ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1697] 当代世間騙し装置
日時: 2013/02/24 20:14:53
名前: 満天下有人 ID:1361704493

先日TVで見た、未発見の素粒子を見つける為の欧州原子核研究機構・CERNによってスイスに設置された超高速実験装置、円周が35Kmに及びフランスにまたがる巨大なものだが、宇宙物質を構成する17個の素粒子の内、未発見の6個?を探るものらしい。

宇宙物理など縁がないもので、何が何のためのものなのか、さっぱり分らないけど、物質を構成する素粒子が質量を持つのは、ヒッグス粒子なるものがある筈だ、その仮説に基づいて素粒子を高速で衝突させて発見する装置だそうな。まだ人類が発見していない最小単位の素粒子を暗黒物資、そこから生じるエネルギーを暗黒エネルギーとも言い、宇宙を膨張させているらしいが、国際物理学会では、実験中に生じると仮定されるブラックホールの危険性を理由に、実験反対の学者さんたちも結構居るとか・・・

CERNが今回、東京会議で言うには、我が国の東北地方が実験装置を作るのに最適な場所らしい。スイスでは研究者たちが多数住むことになり、その経済効果も結構なものらしい。

はてさて素人にとっては、その宇宙構成物資を全部発見して、それが人類の生存にどのように関わって来るのか、すぐにさような卑しい根性が頭をよぎる(笑)、まあ、別に科学の果てしない探究心をあれこれ言うのではないのだが、生命の誕生の謎にも迫ることが可能になるとか。

東大の若い先生によれば、宇宙の研究は我々人間の生活にすぐ役立つというものではなく、「知りたい」という好奇心が何よりも大事で、人間がどこから来たのかという根本問題に関係し、その生命の源になる元素を学ぶことに意義があるとのことだ・・・

で、生命の源になっている元素の解明で、どうして人間と言う生命が騙し合う元素を持っているのか、それも発見出来ればありがたいことではある。むしろ騙しのテクニックを用いる連中を、その加速ぶつかり合い装置に放り込んで実験した方が、より有意義な結果が得られるような気がするのだが、如何なものだろうか・・・

人間、どうしてダマシ合いの社会装置を作ってしまったのか、我が官僚機構も司法制度も政治家も、この超高速装置で実験しない限り、その生命の謎は解けないのではないか・・・

そして国際関係における騙し合いもまた、謎を解き明かさねばならない。何やら安倍の訪米も、TPP関税撤廃の聖域の一部除外についてオバマ大統領と合意に達したとして、マスコミは褒め称えている。公明党の山口代表も米国側が一定の柔軟性を持っていることが分かったと、まあ単純なことを言いおる。

安倍成果の評価は、自民党内反対派を抑える辻褄合わせ、一種の騙し装置であり、山口公明党による評価もまた、聖域一部除外に米側に潜むダマシの手口を見ていない。米側の柔軟性の見返りは何か、共同声明で、自動車部門、保険部門については2国間で話し合い継続するとはっきり書いてあるではないか。

別テーマにした人間成長の限界は、実はこの人間同士の騙しの装置にあるのではないか、限界を示す装置を抱えていては、成長もへったくれも無い。宇宙の諸現象から物質の謎に迫る自然科学と同じように、人間が生み出している限りない現象を羅列して見るのも一興あるというものだ。残念なことは、この諸要因を放り込む巨大な実験装置が無いことだ。いや、果てしない騙しの構造そのものが、実験装置なのかも知れない。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

20世紀型思考で時は過ぎて行く ( No.733 )
日時: 2013/10/20 09:01
名前: 満天下有人 ID:ffWyMKuk

もう国会の映像など見たくも無い、見てもしょうがないから何をやってるのかもつぶさには知らない。

記事を繋ぎ合わせて感じることは、もう時代遅れの思考ではカバーできない世界の様相なのに、それを打開するのに、20世紀型の古い、バカの一つ覚えのような発想で新たな成長が展開できると信じている者が、この国のシンゾーとか言う名前の内閣総理大臣である。

施政演説で、アベノミクスでこの春には賃上げ企業が二桁に増えたと胸を張って見せたが当の連合、御用組合化したその連合でさえ、それは一時金を上乗せしただけで、ベアを実行した企業が二桁台で増えたとの事実は無いと言う有り様だ。
インタゲ2%を掲げ、超金融緩和すれば、これで景気は回復軌道に乗る、これに成長戦略が加われば、我が国経済は復活すると言いながら、それをサポートする新日銀幹部など、経済がその方向に向かっていないと見るや、岩田副総裁など一昨日では2%達成に及ばないなら更なら金融緩和を実行すると言い出す。

