ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1697] 当代世間騙し装置
日時: 2013/02/24 20:14:53
名前: 満天下有人 ID:1361704493

先日TVで見た、未発見の素粒子を見つける為の欧州原子核研究機構・CERNによってスイスに設置された超高速実験装置、円周が35Kmに及びフランスにまたがる巨大なものだが、宇宙物質を構成する17個の素粒子の内、未発見の6個?を探るものらしい。

宇宙物理など縁がないもので、何が何のためのものなのか、さっぱり分らないけど、物質を構成する素粒子が質量を持つのは、ヒッグス粒子なるものがある筈だ、その仮説に基づいて素粒子を高速で衝突させて発見する装置だそうな。まだ人類が発見していない最小単位の素粒子を暗黒物資、そこから生じるエネルギーを暗黒エネルギーとも言い、宇宙を膨張させているらしいが、国際物理学会では、実験中に生じると仮定されるブラックホールの危険性を理由に、実験反対の学者さんたちも結構居るとか・・・

CERNが今回、東京会議で言うには、我が国の東北地方が実験装置を作るのに最適な場所らしい。スイスでは研究者たちが多数住むことになり、その経済効果も結構なものらしい。

はてさて素人にとっては、その宇宙構成物資を全部発見して、それが人類の生存にどのように関わって来るのか、すぐにさような卑しい根性が頭をよぎる(笑)、まあ、別に科学の果てしない探究心をあれこれ言うのではないのだが、生命の誕生の謎にも迫ることが可能になるとか。

東大の若い先生によれば、宇宙の研究は我々人間の生活にすぐ役立つというものではなく、「知りたい」という好奇心が何よりも大事で、人間がどこから来たのかという根本問題に関係し、その生命の源になる元素を学ぶことに意義があるとのことだ・・・

で、生命の源になっている元素の解明で、どうして人間と言う生命が騙し合う元素を持っているのか、それも発見出来ればありがたいことではある。むしろ騙しのテクニックを用いる連中を、その加速ぶつかり合い装置に放り込んで実験した方が、より有意義な結果が得られるような気がするのだが、如何なものだろうか・・・

人間、どうしてダマシ合いの社会装置を作ってしまったのか、我が官僚機構も司法制度も政治家も、この超高速装置で実験しない限り、その生命の謎は解けないのではないか・・・

そして国際関係における騙し合いもまた、謎を解き明かさねばならない。何やら安倍の訪米も、TPP関税撤廃の聖域の一部除外についてオバマ大統領と合意に達したとして、マスコミは褒め称えている。公明党の山口代表も米国側が一定の柔軟性を持っていることが分かったと、まあ単純なことを言いおる。

安倍成果の評価は、自民党内反対派を抑える辻褄合わせ、一種の騙し装置であり、山口公明党による評価もまた、聖域一部除外に米側に潜むダマシの手口を見ていない。米側の柔軟性の見返りは何か、共同声明で、自動車部門、保険部門については2国間で話し合い継続するとはっきり書いてあるではないか。

別テーマにした人間成長の限界は、実はこの人間同士の騙しの装置にあるのではないか、限界を示す装置を抱えていては、成長もへったくれも無い。宇宙の諸現象から物質の謎に迫る自然科学と同じように、人間が生み出している限りない現象を羅列して見るのも一興あるというものだ。残念なことは、この諸要因を放り込む巨大な実験装置が無いことだ。いや、果てしない騙しの構造そのものが、実験装置なのかも知れない。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間騙し装置 ( No.512 )
日時: 2013/08/08 08:00:35
名前: 遮水壁と政官財癒着・・満天下有人

地下水に溶け込んだ放射能、その防御策も具体的にどのように進められていたのかが、分からない。分からないと言うのは、あまねく一般の知恵を集積したものなのか、東電だけが採算を怖れて密かに役に立たない方策でやっていたのか、客観的に放射能水の地下拡散事実が出て、東電の隠蔽体質がまた浮き彫りにされてしまった。

