き揚げる作業を開始。約4時間後の同10時頃、船尾に設置したバーナーから、ガスの産出を示す炎(フレア)が上がった。』(読売)

・・・やい!アーミテージ他のジャパンハドラーズども、米国発動集団的自衛権に参加しないなら、北米産シエールガスは売ってやらないとか、ケチなことを言うではない!要らないよ・・・

まあ、この先、どれほど商業化されるかは未知数だが、秋田沖にも有望ガス脈がsるとも言うし、北方領土周辺では、既にロシアが最近発見しているとの情報もある。

まあ、こちらは日ソ領土問題が絡んでいるから、何とも言えないが、北方領土一部返還の意思があるやに見えるプーチン大統領が、何らかの取引を提示してくる可能性もある。

国際法上は、戦争で占領された北方領土だから、先ず講和条約の中に含めた問題として、締結しないと、ただ戻せだけでは子供の叫びに終わる。ロシアが我が国の採取開発技術を欲しがって来るなら、領土問題解決の絶好のチャンスになる可能性もある。

やい!自民党のおっさん達よ、TPPで党内殴り合ってる場合か、もっと頭を働かせよ!!。ユダ菌排除のチャンスが出始めたと言うのに・・。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.78 )
日時: 2013/03/12 19:55:15
名前: イントィッション

>やい!自民党のおっさん達よ、TPPで党内殴り合ってる場合か、もっと頭を働かせよ!!。ユダ菌排除のチャンスが出始めたと言うのに・・。


ありゃ、それで、あわてて、アメリカ駐日大使のロバートルークが、エネルギー問題で森ゆう子議員のところへやってきたのかぁ。。。

なんたって、国会で生活の党の森ゆう子議員が、こう叫びました。。。

「安倍首相〜! 日本をエネルギー輸出国ナンバーワンにしましょうよ!!!」 と。。。

いつも日本の国益を詐欺したい! 戦争や博打や麻薬でしか利益が出せない馬鹿な大国のBossが慌てふためいたんでしょう。。。

そこで、ユダ菌や財務省の奴隷で動くことしかできない安倍ゲリゾーを無視して、森ゆう子氏に行きました!!! 

これで小沢さんのことをどれほどユダ菌や財務省が怖いのか理解できると思います!!!

そして、ユダ菌は安倍にはこう発言しているんでしょう!!! お前はTPPを早く許可しないと、役目は終わりだ!!!と。。。 その前に終わってください!!! アブノゴミクズさん!!!

毎日、尿とりパッドがアメリカ大使館や国会議事堂の近くの薬屋さんでものすご〜く売れていて、安倍はよく病気を隠すためにフィットネスセンターに通っているそうです。。。 

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.79 )
日時: 2013/03/12 20:18:45
名前: アナーキスト

先般のレアメタルと言い、今度のハイドロメタンガスと言い、地球深深度探査船の「ちきゅう」は何をしているのだ!と思っていましたが、今回は「ちきゅう」が関わって居るのですなぁ。

あの船が出来立ての時、一般公開が有って見学しましたら、外国の研究者も色々乗り組んでいましたので、れ?れ? これって日本の船だよなぁ、と思いましたが案の定 活躍の噂をあまり聞きませんので、あの船は一体何をしているのだよ!と少々むかっ腹を立てていました。
それが今回この船が探り当てたと言う事で、漸く仕事をしたな! と言う感じです。

ご指摘の通り、今後の“事業推進”が採算性その他で難しいところですが、日本中の企業が束に成って出資して、重要なエネルギー確保に邁進せねば成らないでしょう。

エネルギーとレアメタルが確保出来れば、日本経済の様相はがらりと変貌するでしょう。何とか物にして貰いたいものです。
メンテ
メタンハイドレード採集成功 ( No.80 )
日時: 2013/03/12 22:06:13
名前: 満天下有人

イントちゃん:

森ゆう子議員は、冗談半分と皮肉を込めて、エネルギー輸出国になりましょう!と言ったのでしょう。
ここまでドル石油に好き放題やられて来たのだから、今度はケチになろう!(笑)、輸出などせずに、国内でたっぷりエネルギー再編に励みましょう。原発不要になるくらいにガスタービン発電が増えれば良いですね。

アナーキストさん:

謎が多い、魔のバミューダー三角海域・・・大型船舶や編隊戦闘機が突如行方不明になるあの海域では、大タコがメタンハイドレードを噴き上げているからとの笑い話もありました。

この際、大タコ野郎、西狄(せいてき)を討て!!(笑)。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.81 )
日時: 2013/03/13 00:05:36
名前: 國井

イントィッション 様

アメリカがとんでもない国であることは、百も承知です。
だからと言って、小沢を支持する気には、到底なれません。

政治姿勢が見えない。志が窺えない。
柔ちゃんこと谷亮子を政治家として、何をしたのですか。小沢ガールズは、一体どのような政治活動をしたのですか。
小沢の政治資金団体陸山会のあの莫大な資金は何ですか。
40代の若さで、自民党幹事長になって、その後も政権中枢にあって、政治家として一体、何をしたのでしょう。
アメリカとも仲良くしてたんじゃないですか。

で、中国がまともな国なのですか。
それで、人民解放軍の野戦部隊の司令官になるのですか。
沢山の子分を引き連れて、胡錦涛と握手をさせてやって、

「小沢さんも財務官僚によって大罪とされ」と言われますが、
上記は、麻生政権での話ですか。無罪になったのではなかったんですか。
勝栄二郎は、国民ナンバー制を請け負うIT企業に天下ったそうですが。

政治世界に巣くう悪党を出汁にして、小沢を悲劇のヒロインに仕立て上げているように私には見えます。

勿論、私は、反消費税、反TPPであっても、小沢支持にはなれません。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.82 )
日時: 2013/03/13 00:55:26
名前: 天橋立の愚痴人間

「政治は殺し合い」

そういう戦場にあって、イザとなると、2度も3度も、真っ先に逃げ出す司令官など、もはや誰も信頼する兵士はいないでしょう。

まあね!

政治を御遊戯と心得ている人は、何時までも、小沢、頑張れ、頑張れと声援を送りたいのでしょうね。




3度目の正直と言う言葉と

2度ある事は3度あると言う言葉があります。

私は、それでも3度目に賭けた方ですが、

2度ある事は3度ある方が正解でした。

(鳩山内閣結成時、菅内閣不信任案騒動、生活の党立ち上げ時)

御人よしの私でも、金輪際、小沢を信頼することは無いでしょう。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.83 )
日時: 2013/03/13 07:47:20
名前: イントィッション

國井さま 天橋立さま

おはようございますぅ。。。

>で、中国がまともな国なのですか。
>それで、人民解放軍の野戦部隊の司令官になるのですか。

現在の習 金平(漢字間違ってたらごめんなさい!)体制では、
実は、アメリカの戦争屋のヘリテージ財団が、自分の利益のためだけの日中戦争をやらせるために、この男が出てきたわけで、証拠に娘はアメリカに留学中、兄弟はカナダの国籍を取得! 家族の財産もバミューダーのタコ銀行に置いてあるんでしょう。。。

石原の爺も罰当たりなので、今頃ハドソン川の地獄の橋を渡りそうになっているんだと思いますぅ。。。

>上記は、麻生政権での話ですか。無罪になったのではなかったんですか。

もちろん無罪です。。。 財務省のやらせだからです。。。

前原とか菅とか、今は潰れた朝鮮総連などから献金貰っている人間のほうが、よほど罪悪人ではないのでしょうか。。。
前原などは、よど号事件に関連があると聞いております。。。 安倍は北朝鮮人脈。。。W。。。



ぜひ、この動画を見ていただきたいのです。。。(特に財務省に所属していた植草一秀経済学者の話)
   ↓


ttp://twitcasting.tv/hibi_tantan24/movie/10100316   2
  
ttp://twitcasting.tv/hibi_tantan24/movie/10099270   1
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.84 )
日時: 2013/03/13 10:44:35
名前: 天橋立の愚痴人間

イントィッション さん

小沢以外の政治屋が、小沢より良いとは、

これも全く思っていません。

ですが、小沢も英雄の様な期待は出来ないと思っています。

なのに、

まるで、英雄のように思う人たちを揶揄しているのです。

そのように、想いたい気持ちは理解できるのですが、

それでは現実の対応としては甘いと言うか、大人として、

無責任ではありませんか、

大人ならば、小沢が駄目なら

他の方法を模索するのが

本当でしょう。

たとえ

どれだけ、困難であっても、

無いものねだりするのは

子供では、無いですか。





植草氏は

小沢にこだわりすぎて、出口を見失っています。

もはや、醜いアヒルの子ですね。

彼ほどの人間が

どうして、そうなるのでしょうね。

天木氏、その他も多いです。



小沢が悪いのは

言っている事ではなく

指揮官として逃げるからです。

それでは、本当の戦いは出来ません。

言葉だけなら

小沢が言っていることなど

誰でもいえます。

利害が絡み、言わないだけで。




で、

あるなら、

社会を憂う先験者、足ろうとするなら、

小沢に頼る以外の方法も

求めるべきではありませんか。


植草などは、

批評家として失格者に過ぎないと思っています。


もしくは、

子供相手の、それですね。

現在では、大衆を導くべき、他のものがありはず。

それが見えていなければならない。



メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.85 )
日時: 2013/03/13 11:44:42
名前: アナーキスト

天橋立さん、貴方も漸く 小沢 に対して“逃げる”という言葉を使いましたねぇ。

私は以前から彼を“岩陰中尉”と言っていました。“中尉”は最前線戦闘部隊の指揮官です。 岩陰中尉 は兵達に「突撃〜ィ!」と号令しますが、自分は岩の陰に隠れて安全を謀る、と言う実にリーダーに有るまじき行動をするのです。

其れと同じで、小沢 は耳触りの良い事や正論を吐きますが、いざと言うときに成ると何時も雲隠れかその場を外すのです。

今まで何度ガッカリさせられて来たか、なまじ多少は期待する所があっただけに、落胆は大きいですね。そして今はもう彼は過去の人です。

彼を支持しようが信頼しようが、各人夫々の自由ですから誰を非難する積りも有りません。いつも言う様に政治家などと言うものは所詮は国家の寄生虫です。

しかし人体に寄生する寄生虫例えば「サナダムシ」等、完全に駆除してしまうと寧ろ人体の不調を起こすのだそうで、日本の政治家も完全に駆除出来ない所が、奴らの付け込むところで、悪さをする以上に民草を安らけく生きさせて呉れれば言う事はないのに、私腹を肥やすばかりだから困っているのです。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.86 )
日時: 2013/03/13 12:29:08
名前: 天橋立の愚痴人間

アッハッハ 

アナーキスト さん、

私は菅内閣不信任案採決の当日、小沢が自派の人間に自由投票を指示したと言うニュースを聞いて、30分後には、小沢批判の記事を、この掲示板に出しています。

以来、小沢糾弾の先頭に立ち(新小沢一郎論)、このサイトでは言われていませんが、阿修羅などでは転向者、二枚舌と散々言われたものです。

大体、鳩山内閣が出来たときから問題意識を持っていたのです。

それ以前に、小沢が自民党との大連合を言い出したときから、疑問を持っていました。

メンテ
支離滅裂、滅茶苦茶な騙し装置 ( No.87 )
日時: 2013/03/13 18:21:04
名前: 満天下有人

来月4月27日、敗戦から戦争相手との講和を締結した、サンフランシスコ講和条約を記念日とし、これを「主権回復の日」と名付けて安倍内閣が憲政記念館で両陛下を迎えて式典を行うそうだ。

あの頃を思い出すと1億国民の正直な気持ちは、これで元通りの主権国家に戻れた、と言うよりも、やれやれアホな戦争からやっと解放されたか、そういう心情ではなかったか・・・

安倍は昨日も、またかとウンザリさせるような、あの極東軍事裁判は戦勝国による不当なものであったと言い、そのことからも真の独立を認識する為にも、4月27日を主権回復の日としたいのか。

極東裁判は真の独立を妨げたものであると言った所で、戦争なるものは要するに勝てば官軍なのである。ソ連による北方領土占領も、叫んだ所でそれは、こちらのまずい戦略の結果でもあった。今日は昭和20年8月9日、ソ連が不可侵条約を紙屑として満州に攻め入った日でもなく、史実を記すにはふさわしい日とも言えないが、安倍が「主権回復の日」と言い出したので少し触れざるを得ない。北方領土周辺にも巨量のメタンハイドレードがロシアによって既に探知されているとの情報もあり、然るに何だか奥歯に物が刺さったようなこれまでの北方領土返還交渉にも関係することだから・・・

敗戦末期、金タマ握られたのは米英仏だけではない、ソ連にも握られてしまっていた史実が、戦後ソ連に押収された大本営関東軍公文書によって発見されている。その弱みが戦後ずっと対ソ、対ロ外交の足かせになっている。特に米ソ冷戦の狭間におかれた事だけが対ソ口籠りの理由では無い。

昭和史の保坂正康氏が、米英仏に対する終戦を、事もあろうにソ連に依頼していた公文書(平成5年、各大手紙も報道)に基づき、公電を書いたとされる大本営参謀・朝枝繁春の病床にまで押しかけて裏を取っておられる。ソ連側へのお供え物は・・・

『内地における食糧事情及び思想、経済事情により考えるに、既定方針通り大陸に於いては、在留邦人及び武装解除せる軍人は、ソ連の庇護下に満鮮に土着せしめて生活を営む如く、ソ連に依頼すること可とす。』そして『満鮮に土着する者は、日本国籍を離るるも支障無きものとする。』

更に、戦後アメリカと対峙することになると予想しているソ連を、黄海に進出させる為に朝鮮海峡まで誘導スベシとまで書かれていた。ソ連による戦争終結後に日本軍人のシベリア抑留は許せるものではない、国際法違反であると言われるが、そうじゃなくて我が国の方から人質を提供したというのが事実である。加えてスラブ人は寛容にて人種的偏見少ナシ、我が国を赤化しても、日本伝統までをも踏みにじることはしない。よって、スターリンをくどくためにも、国内的にそれを確立するが如き政治施政を行うを要ス。

旧カナ使いによる全文は略するとして、安倍血族大叔父の松岡洋右が、日独伊三国同盟に積極的で、特にドイツについてはヒトラーに態々会いに行ってまで熱心、天皇は近衛文麿に、松岡は大丈夫か、ソ連も信用できない、大本営のソ連への仲介依頼は好ましくない、と・・・

それでもヒトラーが三国同盟を締結後も中国に抗日戦線の為に大量の機関銃を供与していたことも知らずに、松岡外相はヒトラーを頼った(笑)、更にソ連にゴマ摺るために、抑留強制労働を認め加えて日本を共産主義国家にすることまで同意していた・・・

書き切れないが以上、何が言いたいかと言うと、安倍の「主権回復の日」の裏に隠されていた史実は斯くの如しで、それも踏まえずに主権、主権と叫び、その声と並行して主権無きTPPに参加したい、支離滅裂な騙し装置を作動させていることである。祖父の岸信介が戦後一転してCIAの要員となって、主権無き国家にしてしまい、その孫が主権の日と叫ぶその滅茶苦茶さ・・・

在満州、在朝鮮半島の庶民は、軍部が逃げる道の為に、片隅に追いやられ、抑留者は辛酸を舐めさせられて、その事実を生きた人たち、事実は知らずとも同じ時代を生き、人づてに事実を知って記憶を持ち続ける人たち・・・一番やっかいなのは、同時代を生きずして尚、事実を曲げて事実を捏造する輩が後を絶たないことである。いや逆に増加する現象が一番怖いことではないか・・・安倍は明日TPP参加を公式に表明するそうだ・・・せめてTPPくらいには、現実目の前に転がっている話なのだから、大いに関心を持たないことには。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.88 )
日時: 2013/03/13 19:52:38
名前: アナーキスト

要するに“TPP”と言うものは国の主権を放棄するに等しい事なのに、其れへの参加をゴリ押ししながら、一方で現憲法が日本の主権を規定して居ないとして、これの改正を画策すると言う事は、安倍坊やの頭の中はきっと統合失調症なのでしょう。

ここ数年来、日本は急坂を留まる事無く転がり落ち続けています。 現国家体制でこう言う状態を改善するには野党勢力と拮抗させる以外に方法は無いのに、日本の有権者はノーテンキに醜悪な自民ゾンビを復活させたりして、何を考えて居るのでしょうか?

対抗馬としての民主党はもう全く存在価値を失いこれを恃む事は出来ませんし、正直に申しますと左翼勢力にもっと頑張って欲しかったのですが、今の様に零落れてしまってはゴマ粒ほどの存在感も有りません。

と成ると今の雲行きでは、日本はもう米国の隷属国と成るより行く手に光は見えません。此れ皆日本人自身が招いた事ですがねぇ。

日本は、「アメリカ合衆国第50州“JAPs”」と言う名前に成るのでは? または、「米国保護領極東諸島」と成るかもね。 
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.89 )
日時: 2013/03/19 00:16:45
名前: 天橋立の愚痴人間

満天下さん、

久しぶりにヤフー掲示板を覗いたところ、すっかりと様変わりしていました。

掲示板のシステム、そのものが変えられ、以前のスレッドを見ようとしても辿りつけません。
ヤフー自体が従来の掲示板のありようを止めたようです。

そこでは政治経済、社会のことを議論する場ではなくなっています。
かつて政治カテに巣食っていた連中は、どうなったのでしょうね。

糾弾掲示板は、ますます希少価値になって来た様ですよ。

ネット社会を考える時、悲しい事ですね。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.90 )
日時: 2013/03/19 07:39:21
名前: 満天下有人

御無沙汰しております。

実は遠縁筋の若い者が、某大企業系会社よりリストラ通告を受けまして、相談に乗る程度でアドバイスをしていたのですが、会社側の巧妙なパワーハラスメントも交えた退職誘導の実態が分かり始めまして、この問題につきっきりとなってしまい、頭の回路が占領されたような状況と相成りまして、掲示板から遠ざかっております。

しかし、グローバリゼイションなる美名の下に、我が国の雇用の実態が、ここまで根無し草になってしまっている現実、ネットなどでの嘆きの声は知っていたいたものの、現実にぶつかると、ここまでひどい企業精神状態になっているとは夢にも思いませんでした、唖然とします。いくら何でも、ここは日本、日本的な部分も残っているだろうとは想像していたものが、吹っ飛んでしまいました。

会社側は本人の業務能力不足を解雇勧奨の理由にしているのですが、本音はある収益源の柱の一つが無くなり、経費節減の憂き目に追い込まれて、しかしその責任は経営幹部の無能さが原因なのに、最も若い社員からクビを切る卑劣さには、良き大和魂の片鱗も残っておりません。

言ってる事は、TPPに対する安倍の詠嘆調の美辞麗句、それも戦時中とそっくりの全体維持の為と言うゴマカシそっくりなのですね、TPPもそうですが、個別論になると説明が出来ない、矛盾している、こちらのケースで言うなら労働契約法あるいは労働基準法にてらした細部に亘る解雇に関する法的問題になると、何を言ってるのかさっぱり不明の膠着状態なのです。

労働の自由、雇用の自由、資本の自由、全ては空間における仮想の理論を楽しんでいるだけで、現実に生身の人間のことなど二の次、三の次になっており、そして本人なども学生時代から新自由主義の講義で洗脳されてしまっていますから、そのような状況におかれても、半ばその現実が当たり前と思っている部分もあり、しかしおかしいと思う気分が混じりあって自分の頭で考えることが出来ずに、依頼してしまう。

自由だ何だと、走り回るこんな根無し草のような世の中の、一体どこが良いのでしょう。それでもその風を向かい風とも思わず、風に乗って、ただ、たなびいている。あのすさまじかったヤフー掲示板でのバトル(笑)、懐かしくもありますが結局、今のような状態に変じてしまったのですね、そうなっても当然の根拠があったからでしょう。

まあ、引き受けてしまった問題なので、しばらくは老人パワーでも見せてやろうかと(笑)、も一つ似たようなトラブルの相談もありまして、さようなことで暫く掲示板から離れざるを得ない昨今です。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.91 )
日時: 2013/03/19 13:33:09
名前: イントィッション

>労働の自由、雇用の自由、資本の自由、全ては空間における仮想の理論を楽しんでいるだけで、現実に生身の人間のことなど二の次、三の次になっており、そして本人なども学生時代から新自由主義の講義で洗脳されてしまっていますから、そのような状況におかれても、半ばその現実が当たり前と思っている部分もあり、しかしおかしいと思う気分が混じりあって自分の頭で考えることが出来ずに、依頼してしまう。

食べ物もそのようです。。。 先日、モンサントのことについて調べてみましたら、なんと日本支社が10年ほど前から存在しておりまして、その本部が銀座で、研究所が茨城にありました。。。 (周りが畑で囲まれております。。。

その遺伝子組み換えを使った食品が、大手の食品会社のほとんどにブドウ糖液と表示された甘味料の原料を使っております。。。日本で売られているほとんどのアイスクリーム・子供のお菓子・菓子パン・油・マヨネーズ・ドレッシング・飲料などに含まれています。。。 

まー、最近の若い人たちは、遺伝子組み換えが入っているものしか手に入らないということです。。。 そして、好んで、ハンバーグなどを中心としたファーストフード店やマクドナルドやコンビニなどに行くのではなく、通っています。。。 

毒である! と言っても、そんなことはお構いなしに通うのです。。。 しかし、自分で選択して買えない子供たちはかわいそうです。。。 もう30代などの親も、コンビニ・ファーストフード通いが多いですから、すぐに小さな子供たちに同じものを与えてしまいます。。。 遺伝子組み換えが体の中に入って、アレルギーを起こしやすくなってしまう。。。

そんなこともお構いなしに、ほとんど遺伝子組み換えの制限もされず、7品目もつくられていて、その危なさも買え!という宣伝はするけど、TVでは絶対にお目見えしません。。。

先日、学校でアレルギーのため、食べることのできない食品を昼食で食べてしまい、亡くなった子供が居ましたが、先生を訴えたりせずに、ぜひ、モンサントを訴えてください!!! と、言いたいです。。。

もう道徳という文字ですら、忘れ去られていくのでしょうか?!?

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.92 )
日時: 2013/03/19 18:44:59
名前: 満天下有人

はい、モンサントの日本支社は、随分前からあります。我が国でも化学肥料が普及し始めた頃からです。

まあ、日本でGMOの正しい普及を図る為にとか、言ってますが、元々は化学肥料の普及、公害も随分出ましたね・・・

GMOの正しい普及などと言いながら、その種子は農家が自己保存できないようにしておきながら、何と勝手な言い分でしょう。実を結んで始めて実りあるものなのに、その実も支配されるとは、実も蓋も無い話ですね・・・

・・・七重八重  花は咲けども山吹の 蓑(実の)一つだに無きぞ 悲しき (太田道灌)

それはそうと、先ほどニュースで地中海キプロス共和国が、財政支援をEUに求めた所、キプロス全国民預金の約10%を召し上げろとの条件を付けられて、暴動が起こりそう・・・僅か1兆数千億円のことですが、小なりとは言え、国家による放漫財政は、結局最後はこのような事になります。

金融だけに浮かれていると、必ずこのような憂き目を見るのですが、我が国の場合は、規模が大きくてまだ国民には実感が伴わないのですが、政治政策は余程着実にやらないとね・・・

金融緩和による景気回復で、社会保障費などの国民負担率が40%に下がったとNHKが報じておりましたが、どうしていつまでもこのような子供分析を垂れ流すのでしょう、高齢化による人口構造の変化が大きい時に、多数の年金生活者には、その景気回復によって所得が増える訳でもなく、逆に負担率が年々増えていることなど、分析の要素に取り入れる気配は全く無し。

北の金ボンが、核ミサイルの標的範囲には、日本も入るとか、あんな子供の言う事など、まともに聞く気にもなれませんが、子供政治は、あちらだけの事でもありません、こちらも同じレベル(笑)。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.93 )
日時: 2013/03/19 20:25:46
名前: 國井

市政懇談会で、市長曰、「進出を渋っていた三菱化成の誘致に成功した」。
「何を製造するかは、まだ不明なのですが・・・」と。

山林を大規模に開発しています。

不気味です。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.94 )
日時: 2013/03/19 20:53:37
名前: 満天下有人

系列に三菱化学MKVなる会社がありましたが、ここは母体がモンサント化成で、三菱化成の関連会社として塩化ビニールを製造、三菱化成モンサントに社名を変え、現在は確か三菱樹脂に再編されたと思います。
ベトナム戦での化学兵器原料を製造していた。モンサントは、我が国では全て三菱とタッグを組んでいると思います。経団連米倉会長の住友化学とも連携していることは、見え見えですね。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.95 )
日時: 2013/03/19 21:30:46
名前: 國井

建設中の東日本の一大基地となるソフトバンクのデーターセンターもあるのですが、

三菱化成の建設地の近くに大規模な東北電力の変電所が建設中です。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.96 )
日時: 2013/03/20 11:04:17
名前: イントィッション

>ベトナム戦での化学兵器原料を製造していた。モンサントは、我が国では全て三菱とタッグを組んでいると思います。経団連米倉会長の住友化学とも連携していることは、見え見えですね。


昨年の5月、テキサス州ダラスで、TPPの前祝いの祝賀パーティーが開かれました。これが、このパーティーをスポンサードしていた多国籍企業の名前です。
 ↓
 ttp://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1542.html

 ttp://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=LqjE6RnYvPY

 スポンサーにグレードがついています。。。

  プラチナ:カーギル (穀物メジャー)  テキサス イントルメンツ

  ゴールド:マグロウヒル (ビジネス出版) ファイザー(製薬)PHRMA (米国製薬研究製造業界団体)ウォールマート

もちろんモンサントもこの中に入っています。。。

 そうでしたか。。。それで経団連の米倉が、TPP交渉をありがとうございました! と、言っていました。。。
 なんで、日本人が、日本社会や経済を壊すようなこの交渉を好むように勧めるのか不思議でした。。。

  アメリカの誰がこのTPPを推進している黒幕なのか?以下のサイトがその正体です。

この「全国貿易協議会」、略して「NFTC」という財界団体・同業組合が、TPPの裏にいる存在であり、TPPを強力に推進しているわけです。

NFTCは 1914年に設立され、オープンでルールに基づいた国際貿易システムを主張する最も古く、そして最大の規模を誇っています。

会員社数は300を超えており、ワシントンとニューヨークにオフィスを構えています。

つまり、オープンな国際貿易と投資制度を促進する公共政策を主張し、専門知識および主要問題につ いての情報をフル動員して広め、さらに政策決定者とオピニオン・リーダーとの対話によって公開討論に影響を及ぼすことでグローバルな通商を進めることで す。

もっとわかりやすく身もふたもない言い方をすると、政府関係者にロビー活動を行って自分たちの会員企業に有利な法律を政府に作らせるのがお仕事、というわけです。

そして、このNFTCのサイトにあるPDFファイル「Letter to NEC Director Sperling in Support of TPP」 に、このTPPに賛成し、推進している企業の名前が連ねられています。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.97 )
日時: 2013/03/20 11:13:36
名前: イントィッション

続きです。。。

「NEC」とは「National Economic Council」の略で、日本語訳すると「米国家経済会議」となります。

つまり、業界団体が政府に手紙を2011年2月3日付で送った、というわけです。

この手紙自体の中身は、TPPで要求したいことがつらつらと書かれており、途中まではすでに一連の記事で書いてきたことばかりなのですが、問題はその文末にあります。

私たち共通の政府のゴールとして2011年11月までにTPP交渉を終え、アメリカ企業と労働者が外国市場へ適正に参加する能力を制限する障壁の撤廃に取り組みます。

この交渉終了を達成するために、アメリカはTPP交渉を通してアメリカ経済全体のキーとなる分野において、高い基準、強い保護、最大限の市場アクセスを要求しなければなりません。

ということで、なんと2011年11月には交渉の中身自体を「終える」ことが既に2月で目標として出ており、2012年に最低あと5回は交渉が行われるという話でしたが、ほぼ中身自体は確定しており、あとは「最後まで走るだけ」というレベルにまで達しています。

       
       
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.98 )
日時: 2013/03/20 11:16:44
名前: イントィッション

またまた、続きです。。。

だからこそ、最後まで走り切れ!という意味の 最後の一押しとなる激励の手紙を政府に送っており、末尾にはこのTPPを推進している企業の名前がずらっと並んでいます。


以下がそのリストです。

かなり膨大な量になっていますが、インテル、マイクロソフト、IBM、GAP、コカコーラ、ファイザー、シティグループ、ダウ・ケ ミカル、GE、ヒューレット・パッカード、ジョンソン・エンド・ジョンソン、リーバイス、オラクル、P&G、タイム・ワーナー、Visa、ウォル マート、ゼロックスなどといった有名企業も山ほどあり、つまりTPPでの交渉とは、これらすべての企業を相手にするのと同じ意味なのだ、ということです。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.99 )
日時: 2013/03/20 11:57:55
名前: 天橋立の愚痴人間

イントィッション さん、

国井さんの記事から始まり、テレビでは言わないTPPの仕組みが露になってきました。
大企業同士のしのぎ争いが、国家を引きずり回しているのですね。

そりゃ、やくざが社会を取り仕切る事になっては、いずれ食いつぶされ、身包み剥がれて放り出されることでしょう。
各国の憲法の上に、やくざの論理を掲げるようなものなのですね。


あーあ、

やはり、ヒットラーは正しかった ?

メンテ
TPP反対の為に交渉参加するのか? ( No.100 )
日時: 2013/03/21 08:58:09
名前: 満天下有人

人間、何事か隠して物事を進めようとすると、トンチンカンな物言いになるものだが、国会における甘利TPP担当特命大臣が、農業と医療保険は絶対に守ると言い、片や石破幹事長は、新潟市での講演で、TPP協定の交渉参加について、交渉で国益を守るためには強い政治力が必要だ、その為には夏の参議院選挙で勝利して政権基盤を安定させねばならないと言う。

TPP参加を強要された場合は、さような物言いになって当然なのだが、そもそも相手は全分野で自由化を求めており、それに対してこちらが何が何でも参加するのだという姿勢を取りながら、そして農業、保険医療には反対すると言う珍説、このパラドックスには、空いた口も塞がらない・・・

更に面白いのが、民主党前原の国会での質問。そもそも菅直人が首相になり、横浜でのAPEC会議でTPP参加を熱心に訴えていたのに、その民主党で外務大臣をやった前原が今度は、後発参加国は既に先発諸国で決定された事項について何も訴求することは出来ない、自民党政権はそれを承知で参加交渉するのか、と、この姿勢もまた何と解釈すれば良いのか、いやはや並みの頭ではトンと理解出来ない(笑)。

米国など表向きは我が国に強制参加を求めている訳ではない。でも裏では、お前の所の世論の手前もあるだろう、今は参加表明しない方が良い、そのうち世論を騙す装置のノウハウを教えるから今は黙って居れ、でも参加は米側要請によるものではなく、あくまでもそちらが参加したいと言う姿勢を取れ・・・まあ、筋書きはそんなものとして温存されて来たのだろう。

更に訳が分からないことに、そんな民主党に愛想をつかした有権者が今度は、そんな自民党に圧倒的な支持を与え、その上で参加するとはケシカランと言い出していること。

まあ、選挙時のポスターに、日本農業を守るとの標語もあったことだし、他に選択できる政党もないから、標語を根拠に自民党を選んだ心情は分からぬでもない、騙され易い気質として(笑)。

17世紀に、自然権を持つその国の国民が、権利を主張するだけでは民衆同士の万人による闘いとなって秩序を打ち立てることが出来ない、その権利を纏めて秩序を形成する為に誰かを選んで国政を委託すると言う、社会契約説を唱えたのは哲学者のホッブスであったが、いつの間にか世の中は、当初の理念と正反対の絶対君主制時代のように、国権が大手を振って民権を抑え始める様相を帯びて来た。

TPPに至っては、国権を超える資本権を容認する有り様である。それも外国条約であるから、国内最高法規である憲法さえも上回って来る。そもそもブルネイなど小国四か国の相互経済恩恵促進からスタートしたものが、途中から中国の進出が顕著になり、TPPが対中国封じ込めの道具に目的が代わり、その為に米国主導の戦略に質が転じてしまった。事情が異なる当事国間での、相互容認部分も認めるFTA条約で良い事なのに、それが大幅に後退してしまった。

北海道では農業を守るための大規模集会も持たれている。問題は農業だけではない。その他の分野では反対運動は広がらないか、保険業界などは正に資本だけの分野で、一般の認識がどうしても薄くなる・・・他分野に亘る尚一層の国民認識が広がらないと、チンプンカンプンの政治がそのまま受け入れてしまうことになるだろう。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.101 )
日時: 2013/03/21 11:29:02
名前: イントィッション

今朝から韓国のTV局や金融機関のコンピューターが、どこかのウイルスにやられたことが大きく報道されています。。。

特に日本のTVでは、北朝鮮からのものだようなことが発言されていますが。。。

中国の番組では、やはり研究機関や中国の大企業などのコンピューターがしばしばウイルスにやられていることの情報があり、その中で、その80%以上のウイルスのサーバーがアメリカからのアドレスであることが判明しています。。。

日本のメディアは、いつも悪いことは北朝鮮の仕業だというようなことが発言されて、もう見るのもうんざりです。。。

中国のメディアのほうがよほど信頼性があります。。。 

今朝の大きな報道はもう一つ、オバマとイスラエルのネタニヤフがイランを悪者扱いにしていました。。。

本当のテロリストはこのオバマとネタニアフを操る悪魔ユダ菌! このユダ菌、メディアの中に浸透して培養しまくって、ABC放送で、シリアでまた爆弾テロがありましたが、シリアの近くでは、アメリカの軍事行動は何もありません!
だけど、爆弾テロがありました! と強調!

 まるでアメリカの軍部がテロを起こしている! というネットの発言を拒否するためにニュースで発言しているようですね〜ぇ。。。

 今朝は、そのほかに、コロラドの牢屋の責任者が何者かによって殺された! ことを報道していましたが、コロラドの知事がお悔やみの挨拶をしていた周りの数人のうちの一人のアーミテージのような海坊主頭が、まるで、何か真実を言ってみろ! お前の家族などが大変なことになるぞ! と脅迫しているような感じでした。。。知事もまるで恐れおののいたような態度です。。。 

 コロラドの牢屋がちょっと気になります。。。

 今、ニューヨークのライブ ラジオを聞いています。。。
  ↓
 ttp://www.surfmusic.de/country/new+york.html

 確か、93.3FMだったかで、なんと中古車を貧乏な人に与えてあげてください! との宣伝。。。
 中古車も買えない貧乏人が増えている! ということですよね。。。

 
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.102 )
日時: 2013/03/21 12:40:36
名前: イントィッション

アメリカ側が、日本は本当にTPPで市場解放する気があるのか? と懸念が広がっている
  ↓
 ttp://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000002303.html

TPP=環太平洋経済連携協定への日本の交渉参加を巡り、アメリカの議員から「日本は本当に市場を開放する気があるのか」といった懸念の声が多く上がっています。

 米・スタブノー上院議員:☆「アメリカで日本車が120台売れている間に、アメリカの車は日本で1台しか売れていない!」
 米通商代表部・マランティス代表代行:「日本との自動車を巡る問題は、長い歴史がある。オバマ大統領にとっても重大な問題だ」
 19日に開かれたアメリカ上院金融委員会で、自動車産業が集まるミシガン州選出のスタブノー議員は、日本は輸出を増やすために「為替操作で円安に誘導している」と厳しく批判しました。ほかの議員からも、農業や保険の市場開放に関する懸念が相次ぎました。一方、交渉を担当するUSTR=アメリカ通商代表部は、さまざまな懸念の解決に向けて「日本と協議を続けている」と繰り返し説明しました。


おもしろい情報です。。。アメリカで日本車が120台売れている間に、日本ではアメ車が1台しか売れていない!

あんまりおもしろい事実に笑いがとまりません。。。 

これで、日本では市場を解放していないから、アメ車が売れないのでしょうか??? 
  ハンドルは重い。。。 
  日本の狭い道を走るには大きすぎる。。。
   燃費が悪い。。。
  見かけはゴージャスだが、壊れやすい。。。
  製造が雑である。。。
  
 これでも、日本では車に対して相当な市場解放をしているはずである。。。

 それなのに売れないのは、日本が悪いから、告訴する!!! と、日本政府を訴える!!!

 もちろん、負ける! 賠償金を支払うのは日本国民の税金!!! はい! 3兆円いただき!!!

 車が売れなくても、労働しなくても、巨額なお金が入ってくる!!! アメリカ企業とは、ただの泥棒! やくざです!!!

 ロックフェラー財団がなんとか研究所をつくって、宣伝しています〜。。。 ニューヨークのラジオで発言していました。。。 TPPの日本参入に向けて、詐欺するための準備に入っている模様です。。。(苦笑。。。

国民皆保険も告訴に入るでしょう。。。 そんな保険があるから、アメリカの保険業界が儲からないから、告訴!

ハイ! 負ける!  すぐに賠償金! すべて日本の国民の税金からです。。。

その後、盲腸になって、病院へ行くと、今まで20万円とか30万円の手術医療費が、200万円とか300万円に早変わり。。。 そして、小さな個人経営の医院は、ドンドン潰れていく。。。

アメリカには、歯医者の個人経営以外は、個人経営の医療機関はほとんど存在しません。。。財閥の個人の名前で、地域の大きな医療機関が存在することはあります。。。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.103 )
日時: 2013/03/21 18:30:57
名前: アナーキスト

別のスレで、八百長とか言う“勘違い自己顕示症候群”が、私をテストしましたので返事をしましたが、TPPにしろ、集団的自衛権にしろ、ACTAにしろ、全てあなたが#102のレスで書いて居られる通り、我々を彼奴らの奴隷もしくは従属民とする為の、巧妙な「騙しの装置」なのです。

単に農業や酪農及び自動車の問題だけではなく、今の日本の殆ど全ての社会システムを破壊、または国民資産を横領して、日本を食いつくし、ミイラの住む国にし様と企んでいるのです。

まして後発参加組は殆ど自己の主張を述べる可能性が無いのに、政府初め経済界も日本を売り渡すことに躍起と成り、将に“低能売国奴”その物です。

如何して此処まで政治と国民が乖離してしまったのか、日本人の心を忘れた彼奴らに限りない憎悪と失望を禁じ得ません。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.104 )
日時: 2013/03/22 01:14:03
名前: 天橋立の愚痴人間

当代世間騙し装置 政治家編

最近、国民の生活が第一党の前国会議員、中村てつじ氏からメールが届きました。
以前、氏のHP、党の悪口を散々書き込んでいたからです。

中村てつじメールニュース
TPPについて基礎資料(国会図書館)

このメールニュースは、今までにご意見をいただいた方や、
名刺交換をさせていただいた方、関係者から御紹介いただいた方に
配信をさせていただいています。
御発言・御投稿・配信の停止は mn-staff@tezj.jp までお願いいたします。


皆さま、こんにちは。中村てつじです。
(昨日の福島第一原子力発電所での停電は心配ですね。心配しすぎという結果
になればいいのですが。)

おかげさまで、3月24日(日)大阪での経済勉強会は、事前申し込みで満席になっ
たと主催者から連絡を受けました。お申し込みをいただいた皆さま、ありがと
うございました。

先日から配信を始めた、このメールニュースですが、労働組合系の方から「メー
ルの配信はお断りいたします。貴方の政治信条はよくわかりません。」とメー
ルをいただきました。

私は13年前の初当選当初から「自公政権に代わるもう一つの政治的軸は、生
活者、労働者のための政権でなければならない」と主張し続けています。その
真意が理解されないことは残念です。

ちなみに、私は昨年民主党を離党した直後に「労働者のための政権を作るため
に」というテーマでブログの記事を書いています。併せて御覧いただければ、
幸いです。

2012-07-03「労働者のための政権を作るために」
ttp://d.hatena.ne.jp/NakamuraTetsuji/20120703


さて、15日に交渉参加への正式表明があったTPP。

私はTPPについては、「単なる自由貿易協定ではなく、国のあり方そのもの
が左右される条約になる」という理由で慎重な立場を取って参りました。民主
党の離党後に私が参加した政党、「国民の生活が第一」も「日本未来の党」
(現 生活の党)も同じ理由からTPP交渉参加に反対してきました。

私がこのメールニュースでお伝えして行きたいことの一つは、「まず基礎を押
さえて、基礎から積み上げて考えて行きましょう。」ということです。そのた
め、今後、基礎的な資料の御案内もさせていただくようにいたします。

今回は、TPPについて国会図書館の資料です。中立的な立場からの記述なの
で、どの政党を支持されている方にも、ご参考になると思います。

「環太平洋経済連携協定(TPP)の概要」
ttp://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_7269147_po_0770.pdf?contentNo=1

「環太平洋経済連携協定(TPP)をめぐる動向と課題」(昨年2月)
ttp://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/issue/pdf/0735.pdf


この他、国会図書館はいろいろな資料を提供してくれています。
上の2本の資料は、以下のサイトの一覧からも御覧になれます。

調査と情報-Issue Brief-
ttp://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/issue/index.html


「こんな資料がないか?」という声がございましたら、御投稿をお願いいたし
ます。今後とも、よろしくお願いいたします。


(これに対した返信で、またまた、毒付いてやりました)

メールを受け取りました。
その内容は、まだまだ認識不足と言いますか、現実の生活者にとっては解りづらいものであり、学者、専門家が理屈をこねているだけです。
特に医療の面の影響の指摘は、近々はともかく、将来予想される事態の説明が不十分。

公共事業の取り扱いについては、公共事業そのものが、将来の国民経済の中で占めるべき役割に言い及んでいない。ばら撒きとの自責の念を含んでいるのであろう。
これは生活の党、自体に経済政策上の国家像が描かれていない証拠である。
私の主張は下記のサイトで御覧になってほしい。
(スレッドページ1・2の レスNO26〜31)

ttp://www.kyudan.com/cgi-bin/bbskd/read.cgi?no=1698

公共事業が占めるべき、将来の経済のシステムについては、上記スレッドには出していませんが、要するに、口先だけの経済振興を言っていても、全てがグローバル化で進んで行く現実の前には、全く効力がない。
政治家足るもの、学生の様な議論に終始するのではなく、年間30〜50兆円の公共事業を発注する事によって国家が直接ある程度の雇用を確保する施策を考えるべき。
勿論、それには財政上の問題があることは承知。
だが、GDP550兆円の我が国に置いて、50兆円の紙幣の印刷が、それほど無茶無茶なことであるか検証されたい(実際に1000兆円の借金は、其れに近い性格のものと考える)。
勿論、インフレ及び為替、株などへ及ぼす影響は大であろうが、それを乗り越えるべき施策を考えるのが政治ではないか。
やる気になれば、出来るはずである。

労働者の国つくりと言っておられるが、具体的な方策もなしに、リップサービスは御免蒙る。
貴党の小沢代表にも、此処までの視野がないと確信している。
で、あれば、生活の党に、本当の期待は出来ない。

>政治家足るもの、学生の様な議論に終始するのではなく、年間30〜50兆円の公共事業を発注する事によって国家が直接ある程度の雇用を確保する施策を考えるべき。

これを基盤として、将来の国民経済のありようを考えれば、色々と展開できるはず。
公共事業を選ぶ理由は、ベーシック・インカムで金をばら撒く代わりに確実に施行できるからである。
それも比較的人力に頼る産業であり、グローバル化の影響が少ない分野である。
同じように、第一次産業の意図的な保護もグローバル化への対応として効力がある。
私は「食料鎖国論」も展開している。
これも大変な課題であるが、政治が動かねば出来ないこと、政治が本当に国民のためにあるなら、何としてもやらねばならないこと。
このような検証は、経済学者、社会学者がやれねばならない事であるが、彼らは体制に癒着した怠け者である。
どの政治家もそうであるが。

(引用終わり)

3月24日に大阪で行なうらしい、TPP問題に関するシンポジウムへ参加の誘いは、別途、大阪宣言の会(現在は脱退し無関係)を通して来ていました。

何処にも転がっているものを、ことさらに国会図書館の資料などを用いて等と言って、解説するらしいですが、一応は専門家と言われる連中の書いたものを片手に、とおり一遍の話を解説されても、一般の参加者に何が解ると言うもの。
それじゃ、著作を売り込むための宣伝に等しい。
何が資料を紹介しますだ!
政治家足るもの、新しい国のかたち、国家像に基づいて語るべし。
自分の言葉を語るべし。

そういうことを思いも付かない、似非政治家の話しなどを聞く時間など、なぜ、取らねばならない。
それでも中村氏は、まだましな方に違いない。
聞けば、氏のシンポジウムは満席となったようだ。

何が言いたいかと言いますと。

冒頭で紹介した中村氏のメールなどは、中村氏はよくやっていると評価を受けるはずではあるが、そうはトンヤガ下ろさない。

日本で政治家と言う人種全てが、期待する政治家像にはそぐわない存在であるのに、一般的な意味で政治家と思わせているところに、思っているところに、騙し装置を見ています。

当代世間、騙し装置、騙され装置、政治編が機能しているようだ。

こりゃあ

駄目だね!



追伸です。

中村氏の場合の様な言い方で、3、4人に毒付いてやりましたが、期待に反して誰も返信を寄越さずダンマリを決め込んでいます。
一人でも、意見を言ってくる人間があれば、そ奴はまだ進歩が期待できるのですが、所詮はサラリーマン議員、シンポジウムを開いたり、選挙民に愛想をする事が政治家足る証であると思っているのでしょう。
次の選挙で当選すること以外は頭になく、ひたすら馬鹿を続けるつもりのようですね。
元々、そういう政治家を目指すなど、馬鹿でなければできないこと。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.105 )
日時: 2013/03/23 14:44:50
名前: イントィッション

今日からの映画:“相棒” Xday
   ↓

 ttp://www.aibou-xday.jp/story/

 ストーリー

 "謎のデータ"がネット上にバラ撒かれ、削除された・・・・。
 直後、燃え残った数十枚の一万円札と男の死体が発見された現場で、警視庁捜査一課刑事・伊丹憲一とサイバー犯罪対策課専門捜査官・岩月彬は出会った。死体は東京明和銀行本店システム部の中山雄吾。ネットに不正アクセスし、機密情報を流していた疑いで、サイバー犯罪対策課にマークされていたのだ。殺人事件として真実を追う伊丹、不正アクセス容疑を追う岩月。いがみ合いながらも、共に捜査を進めていく二人だったが、目に見えない圧力に曝され、捜査は行き詰っていく・・・。

 「人が一人死んでるんだぞ!」伊丹の正義は、殺人の真相に辿りつけるのか?
 時同じくして、杉下右京を始めとする面々も、"謎のデータ"に触れ、否応無く事態に巻き込まれていく。その裏に蠢くのは、政官財の巨大な権力構造。そして、浮かび上がる金融封鎖計画"X DAY"の存在。伊丹も岩月もそこに辿りつけないまま焦燥感を募らせていく。「俺たちは、何と戦っているんだ・・・」。
 一人の熱血刑事と一人の専門捜査官は殺人犯を追い詰められるのか!?
 そして、その裏で蠢く金融界と霞ヶ関の思惑とは!?

露骨に真実ですね〜。。。 TPPをやった直後のできごとなんでしょうね〜。。。
メンテ
ユダ菌に頭が上がらないオバマ、そのオバマに頭が上がらない日本 ( No.106 )
日時: 2013/03/25 12:34:03
名前: 満天下有人

先週ニュースでちらっと、イスラエルで演説するオバマの姿が目に入った。たまたま耳に聞こえた演説は「イランが核開発をしていないと言うなら、その証拠を即刻提示すべきである」と、ネタニヤフ・イスラエル首相の前で啖呵を切っていた。

これを聞いてすぐに頭をよぎったことが二つある。

一つは、今や誰でも知ることになったイラク開戦口実の核兵器保有のブッシュ政権によるデッチ上げ・・・これは「フエアゲーム」なるDVD映画にもなっているが、3:11事件にイラクが関与しているとして報復戦争のデッチ上げ、アフリカのニジェール共和国からイエローケーキ(核ウラン鉱石)をイラクが500トンも購入しているとしたが、その文書は偽造されたものであり、そのことは国連査察機関のIAEAが既に鑑定していたのに米政府は、ニジェール元大使であったジョゼフが現地で調査するよう派遣した結果、トラック50台を要する運搬行列を、村民の誰もが見ていないとする報告書を提出、これをチエイニー副大統領室が握り潰してしまう。

ジョゼフ元大使の奥方がCIAエージェント、イラクの核開発は存在するとする立場で、夫婦仲が割れて行くが、ホワイトハウスが夫のジョゼフを潰す為に、違法行為である奥方がCIAであることをマスコミにばらしたものだから、さすがの奥方も怒って、イラクの大量破壊兵器は証拠も無いのに存在するとの方向で動けと指示されたことを、実写入りで米議会で証言・・・あの頃、デッチ上げの首謀者ブッシュ政権のカールローブ特別補佐官がFBIの聴取を受けて辞任するなど、政権が崩壊したものだった。

併行してイラク侵攻に積極的であった英国ブレア首相も辞任。これも、首相自叙伝の執筆を請け負ったゴーストライターなる映画で、経緯がつぶさに描かれている。そして独仏がイラク戦の実態を知り撤退を開始、英国も首相辞任で撤退。あの頃最後まで居残ったのが、小泉が派遣した自衛隊であった。そもそも米国内でジョゼフ元大使がNYタイムズに暴露寄稿をして、上へ下への騒動になっている最中に、我が国は自衛隊覇権のイラク特捜法を国会が議決していた(笑)。

はて、あの頃の実態を想い出しながら、今回のオバマによるイラン核兵器疑惑発言。少しましなのは、核疑惑をデッチ上げるのではなく、ネタニヤフ・イスラエル首相を横にして自ら証拠を出せとイランに噛みついてる点である。そこに少し苦しまぎれに吠えているものを感じる。

と言うのも、二期目の大統領選挙で米国のユダヤ、イスラエルロビーは、伝統的に民主党支持なのにオバマでなく共和党のロムニーを支持、オバマが軍事費削減の為にイスラム圏との話し合いに転じて、この所為でネタニヤフ首相とオバマは犬猿の仲となり、更にイスラエルロビーの支持がなくてもオバマは再選されてしまった・・・

だが今回、一転してイスラエルを訪問し、イスラエルの天敵イランに対し、緊張関係を再燃させようとしている。オバマ再選直後にイスラエルの諜報機関。モサドが、インターネットで堂々とスパイ増強募集をやっていたこともあり、それがオバマ暗殺を示唆するものであったと言う笑い話もある・・・

オバマの経済政策も、どうしても共和党の合意が無いと、財政の崖もクリアできないし、その共和党にはネタニヤフ・イスラエルロビーがくっ付いている、オバマとしてはこれを無視できなくなって、突然イスラエル訪問となり、イランに噛みつき始めたのであろう・・・加えて強調路線を取っていた中国が、習金平に代わり、最初の訪問国をロシアとして急接近していることに対するけん制の意味合いもあるか・・・

オバマが沈静化していたイラン敵視を再燃させたことで、頭をよぎったもう一つのことは、昔、イスラエルと日本は、東西両端にある実に奇妙な国であるとの英語によるジョークを紹介された投稿を思い出したことだ・・・

中近東からイラン、パキスタン、東南アジアを結ぶ横の線上に不安定な弧がある。そのtip and edge両端にある頭文字Zの国がある。西のZはユダヤイスラエルの「Zion(シオン)で、東にはZipang(ジパング・日本)が居る。Both Zcountries are the oddest in the Globe. (両Z国は地球上で最も奇妙な国だ)。そしてとんがっている(tip)


・・・イスラエルも奇妙な国だ、イスラム憎しを米国をテコにしていつまでもやりおる。そして米国は国内で人口比の何千倍もの力を有するユダ菌の経済力に振り回され、その米国にジパングはTPPで振り回される・・・この二国は、誠に地球上のン最も奇妙な国である(笑)。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.107 )
日時: 2013/03/25 20:26:43
名前: イントィッション

おっちゃん、広島一区と2区の不正選挙で12月16日の選挙結果は無効となりましたぁ!!!

 ttp://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/kaihyou/ya34.htm#k003

今、岸田って、外務大臣だったっけ??? それじゃ〜TPP宣言は無効ですね〜!!!

特に調べてほしいのは、東京の全部と千葉、神奈川、京都、群馬、そのほか仙台、金沢などの1区と2区の自民党や部分民主党が圧勝しているところはほとんど不正選挙なので、無効です!!!

特に、自民党の清話会で、悪の支配を地方にまで伸ばそうとして、ロシアなど行っているデブは、抹消してもらいたいもんです!!! 彼党は、地方自治体にべったり張り付いて、県庁などに入り込んでいつも知事が反ユダヤの政治にしないか監視をしています!!! 私はこれから地方の不当権力に立ち向かっていきたいと思います!!!
原発反対の声もむなしくなっていますから。。。

特に安倍シンゾーが勝利したのもぜったいに不正なので、すぐに調べてもらいたい!!!

メンテ
広島高裁、昨年衆院選違憲判決 ( No.108 )
日時: 2013/03/25 21:16:56
名前: 満天下有人

一票の格差を巡る訴訟は、通常の裁判で地裁から始まるのと違って、各地区高裁が直接受理する。
北海道では札幌地裁でも違憲判決が出されていたが、違法下で当選した議員の当選は、「事情判決の有理」が援用されて当選無効とはされていない。

(事情判決の有理=違法であっても、それを取り消すと著しく公益を害する場合、請求を棄却出来る。立法府の場合、違法当選を認めないとすると、国会議員が居なくなり、立法府が機能しないから)

広島高裁の場合は、1区、2区における当選は無効であるとの判決だ。事情判決は適用されていない。最終は最高裁の判断によるが、1区は誰かと言うと、TPP推進を行う岸田外相である。しかし本人は選挙時にTPPを争点からはずしておれば、これを理由に当選無効とはされないが、自民党全体としてはこれを隠して当選した者が半数は居る。
とにかく選挙における騙しが、これほど大手を振って闊歩する政治の有り様事態が、重大なる憲法違反なのだから、爛れを糺すには、さような状況を先ず違憲とせねばならない。民法では詐欺による意思表示は無効といするという規定がちゃんとあるのだから・・・しかし難しいのは、野ブタや空き菅のように、ヘドが出そうな詐欺をやっても、有権者がそれを再支持するのだから・・・

その憲法を改正することも安倍は、事前に公約しており、有権者がその中身は知らなかったでは済まないから、公約違反を違憲とするには、難しい問題もあるか・・・

しかし、国会が空席となるから当選無効には出来ないとする事情有理の援用など不要である。これまで当選さえすれば後は野となれ山となれのような、詐欺などヘッチャラの国会など、空席で結構である。

PS:イントちゃん、投稿前に掲示板見たら先に投稿されていますので、本稿をレスとします。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.109 )
日時: 2013/03/25 21:33:17
名前: 天橋立の愚痴人間

今、選挙のやり直しをすれば、自民党がさらに圧勝する恐れがありますね。

なにせ、アベノミクスと言う言葉が一人歩きしています。
先日も親戚の法事であった大阪の叔母さん(84歳)が、盛んにアベノミクスのおかげで大阪の町が賑やかになったと賞賛していました。
みんな豊かそうで、何が不満があるのかと言ってもいました(本人は悠々自適の年金生活者です)。

私も負けずに(優しくですが)本当の事を言ってやりますと、頭が錯乱してしまうと困っていました。
大阪に帰ると、私の言ったことなどすっかり忘れて、アベノミクスと言う言葉を信奉し続けるでしょう。

こんな状態で、アベノミクスが一人歩きしているのに対立する概念を、はっきりと証明する政党、議員がいません。
これでは、愚かな(一般的大衆)の考えを変える事は出来ないでしょうね。

次回の参議員選挙でも「アベノミクス」は小泉の「改革をとめるな」と同じ効力を発揮するでしょうね。

ほとほと、嫌になってしまいます。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.110 )
日時: 2013/03/25 21:43:46
名前: 満天下有人

広島高裁判決は、一服の清涼剤で終わることでしょう、何しろ奇妙な国Z、ジパングですから(笑)、根本は変わりません。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.111 )
日時: 2013/03/26 08:29:30
名前: イントィッション

おはようございます。。。

>次回の参議員選挙でも「アベノミクス」は小泉の「改革をとめるな」と同じ効力を発揮するでしょうね。

ほとほと、嫌になってしまいます。

有権者の中でのネット住民を、裏社会の自民党や維新の会やみんなの党や公明党や民主7人衆は、恐れていますが、PCを動かすことを知らない、やらないおばさんやおばあさんが困ります。。。

私は、TPPをやったら、金持ちと大企業の正社員とその家族だけが大病や歯が痛くなったとき、今までのように病院で治療できますが、他の人は皆、歯医者も行けず、大病をしたら死ぬしかないでしょうね。。。

TPPをやったら2年か3年で、浮浪者や自殺者は溢れ、日本の人口は急激に減少していくでしょう!!!
国民の財産もすべて詐欺されます!!!

本当に末恐ろしいTPPです!!! 本当の裏社会の事を何も知らない人は投票に行ってもらうと迷惑だから、TVの言うことを鵜呑みにしている人は投票にもう行かないでくれ!!! と、大声で一般大衆の前で叫んでおります!!! 

皆、半信半疑ですっが、いつも脅しておりますが、でもそれが事実なんです!!!

少し情報が入ってきました!!!
 
吉本興業が盗聴をしかけていました。。。

自民党の後藤田正純。奥さんでタレントの水野真紀。この時の会話を吉本興業が
盗聴してた。告発しに来て逆に利用される。芸能界の性接待を隠す役割をしてる。
   ↓
 ttp://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/a5d137352bff273df4fa04915275afbd

自由貿易ってどう思う?
関税をゼロにすることを聞かれた
はじめて僕が聞いたのは2002年

アメリカ大使から聞いた

( - ゛-) ぱふ

この時にアメリカの考えを知った
これが現在TPPと呼ばれてる

TPPは間違いなく日本の金狙いだ
それ以外にアメリカの狙いはない
この部分は否定する者はいない

なぜ僕にこのことを大使は聞いたか?
僕はお金の循環に付いて書いてた
このことに目をつけたのだ

日本の金を回せとね

「クス」

大使は2つのことを僕に話した
ひとつは関税をなくすこと
もうひとつは武器の購入

この2つの意味すること
アメリカにお金を回せと言うこと
とても分かりやすい

単純である

日米関係はお金を回すこと
これが良好な関係をつくるコツだ
これを忘れてはいけない

単細胞な保守はいかん
金を盗られると騒いでばかりだ
もっと賢くなれ

武器の購入でもイイよ
はっきりとアメリカは示してるはず
TPPは武器購入交渉と同時だ
アメリカも望む所だろう

日本はイイ条件を引っ張れ
交渉は駆け引きする材料がないとね

中国周辺国や東南アジアとの連携強化
軍事的な面も含めて強化する
これも戦略として大切

アメリカとの交渉にも役に立つ
日本と対立すればアメリカは損
アジアへの関わりが弱まるからね
それくらいの計算はしてる

アメリカが気にしていること
日本がアメリカを切ることである
このことを知るべきである

この発想が日本人にはない


 今の安倍がやっていることは、もちろん、アメリカの要望通りですね〜。。。

 日米同盟が外交の基軸だなんて、国民はほとんど思っておりません。。。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.112 )
日時: 2013/03/26 11:08:41
名前: 満天下有人

全く、どうしようもない国になってしまいました。広島高裁がいくら選挙の格差で違憲を唱えても、議員どもが居座ってしまえば、どうしようもありません。そして言ってた事と正反対のことをやり出すのです。この方が1票の格差より余程違憲に該当することなのに、そのことは問われないのですから、もうどうしようもありませんね・・・

国民がどこまで理解しているのか、日米同盟基軸についても、それがどのように適用されているのか、TPPにも絡ませられているのに、分かっていないではどうしようも無いことです。
「滅びて行くのは、対米盲従している日本の方だ!」・・・北の金ボンボンにまでこんなバカにされた言い方をされるようじゃ(笑)、お終いです。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.113 )
日時: 2013/03/26 12:37:38
名前: アナーキスト

全く! 馬鹿にしていた“北・朝の皇帝”である「ジョンウン3世」の方が、

お飾り物であるにせよ、国としてはよっぽど気概が有ります。 

もう既に日本は“世界の5等国”でしかありません。

ギリシャを笑えず、血で血を洗うアラブの騒乱を蔑む事は出来ません。

日本は、政治は売国に励み、民は知性も気概も無い豚・羊に等しく、刹那、泥縄、の日々を送るのみ。

此処まで愚に至れば最早如何様の啓蒙・啓発の術も無いのでは?

此の上は拱手傍観、堕ち行くこの国の姿を見るより致し方無し!です。  と、これは自虐的諦観論です。

今の日本の状況を変えるのは至極簡単ですが、其れが出来ないのです。

国を変えるには、政治を変えなければ成りません。

政治を変えるには、国民が変わらなければ成りません。

国民が変わって、今の政治体制を変えなければ成りません。

其れには国家体制の「スクラップ&ビルド」以外に方法は無いのです。

此れを遣らない限り、皆さんが何を言おうと、所詮は「小田原評定」果てしなく「会議は踊る」です。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.114 )
日時: 2013/03/26 14:13:12
名前: 満天下有人

・・・日出る国 日沈む国にバカにされ・・・

誠に徒手空拳の気分なり、もう眺めるしか無い。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.115 )
日時: 2013/03/26 15:28:38
名前: イントィッション

>・・・日出る国 日沈む国にバカにされ・・・

>誠に徒手空拳の気分なり、もう眺めるしか無い。

 ちょっと面白い動画があります。。。 これ見てB層の人たち、認識してもらいたいですね〜。。。
   ↓

ttp://www.youtube.com/watch?v=Z25LX_teZrY

モノ申します! (TPPに喝!)
  ↓
 ttp://www.youtube.com/watch?v=XltdAvCy5Aw&feature=endscreen&NR=1

それから毎日新聞に、朝鮮総連を小泉義兄弟の鮫島(坊主)が45億円で落札!
   ↓
 ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130326-00000036-mai-soci

  最福寺のホームページなどによると、池口恵観(えかん)法主(76)は安倍晋三首相ら多くの政治家と親交があり、「永田町の怪僧」の異名も持つ。北朝鮮との関わりも深く、たびたび現地を訪問しているほか、菩薩(ぼさつ)像などの寄贈を続けている。北朝鮮に滞在している「よど号グループ」のメンバーらとも面会を重ねているという。


 これで安倍ゲリゾーが、北朝鮮とものすご〜い関係にあることがよく理解できます。。。
 拉致被害者も、この男がまだ連れてこなくてもいい! などと言っているように思えますが。。。
 実際、そうなのでしょうね〜。。。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.116 )
日時: 2013/03/26 15:48:01
名前: 天橋立の愚痴人間

アベノミクス その 1

住宅建築の場合。

(2%のインフレ)

すでに木材が4月から上がると言う噂がしきり。
噂さだけではなく、今、計画中の住宅の見積もりは、木材価格の上昇を見込まねばならない。
材木屋がすでに言ってきている。
上げ率は ?

とても2%に収まるとは思えない。
5〜10%にはなるだろう。

次には鋼材が値上げを言い出すことは目に見えている。
なにせ、国の方針であるので、国内で数社に絞られてきた製鉄所は輸出はともかく、国内は、これも10%くらいは遠慮なく一方的に通達してくるであろう。

自動車業界は文句をつけられても一般消費者である加工業者その他、板金まで、影響を免れることは出来ない。
鉄だけでなく非鉄金属も右へ倣え。
おかげで、住宅のサッシュ、屋根、板金などの資材も高くなってくる。

経団連などに属してい業者は、概ね政府に協力すると言う大義名分で、石油、ガソリン、電力など、軒並みに上げてくるはず。

消費税を上げる前に、すでに建設資材は、5〜10%値上げされる事になる。
アベノミクスのお蔭様で、安倍自民党政権のお蔭様で。
来年には消費税が3%上乗せになる。

こうして都合、10〜15%くらいは住宅建設の費用が増える事になる。
ところが、今でも経済的な理由で住宅建設が落ち込んでいる。
最盛期の150万戸に対して、今では半分の70〜80万戸である。

住宅建設のコストは、10〜15年くらいは横ばいで、それ以上上げると建設数はさらに落ち込む。
このコスト増を抑えてきたのは、職人たちの人件費の低下である。
15年前は15000〜18000円を取っていた大工の日当は、いまでは12000円もあれば上出来で、15000円を取る職人は滅多にいない。

物価が上がり、消費税が上がっても、建築を考える人の年収は、一部の人間を除いて下がることはあっても上がらない。
年金生活をしている老人が、若い者の建築に援助をしてきたことも、ここ15年の特徴である。
その年寄り達の年金も、年々支給額が減ってきて、今後は若い者の援助をするような余裕はなくなる。

さあ、どうるか。
それでも住宅を作っていただかねば、全国の建設業者(零細工務店)は食うに困る。
それで考えられるのは、自分達の人件費を、資材の値上がり分だけ、またまた、下げて新規住宅建築を取り合いする。
結果、大工の日当も8000〜10000円となるでしょう。
それでも、職人は、毎日仕事がある訳ではなく年収で言えばワーキングプアーと言ったところ。
道端で一日中立っているガードマン氏は、すでに日当、6000円の人もいる。

それでも人間は食わねばならない、住まねばならない。
幾ら安くても働かねばならない。

結局は、富めるものは増すます冨んでも、弱者は困窮するばかり。
今でも、そうであるのに、

ありがたいアベノミクスの御蔭さまで、ますます困窮する事になる。

今後は生活保護の取り合いに遅れを取らぬようにしなければ、一家心中、餓死を待つ事になる。

これとは別に、輸出が増え好景気に沸く、経団連に御勤めの日本国の皆様、我々の生き血(税金)貪る公務員さまは、ますます、ご健勝であられ、ご発展されているようで、低いところから、御祝いもうしあげます。

アベノミクスをやって、宜しかったですね!
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.117 )
日時: 2013/03/26 17:29:28
名前: 満天下有人

イントちゃん、クソ坊主、坊主丸儲けで なめられて・・・ガハハッ!!

北金にはバカにされ、その上で儲けさせせる、もう食い荒らされ放題になって来ました。
メンテ
インチキインフレターゲット ( No.118 )
日時: 2013/03/26 18:05:13
名前: 満天下有人

全くです、人為的に価格を上げれば、インフレにすることなど訳もないことです。需給のバランスによって世間が財を求め、自然に価格が上昇する自然利子率の概念などとは、正反対の加工インフレにしたいのですね。

購買力が伴わないと、悪性インフレを招いてしまい、既にその危険を唱える分析家も居りますが、最も抵抗したのは、金融御本尊であった白川前日銀総裁でしょう。

その購買力について安倍のバカミクスは、スーパーに向かって賃金を上げろと言うのですから、もう子供以下の目茶苦茶さです。人工的国家・共産主義スターリンといえども、そこまではしなかったでしょう。
メンテ
嵩にかかって来るユダ金ども ( No.119 )
日時: 2013/03/26 21:09:49
名前: 満天下有人

夕刻のニュースワイドでやっていたことだが、西武鉄道が大株主の米サーベラス・グローバル・インベストメントから、株価を上げる為に不採算路線の廃止を求められ、利用客から戸惑いの声が上がっていた。

事の遠因は、2004年に西武鉄道が、有価証券報告書に株主比率をごまかして記載した粉飾決算事件で、上場廃止の厳しい処分を受け、その時にサーベラスが1000億円出資して危機を救ったことにある。

然るに業績面から株価が余り上がらないことに業を煮やしたサーベラスが、収益を上げるには不採算路線を廃止するしかないと西武に迫り始めた・・・

記者会見で経営側は、鉄道には公共性がある、大株主といえどもハイそうですかと聞くわけには行かないと、さすがに怒った様子。

あちこちの不採算路線と思われる所での利用者の反応は、この電車が無くなったらどうしようと戸惑いの表情・・・一人だけまともな感想を言う奥さんが居た。ここまで金融資本が好き放題、横暴な行為をするとは夢にも思わなかった、と・・・

我が意を得たり!然り!ですぞ!左様に問題の根を捉えて頂きたい。我が国民はノンキ過ぎる!続いてTPPであらゆる分野で、利益だけが中心で公共性などお構いなしの黒船がやって来る。しかもそれを歓迎する、いや迎合しているのは、我々の多数が選んだ政治家どもなのですぞ!その元祖は、貴方たちが純ちゃーんと熱狂したあの人以来なのですぞ・・・
一旦参加したら憲法よりも上位となる外交契約(条約)、手も足も出なくなることを、前もって、よ〜く認識しておかれ度し。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.120 )
日時: 2013/03/27 11:22:46
名前: イントィッション

>あちこちの不採算路線と思われる所での利用者の反応は、この電車が無くなったらどうしようと戸惑いの表情・・・一人だけまともな感想を言う奥さんが居た。ここまで金融資本が好き放題、横暴な行為をするとは夢にも思わなかった、と・・・

それそれ! もっとユダ菌、TPPの前に何かやらかすといいですね〜。。。

TPPの数年後は、我が国もギプロス並みですから〜。。。

甘い! 甘い! ほんまに甘い! あんまり落ち着きすぎて、尻が動かないから、このB層の尻を動かすにはどうすればよいのか〜???

株高で、喜んでいる馬鹿は多いのかな???

昨日、夕方車の中のラジオで、御用聞き経済学者が、「アベノミクスは、これからの日本の景気がドンドン良くなるので、明るくなってきます」と。。。

え???と、なんと、経済学者は、反対の事を言うのが仕事なんだ! と、よく理解できました。。。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.121 )
日時: 2013/03/27 14:04:45
名前: イントィッション

ありゃりゃ。。。
 なんか、裁判所がものすご〜く乗る気満々の違憲選挙! なにやら裏がありそうです。。。
  ↓
 ttp://tweettvjp.blog.fc2.com/
2012/3/26(火) ツイートTV1番の記事で扱ってます。
2013/3/26(火) TPPと「一票の格差」裁判で司法も乗っ取り平成維新を!

 宮崎 学 や 松永弁護士:にちやカフェで儲けた、グローバルな国際裁判の事もよく知っている人物で、選挙の得票数を管理しているムサシが、金融マフィアが企業の論理で国民をのっとる! と。。。
この一票の格差の違憲で、なんやら民主党と共産党が喜んでいるとか???
野ブタが、最初、不正選挙と聞いてびくついていたとか! (苦笑。。。

これを聞いて、他の人の意見もここに貼り付けます。。。
  ↓

>この弁護団の裏にそれなりに資金力がある団体がいるのではないでしょうか?
ユダ金の可能性も充分ありますね…。
TPP承認用売国議員の用意のための解散かもしれません。


>一票の格差による

選挙の無効の大合唱に

違和感を覚えるのは

私だけではあるまい。

問題は

一票の格差ではない

不正な集計ソフトや

投票用紙の改ざん

や 投票用紙を捨てたり

投票箱のすり替え

集計そのものを 行わない

投票時間を繰り上げて

投票所を 閉めてしまい

投票できないようにすることや

メディアの選挙速報の異常さ

これらに

たどり着く前に

メディアは

ガス抜きをして

終わるような

気がする。

どちらにしても

デモや抗議などをしても

いっさい 報道しないので

メディアの意味も

価値もないだけではなく

すでに始まっている

戦争への道が

開かれようとしている。

絶対に阻止する

絶対に許さない。

  この意見はとても同意します!!!
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.122 )
日時: 2013/03/27 14:41:51
名前: アナーキスト

安倍のミックスで諸物価が一斉に上がり始めましたねぇ。テレビが余計な事、“全国平均のガソリンの値段は150円台である」などと言うモノですから、我が町のガソリンスタンドの看板が軒並み150円台に変わりました。昨日まで140円台だったのにです。

「物価上昇2%を目標」等と言う錦の御旗を揚げられて、各企業はそれを上回る値上げを行い、さなきだに死にそうな低所得者の暮らしに、一層厳しい受難の時代が津波の様に押し寄せてきます。

それに加えて、TPPのお蔭で日本の全ての社会システムは壊滅状態。全くどうしようもない国に成ってしまいます。

これで良いのですか? 国民の皆さん!
メンテ
一票の格差雑感・・・ ( No.124 )
日時: 2013/03/27 16:57:33
名前: 満天下有人

数人でのコーヒー雑談で、また解散して選挙やるそうですねと言う話になった。

中には、一票の格差って何ですか、という質問も出た(笑)。まあ罪の無い疑問なので、こうこうしかじかの事で、裁判所が弁士界に突かれて選挙は無効だとの話をすると、そりゃ一人一票の権利で公平で良い事ではないですかとの反応。
座を白けさせたくも無かったので、問題は、では格差が2倍なら問題ないのか、そこまで深入りする話は止めた。要するに肝心の一票の意識が問題なのだとまでは言わなかった。

広島高裁は、判決を出し、立法府によるその対処を、11月までと余裕を持たせた訳だが、考えて見るに三権独立とは言うものの、現行制度では司法は内閣という行政機構に属し、その内閣は立法府によって成立しているのだから、完全な意味で司法が独立している訳でも無い。

小沢事件などがその典型で、立法府の意向を受けた内閣が、当初小沢有罪の姿勢を取り、司法もそれに追随したのが、典型的な例だろう。さような歪みは、厳密に一人一票の公平を実現すれば無くなるものでも無い。

そのことに限らず、例え一人一票が確立されたとしても、安倍内閣による違憲政治が無くなるものでも無い。結局の所、一票の意識が最も重要な要素であるという初歩の話に戻ってしまう。そこが欠けて憲法違憲論をいくらやった所で、形だけが整い、根無し草の有り様は変わらない。

話は途中から、日本はまだ捨てたものではない、技術は世界一だからという話に流れた。これも笑って聞き流したけど、技術一流に漫画も世界一、日本食も欧米人が目を見張るほどに浸透、それを以って世界一の認識であるとするなら、正に日出る国の一人よがりに過ぎない。

・・・聖徳太子が、日出る国の天子が日没する国の云々と、隋書にしたためて以来、大和の国はほんわかと一人よがりになってしまったようだ。安倍の国家論も古い懐古趣味にしか過ぎず、意識を日出づる国とし、行動は日沈む国にしようとする・・・故に安倍のチャンポンミックスなる揶揄言葉がすぐに出てしまう(笑)。

さて司法が、一票の格差問題で前回衆院選が無効とするなら、司法は、消費税増税も含むその間に出来た法律も全部無効だと、そこまで真剣に踏み込む司法の独立気概を持っての事なのか・・・どうも立法の枠を超える骨のある姿勢にも見えないのだが・・・そしてこれまで何度も言われて来た一票の重み、それは一票側から声が上がったというより、施政側、あるいは第三者が言って来ただけで、格差問題は単なる人口比割り算計算ではなく、一票を持つ者がその重みを認識しない限り、いくら裁判所が何を言っても、何も変わらないだろう。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.125 )
日時: 2013/03/27 17:26:45
名前: 天橋立の愚痴人間



数人でのコーヒー雑談で、また解散して選挙やるそうですねと言う話になった。

中には、一票の格差って何ですか、という質問も出た(笑)。まあ罪の無い疑問なので、こうこうしかじかの事で、裁判所が弁士界に突かれて選挙は無効だとの話をすると、そりゃ一人一票の権利で公平で良い事ではないですかとの反応。
座を白けさせたくも無かったので、問題は、では格差が2倍なら問題ないのか、そこまで深入りする話は止めた。要するに肝心の一票の意識が問題なのだとまでは言わなかった。




アッハッハ ですね、満天下さん、

1票の格差が2倍でも3倍でも、そんなことは枝葉末節のこと、
それよりも、民意がしっかりすることが大事です。

平和ボケした連中は、そんな技術的なことにはすぐに飛びつき、これを是正すれば自動的にもろもろのものが解決できるような思いへ執着する。

漫画の世界ですね。
目に見えるものに全てを託したい、それで自分の帳尻を合わせてしまいたい。
そういう臆病、小ざかしさが、当代インテリ民意と言うものでしょう。

昔にく比べると、それこそ1億総インテリ集団と化した我が国が陥った漫画社会といったものでしょう。
大学生になりながら、漫画を放せない事が証明しています。
歴史漫画を賞賛するような、愚劣さを誇る民意と言うものがあります。

彼等にとっては、1票の格差が全てであるのでしょう。
それも、言われて見て飛びつく程度の認識で。


確かに、満天下さんが、その御集まりで、このようなことを言われたら、座がしらけることは明らかですね。
私の性格は、それでも言ってしまうのです。
良い悪いは別にして、この掲示板でもそうなのです。


何時も言っている事ですが、
一辺の知識で世界が解った様に勘違いして自分の判断力を過信しる人々が戦後の教育のおかげで大変増えてしまいました。

知識は大切なことであり、また多くの知識を持ったとしても、それで、最もあるべき判断が出来るとは限らないことを認識すべきなのですが、子供がおもちゃを手にして喜ぶように知識を弄んでいる、遊ばれているのが1億総インテリ国家、日本の姿でしょう。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.126 )
日時: 2013/03/27 19:13:34
名前: 満天下有人

もう漫画感覚でしか世界を見れない国になりました。

麻生など、好きなものだから、マンガ事業にまで手を出し始めたそうで(笑)。

元首相がこれですから、1億総漫画国家になっても、おかしくも無いでしょう(笑)。

マンがで経済を立て直せ(笑)。
メンテ
ハゲタカフアンドに手を貸す安倍のチャンポンミクス ( No.127 )
日時: 2013/03/28 08:18:56
名前: 満天下有人

今更のことでもないが、バブル崩壊で長銀や日債銀がハゲタカフアンドの餌食となり、彼らは濡れ手に粟の儲けを手にすると、さっさと引き上げてしまった。そもそも資本の自由化、規制撤廃の本質とはそんなものであったし、それ以前にバブル発生、崩壊もも画策されていたものであるから、好き放題、やられ放題の有り様だった。

先日の米投資会社サーベラスの西武鉄道不採算路線の廃止要求、株式評価を高める為に多摩川線や秩父線など不採算路線の切り捨てと、西武ライオンズの売却を求め、言う事を聞かないならTOBによって現在の持ち株32.4%を36.4%にまで高めて、支配権を確固たるものにすると言う訳だ。

彼らの思惑の背景には、安倍が進める円安政策で、利益が更に膨らむとの計算が重なっていることも確かであろう。円安傾向の下ではTOB準備資金は割安ですむ、加えて超金融緩和による土地価格の上昇で、西部やコクドが有する土地も支配下に置き、逃げる時には巨額の評価譲渡益を産む。見よ、超金融緩和による不動産、土地関連株の乱舞を・・・いつか来た道と同じである。

そして食い散らかした後は、バブル崩壊後のやり方と同じように、さっさと次の獲物を求めて去って行く・・・小泉時代と同じように、竹中平蔵がやった騙し装置で、長銀、日債銀、そしてリソナ銀行のマッチポンプによる操作で国益は損なわれ、損なわれた分はハゲタカフアンドの巨額利益となり、そして権力操作者たちも過分の濡れ手に粟の余得を得たことであろう・・・

海洋生物に小判鮫なる種類が居る。主に熱帯地方に生息するらしいが、頭のテッペンが変形して、吸盤となり、ジョーズのような巨大シャークの腹にピッタリくっ付いて、外敵から身を守り、シャークの食べ残しをエサとして生きている・・・

安倍一家の手口は、アタマが変形したこの小判鮫が如しである。安倍のチャンポンミクスを喜ぶ国民は、シャークと一緒に水槽に入れられたイワシが如しである。のんびりとシャークの周りを泳ぎ回り、ある時突然、一気に飲み込まれてしまう。

初めての経験では無い、同じ手法がサーベラスによる西武鉄道支配に見れるし、それは何度も見られた光景である。魚の鮮度を保つに、漁師たちは魚の頭にすぐに包丁を差し込む・・・過去に包丁を入れたものが復活し、また包丁で切れをいれねばならぬ日が、必ずやって来る。同じことを繰り返さねばならぬとは、ご苦労な事ではある。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.128 )
日時: 2013/03/28 11:53:09
名前: アナーキスト

この頃、私の頭の中は“攘夷論”に満ち溢れています。

井伊直弼が修好条約を結んだ幕末の頃とは、全く日本は変わっているのに、そして又、直弼は孫子の兵法に言う“三十六計逃げるに如かず”の如く、「彼れを考え、是れを謀った」上で、敢えてあの行動に出たと言うある種止むを得ない事でもあったのに、安倍自・公政権は一国の尊厳を保持しようと言う気概も無く、TPPを始めとする売国政策を強行しているのです。

何度も言いますが、この協定は日本のあらゆる分野に亘るシステム、産業、組織、の崩壊を目途とした物で、当然の帰結として日本はアメリカを初めとする毛唐共の奴隷国家と成ります。否、国家の体制を保持できるかどうかそれすらも危ぶまれている事なのです。

辛うじてメリットを享受できるのは、極く一部の輸出大企業だけ。 その他は全て壊滅、日本は死に絶え、死して屍拾う者無し、と言う事に成るのです。

実に、マスコミが国民の目を覆う事、さらには事実を捻じ曲げたウソの情報を流すことによって、国民はこうまで唯々諾々と騙される者かと空恐ろしい限りです。

その結果、結論として、この際“攘夷”しか方法は無いと思いは募るばかりです。

満天下先生、今と成ってはもう、自・公の政治家の思考回路が正しいのか、私たちの様な批判派の思考が正しいのか、国民の余りの無関心ぶりに、己の考えに自信が持てなくなりました。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.129 )
日時: 2013/03/28 12:35:35
名前: イントィッション

最近、振り込め詐欺よりも、手渡し詐欺が横行していると言う。。。

ある70代の奥さんが、息子が会社の4500万円の小切手の入ったかばんを置き忘れてしまった! という息子の声!

つまり、息子のような声! 会社の他の仲間に携帯を借りているので非通知で電話している! と。。。

会社の仲間がそこへお金取りに行くから。。。と。。。 4500万円を手渡してしまったと。。。

しかし、70代の奥さんがすぐに4500万円ものお金、準備できるなんて、すご〜い!!!

やはり、日本の先輩様達はよほどお金持ちなんですね〜。。。 ユダ菌だけではないんですね〜。。。

日本人のお金持ちを狙うのは〜。。。

手渡し詐欺会社までできているようですぅ。。。 相当念入りに考えた物語をつくるために毎日、会社に出勤!

そんな会社が1つや2つではないようですよ〜。。。 
メンテ
攘夷論・・ ( No.130 )
日時: 2013/03/28 14:11:41
名前: 満天下有人

何だかだ言っても、強大国アメリカを刺激するのはまずい、うまく手をかわして行くのが外交能力なのに、逆に鮫の懐へ飛び込んで行くようなら、夷狄討つべしの気分になって当然でしょう。

維新でもそうでしたが、ところが国内に敵が数多く潜んでいる。こやつらは同胞を討って敵に取り入る。

そういえば、関東軍によってソ連に売られた鮮満在住の同胞、その後でもシベリア抑留された日本兵捕虜が、同じ同胞の関東軍参謀の池田が、ソ連にゴマ摺って、要求される以上のノルマを部下たちに課し、酷寒のシベリアで多数死亡した事件が明るみに出たこともありましたね・・・

所謂“暁に祈る吉村部隊事件”・・・当時中学生になったばかりの頃?だったか、朝日のトップ記事で、その吉村(池田は捕虜になってからは、婚姻前の吉村姓を使っていた)が、舞鶴に復員した記事を見て、日本軍と言うか、日本人というか、ひどいことをする民族だと、胸に焼き付いたものです。

我が民族は、何故か権力地位に就くと、村八分や残虐行為を昔からやる習性があるようで、今のイジメ問題にしても、どうも社会環境の変化の所為だけとは言い切れない何かが、気質として潜んでいる思えて仕方がありません。

強きを助け、弱気を徹底して排除して行く。この気質面から見ると、攘夷どころか、強きにはひれ伏して行く。

万機公論的に攘夷の風を吹かすことが、この国では難しい、それは沖縄問題に如実に現れていると思うのです。原因は本土にあったのに、口先だけの同情で済ます卑劣な気質、それは個々人ではなく全体としてさような気質になっている。

・・・万機公論攘夷が出来ないとなると、一人一殺の暗殺しかありません・・・おっと、こんなこと書くと、ネット殺人示唆で逮捕されるか(笑)・・・でも心情としてはそうなって不思議でもない。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.131 )
日時: 2013/03/29 00:04:15
名前: 天橋立の愚痴人間

>そういえば、関東軍によってソ連に売られた鮮満在住の同胞、その後でもシベリア抑留された日本兵捕虜が、同じ同胞の関東軍参謀の池田が、ソ連にゴマ摺って、要求される以上のノルマを部下たちに課し、酷寒のシベリアで多数死亡した事件が明るみに出たこともありましたね・・・


池田何某の行為は個人的なものとして、関東軍(日本の軍部)の行為は、衝撃的で「大和魂」スレッドでも、どのように取り扱うべきか問題であります。

飛鳥の昔から、政争において、騙しあい、裏切りあいはあったものの、統治者側が、多くの大衆を(しかも配下の者を)意図的に犠牲にするような事例は、あったのでしょうか。
これも、個人的犯罪は別として。

もし、ないのであれば明治維新とは、何であったかですね。

まあ、日本ではジェノサイドは、唯一、織田信長がやったとされていますが、旧日本軍における満州の虐殺事件が事実とすれば、またまた明治維新とは、日本人をどのように変えたかも問題になりますね。

メンテ
大和魂・・(1) ( No.132 )
日時: 2013/03/29 10:22:30
名前: 満天下有人

アフリカ独裁国家で頻発するような権力によるジェノサイドが我が国であったか、まあ、織田信長の一向一揆弾圧くらいしか無いのではないでしょうか・・・

この吉村部隊事件の「暁に祈る」なる言葉は、日本兵捕虜が創り出したもので、ソ連から捕虜収容所隊長に任命された吉村が、ノルマを達せない日本兵を酷寒の外で一晩中棒に括りつけてリンチを行い、大抵の兵は明け方に死亡、その様は首がうなだれて、丁度昇って来た朝日を拝んでいるように見えたことから、暁に祈ると形容したものだそうです。

帰国後、参院に証人喚問され、裁判でも吉村隊長は冤罪を主張したようですが、判決は有罪で3年の懲役。

<関東軍(日本の軍部)の行為は、衝撃的で「大和魂」スレッドでも、どのように取り扱うべきか問題であります。・・・旧日本軍における満州の虐殺事件が事実とすれば、またまた明治維新とは、日本人をどのように変えたかも問題になりますね。>

これは、どの国でも起こり得る戦争なるものが、人間に潜む狂気を表に出したということでしょう。いくらニューマニストでも銃で相対し、どちらが死ぬかの状況になれば、相手を殺さないと生き延びられませんから、殺してしまう。外国人敵を相手にするだけでなく、その敵に迎合して同胞をリンチするに至っては、これも狂気が表に出たもので、同じく魂の問題では無いように思えます。むしろ「気質」の問題ではなかろうか・・・

ただ明治維新が富国強兵を政策の軸にし、資源確保の為に満州へ進出し、現地で中国人を支配し、伝えられる数々の拷問、リンチなどを見ても、これも権力を通じた日本人気質が共通して見えて来ます。魂と言うより気質の傾向がより見えると思うのです。

ボノボさんが政治は殺し合いだとして、その根源は、薩長が維新権力を握ってから顕著になった、薩摩藩兵が東京警視庁に多く採用され、その威圧感は鼻持ちならないものだったと記しておられたやに記憶しますが、これも民族気質が表に出たものと解釈しております・・・

共通して見えるものは、強い者に迎合し、弱きは排除する、弱き者同士で排除し合う陰湿なイジメ、徒党を組んでやる・・・今はどうか知りませんが、外国においても群れをなして歩くのは日本人、観光団でなくそこに駐在していても、ヒルメシ食うにも毎日群れをなして行動する、それと別の行動を取ると、村八分にしてしまう・・・良い意味での独立の精神は余り感じられません、それが政治全体にも反映されていることは、今更言うまでもありません。

英語で言う精神・SOUL、霊魂、心、熱情、気迫、生気、色んな意味を持っているようですが、さてYAMAO SOULとなると、このどれを当てはめたら良いのか、私には分かりません。大和魂なるものの解釈は、時代の変遷と共に変わって来たように見えます。では変遷して来たその「魂」とは、どのようなものであったのか、魂なるものは変わるものなのか、その基になった魂とはどのようなものであったのか、そこが判然としないのです。

橋立さんも引用されていたように、この言葉が最初に出たのは、源氏物語の「夕霧」のようですね・・・元服した夕霧への父親の言葉、『時に従う世の人の、下には鼻まじろぎをしつつ、(上には)追従し気色とりつつ従う程は、おのずから人と思えて、やむごとなき様なれど、時移りさるべき人に立ち遅れて、世おとろふる末には・・・・・才を本としてこそ、「大和魂」の世に用いらるる方も強う侍らめ』
才とは文才で、漢学による学識を意味し、大和魂とは良識、常識的思考判断を意味すると、古典専門家は解釈しているようです。

要するに和魂漢才であり、輸入文化を日本風に味付けしたもののようです。これは司馬遼太郎さんが維新文化を、和風なものを西洋文化に接ぎ木したとの表現にも通じます。

そこでも、では元の和風とはどのようなもので、それがどのように大和魂になるのか、さような疑問が生じて来ます。例えが不適切かも知れませんが、サッカーの外国での試合でサポーターがよく「大和魂を発揮せよ」との横断幕を持って声援している風景を時折見ます。この場合、大和魂をどのように解釈してのことか、聞いてみないと分かりませんが(笑)、すぐにイメージとして重なるのが、典型的な
英国人を表現する時の「ジョン・ブル精神」ですが、これはブル・こって牛のように、負けずに闘うという気骨を意味するとすぐに解るのですが、大和魂なる意味に、そのようなもんがあったのかは、調べても見当たりません。多分、武士道のようにルールを守って戦え、という意味で使っているのかも知れません・・・(以下次稿へ)。

メンテ
大和魂・・(2) ( No.133 )
日時: 2013/03/29 11:17:19
名前: 満天下有人

大和魂なる言葉が初めて使われた源氏物語、しかも引用した箇所一回だけこの言葉が使われ、他には二度と使われていない。そしてその趣意は、本来、大和民族が持っている魂を表現したと言うよりも、君子、かくあるべきだとの指針、ガイドラインとして使われたもののようです。

平安以降の時代にこの言葉が引用されたかどうかについては、文献上、見当たりません。

時代は下って、江戸時代に本居宣長が、「敷島の大和心を人問はば、朝日に匂う山桜花」なる言葉で取り上げられたようで、ここには、大和民族の気質を取れたようです。固有の精神と言いましょうか、四季の変化を愛でる(めでる)日本人の気質が出されているようです。自然の変化を愛でる気質は、はかりごとの無い、ありのままの素直な気質とも解釈されます。

菅原道真は既に遣隋使など廃止せよと、大和心を前面に出す動きをしたそうですが、当時の国学などの勃興があって、それに対抗する機運があったとするなら、この辺りから大和魂の語が、政治的に使われるようになった気がします。
いずれにせよ、大和魂の言葉は、本来、大和民族に備わっている魂としては花鳥風月を愛でる気質を著しただけのものであり、それはそれで良いとしても、どちらかと言えば、政治権力が利用する言葉として使われた歴史の方に比重がかかっているやに感じられます。

本居宣長が、ありのままの自然を愛でる気質を、大和魂と表現し、朝日に匂う山桜とて、戦時中では女学生の勤労動員、銃後の守りの唱歌として使われておりました・・・

♪真白き富士の けだかさを  こころの強い 楯(たて)として  御国につくす 女等(おみなら)は 輝く御代の  山さくら 地に咲く 国の花♪・・・・・

大和魂なるものは、概念として存在し、故に時代と共にいかようにも変遷、利用されるものであったと言えましょう。和魂漢才、和魂洋才、いずれも方便であったと思え、本来的に存在した大和民族の魂を表すものではなかったように思えます。

私は魂を探るより、日本人の気質は何なのだ、どうしてさような気質が本来備わっているのか、故・加藤周平氏や山本七兵氏が、雑種文化論を唱えられたり、空気、ムードに支配される日本人の気質が、どこから来たものか、やはり、地理、気候風土によってゲノムが形成されてきたものだろう、と思う次第です。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.134 )
日時: 2013/03/29 12:54:17
名前: 天橋立の愚痴人間

満天下さん「大和魂」への考察、有難うございました。

仰るとおり、紫式部が突如言い出した「大和魂」の解釈も粗雑なところもありますが、同じ言葉が本居宣長以後、神道思想に組み込まれてしまいました。

また、「大和魂」と言えば、もう一つ、吉田松陰のそれがあります。

「かくすれば かくなるものと 知りながらやむにやまれぬ 大和魂」

ttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1426391399

「留魂録」冒頭の、辞世の句といわれる「身はたとい武蔵の野辺に朽ちぬともとどめおかまし大和魂」と勘違いされているのか、辞世の句のように言われたりします。

この歌は安政元年、高輪泉岳寺・赤穂浪士の仇討ちと、自分の下田踏海の心境を重ねた歌だそうです。
同じ国禁を犯した赤穂義士は本懐を遂げ、我は失敗した。しかし、志に差があるものか・・・として獄中で・・「かくすれば かくなるものと 知りながら やむにやまれぬ 大和魂」と詠んでいます。
直訳過ぎるかもしれませんが、「こうすれば、このような結果になることはわかっているのだが、やらなきゃならない、私は日本民族固有の精神を持っているから」でしょうか。

計算を度外視しなければならないときがある。損得ではなく善悪にもとづく生き方。
但し、忘れてはならないことは、この考えが、明治維新を推進し、また大正から昭和にかけての日本の戦争に繋がった。そして、あの連合赤軍のメンバーの崇拝対象が松蔭であった事も。


『留魂録』(りゅうこんろく)は、

幕末長州藩の思想家である吉田松陰が、1859年(安政6年)に処刑前に獄中で松下村塾の門弟のために著した遺書である。この遺書は松下村塾門下生のあいだでまわし読みされ、松門の志士達の行動力の源泉となった。

冒頭の句 「身はたとひ武蔵の野辺に朽ぬとも留置かまし大和魂  十月念五日 二十一回猛士」

最後の句 

「かきつけ終わりて
心なることの種々かき置きぬ思い残せることなかりけり
呼び出しの声まつ外に今の世に待つべき事のなかりけるかな
討たれたる吾れをあはれと見ん人は君を崇めて夷払へよ
愚かなる吾れをも友とめづ人はわがとも友とめでよ人々
七たびも生きかへりつつ夷をぞ攘はんこころ吾れ忘れめや
             
十月二十六日黄昏書す  二十一回猛士」

(引用終わり)

松蔭の言う「大和魂」は、神道とか国家の形態とは無関係に、自身の心情の吐露と思います。
松蔭が何を目指していたのか、それを国民の目線での国の改革であるならば、その心情「大和魂」のよりどころを察する事が出来るのですが、但し、松蔭の国家感が、必ずしも現代で思う民主国家の様なものであったとは、これも決め付けることは出来ません。
それでも、そうであって欲しいという気持ちから、私は松蔭の心情としての「大和魂」を一番、取り上げたく思っています。
しかしながら、冒頭で引用した文章の中で、投稿者が、下記の様な観察をしておられます。

>但し、忘れてはならないことは、この考えが、明治維新を推進し、また大正から昭和にかけての日本の戦争に繋がった。そして、あの連合赤軍のメンバーの崇拝対象が松蔭であった事も。

これは、少し穿ちすぎの考え方ではないかと思います。
上記で言われている「大和魂」とは、本居宣長以降、構築された国家神道の延長として、国民に「大和魂」を強いているのであり、自発的に何かをしたい人間の葛藤を現すものでは無いと思います。

上記、記事を正しいとすれば、吉田松陰の「大和魂」は、包括して右翼の「大和魂」と同類のものとなります。

>計算を度外視しなければならないときがある。損得ではなく善悪にもとづく生き方。

これも、松蔭の生き様を勝手に、損得勘定の目で見ている言葉であり、松蔭の「大和魂」は決して、そのような事が言いたかったのではないと思います。
また善悪を判断すると言う概念も当たらないでしょう。

>同じ国禁を犯した赤穂義士は本懐を遂げ、我は失敗した。しかし、志に差があるものか・・・として獄中で・・「かくすれば かくなるものと 知りながら やむにやまれぬ 大和魂」と詠んでいます。
直訳過ぎるかもしれませんが、「こうすれば、このような結果になることはわかっているのだが、やらなきゃならない、私は日本民族固有の精神を持っているから」でしょうか。

前後しましたが、この解釈も「大和魂」の概念を安売りしすぎてます。
これじゃ、松蔭が可愛そうです。

何は、ともあれ、明治維新後の国のありよう、ボタンの掛け違いは、神道で言うところの「大和魂」を、国民の心に植えつけた事による、狂信的な国家、国民の暴走ではないでしょうか。

旧日本軍人は「大和魂」と言う言葉を、まるで水戸黄門の印籠の様な効果があるものと思い込まされていたのでしょう。

ですので、紹介した「大和魂」を解説されている方の意見には賛同しかねます。


>空気、ムードに支配される日本人の気質が、どこから来たものか、やはり、地理、気候風土によってゲノムが形成されてきたものだろう・・・

これば別途、文化人類学上の検証になるでしょうが、此処では省略します。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.135 )
日時: 2013/03/29 14:46:58
名前: イントィッション

あ〜、少しは、すっきりした〜!!!

今日の参議院の予算委員会の模様です!!!
 森ゆうこ議員の安倍偽装理への質疑です!!!
   ↓
 ttp://www.youtube.com/watch?v=LpV7Afuyenw&feature=youtu.be

森議員:「・・・0増5減案に対して、わたくしは昨年、選挙無効判決がでると言っておりました!」

    「・・・実際に出たわけですが、総理のご認識はいかがですか?」

安倍偽装理:「・・・しんしに受け止めたいと思います。。。 すみやかに1票の格差是正に取り組んでいきたいと思い       ます。」

森議員: 「総理のご答弁を聞いておりますと、民主党の議員に対して、{そんなのしても意味がない!}とか、あるいは、{質問がふさわしいとかふさわしくない}とか、そういうご答弁は、なさるべきではないとご注意を申し上げたいと思います!」

森議員: 「選挙無効! 昨年の衆院議員選挙無効!と言われているんですよ! その無効と言う判決の基に今の安倍内閣があるわけですから、そういう意味で、しんしに受け止めるというのであれば、政権運営、そして総理のご答弁、慎重になさるべきであると、ご注意を申し上げたいと思います。 何かございましたら?」

安倍偽装理: 「ありません・・・」 他わはははは。。。。

森議員:「そういう態度が不遜だと言っているんですよ!!!」

さすが、森ゆうこ議員!!! 皆の思いをズバ〜ッと発言してくださいますね〜!!!
     
