ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1697] 当代世間騙し装置
日時: 2013/02/24 20:14:53
名前: 満天下有人 ID:1361704493

先日TVで見た、未発見の素粒子を見つける為の欧州原子核研究機構・CERNによってスイスに設置された超高速実験装置、円周が35Kmに及びフランスにまたがる巨大なものだが、宇宙物質を構成する17個の素粒子の内、未発見の6個?を探るものらしい。

宇宙物理など縁がないもので、何が何のためのものなのか、さっぱり分らないけど、物質を構成する素粒子が質量を持つのは、ヒッグス粒子なるものがある筈だ、その仮説に基づいて素粒子を高速で衝突させて発見する装置だそうな。まだ人類が発見していない最小単位の素粒子を暗黒物資、そこから生じるエネルギーを暗黒エネルギーとも言い、宇宙を膨張させているらしいが、国際物理学会では、実験中に生じると仮定されるブラックホールの危険性を理由に、実験反対の学者さんたちも結構居るとか・・・

CERNが今回、東京会議で言うには、我が国の東北地方が実験装置を作るのに最適な場所らしい。スイスでは研究者たちが多数住むことになり、その経済効果も結構なものらしい。

はてさて素人にとっては、その宇宙構成物資を全部発見して、それが人類の生存にどのように関わって来るのか、すぐにさような卑しい根性が頭をよぎる(笑)、まあ、別に科学の果てしない探究心をあれこれ言うのではないのだが、生命の誕生の謎にも迫ることが可能になるとか。

東大の若い先生によれば、宇宙の研究は我々人間の生活にすぐ役立つというものではなく、「知りたい」という好奇心が何よりも大事で、人間がどこから来たのかという根本問題に関係し、その生命の源になる元素を学ぶことに意義があるとのことだ・・・

で、生命の源になっている元素の解明で、どうして人間と言う生命が騙し合う元素を持っているのか、それも発見出来ればありがたいことではある。むしろ騙しのテクニックを用いる連中を、その加速ぶつかり合い装置に放り込んで実験した方が、より有意義な結果が得られるような気がするのだが、如何なものだろうか・・・

人間、どうしてダマシ合いの社会装置を作ってしまったのか、我が官僚機構も司法制度も政治家も、この超高速装置で実験しない限り、その生命の謎は解けないのではないか・・・

そして国際関係における騙し合いもまた、謎を解き明かさねばならない。何やら安倍の訪米も、TPP関税撤廃の聖域の一部除外についてオバマ大統領と合意に達したとして、マスコミは褒め称えている。公明党の山口代表も米国側が一定の柔軟性を持っていることが分かったと、まあ単純なことを言いおる。

安倍成果の評価は、自民党内反対派を抑える辻褄合わせ、一種の騙し装置であり、山口公明党による評価もまた、聖域一部除外に米側に潜むダマシの手口を見ていない。米側の柔軟性の見返りは何か、共同声明で、自動車部門、保険部門については2国間で話し合い継続するとはっきり書いてあるではないか。

別テーマにした人間成長の限界は、実はこの人間同士の騙しの装置にあるのではないか、限界を示す装置を抱えていては、成長もへったくれも無い。宇宙の諸現象から物質の謎に迫る自然科学と同じように、人間が生み出している限りない現象を羅列して見るのも一興あるというものだ。残念なことは、この諸要因を放り込む巨大な実験装置が無いことだ。いや、果てしない騙しの構造そのものが、実験装置なのかも知れない。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

楽しいヘリマネの夢 ( No.643 )
日時: 2013/09/24 10:40
名前: 満天下有人 ID:OHa6cVKc

橋立さんが、経済全体に支障が起きないヘリマネの可能性を考えておられるようだが、実際にあった楽しいヘリマネを思い出したので、息抜きに紹介しましょう。

04年のクリスマスに、名古屋のTV塔からドル紙幣1万枚と100円札千枚をばら撒いた元銀行員がおりました。ヘリマネとは何か、その定義など堅苦しい話は抜きにして、空中で撒いたのですから文字通りヘリコプターマネーでした(笑)。

