ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1697] 当代世間騙し装置
日時: 2013/02/24 20:14:53
名前: 満天下有人 ID:1361704493

先日TVで見た、未発見の素粒子を見つける為の欧州原子核研究機構・CERNによってスイスに設置された超高速実験装置、円周が35Kmに及びフランスにまたがる巨大なものだが、宇宙物質を構成する17個の素粒子の内、未発見の6個?を探るものらしい。

宇宙物理など縁がないもので、何が何のためのものなのか、さっぱり分らないけど、物質を構成する素粒子が質量を持つのは、ヒッグス粒子なるものがある筈だ、その仮説に基づいて素粒子を高速で衝突させて発見する装置だそうな。まだ人類が発見していない最小単位の素粒子を暗黒物資、そこから生じるエネルギーを暗黒エネルギーとも言い、宇宙を膨張させているらしいが、国際物理学会では、実験中に生じると仮定されるブラックホールの危険性を理由に、実験反対の学者さんたちも結構居るとか・・・

CERNが今回、東京会議で言うには、我が国の東北地方が実験装置を作るのに最適な場所らしい。スイスでは研究者たちが多数住むことになり、その経済効果も結構なものらしい。

はてさて素人にとっては、その宇宙構成物資を全部発見して、それが人類の生存にどのように関わって来るのか、すぐにさような卑しい根性が頭をよぎる(笑)、まあ、別に科学の果てしない探究心をあれこれ言うのではないのだが、生命の誕生の謎にも迫ることが可能になるとか。

東大の若い先生によれば、宇宙の研究は我々人間の生活にすぐ役立つというものではなく、「知りたい」という好奇心が何よりも大事で、人間がどこから来たのかという根本問題に関係し、その生命の源になる元素を学ぶことに意義があるとのことだ・・・

で、生命の源になっている元素の解明で、どうして人間と言う生命が騙し合う元素を持っているのか、それも発見出来ればありがたいことではある。むしろ騙しのテクニックを用いる連中を、その加速ぶつかり合い装置に放り込んで実験した方が、より有意義な結果が得られるような気がするのだが、如何なものだろうか・・・

人間、どうしてダマシ合いの社会装置を作ってしまったのか、我が官僚機構も司法制度も政治家も、この超高速装置で実験しない限り、その生命の謎は解けないのではないか・・・

そして国際関係における騙し合いもまた、謎を解き明かさねばならない。何やら安倍の訪米も、TPP関税撤廃の聖域の一部除外についてオバマ大統領と合意に達したとして、マスコミは褒め称えている。公明党の山口代表も米国側が一定の柔軟性を持っていることが分かったと、まあ単純なことを言いおる。

安倍成果の評価は、自民党内反対派を抑える辻褄合わせ、一種の騙し装置であり、山口公明党による評価もまた、聖域一部除外に米側に潜むダマシの手口を見ていない。米側の柔軟性の見返りは何か、共同声明で、自動車部門、保険部門については2国間で話し合い継続するとはっきり書いてあるではないか。

別テーマにした人間成長の限界は、実はこの人間同士の騙しの装置にあるのではないか、限界を示す装置を抱えていては、成長もへったくれも無い。宇宙の諸現象から物質の謎に迫る自然科学と同じように、人間が生み出している限りない現象を羅列して見るのも一興あるというものだ。残念なことは、この諸要因を放り込む巨大な実験装置が無いことだ。いや、果てしない騙しの構造そのものが、実験装置なのかも知れない。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

アベノミクスで国民の財産20%:約580兆円も目減り!!! ( No.744 )
日時: 2013/10/25 13:52
名前: イントィッション ID:r49l70D2

他からの日刊現代の情報です。。。
 ↓
クレディ・スイスが衝撃リポート 「アベノミクスで日本の富580兆円が消えた」

http://gendai.net/news/view/111962

アベノミクスで日本の富の20%が消えた――!?
この報告書によれば、日本の富裕層はアベノミクスで激減。12年6月から今年6月までの1年間で、100万ドル(約1億円)の純資産を持つミリオネアの数は130万人も減ったというのだ。日本に次いで富裕層が減ったのはブラジルだが、減少数は約1万2000人だから、日本の減り方は異常と言える。
日本全体の資産で見ると、なんと5.8兆ドル(約580兆円!)が失われたと書かれている。これは日本の富のおよそ20%にあたる。
ショッキングな数字にはカラクリがあって、アベノミクスで大幅な円安に振れたためだ。日本人は資産を円で預金している人がほとんどだが、同じ1000万円でも、円の国際価値が下がれば、世界的に見た財産は目減りしてしまう。それで、富裕層の数も激減したのだ。

安倍〜! お前、580兆円国民に返還せよ〜!!!
メンテ
Re:アベノミクスで国民財産580兆円減少・・??? ( No.745 )
日時: 2013/10/25 18:55
名前: 満天下有人 ID:18vSbFOU

