ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1697] 当代世間騙し装置
日時: 2013/02/24 20:14:53
名前: 満天下有人 ID:1361704493

先日TVで見た、未発見の素粒子を見つける為の欧州原子核研究機構・CERNによってスイスに設置された超高速実験装置、円周が35Kmに及びフランスにまたがる巨大なものだが、宇宙物質を構成する17個の素粒子の内、未発見の6個?を探るものらしい。

宇宙物理など縁がないもので、何が何のためのものなのか、さっぱり分らないけど、物質を構成する素粒子が質量を持つのは、ヒッグス粒子なるものがある筈だ、その仮説に基づいて素粒子を高速で衝突させて発見する装置だそうな。まだ人類が発見していない最小単位の素粒子を暗黒物資、そこから生じるエネルギーを暗黒エネルギーとも言い、宇宙を膨張させているらしいが、国際物理学会では、実験中に生じると仮定されるブラックホールの危険性を理由に、実験反対の学者さんたちも結構居るとか・・・

CERNが今回、東京会議で言うには、我が国の東北地方が実験装置を作るのに最適な場所らしい。スイスでは研究者たちが多数住むことになり、その経済効果も結構なものらしい。

はてさて素人にとっては、その宇宙構成物資を全部発見して、それが人類の生存にどのように関わって来るのか、すぐにさような卑しい根性が頭をよぎる(笑)、まあ、別に科学の果てしない探究心をあれこれ言うのではないのだが、生命の誕生の謎にも迫ることが可能になるとか。

東大の若い先生によれば、宇宙の研究は我々人間の生活にすぐ役立つというものではなく、「知りたい」という好奇心が何よりも大事で、人間がどこから来たのかという根本問題に関係し、その生命の源になる元素を学ぶことに意義があるとのことだ・・・

で、生命の源になっている元素の解明で、どうして人間と言う生命が騙し合う元素を持っているのか、それも発見出来ればありがたいことではある。むしろ騙しのテクニックを用いる連中を、その加速ぶつかり合い装置に放り込んで実験した方が、より有意義な結果が得られるような気がするのだが、如何なものだろうか・・・

人間、どうしてダマシ合いの社会装置を作ってしまったのか、我が官僚機構も司法制度も政治家も、この超高速装置で実験しない限り、その生命の謎は解けないのではないか・・・

そして国際関係における騙し合いもまた、謎を解き明かさねばならない。何やら安倍の訪米も、TPP関税撤廃の聖域の一部除外についてオバマ大統領と合意に達したとして、マスコミは褒め称えている。公明党の山口代表も米国側が一定の柔軟性を持っていることが分かったと、まあ単純なことを言いおる。

安倍成果の評価は、自民党内反対派を抑える辻褄合わせ、一種の騙し装置であり、山口公明党による評価もまた、聖域一部除外に米側に潜むダマシの手口を見ていない。米側の柔軟性の見返りは何か、共同声明で、自動車部門、保険部門については2国間で話し合い継続するとはっきり書いてあるではないか。

別テーマにした人間成長の限界は、実はこの人間同士の騙しの装置にあるのではないか、限界を示す装置を抱えていては、成長もへったくれも無い。宇宙の諸現象から物質の謎に迫る自然科学と同じように、人間が生み出している限りない現象を羅列して見るのも一興あるというものだ。残念なことは、この諸要因を放り込む巨大な実験装置が無いことだ。いや、果てしない騙しの構造そのものが、実験装置なのかも知れない。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間騙し装置 ( No.131 )
日時: 2013/03/29 00:04:15
名前: 天橋立の愚痴人間

>そういえば、関東軍によってソ連に売られた鮮満在住の同胞、その後でもシベリア抑留された日本兵捕虜が、同じ同胞の関東軍参謀の池田が、ソ連にゴマ摺って、要求される以上のノルマを部下たちに課し、酷寒のシベリアで多数死亡した事件が明るみに出たこともありましたね・・・


池田何某の行為は個人的なものとして、関東軍(日本の軍部)の行為は、衝撃的で「大和魂」スレッドでも、どのように取り扱うべきか問題であります。

飛鳥の昔から、政争において、騙しあい、裏切りあいはあったものの、統治者側が、多くの大衆を(しかも配下の者を)意図的に犠牲にするような事例は、あったのでしょうか。
これも、個人的犯罪は別として。

もし、ないのであれば明治維新とは、何であったかですね。

まあ、日本ではジェノサイドは、唯一、織田信長がやったとされていますが、旧日本軍における満州の虐殺事件が事実とすれば、またまた明治維新とは、日本人をどのように変えたかも問題になりますね。