一国の生命に関わる重大問題について、何故東電にその対処を任せて来たのか、振り返れば、そうせざるを得ないこの国特有の政官財癒着構造が、東電の隠蔽体質を助長させている。

あの原発事故が発生した時、政府はただ逃げろと言うだけで、ではその国民損害はどうしてくれるのだ、政官財の誰に責任があるのか、湧きあがった世論かわしに注力し、事故影響は除染とガレキ処理(それも遅々として進んでいない)程度でごまかし、加えて損害賠償は行うとして、根本問題から世論の目を完全にそらさせてしまった。

その典型的発露があの、原子力損害賠償機構の設立であった。それは原発現場第一次管理責任者である東電を延命させるのが目的としか思えないようなスキームであった。JALなどは会社更生法を適用し100%減資を行い、管財人による厳重な第三者公的管理の下におかれ、金融機関も株主責任として債権放棄も行い、それによって自助努力の結果、まがりなりにも復活した。

東電の場合は全く逆であった。金融機関は債権放棄に応じず、国は東電に責任を押し付けるふりをして、損害賠償機構にも一定の賠償金を積み立てさせることで世間の目をごまかし、挙句にその回収も国民が払う電気代に上乗せすることも黙認。それは民主党政権で枝野経産相が認めたものだったが、一昨日の自民党政権経産省でもそれを追認している。

これは当然の成り行きである。そもそもからして自民党による原発推進が、政官財癒着構造の下で進められて来たのだから。電力会社が中核を占める経団連の自民党への政治献金は毎年ほぼ22億円、東電など当時の勝俣会長他役員どもまでが、総額で250万円を継続的に献金している。(09年政治資金収支報告書より)

事故直前では資源エネルギー庁石田長官が年俸1900万円で東電に天下り、21もある原子力関連の独立行政法人間では、東電と官僚の双方が天下りし合っている。

こんな構造では、事故処理についても東電の隠蔽体質は全てが黙認され、昨日の菅官房長官による漏水対策への国家出動発言も、今更何を言うかと思ってしまう。税による負担支援ならば、東電が処理費を電気代に上乗せする構図と同じである。そして東電隠蔽体質を引き続き擁護する策に出たに過ぎない。

根本的には、東電は一旦潰し、会社更生法を適用して、発電、送電の分離をも含む抜本的見直しの元に、再発足させるべきではなかったのか・・・しかしそれが出来ない、マンモスのような政官財癒着が、この国の構造であるからだ。先日の投稿で骨なしシンゾー政権が、骨なしでは筋肉の付きようが無いと書いたが、政官財癒着の骨では、これまた誰もが納得する正道な筋肉が付く筈もなかろう・・・腐った骨から染み出る廃棄水を遮水出来る壁など、期待も出来ない、骨を砕いてしまわない限り。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.513 )
日時: 2013/08/08 14:49:39
名前: イントィッション

>一方、その国民の認識はどうなっている。他掲示板で、NHKが報じた面白い実験の記事が目に止まった。あるショッピングセンターでの実験であったらしいが、イベントを行う時、広場に白線の枠を描いてみたら、この枠内でお待ちくださいとも何も表示していないのに、お客たちは自然にその枠内に集まって、行儀よく待機し始めたとか(笑)。

1カ月につき、正社員と同じくらいの時間帯で働いている重労働のパートの人は、月給8万円ほどで、旦那さんはいくらもらっているのかはしらないけれど、50歳代のその女性は、年金の受給開始が68歳になっても、別に怒らない。。。
ポケ〜ッとして、政治の話をすると、嫌な顔をする!!!

そんな女性が、日本には、7割以上でしょうね〜。。。 日本の女性も平和ボケで、大和撫子は消えつつありますWWW

これからもぼけーっとしているんでしょうね〜。。。 そのボケーは、老人になって痴呆症まで続くんでしょうか???