経済が回復軌道に乗らない理由として、米国の財政問題から生じている米経済の問題があるからだと言いおる。その米国は已然として20世紀型の大国意識で事を解決しようとしている。それに隷属する我が国もまた、カビの生えた思考でそれに追随する。カネさえ撒けば栄養が回るとしか思考が及ばない。

無理やりエサを口に突っ込んで太らせるフオアグラ飼育みたいなことしかやらない。フオアとは仏語で肝臓を意味し、グラは脂肪肥大のことらしい。遮二無二カネだけを突っ込んで来るのは、フオアグラ飼育にも似たりではないか・・・横に居てエサも食わせて貰えないヤセ枯れフオアが沢山たたずんでいると言うのに、一部の人間だけを脂肪の塊のようにするだけの、古くなった20世紀型飼育方法しか頭に浮かばない・・・

ロシア・プーチンは、米国は世界経済に寄生しているだけだと強烈な批判を浴びせ、中国も米経済政策をかなり厳しい口調で批判している。まあ、反米国両国家だから、そのように言うのかも知れないが、真実を言ってる事に間違いはないだろう。なのにこちらでは、その米国に何の間違いも指摘せずに追随するだけで、古い体質にせっせとカビを生やすようなことしかやらない。カビ生やして美味しくなるのはブルーチーズだけだろうに。そのせいか国会スナップ写真を見ていると、シンゾーとアキバ麻生が口元をゆるめてチーズと笑いながら写真に納まっている。

福島垂れ流し汚染水についてもシンゾーは国会で、しっかり管理されているとの認識を示したようだが、事実誤認の認識は認識能力がそもそも欠落しているのだから、当然と言えばそれまでだ。老人でさえこのままではおかしくななるなと認識し始めているのに、それより遥かにお若い方が、20世紀型カビ生えチーズにしゃぶりついている。

もう10月も下旬に入った。師走はあっと言う間にやって来る。師走が来るたびに、どうして毎年ススがかくも増えてるのか、そんな感慨で毎年を過ごして10年以上が過ぎてしまった。エサの撒き方を知らず、ムダなエサが堆積しているから、スス溜まりを感じるのだろうか・・・。



2013/10/20 Re:GDP3
輸入品の付加価値は、輸
メンテ
日本中、カビが生えているのではなく、化石にカビが生えていますね〜! ( No.734 )
日時: 2013/10/20 14:41
名前: イントィッション ID:XIjdvlz2

>もう国会の映像など見たくも無い、見てもしょうがないから何をやってるのかもつぶさには知らない。

金曜日に、たまたま車の中でラジオが点いていてNHKの番組で、共産党の質疑を聞いてしまったのでありました。。。

まー、共産党と言えば、とてもはきはきとTPPやら増税やらの自民党のかかげた政策の反対意見を発言しますが、なんやらやっぱり変な党ですね〜。。。 よく隠れたようにある細い小路を入ったところに共産党の支部の事務所があるのですが、出入りする人はほとんど60代、70代の厚化粧のおばはん達やおじさん方です。。。 それも何やら歩く姿も態度がでかいように思います。。。

そして、もう一つ気になるのは、最近大げさに走る真っ黒の黒塗りの車のドアに日本の国旗を縫って、拡声器で大声で自民党政策を掲げる右翼団体が、またも昔のようにたびたび出現しております〜!!! 一昔前の光景がまたお目見えです。。。

今日もNHKの朝の日曜討論に、また石破壊が出現していて、またあの寄れ目の口裂け男がカビの生えた化石発言をしておりました。。。

はっきりとこう言ったんです。。。 その時は、いかにもしまった〜!という顔つきでした。。。

 「日本は、あまりにも規制がありますから、外資の利益のためなどにはならない。」

 え〜??? 海外の企業って、遺伝子組み換えトウモロコシの輸入は90%、マクドナルドやら、スタバーやら、他のコーヒーやら、ディズニーランドやら、豚や牛肉やら、お菓子などのメーカーやら、関税だって一昔前に比べれば安いし、米国の車だって、別に輸入禁止しているわけでもありません。。。

 どこが外資が入りずらい環境なんでしょうか???

 ついでに、正社員を減らすとか、米国の国民さえからも嫌われたユダ菌外資に利益をやるための緩和だとか、化石カビだらけの石破壊!!!