このクレデイスイスの試算は、どの数字を使っているのかな?、それにしても580兆円の目減りとはでかいですね。我が国の一年間のGDPが約475兆円ですからね・・・おっちゃんにはちょっと分からないな・・・と言うのは、アベノミクスによる昨年6月から今年6月までの数字を根拠にしているようですが、この間の数値はまだ政府から公式には出されていないし、最新の統計でも2011年までの分なのですね・・・クレデイスイスはECが問題として取り上げている例の米諜報機関からデーターを盗んだのかな?(笑)

580兆円の目減りは全国民資産の20%に相当すると言う事は、580兆円÷0.2=2900兆円・・・2011年の国民、民間企業、政府の純資産は2990兆円ですから、まあ今年で2900兆円に減ったとしても、計算根拠は多分この数字を使ったのでしょう。

でもこの資産額には、外国とは関係ない国内不動産が2730兆円あり、国内不動産はむしろアベノミクスによって相場が少し高くなってはいても、目減りすることはありません。

そうすると金融資産が目減りしたと言う事になります。でも金融資産が国内で滞留している限りにおいては、100円の資産は100円で、円安とは関係ないことですね・・・すると考えられるのは為替レートの影響を受ける外国投資の金融資産ということになりますね・・・でも海外における金融資産=対外資産・負債勘定は、我が国では海外負債を差し引いても+で約300兆円持っています。この内約100兆円が(あくまでも表向き・笑)米国債ですね・・・

すると、円安になればこの海外資産は円ベースでは逆に増えて来ます。すると何が減ったのかという疑問がまた出て来ます。それは対外資産の内の証券投資ではないかと思います。NYダウの暴落で大損したケースもありましょう。また米国債価値の下落も考えられます。

そこでさすが、通貨発行元である日銀は、国全体の「金融資産」を家計部門、非金融企業部門、金融部門、政府部門に分けてその増減の最新データーを公表しております。それを見ると・・・・

家計部門:2011現金預金764兆円  2013年3月末848兆円 ・・・+84兆円
      “ 証券182兆円   ”  228兆円・・・・+46兆円(手堅く国内投資だけか?)

家計、非金融企業部門、金融部門、政府部門全体での海外証券の資産・負債は・・・
2011年:−)198兆円   2013年:−)210兆円・・・・これも10兆円しか悪化していない。

円安によって輸出金額は増えても、数量が逆に減っているので、円安輸入額がふえて、経常収支ではマイナス傾向が定着してしまいました。要するにグローバリで企業の海外移転が進んでいることを証明しているようなものです。でも経常収支が赤字になったと言っても、まだ年5兆円くらいで、先行きではもっと赤字が増えることは予想されますが、しかしこれによって国全体の資産(ストック)が580兆円も減ったというのは、オーバーですね・・・フローとしての海外証券収支も悪化したのは10兆円で、580兆円は何を基準にしたのか、おっちゃんに分からないと言う理由は、そこにあります。

傾向としては、資産もしぼんで行くとは思います、ユダ菌相手にしている以上は。鎖国でもしない限りね。 
メンテ
米国の行き過ぎた諜報活動(2) ( No.746 )
日時: 2013/10/26 08:32
名前: 満天下有人 ID:UxKDB14Y

ドイツ・メルケル首相とフランス・オランド大統領の米諜報活動がEC首脳個人にまで及んでいた事に対する怒りは、相当きついようだ。ドイツ政府は来週、情報機関トップ、官房長官などを米国に派遣し、ホワイトハウスと米国家安全保障局・NSAに説明を求めるようだ。

欧州連合・EUも、欧州議会人権擁護委員会メンバーが同行し、ものものしい調査団を派遣することになった。これは切っ掛けがメルケル首相の個人携帯通話の盗聴行為であったとしても、巨大IT企業がこれまで好き放題やって来たことへの歯止め行動として見ると、結構なことである。

EUの激怒は米諜報活動に対するそれに加えて、米多国籍企業によるタックスヘイブンへの税逃れも検討して来たのに、米政府が乗り気でなく逆にそれを黙認する姿勢を取って来たことも重なっていることだろう。EU発足の裏事情には東西ドイツ統一による東ドイツ経済の吸収を何とかせねばならない、欧州諸国同士の戦争の打ち止めとか、種々の状況があっての事だろうが、通貨ECの為に経済がうまく行っていない面もあるにせよ、何らかの理想に向かおうではないかとの精神から出発したと思う。

それを何かにつけて巨大多国籍企業によるEU浸食行動に甘かった米政府が、邪魔をしている、そこえ諜報活動まで加えていた事実が暴露されてしまった。EUの疑問はオバマ大統領個人の政治家、しかも世界のトップ国としての大統領資質に向けられているやにも感じられる。