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.514 )
日時: 2013/08/08 23:46:52
名前: 堺屋太一・・・天橋立愚痴人間

安倍晋三首相は8日、作家の堺屋太一元経企庁長官(78)を内閣官房参与に起用する辞令を交付する。成長戦略分野での手腕を期待しているようだが、堺屋氏は、日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)のブレーンだけに、悲願の憲法改正や集団的自衛権の解釈変更などを見据え維新との協力関係を強化する思惑もありそうだ。

 堺屋氏は、旧通産省(現経産省)出身で、官僚時代には日本万国博覧会を手がけ、大成功させた。小渕恵三、森喜朗両内閣では民間人として経企庁長官を務めている。

 安倍首相が進めるアベノミクスについて、堺屋氏は「最大の難関は『第3の矢』と呼ばれる成長戦略だ」と公言している。今後、成長戦略は既得権との戦いに集約されていくが、安倍首相としては、既得権集団の中心となる官僚システムを知り尽くす堺屋氏に白羽の矢を立てたようだ。

 加えて、堺屋氏が、橋下氏の政治指南役であることも大きい。橋下氏の政治初挑戦となった2008年の大阪府知事選で、堺屋氏は橋下氏を全面支援している。堺屋氏の参与起用は、野党分断の布石ともいえそう。

 政治評論家の浅川博忠氏は「成長戦略に精通する堺屋氏の手腕とともに、橋下維新との接着剤的役割を期待しての起用だろう。秋の臨時国会では、集団的自衛権の解釈変更などが大きな問題となる。公明党が一歩引いた印象があるため、安倍首相としては維新のバックアップがほしい。堺屋氏は知名度や安定感、発信力もあり、野党のアベノミクス批判にも対抗できる人物。絶妙の人事だ」と語っている。

ttp://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130808/plt1308081215005-n1.htm



騙し劇の役者が、また増えましたよ。


私の家にも新聞を取っていますが、よく考えますと1年で数回よりまともに新聞など読んでいないようです。
読んでもスポーツ記事か、話題です。

家内は結構読んでいて、政治、経済の内容を私に問いかけてきますが、頼むから読まないでくれと言うばかりです。

堺屋太一の小説も1冊くらい読んだかも知れませんが、今となっては汚物に触ったような不快感が残るばかりです。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.515 )
日時: 2013/08/09 07:10:24
名前: Re:堺屋太一・・満天下有人

多数を握ったシンゾーが、何でもありのお祭りでもしたくなったのでしょう、著名人ならその意識をクスグって次々に登用する見せびらかし・・・昨日は消費税増税に多国籍軍参加への憲法改正について、担当閣僚に幅広く各界有識者の意見を集めろと、ハッパをかけておりました。

彼が言うその「有」「識」「者」とは、いかなる識を有しているのか、ロクでもない輩ばかりですね、社会保障国民会議などその典型です。出された答申案など、国民殺しに過ぎません。

菅直人がそうでした。あの東北災害復興民会議で集めたメンバー、中心に論じるべきは天災から何を守るべきか、そしてあの天災で要らぬ副作用を及ぼした原発については、何も触れず、トップに掲げられたのは、復興財源の増税、消費税増税でした(笑)。これには京大仏教哲学の梅原哲学者が激怒して、途中で諮問委員会を脱退するとまで怒っておられた。

他は有名人である意識をクスグられて、雁首並べていただけ・・・今回のシンゾーによる堺屋太一起用も、菅官房長官が、経済通の力を借りて成長戦略の柱になってもらうとか言ってましたが、氏は単なるイベント屋さんでしょう。官僚機構については一貫して批判して来てはいるようですが、そのことが氏の中心軸ではなく、ただ付け足しで言ってるだけのことでしょう。経済についても今の構造を変え得るほどの力量など持ち合わせてもいないし、第一、一過性のイベントが如きでそう簡単に経済が復活するとは、とても思えません。