何でも破綻して管理ポストに入ったあし銀フイアイナンシャルグループの株を1円で600万株買い、15円で売ってボロ儲け、クリスマスプレゼントとしてばら撒いた事件がありました。事件とは言っても違法では無かったので事件にもなりませんでしたが、何故ドルを撒いたのか、その額面は何ドル札だったのか忘れましたが、拾った人は大喜び(笑)、・・・これを国家規模でやってくれと言うのが、庶民の願望、これはもう頭が真っ白になる慶びですね(笑)。

ばら撒く日銀がどのような運搬手段を使って札を運ぶか、これも興味のある所です。強盗の心配は多分無い、強盗にもただカネが入るのですからやばい強盗をする必要も無い・・・多分銀行を通じてばら撒くことになるのでしょうが、銀行は利子をはずむから預金してくれと言うか・・・そんな事を言う筈はありませんね、ただのカネがあるのに利子を払ってまで借りる者が一方で居ない訳ですから。

となると誰も働く必要を感じ無くなり、需要も供給もヘッタクレも何も無くなって、年中枕を高くして寝ていればよくなり、こんな天下泰平はまたとない事でしょう。しかし働かなくても良いからモノ不足となる。しぶしぶ生産し、カネを払えと言うのも億劫になる、何故ならまたタダカネが入るのですから、面倒臭いことをする必要も無くなり、その状況で生産されたモノの価格は暴騰するでしょう、タダガネがあるのにわざわざモノ作るのだから、値段は高くしないと作る気にれない・・・らせん状で物価は上がって行く。

何、暴騰してもまたカネが来るさ、でも超インフレでは札の枚数が追い付かなくなる・・・なに、1枚1兆円で印刷すりゃ事は簡単だ。ジンバブエだって2億%のハイパーインフレで最後には1兆ジンバブエドルを発行したのだから。

吉野家の牛ドン一杯300円?として、インフレ率2億%で一杯600億円・・・1兆円札を出してお釣りが9400億円も来る!!名目価格の幻想に一瞬目がくらんでしまう、誰もが一度はそんな世界を味わってみたい。

所が諸外国はジンバブエに物を売らなくなり、現在ではZ$は発行停止中と聞いております。IMFが一生懸命になって、何とか米ドルを流通させて沈静化を図っているようだが、それでもまだインフレ率は元の10倍くらいだそうで、ムガベ大統領は果たせなかったユートピアの夢破れ、ガッカリしているそうな(これは私の推測)。でも楽しいユメではあります(笑)。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.644 )
日時: 2013/09/24 15:44
名前: イントィッション ID:y.J4P896

おっちゃん。。。 

>形を変えて財投債としただけで独立行政法人や数多の公益法人維持の為の借金です。

公益法人の中には、お金持ちなのに、税金からお金を吸い上げている爺様どもがたくさん存在します。。。

古美術などの文化財産や建物を維持するのは良いのですが、それに便乗して高い給与を盗る官僚の天下り先!!!

本当に、この天下りを廃止しないと、増税などもってのほかです!!!

そして、いまだ高い給与を吸い上げる全国公務員ども!!! (それも安倍や公明党などのカルト宗教団体と本当のテロリストどもに加担している地方の公務員どももたくさん存在するわけです!!!)

 なんやら、杉並区のある小学校で、7月21日の選挙に、出口調査を初めから終わりまでやった人が存在して、(出口調査というものは、世界中でどんなに違っても3%以内で、1%ほどしか違いはない!と知られた確実性の高いもので! NHKなどの出口調査などは、アルバイトで30分だけ!)な、な、なんと、公明党の山口代表の出口調査では、最下位の7位だったそうです!!!

やはり、統一や創価のテロリストどもが、テロリストとして政権を盗んだものと思われます。。。

官僚も一緒にテロやっているんでしょうね〜。。。 もちろん竹中・モンサントの米倉も!!! (怒!!!
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.645 )
日時: 2013/09/24 20:13
名前: 満天下有人 ID:OHa6cVKc

Hey! TAKOZOO & Monsanto YONEKURA! You shall die.