本当は、あんまりにもゴローバル化しているから、社員を守り、正社員を若い人から増やす特区とか、被災者支援を明確に、早く行動を起こすための特区とか、大企業のために、近隣同士の極東アジアと仲良くしていくとか、軍縮を強化するとか。。。

メディアにもっと真実を報道させるようにするとか。。。

日本中、カルトのカビだらけですね〜。。。

メンテ
ユダ菌が更にくっつきたいもの ( No.735 )
日時: 2013/10/20 18:17
名前: 満天下有人 ID:ffWyMKuk

<どこが外資が入りずらい環境なんでしょうか???>

ユダ菌が自分たちだけ食べれるカビ菌を植え付けて、日本人は食べにくいようにする分野が、まだまだあるのですよ・・・
TPPは秘密交渉ですから、具体的に何をどうしようとしているのか、分からない面もありますが、まあ常識的に見て、農業コメ分野、郵貯カンポ分野、医療医薬品分野、建設が関係する公共工事などが俎上に上っています。

そして雇用の国籍規制撤廃を求めて、国際労働機関加盟国としての義務=保護貿易的な労働法、労働慣行を定めないようにしますから、各相手国の労働基準に従わねばならなくなります。既にその布石は着々と打たれて来ましたね・・・小泉、竹中以来、非正規労働が拡大したことが、それです。場合によっては雇用保険なども大幅に変えなくてはいけなくなるかも知れません。これは各分野に共通することですから、大変な変更となり、ここは日本かよ、それほどに風景が変わってしまうかも知れません。

農業分野のコメ。現在では輸入関税約7倍を設定していますから、安いコメでも日本のコメ農業が守られていますが、関税撤廃となると、あのジャポニカタイプと殆ど変らないカリフオルニア米がなだれ込んで来るでしょう。現在相場では、海上運賃かけて運んで来ても、諸経費入れてもキロ80円くらい。10キロで800円ですから、新潟コシヒカリなど10キロ5000円前後のコメが大打撃を受けるでしょう。

まあ、現在のコメ消費高年850万トンに対し、カリフオルニア米の生産高は100万トンくらいですから、全面打撃とはならないにしても、アメリカはまだ生産余力十分ですからね、どんどん増やしてくると思います。トウモロコシがそうでした、段々安い米国産に傾いて行き、現在は需要1600万トン全量輸入になってしまいましたね。北海道庁試算では、砂糖もありますから、これで農業所得が約2兆円も減るとの計算のようです。

も一つが例のモンサントGMOです。現在我が国はコメについてはGMO厳禁措置を取っていますが、一旦門戸を開いたら、なし崩しにされるのは目に見えています。

郵貯・カンポへの狙いはもう、10年前から分かっていることですね。郵貯資金を好きなように運用したい、冗談じゃない、最近でもモルガンが大損こいて罰金まで科せられ、ゴールドマンは収益が激減。彼らは言うまでも無く、滅茶苦茶投機に走りますからね。郵貯カンポに参入する為に、郵政の株式保有を早くやりたいのです。でもこちらはまだ、政府が握っていて一般株式市場には出しておりません。それを早くやれと言うのがTPPの中に含まれている。そして国債の最大の保有者である郵貯・カンポの国債を自由に操りたいのです。売った買ったで金利が乱高下すると思います。

医療医薬品分野では、ジェネリック薬品の廃止が中心になっている。これに対しては目下フリピンが猛反発しているようです。そしてカンポに参入出来ればアメリカ並みに民間健保への依存率を高めることでしょう。要するに政府管掌の国民皆保険制度を無くしたいのです。

建設関係での公共事業も、TPP参加国に事前に入札告知をせねばならなくなります。そして建設労働者も上記のように労働の国籍撤廃になると、外国労働者がどんどん入って来る。まあ、目下は我が国では建設関係労働者が少なくなっているようですから好都合かも知れませんが、そもそも公共事業は日本国民の税で行い、日本人に払う給与からまた税を徴収するので、国内で循環しますが、外国人労働者となると、どうなるのかな?・・・・

まだまだ我々が知らされていない事項が、沢山あることでしょう。

PS:右翼団体が街宣を再開した。これは確か規制が敷かれた記憶があるのに、やはりシンゾーになってから目をつむり始めたのですねぇ・・・右翼もタダでは動きません。どこからかカネ貰わないと(笑)。
メンテ
衆愚の海 ( No.736 )
日時: 2013/10/20 19:12
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:GLs.sCVM

>ロシア・プーチンは、米国は世界経済に寄生しているだけだと強烈な批判を浴びせ、中国も米経済政策をかなり厳しい口調で批判している。

寄生虫、アメリカ!

