ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1777] 新しい国のかたちを求めるためのスレッド
日時: 2013/07/17 15:24:08
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:1374042248

糾弾掲示板自体が、そのために存在していると言ってよいテーマです。

民主党のテイタラクで日本の将来を憂う多くの方が無力感に苛まれている現在、今後は半端な政治屋共に頼らず、国民が自らの手で、新しい国のかたちを模索しなければなりません。

多くの皆さんをアイデアを盛り込み、腰をすえて話し合おうではありませんか。
新しい国のかたちとは、そんなに難しく考えるものではなく、国民の自然の思いを表明すればよいのです。

具体的な解決など、方針が決まれば頭脳だけは明晰な官僚共に考えさせればよいのです。
大きく考えれば、資本主義、民主主義が行き詰まっている現在、文明史的な転換と言う範疇で国民が意見交換する事が必要ではないでしょうか。

以前、この立場で糾弾サイトで活躍されていたグッキー氏にも参加を要請しました。
皆さんも、多くの御意見を御寄せください。

メンテ

(全部表示中) もどる スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.1 )
日時: 2013/07/17 20:58:03
名前: 北の国から

 新しい国のかたちにむけて、小さなことから工夫しながら運動をはじめるにしても、
たしかに愚痴人間さんご指摘のように「どんなかたちか」というこについて整理しな
ければなららいでしょう。
 まず、経済的にも、政治でも外交でも、軍事でも、アメリカからきっぱりと自立す
ることでしょう。とくに「軍事的」ということは「アメリカの軍事の傘」についてさ
まざまな意見があるので、現実的に「日本の防衛をどうするのか」について、一定の
見解を持っている必要があるでしょう。
 「非武装中立」は、現段階では現実的ではないのですから。
 つぎに、日本の大企業の労働者への対応を(日本の起業家の多くは、人件費という
ものを、単に「経費の一分野」としか見ていない)もっと国の発展と国民の生活向上
という観点に変えていかなくてはならないでしょう。
 とりあえず、根本的なところは、この二つだと思います。

 そこで、新しい国のかたちに変えていくときの(つまり社会変革の)主体は誰なの
かという問題が、意外と重要です。
 「それは国民」などといういい加減でファジーなことでは、いままでの左翼政党の
延長戦上で、話になりません。

 変革の主体は、やはり労働者(古典的と言われるかもしれませんが)です。
 もちろん、現状の労働者、労働組合のほとんどは、アメリカと体制にくみこまれて
腐敗、堕落の極みですので、この問題をかなり工夫して「社会変革に主体」にふさわ
しい、誇り高き存在に(短期間で)変えていかなければならないのです。

 もう、ここ数十年、日本では「労働者の社会的抵抗」は行われていません。(飼い
ならされてしまったのでしょうか)。日本の左翼政党の影響も大きい。

 ところが、間もなく、大企業の労働者も全く安心していられないとんでもない事態
が起きるのですから。運動次第では変わる可能性が大きくなっています。
メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.2 )
日時: 2013/07/18 02:03:17
名前: 天橋立の愚痴人間

北の国から さん、早速有難うございます。
私が言いました大きな方向について、さらに具体的に述べていただいているようです。私なりの取り様に整理して理解させていただきます。


>まず、経済的にも、政治でも外交でも、軍事でも、アメリカからきっぱりと自立す
ることでしょう。とくに「軍事的」ということは「アメリカの軍事の傘」についてさ
まざまな意見があるので、現実的に「日本の防衛をどうするのか」について、一定の
見解を持っている必要があるでしょう。
「非武装中立」は、現段階では現実的ではないのですから。

安全保障問題として、確かに自立した考えを確立しなければならないですね。


>つぎに、日本の大企業の労働者への対応を(日本の起業家の多くは、人件費という
ものを、単に「経費の一分野」としか見ていない)もっと国の発展と国民の生活向上
という観点に変えていかなくてはならないでしょう。
とりあえず、根本的なところは、この二つだと思います。

これは資本主義の理念が、単なる経済的な要素のみによって構成されていることを述べられています。
要するに、それで経済的に形が成っても(繁栄しても)、人間が取り残されているという事と思います。
まさに現状が、其の通りではありませんか。


>そこで、新しい国のかたちに変えていくときの(つまり社会変革の)主体は誰なの
かという問題が、意外と重要です。
「それは国民」などといういい加減でファジーなことでは、いままでの左翼政党の
延長戦上で、話になりません。
>変革の主体は、やはり労働者(古典的と言われるかもしれませんが)です。
 もちろん、現状の労働者、労働組合のほとんどは、アメリカと体制にくみこまれて
腐敗、堕落の極みですので、この問題をかなり工夫して「社会変革に主体」にふさわ
しい、誇り高き存在に(短期間で)変えていかなければならないのです。



今までの左翼の考え方は、権力者と非権力者、あるいは資本家と労働者などと言うシチュアイションで国民を定義していました。
もはや、その様な定義で社会を把握する事ができないのですが、未だに其れに気がつきません。



>もう、ここ数十年、日本では「労働者の社会的抵抗」は行われていません。(飼い
ならされてしまったのでしょうか)。日本の左翼政党の影響も大きい。

>ところが、間もなく、大企業の労働者も全く安心していられないとんでもない事態
が起きるのですから。運動次第では変わる可能性が大きくなっています。

そうです、資本主義、民主主義、労働者などと言う既成概念の枠組みからして、一から考え直すことが必要でしょうね。

問題は、これからです。
一つ一つ片付けて行きましょう。
メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.3 )
日時: 2013/07/18 10:34:10
名前: 精神の荒廃・・・天橋立の愚痴人間

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130718-00000092-yom-soci

 広島県呉市の山中で女性の遺体が見つかった事件で、県警は17日、死体遺棄容疑で逮捕した無職少女(16)(広島市東区)と共謀し、専修学校の元同級生(16)(同市安佐北区)とみられる遺体を捨てたとして、無職少女の友人ら男女6人を同容疑で逮捕した。

 無職少女を含め、一部は集団暴行を認めており、県警は、7人が被害者の死亡に関する経緯も知っているとみて全容解明を進める。

 発表などによると、6人のうち5人はいずれも無職の16歳で、住所不定と鳥取県米子市の少年2人、広島市中区、広島県安芸郡、呉市にそれぞれ住む少女3人。残る1人は鳥取県湯梨浜町別所、無職瀬戸大平容疑者(21)。

 6人は6月下旬、既に逮捕されている無職少女と共謀し、元同級生とみられる遺体を呉市の灰ヶ峰に捨てた疑い。

 6人は、無職少女の交際相手を含む遊び友達。6人と無職少女、元同級生の計8人が車で灰ヶ峰へ行き、遺体を遺棄した後、7人が車に乗り、山を下りたという。県警は、車を運転していたのは瀬戸容疑者とみている。

 調べに対し、16歳の5人は「間違いない」と容疑を認め、一部は「車内や山中で、みんなで殴ったりけったりした」と供述しているという。瀬戸容疑者は「遺棄現場に行ったのは間違いないが、遺棄はしていない」と容疑を否認している。

 県警によると、6人のうち、無職少女の交際相手ら少年2人と少女1人が17日午前、県警に出頭。供述などから、ほかの3人の関与が判明した。無職少女もその後の調べに、共謀を認め、「みんなで暴行した」と供述しているという。
.