政界雀の間ではシンゾーが実行したい多国籍軍参加への憲法改正や消費増税を唱える維新の会の橋下との提携の為に、維新の会特別顧問の堺屋を内閣府に取り込む作戦だとか言う者もいるようですが、そもそも堺屋は維新の会の船中八策をコテンパンに批判しおり、不安になった子供橋下が老中としての意見を仰ぐために、同じ大阪人として堺屋を迎えただけのことだと思います。堺屋もまた、大阪都構想に同調し、イベント屋としての意識をクスグられたのでしょう。

それと同じ形で今度は、子供シンゾーが、不安がある政策分野で年寄りを集めたがっているだけのことだと思います。金融緩和分野では、マネタリストのイエール大名誉教授の浜田宏一爺様を内閣府に入れている事も、その表れでしょう・・・要するに自らには何の有識も無いものだから、著名人を集めて不安解消しているだけのことだと思います。そして受ける側は、知名を刺激されるとすぐに太鼓持ちとなる。

彼の著書である「峠の群像」をもじるなれば、彼に「国家」経済の坂道を登って峠に至らせる力量があるとも思えません、そしてシンゾー手法の光景は「峠の老群像」を見せるだけのことです(笑)。

それにしても臨時国会は僅か3日間で閉じ、諮問委員会などで政策と一致するものは閣議決定だけで施行、国会で取り上げられなかった麻生ナチス発言については、昨日野党5党が止む無く抗議文を官邸に届ける異例な状況になっても、官邸は受け取らない。野党は無様な姿を晒すことになりましたが、野党の自業自得の結果であるとは言え、一党独裁の危険な政治がいよいよ始まった観ありです。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.516 )
日時: 2013/08/09 09:55:08
名前: 幽霊脳・・満天下有人

Amazonが時折メールして来るお奨め本に、「脳のなかの幽霊」なる書籍が紹介されていた。著者はインド系アメリカ人で、UCサンディエゴ大脳神経研究所長のラマチャンドランなる先生が書かれたものだが、脳の局所的疾患によって生じる幻想の謎を科学的に証明し、幻想治療に成功しておられる。

例えば、事故によって失った手足などに痛みを感じる症状や、先天的に手が無い人にも手があるような幻肢をもたらすことにも成功。脳神経にある種の思い込みをさせることで、肉体的痛みを取り除ける事があるのだ。そう言えば我が国でも「心頭を滅却すれば、火もまた涼し」というのがあるけど、それもこの種の脳神経操作によるものであろう。

面白いのは、半側空間無視なる症状である。知性は普通なのに世界から左側がすっぽり抜け落ちるが如く行動する症状で、花を画かせると半分しか画かず、化粧すると顔の半分しかメイクしないとか・・・

これをシンゾーに当てはめて見るに、こやつもどうも半側空間無視脳の症状を示している。金融緩和すれば経済が復活し、賃金も上がると言うが、非正規雇用をそのままにし、限定社員制度を言い出すなど、これで給与所得が増えるとでも思っているのか。現にFRBが超金融緩和出口作戦を取り始め、金融市場が乱高下していることも見えていない。脳の半分が欠落しているとしか思えない。故に全体が見えないのだ。

福島事故もままならぬのに、我々は過酷な経験をしたが、そこで萎縮することなく知恵と技術で克服して行くなどと、こやつの脳の半分には、未だに棄民同様に過酷な生活を強いられている現実は、すっぽり抜け落ちているのだ。原発再稼働は、安全性をしかと確かめて行うと言い、そして未だに一日300トンもの汚染水が海に垂れ流されていることや、再稼働によって手のつけようもない廃棄放射能が19,000トンにも達し、それが累積されて行く。専門家の言では、使用済み核燃料の放射線量は新品の1億倍と言われている。そんなことは彼の欠落した脳では、考えも及ばないのであろう。そして非核三原則を謳いながらインドなどへは、せっせと原発を売り込み居る。