メンテ
大和魂・・(1) ( No.132 )
日時: 2013/03/29 10:22:30
名前: 満天下有人

アフリカ独裁国家で頻発するような権力によるジェノサイドが我が国であったか、まあ、織田信長の一向一揆弾圧くらいしか無いのではないでしょうか・・・

この吉村部隊事件の「暁に祈る」なる言葉は、日本兵捕虜が創り出したもので、ソ連から捕虜収容所隊長に任命された吉村が、ノルマを達せない日本兵を酷寒の外で一晩中棒に括りつけてリンチを行い、大抵の兵は明け方に死亡、その様は首がうなだれて、丁度昇って来た朝日を拝んでいるように見えたことから、暁に祈ると形容したものだそうです。

帰国後、参院に証人喚問され、裁判でも吉村隊長は冤罪を主張したようですが、判決は有罪で3年の懲役。

<関東軍(日本の軍部)の行為は、衝撃的で「大和魂」スレッドでも、どのように取り扱うべきか問題であります。・・・旧日本軍における満州の虐殺事件が事実とすれば、またまた明治維新とは、日本人をどのように変えたかも問題になりますね。>

これは、どの国でも起こり得る戦争なるものが、人間に潜む狂気を表に出したということでしょう。いくらニューマニストでも銃で相対し、どちらが死ぬかの状況になれば、相手を殺さないと生き延びられませんから、殺してしまう。外国人敵を相手にするだけでなく、その敵に迎合して同胞をリンチするに至っては、これも狂気が表に出たもので、同じく魂の問題では無いように思えます。むしろ「気質」の問題ではなかろうか・・・

ただ明治維新が富国強兵を政策の軸にし、資源確保の為に満州へ進出し、現地で中国人を支配し、伝えられる数々の拷問、リンチなどを見ても、これも権力を通じた日本人気質が共通して見えて来ます。魂と言うより気質の傾向がより見えると思うのです。

ボノボさんが政治は殺し合いだとして、その根源は、薩長が維新権力を握ってから顕著になった、薩摩藩兵が東京警視庁に多く採用され、その威圧感は鼻持ちならないものだったと記しておられたやに記憶しますが、これも民族気質が表に出たものと解釈しております・・・

共通して見えるものは、強い者に迎合し、弱きは排除する、弱き者同士で排除し合う陰湿なイジメ、徒党を組んでやる・・・今はどうか知りませんが、外国においても群れをなして歩くのは日本人、観光団でなくそこに駐在していても、ヒルメシ食うにも毎日群れをなして行動する、それと別の行動を取ると、村八分にしてしまう・・・良い意味での独立の精神は余り感じられません、それが政治全体にも反映されていることは、今更言うまでもありません。

英語で言う精神・SOUL、霊魂、心、熱情、気迫、生気、色んな意味を持っているようですが、さてYAMAO SOULとなると、このどれを当てはめたら良いのか、私には分かりません。大和魂なるものの解釈は、時代の変遷と共に変わって来たように見えます。では変遷して来たその「魂」とは、どのようなものであったのか、魂なるものは変わるものなのか、その基になった魂とはどのようなものであったのか、そこが判然としないのです。

橋立さんも引用されていたように、この言葉が最初に出たのは、源氏物語の「夕霧」のようですね・・・元服した夕霧への父親の言葉、『時に従う世の人の、下には鼻まじろぎをしつつ、(上には)追従し気色とりつつ従う程は、おのずから人と思えて、やむごとなき様なれど、時移りさるべき人に立ち遅れて、世おとろふる末には・・・・・才を本としてこそ、「大和魂」の世に用いらるる方も強う侍らめ』
才とは文才で、漢学による学識を意味し、大和魂とは良識、常識的思考判断を意味すると、古典専門家は解釈しているようです。

要するに和魂漢才であり、輸入文化を日本風に味付けしたもののようです。これは司馬遼太郎さんが維新文化を、和風なものを西洋文化に接ぎ木したとの表現にも通じます。

そこでも、では元の和風とはどのようなもので、それがどのように大和魂になるのか、さような疑問が生じて来ます。例えが不適切かも知れませんが、サッカーの外国での試合でサポーターがよく「大和魂を発揮せよ」との横断幕を持って声援している風景を時折見ます。この場合、大和魂をどのように解釈してのことか、聞いてみないと分かりませんが(笑)、すぐにイメージとして重なるのが、典型的な
英国人を表現する時の「ジョン・ブル精神」ですが、これはブル・こって牛のように、負けずに闘うという気骨を意味するとすぐに解るのですが、大和魂なる意味に、そのようなもんがあったのかは、調べても見当たりません。多分、武士道のようにルールを守って戦え、という意味で使っているのかも知れません・・・(以下次稿へ)。