ゾンビ、アメリカ!


相手国の中から食いつぶす、アメリカ、ユダ菌

まさに、菌。

我が国は、古代から外国の侵略を許した事はなかった。

明治の不平等条約もTPPに比べるとあまーいもの。

安倍と言うよりも、自民党が国を売っているのであり

国家を破綻に追い込んでいる。

それを阻止すべき何の勢力も存在しない

腰抜け国家、

腰抜け、民族。

束の間の栄華に酔いしれて

己自身さえも見えなくなった、クソ国民。

それも、民主主義と言う

大層、好都合な言い訳で、自分自身を納得させているのであろう。

それほど、弱い

国民であった、

それほど、愚かな

国民であったとは。

何時の日からか!

少なくとも、

先の大戦でなくなった、250万の英霊は

夢にも思わぬ事態であろう。

鎌倉時代の土農も

幕末の志士たちも、

否、

あの頼りない幕府の吏僚さえも

これが日本人かと目を疑うであろう。

その大将が

安倍のバカタレ

そんなバカタレなど

簀巻きにして、踏みつけ踏みつけr

どぶ川で息の根を止めるべし。

右翼とか言う言葉を使う馬鹿もいる。

右翼とは、何かもしらない馬鹿が

腰抜け共の尻馬にのり

右翼でございます、

とは、これ如何に

それを許す右翼も腰抜けとは

国を救う最後の手立ても欠き

衆愚の海に溺れだす

日本と言う国の哀れさよ

メンテ
攘夷思想を取り戻せ! ( No.737 )
日時: 2013/10/20 20:32
名前: 満天下有人 ID:ffWyMKuk

明治維新の6年前の1862年。幕府政治の改革を求めて上京した薩摩藩の島津久光公。現在の横浜鶴見区の生麦を通過中に、乗馬したままの英国民間人4名を無礼者として行列の最後尾にいた藩士が殺傷、薩英戦争にまで発展した有名な生麦事件。

英国公使館の通訳であったアーネスト・サトウの日記によると、事件発生の経過は次のようなものであった。
行列の先頭に居た薩摩藩士たちは、正面から行列に乗り入れて来た騎乗の英国人4名に対し、身振り手振りで下馬し、道をゆずるように説明したが、言葉が通じない為に英国人たちは、わき道を通れと言われたと思い、端っこに寄ろうとしたが、行列が道一杯に広がっていた為に行列の真ん中をそのまま進み、島津公の籠の近くまで来てしまったものだから、藩士たちが遂に無礼者として太刀を振るい一人を殺し、二人に重傷を負わせてしまった。

この悲劇は言葉が通じなかったことと、習慣の違いが分からず、馬から降りなかったことが更に武家社会の者にとっては、この上無い無礼作法と写ってしまった。文化すれ違いの悲劇が起ってしまったと言う訳だが、でも、殺傷された民間人は、民間人であっても、ユダ菌英国の手先であったジャーデイン・マセソン商会のような者が、横浜に大勢来ていたことを思い浮かべると、この英民間人たちの罪ではないが、無条件で西欧に門戸を開いた当時の維新幹部たちと共に、無礼行為の文化も知らずに来た西洋人たちにも腹が立つ。

今の右翼たちに、この薩摩藩士が無礼者と叫んで切り捨てた志士の根性は、あるのか。狭い国の中で同胞を恫喝するだけの情けなさ。ユダ菌を切って捨てるような志思を果たして持っているか?限りなく無礼を働き続けるジャパンハンドラーズたちを、無礼者!と一喝して刀を振り降ろせるか?・・・

ピストルならぬミサイルを向けられたら、ヘナヘナと腰砕けになるくせに、空ら威張りするな。生麦事件以降、腰砕けとなってしまって、この国を全面開国した当時と、今がそっくりになってしまっている。見よ、開国して以降、富も成長も目に見えにくい金融開国によって、でどれほど失ってしまったことか。これまでの開国が失敗であったと早く認識し、一刻も早く鎖国せよ!。腰抜けどもが生き延びるには、鎖国しかないだろうに。騙されるしか脳が無い者、国ならば、鎖国しかないだろう!。