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.136 )
日時: 2013/03/29 15:32:19
名前: 天橋立の愚痴人間

大切なことを言うのを忘れていました。

>英国人を表現する時の「ジョン・ブル精神」ですが、これはブル・こって牛のように、負けずに闘うという気骨を意味するとすぐに解るのですが、大和魂なる意味に、そのようなもんがあったのかは、調べても見当たりません。多分、武士道のようにルールを守って戦え、という意味で使っているのかも知れません・・・(以下次稿へ)。

同じように、アメリカの「開拓者魂」と比較した事がありますが、これも私が思う「大和魂」とは違うようです。

で、結局は、「ジョンブル精神」「開拓者魂」をを凌駕する、何かの意味を持たせたいと言う次第です。
それは、庶民の安寧を願うことと、それを実践する闘志と言えましょうか。

頭の部分の「庶民の安寧を願う」と言う命題が入るか、入らないかの問題でして、それが我が国特有の「和」の心、また言い換えれば、日本の龍神伝説が他国とは異なる性格を示しているような風土的、文化人類学的見地に基づいた、心のありように立脚した気概を持つと言うことでしょうか。

この部分の発想は、確かに神に対する悪として龍神を捕らえているアングロサクソンとは、一線を画するものではないでしょうか。

ですので、「ジョンブル精神」「開拓者魂」とは、髪の毛、3本の差があるのではないでしょうか。

翻って、これは最初の紫式部による「大和魂」と言う言葉の取り上げ方に近いと思うのですが、如何でしょう。



メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.137 )
日時: 2013/03/29 18:42:56
名前: 満天下有人

紫式部が示した、官爵たるものの心構え、その延長線上で現代における心構え、橋立さんの構築による魂は理想的で良いものです。

問題は、魂なるものが教育とか訓練によって創り出せるものかという点で、しかも現代生活に浸りきっている環境下で、バリアの壁が立ちはだかって来る・・・自然にさような気質が生まれないものか、いや、自然に無意識のうちに潜在している大和心があるなら、それをどうやって現代風なものに出来るか、難しい問題ではあると思います。

結局は、教育訓練を通じて、社会性ある魂なるものを認識させて行くしか、他に道は無い・・・それでは魂なるものが、所与のものとなってしまい、何とか個々人が自発的、自然に魂を涵養することが望ましいことなのですが・・・。
メンテ
選挙無効を巡る国会 ( No.138 )
日時: 2013/03/29 19:21:06
名前: 満天下有人

あははイントちゃん、安倍が言う真摯に受け止めるとは、0増5減をやるだけのことです。これで裁判所のいう事を聞いたとして幕引きだけを狙っているのです。

与野党幹事長会談でも、0増5減で幕引きをするよう野党と掛引きを始めていますが、今度は民主党が横になって(笑)・・・横になるなら政権党時代に何故やらなかったか、あほらしくて見ちゃおれませんね。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.139 )
日時: 2013/03/29 20:08:33
名前: 天橋立の愚痴人間

満天下さん、

「大和魂」と言っていますが、その概念を明確に現したところで、それを教育などで浸透出来ると言うようには毛頭考えていません。

理屈を作って、教育すれば変われるものなら、とっくに何とかなっているでしょう。

しかしながら、グローバル化の影響に悩む、資本主義制度を修正するのに、新しい制度の具体的な概念を確立しなければ、結局は、何も動かないように、精神的な領域でも、はっきりと旗印を掲げる必要があります。

人間が、本当に困れば、自らを救えるような方向を求めて行くでしょう。
その目印として必要なのです。

経済の問題と同じように、現代社会は、すでに、それほど追い込まれ始めていると思います。

要するに、問題を文明史的に捉えた場合、トインビーが言うところの先験と言うようなものです。



端的に言いますと「大和魂」とは、

>紫式部が示した、官爵たるものの心構え、その延長線上で現代における心構え

で良いのですが、

それを本居宣長が、ややこしくしてしまったのです。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.140 )
日時: 2013/03/29 20:28:42
名前: 國井

一票の格差、1・9998って、
国民を馬鹿にしてますよね。

スーパーのバーゲンの安売りでもあるまし。

200円の商品を198円で売り出してるのと変わりないんじゃないでしょうか。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.141 )
日時: 2013/03/29 20:47:22
名前: 満天下有人

格差2.46は違憲で、では1.9なら良いとする司法の判断も、全くおかしなものです。一人一票以外は違憲であるとするならともかく、司法も斯くの如く政治に妥協している所が、この国の変わらぬ限界を示しておりますね、根本の哲学がどこに置かれているのか・・・。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.142 )
日時: 2013/03/29 21:17:55
名前: 天橋立の愚痴人間

横レスですが、

それは民主主義の根幹についての論評も必要で、民主主義が言うところの公平性、平等性を、果たして100%取り入れる事が最適か、否かまで発展させれば、必ずしも正解ではなくなります。

勿論、今の状況を是とする訳ではありませんが。

追伸です。

今、思いついたのですが、選挙の1票と言うものは、所得に反比例して与えるようにすれば、如何でしょう。

大金持ちの得票権は、一人0.1票、所得に応じて0.5票、とか0.3票とすれば、弱者の意見が強まります。

これこそ、民主主義の公平性であり、政治が庶民のためのものになる妙案ではないでしょうか。

戯言ですが!
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.143 )
日時: 2013/03/30 06:06:52
名前: 天橋立の愚痴人間

「かくすれば かくなるものと 知りながらやむにやまれぬ 大和魂」

の解説。

少々しつこいですが、このあたりは微妙で、私が言いたい「大和魂」を規定するのに重要な部分なので追記します。
私自身の思考を整理するためにも。

上記の「大和魂」と言う言葉が表す意味の中で、確実に言えることは「気魂」と言う概念が当てはめられると言う事です。
それは右翼が言うところの「気魂」とも共通します。

但し、大前提として、右翼のそれは権威を遵守することを目指した気魂であり、
松蔭のそれは、権威を改革しなければならないと言う心情に基づいています。

それが「かくすれば かくなるものと 知りながらやむにやまれぬ ・・・」と言う言葉の中に見られるのではないでしょうか。

但し、松蔭が描いた国家の形は、現代で言う民主国家ではなかったと思います。あくまでも天皇家を中心とした皇国であった事は間違いないでしょう。
ですが「命を賭けて権威に物申す」と言う姿勢の中に、私が言いたい「大和魂」があるのです。

紫式部が示した、「官爵たるものの心構え」としての「大和魂」と言う言葉には、権力に抵抗すると言う意味はなかったでしょう。
しかしながら、文脈の中で、将来、政を担う貴族の師弟に朝廷と共に民を思う心の醸成を謡っているものと解釈しています。

また、「大和魂」スレッドで解説していますように、「大和魂」と言う言葉の使い方には数種類あり、右翼が使っているような「大和魂」以外は、以外な解釈があります。それは権威と言う領域ではなく、人間関係の融和を言ったようなものであった事も追記しておきます。

そういう意味で、紫式部と松蔭の「大和魂」を並列しています。
さらに、紫式部の場合でも、松蔭の場合でも「大和魂」の所持者は、所謂、ノブレスオブリージュを想定していますが、そういう気魂を、民族の気魂として醸成する事が望まれることであり、その中から「大和魂」を持ったリーダーを輩出するようにしなければならないと言う事です。

さらに大前提として、日本人の民族性としての「和のこころ」の上に醸成したいものです。
イギリスの「ジョンブル精神」アメリカの「開拓者魂」に代わる、日本人のバックボーンとしての「大和魂」を考えているのです。

しかしながら、従来の「大和魂」と言う概念が、此処まで浸透しているので、同じ言葉を当てはめること自体が難題となるでしょうが。
メンテ
大和魂・・(3) ( No.144 )
日時: 2013/03/30 07:48:20
名前: 満天下有人

対論に齟齬を来さないように、中間整理をしておきます。

大和魂に関するアプローチをして見る時、不思議に思う事があります。橋立さんも指摘されているように、それは多様な解釈がされているということです。それは、リーダーの資質を持つ者が、大和魂はこうあるべきだとしたのか、そもそもこうあるべきだとの魂は、我々民族が既に持っていたではないか、それを今こそ発揮しようではないかとの掘り起しとして大和魂を持ち出したものなのか、いや、これからこうあるべきだとの新たなガイドラインとして心情を吐露したものなのか、前者なら大和魂は既に存在していたことになり,後者なら新たなものとして民衆を喚起する魂ということになります。この場合は大和魂とせずとも、新しい日本魂として創造して行っても構わないことになります。

<同じ言葉を当てはめること自体が難題となるでしょうが。>・・・これですね。

ジョンブル精神とか、西部開拓魂とか言う場合は、不屈の精神として一つの彼らの「気質」として捉えられ、それは民族の共通する気質として表現されているという所が、大和魂と大きく違うと感じます。フランス革命も前者に属するものではないでしょうか。

吉田松陰が「やむにやまれぬ 大和魂」と吐露したその魂も、大和民族が既に持っていたものとしてその言葉を使ったのか、本人に聞かない限り分からないことですが、仰る通り、松陰個人が権力に対抗する「気魂」を大和魂として込めたのでしょう。

和魂漢才として生まれた大和魂、そして和魂洋才、どちらも実務上の利便性として重宝した我々民族の器用性、これは間違いなく権力者に限らず民族全体に通じる気質 であると思います。そして輪廻仏教思想も無意識のうちに、民族気質と合致する・・・四季の変化を花鳥風月に合わせて、共通する和の心で愛でる・・・

東北大震災も、仏教諦観にも似た自然災害として、原発問題も埋没させてしまう気質。この上に立って新たな魂を構築する難事業・・・橋立さんの留まる所を知らない気魂に期待します。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.145 )
日時: 2013/03/30 09:03:50
名前: 天橋立の愚痴人間

満天下有人さん

有難うございます。

前段は、その通りと思います。

>松陰個人が権力に対抗する「気魂」を大和魂として込めたのでしょう。

微妙な差異で申し訳けないですが、「大和魂」と言う概念を、反権力とするのも意味が違うと思うのです。
反権力以前に、民が持っている心根と規定したいと思います。

現代の日本人に、それが欠けているので反権力も起きて来ません。
松蔭は、それを言ったと思います。

事、敗れたことに対する、単なる怨念とは思いたくないのです。
その様に解釈してやる事が、松蔭を理解してやる事ではないかと思います。



ジョンブル精神とか、西部開拓魂とかが一神教を信じる民族のそれであれば、多神教の立場をとる「大和魂」は、どのように展開できるかと言う事になります。
但し、多神教の世界では、ジョンブル精神とか、西部開拓魂の様なものは、あまり明確な形ではないのかも知れませんね。

それも、問題ですが、この際、スケールを広げて、一神教、多神教の枠も超え、科学知識と人間性の領域にまで踏み込んだ、文明史的転換を呼ぶようなものでありたいと思いますが、それでは構想が大きすぎて、私に手に負えるものではありません。

確か明治になって新島譲でしたか、これに挑戦したように思います。
武士道を元にキリスト教圏のそれをあわせた日本人の精神を作り出そうとして、結局は接木細工となり成功しませんでしたが。

誰か、哲学者さん、御願いしますよ。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.146 )
日時: 2013/03/31 07:14:45
名前: 安倍のバカミクス、危険丸出しゾーンに入る

安倍の眼鏡に適った日銀新首脳陣は来週、紙幣印刷機をフル回転させる政策を発表するようだ。
具体的には現在の、国債買い入れ基金枠101兆円の枠を取り払い、償還無期限で毎月13兆円もの国債を買い入れるそうだ。

理由は勿論、例のインフレターゲット2%を実現する為としているが、いよいよバブル全開に向けて歩み始める。既に各業界は人工的価格値上げ策を取り始めており、これに不動産バブルが加わることになる。手法はリスク資産と言われる不動産関連証券をも、紙幣供給の対象として日銀が買い上げる。

何だか中は空気で膨らまされた、張り子の虎が如き経済の有り様で、実質金利と成長率のバランスが取れるものだろうか・・・あのバブル崩壊時に小渕政権が投じた財政出動は100兆円だったか、弁護士の中坊公平氏が平成の鬼平のアダ名の下に不良債権整理機構の社長として、辣腕を振るったが、債権の処理に際し不正処理があったとして、弁護士資格を返上したものだ・・・

あの後遺症として、小泉政権は極端な財政引き締めに入り、失われたウン十年を更に強化したものだ・・・そして性懲りも無くまた同じ手法でバブルの芽を創り始めた。金融主導経済政策者がやる政策は、何故いつも「下品」極まりない手法を取るのか。張り子の虎のお腹の中は、スッポンポンなのに・・・その中にババ抜きゲームが如きそのババが堆積されて行く、ハゲタカは栄養だけを抜き取り、そこにTPPの毒素が加わって来る・・・

そして今の世代は、この下品な政策に何も感じない。この世代の施政者は、昨日モンゴルに赴き、同国軍事強化に自衛隊を教官として派遣すると言いだし、ノモンハン事件の変形とも言える中国包囲網に血道を上げる。

それを目的とする憲法改正による軍事強化を狙い、これに大阪のアホが訳の分からぬ事を維新党大会で言い出す。参院選では自公過半数を阻止すると言いながら、記者団には自公与党と協力して憲法改正を目指すと言う・・・???・・・この党が訳の分からぬ政党集団であることは、今更言うまでも無いことだが、要するに我が国が一層訳の分からぬ国に向かっていることだけは、確かなことだ。どこを向いても恐るべし新世代が闊歩し出した・・・一服の清涼など、どこを見ても見当たらない・・・原発事故などどこ吹く風で、更に事故賠償法の上限を下げる事に熱心で、片や全国の電力会社は値上げのラッシュ・・・

国を亡国へ亡国へと導きたい下品な輩が闊歩する、下品な世の中になったものだ。夏の参院選では、これが更に強化されることだろう。啄木の詩を変形して、

・・・故郷の山に向かいて 言うこと無し
    故郷は 遠くにありて 想うもの・・・(空から傍観するしか手も無し)。

メンテ
みすずのさと ( No.147 )
日時: 2013/03/31 08:24:18
名前: 団塊の世代とは!

小泉までに、すでに、失われた10年がありました。
小泉後、野田まで、さらに10年、
安倍の登場で、さらに10〜20年。

何と、30〜40年を無為にすごしていては、せっかくの戦後の蓄えも雲散霧消してしまいますね。
団塊の世代とは、何であったのでしょうね。
自分達だけが繁栄を貪り、後は野となれ、山となれですか。

そういえば、年金制度においても、介護保険でも、
若者の生き血を吸っていながら、平然と、最近の若者は・・・

全て、団塊の世代が政治を省みなかった事に起因します。

自分たちが、自分達の欲得いがい目に入れてなかったからです。
あふれる商品を追い求めることばかり、していたからです。
繁栄に酔っていたからです。

そしてまた、団塊の世代の政治家が、国をつぶそうとしています。

たとえ、リタイアしても
その責任は逃れられませんが、何処まで行っても自分勝手な団塊の世代。

気の毒くなのは、子や孫達でしょうね。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.148 )
日時: 2013/03/31 09:53:35
名前: イントィッション

おっちゃん、おはようございます。。。

民主党の0増5減は、小沢さん側は最初っから発言していたことですが、民主の政経塾の菅、野ブタ、前原、枝野などの7人衆が、フニャフニャにしてしまった。。。

だから、この問題は、森ゆうこ議員が悪いことではないと思いますぅ。。。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.149 )
日時: 2013/03/31 09:58:38
名前: 安倍のバカミクス、危険丸出しゾーンに入る

<どこまで行っても自分勝手な団塊の世代>、これに凝縮されますね。

私は団塊世代ではありませんが、8年前になりましょうか、菅直人、宮城県知事浅野史郎、評論家寺島実郎三氏が団塊党(政党ではない)を立ち上げるというので、その内の一人を紹介して欲しいという人に懇願されて、集会に行ってみたことがあるのですが、何だか舞台の上で名を広めたい宣伝臭い集会に過ぎませんでした。

何やら理念と言うか、理屈ばかりこねまわして、舞台の上ではしゃぐだけの印象でした。
その後は、ご覧の通り、面従背復を100%発揮しただけです。彼らが団塊になったのは、彼らの所為でないにしても・・・

あの頃はまた、周りを見回しても新興宗教になだれる者も多かったように思います。統一教会にオーム真理教にと・・・無責任世代全開の様相となったのが、今の世相でしょう。浮遊しているが如きで。この始末は後世がまた尻拭いせねばならない時代は、必ず来ることでしょう。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.150 )
日時: 2013/03/31 10:31:39
名前: みすずのさと

>ゾーンに入る

と言えば、満天下さんは、パチンコなどされないので御分かりではないかと思いますが、

デジタルパチンコでは、台の画面の構成(最近は釘やチュウリップだけではなく映像が出ています)が変わり、何とかゾーンと言う名をつけて、その画面が出ている間は、大当たりする確率が高いように表示されます。

そんなものを信じて、あるいは!と思い御金を投入しすぎる事があります。
その内に、そんな画面も消えて知らぬ顔です。

其れに対して、こちらのゾーンは、言葉通り、地獄の底へ確実に引っ張って行くでしょう。



団塊の世代の事ですが、ずっと以前に、先の大戦は大正生まれが指導したから負けたのだ、明治生まれは根性が違う、と言った人がいます。

団塊の世代とは、その大正生まれの、さらに幸運にも生き残った人の2世であり、3段階的に根性なしとなったのでしょうか。

現代の若者は、さらに4段階目で、もはや、根性なる概念も解らないのでしょうね。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.151 )
日時: 2013/03/31 11:29:38
名前: アナーキスト

亡国の坂を転げ落ちる「日本」を 危惧し、嘆く、人達の書き込みが、イキナリ増えてきましたねぇ。

漸くにして多くの人が恐ろしい日本の将来に気付き始めたのでしょうか? もしくは発言し始めたのでしょうか?

然し最早 其のどちらも遅きに失した感が拭えません。間違いなく日本は煉獄の巷と成り、最悪の場合消滅するかも知れません。

今や、日本のすべての階層は自浄能力を失い、正道に舵を切る術を知りません。今朝ほども、テレビで一票の格差に関する議論の映像が流れていましたが、民主党・細野の虚ろな瞳の発言も、其れに対論を垂れる自民党・石破のむくんだフヤケ顔の、人を小馬鹿にした様な態度も、実に政治の不毛を如実に表しています。

日本人自身は勿論、政治家たちが本当に民主主義を理解し、その思想に則った行いをしてい居れば、日本は此処まで堕落する事は無かったと思われます。

更に、日本の政治家たちに、極く普通の自立・自尊の気概が有れば、日本がここまで奴隷国家と成る事は無かったと思うのです。

何時も思うのは、突き詰めて考えて行くと、この様な現状を招いたのは、紛れも無く我ら日本国民自身であったと言う事で、団塊の世帯でも何でもありません。各世代縦断的に全ての日本人が、自らの事を自ら考えなかった為です。

勿論自分もその中に含まれるのですが、今と成ってはもう喪失感に覆われるばかりです。

日を追う毎に、「日本葬送」の鐘の音が大きくなって行きます。 合掌!
メンテ
当代世間騙し装置 ( No.152 )
日時: 2013/03/31 13:41:56
名前: 森ゆう子議員はしっかりしている

イントちゃん、森ゆう子議員はしっかりしてますね、残念ながら新党が多くの議席を失い、その発言を実現することが困難になってしまいましたが・・・

いよいよくだらぬやり取りに終始し始めた政治家、国会、ゆう子議員の発言は迫力もあり、一服の清涼剤として注目しておりますよ。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.153 )
日時: 2013/04/02 15:51:48
名前: 天橋立の愚痴人間

「米国で高まる日本不信」  東郷和彦
4月 1st, 2013 by 月刊日本編集部.
ttp://gekkan-nippon.com/?p=4909


米国は日本に対する関心を失っている

―― 2月22日、安倍総理がオバマ大統領と首脳会談を行った。今回の訪米をどのように分析しているか。
東郷 私は2月24日から3月2日までワシントンを訪れ、ジョージ・ワシントン大学、ウッドロー・ウィルソンセンター、戦略国際問題研究所(CSIS)、カーネギー財団で講演をし、アメリカの著名な学者たちと意見交換を行った。また、昔からの友人たちとも議論する機会を持つことができた。日米首脳会談の直後ということもあり、アメリカで安倍総理の訪米がどのように受け止められているかがよく理解できた。

 端的に言って、日本はワシントンの関心から外れてしまっている。ワシントン・ポストでも日米首脳会談は8面で扱われており、大きな話題となっていなかった。もちろん、アメリカ社会は日本と中国が戦争に突入するなどとは想像もしていないし、ましてや日米安保の適用によって米軍が参戦することなど考えてもいない。
 アメリカのアジア専門家たちはもう少し丁寧に安倍総理の訪米を分析していたが、それでも日本に対する冷ややかさを感じた。たとえば、安倍総理がCSISで行った“Japan is back”という講演についても、彼らは冷めた目で見ていた。
 確かに安倍総理が主張したデフレ脱却や防衛力の強化などは、それ自体としては悪いことではなかった。しかし、それらは全て、日本がこれから行おうとしていることである。政策は実行されなければ意味がない。一年ごとに総理大臣が交代し、「回転ドア総理」との評価が定着している日本の総理大臣が「これからこのような政治を行います」などと主張しても、海外の人たちが納得することはないのだ。

 政策をしっかりとやり遂げ、それを数年間続けてこそ、日本の総理大臣の話には重みが出てくる。それまでは話半分で聞いておかなければ危なくて仕方がない。残念ながらこれがアメリカの有識者の現実である。
―― アメリカは日本に対する関心を失っている。
東郷 私が特にそれを感じたのが、尖閣問題について講演した時だった。私はその講演でだいたい次のようなことを述べた。

 「中国は現在、実力行使によって尖閣諸島の現状変更を行っている。尖閣諸島周辺の領海に国際法で認められている無害通航以外の目的で侵入することは、私には国連憲章で禁じられている武力行使のように見える。少なくとも国連憲章の精神に反していることは確かであり、覇権主義と断じても間違いないだろう。
 かつて日本がソ連と北方領土交渉を行っていた際、ソ連のグロムイコ外務大臣が『領土問題は存在しない、それゆえ日本とは話し合わない』という態度をとったため、日本の外務大臣もソ連を訪問することをやめた。しかし、だからと言って、日本は実力行使によって北方領土の現状変更を行おうなどとはしなかった。
 中国は尖閣諸島について、どのような主張であれそれを行う権利はある。しかし、領海・領空に実力で入ってくることだけはやめねばならない」。

 これに対して、あなたの意見は間違っていると反論するアメリカ人はいなかった。しかし、日米が協力して中国の実力行使に対処しようと明言する人もいなかった。
 私は尖閣諸島に日米安保を適用すべしと主張したわけではないし、アメリカは尖閣諸島における日本の主権を認めるべきだと主張したわけでもない。国連憲章の精神を守り、実力による現状変更はやめねばならないという、最も基本的なことを述べただけだ。
 それにも関わらず、彼らの中から日本と協力しようという声が湧き上がることはなかった。例えるなら、日本とアメリカの間に薄い透明の膜のようなものが生じてしまっているかのようであった。

日本は尖閣問題で不利な状況に置かれている
―― アメリカは日本の主張に対する信頼も失っているように見える。
東郷 日本の主張は空回りしている。これは先日起こった照射レーダー事件についても言えることだ。
 自衛隊は中国海軍による照射レーダーについてしっかりとした証拠を固めて発表した。これに対して、当初沈黙を守っていた中国は一転して、レーダー照射などというのは事実無根であり、日本の謀略だと主張し始めた。ワシントンでは「日本はかつて柳条湖や盧溝橋で行ったことと同じ謀略を始めた」といった、アメリカ人の対日不信を呼び起こすような宣伝まで行われているようである。
 日本はこれに対して有効な反論ができなくなってしまっている。防衛機密のために証拠を公開することができないからだ。しかも、ここのところ、日本政府はこの事件についてあまり論じなくなっている。そのため、ワシントンでは、中国が本当にそんなことをやったのかという疑いの声さえ上がっていた。

(引用終わり)

チョット待ってください、東郷さん、
結局、貴方は何が言いたいのか。

それなら、日本は独自の道を歩めと言うならば理解できる。
貴方は、アメリカの信頼を取り戻すようにせよ、と言いたいのであろう。
東郷氏自身、日本は冷たくすればなびいて来るという戦略の片棒を担がされているのでは、あーりませんか。

外務省出身の外交通と言われる氏が演出する、当代世間騙し装置と言う部類の発言ではある。
まさに、日本国中、騙し装置の地雷原。

国民は、見ること、聞くこと、読む事、

ご用心、ご用心。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.154 )
日時: 2013/04/03 11:42:17
名前: アナーキスト

ワシントンが、日本に関心を失っている・・・。大いに結構ではないですか!

ついでに日本に米軍基地を置く事にも関心を失ってほしい物です。

東郷和彦なんて言う人物、所詮はアメリカのジャパンハンドラーの手先の一人、の言う事なんて中途半端なものです。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.155 )
日時: 2013/04/04 08:00:16
名前: イントィッション

>ついでに日本に米軍基地を置く事にも関心を失ってほしい物です。

あの〜、米軍基地があるから危ないんですね〜。。。 本当に迷惑な話ですW。。。

シッシッシッシッ。。。 もうアメリカ兵(アメリカの若者)は、「本当のテロリストはここアメリカに存在する!!!」 と、数千人で2月27日のNATOの会議があったシカゴのコンベンションセンター前でデモを起こして、警官は自転車で、見張るよりも一緒にデモに参加しているような態度でしたよ〜。。。

1990年代から、ビル トッテン氏がそう発言しています。。。 今、何か、日本人の名前に変えられましたね〜。。。

よほど祖国にあきれ返ってしまったのでしょうね〜。。。 かわいそうですW。。。

しかし、日本とて、アメリカ兵のデモを絶対に報道しようとはしません!!! 株だけで巨額の富をユダ菌にたてつくと入ってこなくなる! もしくは、爆弾テロや自然災害に見せかけたテロを起こすぞ! と脅されて、真実を報道できないのか? どちらにしても日本のメディアはもう腐りきっています!!!

日本の大企業も、グローバルに儲けたい! と、経団連の米倉会長なんか、もう自分が日本人であることを忘れてしまっているのでしょうか??? それとも在日の一人なのでしょうか? 住友重工はおっちゃんが発言されていたように原発で儲けた大企業。。。 東電も原発で儲けたのか、しかし、原発を維持するにも、そのプルトニウムなどの廃棄物処理にも相当な費用がかかります。。。 

これから大企業もグローバル化がドンドン小さくなって、逆に大赤字を出すでしょうね〜。。。
アメリカの大企業のあり様を見ればよく理解できます!!! そんな腐った企業の真似をしたら、日本の大企業も大赤字になり、ユダ菌の持ち株も、カラカラと音がするでしょう!!!

もうそろそろ、インサイダーのようです。。。 インサイダーはれっきとした犯罪です!!!

インサイダーはれっきとした犯罪です!!!

インサイダーはれっきとした犯罪です!!!

インサイダーはれっきとした犯罪です!!!

インサイダーはれっきとした犯罪です!!!

アメリカは犯罪大企業と犯罪インサイダーの汚れにまみれた古いほこりだらけの国です!!!

竹中平蔵は、日銀の菌になりました〜。。。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.156 )
日時: 2013/04/04 11:11:24
名前: アナーキスト

パチ、パチ、パチ、・・・・全くそうですなぁ、

私、少年の頃 (私にも少年の時代はありました、初めからこんな捻くれ者ではなかったのです)アメリカとは、

日本を民主化して呉れた「善い国」だと思っていました。進駐軍のGIに「兵隊さんよ〜ぉ、あ〜りがとぉ・・」

なんて思っていたのです。

其れが年を経るごとに、ドンドン鍍金が剥げて来て、今やもう「悪の帝王」も斯くや!とばかりの、

狡猾で、強欲で、疫病神、その物の国である事が判ってきたのです。

アベも、ヨネクラも、其れを知ってか知らずか、イヤ、ヨネクラは確信犯ですが、アベはアホですから知らないのでは?

兎に角国を売り渡す事に必死です。 脳味噌が腐ると言う事は、こんなに恐ろしい事なんですねぇ。

イントちゃん、頑張って〜ェ、 吠えろイントちゃん! 吠えろイント〜ッ!
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.157 )
日時: 2013/04/05 13:50:27
名前: イントィッション

竹中平蔵菌が日銀に張り付いているので、絶対にユダ菌に貢ぐための日銀政策を見逃してはいけない!!!

まず、昨日メディアで発表がありましたが、これから一層の金融緩和をする! と発言。。。

まず270兆円を、各金融機関が保持している国債を日銀が買い入れ、それを担保に金融緩和すると。。。

つまり、もともと国債は日銀にあったものだから、国民の預金を担保に各金融機関が国債を買い入れたもので、それをまた日銀が買い戻した結果なのだから、金融緩和で一番悪い影響を受けるのは、国民の預金でしょう!!!

これからドンドン金融緩和して、経済活動を促し、物価の価格を上昇させ、成長を2%に上げ、その後増税する!10%に増税!

金融緩和をするにしたがって、円安が進み、株価が上昇し、それに食いついてくるハゲタカどもは、さぞや竹中平蔵に感謝しているんでしょう。。。 たしか、小泉の時はハゲタカから500億円の報酬があったらしいので。。。

庶民は、建設国債を当てにして、とんでもない政策に騙され、阿呆を見るばかりです。。。

円安でエネルギー源がドーンと上昇する! 経済成長で物価が上がり、+10%の消費税付き!!!
光熱費、トイレットペーパー、食料品、などの生活必需品がど〜んと高くなる!!!

車などの税金がまたまた高くなり、極めつけは、もしTPPの交渉が行きわたるようになれば、医療費が2倍や3倍に跳ね上がり、×保険料はその2倍・3倍。。。

庶民は、まったく政治に関心がありません!!! 話をすると逃げていきます!!!

私は、TPPが入ると、その後、2年や3年で日本の人口は3分の1に激減する!!!と真実をばら撒いていますが。。。

消費税は、上げないといけないのでしかたがない! とか、もうTVのメディアに左右されたカビだらけの頭脳!!!

確か、豚インフルエンザもエイズも日本に流行りだしたのが、神戸からでしたね〜。。。

今度の新型鳥インフルエンザもまた神戸から流行るんでしょうね〜。。。

狂牛病に、豚、鳥なら、今度は何の動物かな? やはり魚かな? と想像していたのですが、また鳥にしましたか?!?

私の言っている意味、もちろんわかりますよね〜。。。

つまり、欧米のユダ菌が●儲けしたいので、危険なウイルスをつくりだしているんです〜。。。
子宮頸がんのウイルスなんぞ、高く販売しても、結局ペット用の避妊薬混ぜてあるだけです〜。。。W

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.158 )
日時: 2013/04/06 11:53:27
名前: イントィッション

植草一秀氏のプログから
 ↓
ttp://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-235f.html

★★★日本銀行が新たに買い入れる国債の金額は、国の新規財源国債の金額を上回ることになる。★★★


実質的に国債の日銀引受けが行われるのと同等の経済効果が生じることになる。


世の中にうまい話は存在しない。


旨みの裏側には、必ず苦みや痛みが生じるのである。

景気が良くなるとは、本来、雇用が安定して、正社員がパートの90%を占める!

労働者=顧客である! お金を稼ぐと、生活費、娯楽、休日、家族旅行、習い事、デパートでの買い物、高級レストラン、家庭に便利品、ちょっと高い車、など、人は使うものである! そのように今の人間の頭脳はできている!

そして、会社に利益があり、また労働者に還元して、労働者は消費者になり、その循環が正当な景気である!

今は、赤字に赤字を膨らます、サブプライムと同じことをやっているだけであり、日本の影響はその2倍になるでしょう!!!
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.159 )
日時: 2013/04/06 12:57:17
名前: イントィッション

やはりそうだったか!!!

TPPを推し進めて、アメリカに頼み込んで日本を参加させてほしい! と頼み込んだのが日本のおぞましい官僚!
  ↓
 ttp://gendai.net/articles/view/syakai/141778

 大新聞・TVは今頃になって、TPPの問題点を取り上げているが、ふざけた話だ。問題点はとっくに分かっていたのに、官僚の情報操作に乗っかり、見て見ぬふりを決め込んできたのである。

 東大大学院の鈴木宣弘教授(農学国際専攻/写真=右上)も「この間、TV局のスタッフがTPPのメリット、デメリットを並べようとしたら、メリットが見当たらなかったとか言うのです。もっと早く気づいて報道してほしかった」と呆れていたが、本当だ。TPPの真相はなぜ、覆い隠され、国民に伝わらなかったのか。

 TPP交渉は2011年11月、野田首相(当時)がハワイで、「参加に向けて関係国と協議する」と表明したことが事実上のスタートだ。

 これは、実を言うと、大震災の直後から練られていたシナリオだ。内閣官房は大震災を“チャンス”と捉え、抜き打ち参加表明をもくろんだフシがあるのだ。

「世間が大震災一色になれば、TPPに関する情報を出さずに済む。国民的議論をさせないで、11月に滑り込み参加表明すればいい。参加の話は直前の10月ごろに急浮上させて強行突破すればいい」と、こんなプランを口にする官僚が実際、いたのだ。

 大マスコミの報道を見ていると、安倍首相が初めて参加表明に踏み込んだように見えるが、真相はまったく違う。

「野田首相のハワイでの表明のあと一部の官僚が秘密交渉を始めたのです。というより、この間の交渉は米国に参加を承認してもらうための事前交渉でした。何でもいいから参加したい日本に対して、米国は『それならまず、入場料を払え』と言ってきた。米国がこれまで規制緩和を求めてきた自動車やBSE、郵政の問題をまず解決せよ、ということです。この中には『米国車の最低輸入義務台数を設定せよ』というような理不尽な要求も含まれていた。しかし、それを国民に知らせたら、TPP反対論が湧き起こる。だから、内緒で交渉を重ねてきたのです」(鈴木宣弘氏)

<「国民を騒がせないことが仕事」>

 交渉参加の入り口から、無理難題を吹っかけられ、それでもポチのごとく、シッポを振ってきたのが日本の一部の官僚なのである。TPPにメリットがないのは当たり前。最初から米国企業のための、米国企業による協定なのだ。この間、カヤの外に置かれていたのは国民だけではない。民主党の国会議員が交渉内容の開示を求めても、官僚は「情報収集とアイデアの交換をしているだけ」とスットボケてきた。

「この2年間、彼らはウソをつき続けてきたのです。国民や国会に何も説明しないまま、国を売るような協定のお膳立てを着々と進めてきたのです。民主党政権がなかなか正式参加表明ができなかったのは、国民の懸念が大きかったからではありません。米国が入り口で妥協しなかったからです」(鈴木宣弘氏)

 そのたびに頭を下げて、妥協する秘密交渉が何度も繰り返されてきたわけだ。

 良識ある官僚は、そこまでして参加で突き進む官僚に「そんなことを国民に隠して、あとで日本がたいへんなことになったら、どう責任を取るのか」と迫ったこともあったという。しかし、「はき違えるな、我々の仕事は、国民を騒がせないことだ」と切り返された。

 自分を何様だと思っているのか、亡国官僚の卑劣な手法は許し難い。 .
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.160 )
日時: 2013/04/07 08:22:34
名前: 日米通貨刷りまくり競争(1)・・満天下有

・・・所詮、紙幣の乱舞によって壊された経済は、紙幣を乱舞させ、毒を制するには、毒に頼らざるを得ないと言う対処療法しか手が無いようだ。日米によるすさまじい通貨安競争が一段と鮮明になって来ました。

米QEの乱発に対抗して黒田新日銀総裁は4日、初の金融政策会議を開き、新たな超金融緩和政策を決定、朝方下落していた株式市場は、午後一番にこの決定を受けて突如上昇を始め、バブル崩壊後の新高値を突破する勢いに転じ、東証取引高も過去最高を記録したようだ。

これまで日銀は、金融政策を短期国債買い入れによって、短期市場を中心に操作していたものが、中長期国債操作を金融政策の軸に転換させる新政策によって、中長期国債が買われて利回りはこれも史上最低の0.43%を割り込むまで低下している。

景気悪くデフレなのに、何でまた円が強くなるのか、そして超金融緩和が何故、円安になるのか、そして円安になれば国民生活は、どのように良くなるのか、一般には分かりにくい話だ。

為替変動要因には色々あって、その組み合わせによるものだが、最も分かり易い話として、為替変動の最も基本になるのは、購買力平価説にある。物を買う力が同じであれば、為替は均衡するとの基本命題がある。例えば、景気が悪く所得も増えない、節約に拍車がかかって購買力が下がってくると、物の値段は自然に下がって来る。マックのビッグマックがこちらでは1個320円で、アメリカで$4とすれば、320円÷$4=為替は$1=80円が購買力均衡価値と見なされる。日本は可処分所得が低下しで320円では売り上げが増えない、280円にすれば280円÷$4=70円と円高になって来る。この状況が続いて来た訳だが、加えて米国の通貨バブルによる経済の破綻で、滅茶苦茶にドル紙幣を刷らざるを得なくなり、超金融緩和がドル安円高に拍車をかけて来たと言う訳だ。

ここで通貨安になる二つ目の理屈として、ドル・円の金利差がある。さてこの金利差とはどういうものでしょうか・・・購買力平価説はあくまでも基本理論であって、異なるオカネの交換基準は最終的にはそこに落ち着く筈だと言う仮説である。現実の金融市場では経常収支の黒字、赤字問題もあるけど、実際にはこの金利差で為替は動くものなのです・・・通貨は原則的にはこの通貨利益である金利差によって動く。どこの誰でもオカネを持っている人は、より高い金利が付くものにオカネを預けておきたい、貨幣経済である以上、これが本能であると言うことです。

そこで世界の金融資本は、より利率が高い通貨に交換したい動きを始める。え〜、こんな不景気な日本、金利も0に近かったのに何で円が買われていたの?、当然そのような疑問が起こります・・・

実は、国際間で通貨の強弱を計る指標に「実質金利」という概念があります。分かり易く言うと、世の中、表向きの姿形と、しかし実質はどうなんだろうという人間の物の見方があるものです。あそこの家は代々立派なお屋敷門構えだが、中は火の車だとか、あの人すごい美人だけど、整形しているとの噂もあるよ、元の顔はどうなの?と言った塩梅に・・・・別の表現をすれば、外見と中身ということになりましょうか、我が民族にはその気質が強いように思うのですが、お隣韓国の方がもっと強いかな?経済に当てはめてみても、外見がはがれて経済変動が上下に激しくブレるのも韓国が一番のように見えます・・・

このような物の見方を為替の交換基準に当てはめた時に使われるのが、名目上の金利と実質上の金利はどうなのかという基準なのです。名目上の金利は色々あります。5年物定期預金利率とか、銀行から借りる時の利息だとか。しかしこの金利はあくまでも形、名目であって、物の値段=物価の上下を考慮した時、実質上の利率はどうなんだろうと、人間の本能的な疑問が生じて来ます。

つまり実質上の金利=実質金利(率)とは、所得の増減による物を買える力=購買力とは別に、オカネそのものによる購買力を測る基準を持って動く、物価動向を算入したお金そのものの購買力価値基準をベースにしている・・・
ある物が100万円として、今100万円の現金を使ってある物を買うとします。物価上昇率が2%の傾向にある場合は、1年後にはこの物は102万円になる。とすると現在の100万円のオカネの1年後の購買力は100÷102万円で、98万円しかない事になります。逆の場合はどうか、デフレで1年後に100万円の物が98万円になるとすれば、100÷98=102で、1年後のオカネの購買力は102万円になります。

そこでオカネの実質上の購買力は、=名目購買力−物価率=実質購買力であることになり、これを利率で示すと、実質金利=名目金利−物価上昇率となる訳です。

そこで為替の交換基準は、名目上の金利だけでなく、その通貨の実質上の力、実質金利を算入して動いて来ます。名目金利が10%と高いから、そちらの通貨を使ってオカネ貸すと儲かると投資しても、インフレが15%とすれば、怖いですね、こりゃ経済が破綻してしまえば、元も子も無くなる恐怖心が生じて投資しない傾向に傾き始める筈です。アルゼンチンやロシアルーブル危機など、例は沢山あります。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.161 )
日時: 2013/04/07 08:33:00
名前: 日米通貨刷りまくり競争(2)・・満天下有

・・・前項理屈を頭に入れて今回の安倍のミクス、日銀黒田ショックを見れば,超金融緩和すると何故円安になるのかとの疑問が、少しは見えて来ると思います。最初に申しましたように、先週木曜日に黒田日銀ショックと言われる超々金融緩和発表と同時に、中期金利が0.762%から一気に0.43%にまで下がりました。

それと円安とは、どういう関係になるのだと言う疑問は、前項の通り実質金利の方程式によるからです。これまでは米国も度重なる金融緩和で名目金利を下げて来ました。日米の名目金利差が縮じまって来ました。それでも円高傾向は無くならなかった。前述方程式に当てはめて見ると、

米国名目金利3%−物価上昇率(仮に1%として)=実質金利2%
日本名目金利3%−物価上昇率(−1%)=実質金利4%

これでは円の実質購買力が高くて円に世界の通貨が交換される円高傾向は解消されない。
黒田政策発表前では円は92円くらいが、一気に97円まで下がりました。この理屈は、名目金利2.57%(中期指標金利が0.43%下落)−物価上昇率2%(所謂インフレターゲット)=実質金利0.57%

つまり円の購買力が米国より2%も強かったものが、米国より1.43%下がったとみられ円が売られた為です。
我が国名目金利が、何故下がったのか、そこに黒田日銀政策の大きな転換の意味があるのです。これまでの日銀の金融政策は、短期国債の売買を中心にして、短期金融市場でのかじ取りを行っておりました。それは中長期国債を軸に金融政策をやるのは、政府の赤字財政フイアナンスと見なされて、長期では物価安定なる中央銀行としての基本的役目が果たせないからというものでした。故に中長期国債買い入れは発行日銀券以下にするとの「日銀券ルール」を厳守して来た。
今回黒田政策では、その垣根を取り払ってしまい、通常の金融調節を中長期国債で行うとの方針に大転換したのです。所謂日銀ベースマネーで以って金融を緩和するとしたので、従来の財政フアイナンスツールとしてではなく、通常の円供給を中長期国債買い入れでやると大変更したものだから、中長期国債が買われ金利が低下した訳です。

これまでの日銀政策による国債買い入れは、物価や財政悪化を配慮して中長短期と細かく仕訳して行われて来たものが、今回その垣根を取り払ってしまい、国債一本にしてしまった訳です。

実務上の金利と為替の関係の話はここまでにして、やはり一般が気にするのは、では円安で我々の暮らしはどうなるのか、生活は楽になるのか、という疑問と、も一つはより専門家的には、この超金融緩和で財政も良くなるのか、税負担は軽減されるのか、社会保障は安定に向かうのか、さような関心が生活者としての正直な気持ちでしょう・・・

金融論者は、株が上がれば企業も良くなる、円安で輸出が増えるから雇用も増える、さような論法をよく見かけるけど、輸出と言っても円安で輸出額が増えても、数量は逆に減っているのです。ここでも名目なる用語を使うなら、額としての名目輸出は増えても、数量としての実質輸出は減少しているのです。

この現象は、既に海外現地生産が既に定着していること、及び海外現地国でも、需要が伸びていないと言う、二つの側面があるからでしょう。小泉時代の構造改革でも、円は101円から124円まで下落し、名目輸出額は10%増えても、日銀統計で見る限り現地通貨ベースで99.7で殆ど増加していなかった。

仮に名目でも良いから輸出企業の売り上げが増えて、従業員の所得が増えたとしても、それは一時金ボーナスを増やすだけで、国民所得全体に占める割合は僅か4%、製造業全体として5%ボーナスが増えても、国民所得全体では0.2%の増加にしかならない。

円安で基本所得である月給全体が増加しない限り、その恩恵は無いということになり、むしろ輸入に頼る我が国経済の基本的な構造面から言えば、物価上昇で実質所得はマイナスになって来る・・・。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.162 )
日時: 2013/04/07 13:27:29
名前: 日米通貨刷りまくり競争(3)・・満天下有

円安、輸出企業のメリットが言われる、しかし我が国では、輸出恩恵よりも輸入負担の方がはるかに大きい。

言わずと知れた、第一次エネルギー源を殆ど輸入に頼っているからだ。輸出入に使われる通貨も、輸出ではドル建てが52%、円建ては28%、これに対し輸入でのドル建ては73%、円建て23%で、ドルを買って決済する。円安によるコスト負担は、円安に比例して増加して行く。

甘利経済再生担当大臣はいつか、エネルギー源のコスト低減は外交でおぎなうと言ってたが、要するに安く売ってくれと外交に頼むと言う訳だ。この感覚では自主開発なる独立心が全く感じられない。愛知県沖で世界初のメタンガス採取に成功したとの記事にも、それをどこまで現実のものにするのか、ヌカ喜びに終わってしまう。

開発には相当な投資を要することは、想像できる。だが、全ての国債を買い上げ、*日銀ベースマネー昨年度残高138兆円を2年間で倍にすると言う超々金融緩和を行うのだから、ただ市場にオカネをばら撒くのではなく、国家100年の戦略をも同時に示すべきだ・・・もっともこれは、政府の経済政策の問題であって、日銀の責任ではない。長期国債をも金融緩和の対象とするなら、長期に亘るであろう独自エネルギー源の開発がターゲットに入って当然なのに、ただ2%くらいのインフレ喚起を目標にするだけでは、大風呂敷の割には政策は、チンマイものだ・・・

(*日銀ベースマネー:日銀がどれだけ円を供給したかの数値。何の裏付けも無い紙幣を発行する中央銀行にとっては、発行通貨は負債として表示される。日銀貸借対照の負債項目に計上される日銀券発行残高+当座預金勘定がそれである。当座預金勘定とは、日銀が市中に円を供給する際、法定準備金として一定の割合で資金供給先から積立させるオカネのこと。この額は結果としてどれくらい市中に金融緩和を行ったかの目安となる。)

そしてリスク資産である不動産関連証券を、中央銀行が年300億円買い上げると言う・・・ここから予想される結果は、ただ金融市場のバブルを喚起するだけの金融緩和に見えて来る。株式市場における不動産関連株式で、1カ月で5〜10倍にも跳ね上がった銘柄はゴロゴロある。これで一部のプロ投機筋が巨額の利益を上げて、はてさて国家全体として経済力が浮揚するものなのか・・・

国民の一部は既に浮かれ出している、株式先行きの評価によく用いられる1株当たりの予想利益に対し、現実の株価が何倍に買われているかの株価収益率指標にPERが用いられる。例えば来期の1株当たりの利益は500円として、現在の株価が1,000円とするとPERは20倍に買われていると言う訳だ。ところが熱狂バブル相場になって来ると、これが50倍、100倍にまで買われ出す。

あのホリエモン事件が起こった頃には、新興市場で初上場の株式が、将来収益予想1株当たり1,000円くらいのものが、100万円の株価を付けるものが続出。PERで言えば1,000倍にも買われていた・・・そしてバブルがはじけて株価は1/100以下に大暴落、ケガ人が続出し銀行のモラルハザードが問われたものである。遠い昔の話ではない、つい10年前の頃である。

そして今回の超金融緩和である。過去の失敗を踏まえて先ず、国民全体の基礎経済力を浮揚させる何かが入っていると期待したが、何も無い、担当大臣ともあろうものが、資源開発でなく、安く売って貰うことを経済政策外交の柱にしおる。まるで子供の使いみたいなものである。

・・・最後に、国民にとって最大の関心事である金融緩和、円安によって生活が楽になるのかという疑問が残る・・・。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.163 )
日時: 2013/04/07 15:22:14
名前: イントィッション

おっちゃん、アベノミクスがいかに、アベノリスクであるか詳細に説明いただきまして、ありがとうございます。。。
  ↓
白川総裁の日銀退席直前のお話です。。。 

 ttps://www.youtube.com/watch?v=NYSs7-yp4jM

もうひとつ、浜先生のアベノミクスは浦島太郎だ!
 ↓
 ttp://www.youtube.com/watch?v=2CInH3eo10k

経済成長をしてしまった後の最高先進国の日本の経済を、安定させていくことのほうがむしろ重要で、経済成長率をなんで今の日本の状況で上げることにばかり着目するのか? ただ安倍政権の政府のためだけの金融緩和に過ぎないのではないか! 質が良くなければ、生活は困窮するばかり!!!

本当に、その通りですね〜。。。

おっちゃんの説明と、この二人の専門家の話が一番筋道の通った現実性を帯びていますね。。。

これから本当に大変な事態が起こることもあることを考えなければなりませんね〜。。。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.164 )
日時: 2013/04/07 16:44:28
名前: 天橋立の愚痴人間

満天下さん、詳しい説明を有難うございました。

詳しいと言って、なかなか実感として理解が難しいです。
少なくとも実態経済が、満天下さんが言われるように動いているなら、まだ理解できるのですが。

金融の専門家と言われている連中が、デイバリー取引、宜しく動かしているような環境では、金融資本同士のマネーゲームであり、其れに国民の税金を使い、被害は国民に押し付け誰かが利ざやを狙っているだけでしょう。

それなのに、アベのミクスが代表するように、如何にも国民のためと言う名分を使います。
日銀総裁の発言で、円が乱高下しても、一般庶民には輸入品が高くなるか、安くなるかの違いであり、収入、所謂雇用には結びつきません。

ワーキングプアーと呼ばれる階層は、すでに1500万人は超えているのではないでしょうか。
6300万人の就労者で考えれば、1/4に近い数字です。

失業者も、ワーキングプアーも増えることはあっても減ることはありません。
まだ、何とか食いつないでいるのですが、将来は、それも出来なくなるでしょう。

そういう、根本的な事に対する施策を考えることなく、金利などで通貨の調整をすれば、景気対策と言う馬鹿なことを何十年と繰り返しています。

バブルがはじけた頃は、まだ多くの人が、いずれ景気が回復すると思っていました。
30〜50年前は、確かに景気は循環していました。
私は、バブル崩壊以後は、もう、そんなことはないと言っていましたが、多くの人は、その意味が良く解りませんでした。

現在は違います。多くの人は、このままであるだろうと思っています。
政治、経済界の上層部の欺瞞が、結局は抜き差しならない事態を招くというのに、未だに、無責任に目先のことより考えません。

もう、下層と上層の闘争と言う図式以外に展開は考えられないでしょうね。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.165 )
日時: 2013/04/07 17:51:12
名前: 安倍のアホミクス・・満天下有人

イントちゃん、前白川総裁は辞任の時に、日銀とて経済浮揚に貢献すべく政策を慎重にやって来た、しかし最後はやはり政府による立体的な経済政策が示されない限り、通貨発行当局として出来る事には限りがあると、安倍を精一杯非難していましたね・・・

世界は、驚いたというのが概ねの論調で、アメリカだけがよくやったと称賛、これはドル国債との関係、そしてTPPを控えておりますから当然の批評でしょう。英国筋はフイアイナンシャルタイムズに代表されるように、これで中央銀行までがバブルに加担することになったと、正当な論評をしております。さすが、南海泡沫事件を随分昔に経験しただけあって、論評に歴史の重みを感じさせるものがあります。

さて安倍のチャンポンミクス、何故チャンポンになっているかというと、あの頭では何も分かっていなく、マネタリストによる誘導だけで政策をやってるものですから、チグハグチャンポンになってしまうのでしょう。憲法改正論議での国会答弁でも、憲法改正を言う割には、憲法を深く勉強していない実態が、シドロモドロの答弁になって現れていましたね・・・最後は質問者を恫喝するのに精一杯の有り様でした。

安倍のチャンポンミクスの欠陥は、では超金融緩和によって、国民経済、国民生活がどう変わるのかの説明と自信が全く感じられません。結局、儲かっている企業にボーナスをはずめ、そんな程度でしょう・・・所得反映でも、日本企業が世界で一番遅いようです。

先週、経済誌のダイヤモンド誌を立ち読みしたら、内閣府の統計が目に留まりました。我が国の場合、企業が利益拡大しても賃金に反映されていない。逆に低下している。企業利益は内閣府の国民経済計算で、営業余剰項目として表示されますが、それによると約130兆円の利益内部留保があるのに、賃金への反映率は前年比マイナスになっている。
リストラとなるとアメリカなどは、さっさとやってしまうようですが、それでも企業利益が前年比プラスになっておれば翌年の賃金もそれに応じてアップしている。英独仏もキチッと翌年には反映されているようです。勿論これは個別企業の話ですが・・・それに比べると日本は・・・やはりケチなのが我が民族の気質かも知れません(笑)。甘利経済再生大臣など、企業に競走力をつけるのが第一で、そうなって初めて賃金は上がるものだと、アホ言うのもいい加減にせい!需要減退が最大の阻害要因になっていることも分からずして、超金融緩和で景気が良くなるなどと、未だに寝言みたいな頭脳しかないのです。

まあ、これまでのバブル崩壊の苦い経験で、国民全体が警戒心を持って超金融緩和を見ることが出来れば、とどまる所を知らないバブルの怖さへの、せめてもの歯止めになればと思うしかありませんね・・・

・・・あのヒトラーの最後の12日間のように、自分は国民に望んだことは何も無い、むしろ国民が私に望んだことだから、最後に至って国民のことを考える必要は毛頭ない、もし我が国の施政者達もそう思っているとしたら、そして国民が尚鈍感なれば、何も言う事も無しです。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.166 )
日時: 2013/04/07 18:17:06
名前: 満天下有人

橋立さん、ご意見の通りだと思います。一部金融投機筋が喜んだだけでしょう。雇用全体に対する視点は何もありません。
それよりもリスクが一層高まることでしょう。そして個別業界だけに絞って見ても、TPP参加で更に、ひたすら下がる賃金傾向が顕著になり、これにバブルがはじけると、全体経済として前二回の時よりもっと悲惨な状態になるとの、予感が走ります。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.167 )
日時: 2013/04/08 20:01:41
名前: 北の国から

 満天下有人さん。
 わからないことがあります。初歩的で幼稚な質問のような気もしますが。

 アメリカを中心とするケタはずれに稼ぐ投機集団についてです。
彼らの金稼ぎの動機となっているのは一体どんなことなのでしょうか。そして彼らはその稼いだ
金で何をしようとしているのでしょうか。
 もちろん彼らが、超豪華な生活を目指しているとも思えないし、イスラエルに多額送金してい
るわけでもなさそうです。いくつかの国をコントロールするためなのでしょうか。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.168 )
日時: 2013/04/09 07:41:00
名前: 金融資本と政治・・・満天下有人

北の国」さん、お早うございます。昨夜は所用の為、遅レスになりました。

投機集団について二つの側面から、私個人の勝手な解釈を試みてみました。一つは、集団であってもその礎を築いた個人の側面からの考察です。個人であっても長い歴史の中では組織体として、つまり金融資本としてその行動を拡大して来た訳ですが、その精神は創業時の個人のそれが脈打っています。

個人と組織の哲学は、結局重なって居る訳ですが、投機「家」と言う場合は、個人の投機家というニュアンスになり、その点で言うなればやはり、現在ではジョージ・ソロスとジム・ロジャースが代表格でしょうね、、かれらも集団「機関」としてはクオンタム・フアンドなる組織体をベースに投機活動を繰り広げましたが(現在も)、やはり個人の哲学が土台になっていることでしょう。

組織体としての代表格はゴールドマンサックスやJPモルガンになりますが、ここでは創業者個人の哲学が脈打って、基本面では個人の哲学が土台になって組織体としての理念になっているのではと思います。

個人がどうして投機によって何故巨額の利益を得ようとするのか、彼らと会ったこともないし、何が動機であるかは伺い知ることはできません・・・あくまでも私の勝手な推測ですが、組織体としては創業時の個人、投機「家」を個人として眺める時、どうして不要なまでの巨額の利益を得ようとするのか、その動機を詮索する時、ほんの一部ではありますが、彼らの生い立ちや経験を調べて見ると、なるほどな、そういう気持ちになったのも頷ける部分があるなと思うのです。

ジョージ・ソロスはハンガリー生まれのユダヤ人ですね、過去のスレッドでロスチャイルドの歴史を何度も書きましたが、遡れば旧約聖書にまでたどり着き、国が無くなったデイアスポラの心情が、脈々と彼ら民族の中に流れ、生き残るにはオカネしかないとの気持ちになってしまったのでしょう。

そのうち、摩訶不思議な通貨の本質を哲学的に掌握して、その延長線で通貨によって国家をも支配できるとの結論を得たのだと思います。国家を失くした者たちが、皮肉にも国家の本質をも手中にして、世界を支配するツールは何か、それは通貨であり、それによって国家を支配できる、それによって自己生存を守る事が出来ると・・・

通貨そのものの巨大蓄積は、その事自体が当初は目的では無かったのではないか、排斥される自分たちが生き延びる手段としてのものであったと思うのです。我々狭い範囲での庶民とて、地獄の沙汰もカネ次第と言われるように、ましてや彼らがおかれた環境では、我々の想像を超える生き延びる手段への執着はすごいものであったと思います。

1764年にロスチャイルド商会を設立した初代アムシェル・ロスイチャイルドも、フランクフルトのユダヤ人ゲットーに押し込まれている時、ヘッセン選帝侯・ウイルヘルム9世の知己を得ます。当時のドイツは200くらいの自由都市に分かれていて、通貨もそれぞれに分かれ、交流するにはそれぞれの通貨の交換仲立ち業を要したのですが、200もの違う通貨は、それぞれに歴史がある珍しいもので、それを集めるのが当時の上流社会での貴族たちの趣味であり、その仲立ち商売に目をつけたのがアムシェル。生き延びる手段で始めた古銭商売がウイルヘルム9世の奥方の目に留まり、権力者との交流を通じて、権力の何たるかを知ったと思うのです。そして通貨金融が権力者の裏を握る最有力な手段であると・・・

それを国家サイズの規模にしたのが、これもあちこちのスレッドに分けて書きましたが、英イングランド銀行の支配であり(現在の国債発行による国家財政の原型)、米FRBの創設でした。初代の哲学は、権力は力である。それを支配する力は通貨である。国家の富を形成する者は群衆である。よって国家を通じての支配対象は群衆である。群集心理を利用して大衆に対する支配を確立せねばならない・・・まあ、このような哲学であったようです。

ただ悲惨な目にあった同胞に対する救済は熱心であったようです。シンドラーのリストなる映画もありましたが、「食糧自給は国家安全である」スレッドでも何回かに分けて書きましたけど、南米に於ける食糧支配でも、ユダヤ難民5千人も職につかせていました。

話を戻して、投機家、投機組織における個人の生い立ち、哲学面で見ますと、ジム・ロジャースは少年時代をピーナッツ売りで過ごし、エール大、オックスフード大を卒業、コロンビア大で教授も務めるなどの秀才で、学生時代にアルバイトでウール街に行ってから、通貨に痛く興味を抱いて投資を開始。彼の哲学は、あれこれ喋って馬鹿に思わるよりも、黙って馬鹿に思われることの方が良い、そういう事にあるようで、政治への介入も口を閉ざしているのでしょう・・・早い時期に中国時代がやって来る、子供や孫に中国語教えなさいと、ことある毎に発言したのが有名で、これも政治感から出たものでしょう。

ジョージ・ソロスは、英ポンド危機をいち早く感じ取り、巨額のポンド売りで巨財をなしたことは有名ですね・・・深い国際関係を持ち、ロシア・エリツイン大統領に1億ドルだったか、巨額の資金を提供して大統領にさせておりました。しかし、ロンドン大の卒論で、「認識の重荷」ヲテーマにしたように、哲学者の一面も持っているようです。

今や世界最大の投機機関筋となったゴールドマンサックスを見ても、最初は貧しい牛飼いの息子で、力はやはりオカネだと思い、マンハッタンに出て片隅の地下室で泥水が浸水すような狭い事務所で、文字通り泥水を浴びながら手形割引の商売を始め、やはり政治に食い込まないとダメだと悟ったようで、後にルービンやポールソンなどの財務長官を輩出しておりますね、金融工学を産みだしマネタリストの名を馳せるフリ−ドマンは、ゴールドマンサックスと大きな関係を持っています・・・ここも大きな力を持つようになったのは、ロンドンロスチャイルドに取引を許されてからです。

ユダヤ系ではありませんが、アメリカ最大の財閥と言われたモルガン、現在のJPモルガン・・・創業者のジョージ・ピーボデイも10歳の時に父親を亡くし苦労が絶えない少年時代を送っております。ここが政治に介入するようになったのは、ロンドンでロスチャイルドとの取引が認められて以来です。モルガン・グレンヘルの社名、そのグレンヘル家が、二代に亘って英イングランド銀行総裁を務め、ロスチャイルド家と閨閥関係を持っていたことによります。

今や大金融資本のなすがままに動かされる政治、戦争もそうですがTPPにも至る政治の支配、錯綜する個別の関係はあちこちのスレッドで何十回か書きましたので、1ページに纏めることは出来ませんが、結局のところ、結果として巨財を築いたことの当初の目的は、生き延びる為に政治を支配する、それがオカネであるとの哲学が軸になったから、なっているからではないかと思います。

北の国さんが言われる<・・・イスラエルに多額送金しているわけでもなさそうです。いくつかの国をコントロールするためなのでしょうか。>・・・その後段が正にそれだと思います。

前段のイスラエルに送金しているわけでもなさそうだ、との感触は、複雑な送金ルートによりますから、一般には分からないと言うだけのことでしょう。投機集団が直接やるのではなく、全て「イスラエルロビー」を通じて行われている筈です。紙面と時間がありませんのでおおまかにだけ紹介しますが、最大のものは、米国イスラエル広報委員会・AIPACです。他にも米国ユダヤ人会議、米国シオニスト協会、イスラエル政策フオーラム、全米ユダヤ人名誉棄損防止同盟・ADL(悪名高い前議長・ブロンフマンなど指一本で民主党を動かしてしまいます)・・・等々、80以上もの圧力団体があります。投機筋はそこへ献金することで、間接的に送金している訳です。これに軍事産業が加わります。

オバマも大統領選では、イスラエルへの軍事支援はしないと言ってたのが、先月あっさり軍門に下ってしまいました。前国務長官ヒラリーなど、選挙時に真っ先に挨拶に行ったのが、上記AIPACです。

最後にリピートしましょう、18世紀ロスチャイルドの哲学・・・「権力は力である。それを支配する力は通貨である。国家の富を形成する者は群衆である。よって国家を通じての支配対象は群衆である。群集心理を利用して大衆に対する支配を確立せねばならない」・・・。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.169 )
日時: 2013/04/09 09:04:12
名前: 北の国から

 満天下有人さん。
 いつもながら、さっそくにご丁寧な説明、ほんとうにありがとうございます。

 社会のどこにでもあるようなこと、どこの国の街のかたすみでもあるできごとが、
「お金こそ力」という強固な哲学を作ったのですね。
共鳴はできませんが、理解はできるような気がします。

 しかも、創設時期の人たちをはじめ、強力な意志力、卓越した頭脳とともに、た
ぶん民族的な結束の強さと、ネットワークに独特のものがあったし、集団としての
強力な大義もきわめて明瞭だったのでしょう。
 とても、生半可な我が日本の政治力など、太刀打ちできるはずもありませんね。

 システムとして機能、稼働している彼らに向かって「説得」を試みるのは無理だ
としても、「本来、人間社会は、社会的弱者もふくめて助け合うもの」とか「安心、
平和と豊かさは、地球のすべての人々に得られるように歴史は進んでいくもの」と
か言ってみたところで「苦労知らずが、何甘っちょろいこといっているんだ」と一
笑に付されるか、無視されるのでしょう。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.170 )
日時: 2013/04/09 16:32:37
名前: 金融資本と政治・・・満天下有人

キリスト教圏VSイスラム圏のせめぎ合いの中にあって、極東の一島国がどうこう出来るものではありませんね。

何だか北が明日ミサイルを発射させるかも知れないとの韓国筋の情報で、市場もブレているようですが、発射させた方がこちらも目が醒めるかも知れません(笑)。

そうなっても欧米は、自国への跳ね返りの度合いを基準にしてしか動かないでしょう。日本守るべしの意思では動かないでしょう。米隷属の日本の方が、より先細りになると、北にまでバカにされる有り様です。別に楯突く必要などありませんが、しかし積極的に下僕になる必要は更にありません。

前回のレスで、紙幣誘導論者のフリードマンは、ゴールドマンサックスの金融理論の指南役であると申しましたが、今回の安倍のミクスにせよ、彼らの実験場にされているようなものです。

真の独立とは、軍事力で独立するとか、そのようなものでは無い筈です。精神の独立と、それを支える独立した理論を待たなければならないと思うのですが、それがどうしても出来ないのですね・・・相手の言うがままです。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.171 )
日時: 2013/04/10 20:10:39
名前: インフレターゲットも笑う・・・満天下有人

・・・安倍のチャンポンミクスが、如何にチャンポンになっているかの好例が出ました。

牛ドンの吉野家が、値段を価格体系を18日から変更し、牛丼の「並盛」は現行の380円から280円への値下げするとか・・・米国産牛肉の輸入規制が2月に緩和されたことに伴い、材料の調達難で一時販売休止に追い込まれた2004年の苦労が、やっと報われる。

生活を切り詰めないとやって行けないサラリーマンお父さんにとっては、朗報です。つまり、このような生活状況が変わらない状況で、物価上昇の目標まで定めるその政府の政策が、今度はアメリカ産牛肉に豚肉の輸入審査を緩めて物価下落を誘導するのですから、オツムの中がとんと分からない。

前の稿で、為替の基本的な収斂の傾向として、購買力平価説があると申しました。ビッグマックがこちらで1個320円で、アメリカで$4とすると、購買力平価でのドル/円は$1=80円が妥当。値段が下がって1個280円に下がれば$1=70円が妥当。色々な要素が加わって為替は上げたり下げたりの運動を繰り返しますが、長い傾向としては、妥当と思はれる水準に為替は収斂されて行くと言うのが、購買力平価だと・・・

これを一気にやったのが、円安を唱える政府が吉野家牛ドンで、一気に円高の好例ともなる政策を実施したということです。小遣いを制限されるサラリーマンお父さんたちに、高い牛ドンを食べなさいと申している訳ではありません。安倍の頭の中が分からないのです。

だから学者たちの机上の理屈をモロに持ち出して、インフレにしないと大変なことになるなどと、バカなことを言わなければ良いのです。言いたいことは、人間、全分野に亘って有能ではありません。モチはモチ屋がおられて、それぞれに専門的に分析している、それを全部網羅する事など出来る筈がありません。しかしだ、一国の総理ともなれば、深くは理解出来ないにせよ、ある程度は理解し、これこれこうだから、こうするとの政策には、一貫性を持って貰わないと、下々は右往左往するばかりになる・・・

・・・福島原発の放射能汚染水で、また貯槽水が流れ出しているとの騒ぎ。東電幹部は相変わらずペコリと頭下げて形だけの陳謝、これで電気代は値上げすると言う(笑)。どうせ原発官僚マフイアの言いなりなのであろう。そして原子力規制員会が出した運転再開の基準では、どの原発も再開基準をクリアできないと言うのに政府は、再開の旗を降ろさない。
お隣の金ボンボンは、何をトチ狂ったか、ミサイル発射で恫喝。これも本人は深く考えもせず、どうせ軍部強行派に押されているのだろう。

・・・全体として、言いなりになるだけの者が、権力の座に座っている世相になってしもうた・・・どっしりと理念を持つ者は皆無と成り果ててしまいました。その場その場のゲームをどうクリアするか、それだけに熱中する世相になってしまいました。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.172 )
日時: 2013/04/11 08:53:59
名前: 金ボンボンの花火打ち上げ・・満天下有人

ここ数日、韓国筋による10日の北朝鮮の長距離、中短距離ミサイル同時発射説が流れて、緊張感を醸し出しているが、一般の受け止め方は冷静な感じを受ける。

典型例が株式市場の動きで、一昨日の株式市場は下げ幅を広げたものの、持ち直して昨日ではバブル崩壊後の最高値を更新する状況に、それが現れている。そして北がソウル在住の外国人に避難を勧告したにも関わらず、韓国市民生活は、案外落ち着いているとの報道も目に止まる。

ミサイルを発射することは、何時かは分からないにしても(金日成生誕記念日15日説が有力)、複数の軍事衛星が、ミサイル搬送車の動きを捉えていることから、発射させることは事実だろう。しかし米国はおそらく水面下で北朝鮮と対話は続けていると思う。ロックリアー米太平洋司令官が、議会で核を搭載せず、また米韓日を標的にしない限り撃墜しないとの証言も、通常のミサイル発射実験でああるとの確証を得ているからだろう・・・

表向きには、北朝鮮の核脅威があるからだとして、米韓が合同大軍事演習を行い、先週は米国がステルス爆撃機を38度線を飛行させたり、イラン沖の原子力空母を黄海に派遣するなど、緊張感を出していたが、まあこれは、鶏が先か卵が先かの話にも似ていることだが、核搭載ミサイルなら米国は本気でこれを撃墜するといいながら、単なるミサイル発射実験なら黙認するとの発言は、要するに緊張感を煽るのが目的で、何故そうするのかと言えば、米軍事予算の削減に対する歯止めゼスチュアなのであろう・・・

緊張感を醸し出して戦争経済によって経済を活性化させるとは、実に古いやり方だ。あの朝鮮動乱の頃、まだ高度経済成長が始っていない頃、我が国も動乱特需景気に沸いたものだ・・・福岡板付空港に運び込まれる米戦死兵の冷凍作業では、破格の賃金が出されていた。

ミサイル発射は、厳祖父・金日成の生誕記念日15日が最も可能性が高いようだが、それにしてもこれから新たな世界構築に向かうべき若い者が、もっと別の祝い方も出来ず旧態依然たる祝砲を打ち上げるようでは、そしてそれを大人どもが煽るようでは、人類はいつまで経っても何も変わることも出来ない。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.173 )
日時: 2013/04/11 13:20:33
名前: イントィッション

>単なるミサイル発射実験なら黙認するとの発言は、要するに緊張感を煽るのが目的で、何故そうするのかと言えば、米軍事予算の削減に対する歯止めゼスチュアなのであろう・・・

>緊張感を醸し出して戦争経済によって経済を活性化させるとは、実に古いやり方だ。あの朝鮮動乱の頃、まだ高度経済成長が始っていない頃、我が国も動乱特需景気に沸いたものだ・・・

自民党のメンバーの半分以上は古い体質の関係者ばかりでしょう。。。

国防総省にいまだ80歳代のボスが存在することに関しても、また北朝鮮かぁ〜。。。と、なぜか北朝鮮のミサイル発射危機が増すにつれて、NHKのニュースでアメリカの経済が景気が上昇と発表していますW。。。

中身は労働人口の1億に以上が仕事が無いのに、景気が上昇と。。。 そこの銀座ブタ積みの麻生君、また何ぼで武器買うと言ったのかぁ?
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.174 )
日時: 2013/04/11 13:43:01
名前: 金ボンボンの花火打ち上げ・・満天下有人

ハイ、武器代はちゃんと、復興予算の中に隠してありますから、値段に関係なく買いましょう(笑)。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.175 )
日時: 2013/04/11 16:44:42
名前: イントィッション

北朝鮮のガキんちょも、ガダフィのようになるんでしょうね〜。

でも、まだガダフィは、国民のために42年間も働いた人でしょう!
日本を心配までしてくれて、大学生と演説まで成し遂げました!!!

しかし、北朝鮮のガキんちょは、ちゃんと歴史の勉強しているんでしょうか? 
アメリカのディズニーとプロバスケットボールプレイヤーが大好きで、ゲームボーイを夜中までやっているんです〜。
自分が近い将来、ユダ菌によってどのような目に合うか、理解していないでしょう! (苦笑。。。

ファラカーンさんすごいですね〜!
日本でもこのように発言する政治家が増えるといいのに〜!!!!!

●ファラカ−ン 銀行家の悪徳を告発する
 ttp://www.youtube.com/watch?v=EpwW1KdKlOs

●ファラカ−ン「米国民よ、帝国主義の偽善を聞け」
  ttp://www.youtube.com/watch?v=Cz6Vj98H2gU

●ファラカ−ン「犯罪国家アメリカは口を噤め」
 ttp://www.youtube.com/watch?v=YEd0QOOm25A

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.176 )
日時: 2013/04/11 19:08:15
名前: 満天下有人

ルイス・フアラカーン・・・イスラムの指導者ではありますが、金融支配の原点、ロスチャイルドの歴史から吠えまくっているのは、さすがだと思います。

もう10年前から、おっちゃんも金融資本主義の支配は、原点から見て見ないと分からないと思い、長々と書いて来ましたが、当初は陰謀論担ぎとしか思われませんでしたね・・・
その長い歴史を、フアラカーンは初代アムシェル・ロスチャイルドの五人の息子のことから簡潔に演説しています。恐らく英仏ロスチャイルドが、いよいよイスラム金融にまで手を延ばし始めたものだから、堪り兼ねて歴史の原点から吠え始めたのでしょう。

日本は可愛いものです。陰謀論とは何かを議論する有り様で、本質はそっちのけですから・・・。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.177 )
日時: 2013/04/14 09:54:27
名前: いかにも日本らしいTPP参加・満天下有人

TPP参加について日米二国間での合意に達したようだ。

自動車については、外国車の販売を簡単な書類で認める、差別的な販売の排除基準を設けるなど、その詳細については報道が無いので分からぬも、米国で規制されている日本車の関税撤廃については、米韓FTAよりも長い期間をかけて撤廃される。要するに米国にとって有利なように工作され、不利なものについては、TPP基本条件が適用されるというもののようだ。

そのことは、郵政カンポの解放が不十分な場合、あるいは地方公共事業の開放が不十分と判定された場合は、提訴されると言う事だ。具合悪いのか、例のモンサントGMOについては、米国側から何の提案もなかったと安倍は言うが、恐らく巧妙な仕掛けが隠されていることだろう。

現在我が国では、食品衛生法で大豆、トウロコシなど農産物8作物、大豆、菜種などを原料とする33食品群について、GMO使用した場合は表示が義務付けられているが、恐らくそれも撤廃されることになるだろう。というのも、宗家米国で2010年に既に、アメリカ食品医薬局・FDAが国連食品規格委員会CODEXを抑え込んで、食品近代化法を成立させているからだ。

この法は、食糧汚染を厳しく取り締まるものではなく、食糧メジャーたちの利己的法を守るもので、これに反対する者は投獄出来るとする、国家による食糧、食品警察国家の性格を持っている。端的な例として、モンサントによる農家の種子保存は違法とされ、勝手に自家保存すると裁判抜きで逮捕されてしまうというシロモノなのだ。
そしてこの近代化法では、世界の国際食品規格を作り、それを管理できるとする、信じられないような勝手な規則まで定めている。

金融でゴールドマンサックスなどが財務長官を送り込んで政権を支配する構図と同じように、食糧、食品、化学界の寡頭勢力が政治を支配している米業界、カーギルやコンチネンタル首脳から農務大臣や通商代表が送り込まれている現状で、彼らが牛じるTPPが、一般には関税問題にみせかけて、この食品近代化法をTPPに盛り込まない筈が無い。

・・・TPPの何たるかは既にアチコチで詳細が投稿されているので省略して、こんなものを国民を騙して傘下に持ち込み、そしてノンビリ構えている我が国独特の性格が問題である。

中国語にマンマンデーなる言葉がある。慢慢的と書いて、鷹揚にノンビリ構えて、十年一日が如く同じことを繰り返す意味にも使われる。要するに公約とは裏腹の、今回の騙しにも似たTPP参加決定の重要事に対しても、西洋文化は何でも取り入れようとする我が国独特の接ぎ木文化、和魂洋才の気質がモロに現れている。和魂は、精々、各地で伝わる祭り文化などを守る事に向けられる程度である。歌舞伎座新築して歌舞伎を守ろうとする程度にしか発揮されない程度のものである。

・・・より広い意味での日本文化などと言うものは、既に無い。騙し文化だけが愈々発揮され始めたということであろう。そしてマンマンデー的に、気付くのが遅く、嘆き節で後を過ごすのも、この国の大きな文化というものであろう。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.178 )
日時: 2013/04/14 16:16:47
名前: イントィッション

しかし、どうして、悪徳、と言うよりも、給与や天下りで相当なお金を盗んできた財務官僚が押し進んでTPP参加を望んでいるのかが、なんとなくというよりも、よ〜く理解しているような私です。。。

つまり、医療費の財源がもう無いのでしょう。。。

先日、NHKで、年金基金の話をしていました。。。。 数年前まで150兆円以上の年金基金がありましたが、ベビーブーマーが年金暮らしに入ったので、その福祉のお金に毎年25兆円支払い、今、120兆円の財源しかありません!!! と。。。

昨日も、他県に住む80代の親の介護に行ってきたのですが、ま〜大変です。。。 老老介護で、父親が母親の介護をしているのですが、認知症と血液の循環がドンドン悪くなる脳梗塞の悪化した症状のある一人で歩けない、食べれない、口がほとんど話ができない、年中パンパースの母親をかかえて、建築関係の我慢強い昔風の父親が、170センチ以上の身長で48キログラムまで落ち込んでしまった姿を見て、介護施設に申し込みに行きました。。。

私の姉夫婦は、もう姉が40代で、義理の兄さんが60代で他界してしまっているので、孫は3人ですが、子供は私一人です。。。 でも、私も仕事をしないと生きていけませんから、日常の介護はとても無理です。。。

そこにTPPで、医療費の話になりますが、これから老人は、ほとんどが医療機関に通っていて、大量に薬を飲み続けてきましたが、(そのために認知症になる人が増えた!!!)TPPが浸透した我が国で、ある日、突然、今までの医療費の自費負担がとんでもない巨額なものになったことにびっくりする日が来るでしょう。。。

日本で、日本皆保険を良いことに、欧米の薬屋が国民の税金から馬鹿儲けしてきたことは間違いないのですが、TPPによってジェネリック薬品が使用禁止となり、もっと高い薬を売り渡され、もっと高い医療保険に入らないと、今までのように普通に医療機関に気軽に行けなくなるのは間違いありません。。。

となると、重傷な病気を持っている老人は、医療費が高いので、介護施設にも入れない!!! という老人もこれから増えるのでしょう。。。 

TPPで、得をするのは製造業のわずか16%だけで、後は日本国内の産業はサービス業ですから、84%は、これからアメリカの外圧で、とんでもないことになりますね〜。。。

国民は、特に田舎、特に老人で、自民党王国などと言われるド田舎では、ただ建設国債だけで票を入れる視野の狭い、夜の商売の人たちも自民党のために動いていた事実を知りました。。。(プライバシー保護のため一部訂正させていただきましたぁ。)


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.179 )
日時: 2013/04/14 17:11:34
名前: 天橋立の愚痴人間

今、太平洋戦争と言うアメリカ制作のドキュメンタリー映画を見ました。
アメリカ制作と言っても、決して日本を悪人に仕立てたものではなく、淡々と戦争の推移を描いています。

ttp://gyao.yahoo.co.jp/player/00620/v07038/v0696700000000533558/?list_id=391976

このドキュメントで伝えたいこととは別に、日本国とは何であったかが印象深く感じられました。
それは、この映画の最終場面が、昭和天皇の巡行の場面で終わっている事です。

ナレーションで、連合軍が日本に始めて民主主義を浸透させることを目的としていると言っています。
あれほどの犠牲を国民に強いながら、天皇家存続を願い、戦後の巡行(昭和21年〜29年)に、多くの国民が天皇への敬愛を持ち続けていたという事実を見せられました。

これは何であったのか、
確かに、形の上では、明治維新によって西欧化、所謂、民主主義社会を手に入れたと思い込んでいたが、それが軍部の陰謀であれ、何であれ、本当の民主主義と言うものを、国民は受容していなかったと言う事になります。

そうの様な事が、外国から見抜かれていて、戦争が、これを如実に引き出したと言う事でしょう。
現代に生きる、我々は、知らず知らずの内に、日本は明治維新以来、民主主義国家を作り上げてきたと思い込んでいました。

ですが、現実は、70年前の敗戦によって、ようやく本当の歩みを歩み始めたと言う事です。
民主主義の概念は、システムのことであり、形式的、外面的な形ではないはずです。
日本は日本人らしい形の中で、民主主義社会を手に入れる事ができたはずですが、おりから、生じた、戦後の復興と、経済の繁栄のなか、物質的なものに目が眩み、それを追い求める事(要するに民主主義の果実)が全てとなってしまったのでしょう。

物質的なものを追い求めるという行為は、生産手段の発達で、世界中の人間が浴した環境であり、それを間違いとはいえません。
それゆえに、過去の歴史を否定はしません。

しかしながら、その民主主義も資本主義による物質的な繁栄も、一段落し、さらには影が指している現在、我々は、忘れていたもの、残して来たものを振り返ることも必要になった時代とも考えるべきではありませんか。

それが、本当の民主主義社会を到来させることと思います。
それが文化でしょう。

その映画の中でも言っていますが、アメリカ国民の疲弊の裏に、軍需産業を始めとする企業群が、戦争で一躍、繁栄したとあります。

人間社会に、社会のありようを支配し、己の利権を強奪したい勢力は、何時の時代でもあります。
そういう奴等の陰謀と対峙することも必要ではありますが、それ以前に、我々が守るべき文化、社会のシステムを意識し確立する事が必要ではないでしょうか。

最近になり、ますます言い募られるのは、日本はアメリカの陰謀で属国にされていると言う観点からの話しです。
TPPにしても、アメリカの陰謀論ばかりが先にたち、我が国の文化と言うものが本格的に話題に上がりません。
それも、国民の間から、我々自身の文化を大切に思う気概が感じられません。

金融資本同士の争いであれば、アメリカ資本の、其れに破れるのは、先の大戦と同じように明らかであります。

・・・より広い意味での日本文化などと言うものは、既に無い。騙し文化だけが愈々発揮され始めたということであろう。そしてマンマンデー的に、気付くのが遅く、嘆き節で後を過ごすのも、この国の大きな文化というものであろう・・・

と、満天下さんが、書いておられるように、結局は、国民自身の文化に対する気概と言うものの欠如が今日を招いていると思います。

きしくも、管理人さんが言っておられる、

>この先どの様に進むのか皆目見当が付かないが、
>日本人の気概の無さには落胆するばかりだ。

>日本人はもっと自国の事を知るべきだし、
>もっと文句を言うべきだと常々感じている。


これも、同じ事です。

明治維新などは、忘れましょう。
明治から先の大戦にいたる天皇家を中心とした国家のありようも忘れましょう。
戦後の急激な復興の時期も忘れましょう。

その後に残るのが、感じられるのが、我々の日本です、文化です。
昔に帰るのではありません。
新しい我々の社会を作るための、肥やしになればよいのです。

我々は、良質の肥やしを持っている民族であるのです。
そのことが自覚できたとき、我々は新しい一歩を歩みだす事が出来るのでしょう。

陰謀論と格闘していても、新しい社会の姿は見えて来ません。
庶民のレベルでは、陰謀論と対峙することなどできません。
庶民は庶民が、まず、成すべき事があるでしょう。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.180 )
日時: 2013/04/14 17:57:17
名前: 天橋立の愚痴人間

イントィッション さん

先日、親族の葬儀で、大阪に住んでいる叔母さん(84歳)と久しぶりで会いました。
年齢によらず結構元気で、一人でやって来ていました(丹後半島へ)。

その叔母さんが言うことには、安倍を絶賛しています。
アベノミクスの御蔭で景気が良くなった。
TPPへ話しを向けますと、そんなことはない、安倍さんを信頼している。
安倍さんは、血筋のよい家柄で男前である、
と賞賛します。

叔父さんはすでに亡くなっていますが、重役をしていたことから生活には不安はなく、子供達も、それぞれ結構な立場で生活をしています。
老人であり、決して人柄が悪いのではありませんので、叔母さんを責めてみたところで意味がありません。

しかしながら、こうした人たちの総体が安倍政権を支えているのです。
これに、ある程度の収入が保証されている若い連中が加わります。
独身貴族と言う連中も、自分達の事より興味を持っていません。

つらつら、考えるに、昔は、資本家、労働者と言った構図で社会闘争をやっていましたが、現在は富裕層と貧しいものの対立を、より鮮明に、激しくしなければならなくなっています。

ところが、この色分けが難しく、貧しい癖に意地をはり、自分を貧困層とは考えたくないもの、富者の中にも、自分が特権階級化していると言う自覚がないものが多く、対立の構図が成り立ちません。

以前から、書いていましたが、日本の終末医療体制は、先進国では最低のものです。
貴方の場合も困っておられるようですが、日本では、いよいよの時、老人を収容する施設がたりません。

それで何とか病院の世話になりたいとか、何らかの病気で入院したとき出来るだけ入院させようと思いますが、継続的な理由がないと、病院側は3ヶ月を限度に退院を迫ります。
実際には寝たきりであっても、食事が自力で採れなくてもです。

そこで、家族は、次の3ヶ月を収容してくれる病院を新たに探し続けねばなりません。
その苦労は、親族の生き死にのかかっている問題だけに、大変なプレッシャーです。
こうした事が、全国でおきていて、私も一度経験しました。

その一方で、グループホームとか称して、比較的元気な老人を有料で収容するための施設が全国でドンドン建っています。
優良なので、少ない年金生活者には無縁のものです。
この施設に対する補助金の額は、全国のそれを合計すると大変な額です。

話が、それましたが、

いまや、富者、貧者の対立を、より表に出して戦わねばなりません。
うやむやにしていると、冒頭で言いました叔母さんの様な階層の人たちの思うとおりに進んで行くでしょう。

彼等、彼女らの目を覚まさせるためにも、闘争が必要です。

私も以前は小沢支援のデモをやっていましたが、そんな生易しいものではなりません。

仕事を寄越せ!

病院を追い出すな!

弱者よ団結せよ!

などと言うデモの嵐が吹き荒れることを期待しましょう。

その後を考えるのが

政治ではありませんか。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.181 )
日時: 2013/04/14 22:43:09
名前: いかにも日本らしいTPP参加・満天下有人

・・・イントちゃん、ご苦労様です。大変ですね・・・

医療制度もTPPでかなり様子が変わって来ることでしょう。国民皆保険は守ると言われても、もうこの国の連中のやる事など、どれも信用できません。今に始まったことでもありません。第一、この安倍が第一次安倍内閣を率いた時のことを思い出せば、分かることですね・・・あの年金問題で国会が荒れた時、社会保険庁を形だけの民営化法案を強引な採決で成立させ、中身は何も変わっておりません。

おっちゃんなんぞ、昨年暮れに年金支給額を15年も間違えて少なく払っていたから、数万円のことですが追加支給するとの通知が届いた時には、ほんとに怒り心頭に達しました。それですぐに払うかと言うとそうではないのです。来年夏に(つまり今年7月に)払うとのこと、それが何だかくれてやるから有難く思えみたいな態度なのですね・・・怒鳴りつけてやりました。

デフレを口実に年金は下げて、後期高齢保険料は家族ベース一気に、6万円も上げて来やがるし、この後期高齢医療制度も安倍内閣の時だったと記憶します。

何が安倍のミクスだ、何がインフレ景気にするだと言うのでしょう。インフレで保険料値上げ分もちゃんと楽に払えるようになるかのか、そんなことはあり得ませんからね。

イオンとユニクロが売り上げ伸ばす為に消費税還元セールとやらをやろうとした途端に、甘利経済再生大臣は、消費税なるものは納めてもらうべきもので、還元するものではない、として、還元セール禁止法案まで準備すると言う有り様です。一般消費者は已然としてデフレマインドなのです。

夕方のニュースでNHKが、円安批判の積りなのか、物価が高くなる例として、高級宝飾品だけを取り上げており、見ちゃおれませんでした。公共放送ならもっと生活に密着したエネルギー源の値上げとか、基礎食糧の値上げとか、そういう角度からどうして取り組めないのか、一番影響力を持つ公共放送がこれでうから、もう語るに落ちるとは、このことです。

円安誘導も米国意向によって出されたものであると、米大手金融経済報道社であるブルームバーグが報道しておりました。

Jan.14 、Bloomberg
「Abe sids Bernanke as Japan seen Buying $558billion foreign Dept」

円安政策で日本経済を救おうとする安倍は、円売りドル買いによるドルで米国債50兆円を購入する為に、外為特会による外債購入フアンドを立上げる、という記事です。JPモルガンの予測では、いや倍の100兆円になる筈だとまで、言い切っております。

日本株式市場は欧米の二軍市場です。外人買で保たれているようなものです。よく日経平均暴落とか暴騰とか報道されますね、あれは外人が、少し儲けのピッチが速すぎると見ると、日経平均先物を売って、翌日の現物市場を下げさせているのです。そこで安く買ってまた儲けると、先物主導で下げさせる、こういうことを繰り返して、バブル絶頂と見たら黙って今度は売り続けるのです。

アホな日本人は、いやこれは一過性の下げだ、日銀がいくらでも円を供給するから下げ続ける筈がないと騙されてしまいます。平成2年の大暴落後、20年間も日本市場は回復できなかった、それは全てユダ菌どもに市場が支配されているからです。独自の経済政策も無い以上、独自の市場回復もあり得ません。

何から何まで裏で操作されてしまっており、それに内閣総理大臣までが加担するでは、御先真っ暗です。それでも安倍内閣支持率71%(笑)。福島原発汚染水またこぼれ出し、それを巡ってまた会議(笑)。もう2年以上も経つのに、会議ばかしで(笑)、何もかも含めてあほらしくて真面目に言う気も失せてしまいます。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.182 )
日時: 2013/04/15 14:54:07
名前: 北の国から

 満天下有人さん、愚痴人間さん、イントさん。お疲れさまです。

 青森と、郡山の市長選挙で「自公」候補が落選しました。まだ詳しいことは調べている最中ですが、
TPPや「除染」などが争点のひとつだったものと思われます。
「反撃は東北から」かもしれませんね。
 宝塚と伊丹では、維新が敗北です。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.183 )
日時: 2013/04/15 15:13:29
名前: イントィッション

今朝の5時のFMの全国版ラジオ放送で、宝塚と伊丹での維新の敗北のニュースが、流れていました。

ところが、6時になった途端に、ニュースの中で、他の情報は同じなのですが、この市長選のニュースが流されませんでした。。。 

TPP強行やら、原発問題で、自民党の衆院選での嘘八百で、自民、公明がほとんど信頼が無くなっているのが事実なのですが、その事実を隠そうと必死です!!!!!

この前の安倍のおひざ元の山口の下関の市長選も、生活の党の応援での候補者が、自民公明の推薦の前市長だったかを大差で破りました! ところが、TVのニュースには一切出てきません!!! 都合が悪いことは隠そうと必死です!!!

都合の悪い真実を隠し、それに加えて、まだ自民公明の支持率が60%だと大ウソを発表しています。。。

本当に度が過ぎるほど汚いメディアや経団連やクズ安倍政権や一部の財務官僚どもです!!!
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.184 )
日時: 2013/04/15 15:24:32
名前: イントィッション

天橋立さん

>その叔母さんが言うことには、安倍を絶賛しています。
>アベノミクスの御蔭で景気が良くなった。
>TPPへ話しを向けますと、そんなことはない、安倍さんを信頼している。
>安倍さんは、血筋のよい家柄で男前である、
と賞賛します。

私も、先日80代の父親と大ゲンカをしました。。。

やはりPCをやらないので、TVの嘘八百の情報を鵜呑みにしています。。。

私は、負けずに大声で、あんな安倍のクズが日本の総理大臣なんてとんでもない!!! 日本を壊すために総理大臣になっているのだ! と言ったら、

総理大臣に向かってなんという言い方だ! 女が政治を語るな! と怒鳴ったので、携帯のネットから植草秀一氏の講演を聞かせました。。。 前に日銀に居た人の話で、これが現在の日本の姿です!!! と。。。

それから黙っていました。。。 父親に覚醒できたわけですが、でも衆院選は自民に入れていませんでした。。。

なんか、国会の信頼できそうな態度(実は、話の中身がアヤフヤなのに!)になりすましが、老人を参院選まで騙すのですね〜。。。

今日、銀行へ行ったら、老人がなぜかたくさん居たので、産経新聞を見てみたら、まぁ、アベノミクスを上げ称える内容で、私は思わず大声で、産経嘘八百!と言ってしまいました。。。

ついでに、安倍は、統一教会のカルト宗教団体のボスで、日本を売り渡すために偽の総理であり、TPPになったら、歯医者にも行けなくなりますよ〜!!!と、覚醒してきました。。。(苦笑。。。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.185 )
日時: 2013/04/15 15:46:20
名前: 天橋立の愚痴人間

イントィッション さん

御苦労さまですね。

そういう革命の志士の存在は必要不可欠ですが、

尊王、攘夷と言うスローガンだけで争っていても埒が明かないのではないでしょうか。

新しい生き方の旗印を鮮明にして、大衆を導かねばなりません。

逆らう様ですが、それでは、小沢、反小沢の構図では駄目です。

小沢自身が、新しい生き方を提示できていないからです。

反官僚、反TPP、反原発、地方分権などと言ったことでは駄目なのです。

大元は資本主義のシステムの齟齬の問題であり、民主主義と言うものの齟齬の問題です。

みんなが、考えもしない、思いもよらない新しい経済の有り様を示す事が出来れば、それがみんなに知れれば、必ず地殻変動が起きると思います。

現行の資本主義のシステムを、後生大事に思わないで、一から検証する事です。

私は、みんなの工夫で、みんなが了解すれば、必ず新しいシステムが出来ると思います。

それを作り出して、掲げる事です。

大変ではありますが、其れに挑戦したものはいるでしょうか。

いるとは思いますが、表に出てきません。

それも、問題です。

ですが、少なくともネットの活動で、その方向性くらい議論を盛んにしてもよいのでは、と思います。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.186 )
日時: 2013/04/15 16:15:00
名前: いかにも日本らしいTPP参加・満天下有人

青森市、福島郡山市、兵庫県宝塚市、各市長選は、現職がその強みで勝ったのではないかと思った所、郡山市は自公推薦の現職が負けていますから、少しは安倍自公そして維新の会に対する不信感が現れたものとして歓迎しましょう。

いくら何でも安倍自民党が衆院選時の公約で、「うそをつかない!TPP断固反対!ぶれない!」なる公約ポスターを張り巡らして、実際にやっていることは正反対。

米国との交渉では、聖域もあるなどとウソをつき、日本には一定の農産品、米国には一定の工業製品という微妙な問題があることで一致したなどと・・・米通商代表部では、日本は自動車や保険で自ら譲歩した、しかし日本の農産物に配慮することなど一切ふれていません。むしろ関税ゼロを目指すことが再度強調されています。

菅、野田民主党以来、どうしてかくも国民に筒抜けのウソをつくようになったのでしょう。売国以外の何物でもありません。

それでも安倍のミクスを一般は持て囃すのですね・・・アメリカ財務省が、日本はかなりの円安を目論んでいるのではないかとクギを刺した途端に、円高に振れる。別に円高に振れても構わないのですが、一言言われると腰砕けになるその有り様が異様です。

日銀が超々金融緩和政策に舵を切り、株式市場が沸いても、米国の一言で腰砕けになる、そして超々金融緩和は主として長期国債を日銀が買うことで実されるのですが、ここの所、日本長期国債価格の上下のブレには目を見張るものがあります。

国債価格は通常安定していることが国家経済の指標になるものですが、サブロ−ンショックの時の米国債価格の激しかったブレと同じように変動が激しくなっている。日銀総裁が態々大手証券会社を呼んで、長期国債は日銀が買うと説明する程の狼狽ぶりです。

国を売る国を監視せねばならぬとは、本末転倒の光景ですが、地方市長選で非自公維新が勝ったことは、せめてもの慰みでしょう。

北朝鮮問題で中・韓国を回って来日したケリー国務長官に相対する岸田?こんなのが外務大臣ですからね(笑)、民主党玄葉外相もそうでしたが、赤子同然の趣きで、加えて積極的に売国行為をするのですから、タチの悪い赤子どもです(笑)。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.187 )
日時: 2013/04/16 08:56:08
名前: 炸裂する手続き政治・・満天下有人

昨夕NHKニュースで、教育再生会議が安倍首相に答申書を手渡す映像を見たが、どのような教育を基本にするのかなと、興味持って見ていた所、教育の権限を各地教育長に持たせるとの内容に、またまたガックリ(笑)。

教育長に権限を持たせることで、どのように教育が再生させるのかと思いきや、制度を変えるだけの話であった。どうやら手続きを変えれば教育が再生できるとお考えのようである。

どうもこのシンゾー内閣というシロモノ、日本復活とは要するに手続きを変えれば良くなるとでも思っているらしい。憲法改正然りである。改正手続きとしての96条を変えれば、世界平和に貢献できると考え、人類が歴史の過程で得て来た憲法そのものに対する理念など、どうでも良いのである。TPP然りである。日米手続き論が済めば、我が国の経済が発展するとしか考えていない。

この教育長に教育の権限を集中させる案は、安倍総合政策J−フアイル2012年で、公約として掲げていたものだから、まあ公約を実行したことになるのだろうが、教育の再生項目を見ても、6・3・3・4制度の改変、大学入試を9月に変更するなど、これによって世界トップレベルの大学に変えると言うが、制度を変えれば中身も変わるとでも思っている。

日本を世界に誇れる国にするには、子は宝であり、子供たちが日本の伝統文化に誇りを持てるように教科書を変えると言う。日本の伝統文化に誇りを持てば、外圧は防げるとでも思っているようだ。

そして、それを壊すのがシンゾー、自分の役目であると思っているのであろう、TPPにまつわるウソをどのように子供に教えるのか(笑)。教科書を変え、世界のリーダーとなる日本人を育成できる力ある教師を育成すると言うが、その為には、お前のようなヤツが表にシャシャリ出ないようにするのが、最も効果があると思うのだが(笑)。

国中にある伝統文化、盆踊りも、踊っている間に周りの田んぼは、遺伝子組換え作物で埋め尽くされる・・・これが和魂洋才というものなのか。お前の和魂とは、国民を騙すことしかない、そして洋才とは限りなく洋鬼の軍門に下ることしか、無いのではないか。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.188 )
日時: 2013/04/16 12:47:58
名前: イントィッション

>日銀が超々金融緩和政策に舵を切り、株式市場が沸いても、米国の一言で腰砕けになる、そして超々金融緩和は主として長期国債を日銀が買うことで実されるのですが、ここの所、日本長期国債価格の上下のブレには目を見張るものがあります。

昨夜、NHKのニュースっで、景気を上向き調整などと、日銀の黒田総裁の顔を全面的に出しながら発表しておりました。。。 その黒田総裁の顔は、目が下を向いたままでした。。。

もちろん黒田=売国奴というレッテルがはられます。。。 後ろにはもっと醜い竹中平蔵細菌が張り付いています。。。

プライムニュースには、あの小泉時代の秘書の名前が飯島だったかの顔が出ていました。。。 またもあいつが何か糸を引いている!!! 

そういえば、飯島と、この前朝鮮総連を45億円で買った池口坊主、(本名:鮫島:前科有り)とそっくりな顔をしているのです。。。 やはりそこにも北朝鮮人脈の血が流れているんでしょうね〜。。。 

しかし、危ないですね〜。。。黒田さん!!! 本当にそんなに金融緩和をしてもいいんですか? あなたの良心はどうなっているんですか??? ニュースに顔が出て、まっすぐ目を前に向けないではないですか!!! (怒!!!
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.189 )
日時: 2013/04/16 17:49:35
名前: 首切り法案着々と・・満天下有人

イントちゃん、黒田総裁は元々さような人物ではなかったと思うのですが、おっちゃんは、その伏目は少しバツが悪い思いもしているのではないかと・・・安倍は日銀出身者を総裁にしたくなかったし、世論上、財務省の次官クラスを据える訳にも行かないし、結局財務省ヒラだった黒田氏を、何でも言うことを聞く者として、総裁に据えたのでしょう。

でも結果的には最終的な責任は、取らされることには変わりはありません。安倍の背後に蠢く連中は、クビにする時ももってこいの人材を据えたと思えます。

この背後にいる、勿論安倍が首謀者であることは確かなことですが、背後に居るゴロツキ政治屋ども、ロクな連中ではありませんね。日刊ゲンダイが、サラリーマン首切り法案が着々と進められていると弾劾してますが、口では教育の再生を言い、その為に日本伝統文化を子供たちに仕込むには、教科書も変えると言う・・・

我が国の伝統文化に、人の食い扶持まで奪っても良いなどと言う伝統があったかな?、むしろ助け合いの心情を大事にして来たと思うのに。

もう滅茶苦茶です。これで参院選でこいつらを多選させたら、首きり法案もパス、憲法改正もパス、超金融緩和による財政負担増もパス、これに伴う増税もパス、関係ないアフリカでの戦争に加担することもパス・・・オールパスになります。これは国民がそれで良いとすることの結果ですから、もしそうなったら、何も言うこと無し。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.190 )
日時: 2013/04/17 07:16:43
名前: 自民、維新凋落の兆し・・満天下有人

青森・郡山・宝塚市長選で、自民系候補者が軒並み敗北、続いて愛媛丸亀・宮崎日南でも自民系が負けている。

今の安倍政権による政策がこのまま続けば、いよいよ我が国は小泉の時の米隷化が完成してしまう恐怖感を持ったのだが、地方選を見ると意外に自民批判の根はしっかりしている感じを受け、少し胸をなで降ろせる具合だ。維新など、橋下が週刊朝日記事に対し、息巻く程度のものであり、もう泡沫政党の本質は見抜かれてしまっているから、こんなのはどうでも良い。

地方選での非自民の勝利は、恐らくTPPの農業分野に自民批判の焦点が合わされている印象なのだが、TPPは農業分野だけではないにせよ、一部だけが切り口になっているもどかしはあっても、この際それでも良いではないかと思う。

土台、自国の食糧安全保障も放り出したまま、農産物輸出に力を入れようなどと言う本末転倒の政策が受け入れられ筈も無いだろう。その為に農業を大規模化し、TPPを通じてモンサントが如き手法を押し付けられ、その大規模化は更なる資本の自由化を通じて、金融資本の裁量に翻弄されるような政策で、国の基本がガタガタにされる事のどこが一体、楽しいと言うのだ。

民主党政権の時も、新奉行七人衆が権力確保にウツツを抜かしている時、地方選でボロ負けが連続し、既に民主党崩壊の兆候が出ていたものだ。今回の自民党地方選連続敗北も、その兆候であるなら、幸甚の至りである。

それにしてこうなると分かっていながら、他に選択肢が無かった故の自民、維新への傾斜は分からぬでもないが、しかしそれにしても有権者も、選んでおいてノーを言う回りくどい方法を選択するものだ。

ボストンマラソンでの爆発事件、真相はまだ不明にせよ、あのような事が起こる根は、アメリカ文化に埋め込まれていた何か反発するものが火を噴いた側面を見落としてはならない。NY9:11も米人と偽イスラエル人が実行したものだとの新たな証拠が出ている。イラク侵攻など既に、アメリカによるデッチアゲ戦争であったことは明確になっている。なのにテロ撲滅のプロパガンダだけは勇ましく前面に出て、その背景にある文化的原因については、未だに議論にも上らない。

・・・そんな文化をモロに受け入れる政治に対して、神経を張りつめても、つめ過ぎることにはならない。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.191 )
日時: 2013/04/17 12:34:38
名前: 北の国から

 満天下有人さん、光明が見えてくるレポート。元気づけられます!
アーミテージレポートではありませんが、日本人の国民性として「忘れっぽい」(鬼畜米英から一転して
ギブミーチョコレートに)、「大きな変化を望まない」(島国気質)、「絶妙なバランス感覚」があるよ
うに(もちろん、いい悪いはともかく)思います。
 したがって、むしろ「70%を超す安倍支持率」の作り方のほうこそ、何か怪しい仕掛けがあるのかと
も思いたくなります。

 文化のこについて何人かのかたが書いておられます。
 文化の力が短期的に社会変革に大きな役割を発揮したらしいという例について、2件ほど思い起こすこ
とができました。
 ひとつは小説で、ストウ夫人の「アンクルトムスケビン」。奴隷解放の大きなきっかけになったそうで
す。(どこまでが真実かは検証してみなければなりませんが)
 もうひとつは、チャウシェスク打倒のきっかけと言われている詩。(こちらは読んだことはありません)
もちろん、これらの作品がひとつの大きな運動のきっかけになったとは言え、その他のさまざまな要素が
うまく作用していたことはあるでしょう。

 日本の文化(国民に一定支持されているもの)では、たとえば、日本的精神を肯定的にメッセージして
いる「山田洋次シナリオ、監督」の作品や、逆に鋭く批判している新藤兼人監督の作品などは、やはりた
いへん優れたものだと思います。ところが、こういう優れた文化の一分野がありながら、日本人が依然と
して、アメリカ的な「軽薄で物質的」な価値観から抜け出せなく「精神的自立」を獲得できないでいるの
はどうしてなのでしょう。
 たぶん、高度に発達した資本主義国としての「マスコミによる国民支配」が、とてつもなく強力な影響
力をふりまいているからでしょうか。

 北海道には、公称100万部の「地方紙」があります。
 TPPにつてみるかぎり、朝、毎、読の中央紙より(地域的特性もあるのでしょが)現場の人々の主張
などもとりあげながら、基本的にはTPP反対の基調です。東北の「河北新聞」もがんばっているようで、
新聞という分野では、中央紙が部数を減らし、地方紙が奮闘すれば、それなりに変化があるのかも、など
と思っています。
 
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.192 )
日時: 2013/04/17 13:33:25
名前: イントィッション

>満天下有人さん、光明が見えてくるレポート。元気づけられます!