メンテ
大和魂・・(2) ( No.133 )
日時: 2013/03/29 11:17:19
名前: 満天下有人

大和魂なる言葉が初めて使われた源氏物語、しかも引用した箇所一回だけこの言葉が使われ、他には二度と使われていない。そしてその趣意は、本来、大和民族が持っている魂を表現したと言うよりも、君子、かくあるべきだとの指針、ガイドラインとして使われたもののようです。

平安以降の時代にこの言葉が引用されたかどうかについては、文献上、見当たりません。

時代は下って、江戸時代に本居宣長が、「敷島の大和心を人問はば、朝日に匂う山桜花」なる言葉で取り上げられたようで、ここには、大和民族の気質を取れたようです。固有の精神と言いましょうか、四季の変化を愛でる(めでる)日本人の気質が出されているようです。自然の変化を愛でる気質は、はかりごとの無い、ありのままの素直な気質とも解釈されます。

菅原道真は既に遣隋使など廃止せよと、大和心を前面に出す動きをしたそうですが、当時の国学などの勃興があって、それに対抗する機運があったとするなら、この辺りから大和魂の語が、政治的に使われるようになった気がします。
いずれにせよ、大和魂の言葉は、本来、大和民族に備わっている魂としては花鳥風月を愛でる気質を著しただけのものであり、それはそれで良いとしても、どちらかと言えば、政治権力が利用する言葉として使われた歴史の方に比重がかかっているやに感じられます。

本居宣長が、ありのままの自然を愛でる気質を、大和魂と表現し、朝日に匂う山桜とて、戦時中では女学生の勤労動員、銃後の守りの唱歌として使われておりました・・・

♪真白き富士の けだかさを  こころの強い 楯(たて)として  御国につくす 女等(おみなら)は 輝く御代の  山さくら 地に咲く 国の花♪・・・・・

大和魂なるものは、概念として存在し、故に時代と共にいかようにも変遷、利用されるものであったと言えましょう。和魂漢才、和魂洋才、いずれも方便であったと思え、本来的に存在した大和民族の魂を表すものではなかったように思えます。

私は魂を探るより、日本人の気質は何なのだ、どうしてさような気質が本来備わっているのか、故・加藤周平氏や山本七兵氏が、雑種文化論を唱えられたり、空気、ムードに支配される日本人の気質が、どこから来たものか、やはり、地理、気候風土によってゲノムが形成されてきたものだろう、と思う次第です。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.134 )
日時: 2013/03/29 12:54:17
名前: 天橋立の愚痴人間

満天下さん「大和魂」への考察、有難うございました。

仰るとおり、紫式部が突如言い出した「大和魂」の解釈も粗雑なところもありますが、同じ言葉が本居宣長以後、神道思想に組み込まれてしまいました。

また、「大和魂」と言えば、もう一つ、吉田松陰のそれがあります。

「かくすれば かくなるものと 知りながらやむにやまれぬ 大和魂」

ttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1426391399

「留魂録」冒頭の、辞世の句といわれる「身はたとい武蔵の野辺に朽ちぬともとどめおかまし大和魂」と勘違いされているのか、辞世の句のように言われたりします。

この歌は安政元年、高輪泉岳寺・赤穂浪士の仇討ちと、自分の下田踏海の心境を重ねた歌だそうです。
同じ国禁を犯した赤穂義士は本懐を遂げ、我は失敗した。しかし、志に差があるものか・・・として獄中で・・「かくすれば かくなるものと 知りながら やむにやまれぬ 大和魂」と詠んでいます。
直訳過ぎるかもしれませんが、「こうすれば、このような結果になることはわかっているのだが、やらなきゃならない、私は日本民族固有の精神を持っているから」でしょうか。

計算を度外視しなければならないときがある。損得ではなく善悪にもとづく生き方。
但し、忘れてはならないことは、この考えが、明治維新を推進し、また大正から昭和にかけての日本の戦争に繋がった。そして、あの連合赤軍のメンバーの崇拝対象が松蔭であった事も。


『留魂録』(りゅうこんろく)は、

幕末長州藩の思想家である吉田松陰が、1859年(安政6年)に処刑前に獄中で松下村塾の門弟のために著した遺書である。この遺書は松下村塾門下生のあいだでまわし読みされ、松門の志士達の行動力の源泉となった。