メンテ
サウジにも離反されるアメリカ ( No.738 )
日時: 2013/10/23 02:04
名前: 満天下有人 ID:wV7GiXC2

米予算問題で浮き彫りになった米財政問題、それに関係する金融緩和とドル基軸通貨問題に対し、ロシア、中国はいち早く米国牽制のコメントを出していた。ロシアのそれはシリア問題が背景にあり、中国のそれは、世界第一位の米国債を保有していることが背景にある。

ドル基軸通貨を巡って、いよいよ世界再編の芽が出だした観ありだが、それよりも目を引いたのが、第二次大戦後長い間蜜月を続けて来たアラブの盟主、サウジアラビアによる米国批判だった。中露や他BRICsによる米国牽制よりも、私はこのサウジによる批判が、戦後一貫して世界を席捲して来た米石油基軸通貨ドルにいよいよ変化の兆しが表れたものとして、注目したい。

サウジの米国批判の具体的表明は、17日に国連非常任理事国へ選出されながら、その翌日にこれを辞退したことにある。何故かと言うと、常任理事会が化学兵器使用を巡るシリア政府攻撃を避けたことにあり、その決議に対し米国が腰砕けになったのが表向きの理由だ。つまりサウジはシリアの反政府グループを支援しているからである。

イスラム原理主義のテロがシリア反政府軍の行動の中心になっていると解釈する限り、ではサウジはテロ行為を支援していることになり、サウジもけしからんと言うことになるが、そこが極東の我々には見えにくい様相なのだ。米国離れの背景にはこの宗教と石油問題の二面性が複雑に絡んでいるから、表面だけでは非常に理解しにくい矛盾した行動に見えて来る。

テロ的なイスラム原理主義とサウジの関係から見ると、そもそもイスラム原理主義の盟主はサウジ・サウド王家である。サウド家は、イスラム教を原理とする信仰は当たり前のことであり、それが正当な原理主義であり、態々テロ行為までする必要は無いとして、所謂テロを行う過激原理主義の立場は取らない。だからテロ的原理主義を掲げるイランやシリア政府の行動は黙認しないとの立場なのだ。その信仰的原理主義と米戦略が合致するから長年に亘って盟友関係を保って来た。

この米・サウジVSイスラム過激原理主義イランの関係を石油問題から見ると、歴史の根は深い。サウジ・米国の石油関係は、1933年に遡る。切っ掛けは、現在の世界最大のロックフエラー石油・エクソンモービルの前身であるスタンダード石油が、サウジの原油掘削権を確保したことから始まる。

1970年代にアラブ諸国で原油企業の国有化の嵐が吹き荒れた時、サウジは過激な国有化路線を取らずに、ロックフエラーのスタンダードオイルを、アラビア・アメリカ石油会社に名称を変え(ARAMCO)、そこにもアメリカの名前を残すくらいに米国との盟友関係を表明していた。その時に、何度も書いたことだが、米国務長官キッシンジャーが、ニクソン大統領によるドル金兌換停止の結果、ドル基軸通貨の弱化防止策としてドルを石油に連動させるドル・石油基軸通貨案を出し、それをサウジがOPEC諸国を説得する役目を果たしたという歴史がある。

それ以前にも米国エクソン・モービルはイランの巨大油田を確保しようとして、イランパーレビ国王を傀儡として、ロスチャイルドのブリティッシュ・ペトロが握っていた石油利権を革命を起こさせて横取りし、更にそれを国有化したホメイニ師イラン革命に対し、イランはエセイスラム原理主義であるとして批判し続けていたサウジが、米国の支援に回った歴史がある。

今回その米国がシリア政府攻撃に弱腰になった、その原因は、米財政悪化による議会の反発にある、せっかくドル石油基軸通貨になるように支援して来たそのドルが、財政悪化を皮切りに弱体化を露呈してしまった、そしてシリア攻撃にも米議会は反発している、二重の意味で米国は弱くなっている。サウジとしては何の為に長い間、米国と蜜月関係を築いてきたのか、エセイスラム原理主義にも反発してきたのに、二重の事で意味が無くなった、さような光景なのである。

更に、米国におけるシエールガス生産増大によって、米国はサウジの石油から離れようとしている。いわば三重の意味で、明らさまな米国批判となった。真のイスラム原理主義は信義を第一とするサウジからすれば、これまでの米国によるサウジとの盟友関係は、単なる打算であったのかと怒る訳である。