何やら外務省上がりの者を内閣法制局長官に据えて、多国籍軍参加への道を開こうとしている。自民党でさえこれまで、多国籍軍参加は憲法違反であるとの見解を一貫して貫いて来たのに、日本がやられた訳でも無いのに、他国がやられたらケンカに参加すると言う。これもまたイラク戦やアフガン戦の現実が想像も出来ない半側空間脳のなせる業ではないか・・・

この空間を埋めるにはどうしたら良いのか、当たり前の話だが主権者国民が治療しない限り、完治しない。その国民までもが半側空間脳になっているようでは・・・一体、どうすりゃ良いのか。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.517 )
日時: 2013/08/10 07:07:37
名前: マクロがいじめるミクロ・・満天下有人

『日本マクドナルドホールディングスは9日、2013年12月期連結決算の業績予想を下方修正した。(9日読売)

 上半期の販売不振に加え、円安などで原材料の調達コストが増えるためで、売上高は2月時点の予想より45億円少ない2650億円(前期は2947億円)、税引き後利益は24億円減の117億円(同128億円)とした。税引き後利益は増益を予想していたが一転減益となる。

 13年6月中間連結決算は、売上高が前年同期比11・4%減の1297億円、税引き後利益が34・9%減の45億円と減収減益だった。

 定番商品に比べて、原材料費がかさむ季節限定商品を減らして利益率を上げる戦略だったが、客数が減少し、1、2月の既存店売上高が10%以上減となった。このため、5月以降、570円(地域によって異なる)の高価格商品を発売したほか、定番のハンバーガーを値上げするなど戦略を切り替えた。客単価は持ち直したが、客数が再び減少し、前半のマイナス分を補えなかった。』

マック商品は体に悪い、且つ高齢化した者には口に合わないので、食べなくなって久しく、マックの業績など個人的にはどうでも良いことだが、政府日銀が一体化して推進した経済復活策の矛盾が、斯くの如き現象を産んでいる。輸入品に頼る業種は、軒並みこのような影響を受けていると想像するが、もっとマクロでみると、第一次資源を輸入に頼らざるを得ない我が国の宿命的な構造では、円安による第一次資源コストの上昇は、最終消費製品全般に亘って影響して来る。

政府日銀が狙ったインタゲ2%は、かくして簡単に達成できる訳だ。しかしこの分、我が方の実質金利押上げ要因となり、円高傾向を産み株式市場の下落誘発要因となって、加えて米FRBの出口戦略=金融緩和打ち止めによって振り回される。振り回されるではなく元々、米金融政策がコアになっている。日銀政府はある意味、これに挑戦した訳だが、いかんせん、ヘッジフアンド達が組み込んでいる各種金融市場のフアクターが自動的に作動している状況では、太刀打ちできない。どのような金融経済論を唱えても、現実に動いている金融市場構造を省いては空論に終わってしまう。

現にFRB出口戦略に疑心暗鬼になったNY市場では、株式市場が頭打ちとなり下落傾向を見せ始めて、最後の逃避場・国債に資金が流れて米10年債の利回りは、ほぼ横横で動いている。

一方、日本市場は円安が、対米ドル比実質金利上昇をもたらし、円高傾向に転換し、95円台を伺い、これが株式市場に影響して再び暴落を繰り返し始めている。

昨日黒田日銀総裁は、消費税増税はデフレ傾向解消の障害にはならないと、まあ記者団の質問があったから答えざるを得なかったのであろうが、第一義的には中央銀行が触れるべき事では無い、政府の経済政策全般に関わる事なのだから・・・まあ、超金融緩和を始めた胴元としては、増税による一抹の財政規律安心感でも創出し、国債を市場に引受させないと格好がつかない、金利を抑え込めない、それも含めた発言であろうと同情はするけど(笑)・・・