「後を絶たない、信じられない犯罪」

ttp://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/634734/
ttp://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/619437/
ttp://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/610012/

これらの犯罪は、生きるための深刻な状況から生まれたものではない。精神的異常故に起きたものではない。極悪人の仕業でもない。その他にアメリカの銃乱射事件の様な無差別殺人も起きている。

このような犯罪の増加は何に起因するのであろうか。
一つは精神の孤独です。
身の廻りの事で考えられれば理解できるでしょう。
共に苦労しているもの同士の人間関係の方が趣味で集っている仲良しグループの人間関係より強いものであります。
民主主義を標榜し、個人の自由、権利を主張しながら、実際は個人の中に、孤独の中に埋没する精神がある。
個人の自由、権利も大切であるが、それ以前に自由に耐える精神、権利を行使するための理念などが伴わなかったら、それは自由でも権利があるわけではない。

豊かになることで得られる、行過ぎた労働時間の短縮、余暇の時間の増大は個人の精神を開放する。
開放された精神は、それ自体が一人歩きを始め、自分自身の権利、自由を求めて彷徨する。
そうして行き着くのが、強引な個人の主張である。
当然、それは他者との競合を生む事になる。
この競合は経済の分野の競合ではない。
それが人間社会にとって、人間性にとって最も好ましくない環境であることを、これらの事件を吟味する事により感受しなければならない。

将来社会を考える上で、十分に考慮しなければならない要素です。
故に、私は如何なる共産主義社会も否定するのである。

生きる為に汗して働くことは、人間性を維持する事につながるのです。

大概の人の場合、弛緩した精神は、人間性を冒す事につながります。
メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.4 )
日時: 2013/07/18 15:02:26
名前: 北の国から

 ご指摘の「精神の孤独」というのは、職場でも、地域でも、そして青年だけ
でなく、現役世代、高齢者など、少し注意深くみていると、この間激しく増加
しているのがわかります。
 いろいろな要因があるのでしょうが、はっきりしているのは「家庭という単
位の喪失」と「地域という単位のコミュニテイーの崩壊」でしょう。
 「家庭」という単位の問題は、客観的には「生活ぎりぎりの賃金」「不安定
労働」「雇用のきびしさ」という問題が大きくなるなかで、家庭を経済的に支
えるいわゆる大黒柱が、経済的不安定のゆえに、家庭という単位に「家族のき
ずな」ということにエネルギーをふりむける余裕が、どうしようもなく無くな
ってきている。いうまでもなく、これは日本の企業の(資本主義国家でも珍し
い)労働者への理不尽対応が背景にあるのでしょう。(このことをさらに増長
しているのが教育現場の現場の貧困でしょう)。
 地域の崩壊は、こうした家庭単位の問題ともからみながら、「核家族」「一
次産業の切り捨て」「高齢者福祉の後退」が主要な要因です。

 したがって「精神の孤独」への処方は、こうしたいくつもの具体的問題を、
地域から「どうやって解決するか」を、やはり地域で考えて行く集団を地道に
作っていくことでしょう。
 これは、いろんな地域で少しづつ挑戦が始まっています。

 この成果を、全体に宣伝していくことが大切でしょう。
メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.5 )
日時: 2013/07/18 16:42:07
名前: 天橋立の愚痴人間

新しい国のかたちが、精神面から入っているようです。

北の国からさんが指摘されていることは一般的に言われていることのように思いますし、そういった面での改革は必要でしょう。

ですが、私は、その前提として一般大衆と言うものを善と言う認識では見ていません。
大衆、大衆と言いますが、実は大衆ほど身勝手な集団はないと思っています。

ですので、昔の様な家族制度、終身雇用制、を単純に復活させても、すぐに別の不満を持ちます。
それを認識の上、どのような事が出来るか考えたいものです。

街での人々のコミュニティーと言う意味では、北海道もそうであると思いますが、田舎では、まだまだ自治会活動が盛んで隣組も活動しています。
それが実際は近所同士の干渉のしあいで、必ずしも心地よいものではありません。
家族制度においても、殆んどの親子同居家庭では、嫁、舅の諍いが耐えません。
どちらかと言えば、現代の方が、我侭になった年寄りと、もともと身勝手に育ってきた若い者とは合いません。

より根本的な要因から見なおさねば良い環境は得られないでしょう。
より根本的な要因とは、人間自身の価値観の見直しです。

物質的発展、豊貴が人生の目標である、資本主義的、民主主義的価値観の見直しが出来てこそ、新しい社会の大元が見られると言うものです。

そのためには、豊貴、自由が人間社会の理想であると、ひたすら思い込んでいる事に疑問を呈するべきであります。
それは個人的には良いとしても、目標であっても良いとしても、社会全体を見渡すばあい、以前から言い続けていますように、

生活の為に汗して働いていてこそ、人間は、人間社会は幸せを得るという事です。
逆に言えば、そういう状態でなくなれば、人間同士の我侭が昂じ醜い、住みにくい社会となることでしょう。

また、働くという意味の中で、人間は自然と共に生きて行く事が、動物としての人間性にあった生き方であることを再確認していただきたいものです。
実際に都会の喧騒を嫌って、地方に移り住む方も結構いるようです。

多くのひとが、やっぱり、この方がよい、身の丈にあった環境の中で一生を送ることの幸福を感じるようになれば、そこから具体的な方策、システムが生まれてくるでしょう。

私の村の村祭りも、元を糾せばおそらく1000年くらいは続いているでしょう。
当時の豊作にかける人々の純粋な思いは、かたち変わっても現在に共通するものです。
論理的に考えば、手間隙かかる祭りの世話など御免蒙りたいですが、そういうものではない、と頑張っています。

ところで、教育にも触れられていますが、現在の教育は、幼稚園児の頃より自主性を重んじ、自分で考えなさいで通しています。
結果、出来上がった若者は、社会の共通認識、古くから築き上げてきた経験則など度外視した身勝手で幼稚な認識より出来ない出来損ないの人間を輩出しています。
何の為の歴史か、経験か。