北の国からさん。。。 すみません。。。 私、イントが先に投稿します。。。あしらかず。。。

昨日、スーパー銭湯へ行ったら、ネットをやらないおばさん方が、政治のニュースをTVで見ていて、こう言いました。
 「どーせ、アメリカの罠でしょう。 アメリカという国は悪いことばかりやって、テレビの放送なんて信用できん!」

 「安倍さんは、アメリカに踊らされているだけだから、どーでもよい!」と。。。

 (あら。。。少し話の分かる中年女性が存在するのね。。。)と、思い、「安倍シンゾーは悪い奴で、統一教会の会長ですよ! あの朝鮮総連を買った池口(本名鮫島)と深い関係で、小泉が鮫島と義兄弟です!」と説明すると、

 「え? 安倍さんて統一教会なの〜? 北朝鮮人脈じゃ〜ないの!」とその女性発言してました。。。

 そしたら、近くにいたおばさんが、お風呂で頭から湯気だしていたのが、急にえ? と、顔が不安げになってきたんです。。。  良い覚醒でした。。。

今度、小沢氏と森ゆう子議員の対談があります!!! 今の政治をぶった切る! ニコニコ動画です!!! 必見です!
  ↓
 ttp://live.nicovideo.jp/gate/lv134206146?frompc?fromsp

それから、もう一つ、今月1日に、奇妙な自殺?がありました。。。
 ”日本版CIA「内閣情報調査室」の闇”
    ↓
 ttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/35485

   ●以来、加賀美さんのロシア人脈にはどこか危うさがつきまとうと言われるようになった。たとえば2月28日に、プーチン大統領に近いイシャエフ極東発展相が来日したが、加賀美さんは事前に世耕さんに『安倍総理が会う必要はない』と進言している。

 ●ところが直前になって森(喜朗・元総理)さんと宗男さんが動き、急遽、安倍総理との会談が組まれた。加賀美さんがイシャエフを安倍総理に会わせないようにしたことにも、何か裏があるとしか思えません」


   この加賀美さんと言う人の裏に、どーも、日本とロシアが仲良くすると、嫌な国が存在するみたいですね〜。ねぇ! ロックフェラーさん!(苦笑。。。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.193 )
日時: 2013/04/17 16:30:35
名前: 満天下有人

イントちゃん、そのように人が集まる場所で、少しづつほんとのことを広めて行くこと、大事なことです。財政に関わる公的負担についても、役所に用事で行った序に数字で説明するのですが、知らない役人の何と多い事よ、です。

それでもまだまだ一般の認識は薄いですね、今日の朝日の世論調査がそれを示しています。安倍政策で経済の復活が期待できるが55%、4カ月間の安倍の仕事ぶりを評価するが77%です。日銀超金融緩和を評価するは54%です。

裏で如何な諜活がなされているか、一般には知る由も無い、知られては諜報にもならないから当然とは言え、その加賀美氏の自殺も訳ありであることは、直感で感じますね。

英国アカデミー賞を取ったMI5など、spooksの実態を良く描いており、二重スパイなど、諜報の世界では当然のことでしょうね。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.194 )
日時: 2013/04/20 08:18:44
名前: イントィッション

おはようございます〜。。。

今朝、ラジオ放送で、アベノミクス=アブノゴミクズの5か月間のこれまでの経緯の真実を寺島さんが話しておりましたので、ここにまとめてみました。。。

まず、結論から申しまして、売りぬく資本主義! これがアブノゴミクズ(アベノミクス)が中心とした経済動向です。

3月にユダ菌(外国人投資家)が6兆円買いました。。。
それから、4月4日に、また大胆な金融緩和をして、ユダ菌が10兆円買ったのです!!!

そして、円安株高強行で、6月終わりごろには日本株は17000円まで上昇するかもしれません。。。

そこで、ズバーっと、ユダ菌が売りぬくはず!!! ということです。。。 つまり、7月の選挙前に売りぬく!!!

どうして、売りぬくユダ菌が儲けるかと申しますと、流動性の高い株を買います。。。不動産など、バブルなどで価格の変動が大きいものに手をだします。。。 そこで利益を出す!!! 

 と言うよりも、わたくし、イントは、12月16日の選挙戦や、まるで安倍を選挙前に総理にしてしまったような報道をしたすべてのTV局の情報を観察して、

 ユダ菌のそのような行動を、自分の利益にしたいと、
   ★個人的に利益を得たい財務官僚!!!
   ★小泉・竹中・安倍・池口(45億円で朝鮮総連を買った)・飯島・高市早苗・石原・橋下・渡辺・ブタ積み麻生・選挙管理委員のボス・など、自民党や創価や維新やみんなの党などに献金している証券関連や不動産!!!
   ★もちろんNHKも含めたすべてのTV局!!!

 つまり、売りぬくというのは、寺島さんはそこは資本主義だから悪いとは申しませんが。。。と発言していましたが、イントから見れば、明らかにそのような行為は、泥棒!!! 詐欺!!! 真の人間の労働精神正しい社会形態を壊す!!! というのが事実でしょう!!!

 そして★に並べられたこのような名前の人間や団体は、ユダ菌の“金魚のフン”としか言いようがありません!!!

日本は、このような金魚のフンが総理大臣になっていることが、間違っています!!!

 そして、このような金魚のフンによって、人間の生活は困窮しているのが事実です!!!

 今、このような売りぬくマネーゲームによって、わずか5カ月で極端なインフレになりました。。。

 20年前のバブルは、ベンチャー起業とかITバブルと言われた時代がありましたが、今は、中身の利益の実態が無いのが事実です。。。

 今市中銀行にはジャブジャブとお金が余っていて、そのお金を借りようとする企業が少ない!!!
 つまり、中小企業がお金を借りたくても、今までの実績で利益が上がっていない!!!

 なぜ上がらないかと申しますと、極端な円安誘導で、昨年度21兆4千億円の石油などの資源を外国から輸入しました。。。 もちろん円安なので、日本国内ではその資源の価格は高騰しています。。。
 今はその資源が18%以上の価格なんです。。。

 よって、昨年度末の貿易収支は6兆円の赤字となりました。。。

 日本にはいろいろな製造業がまだたくさんあります。。。 重要な医療の精密機械などは、生命の危険もあり、国内で造っている企業が多いようです。。。

  寺島さんが動産反転という言葉を使っていましたが、それで製造の基本の材料費が10%値上がりし、しかしながら、消費者に購買力が無いので、(今は大きな病院でも経済破綻が言われる時代に、色々な器具も買えない!!!)
  商品を値上げするわけにはいかない!!!

  となると、一番節約しやすいのが労働者の賃金!!! 正社員を解雇して、非正規にすることもでき、労働者である生活者・消費者はドンドン生活苦になります。。。
                           
  ★おい! きぎょのフン竹中! お前、そのために早く、非正規雇用ばかりにしょうとしているんだよな〜!!!

 それにく加え、今、海外で儲けている企業も多いことから、グローバル化が進みすぎて、20年前のITバブルでのアメリカ一極型ではない、多極化で、金融参加型が複雑化していて、そういう中で、日本だけがユダ菌(外人)買いで、
ズドーンと行ってしまうでしょう。。。

 ★金魚のフンどもが、日本の経済を破綻に追い込んでいることが、よく理解できました。。。

 これから7月の選挙戦に向けて、B層の国民が目覚めてくれればいいのですが。。。

 自民党は金魚のフンだらけで動かしていることを。。。

 これから★の個人・団体は、金魚のフンという名前がピッタリなので、金魚のフンで情報覚醒!!!(苦笑。。。
 
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.195 )
日時: 2013/04/20 09:51:40
名前: 満天下有人

あははイントちゃん、寺島先生、そんな見通しを言ってましたか、彼もシンクタンク日本総研会長任期満了で少し時間が取れるようになったのか、最近世界20カ国を回ってきた様子。

ユダ菌が狙う株式は不動産関連と再生医療関係です。

安倍のチャンポンミクスの金融緩和、インタゲ2%は、生活者はまだまだデフレマインドが強く、消費物資ではインフレ傾向に持ち込めない、そこで何とか不動産関係でインフレにしたい、そこで日銀新総裁は金融緩和の手段として長期国債だけでなくリスクが高いと言われる不動産投資信託(REIT)までをも年300億円づつ買い上げる・・・

ユダ菌は当然、不動産関連株式への投資額を増やす、そういうことでしょう・・・

も一つは、先日の春の園遊会で天皇陛下が、万能細胞ipsでノーベル賞を受賞した山中教授の前で最も時間を割かれて話込まれていました・・・これを見て調子に乗ったか安倍シンゾーが昨日、記者クラブで再生医療、健康関連への投資を促進すると言ってましたから、ユダ菌がこれを狙うことでしょう。

そしてG20金融財政国際会議に出たボルサリーノ麻生が、例のように黒のハットに黒のコートに身をつつんで、我が国の円安政策にはどこの国からも文句は出なかったと言って、昨日の円は100円一歩手前の99.52円まで安くなりました。

これで参院選までの間、円安株高の路線は決まりと見たシンゾー、次々に調子に乗った政策を繰り出していますね・・・しかし生活者の懐は相変わらずで、春闘での中小企業の賃上げは昨年比マイナスです。いくら円安株高とは言え、一般がそんな分野で儲けることはできません、巨大金融資本のユダ菌及びその一派だけでしょう。

かくして格差は広がり一方でバブルが広がる。いつか来た道に過ぎない。いずれシッペ返しが来ることでしょう、その時、国の何の骨格が強化されたか、骨粗そう症が進行しただけの憂き目を見ることになる可能性が非常に高い・・・。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.196 )
日時: 2013/04/21 16:07:24
名前: 芸能政治満開・・・満天下有人

シンゾーは、お好み芸能界を集めて観桜会を開いた。

先週、新宿御苑に集まった著名人は12,000名に上ったと報じられている。あのテリー伊藤やビートタケシ、歌手の由木さおりなども参集、何やらももいろクロ−バーZとか言うアイドルたちとご機嫌で写真に納まった・・・何だか天皇の園遊会気取りである・・・

福島の復興は必ず成し遂げると言いながら、被災地の皆さんを癒すための招待はなかった様子、招待されても被災者たちの気分が穏やかなものである筈も無いだろう。

一方でTPP参加についてカナダ、豪州が日本の参加について、条件面で合意に達した様子、こんなの既にオバマ大統領との会談で、最も厳しい米側の条件は既に飲んで決定されていたのだから、ゴマカシ装置の後付けセレモニーに過ぎない。

パキスタンの大地震、続いて中国四川省でM7、死者177名、富士五湖の河口湖の水が何故か半分も地下に吸い込まれ、宮城県沖と淡路島の丁度三角形を模る地域での地震・・・

・・・芸能に浮かれながら、食い物は遺伝子組み換えで人工的に堕して行く。自然の変動に合さず社会の仕組みも人工的に堕されて行く・・・まあ、限界に来た時は、その時はその時で考えれば良いとでも思っているのであろう。

それまでの間は、楽しまにゃ損損ってなことか・・・。

♪街にでればぁ〜 芸能満開ぃ〜
 ただ意味なく 踊ってるけどぉ〜

 顔も見ないで〜 去りたくても〜
 そうは行かない 男の心〜〜〜

 楽しい〜 夢のようなぁ〜
 あの頃を〜 想い出せばぁ〜

 サントワマミー〜〜〜 悲しくてぇ〜
 目の前が 暗くなるぅ サントワマミ〜〜〜♪。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.197 )
日時: 2013/04/22 12:34:20
名前: イントィッション

あ〜ぁ。。。
おっちゃん。。。
歌もいいけど。。。
なんか、昨日、板橋区でTPP反対デモやったみたいです。。。
   ↓

 ttp://tpp-negative.seesaa.net/article/356032846.html
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.198 )
日時: 2013/04/22 17:10:42
名前: もう一つのアメリカ史・・・満天下有人

あ〜ぁイントちゃん、デモはあれど、原発も廃棄できなかった、昨年のデモも民主党打倒でなく原発廃止デモでしたが、民主党は倒れども原発は動いている。

今回は恐らくTPPも生き、自民党も生きていることでしょう。

アメリカの中でさえ、アメリカはおかしくなっているとの識者が大勢居ます。

しまったと思ったこと、オリバーストーン監督の「もう一つのアメリカ史」が、NHKBS1で今月初めから放送されていることを知らなかった。NHKに聞いたら、5月5日から6日まで第一回〜4回までを再放送、第5回〜7回までは同日深夜に再放送するそうです。録画予約でもして見て下さい。

第二次大戦からのアメリカの戦略、原爆投下を含めて今後の展開が、ブッシュからオバマへと引き継がれる様をドキュメントしているようだが、同監督はベトナム戦特殊部隊隊員として、自らの体験を基にした映画「プラトーン」で有名です。他にもJFKやニクソン大統領などの真実を抉り出す作風でも有名ですね。

・・・突然にオリバーストーンの名前を出したのは、いよいよTPPが実行される段階に入り、安倍政権が、参加しない公約などとっくにゴミ箱に投げ捨て、どうしてもそれに参加したい意向が明確になった昨今、問題はTPPそれだけに凝縮されているからではなく、大きな世界史の流れ、なかんずくアメリカ文明の流れとして一般が理解していないと、TPPの本質が分からないと思うからです。

もう一つの訳は、家の者が借りていた新作DVD映画、アカデミー受賞の「アルゴ」を見て、これをオリバーストーン監督が制作していたら、もっと本質面から迫る作品になっていただろうなとの思いがあったからです。

映画解説する積りは無いのだが、話は1979年のホメイニ師によるイラン革命の時、人質となった米大使館員6名の実録救出作戦、英、仏大使館もかくまうことを断った6名を、カナダ大使が私邸にかくまい、この6名をCIA局員のアイデアで、アルゴなる未来SF映画の撮影隊に化けさせてイランから脱出させる実話です。ハラハラさせる場面が多い事は、映画としては面白いのだが、何故ホメイニ師による革命が起こったのか、本質から迫る筋が無く娯楽的な面に物足りなさを感じる・・・

・・・当時のカーター大統領は、かくまってくれたカナダ大使館の顔を立て、実際はCIAによる救出作戦もカナダの発案だったとして、事実を封印し、後にクリントン大統領が封印を解いて真実が明らかになったのですが、ここから先は映画では描かれていませんけど、カーター大統領は元々、軍事作戦による救出が更にイランとの緊張感を高めることを憂慮し反対していたのを、キッシンジャー国務長官が説得、軍事救出作戦に出たのは良いが、救出機が墜落して失敗しました。

そこでCIAの工作局員が、軍事によらない救出を考え成功した・・・

フランスが米大使館員6名を匿うことを断ったのは、そのホメイニ師の亡命をフランスが受け入れていたからであり、では本家英国が何故断ったのか、そこに本家といえどもアメリカに対する歴史の怨念があったからであり、正にそのことがイラン革命の遠因になった、おっちゃんは左様に解釈しています。

遡れば、イランの石油はロスチャイルドのロイヤルダッチシェルが鉱区採掘権を独占しておりました。どうしても採掘権が欲しいデビッド・ロックフエラーのエクソンモービルが、当時のイラン・モザデク政権を巧妙に利用して、ロイヤルダッチシェルの採掘権を一旦国有化させて、その後でモザデク政権を軍事クーデター名目で崩壊させ、パーレビ国王を傀儡政権として採掘権を乗っ取った訳です。そのやり方は並行してイラクのフセインをけしかけてイランに戦争をしかけさせておりました。実際には人質事件の翌年にイラン・イラク戦争(通称イライラ戦争)を起こさせました。

・・・かくの如くアメリカは、手先を二重三重に騙して利用し、利権を確保するのが、オリバーストーン監督が描く「も一つのアメリカ史」であり、アメリカ文明?の特質になってしまっている。

TPP然りでしょう、本音は中国包囲網を創ることでしょう。自由経済による成長などと言うのは美辞麗句にしか過ぎない。シエールガスの米国内での開発にめどがついてくれば、もう石油を巡るややこしい中東からは手を引き、今度は巨大国中露が目の上のタンコブになって来る筈です。TPP日本引き入れは、その戦略の一環とするのが最大の目的ではないか、農産物、自動車関税、カンポ、医療制度等々、制度を変える実務上の項目以上に、何か大きなものを感じます。
その意味で、TPPは関税問題として捉えるだけでなく、デモだけの問題でもなく、同時にそれを越えて来るものにも国民は関心を失ってはならないと思うのです。

TPP参加のカナダ、アメリカ、豪州は地理的にも遠い、なのにすぐ隣にある中露包囲網の片棒担ぎをやらされる、何だかキナ臭くてしょうがありません。
メンテ
もうひとつの、権力闘争 ! ( No.199 )
日時: 2013/04/23 10:57:14
名前: もうひとつの、権力闘争 ! 天橋立愚人間

「権力とは」

(ウィキペディの解説)

ここでは政治理論における権力について概観するので、相手の自発的に服従させる公式的な形態の能力である権威(authority)、そして相手の行動を統制する非公式の形態の能力である影響力(influence)、相手に嫌悪的な刺激を与える能力である暴力(violence)にも記す。


(世界大百科事典 第2版の解説)

勢力,影響力,説得力などと同様,社会的な〈力〉の一種で,通常,制度化された強制力を意味する。狭義には,国家のもつ強制力,すなわち,政治権力,国家権力と同義に用いられる。他方,最も広義には,権力志向型人間,企業内権力闘争等の表現にみられるように,社会的力と同義に用いられる。 社会関係において作用する力という表象は,自然界における物理的力(重力,磁力,体力),あるいは人間の内面における心理的力(忍耐力,自制力)との類推に基礎をもつ


(百科事典マイペディアの解説)

ある人間(集団)が自己の意思に沿って他人(他集団)を行動させるとき,その人間(集団)が権力をもつという。実際は,権力は,他人をその意に反しても実力で強制させるさまざまな形の〈強制力〉,他人に利益を分配する〈価値賦与〉,他人の内面的な服従をかちとる〈権威〉,他人を意識させずに服従させる〈操縦〉などという多元的な側面からなる。


「新多角的貿易交渉」

新多角的貿易交渉(しんたかくてきぼうえきこうしょう、通称「新ラウンド」)とは、WTO加盟国による通商交渉で、農産品、工業品の貿易自由化だけでなく、サービス、途上国問題、紛争処理などを幅広く扱う新たな通商交渉全般のこと。WTOにおける通商交渉全般を指しては通常「ラウンド」という呼称が用いられるが、あるラウンドが合意され、その次のラウンドが開始されていない状態において、次に行われるべきラウンドを指して、特に新多角的貿易交渉(新ラウンド)という呼称が用いられる。

1999年10月 - 11月のシアトル閣僚会議では、ウルグアイ・ラウンド(1986年 - 1994年)の結果に落胆した開発途上国の反発によって、立ち上げに失敗。そして、空白期を置き、2001年11月のドーハ閣僚会議でようやく交渉立ち上げに成功した。このため、2001年11月から開始した今回の、WTO加盟国による通商交渉を「ドーハ・ラウンド」と呼ぶ。しかし、実質合意を目指した2003年9月のメキシコ・カンクンでの閣僚会議では交渉が決裂、WTOの求心力は失墜した。

新ラウンド(ドーハ・ラウンド)の「枠組み合意」の期限日は、2004年7月31日だった。2004年7月31日からジュネーブのWTO本部で一般理事会が開かれ「枠組み合意」が論議されたが、農業自由化を巡る対立から、正式に採択されたのは翌8月1日未明だった。関税引き下げ方式や削減対象となる農業助成策の区分けなど具体的な交渉の土壌を整えたが、争点の一つである上限関税は「今後の検討課題」となり、持ち越された。

2001年11月のドーハ閣僚会議で最終合意期限とされた2005年1月1日は延長され、具体的な期日は2005年12月に香港で開かれる閣僚会議まで先送りされた。しかし香港閣僚会議では交渉方式の基本設計に合意したにとどまり、翌2006年7月、主に北半球に集中する先進国と、BRICsなど南半球の国家を含む新興国の対立から交渉は中断された。

交渉は2007年1月に再開され、2008年に包括合意寸前まで進展したが、同年8月には新興国に対する関税引き下げ要求を巡るアメリカとインドの対立で決裂[1]。その後アメリカは、リーマン・ショックに端を発する世界的な景気低迷や中華人民共和国との対立から、通商交渉の基軸をラウンドから環太平洋パートナーシップ協定(TPP)や自由貿易協定(FTA)、経済連携協定(EPA) などの二国間自由貿易協定に移し、2011年12月17日、WTOはジュネーブでの定例閣僚会議で「『近い将来』の包括合意」を断念[2]。ドーハ・ラウンドは事実上挫折した。

「貿易交渉の歩み」

≪GATT≫

ガット(GATT:General Agreement on Tariffs and Trade)は、関税と貿易に関する一般協定です。無差別で自由な貿易を目指し、貿易基準を定め、加盟国間の貿易紛争処理を行います。本部はスイスのジュネーブにあります。日本は、1955年にGATTに加盟しました。

1944年7月、連合国44カ国が、米国のニューハンプシャー州ブレトンウッズに集まり、第二次世界大戦の通貨制度などに関する会議が開かれ、国際通貨基金(IMF)、国際復興開発銀行(IBRD:世界銀行)、GATT(関税・貿易に関する一般協定)が創設されました。これを、ブレトンウッズ協定といいます。

GATTは、1947年のジュネーブ貿易会議で23カ国が調印し、1948年1月に発効しました。当初、ITO(国際貿易機構)が創設される予定でしたが、アメリカ議会に反対されたため、一般協定という形でGATTが創設されました。GATTは正式な国際機関ではなく、その機能は統制力が弱いものでした。

GATTでは、世界経済の発展のために、無差別で自由な貿易を行えるよう、関税や輸出入制限などの貿易障害の撤廃を目的としていました。国際貿易問題の交渉は、各ラウンドごとに進められました。ラウンドとは、加盟国が集まって貿易問題の検討を行う場のことで、GATTでは8回行われました。

1960〜1961年にはディロン・ラウンド(第5回)、1964〜1967年にはケネディ・ラウンド(第6回)、1973〜1979年には東京ラウンド(第7回)、1986〜1994年にはウルグアイ・ラウンド(第8回)が開かれました。ウルグアイ・ラウンドでは、貿易に関する交渉に加えて、GATTにかわる機関としてWTO(世界貿易機関)の設立が決まりました。

GATTの役割はWTOに引継がれ、GATTは、1995年末に廃止となりました。

≪WTO≫

世界貿易機関(WTO:World Trade Organization)は、1994年マラケシュ会議で合意され、1995年に設立しました。GATTの機能を増強したもので、無差別で自由な貿易を促進するための国際機関です。本部はスイスのジュネーブにあります。

加盟国・地域は、148カ国(2003年10月現在)となりました。事務局長の任期は3年で、2002年9月からはスパチャイ元タイ副首相(前任者はマイク・ムーア元ニュージーランド首相)です。

GATTとWTOには、いくつかの相違点があります。
GATTが協定であったのに対し、WTOは機関であるため、より強い統制力を持てるようになりました。また、GATTでは物品に関する貿易だけが対象でしたが、WTOでは知的所有権やサービスに関する貿易も対象となりました。そして、ルール違反を行った国に対する罰則は、GATTでは全加盟国が賛成しない限り実施できないコンセンサス方式を採用していましたが、WTOでは全加盟国が反対しない限り実施できるネガティブ・コンセンサス方式を採用しました。

(引用終わり)


長々と引用しましたが、TPPと言うものの歴史を証明したかった故です。
「多角的貿易交渉」とは、鼻から先進国の資本が、その勢力を伸ばす為に企んだものであり、いろいろと粉飾され誤魔化していますが、相対的には弱小国にとっては、不利なものです。

冒頭の引用で「権力」と言うものに言及していますが、これは封建時代の常識であった独裁者の側からみた権力を、資本が行使しようとしている構図であることを言いたかったのです。

現代資本主義のシステムに於いて、経済的強者は、弱者にとって権力者であるのです。
封建時代の権力者は、国王及び貴族階級であり、人口的に少数でありましたが、現代のそれは、1/3程度の富者と2/3の貧者に分かれます。

かつ、末端の富者と貧者は入れ替わることも出来るので、権力の対峙と言う観点が曖昧になっていますが、現実は、権力闘争と言うものが、従来の政治の世界から逸脱して、経済を通して我々の世界へも入り込んできていると言う事になります。

人間社会の宿命と言うことも出来ますが、少なくとも政治的権力争いが耐えなかったように、今後は経済的な、庶民的な意味での「権力争い」と言う範疇で、もろもろの事象を捉えねばならなくなりました。
これを、民主主義などと言う、曖昧な価値観で捉えていては、権力者側の策謀に敗北する事になるでしょう。

TPPは、まさに、このような事例として捉えねばならないでしょう。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.200 )
日時: 2013/04/24 11:43:47
名前: Re:もう一つの権力闘争・・・満天下有人

WTOの原点がGATT、それは第二次大戦終結に伴って設立された、その時既にアメリカの戦後世界戦略が始っていた、そのことは同時に発足した通貨面でのIMF、世銀と三位一体になっていたことから伺えます。

この三位一体の制度を利用して巨大化したのが「多国籍企業」ということになります。
資本の権力とは、皮を剥いで行くと、この多国籍企業なる核に行き着きます。

当初は欧米間の貿易問題を解決する趣意であったGATTが、日本の経済成長や韓国、東南アジアの躍進によって、それも取り込む為に、その都度交渉の場を広げる「ラウンド」が何度も開かれ、、米ソ冷戦が終わり特にそれが米一極主義の為のものであることを後進国が認識し始めたのが、94年のウルグアイラウンドからでした。

その時の米大統領はクリントン。米国産農産物、肉類を有利に世界に売り込む戦略を取り、WTOで農業問題が大きな議題に上ったのは、ここからでした。その前に多国籍巨大食糧企業であるカーギル社から、レーガン政権の農務政務次官としてダニエル・アムスッタフが送り込まれており、そしてモンサントと関係が深いカークがクリントン政権の米通商代表に任命されておりました。

EUも米戦略に気がつき、ドーハラウンドでは、農産物関税引き下げに一貫して反対、08年のジュネーブ・ドーハラウンドでは、元経済再生相兼TPP担当相の甘利が代表で出席、世界の反対を押し切って議長案による重要農産物残存は6%しか認めないとする方針に限りなく妥協し、8%まで譲歩すると言いだしておりました。

WTOが米一極支配の自由貿易であることに気がついた世界は、ラウンド開催場所ですごいデモを繰り広げ、99年のシアトルでの暴動に近いデモが記憶に残ります。そして03年のメキシコ会議では、韓国のイ・ヘンギョさんが韓国農業の崩壊を楯に現地で自殺。05年には香港でこれも暴動に近い反グローバリゼイションのデモ・・・

我が国では01年に反グロ団体が渋谷のマックやスターバックスの前で多国籍企業排除のシュプレヒコールを繰りかえすなど、生活感覚からの反対運動もありましたが、WTOが途上国やEUの反対で下火となり、それが小型化されたTPPであるが故に認識が薄くなって、当時の大きな反グロ運動とは比較にもならない。

そして国民が選んだ政権が、国内生活よりも多国籍企業の生存に、どうしても力を上げたい、国内にウソをついてでもそれを成し遂げたい、それが目下の光景であります。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.201 )
日時: 2013/04/24 12:23:51
名前: イントィッション

今、NHKの昼のニュースで、農業用地を国が買い上げ、積極的で効率的に運用していく農業をやる人にその土地を貸していく! と、なななんと、あの経団連の米倉が発言したので。。。

 はは〜。。。 東京の銀座に本社がある、茨城に研究所があるあのモ○○○トという会社に特に貸すつもりかな〜。。。 と、既得権の多国籍企業の1部ですからね〜。。。 

 またまた、遺伝子組み換えだらけになるのではないでしょうか!?!

それにも加え、今度は鳥インフルエンザの話!
中国で、100人以上の人が発症し、22名ほどが亡くなっているので、世界的に大流行があるかもしれません! という煽りようの情報。。。

え? 確か10年ほど前の朝鮮総連を買った池口坊主の義兄弟の小泉政権の時、サーズというのが流行って、東南アジアのほうに感染が拡大し、病院で労働していた人たちが亡くなった! という大騒ぎの情報があり、その予防の薬が、日本でものすご〜く高く売られた! という話、日本で感染した人実際、存在したのかはっきり覚えていませんが、ま〜ブタインフルエンザも人と猿が合体してできたアフリカで流行している病原体も、確か、神戸からはじまっていますね〜。。。 
N1?6型とか、野鳥と鶏が合体してできた病原菌って、その病原菌が発生する前から、多国籍企業研究所で型が決まっているんでしょうね〜。。。
サーズとやらは、どこへ消えて行ったんでしょうか??? (苦笑。。。

そうそう、サーズのワクチン、確か、日本にゆにゅうして、1つに付き10万円だったかで売られていましたね〜。。。 数十万個だったか。。。
ワクチンって賞味期限があるんですよね〜。。。病原体は生ものですから。。。あれ買った人今も持っているんでしょうか〜??? (笑いすぎてお腹がいたい。。。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.202 )
日時: 2013/04/24 16:03:30
名前: 天橋立の愚痴人間

>今、NHKの昼のニュースで、農業用地を国が買い上げ、積極的で効率的に運用していく農業をやる人にその土地を貸していく! と、なななんと、あの経団連の米倉が発言したので。。。

聞き捨てならぬ事を聞きました。

我が国では、農業の担い手がなく、困っています。
食料の自給と言う為に、職を失っている若者たちに、農業に従事することを奨励し、転職の為の支援の施策を講じるべきです。

農業では、収入の面では十分ではないとしても、自然と共に生きる楽しみが、幸せをもたらすことでしょう。
そういう生き方を選ぶ人も出てくるでしょう。

しかしながら、安易に農業と言っても実際は経験が必要で生活を維持できるようになるのは大変です。
そのためには、3年くらいは生活の保証もし、農地も散水、排水、肥料の散布がしやすいような農地を提供してやるくらいまでの施策を行なうべきであります。

私が言っています公共事業とは、このような基盤整備のものであり、其れによって国民の生活が安定できる事業をする事です。
これは、決して税金の無駄使いではなく、長期的な財源の確保が出来ればすぐにでも実行に移すべき政策です。
小沢氏が農家の個別保証を言いだしたのも、これに連なる大きな構想に基づいているものと思っていました。

TPPなどで、農地が外国資本や、国内の大手資本の傘下に入ってしまえば、出来ることも出来なくなります。

現在の競走ばかりが目に入り、将来像を描けない、クソ政治屋共にうんざりです。
こうして、ずるずると堕ちて行くのでしょうね。


我が国は!
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.203 )
日時: 2013/04/24 18:11:54
名前: 大規模農業化・・・満天下有人

あはは、イントちゃん、米倉クソジジイの言う事に驚くことはありません、ジジイのあだ名は既に「モンサント米倉」ですからね(笑)、テメエの母体である住友化学はモンサントの代理店のようなもので、要するに農業の大規模化によってモンサントの一代限り種子ラウンドアップレデイと、育成を阻害しないラウンドアップが売れればそれで良いだけの目論見です。但し、そういうことをヌケヌケと言う人物が国を未だに差配していることは、驚くばかりです。

イントちゃんも投稿していたメコンデルタでのコメの収穫を飛躍させたモンサントの種子、逆に害虫を繁殖させて大損害、インドでは綿の種子をローンで買い入れた農家が、収穫不良でおまけに土壌まで汚染されてしまい、20万人にも上る自殺者が出てしまいました。

・・・まあ、一歩譲って、モンサントを我が国が規制出来た上で、いくら農業を大規模化させたところで、米豪加の広大な農地面積には、コスト面で太刀打ちできる筈もありません。アキタコマチと品質的に遜色が無くなっているカリフオルニア米でも、相場価格は1/10です。いくら大規模化しても追い付けません。そして大規模化とは要するに人手は不要と言うことですから、雇用面での効果もありません。

そこで林芳正農水大臣が、価格競争でないコメの輸出を叫ぶのです(笑)、つまり海外で人気が高まっている日本食には日本米しか合わない、そここでコメの輸出が増えると言う子供程度の発想です。

我が国での稲作は、この国の文化文明の基でした。善悪は別にして、悪く言えば「ムラ社会」を作ってしまいましたが、この国の共同体の礎を築いて来ました。そのことが自由を束縛する悪い社会だから全てを解放しようとする施政者達は、では別の良い事は何ですかと問うても、良いことの答えは何もありません。

正規社員まで非正規化するような政治の有り様を見ていると、要するに国を放浪でもさせないと自由は得られないとでも思っているのか・・・

何度も言いますが食糧の自己確保は、重要な国の安全保障です。日米同盟が、あるいはTPPが自国そっちのけで食糧を供給してくれるなど、到底思えませんね・・・それを競争の場に晒し、そしてコスト競争力を付けるにはどうすべきかなどと、施政者達の本質もわきまえない本末転倒の議論に口角泡を飛ばす様は、亡国への道を確実に歩いている以外の何物でも無い。

・・市長地方選での相次ぐ自民敗退に一抹の安堵感はあるものの、しかし受け皿である野党のテイタラクでは、今夏の参院選でも国民はまた自民党を選び、結局はシンゾー達の思う壺になることでしょう、TPP反対が国民運動にでもならない限り・・・

TPPにのめり込む政治で、地方のことまで競争に晒すことになり、そして一方で地方主権を唱えるのですから、あほらしくて歌でも歌っていないと、やり切れない気分になります(笑)。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.204 )
日時: 2013/04/24 21:31:19
名前: 常時武主

君よ、言う事を止めよ!

最早、政治に於いて正識は消え去り、経済に於いて公益は滅びたり。

民は皆、座して死を待つばかり也。

これ全て、自業自得也。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.205 )
日時: 2013/04/24 22:15:01
名前: 天橋立の愚痴人間

常時武主 さん

>最早、政治に於いて正識は消え去り、経済に於いて公益は滅びたり。

>民は皆、座して死を待つばかり也。

>これ全て、自業自得也。

これは、十分過ぎるほど、理解できる

ですが、

>君よ、言う事を止めよ!

とは!

どのような意味で、仰られているのですか。

まさか、

掲示板を封鎖せよとでも!

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.206 )
日時: 2013/04/25 07:04:19
名前: 常時武主

>言う事を止めよ! とは、

左様に思う程 日本国指導層は絶望的に腐り切った! と言うこと也。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.207 )
日時: 2013/04/25 08:17:15
名前: イントィッション

>何度も言いますが食糧の自己確保は、重要な国の安全保障です。日米同盟が、あるいはTPPが自国そっちのけで食糧を供給してくれるなど、到底思えませんね・・・

どころか、ユダ菌は、自分の利益だけを強引に求めてる悪魔企業隊ですから、餓死しようが、核を地球上にばら撒こうが、どうでもよくて、自分さえ良ければよいんです。 どこかに人口削減計画:NWOまでネットに出回っておりますから。。。 そして、そういうものに加担しているのが、、

   ★特に財務官僚、
   ★モンサント米倉企業団体、
   ★統一教会安倍北朝鮮人脈、創価、幸福の党詐欺団体、
   ★オウム石原軍団、
   ★橋の下・前原部落解放同盟、
   ★朝鮮総連池口坊主ヤクザ小泉と清話会
   
     あっと、もう一組忘れるところでした〜。。。
   ★在日野ブタ・福島原発在日空き菅

     あっと、これは大きい、社会全体に妄想を植え付けさせる。。。
   ★在日朝鮮会長が存在する電通とその傘下メディア+NHK

 ★★★そして、このクズ連中が、国民一人一人にナンバーを付けて、ロボット扱いしようとしています。。。
 どうなるか! と申しますと。。。

 4月15日のボストンマラソンの爆弾テロですが、ジム・ストーンさんの解説です。。。

   ttp://www.jimstonefreelance.com/

 つまり、本当の犯人は、FBIのメンバー3人である!(白いズボンと紺色のシャツと黒の帽子)
 証拠は、この3人は大きなバックパックを抱えていました。。。
     ところが、爆発の後、この3人逃げているのですが、バックパックはありません!!!
     どこへ消えたのか???
     そして、3人の黒い帽子の前に白い骸骨のマークがついています!!!
      (これは多分、ブッシュ関連のスカルス&ボーン悪魔団体のマークだと思われます)

     そして、このテロをやる前から、周到に犯人を仕立て上げていた!!! と思われます!!!

     なぜ、そんなことができるのか???
    テレビで妄想を植え付けられる日本人にはほとんど知る人は存在しないと思いますが。。。
    ソーシャル セキュリティ ナンバーから、犯人を仕立て上げたんでしょう。。。

    このソーシャル セキュリティ ナンバーには、(ワシントンD・Cのゲートキーパープログラムがありまして、そこから入り込んでいくと、 このソーシャル セキュリティ ナンバーを見ることができます!

    つまり、アメリカ人、一人一人の個人情報以上のプライバシーがそこに存在するのです!!!

     ●どこから来た移民か! アメリカ生まれか! 人種は!

     ●親の名前は! 宗教は!

     ●どこに住んでいるか!

     ●学歴は! どのような仕事をしているか! どのような資格があるか!

     ●免許証をもっているか、いなか! 身長 体重! 顔写真!

     ●今までかかった医療機関は! どのような薬を投与しているか! 手術をしたことがあるか!

     ●どこの銀行に預金がどれだけあるか!

     ●土地は所有しているか!

     ●犯罪歴はあるか、いなか!

     ●ピストルを所持しているか、いなか!

     ●外国へ行くかいなか!

     など、全てゲートキーパーのコンピューター一つで調べることができるんです!!!

      だから、ハーバードの医学生で、毎年ボストンマラソンに参加し、それもチェチェン出身で、ピストルを所持している!(今、ほとんどのアメリカ人が所持しています!)

     特に、紛争などにかかわりのある人や中東に長く滞在したなどというのは、かっこうの犯罪者に仕立て上げる鴨になるでしょう!!! 

     本当の犯罪者は、ワシントンD.Cでゲートキーパープログラムに容易に入り込んでいくユダ菌のCIAやFBIのものどもです。。。 (CIAとFBIの違いは、CIAは国際部でFBIは国内部です。。。)

     あ〜ぁ、こんなものの手下の日本のカルト宗教団体が、日本人に一人一人背番号を付けて監視する!というのですから、たまったものではありません!!!

そう言えば、公明党の太田が、また中国に行くらしいんですが、公明党としていくのではなく、創価としていくんでしょう。。。 地下銀行の財源を保つために。。。
そう言えば、太田は3年前の選挙で落選したんですよね〜。。。 また復活ですかぁ? この人、絶対に不正選挙やってますね〜。。。 ★の人たちは不正選挙しているでしょう。。。 不正をやっている市町村とやっていない市町村があると思われます。。。 

     

      
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.208 )
日時: 2013/04/25 11:01:17
名前: 天橋立の愚痴人間

常時武主 さん

こんにちは。

常に投稿している私たちも、本当の考え方を論じる火を消したくないと言う思いから、無力感に苛まされながらも、やっています。

貴方も同じことでしょうが、愚痴でも良いので参加してくださることを願います。

其れにしても、もう少し若い人が興味を持ってくれれば良いのですが。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.209 )
日時: 2013/04/25 18:33:43
名前: 君知りたもうことなかれ・・・満天下有人

・・・与謝野晶子が弟の出征に際して詠んだ有名な句に、「君死にたもうことなかれ」と言うのがありました。親は人を殺し、自分も殺される戦争の為にこれまで育てて来たのではないと言う思いを、姉の晶子がしたためた句である・・・

これを少しもじって、世にはこびる見え透いた騙しの施政、一々それを言ってるとウンザリする気分に襲われ、逆に不快感が増して来る・・・

むしろ何も知らずに居た方が良いと思えば、「君知りたもうことなかれ」なる変句が浮かびます。

常時武主さんの「君よ、言うことを止めよ!」との心情は、もう何もかも分かっている、それを一々言ってどうする、聞くだけ不愉快だといったような心情でありましょう、知らない方が良いと言う意味で「君知りたもうことなかれ」に通じる警句であろうと推察申し上げます。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.210 )
日時: 2013/04/25 19:12:20
名前: 常時武主

然り ! その通り ! 

「言う事を止めよ!」 の次に来る言葉は、 賢明な諸兄にはお判りと思う。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.211 )
日時: 2013/04/25 19:23:30
名前: 天橋立の愚痴人間

御両者による、随分と奥深い問答となりました。

恐れ入りました。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.212 )
日時: 2013/04/25 19:36:45
名前: Re:君知りたもうことなかれ・・満天下有

橋立さん、経験を積まれた人なら、もう聞き飽きた気分にもなります、でも、大勢はまだまだほんとのことが分かっていないのが実情でしょう。

余りにもノー天気な世情に対し、モノ言いたくなるのも人情と言うものです。ほんとに分かっている層がマジョリテイを占めているなら、何もいう事もありません。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.213 )
日時: 2013/04/25 20:18:12
名前: 天橋立の愚痴人間

この上は、たとえ1本の葦であっても(パスカル)

底辺に身を置いて、人々の声をまとめて行く使命を感ず。

とは言っても、年を取り、体力に自信なく、経済的な余裕もない・・・。

否、否、それも革命家としては、ただの言い訳けに過ぎず。

先人達の前に、口舌の徒であることを恥ず。

昔、核マルを名乗った連中も、一部はドヤ街で生き続けるも、

悲しいかな、理念が通用しない。

新しい社会の礎となるべき勇士が現れる事を願いつつ、

ままならぬ我が身、情けなき我が身を悔やみつつ

私は只の愚痴人間。





メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.214 )
日時: 2013/04/26 13:00:52
名前: イントィッション

これが、TVの漫画でお目見えする日を楽しみに待ちましょう!!!
TVの放送に出してほしいのですが。。。
誰か、電通にでも頼みましょうか? 。。。。。。。。。。
   ↓

ttp://www.youtube.com/watch?v=UJfmtSVflek

ところで、アンパンマンなんておもしろくもないマンガず〜っとでてますけど。。。

よほどお化けのQちゃんのほうがおもしろかったのに。。。

確か2002年ごろまではやってたと思うのですが、小泉になってから急に変わった?

アメリカの星がついた、いつも嫌がらせしかやらないドロンパ!

そして、あんまりにもお人よしの日本のお化けQちゃん。。。

なぜかドロンパは、Qちゃんの妹のピーコちゃんに恋してるW。。。

なんででないんですかぁ? Qちゃん、サーズにでもなったかなぁ〜(苦笑。。。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.215 )
日時: 2013/04/26 13:57:01
名前: 満天下有人

この連中の巣窟、CSISで麻生は、次は水道事業を民営化しますと言うのだから、もう果てしないユダ菌貢ぎですね。

世銀と組んだベクテルが、南米ボリビアの水道事業を民営化させ、水道代を一挙に2倍に引き上げて暴動まで起こりました。マニラでは世銀の融資に頼る政府に、水道事業の民営化を迫り、これを受けた水多国籍企業・フランスのオデオンがマニラッドなる民営化企業を立ち上げて、水道代払えぬ貧民街の蛇口を締めて、暴動が発生、もう至る所で民営化反対のノロシが上がっている。

麻生の水道事業民営化発言で、アメリカで一番喜んだのはベクテルでしょう。我が国でも水道事業技術では荏原製作所、東芝とか色々ありますが、TPPに加盟すると日本っ単独事業には出来ない、ベクテルにも門戸を開放することになります。

・・・しかし、水は人間にとっての最低の基本財であり、最も公共性が高いものなのに、そうであるから世界中で民営化反対運動が起っているのに、そんなことはお構い無しにノウノウと民営化すると言うのだから、もう背筋が冷たくなります。

そのアメリカでさえ、南カリフオルニアで民営化猛反対の市民投票まで行われていたのに、我が国政府のトップの頭は、いよいよ狂っているとしか思えません。ユダ菌どもの本質は既に分かっていても、どうすることも出来ない話です、資本主義が行き詰まらない限り・・・問題は、それに迎合する気違いどもにあります。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.216 )
日時: 2013/04/26 16:52:40
名前: イントィッション

シリアのニュースなのですが、
  ↓
シリアが化学兵器使用の可能性=小規模のサリンと分析―米政府 時事通信 4月26日(金)1時2分配信 (中略) オバマ大統領は化学兵器の使用をレッドライン(越えてはならない一線)と警告してきた。オバマ政権はこれまで、反体制派には軍事支援を行わず、人道支援にとどめてきた。化学兵器使用が最終的に確認されれば、軍事支援・介入に乗り出す可能性もある。

というニュースが流れていたのですが、オバマ大統領は、イラクやアフガン戦争で、疲れ切ったアメリカ国民の賛同が少ないことや、(猛反対なんでしょう!!! 本当のテロリストはアメリカの金持ちなんだから、そんな悪魔の人間どもに加担して、戦争など行って、自分の命を粗末にしたくない! のが真実でしょう!!!)戦争に費やすお金も無いので断念しました! と、ラジオのNHKで流れていました。。。

日本のメディアは、今やラジオでさえもアメリカを中心とした情報ばかり流して、自民党なんて、本当に古い!

あのモンサント米倉の爺の顔もあまりの古さの表情がよくでています〜。。。

麻生は、ギャングだから、日本から出て行ってもらったほうが、国民のためでしょう!!!
ベクテルなんて、無視しなければいけません!!!

しかし、遺伝子組み換えと言い、水のテロ事業と言い、この時期にいったい雷と突然の黒い雲といい、変なことばかり起こりますね〜。。。

今日は、アメリカの〜証券会社に日本の7800人分の1000億円以上の詐欺にあったようです。。。
まだ株、株、と言っているカビの生えた連中が存在して、自民党に投票したような連中でしょう。。。
その頭の中もカビが生えて、

 ★日本がモンサントの害虫だらけになり、
 ★日本がベクテルの水事業で、水道代が3倍にも跳ね上がり、
 ★日本人が遺伝子組み換えを食べすぎで、アレルギーやがんを発症する数が今の10倍になり、
 ★医療費が、ど〜んと跳ね上がり、歯医者も行けなくなる状態になり、
 ★個人経営の医療機関がドンドン破綻していき、
 ★ジェネリックなどの安い医薬品が買えなくなり、
 ★日本の国産の種を植えようとしても、土壌が汚染されて、苗が育たなくなり、
 ★失業者があふれ、外食産業やコンビニのせいで、餓死者が大量にでて、

 その前に、金融緩和しすぎで、日本の経済破綻で、明日銀行に行ったら、どこも閉まっている状態で、
  食料品が買えなくならないと、阿呆のB層どもは理解できない!!!

 大変なことになることも気がつかない馬鹿が多すぎるのには、怒りがこみ上げてきます!!!
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.217 )
日時: 2013/04/26 19:03:48
名前: 満天下有人

・・・ユダ菌に
     1300億円の
カビ菌植えられて・・・
        
あっはっは、米ネバダ州のMRIインターナショナルとか言う投資会社に騙されて失った日本人資産が1300億円・・・こちらでは野村証券OBたちによるAIJに年金基金が騙されてと・・・国内で騙されるくらいですから、外の詐欺師たちにとっては、こんな甘ちゃんを騙すのは、たやすいことでしょう。宇宙飛行士の毛利さんや歌舞伎役者を宣伝に使えば、有名人好きの日本人をコロッと騙すことは訳もないことでしょう。

政府からして、国内では国民を簡単に騙し、外では簡単に騙しに乗ってしまうくらいだし、ユダ菌+ジャパンハンドラーズたちにとっては、もう美味しいものだらけのニッポン。

更に美味しいものとして、今日はハンバーガーチエーンのウエンデイズ宣伝に、米大使自らが出動、ともだちバーガーの販売に一役買っておりましたね(笑)、味噌ねぎ味のバーガーで、より日米文化を接近させたい、もっとオトモダチになりたいと。

これはマックに象徴される米文化の凋落を側面的に支援する運動かな?、日本を軸にしてアメリカの凋落を穴埋めさせる行動は、あちこちで見れます。安倍の外債フアンド50兆円による米国債買いもそうだし、TPPもそうでしょう。

極め付きのアメリカよいしょ行動は、25日のジュネーブ核拡散防止会議での安倍内閣の反対に象徴されるでしょう。70カ国が拡散反対の声明を出すに際し、日本だけが反対、スイスが最後まで説得したようですが、安倍内閣は拡散反対に賛成しないただ一つだけの国になってしまいました。

理由は、アメリカの核の傘の中に居る以上、北朝鮮が暴発した時に、アメリカが核を使用できないでは困ると言うことのようです。これでは広島、長崎への原爆投下も正当なものであったと認めることになる・・・どこまでも自国国民を虐げて、どこかに貢いで、どうかよろしくお願いしますと言うだけの政府及び政党、これが他国のことではなく、正にこの国で愈々加速されている有り様ですね・・・

・・・麻生副総理のヤクザ紛いの肩を怒らしてのフテブテしい国会答弁を見ても、既に国民は自分たちの政府によって、挑戦状を突きつけられている光景なのだが、参院選では、どのような反応を示すでしょうか、有権者は・・・。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.218 )
日時: 2013/04/27 20:08:44
名前: 常時武主

欲望の赴くところ、必ず晴眼濁り。

晴眼濁れば、即ち陥穽見えず。

賢しらに富を追えば、愚者の無為にも劣る愚行を為す。

斯くの如き蒙昧なる者は救うべからず。

放置すべし。 天罰、天罰、
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.219 )
日時: 2013/04/27 20:28:51
名前: 満天下有人

人は天罰を待って生きるに非ず。

ならぬは、人の為さぬなりけり。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.220 )
日時: 2013/04/28 07:42:27
名前: イントィッション

おはようございます。。。

生活の党と緑の風と社民党が参院選で選挙協力するそうです。。。
 ↓
  ttp://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/

今日の山口の選挙、興味津々です。。。

自民党が推薦した前市長は、生活の党が応援した現在の市長にボロ負けしました! ヤホ〜!

そしてボロ負けした前市長が、また自民党候補として選挙戦やります。。。

でもNHKの朝のニュースでその話を発言していましたので、不正選挙やるかもしれません!!!

選挙結果を割り出す機械をつくったムサシも株で、ジャブジャブ儲かっておりまっさかいに〜。。。

しかし、TVのアメリカにお金を貢ぐ誘導の放送は、自由報道がほとんどありません!!!

嘘八百の軍国主義のようです!!! 

いくらアメリカがお金に困っているからといって、身から出たサビを、自民党や維新の会が、そのサビをいくら削っても削っても、後から後からサビついてくるのに。。。

そして財務官僚どもは今まで、自分たちが貰い放題にしてきた国民の血税を、官僚が使ってしまった!ことを、また計算間違いしてきた!ことを隠すために、アメリカのせいにすればよいのですから。。。 まったく勉強エリートというものは昔から、他人のせいにすることが、自分の利権だと信じ込んでいますから。。。

もう一つ、経団連のモンサント原発米倉は、もう頭の中がカビだらけで、株価上昇と遺伝子組み換えと放射能汚染しか知らないようです!!!  あの体、食生活がいかに悪いものを食べているか、よく理解できます。。。

パナソニックも株価が上昇して黒地に転んだが、肝心の基本がしっかりしていないことには、元の木阿弥です。。。

そして、やはり国民の“精神”が豊かにならないと、企業は儲からない! ということを理解していないんでしょう。。。

アメリカに、金をやっても、あいつらは、食生活がボロボロで、チーズの中にマカロニだけ浮いている大皿や、最近日本でも流行っているシザーズサラダなんて、アメリカでは巨大な茎がついた葉っぱが切らずに3本入っていて、その上にクリームチーズが浮いている大皿ぐらいが、基本の食事! そして、子供たちのお菓子といえば、本当にきばつな色がいっぱいついている、歯で噛むと太いゴムを噛んでいるようなもので、味が無い! 
アメリカの子供のころからの食生活が、頭脳に悪い影響を及ぼす!
だから、消費と節約のコントロールもできなく、現代の社会の中で、現代的に政治を適応させることも知らない!!!
ただただ、中世の戦争を、いまだしかけているだけ!!!

つまり、ドイツで隠れユダヤ人のヒットラーに戦争をやらせたのと同様に、今、北朝鮮人脈のマイノリティの安倍シンゾーに戦争をやらせることをしかけているんでしょう!!!

TVはどうにかならないのか???
しかし、急に変だな? という人が増えてきたみたいなんですが。。。
なるようにしかならない! と言っている人も存在します。。。

若者よ! 君たちは政治に関心を持たないと、背番号を付けられて、戦争に行かなければならなくなるぞ〜!!!
それでも政治に無関心で、毎日毎日、おしゃれ! と お笑い番組に注目しているだけか〜!!!
若者よ! 早く気がつかないと、日本のエリートたちと、安倍政権とアメリカのユダ菌に殺されるぞ〜!!!

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.221 )
日時: 2013/04/29 18:32:24
名前: 試される多人種アメリカ・・・満天下有人

人種のルツボ、アメリカ、その多様性を統一する共通の目標を要したのでしょう、自由と正義、それも神の名の下に・・・そして大味なハンバーガーとコーラ飲料で食生活も統一されたのか(笑)。広大な土地では大量生産されたもので統一するのが手っ取り早い。

しかし神の名の下と言うても、多人種のルツボでは、信仰神を統一することは出来ない、歴代大統領が神の名の基にと言う統一精神を高揚する時でも、口が裂けても「キリストの名の下に」とは言はない、言えないのですね・・・多人種であるが故に、特にイスラム出身者も大勢居る訳で、キリスト教の名の下にと言った途端に、内部分裂を起こしてしまう。

人種の差別無く、人間であるなら誰でも自由を謳歌出来るとする自由の国アメリカ、でも自然環境をベースに自然にある民族が長い時間をかけて、一つの文明圏を産んで来たのとは訳が違って、結局の所、人工的に統一国家を創ろうとした無理がいよいよ表面化し始めた、それが今のアメリカと言うことでしょう。

ボストン事件にもその一端が見える、爆破事件の犯人、チエチエンからの移民兄弟の記事を拾い読みすると、市民生活面で周囲から白眼視されることが多かったようで、それを利用してCIAがロシアによるチエチエン弾圧を牽制する目的で、兄弟を利用した。

この一家はイスラム信仰のチエチエンから自由の国アメリカへ移民、兄弟は特に熱烈なイスラム原理主義者でもなかったのに、殺された兄のタルメランは昨年、祖国を訪問してからネットでジハード・聖戦を流し始め、それは反米と言うよりロシアのチエチエン弾圧に向けられたもので、その為にロシアがチエチエン独立運動の危険分子であるとFBIに通報していた事実、それを隠したかったCIAが国内捜査部門のFBIにタルメランを事情聴取するように指示していた。CIAが隠したかった事とは、ロシア・イズヴェスチア誌が報じた、

Tamerlan Tsarnaev was radicalized by the CIA、Tamerlan Tsarnaev attended a workshop sponsored by the CIA-linked Jamestown Foundation, Izvestia reports today.(ウイキペデイア)
の記事で見れるように、このworkshop=研修会=アルカイダ捜査の為にCIAとサウジが共同で裏で創った「コーカサス基金」で、周辺国を圧政するロシア牽制の目的を持っており、その研修会に兄のタルメランが研修を受けていたとするもの・・・勿論CIAが指示して研修を受けていたもの。
イントちゃんがCIAは国際部門の諜報、FBIは国内担当と言ってたように、英国でもMI6は国際部門(女王陛下の007)、MI5は国内担当で、MI6が国際問題でヘマをやった時によくMI5を抱き込んで尻拭いをさせる、CIAとFBIも似たようなもので、縄張り争いが絶えない。

・・・いずれにしても、爆破事件の後すぐにFBIは、群衆に混ざっている兄弟の写真をすぐに公表していた、いくら高捜査能力を持つFBIといえども、犯人特定が早すぎると疑問に思ったけど、やはりFBIが既にCIAから情報を得て事情聴取を行っていたことからして、成程と納得。そしてロシアに裏を知られないようにCIAはツアラナエフ兄弟の兄・タルメランを即殺せよと指示していたと思う。

あの群衆の写真のあちこちにCIAやFBI要員の顔が映っているらしいが、テロ防止の訓練をマラソン会場で行っていたとしても、口実としては綺麗ごとで、何かの事故を起こさせてツアナラエフ兄弟抹殺を狙ったものとする説が有力。

・・・多人種による人工的国家が創られて230年も経って、その多人種の母国までを標的にせねばならないアメリカの宿命を感じる、そしてその限界も・・・ボストン事件の裏には銃規制に本気度を増していたオバマ大統領を牽制する狙いもある由、アメリカの限界とは、軍事産業で成り立てさせよう、軍事産業でしか成り立たない国家本質にある。

安倍シンゾーよ、それでも追随して行くのか・・・。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.222 )
日時: 2013/04/30 15:32:46
名前: イントィッション

ttp://apps.washingtonpost.com/national/fallen/

6,648 U.S. service members have died in Operation Iraqi Freedom and Operation Enduring Freedom


ttp://www.globalfirepower.com/country-military-strength-detail.asp?country_id=United-States-of-America

active frontline personal: 147万7696人

ttp://us-military-branches.findthedata.org/q/1/2405/How-many-active-personnel-does-the-US-Military-Branch-Army-have

active personal: 20万5千人

ttp://www.huffingtonpost.com/2012/11/07/iraq-afghanistan-amputees_n_2089911.html

★5,225 American military personnel have been killed in action in Afghanistan or Iraq.
★more than 1,500 Americans have lost a leg or arm in combat in Iraq or Afghanistan,
★the wounded toll stood at 50,159, according to Defense Department data.
★Because so many of the wounded are in their early 20s, they and their families face a lifetime during which the medical care required may be costly, intense and constant.
★According to a 10-month investigation by The Huffington Post, more than 16,000 Americans have been taken from the battlefield with severe, disabling wounds
★Overall, 253,330 servicemen and women have suffered traumatic brain injury on the battlefield or elsewhere, including 3,949 with penetrating head wounds and 44,610 with severe or moderate brain injury.
★In the Army alone, 73,674 soldiers have been diagnosed with post-traumatic stress disorder
★The Army also has diagnosed 30,480 soldiers who returned from combat with traumatic brain injury,
★1,572 patients with major limb amputations, including 486 wounded troops with multiple amputations

2月27日だったかにシカゴで数千人のアメリカのアフガンやイラクからの帰還兵がデモを起こして、「価値のない悪魔の」勲章を投げ捨てました。 

それで、今現在、どれだけの兵隊が、コンバット可能か、調べてみました。
 ま〜、すごい数の人が、

死亡、手足の切断:2千人、
精神的や脳のダメージ:7万人、
1日につき2012年で22人が自殺している。:22×365=8030人
戦地で死亡:6千人
だいたい、25万3千人以上がなんらかの脳のダメージを受けております。。。
“かわいそうに、まだほとんどの人が20代前半なのに。。。” 

さて、全人口からなると、兵役に値する人口は148万人ほどですが、実用ができるのは、(何年の調査かわかりませんが。)たったの20万5千人。

25万人以上がイラクやアフガンから戦えない兵隊から人になり、実用は20万5千人で、兵隊さんの人数足りますか???

石原爺よ! 石破壊よ! 日米強化して、憲法改悪して、アメリカの軍需産業のりえきのだけのために、日本の若者を兵役の義務に処し、日中戦争を起こして、アメリカの協力してもらう??? そんな兵士、アメリカに存在するんですかぁ???
シリアの件も、オバマ大統領が、経済的な問題もあるので直接戦わないと断言しました!

安倍内閣よ! 安倍シンゾーよ! お前は、まるで車に乗ってヒットラーのような恰好をして、(笑い転げた!)見せても、もう古いよ! 化石!
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.223 )
日時: 2013/04/30 21:39:53
名前: 満天下有人

その手足を失って身体不自由になった兵士約5万人、そのうちの多数が20代前半ですから痛たましい限りです。家族の生活も、その世話で犠牲になる。

クリントン政権で経済諮問委員会の議長を務めたステイグリッツ博士が、世界を不幸にする戦争経済で、イラクとアフガンで捨てた戦費は約300兆円で、これとは別にあの湾岸戦争で負傷や精神異常を来した兵士に対するアフターケアだけでも年4千300億円を払い、これにイラク戦の分を加えると毎年1兆円は下らない。

予算枠を維持する為にベトナム戦での恩給を打ち切って穴埋めするとか、粉飾決算があって実態が掴めないそうです。オカネで済めば良いと言うものでもなく、PTSD精神的圧迫感は相当なものでしょう。

アメリカがいつまでもこんな状態に耐え得る筈がありません。これもアメリカ没落の大きな要因になって来る、いや既になってしまっているでしょう。下院の軍事委員会が先週、沖縄からグアムへの移転について、予算の都合上、先送りする決定を出したようです。

これで米軍は沖縄に居座ることになる・・・先週28日にシンゾーは天皇、皇后陛下を迎えて、サンフランシスコ講和条約の日を、主権回復の日とする式典を催しました。その日に沖縄では、沖縄切り捨ての日であるとして大規模抗議集会を開いています。

1952年4月28日に発効した平和条約、その日は同時に米軍が我が国に駐留することも決めた日米地位協定も発効した日です。沖縄が、本土から切り離された日を、主権回復の日とすることに怒るのも当然ですね。アメリカの良識的言語学者で自国を一貫して批判しているノーム・チョムスキー教授など、もう沖縄は日本から自発的に分離して台湾と一緒になった方が良いと、極限に近い発言を琉球新聞の対談で言っておりました。

あの主権回復の日式典に出席された天皇が、シンゾーの演説を聞かれる表情からは、複雑で厳しいものを感じました。首相よ、それで良いのか?というような表情に見えました。天皇を元首にするとのシンゾー憲法改正案、戦争責任の贖罪として戦後は一貫して象徴として行動されて来た陛下には、別の想いがあるやに感じました。象徴のままで良いのではないか・・・若造シンゾーなどより天皇家の方が余程、天皇を担いで戦争に走った岸信介や他の連中の実態、そして憲法を制定したGHQとの張り取りの真実を知っておられる筈で、そういう真実も重なって複雑な思いでシンゾーの演説を聞かれたことでしょう。

・・・シンゾーなんぞ、戦車に乗ったではなく、乳母車に乗ったヒトラーのようなものです。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.224 )
日時: 2013/05/01 13:10:22
名前: イントィッション

>・・・シンゾーなんぞ、戦車に乗ったではなく、乳母車に乗ったヒトラーのようなものです。
   ↓
これですねぇ。。。

ttp://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/008/181/20/N000/000/008/136713581604813205593.png

 付け加えで、これも。。。
   ↓
 ttp://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/008/181/20/N000/000/008/136713586572913111663.JPG

 これも
   ttp://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/008/181/20/N000/000/008/136714554550813212325_bsy.png

 もひとつ。。。
 ↓
 ttp://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/008/181/20/N000/000/008/136714581302413119329_bsy4.png

お笑いにも、なりましぇん。。。

そして、今のメディアは事実を話さない軍国主義のようです。。。

昨日の夜のNHKのニュースなどは、韓国と米軍の共同軍事演習の様子のシーンと、北朝鮮の軍事演習のシーンを同時にだしていました。。。

韓国と米軍の軍事演習って、本当にやっているんでしょうかぁ??? リーダーにとって、映画を造っているような気でいるのでは?

北朝鮮にしても、どうしてあんな風景がTVでお目見えできるのかは、疑い深いもんです。。。

そして、キャリフォルニアで日米が軍事演習なんて発言していますが、米国の軍人は、ハリウッドの役で演出するだけではないのでしょうか???

もう軍事演習にしてもアメリカの軍事費ではとてもできないでしょうし、本当にアメリカ兵は今存在するのか? デモもありましたし。。。

シリアで爆弾テロがあっても、オバマは軍事介入できませんしね〜。。。

ヒットラー気取りの阿呆が乳母車に乗って日本に長期滞在していますぅ。。。

そのまんま、おかーちゃんの居酒屋に突っ込んでください!!!

おかーちゃんに相当叱られますから〜(苦笑。。。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.225 )
日時: 2013/05/01 18:34:40
名前: 満天下有人

シンゾーが乗ると、戦車もオモチャの戦車に見えます(笑)。

主権回復の日と言いながら、一方で小野寺防衛相はお決まりの連休アメリカ詣、そしてオスプレイ12機追加配備を易々と合意。

首相は沖縄に配慮すると言いながら、実際には米隷属。したたかプーチンには手玉に取られ、北方問題でもどうせロシアの思惑に沿うことでしょう。今度はロシアに貢か(笑)。オカネいくらあっても足りません。日銀印刷機はフル稼働させて、その利息は国民負担。経済成長でカバーし切れる話では無くなる・・・そうか、消費税増税25%の手があるか!

民間は民間で、何やら丸紅が経産省の思惑とは別に、ロシア最大のガスプロムとJVに走り出すし、てんでバラバラ、一体全体、どうなっていることやら。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.226 )
日時: 2013/05/02 00:07:29
名前: 天橋立の愚痴人間

 ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。淀みに浮ぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたる例(ためし)なし。世の中にある人と、栖(すみか)とまたかくのごとし。
 
 たましきの都のうちに、棟を並べ、甍(いらか)を争へる、高き、いやしき、人の住ひは、世々を経て尽きせぬものなれど、これをまことかと尋ねれば、昔ありし家は稀(まれ)なり。或は去年(こぞ)焼けて、今年作れり。或は大家(おほいへ)亡びて小家(こいへ)となる。住む人もこれに同じ。所も変らず、人も多かれど、いにしへ見し人は、二三十人が中(うち)に、わづかにひとりふたりなり。朝(あした)に死に、夕(ゆふべ)に生るるならひ、ただ水の泡にぞ似たりける。

(中略)

 これによりて、国々の民、或は地を棄てて境を出で、或は家を忘れて山に住む。さまざまの御祈(おんいのり)はじまりて、なべてならぬ法ども行はるれど、更にそのしるしなし。京のならひ、何わざにつけても、みなもとは、田舎をこそ頼めるに、絶えて上るものなければ、さのみやは操もつくりあへん。念じわびつつ、さまざまの財物、かたはしより捨つるがごとくすれども、更に目見立つる人なし。たまたま換(か)ふるものは、金を軽くし、粟(ぞく)を重くす。乞食(こつじき)、路のほとりに多く、愁(うれ)へ悲しむ声耳に満てり。

前の年、かくの如く辛うじて暮れぬ。明くる年は立ち直るべきかと思ふほどに、あまりさへ疫癘(えきれい)うちそひて、まささまにあとかたなし。世の人みなけいしぬれば、日を経つつきはまりゆくさま、少水(せうすい)の魚(いを)のたとへにかなへり。はてには、笠打ち着、足引き包み、よろしき姿したるもの、ひたすらに家ごと乞ひ歩(あり)く。かくわびしれたるものどもの、歩くかと見れば、すなはち倒れ伏しぬ。築地(ついひぢ)のつら、道のほとりに、飢ゑ死ぬるもののたぐひ、数も知らず。取り捨つるわざも知らねば、くさき香(か)世界にみち満ちて、変りゆくかたちありさま、目も当てられぬこと多かり。いはむや、河原などには、馬・車の行き交ふ道だになし。あやしき賤山(しづやま)がつも力尽きて、薪(たきぎ)さへ乏しくなりゆけば、頼むかたなき人は、自らが家をこぼちて、市に出でて売る。一人が持ちて出でたる価(あたひ)、一日が命にだに及ばずとぞ。あやしき事は、薪の中に、赤き丹(に)着き、箔(はく)など所々に見ゆる木、あひまじはりけるを尋(たづ)ぬれば、すべきかたなきもの、古寺に至りて仏を盗み、堂の物の具を破り取りて、割り砕けるなりけり。濁悪世(ぢょくあくせ)にしも生れ合ひて、かかる心憂きわざをなん見侍りし。

また、いとあはれなる事も侍りき。さりがたき妻(め)・をとこ持ちたるものは、その思ひまさりて深きもの、必ず先立ちて死ぬ。その故は、わが身は次にして、人をいたはしく思ふあひだに、稀々(まれまれ)得たる食ひ物をも、かれに譲るによりてなり。されば、親子あるものは、定まれる事にて、親ぞ先立ちける。また、母の命尽きたるを知らずして、いとけなき子の、なほ乳(ち)を吸ひつつ、臥(ふ)せるなどもありけり。仁和寺(にんなじ)に隆暁法院(りうげうほふいん)といふ人、かくしつつ数も知らず死ぬる事を悲しみて、その首(かうべ)の見ゆるごとに、額(ひたひ)に阿字(あじ)を書きて、縁を結ばしむるわざをなんせられける。人数を知らむとて、四・五両月を数へたりければ、京のうち、一条よりは南、九条より北、京極(きやうごく)よりは西、朱雀(すざく)よりは東の、路(みち)のほとりなる頭、すべて四万二千三百余りなんありける。いはむや、その前後に死ぬるもの多く、また、河原・白河・西の京、もろもろの辺地などを加へていはば、際限もあるべからず。いかにいはんや、七道諸国をや。

(後略)

芥川龍之介の小説「羅生門」は、この時代を題材としている。
平安時代は、律令制度を司ってきた貴族階級の頽廃により、政治は行なわれず、地方の豪族ばかりが勢力を弄び、世界的な規模の転変地変が重なって、庶民の多くは悲壮を極めた生活に追い込まれていた。

現代日本は、まさしく平安朝の様相を呈する前夜となってきている。
世襲によって頽廃した政治の世界は、おのれらの権力争いのみが課題であり、庶民のため、国家のための政治を忘れ、民営化と言う御旗の元で、権力を手中にした資本の亡者共のみが国家を弄び栄華を貪る。

平安時代は、この中から武士と言う階級が革命を起こし、新しい支配体制を作って行ったが、現代社会において、果たして現状を打ち破るものが現れるのであろうか。

少なくとも、腐れ政治屋、官僚共、守銭奴などが、どのように口舌を振るおうとも、社会を変ええる力にはなりえない。

平成の鐘の音は諸行無常を奏でているのである。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.227 )
日時: 2013/05/02 07:26:36
名前: イントィッション

皆さん、おはようございます。。。

今朝の中国のニュースで、安倍偽総理とロシアのプーチン大統領の会談が主な情報でした。。。

日本のニュースでは、10年ぶりの日本の政府の訪問を安倍は次の参院選のためのものと報道されています! というものでした。。。

>民間は民間で、何やら丸紅が経産省の思惑とは別に、ロシア最大のガスプロムとJVに走り出すし、てんでバラバラ、一体全体、どうなっていることやら。

そして、安倍と共に、日本の企業団が120人も会談に出席! 日本の援助でロシアの天然ガスの関連事業をやり、近い将来、ロシアから天然ガスを日本に輸出する! とのこと。。。

北方領土の話では、プーチン大統領は、安倍偽総理に、あなた(安倍)が持っているペーパーの話の内容を書いた人にお伝えください! 60年前となんら変わらないものではなく、現代に応じた北方領土問題の話にしたい! 北方領土には、ロシア人も多く住んでいますから、その人たちの事も考えたい。」と。。。

さすが、プーチン大統領は、安倍偽総理の後ろの裏社会の事をよく理解しているようです。。。
  プーチン大統領と安倍偽総理の記者会見の動画です。
    ↓
 ttp://www.youtube.com/watch?v=wwPCYeeNhkM
 
 さすが、安倍の阿呆さがよく見れます。。。 プーチン大統領、ため息が大変。。。(苦笑。。。
 
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.228 )
日時: 2013/05/02 10:53:05
名前: 満天下有人

武家社会による東国の支配を朝廷が認めたのが1185年、頼朝を正式に征夷大将軍として鎌倉幕府が成立したのが1192年。方丈記が書かれたのが1212年。

武家社会が出現してそれに統治を任せても尚、世が千路に乱れていたのは、未だ統治が及ばなかった朝廷がある京の都、ノー天気な宦官にも似た治世は今の世にも重なるものです。

現代と違って外襲も無かったのに、要するに国内だけで何をどうして良いやら、訳が分からなくなっていた。外襲であった元寇は1274年。

蒙古に支配されてしまった高麗の趙いが、蒙古に対し、日本と外交を持つように進言して、クビライの親書を携えて大宰府まで来たものの、7カ月も滞在して何の返事も無いものだから、変わった国だと思いつつ蒙古と日本の板挟みになって立場が無くなる。

実は朝廷が、何も返事する必要も無い、そんなのほっとけと、18歳の鎌倉幕府の北条時宗にもその方針を伝えていたから、使いの高麗人・趙が訳が分からなくて当然、何だか要領を得ない書簡をもらって帰国。
こちらは何か返事しないと蒙古が攻めて来る予感はあったのでしょう、朝廷や幕府は全国の寺社に「敵国降伏」の祈願を行うように命じ、その指令書が.博多の筥崎宮に今もこの額に入れられて飾られている。
後は神頼みで、事実元寇では神風が吹いて大軍の攻撃から難を逃れた。

ここに一つのヒントがありはしないか、外からアレコレ言われても放っとけば良い、外荻は神頼みにして(笑)内を固める・・・

その内の固め方が、憲法を改正して軍事力だけに頼り、経済は外荻の好きにさせると言うやり方だから、話にならない。そして朝貢外交を繰り広げる。訪露の後サウジに回った安倍は金持ちのサウジに、海賊対策と原油輸送シーレーン確保の費用として20億ドルを拠出。

麻生内閣でIMFに10兆円、その後、菅直人や野ブタ以来、またIMFに東南アジアに、そして今回のアルジェリア対策費にと、米国債買いの外債フアンドまで合計すると既に100兆円の拠出。それを内固めの投資には使わず、原発尻拭いも出来ない。

・・・何も出来ないなら、外荻には太鼓叩いて神頼みにして放っておいた方が、まだ安上がりというものだ(笑)。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.229 )
日時: 2013/05/02 13:23:36
名前: 天橋立の愚痴人間

中国の各王朝がそうであるように、創成期を過ぎれば、独裁政権と言うものは頽廃を重ねやがて滅びるものです。
我が国でも、世襲に継ぐ世襲で活力をなくした貴族政治が平安朝を持って滅びたということでしょう。
そういう意味では、現代の政治家に期待できるものはありません。
小沢でさえも、そういう人間に成り下がっていたと言う事が身にしみて解りました。

一方、我が国には他国と異なる天皇制がありました。
天皇と言う存在に関する我が国にの庶民の思いは特別であり、その畏敬の気持ちは時代の為政者の横暴があっても、ひたすら我慢すると言う特徴があります。

驚く事に、先の大戦の敗戦においても、天皇の責任を指弾する傾向は殆んどなく、却って天皇家を存続させる事により戦後の処理が旨く行くと連合国も認める始末でした。

ことの善し悪しは別にして、こうした天皇制に対する我が国の有り様の中で、平将門の乱は、将門自身が当時の天皇家とは縁を切った国家を作ろうとしたとあります。
後は、後世の織田信長くらいが、其処まで踏み込んだ国体と言うものを考えていたかも知れません。

ですが、鎌倉時代から戦国時代が終わるまでは、百姓一揆なども起きていて、少しは、国民が自立を目指した時代であったと思います。

日本人の大人しい性格については、自然環境など他にも理由はありますが、その中でも「大和魂」にふさわしい民族の心の有り様を、鎌倉時代から戦国時代にかけての歴史に求めようとしています。

それが日本人と信じたいからです。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.230 )
日時: 2013/05/02 18:22:12
名前: 満天下有人

大和の魂も社会構造が変化すると、どうしても変化してしまうのも、止むを得ないことかも知れません。農業を中心に形創られていた共同共生の心も、工業化された資本主義的生産に変化して、労働を売って食わないと魂の維持も出来なくなりました。

国連で食糧問題を専門にしていたレスター・ブラウン博士は、その変化が顕著に見れるのは戦後の日本であるとして、これをジャパン・シンドロームと表現されています。自国生産を減らしてでも輸入し工業化へ向かった現象は、珍しい方向性であると・・・

工業化は金融資本に頼りだし、その金融資本は貨幣が持つ特性を巧みに利用して、結果として魂を分断させてしまいました。原発反対、TPP反対の散発的一揆はあっても、巧妙化された社会矛盾を、総合的に把握しての一揆は起こしにくい構造になってしまっています。

労働力を売ることで生活の再生産をせねばならない構造にあって、個別資本による自由な解雇政策が密かに画策されていても、一揆の一つも起らない、我慢強い国民性と、暴動は恥ずかしいものだとの気質が両輪になっているのかも知れません。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.231 )
日時: 2013/05/03 08:16:57
名前: 憲法記念日(1)・・満天下有人

今日の憲法記念日は、従来とは違う重みを持っている。

言わずと知れた自民党及び安倍政権による憲法改正が現実味を帯び、参院選の争点にも浮上して来たからだ。

TV報道に於ける識者や学者先生たちの論も多くなっているが、改正賛成の論にはただ実務的にアプローチする者が多く、中には唖然とするような浅薄な改正論者が多い事に驚くばかりだ。概ね時代にそぐわないからとか、他国では改正が当たり前のようになっているのに、改正していないのは我が国だけであるとか言うだけで、何故改正が何度も成されているのか、その諸国の事情に目を合わせる論は、皆無である。改正が一番多いのはドイツの57回だが、東西ドイツに分割され、そして統一され、それがEU発足のリーダーの地位になったことによる必然性に対する掘り下げも無い。

そして今の時代に合わないとする論も、具体的に何の何が合わないのか、それを上げる者も居ない。

先ずは改正に対する国民の反応を世論調査を、読売、朝日で見ると、両紙の体質の違いもあるのか(尤も最近の朝日とて似たようなものだが)、かなり様相が違う。

読売:
憲法を改正した方が良い 51% 改正しない方が良い 31%
集団的自衛権の行使 憲法改正して使えるようにする 28%、解釈を変更して使えるようにする27% 合計55%
憲法改正の発議要件96条を変えるべき 42% 変えるべきでないも42%

朝日:(内容には触れず)
96条の国会議員2/3の同意を1/2にハードルを下げる 反対54% 賛成38%

安倍自民党が憲法改正を、憲法の本質論からでなく、手続き論から始めたものだから、憲法全体論と96条問題がごちゃ混ぜになってしまっているのは、当然の混乱であろうか・・・

手続き論から言うなれば、憲法改正の発議は国民が選んだ国会議員によるものであり、国民が多数を選んだ政権与党の自民党が発議のきっかけを作ったことに違法性は無い。誠に初歩的なことで失礼ではあるけど、問題は憲法の精神、一般の法律が国民が守らねばならない縛りであることに対し、憲法は国民が権力を縛ることに本質があるのが、歴史的経験から得られた近代憲法の土台を成している。

何故権力を縛らねばならないかと言うと、国民は国民である前に人間なのである。人間は、本来的に自然に生きているものであり、その自然生存権を土台にして国家の有りようは決められなければならない。古くはアリストテレス、17世紀のホッブスに始り18世紀のルソーに受け継がれた「社会契約説」が、近代憲法思想の土台になっている。

アメリカに押し付けられたかも知れないが、その精神は我が憲法「国民の基本的人権」にも表明されている。そしてそれを権力側が守ることを義務付けているのが、憲法なのである。権力側が国民に守らせる規範では無く、話は逆なのである。

その精神と政権与党が改正したがっている手続き論に絡めて見ると、権力側を縛る目的に照らして見て、改正手続きは厳重にして尚厳重過ぎてもおかしくない。他国の改正手続きも後で紹介するが、極めて厳しい枠がはめられている。その手続きのハードルを2/3から1/2に緩めようとする所に、先ずウサン臭さを嗅ぎ取らねばならない。

確かに国民が選んだ多数与党が改正の発議をすることに違法性は無い。だが議員内閣制度の下では、与党から権力側となる内閣が選ばれる。以前、ギリシャ神話の、入り口と出口に二つの顔を持つヤヌス神の話を紹介させて頂いたことがある。

入り口の顔の口から入ったある物が、お腹の中で変に変わってしまってはいないか、それを出口の顔が確かめて不正義を防止するという謂われなのだが、議員内閣制度では、入り口の口と出口の口が一緒になっており、入り口の口が出口の口を監視する機能がぼやけてしまい、権力を監視する者がその権力の為に、国民をいかようにも規制出来るという、憲法の精神とは正反対に国民に守らせる規範を意図して改正に動く有り様になっている。故に権力がやり易いように本体改正の為に、手続きの改正から始めている。

・・・な〜に、最後は国民投票がある、そこで歯止めを掛ければ良いと思っても、肝心のその国民投票法自体が曖昧として、憲法上でも明確な規定になっていない。、第一次安倍内閣の平成19年5月に、憲法改正に伴う国民投票法が検討されたが、その時、改正発議である各議院の総議員の3分の2以上の賛成はそのままにして(今回、圧倒的多数の当選を得た調子に乗って、そのハードルを1/2に下げようとしている)、国民投票法案を、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成を必要とするようにしたのだが、その過半数とは何かを厳密に区分していない。
選挙の際に行われる投票の過半数となれば、先日の山口県参院選の投票率はたったの38%である。その過半数では19%の賛成があれば憲法も変えうることになる。国家運営の最も基本である憲法の改正が、それで良いものだろうか・・・少なくとも有権者の過半数以上の同意を要するのではないのか。

世論でも発議のハードルを下げる是非や、集団的自衛権のこととか、そんなことばかりが議論されているが、最も重要である現憲法でさえ権力側を縛れず、権力側である行政官僚などの為すがままの状態にしておいて、改正憲法をどうして守れると言うのか・・・

改正に最も必要なことは、9条の問題だけでは無い、それすらも集団的自衛権を焦点にするバカらしさである。安全保障を「国家の安全保障」としか捉えずに、上述した憲法の最基本である人間日常生活の安全保障(=自然権)から改正を見つめ直す視点が全く無い。

生活者の自然権を確保する為に、現憲法においてさえ守られていない権力・行政側の罰則をより厳格にすることから、改正は論じられるべきではないのか。有権者よ、自らの首を絞めるなと言いたい。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.232 )
日時: 2013/05/03 18:36:37
名前: 常時武主

>選挙の際に行われる投票の過半数となれば、先日の山口県参院選の投票率はたったの38%である。その過半数では19%の賛成が有れば憲法も変え得る事に成る・・・。

自民党が狙って居るのは将に此の事で、政治に対する国民の無知と無関心、更には現状に対する無気力な姿勢が、曳いては日本の行く末を誠に危険な状況へと押し進める結果に成る事を、理解して居ないのをよい事に、国民に対して必死に刷り込みを行っているのです。

高齢化社会、高齢化社会、と叫ばれていますが、敗戦後も68年ともなりますと、戦争を知らない国民の方が多くなり、本当の戦争の悲惨さ、無意味さ、を体験して居ない為に、テレビゲームでもするような気持ちで、軍隊を持ちたい、戦争を遣ったろうじゃないか ! などと言う「戦争ゲーム」的な感覚で、現実の国際関係を見てしまう事に成って居るのです。

此れは如何しても避けられない、今の日本人の「無知」なのでしょうか?
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.233 )
日時: 2013/05/03 20:59:46
名前: 憲法記念日(2)・・満天下有人

諸国の憲法改正手続き。

◎.米国:
連邦議会の両議院の三分の二により、または全州の三分の二の議会の請求により、憲法改正を発議できる。その後、改正は全州の四分の三の州議会、または州の憲法会議によって承認されると効力を有する(米合衆国憲法第5条)。全州の議会通過を要するので、徹底した審議が広範囲で求めれる点で極めてハードルは高い。

国民投票はない。憲法改正の前には州議会の選挙、または州憲法会議の選挙が行われるから、これが実質上国民投票と同じ意味を持つ。

◎.英国:
英国では成文憲法が存在しない。特定の重要な法律や判例や文章化されていない習慣法が、慣例的に重要なものとみなされて「不文憲法」とされている。それは極めて慎重で保守的な国民性によって、安易な改正はされないとの自信の表明でもある。

◎.フランス
憲法改正は議会解散の上、選挙を要する。その後、上下両院の過半数の賛成で発議される。改正決議は、両院合同会議で5分の3以上の賛成または国民投票で過半数の賛成で改正案が成立する(フランス1958年憲法」第89条)。

つまり憲法改正のさいは議会の選挙が行われる。これが国民投票に当たるものである。そして両院合同会議で5分の3以上の賛成と言う条件は実に厳しいものである。
つまりこれだけの徹底した審議が必要とされるわけである。

◎.ドイツ
東西ドイツ統一までは憲法を持たないと決め、統一後は連邦基本法が憲法に該当。連邦議会議決後、連邦参議院の2/3の同意を得て改正される。連邦州議会では少数でも国民発議によって改正が上程される。改正が頻繁に行われたのは、連邦と州の関係が各州の改正案要望によっていること、及び、ドイツ人独特の厳密性を求める気質も影響しているのかも知れない。特にユダヤ人迫害の反省もあってのことか、基本的人権を守る規定は厳密である。
国家財政と州財政との関連も、頻繁な改正の要素になっている。どの改正だったか資料を失くしたが、確か特別会計による国家二重帳簿は禁止されたと思う。我が国改正論議では、どうなっているのか見えにくい特別会計についての改正論議は、知る限り皆無である。

◎オーストラリア:
憲法改正には、「総督による提案」と「憲法改正国民投票(レファレンダム)での可決」という2 つの要件が必要とされる。後者の国民投票による可決は、連邦全体の国民投票数の過半数を要すると同時に、過半数の州における過半数の賛成を要し、極めて厳格化されている。

同国では普通選挙でも、一位当選しても投票数の過半数に達しない場合は、再選挙が行われ、何度もシャッフルされた後に過半数を得ないと当選出来ない。従って第一回目で三位得票しか無くても、政策がそれに近い候補者の票が流れて来れば、最終的に一位当選の可能性もある。

◎イタリア:
憲法改正は両院の過半数で発議、国民投票の過半数か、または両院の3分の2以上の賛成で承認される。これも国民の声を重視する現れである。実際は両院でどれだけの賛成を獲得するかで、両院で何度も何度も決議が繰り返される。ここで徹底的に国民に問題点を示し、国民投票は最後の手段とされている。

1◎スペイン:
憲法改正手続きは全面改正等の特別の場合の改正手続と通常の場合の改正手続の二通りに分かれている。前者の場合の手続きは極めて厳格であり、議会の各院の3分の2による可決→議会の両院の解散と総選挙→再び両院の3分の2の多数で議決→更に国民投票となる。
第2の場合の手続もかなり厳格で、議会の各院の5分の3以上の多数で改正案を可決→さらにいずれかの院の議員の10分の1以上の要求がある場合は、更に国民投票での採択が必要となる。(1978年スペイン憲法」第10章憲法改正)。

◎ロシア:
人権規定などは改正できないことになっている。それ以外は上下両院の5分の3で発議。そこで選挙で憲法制定会議が選出される。これが国民投票に該当するものだが、憲法制定会議は3分の2で承認するか、それともさらに国民投票に付すかを決める。国民投票になった場合は有権者の過半数の参加、投票者の過半数の賛成で承認される。

更に特定の憲法の規定は、これだけでは発効条件に満たず、ロシア連邦構成主体の立法権力機関の3分の2以上が承認した場合、効力を発する歯止めが加わっている。(ロシア連邦憲法」第135−136条)。

◎スウェーデン:国会(一院制)が改正案を2回議決。この間に国会の総選挙が行われなければならない。
さらに国会議員の3分の1が改正案を国民投票にかけると提案した場合、国民投票が行われる。

◎フィンランド:
一院制の議会で過半数の賛成により改正案を発議した後、次の選挙をまたいで再び審議され、今度は3分の2以上の賛成によって改正が成立する。

◎デンマーク
議会(一院制)が改正案を発議、その為に総選挙が行われ、総選挙後の国会で改正案を無修正で再議決出来た後、国民投票。投票数の過半数の賛成かつ全有権者の40%以上の賛成で承認される。

◎カナダ:
上下両院の過半数の可決後、3分の2以上の州の議会による承認を要する。かつ、全国人口の過半数がこの州に含まれなければならない。ただし一部の州でのフランス語の使用などに関する規定は、すべての州の賛成が必要とされる(カナダ1982年憲法第38−49条)。

・・・まだまだ沢山あるけど、共通していることは、憲法とは権力が国民に縛られると言う基本精神で貫かれており、それは選挙を通じて行われる事にある。目下の我が国の改正方向は先ず、何を改正するのか根本問題を避けて、国会議員の発議のハードルを低くする所から改正論が浮かんでいる所に大きな、根本的な問題が潜んでいる。参院選の争点にするだけで、諸国のように先ず、総選挙によって改正の方向を国民に明示する意図が感じられない。

更に言うなれば、違憲選挙もはぐらかしているような我が国会議員が、そもそも改正発議など出来る資格があるのかと言いたい。学者先生たちによる改正諮問委員会の内容についても、むしろドイツ連邦州のように、国民会議などで十分討議してから選挙で問うべきである。今日の憲法記念日が虚しくなる、ただ押し付けられた物だと言い、どこかの党のように、首相公選制度も改正の要項に入れてあるとか、ある部分だけをエサのようにしているだけである。

改正に反対しているのではない、実行もされていない憲法を更に厳しいものにする改正を望んでいるのだ。



メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.234 )
日時: 2013/05/04 10:18:50
名前: 憲法記念日(3)・・満天下有人

憲法改正の国会議員発議のハードルを2/3から1/2に下げる安倍自民党の動きに対する朝日の世論調査、それを信用するとして反対が54%、賛成38%。改正手続きのハードルを下げることには反対が多いが、それでも改正が必要とする者は51%、必要なしの34%を上回っている。

改正論の主たるものは、新しい権利や制度を盛り込むべきだからが69%、9条に問題があるからが17%になっている。新しい権利や制度とは何を言うのか、質問回答には明確化されていないが、まさかグローバリの時代だから、圧政を受けている国に対して軍事派遣してでも新時代の現状に合わせよ、そういうものではなく、漠然とした基本的人権の擁護だけでなく、新時代における多様化した社会生活上に必要な新たな権利、制度を求めるというものであると、善意に解釈したい。

ところで改正の発議は国民が直にやれることではなく、国会議員が発議する。その多数を占めている、つまり国民が代表として多くを選んだ自民党が発議することになる。これが改正のたたき台になる。

ところが政治の実態を広く国民に知らしめる使命を持つマスコミは、それを公表しない。その前に発議権を持つ政権与党が詳しくそれを国民に説明もしないのだから、目下の改正しようとする動きは、全く話にならない。そして改正の手続き論にばかり話を集中させて、上っ面を撫でているだけである。

仮に手続き論に焦点を合わせて見ても、ハードルを下げることに過半数の国民は既に反対しているから、憲法の基本精神である国民が権力側を制限するという立憲主義に既に違反していることになる。
権力に対し比較的批判姿勢を打ち出している昨今の東京新聞や中日新聞でも、改正内容を公表することを渋っているらしい。まあ、市井の努力家が苦労して自民党草案をネットで公開されているから、検索すれば一目瞭然なのだが、国民はおそらく殆どの者がそれも知らずして改正が必要だと言ってるだけなのであろう。

現憲法の個々の条項の改正詳細は次回に先送りするとして、全体としては天皇を元首とし、国民主権を大幅に制限し(草案第13条)、集団的自衛権の下にアメリカ同盟に邁進すると言うのが(現行第9条を削除、安全保障なる新たな条項の二で、国際平和維持の為の国防軍の創設)改正を貫く隠れた意図であると断言しても間違いが無いものだが、極め付きは国民主権を制限した上で緊急事態における内閣総理大臣の権限を強化し(新設の第9章)、最後に第102条で「全て国民は、この憲法を尊重しなければならない」と、国民に“強制”している。

社会契約説に基づく生活者の自然生存権から発せられる理念は悉く抹殺されて、近代憲法の理念、権力側が守らねばならない精神を全て破棄し、権力側が国民を規制する本末転倒のものに憲法を貶めてしまっている。世論調査に見れる新たな権利、制度なるものは、皆無である。

この自民党草案なるものは、国民が参院選で否定すれば済む話だが、仮に自民党及び隠れ自民党が参院で多数を取れば、この叩き案の実現性はかなり高いものになる。そうなった場合、新たな時代における新たな権利、制度なるものを国民は、どうやって憲法に具体化することが出来るのか・・・

改正を9条に求める世論も未だに結構多い。国際平和維持と称して態々アフガンやアルジェリアで戦闘したいのか・・・前の投稿でアメリカ兵士で両手両足のどれかを、あるいは全部を無くし、その状態で後50年も生きて行かねばならないアメリカの20歳代の多数の若者たち・・・財政ひっ迫でベトナム戦での古い補償は打ち切って新たな傷病兵の予算を組まねばならなくなっている。恐らくあと10〜20年で、いくらドルを印刷しても追い付かなくなるだろう。
それでも国家の為なら出向くのか。いやアメリカの穴埋めの為に・・・その前触れが「国家主権」を強烈に打ち出している政権与党の改正案なのである。7月の参院選はすぐである。有権者は余程心しておかねばならない選挙になる。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.235 )
日時: 2013/05/04 14:17:10
名前: 憲法9条・・・天橋立の愚痴人間

第九条【戦争放棄、軍備及び交戦権の否認】

 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。



上記条文の解釈として下記の事が言われているようです。
ttp://www.geocities.co.jp/WallStreet/7009/mg98x083.htm

読んで見れば、これは暇を持て余した学者達の言葉の遊びに過ぎません。
実際には、彼等が想定する世界など極一部の事象であり、それが把握できていないのに解釈論議が完結しているとする論理的な齟齬があります。

文章と言うものは、人間及びその集団が思い、行動する内容を全て捉えることは出来ません。
そういうことを認識した上での解釈でなければならないのに、単に条文の語義てき解釈に終始しています。

例えば「国権の発動たる戦争」と言う意味を、只の戦争と同じであるとする解釈があります。
「国権の発動たる」の「国権」の意味には、侵略戦争のように国権を他国に押し付けるものと、自国を守ると言う国権もあります。
その両方を国権と言う言葉に託して「武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」と言うことは、ガンジーのように、何をされようが無抵抗主義を貫くという事です。

ガンジーのように、個人的には、それで良いとしても1億以上の人口を抱える国家として、それを当てはめられるものではありません。

憲法9条を作った者が、其処までの思いで作ったとは思えません。
要するに「国権」でも、自国を守ると言う意味の国権の発動は除外されていると見る方が憲法作成の趣旨に適っていると思います。

で、あれば、
「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」

は・・・侵略戦争のように国権を他国に押し付けるもの・・・以外では認められていると言う事になります。
実際に、このような解釈に基づき自衛隊があり、アメリカも、その後日米安保条約を締結し共同軍事演習もやっています。

日本だけが、上記条文の解釈を歪なものとし大騒ぎしているのです。
言葉を変えれば、中学生の国語の試験に出る様なものを、大の学者諸氏が、拠って集って枝葉末節論議をやっているのです。

さて、憲法9条には、これとは別に問題があります。

その一つは、国連の平和維持軍の様な活動に参加するか、否かの問題です。
この場合も「国権」の解釈が問題であります。
憲法制定時には、おそらく、今日の様な国連の活動が想定されていなかったのでしょう。
また、国連と言っても、アメリカなど一部の国の思惑で方針が決定されている状況から、必ずしも、日本の「国権」と切り離して考えられない場合もあります。

もう一つは、戦闘現場において先制攻撃が出来ないとする解釈も、憲法9条の影響で想定されています。
これも時代が変わり、ミサイル攻撃などは、数千キロ離れたところからできます。
自衛の為の武力行使と言っても、ミサイルが領土に入ってからの迎撃では自衛も出来ません。

専守防衛と言う言葉が何処から来ているか知りませんが、よく言われているように、相手が発砲してからでなくては応戦する事が禁じられているようです。
最近の中国海軍によるレーダー照射事件もありました。
中国海軍が、その気であれば、すでに日本の自衛艦は甚大な被害を蒙っていたでしょう。

勿論、大きな戦争を想定し、最初の、少々の犠牲は含んだ上での「専守防衛」でしょうか、相手が核ミサイルであれば、最初の少々の犠牲は甘んじて受けると言うような事では済まされません。

議論すべきは、このような内容ではありませんか。


最後に、世界の情勢を鑑みても、自衛力が要らないと言う人たちがいますが、その様な人たちとは議論すること自体を憚ります。
こういう人たちは、個人としての死生観と人間の集団としての死生観の区別がつかない人たちであり、現実的には、戦争で何百万の犠牲を出すことよりも、もっと危険思想とも言えるものです。
自衛隊が要らないなら、警察がなくても社会は成り立つことでしょう。
其処までの覚悟の上で言われるなら言われれば良いとして、家族、周囲の人間にも押し付ける事ができましょうか。
憲法9条が、完全な戦争放棄であるならば、解釈が分かれる条文をクドクド書かないで、一言
「如何なる戦争も放棄し、軍事力は持たない」
とすれば良かったのである。


大体において、現在の日本の政治家、民意事態が、憲法を修正できるレベルではないように思います。
また、アメリカに依頼した方がよいのでは!
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.236 )
日時: 2013/05/04 14:49:46
名前: 憲法9条・・・天橋立の愚痴人間

つづきです。
文章と言うものは常に二律背反の要素を持っていまして、言いたいことを表すには苦労します。

前の記事で、自衛の意味での「国権」と言う言葉を不用意に使いました。
これでは、北方領土や尖閣諸島、竹島の場合への対応が問題となります。

このような場所では他国との「国権」の衝突が起きています。
我が国が自衛すること自体が相手国への攻撃となります。

この場合は、まず、政治的に国権を主張し、相手国に認めさせると言う事が課題となるでしょう。
そう言う意味では、憲法9条の趣旨が生きてきます。

ですが、その事が武力を必要としない事にはなりません。
竹島でも北方領土でも現在は韓国、ロシアが実行支配し、艦船で防衛しているので、日本の船舶が許可なく入れば拿捕されます。

尖閣諸島は現在、海上保安庁の警備艇が守っているので中国軍の艦艇は近寄りませんが、いなくなると尖閣諸島は中国海軍、警備艇に包囲されて、日本の艦船は入ることは出来なくなるでしょう。

政治的解決がつく、つかないは別として、現実は、このようでなければ国権を守る事ができないのです。
ずっと将来、世界国家ができ、民族の対立もなくなれば別の様相も出てくるでしょうが。


憲法問題を言う時、成文がどのようなものにしろ、見守る国民の意識が希薄であれば、何の役にも立ちません。
憲法9条以外でも、憲法の精神に反する政治、行政が横行しています。

違憲立法審査権すら、使えない国民に憲法改正論議など、おこがましい限りです。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.237 )
日時: 2013/05/04 14:53:35
名前: イントィッション

国防軍についてと、憲法9条の最後の新設の文章について、石原の爺の発言がそのまんま文章になっているようなもので、戦争を煽っています!!!

憲法の内容が、すでに戦争を煽るなんて、こんな文章は、文明国家にあり得るような文章ではありません!!!

アメリカの軍需産業に利益を与えるためだけの憲法改悪であることは、とっくにわかっています!!!

だから、憲法改悪には大反対なんです!!!

本当に、芯から、文明国として、独立国として、憲法を見直そうという態度ではまったくないのです!!!

それをよ〜く、国民が、特に若者が知らなければいけません!!!

アメリカは1990年代、つまり、2001年のニューヨークのテロがあったときに、イラク戦争になった直前は、メキシコ版TPPで、メキシコから600万人が仕事をアメリカに求めてやってきたので、アメリカ人が仕事がドンドンなくなってきたことも事実!!!

日本も早くTPPに入って、若者が仕事に就けなくなり、兵隊に行くしかなくなる状態をつくりあげて、TPPのアメリ

カの通産省の多国籍企業隊のぼろ儲けと共に、アメリカの軍需産業だけが潤うために、日中戦争を早く起こすためだけのシナリオができているんでしょう!!!

だから、新聞屋は、自民党が前から書いていた憲法改悪の内容を発表もしないんです!!!