メンテ
ヘリマネ論の味方 ( No.646 )
日時: 2013/09/24 20:34
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:0WMuZKUo

ヘリマネ論について

京都大学の藤井教授が、私が言っているような紙幣の増刷で公共事業をやる方策を講演で言っているようです。
早速、ネットで調べましたが、藤井教授と言うのは、安倍内閣の例の国土強靭化政策に協力してりる学者のようです。

持論と合致しているので手を付けているのでしょう。
藤井教授の論文としては、さすがに正面きってヘリマネ論は展開できないのでしょう。
藤井教授のことは知り合いの市会議員(30過ぎの若手)が、教授を囲んだグループに所属していて何回か講演を聴いたそうです。
そこでは、はっきりとヘリマネの概念で喋っていたそうです。

教授が書いたものを探して見ましたが、下記の論文の最後の最後で、紙幣の増刷と言う言葉を見つけました。
http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/images/stories/PDF/Fujii/201110-201112/research/fujii_publicworks.pdf

全体には「マクロ経済への影響を踏まえた公共事業関係費の水準と調達方法の裁量的調整についての基礎的考察」と言う、奥歯にもののはさかったような言い回しで、内容は、主に公債による財源の確保のようです。

そこでインフレ下の公債発行と、デフレ下の公債発行を区別して検証していました。
私は、要するに、本音はヘリマネを言いたいのだが、それを言っちゃ、お終い(学者として)なので、面倒な検証としているものと解しました。

メンテ
Re: ヘリマネ論の味方 ( No.647 )
日時: 2013/09/24 22:57
名前: 満天下有人 ID:OHa6cVKc

何だかこの論文、どの教科書でも言ってる程度ですね。まあ先生ですから教科書的にならざるを得ないのでしょう。

国債も通貨も同じだと言う箇所、私はそうじゃないと言いたいですね。この論者も、同じだと言いながら「ただし,公債発行と紙幣印刷では国民や民間経済主体の印象・反応が異なる点には留意すべき」だと矛盾したことを言ってますね。

通貨に対する国民や経済主体の印象、反応が違う、そのことそのものが、通貨と公債は違う本質を持っていると言うことになります。

公債はあくまで、事業手段としての通貨を集める手法に対し、通貨は何でも入手できるツールであっても、管理紙幣通貨は原初的には紙以外の何物でもありません。現存の世界の中央銀行が市場を通じて円をどのように評価するでしょう、大債務超過になる日本銀行を。だからそうならないように通貨は原初的に債務として縛られているのに。金と兌換されないが故に「管理」と言う言葉が態々被せられている。

それがいくらでも印刷されるとなれば、価値観はひっくり返ってしまうことでしょう。面白半分に書きました前稿・楽しいヘリマネに、それに対する皮肉を込めたつもりです。

毎度申して来たことですが、前提条件として社会制度が全く違うものになって、通貨に対する概念が根本的に変わらない限り、現体制の中では、印刷配給は実行不可能だと思います。京大の先生ともあろうものが、この程度の理解しか出来ないのでしょうか。
メンテ
この世の中、無茶苦茶でござりまする。 ( No.648 )
日時: 2013/09/25 00:23
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:BFyXWCqQ

御手数をかけてすみません。

言われるように、全体として「ただし,公債発行と紙幣印刷では国民や民間経済主体の印象・反応が異なる点には留意すべき」だと弁解してますが、要するに、公共事業の財源として、紙幣の増刷へ持って行こうとする様子は、アチコチに見られました。
専門的に見られると、言っていることは私とチョボチョボと言う事ですか。言葉はしかめ面しているようですが。

結局のところ、経済学的には失敗しているのですね。
もっとも、この先生、都市工学、社会工学が専門のようで、そちらからアプローチしているみたいです。
ようやく社会学が経済に口を挟み出したとも言えるでしょう。

この先生、現実に私が言っているようなことを言いまわっているようです(アカデミックな場では、とても言えないのでしょうが)。
私と同じように方向性は目指せていても、理論的に経済の専門家を説得することは出来ない段階ではないかと思います。