自由だ、権利だ、と言う標題に踊らされて、これを教育の指針として半世紀たちました。
昔の若者はすでに老境に達しています。
自分だけの力に頼りすぎた人たちは、困難に出会うとすぐに根を上げます。
日本人の人間力が非常に劣化していると常々言っていますのは、ひとえに自主性教育のおかげと思っています。

新しい国のかたちが、精神面を考える場合、此処から入らねばなりません。
付け刃的に、家族制度の復活を言っても、地域のコミュニティーの大切さを言っても、大衆は、またまた自分勝手に解釈し、よい結果は生まれないでしょう。
そういう時代になってしまいました。

政治屋共と同じように、実際には途方にくれる有り様ですが、それでもやらねばなりませんね。
子や孫のためには。
メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.6 )
日時: 2013/07/18 16:50:25
名前: 天橋立の愚痴人間

抽象的な文言が続きましたので、少しは具体論を言って見たいと思います。

経済の分野のことと重複していますが、農業、漁業、林業と言った第一次産業を出来るだけ多くの方が就労できるような産業構造を考える。

大規模営農などには歯止めをかけ、この産業に従事する人間には、採算性を考えて国庫から補助する。
補助と言っても只金を出すのではなく、労務に対する労務費として支給する。

そうする事によって、村祭りなどの意義も理解されやすくなり、祭りを通した地域のコミュニティーも盛り上がる。
と、まあ、このように考えています。

現在の農家の数は50〜60万軒と思います。
これらの農家に年収100万円を労務費として保証しても、高々6000億円。
漁業、林業も入れて1兆数千億円。

但し、これらの産業に従事する人間を3倍にすれば、5兆円くらいになります。
これを税金で出せとは言いません、印刷した紙幣で出すことくらいは出来るでしょう。
出来るような経済のシステムを考えれば良いのです。

TPPに参加して、グローバル化に同調する必要など、何処にあろうか。
メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.7 )
日時: 2013/07/20 11:04:44
名前: みつこ


○現状の労働者、労働組合のほとんどは、アメリカと体制にくみこまれて
腐敗、堕落の極みですので、この問題をかなり工夫して「社会変革に主体」にふさわ
しい、誇り高き存在に(短期間で)変えていかなければならないのです。

これができたら日本は世界はこんなになってない・・って話ですよね。
どうしたらいいのか・・・本当にわからなすぎて???



○経済の分野のことと重複していますが、農業、漁業、林業と言った第一次産業を出来るだけ多くの方が就労できるような産業構造を考える。


農業を重視すべきだと心から思います。
全てはグローバル化の為に日本の農業は多く潰されてしまった。
ゆくゆくTPPの毒入り食べ物を食べさせられる為に・・・。
原発による放射能も農業衰退を益々加速してしまった。
うまくできすぎていて笑ってしまう。
元々日本は豊かな自然に恵まれ、輸入に頼る必要などなかった??
スーパーの過剰にあふれた食品、かゆい所に手が届きすぎた過剰なサービス、
一見きれいに包装された冷たいプラスチック食品達。。。
そこには愛など少しも感じられない。
自分が食べるものくらい自分で作ろうよ、、、って思いませんか??

○生きる為に汗して働くことは、人間性を維持する事につながるのです。
大概の人の場合、弛緩した精神は、人間性を冒す事につながります。

本当にそう思います。労働はよりよい人生を送る為に全てに通じてくると思います。
普通の人間は、働かないで怠けていてはそれこそウツになるだとか、そういった基本的なことを教育として教えてほしかった。今さらながら教育は社会で役立つノウハウを何一つ教えてこなかった??

メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.8 )
日時: 2013/07/20 12:15:32
名前: みつこ

仕事が不安定→養う生活力もなく独身者が増える→毎日コンビニやスーパーの出来合いの弁当を食べる→添加物いっぱい放射能いっぱいで元気がでるどころか体を壊す。→エネルギーもなく仕事しない若者が益々増える→従業員は高齢者が増えていく→益々仕事が不安定になる

むしろ食べない方がまだマシな食べ物を毎日毎日食べていたら、一体どうなるか・・・
活力のない若者、キレる若者、異常にやせ細った若者、異常に太りすぎた若者、おかしくなって当たり前。
普通に毎日カップラーメン食べてるんだよ。体のことなんて考えてないの??どうでもいいの??
食べ物が人を作っているといっても過言ではありませんよ。
理科や数学の授業なんていらないから、食育こそ教育に取り入れるべき。でもそんなことしたら企業は儲からないからやるわけねーじゃん・・もういいじゃん儲けの為の企業なんか全部潰れれば。。。
汚い汚いどこまでも薄汚い社会が、よくここまで成り立ってきたよ。
メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.9 )
日時: 2013/07/20 13:09:15
名前: 天橋立の愚痴人間

みつこ さん

御理解願えて有難うございます。

難しい事ではなく、どういう社会を作りたいかと言うことを、まず表明し、

それを実現する為には、何をしなければならないか、を考える事が大切です。

何をしなければならないかと言う分野は、専門分野ともなり皆が参加できるとは思いませんが、その様なものは次のステップであり、官僚や学者などの頭のよい奴等に命令して、させてやればよいのです。

我々は、我々が望む社会のありようを纏めるだけでよいのではないかと思います。

メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.10 )
日時: 2013/07/20 13:14:17
名前: 北の国から

 みつこさん、こんにちは。

 日本の労働運動は、どうして国民に支持された抵抗運動を組めなかったのか考えてみました。

 たとえば、少し前のフランスの全国的労働組合のストライキは、国民の生活に影響がでても、
それでも国民は労働組合の運動を支持していました。街のゴミ集めの仕事がストップして、ゴ
ミがあふれても、それでもがまんして支持していました。それは、労働組合が国民全体の要求
(たとえば医療費の患者負担の引き上げ反対とか)でも闘っていたからです。
 ところが、日本の(以前の)大きな労働組合は(たとえば総評など)、もっぱら自分たちの
経済要求を主たる闘争課題にして、医療制度、社会保障制度改悪反対をまじめにとりくんでき
ませんでした。
 それには、立派な理由があります。総評は、大企業や公務員の労働組合が主力。
 たとえば、医療保険でも「組合健保」「共済健保」で、中小企業の健康保険や国保よりいろ
いろ優遇されていて(たとえば一部負担が多額が還付されるなど)、国民全体の切実な要求に
目を向けなかったのでしょう。住宅問題などもそうですね。

 しかし、これは労働組合そのものの問題であると同時に、支配者があえて「格差」をつける
ことによって、労働組合そのものをいびつなものにしようという意思が働いていて、労働者た
ちがそれに気がつかなかったのかもしれません。