憲法の内容です!!!
 ↓
 ttp://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

選挙でクーデターを起こした安倍政権の憲法改悪法案の原文です!!!
  ↓
 ttp://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf  ↓
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.238 )
日時: 2013/05/04 15:33:43
名前: 憲法9条・・・天橋立の愚痴人間

「集団的自衛権」

これを忘れていましたね。
これも自衛の常套手段であり、当然、自衛権に含まれていると思います。

何千年の人間の歴史において弱いものが強大な敵に対する時、周囲のものに助けを求めて来ました。
集団的自衛権を認めない人間の方が、残酷であり無責任の傍観者であります。
もっとも助けを求める相手の選択は問題になりますが。

かつ、集団的自衛権の発動理由を検証することも重要な事です。
具体的に言いますと、集団的自衛権の行使の為に手を組んでいるアメリカが、それを発動したとしても、アメリカの、その行為が我が国の理念に合わなければ、その事例については堂々と参加の拒否をすればよいのです。

実際に、フランスなどは、そうしているでしょう。
我が国は、我が国の憲法の方針によって厳しい自衛の枠組みを持っていればよいのです。
問題は、現在の政党が、どの政党であっても軟弱で国家、国民の意思を代弁できていない事です。

私は、現在の憲法でも、集団的自衛権の行使は出来ると思うのですが、出来の悪い政党、国民の為に、憲法9条を狭義に解釈し、縛りをかけていることも必要かも知れませんね(子供に躾をするように)。

「戦争は平和を守る為にするものだ」と言う極論もあり、また、その言葉自身が欺瞞に満ちたものではありますが、少なくとも戦うことを忌み嫌うだけでは、決して戦いはなくならず、平和も維持できないでしょうね。

大きな事故や災害で沢山の人が犠牲になれば大騒ぎしますが、不幸、悲惨は個人であっても変わりません。
個人的な争い、殺し合いなど、昔よりも増えていて、将来はますます増加する事が予想されます。

そういう暴力から身を守ると言うことは、倫理道徳だけでは適いません。
個人の問題から集団の問題まで、身を守ると言うことを、真正面から見据えて考えねばならないのではないでしょうか。
集団的自衛権と言う概念は、その過程で当然出てきます。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.239 )
日時: 2013/05/04 15:47:32
名前: 憲法9条・・・天橋立の愚痴人間

ひさしぶりで憲法9条をよく読んで見ました。
結論は、改正する必要は全くないと思います。

具体的に言えば、集団的自衛権も行使できます。
但し、アメリカが最近行なったイラク、アフガン戦争については、日本の「国権」に照らして参加すべきものではありません。
政府が言っているような原油の確保などについては戦争に訴えても守るような国権ではないと思います。

北方領土などの領土紛争については、相手が武力行使をしない限り、政治的に話し合う問題であり、現状で相手国の武力を伴う実行支配があったとしても、それを武力で奪還することは憲法の趣旨ではないと思います。

自衛隊の呼称など軍隊でも自衛隊でも憲法上でなんら支障はないと思います。
自衛のための軍備を相手国に合わせて充実させることも憲法違反ではないと思います。

どこが問題なのでしょう。
日本国憲法は、本当によく出来ていると思います。

後は、政治の問題ではないでしょうか。

最近の日本の政治は、自らの理念がないので、何かをしようとする場合、他の要因に事寄せてやります。

自民党が言っている国土強靭化のための公共事業の発注もそれであります。
福島の原発事故や、地震により大災害など、公共事業で防げるものではなく微々たる効果より期待できません。

20mを超える津波に対応する防波堤など出来ませんし。5mの津波に対抗する防波堤を全国の海岸線に設置することも出来ません。

震度6を超える直下型地震で崩壊する建物をなくすことは出来ません。
超高層ビルのガラスが何処までの震度に対応できるか知れたものではありません(実験の揺れが実際の揺れを全て体現できてはいないのです)。

このように、憲法改正の論議を出しているのは、自民党に限らず、全ての政党に戦争に関する理念がないからです。
理念なくして、アメリカに追従することで、何らかの利権にありつこうとする奴等が蠢いているのです。

石原などの発言を政治家として聞いていては悲しい限りです。右翼の街宣車に乗って叫んでいると見ればよいのです。

国民自身が、国民自身としても問題意識なく、このような憲法論議が出ている事に呆れます。





メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.240 )
日時: 2013/05/04 20:21:57
名前: Re憲法9条・・満天下有人

<憲法問題を言う時、成文がどのようなものにしろ、見守る国民の意識が希薄であれば、何の役にも立ちません。憲法9条以外でも、憲法の精神に反する政治、行政が横行しています。違憲立法審査権すら、使えない国民に憲法改正論議など、おこがましい限りです。>・・・

このような国民意識は、安倍自民党にとっくに見透かされていますね、TPPにせよ矢継ぎ早に繰り出す安倍政権の政策がそれを、如実に顕していると思います。騙される前になめられたものです。
憲法を変えるからお前たちはそれに従えとの、大上段に振りかぶった上からの目線にもそれが出ていると思いますね・・・

今年の憲法記念日はこれまでと違って、非常に重要な節目を迎えた日であることを、少しでも良いから認識する必要があるとの片隅からの思いから、問題提起して見ようと思いました。

違憲審査すら思いが為されない現状からして、改正問題は9条だけの問題では無い、政官業による違憲すれすれの事は放置したままで、新しい時代に即したものと言うのであれば、それなりの方向性も少しは具体的に出ても良いと思うのに、それも無い。第一次安倍内閣の時にも改正論議があり、当時はまだ包括的な改正論が巷にもあって、例えば基本的人権問題も、中央集権的行政が重しとなっては根本から是正することに無理があるのではないか、ならば財源も含む地方分権制に変えて見たらどうか、国の形から憲法も改正されるべきではとの議論も、まだありました。

今回はそれすらありません。無い所へ人権を更に制限するかの如き改正案が先に準備されてしまっております。そして国民側に改正論議など期待するのもおこがましい程の状態で、先ず手続きを緩めることから始まっている改正動向では、自民党案が成立する危険性が多々ある、それで良いのかと言う問題意識を提起して見ました。

問題は9条だけでは無い、しかし自民党草案を見ていると、ここに比重が置かれている気配が濃厚なので、自民党案では改正の範囲が狭すぎるとの反面的意味で、9条が削除されてしまっていること、代わりに多国籍軍に参加して、自衛を超える方向で軍事強化が盛られていることを取り上げて見ました。そして下手すると言葉の裏に潜んでいる別の思惑に向かうことになる気配が、濃厚です。

世論調査に現れた国民の、新しい時代にそぐわない条項は改正しようとの気持ちに9条も含まれているとするなら、それはどのようなものであるか、知りたい所ですね。自衛権は保持すべしと言うなら、その範囲も明確にしておかないと、何もかもを自衛の名をつけて国際謀略に手を貸してしまう危険性に満ち溢れていると思います。

その意味で橋立さんが指摘されている自衛権なる言葉が持つ危険性、その通りであると思います。そして国家緊急事態における総理大臣の権限を強化することについて、大災害のことまで含めて、予め20mを超える大津波までをその中に入れている・・・起ってしまった原発事故でさえ、もたもたして何も有効な手立てさえ出来ないのに、ただ首相の権限だけは強めようとしています。

政治の貧困に帰してしまうと、実も蓋も無い話になり、また徒労感にさいなまされてしまいますが、怖いのは、なめられてしまっている国民の感性でしょう。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.241 )
日時: 2013/05/05 09:39:24
名前: 自民党の憲法改正草案・・満天下有人

イントちゃん、現行憲法と自民党の改正草案比較の資料、どうもありがとう。これを見ると安倍どもが如何に憲法を権力側に使いやすいようにしているかが、憲法の何たるかを全然分かっていないことがよく分かります。それが追加された第102条の「憲法尊重擁護義務」によく現れています。

第102条:全て国民は、この憲法を尊重しなければならない」

憲法がそもそも、国民生活者の自然生存権を国家権力が損ねないようにを監視するものであることを否定し、国家による権限強化は逆に強化する条項を散りばめている。

おっちゃんならここは、「日本国家運営に携わる者は全て、そもそも自然生存権を固有の権利として有する国民の生存を維持する義務を負うことに鑑み、国民の社会的平均的幸福を限りなく維持、拡大する努力を怠ってはならない。」さような文言にすべきだと思います。近代憲法の思想的土台となったジャン・ジャック・ルソーの天腑人権説=自然法の概念からすれば、こような規定を明確に入れるべきです。

その意味でおっちゃんも、現行憲法も敗戦占領下にあって作られた憲法は、全て改正すべきであると思います。条項の配列からしてバラバラであるし、権力を縛る憲法としても、不十分で曖昧な条項が沢山あります。

第一に、現憲法も、国家を形成しているのは誰なのか、国民の基本的人権がトップに来ないで、いきなり「天皇」から始まっていますね、これは占領軍が戦後の混乱を避けさせる為には、天皇を崇拝する国民性を無視できないとの思惑で、いきなり天皇をトップに持って来たものでしょう。

そういう意味で、フランスやアメリカ独立の憲法などがトップに人間でる国民を据えている場合は、修正憲法とか条項を加える加憲でも構わないでしょうが、我が国の場合はそもそもからして、人間国民から発想を起こした憲法制定の経験がありませんから、この際、「改正」ではなく一度、抜本的にばらしてしまって、「創憲」に挑戦すべきではないかと思いますね。

そしてトップに、良い言葉が思いつきませんが、例えば「国の構成」とか言う基本構造を冒頭に掲げて、そこで国家は自然生存権を有する国民によって構成されていること、その維持、促進は国民の厳粛なる負託によって選挙で選ばれた議員が代理でこれを行い、その義務及び違反した場合の罰則は別の下級法(国会法など)によること、違反項目として首相の支持率が落ちた場合の解散権も、現行憲法でも解散は首相の専権事項であるとの、何だかどこに規定されているのか明確でない曖昧な部分を、きちっと明確にする・・・

国家運営の実務に携わる公務員の義務及びそれに違反した場合の公務員法をより厳格にして、それに準拠すること・・・等々、先ずは国民と国家の関係としての基本精神を大きく括っておいて、そこから細部に順番に落として行く・・・
天皇の位置付も、その国家基本構造の冒頭三番目くらいで決めれば良い事です。三番目で良いと言う意味は、既に戦時中でも天皇機関説があったくらいですから、遠慮することもありません。明確に元首とするなら、元首とは何かを明確にして、国際親交外交に徹して頂くように規定すれば、それで良し。

冒頭に掲げよとする国民の自然生存権の箇所に、当然、国民の義務も入ります。現憲法では第三章12条で規定されていますが、これも冒頭に掲げる国民の自然生存権に義務も纏めるべきだと思います。

それにしても自民党の改正案では、現憲法が「公共の福祉」としているのを、「公益及び公の秩序」に言葉を変えていますね、ここにも国民の自然生存権を構成する福祉の概念を抹殺して、国家ありきの国家主義に変えようとするフアシズム的体質が出ています。それは新設条項である「国旗国歌」にモロに出ていますね・・・「日本国民は国旗及び国歌を“尊重しなければならない」、いつから中世が如き専制君主になったのか?(笑)。アメリカといえども、国旗国歌を忠誠の中心においている是非はともかくも、国歌は英国支配から独立して勝ち得た独立の精神によるものであり、国旗も連邦州が増えて行った軌跡を現しているもので、国民がそれぞれに血を流しながら勝ち取って来たものでしょう・・・尤も、原住民抹殺の歴史も含まれますが、そしてイラク戦やアフガン戦でも、勝手に相手を攻撃する時も精神の高揚の道具にしていることは、如何なものかとは思いますけど。

極め付きは第29条の財産」で、現憲法が財産権はこれを犯してはならないとしているのを、「財産権は、保障する」に変えています・・・国家権力で保障してやると言わぬばかりです。現憲法のままで良いし、あえて言葉を変えないと新鮮味が無いとでも思っているなら(笑)、国家は国民の財産権を保障せねばならない、と言うべきです。それが保障してやるではねえ〜(笑)。

極め付きの改正条項が多すぎて、また極め付きになりますが(笑)、自衛隊を国防軍に変える条項。「・・・国際社会の平和と安全を確保する為に国際的に協調して行われる活動及び公の秩序を維持し・・・」
日米同盟地位協定を守って沖縄を犠牲にし、アメリカの足りない軍事費を助ける現状からして、そして日米年次協議米要望書で求められた米軍事行動に歩調を合わせる現状からしても、これは国連による多国籍軍参加よりも、米国軍事行動に自衛隊を合わせてやる集団的自衛権以外の何物でもありませんね。

そのことは現憲法の第10章「最高法規」を全部削除して、新たに憲法の最高法規性の2で、「日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に順守する」との条項に良く示されていると思います。
態々独立記念日まで設けている割には、条約としての日米地位協定を、国際条約として守ると言ってるのですから、集団的自衛権とはアメリカの戦争に参加すると言うに等しく、頭隠してシッポ丸見えの無様さです。

最後に第7章の「財政」について触れて見ます。第2項を新設して「財政の健全性は、法律の定める所によることを必要とする」とは言うものの、日銀による国債の直接引受なる禁じ手を、法律がそれで良しとすれば、それが健全なものでるとする暴論を入れようとしている。
そして何がどうなっているのか得体の知れない特別会計のことには一切触れていない。海外諸国への援助金などの支出、一般会計に於ける外務省予算でははるかに足りない海外支援金は、特別会計を明らかに、あるいは一般会計と合わせた単一会計で統一しないと実態が何も分かりません。米国債買いもそうです。

そして原発災害を含む復興予算にしても、そこからクジラ調査費や税務署建屋改修費やら自衛隊の訓練費や厨房改修費に流用されても、何の罰則も課せられていない。おっちゃんが提案する憲法冒頭に掲げよと言う国の構成とその施行に関わる権力側を縛る罰則も、冒頭で先ず縛っておけと言う趣意は、そこにあります。

現憲法といえども、規程の順序が何を基準にしているのか、いきなり天皇を持ってきたりして、ゴチャゴチャです。その意味で改正には賛成であり、否、一度ばらしてしまって「創憲」しない限り何も変わらないことでしょう。

ましてや迷彩服を着て戦車に乗って悦に入っているバカボンどもの改正案など、まともに議論する気も起りませんが、悲しいかな、言っておかないと、そのままズルズル決められてしまう恐怖感が消えないからです。
自民党政権与党の改正案には0点を付けます。まあ、よくもまあこんな本末転倒のフアシズム案を考えたものだと、そのムダな努力に対し5点くらいは上げますか(笑)。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.242 )
日時: 2013/05/05 10:02:26
名前: イントィッション

>なめられてしまっている国民の感性でしょう。

昨日、あちらこちらでアルバイトをしている学生達に、あんたたち、今度の憲法改悪は、後ろで糸を引いている、アメリカの軍需産業とか、石原爺のお上、デヴィ・ロック爺たちの要望で改悪する憲法であって、決して日本の国民が改正したものではないのです。。。 そんな憲法を使えば、あなたたちが、アメリカの利益のためだけの戦争に行かされるよ〜。。。
    と言っときました。。。(笑。。。 若者もちょっとは関心があったようです。。。

                     少数は、え〜、やっぱりね〜。。。と言っている人もいました。。。

テレビで、中国の反日運動のデマや北朝鮮のミサイル発射台用意!なんてのを見せられれば、日米同盟を強化し、オスプレイを存分に買って、そのほかパック3(あたるかどうか、誰か確認しましたか? あれもガラクタじゃ〜ないのぉ?)もすぐに配備して、米国の言うことはなんでも言うことを聞くべし〜。。。 と、毎日メディアや安倍カルト一族や御用学者たちが国民に耳にタコができるほど聞かしているので、日米同盟が当たり前になり、その長〜いものに静かにまかれれば、多少の増税はしかたがない! と言うのが一般的ななめられが国民の感性でしょう。。。

 ところで、そのなめられが国民よ〜。。。 もし、中国や北朝鮮が日本にミサイル攻撃をしたとき、特に中国に日本を守って、アメリカが戦ってくれるんでしょうか?  
「アメリカが中国に矢を向けるわけがないでしょう! だいたい、中国はアメリカの国債をたんまりため込んでおりますから、中国に矢を向けるときは、中国がアメリカの国債を売ったときだけよ〜!」と言ったら、
 目が大きく見開いていました〜。。。

 核爆弾を打ち込むことで戦争ごっこをやりたがっている悪魔の手先の馬鹿が戦車に乗って戦争を煽っている安倍シンゾーカルト一味に馬鹿にされるなめられた国民よ。。。
 人生それで終わりかなぁ?!?   

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.243 )
日時: 2013/05/06 09:17:11
名前: 背番号96の安倍・・満天下有人

長嶋茂雄、松井秀喜に国民栄誉賞を贈った後楽園ドームセレモニーで、両氏から贈られた背番号96番のユニホームを着てシンゾーが始球式を投げていた。

96代目の首相と言う意味を込めたものであるとのことだが、目下争点になり始めた憲法改正96条にも通じ、おちゃらけとまでは言わないにしても、重要な国家基本法のことが野球セレモニーのような遊びにまで重なって見えて、嫌な感じだ。

何かにつけてマンガ好きの麻生と、それに連れられてアキバで演説するのが好きなこの国のトップども、オチャラケお遊びで過ごせるほどに、この国は安泰であり余裕があると思っているのであろう。

健康保険制度は地方自治体の財政に国がいくらか補助して、保険料が決められる。計算は所得割と税割の二本立てとなっているが、ここ横浜市ではまた値上げ通知。方法は税割を廃止すること。これまで納税できない低所得者には税割賦課がなかったから、所得の多寡に対しその分の配慮も成されていたのに、所得割一本では実質保険料の値上げになる。
後期高齢者は既に所得割一本にされていたから、関係ないが、それでも減額される年金との兼ね合い上、物価指数などにはお構いなく保険料の値上げが続いている。そして物価を上げて消費税増税までされると、いくら何でも非課税世帯と雖も、生活がもつはずがない。

そんなことも分からない、そして漢字が正確に書けない首相に、漢字を正確に読めない副首相が、憲法改正に血道をあげ、外国に行っては恥ずかしい演説を臆面も無く続け、最終的には国民負担となるオカネをばら撒き続ける。

そんなテイノー児を多数が選ぶテイノー有権者が、テイノー支持を続けると、結果はどうなるのでしょう・・・陸の王者ならぬ世界の王者テイノー〜♪国家になることは明らか。まあ、テイノー集団でも食って行ければ構わないことだろうが、そうは行かないのが世の常である。

政治的には全く不愉快な連休ではありました。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.244 )
日時: 2013/05/06 13:25:43
名前: イントィッション

あ〜ぁ。。。疲れましたぁ。。。

食料品に安全なものがあるのか? 甘味料、ブドウ加糖液糖やなど。。。 モンサント、いやぁ、ロックフェラーのキングコーンは、今や日本の家畜のえさにもなっていて、アメリカの牛などはキングコーンを食べると胃潰瘍?になるので、抗生物質も一緒に食べさせて、アメリカから輸入する牛は、遺伝子組み換え漬けの油だらけのものばかり。。。

国際的な文明評論家、デーヴィッド アイク氏は

 巨大製薬マフィアをビッグ・ファーム
 石油マフィアはビッグ・オイル
 モンサント社などのバイオ科学マフィアはビッグバイオティックと呼んでいる。。。
   注意:遺伝子組み換えの悪性はすでにフランスのマウスへの2年間の投与で結果は大きな悪性腫瘍が発生!

これらすべてのマフィアたちは、同一の支配者:ロックフェラーによってコントロールされている。。。すべては裏で繋がっており、この3業界ほどそれが露骨に現れている業界は無い。。。
 
 「ビッグ・バイオティックは、化学混合物で人々を病気にする! その病気を口実に治療と称して更なる化学混合物を与えるのがビッグ・ファームである!」

 モンサント社など、ビッグ・バイオティックが病人をつくり、ビッグ・ファームが業で稼ぐ! これをマッチ・ポンプと呼ぶ! マッチで火をつけ、ポンプで稼ぐ! エンドレスで金儲けができる! (苦笑。。。

★ロックフェラーと製薬マフィアとの黒い関係!

 そもそもビッグファーマとは、ロックフェラー財閥に支配された“国際的医療独占体”である!
 「“米国ガン協会”の設立資金を提供したのはジョン・D・ロックフェラー2世であった!」
 「がんセンターはロックフェラー財閥の主要な出先機関としての役割を、長年にわたって果たしてきたのである」

 世界の医療利権に、ロックフェラー財閥が深く食い込んでいることが非常によく解る好書である。。。

 ビッグ・バイオティック総本山のモンサント社もロックフェラー財閥に完全支配されている!!!
 つまり、ロックフェラーが世界人類の病をまず「創出」する! 次にそれを「治療」と称して、さらなる化学混合物(毒物)を人類に大量投与する! 突然、おびただしい副作用が発生し、さらなる病気が拡大、大量生産されるのだ。。。 この本を書いている船瀬さんは、★★★薬価が1グラムあたり3億3千170万円もの抗がん剤が存在することを知って驚いています。。。

     抗がん剤が1グラムあたり、3億3千170万円です。。。商品名:ペグイントロン

 ところが、このダイアモンド価格をしのぐ抗がん剤も、実際は単なる超猛毒物に過ぎない!
      原液を打ったら即死するだろう!!!
そんな猛毒“医薬品’”が堂々と世界中の病院でがん患者に打たれているのだ!

★回転ドア人事で政府も骨抜きに

 モンサント社は元社員を政府機関に送り込み、いわば秘密工作員:スパイである!
彼らの多くは、アメリカ政府の主要ポストに収まる。。。その任務がモンサント社などバイオ化学業界を監督することである!

 わかりやすく日本で例えるなら、暴力団の幹部が、警察の「暴力団対策本部」を牛耳るようなもの!
 それと同時に、モンサント社はアメリカ政府の省庁出身者を超高給で雇い入れている、これが悪名い“回転ドア人事”である。。。

 例えば、リンダ・j・フィッシャーという人物は、モンサント社の政府・広報担当副社長だ!
この重役が堂々と、モンサント社を規制するはずの政府機関の椅子に収まっている。。。
しかし、彼女は、かつてEPA(米国環境保護庁)の職員でもあった!!! (苦笑。。。wwww)
  回転ドアを行ったり来たりして、出世している。。。
   他はマイケルAフリードマンなど。。。

  
 

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.245 )
日時: 2013/05/06 13:40:08
名前: イントィッション

遺伝子組み換えの続き。。。

 ★米国民の病気が2倍、アレルギーも激増!

 「遺伝子組み換え食品がアメリカ国民に押し付けられてから、たった10年で、国民の多重慢性疾患の患者は2倍近くに急増した。(ハフィント・ポスト)紙
 アメリカ国民の健康悪化はそれだけではない! アレルギー患者の救急外来も1997年から2002年にかけて、わずか5年間で2倍増しの勢い。。。食品アレルギーが急増しているのだ。。。

 健康異常はとりわけ子供たちを襲っている。。。
   ぜんそく、自閉症、肥満、糖尿病、消化器障害、小児がんも急増している!!!

 これがアメリカ中に遺伝子組み換え食品が蔓延した冷酷な結果である!!!

 因果関係は、もはや疑う余地もないだろう。。。 本書の冒頭に掲げたマウスの巨大腫瘍の写真!!!

あ〜ぁ、スーパーへ行ったら、ロックフェラーの毒があちらこちらに陳列してあります。。。 もう日本も同様です。。。 この前、小学校でアレルギーを起こして、亡くなりました。。。

 炭酸飲料は、毎日がぶ飲みで糖尿病間違いなし!!! 脳も犯されてしまいます。。。
 
 これから食品ばかりではなく、ワクチンについて興味津々で読んでみたいと思います。。。
その後、こちらで必ずお知らせいたします。。。

ところで、癌になっても決して、抗がん剤は打たないでください!!! ロックフェラーに殺されます!!!
これまで、どれだけの人が、抗がん剤ではなくロックフェラーに殺されたか。。。
そして、必要のない薬を投与して、日本では医療費が膨れ上がり、もうお手上げか!!!
財務省!!! どうして、ロックフェラーを断らないのだ!!! 医者も同じ大罪だ!!!
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.246 )
日時: 2013/05/06 21:17:17
名前: 日本人食卓は既に汚染されて・・満天下有人

そのデーヴィッド・アイクさんが言われる巨大製薬ビッグフアームと科学ビッグバイオテックも既に境界線が引けないでしょう、一体化しています。そして穀物のビッグメジャーも一体化しています。カーギルが種子部門をモンサントに売却し、その種子で増産された穀物はカーギルが世界に一手販売する。

収穫機械もデビッドロックフエラーの娘の嫁ぎ先である農耕機械最大手のインターナショナル・ハーベスター社が殆どを抑えている。そして彼らの資金の面倒を見ているのが、ロックフエラー系のチェス・マンハッタン銀行です。

おっちゃんが定年になる頃、我が国ではオーガニック栽培が勃興し、これで無機質育成農産物の危険性から解放されると喜んだものですが、いつの間にやらアメリカで主流になった、遺伝子組換え種子と、除草剤による生産物が幅を利かせ始めました。

このビッグフアームの源流をたどると、ドイツとスイスに行き当たります。それを一つに纏めたのがヒトラーで、ユダヤ人で色んな実験をしたのが悪名高きドイツのIGフアルベンです。このフアルベンは敵対国でありながら米国ロスチャイルド御三家であるデユポン化学と実験情報を交換し合う仲でした。

敗戦後フアルベンはヘキスト社などに分割されましたが(現アベンテイスフアーマ社)、その中にEUでは除草剤でトップのヘキスト社の仔会社であったドイツ農業の最大手・アグレボ社が小麦バイテクのトップであったオランダのPGS社をを1000億円で買収。小麦除草剤で遅れをとったモンサントが脅威を感じ、米政権に圧力をかけてEU攻め落としの政治謀略を始めた・・・このことは前回、ウイキリークスが暴露していることを紹介しました。

現在のEUが、モンサントを締め出す背景には、一つは遺伝子組換え農法に危険を感じているほかには、このような米国方式農業によってEU農業が支配されては堪らないという感情もあるでしょう。

EUはGMO使用については全食品に表示義務を課している。我が国では豆腐、味噌、納豆、油に関する大豆、コーンスターチ、コーンスナック菓子などのトウモロコシ製品、及び油、など僅かに33品目。そしてGMO検出が5%以上の物についてのみ、表示義務を課す。加工中に遺伝子やたんぱく質が破壊されて検出できなかった物は、GMO不使用と認められて表示義務はありません。しかし不純物でアレルギー症状が出る統計をAAEM=米環境医学会は4年前に公表しています。

GMO混入率も日本では5%まで認め、EUでは0/9%以下とされている。

<モンサント、いやぁ、ロックフェラーのキングコーンは、今や日本の家畜のえさにもなっていて、アメリカの牛などはキングコーンを食べると胃潰瘍?になるので、抗生物質も一緒に食べさせて、アメリカから輸入する牛は、遺伝子組み換え漬けの油だらけのものばかり。。。>

輸入肉以前に、我が国畜産用の主原料コーン1600万トンは、9割が米国からの輸入ですから、料理過熱の段階でどれくらいGMOタンパクを破壊しているかは別にしても、国産畜産物は既に全てがGMO遺伝子が含まれていると言う事になり、物は考えようで、どちらを食べても同じことになります(笑)。

その影響は、イントちゃんが紹介した他にも、AAEMの報告ではカナダ・オンタリオ州での鶏での実験で、GMOコーン使用のエサで、死亡率が42日間で2倍に増加。
ドイツではラット実験で、オスの体重が低下しメスの体重が自然の場合と比べて増加していること。各臓器に異常な変形が生じていること、Btコーン(殺虫耐性が強いトウモロコシ)だけで飼育した牛が12頭全部死亡。ニュージーランドではGMO運搬の荷役労働者の皮膚が黒変し吹き出物が後を絶たない。

・・・我が国では既に食卓に上がっているGMO大豆は約70%、トウモロコシ70%、ナタネ69%、綿実82%にもなっているとのNPOによる報告もあります。

この影響は動物実験と違い、人間への影響を判定するには長い時間がかかることでしょう。放射能の場合は、ウクライナ・チエルノブリイでさすがに奇形児が生まれ始めたようですね・・・福島とて、そのうち何かが生じて来ることでしょう。

安倍内閣は、スイスでの核拡散防止推進会議で、世界でたった1カ国だけの反対を唱え、インドでは麻生がインドの核開発推進を支持しおる。そしてGMO食糧が軸になっているTPPに何が何でも参加しようとする・・・
選挙前の自民党のポスターには、大きな字で、TPP反対、うそはつきませんと書いているのに、この有り様ですね。民主党菅内閣、野田内閣から大っぴらにウソ言うのは当然の政治社会となってしまいました・・・憲法前文に、政治家のウソは厳罰にするとの条項を入れないと・・・ダメか、連中が創る憲法だから。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.247 )
日時: 2013/05/07 07:27:08
名前: 日本人食卓は既に汚染されて・・満天下有人

訂正:

上から18行目、EUでは0/9%→0.9%(0から9%の範囲ではなく0.9%以下に厳しく抑えている)
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.248 )
日時: 2013/05/07 18:18:37
名前: (終)自民憲法改正案など不要・満天下有人

歴史は繰り返すと言われるが、安倍自民党改正案の骨子を纏めると、明治末期から大正、昭和にかけて我が国が経験した、当時の世相を再現したいもの以外の何物でもない。文言からして子供の作文のようなもので、このような改正案なら、何もして貰わない方がまだましである。

◎冒頭に天皇元首を掲げる。しかもその趣意は何を言ってるのか支離滅裂である。「天皇を頂く国家であり、それは国民主権の下にある」・・・何のことか分かる人が居るのか。積み木細工で言葉を持て遊んでいるだけである。本音は、天皇大権の明治憲法に戻すことにあり、いきなりそれを言うと改正の狙いが行き詰るから、誤魔化そうとして支離滅裂になっているだけではないか。

「我々は、自由と規律を重んじ、美しい国土と自然環境を守りつつ、教育や科学技術を振興し、活力ある経済活動を通じて国を成長させる。」

美しい国土を破壊する原発、それを擁護し且つ、国際平和の為にインドやベトナムにまで原発設置を働きかけおる。核廃棄処理もままならぬ現状で、成長の一環としおる、それが活力ある経済活動と言えるのか。禁じ手の日銀による国債無制限引受政策で円を印刷しまくり、バクチ経済にすることが活力ある経済活動と言えるのか。軍事強化と重ねて見るに、正に大正から昭和初期に至る国債ばらまき政策とそっくりである。それによって平均的国民所得が、増えると言うのか。逆に雇用削減の法案まで用意し、個別企業資本を擁護し、一方でTPP参加で多国籍企業に活動の場を広げようとする。支離滅裂である。

◎現第9条の1は、武力の行使は「永久に放棄する」を削除し、2項の「武力は保持しない、国の交戦権は認めない」を削除、代わりに「安全保障」条項を新設

新設第二章「安全保障・平和主義第9条」
「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動としての戦争を放棄し、武力による威嚇及び武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては用いない。」

2項に「前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない」として、自衛権は認めている。問題は自衛権に留まらず、国際平和を希求するために国防軍を国際軍事活動に従事させる規定を第9条の二で新たに設置していることにある。
その国際軍事活動とは何を言うのか。一方で日米同盟があり、日米同盟新指針としてアメリカは米軍事活動に対する行動を一にすることを求めている。そうではない、あくまでも国連決議などによる多国籍軍活動に参加すると言う趣意ならば、日米同盟、日米地位協定を破棄してからモノ言うべきである。

そして態々軍事法廷を設置するとまで9条の第二で言いおる。国際平和を維持する趣意ならば、丸で軍国主義が如き軍事法廷など設ける必要がどこにある。公務員罰則を強化すれば良いだけの話である・・・主権回復とはかくも軍事的意味しか持たないのか。

加えてアメリカを真似て、日本版NSA=国家安全保障局を設置すると言う。これはSIGINT(シギント)と呼ばれる電波傍受を専門とする諜報活動を主とし、米国でもCIAから独立した特殊機関で証拠は一切残さない謎に包まれた諜報機関である。CIAの場合はまだ、議会聴取も受けねばならないが、シギントの場合は一切が闇に葬られる。まあ、電波傍受の時代だから、ある程度のことは必要であるにしても、憲法改正に付帯する国民が知らない事項が多々あると言う事で、改正の主体は、国民主権を謳いながら本質は米国と一体化した軍事国家にするのが狙いであろう。

いすれにせよ、こんなもので改正のたたき台にされては困る。巷間の世論で、自らの手で一から憲法を創りたいと言うなら、それが対中、対北朝鮮に対峙することを軸にするような発想では心もとない限りだ。こんなテイノー児の改正案など、出すのが恥ずかしいと思わせるくらいの有為な案が有力になるような、声が大きくならない限り、このまま進められてしまう。

それでも尚、権力側が改正しないと美しい日本にならないと言うなら、安倍以下憲法改正起草委員会の連中は、率先して戦車に乗り、最激戦最前線で戦いを率先して見せるべきである。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.249 )
日時: 2013/05/08 15:27:27
名前: イントィッション

憲法改悪は本当に、戦争を煽る醜い内容ですね!

1997年にエアーフォースワンという映画がありました。
その3年後に911のテロがあり、イラク戦争と突入したわけですが。。。

なんと、今度はエンド オブ ホワイトハウスという映画が6月から公開されます。。。
もちろんテロは北朝鮮で、突然、ホワイトハウスを北朝鮮の軍機がやってきて、占拠され、大統領夫人も殺されるという醜いものです。。。

ということは、数年後、北朝鮮に突撃するシナリオがすでにできているんでしょうね〜。。。
そして、突入の最前線で戦うのは日本の国防軍! 

全てアメリカの軍需産業の利益のためだけの戦争シナリオが憲法改悪です!!!
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.250 )
日時: 2013/05/09 08:59:43
名前: ほんとに危険な安倍政権・満天下有人

映画は映画なのでしょうが、それにしても最近のDVD映画を見ていると、過去の真実を暴く映画が結構多いですね。イラク戦における開戦口実のウソなど、多くが暴露しているし、これに纏わるCIAの謀略、それ以前ではレーガン政権がイラン革命で武器輸出を禁止したのに、レバノンで米兵士がイスラム革命の急進ゲリラ・ヒズボラに人質になると、その後ろ盾であるイランにヒズボラを説得して貰うために、敵対したイランに武器を極秘裏に輸出、その代金で南米ニカラグアの反共勢力に、南米反政府ゲリラ「コントラ」殲滅の軍資金として送金した事件・・・

イランに武器を売った頃には、イラクのフセインをけしかけてイランに対抗させ(イラン・イラク戦争、通称イライラ戦争)、一方でイランには武器を売っていた・・・

これはイラン・コントラ事件として1986年に全世界をビックリさせたものです。この両方ともマッチ・ポンプ戦争の代表例と言えるでしょう。そして次に、イラク侵攻口実を作る為に、イラクが核ウランであるイエローケーキをアフリカ・ニジェールで購入していたと言うウソをデッチ上げ、当時の英ブレア首相もこれに加担していた事もばれて、英国世論はいち早くイラクから撤退・・・それでも小泉は人道支援を名目にアメリカが止めるまで付き合っていました。

安倍はそれ以上に、国際平和維持を掲げて、そんな謀略戦争の為に憲法を改正しようとしている。北朝鮮に対する政策も手法を間違っていると思えますね。我が国独自で北に物申すではなく、政策の大部分はアメリカに乗ってと言うものでしょう。

先日米韓首脳会談が終わりました。アメリカはあくまでも米韓日で枠組みを、と言うのに対し、韓国朴新大統領は日本をはずしてやりたいとごねてオバマが困ったようです。韓国は米中韓の枠組みでやりたいと・・・

こちらのNPO言論と韓国シンクタンク・東アジア研究院の合同世論調査では、日韓感情が以前より悪化している世論は、日本では37%に対し韓国では77%に悪化している結果が出ています。安倍政権に危険感を持っていることが主な要因になっている。

朴大統領はそれを踏まえてオバマ大統領に対北問題から、日本をはずせと申し入れたのでしょう。米中韓の枠組みは既に示されています。中国銀行による北朝鮮口座閉鎖もその表れでしょう。こちらとしては竹島問題もある、韓国側の意見では、それも含めて歴史認識が已然として違うとの気持ちが大きい。竹島も尖閣も、終戦時に米国が曖昧にしてしまったのが良くない。それ以前の歴史を述べれば日本に帰属するものとしても、国際法上では残念ながら戦争による敗戦国を擁護する法解釈はありません。北方領土にしても、未だにロシアとは講和条約が成立していない。それ以前の歴史では日本に帰属することが明らかであっても、敗戦国が負けて土地を返せと叫んでも、ムリ。それほどに戦争の結果と言うものは、理不尽なものである。それをわきまえもせずに、ただ昔と同じような軍国主義を復活させるだけの安倍一派は、危険極まりないものでしょう・・・

日露首脳会談後の記者会見で、TBS記者がメモを見ながらプーチン大統領に、北方領土ではロシアが事実上エネルギー開発をやっている、今回の首脳会談で日露共同で開発と言われても信用できないとの、歴史も何もわきまえていない若い記者にプーチンが、ブチ切れていました。日ロ間では未だに講和条約も締結されていない、そこを基本にどうやって解決するかを話し合っている最中だ!!帰ったら、そノメモを渡した上司に、そのことを言って置け!・・・
政権よいしょするだけのマスコミ、そしてさせる政権・・・アジアの安定と言いながら不安定な方向へ向かおうとする・・・韓国が日本はずしに動き、対米、対中に傾斜し、中国の背後にロシアが控えている構図からして、安倍の口とは反対に孤立化の道を辿っている・・・いやそれも良い、ならばこちらは準鎖国化の方向へ向かうと言うのであれば、話はまた別なのだが・・・。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.251 )
日時: 2013/05/10 10:17:55
名前: 北の国から

 満天下さん、イントさん、愚痴人間さん、お疲れさまです。
 この掲示板はボクにとって、最も精度の高い、貴重でインパクトのある情報の源で、しかも具体的、
オリジナリテイーあふれ、根拠の明確な、勉強のバイブルのようなものです。

 さて、安倍シンゾウさんの「憲法改定」について、新聞、テレビなどで、集中的にいろんな企画が
組まれ、報道がされています。改憲勢力の手口は、かなり巧妙であり、しかも、報道などによると、
全国の「9条の会」(4千くらいあるらしい)が、さまざまな要因で「開店休業」状況ということで、
憲法はいま、たいへん危険な状態にあるようです。
 報道をいろいろ見ていて気がついたのですが、日本国民全体のなかで、戦争とか戦場とかのリアル
な悲惨さを、聞き知ることも含め、激減(もちろん安倍シンゾウさんも含め)しているのでないか、
ということでした。
 僕の世代は、それでも、学校の先生たちの世代が戦争をなんらかのかたちで体験し、そのことを教
室で話してくれたりしともので「日本の兵士の75%は、食べ物がなく餓死した」ことなどを教えて
くれたものです。

 ところが、いまの学校の先生は戦争と戦場の違いもわからない時代の人たち。いろいろ優れた反戦
の小説、映画などがあっても、それを見たり読んでも、実感がないのでしょう。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.252 )
日時: 2013/05/10 10:31:51
名前: 北の国から

 だから「いまのままの憲法では国を守れない」などとバカな政治家が言うと、なんとなく「そ
うかもしれない」などと思ってしまうのではないでしょうか。

 つまり、憲法96条改定についても、確信犯的な好戦勢力、断固として9条は守るという、そ
の中間の、圧倒的多数の国民は、なんとなく憲法改定でもいいか、というところなのでしょう。

 これらの人々を安易に的にまわさず、時間をかけても「戦争は、実は金儲けのためにはじめら
れる」とか「自衛隊が軍になったら、自衛隊は希望者も減り激減し、地上戦に駆り出されるのは
徴兵制による若者」「ひとたび戦争になったら日本の食糧自給率では、国民は食ってもいけない」
ということを知ってもらうことがどうしても必要ですね。

 イントさんが、いろいろな機会でやっておられるように「ことあるごとに躊躇せずに話をして
いく」ということが、とても大切になってきていると思いました。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.253 )
日時: 2013/05/10 10:48:51
名前: 北の国から

 ところが、悩ましいことがあります。
好戦勢力は、この間、「ワンフレーズ」「ポピュリズム」で世論に働きかけて、それは
それで結構効果を発揮しているようなのです。

 ところが、それに対抗すべき勢力が(没論理的な)「ポピュリズム」で反撃していい
のか、しなければならないのか。やはり、時間はかかっても、きちんと論理的に丁寧に
反論すべきなのか、ということです。

 どうも今の「戦争を知らない世代」の人たちには、「インパクト」「オリジナリテイー」、
「分りやすさ」が必要なようです。

 井上ひさしさんは

 むずかしいことをやさしく
 やさしいことを深く
 深いことを面白く

 と強調されたそうですが、これが意外と難しいですね。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.254 )
日時: 2013/05/10 12:07:44
名前: 狂乱化、安倍政治・・満天下有人

<戦争と戦場の違いもわからない時代の人たち。いろいろ優れた反戦の小説、映画などがあっても、それを見たり読んでも、実感がないのでしょう。>・・・

北の国さん、こればかりは、どうしようもないことですね、体験して見ないと実感として分からない。私も戦場の経験はありませんが、B29爆撃機から雨のように降って来る爆弾の経験はありますから、映画一つ見ても実感として伝わって来ます。

逃げ回りながら、戦後に読む軍部の目茶苦茶さ、その方向に持って行った政治、どれをとっても腸が煮えくり返る思いがします。そのことが今正に再現されようとしています。

B29を思い出していたら、何やら社民党の福島瑞穂議員が国会で、太平洋戦争時の米軍によるB29大空襲について政府見解を糺したという記事が目に止まって、今頃何の趣意で質問したのか、意図もよく分かりませんが、多分、安倍内閣によるせっかちな憲法改正を糺す、その一環としての質問であったかも知れません。
あのような爆撃は国際法上の人道に反するかどうか、これもまたおかしな質問ですが、戦争となったら、何でもありなのが現実で、殺すか殺されるかだけが、実戦場の掟になるのに・・・国際法上どうか、正義に反しないか、そんなことを考えて発砲する兵士などいないでしょう(笑)。

これに対する政府答弁の閣議決定は、「米軍による焼夷(しょうい)弾の無差別投下で多数の犠牲者を出した昭和20年3月の東京大空襲について「国際法の根底にある基本思想の一つたる人道主義に合致しない」と強調した」答弁書になっているそうで(産経新聞)。

これに対抗したかどうかは知りませんが、今度は米議会調査局が1日付で、安倍内閣の政策は、その歴史認識によって東アジアの安定を混乱させているだけだとの報告書を、米議会に提出したそうです(東京新聞)。

もう太平洋戦争開戦前の状況と似て来ました。TPPなどで隷属路線を取っているから、まさか米国と対立することは無いにしても、やることが支離滅裂ですね・・・国民一般の認識も含めて机上での空論が流行っております。まあ、許可されないでしょうが、アフガンや半島38度線などを見学させてやれば、少しは実感が伴うのでは・・・

米オバマ大統領は安倍をかなり嫌っているとの論調記事も増えています。嫌われた方が良いのかも知れませんが、嫌われ方の質が、大正末期から昭和初期に日本が見せた政策と似ている所に問題がある。

憲法改正も9条だけが問題ではないのに、改正論議が起こると必ず9条から始められてしまいます。改正反対も左翼による9条問題から入って来るし・・・東大教授で9条の会の事務局長である小森陽一氏までが、もう安倍政権のなすがままになるだろうと、サジを投げてるようでは、護憲派も弱体化したものです。

勿論9条も大きな問題ではあるのだが、しかし9条に留まらずもっと輪を広げて、歪みが沢山出ている国民の基本的生存権という、広角的な視野で創憲を訴えれば、国民の目を開かせることが出来るだろうに・・・ここら辺にヒントがありませんでしょうか・・・

昨日は、長年の懸案であった国民総背番号制も衆院であっさり可決されました。3年後に施行され、国民の個人情報は全て行政によって把握される。使われ方によっては非常に危険でもあり、利便性の面では、行政のコスト削減も可能となる利便性もあるでしょう。犯罪に対する摘発の迅速化も期待できる。嫌な面は、個人が全て監視されることになることか・・・それよりも、背番号制で行政費が合理化されるものか、年間3〜4兆円も浪費している公益法人などのムダも排除できるのか・・・この問題なども安倍が、公共の福祉なる現憲法の文字を「公益に反しない限り」と変えるくらいですから、その公益とは何かを、政官を縛る意味の憲法で、しっかり明示すべきです。罰則強化も含めて・・・

そして個人は監視されても、国民側は政官の詳細監視装置は持ち得ず、精々大マスコミの言う事を信用して、選挙で判断するしか手段を持ち得ない。

米ギャラップ調査では、新聞、TV情報への信頼度が最も高いのが日本だそうで、74%。米国26%、ドイツ36%、フランス35%、ロシア29%・・・逆に日本に近い国は、ナイジェリア63%、フイリピン70%、インド60%、中国64%・・・

先日の長島、松井両選手に国民栄誉賞を贈り、審判まで務めた安倍は夜に、両選手を官邸でもてなしの宴を開いたそうですが、これは国民としての行事で別に良いとして、態々読売のナベツネと日テレの社長までをも招待したと言うのですから、意図が丸見え・・・これじゃあ、国民洗脳も訳もないことです(笑)。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.255 )
日時: 2013/05/10 14:11:35
名前: 北の国から

 満天下有人さん。いつも丁寧であたたかいレスポンスありがとうございます。
 優れた反戦小説、映画などについては、まったくおっしゃるとおりだと、愕然
としながら気がつきました。
 国民栄誉賞など、たいへん胡散臭いと思っていましたが、あのシンゾウさんが
背番号96をつけ、球審していたのを見て「あっ、この人はこのはしゃぎ過ぎで
今度は大失敗するな」などと、あまり次元の高くないことを気がついたりしまし
た。
 それにしても、朝刊、夕刊が宅配され、新聞を読む人がかなり多い国で74%
とは。ナベツネさんが「影のボス」きどりになるのもうなずけてしまいます。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.256 )
日時: 2013/05/10 14:33:18
名前: 北の国から

 ボクも一定の長いあいだ、医療の職場で働いていたのですが、だからというわけ
ではないのですが、国民の基本的生存権が争点になっていた選挙では(その他のさ
まざまな要素があったにせよ)、革新政党が躍進している、という事実は確かにあ
りますね。
 ソ連の崩壊してしばらくの1997年7月の東京都議選では、都の高齢者医療と
福祉の制度をどうするかが争点になっていました。この選挙で共産党は20数%の
得票で自民党についで第2党になっていました。
 ところが、いまでは、多くの有権者が「社会保障制度」を選挙での関心事にあげ
ているのに(これは、かなり普遍的です)当事者の左翼政党の指導的立場のひとた
ちが、このことをしっかり分析していない、ということがあるのではないでしょう
か。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.257 )
日時: 2013/05/10 15:25:39
名前: イントィッション

今朝、NHKや朝日で、夜中にとうとう1ドル100円をトッパ!?!
アメリカの景気回復で、日本の保険会社がドルを買う動きが大きく動いたせいだとか騒いでおりましたが。。。
それと、本当にアメリカの景気が回復したのか??? 
円安誘導は、日本からアメリカへのプレゼントが増しただけなんでしょう。。。
アメリカの雇用情勢なんてよくなっていないのが事実でしょう。。。
そして、他のネットでの情報ですが
  ↓

【エイルズベリー
(英国南部)共同】
米連邦準備制度理事会(FRB)
のバーナンキ議長が、
ロンドン郊外のエイルズベリーで
10〜11日に開かれる
先進7カ国財務相・
中央銀行総裁会議(G7)を
欠席することが分かった。
G7関係筋が9日明らかにした。

バーナンキ議長は、
10日に米シカゴで
金融規制をテーマにした
講演を予定している。

(以下略)

★なぜか同時に郵政の社長の後任が民間企業からということが決定!

ところで、先日あるご婦人に聞いた話なのですが、知人が東京のマンションを数年前に5億円ほどで購入したのが、今年なんと、24億円で売ったそうです! 首都圏の不動産屋は、アベノミクスの経済成長率2%として押上げ強行しているんでしょうね〜。 アベノミクスは金持ちだけが儲かる仕組みでしょう。。。W
しかし、バブルがはじけるのもそんなに遠くはないのに、いったい誰がそんな値段でマンション買うのか??? 何の目的で? 何か臭いですね〜。。。 
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.258 )
日時: 2013/05/10 19:47:20
名前: 安倍の狂乱ミクス・・満天下有人

バーナンキFRB議長が、G8金融首脳会議に欠席するとは、4月下旬にG20首脳会議があったばかりで、短期間に同じような会議に出席してもしょうがない、それよりもシカゴ連銀が主催するシカゴでの国内連銀会議で、シカゴ連銀が金融規制問題を議題にする、更にインフレターゲット2%が未だに達成できないFRB政策批判の会議にもなるようで、バーナンキ学者先生は、そちらの討論に興味を持ったのかも知れません。

昨日円が4年ぶりに100円の円安を付けたのは、米雇用統計が予想より良かったことに加えて、米長期国債30年債入札で日本が、30兆円強の入札に応じるとの予想が流れて、一気にドル買い円売りが進んだことによります。多分安倍による外債フアンドによる米国債買いでしょう・・・そのせいで東京株式市場はここ3日間で計1000円も上昇しております。

安倍が喜ぶ顔が浮かびます(笑)。しかしいずれこのバブルは崩壊するでしょう。その時の影響は平成元年のバブル崩壊よりも、もっとタチが悪い崩壊になることでしょう。と言うのは、前回バブル崩壊までは、我が国財政は今ほど極端に悪化していなかた、むしろバブル崩壊による金融支援で財政が悪化してしまいました。今回はその巨額財政赤字を抱えての崩壊となりますから、かなり質の悪い崩壊になることでしょう。

最も大きな要素は、巨額財政赤字の下で超金融緩和を行い、それが経済成長に結びつかない=平均的国民所得が増加しないことが予想されるからです。すると超金融緩和による国債費を何で埋めるかが浮上して、増税に次ぐ増税となり、加えて市中にジャブついた円の価値が下がり始めて=2%くらいのインフレなどあっと言う間に超えてタチの悪い円安が予測されるからです。悪性インフレになれば名目成長率は上がります。しかし実質成長=国民の可処分所得は増えないとなると、金利ばかりが上昇して生活は逆に苦しくなるでしょう。

これを超金融緩和による国債増発から見ると、悪性インフレを退治するには今度は市中にバラ撒いた円を吸い上げねばならなくなります。バラ撒く時は日銀は政府発行の巨額国債を買い上げて円を供給しますが、逆に吸い上げる時には、今度は国債を市中に買わせて円を吸い上げるのですが、悪性インフレの気配が出ると市中は、嫌だ買いたくないとのムードが広がって来ます。

それでも買わせるには国債利率を引き上げて、これだけ利息を払うから買えとなって、金利が一気に上昇し始めます。金利上昇は、健全な成長期には経済活動を一時的に冷やす目的でやるのですが、現在では金融が金融の為にだけ緩和したものを是正せなばならなくなるので、何の事は無い、今は成長戦略をと言うていますが、今度はそれをも冷やすことになってしまう・・・冷やせば税収が減り金利上昇となれば、一般会計における財政赤字が更に増加すると言う悪循環が、更に財政を悪化させる。目茶苦茶になることが予想されます。実質成長の裏付けが何も無く、円安でトヨタが儲かったくらいのことでは、国全体の成長など望めませんから・・・

安倍が喜ぶ株の暴騰、不動産関連を中心に既に5倍、10倍にもなって、もう小金持ちの国民とて、買えなくなって来るでしょう。後は機関投資家の闘いになり、いくら期間筋といえども青天井に株価を釣り上げることは出来なくなります。平成元年のバブル崩壊は東証大暴落が引き金となりました。それを仕掛けたのは当時のソロモンブラーザスです。大手町、丸の内界隈の株屋に真っ青になって立ちすくむサラリーマン諸氏の顔が、未だに忘れることが出来ません(笑)。

不動産バブルは昔の住専、今では日銀さんが不動産証券まで買い上げて円を供給しているのですからね、アメリカの場合は、サブローン破綻救済もせねばならなかったから、ある種の意味合いはありました。そんな事はお構いなしに大手マスコミは、根拠なき熱狂を煽っていますね、バクチは自己責任であっても、それが国家サイズになると、その結果、苦しい思いをするのは国民である原則を忘れてしまっている、オレはバクチなど張った覚えは無いと叫んでも、国家サイズとしてはそのような結果に陥ります・・・国債過剰発行とて、同じ原理で動いているのにね・・・。

メデイアの言うことを世界一信用する国民性ですから、崩壊しても原因が何だったかも知ることも出来ないことでしょう。歴史は正に繰り返される根は、そこにあると・・・。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.259 )
日時: 2013/05/11 07:39:43
名前: 福島汚染水海へ放出・・満天下有人

連休外遊で安倍が、トルコに原発売り込みにトップセールスの成果だと胸を張っていた事を思い出すにつけ、その後の福島事故処理はどのようになっているのか、検索して見たら東京新聞の記事に行き当たった。

『東京電力福島第一原発の地下貯水池から漏れた汚染水が、地下水によって拡散し、六年後には、原子炉建屋に流入する地下水を減らすために掘られた井戸を汚染する可能性のあることが十九日、日本原子力研究開発機構が原子力規制委員会の検討会に提出した試算結果で分かった。(4月20日東京新聞)

 東電は敷地内に十二本の井戸を掘り、建屋地下に流入する前に地下水をくみ上げて海に放出。地下の水位を下げ、高濃度汚染水の増加を抑制する方針。しかし、試算では地下水の動きが速く、土壌も放射性物質を吸着しにくければ、六年後、井戸の地下水は、海に放出できる放射性ストロンチウムの基準値を超えるところまで汚染される−との結果が出た。東電は重要な汚染水対策の一つを失う可能性もある。
 そればかりか、十年後には、原発前の海も井戸の水と同程度の汚染になる可能性もあるという。汚染状況は、前提条件によって大きく異なってくるが、汚染度はそれほど高くなくても、井戸も海も汚染が数百年間続く、との試算もあった。
 検討会では、専門家が「地下水をくみ上げても汚染されているなら(海へは)流せない。土壌汚染が百年単位で続くなら、汚れた土壌を調べて取り除くべきだ」と指摘。東電は、井戸水の水質分析で調べる放射性物質の種類を増やすなど、監視態勢を強化することで対応していく考えを示した。予測の精度を上げるため、池周辺の土壌を採取し土の中での放射性物質の広がりやすさを分析するという。』

国内では未だに事故処理も思うに任せぬ状態なのに、北アナトリウム断層で巨大地震多発地帯のトルコに原発を売り込んだと、意気揚々としているのは、原発製造会社ならぬ日本国という一国の総理大臣なのである。

ウクライナの原発事故は1986年、当時幼少だった子供たちが成長し、甲状腺ガンが通常の1万倍の率で多発し、今では世界一となったウクライナ甲状腺ガン治療病院チエルノブイリの映像をGyaoで見たが、今でも立ち入り禁止になっているあの広範な地域は、通常の都市部における放射能千倍の値で汚染され、正に死の街の光景だ。汚染水の処理も僅か3%しか処理出来ていない。処理できないのだ。福島ではそれを海に放水するしか手が無いと言うことなのだろう。

安倍は昨日、首相、外相、防衛相を軸とする日本版国家安全保障局設置を閣議決定した。要するに軍事諜報活動を強化することが目的で、原発の危険性、それを代替する資源開発や環境も含む国民安全保障などは眼中に無い。

チエルノブイリ・ドキュメンタリ―映像の冒頭に書かれたトルコ詩人の一節「生きることは笑いごとではない、重大なことなのだ」・・・そんな理念はハナから無い。

理念など無くとも、数を選んでもらった以上、この内閣はやりたいことは全部やるだろう。最高裁による違憲選挙など、0増5減でかわしてしまえば、そのままで行ける。自民議員の誰だったか、島根有権者から1票の格差について文句が出たこともない、最高裁の言う事の方がおかしいと、全く狂乱者としか思えない頭の構造である。
岸家を初め、こんな政治家を出す家系の誰かが、たしなめることは無いのか・・・何?頼んだ覚えは無い、皆がそうしてくれと選らんでくれたのだ・・・ヒトラーと同じような事を言うではない!。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.260 )
日時: 2013/05/11 12:52:09
名前: イントィッション

おっちゃん。。。

やはり、10日に円が1ドル101円になったのは。。。
 ↓
 急落した日本国債!

 ttp://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4452593.html

 日本国債、売買停止に!
 
 ttp://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4452645.html

 なんか、やはり大変なことになっていますね〜。。。

>メデイアの言うことを世界一信用する国民性ですから、崩壊しても原因が何だったかも知ることも出来ないことでしょう。歴史は正に繰り返される根は、そこにあると・・・。

前に、60代のおばさんたちに聞きました。 なんで自民党なんか投票するんだろう?って。。。

そうしたら、みんな贅沢がしたいからよ! と発言! 無知のオンパレード!!!

どうすればよいんですか??? このB層の馬鹿ども!!!
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.261 )
日時: 2013/05/11 13:34:40
名前: 福島汚染水海へ放出・・満天下有人

あはは、イントちゃん、このバカどもを支えているのは、国民ですから、どうしようもありませんね、贅沢をしたいから何んて、人間社会は実物経済があっての経済システムで動いているのに、オカネは天から降って来るかの如く期待するようでは、何も変わらないどころか、崩壊を望んでいるが如しです。

そのオカネが何故回って来ないか、それは実物経済から得た所得の配分が歪んでいるからなのに、そこに目が向かないでは、どうしようもありません。

10年物国債利回りは、0.580くらいで落ち着いていましたが、7日に0.595に上がり、昨日いきなり0.690に跳ね上がりました。先物市場一時売買停止措置もうなずけます。高橋是清以来禁止事項であった日銀が直接国債買いを引き受けたものですから、市場が疑心暗鬼となったのでしょう。国債先物買いがなければ売りばかりとなり、市場で言うところの国債ストップ安となります。長期金利指標である10年物国債が下落、金利上昇となれば不景気にますます拍車がかかって来ることでしょう。

ただでさえ、企業は人件費削減に向かっているのに、どうして贅沢できるのか・・・我が国だけでなく世界が、旧来型の金融主導経済の行き詰まりを見せている時、ただ株高で贅沢できると思うこと自体に、崩壊の足音を聞く思いですね。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.262 )
日時: 2013/05/11 14:24:53
名前: 福島原発事故・・天橋立の愚痴人間

福島原発の事故処理、大変な様相を呈してきました。
地下水の汚染を止めることは出来ないと思います。

大きな工事現場において、地下水位が高い場合(地表に近い)工事範囲の地下水をポンプでくみ上げ下げておいて工事をする事があります(現在は潜函工法や土留め壁の技術が発達して、そういう方法を取らないこともあります)。
地下水位と言うものは、その土地の条件や、季節により異なります。一般的には1.0mも掘れば地下水が湧き出します。
樹木、野菜などは地表面まで連なっている水分を吸い込んで生長する事になります。
当然放射能の影響を受ける事になります。

高濃度に汚染された地下水の水位が上がれば、現在では安全といわれている作物などの汚染は避けられないものと思います。
当面のことだけを考えても、やがては原発の周囲何十kmの範囲の農業、畜産業は出来ません。
勿論、それが海に流れれば漁業もできません。
百年単位で考えれば、末恐ろしい事になります。

要するに、福島県、1県分の国土を放棄しなければならないのではないでしょうか。
復興、復興と無責任に騒いでいますが、復興に予算を使うくらいなら、100万人単位の移住を進めるべきであると思います。
この点、国土の広さの問題がありますが、ロシアの方が理に適った方式をとっているのではないでしょうか。
専門家などは、こんなことは常識であるのでしょうが、政治、行政、電力会社が、それぞれの責任回避の為に、誤魔化し、誤魔化し対策をしているのが現実のようです。

なおかつ、福島の様な事が、あと、2、3箇所で起きることは確実です。(100年単位で考えれば当然発生します、大地震の予知より余程確かな確率でしょう)
今後、考えられるハルマゲドンとは統治の無責任体質と平安を求める大衆の戦いではないでしょうか。

まあ、・・・旧来型の金融主導経済・・・と言う構図もありますが。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.263 )
日時: 2013/05/11 14:50:16
名前: 反当代世間騙し装置・・天橋立の愚痴人間

掲示板などの警鐘も、聞く耳持たない連中相手では無力であります。

最近、近くに住む若手の市会議員氏(35才)に近づき、将来社会の理念を訴えることを試みています。
個人だけに言っていても、その彼が、その気になってくれたとしても、彼が浮かび上がってしまいます。

当面の政治活動は、そのまま続けるとしても、心の奥底にしっかりと将来を見つめて欲しく、さらには、同じ事が考えられる仲間を募って欲しいといっています。

20年30年先の政治の担い手に、本当の事を知っている人間がいなければなりません。
若いだけに、少しは聞く耳があるようですが、何せ、当代世間騙し装置の中の住人です。
福島の原発処理などで言われている施策が、マヤカシであることの説得も簡単ではありません。

ましてや、アベノミクスの落とし穴は理解できても、その対策として、自民党の良識派程度のことを信奉している始末です。
これでは、全くの付け刃に過ぎず、将来を担う理念は生まれません。

市会議員諸氏の大半は、政治ゴッコをして高額な年収を得るのが目的のサラリーマンに過ぎません。
市会に出席して賛否の挙手をするだけで政治ができていると思っている輩です。

しかしながら、県会議員、国会議員などは、その上手を行く連中で、口先がより巧みなだけの代物であり、奴等の多くは市会議員から政治を目指しています。

ならば、その源流を清める事は理に適ってはいるのではないでしょうか。

くだんの議員氏は、謙遜していますが、私が言うことを身につけ、仲間を増やす事ができれば、20年後は国会議員、間違いないと言ってやっています。

「男子、一生の仕事として政治を選んだならば、市のゴミ掃除ばかりに拘って30年を過ごしても仕方がないだろう」と発破をかけていますが、さて、どうなるものやら!
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.264 )
日時: 2013/05/11 17:57:22
名前: 福島汚染水海へ放出・・満天下有人

福島事故のその後は、かなり深刻なものであろうと、素人ながら怖くなるのですが、専門家の立場からの説明を聞きますと、実感として伝わって来ます。場所によっては1mも掘れば地下水がわき出て来る、それが汚染されているとすれば、地下脈で繋がっていることからして、汚染範囲が広がることは訳も無いことでしょう。
被災地県及び周辺県の農業の方は罪も無く、ほんとに気の毒なことですが、野菜を買う時には産地をよく見て買う事にしております。しかし関東圏では西日本の野菜の出回りが少なくて一番近い静岡産でも見つけようものなら、ほっとする有り様です。

まあ、放射能のことですから、拡散が全国に広まっていると思えば産地区別も意味がありませんけど、やはり気分的には西日本産のものを探したくなるのが人情です。

それにしても事故の時、菅直人首相の復興諮問会議では、高台に街を移設するとかの案も出ていたのに、政治の世界で議論された事も無く、全く真剣味が感じられません。影響については別にチエルノブイリまで行かなくとも、すぐそこに現場があるのに、放射能が目に見えないものだから実感として分からないのでしょうか、ならば原発再開議員どもは、事故跡地に1年くらい住んで見せて欲しいものです。

まあ、そのお若い議員先生、まだ聞く耳があるだけましなのでしょうが、それでも実感として理解出来ないのでしょうね、福島ではまだ目立つ後遺症患者は出ていない、ならばチエルノブイリにでも視察に行って欲しいものです。特にそちらは原発銀座の地でもありますから、原発閉鎖は身近な問題でありましょう。

チエルノブイリ病院に詰めかけている多数の男女の若い被害者を見ていると、居たたまれない気分に襲われます。一生、恐怖を背負ってこれから生きて行かねばならない、身近にそんな他力による被害者が居たら、とても黙って居れるものではありません。

問題は原発だけではない、既に重層構造になっているのに、分からない者には分からないことなのでしょうか、それでも経験者からの説得を捨てると、もう何も手立てが無くなります。
くどいくらいに色んな話をされることを祈ります。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.265 )
日時: 2013/05/12 07:10:14
名前: イントィッション

おはようございます。。。

 今朝 早く、ラジオのニュースでG7の金融部門の会議で、麻生と日銀の黒田総裁が出席! Exchange Rateのそれぞれの通貨安誘導は禁止すべきである! と発言されています。 
 そして、ヨーロッパ、特にドイツでは自国の経済は引き締めをやっております。 ところがアメリカはもっと金融緩和すべき!と噛みついております。 そのアメリカの言うとおりにやっているのが、日本だけです!!!
 これはただ単に、戦争に負けたからアメリカの言うがままの政策をしているのではなく、安倍をトップに財務省の仲にも統一教会などの北朝鮮人脈のカルト宗教団体が潜んでいるものと思われ、日本を経済破綻させるために政権を盗んだようです!!!
 そして、ブタ積み麻生や黒田総裁は、またも言い訳! ★★★私たちは円安誘導しているのではなく、デフレをストップしているだけである!」と。。。 嘘八百を申す盗み政権!!!

安倍は、自分たちのせいで、日本経済が破綻するかもしれないので、破たんした場合、首相官邸に押し寄せてくるかもしれない群衆を創造し、首相官邸には住めないのでしょう!!!

ところで、G7ということは、中国が加わっていない様子ですね〜。。。このへんが気になります!!!
ロシアなどとのブリックスを進めているのでしょうか?!?
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.266 )
日時: 2013/05/12 10:07:46
名前: 意味ないG7・・満天下有人

お早うございます。

先月のG20のすぐ後のG7ですから、特に目新しいものはありませんね、G20では通貨安競争の為の金融政策を先進国がやるべきではないとの、新興国からの文句が出ていましたから、G7では、建前上では諸国金融政策は為替レートを目的とするものではないと、G20の顔を立てて一応そのように言っただけで、中身はお互い沈滞から脱却できない経済の刺激の為に超金融緩和は、お互いやりましょうと、暗黙の了解の場にしたのでしょう。

後付けになりますが、FRBバーナンキ議長の欠席も、G20での共同声明を意識しての欠席ではなかったかと思います。それとG7は約2年ぶりの7か国だけの開催で、元々ロシアも中国もメンバーではありませんから、特に欠席、出席とかの事は関係ありません。

お遊びに近いG7でしたが、意味の無いことでもありません。と言うのは、ECBも利下げに踏み切りましたから、米、EU,日本と超金融緩和選手がスタートラインについたことになります。お隣韓国も利下げを決定しました。どの通貨もジャブつき始め、世界悪性インフレの芽がそろったとも言えます。その警鐘が感じられると言う点で、意味はあるかも知れません。それを前提として、これで世界経済が回復するなら結構ですが、金融破綻による経済沈没を、ただ金融政策だけで回復できるのか、ある意味ではバクチで失ったものは、バクチで取り返せとの俗諺が有効である場合もあるでしょうが、社会全体のこととなると、それだけで世界金融恐慌を回避できるものなのか・・・

昨日、米在住の友人からの円暴落後の世界をどう予測するかとの問い合わせにレスした事ですが、未だに金融技術を巡っての金融技術でどう対処するかの議論と会議ばかりでは、根本から何も解決出来ないだろうとレスしました。為替のギクシャクは、フアンダメンタルズから仕組みを変えない限り、何も変わらず、同じ危機の繰り返しになるに過ぎないと思います。

そのフアンダメンタルズとは、戦後世界経済の回復枠組みとしてドルを世界基軸通貨にしたブレトンウッズ体制の抜本見直しをしない限り、何も変わることも無いでしょう。実際の問題として、ドル基軸による世界取引決済となれば、規模の拡大に比例してFRBはドルをフル回転で印刷せねばなりません。まあ、その回収は米国NO。1を維持出来てる時は、米国債買いなどでドルは米国に還流してくる構造が続いて来たのですが、サブローン破綻を切っ掛けにドル安に舞台が暗転し、米景気も泥沼に入って来て、しかしそれを回復する為にFRBは超金融緩和をやっているのではなく、巨大金融資本救済の為にドルを撒いているのですから、それを以って経済のフアンダメンタルズが回復するものでもない。米失業率が一進一退であることに、その効果の限界が出ている訳でしょう。

G7を欠席してシカゴ連銀会議に出席したバーナンキ議長の発言に注目しておりましたが、やはりこれ以上の緩和は悪性インフレを誘発するか、もっと見極めたいと慎重な発言でしたね・・・恐らく大金融資本がもっとやれと巻き返してくることでしょう。金融緩和に踏み切ったECBドラギ中央総裁もゴールドマンのOBです。大金融資本の意を仲介してドイツにも金融緩和を求めましたが、ドイツは依然として諸国の財政規律を回復させることが第一だとして、米国意向を跳ね返しているようです。

それとG7のメンバーではありませんが、ブラジル初の女性大統領ジルマ女史も初訪米で、オバマにアメリカの超金融緩和でブラジルにもバブル悪影響が出ているから、少し手加減せよと正面から文句を言っておりました。ドイツ・メルケル首相とこの二人くらいですね、本質をしっかり把握しているのは・・・

世界同時超金融緩和で、さてこれからどうなることやら・・・何だかドルにユーロに円、そしてウオンなどなど、山積みになった紙屑籠に手を突っ込めば、どれでも拾える錯覚に陥ります(笑)、人間とは怖いもので通貨に対する錯覚が嵩じて来ます、通貨価値の毀損でこれが悪性インフレの芽を育て始めることは、世界経済史上、何度もあったことです。問題は超金融緩和の出口をどう抑えるかに、かかって来ることでしょう。目下の所では金融技術的には金利を上げるしか知恵がありません。諸国通貨安競争をやって且つ、金利引き上げて通貨回収を始めれば、世界同時株式の大暴落となるでしょう。その時影響を回避できるのは、経済を担保しているのは国民生活者であるとのフアンダメンタルズをしっかり守って来た国だけとなるでしょう。

ジョージソロスなど、日本国債暴落のシナリオを既に描いているフシもあり、よだれを垂らしながらチャンスを伺っているかも(笑)。スペインやポルトガルの驚異的な失業率が、世界規模で覆い、ペンペン草で命を繋げることが出来るだろうか・・・そうか、モンサントの出番があるか(爆笑)。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.267 )
日時: 2013/05/12 13:12:28
名前: イントィッション

>ジョージソロスなど、日本国債暴落のシナリオを既に描いているフシもあり、よだれを垂らしながらチャンスを伺っているかも(笑)。

やはり、おっちゃん、これ見てください。。。
  板垣氏のコメントです。。。W。。。
   ↓
1ドル=110円が近づくにつれて、ジョージ・ソロスらユダヤ・ファンドの動静に警戒感が強まっている
 
 ttp://foomii.com/00018/2013051207000015488
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.268 )
日時: 2013/05/12 22:52:27
名前: 国際投機筋・・満天下有人

あはは、ジョージソロスにジュムロジャーズ、少し冗談めかして名を出して見ましたが、有料貼り付け資料は、何だか画面が行ったり来たりでログインできません、言ってることはほぼ推定出来ます。

冗談めかしてと言う意味は、ソロス単独で日銀を相手に、1兆円やそこいらの資金で日本国債突き崩しは、難しいと言うことです。日銀が通貨発行権者として先物市場で買い支えに入れば太刀打ちできない・・・その気になればいくらでも資金は印刷できますから・・・しかしヨダレを満足させることは十分出来ます。それも単独でなく、国際投機集団は連絡を取り合って集団で仕掛けて来るものです。

ソロスが単独で仕掛けたと言われる92年の英ポンド暴落、ソロスは1兆円ほど利益を上げたようですが、売り浴びせ資金は世界の富裕層がスイスなどに隠している資金を(1説に1000兆円と言われている)糾合して共同投機が行われたものと推定されます。

66年のポンド暴落の時、英諜報機関MI6が調査したところ、投機主力は、超富裕層の資産を預かっているスイス銀行が束になってポンド売りの仕掛けをやったことが判明し、当時のウイルソン首相は彼ら集団を「チューリヒの小鬼ども」と名付けました。このスイス銀行を実質仕切っているのは、今更言うまでもないことですね。そのリーダーとなったのがジョージソロス、彼もまたそのスイス銀行を実質的に取り仕切っているロ家で、若い頃金融修行をしています。

まあ、投機集団というものは裏で囁かれている間は動かないでしょう。密かに準備に数年かけて、頃合いを見て一気に仕掛けて来るものです。ジムロージャーズの金買いもそうでした。たかだか$200/1オンスであった金が、あれよあれよと言う間に$2000にまで高騰しました。彼らが理論的な裏付けを用意して金は上昇すると言い出した時は、既にタップリ買い込んだ後です。

今回、国際投機筋が日本国債暴落説をチリポリ出し始めているのも、少しは先物売りポジションを仕込んだからかも知れません。米30年債利回り、我が国10年国債の利回りが一日おきに乱高下し始めたのも、その兆候かも知れません。10日に国債先物市場が停止状態になり利回りが急騰(国債価格はその分急落)した状況を日銀は、取引高が急増してシステムがパンクしたと説明しているようです。まあ我が国の国債は政府・日銀、市中金融機関による価格安定操作により、先物市場の取引高も14日わずか3兆円程度のものですから、超金融緩和による国債売買が増えて旧式システムがパンクしてもおかしくないし・・・

問題は国家金融システムを混乱させる国際投機筋がいつ動くかです。でも18世紀と違って、国家買収が目的でなく、巨額利ざや稼ぎが目的でしょうから、利益が達成できたら引き上げてしまう。その手法からすれば、日本国債先物市場で国家支配を狙った投機ではなく、相手が国家戦略的に出てくるなら、政府が償還期限到来で償還出来なくなった時に、日本国債現物を大量に引き受けて、日銀勘定の対外債務を膨らませて、日銀をFRBやECB、或いは中国銀行の支店にして、支配するかも知れません。最新の日銀統計では外国保有高が84兆円になっており(全体の9%に増加)、トップは中国の約18兆円、以下、英国11兆円、米国10兆円、フランス5兆円で、仮に中国が積極的に保有を増やしてくれば、尖閣問題でガタガタ言うことも難しくなってくることでしょう。そしてアメリカです。国内国債最大保有機関である郵貯、カンポ(合計で約350兆円)の株式放出が決まれば、先ず郵政の大株主に納まり、その後、保有国債をいかようにも動かすことが可能になる。

外国資本自由化は進んでいますが、いまだに郵政の自由化は先送りされているのは、外資による自在操作を懸念しているからで、単に生保商売を寄越せという単純な話ではないからです。郵政だけで350兆円もの国債保有があって、国家経済政策上、時限爆弾を抱えているようなものですから・・・

投機筋は儲けたらそれで目的達成、一時的に金利暴騰で金融システムに混乱は起るでしょうが、国債デフオルトは彼らがやるのでなく、大量発行し日銀にお札を刷らせて引受けさせた、正に我が国政府・日銀が償還借り換え不能を切っ掛けにその引き金を引くことになるでしょう。

朝日がスットン狂に、昨年度末国債発行残高が992兆円に達した、今年は1000兆円台を突破するとか、びっくりしたような記事を流しておりましたが、バカじゃないかと思いますねぇ、既に日銀は超金融緩和で2年間にわたり毎月7.5兆円を政府から買うと決定しており、これだけで180兆円、その他に270兆円の資金供給を行うと決定、その中は市中保有の国債買いがある訳で、これで計450兆円増えます。別に増えるその利息約14兆円は、どうやって財源手当てするのか、結局その分も新規国債発行して賄うとすれば、2年後には発行残高約1500兆円になるのに、1000兆円超える!などとと今頃ノー天気にびっくりするとは、バカじゃないかと思いますね・・・

気持ち悪いのは、恐らく今回の超金融緩和は、予めFRBと打合せ済のことでしょうから、そしてソロスともなれば、情報は事前に得ている筈で、これで株が倍くらいに上昇すると見て既に巨額の利益を得ている筈です。その上で国債暴落を言い出しているとすれば、いずれ株も売りに回るぞ、との暗示につながって来ます。今日明日ではなく、恐らく日銀が2年間に亘って超資金供給をやる2年後辺りが要警戒になるでしょう。そして日銀の目算、後500兆円くらい国債増発があっても、日銀自身が国民金融純資産がまだ約500兆円あることを、一番良く知っていることですからね。つまり最終的には国民が全て借金清算するということです。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.269 )
日時: 2013/05/13 08:51:12
名前: 安倍騙し装置崩壊(1)・・満天下有人

民主党政権の時の山田元農水大臣が先月、アメリカ議会を訪問し、安倍がTPP参加でコメなどの例外聖域があると、鬼の首を掴んだような帰国報告をしていたが、米議会で確認した所、あれは真っ赤なウソであったと、日刊ゲンダイ記者とのインタビユーで暴露している。

以下引用

『米国のスタンスは、入りたければ入れてやる。
山田正彦元農相らTPP慎重派が先月末、訪米した。米国の国会議員やUSTRのカトラー代表補や業界関係者との面談を重ねたのだが、そこでハッキリ分かったことがある。日本のTPP報道がいかにデタラメか、ということだ。山田氏が語る。

「安倍総理は『コメや牛肉や豚肉などの重要5品目の聖域は認められ得る。認められなければ、撤退すればいい』と言いました。そこでカトラー代表補に『そうなのか』と確認すると、『コメにおいても例外は認められない。輸入を一定程度抑制するセーフガードや関税の長期間据え置き(段階的に廃止)はあり得るが』というのです。私は昨年1月にも訪米し、USTRの幹部に会った。その幹部も『米韓FTAを読んでください。それ以上のものをTPPで日本に求めます』と明言しました。コメが聖域なんて、とんでもないのです」

 米韓FTAで韓国はコメを例外にしたと報じられたが、実際は違う。2014年からコメの関税を段階的に廃止することになっていた。日本にも同じ手法で関税撤廃を迫る。それも韓国をしのぐ期間でやらせる、ということだ。

 コメすら例外(除外)にならないのだから、牛肉や豚肉など他の重要品目が聖域になるはずがない。自民党は「コメなど重要5品目は除外、関税は維持、(守れない場合は)脱退も辞さない」と決議文には明記した。しかし、到底、実現不可能だ。安倍首相は国民を騙(だま)しているに等しいのである。

「そこで、自民党の決議文を英訳して米国の国会議員に見せたんです。彼らは『こんな決議が出ていたのか。通商代表部に確認してみる』と驚いていました。基本的に米国は『日本はTPPに入りたくて入りたくてしようがない』と思っている。だから、交渉で譲歩して当然と思っている。日米ではまったく認識が違うのです」

 山田氏が今回の訪米で驚いたのは、米国内にもTPP反対論が渦巻いていることだ。
「自動車工業会会長は、日本の交渉参加に反対です。さらに米国の国会議員134人がTPP反対に署名をした。共和党はこれまで党員の63%が自由貿易推進だったが、今は63%が反対と逆転しています。世論調査でも、自由貿易への反対が10年前は68%だったが、昨年は78%になった。企業が政府を訴えられるISD条項にいたっては、米国の50州が反対です。米国はメキシコとカナダの北米自由協定(NAFTA)を経験している。その際、メキシコから600万人の不法な移民が入ってきて、最低基準より低い賃金で働かせられた。そうしたら、それに引きずられて米国人労働者の賃金も下がったのです。TPPに代表される自由貿易は1%の多国籍企業のプラスになっても、99%の国民にはマイナスになる。そうした認識が米国で広まっているのです』

・・・山田元農水大臣は、日刊ゲンダイ動画で、共和党議員でさえTPPに反対している実サイン入りの反対署名書まで見せながら話されていたから、立場が反対であってもTPPに関わる米国側の聖域はないとの推進派の話も事実だろう。問題は、安倍が帰国機中で、米側とのやりとりでは聖域は無いとの結論だったことを隠すために、帰国後のコメントを機中で書き換えたとの噂記事もあったが、ウソをついていた事が証明された事にある。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.270 )
日時: 2013/05/13 10:32:09
名前: 安倍騙し装置崩壊(2)・・満天下有人

騙し装置を背負って安倍が再度登場した時から、ウソつきが再開されることは、見え透いたことではあったが、これでは単なる幼稚なウソつき子供にしか過ぎない。単なるバカであることが証明された。
余りにも幼稚だから、ウソがすぐにばれてしまう(笑)。

歴史認識がおかしいことも、韓国、中国から指摘されているだけではない。アメリカ命!!とするその米国からでさえ、あいつは戦時体制日本帝国主義を復活させようとする危険なリーダーであると決議される始末だ。参院質疑で95年に当時の村山内閣が、過去の植民地支配と侵略を謝罪した所謂村山談話を以って、日本の公式な歴史認識とされ、講和条約締結諸国も、それで一応のケリがついたとしていたものを、安倍は参院で、安倍内閣として、それをそのまま継承している訳ではないと答弁したから、中国、韓国が怒りだし、アメリカもハタと困ってしまって、安倍嫌いに転じてしまった。中国、韓国の手前で困っただけでなく、米国の東京大空襲は国際法違反の人道主義に反するみたいなことまで言い出したから、さすがのアメリカも、真珠湾トラウマが語り継がれるアメリカとして黙っている訳には行かなくなった・・・

お友達の菅官房長官が、発言が誤解されたものだと火消しに躍起になっているが、そんな見え透いた誤魔化しが通用する筈も無い。帝国主義的復古調は、憲法改正案にも示されていることだ。天皇を元首とし、美しい日本を取戻し、国防軍を設置し、内閣に諜報機関を設置し、公益に反する国民を規制し・・・以下ズラズラと復古調文が続けば、誰しも村山談話否定は本音であると思う筈だろう、思わないのは日本大マスコミと多数の日本人だけである。韓国世論が日本に対する感情が悪化したが74%にまで急上昇しているのに、そうは思わないが我が国世論では37%しかない、その事自体に安倍のウソが見抜けない国民性を如実に示しているのではないか・・・別に、だから中国や韓国が全面的に正しいと言ってる訳ではない。少なくとも負の歴史を背負ってしまったのだから、矛盾したことを言い訳する姿に、潔良さが全く感じられない。

風向きが具合悪くなったと感じるや、今度は参院選争点から憲法改正をはずしにかかっている。そしてTPPもバレたからには、これもはずしたい事であろう・・・単なるバカだからまた見え透いた方向転換のバカ行為を重ね居る(笑)。曰く「生活、景気、経済が争点になるだろう」・・・だろうじゃなくて、都合が悪くなった政策項目を、確信的にはずしにかかったと言うことではないのか・・・

復古主義であるなら、それはそれで一貫すればまだ筋としては通るのだろうが、一方で国民にウソまでついて、米TPPに何としてでも参加しようとする、復古主義なら断固としてTPPには参加しないと言うのかと思ったら、スタンスが正反対と来る、バカを通り越して分裂症併発かとさえ思えてくる。参院選の争点は、国民生活になるだろうと、まさか裏で小沢一郎に相談した訳でもないだろうが、言い出したことが小沢と同じなのだ(笑)。シンゾーが初当選した時、母親が小沢一郎に土下座して、この子を一人前にして下さいと頼んだとのエピソードもあるから、今回相談したとしても、あながちウソとも思えない。

いずれにせよ、昨今の安倍政治を見ていると、バカに加えて分裂症併発しているとしか思えない。個人なら病のことは言うべきではないが、一国の総理であり国の行方を左右されるのだから、モノ申しても何の不都合があるものか・・・何?、公益に反する、だから憲法で規制してやるんだ?総背番号で監視するのか(笑)。参院争点を国民の生活にすると言うなら、お前達が創った、屋上屋を重ねる負担増加の後期高齢健保制度など廃止せよ、インフレになるなら、さっさと年金デフレ減額分を元に戻せ!超金融緩和で景気は良くなるのだろう?ならばさっさとやれ!。




メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.271 )
日時: 2013/05/13 12:26:49
名前: 限りなき競争社会・・天橋立の愚痴人間

もう、40年近く以前の話しです。
大阪で、ある小さな建設業者の幹部に聞きました。

「会社を大きくするのは馬鹿でも出来る」

今から思えば、社会が右肩上がりの時代であったので、これを言った人の先験性に関心しました。
建設業などは請負契約なので、安くすれば幾らでも受注できるのです。

その言葉を切実に感じたのは田舎へ帰ってきてからです。
田舎では、田舎で発注されるであろう、総工事量が、おおよそ計算できます。

人口2万人くらいの宮津市の域内に限って計算してみましょう。
土木工事も含めて年間の発注量を100億円とします。

これに対して請負業者は50社としましょう。
完全に平均すれば1社当たり2億円、この工事をこなすことで得られる荒利は、1割から2割、平均で3000万円。
その中から人件費に当てる事ができるのは、半分の1500万円。
実際には、やり手社長を擁する企業が4〜5社あり、彼等で40億円くらいの受注をします。
1人当りの人件費は社会保障料などを含めて500万円前後で、従業員は20人がせいぜいです。

残った60億円を他の業者が分け合うとして、平均受注量は1.3億円。荒利は、2600万円。人件費は1300万円。
1人当りの人件費は社会保障料などを含めて400万円前後で、従業員は3〜4人がせいぜいです。

この様な条件下で企業を大きくすることは、他者を食いつぶすと言う事です。
冒頭で言いましたように、相手を食いつぶし経営規模を大きくすることは工事を安く受注することでたやすく出来ます。
ある会社が新たに年間工事量、10億円の企業に成長する代わりに、8社がつぶれる事になります。
理屈においては結局、10社くらいが生き残り、彼等で新たな競争が起こり、最終的には1社のみとなるでしょう。
戦国時代と同じように、国内の統一がなっても他国との紛争が起きます。
この過程において競争、競争で無理をするので、結果、独裁企業とならない限り、企業の経営体質は悪くなってゆきます。

実際に最近景気が悪いせいか、工事量が減り、多くの業者がつぶれています。
それも、比較的大きな企業ほど比率が大きいのです。

何が言いたいかと言いますと、域内の工事発注量に見合う受注を想定し、成長よりも、それなりの上得意を確保し適正は規模の経営を続ける方が安定すると言う事です。

当地で言えば、100億円の発注が、景気に左右されて70億円になっても、そのうちの3〜4億円の受注を確実なものとし、其れに見合う最適の会社経営をする方が企業の安定を得て長続きすると言う事です。

より具体的に言えば、時代によって増減が激しい大工事(ビル)の受注に血眼になるよりも、時代の影響の少ない住宅建設に主眼を置いて、工事量の半分くらいを確保すると言う経営戦略です(年間6〜7軒)。

それか全国制覇を目指すかですが、かつて織田信長や徳川家康が、悪戦苦闘してなしたように、誰でも成せる事ではありません。

多くの場合は、自分の器量、周りの環境に合わせて生き残る道を選ぶべきですが、この様な簡単な理屈が、なかなか体得できないようです。

解っていても、無意識の内に競争社会に没頭してしまうのが人間の性のようです。

「大きなことは良いことだ、大きくなければ生き残れない」

ことを合言葉に競争に明け暮れるのが現状です。
社会の隅々で!

最も、私が言っていますことにも、大きな問題があります。
経営規模が長く変わらないと、従業員の高齢化、人事のマンネリ化が進み活気がなくなります。

さて、皆さんならば、
どの様な会社経営を選ばれますか。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.272 )
日時: 2013/05/13 13:48:53
名前: イントィッション

>経営規模が長く変わらないと、従業員の高齢化、人事のマンネリ化が進み活気がなくなります。

>さて、皆さんならば、
>どの様な会社経営を選ばれますか。

三菱重工と住友重工がぼろ儲けしてきた原発の下請け事業! 古株が今度はグローバルにインド(国民が川にまで飛び込んで反対デモをやった!)やトルコに原発を造りに行く! 馬鹿ゲリゾーがトルコにまで受注しに行ったゴールデンウィーク! (苦笑。。。

経団連の米倉カビの生えた事業でしか儲けることができないらしい爺は、猛毒、爆弾ともいえる遺伝子組み換えのモンサント(後ろでロックフェラーが支配)をTPPで日本に進んで拡張させたい! それももう20か国以上の国々が協力してモンサントと戦おうとしているのに。。。 

もしトルコやインドで、原発の爆発などが起こったとしたら(多分イスラエルの悪魔マグナBSPが、また監視カメラと称して原発の中に入り込むでしょうから)、日本は両国に訴えられるかもしれない未来!!!

中国やロシアやブラジルなどでは新しい通貨を決めているような気配で、お古はユーロとドルと円とウォンの自由化や民営化と言いながら、実際はユダヤ金融のカビだらけの既得権者の略奪社会構造にまかれてしまっていることからまず脱却することから創めないといけないでしょう!!!

それには、やはり自給自足!が第一歩でしょう。。。 それをやれるほんものの政治家を期待したいです〜。。。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.273 )
日時: 2013/05/13 13:58:42
名前: イントィッション

>いずれにせよ、昨今の安倍政治を見ていると、バカに加えて分裂症併発しているとしか思えない。個人なら病のことは>言うべきではないが、一国の総理であり国の行方を左右されるのだから、モノ申しても何の不都合があるものか・・・>何?、公益に反する、だから憲法で規制してやるんだ?総背番号で監視するのか(笑)。

はい! 戦争を煽る分裂症です!
 ↓
 ttp://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/008/181/20/N000/000/009/136840563450113206231_bakasen.png

 やはり、統一教会の北朝鮮人脈で、昨日だったか朝日放送で、朝鮮総連を買おうとした池口とツーショットで写っている写真が、小泉と二人分でていましたよ〜。。。

 北のミサイル発射するかもしれない〜かも〜、しないかも〜、やっぱりしない〜ガキンチョと日本の戦車でアベノヒットラー分裂病は一緒にしておきましょう〜。。。(苦笑。。。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.274 )
日時: 2013/05/13 21:47:36
名前: Re限りなき競争・・満天下有人

橋立さんの話を聞いて、サラリーマンに成りたての若い頃の経験を思い出しました。

高度成長期が始る2年前の頃で、戦後回復の為に、外国に太刀打ちするために、国内パワーを結集し効率化する為に、競争よりもまだ政府による産業護送船団方式が行われておりました。

私は食糧分野でしたが、輸入原料の配分はシエアが政府によって割り当て制度になっており、そこから川下に向かって末端実需に基づく2次、3次業界があるのですが、そこへのシエアを伸ばせば(競争)原料のシエアも伸びる訳です。
ノルマと言うより業績評価がありましたから、若い頃だしよし!がんばって目に物を言わせてやろうと張り切ったのですが、当然ながら壁と言いますか矛盾に突き当たってしまいました。原料売上増につながる二次、三次実需拡大に新アイデアを出しても、根元の原料は、それぞれの系列4大メーカーの寡占状態で(70%)、しかも政府によってシエアの枠が決められておれば、末端シエア拡大によってこれこれの原料増加になる、よって割り当て枠を増やせと言ってもダメ・・・

自然の帰結として、ならばこちらが開発した二次、三次実需向け原料を、残る30%のメーカーに対しお宅の売り上げ増やしてあげるからと、ニッチャー作戦で原料枠を取りに出る・・・すると、今度は系列取引を乱す行為であるから許可しないと上層部かにストップがかかる。ならば業績上げろというノルマを廃止してくれと、酒席で食ってかかって人事考査で減点を喰らう(笑)。

簡単に言いますとパイは一定なのに、競争によってそれを拡大しようとする矛盾に突き当たってしまったということです。橋立さんの話と共通するものがある訳です。視野を広げて申せば、パイは既に満杯、新たな成長を模索する競争ならともかくも、さような分野は極めて限られており(=成長の限界)、しかし一方で競争心を煽られて、ぼんやりしていたらクビだと言うような、矛盾した社会構造になってしまっているということでしょう。

その競争の質が昔と完全に違うものなってしまいました。言うまでも無く金融資本によるTOBが許可されたということです。ある1企業が苦心惨憺して安定基盤を築くと、待ってましたとばかりに金融力でTOBをかけられてきます。だが社員は、もたもたするな、開発能力の無い会社は乗っ取られるぞ、さようなハッパがかかって来て、そんな角度から競争を強いられる。

成長には限界があるものです。無限の発展などあり得る筈がありません。さような段階に地球は到達してしまったのに、一方で競争なる言葉は相変わらず闊歩している。昔を思い出しますと、シエアが決まっているフイールドでは、いくら競争してもムダ、ならばそれに安住する方が楽だ・・・しかし若い血潮がそれを許さない(笑)、競争無き社会で何の発展があろうか、と(笑)。

難しい問題です。余り若い頃から競争心を失くす、失くさせるのも問題があります。しかし安定が一番だとして、それに安住させないようすにするには、どのような新たな概念を創らねばならないか・・・単なる安住と言う意味でなく、共生して行かねば世界は生きていけない状況になっている、しかし新たなものも開発して行かねばならない、それは競争でなく新たな共生の為にである・・・それが説得力あるものかどうか、ポイントはそこにかかって来ることでしょう。その意味で、前提としてのお互い安定経営をしようとの姿勢に、別におかしなことは感じません。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.275 )
日時: 2013/05/14 21:56:52
名前: シンゾーの教育・・満天下有人

そうですか、東北被災地視察の序に、災害で避難していた航空自衛隊の曲技飛行隊ブルーインパルスを慰問・・・やはり軍事オタクのシンゾーとしては、たまらず操縦席に座はらねば気が済まなかったのでしょう。迷彩服を着て戦車にも乗ったことでもあるし、三軍の長としては戦闘機にも・・・

母親思いのシンゾーは、その所為か未だに首相公邸には入らず、母親と一緒に住む自宅からの通勤のご様子、あるいは何時、腹痛再発するか、心配された御母堂の指示によるものか、ま、そんなことはどっちでも構わないことですが、どうも一国の総理としての発言、行動も心配なのでしょう、母親としては幼少の頃から、岸家政治の血はこの子にと決めたものだから、手元に置いて毎日、業務考査をしておかないと、心配で堪らないのかも。

母『政治家、特に首相ともなれば、個人の気質を政治家として出してはいけません。使い別けが大事であることを忘れてはいけません。時、場所を良くわきまえなさい』

シンゾー【だってママ、戦車や戦闘機見ると、矢も楯もたまらなくなって、どうしても乗りたくなってしまうの・・・信介爺様の血を引いているから・・・それに爺様だってアメリカについて、安保を改正したでしょう?ボクが憲法改正すると言うと、どうしてみんな怒るの?・・・】

母『そこを上手に分からないようにやるのが、総理の腕なのですよ・・・TPPもそうですよ、上手にアメリカ様のご意向に沿わねば、せっかく信介爺様が線路を敷いたのに、台無しにしては、岸家の沽券にかかわって来ますからね・・・』

シンゾー【でもママ、選挙前にアメリカの言う事だけを聞く積りは無いと、公約してしまったし、オバマさんと会って、向こう様が譲らないと言ったら、どうしよう・・・】

母『その時は、お仲間がついてくれているでしょう、帰りの飛行機の中で、上手に誤魔化すことを相談しなさい。国民はそのうち忘れるものです。見て御覧なさい信介爺様を、安保反対でお腹刺されてしまっても、あの左翼ガキたち、時間が経てば、何もかも忘れてしまって、民衆も経済成長で喜んでしまったでしょう?何も怖れることはありませんよ・・・』

シンゾー【でもボクちゃん、経済のことなぁ〜んにも分からないし・・・】

母『だから選挙前に言ったでしょうが、国民の前にオカネをばら撒きなさい、そちらに目が行ってしまい、他のことは時と場所を間違えなければ、チヤンスは必ずあります。オカネばら撒きの方法は、ほら、アメリカのマネタリズムと仲の良い東大の浜田とか言う教授が居るでしょ?その人に予めお膳立て理屈を考えてもらって、あんたはそれに乗ってれば良いのです、アジア開銀の黒田とか言う人も居るでしょう?・・・彼らに理屈を創らせて、もしうまく行かなかったら、彼らのクビを切れば良いのです、何もあんたが責任を取ることはありません。そこを上手に使い別けるのが総理の腕なのです。あんたは子供の時からオチョボ口で、慌てるとまくしたてるクセがあるから、十分注意しなさい。』

シンゾー【でもママ、ボクちゃんどうしても戦車、飛行機に乗って皇国ニッポンにしたいのです・・・】
母『慌ててはいけません!チャンスはあります!韓国、中国相手に従軍慰安婦のことで、歴史認識が違うと言ってはいけませんよ、黙ってノラリクラリかわすのです。

シンゾー【でもボクもう言っちゃったし・・・】

母『大丈夫、お仲間の菅官房長官が、尻拭いしてくれてるでしょう?お前の本意ではないと・・・慌てて大阪維新の会の橋下のように、兵隊には娼婦が必要だなどと、けっして本音を言ってはいけません!使い別けるのです、上手に・・・』

シンゾー【でも夏の参院選挙が気になるなぁ〜、大丈夫かなぁ〜ママ・・・】

母『大丈夫です!!昨日の民主党の反省会見てごらんなさい、あのていたらく、国民はみな、ソッポを向いてるでしょ!維新の橋下はあんなこと言って、あんたはとにかく本音は隠して、オカネばら撒き続けると言っておれば、それで良いのです、民衆は必ず目が\テンになってそっちに気を取られる筈ですから・・・』

シンゾー【ママ、いつもほんとにありがとう、これからも家から通って大事にするからね、長生きしてね・・・】


まさかこんな会話をしている訳でもなかろうが、最近のシンゾーの行動発言を聞くにつれ、些か妄想と相成ってしもうた・・・ガハハハッ!!。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.276 )
日時: 2013/05/15 11:37:04
名前: 薄気味悪い金利上昇・・満天下有人

超金融緩和へ踏み切る前の指標・10年債の利回りは0.5%くらいで、実施後に0.56くらいに上昇、先週半ばから0.59に跳ね上がって、10日金曜日には0.69へ急上昇・・・昨日は麻生財務相の長期金利容認発言が加わって0.85!!今朝の9:30には0.90と高値追い・・・

昨日は財務規模が小さい地方銀行が、これ以上国債価格が下がれば自己資本比率が悪化することをことを嫌って、一斉に国債売りに出たものだから、長期金利が急上昇。

これじゃあ、連動する住宅ローンの負担が増し、それ以上にムリしてマンションなどを買っていた生活者たちが、元本返済にも困って、政府はモラトリアム政策=元本返済の繰り延べ、つまり金利だけ払っておけば返済期間に猶予を与えていたが、長期金利上昇となれば、利払いだけでも負担が大きくなり、苦しい者は益々苦しくなり、景気回復に水を差すことになる。

一般事業でも、元々投資先も無くオカネは銀行にジャブついていた訳で、その上に金利上昇となれば零細企業など、更に経営が苦しくなる。

実質経済の立て直しから入らず金融政策から入れば、斯くの如くになるのは当然の帰結である。金融デリバテイブ工学の発達?で、国債までがその中に組込まれている以上、いくら政府、金融当局が0金利政策を取っても、金利は0が最低値でそれ以上どうすことも出来ない。それでも尚、低金利政策が効果を発揮するには、どんどん通貨を増刷、供給するしか手が無くなる。ところが通貨供給の手段である国債が発行過剰になってくれば売るに売れない(買い手が減少して来る)状況が出て金利が上昇し始める。

この基本パターンが現れたのが、超金融緩和以降の現象、とりわけ先週半ばからの今日までの金利の動きに出て来た。
国債価値減損を回避する為に今度は株式市場に投機する傾向に拍車がかかる。一般庶民がそこで住宅ローンや重なる初回保険料の増加を稼げれば辻褄は合うのだが、そんなことを出来る訳も無い、だって何時どうなるか全く分からないバクチの世界なのだから・・・ここも金融工学デリバテイブによって、株が上がったと言うても、持っている株が適格に上がったのならともかくも、マスコミが囃しているのは日経平均が上がったと言うことだけなのである。その平均とは先物指数で連動されているから、先物が上がれば平均株価に組み入れられている225種類が、それぞれに2円、5円程度で現物上げに寄与しているに過ぎない。日経平均先物で儲けることが出来るのは巨額資金を持つ大フアンドや金融機関だけなのである。で、そこでの利益が生活者に分配されるかというと、一部の富裕層が儲けるだけで、国全体の調和のとれた底上げにはならない。

経済の根本が未だに金融力で動かされているようでは、国富の上昇には結びつかない。その根底にあるのが国債までもが、金融システムに組み込まれて、金利の動向を左右し、財政圧迫に拍車をかけるだけで、最後は増税なる不特定多数の国民負担によってしか清算されないのである。

そもそも超金融緩和で金利を下げるのが政策であるとの説明ではなかったか、それが当然の帰結として、成長を見れる前に成長を抑える長期金利上昇となって出て来た。

そして肝心の成長政策は未だに固まっていない。せいぜい原発売り込みと株高程度なのである。
順番が間違っている・・・先ず成長に至らずともその前に、何故大多数の可処分所得が増えないのか、先ずそこから考えて、そのために必要な金融緩和はどれくtらいになるのか、順番としてそうあるべきなのだが、それが出来ない、何故か、答えは決まっている筈である。その答えに手をつけることが出来ずに金融から入るところに、人類の限界が既に見えているのに。





メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.277 )
日時: 2013/05/15 15:11:00
名前: イントィッション

今日、TPP参加問題について、生活の党の青森県の平山氏が、安倍のTPPについてのあじゃふじゃな態度を問い詰めました!!!

衆院選で、ぶれない! TPP反対! 自民党! と書かれたものがありましたが、今は静かになって、TPP賛成にいなおりました。

今度の参院選、自民党はTPP賛成を掲げて、選挙に臨むこと約束させました。

さて、さて、あの嘘八百の安倍が、参院選でどのような公約を掲げるのでしょうか?!?

母と子の会話、すご〜くよかったです!!!
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.278 )
日時: 2013/05/16 10:40:44
名前: もんじゅ、運転再開停止命令・・満天下有人

原子力規制委員会は、敦賀原発もんじゅの、1万個に及ぶ安全性の点検が信頼できないとして、再開準備中の運転再開差し止めの命令を下した。加えて、もんじゅ真下に活断層があることも正式に認定した。
これに対する日本原電の反発がふるっている。この損失をどうしてくれるのだ、損害賠償を国に求めることも検討し、その損失を電気代値上げで補填せざるを得ない。

こいつらの頭の中は、ほんとにどうなっているのだろう、公共性などについて思いが向くような、一片のかけらも無い。電力などと言うものは、最も公共性が高いものの一つではないのか、人間生存を危険に晒すことと、ただ利益を天秤にかける浅ましい姿、政治を始め何もかもが己の生存だけを軸にするような事が、大手を振ってまかり通っている。一体いつからそうなってしまったのか。

原発については、そのものだけに焦点を当てるべき問題でも無い、巨額のオカネを投入して、未だにプルサーマル燃料を取り出して原発に使う六ヶ所村の処置は、そのままにされている。
原発反対の機運があるのに、六ヶ所村の処置を放置しているのは、核兵器開発を温存しているからだと見る疑いが持たれている。

「The Wall street Journal, May 1,2013」
・・・The Rokkasho reprocessing facility, based in Japan's northern Aomori prefecture, is capable of producing nine tons of weapons-usable plutonium annually, said Japanese officials and nuclear-industry experts, enough to build as many as 2,000 bombs, although Japanese officials say their program is civilian.