最も、そんな事が出来れば、何時も言っていますように、ノーベル経済学賞ものですが。
でも、勇気はあると思います。
一つ間違えば、良く、それで京大教授が務まっていると蔑まれるでしょうから。

ですが、社会制度を変えてまでも挑戦しなくてはならない事であることは間違いないと思います。
それほど、現実の資本主義の論理は、人間性に適しているからです。

そうして、それゆえに人類は破滅の道をひた走るより仕方がないですね。
大きな改革は、現実の制度の延長で未来をかんがえるのではなく、未来の姿から制度を考えるべきと思います。
今は、ドンキホーテのようですが、社会を代えられるとすれば、このような風潮が高まったときでしょう。
そういう意味で、味方を得たような思いで見ています。

私も自分のこのような思いを周囲の人に撒き散らしています。
今日も地元の知り合いの森林組合の人に久しぶりに会いました。
彼が言うことには、せめて農業の様な補助を林業にもしてくれたならと、嘆いていました。

あの業界は、確かに農業よりも深刻です。
例えば、住宅で使う桧の柱(長さ3.0m、断面10cm角)の材料は、安い市場では、1本1300円で出回っています。
柱は主に芯持ちと言いまして、1本の立ち木から1本よりとりません。
その木を山から切り出して、枝を払い、ふもとまでワイヤーで吊り下げ、自動車で製剤所に運搬して、そこで四角に加工する為に4回は製材機を通し、出来上がった製品(柱)は市へだし、そこで購入した材木屋が、自分の倉庫へ運び、注文に応じて建築現場へ運び、ようやく1300円を手にします。

日当が2、300円の中国の山奥ならともかく、これほどの工程を経て、それで商売になるなど信じられないでしょう。
最も、普通のルートでは、1本2600円程度ですが、其れにしても絶望的な商売である事に変わりはありません。

一方、この木の持ち主(山の持ち主)は如何程の値段で業者に売れると思いますか。
材木業者にとっては1本100円でもたまらないでしょう。
ですが山主は、この木を植林し、成長に合わせて枝打ちなどして育ててきたのです。
本当を言えば立ち木の状態で1500円くらいでなければ採算は合わないでしょう。
このようなのが林業の現実であり、もう林業をする方が馬鹿なのです。

こんなものは経済の理論を幾ら振り回しても、ねじまげても解決できる問題ではありません。

その知り合いは、とりあえず食べる事が出来ればよいのだと達観していました。
メンテ
Re: アンフェア・トレード ( No.649 )
日時: 2013/09/25 06:12
名前: グッキー ID:FshHLwn.

橋立さん

柱1本、1600円とか2600円とかたまげました
昔は末端価格ですが1万円以上で売られていた記憶が有るのですが。

これは国内でアンフェア・トレードが行われているということです。
競争市場の商品と寡占市場の商品を交換すればアンフェア・トレードに成ります。

市場は競争市場と寡占市場、どちらかに統一しなければアンフェアです。

つまり寡占市場に統一するなら、競争市場の商品に価格カルテルを認めなければ
成らない。

競争市場に統一するなら、寡占商品を減産して価格維持が出来ないほど、
企業分割しなければならない。

寡占市場と競争市場を混在させるなら、寡占による超過利潤を
税により再分配しなければ成らない。
メンテ
Re:世の中滅茶苦茶で・・・ ( No.650 )
日時: 2013/09/25 08:52
名前: 満天下有人 ID:18vSbFOU

今夏の超豪雨による山崩れの映像を沢山見ました。

見るたびに自然国土の背骨が崩れて行くような印象、同時に木がああ勿体ない、あれは使い物にならず捨てるのだろうかと、その程度の理解しかできませんでした。

勿体ないも何も、そもそもからして木材価格がそんな低価格では、最初から捨てているのも同然ですね。

林業界のことは全くの素人で、何も言えませんが、輸入が7割も占めている現状は、外材の方が材質が優れているからなのでしょうか、それとも単に価格の問題なのでしょうか・・・一昔、ポートランド勤務を終えた数年後輩の者が、帰国したら一軒家を建てると張り切って、主要部分の木材をカナダで購入し、木材と共に帰国した者が居りましたが、材質が優れているから態々そのような事をしたのか、関心も無かったので聞きもしませんでした。