サウスダコタ州国立公園の巨大岩山・ラシュモア山に刻まれている米独立時代から150年間の間の有名大統領、ワシントン、ジェフアーソン、リンカーン、ルーズベルトは、米国の誇りとして尊敬の念も込められたものであるが、今や米国大統領など尊敬どころか軽く見られる時代に入った。軽くどころか、有害とさえ見られているのではないか・・・米国には歴代大統領を評価する機関が、ウオールストリート・ジャーナル他数か所あって合同でランキング評価をしている。名前だけが有名になってランキングが下の方にある近年の大統領にはニクソンが居るが、オバマの前のブッシュ大統領が最低だったとの評価も出ている。そしてそれをも下回るであろうと見られているのが第43代オバマ大統領だ・・・二代続けて最下位を争うことになる(笑)。

オバマは演説のうまさの口先とは反対の、歪みを封じ込める事も出来ず、逆に諜報機関に翻弄されてしまっている。
そして日本には力点を置いていない。安倍との会談を何度も拒否した姿勢にそれが伺えるが、ま、無視された方が結構なのだが、それはある意味、ジャパンハンドラーズどもに日本を好きに料理して良いよと、黙認していることになる。来週火曜日に帝国ホテルで開かれる米ジャパンハンドラーズたちの巣窟・国際戦略研究所CSISによるシンポジウムにもそれが現れている。

ここの洗脳を受けた代表例は竹中のタコ造だが、自民党では世耕に小泉新次郎、民主党では長島昭久、議員ではないがあの老いぼれクソ爺・渡辺恒三の息子渡辺恒雄などが居る。

帝国ホテルシンポジウムに続いて慶應大で白熱討論が行われるそうだが、慶大教授をやっていたジャパンハンドラーズの理論的主導者・ジェラルドカーテイスが居るのだから、スケジュールとしては当然の成り行きだろう。しかし今頃何を口から泡とばして白熱せにゃならんのだ・・・お前らのアジア戦略の根性、下心は既に見えているのだ・・・お前たちが昨年発表していた日米同盟新指針で、米国軍事行動ある時は日本も参加せよ、つまり集団的自衛権を実行せよと言う事であった。相手は中国である。その為に日本は台湾、フイリピン、豪州、インドなどとの提携の緊密化を求めていた。そしてシンゾーの外交を見ていると、そのまんまの路線を歩んでいる。

今回のこやつらのシンポジュウムの狙いは、弱化した米世界戦略の補強をアジアでやる、その為に日本を一層洗脳しておこう、下心は見え見えである。それを推進する日本マスコミ、このCSIS関係では日経がいつも手先になっている。

それにしてもこやつら、態々日本に来る前に、自国米国問題について、米国内で口から泡を飛ばしてやれ!!こちらに来て汚ツバを飛ばすな!!・・・我々の多数は既に増税に社会保障費値上げで、口から泡を吹いているのだ!!。

こいつらをかますには、ドイツメルケルおあばさんに頼るしかないのか・・・。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.747 )
日時: 2013/10/26 10:39
名前: イントィッション ID:.GN2zAPI

いやいや、昨夜から今朝までで、ものすご〜い数の回覧がありますね〜。。。ここ。。。

やはり、皆さん、国民資産についてものすご〜い興味を持っていらっしゃるのでしょうね〜。。。

特に、ジャパン 詐欺ドラーズ オレオレ戦争屋グループが。。。 

おっちゃんの言う通り、サギノミクスで、金融緩和で円の価値を下げたら、輸出額が増えても、輸出の数量が減るのは、やはり、海外に出る企業が多くなったことの証明で、海外からの旅行客が増えても、お土産1個、1000円が800円で買えた!としても、それは外国人が買えば800円の価値しかないことになるので、ものの価値もドンドン下落してしまう!!! ということですね〜。。。

そして、株価をグググッと無理やりゴムのよにひっぱって上げているので、そのひっぱったゴムの状態がいつまで保てるか???
1%富裕層だけが得をしても、それがいつまで続くか、それよりもひっぱったゴムの反動がはかりしれないものですよね〜。。。(苦笑。。。

やはり、日銀にしても総務省にしても財務省にしても、裁判所にしても、価値のない悪カルトが政治をやると、自分たちに価値が無い、徳が無いので、無価値な政策しかできない!!!

慶応大学った〜、悪玉菌がごそっと居るので、悪カルトが近づいていきやすいんですね〜。。。

学生はそこで、毎日、悪玉菌を食べさせられているんでしょうね〜。。。
サギノミクス最高〜。。。なんて。。。
慶応ボーイズの医学部は、医学を学ぶのではなく、アメリカ式医療経済学をサギノミクスでどうやって儲けるか? ぐらいしか学んでいないのではないですか〜? 