記事の趣旨は、原子力規制委員会はもんじゅの運転再開を認めないだろうと5月1日に予測し、日本は現在、新たなプルトニウムを核燃料として必要としていない。六ヶ所村の処置を明確にしない以上米政府が「日本は核兵器を作るつもりか」と勘ぐるのは当然だ、としながら、六ヶ所村の再処理工場がフル稼働すると年間9トンのプルトニウムを抽出できる。核兵器2千発分だ。安倍政権の周辺からは、日本が核武装すべきとの世論を盛り上げようとする動きがある。日本外務省は、06年9月に、日本が核兵器を作るとしたら3−5年の時間と3000億−5000億円の経費がかかると試算した核武装議論のたたき台となる報告書を作っている。これは防衛省が作成したものでなく外務省が作った報告書らしい。いずれにせよ日本は核兵器を作る方向を模索していると考えられる。

まあ、このような論調なのだが、例えばトルコへの原発売り込み契約後、放射能廃棄物は近場のフランス・アレバ社に任せるとしても、インドへ売る原発の燃料廃棄物は、六ヶ所村が引き受けるとでも約束したかも知れない。ここにもただ儲ければ良い、リスクは密かに引き受けると言うさもしい根性が透けて見える。もんじゅ停止に反発する日本原電など、過去の黒いカネばら撒きなど既に知れ渡っているのに、それでも尚、損害を補填しろというさもしい根性は、どうやって養われたのか・・・

とにかく、この国はほんとに理解し難い国だ。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.279 )
日時: 2013/05/16 12:57:11
名前: 原発・・・天橋立の愚痴人間

「敦賀2号機廃炉濃厚 地元は反発 「3000人の仕事消えた」
産経新聞 5月16日(木)7時55分配信

 原子力規制委員会の専門家調査団が日本原子力発電敦賀原発2号機(福井県敦賀市)直下に「活断層がある」と評価した15日、地元では「拙速な判断だ」と反発の声が上がった。廃炉を迫られる可能性も高まり、原発敷地内を走る断層が活断層である可能性が指摘されている他の5原発の地元でも「人ごとではない」と衝撃が広がっている。

 ◆「拙速な判断だ」

 「ただでさえ原発が停止し市民生活にかなりの影響が出ているのに、敦賀市にとってさらに厳しい結果になってしまった」

 今回の規制委の判断に、敦賀市の幹部は衝撃を隠せない。別の担当者は「規制委はまるで廃炉に向かって突き進んでいる印象だ」と語った。

 敦賀市は原発関連収入に依存せざるを得ない状況にある。人口約6万8千人の住民の多くが原発関連企業に勤めているからだ。市によると、原発の定期検査に従事する関係者はピーク時で約8500人。市の担当者は「原発が止まってから約3千人の仕事がなくなった」と打ち明ける。

 活断層の調査をめぐっては、事業者に意見を表明する機会を認める前に結論を出したことに拙速との批判も出ていた。敦賀商工会議所の有馬義一会頭(71)は「幅広い分野の有識者らの見解の集約がなされていない段階で、見方によっては『結論ありき』とも受け取れる」と批判した。

 ◆「人ごとでない」

 今回の規制委専門家による決定は、敦賀原発同様、敷地内に活断層があるとの見解が示されている原発の地元にも、暗い影を落としている。

 東北電力東通(ひがしどおり)原発(青森県東通村)の立地県、青森県の担当者は「決して人ごとではない。今後、敦賀原発がどうなっていくのか注視したい」と話す。

 調査が終わっていない北陸電力志賀原発(石川県)が立地する志賀町の担当者も「もし廃炉にでもなれば地元への影響は計り知れない」と“戦々恐々”だ。関西電力美浜原発(福井県)のある美浜町の担当者は「どういう科学的根拠でまとめているのかしっくりこない。地元が納得できる説明がない」と反発した。

(引用終わり)

産経新聞の記事だから、文言自体は信用できないとしても、このような風潮は原発立地の地域で共通するようです。
原発の安全性に自信があるなら、何も僻地を選んで建設する必要などないはず。
多くの人が原発を認めるならば、その証拠として大都市周辺に設置すればよい。

選挙ではないが、今のままでは憲法違反である。

第一、福島の事故以来、2年間、殆んどの原発は止まったまま。
電力が不足すると言う理由は根拠がなくなった。

火力に変えて増加する燃料費も、福島の様な事故が、今後100年間に2、3箇所で起きるとすれば高い代償でもない。
それよりも、何よりも、金がないなら辛抱することである。

家庭での電力消費を節約するよりも、もっと、もっと節電できる要素など、ありあまる。
多くの人は、金がないからと言って、銀行強盗などしないはず。
金のせいで原発建設を認めると言うことは、殺人未遂を認めるという事になる。

物質文明の栄華になれた人々は、限りなき欲求を満足させる事に慣れ、自己主張に節度がなくなった。
狂爛した文化の後は衰退が待っていることであろう。

どの文明も、そうして滅びた。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.280 )
日時: 2013/05/16 13:34:17
名前: イントィッション

>これに対する日本原電の反発がふるっている。

>とにかく、この国はほんとに理解し難い国だ。

昨日も、日本のNHKや他のどこのメディアのニュースも、まるで運転再開差し止めが悪いことのように、巧みな言葉で視聴者:日本の国民の頭脳を操っているのがまさに、ロックフェラーをトップとする、EUと米国と日本だけの三極委員会の支配でしょう!!! ただのやらせです。。。

年に1度開かれる、ここも悪魔ロックフェラー財閥がトップに、国の汚染や環境などを一切考えない、自社の利益だけのために従事する原発で大儲けした住友重工の米倉が経団連の会長をしていること自体がもう日本は終わりなんでしょう。。。 TPPといい。。。

ところで、何やら、小泉の秘書官をしていた飯島がまたTVのまえでお目見えしてきたことが、そして、大きく報道で取り上げられていることに違和感を感じます。。。 

つまり、今、ここでネット上で18万人と言われる安倍の統一教会の手下どもが、国会の質疑で安倍が出ている動画などで、安倍を持ち上げている似非右翼団体が、なになら急に静かになってきているんです。。。

どうやら、7月の選挙戦で、ここにきて、TPP反対! 嘘つかない、自民党! を批判的なことが多くなり、下関の市長選でも生活の党が推薦していた候補者が安倍が推薦した候補者を3倍上回って勝利したことや、関西では、維新の会が全滅で負けている選挙などもあり、もしや7月の参院選で、負けては、ロックフェラー様に日本の国民の財産を差し上げることができなくなると、考えて、7月の選挙戦を考慮して、拉致被害者を何人か取戻し計画があるのではないでしょうか!?!

つまり、やらせで拉致被害者を返す! ということです。。。 キム ジョウンには、参院選で統一教会の会長の安倍が総理を続けることができれば、おこぼれやるから! 数名ほど拉致被害者を返せ! ということを裏でやっているのだと思います。。。

そして、報道機関が、すばらしい! 安倍首相は、拉致被害者を数人か、数十人か、横田めぐみさんか、助け出しました! 安倍さんが首相になってやはりよかった! これからもずっと首相続けてほしい! みなさん、拉致被害者を助けることができるのは自民党しかおりません! こんどの参院選はぜひ自民党に投票してください!!!
株も上がっていますし、みなさん、投資している人は儲けているでしょう! こんなことがやってのけれるのは自民党だけです! みなさんぜひ、自民党に投票よろしくお願いします! 

なんて、もうシナリオが決まっているんでしょう!!! バカバカしい!!!

原発も同じ! TPPも同じ! 

現に、今朝のブルームバーグで、(このニュースは、ほとんどEUと米国と日本だけの株価動向についてしか話しません!)ここへきて、日本の金融緩和が壮大で、ドル高が進み、石油の株が上がるのと同時にアメリカの他の社の株も自動的に跳ね上がった! それで、FRBは金融緩和を取りやめた! とありました。。。

奴ら、日本の原油高(農業用、ガソリン用、工業用などで、相当円安で国民はひどい目にあっているのに!)だけでも相当な日本からの儲けでしょう!!! それに加え、日本の過激な金融緩和で、アメリカはホイホイしてるでしょう。。。

おい! 竹中! 隠れていないで、TVに出てきたらどうだ!!! 

TVであたかも北朝鮮の拉致被害者の問題を、大きく報道させて、裏で、こそこそアメリカにお金を渡しまくっている事実を知らされない!!!

おい! 日本の報道機関は、ビルダーバーグ会議の秘密事項を経団連の米倉からしゃべらせるように努力しなさい!!!



やはり、猛毒抗がん剤やワクチンなどや、遺伝子組み換えの新種で、突然変異でできる菌や虫! ロックフェラーの支配下のモンサント社やアクア社は恐ろしいことしか考えていないことがわかりました。。。
明日にでも数字が立証しているので、そのまとめをまた書きたいと思います。。。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.281 )
日時: 2013/05/16 17:59:12
名前: Re原発・・満天下有人

それにしても行政の原発感覚、ぶったまげて腰が抜けそうになります。何時起こっても不思議ではないこの地震国にあって、科学的根拠が無いと言うに至っては、福島事故も大ナマズによる仕業であると言い出しかねません。科学的根拠があろうとなかろうと、結果としての放射能汚染は、現実の事であり、そんなことも分かっていないのですね、一度福島残骸の中に、無防備で放り込んでやればどうでしょう、一網打尽にしてチエルノブイリへ連れて行くとか・・・

福島事故の時も、どこの村でしたか、村長が後遺症を受けてもそれが顕在するのは孫の代だ、そんなことより目の前の補助金を貰おうではないかと村民に言ったら、拍手が起こったと言う話もありましたね。

東京都は、当時の猪瀬副知事の推進もあって、コストの問題で休眠中大井重油火力発電所をガスタービン火力発電所への改造が実施されたと思います。出来ないことは無い筈です。ガスの輸入が増えると言うなら、そもそも第一次資源の無い我が国では、手立ても無くなってしまうウランや原油の代替も出来なくなってしまう・・・

これは国家政策が強力に変更されないと、個々の地方行政、原子力村の抵抗に任せる問題でも無いのにね。丁度、日銀白川前総裁が、超金融緩和するには、前提としての国家経済政策があってのことで、金融当局にばかしオカネを刷れということでは危険だとの指摘にも通じる、同じ本質を内蔵する問題です。エネルギー政策を国家体系として抜本的に改造しないで、規制だけに頼ると、バカ行政の斯くの如きのバカ発言が横行してしまいます。

それが国のシャッポが、トルコやインドに原発売り込んで悦に入ってる有り様ですな・・・正に現代における文明崩壊の兆しを見る思いがします。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.282 )
日時: 2013/05/16 21:10:47
名前: 金融制度の大改革・・・天橋立の愚痴人間

「金融制度、大改革案」

世界中の金融機関を全て国有化し、預金利子は一律、1%、貸し出し利息は、2%とし、それで賄えない経費は公費による。
金融機関の営利事業は一切出来ず、貸し出し先も、具体的な事業や運転資金以外の投機的なものは全てなし。

株式の取引は、全て額面金額により、株式を所有する利益は配当のみとする。
巨額の資金を企業が捻出することは、殆んど不可能、株式を大量発行しても、一株あたりの配当が極度に落ちるので応じる投資家など出てこない。

結局は金融機関から借り入れるよりない。
金融機関は、貸し出しの回収は厳しく行い、個人、企業に関わらず、相手が倒産しようが、しまいが取り立てる。
これによって、倒産企業は続出するが、一方で新たな企業が生まれる機会が多くなる。

企業活動はより流動し、雇用も流動する。
これが自然の市場主義経済のシステム。

投機による金融支配はなくなり、堅実な経済の仕組みが復活する。




「経済の話し」スレッドで書いた、下記の問題が、我々のための、経済のシステムを破壊していることへの反省である。

>「貨幣の独走」

個人個人がその「労働」を交換の現場である「市場」で、不変性を持つ「貨幣」に置き換えた段階で、経済の運動主体そのものとなった貨幣を、自らの企図のために使いたいという動きが出てきた時に、貨幣自体を流通させることに「価値」が生じた。

そして「利子」とは人間の世界に「時間」の概念が導入され、貨幣や交換が人間の欲望を無限に引き出し、そのことによって永遠の増殖を始めた時、誕生した貨幣経済の嫡子である。


???

ユダ菌が震え上がる改革案!

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.283 )
日時: 2013/05/17 10:04:14
名前: 策略に利用される拉致問題・・満天下有人

ご家族には誠に気の毒なことだが、小泉当時の主席秘書官、現内閣官房参与飯島氏の訪朝を巡って、この問題解決の当初から、日朝双方の謀略、なかんずく北の見え透いた戦略に、分かっていても乗る、乗らざるを得ない日本政府の対応に拉致家族は翻弄されて来た思いを新たにする。

家族にとっては謀略だろうが何だろうが、とにかく解決してくれ、残された家族とて高齢化し、時間に余裕があるわけでもないから、その角度から考えると、何も言えない。カネ、モノで解決出来るなら、それも仕方が無いとさえ思う・・・

一応、国家の形を取っている北が、韓国の締め付け強化によって対韓潜入工作が困難となり、日本人に成りすまし謀略工作が最も手っ取り早いとして、その教育係り、或いは工作員そのものとして日本人を拉致し始め、国家が他国民を誘拐すると言う人道問題を超える事件の真相が明るみに出て来た。それ以前では国会で取り上げられても竹下登首相などまともに取り上げず、拉致家族の有本さんが、当時の社会党党首であった土井たか子に救出を頼み込み、最初は受けた土井も何故か時間の経過と共に、北がそんなことをする筈がないと、奇怪な行動に転換。超党派国会議員による拉致者救出連盟の会長に納まった自民党の中山正暉など、訪朝後突然に拉致問題は幽霊論議のようなもので、実態は無いと豹変。右も左系も土壇場になると腰砕け、小泉とて一部は手柄は立てたものの、最後の詰めで甘くなってしまった。ここに口に出せぬ日本政界と半島におけるドス黒い癒着が土壇場で妨害要因になっているのではないかとの妄想を産んでしまう。

今回の機運は、4月の段階で飯島参与がどの政治番組だったかで、横田めぐみさんを含む解決を示唆していた。謀略情報臭いが、今夏参院選が7月29日の予定、その前の7月20日に北が万景号で残る拉致者を日本へ送り返す、首脳会談は安倍でなく小泉を特使とするなどとの怪情報も出ていた。

・・・今回状況と2000年前後の状況に似ているものがある。

あの頃では、北は異常天候で食糧に困っていた、同時に米国による北の核ミサイル開発に神経をとがらせていた。食糧支援問題では田中真紀子議員が新潟のコメ50万トンを支援する議員運動を起こしていた。それに対し支援しても拉致者を帰す保証は無い、食糧支援反対議員も出て、土井たか子などは、援助は援助、拉致は拉致問題として切り離して対処すべきと主張。

2002年に小泉が訪朝。こちらは被拉致者17名に対し北は13名として、数が合わなかったがキムジョンイルは、2002年9月の小泉との首脳会談で下っ端が勝手にやったことと言いながらも拉致を認め、一応謝罪し、蓮池さんなど5名を一時帰国の形で日本に返したものの、居座ってしまった帰国者に態度を硬化させ、残りを解放しなかった。拉致家族の怒りが頂点に達した為に04年5月に小泉は再訪朝、何とか帰国した被拉致者の子供さんたちは取り返した。

田中真紀子は外務大臣をクビにされた腹いせか、第一次訪朝で小泉は官房機密費3億円を北に渡し、第二次訪朝では5億円を渡したと当時の衆院選で暴露していた。その後、在日総連集会で小泉は、態々演説を行い、在日戸籍や選挙権のことにも触れていた。

当時の状況と今回が似ている環境として、当時の小泉による日朝間交渉による拉致問題解決も、米国に助太刀を頼んでも米国は、北の核問題として扱い六か国協議を中心にしてしまい、国際枠による解決の思惑からはずされてしまった。北も拉致問題は02年の小泉との首脳会談で解決済として、その後はその立場を守り続けている。北内部でキムジョンイルのトラウマが払拭できる変化があるのかも知れないが、突然の進展が見れそうなのだ。

今回の再交渉を持ち出したのは北なのかこちらなのかは定かではないけど、2000年前後でも米国の締め付けがきつく、北は息が出来ない状態の時に、拉致問題を取り上げることに同意した。
今回は核ミサイル発射問題で中国が米国と歩調を併せて中国銀行による口座閉鎖措置を取り、北は貿易も出来ない状況に落ち入っている。日本が参院選前で、昔と似たように選挙前に拉致問題を持ち出せばまた、カネは出すだろうとの思惑が透けて見える。

そしてせしめたカネでまた核開発を進める可能性はあるだろう。田中真紀子がばらしたように、小泉訪朝で計8億円の貢をやった、いや実際はもっとであろう、その後北は核開発を加速させている。

したたかな北相手では、手口は分かっていても乗らざるを得ない事情は分からぬでもないが、どうもキチッと詰め切れないのは、こちらが何か握られてしまっている黒いものがあるからではないのか。

あっちにもこっちにも海外援助する撒きカネがあるなら、この際、それを纏めて北交渉の資金に使い、一気に清算する爆弾を投げては如何か。小口ダラダラでは、こちらが何かを握られている以上、永久に難癖つけられるだけであろう。拉致家族が気の毒である。

そのカネで北がまた核開発をやったら、こちらは既に拉致問題を片づけておれば、今度は六か国協議でも核問題を討議できる。弱みを消しておけば・・・。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.284 )
日時: 2013/05/17 22:49:54
名前: 策略に利用される拉致問題2・・満天下有人

韓国から帰国途中の米デービース北朝鮮担当特別代表が来日し、外務省に対し今回の飯島内閣参与の極秘訪朝について、何故事前連絡をくれなかったのかと、怒りを露わにしたそうだ。

それにしても飯島参与が4月の段階で日朝首脳会談もあり得るとほのめかしていたのだから、世界一の情報分析で鳴るアメリカが、その時点でどうして水面下の工作をキャッチしなかったのか、どうやら政府は、気づかれないように相当の極秘作戦を展開していたようだ。横田さんご両親も全く知らなかったと困惑していると報道されているから、真の目的は拉致問題では無く、ある目的の付随事項として拉致問題にもつながるとの訪朝ではないのか、そんな感じもする。外務省が今回飯島参与の訪朝で必ずしも残る拉致問題が解決に至るとは思っていないとのコメントにも、何か別の目的が本筋ではないかとの憶測も出て来る。

先だって鹿児島の最福寺の池口恵観が、朝鮮総連本部の土地建物を45億円で落札、何でまた寺が朝鮮総連の本部を落札するのか、怪訝に思ったものだが、これは別に不思議でも無い。池口法主は政治坊主で永田町では有名。国際政治ジャーナリストで政治評論家の歳川氏によれば、朝鮮出身の小泉の父純也氏は、鹿児島から苦労の人生を始め、途中でとび職刺青大臣と言われた又次郎大臣の娘(純一郎の母)と恋仲になり、自民党政治家になったと言う。同じ鹿児島の縁で小泉家と池口恵観法主との関係が親密になり、小泉純也自民党議員が北朝鮮帰還運動に身を挺した時も池口法主は支援したのであろう。(池口は61年に起った元陸軍士官学校のOBによるクーデター事件=三無事件の手引き者、当時馬場自民党議員の秘書の立場を利用し、国会内電源や防備装置の見取り図を渡していたとする疑惑でも起訴されたが、無罪)

その縁で池口法主は北朝鮮幹部ともツーカーの間柄になり、今回の朝鮮総連本部差し押さえ競売についても北幹部から、在日本部は事実上の北朝鮮大使館である、和尚の力で何とか維持して欲しいとの依頼があって、鹿児島の一お寺が落札したという経緯がある。

そもそも朝鮮総連本部の差し押さえは、各地の朝鮮信組がバブル崩壊で破綻、そこが持っていた総連への債権を整理回収機構が買い取り、資産である本部不動産を競売にかけて、池口法主が落札。その資金45億円は都銀や地銀が融資すると言っていたものが、総連とツーカーの仲である池口法主となると、総連をそのまま居座はせるリスクを感じ、土壇場になって落札資金の融資を中止してしまった。池口が積んだ5億円の入札保証金も没収されてしまった。

さてその資金をどうやって工面するか・・・大風呂敷を広げた手前、ピョンヤンにはどう説明するか、いきなり安倍・キムジョンウンとの首脳会談でなく、小泉を特使として立てるとの噂にも通じる何かがあるのであろう、それが総連資産保持のことではないのか。そして資産保持の資金は日本政府が面倒を見る。表向き財源は残る拉致被害者の救出返還費用に含める。

一見宙に浮いてしまった総連資産競売と関係が無いように見える今回の飯島訪朝。実は拉致救出と関係がある。辻褄が合う筋書きではなかろうか。事実とすればうまく考えたものである。米国にも事前に言えなかった筋書きは、そこにあるのではないのか、アメリカ命と思っている安倍が、どうしても隠しておきたかった理由は、その程度のことではないか・・・逆に言えば米国としては、何だ、そんなことだったのかと、上げたコブシを降ろすかも知れない。
付記すると、安倍も池口とは昵懇の間柄である、ツーショットの写真も沢山出回っている。安倍が腹痛持病で内閣を放り出した時も、池口は、ここは一旦しりぞけ、必ず復帰する、させると言う事で安倍もあの時は引き下がったという説もある、有難いお経ではあった(笑)。しかし今回の飯島訪朝をばらした北朝鮮に対し、極秘計画メンバーは激怒しているようだが、これもより多くオカネを引き出させる工作と見れば、いつもふんだくられてばかり(笑)、拉致解決はかくして何時も、策略に利用されて来た、民主党菅総理も半島との黒いカネのキャッチボールもそうであった。被害者家族が気の毒になる。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.285 )
日時: 2013/05/17 23:41:02
名前: 死にそこないの亡霊の訪朝(飯島秘書官)

あっはっは、

ですね!

40億や50億の金で、北朝鮮のメンツを買えるとでも思っているのでしょうか。
拉致問題を金で解決するならば、2桁、いや、4桁が違う話でしょう。

やはり安倍の個人的な思惑から発しているのでしょうね。
飯島にしても、政治屋の懐刀としては使えても、とても政治的理念がある人間とは思えません。
飯島を内閣参与として、一体、何を期待しているのか、バカバカしい。
一介の政治屋秘書、秘書と言っても政策など持ち合わせていない下らぬ過去の人間の教えを請わなければ、安倍内閣は何も出来ない、クソ共の集まり。情けない。
そんな奴の発想で、事を進めるから、このような事態になってっしまう。
クソ、自民党の影で、蠢く程度のものを表に出すこと自体、無理と言うもの。

奴が北朝鮮へ行っても単なる使い走り以上の事はできず、ひたすら将軍さまの情けにすがって行ったのでしょう。
会っていただく程度の、情けは受けたようですが。

ですが、時期が悪かった。

米、韓、中で日本抜きの会合が持たれていた矢先、北朝鮮の機嫌を取りに行くならば、米、韓、中を寒からしめるほどの裏技を用意するならば、ともかく、安倍の遊びに過ぎないと解れば、子供の喧嘩沙汰と、永久に、米、韓、中に馬鹿にされるでしょうね。

橋下の従軍慰安婦発言と時期を同じくして、日本の政治屋どものレベルの低さを世界に知らしめる結果となりました。
もはや、国民が恥ずかしいですね。

飯島の訪朝!

今後、どのように、けじめをつけるのでしょう。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.286 )
日時: 2013/05/18 01:09:29
名前: Re死に損ない亡霊の訪朝・・満天下有人

北京に回って記者団に捕まった飯島のコメント・・・一切何も言えない。長時間の会談で中身は有意義だった。

100兆円ぶっかけられて、何も言えないか(爆)。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.287 )
日時: 2013/05/19 10:28:44
名前: 訳が分からぬ飯島訪朝・・満天下有人

飯島訪朝の報告を受けた菅官房長官、「帰国後に報告を受けるつもりだ」・・・・帰国後、「重大な問題を含んでいるから、内容については申し上げられない」・・・

重大な問題とは何か、考えられる項目は、拉致、カネ、核及びそれに関わる事項しかないのだが、どれを取っても今更ほぼ推定がつくことばかりで、新たな重要とも思えるものに行き当たらない。

どちららから今回の会談が仕掛けられたのか、日本側のコメントから推察するに、大分に出向いていた安倍首相は「拉致問題は私の内閣で最終的に解決したい重要問題である」とコメントしているから、参院選の追い風としてこちらから日朝首脳会談を申し入れたのか。

だが帰国前に菅官房長官が態々「帰国後に報告を受ける積りだ」との発言からすると、飯島参与が訪朝することは知っていたが、政府の指示では無く、私的な訪朝だから事後に報告を受けなけれればならない、とのニュアンスが感じられる。

北の報道官は、目下諸懸案が山積になっている状況では、諸国が集まって協議する必要があり、今回の飯島単独訪朝は何の役にも立たないとコメントしているし、これも勘案すると日本側から何らかの打診があったから飯島訪朝を受けたとのニュアンスも感じられ、総合して何やら政府公式の動きによるシナリオによるよりも、別のグループが飯島を利用したとの筋書きの方が、理屈に合ってくる。

飯島参与は会談において、拉致問題、核問題抜きの話では、今後の会談は難しいと自らコメントしていたから、その点では北からの誘いに乗って訪朝したという感じもする。拉致問題、核問題は今更の事ではないし、第一米韓がそのことでは正面から封じ込めていたのだから。そんなことを今更日本が条件として飯島を訪朝させることも考えにくい。やはり私的目的をカムフラージュする為に、あたかも政府の意向を受けたように見せかける為に、一丁前に核、拉致問題を出したのかも知れない。

カネの側面から推測すると、朝鮮総連資産保持に動いた鹿児島の最福寺が、資金調達に失敗、その穴埋め工作をこちらが仕掛け、拉致問題を絡める口実に使った。飯島が、拉致問題解決につながらないなら、今後の進展は無いとのコメントにそれが伺える。まさかたったの50億円くらいの在日資産のことで、態々北が対日工作を始めたとも思えない。内容が重大な事を含むから発表できないとする飯島発言は、むしろ巨額資金を提示され、あるいは中国によって封鎖された銀行取引の穴を、日本が埋めてくれくらいの要望が出されて、飯島は腰を抜かし、よって重大な事項となり公表出来ないと(笑)。

こちらがケチな目的の為に訪朝したことが逆に、北の調略に利用されてしまった観が強い。極秘の訪朝の筈が待ち構えていた北の報道機関に一斉に映像化までされてしまった・・・孤立化しかかっていた北にとっては、米韓中日の包囲網を、日本崩しからテストして見た光景だ・・・序に巨額資金及び物資のねだりを吹っかけてみた・・・

先週は、人間が本来持つ劣情を巡って、慰安婦騒動が蒸し返され、大袈裟にも歴史認識にまで事が荒立ってしまった。常識で考えれば、人間による本能行為は、社会制度としては暗黙のこととして触れないのがマナーというものだ。現実はあっても国が公式なものとする訳にも行かない。慰安婦問題をいつまでも相手が言うからという理由があっても、それに態々反論してもどうにもならぬ問題であろうに、社会制度的にその正当性を言い出せば、女性からの反撃は分かりきったことであろうに。それを歴史認識にまで絡めてしまうことは、こちらが子供感覚丸出しであることを暴露するに等しい、しかも政治の場においてなされるとなると。

飯島訪朝の子供的外交も含めて、子供国家になり申した、なって既に13年も経ってしまった。1〜3月の名目GDPは4%近いとはしゃいでいる。円安のお陰だと言う。3月期全上場企業の営業利益は11年に比べて10%増加したと言う。当たり前の話じゃないのか、東北大災害時の全上場企業の経常利益は約16兆円、原発事故も含む大災害による特別損失は5兆円もあったから営業利益は11兆円くらいだったか。

大災害から2年経過し、災害復興経済行為もあったろうし、特別損失の計上も無い。利益が元に戻っただけの話である。安倍のミクスにすぐに結びつけるところも、子供騙しいに過ぎない。今後10年間で農家所得を倍増させるのが、第二次成長戦略だと宣たまい出した。基礎食糧の輸入ドアは開け放しで、農産物輸出で所得倍増させると言う(笑)。垂れ流しながら実入りを計るというのだから、もう言うこと無し。何やら果実をお菓子にすれば輸出倍増となるらしい(笑)、いや別にやっても構わないことだが、それで以って大きな国家経済の背骨が出来るものでもない、子供が考える範囲内のことだ。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.288 )
日時: 2013/05/20 15:46:29
名前: イントィッション

早く、アベノミクスなんて言葉は無くなってほしいですね〜。。。

このごろ、ジュリーなんとかっつ〜、ロックフェラーと同じ人種の白人金髪の女優が、お婆さんが乳癌になったことがあり、それで、遺伝子検査を行ったところ、子宮がんと乳癌になる確率が80%以上と高かったので、癌にもなっていないのに切除したというニュース! 

それをネタに、日本でも同じように、遺伝子組み換え検査じゃ〜なくて、遺伝子検査をやって、癌になる確率が高いと癌になる前に切除しょう! と検査と手術を煽っています。。。 検査にかかる費用は20万円以上! 検査だけですよ〜! 遺伝子は遺伝の子供なんだけど、突然変異が多いか少ないかということが遺伝子で本当にわかるんですかぁ〜??? 

医療界の御用学者の発言ではないんですか〜???
最近、癌になる人が二人に1人と確率が多くなりました〜。とテレビで発言してますが、本当にそんなに多いのですか〜??? では、どうしてそれだけ多くの人が癌になりやすくなったかと申しますと、
絶対にテレビでは言わない、悪魔爺ロックフェラーさんちのモンサント〜の遺伝子組み換えのブドウ加糖液糖(遺伝子組み換えキングコーンのデンプン)をスーパーに 甘口お酢! 甘口醤油! 炭酸飲料水全部! アイスクリーム全部! ニッシンオイリオ! ドレッシングの種類ほとんど! マヨネーズ! ケチャップ? 甘いパン! 和菓子! 洋菓子!
甘い漬物や梅干しまで! 
砂糖の代わりに遺伝子組み換え〜キングコーンのデンプン!

他、安い生うどん屋生蕎麦や豆腐などにph調整剤! 

これが癌になる証拠! 

乳製品は、女性ホルモンが多い! これも癌になる要素!

つまり、ロックフェラーの食料品が癌になる! だからガンが増えているんです〜。。。

食料品で癌にしておいて、医療でドバ〜っと儲けようとする醜い欲張り爺!

しかし、癌にもなっていないのに子宮や乳房を切除すると、まずホルモンのバランスが崩れて、太り、骨が弱くなり、更年期症状が常日頃出るので、今度はそれを止めるために薬を飲み続けると、今度はすい臓がんや肝臓がんや胃がんにまでなりやすくなるでしょう! ただの阿呆です!

加えて、ワクチンが有害無益である証拠を挙げよう! (船瀬さん)

★インフルエンザ・ワクチンは効きません。 ウイルスを学んだものの常識です!
 衝撃の証言をするのは、医学博士の母里啓子(もりひろこ)氏 
 彼女は国立公衆衛生院(現 国立保健医療科学院)の元感染症室長という肩書の持ち主!
 予防接収のプロ中のプロが効かないと断言しているのだ!

 その根拠は、前橋リポートと呼ばれる疫学調査。
 ワクチンの集団接収を中止した群馬県前橋市と接収を続けた他の地域とを比較したもので、

 結果は、インフルエンザ発症には全く差がなく、無効性が立証された! 
      「インフルエンザ ワクチンは打たないで!」 母里啓子 双葉社刊

     一方で、ワクチンの副作用により、死亡事故も続発している!
      ★ワクチンは「劇薬」に指定されている数十種類もの“有毒成分”のエキスだからだ!


 ★子宮頸がん 「子宮頸がんワクチンは効きません!」

 断言するのは鶴見隆史医師 (鶴見クリニック院長)
  「HPV (ヒト・パピローマ・ウイルス)が子宮頸がんの原因と言われるが、アメリカ本土では否定されている!
  ウイルスに癌を起こす力は無い!」

   まさにそのとおり、FDAは「HPVは発がんと無関係!」と公式に認めている!
    ウイルスが原因でないのに、ウイルス対策の予防接種を日本政府は勧めている。
    まさにマンガ以下の構図である!

   ★子宮頸がんワクチンは無効なだけではなく、きわめて危険だ!
   事実、インドで子宮頸がんワクチン(フランスのメルク社製)を120人の少女に接種したところ、4人が死亡!
   
    最近、日本では、計算ができなくなった! 足腰がフラフラで歩けない! などの声が多くあがっています。
       最悪の場合は、死亡! あるいは、子供ができなくなる!

      他のネットで見たら、その成分には、ネコや犬に使う不妊にする毒薬まで混ざっているという。。。

      日本政府は恐ろしいマンガ以下のアへ悪魔がトリモロス政権になってしまいました。。。

    現在、ネットに、どこの政権に投票しますか?の調査は、安倍シンゾーがだんとつトップ!
    実は、そこに統一教会の似非右翼在日軍団が18万人も入り込んで、シャブでも打ちながら、お金貰ってネットで安倍を持ち上げているのが事実です〜WWWWW

 ロックフェラーがもくろむ病人大量生産で、今度はバナナにワクチン成分を注入する!というマンガ以下の事実!

  他に、サソリの毒を入れたキャベツ! とか、昆虫と他の生物の遺伝子を掛け合わせるとか。。。

  また次にいつか、書きます〜。。。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.289 )
日時: 2013/05/20 20:49:44
名前: 何も出来ない世界・・満天下有人

全くどうしようもない世界に成り果てました。何がそうさせているかは、ほぼ推定がつくのに、どの分野でも方向を変えることも出来ない。

確かに癌の発生率も上がって、その因果関係も科学的にはきっちり検証できないにせよ、
食べ物が原因になっていることは、生体である我々の体が本能的に感じていることです。
それに対処する科学が、薬にせよ何にせよ、仮説に立ってとんでもない処方を下しおる。

そして我々もまたそれにすがろとする。子宮頸口癌ワクチンも、患者側から早く規制を解いて一般が利用できるようにして欲しいとの声も出て解禁したとか。まあ、巨大フアームの圧力もあったことみせよ、どの分野であろうと、政治も国民もこれでは何も出来ない世界に行き着いて当然です。

国民が知る窓口はマスコミ報道しかないのですが、マスコミもほんとの事を言わない落ちぶれでは、益々何も出来ない世界に拍車をかけているようなもの。プルサーマルもんじゅ原発の再開停止命令が出たと思ったら、新潟柏崎原発再開を東電が申請との記事、東電はそんな申請はしていないと言うし、もう何が何だか(笑)・・・

埼玉市長選では、一般では自民の支持率は圧倒的に高いのに、現役の強みとは言え非自民が勝利。ほんとに訳が分からぬ世の中になってしもうた・・・身近な政治になると自民党のおかしさは実感しているのに、国政となるとかけ離れていて、おかしなことが分からなくなるのでしょう・・・ならば政治行政単位を分割すれば良いのに、一時流行ったその声も聞こえなくなりました。

何も出来ない世界に向かって進む、言い換えると目茶苦茶な世の中になっているということか。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.290 )
日時: 2013/05/20 22:33:30
名前: 禅問答 ?・・・天橋立の愚痴人間

義理の叔父さんの49日に出かけて来ました。

親族の方で、校長を経験した方が暇に任せてというと失礼かと思いますが、葬式などで唱える代表的な御経の現代文訳を書いて小冊子にしておられました。

見てくださいと言うので、長い御経のあいだ、もっぱら目を通していました。
後刻、仕上げの膳のおりに、和尚の隣に座ったこともあり、質問をしました。

現代語訳の御経は、なるほど解りやすいのですが、言われてみると平凡な言葉の羅列で、お経らしい荘厳さがない。
そのことは、別として、解りやすく解説してある内容によると、多くの場合「御経を読んだり、信心する事によって、お釈迦様が救ってくれるとか、助けて欲しいとか言う文言が共通して出てきます。」

ところで、和尚さん、キリスト教では同じ内容が、
「神に許しを請えとか、許してやる、と言う言葉になります。」

このように、仏教とキリスト教の違いを見ることで宜しいものでしょうか。

ついでに、仏教では、修業する事によって仏陀になれるとされているようですが、キリスト教では、あくまでも唯一神であり、キリスト教の役職は、枢機卿と言えども、組織の管理者的性格が強く、意識される。

仏教では、組織としての管理的地位にいなくても、阿闍梨とか、仏陀の境地に近づく事が奨励されているように見える。
まあ、仏教は、鳩山ではないが「友愛の精神」に富んだ宗教と思える。

と、言ってやりました。
突然の議論で、言葉に詰まりかけた和尚さん、
「私はキリスト教については余り解らない」と逃げてしまいました。

同じ様な場合に使う言葉ですが、東西の文化の違いを現していると思いました。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.291 )
日時: 2013/05/21 09:21:19
名前: 現代宗教は金光教・・満天下有人

タイトルのようなフレーズにすると、金光教の皆様から、宗旨はそのようなものではないとお叱りを受けることになるでしょうが、金光教をもじっている意味では無く、宗教とてオカネを軸に動いている様を見るにつけ、一言で言うなれば、さような感じになってしまうという程度の意味で・・・

その昔、仏教教義を経営の指針にする某社の幹部会議に出席、同席していた僧侶に、ところで仏教では利益なるものはどのように把握されているのかと問うたことがありました。答えは、リエキと読むから誤解が生じる、ゴリヤクと読むのだと言われたことがありました(笑)。仏教哲理の深源、色即是空では、全ての現象は単なる「色」に過ぎないと言われますが、実態の無い「空」から生じた利益、しかし利益は実態を持っているのだから、利他行の教えも加えると、論理的帰結は果実としての利益の配分は公平になされるべきとの教えになる、仏教教義による経営ならさような結論で良いか、と問うたことがありました。経営幹部は困ったような表情でした・・・(笑)。

ここでも宗教論議も何度かなされ、解釈仏教論になりますが、人間が避ける事の出来ない煩悩、旧約聖書では悲しみ、裏切り、憎しみ、オカネのことetc. これこれの事はやってはいけない律法を定め、それは神との契約であるから、破ってはいけない、キリスト教が出て、それから逃れる為には、神にすがれ、神の教えを守れ、実に人間臭い宗教として発生。

仏教では、色即是空で言い表されるように、人間行為によって生じる諸々の現象は「色」に過ぎない、煩悩も、現象に惑わされているだけで、宇宙の本源を見極めれば、現象の根はみな同じで、物質が回転する過程で人間がそれに幻惑されて諸々の煩悩が生じているだけなのだ、よって本質を見極め動かない定観を持てば、何も悩むことなど無くなる・・・

キリスト教が唯一の神の指針によって人間同士のいざこざを律する宗教であるの対し、、仏教ではその人間のいざこざ、悩みは、宇宙運行の本質を基にすれば現象にしか過ぎない、前者が人間関係を唯心的に捉え、すがる物を神においた唯神的であるのに対し、仏教はそれ以前の宇宙の法則から教義を始めている点で、唯物哲学論的に思えます。

カール・マルクスは仏教教義を知って言ったとも思えませんが、それに通じる唯物史観を構築、それを経済の分野である生産関係の分配に当てはめて、そこから宗教について「宗教上の不幸は、宗教に頼るということ自体が、現実の不幸の現れであり、悩める者の溜息であり、心なき世界の心情であると共に、精神無き状態の精神である。その点で宗教は民衆のアヘンである」として、宗教なるものを喝破している。

色即是空は、何となく分かるのですが、その後の「空即是色」が難解(笑)、ここでもアナーキストさんが、それは0の概念であると解釈され、國井さんは空とは他力であり、人間がどうこう出来ない絶対的なものだとの解釈もされておりましたが、空なるものが実体が無いものだとすると、色もつかないのでは、と思えるし。

空に振り回される人間というのも、如何な存在なのかと思う時、やはりマルクスの精神無き状態の精神であるとの言葉が、ぴたっと飲み込める・・・利他行が友愛に通じるとすれば、少なくとも現代にあっては空が創り上げている構造を、しょうがないから利他行で埋めようとの逃避にも思えます。

とすれば、現代宗教は「金光」が色であり、その基は空であり、他力である空を原理においている以上、他力には勝てない、それは絶対的なものであるからとの教義に変形してしまっているのかも。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.292 )
日時: 2013/05/22 08:02:06
名前: 現代宗教は金光教(2)・満天下有人

「金が光る教」になっている代表例は、ローマヴァチカン法王庁であろう。宗教であるからその運用実態はベールに包まれて分かりにくいようだが、一般の金融資本が市場に出動して金融面から経済を動かす時、その尻馬に乗っているだけなのか、チャンスとばかり必ず参入しているようだ。謂わば巨額の資金を運用する多国籍金融資本の一角を占めている。

キリスト教が中世以来政治覇権の土台となっていることは、十字軍の遠征なる歴史からも明らかなことだが、過去に何度か紹介したようにヴァチカンが巨大資産を持ったのは、ゲルマン民族が現在のフランス地方に侵入し、変遷を経て西フランク王国の有名なピピン大帝が、政治支配の箔をつけるためにヴァチカンに広大な土地を寄進、それがイタリア革命によって一気に奪われてしまい、その時フランスロスチャイルドが当時で20万ドル相当の資金を援助し、金融のノウハウを進講したことによって金融資本の端緒を開いた。

この2月のヴェネデイクト16世の生存したままでの法王引退でヴァチカンが蜂の巣をつちたような騒ぎになったが、原則、法王の地位は生存中に辞任してはならない掟があるからだ。未だに中世がそのまま残っていると言われる法王庁、イタリアマフイアとの癒着や第二次大戦ではフアシスト・ムッソリーニの戦争遂行に協力するなど、時々の権力と癒着して甘い汁を吸って来た歴史は、西欧世界では知らぬ者はいない。神などは二の次なのである(笑)。

話を戻してその神とは・・・宗教とカネのことで金光教なる固有名詞を使わせて頂き、誤解を招くのではとの危惧もあり、少し弁明しますと、金光教様でも、人間が為す凶事は人間の勝手気ままから生じる神への無礼が原因であり、神への願いにかなう生き方や行動を行いさえすれば、すべてが神に守られた中での生活が行えると説いておられる。

さてその無礼を働いてはいけない「神」とは何なのか・・・ユダヤ教、イスラム教、キリスト教における「神」、そして仏教における「仏」・・・、それぞれにマホメットやイエスやお釈迦様を通じて説かれる神とか仏の実態は何なのだろうか・・・。

仏教における色即是空、人間が持つ煩悩は何かが変化してそれに悩まされる「色」に過ぎない、変化することによって見える色なのだから実態は無い、つまりそれは「空」なのだから、そんなものに悩まされてはいけない。悩まされない為には、自然に実体として存在する物をよく見るが良い。さすればこの世の争いごと、悩みなどと言うものは、実につまらぬことであることが見えて来る筈だ。

では自然に実体として存在するものとは何なのだろうか、それを悟れば誰でも仏になれるその仏とは何のだろうか・・・

実はそこにどの宗教にも共通して見えて来るものがある。汎仏論などと言う概念があるのかどうかは知らないが、キリスト教の世界では中世から脱却する合理主義思想の台頭と共に「汎神論」論争があった。デカルトを批判したスピノザ哲学に対する汎神論論争が有名だが、神とは何なのか、どこにも普遍的に存在するとされる神について考え直して見る必要があるとの欧州世界では近代思想、哲学への大転換となる抜本的思考が戦はされている。

仏教では既に原典からして、色は単に人間が変化に見えるだけのもので、存在する実態は何も変わっていない、行く川の流れは絶えずして元の水に非ずと言っても、それは存在が動作しているに過ぎず、水なるものの本質は変わらない、それを愛でよ、存在の本質を見よと言う事なのだろうが、オランダ系ユダヤ人のスピノザが、ユダヤ教に破門までされて、動かぬ物とその運動として動いて人間が錯覚してしまう事の峻別から新たな哲学を構築した、そのことと仏教哲理に非常に共通するものを感じる。

ただ違う点は、仏教は何かの哲理を構築し、したままでそこに滞留してしまっている、それに対し、中世思想を転換させたスピノザ→マルクス唯物弁証法構築の基になって行くのだが、いずれにせよ哲学を基に現実の人間社会転換のモチベーションになっている所に大きな違いがある。

それでも西欧と雖もスピノザ以上のものは今日出ておらず、停滞している。中世そのままの博物館的存在のヴァチカン、その法王が数百年に亘る掟をあっさり破って辞任。そのことは何か新たに変わるシグナルにも見えるのだが・・・。




メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.293 )
日時: 2013/05/22 10:40:10
名前: 金光教・・・天橋立の愚痴人間

以下は、教えて goo からの引用です。
ttp://oshiete.goo.ne.jp/qa/3188887.html


「死にいたる病の「死」とは何ですか?」


哲学の初心者です。

キルケゴールの「死にいたる病」の冒頭で、

 死にいたる病とは絶望のことである。

としながら、文中では

 こういう意味では絶望とは死にいたる病とは呼ばれえない。
 絶望者は死ぬことができない。
 死ぬことさえも出来ない希望のなさ

などと、絶望と死のつながりを否定している箇所があります。

いったい、彼のいっている「死」とは、何なのでしょうか?
ごく一般的に言われている、息が止まり心臓が止まる肉体の死をいっているのでしょうか、それとも精神的な死をいっているのでしょうか?

私は、この本を読む前に目次を読んで、直感的に絶望が引き金となって自殺を図るのかな、と考えていたのですが、それは単なる思い違いなのでしょうか?

広く解釈すれば、生物は生まれた瞬間から死にいたっているのですが、そんなことをいいたいわけではないですよね?


(ベストアンサー)



キルケゴールは死に至る病について、ラザロの死をひいてきたと思うんですね。

クムラン宗団において、刑罰があり、重大な規律違反を犯した場合、処刑されるんです。
実質的な死ではなく、破門のことが 死。
死者の衣装を着せ 穴の中に3日間拘留したあと、集団から永久追放する。
これがクムラン式処刑。

イエスはラザロは死に至るまでの罪を犯してはいないとして、ラザロを復活させた。
つまり、穴の中に閉じ込められ死者として扱われていたラザロは、死に値するほどの罪が無いとイエスが抗議し、ラザロは復権した。 と。

で、キルケゴールは、人は肉体的な死と精神的な死とがあると考えた。

精神的な死が絶望。

>こういう意味では絶望とは死にいたる病とは呼ばれえない。

この文の前は どのようなことが書かれています?
調べてみましたが、その箇所が見つかれないので、よかったら教えてください。

【絶望である事を知らない絶望。
言いかえれば、人が自己を、しかも永遠的な自己を持っているという事についての絶望的な無知。】

とも言ったようです。

キルケゴールは、「全員赤になるべきだ ならないものは地獄に落ちる これは絶対である」というキリスト教の考えに猛反発したようなんですね。

「信仰が大きければ水の上を歩ける」と言う本人すら水の上を歩けないのに、「信仰で歩けるようになる」と言い張るこの虚構を鋭く突いた。

人々が盲目的に水の上を歩けるようになるようにと、絶対的支配者にかしづいているのをみて、この情況は絶望的で、支配の言うなりになり、自分独自の生というものを喪失し、既に死んでいるのにそれを知らないでいる大衆を無知者だ と嘆いた。

この既に死んでいるのに自覚していない人々の風潮が、死に至る病だと思ったんじゃないかと。

>彼のいっている「死」とは、何なのでしょうか?

彼は人は実存的に生きるしかないと悟った。
主体的真理は個人の中にある。
絶対的支配者の主体的真理と個人個人の主体的真理は違う と。


そして一人の主体的真理に統合され、自己を失なってしまい、生を失ってしまうことが、死。

そして人々は死に至る病を発病し、自己を手放し死のうと必死になっている。

キルケゴールに言わせれば、この風潮は病気。

「大衆は虚偽だ」「真理は常に少数の側にある」など、カーメルの笛に踊りながら崖に向かっていく大衆の背中に向かって叫んだわけです。

空しい叫びでしかなく、人々は崖に落ちていった。

ロマン主義の人は現実不可能なことを夢見て、それをさも実現可能であるかのように錯覚して、眠りこけるわけです。

キルケゴールはその逆。
人は実存的な生きかたしかできない限定的な存在であることを自覚し、実存的に生きるしかない と。

生きている以上 いろいろな困難な壁にぶつかる。
支配者の言う通りにするのではなく、一人で決断し、一人で飛んで超えるしかない。

この決断するのは誰か?
私でしかない。
私が飛ぶぞと強く意志を持って、壁を乗り越えるしか、壁を乗り越える手段は無い。

「壁の内側にとどまって泣いて私にすがっていれば神様が助けてくださる。だからわたしのそばを離れないように」という独裁者の撒く毒に、じわじわ犯されて死ぬより、毒を飲まされていると気づいて、奪われた自分だけの生を取り戻し、毒から離れればいいわけです。
そのままなら生きながら既に死んでいるわけですから、悪魔から逃げ、自分の人生を取り戻すしかない。

で、これを死者の復活と言うんじゃないかと。

ラザロの場合は、イエスは復権を与える権限があったから、ジャッジして復権させたのではないかと

これによりイエスは不利になった。
そして処刑され、死者として扱われ、イエスを復権させる権利を持っていた地位の人が彼を復活させた。

これが当時のやりかた。

キルケゴールが、その風習を知っていたかどうかわかりませんが。。。。

結局、肉体的に死がおとづれるより前に、大衆の毒により既に死んでしまっている人が多いってことを彼は指摘したんじゃないかと。

(引用終わり)


キルケゴール理解の一例のようですが、かつて、キルケゴールが感じた「死に至るやまい」の裏返しが現代であるように思います。
観念論(唯心論)、唯物論、現象学と大別される哲学は、全て力を失ったのでしょう(哲学の死)。
宗教も同じ事が言えるのではないでしょうか。

金光教(民主主義教)で、その隙間を救えるのでしょうか。
今の政治と同じように、全く、やり切れませんね。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.294 )
日時: 2013/05/22 17:26:20
名前: キルケゴールの絶望死・・満天下有人

ベストアンサーを眺めると、大きな視点、当時の社会的背景がすっぽり抜けている感じを受けます。

そしてキルケゴールの生死観なるものを一個人の葛藤として分析しているやに見えます。キルケゴールも正に個人の自由とは何かから発想しているので、個人の思考を中心にすれば当然と言えば当然のことなのでしょうが、彼がラザロの処刑に絡めてキリスト教の考えに猛反発したとのベストアンサーには、少し当時の社会的背景に触れている面もありますが、そこにキリスト「教会」が全権を振るった当時の世相があり、キエルケゴールも神を否定したのではなく、キリスト「教会」に反発した。

そして教会に反発すると大衆が騒ぎ出す。当時では「大衆は虚偽」だと叫ばざるを得ないような状況があった。スキャンダルを暴き立てる大衆ジャーナリズムが勃興した時代とも言われてますから・・・

キルケゴールも、人間個体が「実存」するものであり、あれかこれかの選択を行う中で自分を実現し、自由を満喫するのだが、理想と現実には乖離があり、絶望に陥るケースはよくあることだ。その時、自分を超えるものの前に立つ必要がある。それは神だと言ってるのですね。

「教会」に頼るでなく「神」に頼れと言う事は、当時の社会世相上、教会=キリスト教は批判し、教会でない神に頼れ、その安息が無い絶望者は死に至る、まあさような論理で大衆ジャーナリズムと教会にばかり拠り所を求める大衆も一緒に批判している。

ここでも、ではその神とは何かについては明確にしておりません。そして絶望や死についても実存するのは個人だから、その個人の問題として帰結し、哲学が社会一般への制度的批判に拡大されていない。既に産業革命が起こっていたのに精々教会への批判に留まり、後は個人の物の考え方に帰結している。

スピノザからマルクスに至る哲学は、スピノザは神を人間も含む物資と捉え、マルクスはその結果、神をも否定し社会構造にまで哲学を昇華させているのと、本質が全く違うようです。

新自由主義によって新たな自由が叫ばれ、それとて自己責任が並行して言われる現代の歪みも、キエルケゴールの時代の哲学と似ているものを感じます。個々人が個人として安息の場を求めるしかない、それが出来ない者は、自殺率の増加となって現れている。
政教が分離され信仰の自由があっても、状態は変わっていない。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.295 )
日時: 2013/05/23 07:50:06
名前: スピノザの神と金融政策・・満天下有人

スピノザの宇宙における物質の存在とその調和から、神の概念を帰納する手法、幾何学や医学血液循環論も使って神の概念に導くのだが、凡夫には極めて難解で未だにその真髄を読解したとも言えないのだが、今読んだ所を読み解くのに、また前章から読み直さないと分からなくなってしまい、往ったり来たりでもう1年も時間を食っている(笑)。

著名な哲学は多々あっても、個人の認識論の範囲にとどまっており、その哲学が社会総体をどう捉えているのか、捉えた結果、社会をどう変革しようとするのか、物足りないものばかりで、その点で大袈裟に言えば宇宙的視点から人間に目を落として、人間をも含む物質の存在と運動、その調和を、総社会的に分析し、新たな神の概念にまで至る点で、ついスピノザにこだわってしまう(笑)。

オランダの裕福な貿易商の家庭に育ち、しかし家業手伝いに忙しく学校は出ていない。
1970年のオランダ高額紙幣1000ギルダーの肖像画にもされたくらいなのに、「神は制作物ではない」と言ってしまったものだからユダヤ教から破門されてしまう。

他のどの哲学者からの揶揄も込めた質問に、謙虚に丁寧に説明する84通に及ぶ「往復書簡集」を読んでいると、かなりの人格者であったことが伺える。ゲーテや精神分析のフロイドも絶賛し、後にはアインシュタインをして、存在するものの秩序ある調和の中に自らを表すスピノザの神なら信じるが、人間の運命や行動に関わる神を人格化した人格神は信じないと言わせしめている。

まだ彼の言う神を全部咀嚼出来た訳でもないが、宇宙の中に存在する地球、そこに既に存在する「実体」としての物質、しかもそれらは異なっているのに反発し合うこともない、それに相対する人間も全物質の一部分として捉え、その物質が調和されて運動している、その運動こそが「神」であると定義している。

宇宙は無限であり、その運動に相対する人間も自由な思考によって、その思考を無限に広げる、だがしかし、人間なる物は身体機能からして有限な存在である。その意味で地球上の物質が一定のパイの中に存在する有限なるものと同じく、パイは予め決定されている。

(スピノザの前提を考えると、予め一定された物質のパイ、それが反発し合う事も無く調和されており、それを有限である人間が無限なものにしようとして、全体調和を壊そうとしているのが、有限なる存在であることを忘れた現代人間どもの所業と言う事になりはせぬか)。

昨日の米オハイオ州に於ける大ハリケーン、その他諸々の自然災害、それは存在する物質運行の反発運動の結果と言うより、偏った空中あるいは地中のエネルギーが、調和を取ろうとして起こす運動なのかも知れない。

突然に昨日の日銀総裁の記者会見に話を絡めてしまうが、長期金利の上昇が収まらないことに懸念する記者団の質問に総裁は、先週ではインタゲ掲げれば長期金利は上昇するのが当然と言いながら、昨日では上昇を抑え込む手立てはあると宣たまわった。国債価格と超金利は一定のパイの中で動くようにされているのが、誰もが知っている常識である。一定のパイに収めないと、経済の仕組みは、紙切れをいくらでも印刷して調和が保たれるものではない。超金利を抑え込むとは、更に紙幣を印刷することを意味する。

これもまた人間が自然の調和ある運行を、人為的に破壊する人工的所業の例ではないのか・・・人間経済生活を調和させる方法は別の所にあると言うのに・・・神の反発は計算済で言ってるのか、安倍さんに黒田さんに、御用学者の皆さんよ。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.296 )
日時: 2013/05/23 14:49:05
名前: 金融資本主義とキリスト教 

満天下さんは、キルケゴールにもスピノザにも詳しいようですね。

キリスト教との関係において言えば、

>著名な哲学は多々あっても、個人の認識論の範囲にとどまっており、その哲学が社会総体をどう捉えているのか、捉えた結果、社会をどう変革しようとするのか、物足りないものばかりで、その点で大袈裟に言えば宇宙的視点から人間に目を落として、人間をも含む物質の存在と運動、その調和を、総社会的に分析し、新たな神の概念にまで至る点で、ついスピノザにこだわってしまう(笑)。

キルケゴールもスピノザも、一神教としてのキリスト教にこだわりがあるようです。
現代人に哲学的な解析は、労多く益ないものとして、結論から言いますと、

>突然に昨日の日銀総裁の記者会見に話を絡めてしまうが、長期金利の上昇が収まらないことに懸念する記者団の質問に総裁は、先週ではインタゲ掲げれば長期金利は上昇するのが当然と言いながら、昨日では上昇を抑え込む手立てはあると宣たまわった。国債価格と超金利は一定のパイの中で動くようにされているのが、誰もが知っている常識である。一定のパイに収めないと、経済の仕組みは、紙切れをいくらでも印刷して調和が保たれるものではない。超金利を抑え込むとは、更に紙幣を印刷することを意味する。

要するに、現代金融資本主義そのものが、キリスト教的側面を持ち、何でも、かんでも、神様(金融の理論)に集約しなければ話が進まないと言うことでしょうか。

一般大衆は、何も解らない内に、資本主義を信心することを余儀なくされ、キルケゴールの「死に至る病に犯されている」と言う指摘、スピノザが言う、自由意志の何たるものか、と言う命題で啓蒙された人間の意識が、当時と同じように袋小路に入り込んでいると言う事になるでしょう。

しかしながら、当時の障害が、キリスト教であったのに対して、現代のそれは、人間自身が持っている利己心であります。
他方、現代哲学は、生理学的な要素を踏まえ、もはや絶対(実体)の存在など意識におきません。
人間の利己心をコントロールする術があるなら、それが思想でしょうが、人間の利己心は個人的なそれ、集団としてのそれなど複雑に絡み合い、倫理道徳の領域以外では至難の技です。

しかしながら、金融資本の支配のキリスト教的な体質、そのものを(制度)大衆の合意によって意識的に変える事は可能ではないでしょうか。
そのためにも、キリスト教文化に少しは退場していただかねばならないのではないでしょうか。



またまた、飛んだ文章となってしまいました。
読者の中には、荒唐無稽、大言壮語と笑っておられる方のおられるでしょうが、結局は、将来の人間社会は、この領域まで踏み込む必要があるのではないでしょうか。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.297 )
日時: 2013/05/23 15:05:13
名前: 國井

キルケゴールは、仏教徒にとっては、比較的読み易いですね。
私、「死に至る病」の講読をとっていました 。
デンマーク語なので、独訳や英訳で受講していましたが、
私、教授の前で和訳をバッチッとひろげて受けていました。

巌頭之感
悠々たる哉天壤、
遼々たる哉古今、
五尺の小躯を以て此大をはからむとす、
ホレーショの哲學竟(つい)に何等のオーソリチィーを價するものぞ、
萬有の眞相は唯だ一言にして悉す、曰く「不可解」。
我この恨を懐いて煩悶、終に死を決するに至る。
既に巌頭に立つに及んで、
胸中何等の不安あるなし。
始めて知る、
大なる悲觀は大なる樂觀に一致するを。


曰く「不可解」

大方の人は、気晴らしをして、「不可解」の域に達しないでいるのでしょうね。

ここに達して、精神的自立の問題が起きるのでしょうか。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.298 )
日時: 2013/05/23 22:23:43
名前: 神は全体の調和に在る・・満天下有人

國井さん今晩は、毎度です。

<またまた、飛んだ文章となってしまいました>・・・これよく分かります。膨大な論理に照らして何かを言おうとする時、学校の勉強でもありませんし、限られた時間と紙面で先哲の論理、それも膨大なもので、現実に当てはめて言おうとすると、手も頭も疲れて間が抜けてしまうものです。

文学部哲学科の出でもありませんので、詳しくもありません。有名な一節が目に止まると、いかなる思考過程でさような結論が導き出されたのか、そしてそれが現代の現実と如何に関連するのだろうかと思った時に、興味を惹かれて検証してみたい気になるのです。持論は、この現代人間社会、どうしても下部構造としての経済生産関係によって社会が左右されている、ならば経済学にも哲学があってもよさそうなものですが、まあ資本論以外には見当たりません。現象として現れる経済結果の分析ばかりで、構造論から分析する哲学性あるものは、無いように見えます。

社会あっての経済なのに、その経済が多数の人間に対し、いかな貢献をしているのか、そうはなっていないとすると、それを喝破する哲学性ある原論も出て来ない。金融資本の横暴にせよ、金融資本にだけ焦点を当てても、根本の改造には至らないと思えますし、そうさせている構造に対し、諄々と説いてくれる思想も見当たりませんね。

<・・・人間の意識が、当時と同じように袋小路に入り込んでいる・・・当時ではキリスト教が障害であり、現代においては、人間の利己心が障害になっている、そして哲学も生理学的な要素を踏まえ、もはや絶対「実体」などに意識も無い>・・・

誠にその通りで、人間の利己心についてスピノザはどう考えていたのだろうか、直接の言及は見当たりませんが、推定される箇所があります。ドイツの神学者ハインリヒ・オルデンブルグの質問に答えた書簡の32通目ですが、その前に宇宙、その一部分を構成する地球、そこにある物質、物体が実体であり、人間もその一つであるとして・・・

「自然における全ての物体は、他の諸物体によって取り囲まれ、かつ相互に一定の様式で存在し作用するように決定されています。しかもこの際、その全体においては、換言すれば全宇宙においては常に運動と静止の同じ割合が保持されているのです。
この帰結として、全ての物体はそれが一定の仕方で規定されて存在する限り、全宇宙の一部分であって、それは全体と調和し、また残余の諸物体と連結するものと見られねばなりません。

そして宇宙の本性は無限でありますから、宇宙の諸部分は、この無限な力の本性によって無限の仕方で規定され、しかもこれを実体という観点から見れば、それぞれの部分はその全体と一層緊密な合一を持つものと私は考えます。

これで貴下は、私がどんな理由で人間の体を自然の一部であると考えているかが、お分かりでしょう。ところで人間の精神について申せば、それも自然の一部であると考えます。・・・・・人間の思惟は(観念である以上)無限です。但しそれは、有限で人間の身体をのみ認識している限りにおいてです。」

ある意味、人間の利己心というものは、限りないものですね、それが無限であってもスピノザは、無限はまた無限の力で個々の部分を全体調和の中に入れてしまうものだと言ってるように思えます。存在する実体は自然に調和を保っていることで自然が存在できる・・・果てしなき利己心は、調和を破壊し、いや、その段階で自然に存在する「実体」でなくなってしまうのですから、利己心の追及そのものがナンセンスということになってしまう。

その認識に到達できないとするなら、よく言われますように、行き着くところまで行かないと、人間が自然の調和の中に生きていることに気がつかない。そういうことになるのでしょう。全体と部分についてスピノザは、生理学的にも説明しておりますが、紙面の関係上、またにするとして、地球上の物質の調和を数学者らしく幾何学を用いて説明しておりますが、様子に三角形の内角の和は、形が何であれ180度だと言ってるようです。つまりパイは一定です。三角形の形がいかように変わろうとも、内角の度数の違いによって面積のパイは変わらず調和される・・・

PS:<スピノザも、一神教としてのキリスト教にこだわりがあるようです>

これについては、「神」については相当なこだわりを持っていたようですが、キリスト教に対しては、それは教会に対するものかも知れませんが、さほどこだわりは持っていなかった節があります、むしろ批判しているようです。同じく神学者オルデンベルクへの書簡72通目を引用しておきます。

『第一の点について言えば、私は神及び自然について近代のキリスト教徒たちが通常説いている見解とは、まるで異なった見解を持っております。・・・(後段で)私はこう申します。我々の救いのためには、キリストを肉に従って認識することは、絶対に必要なことではないのです。ただし、神の永遠なる子についてなら、換言すれば万物の中に顕現し、多くの人間の中に顕現する神の叡智が、イエスを通じてなされているとするなら、これは別に考えなくてはいけません・・・・』

『次に奇蹟について申せば、私は反対に、神の啓示の確実性は、奇蹟即ち無知の上には築かれ得ないと確信いたします』

自然に存在する実体が調和する、その合理的運動が神であるとするスピノザらしい哲理を感じます。言い換えますと、奇蹟は非合理的なものであり、それを神が起こすとしたら、神は非合理的な存在となってしまう。だが神は(自然は)合理的存在であるが故に、奇蹟は起こさない。起こせば自然の合理的連鎖が切れて、全ての存在が消滅してしまいますね・・・果てしなき利己心にも言えることです。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.299 )
日時: 2013/05/24 07:31:14
名前: イントィッション

●東京株式相場暴落、利食いした欧米ヘッジ・ファンドは、「ジャバニーズ・テイク・アウト」とバカにして高笑い

 板垣さんの情報からです。。。
  ↓
 ttp://foomii.com/00018/2013052407000015669

もう 朝から嫌な気分ですW。。。

日銀の金融緩和を実際にしているのは黒田さんではなく、竹中平蔵でしょう!!!

小泉の時は、欧米の悪魔ヘッジファンドから、加担した手間500億円貰ったと言われています。。。

今度は、いくら貰うんでしょうね〜。。。

NHKでさえ、昨夜のニュースで、(株で損したのかぁNHK?)ケイマン諸島に大金持ちが脱税として金を運ぶことを国税局が今、やっきになって追求していることが大きく報道されていました。。。

これは絶対にやってもらわないといけないことですね〜。。。 ケイマン諸島は、会社の社員の低賃金や非正規労働者を多くしている実態があるでしょう!!! 

とにかく、スーパーコンピューターは株式市場では禁止!

ケイマン諸島への金の持ち運び禁止!

六本木ヒルズへロックフェラーの本社を移転させることは大禁止!

モンサントの日本への入ることは禁止!

アメリカの既得権者に売り渡す、(例えば水の支配権利を民営化と称して、国民に騙す)ことを禁止!

日本の食品大企業は、特にヤマザキは、遺伝子組み換えなどの添加物をほとんど使用禁止!

抗がん剤、子宮頸がんワクチン、その他、毒薬ワクチンの使用禁止!

もちろんTPP介入禁止!

欧米ギャング・ヘッジファンドから日本への政治支配禁止!

日本のメディアのこれ以上の嘘の情報は禁止!

アメリカのことばかり情報を伝えるメディアは禁止! (ロシアや中国の悲惨さもTVで報告せよ!)

本当に、日本は汚れっぱなしです!!!

あまりにも醜い! 日本の大衆がそれほど、特に60代(バブルをいまだ夢見ているような)の頭脳は汚れきっています!!!

汚れた頭脳のところに、寄り添うように悪魔の手が入りやすいんでしょうね〜。。。WWW



メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.300 )
日時: 2013/05/24 07:46:10
名前: 笑える安倍のチャンポンミク・・満天下有人

あっはっはっ、昨日日経平均の1140円もの一気の大暴落、史上何番目の大暴落か、調べる気も起らないが、最近では福島大災害の時、これと同じくらいの暴落だったかな、あの時は実質経済も損傷を受けたのだから、当然と言えば当然であった。

今回はどうか、中国製造業景気指数が50の中立ラインを下回ったことを受け、それを理由に日経平均先物が売られ始めたとの市場分析であったが、も一つは前日の国債長期金利が上昇、一時1%に達し、これは小さい数字に見えるが、安倍のミクス発動の頃が0.56くらいだったから短期間で約倍に跳ね上がった訳で、これは国債を買うマインドが薄れ国債価格の異常な下落を意味し、財政悪化懸念も加味されたのであろう。

国債価格が下落するということは、市中の国債の買いマインドが低下したことを意味する。安倍のミクスで超金融緩和推進の為に日銀が、政府発行の国債を直接買う、毎月約7兆円を2年間にわたって日銀が200兆円に達するまで買い入れ、加えて不動産投資信託証券も買い入れる異常な、市中で言うところの異次元金融緩和を実施した訳だが、これで経済が活性化し名目成長率は4%くらい伸びる筈だと・・・

今年1〜3月期GDPは確かに3.5%プラスになっている。NHKなど盛んにこれをニュースで煽っていた。だが中身を見ると、リーマンショック後に比べると、伸びたのは政府最終支出(医療保険、警察官、学校などの公務員人件費など)が10.5%増、公的資本形成(港湾修理などの政府資産)が21.5%増で、将来の生産、雇用、所得の源泉になる実質民間設備投資は12%減少している。

尤も金融緩和による投資増加には遅効性があって、今の段階で速断出来るものでは無いにしても、超金融緩和によるオカネの向かい先は、民間設備投資でなく、株式市場に向かったということだ。

巨額だから、短期間で株価を暴騰させても、個別企業の実質投資、成長が無ければ、個別企業の株価暴騰が持続する筈がない。つまり超金融緩和は既にバブルを引き起こしていたと言うことである。かなり上昇した後では、そこから更に買い上げることはしっかりした実質経済の成長の裏付けが無いと、リスクを伴う。国際ヘッジフアンドなどは、そこら辺の心理を見越して昨日、日経先物で売りを浴びせ、狼狽した一般が売り一色となり、売りが売りを呼ぶ展開となったのであろう。

日銀異次元緩和には、不動産投資信託証券も含まれている。市場はそれを受けて不動産関連株が暴騰し、しかし長期金利の上昇を見て既に下落は始まっていた。それが昨日の暴落で更に下落、足払いを喰らわせられていたのに更なる暴落で足を折られてしまったようなものである。
ある女子大生などツイッターで、金融緩和による金融筋からの融資攻勢に出合って、借金して株を買い、500万円ほど儲けたと言っていたのが、昨日ではマイナス100万円になってしまったと嘆いている(笑)。まあ大暴落の後では一時的に揺り戻しもあろうから、そこで傷を少しでも小さくして逃げなさい(笑)。

甘利経済担当大臣は安倍のミクス第4弾として、財政是正を言い出した。超金融緩和で成長路線に乗ると言ってたのではないのか、ならば何故財政是正言い出す?ほっといても良くなるのではなかったのか?マクロ経済をオカネで成長させると言い、だがミクロ経済としての個別企業は、設備投資意欲が上がるどころか減少している。そして最終消費者は已然としてデフレマインドの中に居る。

こういう現象を、チャンポンミクスによる弊害だと言っても、過言ではないだろう。スピノザが言う全体と個の調和、チャンポンミクスの頭では分からないのであろうか。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.301 )
日時: 2013/05/24 14:52:41
名前: イントィッション

>ある女子大生などツイッターで、金融緩和による金融筋からの融資攻勢に出合って、借金して株を買い、500万円ほど儲けたと言っていたのが、昨日ではマイナス100万円になってしまったと嘆いている(笑)。まあ大暴落の後では一時的に揺り戻しもあろうから、そこで傷を少しでも小さくして逃げなさい(笑)。

あ〜ぁ! 騙しの証券ウーマンが最近、地方をうろついているんです〜W

地方の小さなウィークリーみたいな主婦用新聞が住宅に一軒、一軒配られて、女性証券ウーマンがぁ、駅前のホテルでティーパーティではないにしても、お茶とケーキで釣って、女性はもっと株式投資に興味を持ちましょう〜。。。

なんて、情報を毎週流しております〜。。。 アベノミクスは、これぞチャンス!と、数十万円を初めてかけた女性にこの前、出会いましたぁ。。。 

私が、「え〜大丈夫?」と言うと、その彼女、奥さんは、

「だって、もし失敗しても“ゼロ”にしかならないのよね〜。。。 マイナスなんてことは無いわよね〜」

と。。。と。。。と。。。 

 その奥さん、昨日どうなったんやらぁ??? その前に売ったのかなぁ? WWW。。。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.302 )
日時: 2013/05/24 16:51:24
名前: 國井

満天下有人さま

藤村操も他力本願の教えに巡り合っていれば、
「死にいたる病」におかされずに済んだことでしょうに。

キェルキェゴールもスピノザもキリスト教的ではないですね。
これであれば、宗教はアヘンではないでしょう。

宗教はアヘンであると言ったマルクスは、既存のキリスト教ではないでしょうか。
世界制覇するためにキリスト教を利用しています。
アフリカでの民族紛争もキリスト教によると言われています。
宗教紛争も、キリスト教に起因する事であると言われます。

豊臣秀吉がキリシタン禁止令を出したのは、賢明だったと思います。
キリシタン大名は、火薬一樽と若い娘50人と交換したとのこと。
若い娘らは、路上で鎖に繋がれ、秘部を晒しものにされて、売られていたそうです。
天正少年使節団が報告しているそうです。
イエズス会の神父等、立派な事をしたと誉め讃えられていますが、
陰では何をした事やら。
キリシタン大名と悪事の限りを尽くしているのが関の山。

日本は、キリスト教徒が1%、中国が5%、韓国が50%。
アメリカは、戦争に勝ったのに改宗する人が少ないとマッカーサーは、怒ったそうです。
それで、国際キリスト教大学を設立したとのこと。

社会を支配するものとしてのキリスト教なのでしょう。
砂川事件の最高裁長官田中耕太郎は、クリスチャン。

高級住宅地には、教会が建っていますが、成果は、如何なものなのか。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.303 )
日時: 2013/05/24 17:25:39
名前: ミセスワタナベ・・満天下有人

あっはっはっ、イントちゃん、外人フアンドも日本主婦のヘソクリを狙って、「ミセスワタナベ」と総称し、鴨にしています(笑)。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.304 )
日時: 2013/05/24 22:48:51
名前: キリスト教による支配か・・満天下有人

<宗教はアヘンであると言ったマルクスは、既存のキリスト教ではないでしょうか>

いえ、違います。マルクス家はスピノザと同じく、オランダ系の立派なユダヤ教徒で、家系は由緒あるユダヤ教のラビです。だが父親が弁護士資格を取って開業するに際し、プロテスタントに改宗せざるを得ない事情があったようです。

彼は博士号取得の為の論文を書くとき、思考の手法をスピノザの往復書簡を丹念にメモしていたと言うメモも発見されていますが、いずれにしても両者に共通する思想構成の過程で、「神」なるものを奇蹟を起こす絶対唯一のものとする当時のキリスト教論破の思想を丹念に積み上げて行き、ユダヤ教でも無い気御リスト教でもない絶対唯一のものが他にある筈だ、そして行き着いたのが物質の秩序ある一定の運行がそれである、つまり唯物論に到達した。唯物論というと、よく人間性の無視だとの批判が起こりますが、それは逆で、人間(性)を軸に考察しております。

ま、それはともかく、<社会を支配するものとしてのキリスト教なのでしょう>

古くはローマ帝国ネロ帝がキリスト教を弾圧し、しかし皇帝権力維持の為にキリスト教徒を味方につけることを考え、諸々の経緯を経て権力闘争に勝ったコンスタンテイヌス帝が313年にミラノ勅令を公布して初めてキリスト教を公認。

11世紀の十字軍遠征も、名目はエルサレムをイスラム教から奪還するのが目的で、宗教紛争ではありますが、実態は必ずしもそうでもなく、中東に既にあったキリスト正教会や東方諸教会を潰してカトリック教会に変えてしまう、同教内部の闘いでもあったようです。

アフリカにおける紛争も、宗教上の争いに見えますが、どなたも御存じの通り、ヤダヤ、イスラム、キリスト各教は根は同じで兄弟宗教、キリスト教がユダヤ教を弾圧した骨肉の争いとて、兄弟ケンカのようなもので、アメリカ独立戦争も、プロテスタントに対する英本土の攻撃で、南北戦争も同じく実質上では英国及び欧州を支配していたユダヤ金融資本による新天地植民地化が本質でした。

そこに見えるものはキリスト教による支配というより、ユダヤ教による支配の方が、より鮮明です。ユダヤ教と言うより、ユダヤ民族で構成する「金光」教による支配(笑)と言う方が、本質的だと思います。
世界初の中央銀行と言われる英イングランド銀行、フランス銀行、そしてアメリカで設立されたFRBの生成の歴史を見ると、看板はキリスト教徒で実質はユダヤ教徒による通貨の支配です。兄弟ケンカしているように見せて(イスラエル問題に対する米・イス間の葛藤)、実は仲の良い兄弟プロジェクトをやっているようなものです(笑)。アフリカにおける紛争も、ダルフール地方ナイジェリア他どこも同じで、本質は天然資源支配の紛争であって、宗教紛争の衣をかぶっているだけの様相です。

現代にあっては先ず資源覇権の紛争があって、それが宗教紛争になっているようですが、根底はやはり経済問題でしょう。マルクスが理論化した「下部構造論」の原理が、やはり命題として生き続けているやに思います。

それにしても世界の宗派ではイスラム教徒がどんどん増える傾向にあるようですね、現在ではキリスト教33%、イスラム教徒22%、ヒンドウー教徒13%、イスラエルなどイスラム教徒が半分も居るとか・・・聖地エルサレムには、あの狭い地域にキリスト教、ユダヤ教、イスラム教それぞれの聖跡を持っている。仲良くやれば出来ないこともなかろうに、まあ既得権益が絡むと諍いが絶えない。

ユダヤ教徒など世界に占める比率は僅か0.2%、しかしこれが世界経済を支配している。

我が国ではキリスト教徒は僅か1%ですか・・・どこかの調査会社が宗派の調査をして合計したら、人口総数より信者の数が大きかったとの笑い話もあるようです(笑)。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.305 )
日時: 2013/05/25 10:18:46
名前: 國井


「神は死んだ」といったニイチェも敬虔な牧師の家庭で育ったのですね。

しかし、弁護士資格をとるためにプロテスタントに改宗するとは・・・
宗教はそんなもの?
自力の教えから、他力の教えに改宗するのとは違いますよね。

マルクスの「宗教はアヘン」は、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教全般を指すのですね。
彼は、宗教を如何に捉えていたかですね。
唯物論の立場於いてですが。

仏教についても理解していたのでしょうか。

藤村操の苦悩を如何に唯物論では解くのですか。

十字軍の話ですが、
イスラム教徒は、自分達の兄弟分のような人が来たと喜んでいたら、
殺されたと言うことだったらしいですね。

キリスト教徒がユダヤを忌み嫌うのは、多少理解できますが。

戦争に勝利したのにキリスト教徒の少ない事にマッカーサーは怒った話ですが、
1%と私は、以前、聞いたことがありますが、
確かな話では、ありませんので、何処かで確認をとって下さい。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.306 )
日時: 2013/05/25 14:57:27
名前: 万物は不可解なり・・満天下有人

我々日本人には理解出来ない西欧の信仰葛藤、ほんとの宗派を隠さねばならぬ程の葛藤、宗派を変えることが宗教の軽さを表しているとも思えません。我が国では信長による一向宗殲滅のすさまじい虐殺もあったと思いますが、近年ではオーム真理教がありますね、信じることも人間のサガなのでしょうが、無信仰の我々には想像するだけで(笑)。

藤村操も、短気を起こさず、も少し思考に時間をかけて世の変遷を見ておれば、唯物論の真髄に到達できたかも知れません。失恋が自殺の一端であったとの分析もあるようですが、「ホレーショの哲学、何に値するものぞ」、という遺文、シエイクスピアのハムレットの友人として登場するホレーショのことかな?ちょっと意味が分かりません。

今年初めに、ウエールズの某大学の兼研究グループが新たにシエイクスピアに纏わる経済行為の資料を発見。シエイクスピアが地主然としていたイングランド中部の生誕地・ストラトフオ−ト・エイボンで、脱税しては土地を更に買占め、大麦小麦も買い占めていたと言う裁判所記録を発見、その記事を目にしました。

彼も天才だったでしょうが、毀誉褒貶も多いですね。マルクスの「経済学・哲学草稿」など大著資本論を書き上げるまでの草稿集などで、貨幣論の稿ではシエイクスピア劇における貨幣をもじった表現が多用されているし、ゲーテもフアウストで人間が敵わない貨幣について嘆息しています。

藤村操が「ホレーショの哲學竟(つい)に何等のオーソリチィーを價するものぞ、とは、何を指していたのか、そもそもハムレットは王家における関係者の葛藤を描いたものですから、敢えて藤村が哲学的に考えて見たとすれば、万物の一部である人間とは、何とつまらぬ生き物よ、それを嘆いて自殺したのかも知れません・・・自ら思う恋も絡めて。彼が「不可解なり」と叫んだのは、万物というより実に不可解な生き物・人間に絶望したのかもですね、彼のことは詳しくも無いので、いい加減なことは言えませんけど。

ニーチエも56歳の生涯の晩年、精神に異常を来したようですが、やはり人間に対する絶望が原因であったようですね。彼の有名な「神は死んだ」との一句の背景にあったものは、当時の世相背景から、人間どもは善悪の基準を失った、もう神など要らぬ・・・失望の対象は、ただ有名なものにだけ傾斜する大衆への反感であったようです。

ツァラトゥストラはかく語りきで「のがれよわが友よ、お前の孤独のなかえ!」と言う一節のわが友よ、というのは自分を指してのことだったと解釈します。『・・・民衆は大いなる事柄、すなわち創造的な事柄をろくに理解しない。しかし民衆は、大いなる事柄の上演者と俳優のすべてに対しては、感受性を持っている・・・世界は新しい諸価値の案出者たちの周りを回転している。目に見えずに回転している。だが民衆と名声は、俳優たちの周りを回転しているだけだ。これが世の成り行きというものだ・・・』

何だか今の世にも通じるものを感じます。マルクスも人を狂わす貨幣についての事に関連してですが「実存しつつあり活動しつつある価値の概念としての貨幣は、一切の事物を倒錯させ置換するのだから、それは一切の事物の全般的倒錯と置換を意味するから、一切の自然的ならびに人間的な倒錯と置換である。」として、人間というものは、幻惑されてしまう生き物だと言ってるようです。

マルクスは「万物の流転を静止して見れば」と言ってますが、藤村もニーチエも、今少し静止しておれば唯物的史観に行きつけたかも知れません。

いずれにせよ、役者、上演者の周りを回転する大衆・・・はてさて、安倍のミクスへの信奉、自民党信奉は、いかに?(笑
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.307 )
日時: 2013/05/26 11:30:05
名前: 北の国から

 満天下さん、みなさんこんにちは。
北海道も、やっと春がきて、桜が満開になりましたが、その後の雨と風で一気に散って
しまいましたが、それでも野山ですずらんや紫のエゾエンゴサクが咲き始めています。

 人類は、いままでもいろいろと愚かなことをくりかえしたりしていますが、そしてそ
のことを、きちんと学習しようとする国もあれば、(一次的にせよ)無反省でそのおろ
かなことを(歴史を逆流させ)くりかえしたりするものらしいです。
 しかし、この人類は数百万年とりあえず続いてきているわけですから、おろかなこと
を、しっかり反省、学習しながら、いろいろな困難も乗り越えてきているというという
事実をみるかぎり「希望と展望」はなくなっていくことはないのかもしれません。

 高度に発達した資本主義社会でも、たぶん「お金がすべて」というひともいれば「ふ
つうに生活できれば、あとは平和に暮らせれば十分」というひともいて、さまざまな問
題はあるものの、一定のバランスがとれていると考えることもできるとも思います。
 学生時代に読んだ哲学者寺沢恒信によると、人間の、とてつもないエネルギーを発揮
するときの、その背景には、身近な愛するひとのため、という強力なモーメントがある
そうですが、歴史がその発展の法則にそって前進していくのをいろいろな局面で支えて
いるのは、こうしたエネルギーとその積み重ねなのでしょう。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.308 )
日時: 2013/05/26 11:47:40
名前: 北の国から

 宗教は、人間のエネルギーな発揮に、おおきな力を発揮する要因になっているよう
にみえることがあるのでしょうが、しかしその要因となっているのは、それぞれの宗
教の教義というよりも、その人がその宗教にかかわる理由となっている事柄(たとえ
ば家族や自分の幸せ)にむかってエネルギーを発揮できているにすぎないのではない
か、という気がするわけで(宗教そのものはその代用であって)す。
 したがって、何千年後かに「階級のない社会」が実現したとしても、合理的な説明
だけでは精神的に受け入れがたい(たとえば最愛の人の急死など)ことがある以上、
宗教という形態や行為は残るだろうと言われています。
 つまり、人類は「合理的、科学的、理性的」な理由だけでエネルギーを発揮する人
とそうでない人が必ず一定の割合で混在しているものだからです。

 そして、それは貧富の差や、文化の水準などとはまたちがった要素のなかで混在し
ていて、そのことがひどい社会を、すこしづつでも歴史の前進の方向にすすめるエネ
ルギーになっているにちがいません。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.309 )
日時: 2013/05/26 20:46:10
名前: 個人恣意と総社会的恣意・・満天下有人

北の国さん今晩は、毎度です。

申したかったことは、個々の人間と信仰の関係では無く、例えば信仰に対する個人の思惟なるものが、別の総社会に関わる分野に対しても同じ思惟の過程を辿れば、嘆きの本質がどこにあるのか、見極められなくなってしまう、過去の歴史もそうであるように、現在でも人類が出口を見つけられなくなっている、いや、ムリして出口を見つけなければならないと言う状況ではないと、皆がそう思えば別にそれでも構わない訳です。

しかし現実は、そうはなっていない、自殺の問題が言われ、格差の問題も国家内だけのことでなく、国際関係においても食える国、食えない国があり、それを巡って紛争が起こり、自爆が絶えない。

原発が無いと経済が持たないと言う人も居るし、いやそれでは国民が死んでしまうと危惧する人も大勢居る。そのことが個人の思惟としての愛する者の為のエネルギーによって、それが広い範囲でのエネルギーに必ず繋がり、全て吸収されておれば、社会問題になることも無いのに、現実はそうはなっていない。

そうはなっていなくとも人によっては、「別にそう思わなくても良いのでは」と思う人も多数いる事でしょう。問題は「そう思っても構わない」という人々と「そうは思わない」という人々との混在割合の問題では無く、結果として出ている現象の問題、各分野における制度の歪みの問題とか、問題は結果にあるのではないかと思います。

そうは思わないと思う人にとっては、個人の思惟としては、何かを信仰して家族平穏に暮らそう、日々を敬虔に生きようとしているのに、何だか身近に変な現象が押し寄せて来る、一体どうなってんだと思う、「疎外感」なるものが払拭できない人々が大勢居ることも現実です。

高度に発達した資本主義社会でも、お金が全てと思う人もおれば、平和に暮らせれば十分と思う人も居る、これもそれぞれに違う思う人がいることで、バランスが取れていれば万事OKとは行かない現実現象があるわけで、超金融緩和であろうが円安であろうが、バランスが取れるとは行かない面が、現実にもあるし(財政の金利負担とか)、結果としてまた金融破綻という一般にも影響を及ぼす問題も含んでおり、バランスが取れない時期が来る、下記しますように個々人の思惟なるものが、それをどう捉えているのか、捉えるに至る思惟はあるのか、原発問題しかりですが、個々人の思惟がどう「外化」されるのか、これも下記しますようにその過程を分析したのが19世紀に花開いた哲学であったと言う意味で、宗教と併せてそこから触れて見た次第です。

<そしてそれは、貧富の差や、文化の水準また違った要素の中で混在していて、そのことがひどい社会を、少しづつ歴史の前進の方向に進めるエネルギーになっている>・・・

誠に弁証法的観方で同意しますが、宗教そのものについては、何故取り上げたかと申しますと、宗教そのものを批判することを意図したものでなく、正に言われるような歴史の前進のエネルギーを産み、19世紀における合理主義哲学の開花の契機になったのは、それまでの欧州における宗教支配、社会政治制度が全てカトリック教会によって支配されていた、それに対する反発として新たな思想が開花した、その関係で総社会的思想転換の大きなインパクトになった宗教として、取り上げたものです。

個々人の日々の糧というよりも、社会制度として根を張り、数多の弊害を生んだ巨大な力の宗教としてです。そして尤も大事な事は、それが単なる宗教批判ではなく、何故個々人が神を想うのか、その神は個々人にどのような安息を与えているのか、個々人は何を認識して神を想うのか、個々人の思惟がどのように共通の理念に繋がって行くのか、単に神との関係、信仰の関係に留まらず、そこまでの分析をも含めた「認識哲学」を産み、そしてその思考方法が社会制度一般を創り上げている「思い」にまで角度を広げたことにあるからです。従って、軸を宗教批判においたのではなく、社会制度が宗教によって構築されていたからで、むしろ個々人の宗教に対する思惟が、それと同じ思惟でどこまで総合化されて社会一般の思惟と関わっているのか、そのことを考え、重点をそこに置きたかったのですが、その点については、國井さんが提起された藤村操のこと、あるいはニーチエに関連して、ほんの少し申しましたが、これは果てしない人間論になるので、横に置いた次第。

今日では、宗教による社会制度一般への影響、外ではキリスト教原理主義やら、アッラーとやらの影響が大きいようですが、少なくとも我が国ではその懸念は目下の所は無く、むしろ個々人の日々の糧の範囲に収まっている、しかし宗教団体が政治進出のバネにしている所もあり、且つ、神道をまた国家精神の中軸におくような動きも感じられ、要警戒だと感じておりますが、まあ、私の杞憂かも知れません。もしバランスを取ることで問題にならない何かがあるとするなら・・・。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.310 )
日時: 2013/05/27 07:58:20
名前: タイトル漢字の取り違え・・満天下有人

「個人の“思惟”と社会全体の“思惟”」と書いたつもりが、漢字変換を間違え、“恣意”なる言葉を置いてしまった。だが結果オーライになっているから、言葉とは皮肉なものだ(笑)。

恣意とは個々人による勝手な思考を意味し、取り違えた自由な発想も含み、そのことが全体社会の勝手気ままな思考となり、歪んだ世の制度を創り上げてしまう。唯物論で使はれる思惟は、知的生命体である人間だから、色んな事象を科学的に体系立てて考え、事の本質をきちっと把握する思考体系とでもいうものであろうか・・・

恣意なる思考に留まっていると、オレはこんなに一生懸命働いているのに、何だか生活が楽にならないな、あるいは、働く意志は十分なのに、どうして仕事にありつけないのか、個々人の思考が個々人の悩みの範囲に留まって堂々巡りで自己完結してしまう。唯物哲学論ではこの思考を「疎外感」と称している。

話は飛ぶが、先日の東海原子力機構の事故、何かの実験中に、陽子ビームの出力に異常が起こり、陽子の量を調節する電磁石に過大な電流が流れたのが原因とみられことがわかったようだが、被曝した研究者や作業員への影響は、問題ない範囲であったとは、不幸中の幸いであった。

・・・このスレッドの冒頭趣意に、未発見素粒子を見つける為の欧州原子核研究機構・CERNによってスイスに設置された巨大な超高速実験装置のことから始めた。宇宙物質を構成する17個の素粒子の内、未発見の6個?を探るものらしい。物質を構成する素粒子が質量を持つのは、ヒッグス粒子なるものがある筈だ、その仮説に基づいて素粒子を高速で衝突させて発見する装置だそうな。

まだ人類が発見していない最小単位の素粒子を暗黒物資、そこから生じるエネルギーを暗黒エネルギーとも言い、宇宙を膨張させているらしいが、国際物理学会では、実験中に生じると仮定されるブラックホールの危険性を理由に、実験反対の学者さんたちも結構居るとか・・・

この原子力研究機構開発もHPを見ると、素人にはよく分からないけど、人間にに役立つ研究、例えばより高度な放射線探索装置の研究などを行っている様子、・・・でも役立ち情報として福島事故後の放射線量の測定とか、色々書いているが、結果ばかりを研究してもしょうがないだろうし、現に福島事故の後遺症についても、ほんとに信用して良いものなのか、一般ではデーターを隠し、公表されていないとする批判も多い。

この原研実験事故も、加速器実験で放射線漏れを検知しながら、警報を切り、換気扇を回して放射性物質を外に出しながら実験を継続したことが分かり、報告が1日半遅れてもし付近住民が危険でも逃げる時間はなかったとの記事を見るにつけ、「恣意」的なものを感じる、ここにも「思惟」と「恣意」の落差がある。


環境工学学者でウラン濃縮研究者でもある武部邦彦名大教授が述懐されていたが、1年ほど前、埼玉の近くで講演をしたときに、福島のコメについて汚染リスクが高いと暗示したら、福島の農業関係議員から「福島の農家は死んでも良いのか!」と罵倒されたと言う。そこでコメは東電に買い取ってもらうのが筋だと反論されていた。
ここにも「恣意」と「思惟」の落差が見て取れる。福島農家の方がまだ、危険を承知しているらしいが、その「思惟」は、そこから先、誰にどうして貰えば良いかが分からなくなっている、これが「疎外」されている一つの典型でもある。そして何でも良いから事を自己完結し、農業議員によって売れるようにしてもらえば良いとの現実論に傾いてしまう。言うなれば「思惟」が疎外によって「恣意」に転化してしまっている。個々の歪みを是正するには、考える行為において、最後まで知的に科学的に思考を(=思惟を)保てるか、不特定多数の生活者の考えが世の中を、最後は決定すると言う点で、唯物弁証法的思考は、大きな暗示を提示している点で、有為な手法であると、私はそう思う。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.311 )
日時: 2013/05/27 09:04:28
名前: 北の国から

 満天下有人さん。
 いつもながら、ご丁寧でわかりやすい投稿、ありがとうございます。
ボクの投稿は「現実のさまざまな人間の困難にたちむかうというところを原点に」という点で、
それについて「軽々しく楽観的」であったことを反省しています。
 暮らしの問題、原発の問題、憲法の問題、雇用やTPPなど「楽観的にのんびりと構えてい
てはだめなたくさんの問題」が、人々の生活をいちじるしく脅かしているにもかかわらず、そ
の根本的原因にむかっての動きが、なかなか進んでいかないことへのボクのあせりから、楽
天主義にながれようとしていたと、自戒しています。

 たぶん、人間にとってその困難の深刻さの度合いが大きいときに、論理的、科学的にその解
決の合理的道筋に到達するのは、並大抵でないということが、福島の米農家のひとたちの発言
になってしまうのでしょう。
 このことをのりこえるのは福島の政治的体験や学習にもとずいて議論をひろげて行くしかな
いような気もしますが、だれがそれを進めていくのかということが決定的なのでしょう。
 そのことも、しっかりと肝に銘じていきたいと思います。
 ありがとうございました。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.312 )
日時: 2013/05/27 12:34:35
名前: イントィッション

なんかぁ、変な人口推移のグラフ見つけてしまいました。。。
  ↓
 2013年の最新版なのですが。。。 発言していることがいかにも原発と遺伝子組み換えで、ガクっと、人口が減っていくような雰囲気を醸し出しているかのようですね〜。。。
   ↓
 ttp://www.nexyzbb.ne.jp/~omnika/jinnkou_suii.html

 日本の人口は2010年の1億2806万人から2060年の8674万人へ減少

 2012年は2011年に比べて28万4千人(0.22%)も減少

 2030年以降は、毎年100万人ずつ人口が減っていく

 エネルギー安全保障の崩壊した日本の人口減少スピードはもっと速い

 65歳以上の高齢者人口は3079万3千人で総人口の24.1%(2012年)

 過重な負担が現役世代と将来世代に押しつけられている

 日本の「家計貯蓄率」は急降下、世界最低水準の3.2%(2011年)

 ノーテンキな政治家たちが、国を突然経済破綻させてしまうかも


 ここのコメントでは、ノー天気な政治家とありますが、まったくなド阿呆が首相だなんて。。。国会で、誰かさんに渡された国会弁論大会みたいな、読み上げる紙に、ものすご〜い簡単な漢字にふりがながついていて、例えば、他人事:たにんごと というように、そして、“ここで間を置く!” とか、“ここで水を飲む!”とか。。。 すべて安倍シンゾーが読み上げる国会での演説は、中学校の弁論大会のようです。。。苦。。。。WWW

こんなのが首相で、日本はもう破綻まで10年も持つでしょうか???

なんかぁ、貯蓄率もとても落ちていると言うし。。。 

いつまでユダ菌は張り付いているのか??? 

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.313 )
日時: 2013/05/27 12:46:01
名前: 天橋立の愚痴人間

満天下さんの記述を拝見していて、下記の文言に興味を持ち、想いを膨らませました。

>個々の歪みを是正するには、考える行為において、最後まで知的に科学的に思考を(=思惟を)保てるか、不特定多数の生活者の考えが世の中を、最後は決定すると言う点で、唯物弁証法的思考は、大きな暗示を提示している点で、有為な手法であると、私はそう思う。

現代社会の病根にメスを入れられているものと思います。
表現は異なりますか、かつで他のスレッドで「役たちの住人」さんが次のように書かれています。

>常に絶対的な理想を意識する西洋思想は、排他的な価値観と、独立志向を同時に発揮し、ヨーロッパの多様性を現代にまで引継ぎ、国家間、民族間の競争と発展を支え続けたのに対して、
多様性を許容する東洋的な価値観は、統一国家の形成維持を助け、巨大権力の前に、個々の多様性を埋没させていったのは、非常に皮肉な結果であったといえます。

自分なりに翻訳すると

常に絶対的な理想を意識する(???)西洋思想(利己主義)は、排他的な価値観(利己心)と、独立志向(個人主義)を同時に発揮し、ヨーロッパの多様性を現代にまで引継ぎ、国家間、民族間の競争と発展を支え続けたのに対して、

多様性を許容する東洋的な価値観(利他主義)は、統一国家の形成維持を助け、巨大権力の前に、個々の多様性を埋没させていったの(利他主義=利己心の否定)は、非常に皮肉(当然)な結果であったといえます。

(西欧社会は、ありえない理想を掲げ、利己心をを肯定し、結果は・・・)

また、アダムスミスは人間性の認識の中で下記のように言っています。

『道徳情操論』によれば、人間は他者の視線を意識し、他者に「同感」を感じたり、他者から「同感」を得られるように行動する。この「同感」という感情を基にし、人は具体的な誰かの視線ではなく、「公平な観察者」の視線を意識するようになる。

「公平な観察者」の視線から見て問題がないよう人々は行動し、他者の行動の適宜性を判断することにより、社会がある種の秩序としてまとまっていることが述べられる。このように社会は「同感」を基にして成り立っているため、社会は「慈善」をはじめとした相互の愛情がなくとも成り立ちうると論じた。
また、富裕な人々は、大地が全住民に平等に分配されていた場合とほぼ同一の生活必需品の分配を、「見えざる手」に導かれて行なうということも述べている。

人間性の認識において、役たちの住人さんが示された様に、西欧文明が欺瞞に満ちた展開をしていることは、まさに、アダムスミスの認識と同じくしています。

ここで「利己心」と「論理(哲学)」と言う事が浮んできます。
「利己心」と「感情」VS「論理(哲学)」と言っても良いかと思います。

また「宗教心」と言うものが宇宙における暗黒物質と同じように、人間の心の隙間に入り込んでいる以上論理的側面からだけではまとまらないかとも思います。

なには、ともかく、
ますます暗闇に引きずりこまれそうですが、一条の光を求めて宇宙を彷徨う事にしましょう。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.314 )
日時: 2013/05/27 18:19:18
名前: ユダ菌の手に乗る論法・・満天下有人

イントちゃん、貼り付け資料で言ってる人の論は、おおむね的を得ているのですが、大筋で勘違いしている所があります。一見政府政策批判は的を得ていますが、少しチャンポンになっていて、ユダ菌・多国籍企業の手にまんまと乗せられているような・・・自由貿易協定への政府の対応の遅れによって、企業の国内での生き残りが難しくなっているとの論に、それが伺えますね。

パナソニックの赤字7800億円が、その象徴だと言われているが、それはパナソニックが最終製品を輸出目的で一貫生産工程に多額の投資をして、競争相手の韓国サムソンにコスト競争で太刀打ちできなくなったからで、ではそのサムソンは、どういうやり方かと言うと、既に多国籍化しているのです。つまり、韓国内での税負担や人件費を相当低くしているからです。多国籍企業では、国籍が不明確になり、税負担による当該国への還元は期待できない。もしパナソニックが国内で生き残れない状態で、それを何とかしろと言うのなら、同社も海外へ出て勝負しろとなり、雇用とか納税で出て行った先の国の利益にはなっても、日本母国に対する利益を減少させることになり、それは一国経済に利するというよりも、外での多国籍「企業」としての生き残りを意味するだけになってしまいます。

エネルギーに関して言えば、原発停止で電力に関しコスト高になっている、原発廃止論は的を得ていますが、天然ガスの輸入量が増えていることに絡めて輸出を増やせと言うのも、あながち間違っているとは言いませんが、ムダな原発経費を無くし、より安価なエネルギー源を確保する、その意味では天然ガス輸入に切り替えて行く方が得策であります。

資源の無い我が国が基礎物資を輸入に頼るのは、宿命です。しかしその見合いとして輸出を、というならともかく、企業として輸出攻勢をかけないと生存できないと捉えるのは、間違い。経常収支のGDPに占める割合は、僅かなものです。おまけに上述した様に、輸出攻勢とは、生産拠点を外に移してやることになりますから、何を言ってるのか分からなくなります。

そして<貿易赤字が続けば、エネルギーも食料も買えなくなる>・・・かなりお若い人なのでしょう、買わずに済ませていたものを、態々買う(買わされた)ように自らの身を預けてしまった経緯をご存知無いようです。まあ石油の場合は、エネルギー源だけでなくナフサとして二次加工品の原料としても必要ではある部分はありますが、主要食糧など、自給率が最も下がって来たのは我が国だけです。工夫すればいくらでも自給は出来る筈です。GMOモンサントの恐怖からも逃れられるし(笑)。エネルギー源も、国を挙げて取り組めば、自給率はかなり上げることも出来るし、その為の開発費ならば惜しむべきではない。有望な調査結果も出だしていることでもあり・・・

高齢者社会保障費の問題も、御多分に漏れず世代間文句にしていますね、勿論、高額所得者の負担増は望むところですが、でも老人と若い世代との、世代間問題として捉えるのではなく、例えば累進課税とか、もっと一般的な面で公平な負担として捉えるべきでしょう。

外国への度重なるODA。安倍はミヤンマー外遊で、野田ブタが3000億円チャラにしてやって、更に2000億円も帳消しに・・・これまでのIMFやベトナム、インド、ナイジェリアも含む額は一体いくらになるでしょう。国内世代間問題にはするが、こういうことには無頓着で、そして多国籍、いや無国籍と言った方が適格か(笑)、競争の名の下に、そんな企業にして国をなくして行く論には、手を上げる訳には行かない。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.315 )
日時: 2013/05/28 08:12:51
名前: EUは利己心の抑制か・・満天下有人

役立ちの住人さんが分析されている<多様性を許容する東洋的価値観は、個々の多様性を埋没させることによって統一国家の形成維持を助けた>との箇所は、具体的にどの国家を指しているのかが、よく分かりませんが、と言うのも、統一国家の形成という要因としては、西欧社会も神の名の下に形成されて来た面もありますし、但しその先の現象として、西欧諸国の絶えない紛争と植民地主義が利己心の発露によるものとすれば、東洋における例えば我が国のアジア進出が利己心を埋没させることによって満州や東南アジアへの進出であったとすると、西洋型利己心も東洋的自己埋没も、同じ道を辿ったと言う点で、似たようなものになってしまいますね・・・

いずれにしても西欧の利己心突出では紛争が絶えない、それを抑制する目的だけではなかったとしても、(対米牽制、日本のアジアにおける成功への牽制など)度重なる欧州戦乱は止めようよ、という事で欧州共同体結成の動きが芽生えたことも事実で、利己心だけを発揮しても、正にスピノザが指摘した様に、パイは一定である、その中での物質、人間調和を考えるべしとの考えに辿り着いたのかも知れません。

その後でも現実は、そうはなっていなかった。アダムスミスの言った所の、富裕層とて公平な観察者の視線を意識し、公平な分配を行うものだとの、正に西欧文明の欺瞞についてはカール・マルクスが経済学・哲学草稿で、地代、私有財産制度の章でかなりの部分をさいてスミスの「国民経済学」を論破している所です。かなり長いので割愛しますが、地主とて他の生産資本と同じように、借地農には必要なコスト分を考慮してその範囲での地代しか取らないように見えるが、仮に借地農が土地改良して生産性を上げたとすると、それは地主のコスト負担でも無いのに、その分、地代として吸い上げる・・・言い換えると形を変えた剰余価値の収奪であると・・・これは当時の経済学者が言ったことではありませんが、土、土地なるものは、そもそもからして労働の生産物ではありませんから、私は「擬制資本」と位置付けているのですが・・・その点で言えば、資本の源泉表示である負債勘定から資産勘定の実物資産を差引いた現金勘定なども、印刷されたものと言う考えに立つと、これもまた擬制資本になるのかな?と、逡巡しているところです(笑)。

まあ、地主と地代の関係は19世紀のことを言っており、現代ではどうか、超金融緩和の一環として日銀が不動産投資信託証券をも買い取ってオカネを供給し出してから、株式市場では賃貸不動産の収入が増えるとして、不動産関連株式から暴騰が始り、一方で国債市場で国債価格の下落=長期金利の上昇が始った時、真っ先に不動産関連株の下落が見れました。今や既に地主と地代などと言う側面から離れて、ヘッジフアンドなどの金融によって地代も左右される観があります。どこの証券屋の株価ボードの前か知りませんが、今日の再びの大きな下落を見て、一般の人は、何でだ!?半ば口をポカンと開けて顔は、怒りの形相(笑)、金融がこんなに緩和されているのに何でだ?(笑)・・・日本人の浮かれた心理を外資ヘッジフアンドに見透かされていることに気がついていないのですねぇ・・・今や1000分の1秒で高速売買システムが動かされ、ヘッジフアンドなどは既に日取りまで決めて自動的に指数が動くように仕込んでいるのに、些か飛躍した論理ですが、超金融緩和信仰の下で自らが疎外されてしまっている弁証法が大衆には分かっていない(爆!)