いずれにせよマクロ論は、あくまでもマクロでの仮定を実戦する訳だが、各ミクロ面では矛盾が生じて来る、所謂合成の誤謬なる現象が発生する。だが資源無き我が国独特の構造を先ず根底におけば、マクロの誤謬なるものは予め想定するに、左程困難なことではあるまい・・・

消費税増税はデフレ傾向打ち止めに支障とはならない、そんな角度からよりも賃金の下落傾向を止める方が余程効果があるのに・・・この15年間でGDPは9.4%上昇したのに、名目賃金は12.8%も減少(みずほ総研)、この雇用構造がデフレ傾向の最も大きな要因になっていることがマクロ論者には分からないのだ・・・これも一種の半側空間脳の症状を示している。これを埋め得るのは、金融、雇用に大きく影響しているグローバリゼイションからの脱却という、壮大なる実験しか無い。極東の一島国が、世界化とかの大口を叩いてどうする・・・。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.518 )
日時: 2013/08/11 09:01:41
名前: お盆休み・・満天下有人

今年はすさまじい猛暑の中でお盆を迎える。ここ横浜でも昨夜8時の気温が34度なのだから、すごい。くっきりと浮かんでいた三日月も、黄色でなく真っ赤な色だった。

何の因縁か、お盆が8月15日と重なる。そして空を見る度に少年時代の疎開先で経験した同じ光景が毎年浮かぶ。広島、長崎原爆投下の日の後になって、高度1万フィートの上空で小さな銀トンボのように見えたB29の空襲編隊が、ピタッと現れなくなったことだった。そして昭和20年8月15日には、雲一点も無い真夏の空が、静寂を伴って広がっていた・・・

毎年訪れる原爆記念日と終戦記念日、数々の式典が毎年行われて来たが、今年になって初めて胸に突き刺さる言葉を聞いた。ヴェトナム激戦を潜り抜け、「プラトーン」なる名画を残された映画監督・オリバーストーン氏の広島式典における実感のこもった挨拶だ。

『今日ここにこられてうれしい。初めて広島に来たが、この2、3日、特に皆さんも出席されたと思うが今朝の(原爆記念)公園での式典を見て強く心動かされた。よくできた式典だった。日本人の良心を証明するような式だった。すばらしい記念式典は「日本人」の性質をよく表していたと思う。しかし、今日そこには多くの「偽善」もあった。「平和」そして「核廃絶」のような言葉が安倍首相らの口から出た。でも私は安倍氏の言葉を信じていない。
第二次大戦で敗戦した2つの主要国家はドイツと日本だった。両者を並べて比べてみよう。ドイツは国家がしてしまった事を反省し、検証し、罪悪感を感じ、謝罪し、そしてより重要な事に、その後のヨーロッパで平和のための道徳的なリーダーシップをとった。
ドイツは、60年代70年代を通してヨーロッパで本当に大きな道徳的な力となった。平和のためのロビー活動を行ない、常に反原子力であり、アメリカが望むようなレベルに自国の軍事力を引き上げることを拒否し続けてきた。2003年、アメリカがイラク戦争を始めようというとき、ドイツのシュローダー首相は、フランス、ロシアとともにアメリカのブッシュ大統領に“No”と言ったのだ。しかし、第二次大戦以来私が見た日本は、偉大な文化、映画文化、そして音楽、食文化の日本だった。
しかし、私が日本について見る事の出来なかったものがひとつある。それは、ただのひとりの政治家も、ひとりの首相も、高邁な道徳や平和のために立ち上がった人がいなかったことだ。みなさんに聞きたいのは、どうして、ともにひどい経験をしたドイツが今でも平和維持に大きな力を発揮しているのに、日本は、アメリカの衛星国家としてカモにされているのかということだ。あなた方には強い経済もあり、良質な労働力もある。なのになぜ立ち上がろうとしない?』