最近の教授も窓際族芋ずる方式とかなんとかで。。。 官僚も、裁判所も。。。(苦笑。。。

アーミテージの海じいちゃんの話もおもしろそう。。。 
  (みんな、ロボット好きでちょ〜。。。 今、アメリカで面白いロボットつくっているんだ〜。。。
    遠隔操作して、自由に動かせるロボット〜。。。 みんな遊びたいでちょ〜。。。
    みんなの敵のチャーナーズさんたちが寄ってくると、そのロボットからロケット飛ばすんだ〜。。。
    そしたら〜、そのチャーナーズさんたち、みーんな、お空に飛んで宇宙までいっちゃうんだよ〜ぉ!
    みんな、おもしろいだろ〜。。。 おじいちゃんも窓際でそれ見るのが楽しみだ〜。。。)

          窓際族のカビの生えたおじいちゃんたちの話、もうすぐ慶応大学でお目見えで〜ちゅ!!!(苦笑。。。

 
メンテ
アメリカに心中させられるニッポン ( No.748 )
日時: 2013/10/26 12:04
名前: 満天下有人 ID:UxKDB14Y

あはは、イントちゃん、アミのタコ坊主が態々慶應で口角泡を飛ばしての白熱?討論会、やつらは良く知っているのですよ、慶應のボンボンたちは洗脳し易い、しかも銀行などへの金融機関への就職で最も多いのが慶應卒なのです。学生時代から洗脳しておけば、FRB,日銀、その言う事を素直に聞く(聞かざるを得ない)銀行業界、とまあ、こんな構造になっていますからね・・・ドル・円にしても裏合意で一定の幅で動くようにしよう、だからドル弱体化の時に円を80円割れ寸前まで意図的にもって行きました。

次に、余りドル安にすると、もう規程路線になっている米財政破綻が公開される時、外国からの投資が減っては困る、少しドル高・円安にしておこう・・・よしシンゾーに超金融緩和を命じて円安傾向に持ち込め(笑)・・・ある意味、我が国はムリ心中の一歩手前まで付き合わされているようなものです。そして企業が海外に移転せざるを得ないようにして、貿易収支が赤字になることも計算済みのことでしょう。どんどん空洞化させ、そしてニッポン国内では雇用を減らし、増税させて(IMFに指示)弱体化させて、更に言う事を聞くようにする・・・

次の投稿で書きますが、今回のCSISどもによるニッポン討論会と、小泉が突然脱原発を言い出した背景に、妙に連動して関係している匂いを感じます。何しろ息子・新次郎の教育係りでしたからね、CSISは・・・。
メンテ
米国の行き過ぎた諜報活動(3)>小泉の脱原発発言とCSIS ( No.749 )
日時: 2013/10/26 20:43
名前: 満天下有人 ID:UxKDB14Y

このジャパンハンドラーズ達による日本でのシンポジュム、白熱討論会は、目に見えない諜報活動ではない、目に見える日本洗脳宣撫活動である。彼らによる方針は既に、昨年8月の日米同盟新指針に示されている。

さて突然、福島汚染処理を巡り小泉純一郎元首相が、脱原発を唱え出した。息子新次郎を復興政務官に起用させたことで、その政治的意図を巡って永田町を疑心暗鬼に陥れているようだ(笑)。

何であれ脱原発は結構なことである。世情風向きを見るには天才的な嗅覚を持っていると言われる小泉、永田町も最初は小泉の言う事が当を得ているものだから、しかし何で突然に脱原発を言い出したのか、その真意を測りかねていたようだが、ここで米国バック説が
浮上して慌て出したようだ。スワ、アメリカ様のご宣託かと(笑)。

誠に情けない話である。福島汚染水垂れ流し問題も、ただダラダラと時間ばかりかけて、このままにしておけば安倍政権に対する批判が嵩じて、政権が行き詰る政治的駆け引きの道具にしているだけだ。それがアメリカ様のご宣託かも知れないとなると、それを契機に純一郎が政界再編の道具にする為に脱原発を持ち出したのかと、これまた政治的思惑を優先した発想しか出て来ない。

小泉が突然、脱原発を言い出したのは米国意向を受けてとの見立ては間違っていないと思う。前稿で触れたジャパンハンドラーズCSISの今回のシンポジウム開催も、奇妙に時期が符合している。CSISが昨年出した日米同盟新指針も、つぶさに読むと、新エネルギー源としての北米大陸におけるシエールガスが商業ベースに乗って来て、大量に販売できる。日本は世界最大の天然ガス需要国である。でも現在ではアラスカから相対的に少量のガスを輸入しているだけだ。米国産天然ガスは、パナマ運河を通過できるガスタンカーの準備も整いつつある。よって日本は尚大量のガスを購入できることになる。として↓

同時に US reserves shale gas・・・with complementary opportunity:(同時補完的な機会を持って供給をリザーブしているとしている。この相互補完的なと言う言葉がキナ臭い。 素直に読めば、天然ガスを要する日本に対し、米国は供給できる立場にあり、その意味で相互補完的な立場にあるという意味なのだが、米国と共に集団的自衛権を行使するなら、天然ガスを供給しても良いとのニュアンスが感じられる。

そのことは新指針後段で詳しく述べられている。・・・should expand the scope of Japan’s responsibilities to include the defense of Japan and defense with the US in regional contingencies . The most immediate charenge is in Japan’own neighborfood .Chaina’s assertive claims to East Chaina Sea and virtually all of the South China Sea.