・・・と言う事で最後に、宗教心なるものも、人間の心の隙間に入り込んでいる以上、論理的側面からだけで纏まるものではないとの危惧については、それが人間の身近なことに絞った宗教心なら、どうという事も無いのですが、それが良い方向、例えば利己心の抑制とかの方向に向かえば良いのですが、中世のように社会システム全体に関わるものとして動き出すと怖いですね。投稿NO。298でスピノザの哲学で紹介しましたように、故に個々人が思う信仰心は逆に自らに跳ね返って来る、自分が疎外されているから信仰すると言うことは、自らが自らを疎外していることである、そこに気がつけということに尽きます。

要するに何故宗教心を取り上げるのか、総政治・社会的な問題になる時で、それがある支配層の利益だけをもたらし、万人の利益になっていないケースとして、問題になる時だけで良いのではと思います。このことは利己心についても言えることではないかと思います。Aの利己心がBの利己心と一致し、更にC,D・・・X,Y、Zまでのそれと一致するなら、問題は無いということになります。何故ならAの利己心は無為なものでなく、有益なことから発している訳で、それがY、Zまで総数として有益なことになるなら、願ってもない結果が出るということになりますから・・・。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.316 )
日時: 2013/05/28 09:54:24
名前: 天橋立の愚痴人間

「経済の話し」スレッドで書いていることですが、

・・・「貨幣」による「交換」を前提にすることにより、我々は初めて「価値の保存」に成功する。保存された「価値」は、任意の段階で「交換」の現場に取り出され、その「価値」を保有する人間に「財」や「サービス」を提供する。
これが、「貨幣経済」の本質であり、市場主義の本質である。

「貨幣の独走」

個人個人がその「労働」を交換の現場である「市場」で、不変性を持つ「貨幣」に置き換えた段階で、経済の運動主体そのものとなった貨幣を、自らの企図のために使いたいという動きが出てきた時に、貨幣自体を流通させることに「価値」が生じた。

そして「利子」とは人間の世界に「時間」の概念が導入され、貨幣や交換が人間の欲望を無限に引き出し、そのことによって永遠の増殖を始めた時、誕生した貨幣経済の嫡子である。
冒頭の資本主義論は、此処からはじまる・・・


当世、金融資本主義なるものは、その究極の形ではないでしょうか。
為替の変遷、株価の変動などは、余剰価値、詰まり「利子」が蠢く姿であり、実態経済活動にとって(我々大衆)無視して行けるものではないでしょうか。
相場に手を出し破滅するのは全くの自己責任で良いと思います。

実際には、その影響で物価が変動し関係ないとは言えませんが、仕事さえ確保できていれば乗り越えられる問題と思います。

また、一部の人間は限りない余剰価値を溜め込む事に執心してますが、良い意味での人間性を信じれば、余剰価値の多寡に価値を見出さなくても良いかと思います。

多くの侵略戦争、大東亜戦争などは、国家単位で余剰価値の確保を図った形態と思いますが、現代資本主義が見せる「余剰価値」の奪い合いは、国家さえ凌駕した、おどろおどろしい人間の利己心が見えます。

その様な、資本主義の理念について、マルクスが論難できたのは、至極当然としても、マルクス自身、人間の性、哲学(生き様)についての構想を確立しているとは思えません。

広い意味での人間の宗教心(利己心)なるものは、経済的論理で左右できないものと思います。
マルクス型共産主義が西欧民主主義に敗れたのは、このためであり、経済の問題の矛盾を本当に解決できるのは経済の領域ではなく、他の領域ではないでしょうか。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.317 )
日時: 2013/05/28 18:49:25
名前: 金融資本の暴走・・満天下有人

貨幣の理想的な形態は、正に冒頭に言われている所にあると思います。そうであったものが、「貨幣の独走」項目で言われているように、自らの企図のために使いたいと言う動きが出てきた時に、貨幣自体を流通させることに「価値」が生じた、それが今日の金融暴走の実態である。正にその通りでしょう。

貨幣自体が貨幣として流通し出す、カネがカネを求めて徘徊することは、マルクスが既に資本論貨幣の章で予言しております。それは彼がまだ26歳の時でした。スピノザも唯物弁証法の構築に着手したのも、20代の頃からでした。
まあ、本筋のことには関係ないことですが、貨幣自体を流通させることの「価値」、」この場合の価値の概念は、貨幣としての本来の機能である使用価値、交換価値ではなく、貨幣をもそれ自体を商品として扱う場合の商品価値と見なされるだけで、しかしこれは労働の生産物としての付加価値とか、価値の実態は何ら持っていないことに、留意しておかねばなりません。

貨幣については、随分昔、橋立さんと対論した記憶があり、保存しております経済雑記メモをひっくり返して見たら、やはりありました(笑)。2007年10月1日にYahoo掲示板で既に済んでおります。

<当世、金融資本主義なるものは、その究極の形ではないでしょうか。
為替の変遷、株価の変動などは、余剰価値、詰まり「利子」が蠢く姿であり、実態経済活動にとって(我々大衆)無視して行けるものではないでしょうか。相場に手を出し破滅するのは全くの自己責任で良いと思います。>

誠にその通りで、個々人の勝手の問題で、こちらは知ったことじゃないのですが、困ったことにその現象が拡大すると、通貨の配給者である金融機関に影響が及び、国が全体の救済をせねばならなくなり、それはいつも経済血液としての通貨の血栓を起こすから、国は先ずは金融機関救済し、その負担は目には定かに見えないけれど、色んな形で関係ない者にまで影響が及んでくるという現実があります。

典型的な例が平成元年のバブル崩壊で、そこから失われたウン十年が始り<仕事さえあれば>というその仕事が徐々に無くなって行き、10年後くらいから影響が表面化、第二次橋本内閣から税収が一挙に落ち込み(経済活動の低下・雇用の悪化)財政が悪化して発行国債残高が、橋本内閣成立の時355兆円、それが第二次橋本内閣を経て小渕内閣になって一挙に539兆円に膨張、殆どが金融救済問題から生じた後始末で、当時の国会でも周知の通り住専をどうするかで紛糾したものです。

斯くの如く金融の暴走は、単に金融政策による物価の問題では無く、フアンダメンタルズを根こそぎ崩壊させるリスクを背負っているといっても過言ではないでしょう。まだ国債増発で凌げる内はいいでしょうけど・・・それは人間性の性善説に重きを置くとかの問題を遥かに超えるもので、<国家をも凌駕する>ものです。

その点はマルクスが、まだ金本位制であった時代に、貨幣が例え実物金の裏付けがあっても、さような要因を貨幣は持っていると洞察していた訳ですが、このような貨幣が媒介する経済について、その解決は経済の領域では無く、別の分野に求めるべきであることは確かであっても(学問上なら社会学も含めて)、その点でマルクス自身に人間哲学が欠けていたとするのは、少し酷であると思います。その延長となると、法学者も自然科学者にも全て、人間哲学を求めねばならなくなり、彼らは当時の社会背景からそれぞれの分野で、思想を形成したものであり、マルクスの場合は経済生産関係に特化、それでも労働価値論を形成した点では、それは人間の生きざまを見た上での事であったのではないでしょうか・・・故に経済現象を見る為には、思考を十分練れと言う側面から、弁証法的思考を産み出したとも言えると思います。経済学者としての彼を見るなら、実に科学的に、それも人間一般にある観念的思考を踏まえた上で、その形而上的思考では、物象の本質が見えない、言い換えるとその点で生き様の一点、人間性を含んだものであったと解釈出来ます。

<広い意味での人間の宗教心(利己心)なるものは、経済的論理で左右できないものと思います。>

いえいえ、これは全く逆ではないでしょうか。経済的論理が宗教心を左右しているのではなく、当時では、あるいはこれからもその宗教心が経済を左右していた、するかも知れない、そういうことです。

<マルクス型共産主義が西欧民主主義に敗れたのは、このためであり、経済の問題の矛盾を本当に解決できるのは経済の領域ではなく、他の領域ではないでしょうか。>

マルクス型共産主義がよく批判されrますが、それは世間が=ソ連型共産主義にすぐ結びつけてしまっているからだと思います。経済学者でさえ理解出来なかった難解な(翻訳者がいけない)理論、ましてや世間一般は、理解出来ない、具体的に発生したソ連共産主義のことしか認知できないものですから、そうなってしまった。このことは学者やマスコミの大いなる責任だと思います。マルクス・エンゲルスによる「共産党宣言」が埋め込まれてしまっている。マルクスは、1848年にロンドンで結成された秘密結社「共産主義者同盟」からの依頼による宣言の執筆を最後までノラリクラリして逃げていたのです。実質上の執筆者エンゲルスでさえ、この共同盟はフランスのユートピア的共産主義者・バブーフの思想を母体にし、財貨全体を共有することや秘密結社としての性格が強かったと、暗に忌避していたようです。

既に欧州では大衆の方が革命機運が今にも爆発するような状況で、焦った共同盟から早く書けと督促が来ても、他の者が書いた初版や第二版の内容を見たマルクスは執筆を遅らせて、逃げられなくなって執筆を始めたものの、共産主義の定義を決める重要な第二章、共同盟思想の命である章でマルクスは、共同盟の財貨の共同所有思想は「粗野な共産主義」であると批判し、私的財産権を含む所有全体の廃止でなく、「ブルジョア的廃止とすべきことを主張」して嫌われたようです。

余程頭に来たのか、そのことは「経済学・哲学批判」第三草稿・2「私有財産と共産主義」の項で「共産主義は二重の形態で姿を現す。第一に、物的な所有の支配があまりに大きくこの共産主義の前にたちはだかっているので、そのためにこの共産主義は、私有財産として万人に占有され得ないあらゆるものを否定しようとする。それは暴力的なやり方で、才能等々を無視しようとする。」

さような記述と史実があることを付記しておきます。共産党宣言は、どうやら共同盟と妥協したエンゲルが書いたものだという史実が定まりつつあるようです。マルクスが真に労働=生活の労働から経済論を展開しようとしたのに、労働者の革命をバックにする当時のユートピア共産主義者たちが、マルクスのその経済学の端緒となった「労働」の箇所に目が留まり、且つ資本による剰余価値の蓄積過程の科学的、数学的な構造分析において、資本という基軸が目に止まったものだから、言い寄られてしまったのでしょう。非難されるべきはむしろ、スターリンではないでしょうか・・・。

引用された利潤なき経済の構想は、どうもまだ結論がよく見えません。



メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.318 )
日時: 2013/05/28 21:15:32
名前: 天橋立の愚痴人間

人間が生きる為に、衣食住を中心とする物質を生産し流通させる過程で、殆んどの人間が、其れに従事できる社会が終わろうとしています。

満天下さんも、何度も仰っているように経済活動のパイが満杯に近づいているのです。
この事は、有史以来の大転換が必要になってきていることを現しています。

先進国ほど多くなって来ている失業者が、それを如実に現しています。
今後、発展途上国の生産性が上がれば、世界中に失業者が増えてくることは目に見えています。

この意味で言うと、資本主義経済もマルクスも対応できているとは思えません。
簡単に言えることは、将来は世界中が計画経済を取り入れて、人間の生産活動自体を調整する事になるでしょう。
これは、希望する、しないに関わらず、共産主義的な社会の到来です。
100年後の現代の様相もわからない時代のマルクスの資本主義批判は驚くほどのものと思います。

物資の配分の方法を確立すれば、全ての人間が肉体的に生きて行く事はできるでしょう。
そのときに起きるのが、人間精神の頽廃です。
私は、この状況が決して人類の幸せな結論とは思いません。

資本主義を否定したマルクスの想いの先が、このような共産主義社会を目指すようなものであれば、思想家としてのマルクスを支持できません。
このようになるくらいなら、まだ、格差を嘆き、必死で生活している現代社会の方を選びます。

昔から、資本主義を否定するマルクスよりも、マルクスの先を見てマルクスを信頼できていなかったのです。

一時、ワークシェアリングと言う言葉が流行りました。
一時的、ないし局部的ワークシェアリングと言う概念よりも、人類の経済活動、そのものをワークシェアリング的に考えなければならなくなるのではないでしょうか。

そうなれば、現在の経済理論は全く意味を成さず、ユダ菌などの経済活動も滞る事になるのではないでしょうか。
生きることは国家が保証し、贅沢だけが目的の経済活動が主流の世界など、考えるだけで恐ろしくなります。

最も、全ての人間が国家の責任で生きられる仕組みを構築するまでに、ひと波乱もふた波乱もあるでしょうが、そうなる前に、他の選択肢はないかと言う事です。

あれこれと批難していますが、資本主義、民主主義の考え方は、人類が到達した理想郷であり、最も人間らしい本性に即した生き方であると想います。
それを、どのような形で温存しながら、ある程度は共産主義的な社会を作る事ができるかと、言うことと想います。

マルクスは、国民全員のための経済理論を求めましたが、資本主義を批難する事に傾注したためか、その良い面を封殺してしまったように思えます。
実際には、ソビエト共産党が行ったとしても、マルクスの理念自体に、その要素があったと考えます。

エンゲルス、スターリンなどは、管、野田と同じように評価の外の人物と心得ます。



メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.319 )
日時: 2013/05/29 14:40:16
名前: イントィッション

豚積みタローについて!

>エンゲルス、スターリンなどは、管、野田と同じように評価の外の人物と心得ます。

もっとひどいのがおりますよ〜。。。 頭には変なシャッポーかぶって、肩から長い黒のコートをひっさげ、確か、名前が豚積みタローとか言いましたね〜。。。

 え〜とぉ、「『株価が上がっても株は持ってないので関係ない』という人もいると思うが、年金は株式の運用で成り立っている。7月に年金の運用状況が出てくるが、ウン兆円の黒字になる。アベノミクスは株だけではない。一番肝心の社会保障の元の元も稼ぎ出している」(5月18日、札幌市内での講演)

   鼻から発したようなしゃわがれ声の薄気味悪〜いニャミを浮かべて、首をちょと、かしげて、こう話す脳足りん!
   ↓
 ttp://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130528-00000021-pseven-soci

 目の前に7月の参院選での勝利がぶら下がっているこの政権は、安倍首相の持論である憲法96条改正も国防軍創設も封印し、あくまで景気回復を喧伝して一点突破をはかる構えだ。

 しかし、麻生氏の言葉を鵜呑みにするのはちょっと待ってほしい。ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏は、「麻生さんは年金運用のイロハがわかっていない」とこう指摘する。

「年金資金は国内株式に14.5兆円、国債を中心とした国内債券に67兆円、外国の株と債権に25兆円などと、分散投資されている。

 日経平均株価はこの1月から1.5倍に上がったので、たしかに日本株の含み益が7兆円程度増えてもおかしくない。しかし、その一方で国債の先物価格は3月以降約3%下落しており、最大2兆円くらいの含み損を抱えている可能性がある。さらに海外のヘッジファンドは日本国債の売りで大儲けするチャンスを狙っていると見られており、それで国債価格が急落すれば年金の含み損が一気に拡大するリスクがある。

 株の値上がりとはいっても多くは含み益の段階で、将来、株価が下がれば消えてなくなるのも当然のことです。そのように運用はポートフォリオ全体で考えるのが鉄則で、目先の株価に一喜一憂するのは素人です」

※週刊ポスト2013年6月7日号

 ユダ菌と財務省が化けた安倍・麻生脳足りん政権! いつ終わるんですか〜?!?

 え〜、外資が日本国債を売ったとき? でも10兆円じゃ〜ねぇ。。。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.320 )
日時: 2013/05/29 14:58:20
名前: イントィッション

マスゴミの南海トラフの煽りようについて!

ところで、先日の南海トラフ地震のマスゴミの煽りようには、吹き出してしまいました〜。。。

巨大地震に備えて、備蓄ではなく1週間分の食糧が各家庭に必要であると、見本を並べていましたが〜。。。

ななんと、その食品、ほとんどがカレーのレトルトやらペペロンチーノのレトルトやら、大企業が大量生産してつくったものばかり! 水までも。。。 人間が災害になったとき、吐き気がして絶対に食べたくないようなものばかり〜ずら〜っと。。。

それも合計金額6万円! 

まるで、大企業の大売り出し! みたいなぁ。。。 それも賞味期限があるから、1カ月か数か月に一度は、食べつくせと〜。。。 馬鹿か、マスゴミ!!!  マスゴミのレベルの低下は本間にひどい〜。。。

 普通、人間は災害にあったときは、まず心臓がどきどきして、精神的に普通ではいられません。。。 まさに巨大地震で、そうなると、数日間は船の上で揺れているような感覚が続きます。。。 そうなってくると食欲どころか。。。それなのに、油だらけのカレーやらペペロンチ〜ノやらぁ。。。 見ただけで食欲が無くなります〜。。。

 普通は日本人がが災害に会ったら、まず、おにぎりと野菜がたくさん入った暖かいお味噌汁! やはりこれでしょう。。。 そして、数日間は食事は1日に1度でよいと思います。。。後は、落ち着けるようにお茶や水を飲んで、飴などのお菓子や昆布を噛むことなどをおすすめします。。。

 ま〜、今の働き盛りの30代や40代は、まずマクドナルドから初まり、焼肉や油だらけのラーメンやチーズが浮いたペペロンチーノや野菜がほとんど入っていない牛肉カレーぐらいしか頭にないんでしょうから、もう脳足りんでしょう!

 それに特に、マスゴミ関係者や御用学者などは、大企業からたっぷりおすそわけがあるんで、毎日、脂ののったお寿司や油特大ステーキや大盛りチーズ入りペペロンチーノなどたっぷり、お腹脳足りんでしょう〜。。。

 お腹と脳は脊髄できちんと繋がっていますから、もう低能ぶりはどうにもなりません。。。

 もう少し、災害に会った人間の心情について、まず考えれば、そんな1週間分の大企業だけが儲かるような食糧を見せつけるはずがないですよね〜。。。 

 マスゴミには常識という言葉がもうありません!!! どこもここも脳足りんばかりになりました。。。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.321 )
日時: 2013/05/29 17:49:17
名前: 猿脳のブタ積み・・満天下有人

あっはっは、イントちゃん、猿脳にボルサリーノハットをかぶって、せっせと日銀へブタ積させるオッサン、あの帽子は伝統の古い有名なイタリアの帽子、それにダラーッと黒のコートに真っ白のマフラー、あれはイタリアンマフイアを気取っているのです(笑)。

日銀金融緩和の為に、日銀ベースマネーをせっせと積ませて(通貨印刷増発の元)、市中に円をばら撒いたものの、結局はオカネの行き先が無く、株式市場に向かい、日銀がブタ積の見合い勘定として買い上げた国債が下落(長期金利の上昇)、その関連が全く分かっていない猿脳の浅知恵なんぞ、外資ヘッジフアンドは既に御見通し、株式市場も国債価格も乱高下・・・年金基金運用についての説明も子供並み、一方が上がれば一方が下がるから意味が無いとのアナリストさんの指摘の通りです。

連中が怖くなる時は10兆円なんてもんじゃありません。年金基金以上に巨額の国債を保有する郵貯に市中金融機関、この評価額が下がれば又、金融危機となり(国際決済銀行BIS基準の自己資本勘定が毀損するから)、それを救済するのに又、国債増発してそのオカネを金融機関に注ぎ込み、金融機関には税繰り延べ優遇措置を取って税収減に拍車をかける・・・あ〜オソロシヤ、オソロシヤ・・・

なのに昨日、東大教授他のエライ人たちで構成する経済財政民間諮問委員会とやらが、また財政改革を言い出し、「プライマリーバランス」を0にせねばならないと、お札ばら撒いて財政を悪化させておいて、一方で財政改革と言うなど、東大のセンコの言うことか!・・・こんなの10年前から小泉内閣で竹中タコ造が言ってた事で、今度もシンゾーがタコを官邸に散れ戻したものだから、また丘の芋を盗み食いに来たも同然。

偉い先生たちが言う、プライマリーバランスを0にする目とは何か、少しその話をしますと、成立した今年度予算、歳入が約93兆円で、その内借金(国債増発)が約43兆円です。支出の項目では国債費(今年償還分と利息が約22兆円です。

歳入の国債借金が43兆円で、支出の国債費が22兆円で、その差21兆円が、借金勘定の収支以外の赤字となります。つまりこれが地方への交付金やら、社会保障費の赤字であり、プライマリーバランスを0にするということは、この赤字を減らすということを言ってるのです。この赤字を減らすには歳入の税収が増えるか、社会保障費をカットする以外に方法は無いのです。

シンゾー達が超金融緩和で成長率を上げ、税収増も見込めると言うなら、それはそれで結構なのですが、この民間経済諮問委員会では社会保障費を減らすことも提言しております。と言う事は、税収増加が見込めないことを白状していることになります。今日はチャンポンミクスでなく安倍のバカミクスと言いましょう(笑)、三本の矢か何だか知りませんが、成長、成長と声を上げて目を晦まし、四本目の矢=財政改革なる項目でウソを自らばらしてしまったと言う事です(笑)。

実は内閣府による他の政府財政財政データーでは、政府最終支出が97兆円あります。一般会計の総歳入、総支出が93兆円なのに、これでは政府最終支出97兆円を一般会計で賄ってもまだ赤字じゃないかと、実におかしな会計になりますね・・・この政府最終支出は、全部を一般会計に計上しているのではなく、実は特別会計勘定にも含ませているから、表に出ない形になっているだけなのですね・・・

この政府最終支出の勘定科目は、自衛隊、警察、学校の先生、社会保障関係官庁などの人件費全部で30兆円が主なもので、訳の分からぬ公益法人などへの人件費補助なども含まれています。よく言われる医療関係保険への国家負担金が大きいから、患者負担を増やせとの議論が出ますが、それよりも、それを取り巻く役人や公益法人への支出がおおきいことは、隠されてしまっているのですね・・・この特別会計問題は小泉内閣の時に世間からも批判が集中、おっちゃんも内閣府や財務省に行って調べたものです。それが切っ掛けで掲示板への一投稿者となりました。初めの頃はイントちゃんやセバちゃんや、ボノボさん相手に、出来る限りほんとの事を教えたかったからでした。

タコ造も引っ込み、シンゾーも居なくなってホットしたら、空き菅や野ブタが出て来て、これが居なくなってホッとしたら、またシンゾーにタコ造が出てきやがって、おまけにボルサリーノまでが同じ衣装で・・・あれから13年も経ったのに、何も変わらない・・・

食ってやろうにも、タコ造酢の物は、全く口に合わない!。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.322 )
日時: 2013/05/30 08:56:38
名前: 日米国債売り競争・・満天下有人

おや?昨日掲示板で、天橋立さん投稿NO.318とイントちゃんのNO.320がアップされておらず、イントちゃんのNO.319だけがあったので、それにレスしたら、レス順番が狂ってしまいました。

ま、それはともかく、大手行が住宅ローン金利を来月から0.2%引き上げ1.6%にするそうで、国債市場長期金利の上昇傾向が、現実の生活に反映し始めました。

国際市場における長期金利は、国際市場の乱高下を反映して23日に1%へ急騰、その日の新発10年債の表面利率は0.6%、売り出した途端に売り浴びせられて金利高騰。昨日は0.935%にまで下げていたが、大手行の住宅ローン金利引き上げは、先行き金利上昇を見越したものだろう。その大手行自体が国債売りに回り始めているから、何のことはない、長期金利上昇は自らも加担しているのだから、こんな確実な予想はない(笑)。

米10年債も何年ぶりかで一昨日2.1にまで上昇。これが日米通貨安競争の因になっている。ガンバレニッポン!300円まで!ガンバレ!ノータリンども、インフレ目標に向かって!・・・だが企業の国際競争力とやらで、賃金は上がらない、300円になったら単純に電気代も3倍か(笑)・・・生活者のデフレマインドが元に戻る、それにめげずにガンバルか?シンゾーにボルサリーノに甘利バカ経済担当大臣さんよ・・・

株式市場もまだまだ乱高下するだろう、何しろ高速“システム”売買であり、それを導入した東証の筆頭株主は、モルガンスタンレーで、NY市場の支配から世界金融市場支配に乗り出したシカゴマーカンタイルのメラメド、ユダ菌の先頭に立ってシステム面で乱高下をインプットできるのだから、もう日本市場など手のヒラの中にあるも同然・・・さあシンゾーさんよ、国粋主義掲げるなら、日の丸掲げて突撃せよ〜復古主義だからも一度、真珠湾をやりたい筈だろうから(笑)。私は一緒に死にたくない。



メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.323 )
日時: 2013/05/31 07:14:15
名前: 株、二度目の大暴落・・満天下有人

あっはっは、株式市場乱高下はまだまだ続くと昨朝書いたばかり、それが23日の1,140円安に次ぐ昨日の713円安、安倍のミクスを囃して今月1カ月間の上昇分が僅か数日で帳消しになってしまった。

これまで聞かれもしないのに株高に悦に入ったコメントをしていた安倍に甘利に麻生、それに日銀黒田、23日暴落では甘利など記者団の質問にプフッと吹き出しそうな表情で大丈夫、機は目下乱気流通過中ですとか言ってたが、昨日は市場の事に政府、日銀はコメントしないの一点張り(笑)。菅官房長官だけが今日、急激な上昇だったから急落も当然だとのコメント。シンゾーは目下当機は乱気流通過中などと表現していたが、そこまで乱気流にしないと国の経済は回復しないのか(笑)。

昨年ここの掲示板でも、経済にかなり詳しい御方でも、国家と中央銀行があれば、理論的に国債はいくら発行しても構わない、よってベーシックインカム及びヘリマネ無害論を唱える意見に、反論したことがあったが、歴史的に見てもそんな金融政策による巨大な弊害の史実があり、故に中央銀行は政府とは別の独立性を要する事が世界の常識になった歴史的経緯がある。それを無視して安倍内閣は中央銀行に対し、政府の言う事を聞かないなら、日銀法も変えてやると恫喝紛いの人事で、通貨印刷論の黒田氏を総裁に据えた。さすがに現場を仕切る黒田総裁は、先行きに不安を覚え始めて青ざめているのではなかろうか、政府首脳と違ってコメントにも自信の無さが読み取れる・・・

それは長期国債では金融緩和を謳いあげているから、長期金利の操作がしにくくなっている、ならば短期国債で金利を抑制するために日銀が入札を行っても、株大暴落の翌日24日までに11回連続で札割れになっていることも、黒田総裁の端切れを悪くしているのであろう。

株式市場、金利市場に連動する国債市場、そんなの一般市民には関係ないことだ、自己責任の問題だと思ってはいけない、端的に昨朝も書いたが住宅ローンの金利引き上げなどは、直接に生活者に跳ね返ることであっても、問題はそんな狭い範囲に留まらなくなる。国民経済生活に多大の影響を及ぼす金融市場は、国債乱高下に伴って金融機関の資産毀損を招き、血栓を起こして正常な循環に異常を起こしてしまう。

そして金融機関救済が優先されるパターンに持ち込まれる。97年に直面した金融危機に際し、銀行への公的資金投入問題で上へ下への激論が戦わされた記憶が蘇る。政府による金融再生委員会とは別の、と言うか世間の様子見機関としてか、民間諮問委員会議長に、皆ビビッて成り手が居なかったのか、慶応大の何とか言う女性教授が選任されて、やった事が振るっていた。自己資産悪化行に対し1律1億円を配る(爆笑)、そんな内容であった。

金融機関以外では、有楽町駅前のデパート「そごう」(現在はビッグカメラ)への公的資金投入も、世論の賛否大批判が巻き起こっていた。あれは長期信用銀行の破綻に伴う米ヘッジフアンド・リップルウッドへの売却に絡む債権放棄額が、そごうへの公的資金債権放棄額1000億円と絡み、ややこしい話になった。当時そごうは銀行団に対し6000億円の債権放棄を求めていた、その内の1000億円が公的資金絡みのもので、大蔵省から出た再生委員事務局長森氏は、民間企業そごうを破綻させると、仕入れ業者などへの連鎖が起り、更に混乱の輪を広げ200億円が上積みになる、よってそごうからの債権放棄要請を飲まざるを得ない・・・再生委員長になっていた自民党谷垣禎一(前総裁)もこの線で同意、しかし世論では税で私企業を救うのかと、強烈な批判が起ったものだ・・・混乱を救ったの亀井静香だった、そうごうに対し水面下で自主的に倒産してくれと。

まあ、当時を振り返ると大騒動ではあった。預金者保護に19兆円、銀行への公的資金投入が13兆円、銀行からのその後の回収や預金保険など適用し、最終実損は10兆円くらいで収まったが、この為に増発された国債は150兆円くらいに達したと記憶する。財政悪化の端緒となった。

財政悪化など一般には関係無いと思うなかれ、金本位制時代と違い紙幣管理通貨時代にあっては国債は何によって担保されているのか、そこを忘れてはいけない。国民資産によってである。敗戦による戦時国債のデフオルトで、昭和21年に全国民の預金が封鎖されたことは、周知のことだ。

最近の端的な例では、IMFがキプロス財政支援として、国民預金円換算10万円以上については課税しろと条件をつけたのも国民が担保している好例である。国債の歴史では英国の南海泡沫事件などもあるが、フランスブルボン朝では、王が代わる度に国債を引き受けて来た相手を選別しながら、デフオルト=踏み倒し(笑)、まあ相手は金融業者であったろうが、現代では国民一般が広く担保している。黒田日銀総裁が青くなるのも当然、自分とこの日銀資金循環統計で、国民純資産がまだ300兆円は有ることを知っている、国債を2年間で約300兆円引き受けれる余裕を計算してのことであったろう。だが国債の乱高下を防ぐには、更なる国債買い上げをせねばならなくなる。それまでに経済が伸び税収が伸びれば良いが、経済は既にグローバリ化して、国内での税収が増える保証は無い。しかもシンゾー達は企業減税を優先している。黒田はバクチを選択したということだ。国際金融マンである黒田が、無国籍企業の税逃れの国際活動を知らぬ筈は無い。しかしこいつらが株式市場でも激しくシステム売買をやっていることは、知らぬようだ。知った所で制御できる能力が我が国にある筈も無い。TPP参加に象徴的に見れるように、従属しているからだ。

さてどうやって金融市場、それに迎合する政府の身勝手さから身を守れるか・・・共産主義者であり且つ修正資本主義を唱えたドイツ社会民主党のベルシュタインは、プロレタリアートによる国家権力の奪回では無く、議会制民主主義を通じて共産主義を実すべし、それを以て修正資本主義を唱えた。

はてさて間もない参院選で国民はどのような選択をするのか、恐らくシンゾー内閣自民党を選ぶだろう。まあ、他に選択肢が無いとの理由を付けるのだろうが、最後は国民が犠牲になってもシンゾーを支援するなら、何も言う事は無い。悪しき面の資本主義が「修正」されることになるなら・・・。



メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.324 )
日時: 2013/05/31 12:29:00
名前: 天橋立の愚痴人間

為替の変動、株価の乱高下など、多くの人の生活には関係ないことなのに、其れに引きずられている社会。

経済が人間社会を離れて暴走している事に、なぜ気がつかないのでしょう。

狂信的なカルトの様な状況を、疑問に思わないのでしょうね。



浅原と言う教祖(金融資本主義の理念)がいて、それを助けて利益を得る幹部(金融マフィア)がいる。

そんな実態を知ってか、知らずか、

信心することで救われると思い込む信者達も、それなりに自分自身の勝手な理由(信仰心=利己心)で寄り集まってくる。

ああ 「神(古典的信仰の対象)は死んだ」

ニーチェは、このことを言っていたのであろうか。

否、否、ニーチェさん

人間自身が自分に都合のよい「神(本尊は利己心)」を作ったのですよ。

古代からの「神」を葬った人間共が考えた社会が出現したのですよ。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.325 )
日時: 2013/05/31 15:38:20
名前: こちらも祈り倒せ・・満天下有人

<狂信的なカルトの様な状況を、疑問に思わないのでしょうね>

カルト状況の太鼓の音が大き過ぎて、幻惑されてしまっているのでしょう。事実の正音が聴き取れない。
摂受ばかりで祈伏(しゃくふく)が足りないのです(笑)。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.326 )
日時: 2013/05/31 16:12:15
名前: イントィッション

>はてさて間もない参院選で国民はどのような選択をするのか、恐らくシンゾー内閣自民党を選ぶだろう。まあ、他に選択肢が無いとの理由を付けるのだろうが、最後は国民が犠牲になってもシンゾーを支援するなら、何も言う事は無い。悪しき面の資本主義が「修正」されることになるなら・・・。

狂牛病検査があちこちで無くなるそうです〜W

牛丼屋の牛は、下げのミクス脳足りんアメ牛W

これで若年痴ほう症も多くなることよ〜。。。 

株で脳足りんになったサゲノミクス族がぁ、自民党に投票するんでしょうな〜。。。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.327 )
日時: 2013/05/31 17:07:47
名前: BSE検査は大丈夫?・・満天下有人

・・・柔らかい
    アメ牛食べて
        脳軟化・・・

シンゾー曰く、ニッポン国民諸君!、もっともっとアメ牛食べて、頭柔軟にしましょう(爆)。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.328 )
日時: 2013/06/01 07:31:08
名前: 社畜、人畜、国畜・・満天下有人

何やらNHKクローズアップ現代が放送中止になるとの記事を見て、水曜日に観てみたが、「顔から個人情報が流れる」という特集で、やることはやっていた。しかしキャスターが定位置の国谷弘子女史でなく別の人、国谷さんは休暇を取ったのかなとも思ったが、どうやらそうではない様子。

警察、検察による被疑者尋問の際、冤罪を防ぐ為に状況をビデオ録画する可視化制度の導入問題について特集し、5月に放映する予定だったのが、突然中止されたそうである。相手は郵便割引制度で偽の証明書を発行したとして大阪地検に起訴され、最終無罪となった元厚子厚労省課長の村木厚子さんが国谷女史と対談する構成であったそうだが、大阪地検からNHKに強烈な中止要請がなされてストップ。どうやらNHK政治部が、これでは今後、検察取材が出来なくなるから中止せよとディレクターに圧力をかけたと言われている。

まあ元々NHK政治局は、日曜の政治番組に象徴されるように時の権力の意向に沿った解説しかしないのは周知の事であり、小泉内閣以来その傾向が続き、シンゾーなども官房長官時代から従軍慰安婦特集をしようとしたNHK、朝日にも圧力をかけていたから、今回の件もさもありなんである。大阪地検の要請を受けて多分、官邸が動いたのであろう。
昔、社畜なる言葉が流行った。クビにされない為に社員は、会社の意向に沿って生活せねばならない家畜並みの社畜という訳だ。人事管理上社員には全て番号が付けられ、それはそれで福利厚生面も含めて管理上、必要なことではあろうが、

今や企業社員だけでなく国民全部に背番号がつけられることになった。社会保障事務処理上、あるいは犯罪防止上、あるいは犯罪が起った時に迅速に対応できる、合理化促進がうたい文句にされているが、国によってID番号が無いと銀行口座も開けなくなると、何だか個人情報が全て管理される社畜にも似た、国畜化なる印象もぬぐえない。

国家が一方的に国民を管理するものでは無いというなら、権力側もどのように国民を監視しているのか、そこをちゃんとせねば不公平である。冤罪なるものはその最たるものであろう、罪の無い者が検察によってデッチ上げられることなど、とんでもない話で、それをテーマにする番組を検察が中止させるなどととは、正に国民を人間でなく家畜並みに飼ってる感覚そのもので、国がやるその行為は正に国畜扱いである。

尋問の可視化テーマに変えられて放映された顔識別装置もそうだ。最近のGyaoなどで見る諸国の刑事、警察、FBIにCIA、英独仏の捜査機関を題材にした映画の殆どは、街中に張り巡らされた監視カメラの映像分析が犯人追跡の重要なツールになっている。直近ではボストンマラソン爆破事件犯人検挙がそうであった。

ブラジルなどでは飲酒運転取り締まりにこの顔認証装置を利用するらしいが、この顔に国民背番号情報などが合体されると、もう全ての個人情報を顔にぶらげて歩きまわることになる(笑)、フエイスブックなどに書く人も、顔認証装置と合体すれば、その人の属性は全て分かるようになる。これが世界化すれば国畜を越えて人間は「人畜」化されるようなものになる。

これ施政者にも応用できないものか、顔に過去の悪行を全部インプットし、選挙の際に国民が全部分かるようにする(笑)、序に官邸などにおける密談も可視化せよ(笑)。

まあ米英などでは、さようなシステムが異常に発達していても、まだ市民側の反発意識が強いからまだしも、我が国では飼われたままの気質が強いから、これから先懸念される問題も出て来ることだろう。
先日、PCのDVDが作動しなくなった。デイスクに傷がついた所為なのか読み取りレンズが曇ったのか、原因が素人では分からない。例によって繋がらずのフリーダイヤルがやっと繋がり、機器メーカーに問い合わせたらそれはメーカーに聞かれても困ると言うので、マイクロソフトに聞いたら相談料4,200円払えと言う・・・バカバカしいので色々考えて見たら成程、PCにインストールされているDVDツール屋に聞かないと分からない問題だ・・・面倒臭いので近くの電器屋で色々尋ねてみたがDVDの傷かレンズの問題か分からない、両方の修正ツールを買えと言う。どちらの原因なのかもっと調べてやろうと思い、また別の大手電器屋に行って、昔なら商品の全部の問題を纏めて対応してくれる大問屋があったものだが、このPCにはさような機構は無いのかと問うたら、無い、それぞれに関するツール別にそれぞれが聞かないと分からない。そしてPCなるものは、最後の段階では誰にも分からないものなのだ、と・・・

そして私たち若い世代は、生まれた時からそのような環境の中で育ったから、制度にせよ何にせよ別におかしいとも思わない、と・・・

先端技術によって構築される制度、社会、何かどこかを修正しないと、世の中はどんどん変な方向に向かう気がしてならないのだが、この若い店員さんのように、そのような環境で育ったからおかしいとも思わない感覚、それが国に蔓延しているのだろうか、これでは国畜化が加速されても文句もあるまい、飼われる方が楽ということか。

『国家は本性上、服従を生産する巧妙な術策でしかあり得ない。それで良い。(もし進んで自らの自由決定の意思が無いなら)清廉の士や無垢の民のユートピアを描いても、無駄である』(哲学者スピノザ・エチカより)。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.329 )
日時: 2013/06/02 08:00:50
名前: GMOで飼育される人畜・・満天下有人

昨日、現代の人間は背番号制、顔認証装置などによって管理される人畜のようなものだと書いたが、飼育されるエサは遺伝子組換え食糧GMOによってだな、フトそう思ったものだが夕刻、偶然にも次のような記事が配信されていた。

米国では加工されるトウモロコシや大豆はその9割が遺伝子組換え種子による栽培を認められている。しかし小麦については直接口にするものであり、オレゴン州の猛反対もあってGMO使用は禁止され、モンサント社も05年にGMO種子及び、その種子にだけ影響を及ぼさず雑草だけを枯らす除草剤「ラウンドアップ」の販売もギブアップ。

ところが使用されなくなったあれから8年経過、最近、オレゴン州農家が休耕地の雑草を枯らす作業の途中、まだ種まきもしていないのに小麦の芽が出ていることを発見、オレゴン州立大学研究所で分析してもらった所、8年前に撒いたGMO種子であることが判明したらしい。その後禁止され、種子を枯らす作業を続けて来ても生き続けている、それほど強力な生命力を持っているということだ。と言う事は、この8年間、GMO種子で育った小麦が通常小麦の中にかなり混入していたことになる。

いわば殺虫剤でゴキブリを殺したと思っても、生き残った奴がいてそれが料理材料に混入、それを知らずに料理材料と一緒に食っていたというに等しくなる。トウモロコシや大豆は認可されたままと言う事は、人体によって実験中ということか?。

欧州でも1925年にヒトラーに協力して大手化学会社8社が合同してIGフアルベンとして、ユダヤ人を使って各種薬品の人体実験を行い、戦後ニュルンベルグ戦争犯罪裁判の一環としてIGフアルベン裁判も行われたが、幹部28名のうち13名が有罪判決を受けていた。

その後IGフアルベンは8社に分割され、合同前の大手、バイエル、BASF、ヘキストなどがこの遺伝子組換え種子の研究を行っており、スペイン、ポルトガル、チエコなどで栽培されているが、しかし頻発する訴訟によって費用対効果、損益面でバランスが取れなくなったものだから、昨年から開発研究を縮小する方向に転換していることは、不幸中の幸いとでも言うべきか・・・

科学、あるいは化学の研究は当初では、より低いコストで人類生存を企図したものであるかも知れないが、資本主義経済構造にあっては並行して資本による利益独占の意図があることも否定できない。

人間の利己心なるものが排除できない以上、資本主義そのものに代わる制度を人間は期待し得ない。共生などと言う概念は、ユートピアなのであり、ならば資本主義の横暴の一部分を市民運動などで監視するしか手が無い。そのやり方で人間は、資本的生産構造を黙認するのである。つまり新たな概念は期待しないし、不要なのである。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.330 )
日時: 2013/06/02 16:35:40
名前: 利己心   天橋立の愚痴人間

>人間の利己心なるものが排除できない以上、資本主義そのものに代わる制度を人間は期待し得ない。共生などと言う概念は、ユートピアなのであり、ならば資本主義の横暴の一部分を市民運動などで監視するしか手が無い。そのやり方で人間は、資本的生産構造を黙認するのである。つまり新たな概念は期待しないし、不要なのである。


「利己心」そのものを否定した論理は成り立たないと思いますが、実際には、昔から法律による規制、道義心による自粛など、それをコントロールする仕組みがありました。

酒、タバコの生産販売に関する規制をずっと受け入れてきました。
麻薬を排除する規制は、日本では今でも健在ですし、そのた食品の安全のための規制も何の抵抗もなく受け入れています。
広い意味では公共交通における国営、国道など重要な道路の確保なども、個人的な利己心の外で運営されています。

ところが、特に小泉以降、規制緩和と銘打ち、多くの規制を取り除いてきました。
きしくも、それは自由主義経済を謳う巨大資本の思惑に乗せられてきたといえます。

不必要な規制や、強すぎる規制の見直しはともかく、大衆自身が、規制を悪とする発想に組しない事です。
そういう意味で、私は多くの人の仕事を確保するための新しい規制も受け入れられると思っています。

民主主義、資本主義の栄華に酔いしれた民衆は、自らが築いてきた歴史、社会の智恵の多くを見失ってしまっています。

人間の「利己心」とは

どのようなものか、
それは、多くの側面を持っていて

そのこと事態を深く掘り下げる必要があるのではないでしょうか。


(追伸)

随分と以前から「規制緩和」と言う言葉が市民権を持ったようにされていますが、

実際に政府がやってきた規制緩和の全てが、資本の側からみた規制緩和であり、自由競争をさらに推し進めるためのものです。

ですが規制には別の側面があります。
それは行政による行政のための規制です。

何をするにも山ほどの書類を求め、何をするにも資格試験を伴う、といった、企業、国民の行動を不必要に縛る規制こそ、大幅に緩和しなければならないのです。

それだけでも逼塞した国民の生活に活気が戻ります。
皆さんは、政府、行政によって言われている「規制緩和」の内容を厳しく租借されるべきであります。

皆さんの身の回りで感じておられる規制は、より強くなっていても、決して緩和はされていないでしょう。
さらに言いますと、行政は規制を増やす毎に、天下り先を増やす事ができるのです。

我々が求めているのは、こうした規制緩和であり、タクシー業界の自由化、大手量販店の進出規制の緩和ではないはずです。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.331 )
日時: 2013/06/02 19:25:22
名前: Re:利己心・・満天下有人

結局、人間という生き物は、本質に辿りつけず規制によってしかバランスを保てないもののようです。

単なるあきらめではなく、そう分析すれば、それがある意味、真の諦観になるかもです(笑)。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.332 )
日時: 2013/06/02 21:10:41
名前: 論理の倒錯  天橋立の愚痴人間

【倒錯】と言う概念があります。その意味は、

さかさになること。また、さかさにすること。特に、本能や感情などが、本来のものと正反対の形をとって現れること。

それを進めて「論理の倒錯」と言う言葉があります。
多くの場合、その論理を横道にそれた意味で解釈するような場合に使われているようです。

此処ではもう少し複雑な意味での論理的倒錯を云々してみたいと思います。

ヘーゲルの論理で、1抽象化、2実体化、3主体化において、主体化だけをとりあげてみれば、理念が現実を生み出すという倒錯した神学的表象が生まれ、同時にそれによって現実の諸関係が神秘化される。(引用文)

ヘーゲルは歴史を絶対精神の自己実現の過程としてながめ、人間をこの絶対精神実現の無意識的担い手の位置におきますが、その結果、歴史は、まず人間が人形のように絶対精神に操られながらこれを創り出し、ついで歴史の幕が閉じられた後で、哲学者がそれを絶対精神の自己実現の過程として解釈するという2元論の構造をおびる。だが同時にそうした不徹底さが逆に利点となって、ヘーゲルは思弁的叙述の内部で現実的な事物そのものを捉えることも出来たわけです。(引用文)

要するに認識論としての弁証法は、有為な方法でありましたが、その積み重ねの結果として、多くの哲学者が究極的に目指す国家論まで踏み込んだ場合、問題が発生するという事です。
ヘーゲルの歴史学を読んだことはありませんが、ヘーゲルの理論の結集として書かれたものとすれば、おそらく彼の弁証法によって得られたある意味の絶対的認識が、全てを支配するという帰結になっているのではないでしょうか。
ヒットラーのユダヤ根絶やし政策などは、ユダヤ教のそれとは別の発想の選民主義の結果ではないでしょうか。
その選民主義はヘーゲル論理学の結果を、逆手にとって政治に取り上げたという事です。(論理の帰結に社会の事象を当てはめて考える)

其処に人間が思いつく最大の「論理の倒錯」を垣間見ます。
同じようにマルクス共産主義にも「論理の倒錯」を見ます。

マルクスは、聖家族などで、ヘーゲルの弁証法を「観念論的倒錯」と片付けたが、弁証法的過程を踏んで運動、発展するのが現実世界の一般法則であるとして、「対立の統一」と「否定の否定」を積極的に主張した。しかし、自我と私益の可能性拡大という現実を省みることなく、市場社会が生み出す疎外を止揚できるかの論理もまた、都合の良いすり替えでしかない。(引用文)

経済の領域を経済的にのみ解釈している限り、論理的瑕疵は発生しないが、ヘーゲル弁証法を否定したマルクス自身、経済的領域の理論で人間社会全体を纏める事が出来るとした時点で、ヘーゲルと同じ論理の倒錯を犯していると思います。

ヘーゲルに対してマルクスのそれは、あえて言えば、弁証法の「唯物論的倒錯」とでも言いましょうか。


以上の事を平たく言えば、現代社会には法律と言う多くの規則が存在しますが、その法律を作った時の精神を十分理解して運用している間は良いとしても、その内に、法令のための法令となり、どのような例外的対応もしなくなります。

そうして、民衆は法律の犠牲になることも多く発生しています。

これも「論理の倒錯」の結果です。

最後に、

其の点、自由主義経済の論理には、倒錯と言う事象は起きないようですね・・・!!!!!!!
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.333 )
日時: 2013/06/03 00:11:22
名前: Re:論理の倒錯・・満天下有人

<経済の領域を経済的にのみ解釈している限り、論理的瑕疵は発生しないが、ヘーゲル弁証法を否定したマルクス自身、経済的領域の理論で人間社会全体を纏める事が出来るとした時点で、ヘーゲルと同じ論理の倒錯を犯していると思います。>

この点は頷ける面もあります。故に、いかなる格差が生じようともそれを壊す動きが出ないと言う現象から説明できますね。つまり、それとは別の論理が働いている、経済システムの問題では無い何かが作用しているのでしょう。
ただ不思議に思うのは、では何故格差問題、資源問題や環境問題やらが喧伝されるのか、それは経済システム以外の要因によるとの、成程と思う分析にお目にかかったことが無いことです。逆に言えば、他の要因であるが故に、現状容認となっているのでしょう。ある意味、希望を持って生きようとの宗教に近いものに頼る形而上的な人間の資質による。とすれば、別に現状で何も問題は無いということになります。

私が申した真の諦観とは、ある意味そのように解釈すれば、ひょっとして何も言う事も無いではないか、そういう意味です。

糾弾されるべきは現存する体制や、それを支えている本質では無く、生じている現象が不公平である、法律であれ分配問題であれ何であれ、決めた時の意図が曲がってしまっている、それを糾弾するのが糾弾の意義となる。資本主義も、元々公平な分配の精神があった筈だ、それが歪んでいるからそれを糺せと言う事だと解釈すれば、資本の本能である剰余価値の蓄積運動であり、その分配構造も、何ら問題では無くなります。

マルクスの共産主義も、私にはそれがどういうものであったのか、共産党宣言も、資本論第二部、第三部はエンゲルスが纏めたものだとしか知りませんので、彼の主義がどういうものであったのか、実は彼自身が単独で書いた著書も知りません。何かあれば又の機会にでも教えて下さい。

ただ150年前の社会構造では、地主を始めかなりの搾取があったことが、大衆の革命運動を誘発した記述が経済学批判や資本論から伺え、それは生産力の発展段階に応じて将来、生産関係に大きな歪みを生じる、そしてそれは政治、法律も支配することになる、そこで彼は資本なる物を共有できないものか、アソシアシオンの概念を持ち出しておりましたが、つまり共「産」思想は、共「生」思想を含んでいた跡が伺えますが、多分それも論理の倒錯であったことでしょう。言い換えると共生から資本剰余価値運動を排除したことが間違いであった。例えば我が国連合の体質は、故に正しいことなのでしょう。従って自由主義経済の論理の背景にも、資本運動を絡めて考えるから話がおかしくなるのであって、それを除去して見れば、倒錯も何も起こらないことになり、倒錯したものが無ければ不思議に思うことも無いのではないでしょうか。

そして時々の政治権力が、資本の論理側について来たことも、それは資本主義なるものを論理の倒錯で考えたマルクスなどが悪いのであって、別に糾弾することでも無くなります。マルクスが予言した貨幣の為の貨幣運動も容認できるし、少なくとも我が国では、さような理解に転化しており、故に声も静かになって来ました。正常な論理思考に戻ったということですから、めでたしめだしです。新しい国の形も、楽に見出せると思います。上部構造が下部構造に密着していることも論理の倒錯であり、横道にそれたものであるから、そこを捨象して行けば、結論は簡単に出て来ると思います。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.334 )
日時: 2013/06/03 01:07:10
名前: マルクス理解  天橋立の愚痴人間

私はマルクスを詳しく理解している訳ではありません。おそらく満天下さんの1/5程度の理解も出来ていないでしょう。
随分と昔(40年も前)少しは革命思想も社会に残っていた頃の話です。
資本論と資本論解説書などを少しはかじりました。

ところで、資本論の中身は、例の剰余価値が生まれる過程を淡々と説明していましたが、読み進むにつれて、こんなことで我々の生活(人生)に対する思いが網羅できるのかと疑問に思いました。
解説書などは、それを必死で解らせようと試みているようですが、そうであれば、あるほど、この様に多くの説明を要する思想で大衆を本当に引っ張る事ができるか、と言う別の疑問を生じました。

実際にも、其の通りで、周りで騒いでいる若者連中は、マルクスが言う資本主義の欠点については声高に言いますが、マルクスの言う世界の事についての認識は全く出来ていませんでした。
彼等でも理解できないことを大衆に押し付ける事が正解でしょうか。

そういう疑問からマルクスを見ることを始めたのは、それまでの思想史を読んでいて、その流れの中でマルクスに出会う事が出来たためかとも思っています。

何となれば、ギリシャ哲学から始まり、キリスト教哲学、ルネッサンス以降の西欧の諸哲学、最終的には実存主義で終わる哲学によって、本当は何も解決できていない事が判っていました。

勿論、その哲学が間違っているとか、役に立たないといっている訳ではありませんが、所詮は個人が考える理屈、社会を任せられる様なものはないのです。

それが人間を考える本質であると思います。
で、あるのに、何故、マルクス主義に身も心も任せる事が出来ましょう。
マルクス主義はあくまでも経済論として捉えていました。
資本論を単なる経済論と見た場合、ある意味、当たり前のことを言っているだけで、そんなに魅力のあるものではありません。それを採用するか否かは、大衆の判断となり、殆んどの大衆は資本主義の方を選んだという事になります。
理由は、利己心が開放されているからであり、人間性にもっとも適していたと思ったからです。そうしてとりあえずは、それが理想郷と映ったんでしょうね。

マルクスの実際の思いは、解りませんが、ソビエト共産党の独断と失敗は、マルクス主義をして人間社会全体を纏めてしまおうとした事にあると思います。
私がマルクスに疑問を抱いたのと同じ、そういうものに疑問を持った多くの識者を何千万人も粛清してことが如実に証明しています。
後は、中国、カンボジア、北朝鮮、チェコスロバキアなど多くの国で恐怖政治、独裁政治なしにマルクス共産主義を展開できなかった事が全てを語っています。


思うに、マルクス主義は総論としての意義はあるが、各論となると、このようなことも考えられるとした程度のことに、そのまま飛びつき、それを金科玉条のように国書とも、聖書ともし、それで政治を行なおうとしたところに間違いがあったのです。
冒頭に言いました資本論を解説する人間も、それで飯を食べる為に、自分の都合のよい部分の解説のみにうつつを抜かしています。
エンゲルスなどは、革命騒動の中心に座る為に小ざかしく能力を発揮した愚物に過ぎません。

まさしく恣意的な「論理の倒錯」を地で行っていますね。

最も、ロシア革命が起き、とりあえずは権力は奪取したが新しい国つくりの理念を持たなかったポルシェビキがいなかったら、ポルシェビキがヨーロッパ諸国に学ぼうとしたら、マルクスは単なる学者として偉人となっていたと思います。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.335 )
日時: 2013/06/03 02:11:07
名前: マルクス理解  天橋立の愚痴人間

追伸です。

格差の問題ですが、これこそ人類が現代にいたる発展をした原動力であり、私は物質的格差を認めます。

また、格差のない、あるいは少ない社会の方が人類にとって幸せなものではないと思います。

人間と言うものは、大衆と言うものは、そんなに同情的に見ていると酷い逆襲を受けるのです。

人間社会の醜さは、醜いことをしでかす当人よりも、人間社会全体が持っている性の方に問題があると思っています。

現代日本がすでにそれを現しています。
戦争直後の悲惨を忘れた大衆と言うものは、為政者の責任とは別の次元で我侭であり、自分勝手な言動をしています。
酸いも甘いも解っているはずの我々老人世代も、よく観察すれば、どれだけ自分勝手で我侭でしょう。

人間が正常でいられるのは、生きる為に必死で働いている状況があっての事です。
安定や公平性のものさしで人類の幸せを計ることは間違っていると思います。

このことは戦後の平等意識の教育の結果、犯罪が多くなることはあっても、気概と言う面では本当に頼りない国民性となってきた事でも解ります。

ですが、最低でも、国民の殆んどの生活を保障するシステムの構築が必要な事は別途の事です。
それと身分的差別がないこと。

大衆に保障するのはこれだけで良いかと思います。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.336 )
日時: 2013/06/03 10:24:38
名前: Re:マルクス理解・・満天下有人

何年経っても世の中おかしいなと思い、何がどうなってそうなっているのか、現代でも民衆の不満はほとんどが経済関係についてであり、強盗犯罪にせよ、本人たちは感づいていなくとも、やはり経済生活問題に行き当たる・・・頼りない頭で問題を整理して見て、ここはもっと総社会的に見て、より大きな原則論的な要因が原因ではないかと思って資本主義経済構造の理論を紐解いて見ると、不思議なことにその根については既に分析されていたことばかりで、こちらが分析して見た要因と同じなのですね。それは別の要因によるとするなら、是非ともその見解を知りたいと思う次第です。

世の中おかしい、資本主義は限界に来ている、何がそうさせてしまったのかと疑問を持ち、構造分析から着手して見る大部分の人とて、恐らくマルクスと同じ見解に達するだろうと思います。だがマルクスに被せて言うと、拒否反応を起こすのでしょうね、ならば同じことであっても別の名で言えば良いのかな、と思います(笑)。

あらゆる西洋先哲たちの思想を全部絡めてしまうと、頭が混乱してしまい、今日に至るまでの間の民衆の不満が、そして今日においても経済問題にあることはかなり高い確率で言えることで、アメリカでさえオキュパイ・ウオールストリート運動が起る、その側面から焦点を経済構造問題に絞っている訳でして<こんなことで我々の生活(人生)に対する思いが網羅できるのか>と言う捉え方は、また別の範疇での問題で、ヘーゲルが言う所の、そしてマルクスがそれがヘーゲルの限界であると批判した「精神論」の範囲の事で、そのことがまた、マルクスによる論理の倒錯であるとするなら、経済の難儀性も説明され得る何かの別の要因がある筈であり、それを知りたいと思うのです。

形而上的な範疇のこととしても、マルクスは人間論から始めています。一般動物と違う人間論から思索を始めています。資本論だけでは分かりません。その前提となった草稿集で「人間の疎外感」で論じております。動物と違う人間の感覚、それを「類」という難解な言葉で説明を始めておりますが、蟻とか昆虫でも労働は行っている、人間も生活の場では生活的な労働は行う。が世の中の生産関係の中で生活して行かねばならぬ労働となった場合は、生活労働力の再生産をしない限り、生きていけなくなります。そのことは「他者」を取り入れざるを得ない労働となり、言い換えると生産物生産の一部に関与したことが、「他者」化されることによって、個人の感覚が疎外される。ここを私なりに解釈しているのですが、週初の月曜でもあり余裕が無く、折に触れてということで略しますが、人間論から出発している一端として紹介しておきます。いずれにしてもそこから彼の経済論が始っており、先ず経済論ありきからではないことを付記しておきましょう。他者化という論理は現代のグローバリゼイション現象をも説明できる要素を含んでおります。

<人間が正常でいられるのは、生きる為に必死で働いている状況があっての事です。安定や公平性のものさしで人類の幸せを計ることは間違っていると思います。>

前段は、正にマルクスが生産労働を通じて起こる疎外感で、既に説明していることです。後段については、大衆に押し付けてはいけないこととして、放っておけば良いことだと思います。不安定感や不公平感は、宗教心なり何なりで大衆は安らぎを感じるでしょうから・・・

そして<彼らにも理解出来ないことを大衆に押し付ける事が正解でしょうか>については、当時では話が逆で、むしろ大衆の暴動が極限状態にまで高まり、共産主義者同盟が渋るマルクスの尻を叩いて共産党宣言執筆をせかしたと言うことは、前回紹介した通りです。理解出来ない大衆とは、多分戦後の我が国の状況のことを指していると思われますが、そのことは学者や共産主義者が間違っていたからだと思います。分からせようとすること自体が幼稚です。現状に照らして一つ一つ問答していけば、自ずと答えは矛盾点の指摘に至り、結局はマルクスと同じ結論になる筈だと思えます。

<・・・それが人間を考える本質であり、何故マルクス主義に身も心も任せることが出来るのか・・・マルクスの言う世界の事の認識は全く出来ていませんでした>

正にその通りで群盲象をなでるが如きで、確かにくどくて難解な理論がそうさせた面は否定できませんが、それはマルクスが悪いのではなく、象をなでるだけで即忌避する方の能力に問題があるのではないでしょうか。端的にマルクス「主義」のその主義も、別にマルクスがその主義だと捉えるよりも、後世の連中が、政治権力上、あるいは革命の主導権を握る為に、主義としてしまったのではないでしょうか。共産主義思想にせよ前回紹介しましたように、むしろ彼は粗野な共産主義を批判しておりました。共産主義が一応の形として実現したのは、マルクス没後の35年後の1917年に、レーニンが10月革命で実現、しかし農奴解放運動もあったでしょうが、それは近代的資本主義の矛盾突破からではなく、資本主義的生産関係が未だ無かったロシアにおいてです。それをレーニンが、そのレーニンでさえ最初は社会主義実現の為には、外資導入も必要であると言ってたし、しかし生産関係では最も近代化されていない場所で、マルクスを担ぎだしマルクス・レーニン主義として喧伝した。スターリンに至っては正に、ソ連官僚的共産主義権力の為にマルクスを騙り、彼による反対者の粛清はマルクスとは全く関係ないことだと思います。単に権力維持の為にやったことであったと思えます。

そのことは橋立さんも<ソ連共産党の独断と失敗は、マルクス主義をして人間全体を纏めてしまおうとした事にあると思います>と言われているように、マルクスを主義化した後世の権力者の問題出ったと思います。しかし<私が疑問に思ったマルクスと同じように>とも言われていますので、根はやはりマルクス思想が悪いと言うことでしょうか・・・共「生」を最終の理想としたことが悪い、ということになれば、現状のままで何も不都合はありません。昨日申した通りです。文句が出る方がおかしいということになり、それもまたある種の「利己心」の発露に過ぎないということに帰結します。

そして大衆が資本主義を選んだ事も、利己心が解放されているからであり、人間性にもっとも適しているからだと言うことで、現状に批判が起る事の方が、おかしいと言う事なのでしょう。

マネタリズムを産む新自由主義、金融資本の横暴についても、マルクスが喝破していた貨幣論がおかしいことであり、となると文句も言えません。貨幣論が出る100年も前にロスチャイルドが構築した金融支配論も正統を得ていたということになり、そして金融資本だけでなく我が国高級官僚たちも、恐らくマルクス理論が分かっており、その逆応用をしているのではないかとさえ思える事も、正論でありましょう。

最後に「利潤無き社会」論も拝見しました。余剰通貨が発生するのは、貿易収支が黒字だからという論を見て、読むのを止めました(笑)。総支出=総収入になるようにすれば良いとの論は、ある意味、剰余価値を全部分配せよとも聞こえますが、資本の利己心、資本が持つ宿命的とも言える運動体が、どうやってそれを許容するのか、その視点が欠けているように思え、本質に迫っていない。超金融緩和もどのように把握するのか、説明できていないと思いました。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.337 )
日時: 2013/06/03 12:10:16
名前: マルクス理解  天橋立の愚痴人間

満天下さん「論理の倒錯」という文言から入りましたのは、論理の構成において弁証法をかつてなく駆使したヘーゲルの巧みさも、結論としての思想はファシズムを生み出す素地ともなったように、マルクスの思考も総論を見る限り素晴らしくても、実践としての資本論の内容が、何をもたらしたかを考えることを言いたかったのです。

要するに、剰余価値説を中心とするマルクスの経済論が、実は稚拙なもの、ないしは論理の倒錯を生むようなものではなかったかと、言う事です。
(共産党独裁を前提としなければならなかったこと、またそれなくしては、大衆の利己心を抑える事ができなかったこと、これなどもマルクスの思考の弱点ではなかったでしょうか。それはマルクスの人間性の把握において瑕疵があったという事です。マルクスが参考にしたと思われる、どのような哲学も、結果は人間を把握しきれていませんでした。であるのに、マルクスが到達した人間学(哲学)を大上段に掲げて、論理を進めることは、その時点で瑕疵を生じている事になります。経済に社会学を取り入れるのは良いとしても哲学的見地を絡めてはならないのではないでしょうか。やはり人間性は人間性として素地のままに認めて、其れに対応するルールつくりをしなければならなかったのでしょうね)

紹介した引用文でも、この事が述べられています。

>マルクスは、聖家族などで、ヘーゲルの弁証法を「観念論的倒錯」と片付けたが、弁証法的過程を踏んで運動、発展するのが現実世界の一般法則であるとして、「対立の統一」と「否定の否定」を積極的に主張した。しかし、自我と私益の可能性拡大という現実を省みることなく、市場社会が生み出す疎外を止揚できるかの論理もまた、都合の良いすり替えでしかない。(引用文)

それでも、レーニン、スターリンなど、後の為政者が、マルクスの精神に乗っ取って、資本論を修正しながら運用すればよかったのでしょうが、権力保持に走る政治屋にそれを求めることも出来なかったのでしょう。

これも人間社会の宿命といえば宿命ですね。
また資本主義が発達していなければ、共産主義はもう少し地に着いたものとなっていたかも知れませんね。
ですが、いずれは、人間は資本主義、民主主義に目覚めていたでしょう。

それ以前に、人間社会は平等、公平であるべきだとする、共産主義が本当に理想郷であるか、否かも真面目に検証する必要があるのではないでしょうか。

>・・共「生」を最終の理想としたことが悪い、ということになれば、現状のままで何も不都合はありません。

私は、どんなに旨く行ったと思われる共産社会よりも、現代の有り様を支持します。

ですが、最弱者の救済は別の事です。
具体的に言えば、殆んどの人間が年収200〜300万円を手にする事ができれば、それで良いのです。

それが大問題ではありますが。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.338 )
日時: 2013/06/03 13:27:59
名前: イントィッション

ちょっと失礼しま〜す。

こんな情報を他から見つけましたぁ。。。

財務省、またユダ菌に金貢ぐために、なんかやらかす予定ですよ〜。。。長期変動型国債と短期固定国債WWW

 ↓

これ、よくわからないですが、結果的にハゲタカ湯田菌に餌をやることになりませんか?

 ttp://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/houdouhappyou/p250528.htm

平成25年5月28日

財務省
個人向け国債の「変動10年債」及び「固定5年債」の募集・発行を毎月行うこととします

 財務省は、現在、四半期毎に募集(3月、6月、9月、12月に募集し、その翌月に発行)を行っている「個人向け利付国庫債券(変動10年)」及び「個人向け利付国庫債券(固定5年)」について、個人向け国債の販売促進の観点から、平成25年12月募集以降、募集・発行を毎月行うこととします。
 なお、「個人向け利付国庫債券(固定3年)」は、従来同様、毎月募集・発行を行います。


問い合わせ先
財務省理財局国債業務課 個人国債係
電話(代表)03-3581-4111 (内線5929)

 ★これおれおれ詐欺の親方電話番号じゃ〜ないのぉ???
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.339 )
日時: 2013/06/03 16:47:02
名前: 個人向け国債販売・・満天下有人

これはね、金利変動型個人向け長期国債は03年に、固定金利型中期国債5年物は06年からやっておりますから、特に目新しいものでもありません。それも個人向けですから、特にユダ菌のエサになるという訳でもありません。

しかし一つの狙いとしては、国民に不安を与えずに、より多く買ってもらう意図で出て来たものと見ることも出来ます。(低金利=低利回りで買って、途中で国債価格が下落=長期金利が上昇した場合、個人は機関投資家のように国債先物市場で売った買ったは余りやりませんから、金利上昇局面でも、額面表面低金利しかもらえず、おまけに国債価格が下落すると、往復ビンタを喰らうことになります。そこでその不安を和らげる為に、変動する金利に応じて利払いも致しましょう、というのが変動金利型国債というものです)

それは国債発行残高が異常に膨らんで来て、市中金融機関による買い入れが時々成立しない現象=札割れが生じて来た為に、国民に宣伝して少しでも多く、国民から直接借金したい金融財務当局の思惑が見えます。国による債務不履行の限度の目安は、国民金融「純資産」が目途になります。おっちゃんが常々申しておりますように、国債の最後の尻拭いは、国民が預金封鎖などを通じて負担せねばなりません。つい最近、キプロスで現実に起こりましたね。そんな間接的手段によるょりも、最悪の場合、国民に直接買わせておいた分は、それを直接的に踏み倒すことが可能で、手っ取り早くなります。まあ、現状では我が国特有の現象で、個人買い入れ額は雀の涙のようなものですから、特にどうと言う事も無いとは思いますけど、借金がどんどん増えているのに、今度はアフリカに3兆円を出す、そのことに腹が立ちますね。仮に投資としても、現地での投資ですから、国内雇用などが受ける恩恵は余り期待できないのでは、と思います。それがグローバリ化した資本主義の姿なのです。

ユダ菌といえばゴールドマンが先週、米国債売りの指令を出しておりましたね、どういうことかと言いますと、日本の国会のように財務省が決めた赤字国債のことは、居眠り議員の前であっさり通過してしまうのと違い、やはり米議会はそう簡単に問屋が卸さない。米財政赤字はまだGDPの60%くらいです、それでもこれ以上の国債増発にはうるさいのです。バーナンキもそろそろ金融緩和を止めるのではないかとの疑心暗鬼が出始めて、金利上昇は不可避=米国債の下落が始ると予想したゴールドマンなど、今のうちに売っておけ、そういう行動に出たという訳です。ちなみに米長期国債の金利は、1.7%くらいであったものが、5月22日に2%台に跳ね上がり、その後2.115%くらいで推移しております。ゴールドマンの予想では秋頃に2.5%に上がると見込んでいるようです。

我が国も安閑としておられません。今日も日経平均は500円も暴落しました。国債が買われると株が大幅に下落すると言う連関で、金融市場は動いております。株価が上がるのは好景気に転換したからではありません。成長が見込める状態に転換したからでもありません。国債市場との相関関係で動く、金融市場内でのキャッチボ−ルをやっているだけです。ユダ菌たちはこれまで日本株を買っては来ましたが、頃合いを見て売り崩す為に買って来た訳です。東京証券取引所の出来高は、主力は外人による売買ですから。そうでないと、こんなに乱高下はしない筈です。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.340 )
日時: 2013/06/04 09:53:45
名前: イントィッション

>今度はアフリカに3兆円を出す、そのことに腹が立ちますね。仮に投資としても、現地での投資ですから、国内雇用などが受ける恩恵は余り期待できないのでは、と思います。それがグローバリ化した資本主義の姿なのです。

国民の労働者の税金をいいように使って、アフリカに3兆円? 日本の大企業が、その3兆円を使って、アフリカにインフラ整備をし、工場などを建てる! ものすご〜い賃金安の労働者を使って、ものを造らせ、今度は売るのは中国やマレーシアやシンガポールなどの中流階級が多くなったところ! (日本では購買力が無くなった安いものを求める国民だらけなので、もう消費者ターゲットから外すかなぁ!)

そして、利益が出たら、株を上昇させ、大企業幹部や大株主どもや、日本の安倍カルト宗教団体が、その利益を地下銀行に移動させ、あっさりケイマン諸島到達! 
お〜い! 国税局! ケイマン諸島の税逃れの取り締まりの経過はどうなってるんだ〜???

ちゃんと、とっつかまえないと、みんな消費税10%で、福祉に使うお金のはずなのに、68歳まで年金受け取れずに、餓死して死んでいくぞ〜!!! 国税局や財務省の職員だって、同じだろうが〜!!!

>これはね、金利変動型個人向け長期国債は03年に、固定金利型中期国債5年物は06年からやっておりますから、特に目新しいものでもありません。それも個人向けですから、特にユダ菌のエサになるという訳でもありません。

ムムム! 平成3年。。。 小泉の頃からですね〜。。。
やっぱり、竹中平蔵菌がくっついている頃からですね〜。。。
  

>国債市場との相関関係で動く、金融市場内でのキャッチボ−ルをやっているだけです。ユダ菌たちはこれまで日本株を買っては来ましたが、頃合いを見て売り崩す為に買って来た訳です。東京証券取引所の出来高は、主力は外人による売買ですから。そうでないと、こんなに乱高下はしない筈です。

竹中平蔵菌には必ずユダ菌がくっついていますW。。。 これから梅雨シーズンだから、ジメジメするんでしょうね〜。。。WWW

そして、最後は、税金逃れの腹下しが首相をしているので、経済は下痢ピーするんでしょうね〜。。。WWWWW。。。








メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.341 )
日時: 2013/06/04 17:25:44
名前: 回転木馬・・満天下有人

あっはっは、イントちゃん、ユダ菌にFRBに、日銀にアンポンタンミクス馬どもが、国債に金利に、為替に株式と、クルクル乗り回して遊んでいやがる・・・

今日は病などアルコール消毒せよと、学窓友人たちに昼間から酒盛りに誘われて(笑)、歌いまくって来ましたよ・・・リズミカルなシャンソンをね(爆)

♪くるくる回るゥ〜 回転木馬ァ〜

 いつでも世界わ〜 祭りのようにィ〜

 陽気に回ってェ〜夢中にさせ〜る〜

 回転木馬は〜 ユダ菌達よォ〜〜〜〜♪

ガハハハッ!!。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.342 )
日時: 2013/06/05 15:13:04
名前: 國井

イントィッション 様

久し振りに投稿するのですが、

それよりもミャンマーへの借款を5000億円をチャラにして、
今度、1000億円の借款するってことですよね。

この大方は5000億円って、独裁軍事政権のものですよね。
日本は、大企業と共謀して、腐敗した政権に肩入れしてきたのですよね。

インドネシア、フィリピン等々、民主主義に反する国家に肩入れしてきたのではないでしょうか。

アフリカに関しては、インフラ、教育等々の人材育成に寄与し、
アフリカ諸国が豊かになれば、日本の輸出も可能になるのではないでしょうか。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.343 )
日時: 2013/06/05 15:13:05
名前: イントィッション

安倍シンゾ〜今日表明! 3本目の矢!
  

 ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130605-00000149-yom-pol

 所得「10年で150万円増」首相きょう表明

 TPPが7月21日の参院選後の2日後の23日から参加する予定ですよね〜。。。

 所得が伸びるより、地方国民の雇用が減少してしまうほうが重大ですが。。。

 それで、どうやって日本国民の所得が増えるんですか〜? 安倍ピーさん!

 >成長戦略の目玉政策として、「国家戦略特区」を創設し、世界中から技術、人、資金(投資)が集結した国際的なビジネス都市をつくる方針を表明する。

 国内のグローバル化を測る? 今、日本から技術も人も資金もすべて安倍の1本目と2本目の矢で外国に移動していますが〜。。。ついでに、安倍のせいで国民資産も減り続けています。。。

 >国家戦略特区内では、建物の容積率、外国人医師の診療許可、インターナショナルスクールの設置要件などの規制を大胆に緩和し、「ロンドンやニューヨークといった都市に匹敵する国際的なビジネス環境をつくる」との決意を表明する。

 え? 東京は国際的ビジネス環境じゃ〜ないんですかぁ? もうすでに六本木ヒルズに証券詐欺師もネット屋も千葉にネズミーランドも、地方にまで、スターバックスやケンタッキーやマクドナルドの毒だらけで、朝鮮学校やインターナショナルスクールやアメリカ軍人の子供の学校までありますよ〜!
大学の先生は、外国人も多いんですが〜。。。
ニューヨークやロンドンって、もうとっくに破綻している国々で、詐欺投資家や金持ちがフランスからもぞくぞく税金逃れで自国から逃げてますが〜。。。

 >会基盤(インフラ)整備の方向として、老朽化で大規模な改修が必要とされている首都高速道路の更新などのため、民間の資金や経営ノウハウを導入する「PFI」方式の推進も掲げる。今後10年間で、過去10年の実績の3倍にあたる12兆円のPFI事業を行う意向を示す。

 発展途上国にODAの今まで貸したお金、もう払わなくてよいとミャンマーだったかに1000億円も国民資産チャラにして、今度はTPP参入で、外国人のゼネコン下請け労働者引っ張ってくるんでしょう!
日本人の雇用はますます減少!

 大ウソつきの詐欺だらけのチャンポン阿呆!!! 

 昨日、公共の場所で、聞いたら、B層のおばさんたち、あら〜、自民党が一番ましなんじゃ〜ないのぉ! って。。。

 自民党崇拝無知おばさんだらけ〜!!! こんなのが投票に行くのは迷惑きまわりなし!!! 

 おい! 財務省! 安倍とマスゴミを使ってB層騙すのはやめてほしい!!!

  マスゴミのアナウンサーよ! 君たちも家族が存在するんでしょう! TPP参加後の日本の地獄の毒だらけの食品、君たちの子供も口にするんですよ〜! 国民に真実を伝えないことは、君たちも同じ目にあうことになるんですよ〜! それでも国民騙して、嘘八百を全国にTVを通して全国に伝えるんですか???

 よ〜く考えてください! TVのアナウンサーの皆さん!!!

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.344 )
日時: 2013/06/05 15:50:10
名前: 國井

私、いつの間にか洗濯は、手洗いになってしまいました。
洗濯物が少ない時に洗濯機を使わずに、手で洗ったのが契機で病みつきになってしましました。
冬物は、エネルギーを消耗してしまいます。
それに舗装道路から我が家までの未舗装の道路が草が被さってきて、
その芦やススキ等々の除去や間もなく自宅地の除染が始まると言うので、
駐車部分にある砂利を道路に持っていったりと、
身体的に殆どのエネルギーを使い果たして、新聞もメルマガも殆ど見ていない始末です。

キェルケゴールの「死に至る病」を飛ばしてしまって、申し訳なく思っています。
私、せっかちな性格なんです。いつも飛ばしていますか。

毎日、おっとり家にいるのに、何かをすりと粗忽なことしかできないと同居人は言っています。

死に至る病とは、絶望でよね。「曰く不可解」
藤村操の件ですが、失恋を原因とするのは、絶望が解らない人です。

絶望は、普遍的なものです。
そこまで到達できる人とそうでない人がいるのです。

唯物論では、この絶望に如何に応えるのですか、私はお尋ねしています。

欧米にあって、キリスト教では、死に対応しないから、実存主義が起こって来たのです。

仏教は、生死そのものが課題です。

それから、ニィチェの精神病は、梅毒性のものと聞いています。

又、飛ばしてしまった所、読み返してみます。

やっぱり、飛ばしていたりして・・・
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.345 )
日時: 2013/06/06 10:26:05
名前: 所得増加政策とクビ切り政策・・満天下有人

シンゾーが何本目の矢か、成長戦略を打ち出したら日経平均は▼518円も暴落、ガハハハッ!・・・これ何度目の暴落かな、5月23日▼1,144/27日▼470/30日▼737/6月3日▼513・・・そして昨日▼518・・・・
今日も▼100円ほど。

イントちゃんの全体観はその通りだと思います。特区を作ってああだこうだで、所得年15万円増、まあインフレにしたいのだから、名目で水膨れ出来ると読んでいるのでしょう。

一方で楽天の三木谷が議長になっている規制改革諮問会議で、「限定社員」制度を始める。これっていう事聞かない奴は飛ばすということでしょう。所得を減らして・・・所得150万円増やすと言い、全く逆さまのことを同時にやろうとする連中の頭は、既に狂っています。

限定社員制度の趣意は、労働の自由化を促進する、働く者も自由に職業を選択出来るとか、詭弁を使う。これってもう何十年か前にフリードリッヒ・ハイエクが唱え、新自由主義に根拠を与えた思想で、小泉時代に盛んに言われて我々は既に強硬に批判したものです。極端に言えば、自由さえあれば食えない者が増えても関係ないという資本主義が行き着く思想ですね。それを更に推進しようということですから、TPPにも入りたい気持ちは、当然の事になって来ます。
何だかオバマと中国習金平主席が、カリフオルニアで緊急首脳会談を持つようです。中国にTPP参加を望んだアメリカの戦略を詰めようということでしょう。狙いは?中国の完全資本主義化を狙って、国営企業を全廃しろということでしょう。ソ連からロシアに転換した時と同じような混乱が起こるかも知れません。でもその後プーチンはロシア最大の資源企業ガスプロムをまた国営化してしまった。

したたかな中国が、そう簡単にアメリカの言う事は聞かないとは思うものの、とにかく全世界を規制の無い国ばかりにして、自由を旗印にユダ菌たちの自由だけを確保したいということでしょう。これに乗るのが、楽天三木谷などの規制改革者ども、ジャパンユダ菌も、だんだん成長しつつあるようで(笑)。財務省は特区における非課税に反対、所得は減らして税率あげてむしり取り、大蔵菌も乱入していよいよグチャグチャになって来ました。金融市場も株式市場も乱高下、何かを暗示している様子です。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.346 )
日時: 2013/06/06 11:04:53
名前: 所得増加政策とクビ切り政策

全く、その通りです。

こちら巷の情報です。
建設資材は、あらゆる分野で値上がり傾向にあり、消費税の値上げも絡んで、いよいよ建築意欲はしぼんできます。

金融機関は貧乏人への融資の基準を強め、思うイように金が借りられない人の嘆きも増えています。
詰まるところ、資材の値上げの分だけ職人の人件費を削る以外に受注できない事になります。

現在、10000〜12000円の職人の日当も、其の内に8000〜10000円になって行くでしょう。毎日仕事があっても年収、240万円。
仕事も十分でない昨今、さらに多くの人たちが、ワーキングプアに堕ちて行く事になります。

現在のワーキングプアー人口は、就労者の15〜17%。これが20〜25%になって行きます。
年収300万円以下は、50%を超えるでしょう。

格差社会、完成間近と言う事です。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.347 )
日時: 2013/06/06 11:29:48
名前: イントィッション

>財務省は特区における非課税に反対、所得は減らして税率あげてむしり取り、大蔵菌も乱入していよいよグチャグチャになって来ました。金融市場も株式市場も乱高下、何かを暗示している様子です。

この国の国民は、本当にただのバカなんですね〜。。。

公共の場で、みんなに、私が、「大変だ〜! 消費増税10%にして、そのお金は医療、介護、年金に使うはずが、68歳まで年金貰えないだと〜。。。 それも、安倍政権になってから、50兆円もアメリカに貢いで! ものすご〜いひどい!」
   と言うと、

え〜、50兆円も貢いだん? と、驚く様子。。。

 若い人たちは、やはり、怒った顔をしていましたが。。。

 ほんまにB層というお腹のでかいおばはんたちは、

 「やっぱり、いちばんまともなのは自民党でしょう〜。。。」
 「お金が無いから、消費税10%はしかたがないわ〜。。。」 

    (そうしないと年金当たらないもの!)という心の中がスケスケに見えていました。。。(苦笑。。。


 しかし、この半年で、50兆円以上ユダ菌に貢いで、増税、68歳まで年金貰えず、色々な保険料金が値上げされ、なんで、怒らないのぉ???

 やはり、この国の国民は阿呆しかいないんですね〜。。。

 労働者も、ドンドン1個人として見てもらえない! 動物とおんなじ! 首になればホームレスか餓死!

 労働者は、もっと自分たちを守る運動をしたらどうか??? しかたがない〜、どころではないのに。。。

 本当に国民の事を考えている政治家は、罪をなすりつけられ、TVの前でお目見えできない状態に。。。

  あまりのひどさに、安倍の顔TVで見るだけ、声を聴くだけでも吐き気がします〜WWW







メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.348 )
日時: 2013/06/06 12:01:33
名前: 北の国から

 北海道の地方新聞に、市の公共事業の入札に参加業者がゼロ、という記事がのっていました。
十勝の地域の帯広市(人口約17万人)では、総工費45億4千万の(二年)学校給食調理場の
工事。(5月15日しめきり)
 もう一つは、道北地域の名寄市(人口約3万人)の「市民ホール」(25億7千万円)。

 入札ゼロの理由は、「人手がない」「もうからない」ということだそうです。
 東日本大震災の復興事業に人手が集中しているということですが、この間てんさんざん、建設
関係の労働者の賃金を削ってきているこの業界に、若い労働者が行けなくなってしmったのでし
ょう。

 札幌の市長などは「市の発注事業の作業員の賃金は、1万6千円以下は認めない」と言ってい
るのですが、そもそも技術者(一人前になるのに最低でも4〜5年)がいないので、どうにもな
らないという状況です。

 そして、同じ新聞の求人広告に「建設作業員募集。日給6000円〜8000円」とのってい
るのです。

 資本主義がどんどんいびつなかたちになり、「なんとかまじめに働いて暮らそう」と思っても
バクチまがいの投機経済が横行し、国家をあげてそのことを応援し、国民の暮らしも、働く権利
もそっちのけ。
 問題は、この状況を国民自身がどうしようと考えているのか、でしょうね。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.349 )
日時: 2013/06/06 12:10:30
名前: 北の国から

 それにしても、この巨大な投機経済を(国民の合意と共感も得ながら)規制する方法は
ないのでしょうか。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.350 )
日時: 2013/06/06 12:33:25
名前: イントィッション

もう、国民の合意なんて要らないのではないでしょうか?!?

この巨大な投機経済を助けているのが、安倍政権ですから。。。

この国の総理大臣のマイノリティが人形となって、外国人投資家:ユダ菌に金を貢いでいるんですから。。。

まず、その統一教会の政治家達:自民党半分以上と維新の会と残党民主とみんなの党と公明党を引きずりおろさなければなりません!!!

シロアリをたくさん退治することもやらなければなりません。。。

六本木ヒルズのトップのほうの階に居る層を日本から出て行ってもらわないといけません!!!

今まで国民から盗んだお金をすぐに返却してから。。。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.351 )
日時: 2013/06/06 12:35:53
名前: イントィッション

野中発言は正しい!!!

こんな記事を見つけた人のをお借りしてきました。。。
 ↓
ttp://www005.upp.so-net.ne.jp/mediawatching/yomiurieditorial19790531.htm

1979年のゴミ売りではなく、本当の読売新聞です。。。

 「尖閣諸島を紛争のネタにするな!」

 こんなまともな時もあったのですね〜。。。 ゴミ売りさん。。。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.352 )
日時: 2013/06/06 12:41:02
名前: 北の国からさんへ 天橋立の愚痴人間

北の国から さんこんにちは。

帯広市、名寄市の大きな公共事業の発注の事ですが、政府の策が見え見えですね、このような大きな工事は結局、大手業者でなければ出来ないことになります。

建設業界も若い職人が少なくなり大量の工事を受けられないことも現実です。
しかしながら、それならば、一気に大量の工事を発注せずに、徐々に工事を増やして行けばよいだけの事です。
10年かけて、公共事業を増やして行けがば余剰労働力を集める事が出きます。

また工事の内容ですが、学校の給食センターを市単位で一つの施設に集約し経費の節減(要するに人員整理・食品の納入業者も絞られ)をする事が目的でしょうが、それでは失業者が増える事になり、地元の労働環境としては好ましいとはいえません。

公共事業として作る箱物として、どちらにしても、それが利益を生まないならば(建設費の償還が出来ない)、無料で賃貸する農業、漁業施設の建設をする方が、余程、景気対策となるのではないでしょうか。

農道の整備とか、農地の統合にかかる工事とか、漁礁の建設とか、いろいろあります。
それも地元の業者が出来るような規模に分けて徐々に増やして行けばよいのです。

自民党に関わらず、東京に巣食う馬鹿者共は、政治屋でも経済人でも、そんな理念は持ち合わせていず、当面の己の立場を守るためだけに動きます。

その両市の公共事業も、結局は地元の業者とのJVを組むことで、実際の旨みは大手企業のものとなるでしょう。
それでは地元の経済環境は何時までも変わりません。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.353 )
日時: 2013/06/06 15:10:39
名前: 騙し装置全開・・満天下有人

<この巨大な投機経済を助けているのが、安倍政権ですから。。。この国の総理大臣のマイノリティが人形となって、外国人投資家:ユダ菌に金を貢いでいるんですから>

その通りだと思います。国際銀行家、ヘッジフアンド連中の手口を見ると、まだまだ仕掛けて来ることでしょう。我が国は政官合体で、省益既得権益守るために、それぞれの省庁がユダ菌たちに、それぞれの分野で迎合しているから、どうしようも無い。加えてそのジミンオバチャン達のような感覚が間接的にサポートしているから、手のつけようも無い。

ジョージソロスが日本株は上がると言って、その手立てとして迎合して超金融緩和を実行したら、先月下旬になってソロスは、日本株式は下がると言いだして、その通りの動きが展開されています。もう遊ばれてしまっています。今日など日経平均は100円程度のマイナスでしたが、中身を見るとボロボロ・・・ある個人営業の人の嘆き節・・・

『仕事が暇
自民党政権になっても自営業の俺のところの仕事は増えない。逆に減ってきているよ。だから株やっていたがさすがに含み損が大きくなりすぎた。今日撤退した。再生医療は素晴らしいことで難病の人には希望を与えるのは事実。頑張ってほしいが拝金主義の外資にはそんなことは関係なし。金だけ吸い上げてとんずらを決め込みそうだな。甘い夢は捨てて撤収すんべー。間もなく日本沈没のカウントダウンがはじまるよ。』

何を言われているのかと言うと、ips細胞医療を安倍内閣が成長の柱として支援すると言って、まだどこもベンチャー企業程度で赤字がすごいのに、厚労省や東大医学部部長とか副総長までが、そんなベンチャーへ天下り、一般投資家はそれに飛びついてしまい、大損をこいて、なけなしの営業資金まで無くしてしまったということです。
ちゃんと消費が上向き、まともな営業が出来るようになっておれば、バクチを張ることもなかったのでしょうが、ギリギリまで切羽詰まっている人が、大勢居るということでしょう。

金利が高くなり物価も上がって、年収が年に15万円程度増えるだけで、大部分の生活者の消費が上がると思う方がおかしい、それを株高演出で誤魔化そうとしたわけで、要するに騙し装置全開にした話です。そもそも消費が上がるような成長など、彼らは最初から思ってもいないのです。どううまく誤魔化すか、それを最初からインプットしているだけです。

あのアフリカ会議の風景を見てごらんなさい。ノーベル平和賞を取った女性も出席していたようですが、壇上では安倍が一人で悦に入り、アフリカ人の発言は余り見えませんでした。そして何故そこに居るのか、壇上の安倍の横にあの、森鮫脳が座って難しい顔をしてアフリカ人を睨んでいるのが、不思議でしたね。真の成長をなど頭になく、最初からユダ菌以上にアフリカ食いを始めた光景でした。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.354 )
日時: 2013/06/06 22:53:13
名前: 北の国から

 天の橋立の愚痴人間さん。仰るとおりですね。

 たとえば、地域に30床くらいの特別養護老人ホームをつくる。もちろん
地元の工務店さんが、十分仕事として技術的にも人的体制でもできるもので
す。地域の洗濯、食料品の仕事が増えるだけでなく、介護職員の雇用にもや
くに立つものです。
 そうすると、お金が地域で循環するようになるかと言えば、これはきわめ
て限定的です。
 施設の電気、暖房、食材の大部分は、やはり外国の(とくに原料)ものに
依存してしまいます。つまり特養とてサービス業。
エネルギーの原材料や、食料品の材料まで”地域調達”を工夫しなければな
りません。
 森林の間伐材を利用してボイラーを動かし電気をまかなったり、米も野菜
も地元のものを使用する。
 北海道でも、まだ初歩的な段階ではありますが、そういう挑戦をしている
地域がでてきています。

 ところが、どう考えても日本の今後の施策をもるかぎり、食料品の生産も
エネルギーも、地域循環経済(雇用はもちろん、地域に希望も展望もある)
という方向ではなく、いっそう強力にアメリカ従属型に押し込まれています。

 つまり、一生懸命に働き、毎日毎日を必死になって生活している人びとに
とっては、安倍首相のやろうとしていることや、アメリカの巨大企業の考え
と、日々の暮らしや、思考、そのなかでの怒りや悲しみや喜びのひとつひと
つが、全くむすびついていない(とくに善意で暮らしている人ほど)という
厳しい現実があるのではないでしょうか。

 愚痴人間さん。
 この厳しい現実は、おそらく都会よりも、地方の町村のほうが(善意はあ
ふれているものの)かなり深刻なようです。

 貧乏で苦労した人びとほど、お金の「ありがたさ」というものの魔力に素
直に弱いということでしょうか。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.356 )
日時: 2013/06/06 23:13:28
名前: 北の国からさん  天橋立の愚痴人間


資本主義、民主主義を取り入れているので、安い品物がドンドン入ってくるのは否めないとしても、其の中できめ細かく配慮して、国民の生活を守るのが、守る事ができるのが、国家、行政と思うのですが、現実は、政治の中枢にいるものが経済のグローバル化の尖兵となってしまっています。

民主党でも、そうでした。
小沢も、小手先はともかく、根本の理念において、このスレッドでよく言われている、ユダ菌に対抗する理念は持ち合わせていませんでした。

後は暴動を待つのみか、もしくは別の英雄が現れるのを待つのみでしょう。
公共事業の発注などで、チョットした工夫でもすれば随分と変わる事ができるのに、今では、公共事業を増やせと言えば、人手が足りないと嘯くしまつ。

何処まで行っても、ノータリン、其の場しのぎ、時間をかけて難題を切り抜ける根性と言うものを忘れています。
国家も、国民も。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.357 )
日時: 2013/06/07 11:05:26
名前: 円急騰・・満天下有人

昨夜、米経済雇用統計が予想を下回るとの観測から、ドルが一斉に売られ、円も一時95円87銭まで急騰、つい先週103円の円安を金融緩和の成果だとして政府は誇らしげにしていたが、アメリカがくしゃみすると、もうこんな状況である。

通常、景気が悪いと株式市場は下げるものだが、超金融緩和でマネーがじゃぶつくと、国債市場と株式市場の間を行ったり来たりするのが、マネー先導、マネタリズムによる経済対策の特徴として現れて来る。
FRBが雇用統計などを通じ、景気底入れ、あるいはこれ以上の金融緩和は悪性インフレ懸念ありと見れば、市場は金融緩和終了と見て、皮肉にも景気回復を嫌って流動資金がタイトになるとして市場から資金を引き揚げ始める。逆の場合は不景気の資金ジャブツキつきのはけ口として金融債券市場に向かわせる。不景気の株高というヤツだ。

そして超金融緩和による国債増発が財政を悪化させる。悪化させたままで実質経済が良くならないと金融恐慌に向かう筋書きがチラホラ見えて来る。安倍のチャンポンミクスは、第4の矢として財政改善の為にプライマリーバランスを0(国債費以外の赤字を0にする)にするとして、増税に向かう。それが需要減退を招くのに所得は150万円増やすと言う。増税は国際公約したことだと、野ブタ、安住チンコロ財務大臣の路線を守ろうとする。そこには国民は不在である。だが国民はジミンの方が良いとしてそれを支持する。その自民はミヤンマーへの債権を3000億円カットした野ブタに続いて2000億円もカット。

野ブタは仙谷や前原の原発売り込みとして、引き換えにベトナムメコン河流域改善費として6000億円の供与を行い、IMFへは5兆円だったか拠出。

安倍はアフリカ支援として3.2兆円拠出(内ODA1.4兆円)、遡れば小泉が英グレインフールズG8で、アフリカに1兆円拠出をぶち上げ、既に112億ドルが支出されている。そしてアルジェリア人質事件が起こった時、テロ対策費としてアフリカ会議に120億円を拠出。まあもう数え上げればキリが無いが、国内では東北大災害復興資金の使われ方は他に流用され目茶苦茶で、肝心の福島原発後始末もお手上げの状態。

要するにオカネなど日銀に印刷させればいくらでもある、だが社会保障費については別で、国民負担を増やせば良いとする。

雇用については女性活用を前面に押し出し、内容はと見ると、企業に女性役員1名登用を義務付けるだけ、どうしてこんなチャンポンミクスになるか、否、チャンポンにラーメンが混ぜられて食べさせられているような食感である。要するに自分の頭は空っぽなので、取り巻き連中の言うことを全部入れるから、そうなってしまう。

TPP賛成派に反対派、増税先行派に先送り派、金融優先派に財政重視派が同居し、政策は前世紀ばら撒き型に、新自由主義グローバリ化が混入して、もう本人たちも何が何だか分からなくなっているのではないか。民主党もそうであったが、傾向混在の政党は、世界でも珍しい存在だ。何故そうなるか、答えは簡単、要するに政治家家業が維持出来る所に巣食うのが、政治の本業としか思っていないからである。

今日の日経平均は▼200円前後で続落推移、13,000円を割り、為替は昨日の高値95円87銭から97円に戻しているが、再び96円台で円高に向かっている。

今年1〜3月期の全製造業の利益は、前年同期比+31.6%(財務省法人企業統計)
逆に売り上げは−)6.6%

中身では自動車産業による増益が+70%、しかし売上高は−)13.8%
これが全産業に影響している。円安で水膨れしただけの話で、実質売上数量が減少していることに、それが証明されている。ちなみに資本金1億円以下の企業では、売上−)11.8%、営業利益−)13.9%。

社会、経済関係の騙しに気がつかない社会風潮。自然の理に反する現実、神とは秩序ある運行法則のことである。そうでないからには『神は死んだ』のである。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.358 )
日時: 2013/06/07 22:16:32
名前: 國井

レーガノミクスをパクったり、
一寸、恥ずかしいですね。

社民党の又吉さんが3本の毒矢って、言ってましたが、
全く、的を射てますね。

国民を幸せにする理念もないのに、成功する訳ないです。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.359 )
日時: 2013/06/07 23:41:40
名前: 毒矢・・満天下有人

一の矢、二の矢、三の矢が次々に急所に当たって、四の矢で死を迎えますか(笑)。

何年ぶりかの国賓として来日したフランスのオランド大統領、日仏共同し合って原発輸出促進。何だか当初のイメージとは違うものを感じました。

ただ金融政策については、それぞれの国は、それぞれの通貨事情があり、日本だけの通貨事情によって金融政策を取られると困る、と、国会招待演説でちょっぴり釘を刺して・・・

その所為でもあるまいが、本日は対ドルだけでなく全通貨に対し円高になっています。包囲網が敷かれた観あり。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.360 )
日時: 2013/06/09 23:45:34
名前: イントィッション

今日の日曜討論会で、久しぶりに小沢一郎先生が出演されました。。。

やはり、一番真っ当な正統は、生活の党ですね〜。。。 さすが小沢先生!!!

今は、ユダヤや財務省などが、小沢先生が首相になったら、ユダ菌やシロアリどもが退治されるので、カルト宗教団体の検察を使って、小沢さんが主力で政権を担ったとき、小沢さんを大罪にさせ、マスゴミに、その嘘八百を世間に知らしめる!

そんなのが今も権力をふるって、無能な安倍を使って国民から金を詐欺ノミクスで、詐欺しまくっています!!!

今、小沢さんは、あちらこちらで相当な活動をしていらっしゃいます。。。

どーか、ユダ菌や財務省の一部のカルト官僚に屈しない、力強く国民のために、がんばってください!!!

よろしくお願いします!!! 小沢さんのグループや緑の風や、社民党の一部しかやはり政治家の存在価値はありません!!!