日本林業問題から受ける印象としては、単なる国際競争力の事だけに留まらず、我が国独特の構造がこの業界にもあるようですね。北欧先進国などでは、林業を先端産業と位置付けて主種々の工夫がなされているようですが、我が国ではそれ以前の問題が多々あって、例によって研究者の数だけのマチマチの意見があって、群盲象をなでるの印象がここにも見れます。

この業界の印象としても一つ記憶に残っているのが、小泉構造改革当時、森林法人の巨額負債問題でした。戦争の為に伐採され過ぎた森林回復の為に、全国の自治体が公共事業として資金を出し、地権者が山を貸し出して、植林を整備しつつ木材を生産する。

この制度が効果を発揮したのは、60年代ではまだ住宅需要が大きく木材価格が損益分岐点の範囲内にあったから良かったものの、木材貿易の自由化によって80年をピークに1/4まで下落したそうですね。一方、農林漁業公庫の貸出残高が43兆円にまで膨らみ、価格下落によって未払利息だけでもかなりの額に上っており、元金もかなりが不良債権になっているとか・・・

現在は如何な状況にあるかは知りませんが、ここにも我が国特有の、ワーッと群がってはその後は放ったらかしの体質が良く見えます。増産されたのは花粉症の素だけの印象で、間伐の手抜きも豪雨による大災害の原因になっているのではと想像します。

そして地球温暖化問題がクローズアップされると、後進国森林伐採を防ぐ為に1兆円を拠出する。それは低価格輸出を更に促進させる。

森林は農業も併せて国土保全の重要分野ですね、それを保全するに国が投資するのは当然です。ヘリマネでもありません。問題はカネだけ出せば後は知らんと言う体質でしょう。林業に携づさわる者も食えるように工夫を要する。既に合理化も限界でサプライチーエンをこれ以上、どうする事も出来ないのかも知れませんが・・・

他の分野にも言えることですが、グローバリ化した構造で食って行くにはどうしたら良いか、問題の皮を一枚一枚はがして行くと、鎖国に繋がって行きます。その何が悪いのか、世界とのシエアリングを損ねると言いますが、そもそもシエアリングしているのは金融資本だけでしょう・・・

第一次基本産業の維持も鎖国すれば可能、巨額債務の処理、ヘリマネも一時的には可能な筈です。先ずは国内循環型の経済に戻すしか方法は無いように思います。






メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.651 )
日時: 2013/09/25 09:23
名前: グッキー ID:FshHLwn.

満天下有人さん

私はこの問題を、アンフェア・トレードの問題と捉えています。
貿易に詳しい満天下有人さんの見解をお聞きしたいのですが。

途上国が安い賃金で原材料を生産し輸出する。
従って所得が伸びないので国内需要が停滞し、国内向け
商品の生産が伸びない。
ますます輸出向け商品の生産に頼るようになる。

こういう構造を多国籍大企業と現地政府が結託して
行わせているのではないでしょうか。

国内需要を増やし国内向け商品の生産を増やし、それによって
賃金が上昇し国内需要が増えるというサイクルに成れば、
安い賃金で輸出向け原材料を生産する者が居なくなります。

途上国にはこういうサイクルに成って欲しいのですが。
メンテ
林業の話し ( No.652 )
日時: 2013/09/25 10:54
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:BFyXWCqQ

グッキーさん

>昔は末端価格ですが1万円以上で売られていた記憶が有るのですが。

説明不足でした。申し訳ありません。

1本1300円と言いますのは、桧 1等と言いまして節がかなりある材木です。
1等といえば一番よいもののように見えますが、材木を言い表す場合は、これが一番節があり、通常は和室など表には出さず壁の中に隠れる部分に使います。(予算がない場合は、それでも表に出す場合もありますが)