冒頭の句 「身はたとひ武蔵の野辺に朽ぬとも留置かまし大和魂  十月念五日 二十一回猛士」

最後の句 

「かきつけ終わりて
心なることの種々かき置きぬ思い残せることなかりけり
呼び出しの声まつ外に今の世に待つべき事のなかりけるかな
討たれたる吾れをあはれと見ん人は君を崇めて夷払へよ
愚かなる吾れをも友とめづ人はわがとも友とめでよ人々
七たびも生きかへりつつ夷をぞ攘はんこころ吾れ忘れめや
             
十月二十六日黄昏書す  二十一回猛士」

(引用終わり)

松蔭の言う「大和魂」は、神道とか国家の形態とは無関係に、自身の心情の吐露と思います。
松蔭が何を目指していたのか、それを国民の目線での国の改革であるならば、その心情「大和魂」のよりどころを察する事が出来るのですが、但し、松蔭の国家感が、必ずしも現代で思う民主国家の様なものであったとは、これも決め付けることは出来ません。
それでも、そうであって欲しいという気持ちから、私は松蔭の心情としての「大和魂」を一番、取り上げたく思っています。
しかしながら、冒頭で引用した文章の中で、投稿者が、下記の様な観察をしておられます。

>但し、忘れてはならないことは、この考えが、明治維新を推進し、また大正から昭和にかけての日本の戦争に繋がった。そして、あの連合赤軍のメンバーの崇拝対象が松蔭であった事も。

これは、少し穿ちすぎの考え方ではないかと思います。
上記で言われている「大和魂」とは、本居宣長以降、構築された国家神道の延長として、国民に「大和魂」を強いているのであり、自発的に何かをしたい人間の葛藤を現すものでは無いと思います。

上記、記事を正しいとすれば、吉田松陰の「大和魂」は、包括して右翼の「大和魂」と同類のものとなります。

>計算を度外視しなければならないときがある。損得ではなく善悪にもとづく生き方。

これも、松蔭の生き様を勝手に、損得勘定の目で見ている言葉であり、松蔭の「大和魂」は決して、そのような事が言いたかったのではないと思います。
また善悪を判断すると言う概念も当たらないでしょう。

>同じ国禁を犯した赤穂義士は本懐を遂げ、我は失敗した。しかし、志に差があるものか・・・として獄中で・・「かくすれば かくなるものと 知りながら やむにやまれぬ 大和魂」と詠んでいます。
直訳過ぎるかもしれませんが、「こうすれば、このような結果になることはわかっているのだが、やらなきゃならない、私は日本民族固有の精神を持っているから」でしょうか。

前後しましたが、この解釈も「大和魂」の概念を安売りしすぎてます。
これじゃ、松蔭が可愛そうです。

何は、ともあれ、明治維新後の国のありよう、ボタンの掛け違いは、神道で言うところの「大和魂」を、国民の心に植えつけた事による、狂信的な国家、国民の暴走ではないでしょうか。

旧日本軍人は「大和魂」と言う言葉を、まるで水戸黄門の印籠の様な効果があるものと思い込まされていたのでしょう。

ですので、紹介した「大和魂」を解説されている方の意見には賛同しかねます。


>空気、ムードに支配される日本人の気質が、どこから来たものか、やはり、地理、気候風土によってゲノムが形成されてきたものだろう・・・

これば別途、文化人類学上の検証になるでしょうが、此処では省略します。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.135 )
日時: 2013/03/29 14:46:58
名前: イントィッション

あ〜、少しは、すっきりした〜!!!

今日の参議院の予算委員会の模様です!!!
 森ゆうこ議員の安倍偽装理への質疑です!!!
   ↓
 ttp://www.youtube.com/watch?v=LpV7Afuyenw&feature=youtu.be

森議員:「・・・0増5減案に対して、わたくしは昨年、選挙無効判決がでると言っておりました!」

    「・・・実際に出たわけですが、総理のご認識はいかがですか?」

安倍偽装理:「・・・しんしに受け止めたいと思います。。。 すみやかに1票の格差是正に取り組んでいきたいと思い       ます。」

森議員: 「総理のご答弁を聞いておりますと、民主党の議員に対して、{そんなのしても意味がない!}とか、あるいは、{質問がふさわしいとかふさわしくない}とか、そういうご答弁は、なさるべきではないとご注意を申し上げたいと思います!」

森議員: 「選挙無効! 昨年の衆院議員選挙無効!と言われているんですよ! その無効と言う判決の基に今の安倍内閣があるわけですから、そういう意味で、しんしに受け止めるというのであれば、政権運営、そして総理のご答弁、慎重になさるべきであると、ご注意を申し上げたいと思います。 何かございましたら?」

安倍偽装理: 「ありません・・・」 他わはははは。。。。

森議員:「そういう態度が不遜だと言っているんですよ!!!」

さすが、森ゆうこ議員!!! 皆の思いをズバ〜ッと発言してくださいますね〜!!!
     