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.361 )
日時: 2013/06/10 05:29:05
名前: ポイ捨て 遂犯無罪

○氏から社会貢献と裁判資金目的に、自然葬事業をしないかと持ち掛けられた、営利的でない内容に賛同して拙いHPを立ち上げた。

一年近く過ぎるが一件の問合せすらない、しかしhp閲覧のアクセスは相当数ある、この不審を○氏を知る人に訊いたところ、○がやるなら誰も信用はしない、散骨すると云って廃棄される・・
ttp://www.suihanmuzai.com/130609.jpg.html
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.362 )
日時: 2013/06/21 11:39:07
名前: 真夏の夜の狂宴(1)・・満天下有人

為替に国債市場に、株式市場と、真夏の前の梅雨時に乱高下、安倍のチャンポンミクスによって狂宴が続く。何本目の矢か知らないが、我々の前にはミックス毒矢が飛んでくる。6月は値上げされた社会保険料に税が舞い込んで来て、ただでさえ梅雨腹になって消化不良、おまけにミックスチャンポンを次々に出されるから、もう下痢しそうだ。

ご本人たちは、アイルランドG8で、銀座高級すしの九兵衛や、五つ星のフランス料理シェフを大勢連れての高級食の宣伝だから結構なことだが、その使われる税の財源である納税通知書を見てこちとらは、梅雨腹が納まらない・・・。
民は飛んでくる矢が、毒矢であることに気がついているのだろうか、金融証券市場の乱高下を見て、少しは気が付き始めたか、安倍及び自民党の支持率が低下し始めた気配もあるが、それでもまだ狂宴に目が醒めない向きは多数を占めており、都議選、参院選では自民が多数を取るのだろう・・・

旧スレッド・当代世間裏算用トピで、毎夜毎夜官邸で宴会をやっていた菅一派を皮肉って、シエイクスピアの名作「真夏の夜の夢」を引用したことがあった。何年経っても光景は変わらない。故にその戯劇がすたれずに名作として生き続けるのであろう。

劇の構成は、恋人たちが森の中で織りなす狂気じみた追いかけゴッコなのだが、その狂気をもたらすものとして、真夏の新月(夏の暦)が使われている。追いかけゴッコの芝居にこんなセリフが出て来る。

「おれたちが芝居を始める夜に、月は出るのか・・・」
「暦だ暦、暦を調べるのだ!月は出るか?出るのか!」
「うん、その夜、月は出る・・・」

(超金融緩和をやって、夏ごろには景気は回復するか?うん、大丈夫だ、満月になる・・・そんな会話があったかどうかは知らない(笑)。)

真夏の夜の原題は Midsummer Night’Dreamと言うのだが、このMidsummerには、夏至の祭りを指すだけでなく、Midsummer Madnessと言うお祭り気分、浮かれた狂乱状態をも意味する。

気違い沙汰を産み出す月の由来は、ギリシャ神話の月の女神 Luna の美貌が人を惑わせることから来ているそうだ。
シエイクスピアが描きたかったことは、気違い沙汰の追いかけゴッコをやる恋人たちが、劇中劇を見て、それが自分たちの姿を映し出している姿に気がついていない、そういうことであったのではないか・・・

為替FXや株式などの金融掲示板を眺めていると、正に安倍のミクスを囃して踊るだけの民衆が大勢居る。金融緩和を大胆にやった安倍に期待して儲けたと思った途端に大損をこいて嘆いている(笑)、そんな個人たちの損得など、放っておけば良いだけにしても、困るのはその心情が更なる金融緩和を求めて安倍自民党支持へ流れて行くことにある。

金融市場は、安倍日銀が動かしているのではない、全てが国際ヘッジフアンドのスケジュールで動かされている、後で一例をあげるけど多国籍金融資本は、安倍日銀金融緩和を待ってましたとばかりに、食い物材料の中に入れてしまっている。彼らは食っても食っても食い足りない、それも知らずして先行き予想などするとはアホかと注意すると、総スカンを喰らう(笑)。

アイルランドでのG8で、安倍のミクスが評価されたと大マスコミは言い、銀座高級すし屋の九兵衛や五つ星のフランス料理シエフを大勢連れての日本食イベントを見て、ああ食品界は、引いては日本農業界の成長に力を入れていると感じ、それは影であり本体が見えにくくされて、ドイツメルケル首相だけが、財政悪化の限界に来ている日本の金融主導の経済政策に疑問を呈しても、日本のマスコミはどこもそれを報道しない。

このG8の主要目的が落ち込む税収をどうするのか、タックスヘィブン(租税回避地)に隠されている巨額税逃れをどうすべきかが主題であったのに、それは正に日本市場をも食い物にして、その資金はタックスヘイブン経由だから税も逃れている、そんな輩が市場を動かしているのに、安倍のアホミクスに踊る国民・・・シエイクスピアの戯劇を彷彿とさせる。まあ成長戦略に、それと矛盾する財政再建会議や国民所得お一人様150万円増やら、面白い芝居が観れて結構ではあるが・・・(笑)。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.363 )
日時: 2013/06/21 19:24:10
名前: 真夏の夜の狂宴(2)・・満天下有人

このような日々の生活者にとって関係無い話をしても、しょうがないのだが、実は何年か経って、おかしな世の中だと思い始める遠因となっていることが、史実でもあるから、少し細かい動きを見ることにしよう。その細かいと思われる現象は、実は世界の大きな仕組みになっているからだ。歴史は繰り返しているから、歴史でもある・・・連中は狂宴に乗るか、乗って来るかを予め計算して行動する、そいして政治も同じ計算で行動する、それが安倍のミクスとも言える・・・。

国債ヘッジフアンドの狂宴に乗せられて踊る日本、その典型が今月7日の日経電子記事、まあ慌てて読むと句読点を間違えて何のことか誤釈してしまうのだが、我が国異次元金融緩和が正に彼らのおいしいエサ場になっている典型例であろう。

「ソロス氏今週初から再び円売り・日本株買い」 DJ報道
2013/6/7日経記事。

『著名投資家のジョージ・ソロス氏が今週初から再び円売りや日本株買いを再開したとダウ・ジョーンズ通信が7日昼過ぎに関係者からの情報として伝えた。ソロス氏は昨年秋からの円安局面で円売りの持ち高を膨らませ、5月に円安・株高が一服するまでに持ち高を解消していたとされている。』

・・・日経が国際ヘッジフアンドの提灯担ぎをやっている。円売りで日本株買いとの記事、日本株買うなら円売りでなく円を買わないと株は買えない。それが円を売って日本株買いと読んでしまうと、話の辻褄が合わなくなってしまう。
円売りの後に句読点を入れて、円売りand日本株買いと読むと、円売りと日本株買いを別々にやると読めて、成程、さすがに巨大フアンドは大したものだ、別々のポジションを同時にやれると言う事だから。日本株買う程の資金とは別に、為替の巨額売りポジションを取れる資金力があるということだ・・・

ちなみにIMFなどの数値では、彼らヘッジフアンドの資金力は250兆円とも300兆円とも言われる。ソロスフアンドの顧客の資産力は、お一人様1億ドル約100億円と言われているから、為替と株式ポジションを同時に取ることくらいへっちゃらだ。これに英仏スイスロスチャイルドの資金力を併せたら、世界を思うままに動かせる資金力がある。ソロスは何度も申して来たことだが、ロスチャイルド家で修行した代理人である。

面白いのはこの7日付の記事とその後の実際の金融証券市場の動きである。ソロスが円売り日本株買いと報道させて、だが円は既に100円を割っていたのに97.55円まで上昇、全通貨に対し円高となっていた。その前に株式市場は1,144円も暴落し、7日は一時300円まで更に急落したが竹中のタコ造が年金基金で更に株を買えと言って26円程度の下落に納まった。

日経平均はそれまでに2,750円も暴落してしていたから、7日では26円程度の下落。一時300円ほど下落したが、年金基金運用が株式投資を増やすとかで26円程度で収まっていた。

その後はソロスなどのご宣託とは反対に、売られたドルやユーロの向かい先である円が買われて14日には93円にまで上昇。日経平均はその日に843円また大暴落。円安株高を第一の矢としていた安倍に甘利経済再生ダンナの顔が歪んでいた(笑)。それでも安倍はG8で、銀座九兵衛の高級スシを食わせて、日本は世界経済に貢献するとバカ丸出し(笑)。言い換えると無国籍多国籍企業の便宜を図りますと宣伝しているようなものである。

ソロスなどの国際ヘッジフアンドが、売り日本株買いのノロシを上げることは、円安株高の単純方程式を信じる日本人の真理を見通して、狂宴に乗らせ、逆の行動を取るものなのだ。今日など日経平均は続落続きだったのに、夕刊ゲンダイが報じているけど、最後の1分間で暴騰、どうやらヘッジフアンドの決算締切でコンピューター操作で一気に株価を上げたようだ。

彼らが如何に操作しているか、ソロスのご宣託があった6月7日以降の市場の動きを見る限り、米国債長期金利は2%以下であったものが、2%を超え、昨日は2.42%まで上昇し、直近の高値を示している。そしてNYダウ株式市場も同時に▼$354も下落、国債安、株安の悪いパターンになっている。金融恐慌は何時もこのようなパターンで始まり、更に需要に悪影響を及ぼして、マイナスのスパイラルが始る。

もう安倍のミクスの批判などやってもしょうがない、成長第三の矢、ips再生細胞か混合診療か何か知らないが、大幅規制改革をやると言った途端にまた大暴落していた。大した矢でもないからそっぽを向かれ、ヘッジフアンド達のおいしいエサになっている。

後はアメリカ発のグローバリゼイションの乱舞が結果をもたらすだけだ。G8でドイツメルケル首相がその点をどう考えているのか、質問したらしいけど、この国はその乱舞に乗り、一方で保守回帰と言う名の国粋主義を同居させるという分裂症状を臆面も無く出して来る。分裂症だから狂宴するのだ・・・。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.364 )
日時: 2013/06/21 20:43:38
名前: 混沌

 お元気でしたか・・・満点下さん・・。
諸行無常とは云うものの、毎日の様にお目にかかる、啓蒙を促される文章にお目にかかれないのは甚だ物足りないもので、居ても立っても居られない気持ちでした。
内容はともかく(嬉しくて内容が心に収まりません)、再登場をうれしく思います。 御無理を成されずに、世の駄民(私を含め)の覚醒をこれからも、お願いしたいと思います。 とにかく、永遠にと云いたい処ですが、人間そうも行きません。 出来れば、私の目の黒いうちは導いて欲しいと、望まずには居られません。  無事で良かったです。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.365 )
日時: 2013/06/21 21:02:18
名前: 真夏の夜の狂宴(2)・・満天下有人

バラ色に見せ掛ける日々、その連続を眺めて騙される。こちらも日々の動きをある時点まで見て、折に触れてそこで纏めてみようと思っています。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.366 )
日時: 2013/06/22 07:18:08
名前: 真夏の夜の狂宴(了)・・満天下有人

・・・射手・シンゾーの弓から放たれた毒矢は何本だったか、矢の製造元がそれぞれ違い、違う場所から発射され、成長会議では農産物の輸出で農業生産を何割アップ、原発輸出で何割アップ、インターネットで医薬品販売の許可、外資を優遇する経済特区を創れば、締めて国民所得はお一人様150万円増えますよと・・・(笑)。一方で限定正社員制度を創り、その方針に沿わない社員は自己希望として給与を減額し易いようにする。その矢は産業競争力会議なる別の場所から放たれる。

会長である楽天の三木谷など、パフオーマンスが悪くても一生賃金を得られるのはおかしいから、この制度は是非必要だと言ってはばからない。ユニクロのチンチクリン社長など、年収100万円の時代が来ると言いおる。需要を支える大多数の働く者の所得を減らし、あるいは所得を奪う制度にして、何故成長出来るのか、狂宴を繰り広げる連中の頭の中など、さっぱり分からない。だから狂宴になっているのだ。

そしてまた別の矢の発射場である財政改革会議では、社会保障費も聖域ではないとして、更なる削減と増税が言われて、おう、お一人様150万円も増えるのに何で削減するのかよと、この梅雨空に得体の知れないチャンポンを次々に食わされて下痢気味になって来る。

市民は何でも良い、証券金融市場で儲けさせてもらった、しかもお一人150万円も増えるのかと、芝居の一員になった気分で囃す。安倍の国民所得とは何なのか、中身はどうでも良い、所得が150万円増えるとのキャッチフレーズでまた、狂宴に踊る。不動産団体である全国住宅協会など、更なる金融緩和を求めて、住宅ローン証券MBSを日銀が買い取れとまで目茶苦茶を言いだしおる。もう狂宴の極みに達している。

・・・安倍が言う国民所得とは「国民経済計算」のことで、内閣府の統計を見たら何かがすぐ分かる。一国のマクロ経済の動向が、国内総生産側と国内総支出側に分けて表示され、両者の数値は一致する。総額で言う所のGNIと言うあれで、これに経常収支を加えたものがGDP、500兆円以上をキープしていた我が国国民総経済が今や、480兆円くらいに減少して来た。

そこで安倍が言う国民所得お一人様150万円増加、我々庶民が給与が150万円も増えるのかと勘違いするその所得とは、国内総生産側で表示される「雇用者報酬」のことで、全体に占める比率は47%くらい、公務員人件費などの政府支出は21%の96兆円もある。これに公共投資他を含めて合計約480兆円となってる、人口で割るとお一人約380万円になる。これを10年間で150万円増やすと言う話なのです。

繰り返すと、これは国民一人あたりの年収が530万円になると言うことではありません。個別企業の利益内部留保や役人給与、そして道路に橋、原発事故復旧費に海外支援金等々、全部ひっくるめてと言うことで、庶民が最も関心を持つ部分の給与は、海外競争力名目に内部留保される企業の営業余剰との関係でしか、増減しないものなのです。
この国内経済活動全部をひっくるめて「国民所得」なる漢字を充てるから、一人当たり年収を150万円も増やしてくれるのかよと、誤解を生んでしまうのです。

言い換えると、要するに安倍のノータリンは、お金はばら撒くよ、その果実の配分のことなど知らん、合計ではお一人頭150万円増えるよと言うてるに過ぎないのです。統計上の用語である紛らわしい「国民所得」なる言葉を使っただけのことで、ここにも国民を狂宴に乗せる浅知恵が働いている。

狂宴に乗せて躍らしている合間を縫って外資には特典を与えようとするのが、経済特区と言うやつだ、国内に「租界」を創ろうという話なのだ。財政改革会議からは、税収不足は早期の消費税増税で庶民全部に網をかぶせ、外資や富裕層だけが楽しめる経済特区を設けて税の優遇措置を与えようとする。

今回アイルランドでのG8でシンゾーは、我が経済政策は理解とお褒めを頂いたと胸を張り、マスコミもその映像しか伝えない。実質上の目的は、特に英国民から非難轟々のアマゾン、スターバックス、グーグルなどの多国籍企業による税逃れと、金融資本によるタックスヘイブンへの税逃れをどうするか、英一国では対処できないから主要議題として先進国会議に持ち出されたのであろう。シンゾー及び大マスコミは、そんなことには触れようともしない、高級すし銀座九兵衛を宣伝して悦に入ってるだけ・・・

タックスヘイブンの歴史は昔、ほんの一部だけ触れたが、遡れば膨大な話になる。そもそもはロスチャイルドがオランダ商人と組んで南米ベネズエラ沖のオランダ領・アインテイル諸島に基地を創ったことに始る。その後英国が、キューバ南部のケイマン諸島とその西側のプエルト・トルコの上に位置するヴァージン諸島に租税回避地を設けた。近年では女王陛下の諜報機関として発足した英MI−6の諜報資金の場として活用されているから、英国政府としては国民非難のガス抜きとして議題に上げただけで、ナタを振るう事は出来ないだろう。

ホリエモンが投資匿名組合を利用して上場株式利益を隠し、起訴された事件の根は、英国ヴァージン諸島にあった。当時、小泉内閣の官房長官であったシンゾーが知らぬ筈は無い。最近起こったAIGによる年金基金のオカネを食った場所は、ケイマン諸島であったし、オリンパス光学の屋台を揺るがした事件もケイマン諸島での資金隠しであった。

世界諸国の税収合計額はいくらかは知らない。だがこの多国籍企業、金融資本によるタックスヘイブンを利用して逃れている税額は、恐らく全世界の表向きの税収額に匹敵するのではないかと想像される。経済特区を創ったり、或いは外資によって押さえられている証券取引所が、株式売買による税逃れも、外資が主要株主となってしまった以上、押さえることも出来ないだろう。安倍のミクスはそれを助長しようとさえ、している。

・・・都議選に参院選、むしろ自民に大勝して貰いたい。さすれば狂宴は更に盛大になり夢が破裂する時期が早くなる。Midsummer Madenssの狂気を誘う月、そこに映る自らの姿を見ることが出来ない以上は・・・。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.367 )
日時: 2013/06/22 10:08:00
名前: イントィッション

おはようございます〜。 おっちゃん、お久しぶりでございます〜。

やはり、昨日の詐欺・コソドロ高速コンピューター大活躍でしたね〜。。。(苦笑。。。

三菱UFJモルガンスタンレー(ロスチャイルド系)が、何やら囁いておりました。。。

>会長である楽天の三木谷など、パフオーマンスが悪くても一生賃金を得られるのはおかしいから、この制度は是非必要だと言ってはばからない。ユニクロのチンチクリン社長など、年収100万円の時代が来ると言いおる。需要を支える大多数の働く者の所得を減らし、あるいは所得を奪う制度にして、何故成長出来るのか、狂宴を繰り広げる連中の頭の中など、さっぱり分からない。だから狂宴になっているのだ。

自分たちは税逃れで、ユダ菌と一緒になってケイマン諸島詐欺組なんでしょう。。。 組長はユダ菌!

しかし、これからその大企業が、インドやトルコなどに負の遺産である原発を売ったり、水の供給が難しいアフリカへの低賃金労働者を求めての拡張は、アジア圏や南米などのようにうまくいくとは到底思えません。。。

中東や南米などは、ものすご〜いデモが多発するし、中国などは、職の無い貧乏若者が増えるので、ちょっとエサ代をやっただけで、デモ活動に着手してしまう始末! 

今、中国で、なにやら株関連で破裂しそうな情報を目にしました。。。 ★中国株を持っている人はすぐに売りに出たほうが良いようです。。。 ゴールドマンサックスも100兆円だったか売ってしまいました。。。

もし、大企業が中国からアフリカに移動しようとすれば、中国の女性社員であっても、企業側に対して、首にされる前にデモなどを起こして、自分たちの労働資金と生活を守ろうとします。。。 怖いですね〜。中国の女性労働者!

そして、アフリカへ移動しても、水の供給がユダ菌支配だった場合、ものすご〜く高い生活費が必要になるので、ドンドン給与を上昇される始末になるでしょう。。。 アフリカは特に資源の関連で物価上昇が著しいと思います。。。
中東も、ユダ菌支配の資源の関連で物価がものすご〜く高いですよね〜。。。

今、現在、 日本はシンゾーが、毎晩のようにマスコミ関連のトップの会長や社長や有名アナウンサーなどと一緒にホテルオークラ(三極委員会が行われるところ)で会食して、何やら報道の統制を測っています。。。
★地方のあちらこちらの知事選や市長選で、自民党が推薦する候補が、大差で負けています。。。 特に安倍のおひざ元の山口県下関市では、ものすご〜く安倍を嫌っていて、もちろん安倍が行くと負けます!
自民党が選挙で負けた報道は一切しません!!!

一方で、地方自治体が、団結して自民党を掲げている地域もあります。。。 多分、リーマンショックの時に自治体の公費や大学や県や市民病院などの公費などを、ユダ菌証券会社に騙されて、そこに運用投資していたんでしょう。。。
そして、資金が相当減ってしまったので、今度の安倍のチャンポンミクスで、金融緩和をすれば株が上がるし、自民党を応援しないと、地方交付金出さないぞ〜!と脅されているので、自民党を立てて、自治体が推薦する自民党候補者は、地元の企業を回っているものと思われます。。。

このように、詐欺・コソドロユダ菌に加担した財務官僚どもや安倍政権は、国庫から6億5千万円もマスゴミに貢いでマスゴミ総統制させ、真実を隠し総国民を騙しています。。。

その一方で、竹中のタコが、日本企業をユダ菌に総安売りさせて、日本株を詐欺コソドロユダ菌に覆われてしまった後の企業活動は、なんともやり辛いので、30代や40代の正社員は、頭が変になり、自殺までしている人たちが続出している姿が事実であります。。。

これから、正社員労働者と企業幹部との戦いから、苦いアフリカ進出での結末から企業団体とユダ菌のケイマン諸島での戦いが起こることも考えられます。。。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.368 )
日時: 2013/06/22 11:03:10
名前: イントィッション

おっちゃん。。。

なにやら、やっぱりへんてこりんな風が吹いているようです〜WWW

イギリスの一部の銀行か、預金封鎖らしいんです〜WWW

そして、中国株が暴落寸前。。。ゴールドマンサックスが売りたたいています〜。。。

そして、極めつけが、イスラエル大使館が6月24日の月曜日休日になるそうです〜。。。

月曜日に何が起きるんでしょうか???
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.369 )
日時: 2013/06/22 14:02:20
名前: ユダ菌へ奉仕するシンゾー・・満天下有人

イントちゃん今日は、お久しぶりです。

天候不順の梅雨時、大人しくしておりましたが、シンゾーのG8、シェフや銀座九兵衛を引き連れての大名三昧、これ税金でやってるのかと思うと腹が立って、久しぶりに投稿しました。

銀座九兵衛はおっちゃんも良く使いましたが、個人では払えるような店ではありません。勿論、私企業の交際費、それを国費で宣伝するとはねえ・・・

一方でユダ菌には便宜を図る、昨日の株式市場など、あれはなんじゃ!!午前中から300円ほど下落してウロウロしていたのが、三時1分前になってあっと言う間に215円高、あれユダ菌操作じゃなくて他の方法で出来るワザではありません。合法すれすれのインサイダー取引以外の何物でもありません。都議選、参院選前ですからシンゾーは株が下がると困るので、どうも官邸サイドが何らかの指示を出した臭い・・・

東京証券取引所の株主は、モルガンスタンレーと組んでいる三菱UFJと、ゴールドマンサックスと組んでいる三井住友MSBCの比率が高いですからね、もう一般人はもて遊ばれていると言うのに、シンゾージミンへの支持率は、まだ高いですねえ〜・・・しかし今では、野党と言える政党が果たして存在しているのか、これが頭痛のタネ、そのようにしてしまったクソ民主党の罪は大きい・・・

・・・<そして、中国株が暴落寸前。。。ゴールドマンサックスが売りたたいています〜。。>・・・

一昨日、中国短期金融市場の翌日物金利が一気に5.78%急上昇して13.44%!!!、日本の短期オーバーナイト銀行間貸借金利が0.2%程度であることと比較して下さい。これは不動産バブルに苦しむ中国政府が、目に余る銀行を利用しての影の銀行団と言われる Shadow Bankingを本気で規制し始めたと言うことでしょう。
奇しくも英アイルランドG8で討議されていた、ユダ菌たちのケイマンやヴァージン諸島における行状が討議されていたことと、タイミングが一致しますね。ユダ菌のゴールドマンは、恐らく株式売りに回ってまたボロ儲けしていると思いますよ、政府関係の情報把握にはすごいシステムを持っている筈ですから。

それにしても中国は、やるとなったら、やることがすごいですね、シンゾーなどでは太刀打ちできない、ではそこから逃げてアフリカに行ったとしても、そう簡単に制御できるものではないと思う・・・今年のアフリカ会議もここ横浜で開催されましたが、シンゾーの横に座っていたサメ脳・元森首相の難しそうな顔つき、アフリカ代表の演説で、何を言ってるのかが理解できない風情でしたね(笑)。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.370 )
日時: 2013/06/23 11:49:38
名前: ユダ菌その1・・・天橋立の愚痴人間

満天下さん、ひさしぶりですね。

ユダヤ人が迫害される理由〜ユダヤ人の歴史〜
ttp://www.benedict.co.jp/Smalltalk/talk-60.htm

■ユダヤ人
 ユダヤ人は、なぜ差別され、迫害されるのか?なぜ、多数のユダヤ人が虐殺されてきたのか?ユダヤ人の受難はいつまで続くのか?そして、この問いは、ユダヤ人と対立するパレスチナ人にも、同じ意味を持っている。ユダヤ人国家イスラエルと、アラブ諸国との紛争は、4度の中東戦争をへて、いまだ終結していない。2006年7月12日から始まったイスラエルとヒズボラとの紛争では、すでに1200人が死亡したが、このような犠牲はすでに日常化している。
 ユダヤ人が最新兵器でパレスチナ人に対抗するのは、彼らのテロを怖れてのことだが、パレスチナ人がテロ的行動に出るのは、ユダヤ人のようなハイテク兵器を持たないからである。「人を殺すのは間違っている」的論法で解決できる世界に、彼らは生きていない。彼らは、迫害と虐殺の被害者であり、同時に、加害者でもあるのだ。そして、いつ終わるともしれないこの戦いは、すでに3000年の歴史を刻んでいる。この歴史の底流には、個体を超えた民族遺伝子が潜んでいる。
 ユダヤ人は、ヘブライ人、イスラエル人とも呼ばれるが、その定義は難しい。宗教的要素と人種的要素の二つの面をもつからである。一般論として、

1.ユダヤ教徒であること
2.母親がユダヤ人であること
のどちらかを満たせばユダヤ人となる。前者は宗教的要素から、後者は人種的要素から定義されている。実際、イスラエルの国会は、
「ユダヤ人とは、ユダヤ人ないしユダヤ教への改宗者を母として生まれた者」
という定義を立法化している。このような、ユダヤ人のアイデンティティへのこだわりは、迫害、差別、虐殺の歴史によっているのかもしれない。

■迫害の始まり
 「ユダヤ人」から連想されるのは、アウシュビッツ強制収容所、ホロコースト、ナチス、ヒトラー、人種差別、迫害、虐殺、どれもこれも暗く陰惨なものばかりだ。そして、これらすべては、たった1つのキーワードに集約される。差別と迫害。
 ユダヤ人に対する差別と迫害の歴史は、古くて長い。歴史上、最初に確認される迫害は、紀元前13世紀の「出エジプト」である。内容は、旧約聖書の「出エジプト記」に詳しいが、チャールトン ヘストン主演の映画「十戒」で、日本でも知られるようになった。この頃、ユダヤ人の一部はエジプトの地で暮らしていたが、すでにエジプト新王国による差別と迫害を受けていた。
 やがて、予言者モーセが現れ、ユダヤの民を率い、エジプトを脱出。その後、聖なるシナイ山の頂上で神ヤハウェとの契約をさずけられた。これがのちのユダヤ教へとつながる。この出来事は、ユダヤ人にとって、とりわけ重要な意味をもっている。なぜなら、これがユダヤ人への最初の迫害であり、ユダヤ教の起源となったからである。
 モーセの死後、後継者ヨシュアにひきいられたユダヤ人は、ヨルダン川をわたり、イェリコの町とその地域を征服する。その後、紀元前11世紀頃には、サウル王のもとで建国を成し遂げ、後継者ダビデ王およびソロモン王の治世で、最盛期をむかえる。ところが、その繁栄も長くは続かなかった。ソロモン王の死後、王国は北方の北イスラエル王国と、南方のユダ王国に分裂したのである。
 その後、 北イスラエル王国はアッシリア帝国に(紀元前8世紀)、ユダ王国は新バビロニア王国に(紀元前6世紀)、それぞれ征服された。このとき、ユダ王国の人々はバビロンに強制移住させられたが、これが教科書にも出てくる「バビロンの捕囚」である。ただ、「捕囚」とはいえ、全員が捕虜になったわけではない。多数のユダヤ人が虐殺されている。出エジプトにつづく、第2のユダヤ人迫害であった。
 ところが、その新バビロニアもアケメネス朝ペルシャに滅ぼされてしまう。新しい支配者ペルシャは、新バビロニアやアッシリアに比べ、寛大な帝国であった。納税を怠らず、謀反や反乱をおこさなければ、生活はもちろん、習慣や文化も保護されたのである。一方、アッシリアは歴史上最も過酷な属国支配で知られている。反乱でも起こそうものなら、首謀者と側近は、身体の皮をはがされ壁に貼りつけられた。これ以上の見せしめはないだろう。
 ペルシャの寛大さはユダヤ人に平和をもたらした。紀元前538年、ユダヤ人はエルサレムに帰還することが許されたのである。彼らは帰還後、神殿を再建し、その後、唯一神ヤハウェを信じるユダヤ教が成立した。これ以降、彼らはユダヤ人と呼ばれるようになった。

続く
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.371 )
日時: 2013/06/23 11:53:04
名前: ユダ菌その2・・・天橋立の愚痴人間

■イエス
 「出エジプト」と「バビロン捕囚」をみれば、ユダヤ人が3000年も前から差別と迫害を受けていたことがわかる。しかも、国や集団ではなく「民族」というくくりで。さらに、その1000年後、ユダヤ人迫害を決定づける歴史的大事件がおこる。イエス キリストである。なぜ、イエス キリストがユダヤ人迫害を決定づけたのか?映画「パッション」を観れば、2時間で理解できる。
 この映画のテーマはたった一つ、イエス キリストの受難。イエスは、ひたすらムチ打たれ、血まみれになり、ゴルゴダの丘で十字架刑に課せられる。そして、イエスをローマ帝国に告訴したのはユダヤ教徒。さらに、銀貨30枚でイエスを売ったユダも、ユダヤ人。イエスを迫害し、抹殺したのは、ローマ帝国でも、ヘロデ王でもなく、ユダヤ人である、という主張がそこにある。
 このことは、キリスト教本流をなす宗派や、イスラム教の信者たちに、ユダヤ教徒への根強い不信感と憎悪を植えつけた。そして、このユダヤ人への黒いフィルタは、差別と迫害とともに、イエスの死後2000年経過した現代まで存続している。神道や仏教そして、クリスマスまで祝う無宗派的日本人には理解しがたいだろう。
 イエスの死後、キリスト教はヨーロッパで急速に広まっていった。ローマ帝国時代、キリスト教徒はさまざまな差別、迫害、虐殺に受けたが、313年、ミラノ勅令が公布される。この勅令で、キリスト教が公認されただけではなく、教会がそれまでうけた損害の賠償まで保証されたのである。こうして、キリスト教は完全な勝利をおさめ、それに反動するように、ユダヤ人への差別と迫害がはじまった。
 中世に入っても、ユダヤ人への迫害はつづいた。たとえば、十字軍。1096年、聖地エルサレムはイスラム教徒の支配下にあったが、それを奪回すべくキリスト教「十字軍」の遠征が始まった。ところが、エルサレムを奪回した十字軍は、イスラム教徒だけでなく、ユダヤ人も虐殺したのである。ユダヤ教とキリスト教はともに旧約聖書を聖典とする同根の宗教であるにも関わらず。この虐殺はユダヤ人への差別や迫害が、いかに根深いものかを示している。
 また、1881年には、東ヨーロッパで「ポグロム」とよばれる大規模なユダヤ人迫害が起こっている。「ポグロム」はロシア語で、ユダヤ人にたいする略奪、虐殺を意味する。ユダヤ人への差別や迫害は地球規模であり、全時代におよんでいることがわかる。

■ヒトラー
 そして、ナチスによるユダヤ人迫害。歴史上最も有名なユダヤ人迫害である。この時、ユダヤ人の迫害は1933年頃からはじまったが、初めは宗教というよりは人種的理由によっていた。1850年代、フランスの外交官ゴビノーは、人種的な優劣を論じた「人種不平等論」を発表し、その中で、アーリヤ人種の優越性を唱えた。
 そもそも、DNAの構造が解明されるは1953年で、ゴビノーの説に科学的根拠があったわけではない。また、アーリア人とは中央アジアの遊牧民で、紀元前1500年以降、西北インドやイランに進出した人々をさしている。人種としてのアーリヤ人が存在するわけではない。ところが、ナチス政権はこの書をユダヤ人の差別と迫害を正統化するバイブルとして利用した。これに、先の宗教的な憎しみも加わり、単なる差別から、迫害、虐殺へとエスカレートしたのである。
 ナチス政権下のユダヤ人の差別、迫害、虐殺は凄まじいものだった。信じられないことに、ユダヤ人を法律の保護から外すという特別立法も可決された。これは、財産権・生存権・裁判権の消失を意味する。ユダヤ人は財産を没収されたり、不当に逮捕されたり、裁判もなく処刑されることが認められたのである。
 この時のユダヤ人への迫害は、正気の人間がどれほど簡単に狂気に走れるかを証明している。ドイツは歴史的にみても、勤勉と合理性を重んじる大国である。しかも、ナチス政権が誕生する前のワイマール憲法は、世界でもっとも民主的な憲法と称賛された。このような国が豹変したのである。
 ドイツの強制収容所で起こった迫害や虐殺や人体実験は、人間の中に悪魔がまぎれ込んでいることを示唆している。最終的に、600万人のユダヤ人が殺害されたといわれるが、さらに恐ろしいのは個別の所業である。「夜と霧」に書かれた人体実験や虐殺は想像を絶する。

 「夜と霧」はユダヤ人フランクルがアウシュビッツ収容所での体験をもとに著した書で、既に歴史的な名声を得ている。しかし、読むべきかどうかは人による。感受性が強い人なら、トラウマになるかもしれないから。たとえば、ブッヒュンワルト強制収容所長の妻が作った電気の笠。この笠は、彼女が殺した囚人の皮膚で作られていた。
 このような犯罪が二度と起こらないよう、詳細を公表すべきだ、というのは正論かもしれない。しかし一方で、犯罪を犯す資質のある者に「こういうのもアリ」と教えることにもなる。つまり、犯罪の「ハウツー本」。作り手がどんなに正当性を主張しようが、価値を決めるのは受け手。善を生むか悪を生むかは、受け手次第。作り手の意図など関係ないのだ。
 また、ナチスによるユダヤ人の差別や迫害にまぎれて、露見が遅れた虐殺もある。第二次世界大戦中に起こった「カチンの森の大虐殺」である。この事件は、政治的理由で、永らくタブーとされたこと、アウシュビッツ収容所などの虐殺に隠れて目立たなかったことから、意外に知られていない。この時代、ユダヤ人を迫害したのはナチスドイツだけではないのだ。
 この事件は、1943年4月、ロシアのスモレンスク郊外のカチンの森で、ドイツ軍が4000名を超えるポーランド軍将校の遺体を発見したことに始まる。ドイツのゲッベルス宣伝相は、ラジオでこの事実を公表し、ソ連側を激しく非難した。一方、ソ連側もドイツ軍の犯行だと反論した。この事件は、早くからソ連側の犯行とわかっていたが、ナチスドイツを悪者にしたい連合国側の思惑から、長い間、タブーとされたのである。1990年に入って、やっと、ソ連は自国の虐殺であることを認めた。

■ユダヤ人を救った人々
 ほとんどの人は、
「民族や宗教で差別したり、迫害することは正しくない」
と思っている。ところが、迫害が国家の方針なら、非難するには勇気がいる。そんな希有の勇気をもっていたのが、シンドラーや杉原千畝(すぎはら ちうね)だろう。
 ドイツの実業家オスカー シンドラーは、強制収容所に送られるはずだったユダヤ人を自分の工場に雇い入れ、命を救った。さらに、ドイツの敗戦が濃厚になった1944年秋、シンドラーは工場を故郷のチェコに移転する。このとき、いっしょに連れて行った従業員のリストは「シンドラーのリスト」とよばれた。そして、リストのユダヤ人1200名の命が救われたのである。
 シンドラーは戦後イスラエルに招待され、「正義の人賞」が贈られている。この実話は、スピルバーグの映画「シンドラーのリスト」によって、広く知られるところとなった。あえてモノクロフィルムを使い、作り手の感情を抑えて、淡々と描かれているが、逆に、深いリアリティを感じさせる。作品の評価も高く、作品賞をはじめアカデミー賞7部門を獲得した。
 杉原千畝(すぎはら ちうね)は、「日本のシンドラー」と言われている。第二次世界大戦でドイツがポーランドを占領した時、多数のユダヤ人が隣国のリトアニアに逃れてきた。彼らは日本の領事館にもおしかけたが、日本経由で外国に逃れるための通過ピザを取得するためであった。日本の通過ビザの発給条件は厳しいものだったが、リトアニア領事館員の杉原千畝はほとんど無制限にビザを発給した。その数は数千枚を超えるといわれる。こうして、多数のユダヤ人の命が救われた。杉原千畝も、戦後、イスラエルから「正義の人賞」が贈られている。

■パレスチナ問題
 そして現代、ユダヤ人迫害の問題は形を変え、より深刻になっている、パレスチナ問題・中東問題に発展し、宗教的憎悪を超えて、ユダヤ民族とアラブ民族のハルマゲドン(最終戦争)さえ予見させる。すでに、迫害や虐殺の次元を超えているのだ。では、どういう経緯で、こんな状況に陥ったのか?
 事の発端は、イギリスの2枚舌外交。1916年、イギリスのエジプト高等弁務官マクマホンとアラブの指導者フサインとの間に書簡がかわされた。この協定は、アラブがオスマン帝国に反乱をおこす見返りに、第一次世界大戦後、イギリスがアラブ国家の独立を約束するというものだった。アカデミー賞7部門を獲得した映画「アラビアのローレンス」はこの歴史を描いている。広漠たる砂漠、戦い、陰謀、裏切り、友情 ・・・ 男のロマンをかきたてる筋立てで、映画史にその名を刻んだ。
 イギリスは、アラブに対しこのような甘い約束をする一方で、1917年、ユダヤ人にも同じような約束をした。バルフォア宣言である。パレスチナにユダヤ人国家の建設を容認するというものだった。イギリスは、このユダヤ人国家をとおして、パレスチナに支配力を保持するつもりだった。
 しかし、どこからどう見ても、ダブルブッキング。その後何が起こるかは、火を見るより明らかだ。ユダヤ人とアラブ人の根幹をなすのは、ユダヤ教とイスラム教。つまり、一神教だ。一神教の神は一つであり、他の神々はすべて偽りの神となる。神と悪魔、善と悪、勝利か敗北か、完全な二元論が支配するのがこの世界だ。彼らは、日本人が好む妥協や落とし所というものがない。生存を賭けた戦いなのだから、仕方がないのだが。だから、中東紛争は歴史の必然なのである。

(引用終わり)



このすざましい歴史の中にユダヤ人が存在する。

レコンキスタ・十字軍時代のヨーロッパ・キリスト教社会で、「キリスト殺し」の罪を背負うユダヤ人はムスリムと共に常に迫害された。彼らは土地所有を禁じられて農業の道を断たれ、ギルドから締め出されて職工の道を閉ざされ、店舗を構える商売や国際商取引の大幅制限などで商業の道を制限されていた。しばしば追放処分を受け、住居も安定しないユダヤ人がつける仕事は事実上金融以外には存在しなかった(キリスト教会はキリスト教徒に対して金を貸して利子を取る仕事は禁じていた)。1066年、イスラム支配下のアンダルスでグラナダ虐殺 (1066年)が起こり、多数のベルベル・ユダヤ人が殺された。11世紀末頃にはすでにユダヤ人は「高利貸し」の代名詞になっていた。被差別民でありながら裕福になったユダヤ人はねたまれ、ユダヤ人迫害はますます強まっていった。

また最も知的な民族集団の一つと考えられており、一例としてノーベル賞の22%、フィールズ賞の30%、チェスの世界チャンピオンの54%がユダヤ人であるともいわれる。

冒頭で紹介したユダヤ迫害の歴史は、ユダヤ民族のNDAの成せるものか、人間社会が持つ人間性の結果であるか一様には判断出来ない。

現代のユダ菌問題は、ユダ菌を批難することの裏腹に、我々自身に内在する何かがあるのではないか。
ユダヤ人の歴史自体も、その様なものではなかったか。

いずれにしても、ユダヤ対反ユダヤの構想は、またもや問題となってきそうである。

終わり
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.372 )
日時: 2013/06/23 22:23:14
名前: カネ、利子に汚いユダヤ人・・満天下有人

私がユダ菌なる言葉を使う時は、今やユダヤ系大金融資本に勝るとも劣らぬWASP系がユダヤ系にくっついて、そして政治的にもイスラム圏に対峙する手段として、イスラエル支援に励む総括的な意味合いを込めているのですが、もっと根源的で広い範囲でユダヤが忌避されて来たのは、カネに汚いことと、戒律が一般に合わない民族独自の排他性が他民族に根付いてしまったことにあるかなと思います。

昔シテイが日本に進出し、サラ金を始めた時に、ご近所にシテイへ転職された方がおりました。当時では外資系金融機関への転職流行があって、花王社員だったその方にシテイなどの巨大資本に転職されたのでは、年俸もすごいでしょうとカマを掛けたら倍額でスカウトされたとか・・・

そこにユダヤ人社員がいて仲良くなり、家に夕食に招いたことがあったそうですが、奥さんが言われるには、もう二度と招きたくない、食事していて祈りや金銭哲学やら、ドケチに近い話ばかりで、メシがノドを通らなくなったと(笑)・・・
まあ、どの民族であれ、金銭哲学は子供の時から生活規範として教えられたりするものでしょうが、彼らの場合は少し異常さもある。オカネ儲けの為には徹底して節約し、巨額を儲けても更にケチに徹する。それを象徴的に小説にしたものが、有名なシエイクスピアの「ベニスの商人」ですね。

一番最初に紀元前において、旧約聖書が申命記で利子は同胞から取るのではなく異民族から取るものだとした教えに根があると思えます。そしてイエスを売ったユダヤ教徒に対する怨念が、それに輪をかけた。カトリックでは利子は不浄なものとして10世紀頃まで禁じていた。それはローマによるキリスト教徒圧政の時代においてもイエスが信徒に、ローマへちゃんと納税すべきかを問われ、「カエサルのものはカエサルに返せ」との故事からも伺えるように、オカネに汚くあってはならないとの教えがあった・・・

イスラム圏でも世界最古の法典と言われる「ハンムラビ法」でも、古代において利子、現在における銀行利子とは違う利子の最も原初的な概念である「自然利子率」=現在財と将来財の価格差に沿った利子は認め、しかし当時では年100%の利子率も当然のように思われていたものに対し、今で言う所の利息制限法を定めて年33.33%を上限としていた。

我が国でも同じ自然利子率の概念は、律令国家が出来た時代の8世紀に、出挙がありました。倍返しの100%も認めていたから、ハンムラビ法典よりもかなり高利。

それが古代から中世にかけてのユダヤ金融となると付加価値を根こそぎ持って行ってしまう。利子は時間の経過に対する一種の報酬のような解釈がなされていても、キリスト教では、それは労働が汗して産み出した付加価値の時間を「盗むものだ」として利子が嫌われた、そのことを既に唱えていたのは、紀元前4世紀のギリシャのアリストテレスでした。・・・最も激しく非難したのはダンテで、「神曲」の中で政敵であったイタリア貴族による高利貸しどもが、地獄を徘徊する様が描かれている。

まあ人間、生きる為にはカネだとしても、迫害の中で生きて行かねばならなかったユダヤ人にせよ、度を越えた利子名目での収奪が、長い歴史の中で忌み嫌らわれてしまったのでしょう。単に裕福になったからねたまれたと言う、結果でなくそれ以前に長い歴史があるから、単純なものではないような気がします。

現代になって、さような元手以上の利息を取る高利貸的金融は出来なくなり、代わりに発生しているのが空(くう)から必要以上にカネを蓄積する金融資本でしょう。古代から中世にかけて、ユダヤ利子は、「時間」をかけて汗して稼いだ付加価値を盗むものだ、時間を盗むものだとの概念に通じる事として、現代にあっては限りなくコストの削減を求めてまでカネの蓄積に邁進するユダヤ商法が、姿を変えて未だに息づいている。米SECに摘発されているウオール街の巨大不祥事、まあほとんどがユダヤ人ですね・・・サブローン破綻のリーマンブラザースもそうです。

そして全米人口の内、僅か500万人しかいないユダヤ人が、最も影響力を持つ全米イスラエル広報委員会・AIPACやユダヤ人名誉棄損同盟ADLなどを筆頭に、75のロビー団体を持って、全米の政治経済に圧倒的な影響力を持っている。そしてその先のイスラエル/パレスチナ問題の帰趨権を握っている・・・

原題にあるように、そもそからしてこのような状況に置いたのは、第一次大戦前後の英仏による二枚舌外交、フサイン・マクマホン協定、とサイクス・ピコ協定に遠因がある訳で、これについては過去何度も書いたので省略するとして、現在激しさを増しているシリア内戦についても、英仏は痛しかゆしで対応できないでしょう、過去の二枚舌による怨念がシリアにも残っているだろうし、第一、フサイン・マクマホン協定に至った経緯には、ロシアが大きく絡んでおり、そしてフサインに大戦終了後にシリアはアラブ独立国に組み入れるとして、それを仏領にすると寝返ったサイクスピコ協定のことを、ロシアは面白く思って来なかった・・・現在ロシアがシリア問題で米英の言う事を聞かない背景は、既に1916年にある。

・・・ユダヤ人問題・・・どうしても現在のイスラエルが重なって来ますが、イスラエル人口の3割は既にパレスチナ人、そしてユダヤ教やイスラム教にこだわらない新たな世代が誕生しつつあるとの記事も目にします。一般人の感覚は変わって来ているのに、政治経済覇権面における支配層の問題が、どうしても大きく立ちはだかる。どこの国でも観れる難問です。

宗教的、あるいはそこから生じる日常生活慣習の違い、なかなか融和しにくいものもあるにせよ、世界を二分三分する大宗教も、例えばイスラエル辺りで双方が双方の宗教を実践して見れば良い・・・ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、一度全部の信者を経験すれば、宗教を信じなくなるかもです・・・(笑)。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.373 )
日時: 2013/06/23 23:21:53
名前: イントィッション

都議選、絶対に不正選挙です!!!

ムサシの不正選挙確定です!!!

ネットでは自民を支持しないのが52%以上です!!!

そして、政権についてもらいたくない党は、維新の会と公明党なんです!!!

いったい、どうしてこんな奇妙な選挙結果が生まれるんでしょうか???

絶対に、マイケルグリーンによる不正選挙確定です!!!

参院選、自民の票を入れるように都議選で、不正選挙行ったんです!!!

NHKのアナウンサーも下を向いたり、妙な顔をしてこの不正選挙の結果を伝えています!!!

クーデターです!!!

安倍や小泉や清話会の連中と創価の公明党の連中をすぐに牢屋に入れるべき!!! 犯罪です!!!
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.374 )
日時: 2013/06/23 23:58:17
名前: ユダ菌・・・天橋立の愚痴人間

金貸しと言う言葉で、ある事を思い出しました。
私の近所に住む叔母さん(私も爺さんになってしまい、叔母さんはないでしょうが)が内職で高利貸しをしていました。
小銭ではなく、当地の機業や旅館経営者に対してが多かったようです。
元手は、その叔母さんが若い頃、鉄くず拾いや養豚でコツコツ稼いだもののようです。
その叔母さんは私のことを兄ちゃんと呼び親しくしています(年齢は私よりも20歳は年上です)。

ある日、貸していた金が回収できなくないとぼやいていました。
その高利貸しに金を借りにくる顧客の中にも相当のつわものもいて、簡単には返してくれないそうです。
やくざなどを使っている訳ではありませんが、持ち前の厚かましさと粘りで商売しています。
その叔母さんが言うことには「兄ちゃん、返さなくなっても元はすでに取っているので損はしていない」と言うことです。もっとも夜逃げされるまで集金には行っていたようです。
その叔母さんが人格者であるとは到底思えませんが、人でなしの高利貸しにも、そういう発想があるのかと関心しました。

いま、改めて、その心情を理解するに、強欲な高利貸しでも「限度」と言うものをわきまえていたと言う事です。

江戸時代に「百姓は生かさず、殺さず」と言われていたそうですが、独裁君主でも、余程の暴君でなければ、民あっての国家であることは認識できていたようです。
もう一つの話しとして、以前にも紹介しましたが、中国人には「公」の意識が希薄であると言う事があります。
これも、最近はなんとなく理解できるようになりました。

さて、ユダ菌の話しですが、彼等には、今言ったような観念があるのでしょうか。
彼等には「公」の意識無く、国家の意識無く、当然、社会を総体として捉える観念が希薄なのでしょう。
ですので、金融の為に社会が崩壊することなどの損得など考えていないのではないでしょうか。



反対に日本人的な事例として紹介しておきます。
これは私自身が体験した事です。

私の父親が長年やっていた事業も行き詰まり、とうとう倒産してしまいました。
その直前(2ヶ月前)に田舎へ帰り事業を手伝っていた私自身が倒産の整理に立会いました。
大口の債権者(3社)以外の支払いは済ませて、いよいよ本当の債権者会議を向かえる事になりました。
なにせ初めてのことであり弁護士も介在させていたのですが緊張して迎えました。
ところが、一応の説明を終わったところで、債権者から意外な事を聞きました。
貴方の御父さんとは30年の付き合いで、今まで多くの商品を買っていただいてきた、このたびの債権放棄は非常に痛いのですが、今まで其れに見合う利益を頂戴してきた。
だから、返していただける債権は頂戴するが、その他の一切の債権は放棄すると言う事でした。
それも3社の代表者が口を揃えて言いました。

勿論、父親が誠実な商売をしてきたこともありますが、このような結果になることは思いもよりませんでした。

商売をしているといろいろな事が起き、其の債権者の会社一つも10年後くらいに後に倒産したと聞いています。
私も、設計事務所を自営してから、100万円近い金額を踏み倒された事があります。
相手が夜逃げをしてしまったのですが、其の内に、行方が判り、債権者会議が開かれる事になり、事情を知っている知人から債権者会議へ出席するよう進められましたが、私は断りました。

知人は不思議そうな顔をしていましたが、その人(踏み倒した)とは商売で何年も付き合ってきた人で、倒産を余儀なくされたとは言え、そんなことで人間関係全てを棒にすることはできません。
困った時には出来るだけの助け合いをするのが友人と思っています。
家族、親族、親しい知人だけが、人生の付き合いではないと思っています。

このような社会は、殆んど無くなってしまったのでしょうか。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.375 )
日時: 2013/06/24 07:54:20
名前: さっぱり分からぬ都議選結果・・満天下有人

まあ、予測通りの結果ではありますが、しかしそのような結果になる有権者の心情が、どうも分からない。

地方選は国政選挙とは違うとは言え、ここ地方選で続いた自民党の負けは、首都では有権者は正反対の選択をする所がおっちゃんにはさっぱり理解出来ません。国政選挙とは違うと言っても、自公の圧勝と民主党の惨敗は、国政選挙と全く同じ・・・

シンゾーは、安倍のミクスが支持を得た結果だと胸を張っているし、もしそうなら首都では有権者はTPPを含むユダ菌奉仕の政策、所得減政策、増税政策、大企業優遇政策、憲法改正政策などをもろ手を挙げて賛同していることになるし、第一、シンゾーが喜ぶ安倍のミクス支持なんぞ、果たして内容が分かって支持しているのか・・・????。何でも良いから、株が、為替が、或いは金利が乱高下しようとも、その乱舞に身を任せることで、たまらない刺激を与えてくれる。

これで戦後長く続いた自民党一党政治への回帰を有権者は望んだことになりますね、次の参院選でそれが確かなものとして証明される筈です。今回の都議選は、いよいよ真夏に向けて、待ち望んだ真夏の夜の狂宴に参加できることを喜ぶ兆候として現れましたね・・・結構なことです、有権者が望むように一日でも早い国籍不明の国家になれるから、ご同慶の至りとして賞賛しましょう・・・。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.376 )
日時: 2013/06/24 11:20:04
名前: 都議選・・・天橋立の愚痴人間

随分と以前に紹介した時点で、東京は全国の冨の半分が集まっている地域です。
(法人税の50%が東京で納付されている)

今では、それがさらに増えていると思います。

中央官庁、天下り法人群、大企業の本社、海外企業の支店、外国の公館、大学の数等々、そりゃ他の地域とは経済環境が全く違います。

アベノミクスも、東京では有効に働いているのでしょうね。

要するに、北朝鮮における平壌ですよ。

其の内に、マニラや北京郊外のように、東京人のゴミあさりに地方から貧民が押し寄せるでしょうね。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.377 )
日時: 2013/06/24 18:46:25
名前: Re:都議選・・満天下有人

まあ、投票内容を細かく見ますと先ず、投票率が戦後二番目に低い43.5%、棄権が多かったということは自民を批判しつつも、投票先が無かった、かろうじて批判票が共産党に向かい、選挙前議席の倍以上の議席を得たことに証明されているようです。

しかし若手浮動層の20%が自民に投票した事を併せて見ると、やはり現状自民政策を肯定する傾向もちらり見えます。

受け皿が他に無かったと言う点では、民主党の責任は非常に重いですね、それも菅や七人奉行の責任と言うよりも、それを放置した鳩山、小沢の罪は非常に思い。あのような結末になることは分かりきった事であったのに、政治家にとって最も重要な政治感覚が全く働かなかった、その点で政治家失格です。

これで恐らく、地方との比較も含めて格差は、かなり広がって行くことになりましょう。それを阻止する勢力が、最早皆無になりましたから。いよいよ終わりの始まりが目に見えて来ました。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.378 )
日時: 2013/06/24 22:17:00
名前: 小沢一郎・・・天橋立の愚痴人間

>民主党の責任は非常に重いですね、それも菅や七人奉行の責任と言うよりも、それを放置した鳩山、小沢の罪は非常に思い。あのような結末になることは分かりきった事であったのに、政治家にとって最も重要な政治感覚が全く働かなかった、その点で政治家失格です。

誠に、其の通りですね。

鳩山、小沢が、管、野田などとレベルが全く違っていれば、あのようなことにはならなかったと思います。

小沢の置かれた立場(裁判沙汰)でも、次の選挙まで4年間の猶予もあり、世論とは別に党内の仕切りはできたはず。其れに対しても何もしてないことは国民から見れば、情状酌量の余地はありません。

要するに、小沢も他の連中と似たり寄ったりであり、派閥の領しゅうに過ぎなかったと言う事です。
選挙が少し旨いだけの。

選挙が少し旨くて、中身が伴っていないということは、それは国民に対する欺瞞以外のなにものでもありません。
小沢が言っていることなど、言おうと思えば、自民党の政治屋の誰でも言える事ですし、中学生でも言うでしょう。

まあ、その様な小沢に、私も20年以上、過度の期待をしてきたのですが。
未だに生活の党を率いているようですが、肝心要で、今まで何回、逃げ回ってきたことか、判っているだけに哀れに思います。

思えば、管内閣不信任案で、小沢の全てを悟った事が正しかったと思います。
小沢を嫌う人間が多く、また多くの仲間が小沢を離れていった事情が理解できます。

小沢の裁判の経緯を見ていても、彼は非常に強い小心者であるのでしょう。
だから結局は小沢自身を知っている周囲からは重要視されていなかったのでしょう。
ペイペイの一年生いがいからは。
鳩山などに振りまわさたことも理解できます。
先の衆院選で未来の党へ傾いたのも理解できます。
古いことを言えば細川内閣の時の国民福祉税導入の時の不手際などは、小沢に政治力が全く無かった事の証です。

このっような訳ですので、民主党の成り行きも当然のものでしょう。
自民党を飛び出した理由に、角栄の七奉行と言われながら結局は自分が主導権を取る実力が無い事があからさまになり、あわてて活路を開くような事が発端であったように言う評論がありましたが、まさかと思った、それが正しかったのでしょうね。

2大政党制を言いながら自民党との大連立を画策したり、事実一時連合も組みました。
意味のない時期に与謝野とも会っていました。
全て意味がはっきりとしました。
2大政党制のことも、原発問題も、TPPも行政改革も、国家戦略局構想も、全てがマヤカシであり、何一つ命を賭けてやるという気概は認められません。
実際に取り組んだ形跡がありません。

自民党の野中が、小沢が大嫌いなことは有名です。
野中は地元の出身でありますが、野中の性格は大嫌いながら、彼の実力はよく知っています。
野中は心底小沢を軽蔑していたのでしょう。

小沢と民主党を中心とした、この10年は、政治的に失われた10年と言えましょう。
御蔭で、経済どころか政治までもが、今後も含めて20年の停滞時期を招いたという事です。

もはや、我々年寄りにとっては取り返しがつきません。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.379 )
日時: 2013/06/25 14:54:30
名前: イントィッション

おっちゃん、今日、お腹、かかえて笑いたかったけど、がまんした〜。

今日、とある郵便局で、若いお坊さんが来ておりました。。。何やら、局員と親密そうに、「ん〜、金利が上昇するまでもう少し、待つかな〜。」 と、発言。。。

私は、あわてて、「あの〜、今金融緩和しているので、金利が上昇したら大変なことになりますよ〜。 破綻に追い込まれます。」

と、言うと、その若坊主「え? なんで金融緩和して、金利が上昇して危なくなるの? そんな変なこと言ったらだめですよ!。」 と言われました。。。

自分の利益だけを見込んで、金利が上昇するのを待っているらしいんです。W その若坊主www

死亡税で、お寺に入る「埋蔵金」も少なくなるかもしれないのにwww

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.380 )
日時: 2013/06/25 21:18:26
名前: 経読みの経知らず坊主・・満天下有人

あはは、しかしその坊主、真面目に仏法を修行してるのかな?、仏法を修行すれば金利の何たるかが分かる筈なのに(W)。

多分、お経を唱えながら、この世の御利益(ごりやく)のことで頭が一杯になっているのでしょう。
能詮は報身、所詮は法身、色相の文字は即ち応身なり・・・これが分かっていない坊主(W)。

成長を伴わない金融緩和、そして成長前に上昇する金利は、極めて危険・・・これが色相の文字である当たり前の自然の法則であり、それを予め解き明かして広める事が出来る人、これが「能詮」で仏法では釈迦。

日米共に、成長無き段階での金利の上昇には不吉なものを感じます。米国の場合は、そもそからして経済復活の為に超金融緩和をしたのではなく、サブローン破綻によって巨大金融機関が破綻すれば、世界同時金融恐慌発生の懸念がありました。EUは正にその一歩手前まで行きました。

そして経済が復活しないアメリカ、そもそもが経済回復の為の金融緩和でなかったから、実質成長を伴わないドル増刷は、更にドル価値を弱めてしまう。そこで市場は、バーナンキは事ある毎に金融緩和を止めようとの思惑を持っているのではないかと疑心暗鬼になり始めました。それが昨今言われているバーナンキの「出口戦略」というもので、これが出るたびに金融市場は株式も為替も、国債市場もすごい乱高下を繰り返している訳です。

大損こいた巨大金融機関救済の為の金融緩和とは、ドルはいくらでも供給するから、市場で損した者は市場で取り返せと言うことでもある・・・サブローン破綻の後、どうしてNYダウだけが一本調子で上昇してきた、その訳はここにある訳です。

それが何故最近、乱高下するのか、巨大ヘッジフアンドが市場を動かしているのですから、売りも買いも巨額です。不特定多数が参加する市場での自然な変動では無く、彼らがFRBの動きは怪しいと睨んだら、一気に売って来ます。その額たるや、高速コンピューターを駆使してやりますから、乱高下が激しくなって当然です。しかも先物市場での売買保証金は、現物市場の1/10くらいですからね、巨額の売り買いが更に可能になります。これが金融デリバテイブと言われるものの一部です。

ちなみにFRBが超金融緩和を行った後、米長期金利は、4月中旬1.6%くらいに下がっていたのが、5月中旬に2%台に上がり、バーナンキが出口戦略をほのめかし始めた今月に入って、2.23%に上がり昨日では2.54%にジリジリと上がっています。超金融緩和はうまく行っていないと見る向きが米国債を売っているからです。

さて我が国はどうでしょう。乱高下はアメリカと同じです、何故か。東京証券取引所の扱い高の70%は外資です。国内機関筋は20%、一般は10%に過ぎません。そして金利も不気味に上がり始めていますね・・・

安倍が、成長戦略の青写真を示す前に超金融緩和を実施しました。2月の段階では長期金利は史上最低の0.315%にまで下がっていたものが、金融緩和が低金利をもたらすセオリーと逆さまに上がり始めました。4月に0.59%に上がり、5月23日に1%に急上昇。国債市場のサーキットブレーカーが作動して取引が一時停止されました。株式市場は1、144円も大暴落。そして円高に向かい始めた・・・

その後、0.8くらいに下がりましたが、先週からまた上昇、昨日は0.88にまで上がっています。

要するに日本国債も売られているからです。前白川日銀総裁は金融緩和しない総裁として批判され続けて来ましたが、そうじゃなかったのです。金融を緩和しないと言ってるのではない、お札は経済が成長するにつれて自然に通貨需要が出て来る物で、それには先ず政府が経済の青写真を示さないと、ただ円を印刷して市場にバラ撒くだけでは、ロクな結果にならない、そのセオリー原則論を言うていた訳です。上述した仏法用語の「能詮」に該当するかもです。

そして生臭坊主には分かる筈もないことですが、我が国の金利上昇=国債売り圧力が生じ始めた背景には、財政リスクプレミアムが金利上昇の一因となりつつある匂いが漂っています・・・

安倍が後で出して来る成長戦略は、どうも緩和した金融量に比べてバランスが取れていない、つまり緩和した金融量は財政悪化の歯車にしかならないのではないか、国債引受先がさように感じ始めたからでしょう。

はてさて安倍の出口は、どのようにするのか、見物ですが、後遺症が出るのは安倍が辞めた後になるから、本人は気楽なものでしょう、歴代の総理もそうでしたからね・・・万が一預金封鎖にでもなったら、その坊主、どう思うか・・・ああ、色相の文字はこれ応身であったかと嘆息するのか・・・色即是空、空即是色の意味がその時になって理解出来るか(笑)。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.381 )
日時: 2013/06/25 21:48:54
名前: アベノミクス・・・天橋立の愚痴人間

ひそかに、アベノミクスとやらを信じて期待していましたが、当地の設計業界には、未だに、その片鱗も伺えません。
最近、僅か60万円の市発注の仕事を受注したのみです。

隣の町では、長年建設課在籍していた職員を他の部署に移動させたが、アベノミクス対応する為に呼び戻したなどと言う話を聞いていたのですが。

今年が駄目なら、来年はアベノミクスは行き詰まり頓挫してしまうでしょう。

ところで、しつこく繰り返しますが、

>それには先ず政府が経済の青写真を示さないと、ただ円を印刷して市場にバラ撒くだけでは、ロクな結果にならない・・・

円を印刷して公共事業をばら撒くというのは、如何でしょう。

少なくとも金融機関にばら撒くよりも効果があるのではないでしょうか。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.382 )
日時: 2013/06/26 08:48:14
名前: ミスマッチする公共事業・・満天下有人

公共事業と一口に言っても、財政借金がGNIの倍にまで積み上がってしまうと、何をやるかが難しい問題になります。そしてマクロ面では確かにデフレギャップ解消にいくらかは寄与するにしても、ミクロ面で世の中、景気が良くなったと言うても、オラが村はさっぱりじゃと言う現象も出ることでしょう。

そしてここまで財政が悪化していると、一過性の公共事業のように、一回やればお終いで持続性が無いものは、財政悪化に拍車をかけるだけのものになるでしょうし、全ての地方を巻き込む持続性ある公共事業とは何かを先ず、しっかり決めてかかる必要が先ず第一義になるでしょう。

手法としてカネは出すから方法はそれぞれ地方が考えろ、という方法もあるでしょうけど、その為には先ず、行政システムを抜本的に変える必要があるでしょう・・・現行制度のままでは、よし、国からカネだけを取っておけ、後は知らんでは、これも財政悪化に寄与するだけのものになってしまうでしょう。

そのためには国の在り方の単位を小分けして、親方日の丸的システムを解消しておくこと重要であると思います。政策の功罪が即反映されるようになっておかないと、無責任体制を助長するだけに終わってしまう。責任体制を細分化しておけば、それぞれの地方が抱える問題とその結果責任も、真剣に考えるようになるでしょうし、マクロとミクロのミスギャップもかなり防止できるのでは・・・そして中央官僚支配体制も減殺されて真の責任感が養成される・・・

しかしこれが出来ないのですね、我が国では。ならばマクロ政策に任せるとして持続性ある循環型投資に何があるかと言えば、結局第一次基礎産業として国が出動せねば出来ない事業として、国民にあまねく適用する分野としては、エネルギーと食糧しかありません。これとて雇用の側面から見ると、資本集約型になると、雇用効果には疑問符がついて来るし。つまり、自由な市場資本主義制度の枠内でやるとすると、どうしても制約が付きまとう。ここまで成長の限界が明確になって来ると、社会体制の抜本的変更が求められるし、鎖国でもしない限りムリな話になってしまいます。

現行制度の下での公共事業が、持続性無きものであるなら財政悪化を加速させる、それは金融の自由市場が現存する限り金利で揺さぶられて来ます。国債市場での評価制に、いや一過性の公共事業でも資産として残るではないか、そうは言っても自由市場原理が働く以上、資産勘定などは考慮もされず、フロー面での金利格差で翻弄されてしまいます。

全ての問題の根底にあるのは、共生概念が構築できないことにある訳で、既に限界に来ている市場自由原理主義を尊重している限り、そして中央官僚システムを残したままでは効果的な変革は不可能でしょう。自由があるからまだましだと思って生きるしかありません。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.383 )
日時: 2013/06/26 11:52:36
名前: 金融政策・・・天橋立の愚痴人間

満天下さんの記事で、金(金融)の在り様、仕組みが大体(細かいことはまだ認識できないでいます)判ってきました。
金の流れを決め付けている、その仕組みが問題であり(問題と言っても、其れによって経済が発展してきたもの)、為替、金利政策などを根本から見直す必要があります。

要するに、資本主義の考え方を貨幣に関するかぎり一部修正する事です。
これは、それを利用して蠢いているユダ菌などの金融資本家の立ち位置を脅かします。

具体的には、国家形成に必要な金は、国家が印刷すると言う事です。
それが出来る様になったのは、生産技術の発達により、国民が生活に必要な物資の調達は数量的には保障されているという現実が実現したから出来る事ではないでしょうか。

もう人々は切磋琢磨して働か無くても、総体としては生きて行けるのです。
今後は、それ以上の事をやらねばなりません。

隅々までの環境整備とかレジャー産業の育成です。
そういうもの(余分のもの)の為の資金は、従来の経済活動の中から税金と言う形で徴収することは困難でしょう。
付加価値方式による年金財政が逼迫しているように、労働市場のパイが減ってきている現在では不可能なのです。

その分を国家による紙幣の印刷で賄おうと言うのです。
インフレ問題は国内の施策により制御できるとしても、国際金融関係は現在の金融システムをとっている限り、この問題と両立できません。
これは満天下さんの記述がものがたっています。

資本主義体制が行き詰まっているのは、金融の領域であり、また、需要と供給の問題が根本的に変異していることを考えようとはしないからです。
いずれ、なるようにはなって行くと思いますが、旨く乗り切らないと数十年、100年の間は未曾有の困難に陥るのではないでしょうか。

方法はあるのに、人々の無責任な、無際限な利己心が、本当に大切なものを見えなくしてしまっているのです。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.384 )
日時: 2013/06/26 22:08:01
名前: 影の銀行システム・・満天下有人

この用語は、08年のリーマンショックによって世界金融システムが破綻の一歩手前になった時、NY連銀が、一般銀行がどの程度の不明な資金操作によって瀕死の状況にあるのか、それを調査した時に使われた用語です。

その状況は、リーマンショックが初めてでは無く、1930年に世界恐慌が起こった時、やはり銀行が裏の投資で相当痛んでいたことが判明、通常銀行と投資分野を分離させないと、一旦危機に陥った時、実態がどうなっているのか把握出来ない、回復の道筋もそこに手をつければ良いか分からなくなる、そこで一般銀行が投機を行うことを禁じ、投資行為は別の投資銀行でやらせると言う法律で縛ったのが、グラス・ステイーガル法というものでした。

所が、1980年代に入り、米シカゴ大のマネタリストたちが唱えた、経済回復には先にオカネを撒く方が効果がsるとする理論を発表、景気回復を唱えて大統領になったレーガンが、レーガノミクスを掲げ1985年にビッグバンと称して金融システムの大幅な規制緩和を実施、英国のサッチャー首相もこれを推進する事に同意して以来、国際ヘッジフアンドが大きく羽ばたき出した・・・

所謂デリバテイブ金融商品なるものが雨後の竹の子のように次から次へと創られ、ビッグバンなるものがそれを監督する手順も何も無しに始ったものだから、リーマンショックが起った時も一体、実損がどれくらいになっているのか、誰にも分からずに救済対策も遅れてしまった。

2008年のNY連銀調査も、推定の域を出ず、普通銀行が通常に金融を行っている額は11兆ドル・約1100兆円、これは連銀によって監督されていたから把握出来たものの、投資関係による所謂,影の銀行部分の数値が把握出来ずに、多分同額であろう、影の金融システムの資金も11兆ドルと試算していた。

ところが調査が進むにつれて2010年に、影の部分の金融規模は62兆ドル=約6200兆円であることが分かり、その内回収不能と思われた不良債権を120兆円と試算、FRBが慌てて超金融緩和に乗り出したと言う訳です。恐らくそんな120兆円と言う小さな数値ではなかろう、現にFRBが緩和縮小という匂いを出しただけでヘッジフアンドがブルってしまうのは、まだまだ深い根が断ち切れていないからだろう、一般債権化証券とは別に、それに掛けた保険が証券化され(CDS)、IMF試算ではその流通量は50兆ドル=約5000兆円で、その内不良化した証券はいくらなのか、未だに把握出来ないらしい。

そして公的資金で救済を受けたヘッジフアンドなどが、自らの利益はタックス・ヘイブンに隠している、それを何とかしようと言うのが先週の英G8であった。恐らく掛け声だけで有効な手は打てないと思われる。オバマも救済の為にFRBが実施した超金融緩和で、法律によって制限されている米国債の発行枠が満杯となって、前代未聞の米国債デフオルト寸前まで行ったのがつい2年前。金融規制を強化することを条件に、何とか追加国債発行につき米議会の同意は得たものの、オバマ規制法案も骨抜きだらけ・・・そこで議会がまたうるさくなり、、FRBが実施した第三次金融緩和・QE3=雇用が一定の回復を見るまで毎月400億ドル=約4兆円をバーナンキ議長がストップするのではないかとの疑心暗鬼が市場に出て、株式、国債、為替市場が乱高下していると言うのが、昨今の状況なのだ・・・

我が国はどうであったか、レーガン政権がレーガノミクスで金融制度規制を撤廃したのが1985年。その年は他国に対し対ドル通貨切り上げを求めるプラザ合意が開かれた。我が国では大蔵省国際局の行天豊雄が出席し、演説する時間も与えられずに会議の最後の僅か10分間で円は280円まで一気に切り上げられた。それでも行天は、米国発の証券多様化による金融市場の活性化は必要であると、帰国後日経などで語っていた。

現実はどうであったか、バブル発生と崩壊で、失われた20年が始った。なのに小泉政権では更なる資本の自由化が進められて、ハゲタカフアンドの草刈り場になったことは、誰しも知っての通りである。リマンショックによる損害は大手保険、大手銀行で約1兆8千億円と軽微では1あったが、それとは別に約1兆2千億円を米モルガンスタンレーなどに融資、日銀は約6兆円相当のドル融資。そしてあらゆる面での自由化促進に協力し、雇用が派遣法制定で不安定化してしまった。

外の言う事は何でも聞く体質の我が国、せめて迎合だけでも止めればまだしも、民主党菅や野田は更に迎合し、そして今、迎合政権を国民は、いくら他の選択肢が無いとはいえ、看過する・・・アホ臭くなって知ったことではないとは思いつつも、どうしても文句が出てしまう。しかしいずれ米FRBと同じように出口を模索せねばならない時期は必ずやって来る。かなりの出口リスクで動揺してしまうことだろう。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.385 )
日時: 2013/06/29 08:24:17
名前: 夏祭り参院選・・満天下有人

その前に、昨日安倍首相に対する問責決議案が参院で可決されたと言う。問責するというニュースもマスコミは余り取り上げていなかったから、庶民はその中身も分からずに、昨日可決されたと言う結果しか知らない。

そもそもこの決議案は、参院予算員会の集中審議に首相が出席しなかったのはけしからん、憲法規定違反であるとしたものであったそうだが、民主党の細野幹事長が乗り気でなかった為にマスコミも余り取り上げなかった。所が海江田民主党党首が決議に賛成すると態度を変えたので、共同提出には賛成せずに、採決だけは賛成票を投じるとして可決されたものらしい。

それによって廃案になった法律に何があるのかも、検索しても良く分からない。従って悪法を阻止するための問責決議であった効果は、どこにあるのかも分からない。まあ、参院選夏祭りの前座祭りとして、本番を盛り上げようとしたのか、そんなことで盛り上がる筈も無い。既に野党なるものが存在しないのだから・・・野党中核になるべき神輿担ぎが、既に二枚舌のジミン的体質で国政を行って来た者が、今更神輿を担いでも、観衆が囃したてる筈も無い・・・

しかし安倍も笑っているだろう、参院選の後なら問責も可決されない、自公が過半数を占めるのだから。まあ祭り前座で少しばかり蚊に刺された程度。観衆も既におかしな事もおかしいと思う感覚が麻痺しているから、復興予算から電力補助金が積み立てられ、安全性が確認されず、再稼働の目途も立っていない原発向けに、フランスから危険なMOX燃料が高浜に搬入されても、そして使える目途も無いMOX燃料代を払う関電の奇怪な手口にも、さざ波程度のデモが起るだけで、国民全体の注目にもならなくなっている。

・・・かくして、ジミンの為のジミン参院選夏祭りが始る。各党がいくら公約を並べても、今更のことで観衆はドッチラケ・・・かくして政治家家業は更新出来る、民主党政治屋は、家業を奪われ、その分、ジミン政治家と間隙を縫う共産党が家業を相対的に盛大にする。

民主党が絶滅してジミンが伸びる。要するどちらも騙し屋なのだが、騙しの手練手管の差にしか過ぎない。どちらが上手かというだけの差である。観衆は祭りの提灯に火がついてヤケドしても尻に火がついても、じっとガマンの子、多分いつまで経っても飛び上がらないだろう・・・正にニッポン民族型の政治体質が、この参院選夏祭りで存分に発揮されることであろう。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.386 )
日時: 2013/06/30 07:22:57
名前: 原発をせめて争点に・・満天下有人

6月29日共同通信 『海際の井戸からも高濃度汚染水 福島第1原発』

 東京電力福島第1原発の海側にある観測用の井戸の水から高濃度の放射性物質が検出された問題で、東電は29日、地中の拡散状況を調べるためさらに海側に掘った井戸で、ストロンチウムなどのベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり3千ベクレルの濃度で検出されたと発表した。東電は含まれている核種の特定を急ぐ。
 高濃度汚染水が地下水に混ざって海際まで達していることが裏付けられた。原発港湾内では海水の放射性物質濃度が上昇傾向にあり、海に流出している恐れもある。
 東電によると、高濃度汚染水が新たに検出されたのは、海まで約6メートルの地点に掘った井戸。28日に水を採取した。』

次から次へと放射能拡散が続いている。参院選では既に投票率の低下により、相対的に自民党が過半数を得る事は確定的であるにせよ、せめて原発問題は争点に掲げるべきではないのか。自民党は原発再稼働を明確にしており、他に選択する政党も無いからとて、それで野党がそれを争点にしてもしょうがないとしているなら、これはもう市民権なるものが存在しない政治国家に変貌していることになる。

脱原発を訴える市民デモが28日に恒例の通り、首相官邸前で行われたようだが、これに対しサヨ運動だと決めつける見方で批判する勢力が存在する様を見て、もう狂った夏祭りを迎える印象が更に強くなる。
安倍政権は原発再稼働につき、地元の意向を踏まえてと言うが、要するに鼻クスリを嗅がせて同意を得れば、それで民意を得たとする、放射能は地元だけの問題では無い、あまねく拡散する子供でも分かる理屈は覆い隠している、つまり市民、国民は子供程度にしか扱われていないと言う事ではないのか・・・

そして電力会社と言う、国民生活の最も基本的な部分を占めるエネルギーを供給する最も公共性が高い企業が、既に目の前に事故が起こって最も危険な政策を遮二無二進めようとする、その脳ミソがどうなってるのか、一体何の為に左様な営業を進めねばならぬのか、先日の、一つ間違えば危険率が極めて高い使用済み核燃料再利用プルサーマル用MOXを関電がフランスアレバ社から輸入した行為も、好き放題やっている状況の証である。

新潟県知事だけが、いかに原子力規制委員会が原発再開の基準を示し、それに合致したからと言っても再稼働は認めないとの行政姿勢を打ち出している。津波対策6メートルの防波堤設置や地下活断層の有無を確認したとしても、インフラ自体は無数の人工的機械装置の集合体であり、何千分の一の機器に不具合が生じても爆発のリスクは避けられない。

上記関電大飯町高浜原発に搬入されたMOX燃料は、通常の核より8倍の熱量を発し、経済効率を謳い文句にされているが、そのリスクは22倍にまで高くなるとか・・・

福島事故の始末も出来ないのに、何故危険を増やそうとするのか・・・動物実験並みにしか考えていないのか。
経済立て直しに金融から入っているやり方しかりである。金融の欲望を軸に乱高下する市場の有り様によって、何がどのように良くなるのか、これも欲なるものを動物的に実験しているだけに過ぎない。そして参院選後には、憲法改正も含めて各種実験が更に進められることだろう。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.387 )
日時: 2013/06/30 14:02:05
名前: 原発をせめて争点に(2)・・満天下有人

TV映像で見た使用済み核燃料・プルトニュムとウランの酸化化合物MOX搬入の模様、本船を護衛していたのは米軍、フランス軍の船舶との事、恐る恐る持ち込まれていた。あれでいくらくらいの値段なのか検索して見たら、約10トンで約140億円とか、政府が再稼働許可するのを待って使用するのであろう。万一事故が起こった場合の人体への影響は、ウラン単体の22倍とか・・・扱いも非常に難しいらしい。

地元では以前にも搬入されたから、特に驚かない声もあり、地元経済が冷え切っているので原発再開を望む声も結構強い。九州電力玄海原発や福島1号機用にも既に搬入されていたと言うから、恐らく青森六ヶ所村再処理工事関連で、搬入が続いていたのであろう。

大飯高浜ではもし事故が起ったらどうしようとの不安が多いと報道もされているが、虚け(うつけ)者が何を言ってるのだ、事故は福島に東海村で既に起こっているではないか。虚けとは間抜けと言う意味だが、電力会社や原子力村に政府は、虚けでは無く確信犯なのに、市民国民が間抜けでは、どうしようもないではないか・・・
それにしても市民派としてフランス大統領になったオランド、先月安倍と原発の世界向け販促協定書に署名する姿を見て、ガッカリだ。

参院選争点にされるべきは原発問題だけでなく、TPPもある。食料主権を更に放棄するような機構に参加し、逆に人体への影響が未知数なGMO使用を、正に国民を実験材料にしようとする。いくら表示義務食品33品目を決めた所で、加工によってGMO検出できないものはOKだとする、これまた虚け規定によってリスクの範囲が拡大される。
これに反抗しようにも、推進政党以外に政党が無いのだから、どうしようも無い。無言の反対意思表示である棄権によって、じっと待つしかない、リスク推進政党がクタばることを・・・クタばってくれるのが早いか、リスクが爆発するのが早いか、時間の競争に任せるしか手が無い国になってしもうた。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.388 )
日時: 2013/07/01 19:26:26
名前: 資本主義の終焉・・・天橋立の愚痴人間

おしえて! Goo より引用。

>最近の世界的な不景気を見ていると資本主義経済の限界を感じませんか?

>かと言って、共産主義はもっと悲観的ですし・・・

>世界経済を立ち直らせる、画期的な第三の主義・思想はないのでしょうか?



ttp://oshiete.goo.ne.jp/qa/7059032.html

・・・其の1・・・

『 エデンの園

 現在のあなたがたの科学技術を、暴力や軍備、少数者の個人的利益といった誤った目的にではなく、人々の幸福のために使うなら、あなたがたは、すぐに本当の意味でのエデンの園、つまり地上の楽園に住むことができるでしょう。科学技術によって、人類は世界中で飢えの心配から完全に開放されるばかりでなく、働かなくても十分暮らしていけるようになるのです。日々の退屈な仕事は、オートメーション化のおかげで、機械がすべてきちんと片づけてくれます。すでに地球上でも、最新式の設備を誇るいくつかの工場では、ついこの間まで、一台の車をつくるのに数百人を要していたにもかかわらず、今ではコンピュータの監視員がひとりいれば十分なまでに進歩しています。一台のコンピュータが、車を組み立てるためのすべての操作を指令し、管理しているのです。将来、この最後のひとりもいらなくなる日が来るでしょう。これは、労働組合にとってはあまりうれしいことではありません。企業は以前ほど多くの人員を必要とせず、首切りが続出するでしょうから。
 しかし、これがそもそもおかしいのです。何百人分もの仕事をこなせるような素晴らしい機械は、経営者というひとりの人間を富ますためにではなく、その何百人かの生活を支えるために使われるべきなのです。だれも、人に仕えたり給料のために働いたりしてはなりません。
―――
 将来はどうなるのだろうか?労働時間はますます短縮されるだろう。一日六時間、五時間、四時間、三時間......と次第に短くなっていくはずである。
 逆に、年次休暇は長くなっていくだろう。また引退の年齢は、五十歳、四十五歳、四十歳......と次第に早まっていくだろう。

 そのとき人間はどのように時間を費やすのだろう?あなたはどう思うだろうか?ここに一つの問題が浮かび上がってくる。あなたの受けた教育があなたをも汚染し、強制労働の終身刑に同意するようにあなたを形造ってしまっていることだ。人間には二つのタイプが出てくることになろう。一方は、一つの天職「天賦の才」を持ち、余暇もしくは引退後に、自分の好きな領域で自発的に労働することで自己開花する人びと、他方は、余暇を、自分の教養を高めたり文化活動やスポーツなど、各人に応じた娯楽のために活用する人びとである。
 各人の自由時間が次第に増えるにつれ、常時あるバカンスでこれらの大衆を楽しませるために、あらゆる種類の作家、画家、詩人、エンターテイナー、芸術家がますます必要となるだろう。あるときは生産者、あるときは消費者というように、各人がその能力と嗜好に応じて自由にその立場を変えるのである。

 一定期間(できる限り早急に)が経過すると、労働時間はますます短縮され、引退年齢もますます早まり、最後には義務的労働、強制的労働は完全に廃止されることになるだろう。働くことが好きな人々のみが「自発的に」労働を続けるのだ。そのとき人びとは、「人権宣言」の第一条に「すべての人間は何の代償もなしに、その出生から死亡に至るまで、快適な生活を享受する権利を有する」と記すであろう。

 それではその時、必要不可欠な仕事をいったい誰がやるのかと、あなたは私に問うだろう。それは、機械がやるのだ!まだあなたが十分気がつかない程度ではあるが、既にロボットは人間の負担を軽減し始めている。もし私たちが「既に」一日八時間以上は働かなくなっているとしたら、それは機械のおかげに他ならない。もし機械が存在していなかったなら、私たちは五十年前と同じく、いまだに一日十時間は働かなければならないだろう。

 しかし、明らかに資本主義社会では、このシステムは成功の見込みがない。というのは、例えば工場の所有者は、全労働者を解雇し、かれらにはもはや給料を払わず、そうすることでかつての労働力であった労働者を飢えるままにしておきながら、機械のおかげで自分たちは荒稼ぎするからである。これは不正であり容認できないことである。
百人の労働者に代わる一台の機械を製造させた経営者は、もはや働くことのなくなった百人の労働者たちに給料を支払い続けねばならない。その時機械は、労働者たちがレジャーと開花の文明に入ることを可能にするのだ。

また、人間が強制労働の機械、もしくは強制労働の場所へ行く通勤の機械と混同されている限りは、技術は社会の人間性を喪失させることになろう。機械と人間とは決して混同されてはならない。人間は開花のための場所で存在するように造られており、いっぽう機械は、ロボットやコンピューターに管理されて、労働のための場所で存在するように造られているのだ。
 人間によって遂行される労働はすべて、必ず機械によって遂行されることが可能だ。人間が行うことのすべてをコンピューターは行うことができ、しかも、人間よりもはるかに上手に行うことができる。人間にはミスがあるが、コンピューターには決してない。
 もし地球上の軍事予算に使い尽くしている金額を、工場、生産現場および事務所の改良に投資するなら、七年間で労働は完全に自動化され、人間はもはや労働する必要がなくなるであろう。
 人間は自己開花するために造られ、機械は働くために造られている。ロボットが人間の作業を行うべきであって、人間がロボットの作業を行うべきではない。しかし現在、すべての企業で起こっていることは、残念ながら後者である。
 それでは、誰が機械を監視するのかと、あなたは私に問うかもしれない。それは実に簡単なことだ。生産手段の完全な自動化に必要な最初の約十年間は、軍隊が、この監視と保持の仕事に配属されることが可能である。あるいはさらに、現に毎年何週間かスイスで行われているように、兵役にかわって、公的サービスが一、二年のうちに創設されるかもしれない。そうすると、召集兵と専門家集団のみが各生産単位で働くことになり、それ以外の人間は完全に自由となる。 
―――
  所得格差の是正から貨幣の廃止へ
 世界中のあらゆる政府が、所得格差を減少させるための計画を立案している。フランスではその差は六倍以内に、またスウェーデンでは、既に格差を四倍以内におさえ、さらに近い将来は所得の最大格差を三倍以内に、つまり最低賃金の三倍以上の所得を得る人を無くす方向で検討している。
そして、この傾向は労働時間の短縮傾向と連動しながら、全地球上で所得格差がO(ゼロ)になる日まで続いていくだろう。所得格差がなくなるとき貨幣はもはや何の役にも立たず、そのとき何の問題もなしに、貨幣を廃止することができるのは明らかである。おそらくその時、もしくはそれより少し以前に、次の根本原理があまねく認められることになるだろう。すなわち「すべての人間は何の代償もなしに、その出生から死亡に至るまで、快適な生活を享受する権利を有する」

続く
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.389 )
日時: 2013/07/01 19:32:08
名前: 資本主義の終焉・・・天橋立の愚痴人間

配給経済
 
「終身強制労働」の廃止は、配給経済の確立に依存している。この経済システムが貨幣の廃止を可能にするのだ。
 この経済システムは、緒生産単位が、人間がちょうど必要とするものを、多くもなく少なくもなく生産すべきであるという原則から出発している。
 人間が生きていくうえで必要なものがある。衣・食・住がそれである。
 社会はこれら三つの物を、すべての人間に何の代償もなしに供給すべきである。
 国家は廃止されなければならない。実現される必要があるのは、生産手段の国有化ではなくして、世界共有化である。
 もし、その職業、人種、宗教もしくは性別に関係なくすべての人間が、ロボットやコンピューターによる生産で衣食住に必要なすべてのものを供給されるならば、価値あるものはその本来の価値を取り戻し、それに似合うだけの金銭的価値しか持たないものは、価値がなくなるであろう。

 資本主義経済の限界を感じませんか? 

 科学技術が進歩し、生産の自動化機械化オートメーション化がすすみ、招いたのは、生産資本(経営者)の荒稼ぎと人々の経済環境としてデフレではないでしょうか。
科学技術を、人々の幸福のために使う政策・改革が急務ではないでしょうか..。
人々のデフレ環境を放置し後手を踏む政治/行政、タダ単に殺人行為では..? 現在の政治/行政、最悪の波動を有しているのではないでしょうか。

 共産主義はもっと悲観的ですし 

 共産主義は、革命にて、過去の政権を打倒し、軍事政権にて国を指導したのでしょうが、東西の情報公開も進み、災害時には各国の救援活動の派遣も見られる、
『 人間は過去を元にして未来を考えます。しかし、これは間違いです。過去は笑い飛ばすべきものであり、現在を過去の上に築くのではなく、未来のために現在を築き上げなければなりません。
過去は既にないのでは...?

 世界経済を立ち直らせる、画期的な第三の主義・思想 

・・・実現される必要があるのは、生産手段の国有化ではなくして、世界共有化である。・・・
 生産手段の世界共有化、これは、全世界の全生産から全流通までそのすべてを全管理する社会を意味しているのではないでしょうか。 それは、過去は笑い飛ばす社会であり、常に前向きな社会、赤字経済などという過去の足枷の存在しない社会なのでは...
 ? ?

(引用終わり)


チョット待て!

エデンの園が本当に理想郷であるのか。

これを考えずして、安易に論を進める愚かさよ。



・・・其の2・・・

金融資本主義が破綻しているだけな気がします。
先進国でその辺がとっても疎かった日本は、ほとんど傷つかず、その結果、円高になっています。
バブルの時もそうでしたが、円高は、企業レベルでも、個人レベルでも海外との競争をするチャンスで、規模ではなく、高付加価値を付ける頭の良い人が勝ち残れるチャンスになります。

ものづくりの自由主義経済は、これから再び見直されるのでは?
そこに移るために、体制と上での邪魔なものを排除できるかが、日本経済再生の分水嶺でしょう。

(引用終わり)

このような意見もあるが!

そんなものではないであろう。


(終わり)
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.390 )
日時: 2013/07/02 07:48:24
名前: 満天下有人

エデンの園も配給制度も、貨幣の廃止も今は滅多にお目にかかれなくなった年末のキリスト教による、救世鍋?社会鍋?、街角の立ち説法を聞いているような印象。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.391 )
日時: 2013/07/02 16:22:03
名前: イントィッション

あ〜ぁ!

調査員の方が暴露されていますが、私もそれに同意します!

私もあるアンケートの電話調査を日本中、電話かけまくったことがありますが、やはり、この調査員さんのコメントと同じ経験をしましたぁ。。。
 ↓

>実際に世論調査の電話調査員をしている者です
国営放送は結果自体には不正はないと判断します。右派はちょっと右派の票を盛っている気もします。
でもあまりに70歳以上、60代ばかり多すぎて困りものです。60以上で過半数になるのでは?やり方に工夫をしても57%位は女性になります。
しかも年寄りほど「昔からそうだったから’自民党’に入れる」
ナンバーディスプレイで0120や非通知を見て電話に出ない人が多すぎます。どうかこの時期は電話に出てみてください。特にこのブログを見ている賢い人たちの意見を聞きたいです。

最近、若い人たち、携帯しか持っていないし、夜8時や9時になっても、働き盛りは帰らない!
30代、40代の奥さん連中も、夕方でも電話にでない!とか。。。

しかし、60代や70代の女性って、もう投票に行かないほうがいいでしょう!!!
だって、まー、40代や30代や50代もそうですが、政治家が何を言っても、なーにも世の中変わらないし、自分の生活にはなーにも影響ない! はー、消費税10%? しかたないんじゃ〜ないの! お金無いから!

こんな意見がほとんどですWWW

もう馬鹿しか居ません。。。WWW
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.392 )
日時: 2013/07/02 16:54:14
名前: 大本営発表の世論調査・・満天下有人

電話世論調査の対象者は、イントちゃんの言われる通りだと思います。

一昨日だったか、大手新聞各社による参院選世論調査が出ておりましたが、どの新聞社の結果も似たようなものばかり、これを記者クラブという名の大本営が横並びに最新世論として一斉に発表する。

どの世論調査も安倍内閣支持が6割近くて、でも細部の調査になると原発再開に賛成29に対し反対53・・・憲法改正の条件を2/3から1/2に下げるのに賛成34、反対47、TPP参加賛成50、反対29と、賛成が多いけど、前回よりも賛成は5%低下。これは少しづつでも、TPPの何たるかが分かって来たと言う事でしょう。政策内容では反対が多いのに、シンゾー内閣支持がヅ抜けているトンチンカンさ・・・

この横並びのいい加減な横並び世論調査は、後進国そのもの、北朝鮮のことを一概に悪く言う資格も無い。昔から言われているのだがなぁ・・・人の振り見て、わが身を糺せと・・・。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.393 )
日時: 2013/07/02 21:03:36
名前: 國井

イントィッション 様

世論調査が老人相手の結果としても、選挙は老人相手ではありませんよね。
世論調査と選挙結果との乖離があれば、世論調査に問題がありますが、選挙結果を問題にすべきであるべきではないでしょうか。あまりにも乖離があり過ぎれば、世間から、相手にされません。
都議選も世論調査とそれ程の乖離はなかったのではないでしょうか。

兎に角、イントィッション さんは、年寄りを差別していますよね。
若い人が正しい判断が出来るのですか。
年寄りは、正しい判断が出来なくて、若くても正しい判断が出来ない人もいます。
勿論、年寄りも、正しい判断が出来る訳ではないと思いますよ。

ここで最近知ったB層と言う言葉が頭に過ってきたのですが、私は、B層ってことは到底言えません。
他者を年齢で差別したり、IQで差別したりする事に悲しみを感じます。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.394 )
日時: 2013/07/02 23:09:59
名前: 國井

イントィッション 様
小沢命様の#77のご高覧を賜りたく思います。

確かに衆愚政治を意識せざるを得ない政治が実行されています。
例えば、小泉政権時代、TVのニュースで若い非正規社員に「誰に投票しますか。」とマイクを向けていました。
「小泉さんに入れます。」と。
あんたを苦しめているのは、小泉なんだ!と叫びたかったです。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.395 )
日時: 2013/07/03 12:13:11
名前: イントィッション

>例えば、小泉政権時代、TVのニュースで若い非正規社員に「誰に投票しますか。」とマイクを向けていました。
「小泉さんに入れます。」と。

まず、この非正規雇用さん、メディアの自作自演! ともいえます。。。

そして、もしその非正規雇用さんが本当にそう思っていたのなら、“規制緩和”という言葉に騙されているものと思います! なんでもかんでも 若い人は“規制”とか“規則”が大嫌いで、“自由”という言葉に頭脳がたっぷり小学校時代から操られていますから、それを利用しているんでしょう!

今の“規制緩和”とか“自由化”というものは、ゲに恐ろしいものが例えば、ワクチンなどに含まれる毒薬やモンサントなどの遺伝子組み換え食品を拡大させ、水資源などを住民のトップが売り払い、悪魔の手先に支配されて、そこの住民が3倍も4倍も高いお金を支払って水を買うこととなります。。。

そして、労働者も、日銀にとりついた竹中細菌が、日本ではもう640万人の雇用は不要だとはっきり発言しています!!! 

雇用形態もTPPも原発も実態の個人個人への悪影響を絶対に発言しないメディアには、ユダ菌悪魔が取りついていて、
野ブタも菅も命令に従わないと地獄域だと脅されたんでしょう。。。前原も、創価に関係する人物だし、橋下も石原も、ただのメディアの商品だし!!!

お年寄りを馬鹿にしているわけではありませんが、女性は特に、もうずっと自民党体質でメディアの声に騙され続けてきたので、何が本当で、何が嘘で、なにがなにやらわからない! という60代、70代の人が、真実を話しても、何にも今までの経済社会の仕組みの真実を理解していないので、視野の狭い範囲で、家庭の中でテレビの報道にうずくまってしまっているだけの自分が信じていることだけ、信じているので、何を言っても無駄だと先日、ある賢い70歳の女性に説明をしましたが、「政治家なんて汚いもの! 誰が何をやっても変わらない!」と、断言されました。。。

「あなたみたいにきれいな心を持った人は政治家にはなれません!」とおちょくられました。。。
もう、政治=脳みそにカビが生えたような感覚でしかありません!!!

そして、その人たちによって育てられた若い世代、50代、40代の時にパート仕事か家にいる女性は、おばあちゃんと同じ考えしかないのが一般でしょう。。。
興味があるとすれば、ふくよかになりすぎたお腹の3重肉どうやってとって、素敵な洋服着れるか? とか、もっと海外からの美味しいもの食べて、おしゃれ〜な生活したい! ぐらいが頭の中に埋め尽くされています!!!WWW

そして、その50代、40代に育てられた、30代、20代が、「え〜、政治〜! あそ〜。 頭痛〜っ!」と、テレビに出てくる大企業の遺伝子組み換えの甘味料がいっぱい入っている新製品の甘いお菓子を見て、「あ〜、あれ〜おいしそう! 今度買ってこよ〜!」と、目を光らせます。。。WWW

小沢さんが、民主党から小さくなって行ったのは、やはり創価や統一のカルトの官僚が、「自分たちは右翼だと信じて、」悪魔ユダ菌から除外するよう命令を下されたのは事実! 

☆ユダ菌から除外される人を、私は信じたい!!!
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.396 )
日時: 2013/07/03 16:13:56
名前: 國井

イントィッション 様


>>例えば、小泉政権時代、TVのニュースで若い非正規社員に「誰に投票しますか。」とマイクを向けていました。
「小泉さんに入れます。」と。

>まず、この非正規雇用さん、メディアの自作自演! ともいえます。。。

>そして、もしその非正規雇用さんが本当にそう思っていたのなら、“規制緩和”という言葉に騙されているものと思います! なんでもかんでも 若い人は“規制”とか“規則”が大嫌いで、“自由”という言葉に頭脳がたっぷり小学校時代から操られていますから、それを利用しているんでしょう!

メディアの自作自演、ではないと思います。
後記の方が当てはまる可能性がります。

私、当該ニュースの非正規社員のインタビューは、メディアが街頭でメディアに都合のいい人物を探していたのだと思います。インタビューに応じて呉れる都合のいい人物を見つかり、結果、当該インタビューの放映になったものと思っています。

非正規さん!あなたを苦しめているのは、小泉さんなのですよ!
当該非正規社員は、政治が見えないのですね。

当代世間騙し装置の#391ですが、
世論調査でメディアを批判されることと選挙結果を批判されることと混同されては困ります。

>しかし、60代や70代の女性って、もう投票に行かないほうがいいでしょう!!!
だって、まー、40代や30代や50代もそうですが、政治家が何を言っても、なーにも世の中変わらないし、自分の生活にはなーにも影響ない! はー、消費税10%? しかたないんじゃ〜ないの! お金無いから!

>「あなたみたいにきれいな心を持った人は政治家にはなれません!」とおちょくられました。。。
もう、政治=脳みそにカビが生えたような感覚でしかありません!!!

折角、ほめて下さった方をおちょくったとか、脳みそにカビが生えているなんて、酷いじゃないですか!

イントィッション さんは、上から目線なんですね。

勿論、私、選挙に行きません!!!!!


>☆ユダ菌から除外される人を、私は信じたい!!!

ユダ菌に除外されたとしても政界の中枢で君臨していたんでしょう!
政権の中枢で君臨していたんでしょう!

権力がある時は、消費増税とのたまっていたんでしょう、
ユダ菌に追い落とされて、今更、消費増税反対は、信じられません。

政治家の口先だけには、参ってしまいます。
民主党が凋落したのは、結局、口先だけだったのです。

政治家は、今まで何を行ってきたかによって、主張する政策が問われるものです。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.397 )
日時: 2013/07/04 07:45:54
名前: 世代間政治感覚・・満天下有人

20、30歳代、中年層から高齢者に至るまで、どうしても日常生活を起点に政治を見る以上、それぞれの感覚は違うものになってしまう、これは致し方ない。

20、30歳ではまだ政治が絡む人生経験にも乏しいし、加えて若い時にはどうしても概念から政治を規程してしまう、既成概念を否定する所から政治的意見を述べることもあながち間違っているとも言えないのだが、それが逆に騙されてしまう。

構造改革と言えば若い世代は、そうだ、そうしなくては世の中が洗浄出来ないと思う。だがその構造改革なるものが何を意図しているのか、腹黒い連中のハラの中までは見通せない。見通せないのが悪いのではなく、騙す方が余程悪い。
参院選で何が関心事かと問われると、結局目先のオカネの問題が共通項として浮かんでくる。例えば社会保障費の問題になると、マスコミが高齢化社会になって支出がとどまる所を知らないと書くと、若い世代から老人の負担を増やせとの声が強くなり、施政者側も待ってましたとばかりに問題を世代間抗争に摺り替えて、事の本質から目をはぐらかし、はぐらかされる側もそれによって、問題の本質がどこにあるかの思考が抜けてしまう。

まあ、若い世代は何となく概念的になりがちで、そして生まれた時から既にある程度の新自由主義的モノに囲まれた環境で育つから、感覚的であるが故にやむを得ない面があるとしても、高年者までが同じ感覚に浸ってしまう所に現状の限界が見えはしないか、オカネが足りないから消費税増税は仕方がないじゃん、さような感覚もその例であろう。原発再開?電気代が安く済むならしょうがないじゃん、その感覚も同じものであろう。使えもしないプルサーマルMOX燃料に多額のオカネをムダ遣いしてることには目が向かない、いっぱしの大人が・・・

今日、参院選の公示が出る。他に選択肢がないものだから自公の圧勝は既定路線で、それを良しとして政党が、歪み構造に原発に社会保障もんだいなどをはぐらかして争点を景気、経済ににすると言いだす。そこに国家大計は何も無い。オカネの事、それも超金融緩和で株が上がれば良いとする明日のことはアテにならない事に目を向けさせて、そして一般も日経平均が上がればアベノミクスを良しとし、下がればダメという日替わり支持なのだ(笑)。

国家大計を選択する選挙など、敗戦後の無の時代にあっただけで、それ以外にあった試しも無いから、今更言っても始まらないことではあるが、しかし21世紀になって世界が、何かを変えないことには、このままでは行き詰まってしまう意識が胎動し始めている時、逆に戦後65年間も続いた自民党王国時代に戻る選択を始める選挙とは、実に奇妙であり、しかし不思議でもないと思う。要するに一度は、細川内閣を入れると二度か、いかにも構造変革始まりの政治を期待させたものの、民主党のテイタラク、いやテイタラクではなく最初から隠していた超ジミン的政治に国民が選択肢を失くしてしまったその反動としての、消極的自民党王国の復活を選択するということだから・・・

昨日、外人記者クラブ?での各政党党首がズラリとヒナ壇に並んでの記者会見。言う事がそれぞれ違うから、言う事の数だけが多くなり、五目メシ政治のようで何がコアになっているのかさっぱりだ・・・

党首なるものが一体、何人いるのか、数は多けれど、票は真ん中に座っていたシンゾーの党が独り占めするのは確実(笑)・・・それにしても笑いが止まらないだろう、そもそもが頼みもしないのに脳無し野ブタどもが、消費税増税に復興予算の通過の為に、三党合意を持ちかけて来て、その反動で圧倒的多数を獲得したのだから・・・
何やら復興予算流用でまだ支出していない分、1000億円の返還を求めたようだが、復興予算も野ブタどもが官僚の言うままに呑んだから関係ない流用も、知って知らぬフリをしていた、それをシンゾーたちは未使用分だけを返せとし、かくもプロパガンダに利用できるとは思ってもいなかったであろう、笑いが止まらないだろう(笑)、使ってしまったものも追及するなら本物なのだが、それには手を触れない。そして衆院選公約であった憲法改正中身も見直すと言い出した。

・・・世代間政治感覚は違うにせよ、インチキには共通した眼力を望みたいが、もうムリな話になってしもうたか。




メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.398 )
日時: 2013/07/04 10:24:55
名前: 北の国から

 満天下有人さん。
 いつも、ほんとうに鋭いご指摘の投稿、ありがとうございます。

 少しでも、社会全体のことや、国民の社会的な基本的権利のことを考えている
かたたちにとっては、この間の国民の投票行動の契機となっていることと、そう
した契機で、軽々しく選挙をしてしまっていることに、猛烈な疑問とともに、と
もすればニヒルになってしまうという気持ちは、理解できますし、同時にボク自
身にしてもニヒルになりかけてしまいます。

 こうした「いたたまれないような想い」を乗り越えて、ここの投稿者のみなさ
まのように「決してあきらめずに正論を発信しつづける」ことは、すごい意志力
とともに、かなりの冷静さを持ち合わせておられるのだと思います。

 気短者のボクとしては、そうしたかたたちのメセージから学び、元気をもらい
ながら、こう考えたりもしています。

 「今はそういう時期なのだ。でも参議院選挙が終わったら、社会保障制度は改
悪され、原発は再稼働し、株価も大暴落。実感としての生活が急激に低下し、労
働者の権利もズタズタ。そのときからが、ほんとうの勝負かな」と。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.399 )
日時: 2013/07/04 12:48:10
名前: Re:世代間政治感覚・・満天下有人

あはは、北の国さん、歳を取るほどに気短になるとも言われます。ま、反射神経が衰えますので、その分、気長に見えますが内心は、そうでもないのです。

生活に不安の無い国民の約半数は、目先心配事が無ければ、現状を容認するものですが、世の中一つの方向に向かい始めると、人力ではどうする事も出来ない、数々の歴史が示している所です。破綻して初めて一の原点に戻れるもののようです。

・・・順に居て逆を思え、逆に居て己を見失うな・・・です。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.400 )
日時: 2013/07/04 15:27:07
名前: イントィッション

しかし、月曜日からいつの間にか14000円台に突入しておりますWWW

また、何を担保に株価吊り上げたんでしょうかね〜。。。

先ほどNHKの1時のニュースで、日銀総裁の黒田が、日本全国日銀支部長を集めて、これからもっと金融緩和をしなければいけない! とさ〜。。。

日本銀行は、とうとうユダ菌の金欠病が伝染してしもうたようです。WWW。。。

なぜか選挙近くなると、子供たちに刃物を振り回す人が出現したり、スーパーやコンビニの食べ物に針が入るような事件が多いような気がするのは、私だけでしょうか???