日本の責任は、日本自身の防衛と地域暴発(多分北朝鮮を指してのことだろう)に対し米国と共に防衛に当たること、その展望を拡大することである。最も緊急を要することは、日本の近隣諸国にある。それは中国による東シナ海及び南シナ海における中国の独断的な要求に対処することだと明記しているのだ・・・シンゾーが中国を目の敵のように行動する背景がよく見えて来るではないか、確かに中国の行動にも問題はある。それにしてもその挑発に乗る根拠がこのジャパンハンドラーズたちに煽られていることが根にある。
そして前段のエネルギー問題に戻ると、この天然ガスの供給先は米国とのFTA締結国へ向けられるが、FTA締結国は天然ガスを余り必要としていない。日本のような非FTA締結国に対する輸出も米エネルギー省は認めるが、それは「political scrutiny=政治的監視」の下に行われると言ってる。

ここなんだな、集団的自衛権を米国と共に実行するのか、つまり政治的監視の下に置かれる訳で、そうでないなら天然ガス供給はストップすると言ってるのだ。

そして最近の中東石油最大供給国であるサウジの米国離れがある。我が国はサウジとは好関係を保って第一次エネルギーを確保して来た。そこえ米国がシエール天然ガスで日本のエネルギー源を代替させようとしている。二大戦略物資と言われる食糧を米国頼りにさせ、サウジの米国離れに絡めて次に米国産エネルギーに頼らせようとしている。

その矢先で小泉が突然、脱原発を言い出した。脱原発は良いとして、ではその代替はどうするのか、小泉はそこに触れていない。だが日米同盟新機軸でジャパンハンドラ−ズたちが、大きなスペースを割いて我が国の将来のエネルギーについて述べ、米国と新たな同盟関係の下で米天然ガスに頼れと言ってるからには、小泉の脱原発は米天然ガスに頼れと言っているに等しくなる。

今回、慶大で白熱討論を主催するCSISのジェラルドカーテイスが、著書出版のパーテイーで、純一郎とにこやかに納まっている写真が手元にあるのだが、二人の親密さが伺える。そして息子新次郎の教育係りはCSISのマイケルグリーンなのだ。小泉親子にダラダラと停滞する我が国の政治を、一転突破させるニーズもあるが、これは危険である。米国の好き放題から逃れようとする時、小泉親子では逆に益々hadle=操作されてしまうことになる。それにしても小泉の脱原発発言は、CSISと実に巧妙に連動された発言以外の何物でもない。

TPPに絡む米国側の思惑も、この日米同盟新機軸で述べられているのだが、次稿にしたい。いずれにしても我が国の政治外交は、ホワイトハウスとやっているのではない。全てがこのジャパンハンドラーズ達のあやつり=handleによって行われているのだ。小泉親子の真っ向竹を割るような気質が、彼らにはこの上なく利用し易いということだろう。
メンテ
米国の行き過ぎた諜報活動(完)>対中包囲網 ( No.750 )
日時: 2013/10/27 09:30
名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

ドイツ・メルケル首相の個人携帯電話まで盗聴していた事件のことで、話がCSISによる新日米同盟のことに流れてしまった。何故かと言えば、このCSISによる日米新ガイドラインが発表されたのが、昨年8月15日であり、この日は日本の敗戦による中国の反日記念日の日でもある。そして新ガイドラインに一貫して盛り込まれている事は、中国を包囲しよう、その先頭に日本が立てというものだ。

米国はブッシュ時代に米中は二大大国であるとしてG2なる表現まで使っていた。それが通貨を軸に米覇権が弱体化して来て、米単独での中国封じ込めは、荷が重くなって日米同盟の鉾先を中国に向けさせ、日本の負担によって包囲網を強化しようとするものであった。TPPにもその狙いが明らかに見える。

米グーグルと中国との紛争問題もあった。あれは中国独自のIT企業が開発したIT商標などをグーグルが盗んだとするクレイムだったが、背景に米諜報活動が存在しているからとのニュアンスも感じたものだ。グーグルが中国本土における検索事業から撤退する前に、中国共産党が、人民元の切り上げをめぐる対中批判や食品安全事件など、18分野の報道や独自取材を禁じる通達を報道各社に出していた。これも米盗聴防止策だったかもだ。