世界の潮流の変化という視点から見るならば、サウジと米国の離反は歓迎すべき兆候ではある。問題は中露がそこに食い込み、新たな覇権主義が台頭しはしないかという懸念もあることだ。

例によってこの問題を、シンゾー叩きで締めくくろう(笑)。このような潮流の変化をシンゾーは理解しているのか、この夏、中東原油諸国を回って、向こうはお客様だから歓待しているだけなのに、中東諸国とも好関係を結んで来たと、胸を張る単純さだった・・・米国離れを開始した中東諸国、その米国を十年一日が如く支援するシンゾー及びこの国、いつまでそんな政策を継続するのか、民主党政権の時も、せっかくイランの巨大アザデガン油田の掘削に投資し、採油前になって米国のイラン封じ込め政策に乗って、あっさりと手を引いてしまった・・・

そして新エネルギー開発への投資も、色々やってはいるのであろうが、真剣さが感じられない。どこえ向かうのか我が国は・・・今回のサウジによる米国離れが暗示するものは多々あろうに。
メンテ
アベノミクスはブードー教経済だ・・ ( No.739 )
日時: 2013/10/23 09:30
名前: 満天下有人 ID:wV7GiXC2

国債をどんどん発行し、円を市中にバラ撒けば景気が回復するとするアベノミクス政策は、カネも通貨も供給し、減税も行えば景気は回復するとしたサプライサイドの経済学を採用したレーガン大統領のレーガノミックス政策を真似ている以外の何物でもない。

このブードー教を例えに持ち出したのは、共和党大統領候補選で、レーガンと指名争いをしたパパブッシュであるジョージ・ハーバード・ウオーカーブッシュ=HWブッシュであった。

レーガンのレーガノミックス政策、オカネをばら撒いて減税すれば景気が回復するというのは、呪文を唱えれば呪術によって悪魔を退治できるという、ブードー教信者にも似たりという訳だ。ブードー教とはベネズエラ沖のアンテイル諸島のハイチ共和国で根付いたキリスト教とアフリカ土着信仰がミックスされて出来上がった独特の信仰らしい。

指名選挙では結局レーガンが勝ったものの、HWブッシュを副大統領に指名したので、それ以降ブッシュはこの言葉を二度と使わなくなったエピソードがある。

言葉は使わずとも、このブードー教経済をレーガンに続いて二度やっているのが、我がシンゾーである(笑)。この歪んだ経済構造を呪文を唱えて悪魔を退治できるなら結構なのだが、世界中を回ってアベノミクス呪文を振りまいてはいるが、一方で悪魔の手助けもやっているから効果があろう筈もない。統一教会呪術が混入していては、呪術も困惑しているのかも知れないな(笑)・・・

二度目と言えば、シンゾーも二度目の登場だ。ヘーゲルが世界史上、有名な人物は二度現れるとの歴史認識を批判したマルクスが、一度目の歴史は悲劇として、二度目は喜劇として現れるとの有名な歴史認識比喩・・・ナポレオン、ルイボナパルト三世のブリュメール18日の革命を揶揄ったものだが、我がシンゾーの言動を見ていると、二度目は正に喜劇として登場しているように見える。
メンテ
英国原発商売、中国頼りの情けなさ ( No.740 )
日時: 2013/10/24 07:16
名前: 満天下有人 ID:OHa6cVKc

英国の悪口を言う前に、我がシンゾー殿を無視するわけには行かない(笑)。シンゾーの、原発汚染水への発言。IOCでは「完全にコントロールしている」、国会初日では完全にの言葉が抜けて、「コントロールしている」、昨日の国会では「状況は把握している」と変化・・・

さもありなん、何が何でも二度目の東京オリンピックは、自分が総理である間に決定したい思惑が、ウソを付き騙しのテクニックを全開し、原発処理状況を隠したいのだから、しかし現実を隠しおおせる筈も無く、斯くの如き発言の変化を見せることになった。

何の信念もなく哲学も持ち合わせていないシンゾーのことだから、とにかく目先のことをうまくクリアさせれば良いとしか考えない、見え透いたウソを付き、それがすぐにバレてしまっても当然のことだ。単純なウソつき屋の最も怖い所は、大きなウソにはコロッと騙されてしまうことにある。福島原発事故処理も、原子力村や東電の大きなウソに騙されたのかも知れないが、本来持っているウソ付き習性なるものは、よ大きなウソに魅力を感じるのかも知れない。TPP交渉など、その見本ではないか。