 ところが、日本でも時代が進むにつれて、支配者が、こうした差別的優遇によって国民が労
働者とともに運動させないしくみさえ作れなくなってきているのですね。
メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.11 )
日時: 2013/07/20 13:31:00
名前: 北の国から

 また、農業についてもそうです。
農民は、汗水して作ったものを少しでも高い価格で買ってもらいたい、というのは当然です。
 ところが、都市の消費者は、出来るだけ買い求めやすい価格を求めます。

 だから、ヨーロッパでも「自国の農業を守る」ために、価格保証などや輸入農産物への関
税など、さまざまなしくみを国民の合意のもとに実施してきており、そういう国の農業は、
そこで働く人も誇りをもって、青年も農業に魅力をもてるようになっているのでしょう。

 ところが、日本の消費者の多くは(知性の欠落したマスコミの煽りもあって)、大型スー
パーの「格安もの」に飛びついてしまうのですね。
 農民と都市の労働者が、「社会を良くするために」団結して、政府に要求をつきつけたり
しないような仕組みができているのですね。

 愚痴人間さんが指摘なさっているように、こうした国民の意識、価値観を変えていかなく
ては、なにも進まないのでしょうが、日本のマスコミは、世界のマスコミのなかでも、その
知的レベルの低さ、権力へのこびへつらいという姿勢では群をぬいているわけで、ここのと
ころをどうするか、というのは社会変革を考えるにあたって最大の難問でしょうね。
メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.12 )
日時: 2013/07/20 13:55:18
名前: 北の国から

 ところが、巨大マスコミが「支配者の道具」になり下がっていても、実はこれにどう
対抗していくのかという対案は考えています。

 もちろん、電波という媒体の使用ですが(一見大企業に独占されているように見える)
小さい地域単位で、小さなFM局を開設し(もちろん合法的に)、これをたくさんつくる。

 もちろん漫然と開設するのではなく、200万円前後の開設費用も、放送を事業として
存続させる事業計画を精密にしっかりとちくる。なによりも大切なのは、事前にしっかり
としたネットワークで、開設の主旨を完全に意思統一してからことを始めるという計画で
す。
 お金の問題は緻密、慎重に準備しなければなりませんが、「1000円カンパ」を地域
単位で集めます。
 はじめは10地域くらいから局の開設をめざし、インターネットで横の連携を密にし、
すこしづつ、まともな番組(魅力も大切)をふやしていくという計画です。
 放送技術の人材は(アナ、技術、営業など)も確実に集まります。

 重要なのは、地域局がネットワークになって成長していくというところです。
メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.13 )
日時: 2013/07/20 17:58:09
名前: チャマ

グッキーのスレに反レス入れるため訪問したので、折角ですからこの掲示板にお誘いいただいた橋立さんのスレにコメントさせていただきます。

敢えて抽象論に戻させてください。
まだ新参者なのでここのシステムを熟知していないのですが、#3のコメントの投稿者「精神の荒廃・・・天橋立の愚痴人間」さんというのは「橋立」さんご本人ということでいいのでしょうか?
そう解釈してコメントを続けさせていただきます。

オレは以前(結構昔です)から社会が荒廃していく、中でも自殺、それも若年層(小・中学生)の自殺について考えてきました。
それは今のオレが30代で「橋立」さんから見ると半分ほどの単なる若輩者であり(てっとり早く言えば“ガキ”です)、どちらかと言えば若年層の気持ちを理解しやすい存在だと思った故、この若年層の一件安易な自殺がどういうことなのかを自分なりに理解しようと考え続けてきました。
そこで思い当たったのが「社会の進化=物質的利便性の向上」と「=社会保障の質的な向上」でした。
両者とも本質的には同じ傾向を生みます。
それは昔の時代に比べ「生きることが容易になっていること」、つまり努力せずとも生きていける環境にある。
昔は必死に努力しなければ自己の生存は叶いませんでしたが、今は違います。
食べたくなければ親が用意した食事を拒否して、コンビニからカップ麺やスナック菓子を購入したり、ファストフードのハンバーガーで腹を満たせる。
オレはその時代(昔の苦労して生きてきた時代)に生きていないので断言はできませんが、戦中・終戦直後はそれは大変なことだったようですね。
食えるときに食えるものを食っておかなければ飢え死にしかねない。
そうなると生きていることの大切さ、大変さを経験から学ぶことでしょう。
今の時代を考えれば、そういうことは今の若者にとっては望むべくもないことです。
つまり、「生きる」という自分にとって最も大切な事柄の、その「大切さ」を身に染みて実感する機会がない。
それゆえ「こんなに生きることが苦しいのなら、生きることに一体何の意味があるのか?」「いっそ死んでしまった方が楽になれる」という発想に陥っても彼らを責めることはできないのではないか?
そして自己の生存について希薄な価値しか見いだせないのなら、同様に他者の生存についても同じように考えるでしょう。
自己の生存の重要性、命の大切さがそれを実感することができないために、どうでもいい、とるに足らないものものだという誤った考えに陥っているのではないか。
そう思えてなりません。

図らずも長文になってしまいました。
ご容赦頂き、ご一読していただければ幸いです。
失礼いたしました。
メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.14 )
日時: 2013/07/20 18:59:47
名前: 茶魔さんへ・・天橋立の愚痴人間

チャマ さん

有難うございます。貴方がそんなに御若いとは思っていませんでした。
大体、掲示板に出てくる人は、すでに人間が出来上がっていて、何を言っても意味がない事が多く、貴方の様な若い方と交流できることは幸せに思います。

勿論、自分の意見を押し付けやすいと言う君意味などではありません。
聞き流していただいても、言えただけで満足です。

レスの内容は、私が期待していたものと同じである、若い方に同意をしていただけて自信を持ちます。
ですが、

>それゆえ「こんなに生きることが苦しいのなら、生きることに一体何の意味があるのか?」「いっそ死んでしまった方が楽になれる」という発想に陥っても彼らを責めることはできないのではないか?

この事に行いて、一言付け加えさせていただきます。
人間、生きることの意味を追求することは、それこそ哲学が歴史の上で課題にしてきたことであり、誰が考えても、満足できる答えを見つけることなど出来ません。

しかしながら、若い人が生きることの意味を問うということも、若さ故に必然のことで、誰もが経験する止むを得ない事です。
結局、人間と言うものは、自分が働かなければならなくなり、生きる為に働いている間に、そういうことが、余り気にならなくなると言う事です。
ついでに言いますと、私などの年(67歳)になると、生きる事につかれ、人生80年、丁度良い長さであると思うようになります。
まあ、90になっても生にしがみついている往生際の悪い年よりも多くいますが。
この年代になると、若いときに考えた「生きること」の意味、悩みなど思い出に過ぎなくなります。

そういう意味で、このスレッドでは、テーマとして、殆んどの人が生きる為に働ける場を確保できる国のかたちを求めて行こうとしています。

ついでと言わずに、たまには御意見を言っていただきたく思います。
グッキー氏とは、いい加減で手打ちとされ、グッキー氏のよい面ばかりを見てあげて、その領域に限り付き合ってあげてください。

私も、そうなのですよ。
互いに欠点が気になると、交流などできません。
メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.15 )
日時: 2013/07/20 19:33:31
名前: チャマ

www
済みません、グッキーと和解するのははっきり言ってお断りいたします。

また#14レス中の

>>それゆえ「こんなに生きることが苦しいのなら、生きることに一体何の意味があるのか?」「いっそ死んでしまった方が楽になれる」という発想に陥っても彼らを責めることはできないのではないか?