TPPでは参加国の紛争は、米国世銀内にある多国籍企業に有利な裁判に持ち込まれるくらいなのに、グーグル事件ではいやにあっさりと米国は引き下がっていたのが印象に残る。紛争を長引かせると他にまずいことでもあったのではないか・・・胡錦濤や後継者習金平などの情報探りがバレたかも知れない。万が一そんなことがあったなら、ドイツの場合はまだ同盟国だから、まあまあで済むかも知れないが、中国が仮にそのようなことで怒ったら、どうなるか・・・その場合でも日本は先ず、自国の防衛として対処せよと言われているのだから、中国包囲でああせいこうせいと言われながら、最後にはお前の所の問題だとして突き放されるに決まっている。

TPPにせよ、日本はASEANを重視する意味でもこれに参加すれば、経済に役に立ち、財政赤字解消にも寄与すると言う(笑)、どこのどいつの為にこのような状況になったのか(プラザ合意)、オヘソが茶を沸かすようなことを言うではない。なのに日米は同じ階段に居る一つの国家であり(=one-tier nation)、それが世界の無数の挑戦を受けているにも関わらず、漂流状態にあると言いおる。
だから諜報活動にも参加せよとでも言うのか。戦争中でもあるまいし、いやそのような行為が相互不信感を産み戦争になって行くと言うのに、それに加担させ後は知らんと言いおる。シエールガスを供給してやると言いながら、条件として米国との集団的自衛権を条件にし、その上にガス開発に10兆円投資せよとまで言ってる。
オバマも次から次へとミソをつけ、EU首脳までにホワイトハウスに乗り込まれる体たらくだ。そしてその間隙を縫ってCSISが日本操作を相変わらず続けている。米国ではほんとに人材が枯渇したようだ。

何やらジョージソロスがヒラリークリントンを次期大統領に担ぎ出すフアンドを立ち上げたとロイターが報じている。ヒラリーは政界引退を表明したと思うが、また担ぎ出すとは、人材枯渇を証明しているようなものではないか・・・まあ、盗み聞きでもせにゃ、やって行けない国に転落したようだ(笑)。

メンテ
米国の行き過ぎた諜報活動>補稿 ( No.751 )
日時: 2013/10/27 14:35
名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

EU首脳の個人ツールまで盗聴していたやり方に、さすがに米市民も怒って、ワシントンでデモが繰り広げられている。プラカードには「NSA、HANDS OFF OUR DATA」と書かれ、国家安全保障局は我々市民の個人データーに触れるなと息巻いている。

こちらでも昨日銀座で、秘密保護法案反対のデモが行われたようだが、とにかくシンゾーのやり方に注意が怠れない。選挙でしか潰すことも出来ないから、選挙があっても野党不在の状況だから、どうにもならないことではあるけど、せめて抗議の火だけでも消してはならない。

シンゾーは国会会期中なのにまたトルコへすっ飛んで行った。こちらが貸した円借款で、アジア側に位置するトルコとEUを結ぶボルポラス海峡に、大成建設による地下鉄開通式に出席するためのようだが、輸出がシンゾーミクスの成長戦略らしいから、すっ飛んで行ったのであろう(笑)。総理自らが商売に乗り出すとは、貫録もない姿だ、国内で何も出来ないものだから。出来るのはアメリカの尻馬に乗った秘密保護法案に首切り特区に、集団的自衛権くらいか・・・(笑)。
メンテ
不思議な独米関係、不思議な日米関係 ( No.752 )
日時: 2013/10/28 08:01
名前: 満天下有人 ID:8QntOFp6

ドイツ・メルケル首相へのUS・NSAによる盗聴が10年間も行われていた事に対し、オバマが公式に謝罪し、メルケル首相は気を取り直したのか外に居た米市民にはにこやかに手を振っていた。

その前にオバマは謝罪の電話をかけたようだが、携帯を耳に当ててドングリ目を見開くように上に向けてムクレているメルケル首相のユーモラスなスナップ写真を拝見し、噴き出してしまった(笑)。その電話がオバマからの謝罪電話であったかどうかは分からないが、緊張関係を一瞬ふき飛ばしてくれるようなユーモアに満ちている。

第二次大戦中に独米は欧州本土で激しく戦った間柄、戦後外交政治でもドイツは、米国の占領政策でもノーと言う場面では譲らないことが多かったように思うし、今回の盗聴事件でも、事は簡単に解決しないだろう、EUとして1億ユーロの罰金を課すと息巻いていたのに、表向きだけかも知れないが大統領の謝罪で簡単になごやかなムードに戻った。

大戦で激しく戦ったのに、ドイツは米本土攻撃までは手が届かなかった、悪いのはヒトラーであり、戦後西ドイツは共産圏に対し防波堤の役目を十分に果たした、そんな思いが米側にあるからなのか、あるいはドイツを単独国家として位置付ける前に、今ではEUなる共同体国家として見るから、簡単に単独国家として相手にするのはまずい、つまり個別に盗聴行為をやって監視していたのか・・・