大株主支配の北朝鮮以下のメディアによって、選挙の話より、そちらの話に目を向けさせるんでしょうか???

確か、小沢さんが無理やり犯罪者にさせられる前に、小沢さんを中心とした民主党が勝った時に、ある女優が麻薬をやっている情報だらけで、政治の話はほとんどでてきませんでした。。。

やはり、小沢さんを政治のトップにすると、大株主はよほど困るらしい。。。 

もし、自民党が勝てば、7月23日から、大変なことになりますね〜。。。

TPPで、アメリカの賊企業が土足でのりこんできます〜WWW。。。
軽自動車の税金の値上げは、アメリカの自動車業界が日本でアメ車が売れるために増税するそうですWWW。。。

お肉もアメリカ産だと、しゃぶしゃぶも脂肪ばかり多くて、国内産の800倍の癌になるリスクが高いそうです。。。

そして、アメリカ産とか国内産とか、ましてや地方の特産の表示もできなくなってしまうWWW

消費者は、何を食べさせられているのか? さっぱりわからないまま、体の中は毒だらけになり、アレルギーやぜんそくや癌が(特に遺伝子組み換えは子宮に影響があり、子宮筋腫など若い人でも多発しており、ある医師が、その患者に何を食べているか聞いたところ、コンビニや即席ばかりの日々なので、食生活のあり方を変えさせたら、子宮筋腫がドンドン小さくなっていきました。)多発し、医療費がドンドン上がるので、癌になったら自己破産しなければなりません!!!
★アメリカでは、病気のため6割以上が自己破産しています!

そして、竹中平蔵による640万人の雇用の解雇が待っています。。。
株価は暴落するのでFXなんかやっている人たち、電車に飛び込むんでしょうね〜。。。

アメ車が売れなければ、どうして売れないのか? と言いがかりをつけて、告訴して、お金をぶんどる、やくざの行為をするんでしょう。。。 誰か、日本でアメ車買う人いますか??? 日本車が数百台売れているときに、1台しか売れないのがアメ車!WWW  車のマニアぐらいしか買いません!!! それもドンドン車買う人も減少しているのに。。。

そして、今は風疹を流行りですが、菌もなにやら、ユダ菌の伝染で、この前まで子宮頸がんワクチンでしたが、なにやら問題となったので、今度は風疹ワクチン! 足りないから、ユダ菌ご用達の会社から輸入して、流行詐欺!
なんやら、その後は、タミフル打たなければいけない流行だそうですWWW。。。

皆さん、あれはただの義務化詐欺とか、流行詐欺だけですから、絶対にワクチンを打たないようにしましょう!!!
ユダ菌が喜ぶだけです〜WWW。。。 体の中に蛾の細胞の菌やら、水銀やら、ペット用の避妊薬やら、いっぱいに毒が入り込んで、癌になるリスクが高まるでしょう!!!

“ワクチンは効かない!” 詐欺! 大泥棒! 殺人! が事実ですWWW

恐ろしい世の中になりますね〜。。。 餓死者が多くなると、北朝鮮の地方のようになるんでしょう。。。WWW
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.401 )
日時: 2013/07/04 19:38:22
名前: ユダ菌日程通り動くアベクロ・・満天下有人

<月曜日からいつの間にか14000円台に突入しておりますWWW、また、何を担保に株価吊り上げたんでしょうかね〜。。。>

それはね、6月27日にユダ菌ヘッジフアンドの中間決算が終わって、また買い始めたからです。そして我が方は年金基金を出動させて、株価維持と参院選に向けて更に再上昇させる為に、ユダ菌たちの日程とうまく合致したと言う事です。巨大な国際的インサイダー取引が行われている構図です。

もう15年も昔になりますが、ジョージソロスとジム・ロジャーズが、当時$300位だった金が$1000にまで上がると予言し、その通りどころか、一昨年に$2,000近くまで上昇しました。理屈付けは、ドル安に向かうからと言うものでした。確かに紙幣は金兌換制度で無くなっても、世間では最終的には金に通貨のリスクをヘッジしようとしますから、ソロスの理屈付は理にかなったものでしたが、しかしあのように絵に描いたように綺麗に一貫して金が上がる筈がありませんでした。

話は簡単、彼らが一貫して先物を操作して上げて来た訳で、脚本を自ら演じているから、可能な訳です。

ところが昨年秋から金は下落一方です。何故か・・・おっちゃん、シンゾーと黒田がタッグを組んで目茶苦茶な金融緩和を始めた時から、シカゴやNY金融市場及び商品先物市場の動向と為替も絡めて、ユダ菌どもがどのような動きをするか検証する為に、毎日細かくデーターを記録し始めたのですが、そこで金が暴落し始めていることに気がつきました。
これは、米財政悪化と、未だに完全に立ち直れていない棚上げされたサブローン損失解消の為に、株式、国債市場などの金融市場から資金が金に流れると困る、そもそもアメリカのQEは、ユダ菌に儲けさせて損失をカバーさせる事が目的ですから・・・そこでゴールドマンサックスなどは今年の初めに金価格は$1200くらいまで下落する予言書を出し、現実にその通りに動いています。メリルリンチなど一気に1兆円くらい先物金を売っていましたからね、あの日は大暴落。

かくの如く、今回のアベクロによる超金融緩和は、予めFRB及びユダ菌たちと、日程を摺り合わせたものであったと、おっちゃんは左様に把握しておりますし、現に市場はそのように動いて来ています。

黒田が更に金融緩和せねばならないその裏には、どこかの指令が有る筈です。ほんとに日本経済復活の為なら、オカネは既にジャブついています。これ以上ばら撒いてどうするのか、最低賃金が上がる保証も無いのに何の為に・・・答えは自ずと分かりますね・・・TPP然りでしょう、モンサントの為にです、モンサントにくっ付いている米高官どもの為にです。



メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.402 )
日時: 2013/07/06 00:01:01
名前: 薄気味悪い大罪の看過・・満天下有人

参院選に入っても、白けたムードが全国を覆っているような気がして、その白け方が何とも不気味にさえ感じる。暴動が起りそうな不気味さではなく、白らけが選挙棄権という形で表明されて、施政者達の大罪を無言で見過ごす、見過ごさざるを得ない沈黙が不気味だ・・・

世の中、大罪をしかと把握出来ないままに流れて行ってる。それは法的な罪にも該当しないものだから、罪なのか何なのか判然とせずに、無知がそにまま大罪を容認してしまうのか・・・

人間の七つの大罪については聖書の黙示録に示され、マハトマ・ガンジーがそれを現代資本主義社会にあてはめ、我が国では鳩山が首相時代にクリスチャンよろしく施政演説に取り入れていた。ガンジーが指摘した現代社会的七つの大罪とは、原則無き政治。道徳無き商業。労働無き富。人格無き教育。人間性無き科学。良心無き快楽。犠牲無き信仰。
正に現代社会が覆われている全ての要素が含まれている。生活者はそれぞれに気はついているのであろうが、法に触れる罪でも無いし、第一、そんな壮大な罪を一朝一夕に排除することも出来ないと思ってしまう。

鳩山が施政方針演説でこれを引用した時の世論の反応、当時のヤフーネットでは、総数5850票のうち・・・
0点   2640票(46%)
10点〜50点 2249票(38%)
60点〜100点 961票(16%)・・・このようなものであった。

鳩山は理念である友愛といのちを理念の軸においたものの、日々の実生活面でいのちの危機に晒されている面々には、信仰的理念だけで具体策が無いという不満が出たのであろう、それを具体的に政治技術的に実行するのが政治家というものであり、理念はそうだとしても、実現するには革命でも伴わない限りj不可能なことであり、現に鳩山(民主党)は、理念倒れに終わってしまった・・・むしろ民主党そのものが、七つの大罪などどうでも良く、むしろ大罪を犯してでも権力を握りたい分子で成り立っていた政党だから、霧散しても当然の事ではあった。

だがこの七つの大罪をむしろ犯すべく邁進している安倍政権は、倒れそうにも無い。原則無き政治を巧妙にすり替えるワザに長けているからだ。経済の歪みが問題であってもそれを、景気を良くすると言う風に、聞こえが良いようにすり替えてしまう。そして金融市場における利益を促進させ、大資本には減税に迎合する様は、正に労働無き富を加速させる以外の何物でも無いが、それを罪だとは思わない。言い換えるとガンジーが示した大罪は、資本主義的生産社会においては、大罪ではなく、むしろガンジーの指標は資本主義社会にとっては逆に大罪なのである。

人間性無き科学に至っては、選挙第一声を原発被災地福島で行った演説によく現れている。復興のために強い経済を取り戻すと言う言葉に如実に示されている。問題を実に巧妙にすり替えている。そして東電が新潟柏崎原発再開について、安全委員会や事前の地元との合意も無く再開を政府に申請した行為は、これも道徳無き商業の典型例である、だが、道徳無き商業を大罪とする方が間違っていると思う彼らにとっては、罪の考え方が丸で逆さまなのだから、大罪でも何でも無い・・・故に復興予算を東電が損失カバーに流用することなど、最初から無感覚なのである。
医療資本の利益の為に過度とも思える医療技術、薬品の促進なども人間性無き科学の範囲に入るであろう。そして競争社会を幼少の時から叩き込まれ、現実に勝ち抜くためには、無力な生き物は排除すべしとの残酷な子供が増えて行くことは、人格無き教育の果実ということになる。

例を挙げれば限りない大罪の結果は、十分に想像される所だが、いかんせん、罪に対する感覚が彼らにとっては正なのだから、どうしようもない。

参院選結果は東京都議選と同じ結果になることが予想される。低投票率が予想されるからだ。ちなみに都議選での投票率は過去二番目に低率の43.5%、自民得票数は約160万票だったが、有権者数約1000万人として16%の支持で議会第一党となれる。恐らく参院選でも同じ傾向が出るであろう。16%の者によって七つの大罪は罪では無くなる。
それに対する白け沈黙が、不気味に感じられて仕方が無い。煉獄は大罪者だけに向けられるものではない、それを看過する者も同じ罪に問われる。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.403 )
日時: 2013/07/06 01:26:23
名前: 参院選挙・・・天橋立の愚痴人間

自民党も、鳩山、管、野田民主党も、維新の会も、みんなの党も、全て同じ穴の狢であり、国民の側に立って政治を行なう意志はなく、単なる己あの権力意欲を追うばかりであり、国民は選挙はその出汁にされてきました。

ここ十数年、我々が、ただひたすら、待ち望んでいた政治、小沢民主党が掲げた政治の実現に向けて願いが選挙でした。
小沢民主党が政権を取るまでの熱い思いが如何程であったか、感慨深いものがあります。

自民党の厚い選挙基盤に対して、出来るだけの抵抗を試みハラハラとしていたものです。
それが選挙でした。

民主党が政権を取って後、その小沢が、どれだけ我々を裏切ってきたこととか、世に言われる小沢自身の裁判の問題で情状酌量できるものではありません。

結果的には、小沢には我々の希望を実現できる力もなく、意志も無かったのです。
ここ十数年の我々の政治に対する熱き思いを茶化されたようで、小沢により翻弄され続けていたと言う事です。

それゆえに、その反動は計り知れないものがあります。

思えば、自民党を出る前に、次の総裁候補筆頭と言われていた小沢は、自民党にいても、それなりの改革はできたはずです。
総裁として改革を試み、それが行き詰まって党を出るという選択肢もあったのです。
それなのに、まず自民党を出てゆく本当の理由は何であったかを問い直す必要があります。

そうして、それは自民党時代の小沢の形跡を調べる必要もありません。
それは民主党の成り行きを観察していれば、実際の政治において、小沢がどれだけ無力であったかを再確認できます。
自民党でも出来なかったように、民主党でも出来なかったのです。
やる意志も力もなかったのです。
それは小沢自身が民主党の改革に向けて現実的に動いた形跡が見当たらない事が証明しています。
何かといえば裏へ廻って来た事も納得できるでしょう。
自分の裁判の結果がどのようであろうとも、総理の道を閉ざされても、民主党を引っ張って行くことは得来たはず、多くの同士を使って小沢に代わる人材群を擁立出来たはず。
それを私は見逃さない。

その様な人間の口舌に振り回された十数年でした。
確かに小沢の口舌は、当代政治屋共の中では群を抜いて我々の思いに近いものでした。

それだけに、裏切られた思いは想像以上のものがあります。
現在の政治に対する、選挙に対する無力感とは、その様なものであり、新しい要素(希望)が生まれないことには、ここ数年は続くのではないでしょうか。

私は、自民党を批難する同じくらい小沢を批難します。
小沢の欺瞞に比べれば、管、野田の方が許せるというほどです。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.404 )
日時: 2013/07/06 09:15:05
名前: Re:参院選・・満天下有人

選択肢無き政治現状をもたらした大罪、このクソ野郎ども野党の大罪には計り知れぬものがあると思います。特に野党に転じた当時の与党・民主党の大罪、かれらは既に煉獄の火あぶりの刑に処せられつつあります。

それでも未だに菅が、党執行部に反して公認されていない候補者の応援に回る、あの菅、枝野主演の敗戦の反省会、官僚の壁は厚かったなどと責任を他所におっかぶせるザマは、原則を破棄した原則無き大罪に該当するものでしょう・・・もうこいつらに言う言葉もありません。

ここに至って、もう小沢一人に責任を負わせてもしょうがないと思います。むしろ原則有る政治を放棄してしまった鳩山の方に、大罪の責任があるのではないでしょうか。原則を破る七人衆の言うがままに流された鳩山、菅一派の不信任決議を封じこめてしまった鳩山。それに妥協した小沢も同罪ですが、その前に菅、小沢対峙の代表選での不正投票、名前剥き出しの投票用紙を筑波郵便局一局に集中させて抜き取り、強引に菅を代表にしたあんな選挙、自民党員にまで投票用紙を送っていた民主党、郵便局会社を通じて、どうもほんとの事であった事実を知っております。

同じ党内のことであったが故に、鳩山も小沢も追及できなかった、党が割れてしまう危機感があったのでしょうが、あの時点で分裂しておれば、或いは菅不信任案を決議しておれば、事態はまだ別の方向へ動いた可能性はあったと思います。しかしその後の小沢による嘉田未来の党への合流を見ると、早い時期に分裂しても別の可能性も既に消滅していたかな、とも思えます。

大罪を犯したことも未だに分かっていない民主党、もう消滅したも同然で、野党がいない政治構造の中で、安倍はいよいよ羽を伸ばし、七つでなくそれ以上の大罪を犯し始めることでしょう。指をくわえて眺めるしか手が無くなりました。最も怖いのは金融政策による結果です。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.405 )
日時: 2013/07/06 21:02:58
名前: 大和し麗わし・・満天下有人

大本営発表機関である記者クラブの世論調査を見ると、自公の大勝は確定したようだ。これにて戦後一貫してこの国には自民党しか居ないのかと思わせる政治構造に復帰することになる。

我が大和の国らしい光景に復帰するのだから、大和の国は実に「まほろば(すばらしい所)」である・・・世情の変動などお構いなく、かまどから炊飯の白けむりだけ立ち上がらせて貰えれば、大和し麗しの国なのだ・・・

大和は奈良選出の高市早苗ジミン政調会長など、福島原発隣接海域の放射能測定値が上がっても、福島事故でまだ死人は出ていないと宣たまうほどだから、たたなずく 放射能籠れど 大和し麗し の風景ではある、大和の種の遺伝子が組み換えられて、麗しの 更なるまほろばの国になって行くのであろう。

参院選での自公圧勝は、さような政党に今後3年間の政治を任せる免許証を発行することである。米ジャパンハンドラーズたちの、大和の国の何と、まほろばであることよと思う喜びの顔が目に見える。小泉の進次郎など早速に渡米して、顔がほころぶCSISのマイケルグリーンと写真に納まっている(笑)。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.406 )
日時: 2013/07/07 09:21:39
名前: サイコパス政治・・満天下有人

サイコパスとは、Wikipedeiaより、

『その人格のために本人や社会が悩む、正常とされる人格から逸脱した精神病質を持つ人のこと。
サイコパスは社会の捕食者(プレデター)であり、極端な冷酷さ、未慈悲、エゴイズム、感情の欠如、結果至上主義が主な特徴で]、良心や他人に対する思いやりに全く欠けており、罪悪感も後悔の念もなく、社会の規範を犯し、人の期待を裏切り、自分勝手に欲しいものを取り、好きなように振る舞う。その大部分は殺人を犯す凶悪犯ではなく、身近にひそむ異常人格者である。北米には少なくとも200万人、ニューヨークだけでも10万人のサイコパスがいると、犯罪心理学者・ロバート・D・ヘアは統計的に見積もっている。』・・・・・

ヘア氏はこのサイコパスが全米で200万人、NYだけでも10万人居ると統計的に示しているが、これには政治家や飽くなきカネの蓄積を追い求める資本家などは、カウントされているのであろうか・・・
「社会の規範を犯し、人の期待を裏切り、自分勝手に欲しいものを取り、好きなように振舞う」この種の性格を最も備えている人種は、正に政治屋そのものではないか。そしてご丁寧に規制緩和と称して更に洋製サイコパスを引き入れ、外国資本特区まで設けて税はタダにし、医療、食糧まで頼ろうとする。東西サイコパスの協働によって、「社会の捕食者」たろうとする。

先週5日に、明日8日から施行される新たな原発稼働審査では、原発再開が出来なくなることを怖れた広瀬東電社長が新潟に赴き、柏崎刈羽原発再稼働について泉田知事と会談模様を映像で見たが、知事が地元の了解を条件としていたその約束を守らず、既に国に再開申請を行っているとはどういうことだと激怒、東電はウソつき会社なのか、と・・・

東電側の姿勢は正に「社会の規範を犯し、自分勝手に欲しいものは取り、好きなように振舞う」サイコパス」そのものである。そして内閣・官僚はニヤニヤしながら様子を伺い、頃合いを見てこれまたサイコパスを全開させることだろう。

捕食者=Predatorと言えば、シュワちゃん主演のプレデターなる映画があった。宇宙からジャングルに飛来したインベーダーが、己の姿は人間には見えず、逆に人間の動きは血液の動きによって、すぐにキャッチできる能力を持っており、場所をすぐに特定して捕食してしまう・・・

シンゾー一派が悟られないようにマイナンバー制度(国民総背番号制)を成立させようと画策し始めていることは、鈍感な向きは別にして感度良い国民なら既にアンテナに引っかかっていることだ。既に米欧では国民はその一挙手一投足まで当局によって補足されている。その実態を茶の間で見れたのが、ボストンマラソン爆破事件での、監視カメラに映った犯人の姿であった。海外日本大使館が全て盗聴されていることは、今更驚くことでもない。CIA職員のスノーデン氏がCIA機密をばらしてやるとして亡命を求めていることも、プレデターにとっては誠に許しがたい行為ではあるにせよ、社会の実態はそこまで監視社会になっており、シンゾー一派は、自分たちもプレデターになりたくてしょうがないのである。憲法改正に隠された意図は正にそこにある。

サイコパス野郎が手に負えないのは、プレデターと違って普通の人間の姿をしていることにある。そして自らを異常とは思わないことが重なって来る。原本は読んでいないので書評のつまみぐいになるけど、そのサイコパスを描いた小説に、貴志祐介著・悪の経典がある。

ストリーは一見、爽やかな熱血教師が、実は反社会性人格障害、連続殺人者だったという設定の小説のようだ。一人二人の口封じでは秘密がばれる、全部殺さねばならなくなってしまう。

サイコパス政治もそうであろう、耳障りなことは避けて、全部を一つの聞こえが良い政策に纏めて本心を覆い隠す。参院選での争点は「景気回復」だと、与野党ともに一致してしまった。全部に網をかけて纏めて国民殺しを狙うサイコパス跳梁跋扈の光景である。

・・・参院選が終わりお盆になると、真夏の夜の狂宴となり、狂乱の盆踊りが始ることだろう。貴志祐介さんの小説で大量殺人を決心する時点を、point of no returnと表現されているそうだが、航空機が燃料切れとなり、もうどこにも戻れない状態の飛行界の用語のようだが、超金融緩和で、ある一定以上の効果が望めなくなる時点では、もう後戻りはできない。強引に金融引き締めをやれば、その副作用はかなりのものであろうし、過去に経験済みのことでもある。サイコパスどもがやることは、どのケースでも似たようなものである、結果も含めて・・・だが何度でも同じことを繰り返す、それがサイコパスたる由縁でもある。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.407 )
日時: 2013/07/07 13:21:49
名前: 資本主義の終焉・・・天橋立の愚痴人間

とうとう、政治も心理学の世界へ入ったようですね。

なるほど、原発問題も、TPPも、民衆の立ち位置からは理解できなくても、サイコパス野郎がやるとすれば判ります。

最もサイコパス野朗の総元締めはユダ菌野朗であり、奴等は物々交換に始まった人間社会の経済システムを、己らの利得のためのものにすり替えて、2000年かけて支配を確立しつつあるようです。

心理学と言いましたのは、サブリミナル効果と言いますか、そう言うものを見た、感じた世界のチンピラ、サイコパス野朗が世界中にはびこりました。

政治は国民の為に成されているものと、成されねばならないものと信じている一般の人間にとっても、現状は心理学的に幻惑されてしまっているのでしょう。

そうです、サイコパス野朗が入り込んでいるのに、ひたすら資本主義のシステムを信じているのです。
これからの政治は、理念の戦いではなく、支配者、被支配者の権力闘争となるのではありませんか。

99%運動が、その兆候を示しています。
ただ、現在は富者と貧者と言う構図ですが、正しくはサイコパス野朗の撲滅運動とならねば本当の敵はつかめないでしょう。

この問題、
どのように進展すれば良いのでしょうね。

確かに、コンピューターに支配されたSF映画に出てくるように世界の支配者に対する人間自体のレジスタンス運動に近いものが想定されます。

この様な構図をユダ菌を想定して描いて見ることも出来るでしょうね。
描きたくはありませんが。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.408 )
日時: 2013/07/07 13:36:36
名前: モーゼの十戒・・・天橋立の愚痴人間

「モーゼの十戒」

1.主が唯一の神であること
2.偶像を作ってはならないこと(偶像崇拝の禁止)
3.神の名を徒らに取り上げてはならないこと
4.安息日を守ること
5.父母を敬うこと
6.殺人をしてはいけないこと(汝、殺す無かれ)
7.姦淫をしてはいけないこと
8.盗んではいけないこと
9.偽証してはいけないこと(嘘を言ってはならない)
10.隣人の家をむさぼってはいけないこと

確かにユダ菌は、モーゼの十戒に直接抵触してはいない。
だが、ぎりぎりのところで、これを犯している。

立派な約束事については遵守するが、それ以外の規定は自由であると言う西欧民主主義の規範とは、そういうものである。
一方で、人間社会が持つべき規範と言うものは、具体的な文言を幾ら並べ立てても包括できないものである。
それなのに特定の神を想定し、何百の戒律を定めても、このような齟齬をきたすことは否めない。
一神教の致命的な欠陥の現われであろう。

西欧民主主義が招いた現代社会の、資本主義社会の矛盾は、西欧民主主義では解決できないものであろう。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.409 )
日時: 2013/07/07 17:46:30
名前: Re:十戒・・満天下有人

そもそも十戒が何故さような厳しい掟を敷いたか、それを想像して見る時、人間が持つそもそものおぞましさがあって、それを戒めておこうという動機があったのだろうと、推定します。FRB前議長のグリーンスパンが膨大なサブローンに始る金融損失について米議会公聴会で証言を求められた時、人間が持つバブル志向は、如何とも出来なかったと証言していたように、ユダ菌たちは、その本能を巨大に集積して来た訳で、結局は政治がそれをどこまで規制出来るか如何にかかっている・・・

<西欧民主主義が招いた現代社会の、資本主義社会の矛盾は、西欧民主主義では解決できないものであろう。>・・・

それでも先ずは、彼らから改造に着手させないと、他では手立てが無いように思えます。指摘されているアメリカでの99%運動などが、米欧社会に浸透して行くような形で。そしてそれに対し、非西欧諸国がどこまで呼応出来るか如何にかかっているのに、逆に追随してしまう。

先月の英国G8でも、タックスヘイブンに隠されている巨大な資金とそれに関わる巨額脱税を何とかしようとの議題も、有効な対処策を決めることも出来ずに閉会、政治が飲み込まれてしまっています。政治権力がそれを維持するには、彼らの手を借りねばならないとの癒着構造が、どうしても断ち切れません。

それは金融緩和と称して彼らの損失に政治が手を貸してしまうからだと思います。現状構造下においては、金融システムの破綻による一般生活者への影響、混乱はかなり大きく、よって大ナタを振るえない、しかしある時点でその苦汁に耐えて、とんでもない事をし出かした金融資本の救済は断ち切らない限り、同じことが繰り返される・・・サブローン問題発生の時も、救済せずに倒産させてしまったのは、リーマンブラザーズだけでした、後は全部、金融緩和で救済しいる。

そしてタチが悪い事に、彼らは、破綻しても逃げ道をよく知っている、世界を揺るがせたあの金融破綻の時、ワシントンポストが皮肉って、ユダ菌たちが破綻前にせっせと裏庭に埋蔵金隠しの穴を掘っている戯画を掲載しておりましたが、全てのシナリオを描いている彼らにとっては、当然の事前工作でしょう。

政治が癒着している以上、一般生活者によるウオールストリートを占拠せよ運動などが広がらない限り手の打ちようがない。同時に占拠するだけでなく、その後をどうするか、その青写真無くして占拠しただけでは、どうにもなりません。
米国GDP約1,500兆円に占める金融保険の比率は21%です。製造業は僅かに13%。いかに生産でなくアブク銭で生きているかがよく分かります。そして金融保険における就労者は4%くらいなのです。なのに雇用者数が増えないの増えたのと言うては、金融商品が乱高下するという異様な構造で、そして我が国もそれに振り回されている。更に金融市場を拡大せよなどとの声が絶えないのです。レーガノミクスで懲りた筈なのに、更に更に更に、アホノミクスがそれを助長する政策を取りおる。

金融ありきの経済構造の是正は、それを産み出した米欧経済構造が、それを是正して貰わねばなりません。本質をよく見ているのはドイツくらいのものでしょう。修正資本主義の概念が出て来た国らしい対応をしている。

欧米諸国でない我々がせめてやれることは、マネタリズムに傾斜しないこと、オカネの使い道を間違えないことしか無いと思うのですが、外国にはばら撒き、国内では予算の流用など歯牙にもかけない根性が怖いですね。




メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.410 )
日時: 2013/07/07 19:11:21
名前: 糾弾の真価を求めて・・・天橋立の愚痴人間

満天下有人 さん

>金融ありきの経済構造の是正・・・本質をよく見ているのはドイツくらいのものでしょう。修正資本主義の概念が出て来た国らしい対応をしている。

ドイツの、その情報、また説明していただきたいものです。

それはさておき、

随分と嘆き節を展開してきましたが、ロムやん さんなどに尻を叩かれました。

糾弾掲示板くらい、何かに噛み付いていたいと思います。

其れにしても、当掲示板に2チャンと同じ発想で出没するやからが後を絶ちません。

幸いに、そういう輩は管理人さんが本腰を入れて排斥していただいているようです。

皆さんの真摯な意見の集積場にしたいですね。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.411 )
日時: 2013/07/09 08:02:26
名前: サイコパス政治と熱中症・・満天下有人

まあ、健康を考えてエアコンを極力止める人も居られるだろうが、この熱気で高齢者の熱中症死亡が増加、緊急医療学会の調査では、高齢死亡者の3割がエアコン節約で死亡していると言う、そして増加する傾向が見えると、あり得る統計ではあると思う。

高齢になって逆に社会保険料の高騰により、他で節約できるものとして新聞を止め、水は止めることも出来ないからどうしても電気代に目が向くのだろう。年金は物価指数が下がって来たことを理由おは税があり、そして社会保険料の値上がりは柔ではない。東京23区で夫婦300万円以上の所得者の健保代値上がりは16万円にも達している。

先週、年金減額の根拠にするその物価指数とは、どの指数を用いているのかと社保庁に聞いても判然としない。一般食品物価指数とは別に、電気製品などの価格動向も、モニターを使ってその指数を合算しているらしいが、アホか、年がら年中電気製品を買っている訳ではないだろうに、その値段が下がったからと所得を減らしおる。

庶民の人間生活は、経済官僚や学者先生たちの理論によって維持されているのではない。現実のオカネの入りと出によって生計が維持される。物価が下がったからと言っても、逃げることの出来ない節約も出来ない最低の社会生活維持費の値段が上がれば、その支払いの為に電気も停めて暗闇で息を潜めてオカネの出を止めねばならなくなる。

ならばオカネの出が増える社会保険料の値上がりも何故指数に算入しないのかと、怒鳴りつけてやったら、私共もそう思います、だと・・・そして電気代の値上げであり、その理由は巧妙にゴマカシて、安全規制の抜け道を探っての原発再開にまっしぐらのサイコパス調だ。

昨日から施行となった新原発稼働規制、4電力会社が10基の原発再開を申請。規制では事故発生時の活動拠点となる緊急時対策所の整備を“仮設”で申請しおる。放射性物資を排気するフイルター付ベント設備は、5年以内で良いとする条項を楯に設置しようともしていない。ロイター電によると新規制はアメリカ法そのままであり、事故を起こした日本独自の視点は無いと断じており、それ以上に事故を起こした国そのものが事故の何たるかが全く分かっていない国だとしている。

穴だらけで再開を急ぐのは、原発停止によって上がる電気代によって、増加する高齢者熱中症死亡率を考慮しているからではない(笑)。もかかわらず、徹底した切り替えとできるかどうか、心もとない点がある。第一に、早期の再稼働に向けた「見切り発車」の姿勢が、電力会社に見えることだ。

 たとえば、多くの原発が事故時の活動拠点となる「緊急時対策所」の整備を「仮設」で乗り切ろうとしている。放射性物質を含む排気に備えた「フィルター付きベント」も設置されていない。再開を急ぐのは勿論、原発停止による電気代値上げによって、増加する高齢者熱中症死亡率を憂慮してのことではない(笑)。事故によって累増している電力会社の赤字によって、銀行の融資条件がきつくなっていることも原因に考えられる。つまり、社会的問題は次のまた次の問題なのである。本質を隠しての対処は、正にサイコパスそのもではないか・・・

そして大きく捉えるならば、正にゼニ優先の、それも国民生活の為ではない己たちのゼニの為に全てが動いていると言っても過言ではない。要するにゼニゲバが先に立って、政治も私的資本も己たちの既得権を維持する為にだけ、社会が存在し、尚一層そのような世の中にしたいのがシンゾー自民党なのである。

それを端的に示したのが今月初めに各党党首がアホツラをひな壇に並べての共同記者会見であった。ジミン党の憲法改正案は、立憲主義に反するのではないかと問われたシンゾーが、「憲法と言うものは権力を縛るものだと、確かにそういう側面があります・・・しかしそれは王権絶対主義時代の考えであってですね、今は民主主義の時代でありますから、民主主義の国家である以上ですね、権力を縛ると同時にですね、(国民も含む)国の姿につおいてそれも書き込んで行くものなのだろうと、私達は考えております。」・・・

言ってることは要するに、民主主義を巧妙にすり替えて、国民を縛る要素を憲法に導入しようとしていることである(自民党草案第12条・国民の責務)。自分が批判している中世の絶対王権時代の思想を取り入れようとする、大矛盾を言うてる訳だ・・・ほんにバカに付ける薬は無いとは、昔から言われている俗諺だが、サイコパスが権力を握っているとそのバカさが、こちらには生死を伴って向かって来る。新自由主義を尊重するゼニゲバ政策しかりである。世界でやっと問題になり始め、その対策が不可欠の意識がうねりを見せ始めている時に、それに逆行し加担する経済政策を取りおる。迎合の為にはいずれ国民負担となって跳ね返ってくる外へのばら撒きは臆面もなくやり放題で、内での生活苦者のことなど、頭に無い・・・

どしても外に迎合したい、サイコパス電力会社に加担したいなら、それも良かろう、一貫してそうするなら矛盾しない・・・ならば同時に、国粋主義的復古調の昔の日本を取り戻そうなどと、言うではない!!分裂症のサイコパス野郎が!!この国はお前のものではない、お前の祖父や叔父のものでも無い!!

人間、行き着く所まで行かないと気がつかない、特にその気質が顕著な大和の民族にとっては、行き着く所に早く行った方が有効かも知れない。その意味でシンゾー自民党よ、大いに好きなようにやれ!!。ノータリン野党も含めてサイコパス消滅も早まる。お前たちがサイコパス政治に熱中している間に、高齢者熱中症死亡者が増える、お前達既得権者だけが生き残れる社会にしたいのだろうから、望み通りになってご同慶の至りである。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.412 )
日時: 2013/07/09 11:40:20
名前: 前門の虎、後門の狼・・・天橋立の愚痴人間

全く

民主党が街をうろつくチンピラとすれば、

自民党は、国民を食いものとする妖怪の様な奴らです。

国民の置かれた立場は前門の虎、後門の狼・・・

まあ、国民が美味しそうな羊では、諦めるより仕方がないのでしょうか。



メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.413 )
日時: 2013/07/09 12:17:47
名前: チンピラども、やれるなら・・満天下有人

・・・やれるなら、やって見ろ!です。シンゾー他のセレブ階層が、人間を捕食するプレデターなら、それも結構、最後の途端場では、いくら何でもそう簡単に食われてたまるかの抗議が起る事も、皆無とも言えない、それまで待つしかありませんね。

それにしても、民主党チンピラどもが、この期に及んで尚、政治にしがみつこうとする様は、見ちゃおれません!、九州での海江田による街宣は反応無しで、無惨なものであったようです。

毎回選挙の通り、例によって街頭演説するチンピラには歩み寄って、一つ一つの社会状況について面と向かって問い糺してやろうと思ってます。殆どの者が逃げ出しますけどね(笑)。



メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.414 )
日時: 2013/07/09 14:39:41
名前: イントィッション

>、「憲法と言うものは権力を縛るものだと、確かにそういう側面があります・・・しかしそれは王権絶対主義時代の考えであってですね、今は民主主義の時代でありますから、民主主義の国家である以上ですね、権力を縛ると同時にですね、(国民も含む)国の姿につおいてそれも書き込んで行くものなのだろうと、私達は考えております。」・・・

え? “今は民主主義の時代でありますから、民主主義の国家である以上” までを聞くと、大衆はあ、もちろんそうだろうなぁ! と思う! だが、その後、権力を縛ると同時に、それを書き込んでいく???
集中して聞いている人は、え? と疑心暗偽になるけれども、なんとなく聞いているB層なら、はぁ。。。と脳が眠った状態で結論を、民主主義の国家である以上、で終わってしまうので、騙される!
これが、シンゾーサイコパステクニック! (国民を簡単に騙せる! と思っているんでしょう。。。)

もう一人、こちらも負けじと支離滅裂な話が好きな局長がおられます (爆笑!!!

おっちゃん。。。 街頭演説、人集めは得意のようですがぁ。。。
パンダでは、演説の中身がハチャメチャで見ておれません!!!
自民党青年局長のパンダがぁ、ねじれ国会の事を、前と後の内容がまるっきり180度回転しております。。。
まるで回転木馬のようなパンダです!(爆!!!
   ↓

 ttp://www.youtube.com/watch?v=ukidrcb7syc
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.415 )
日時: 2013/07/09 18:58:11
名前: 悪霊跋扈・・満天下有人

こいつら若造の演説聞いていると、戦争もバブル崩壊も知らないのに、憲法の何たるかも知らずに。よくぞまあ、偉そうなことが言えるものだと、感心する以前に、薄気味が悪くなって来ます。言ってることがどういうことなのか、全然分かっていない。そしてそれに同調する世論が権力を与えてしまう。二重の薄気味悪さです。何じゃあの幸福の科学の大川・・・

シンゾーは舌が短いものだから、ロレツが回らない分、ウソ付きに長けている。でも尻尾丸出しのウソをついているから、本心はすぐに透けて見えているのに、それでも同調する世論が根強い。

全党首共同記者会見での、国民を縛ろうとする巧妙な憲法改正の言い回しもそうです。その時、小沢が憲法97条が規定している基本的人権、人類の多年に亘る経験から獲得した基本的人権について、自民党草案では削除してしまっているが、それは如何なる理念に基づいて削除したのかと問うと、シンゾーは短い舌を一層短くして、条項を逐一問われてもと、ポチョポチョ、グチュグチュ言うだけでしたね。

そんな連中が大手を振って跋扈する光景に、ほんとに不気味なものを感じます。

そして世論の反応は鈍い・・・景気を良くする、と言われてしまうと、人間の生き様は景気だけで、他の事は目に入らなくなってしまう・・・その景気とて、皆さんほんとに良くなりつつあると実感しているのだろうか。内閣府による街角の景況感(タクシー運転手や飲み屋での庶民の感触を統計化したもの)では、4、5、6月と三カ月に亘ってジリジリと下がっている。別の現金給与支給統計では、昨年11月の27万5200円から先月では26万7500円へ減ってしまっているようです。それでもマスコミは一部だけなのに夏のボーナスが増えたと、官邸プロパガンダに熱心・・・

一方で日銀黒川は、1000兆円の負債に更に2年間で国家予算の三倍にもなる270兆円の金融緩和を続行する。いくらアメリカがユダ菌救済の為にQEをやったと言っても、年間予算370兆円の1/3に抑えている。シンゾーと黒田、そしてそのお先棒を担ぐ金融学者ども、一つ間違うと経験したバブル崩壊の比ではないでしょう、株が上がれば景気が良くなると言う程度の政策ではね・・・。

そのことに対し、何も感じずに大衆迎合する為に(実際は大衆を生贄にし、ユダ菌迎合)後先も考えずに実行するその頭が、実に不気味です。

とにもかくにもクセの悪いゾンビどもが、遠慮会釈も無く跋扈し始めました。当然の光景です、シャッポどもがゾンビなのだから・・・。



メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.416 )
日時: 2013/07/10 12:39:55
名前: イントィッション

竹中平蔵がこんなことを発言しておりますWWW
  ↓
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130709-00000008-mycomj-life

日本の社会を壊す馬鹿!

110兆円の動かない年金基金をユダ菌に差し上げますと発言!

ほんまにタコぞう! 日本から出て行ってほしい!!!

正月には税金逃れで、日本にはいない奴だから!!! (怒!!!!
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.417 )
日時: 2013/07/10 19:07:40
名前: 最たる悪霊竹中タコ造・・満天下有人

官邸の経済政策の黒幕は、このタコ造であること、よく分かっております。おっちゃんはタコ造を「インサイダー売国奴経済学者」と呼ぶことにしております。

経済記者の安倍政権の経済政策「アベノミクス」が、国内外でこれほど注目を浴びているのはなぜでしょうか、との質問に「理論的に100%正しいからでしょう。日本経済が回復するためには、20年間続くデフレから脱却しなければなりません。そのためにはまず、金融緩和をして市場に出回るマネーの量を増やす必要があります・・・経済をよく知る人なら、これらは当たり前の理論です。ようやく、日本政府が当たり前の経済政策をパッケージにして打ち出せたことが世界中で評価され、マーケットも期待しているんです。」と答えおる・・・

もうガハハハッ!ですね、逆に経済をよく知る人なら、こんな目茶苦茶な理論など、誰も賛成しません。ただカネをばら撒いているだけです。そしてバラ撒かれたカネを、ユダ菌経由で頂こうとする既得権益による犯罪行為をしようとしているだけです。そして国民には投資でメシを食えと言う。政治から身を引いた後でも、朝日全面2面を潰して、国民に海外投資を奨める広告を出した時はビックリしました。得体の知れない海外のフアンド証券を買って生活を維持せよなどと、飛んでも無いことを言い、労働してまっとうな所得を得る場は、どんどん減らして不安定にし、派遣労働制を敷き、今回は限定正社員制度を導入しようとする。自分はブラック企業臭い派遣業のパソナの会長に納まり、不安定な労働者を増やし、テメエの所の派遣業で儲ける。楽天三木谷などを議長にしてその制度を立法化しようとしている。

シンゾーはシンゾーで、ブッラク企業で悪名高い居酒屋チエーンのワタミを参院全国区に立てて、社員を奴隷扱いする社長を政治家にしようとする。ワタミについては従業員からの告発も爆発寸前だと言うのに、アホシンゾーの政治感覚は、その程度のもので、憲法改正までして国民の義務を押し付けようとする。
タコ造の暗躍は今回からではなく、小泉政権の時に経済関係で抜擢されて以来(いや、逆に悪知恵を授けて採用してもらったのでしょう)、ずっとそうですね。数々の疑惑はあちこちのブログでも既に公になっている事ですが、逮捕はされません。悪いヤツほど生き延びるのが、政界権力構造ですから。

そりゃそうでしょうよ、小泉・安倍路線での経済閣僚であったのですから、そして今はその安倍が首相ですからね・・・民主党政権に代わっても田原総一郎がよくTVに出演させて、民主党と連立を組んで郵政民営化を尚批判していた国民新党の亀井静香と対決させた時、郵政民営化の実質上の推進者であったタコ造に向かって、あんたの言う民営化はインチキだ、何なら告発してやろうかとドスを噛ませた時、タコ造は一瞬真っ青になってました、TVで見たあの瞬間は記憶に残っています。

旧日本開発銀行(現日本政策銀行)からハーバード留学しても、博士論文は不合格。帰国後大蔵省金融研究所の研究員として、ハーバードで不合格となった博士論文を今度は、阪大助教授として母校一ツ橋大に提出するも、その内容が盗作であると、大蔵省研究所時代の同僚から暴露されてまた不合格。汚いヤロウです。

最大の疑惑は、なんと言っても現りそな銀行(旧大和銀行と三和、東海銀行などが合併)救済を巡る疑惑でした。倒産してもおかしくなかったりそな銀行、タコ造は当初救済しないとしていたものを、救済に踏み切り、紙切れ同然になっていた株価が、一挙に息を吹き返し、GSなど巨額の利益を得たとされています。インサイダーの巨大典型例です。この事を本にして暴露しようとしていた大蔵省研究所時代の同僚である植草氏は、電車内痴漢行為でブタ箱に入れられ、口を封じられましたね・・・

それだけではない、同行の粉飾決算で、税の繰り延べ資産計上のインチキをよく知っていた監査担当の朝日監査法人が監査を降りるとして、担当公認会計士であった平田さんが、自宅マンションで飛び降り自殺。そして朝日が旧大和銀行による自民党への突出した融資54億円の疑惑を報じ、鈴木記者が東京湾?だったかで土左衛門死体となって浮いていた・・・全ては謀略による不幸死、りそなをどう処理するかの中心に居たのはタコ造。

かろうじて郵貯資金を狙うユダ菌たちの思惑は何とか避けて、民営後の郵貯株式は、まだ外資の手に渡っていませんが、タコ造による謀略はほんとに危ないものでした。郵政民営化に真っ向から反対していた三井住友MSBCの西川頭取を、謀略によって手籠めにして、民営化郵政の社長に据えて、完全に牛じってしまった。繰越損失が巨額に上り、倒産しかかっていたMSBCに対し、ゴールドマンサックスを紹介して助けさせた、でもGSの金利は12%(笑)。

その後のオリックス宮内などとのカンポの宿疑惑が生じ、鳩山邦夫大臣が激怒して、結局、西川郵政社長のクビを取っただけで、その時は麻生内閣でタコ造は政界引退の立場にあったから、タコ造にまでお縄は回らなかった。

このタコ造、金融権力の座に座っている間にやったことは、正に国家を私物化する政治ばかり、ミサワホームが倒産しかかった時も、実兄がミサワの役員であった関係で、当時の経済諮問委員会議長の奥田に頼んでミサワをトヨタホームの傘下に入れさせた。勝手な行動に怒ったミサワ創業者の三澤千代治はタコ造を大臣による職権乱用として刑事告発したものの、小泉の権力で警視庁もダンマリ・・・

他にも政府刊行物の性格を持つ郵政民営化宣伝チラシなどを、自分の秘書と関係深い社員二人しかいない有限会社に1億5千万円も発注、国会でも追及されて、個別の契約には何も関わっていないとして逃げ切るなど、もう国家と言うものを、自分のものとするような輩でした。

こんなのが未だに政府の諮問員会に座り、あれこれ勝手ばかりしおる。国民に向かって投資市場でメシ食って行けというくらいの男ですから、年金基金などをユダ菌に差し出すことくらい、何とも思っても居ません、郵貯がそうでしたし。やばい連中は多々居ますが、若手では進次郎が要警戒・・・

しかし、タコ造!、御用だ!と言って十手にかける平成の銭形平次が居ないのが、悔しい限りですね。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.418 )
日時: 2013/07/11 09:13:34
名前: イントィッション

おっちゃん!

おっちゃんの朝日の2面の記事の情報からつながるような情報が入ってきました!!!

>得体の知れない海外のフアンド証券を買って生活を維持せよなどと、飛んでも無いことを言い、労働してまっとうな所得を得る場は、どんどん減らして不安定にし、派遣労働制を敷き、今回は限定正社員制度を導入しようとする。自分はブラック企業臭い派遣業のパソナの会長に納まり、不安定な労働者を増やし、テメエの所の派遣業で儲ける。楽天三木谷などを議長にしてその制度を立法化しようとしている

  ↓

米投資ファンド 債権資金流出 7月10日 10時42分

アメリカが、近く金融緩和を縮小す るという見方から、債券市場から資 金を引き揚げる動きが強まり、アメ リカ国債など債券を運用する投資 ファンドの間で、資金の流出が加速 しています。

アメリカの中央銀行に当たるFRB =連邦準備制度理事会が近く、量的 緩和を縮小し国債など債券の購入規 模を減らすという見方から、緩和マ ネーが流入していた債券市場から資 金を引き揚げる動きが強まっていま す。
アメリカ最大の投資信託会社バン ガード・グループは、9日、先月の 資金の流入額から流出額を差し引い た金額が、1994年以来、19年 ぶりにマイナスになったことを明ら かにしました。 また、アメリカの調査会社、モーニ ングスターによりますと、アメリカ 最大の債券ファンドPIMCO=パ シフィック・インベストメント・マ ネジメントが運用するアメリカの投 資信託も、先月、資金の流出額が流 入額を上回り、145億ドル、日本円で1兆4600億円の資金が流出しました。 これは、調査を始めた1993年以 来、月間の資金の流出額としては最 大になります。
大規模な金融緩和を背景にアメリカ の債券市場では、これまで国債など 債券価格の上昇が続き、年金や投資 信託の運用を手がける投資ファンド の多くが債券を中心に運用していま したが、資金の流出が加速するなか 対応を迫られています。
 ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20130710/k10015936021000.html


どこに流出したんだろうかぁ??? もちろん、インサイダー詐欺取引のロックフェラー爺の甥のJ ロックフェラーのゴールドマンサックスなどに行ったんでしょうね〜。。。
朝日新聞が、2面も使って、金持ち爺たちに得体の知れない海外のファンド証券買え!なんて、(まー、田舎の役所にもファンドの基金を集める詐欺証券マンが、こっそり訪れ、国民の血税をごっそり盗んでいっているんではないでしょうか?)

だから、田舎の役所団体は、自民党を応援するしかない! と言うことなのでしょう。と、思いますが。。。
役所は田舎の馬鹿ばかりだから、バブル崩壊に、リーマンショックで、今度はアベノミクスで詐欺犯罪3度目なのに、まだ気が付かないということは、貧欲ばかりになったんでしょうかぁ??? この国は。。。

先日、駅でプレジデントという詐欺証券グループを宣伝する雑誌にこんなことが書いてありました。。。
世界三大投資家の一人、ジム・ロジャーズ爺(70歳なのに娘がまだ金髪の10歳ほど!)で、日本に対してこう発言しています。。。
 「日本の若者は、皆公務員になりたがっている! 誰も、何かを発明して製造しようとかしないので、日本も終わりでしょう!」というような内容!!!

もう怒りました。。。 お前らが、良いものをつくって、売り利益を得た労働者から、株と称して、その利益を根こそぎ盗もうとするから、若者が製造業には行きたがらないでしょう!!!

大きな顔をした投資家というものは、金をどうやって合法化して盗むか! ということには頭は長けていますが、本当はmのすご〜い馬鹿ですね!!!  強欲なものの命は短い! ということが理解できないんですね〜!!!
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.419 )
日時: 2013/07/11 11:55:17
名前: 米金融政策と日本・・満天下有人

貼り付けのNHK記事は昨日午前のものですね。金融緩和終わりと感じたPIMCOなどが、国債市場から資金を引き揚げ始めた。当然ドル売りを伴います。相対通貨である円が昨日100円を切って若干の円高に振れて、今朝がたの日経平均は117円安で始まりました。

ところがロイターが9:20分頃に、6月18日の米連邦公開市場委員会議事録を公表、バーナンキは金融緩和を縮小したいとの意向を感じさせたものの(これがヘッジフアンドなどの国債売り=運用資金の縮小へ走らせた)、会議では経済の改善=雇用指数が明確に上昇するまでは緩和を継続すべしとの意見が強く、もう半年くらいQE3を継続決定、このニュースが飛び込んで日経平均も持ち直し・・・でも市場がFRB動向をどう判断するかは、まだ予測外。

要するに言いたいことは、こんな不安定金融市場で生活者も稼げと言うタコ造たちの考えが、いかに生活を不安定にさせるかと言う事です。

ジムロジャーズが言う、日本の若者は皆、公務員になりたがっている、そりゃそうだわな、こんなに自由経済か何かによって、企業資本に振り回されるようで且つ、国が公務員優遇政策を取っている以上、逃げ場はそこしか無いと思うのも当然でしょう。公務員たちも自分たちを批判するなら、悔しかったら公務員になれ、そう言う気持ちになってくるでしょう。

非正規労働、派遣労働に傾斜させられて、しかし若者の失業は自己都合退職が大きなウエイトを占めているなどと、ほんとのことを隠した統計で労働の自由を謳いあげる・・・過労防止基本法制定に熱心に取り組んでいるNPO法人POSSEによると、企業は解雇規制が非常に厳しく、雇用の硬直性によって生産性が損なわれていると言うが、だからと言ってクビにはしていない、7割は自己都合退職だ・・・しかし大卒後3年間で退職した若者の理由を全国主要ハローワーク前で調査したら、会社側から自己都合にさせられたと言うのが殆どであった。

おっちゃんもこの春に、親戚筋の若い者が退職を迫られて困っていると、相談を受けたことがありましたが、自己都合退職にしてくれたら退職金を上積してやると、盛んにパワハラをかけられていた、というのが真相でしたね。とにかく労働基準法を楯にねばれと助言し、未だにがんばってはいる様子です。

タコ造や楽天三木谷などは、この層にも金融市場で稼いで生活しろとでも言うのか(笑)。
市中にオカネはばんばん流すよ〜!景気が良くなるよ〜!一種のマインドコントロールを無責任にやっているだけのマンガ世界です。実体はイントちゃん貼り付けの記事の通りで、ユダ菌たちだけが乱舞しているだけですね・・・NHK記事の資金が「流出した」と言う、その中身には触れていませんが、多分、元々が金融緩和による借金で市場を動かしているのですから、市場から引き揚げた資金は、一旦返済しているか、どこかに隠しているかでしょう。

とにかくシンゾー一派には、アメリカにマインドコントロールされる者が多い。いや一緒になって国民をコントロールしている。

ここでも別スレッドで、何やら佐野美代子のスピリチュアル引き寄せの法則?なるスレッドで、あれこれ投稿があるようですが、国民側にもマインドコントロールされる素質があるようです。たまたま家の者が昨日、近くの駅前でその佐野女史が街頭でPRしているのにぶつかって、でもこのクソ暑いのに誰も振り向く者はいなかった様子。どういう感じなのかと聞くと、何かはよく分からないけど、キナ臭い匂いは感じたと。参院選選挙運動かと思ったらしいのですが、多分、次はシンゾーに取り入って衆院選全国区にでも出るのじゃないかな?その布石としてやっている気配も感じる。

・・・いずれにしてもソロスからすれば、いやジャパンハンドラーズ達からすれば、金融を始め、マインドコントロールし易い最大の有難い国家国民として位置つけられていることは、確かです。スピリチュアルで、オカネを引き寄せるのではなく、どんどん吸い上げられている・・・ガハハハッ!!。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.420 )
日時: 2013/07/13 07:05:21
名前: さすがに低下支持率・・満天下有人

それにしても選挙風景の報道を見て、いつも思うことだが、タスキ掛けの候補者が、コメツキバッタのようにペコペコして、有権者によろしくお願いしますというあの光景、社会、政治をこうしたいが為に政治の場に出るなら、何も平身低頭することも無いのに、私に政治屋家業の就かせて欲しい、正にそれだけの為に立候補している様がよく現れている。
これが日本的というかアジア的とでも言うのか、それが政治体質なのかも知れない。

例によって大手紙やTV世論調査など、どこまで有権者の意向を反映しているのか、信じるに足りないのだが、それにしても安倍自民党及びその政策に対する反応が変化している。

時事通信 7月12日

内閣支持率 −)3.8  53.6% 
不支持率+)3.3  23.3%

朝日7月1日

比例投票先自民党 44%  全体の45%を占める無党派層の自民党への投票21%
安倍のミクス評価する。今回50%(前回63%)  評価しない31%(前回19%)
賃金や雇用の増加が期待できる。今回32%(前回44%) 期待できない。今回45%(前回36%)

(・・・昨日も日銀黒田は、2%インタゲ達成の可能性は出ているとコメントしていたが、マネタリストによる紙幣増刷によって、何故インフレになり、それがどのように国民生活に利益をもたらすのか、ややこしい理論は横において、生活物資は値上がりでなく、値上げによって高くなりつつあり、昨日など冷凍食品業界が17%の値上げを発表していた。インタゲなるものが、どういうものなのか、国民も少しづつ分かり始めたのかも知れない。金融政策が米政策に連動していることが分かってくれれば、尚ありがたく、評価しないは軽く50%を超えると思うのだが・・・)

外交評価する49%、評価しない29%

(オバマに日米会談を断られたことを、日本独自の外交を始めたとでも勘違いしているのだろうか・・・外国に補助金付きで原発を輸出する政策を良しとするのだろうか、国内で事故処理も出来ないのに。福島事故の海へ流れ出ている放射能が測定の度に高くなっている。)

国内社会保障関連の財政は悪化の一途をたどっている時に、外にはどんどん支援する政策、何故それで良しとする見解になるのか、あたしにはさっぱり分からん・・・そして外国労働に頼り国内ではクビ切り正当化法案=労働基準法の緩和をしようとする政策の、どこが評価できるのか・・・

支持率、個別政策への疑問符が増えて来たとは言え、国内食い散らかしを支持する者が、未だに大きなウエイトを占めている。スラム化を期待する気持ちって、このクソ暑さのせいか、全然理解できない。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.421 )
日時: 2013/07/13 09:56:19
名前: イントィッション

おっちゃん。。。

なんだか、末恐ろしくなってきました。。。

原油価格の高騰だとか。。。 理由は在庫が、少なくなってきた???

事実はどこに?!?

しかし、なんで、自民党の支持率高いんだろうか?
そんなに、皆、生活が不幸になっていくことがうれしいんでしょうか???

今、非正規労働者が2000万人を達した! 全体の35%ほどで、3人か4人に一人が非正規雇用! それで、成熟した労働人口は今、戦後一番多いでしょう! だって、第一ベビーブーマーが退職直前か、持続的に働いている人も増加! そして、その第二次ベビーブーマーが30代から40代! それなのに、税収が減り続けていると言う話が変な話! 

法人税率が日本は35%だと言うから、雇用を小さくしている会社は利益が大きく伸びている! 

昨日、小さな子供を持つお母さんに聞いてみました。
もし、お金がたくさん入ってきたら、何が一番欲しい? と。
答えは、「そりゃ、いろいろ欲しい! まず家が一番欲しくて、他に色々買いたい! 旅行もたびたびしたいし、美味しいものも食べたい! それも安全な質の良い食品! 贅沢言ったらきりがないけど。」

つまり、家がほしい! ということは、家電にしても新しく買い換えたい! ということでしょう! 照明なども、ウキウキして選べるし。。。

玄関はどうする? 壁は? バスタブは? 台所は? 窓はどのような形? セキュリティは? 家は小さくても、便利で掃除がしやすく! でも敷地は少し広めで、庭でバーベキューパーティができ、ご近所にあまり迷惑がかからないところがいいなぁ!

小さな子供を持つ親は、もう夢がいっぱい膨らんでいるはず! お父さんの収入も毎年アップして、子供の教育費も貯めて、災害や病気のためのしっかりした保険にも入りたいし、預金もしたい!

もし、家が手に入ったら、家族ともども幸せで守っていきたい! というのが普通の希望ではないですか???

そして、もし若い親が、収入がたくさん入れば、やはりものがたくさん売れる! というのが事実です!
それなのに、現在、子供の5人に一人の割合で、貧困!!! それなのに、限定正社員で、労働者の収入を削っていく!!! 

そして、中国に矢を向けて、憲法を改悪し、国防軍だ? そして、アベノミクスで地方には、もう少し待ってください! 必ず皆さんの収入はアップしますから! と言って、参院選で自民党がまた政権を盗った途端に、金利が上昇! ということが決まっているらしい! 住宅ローンを組んでいる人が、今のうちに固定金利にしておいたほうが良い!と発言!

こんな嘘八百の阿呆サギノミクスを支持し、投票することは、自分に矢を向けていることとおなじですよね〜。。。 たまたま、サギノミクスで株価が高騰し、儲けが出た! さっそくサギノミクスに支持持続!?
でもね〜。。。 そのサギノミクス、もう大変なことになっていますよ〜!!! WWW

あ〜ぁ、世の中、矛盾だらけですね〜。。。 

 
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.422 )
日時: 2013/07/13 13:25:53
名前: ジプシー化政策・・満天下有人

原油価格の高騰は多分、エジプト政変とシリア内戦によるものでしょう。そしてシカゴ小麦相場がジリジリと値を上げ始めました。いわずと知れたエジプトの食糧危機が影響していると思います。エジプトは世界でも有数の小麦消費国で、いつも内乱の原因になっていますね・・・

殆どが輸入頼りで、年間約1000万トン消費、在庫が20万トンしかなくなっています。どの程度の量かと言うと、人口8千万人でこの消費量、我が国は人口1億2千万人で600万トン、9割が輸入。最もオコメが主食ですから、比較は難しくても、エジプトの小麦消費量は大きい。在庫が一気に減少しているのは、輸入出来なくなっている証拠、外貨準備金=ドル保有高が底を突いているからで、アメリカは言う事を聞かないと輸出してやらないとの圧力もあるからでしょう。

我が国は言う事聞くし、且つドル保有高はまだ底をついていない、と言っても、貿易収支は既に赤字に転化、円を売ってドルを買ってるよなもので、しかしそれが戻って来ない米国債になってるから、それを売ると言い出すと、穀物は売ってやらないと、駆け引きの道具にされてしまう。

食糧は国家の重要な安全保障であると、何度も書きましたが、今や円を印刷してドル紙幣を買って保っているイビツな構造になってしまっている。それで以って食料も手当している。

そして国民の購買力も、派遣労働に非正規労働にと、益々不安定になって、昨日の労働統計では全労働に占める非正規の比率は38%にまで上昇しています。そして限定正社員制度が法律化されたら、もう職を求めて放浪するジプシーのようになる・・・国は国内で働き口がなければ海外に行けと言ってるようなもので、ジプシー化政策を推進しているようなものです。

円安にして物価を上げて、それによってインタゲ2%達成と喜び、そして物価は上げて雇用は不安定にする、大和の国は、むしろ定住型を以って安定していたのですが、どうやら政治はそれが嫌いになってしまったようです(笑)。不安定な国にしたくてしょうがないようです。原油高の不安は要するにエネルギー源の不安定になり、加えて円安政策で輸入価格に上乗せさせる。文句あるなら原発再開じゃ、としか言わない。国家大計などどこにもありません。これもまたジプシー化したい政策の現れでしょう・・・ジプシーは差別用語で余り繰り返すと御咎めを受けそうですが、欧米では放浪して盗っ人になると言う意味合いが強いそうですが、多国籍企業も同じ体質なのだから、彼らが批判する筋合も無いのに、蔑むのですね・・・それに迎合する我が国は、如何なる立場になるのかな(笑)。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.423 )
日時: 2013/07/14 09:35:54
名前: エジプト情勢・訂正・・満天下有人

前稿で、殆どが輸入頼りで、年間約1000万トン消費、在庫が20万トンしかなくなっています。と記しましたが、ロイター電が報じたエジプトの小麦「消費量」1000万トンをそのままに記したのですが、正確にはその1000万トンは全部輸入量で、消費量は1800万トン、自国生産量800万トンを差引いて輸入量が1000万トンである、そのように訂正いたします。

そして在庫は常時500万トンあったのに、それがたったの20万トンに急減している。エジプトを操縦しているアメリカが、緊急輸出に踏み切るかどうかは、エジプトがアメリカの言う事を聞くかどうかにかかっているとも申しましたが、別スレッドで私が陰謀論者紛いだと批判されているので(笑)、少し事実関係を記しておくことにします。

アメリカが言う事を聞かないと食糧は支援しないとのエジプト操縦の経緯は、

〜1970年:ナセル大統領が*スエズ運河の支配権を巡って英仏と対立。ソ連の援助を得る。

〜1973年:ナセル急死によりサダト大統領就任。第四次中東戦争でイスラエルの占領を撃退。
和平会議で逆にカーター米大統領の介入で米・イスラエルに接近、76年にソ連との友好条約破棄。サダト大統領とイスラエル・ペギン首相はノーベル平和賞受賞。81年にレーガンが、イラン革命で反米に回ったことから、中東の憲兵をイランからエジプトに転換。これによりエジプトはアラブ諸国からアラブの裏切り者の烙印を押される。

〜2005年:ムバラク大統領の圧政により民衆暴動頻発。軍は中立の立場を取り、米意向を踏まえて民主選挙を支持し、イスラム同胞団のムルシ現大統領を選挙で当選させる。

その軍が今回、民衆を背景にムルシム大統領を引き下ろしている。しかしアメリカは再度民主選挙を求めており、エジプト軍に毎年1300億円の援助をしている手前、軍にもクーデターであるとして強硬姿勢が取れない。軍もまた表だって反米姿勢は取れない。それは保有戦車数約2500車両の内、2200車両が米国製、戦闘機392機中226機が米国援助による。そして小麦は米国産に依存と来ては、米国意向でしか内乱は解決出来ない、そんな構造になっている。そして背後に居るのは米軍事産業と食糧メジャーである。その意向を無視して米政府が、エジプトに真の民主主義国家実現に向かう筈がない。

*スエズ運河の支配権:
ナイルを治める者がエジプトを治めるとの格言にあるように、ナイルの出口であるスエズ運河は、エジプト制覇の重要拠点になっていることが、近世の事実である。

フランス外交官レセップスによる運河会社設立企画により、仏政府によって1869年に開通。英国は当然、東インドに通じる要所を独占出来なくなるから、開設に猛反対。ところが巨額の建設費をエジプトが返済できなくなり、チャンス到来とばかりに英国が、借金肩代わりをしてやるとして1875年に買収。資金は英ロスチャイルドが実質上拠出。そして1956年に上述ナセル大統領がソ連をバックに国有化宣言。

実に覇権争いの象徴になって来た運河である。パナマ運河はそれに比べて、穀物(当時では石油も)カーギル一社と米国覇権しかなかったから、割にスムーズに行った方である。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.424 )
日時: 2013/07/14 14:35:05
名前: イントィッション

>アメリカが言う事を聞かないと食糧は支援しないとのエジプト操縦の経緯は、

もう日本も終わりでしょうか???

シンゾーは、いつも都内の街頭演説は、統一教会の信者を集めるので、旗を持たせたあべ〜! という街頭演説が多いのですが、先日、金沢の街頭演説のYouTubeがありましたので、見てみました。。。
   ↓

 ttp://www.youtube.com/watch?v=uFqOlz9s5Qc

あまりの醜くさに、呆れ果ててしまいました。。。

皆さん、石川のこしひかり、おいしいですね〜。 おいしい加賀野菜、少し手を加えて、輸出するといいなどと。。。

つまい、腐りにくい猛毒が入ったモンサントの遺伝子組み換えに変えて、輸出すれば儲かるよ! という話でしょう!!!

このシンゾー馬鹿! モンサントの遺伝子組み換えがどんな怖いものかわかっているのかぁ???

そして、10年だったかで、所得が150万円アップする! 1970年代から80年代までにできなかったことが、今できないはずはない!!! と。。。 馬鹿統一教会の官僚や竹中平蔵が、また地方の田舎騙し!!!

森よしろう清話会は、統一教会と深い関係だし、稲川会ヤクザ小泉親子と大の仲良し! 衆院選で勝った馳 浩は在日!

地方は政治は統一教会に汚染されているし、メディアはラジオが特に、幸福の党???詐欺不幸の党と創価に汚染されまくっています。。。

 何も知らない馬鹿B層には本当に困りものですね〜。。。

 ところで、こんな記事を見つけました!!!

 参院選で自民党と統一教会が裏取引か?
   ↓
   
  ttp://dailycult.blogspot.jp/2013/07/blog-post_7.html


   今月4日に公示された第23回参議院議員選挙。
優勢が伝えられる自民党に、統一教会との裏取引疑惑が浮上した。

“取引”に沿って日本統一教会松濤本部は、自民党公認の比例区の候補者への期日前投票を全国の地区教会を通じて信者に指示、更に3000人もの信者が選挙活動を行なうという。

その見返りとしてこの候補者が当選した暁には、噂される教団への警察の捜査を先送りにしてもらうというのだ。
これには捜査の先に見える宗教法人取消しを逃れたいとの意図があるようだ。

統一教会が組織を挙げて行なう安倍晋三総理の地元選出の候補者への支援、自民党と統一教会の取引疑惑について報じる。


◆警察の捜査〜宗教法人取消しを危惧

本紙でも度々報じてきたように、統一教会では内部告発などにより教団のコンプライアンス違反が多数発覚している。それに伴い、警察・公安による教団への捜査も噂されている。

その情報を入手した統一教会松濤本部は、宗教法人取消し問題へ発展することを懼れ、ある有力な自民党議員を通じて安倍政権に接近したという。

統一教会は参院選に於いて全国組織を挙げて自民党の比例区特定候補者への支援を約束、その見返りは宗教法人取消しという事態へ発展しかねない『松濤本部への捜査』を先送りにさせるとのことだ。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.425 )
日時: 2013/07/14 17:12:24
名前: 薄気味悪い参院選・・満天下有人

ただ今、不在投票を済ませて来ました。区役所の投票場入り口に並べられた机の上に、新聞一面くらいのサイズの広報がずらっと並べられて、全国区や選挙区の候補者の一覧と公約でも書かれているのかなと覗いて見たら、ほとんどがジンゾーの写真を真ん中に置いた自民党宣伝の紙面ばかり・・・次は他の政党のもあるのかなと一応全部に目を向けましたが、殆どが「日本を取り戻します」と、シンゾーの写真ばかり。正に復古調単独政党による政治が、いよいよ始まるのかと思うと、薄気味悪くなってしまいましたよ。

選挙区は投票しても良い候補者がいないので、大声で白紙投票しても良いかと聞くと、30人くらいいる事務方がびっくりして、暑さで高齢年寄が発狂して頭おかしくなったのかと言わぬばかりに、ほんとにこの候補者一覧に対象者はおりませんかと念を押すので、これ皆、ウソつきばかしじゃ!とはっきりモノ言ったものだから二度ビックリ(笑)・・・全国区はちゃんと投票しましたら、エレベーターで1階までエスコートしてくれました(笑)。

ただでさえ薄気味悪い選挙なのに、またシンゾーの統一教会が出てくるのですね。祖父・岸信介以来ですから、癒着は強かろうと想像に難くありません。第一次安倍内閣の頃も、各地統一教会大会には必ず祝電を入れておりました。親戚筋に信者がいたので、実情はよく知っております。

さていよいよ薄気味悪い政治が始ります。それをジプシー化政策であると、新たなキャッチフレーズを付けましたが、ほんとに不安定な社会が到来することでしょう。食品輸出の掛け声も、一方でアメリカに支配され、その出口を外に求める、一体どれほどの生活向上になるのか、微々たる額でしょう、大きなものは間抜けで穴をあけておいて。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.426 )
日時: 2013/07/15 13:46:21
名前: イントィッション

おっちゃん、本当に、怒りますね〜。。。

こちらも誰にも投票する人物がおりません!!!

自民党に当選させたくないので、民主の少し信頼できるひとにしようかな〜っと! 思ったりもします。。。

しかし、今残っている民主の主な人物がほとんど信用できません!!! 輿石さんと、海江田さんぐらいでしょうか?
少し、信用できるのは〜。。。
 野ブタ! 菅! 枝野! 前原! 絶対ダメ!

民主と言う集団は、野党になると、国民に対して、真っ当な政治を歌う人が表に出て、ユダ菌の奴隷は裏に引っ込む!(笑

まったく、出てこないのもおります! (笑。。。

自民党は、今、裏に要る人は結構まともなことを発言していたが。。。特にISD条項を暴露したゆかりちゃん。。。
野党の時は、必死になってTPP大反対していたのに、自民が与党になるとありぁ??? ゆかりちゃん、何しているのかしら〜??? 毎日、自民党本部でお昼寝かしら〜??? 
あら、それとも日銀の中の幼稚園で、タコ造と(どうやって国民に知られないでユダ菌にお金を差し出すか?)と日々、ドルと円の札束抱えて、お遊戯ごっこしているのかもしれません!!! 見物人は、日銀偽総裁クロちゃん!(爆。。。

昨日、午前中にある会合に出席して、選挙陣営の事実を話したら、「え〜、でも何かいいことあるかもしれない。」だって。。。 ふ〜、メディアの嘘八百鵜呑みにしている人は、ほんま、選挙に投票しないでほしい!!!
大迷惑!!!

自民党がねじれを解消??? つまり、自民党が政治を全コントロールしたら、自民党に投票した人は、何か良いこともあるかもしれない! と、消費税が10%で自分で労働したお金盗まれても、年金給付が減らされても、生活必需品や医療保健がアップしても、TPPのアメリカの車のために、軽四の税金が増えても、若者の雇用が減らされても、福島の被災者の復興金ががなくなっても、年金基金が、全部ケイマン諸島やバージン諸島に行ってしまっても、地方の野菜が遺伝子組み換えだらけで、子供たちのアレルギーやぜんそくや大人の癌が多発しても、ず〜っと何か良いことあるかもしれない!と、待ち続けているんですね〜! 

  ほんま、幸せと言うか、間抜けと言うか、平和ボケと言うか、原発再稼働の反対もしません!!! ず〜っと、自民党だと何か良いことあるかもしれない! と待っておるそうです〜WWW
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.427 )
日時: 2013/07/15 20:46:57
名前: 満天下有人

あっはっは、イントちゃん、もう民主党はダメ!輿石、海江田なんぞも、政権与党であったのに、煮え切らない態度ばかし取っていたでしょう。

状況によって表政治と裏政治を交互に使い分けするなんて、既にゾンビです。

シンゾーもゾンビ、そしてゾンビ大好き国民が、うようよ・・・間もなく樹海を彷徨する時が来るでしょう(笑)。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.428 )
日時: 2013/07/16 07:20:36
名前: マレーシアTPP交渉・・満天下有人

昨日15日、マレーシアで拡大交渉会議が始った。日本の交渉参加は米国議会の承認を要する為に23日でないと参加出来ない。そこで最終日25日にコメ、小麦、牛肉など農業5品目について、関税撤廃の例外とする考えを主張するそうだが、関税項目はその前の20日に議論される。アメリカだけでなくアルゼンチンや豪州も穀物及び畜肉の輸出国であるから、大勢は聖域無き関税撤廃の線で合意される可能性が強い。25日に例外を認めろと主張する我が政府の姿勢は、国民に向けたアリバイ証明に過ぎないものになる。と言うのも、後発参加国はその要求がかなり制限される事になっており、同じ穀物、畜産物輸出国であるカナダも米豪と競合する関係上、一定の関税は必要であるとする要求も、後で参加したものだから、主張は認められていない。

民主党政権時代に菅、野ブタどもが、一刻も早く参加したく国民をだまし討ちにするような姿勢で迎合、安倍も2月の日米会談で、両国共に「センシテイビテイ(国民の微妙な感度)」、があることを米政府も認めたと、関税撤廃に聖域もあるとの感触を得たとコメントしていたが、実務者会議で米側は、この問題は議会の承認を得なければならない、よって二国間の懸案事項として話し合おう、つまり米側のセンシテイビテイは議会とTPP事務局をおもんばかっての事にあると経産省も感じ取り、そう簡単に聖域なき関税撤廃の旗は降ろさない、よって安倍が聖域もあるから即交渉参加するとの帰国後の声明文を、帰りの機中で修正してしまった経緯がある。

現に帰国後の施政演説ではそのことに深く触れておらず、逆に農家の頭をなでるように、我が美しき田園風景は守ると、実際の対米交渉内容をすり替えてしまっていた。

民主党政権の時の山田農水大臣はTPP反対で、大臣を降りた後に訪米し、TPPを仕切る米通商代表部のカトラー代表補との会談で、安倍首相が関税撤廃には聖域もあるとコメントしていたが、ほんとかと確認した所、コメでも時間をかけて0にしてもらうと断言されたそうだ。そしてペルーでの交渉会議で遺伝子組換え食品の表示撤廃は事実上決定されている、続いて原産地表示も撤廃させるとも言われたそうだ。冗談じゃない!スーパーで肉などを買う時、どの国で生産されたかも分からぬ物を食わねばならなくなる。BSE牛騒動があったのは、ついこの間のことではないか、だが安倍政権になって店頭にはアメリカ産牛豚肉がどんどん増えてしまっている。全部が危険という物でもないが、昔アメリカの飼育場や畜肉工場の一部を見た私にとっては、どうにも信用出来ないトラウマが消えない。

それにしても参加交渉が米議会承認事項にされ、且つ、交渉国は会議での討議内容を公表してはならない制約を受けるこのような協定のどこに、公平さがあると言うのだろう、事実上米国の言うままのお仕着せではないか。どうしてそれにのめり込むのか、野ブタ政権の時に、民主党内で政党助成金を議員に配分する時、野ブタはTPP賛成か反対かの踏絵まで踏ませていた。そして安倍による巧妙なゴマカシが始る。25日のマレーシア会合最終日に聖域に関する演説を行うとの安倍政権によるアリバイ証明、そんなこと認められなくとも、参院選は既に終わっている。聖域ある関税を主張したがダメだったと言う事で話は終わってしまう。昨年末の衆院選で、TPPには参加しないとした自民党、圧倒的多数を取れば、後は野となれ山となれで、テメエらだけの権力維持を恥ずかしげも無く、大っぴらに公約違反する。

そしてそれを認める国民、先月下旬のFNN調査ではTPP賛成の世論が55%だった。

TVで見たマレーシアでのTPP反対デモ。人口が我が国の1/4と少ない所為か、静かなデモである、が、参加者のどの顔を見ても、知性を感じた。今でもオバマに公開手紙でアメリカの横暴に対し抗議するマハテール元首相が居るお国柄のせいか・・・

翻って人口4倍の我が国の知性はどうなっている。デモどころかTPP賛成が半数強も居る。安ければ何でも食うのか。外から与えられる不安定な物に身を委ねたいのか。我が国と同じ%で世界最低の食料自給率に落ち込んでいる韓国など、米韓FTAでいよいよ自国生産が出来なくなっている。豚肉など生産すると一頭当たり赤字が円で1万円にもなり、廃業に追い込まれる農畜産家が激増している。我が国も早くそのようになりたい国民が、半数以上も占める異様な国に変わってしまっているということだ。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.429 )
日時: 2013/07/16 12:00:15
名前: インテリ層・・・天橋立の愚痴人間

最近阿修羅掲示板に新しい社会(修正資本主義)を考える事に関する投稿をしました。
内容は、グローバル化した経済の中で、働く場所を奪われる人々が続出していることを、どのように解決すれば良いかという命題です。
そのコメントの一部を紹介します。



>12. 2013年7月16日 01:47:02 : uNHRz81wgc

10. 2013年7月16日 00:54:29 : FMLG74UzoA さん
あなたは介護の現場を知っていますか,あれは職業ではありません。
ぼけ老人の垂流した糞便を安い給料で処理して,本当に奉仕の行為です。
普通の職業ではありません。
あなたはあなたの子供を介護ヘルパーにすることができますか。
経営者は儲っているでしょうが,職員は奉仕の精神なくしてやってゆけませんよ。
子供でさえもできないことを,他人の糞のついたけつを拭いているんですよ。


>13. 2013年7月16日 09:04:58 : FMLG74UzoA
>12
>あなたは介護の現場を知っていますか,あれは職業ではありません。
きちんとした職業ですよ。

そして重要な仕事です。
佐川急便も同じです。

そして、どちらも未経験者歓迎。

重要なのは、職は余っているというのが今の現実の社会だということです。

未経験者歓迎で、多く余っている仕事なのだから、仕事内容が厳しいことは当然でしょう。


そういう仕事が不満なら、特殊技能を身に着ければいいだけです。

日本語、英語が不自由なく使え、もう一か国語、新興国の言語を習得し、ワード、エクセル、パワポがそこそこ使いこなせ、プレゼン能力があれば引く手あまたです。

そしてそれらの技能は、安価で比較的簡単に習得できるものばかり。

現に私の知人は上記の技能を身につけて、結構いい給料を稼いでいます。


職経験に乏しく、特殊技能を身につける努力もせずに、ラクで高給な職業につこうと考える方が甘えているのではないでしょうか?


>14. 2013年7月16日 10:31:09 : FpcNh2qM0k
ただ仕事があればいいのではないですよ。
誰にでも自由な時間と十分なお金があれば
世界から戦争がなくなります。

ひとにぎりの者だけが富を独占し

洗脳と搾取により
大多数が奴隷として酷使され
ぼろ雑巾のように捨てられる社会はもうやめましょう。

阿修羅にも
奴隷の人夫頭のような心根の人がいますが
はやく気付いてください

金融独占資本主義は
人類にとってもう不要なのです。


>15. 2013年7月16日 10:49:35 : FMLG74UzoA

>14さん
>誰にでも自由な時間と十分なお金があれば世界から戦争がなくなります。

今の資本主義社会ならば、誰でも的確な努力さえすれば、あなたの言う『自由な時間と十分なお金』を得られる可能性が極めて高いのですよ。

それは>13で説明した通りで、私の知人はちょっとの努力で高給を得ています。

ソフトバンクの孫正義も、アップルのスティ−ブ・ジョブズも、的確な努力のおかげで、無資産、無資金の状態から大成果を収めました。

そういう意味では、資本主義社会は的確な、わずかな努力さえすればよい社会とも言えます。

我々は、一部の特権階級だけに利益が集中する共産国家に暮らしていないことを感謝すべきです。

そして、>13で説明したような前向きなわずかな努力をしていきましょう。



>16. 2013年7月16日 11:40:55 : 天橋立の愚痴人間

>誰にでも自由な時間と十分なお金があれば世界から戦争がなくなります。
○ 誰にでも自由な時間と十分なお金があれば、個人間の争いが絶えません。

>今の資本主義社会ならば、誰でも的確な努力さえすれば、あなたの言う『自由な時間と十分なお金』を得られる可能性が極めて高いのですよ。

○ そのことを1億2千万人の人に対して言える事ですか。
  TPPで仕事をなくす農家は、何をすればよいのですか。
  1億人分のアイデアの教示でも、御願いします。



(引用終わり)

この程度の認識の連中が、インテリと自称している様は、

>TVで見たマレーシアでのTPP反対デモ。人口が我が国の1/4と少ない所為か、静かなデモである、が、参加者のどの顔を見ても、知性を感じた。今でもオバマに公開手紙でアメリカの横暴に対し抗議するマハテール元首相が居るお国柄のせいか・・・

まるで小学生の様な反応より出来ない連中、
とてもじゃありませんが、比較にもなりません。
人間力の劣化を目の当たりにします。

メンテ
国民の平和ボケは超特急! ( No.430 )
日時: 2013/07/16 16:47:52
名前: イントィッション

あ〜ぁ。。。

あ〜ぁ。。。

森まさこ参院議員のず〜ず福島弁が効いているのかぁ? 医師会が自民党の森まさこ議員を応援しているので、圧倒的に自民党が強いそうです〜!!!

あのね〜、福島県って、原発爆破後、いまだ15万人もホームレス!!!

もし、原発を継続する自民党が第一位なら、その原発爆破のせいでホームレスになった15万人も投票したことになるんですよね〜。。。

あの福島ですよ〜! 誰が自民党なんかに投票するんですか???

原発推進の自民党が買ったら、福島の国民は平和ボケどころか痴呆症ですね〜。。。

福島県民、皆、痴ほう症でっか〜??? (爆。。。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.431 )
日時: 2013/07/17 00:15:06
名前: 修正資本主義・・満天下有人

これはこれは、難しい問題提起ですね。阿修羅での提起趣意拝見しました。コメント投稿者の反応は正に森がどうのような構造で循環しているか、問題提起はそこにあるのに、木ばかりをいじくっているとの印象ですね・・・それはそれとして、橋立さんの修正資本主義について、

<資本主義の根本的考え方は、人間が持っている競争心、利己心に伴う緊張感の維持や個人の自由意志の確保と言う面で最も人間に適したシステムであることは認めなければならない。しかしながら、生産手段の発達と、一部の集団による際限のない利益追求(グローバル化)は、人々から働ける機会を奪っている。>

自由、利己心、競争・・・資本主義は正にその与件を資本に集中させることで成り立っており、資本が本来的に持っているその与件をドライブさせることによって失業も格差も生じている訳ですね、その二律背反を個別資本に解消させることは、そもそも不可能なことであると思います。「修正」されたものであっても、資本主義には変わりは無く、もし修正され得るものであるなら、それは既に資本主義でないことになり、よって修正資本主義なるものが、果たして存在し得るものなのか、これが私の一貫した疑問なのです。

昔、ヤフー時代に21世紀の世界トピでしたかで、組合力を結集させることにより個別資本の本能を抑制できるとして、唯物民主主義を唱えていたHN・シャリンチさんと言う方が居られました。そこでも疑念を表明したことですが、、それは単に資本主義なるものを一部封じ込めるだけのものであり、民主主義と資本主義を混同されているだけのものであり、その封じ込めのタガが緩んでしまうと、元の木阿弥に戻ってしまうと疑問を言い、以来、一貫して修正資本主義なるものは存在し得るものなのか、その疑念は今も変わりはありません。全く別の概念によってしか、新たな構造は生まれて来ないだろう、そのように考えております・・・

現に橋立さんが阿修羅趣意で<一部の集団による際限のない利益追求(グローバル化)は、人々から働く機会を奪っている>の通り、自由、競争、利己心なる資本の本能が元の姿を現してしまいました。

修正資本主義なる概念は、どのような経緯で出て来たものなのか、少し振り返って見ますと、資本主義国家陣営が、共産主義あるいは社会主義の勃興を見て、これはやばいと思い始め、資本主義を修正するのではなく、国家が社会政策的に資本主義の利潤追求の穴を埋める役割を演じた。そこから修正資本主義なる言葉が歩き始めたように思います。

(先だっての投稿でG8において安倍のミクスを批判したドイツのメルケル首相を評して、さすが修正資本主義の概念が生まれた国だけのことはあると書いてしまいましたが、あれは修正資本主義でなく、共産主義を修正するものとしての社会主義における「修正主義」であると訂正させて頂きます。)

資本主義なるものの当然の帰結として格差は生じると思います。絶対貧困も生じます。仮にそれを国家が所得の再分配機能を用いて穴埋めをするとして、それを修正資本主義とされるならば、修正資本主義達成は難しいことではありません。要するに個別資本の本能=自由、競争、利己心はそのままにしておいて、第三者、つまり政府によって構造はそのままにしておいて、穴埋めをさせるだけで済みますから・・・しかしそれとて対抗する主義構造が今では無くなってしまい、国家政治も元の資本主義に里帰りしてしまって(笑)、昨今の雇用問題などにおいて、逆に国家がそれを容認する有り様です。

仮に国家が社会政策的に介入したとしても、それだけでは絶対貧困問題は解決出来ないでしょうし、上述したように西欧資本主義が対抗する相手が居なくなってしまったら、手を緩めてしまい、言い換えると単に資本主義の穴埋めをやっていただけの事だから、元の木阿弥になってしまって当然です。修正だけでは根本構造の矛盾を解決することは、非常に難しいと思えてなりません。

その意味で、修正するにしてもその「資本」とは何なのか、資本主義とは何なのか、単に自由、競争、利己心の側面からだけでなく、原理原則を今一度振り返って足場を固め、そこから第三の道を模索される必要もあるのではないか、そのように思います。ただ共産主義と比較するのではなく、比較して資本主義が良い、だが穴がある、それを修正するという方程式とは別の概念が生まれるかも知れません。それを何主義と呼ぶかは別にして、自由、競争、利己心を内包したままでも、やって行ける道があるのでは、と思います。

だが資本的生産関係の中では実現不可能ではないかと思います。

キーワードは「資本」にあるやに思います。端的に言いますと、社会経済は、働く者の生活再生産という動かしがたい原則によって成り立っているはずで、資本なるものはそれをコスト、経費としか見なしません。社会的生活再生産の価値が、資本にとっては単なるコストとしか位置つけられないでは、どうにもなりません。

そこを先ず変えない限り、自由、競争、利己心なるものが、芸術、文学の世界における形而上的なものと同じ範囲に留まってしまい、あれもこれもの要素がミックスされて、なかなか纏まらないのではないかと危惧します。




メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.432 )
日時: 2013/07/17 01:01:35
名前: 修正資本主義・・・天橋立の愚痴人間

満天下有人さん、今晩は遅くまで起きておられるようです。
否、寝覚めされたのでしょうか。

新しい国のかたちとしての修正資本主義についてですが、それを「修正資本主義」と言う名で呼べば良いか、否かは判りません。

要するに人間社会から生きて行く事から緊張感を奪うことは絶対にしてはならないことと思います。
ですので資本主義の原理はどうしても残したい。

では現在の自由主義経済のありようより考えられないかと言えばそうでもなく、これは経済の専門家としての意見ではなく、現実を俯瞰しての、ど素人の意見です。

現行の資本主義のシステムの中でも、酒、タバコの専売が許されていたように、ある分野については自由競争から除外することはできます。

それを拡大解釈して、例えば農林漁業などの分野については国内での競争は認めるが貿易は原則禁止とすれば如何でしょう。

また、現在の金融システムは世界に張り巡らされて金融マフィアの影響の下で、1国が自国の経済計画の為に自由に通過の発行も出来ません。

満天下さんも言っておられるように金融鎖国に等しいものが必要となってきます。
金融鎖国をして国家が国家として自立して行けるなら、それも制限のある資本主義経済(修正資本主義)といえるのではないでしょうか。

また、このためには国内において食料費などの値上がりを国民が承諾しなければなりませんし、輸出で成り立っている企業の活動も縮小することでしょう。

しかしながら、総体は資本主義であるといえると思います。
いろいろな要素を含んだ資本主義経済のシステムを作るのです。
そのためには、民主主義、資本主義と言う概念が、際限のない個人の自由、権利をもとめられるという観念を捨てる事です。
これも、その昔は現在よりも相当制限されながら辛抱してきた事です。

昔は封建領主の為に辛抱してきたのですが、これからは共に生活するみんなの為に、あえて制約を覚悟するくらいのことはすべき時代になってきたのではないでしょうか。

私が言いたい新しい国のかたち、経済のかたち、修正資本主義とは、このような概念です。
この素人の、単純な発想を理論つけるのが経済学者の仕事と思っています。
発明、発展などの根源は、このように素人くさいものであることは多々あります。

現在、思われている資本主義の概念自体を、ゼロとして、あたらなに資本主義を作り出すくらいの発想です。

論理的な説明はともかく、どちらにしても、これを国民に納得させるのは至難の業です。
ですので文明史的転換が必要とも言っています。

資本主義、民主主義の世界の行方へは、これが出来るか否かにかかっていると思います。

できればドン底を見る前に、現行の資本主義のシステムに余力がある内に実現したいものですが、どうも、そのようにもならないようですね。


阿修羅にこのような内容を投稿しても、何の役にも立たないことは判っていますが、阿修羅の以前の悪がきたちにおだてられ、つい投稿してしまった次第です。

其の前に「25年 参院選」と言うスレッドを投稿しています。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.433 )
日時: 2013/07/17 08:01:54
名前: 福島県民の参院選・・満天下有人

イントちゃん、お早うございます。おっちゃんも福島での参院選結果には大いに関心を持っておりますぞ・・・因果関係は定かではありませんが、緑の風の立候補者が福島原発事故に近い村では、双頭の赤ちゃんが生まれるなど、奇形児出産が増えていると言ってますね。そして地下水にメルトダウンした放射能が海に流れ出ているのも、日が経つにつれて確かなものになっています。

シンゾーはあのように単なる幼児性単純アホですから、前後見境なく戦中戦前の国家主義で原発も継続したくてしょうがない。それをストップさせる者は有権者しかおりません。こと原発に関しては、被害膝元の福島の民意がどのような結果として表明されるのか、非常に注目されます。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.434 )
日時: 2013/07/17 10:01:37
名前: イントィッション

おはようございます。。。

昨日の東京新聞のやっぱり目つきがユダ菌の犬の石破壊の発言が述べてあります。。。

   ↓

 自民党は同党の改憲草案で、憲法九条を変更して自衛隊を「国防軍」にすることを掲げた。それに伴い、国防軍に「審判所」という現行憲法では禁じられている軍法会議(軍事法廷)の設置を盛り込んでいる。防衛相の経験もある同党の石破茂幹事長は四月に出演したテレビ番組で、審判所設置に強い意気込みを見せた。「死刑」「懲役三百年」など不穏な単語も飛び出した石破氏の発言とは−。 (小倉貞俊)

 ttp://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013071602000128.html

 ttp://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/9176b4654c82446c0b03ec03b8a8a12f?fm=entry_awc
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.435 )
日時: 2013/07/17 12:25:38
名前: 投稿テスト・・満天下有人

修正資本主義に関するレス投稿が、何度投稿しても「管理者許可後に掲載します」との表示が出て投稿アップされませんので、別途、テスト投稿してみます。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.436 )
日時: 2013/07/17 12:32:22
名前: Re:投稿テスト・・満天下有人

テスト投稿はちゃんと受理され、掲示板にアップされました。

すると前の投稿はどこかによって検閲中ということになります。

全く、嫌で不気味な社会になったものです。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.437 )
日時: 2013/07/17 13:40:07
名前: 天橋立の愚痴人間

満天下有人 さん

そんな経験は私もあります。
少なくとも、日が変われば解決していると思います。

最近、1日中掲示板のみがアクセスできなかったこともあわせて、アメリカのブロバイダーが原因のようです。
管理人さんは、其の内にブロバイダーを変えると言っておられます。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.438 )
日時: 2013/07/17 15:22:31
名前: Re:投稿テスト・・満天下有人

そうですか、では一日待ってみることにしまう。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.439 )
日時: 2013/07/17 15:27:35
名前: 天橋立の愚痴人間

あれれ、この記事は投稿できていますね。

もしかすれば、投稿できなかった文章に、この掲示板での禁句(あらし防止の制限句)が入っていたのかも知れません。
管理人さんが表で言われているもの以上に、何かがあるのかな、と疑ったこともあります。

まあ、1日ほど、待たれることも何かがあると思います。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.440 )
日時: 2013/07/18 06:21:39
名前: 石破サメ脳の軍法会議・・満天下有人

イントちゃんお早うございます。何だか投稿がうまく行かず順番が狂ってしまいました。

国防軍に関する石破サメ脳の軍法会議設置、これもまた順番が狂っていますね、それ以前に何故国防軍を設置するのか、そこを固めるべきの所、それをすっ飛ばしてもう死刑がどうのと言いだしおる。

別の場所では自民党は多数を取っても暴走はしない、安心せよと言いながら、憲法改正、特に9条に関しては暴走し、もう軍法会議まで持ち出しおる、これ暴走でなく何と言えば・・・

大手紙もやっとシンゾーの支持率が落ちて来たと言い始めました。下落率はマチマチですが、もっとも大きく報道したのは毎日、10%ダウンで5割を切り支持率43%だと・・・

でもねえ、支持を落とした世論の理由は「景気が回復しそうにないから」ですからねぇ、まあ質問項目にTPPや原発問題を問うていないなら、答えがそうなることもしょうがないとは言え、では、景気が良くなりさえすれば、国防軍もTPPも何でもOKだ、そのようにも思えますね・・・

ほんとにどこえ向い出したのでしょう、この国は、根本基準がどこに置かれているのか、コアも見ずに回りをグルグル回っているだけの有り様です。




メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.441 )
日時: 2013/07/18 19:41:03
名前: 危険度満載のシンゾー・・満天下有人

それでも自公が多数の議席を取り、衆参ねじれ現象は解消され、いよいよ危険度満載の政策が実行に移される。
最大の危険度は、国家権力を縛る憲法を改正して、国民の義務をより強化させることにある。どの国の憲法にも流れている永遠に侵すことの出来ない国民の基本的人権を縛る行為は、世界初であり、恐らく人類の歴史に深く刻まれることになるだろう。

そして自衛隊を国防軍に衣替えさせて、戦争しない兵隊は最高刑で死刑にすると言う。自分たちの係累縁者も平等に兵隊にして、そして激戦地を忌避する時、同じように死刑に処するか?・・・

内閣官房にアメリカそっくりの国家安全保障局を設置し、秘密保全法案も成立させることだろう。一体どの国が攻めて来ると思って体を震わせ、何におののいているのか・・・まだ太平洋戦争の時は、資源を巡っての列強の圧迫感もあった。しかし今の状況で何故、あの頃と同じ戦慄を感じ、あの頃と同じ国家権力による国民縛りをせねばならぬのか、一方で経済面では国際競争力を付ける為にとして、内部留保は260兆円もあるのに法人税は減税し、雇用者報酬は10%も減らし、その上で憲法では主権まで縛ろうとする、何故そこまでせねばならぬのか。

北海道札幌での街宣でシンゾーは、皆さん、この道しかないのです!日本を取り戻す道は、私が掲げている諸政策しかないのです!と喚いていたようだが、一体、歴史上のどの時代の日本を取り戻そうと言うのか?江戸時代の鎖国なら賛成もしよう、あるいは縄文時代の農業協同社会に戻ろうと言うなら分からぬでもない(笑)。だが外に向かってドンドン出て行きたい、その為の軍事強化政策を掲げているのだから、鎖国ニッポンを取り戻そうと言う意味でないことは、明白である。

とすると、一連の憲法改正、軍法会議まで一足飛びに出て来て、機密保全法までも含む一連の動きから想像できることは、あの国家総動員令によって、暗い暗い思いを味わされた、あの時代に戻ることで、日本を取り戻そうとしている他に、合致する時代の日本は考えられない。

こやつら、元々からして狂った体質は見え透いてはいたが、この熱中で、いよいよ狂い頭に拍車がかかって来たか・・・
ただでさえこの暑さで、頭が禿げる思いをしている時に、湯気を噴出させるようなことを、するな!!。銀座ハゲ天のテンプラ食うだけでは、精もつかないし、怒りも納まらぬわ。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.442 )
日時: 2013/07/18 20:03:09
名前: 危険度満載のシンゾー・・天橋立の愚痴人間

>歴史上のどの時代の日本を取り戻そうと言うのか?

江戸時代の鎖国なら賛成もしよう、
あるいは縄文時代の農業協同社会に戻ろうと言うなら分からぬでもない(笑)

アッハッハ

座布団10枚!


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.443 )
日時: 2013/07/18 21:19:14
名前: Re危険度満載のシンゾー・・満天下有人

あはは、このクソバカどもに付ける薬はありません。

昔、仏文学スタンダールの赤と黒に出て来る小話を紹介したことがありました。

ナポレオンが側近の何とか卿に、「戦争とは何だ」と問うて、応えて曰く、「戦争とは、付ける薬の無いバカに付ける薬です」と・・・

このクソ馬鹿どもに分からせるには、先頭に立たせて戦争をやらせるしか、治す薬は無さそうです。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.444 )
日時: 2013/07/19 07:00:03
名前: やはり精神障害のシンゾー・・満天下有人

前稿でたまたま、シンゾーは何故かくも時代かかった政策を強行するのか、一体何におののき、何が怖くて歴史を逆回転させ、国民をかくも閉じ込めようとする政策を連発するのかと書いた。

日本を取り戻すとするその時代とは、縄文時代にまで遡ると言うのかと迄、揶揄ってみた。そしたらシンゾーは一種の強迫性人格障害の疑いがあるとの日刊ゲンダイの記事に遭遇した。こいつはどうも病気臭い、潰瘍性大腸炎であることは誰もが知っている所だが、それにしては単なる胃腸炎とも思えない異様な執着ぶりを見せるものだと、いぶかしく思っていたら、やはり強迫性精神障害がその潰瘍性大腸炎を引き起こしているらしい・・・

この一種の精神上の欠損は、無能な者が重要な立場におかれると発症するとのこと。脅迫観念に襲われると、身の回りを称賛してくれる仲間で固め、批判する相手を異常とも思える程に強烈な反撃に出る特徴がある。別の精神科医に言わせると自己愛性人格障害とも言うそうだ。

そういえば第一次安倍内閣の時、突然入院して政権を放り出してしまった。あの突然の入院の一週間前に、週刊誌がシンゾーの父・普太郎から相続した遺産6億円を申告せずに脱税していたことを、国税庁の裏付けを取って記事にしようとする動きがあって、その一週間後に突然入院してしまった。週刊誌が国税庁による例え内閣総理大臣といえども脱税は脱税とする見解をも取っていた事にシンゾーはびっくりして、持病を発症、その因は強迫性人格障害によるものらしい。

福島駅前で選挙街宣の第一声を発した時、聴衆の一人の女性が、原発再開イエスかノーかと書いたプラカードを掲げていた、民主主義国家では珍しくも無いものを見て、警察と名乗る屈強な男四、五人で女性を取り囲まさせて、プラカードを取り上げさせる。その女性は一瞬、逮捕されるのかと恐怖感に襲われたとか・・・

また渋谷駅前で反TPP運動をしていた市民団体を、しかもシンゾーが大好きな日の丸まで手にしていたのに、フエイスブックで恥ずかしいくらいに罵倒している。

これに似た症状を発していたのが民主党政権での菅直人に野田であった。福島原発事故で電源喪失状態が起き、あの時空き菅は総理大臣であるのに一人で東電に乗り込み、ヒステリックに海水注入を叫び、今になって注入を中断したのは東電であるとし、これにシンゾーが中断させたのは菅直人であると言いふらしたものだから、今度は菅がシンゾーを名誉棄損で提訴している。

これどちらも一国の内閣総理大臣である。それが精神病棟で起きるような患者同士の争いが如き(差別的に申しているのではない、政治的な事として申していることであることを、ご了解ください)争いを起こす、両者ともに、強迫性人格障害を有するが故ではないか・・・

野ブタもそうであった。選挙運動では官僚シロアリ批判を常とし、消費増税はしないと毎日街宣していたのが、総理大臣になった途端に、増税を叫びだし、党員への政治助成金配分に際しては、増税賛成か、TPP賛成かの踏絵までさせていた。財務官僚とアメリカに対し、強迫観念を持ってしまった。

これ全て、無能者が最も高い責任ある地位について、その実行に不安を覚えると、それまで言っていたことと逆さまの行動に出る強迫性人格障害の典型例である。

この症状は、強気に出ると相手構わず異常な攻撃性を発揮する。そして強迫観念により、ムリして完璧を期そうとする余り、やることをあれもこれも盛り沢山にする傾向があると言われている。だから何が最重要事項であるかが、本人に選択出来ない、丁度レストランであれもこれものベスト注文をしようとして、焦点がボケてしまうのに似ているとか・・・これシンゾーにそっくり当てはまるではないか。

さらに