この男、元々が原発頼り、事故が起こってその後遺症も処理できないのに、インド、ASEANには原発売り込みに熱心。シンゾーだけかと思っていたらそうでもない。海外情報ブログで英国が中国原発事業を英国内でやらせる記事が目に止まり、びっくり。世界経済は原発なしでは立ち直れないと思う施政者で溢れている観ありだ。

英国キャメロンなる若造首相、こいつも訳の分からぬ御仁だ。シリア攻撃でオバマに歩調を合わせるバカさ加減、議会の否決で恥をかいてしまったが、こいつも世界潮流の変化に逆らうことばかりやりおる。アメリカに劣らず事実上破たんしている英経済を立て直す為に、核管理上、そして国の根幹にかかわるエネルギー製造を外国に任せる訳には行かないとする政策上、外国による原発建設に厳しい規制を敷いていたのに、中国資金引き入れの見返りとして、中国技術による英国内原発建設を要請したと言うのだから、どこもかしこも、何の為に経済行為をやっているのか、誰の為に経済再生をしようとしているのか、クビの無い鶏が右往左往する様に似て、根本が全く見えていない。

発端はやはり米経済、特に米国型金融市場に限界を感じてのことらしい。英オスボーン財務相と金融センターシテイを代表するロンドン市長が訪中し、ドルを経由しない英ポンドと人民元為替の取引市場を世界で初めてシテイでやろうと提案。元々がレーガノミクスに乗った鉄の女・サッチャー首相が、最終的にはリーマンショック破綻に象徴される金融市場の行き詰まりの元であり、それrを立て直す為に今度は、若造キャメロンが中国製原発を引き入れようとしている。デイビー英エネルギー相が中国原発企業の英国における建設を要請し、その資金を同時に金融センターでの運用を要請するなど、金融と原発が一体となっている。

あの中国新幹線の大事故を思うと、中国の原発技術は大丈夫なのかとの不安が、頭にすぐに思い浮かぶ。英国に建設する原発は中国とフランス共同の技術によるらしい。ロスチャイルドの仏原発・アレバ社の技術ということか・・・福島事故の時、当時のサルコジ大統領とアレバ社の女性CEOが我が国へすっ飛んで来て、アレバ社の事故処理技術売り込みの光景が思い出される。

東電はアレバの汚染水処理装置を即刻設置したものの、稼働後僅か5時間でダウン、それでもアレバ社の請求書には581億円と記載されていた。そんなアレバ社との共同技術による原発など、信用出来るのか・・・社会派と思われた仏オランド大統領も原発推進派、同大統領とシンゾーが原発共同開発契約書にサインしていた映像が思い出される。

原発と金融で思い出されるのが、ゴールドマンサックスCEOから米財務長官になったポールソンが、中国に公債発行と原発建設を関連させるノウハウを伝授し、約100兆円の財源を創出させ、ゴールドマンはボロ儲け(笑)・・・その中国では浙江省、広東省などで既に13基が稼働中だ。福島事故を見た当時の温家宝首相は、原発設置に厳しい規制を設けた。今回の英国による中国原発の引き入れは中国内では原発増設が難しいと計算もした上でのことであろう。

原発事業の如何わしは、政治と原子力村の癒着に見れるように、我が国では知る者が増えている。だが世界規模で敷延して見るに、ドイツを除いてまだまだこの分野には鈍感だ。

英国による中国製原発の導入、近世に入る前に列強がこぞって中国権益を巡って争い、英国などは東インド会社を通じ、アヘンで中国を荒らしてしまった。今度はカネ不足の為に中国を引き入れようとしている。それもまた反省も無く金融側面からエサを撒いている。英経済も御多分に漏れず既に破綻している。250万社の企業の内、1割は事実上債務超過の状態で、リーマンショック後に倍増している。英国民の間にも飢餓が増えており、慈善事業の食糧支援所に行く人の数が、今年上半期には三倍増の6・5万に急増しているようだ。

それでも18世紀以来の巧みな口宣伝で、他所を騙して巻き込む術は相変わらず健在のようだ。足元の国民飢餓には目もくれないやり方は、やはり分家アメリカの上を行く本家の本性なのか・・・