に関しては我々が何とかしなければならない問題提起です。
この傾向は文明の進化とともにさらに顕著になっていくでしょう。
そして今すぐに根本的な解決策を考え出さなければならないと言っている訳けではありません。
こうした問題点があることを認識し、改善のために何らかの努力をするべきだと言っているのです。

昔は自分たちが生き残るため、他者(や他の動植物)の命を奪うことに必然性を感じていたと思います。
繰り返しになりますが「食べていくため」にね。
それと同じように、というか逆に、生き残ることの容易さが、その意義や他の動稙物の生命の価値を感じることができにくい世の中を作っているのだと思います。
余りに容易に手に入るから。

そしてそれらの問題の解決をする努力をすることは我々に課された義務なのだと思います。
またそうしなければ、人類の未来は惨憺たるものとなるでしょうし。

生きることの意義について考えることだけで大きな成果があると思います。
少なくとも「そんなものに何の意義もない」と考える若者がいなくなるだけでいいのです。
そして生きることの意義は、個人それぞれ違った解釈でいいのです。
ある人は「親孝行をするため」、またある人は「子孫を残すため」、他にもたくさんあるでしょう。
意義を感じること自体が最も重要なんだと思います。
つまり、生きることの意義とは何かを自分自身に問いかけるだけで十分。
なぜなら生きることに意義があると思うからこそ「その意義とはなんなのだ?」と考えるのでしょうから。
そんなものないと思えば自分に問いかけることすらしないでしょ?
だって存在しないんですから。
メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.16 )
日時: 2013/07/20 21:45:17
名前: 人生とは何か・・天橋立の愚痴人間

茶魔さん

>それと同じように、というか逆に、生き残ることの容易さが、その意義や他の動稙物の生命の価値を感じることができにくい世の中を作っているのだと思います。
余りに容易に手に入るから。

いよいよ哲学の領域に入りますね。

避けては通れない事ですし、此処の認識をしっかりとしなければ、新しい国のかたちも砂上の楼閣になってしまうと思いますが、まさか、このスレッドで最初に取り上げるとは予想しませんでした。

このスレッドでも表明していますが、私は共産主義の考え方を否定しています。
共産主義社会となって、皆が安心して暮らせる社会が良いと誰しも考えるでしょう。

しかしながら、上記の言葉のように、「生き残ることの容易になる」と言う事です。其れに続くものは、ご指摘のように

>容易さが、その意義や他の動稙物の生命の価値を感じることができにくい世の中を作っているのだと思います。

表現を変えれば、人間関係や社会人としての義務などをゲーム化して考えるようになると言う事です。
生きる事に心配がなくなった人々は、それまでとはかけ離れた欲望を持ち、例えば性犯罪などが多発します。
監獄へ入ろうが、ともかく一生は保障されるので、好き勝手放題の人間がおおくなります(皆がそうではないとしても)。
内向的な人は、解決できない悩みに疲れて自殺するでしょう。

>そしてそれらの問題の解決をする努力をすることは我々に課された義務なのだと思います。
>またそうしなければ、人類の未来は惨憺たるものとなるでしょうし。
>生きることの意義について考えることだけで大きな成果があると思います。

とありますが、

藤村操の自殺も、結局は其の事が原因ではないでしょうか。
太宰治も、自身の人生との格闘の末、死を選んだのと思います。
神を常に意識していたニーチェの狂気も、この問題故ではなかったかと思います。
このように、この命題の解決は、とおり一辺の理論では出来ません。

私は、この問題を人生の経過的な問題と捉え、究極の結論を得ようとは思いません。
一方で、この問題に固執しなくて済むような、人生の他の側面を提示したいと思います。

人間とは自然の中で、身の丈にあった環境の中で楽しんで寿命をまっとうすれば幸せであったと思う、生きていて良かったと思えばよいのではないかと思います。

実際には、平凡と思われる、この生き方が非常に難しいのですが、少なくとも、その様に感じられる社会のシステムを整備したいですね。
これが、新しい国のかたちの哲学編です。

メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.17 )
日時: 2013/07/21 01:19:20
名前: チャマ

>橋立さん

死に対する恐怖や、生きることの大変さを実感できるような体験を、これからの世代の若者にさせるのはまず無理ですよね。
ならば逆に(これが上手くいくのかまったく自信がありませんが)生きることの素晴らしさを通じて生命の尊さを学ばせるしかオレには考えられません。
非常に安直で未熟な発想なのですが、老人に対する青少年のボランティアですが、ボランティアをする青少年が親身になって老人を労り介護をする。
その時に介護された老人から、涙を流して「ありがとう。一生忘れません」と言われれば、「あぁ一所懸命やってよかった」と思い、「また近いうちに必ず来ますから、その時までお元気で暮らしてください」と声をかけ、また暇を作って今度は自分の意志でその老人のお宅にお手伝いに行く。
老人は今度自分ができる限りのわずかばかり(金銭とは限りません。できれば金銭じゃない方がいいですね)の心のこもったお礼をする。
その繰り返しが生まれていつしかそれが恒例行事になり、二人とも再会を心待ちにする。
そしていつかは老人はこの世を去り、それを知ったボランティアの少年は心から老人の死を悼む。
で、その老人の代わりに他の老人の手助けをすることが、その青少年にとっては亡くなった老人の供養になると思えるような社会。
そうした取り組みが、世代間のギャップを埋め、金銭目的ではない心の満足を目的とした奉仕活動へとつながることで、いい世の中になっていければいいなって思います。
そうしたよい循環を経て社会をよくする取り組みこそ、これからの社会に大切なんじゃないかと。
それには我々大人がまず損得勘定を捨てて若者たちのよい見本になれるようにしなければなりませんね。

つまりオレが目指すのは○○主義ではなく、社会の構成員全体が自ら望んで共存を目指すような社会です。
夢物語ですけど・・・
メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.18 )
日時: 2013/07/21 01:51:30
名前: 天橋立の愚痴人間