・・・これを聞いてグの音も出ない。地震も無いドイツがいち早く国策として原発廃止に踏み切る。こちらは80カ国による核拡散防止声明にも、唯一の声明反対の国になる。ドイツが反対したあのインチキイラク戦には、憲法上、武器こそ使用しなかったが率先して参加し、そして今や集団的自衛権を可能にするように憲法を変えてまでアメリカの戦争に加担しようとする。

抜き足、差し足、忍び足でナチスのようにやろうと言う副総理財務大臣が、9月のロシアG20サミットにそのまま出席しようとする。現在のルー米財務長官は厳格なユダヤ教徒らしいが、ユダ菌の代理人である米財務省、その長官が麻生をどう扱うかが見物、日本が今後ともユダ菌金融資本に協力すればナチス発言を許すのか・・・許されればオリバーストーン監督の言われるように、相手を間違えている構造を継続することになる。
今年のお盆8月15日は、あの悪夢を取り去った真っ青な夏空と同じ感慨で見上げることが出来るのだろうか・・・銀色に光っていたあのB29とは違うステルス戦闘機のような、目に見えない黒いものが点在し始めた空を見ることになりそうだ・・・

地上では財政難に関する喧騒が出ているのに、国会先生たちはウジ虫が如く国費で外遊する・・・猛暑も過ぎてこの秋口には、憲法に福島後遺症にと、色んな問題が噴出して来る予感がする。鈴虫の鳴き声も違った音色になるかも知れない。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.519 )
日時: 2013/08/11 13:25:04
名前: イントィッション

おっちゃん、新しいニュース発見!
  ↓

<米JPモルガンの元社員2人逮捕か=巨額損失で米当局―メディア報道>


  ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130810-00000024-jij-n_ame

 【ニューヨーク時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は9日、2012年に発覚した米金融最大手JPモルガン・チェースの巨額損失問題をめぐり、米捜査当局が、損失を隠した疑いで同社の元社員2人を近く逮捕する見通しだと報じた。
 関係者によると、逮捕されるのは巨額損失の舞台となった同社ロンドンの拠点で取引を監督していた責任者と、取引を記録していたトレーダーの2人。捜査当局は、社内電子メールや電話記録を精査した結果、監督責任者がトレーダーに指示して取引記録を改ざんし、ニューヨーク本部の上司に損失が発覚しないよう隠蔽(いんぺい)を図ったと結論付けたという。
 逮捕はロンドンで執行される予定で、身柄は最終的に米当局に引き渡される見通しだという。 

 JPモルガンは、確か、三菱UFJを支配下に置いているところですね〜。。。

 ちょっと気になりますWWW。。。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.520 )
日時: 2013/08/11 15:21:52
名前: 浜の真砂は尽きるとも・・満天下有人

あははイントちゃん、石川五右衛門の辞世の句と言われる「浜の真砂は尽きるとも、この世に泥棒の尽きることなし」です・・・

<JPモルガンは、確か、三菱UFJを支配下に置いているところですね〜。。。>

いえ、三菱UFJと資本関係にあるのは、モルガンスタンレーの方です。ユダヤ資本ではなかったモルガン財閥の系譜、途中からユダ菌の血が入った歴史的経緯も、別スレッドで長々と書きましたが、そこは省略して、JPモルガンとモルガンスタンレーの分割は、1930年に起った米国発世界大恐慌に根を持ちます。

株価が軒並み1/5にまで暴落、銀行がメタメタになり、その原因は普通銀行が株式投機に走っていた事にあって、米金融システムが崩壊。そこで銀行は投機行為をしてならない、投資銀行と普通銀行を分離するグラス・ステーガル法が成立し、モルガン財閥もJPモルガンとモルガンスタンレーに分割されました。(余談ですが、あの株式大暴落を予測し、売りまくってイタケネデイ家はボロ儲け、今日のケネデイ家の財力は、その時に蓄積されたものです)、投資部門はモルガンスタンレーが行う事になりました。