それにしても理解できない事が多い。我が国の米軍駐留費は約44億ドル・約4千億円でドイツの2.8倍、韓国の5.2倍、日本を除く米同盟国の駐留費負担の総計約3千600億円をはるかに上回る。対共産圏リスクが高いと言うなら、リスクが最も高いのは韓国だが・・・

沖縄での米兵不祥事、あれがドイツで頻発したらどうだろう、メルケルは更にドングリ目を見開いて激しく抗議するだろう。現在状況下では米国が中国危険視するから日本負担は多いままにしていると言うのなら、英国、フランスも含めてドイツなど中国へせっせと商売に出かけている。そして米国自身が商売に熱心なのだ・・・日本には中国敵視政策を取れと言って、その莫大な費用を負担させ、西欧人たちはせっせと中国商売に中国マネーを引き出させている。

そして仮に米兵不祥事が頻発し、しかも世界トップの駐留軍事費を負担しながら財政悪化を理由に増税するなど、メルケルおばさんはするだろうか?米金融市場混乱するからと言って米国債を買い増して支えるだろうか?ドイツの米国債保有高は昨年末で世界17位の660億ドル・約6兆4000億円、我が国は第二位の約110兆円でドイツの17倍である。

米CSISは米国産天然ガスで日本のエネルギー源を置き換えろと言い乍ら一方で、原発技術の更なる向上を計れと言う。ドイツがいち早く脱原発実行に踏み切った時、米国はストップをかけただろうか・・・そして今回CSISが帝国ホテルや慶大でシンポジュウムを開くが、ドイツに対してもそのような洗脳行為をやっているのだろうか?・・・

とにかく独米関係と日米関係では、不思議なほどにやることが違う・・・???それに対する姿勢も、ドイツと我が国ではどうしてかくも差があるのだろうか・・・???。

プラザ合意の時は、我が国も為替を切上げる程に復興したのだから、止むを得ないことかなと思ったものだが、バブルがはじけて米国の謀略を感じだし、そして失われたウン十年を迎えても逆に益々米戦略にのめり込んで行く。何故なのだろう・・・???。
米国によるドイツ、日本に他する対応の違いはどこから生じているのだろう・・・西欧人の原点は、ドイツ地方に居たゲルマン民族が源流であることに対するアメリカ人の畏怖心があるからなのか、同じ遺伝子による親和感があるからなのか、その気質から東洋人を軽く見るせいなのか。

ドイツは米本土を攻撃しなく、日本は真珠湾を攻撃したからとの、その差によるものなのか?とすると、戦後はとうの昔のことになっているのに、尚一層の対米平伏は、それを知らない今の若い世代によって推進されているという、これまた奇妙な現象に出くわしてしまう。

同じ日本人として、時代が進めば進むほど、反対の現象に出くわして、ほんとに戸惑ってしまう。もう年寄には分からないことなのかも知れないな。若い方々にでしゃばるなと、叱られそうだ、年寄には分からんことだ!黙って居れ!と。
メンテ
外電に暴露される福島事故処理(1) ( No.753 )
日時: 2013/10/29 07:36
名前: 満天下有人 ID:VPQQSu5Q

一昨日、原子力規制員会による原発事故が全国16か所のそれぞれで起った場合の避難、30キロ圏外とする想定が、画一過ぎるとして問題になっているニュースを見て、まだこんなことで右往左往しているのかと、情けない気持ちに襲われる。

安全基準を厳格にクリアすれば原発再開をみとめるという、そのような原発温存を認めながら一方で、事故後を想定した対処案すらゴタゴタする、誠に二律背反な、ムダな議論ばかりを繰り返しおる。基本に原発廃止を明確に据える基本命題を置かずして、ああでもないこうでもないと、何も決められない姿勢であっては、クビ無しチキンがグルグル回る姿にも似ている。

ただし、小泉親子による脱原発をそのまま信じてはいけない。その裏は前稿で申した通りだ(笑)。

福島事故処理も出来ないのに、事故発生後の避難対処を論じることは、これはもうマンガである。
その福島現状を25日にロイターが報じ、ニューズウイークがそれを拡散している。事故処理が遅々として進まない現状を、過酷な現場作業員の実態から告発している。

作業員を蝕むもうひとつの「汚染」が進行している。不透明な雇用契約や給料の中抜きが横行し、時には暴力団も介在する劣悪な労働環境の存在だ。このことは事故発生直後にもネットが暴露していた。東電や大手建設会社を頂点とする雇用ピラミッドの底辺で、下請け作業員に対する不当な取り扱いは後を絶たず、除染や廃炉作業への悪影響が生じている。