自由だ、権利だ、民主主義だ理屈を言うよりも先に、素朴な、人間らしい社会を求める気持ちの萌芽の方が余程大切なものであるという認識を広めたものですね。

社会全体の人を、その様に思わせるには、どのようにすれば良いかという事になります。
そのためには、水戸黄門の印籠のように思っている民主主義的な思考方法が、実はそんなに信頼できるものではないことを自覚させねばなりません。

先のレスの気持ちを、どのようにまとめ、皆さんが興味を引くようにもって行くかが問題です。
皆様の記事の言葉の一つ一つを検証してまとめて行かねばなりません。

御意見、有難うございます。
特に、このスレッドはしかめっ面の意見よりも、素朴な思いを寄せていただく事に意義があります。
また、其のまとめ方に関する意見も宜しく御願いしたものです。

新しい国のかたちを語り合いましょう。



メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.19 )
日時: 2013/07/23 20:17:51
名前: みつこ

北の国からさんの地域ネットワークは素晴らしいと思います。
既存のマスコミは、もう何一つ信じられないし、嘘ばかりに聞こえて笑ってしまうのです。

新しい国の形は、便利さを排除し、昔の日本に戻っていくことだと思うのです。

「これ以上テクノロジーの進化をストップし、産業を衰退させる」
「既存の政治やメディアを叩き潰す」

この二点に尽きるのではないですか??TPP入ったら日本は本当に終わると思います。

原発いらない、テレビいらない、エアコンいらない、レンジいらない、携帯いらない、パソコンいらない(これはまだないと困るね)、、、
便利なものはろくなものじゃなかった・・・便利な社会は結局、自然を破壊し人間をここまで不幸にしてしまった。
まず第一に世界中の命に関わる原発を止め、福島原発の修復に税金を投入する。
自然を守ることに重点を置き、その為の仕事を多く増やしていく。川を少しでも綺麗にする。木を切るのをやめて山を守る、もう遅いか。。。いやいやそんなことはない。
物にあふれた社会は異常である。人の過労に追い込んでまであくせく物を作る意味がどこにあるのか??
不必要な消耗品なんかいらないし、食べ物も少しくらい足りないくらいが健康にいい。
全て昔に戻っていくことしか道はない。便利は悪だということに気づかねばならない。
山本太郎さんは真実を堂々訴えている。この人を信じてみんなで応援し守っていくことが、革命にはつながらないか??
この人を当選させた日本人には、まだ救いはあるはず。
誰だって心の底では悪役よりも、ヒーローを演じたいに決まってる。
それこそ人間の本質に違いない。生まれた時は、みんな天使のように可愛かったんだからね。



メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.20 )
日時: 2013/07/24 14:24:26
名前: 北の国から

 みつこさん。
人間生理学の研究をしている医学者によると、人間にかかわる道具などの作動の速度の
速さは、人間(人類)が、平和に心地よく穏やかに生きて行くとめのスピードを超えて
いるということです。
 つまり、交通機関にしても、切符の自動販売機にしても、テレビにリモコンにしても、
人間が、余裕をもって、花や雲などをゆっくりみながら平和に暮らすのには、きわめて
不快で無駄なスピードで、精神機能を蝕むおそれが大きいというものです。

 ところが、生産現場では、経営者や管理者たちは(本人たちは気がついていないので
しょうが)、時間あたりの仕事の量を徹底して追及する(生産性を上げる)ものだから、
この「機械のスピードにさからおう」とすれば、即座に「だめ従業員」にされてしまう
という社会のゆがんだ仕組みができあがっているのですね。

 ここの掲示板でも「お金のある無しと、人間の幸福度は相関関係がない」と指摘して
おられるかたもおられます。

 これも、どこかの群舞の地域で、エネルギーもふくめ「地域循環経済を基本にした、
ほんとうのスローライフ」のモデルを成功させることができないでしょうか。
(北海道でも下川町とか、芦別市などで少しづつ挑戦しているようですが)

 いずれにせよ「一次産業」がポイントのようで、愚痴人間さんが提唱されている「食
糧鎖国」などは絶対に必要なような気がします。
メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.21 )
日時: 2013/07/24 14:37:25
名前: 北の国から

 どなたかが、以前、書いておられましたが(愚痴人間さんか?)、宗教用語で「足るを知る」。
このへんが、新しい国のかたちのベースでしょう。
「飽くなき欲望」を人類が乗り越えていくのは「哲学先にありて」では現実性がありません。
 地域での実践(実験、挑戦)でしょう。

 「足るを知る」も、上からおしつければ、これはファシズムですから。
メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.22 )
日時: 2013/07/24 14:54:15
名前: 北の国から

 20世紀に「効率性」ということが高い価値でもてはやされてきました。

 いまでは、有名なラーメン屋さんですら、麺もタレも機械でつくるそうです。

 医療や介護の現場で、まじめなひとは「効率」ということを否定します。
「効率性は、工業生産用語。生きた患者、利用者を効率よく診るなど考えられ
ない」ということです。

 しかし、よく考えてみると「工場」でも、最高に効率性が追求されていたの
は軍用機や銃や大砲などを生産していた兵器工場ですね。これは当然と言えば
当然です。より早く、大きく攻めたほうが勝つのですから。

 したがって、人類の歴史で「効率性」が重視されたのは、そうした戦時の生
産という特殊な発展をたどったのであって、そうであれば、平和をめざしてい
けば、この「効率性」重視を、人類は克服できる可能性があるということでは
ないでしょうか。 
メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.23 )
日時: 2013/07/24 22:42:40
名前: みつこ

○いずれにせよ「一次産業」がポイントのようで、愚痴人間さんが提唱されている「食
糧鎖国」などは絶対に必要なような気がします。

奴らはTPPの話し合いに参加したそうですが、外国の毒入り食べ物を食べさせられるくらいなら、
鎖国にして食料不足で餓死するほうがまだマシかもしれない。
原発もTPPも戦争に向ってるのも、あらゆることがもう時間がない。
嘘っぱちの政治やメディアに、国民がイチガンとなってNОと突きつけるのは今しかない。

TPPが決定してからではもう遅い。
憲法が改正されてからではもう遅い。

新しい国のかたちを求める前に、まず古い国のかたちをぶち壊さねば何も始まらないのではないか。
首の皮一枚でつながっているような今の日本の現状・・・
山本太郎さんを筆頭に、国民全員で革命を起こしたい。
日本にも地獄のような未来がやってくるその前に・・・。



メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.24 )
日時: 2013/07/26 12:12:51
名前: 北の国から

 「古い国のかたち」の大きな害悪のひとつは「金もうけのためなら、人の命など」という
一部の経営者と、そのとりまきの思想ですね。
 スペインで、77人の犠牲者を出した鉄道事故など、みつこさんが指摘しておられた「そ
んなスピードがなぜ必要なのか」という警鐘のさなかの事故です。
 制限速度90キロのカーブを、180キロで走っていたそうです。