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.136 )
日時: 2013/03/29 15:32:19
名前: 天橋立の愚痴人間

大切なことを言うのを忘れていました。

>英国人を表現する時の「ジョン・ブル精神」ですが、これはブル・こって牛のように、負けずに闘うという気骨を意味するとすぐに解るのですが、大和魂なる意味に、そのようなもんがあったのかは、調べても見当たりません。多分、武士道のようにルールを守って戦え、という意味で使っているのかも知れません・・・(以下次稿へ)。

同じように、アメリカの「開拓者魂」と比較した事がありますが、これも私が思う「大和魂」とは違うようです。

で、結局は、「ジョンブル精神」「開拓者魂」をを凌駕する、何かの意味を持たせたいと言う次第です。
それは、庶民の安寧を願うことと、それを実践する闘志と言えましょうか。

頭の部分の「庶民の安寧を願う」と言う命題が入るか、入らないかの問題でして、それが我が国特有の「和」の心、また言い換えれば、日本の龍神伝説が他国とは異なる性格を示しているような風土的、文化人類学的見地に基づいた、心のありように立脚した気概を持つと言うことでしょうか。

この部分の発想は、確かに神に対する悪として龍神を捕らえているアングロサクソンとは、一線を画するものではないでしょうか。

ですので、「ジョンブル精神」「開拓者魂」とは、髪の毛、3本の差があるのではないでしょうか。

翻って、これは最初の紫式部による「大和魂」と言う言葉の取り上げ方に近いと思うのですが、如何でしょう。



メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.137 )
日時: 2013/03/29 18:42:56
名前: 満天下有人

紫式部が示した、官爵たるものの心構え、その延長線上で現代における心構え、橋立さんの構築による魂は理想的で良いものです。

問題は、魂なるものが教育とか訓練によって創り出せるものかという点で、しかも現代生活に浸りきっている環境下で、バリアの壁が立ちはだかって来る・・・自然にさような気質が生まれないものか、いや、自然に無意識のうちに潜在している大和心があるなら、それをどうやって現代風なものに出来るか、難しい問題ではあると思います。

結局は、教育訓練を通じて、社会性ある魂なるものを認識させて行くしか、他に道は無い・・・それでは魂なるものが、所与のものとなってしまい、何とか個々人が自発的、自然に魂を涵養することが望ましいことなのですが・・・。
メンテ
選挙無効を巡る国会 ( No.138 )
日時: 2013/03/29 19:21:06
名前: 満天下有人

あははイントちゃん、安倍が言う真摯に受け止めるとは、0増5減をやるだけのことです。これで裁判所のいう事を聞いたとして幕引きだけを狙っているのです。

与野党幹事長会談でも、0増5減で幕引きをするよう野党と掛引きを始めていますが、今度は民主党が横になって(笑)・・・横になるなら政権党時代に何故やらなかったか、あほらしくて見ちゃおれませんね。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.139 )
日時: 2013/03/29 20:08:33
名前: 天橋立の愚痴人間

満天下さん、

「大和魂」と言っていますが、その概念を明確に現したところで、それを教育などで浸透出来ると言うようには毛頭考えていません。

理屈を作って、教育すれば変われるものなら、とっくに何とかなっているでしょう。

しかしながら、グローバル化の影響に悩む、資本主義制度を修正するのに、新しい制度の具体的な概念を確立しなければ、結局は、何も動かないように、精神的な領域でも、はっきりと旗印を掲げる必要があります。

人間が、本当に困れば、自らを救えるような方向を求めて行くでしょう。
その目印として必要なのです。

経済の問題と同じように、現代社会は、すでに、それほど追い込まれ始めていると思います。

要するに、問題を文明史的に捉えた場合、トインビーが言うところの先験と言うようなものです。



端的に言いますと「大和魂」とは、

>紫式部が示した、官爵たるものの心構え、その延長線上で現代における心構え

で良いのですが、

それを本居宣長が、ややこしくしてしまったのです。

メンテ
Re: 当代世間騙し装置 ( No.140 )
日時: 2013/03/29 20:28:42
名前: 國井

一票の格差、1・9998って、
国民を馬鹿にしてますよね。

スーパーのバーゲンの安売りでもあるまし。

200円の商品を198円で売り出してるのと変わりないんじゃないでしょうか。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存