「原発ジプシー」。 福島第1原発をはじめとする国内の原発が操業を開始した1970年代から、原発で働く末端労働者は、こんな呼び名がつくほど不当で不安定な雇用状態に置かれてきた。電力会社の正社員ではなく、保全業務の受託会社に一時的に雇用される彼らの多くは日雇い労働者で、原発を転々としながら、生計を立てる。賃金の未払いや労働災害のトラブルも多く、原発労働者に対する待遇改善の必要性はこれまでも声高に叫ばれてきた。

しかし、福島第1の廃炉および除染現場では、こうした数十年に及ぶ原発労働者への不当行為が改善されるどころか、より大規模に繰り返されている可能性があることが、80人余りの作業員、雇用主、行政・企業関係者にロイターが行った取材で浮かび上がってきた。

福島第1では、800程度の企業が廃炉作業などに従事し、除染作業にはさらに何百もの企業が加わるという、過去に例のない大掛かりな事故処理が続いている。現場の下請け作業員は慢性的に不足しており、あっせん業者が生活困窮者をかき集めて人員を補充、さらに給与をピンハネするケースも少なくない。下請け企業の多くは原発作業に携わった経験がなく、一部は反社会的勢力にも絡んでいるのが実態だ。

<不透明な雇用記録>
2012年の夏、同原発で現場作業員の放射線モニター担当として雇われた林哲哉(41)も、そうした末端労働者の一人だった。同原発に職を求めた動機には、日々の暮らしを支えるためだけでなく、自分が持つ建設や溶接の技術を復興に役立てたいという気持ちもあったという。しかし、福島での雇用形態は予想以上に複雑だった。林によると、雇用契約は東電の6次下請けにあたるRH工業との間でサインしたはずだったが、現場で作業する手続きには同社も含め、6つの企業が関与していた。
さらに、当初に伝えられた仕事内容は現場から離れた放射線のモニター業務だったが、下請け会社の一つ、プラント工事会社のエイブルからは、実は放射線量が高い現場作業であることを告げられた。エイブルは、同原発で200人程度の作業員を管理する東電の元請け会社東京エネシスの下請けだそうだ。

「一週間経てば、(被ばくした)放射線量は半減する」、「被ばくしたとしても線量が積み上がることはない」。現場の上司からは、こんなデタラメも耳にした。

2週間の作業を終えた後、林は自分の被ばく放射線量の記録帳をみて、雇い主がRH工業ではなく、鈴志工業とテイクワンという上位の下請け企業になっていることに気がついた。林の主張については、両社のほか、東電、東京エネシス、エイブル、RH工業のいずれもロイターの取材にコメントはしていない。

林はこの雇用契約には違法性があったとして、仕事を辞めたあと、労組の派遣ユニオンとの連名で福島労働局に是正を求める申告書を提出した。その中で、雇用主や雇用内容が契約と異なっているほか、複数の企業による賃金の中間搾取、社員経歴書への虚偽記載の強要、放射線管理手帳への虚偽記載などの問題点を上げている。同労働局からの返答は来ていないという。
同年の9月、林は同原発で、あらためて鹿島の下請け会社テックに雇われ、別の仕事に就いた。しかし、新しい仕事では、テックから支払われた1万6000円の日当のうち、ほぼ3分の1は仕事を仲介した長野県の元暴力団員を名乗る人物が受け取っていた。
「毎日あそこ(福島第1原発)では3000人の作業員が仕事をしている。作業員がいなくなれば、(原発処理はできずに放射能が拡散し)日本人がみんな死んでしまうことにもなるだろう」。廃炉や除染にかかわる仕事の重要性は十分に認識している、と林は語る。しかし、現実の労働実態は、許容できるものではなかった。「だまされて、はめられた思いだ」。林はいま、福島での体験を厳しい口調でこう振り返る。

暴力団との関係に見切りをつけ、福島原発近くの除染現場で働き始めた五島亮(23)も、林と同じ長野の人物を通じてテックによる除染作業に加わった。五島は14歳から関西系暴力団の地方支部に出入りし、ゆすりや借金の取り立てを続けていたが、20歳で同組織との縁を切った。しかし、その見返りとして、毎月20万円を数カ月間取り立てられ、借金した130万円を返済するため、除染作業に職を求めたという。

だが、実際に手にすることができた給与は、雇用時に約束されていた額の半分程度だった。仲介者による中抜きだったと五島は言う。これについてテック側はロイターに対し、横領したのは別の従業員で、その従業員を解雇したとし、五島には未払い分の給与を支払ったと説明している。五島は昨年12月に同社での仕事を辞めた。

テックの元請けである鹿島の広報担当者は、2人のケースについて、直接契約を交わしていないためコメントする立場にないとし、「我が社では契約先の企業に費用を払い、彼らから危険手当を払うよう指示している」と話している。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存