 日本でも2005年4月にJR西日本の福知山線の脱線事故がおきました。死者107人。
この事故も「早く走ること」が至上命令でした。(並行して走る私鉄と営業利益を争ってい
たそうです)。
 この事故のときにも、JRは(マスコミも)、運転手の責任で罪をのがれようとして、さま
ざま汚い手をつかっていました。

 ようするに、スピードとか便利さというものは、あとから利用者騙しのためにくっつけられ
たもの。
 そもそも「金儲けのためには、安全は犠牲に」というのはあたりまえ。「5年もたてば事故
のことなど世間は忘れるさ」という極めて人間の命の軽視が、当然のようにあるのでしょう。

 問題は、そのことを広く国民に訴えていくことですね。
メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.25 )
日時: 2013/07/26 14:32:30
名前: みつこ

○「古い国のかたち」の大きな害悪のひとつは「金もうけのためなら、人の命など」という
一部の経営者と、そのとりまきの思想ですね。

そういう人達が世の中を動かしてきた。なんてこった。
もう政治家はいらない。ガンジーのような国民のリーダーがほしい。
人間の命を大切に考える欲のない人間、この世は金じゃないことを理解している人間をリーダーにする。
何十年に渡るインチキな政治、日本は日本人のものではなかったという体制を日本人のものへ取り戻す。
その革命はすごい数の命を失う覚悟が必要かもしれない。ただこのまま大人しくかつての大戦のように、政府の決めたレールに乗せられて死んでいくくらいなら、勇気を振り絞り世の中を変えていくべきではないか。
大人しくしていれば、命は延命されるかもしれないけど、早いか遅いかの違いならば、勇気を振り絞り何か実行できないものか。言論の自由奪われたら、こういうことさえも言い合う場さえなくなってしまう。その時こそ終わりだ。


○日本でも2005年4月にJR西日本の福知山線の脱線事故がおきました。死者107人。
この事故も「早く走ること」が至上命令でした。(並行して走る私鉄と営業利益を争ってい
たそうです)。 この事故のときにも、JRは(マスコミも)、運転手の責任で罪をのがれようとして、さま
ざま汚い手をつかっていました。

そんな恐ろしい事実があったんですね!!!突き詰めれば大企業の商売なんて、み〜んな金儲けなんですね!!
そんなに金が欲しいか???我々普通のレベルの人間の意識では到底理解できませんね。
そんな悪魔を相手に革命を起こしたら、ひとたまりもないのかな??
ちょっと足がすくみますね。。。
メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.26 )
日時: 2013/08/01 22:01:52
名前: 北の国から

 北海道の旭川市からさらに北へ約70キロのところに幌加内(ほろかない)と
いう人口1600人くらいの町があります。
 昔は旧国鉄の駅もあり、澱粉工場などもあった農業地域だったのですが、19
70年代に過疎がすすみ、鉄道はなくなり当時7千人いた住民も激減してしまい
ました。
 この幌加内町の真ん中に添牛内(そえうしない)という限界集落のような地域
があります。ピークの1950年には1800人が住んでいたこの地域も、いま
では43人が住むだけ。地域の郵便局も営林署もなくなり、いまは小中学校に通
うのも30キロはなれたところ。

 ところが、この添牛内地域で15歳以下の子どもが増え、地域人口の30%に
なったそうです。

 他の地域からUターン、Iターンしてきた人が地域の人びとの支援で、この地
域で以前から力をいれているソバづくりにとりくみ、雇用や生活をみんなでつく
っているそうです。

 このとりくみが、今後うまくいくかどうかは、今はわかりません。
 ソバの栽培にしたってTPPのとんでもない犠牲になるかもしれません。
しかし、きわめて困難な状況のなかでも住民の新しい努力が芽生え(もちろんそれ
が自公政権によってズタズタにされるかもしれないのですが)、挑戦がはじまって
いるのかもしれません。
 そうした地域で、これからの「人間としての新しい価値観」に結びついていくよ
うな実践が、悪政にも抗して進むことを期待せずにいられません。
メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.27 )
日時: 2013/08/02 00:59:15
名前: 幌加内・・天橋立の愚痴人間

北の国から さん

よいお話を聞きました。
仰るとおり。小さな村の小さな努力も、TPPの前に壊滅してしまうでしょう。

そばつくりに精を出しても、そんなに収入になるはずはなく、国内で、多くの人が手作りで育てたそばに価値を見出し食べてくれなければ、生産だけで終わってしまいます。

物質的に豊かな生活を追い求めるばかりの現在で、心の豊かさを求め田舎へ帰ってくれる、行ってくれる人たちを守る為に、助ける為に、そういう人たちの生活を受け入れてやれる社会環境を醸成する事に留意しなければなりませんね。

手作りを賞賛し、その価値を見出す習慣が、我々自身にも育たなければ、新しい国のかたちは見えてきません。
そのさきがけとして試みられている北海道の小さな村に敬意を表するとともに、心から応援したい気持ちです。

幌加内(ほろかない)のそば粉と言う表示があれば、買うようにいたしましょう。
メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.28 )
日時: 2013/08/03 16:55:02
名前: ふるさと回帰総研 ・・・天橋立の愚痴人間

旧掲示板から5年前の記事を転載します。
言うことは、変わっていませんね(いいのか、悪いのか?)。

□投稿者/ 天橋立の愚痴人間 -(2008/08/23(Sat) 23:40:05) [ID:UDma5bqJ]

親記事

ttp://www.furusatosouken.com/ronbun.html

「ふるさと回帰総研」

と言うのがありました。

>「2007年問題」といわれる団塊世代のリタイアが始まりました。その多くの人々は、マイホームと終身雇用のなかで失われた自分を見つめなおそうとしています。その代表的な現われが、ふるさとに回帰することです。地方に移住したり、都会の家はそのままにして地方にもう一軒空き家などを借りるか買って二地域居住・地方兼居をしたいと約40%もの人々が希望していることが、認定NPO法人ふるさと回帰支援センターの5万人アンケート調査で明らかになっています。

これは設立の趣意書ですが、この運動は1990年代の終わりから連合や農協が音頭をとり続いていたが、昨年NPO法人として発足したようです。

当面、100万人の地方への移住えを想定しているようです。
国土交通省の試算では400万人が移住したとして、経済効果は8兆円としているそうです。

私の持論は3000万人の移住ですが、少なくともこのような法人が出発した事に安堵感を持ったと共に、メディアも国も地方行政も本腰を入れてこれに取り組むことこそ、将来の日本の姿を描く礎となるでしょう。