・・・昨日紹介した歴史を揶揄ってマルクスが言った、歴史は一度目は悲劇として、二度目は喜劇として登場するとの見立て、一度目は金融破綻で悲劇を見、それを為替に原発で経済を立て直そうとするこの動きは、喜劇に見える・・・否、悲喜劇と言うべきか・・・。
メンテ
キチガイ安倍シンゾー、国民から命と財産オレオレ詐欺日米同盟強行 WWW ( No.741 )
日時: 2013/10/24 11:29
名前: イントィッション ID:c/KVTRPU

おっちゃん、いつも詳しい歴史認識の情報ありがとうございます。。。
石油利権と基軸通貨ドルが、人民元への移行のような兆候です。。。
 ↓
<RQFII制度がシンガポールに適用 投資枠が82億米ドル>
〜今後、シンガポールに拠点を置くRQFIIの資格を有する機関投資家は人民元による中国の株式や債券への投資が可能になる。
中国とシンガポールはまた、両国間金融協力強化の一環として、銀行間為替市場で人民元とシンガポールドルとの直接取引を開始する。〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131023-00000044-scn-cn
http://rt.com/business/china%20singapore%20currency%20trade-539/

TPPの知的財産権分野の詐欺会合が日本で?
 ↓

<TPP>知的財産権分野の中間会合 日本で開催 24〜29日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131023-00000099-mai-bus_all

>・・・米国離れを開始した中東諸国、その米国を十年一日が如く支援するシンゾー及びこの国、いつまでそんな政策を継続するのか、
おっちゃん、なんやら米国のジャパンハンドラーズ菌が、ずっと日本に“在沖”らしいですよ〜。。。迷惑や〜。。。
あの、目つきの悪い石破壊が居ると言うことは、もちろん防衛軍の話でしょうね〜。。。
  ↓

<10月29日(火) 8:00〜15:10:帝国ホテル東京(東京・内幸町) 本館2階「孔雀の間」
日経・CSISシンポジウム 「新たなる日米同盟――未来への助走」>
〜参加者〜
喜多恒雄、ジェームズ・スタインバーグ、カート・キャンベル、リチャード・アーミテージ、マイケル・グリーン、北岡伸一、ジョセフ・ナイ、長島昭久、岩屋毅、ジョン・ハムレ、カート・トン、石破茂、野田聖子、谷内正太郎、春原剛
http://www.nikkei-events.jp/csis/program.html

<10月30日(水) 18:00〜20:30 慶應義塾大学 西校舎ホール(三田キャンパス):アジア新世代〜問われる日米の絆〜 アーミテージ&キャンベル 白熱討論>
http://www.nikkei-events.jp/hakunetsu/index.html


★★★ところで、最近あちらこちらの地域に防衛相、自衛隊 公○センターというような事務所ありませんか〜???
   見たんですよ〜。。。なるべく目が付きにくい一角の間のビルの2階あたりに、その名前を窓に貼り付けた事務所を。。。

なんで、普通の民家のビルに、そんな事務所を置く必要があるんでしょうか???

事務所の管理費は、多分防衛相から支払いがあるとは思うのですが。。。

私は、多分、キチガイシンゾーが、憲法改悪なかなかできないので、コソコソ事務所なんて置いて、そのうちに、こんな名前に変えるのではないですか〜??? 地域ごとに徴兵させるために。。。

   防衛相 防衛軍 徴兵センターって。。。 そうでなければ民間のビルに事務所なんて置かないでしょう。。。WWW
メンテ
Re:人民元取引拡大 ( No.742 )
日時: 2013/10/24 12:40
名前: 満天下有人 ID:OHa6cVKc

イントちゃん、英国がロンドンシテイ金融センターで、人民元専用の取引を始める、その補強資料としてシンガポールでの人民元取引開始ニュース、どうも有難う。

英国に続いてシンガポールでも人民元での中国資産に対する取引とは、中国が正面切ってドル離れを始めたということでしょう。

なのに我が国は、このジャパンハンドラーズたちとの関係を、一層強化しようとしている。何ですかこの帝国ホテルにおけるシンポジュウムの顔ぶれ、ジャパンハンドラーズたちがそのまんま引っ越して来たようなものではありませんか。

普通の民家ビルにこっそりと設置し出した防衛省、自衛隊の事務所、どうも秘密保護法案実施後の監視体制の一環のような感じを受けますね。ボストンマラソン爆発事件の時、驚くべき速さで犯人を特定していましたね、FBI、CIA協働だった臭いのですが、テロ監視を名目にいよいよ我が国もアメリカ並みになって来ました。
CSISのクソ野郎どもに手を貸すシンゾーに石破れ鮫脳・・・クタバレ!!。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存