そして5年前のリーマンショック・・・破綻しかかったモルガンスタンレーに救済の手を差し伸べたのが三菱UFJ。1株$21で約9,000億円出資。あっと言う間に$12まで暴落し、支配した積りが支配されてしまったのか、さっぱり分からない状態に(笑)。どうして救済に出たのか、三菱USAがある時、マネーロンダリングをFBIに暴かれ、米国内金融業務免許が剥奪されかかった時に、モルガンスタンレーに救ってもらった返礼の意味合いもあったのかも知れません。

でも三菱は巧妙にモルガンスタンレーに食われています(笑)。三菱のモルガン株式持ち分は22.4%ですが、モルガンは幹部社員に対するボーナスは株式発行によって報酬を出している。昨年ではその為に株式数が増えて、所謂株式の希薄化が起って、三菱の持ち分が21.8%に低下、持ち分法によって三菱は持ち分変動損を232億円も計上せざるを得なかった。勿論、差し引きでは利益にはなっても、何だか出資させられて損を恒常的に背負わされ、利益は希薄化される、その点では支配した積りが、支配されてしまった形になっていると言えます。
総合して普通銀行による損失隠しは、関係者がムショに入れば良いだけでは済まない構造になっているのが怖いのです。世間と金融で直接つながっているのは銀行ですからね、だから我が国でもバブル崩壊で真っ先に救済されたのが銀行でした。その為の財源は国債増発によって調達され、その負担は長きに亘って国民の負担にツケが回されるのです。

財政再建は、国民社会保障が増加している事によるとする政策は、ある大きな一面を隠す騙し装置なのです。

JPモルガンの損失隠しがいくらなのか、今やその救済の為にFRBが行って来た金融緩和=QEもそろそろ中止する動きが出ている時、もしあちこちのユダ菌たちがまた新たな損失を隠しているとするなら、今度は1930年代の世界恐慌を再現することになるでしょう。オバマも金融法案改正と言いながら、抜け穴だらけの改革で済ませてしまって・・・米財務省がユダ菌の巣窟である限り、世界恐慌のリスクは永遠です。


メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.521 )
日時: 2013/08/12 16:15:55
名前: 日本の終わりが始まった・・満天下有人

『東京 12日 ロイター: 寄り付きの東京株式市場で日経平均は反落。一時184円安となり、取引時間中では6月28日以来約1カ月半ぶりに“節目の1万3500円”を下回った。
前週末の米国株安に加え、寄り前に発表された2013年4─6月期実質国内総生産が市場予想を大幅に下回り、円が対ドルで一時96円割れと円高方向に振れたことが嫌気され、売りが先行した。』

その他では証券業界の反応として、GDPの下振れは消費増税見送り派の勢いを強め、「決められない政治」を嫌気し、ネガティブな反応となっているとのコメント・・・この記事のミソは、6月28日以来の節目1万3500円を割ったと言う所に注目・・・つまり安倍のミクス囃しで上げながら1万2415円まで下げたそこへ再び向かっているとのニュアンスが込められているのがミソなのだ。

あはは、隷属政治、隷属経済の下でオカネだけをいじくり回すだけでは、何も良くならない、何を期待したのか、最初から分かりきったことであろうに。

株価の上下など、どうでも良い事だが、少なくとも現行経済枠組みの中で言うと、どうでも良い事でも無い、現実に通貨の交換価格に影響し、その逆でもあるのだが、時価会計制度の下では資本擁護優先の圧力となり、雇用の圧迫を強める。

これでもかと、限界に接近しているのに金融主導のグローバル経済の尻馬に乗るだけの安倍のミクス、政治屋としては国民を喜ばすことで既得権益を擁護せねばならないとしても、それさえもダメなら、そして他の声も静かになってしまっている状況も加味すると、安倍のミクスの終わりは、日本の終わりを意味するのかもだ、それ以上のものが何も出て来ないでは・・・。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存