これよりグローバル化に対抗する術はありません。

最近新聞で知りましたので、とりあえず御紹介します。
メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.29 )
日時: 2013/08/03 17:11:48
名前: アーカイブ 遂犯無罪

5年前の橋立さんのスレたてです、この投稿者の方の・・孤独は山になく、街にある。一人の人間にあるのでなく、大勢の人間の『間』にある。三木清

そして納得するのが・・それに、都会の気ままな暮らしに慣れた者には、田舎で暮らす事は想像以上に気骨の折れるものです。我々が「お客さん」で訪問する時は極く自然に迎えてくれますが、其処の地域へ参入すると成ると、話は少し変ってきます。幾ら開けたとは言え、田舎の排他性と言うものが厳然と残っていて、都会者には息苦しくなってきます。よそ者には不合理な地域社会の交際費も有りますし、色々と戸惑う事が多いのです。

歓迎されない人

1.単に「田舎でのんびりしたい」高齢者
2.これといった技能のない人
3.貧乏・病気がちの人
4.自分の殻に閉じこもる人
5.お洒落な田舎暮らしがしたい人

ttp://www.kyudan.com/cgi-bin/mb/mb.cgi?mode=res&namber=4522&page=240&RES=1-4&H=tp&no=0&P=R
メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.30 )
日時: 2013/08/03 18:41:42
名前: グッキー

人が集まりすぎるのは駄目ですね。
人が集まりすぎると敵意ばかり増えてしまう。
人を蹴落として自分が浮かび上がりたい、そんな人間ばかりが
増えます。
まして不景気で職が無い、地獄の餓鬼状態に成ります。

何人くらいのコミュニティガ人間性に有っているのか
地域で経済をどう循環させるのか
円満にそういうコミュニティを造るにはどうすれば良いか

こういう総合的な視点、計画性がいるんだと思います
メンテ
Re: 新しい国のかたちを求めるためのスレッド ( No.31 )
日時: 2013/08/05 16:57:10
名前: 北の国から

 人類は、その祖先の時代の数百年前から、さまざまに自然にはたらきかけて
生きてきました。日本の縄文時代(紀元前12000年から紀元前2000年
ごろと言われているが、諸説ある)は、それなりに魚、肉、木の実などを食べ
ていたらしいのですが、朝鮮半島から稲作が入ってきてから(穀物の貯蔵など
もすすんだのですが)リーダーがあらわれ、集団ができたそうです。
 それども、人類の一部がどんどん自然を破壊しはじめたのは、最近でしょう。
 カナダではバッファロウを大きな穴に追い込んで殺して食べ、絶滅寸前にし
てしまったのですが、その後保護をはじめています。
 北海道でも、アメリカのケプロンなどがきて北海道のオオカミを毒薬で根絶
やしにしてしまいました。
 そしていま、エゾシカが増え過ぎさまざまな問題(たとえば木の皮を食べて
しまい木がかれてしまうなど)をひきおこしています。ハンターも高齢化によ
ってどんどん減っているのです。
 最近「オオカミを自然に放し(時間もかけながら)自然のオオカミにする」
という提案をしている人がいます。(オオカミは実はめったに人を襲うことは
ない)。
 こういう考え方が(つまり人間の都合だけから自然のサイクルを破壊するこ
とへの痛烈な反省)が必要な時期に来ているのでしょう。
 北海道にしても、オオカミやヒグマの住んでいた地域に人間たちがどんどん
入り込んでいっているわけですから。
メンテ
Re: 進歩的知識人の役割 ( No.32 )
日時: 2013/10/16 21:52
名前: 北の国から ID:g3arCLbQ

 農業に従事して頑張っている若い世代や高齢者。ほとんど前向きに、しかも
自分の生産物に誇りと自信をもち、前向きにすすんでいます。
 「どうしてこういうまじめな人たちが、選挙になると自民党に投票してしま
うのだろう」と思います。
 日本人は勤勉です。教育水準も高く、よく勉強もします。
 この勤勉さは、徳川300年、いや、それより前から延々と培われてきたも
のなのかもしれません。

 なぜ、日常の生活のなかで、それほど保守的でもなく、戦争を肯定している
わけでもないまじめな日本人が、選挙になると「アメリカの言いなり」「憲法
を変えて戦争出来る国」「大企業優遇」の自民党に投票してしまうのでしょう。

 たぶん、政治や経済の話が「面白くない」と感じていたり「だれがやっても
政治は同じ」(確かにそう思わざるをえない出来事も少なくない)と思ってい
るからに違いがありません。

 学校でも「戦争の悲惨さ、醜さを話してくれる教師」は死んでしまって、も
うほとんどいないということも関係しているかもしれません。

 日本の長い歴史と、政治や宗教の影響もあって、日本人の「権利意識」は、
相当低いままにされています。
 ワーキングプアの労働者も「なんとかしなければ」と強く思いながら「ど
うやってたたかうのか」のすべを知る機会がありません。人間としての誇り
などズタズタにされてしまうにでしょう。

 「知識人」という言葉は、一般には印象の良くない言葉らしいのですが、
まともにたたかう知識人は、ほんとうは少なくないはずです。問題は、そう
いうかたたちが、労働者や農民たちに「わかりやすく」「おもしろく」「共
感をえられるよう」な内容で、日常的に努力しているか、ということではな
いでしょうか。

 イントさんがいつも指摘されているように、マスコミなど真実に深入りす
る報道は絶対にしないし、長時間娯楽番組ばかりでは、若者も高齢者も「誇
りをもって政治を考える」ことなど不可能です。

メンテ
自民党政治 ( No.33 )
日時: 2013/10/17 01:37
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:GVdAGM1Q

北の国から さん

自民党政治は、結局日本のこんなに疲弊させてしまいましたが、同時に戦後からの復興、発展の時期とも重なり、その思い出が自民党ならやってくれるという期待感があるのでしょうね。

当時は、どの政党であっても結果は余り変わらなかったと思いますが。

その後は国民も自民党の悪いところに気がつき、政権交代を選んだのですが、

思い出しても腹が立つ事に、民主党が、まったくなっていなかった事です。

昔、社会党など反対のための反対の党で、しかも経済理念において共産主義を志向していたので、誰もが相手にはしていませんでした。
民主党は、そうではなかったでしょう。

あいつ等は、どのように評価するべきか、

どの侮蔑の言葉を送っても、物足りません。

小沢!
肝心要の時に、何も出来なかったような奴など、思い出したくもありません。

民主党のテイタラクと同罪です。
日本の政治史においても、彼等は稀に観る噴飯ものでしょう。

日本の政治、そのものを陥れました。
そういう意味では、自民党の悪徳政治屋の誰よりも許せません。

小泉よりも!
メンテ

(全部表示中) もどる スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存