節の一番ない材木は、無節といいまして、これは15000〜25000円もします。
その中間に、小節、上小節と等級があります。
住宅ローンのない昔に家を建てるような人は、大抵は金を沢山持っている人でしたので、昔の住宅は結構、無節材を使った立派なものがありました。

無節の様な良い木を育てるには、木が小さい頃、枝打ちと言いまして、下の方(柱となる部分)の枝を切るのです。節と言いますのは、この枝の部分の事ですが、木が小さい頃に切って置くと、表皮が撒いて節の部分が見えなくなるのです。

田舎の事ですので、自治会の役員をしていたころ、自治会所有の山の枝打ちに駆り出された事があります。
弁当もちで奥深い山に踏み込む、あんな作業は大変なものです。

それに、植林と言うものは、最初は苗の状態で、雑草や竹など生命力の強い植物に負けないように周囲の伐採を繰り返します。
少し大きくなると雑木との競争になります。
十分に手が入れられた林は、目的の木(桧や杉)が隆々と成長し、その木だけで林を構成しているように見えますが、それは常に雑木を伐採した結果です。
さらに植林は、最初の頃は結構間隔を少なく植えまて、成長とともに間引きをしています。
何故かといえば、間隔を広げて植林すると、雑草や雑木も多く育つので、目的の木以外に太陽が当らないように、育てている木の枝が最上部に来るようにし、他の植物の成長を妨げるようにしているのです。

ですので植林した木の生長にあわせて数回は植林した木の間引きをします。
要するに、目的の木だけに太陽が当るようにしているのです。
結果、写真やビデオで見られるような、上の方に鬱蒼として枝があり、幹の部分がスラリと伸びている、美しい林が出来るのです(せいぜい下の方にシダなどが茂っています)。
この過程で、結構大きくなった状態で間引かれるのが間伐材であり、これは結構安価で取引されています。

このように植林して木を育てるには、20〜30年もかかり、立派な林が完成すると、もう、そんなに手はかかりません。
戦後、植林作業が奨励されて、植えられた木も50〜60年経ち、いよいよ商品として適齢期に入っていますが、途中で手入れが行き届かない山が多く、それを山が荒れていると言っています。
京都の北山(丸太)や吉野、秋田など、元々の木材の産地はともかく、一般の山の手入れをするものがいなくなっているのです。

1軒の住宅を建てるばあい、最近は使用する木材の80%くらいは輸入品です。
シベリア、アラスカ、南洋の広大なジャングルから手当たり次第切り倒して、大掛かりなやり方で運んで来るものですから、そりゃ木の原価が違います。
それでも、むやみに切り倒し、後の植林がなされていないものですから、伐採しすぎた地域、樹種は後が続きません。
そういう樹種は、最近日本に入らなくなって来ています。最近ではラワン系統の樹種の輸入が少なくなって来ています。
その場合は商社が、また別の地域に乗り込んでいるようですが、何時まで続くかも知れません。

外国産の木材にも良いものもありますが、相対的に国内の樹種は、粘り強く架構に適しています。
粘り強いと言いますのは、梁など継ぎ手で接続する場合、その部材を欠き込んで組み合わせるヶ所での耐久性(耐震性)が信頼出来ると言う事になります。

最近、政府がやっています林業対策は、公共事業で作る建物を、出来るものは木造にし、その木材のある一定以上を国産のものを使用すれば補助金を出すというやり方です。
農業政策でも、そうですが、何でも当面の金で解決するだけでは、何時までも林業の体質は変わりません。

このような場合、政府、行政、学者のクソ共は、林業を担う人間がいないと嘯きます。
農業でも、最近は建設業さえも、同じ理由で業界の振興は無理といっていますが、それこそ主客転倒であり、必要と思えば、如何にすれば、その業界の振興が図れるかを考えるかが政治、行政ではないのではないでしょうか。

満天下さんも指摘されていますが、何処までも経済効果から物資の流れ、生産を捉えていては、結局は人間の社会そのものを疲弊させ、何の為の経済か、何のための社会規範か、もともこもなくしてしまうのではないでしょうか。
資本主義の体制も、此処まで来ていることを認識しなければなりません。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存