ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1851] 何故に再審請求を検察官に求めるのか
日時: 2013/09/18 04:35
名前:  遂犯無罪 ID:p1tRhxsw
参照: http://http://www.suihanmuzai.com/

何故に再審請求を検察官に求めるのか

憲法違反の訴訟手続きによって判決がなされて確定した場合、これを是正すべきは国家の責務であり、かかる観点から刑事訴訟違法439条1項は検察官を再審請求の筆頭に掲げている。

再審における法令違反の取り扱いは、刑事訴訟法では非常上告とされる、この申立権者は被告人でなく検事総長であり、再審期間はないとされている。
http://www.suihanmuzai.com/130918.jpg.html
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

刑事訴訟法で想定されていない検察官犯罪 ( No.3 )
日時: 2013/10/01 22:45
名前:  遂犯無罪 ID:3vEkcegI
参照: http://www.suihanmuzai.com/

検察の証拠隠しは、当事者主義からすれば問えないのが現在の刑事訴訟法です。(検事と被告人は当事者同士の対等な関係)
訴訟を追行する主導権(審判対象の設定や証拠の提出)を当事者(被告人・弁護人や検察官)に委ねる建前をいう。

二十年近くパラノイア扱いされ続けていますが、我が事件から刑事司法の根底が崩壊する、憲政以来の司法危機となっています。

検事面前調書は事実であり、真実であるという大前提に立って論理を展開している。

このような認識が如何に無知と偏見と独断に基づくものであるか、我が事件で証明した。

検察官の筋書きがそのままに真実だとするならば、そもそも裁判などいらない。
http://www.suihanmuzai.com/131001.jpg.html

以下引用
糾問的捜査観捜査活動は執行機関が全て行い、被疑者はその客体に過ぎないとするものであり、被疑者は一方当事者としての立場ではないとする考え方である。

戦前の旧刑訴法上はこの考え方に基づいた捜査活動、公判維持が行われてきた。国家による事実の究明活動という側面が強い考え方である。
弾劾的捜査観捜査段階においても、捜査機関と被疑者が対等に争うもので、事実の解明は裁判での争訟によるものとする考え方であり、戦後の刑訴法はこの弾劾的な法制度が取り入れられたものである。

現行の刑事訴訟法は、適正手続の保障に重きを置いているとされる。この発想からは、職権主義を広く認めて裁判官が積極的に主導的な役割を担う場合、自ら証拠を収集し真実を追究する者が同時に判断者を兼ねることとなり、自らが追究した線に沿って判断を行ってしまう危険を否めない、と考えることとなる。これを避けるために、裁判所としては、むしろ当事者に証拠収集や主張・立証を委ね、公平・中立な判断者に徹する方が、誤りのない判断を下すことができることとなる。

しかし、刑事訴訟における一方の当事者は、捜査権限を有する国家機関たる検察官であって、もう一方の当事者は、私人たる被告人・弁護人に過ぎない。このことからすれば、単純に当事者主義をそのまま貫いた場合、真実の発見ないし実体的な正義の実現に困難をきたすことが、容易に予測される。また、刑事裁判において追求されるべき「真実」は、民事裁判における言わば当事者の間での形式的真実にとどまらず、客観的・実質的な真実であることからすれば、裁判所が直接に証拠の確保を図ることも選択肢とすべく刑事訴訟法に規定されている。  


そもそも、警察や検察が税金を使って集めた証拠は「公共の財産」であり、検察官が手持ち証拠のすべてを被告や弁護人に開示することは当たり前のことです。

赤沼弁護士も参加する国民救援会のhp
http://www.kyuenkai.org/index.php?%AD%A2%BE%DA%B5%F2%A4%CE%C1%B4%CC%CC%B3%AB%BC%A8%A4%F2
メンテ
Re: 何故に再審請求を検察官に求めるのか ( No.4 )
日時: 2013/10/02 04:06
名前: グッキー ID:TCoi7okM

遂犯無罪さん

>そもそも、警察や検察が税金を使って集めた証拠は「公共の財産」であり、検察官が手持ち証拠のすべてを被告や弁護人に開示することは当たり前のことです。

司法は事実を解明するためにあり、犯罪者を創るために有るのでは
無いと思います。
事実を解明するために有るのなら、被告に有利な証拠を開示するのは
義務だと思います。

また被告に不利な証拠を隠すと証拠隠滅罪で、有利な証拠を隠しても
何の罪にも問われないのでは公平性に欠けます。

事実を解明するために有るのに証拠を隠し、それで冤罪が発生するのでは
犯罪行為です。
断固、その立場からして重罪に問うべきです。

官僚はこのようにお上は無誤という発想に立ち、自身の責任を問う
法律を造りません。
お上にどれだけ国民が泣かされているか、余程のことが無ければ
泣き寝入るというのが実態です。
官僚個人の責任を問えるような法律が無ければ国民は官僚に
対抗できません。
メンテ
刑事システム全体の腐敗 ( No.5 )
日時: 2013/10/02 06:51
名前:  遂犯無罪 ID:MD6Pnhhk
参照: http://http://www.suihanmuzai.com/

この国の司法には未だに国家無答責の法理が生きている、検察官・裁判官など公権力の行使に当たる行為によって市民に損害を加えても国家は損害賠償責任を負わない。

検察官・裁判官の職務犯罪を刑事告訴しても「犯罪を構成しない」また民事提訴すれば「認否はしない」裁判にさせない、検察官の証拠捏造は「故意又は過失」であると提訴しても事情判決で棄却となる。


1.自白を証拠とする。 2.証拠説明に代えて証拠の標目で足りる。 とした戦時特別立法がまだ残っている.

これを1.自供は証拠としない。 2.裁判官は判決に際して証拠説明をする。 と戻さなければ、問題は解決しない。

ついでに、最高裁規則という法源の明らかでないものを考え直すべきだ、そして刑事判決書は交付申請に関わらず、無料で即時交付すべきだ。

取り調べの可視化で済む話ではない、これらを早急に改正せよ。
http://www.suihanmuzai.com/131002.jpg.html

明日に未返還の記録が入手できますが、赤沼弁護士は国民救援会に集結する法律家であり、また救援連絡センターも我が事件は13年前に伝えて界面下での検察崩壊の躍動はされているものと信じている。
メンテ
殆どの刑事裁判はこんな扱いで有罪認定されている ( No.6 )
日時: 2013/10/03 22:49
名前:  遂犯無罪 ID:AqbjrK5M
参照: http://http://www.suihanmuzai.com/

本日3日に赤沼弁護士を訪ねた、2000年2月、二度目の原告尋問以来、13年半振りの対面であるが、どうも我が行動は知っている様子、尤もネットで赤沼康弘弁護士と検索すれば巻頭に我がhpがでる。

敗訴判決半年後に大量の記録が航空便で着いた、しかし出された訴訟記録も大変な量であり、今更にこれらを見ても不快になるだけである。

事件は園田・須崎との痴話喧嘩からとうの昔に手を離れ、憲政以来の刑事司法崩壊の突破事件となった、赤沼弁護士は何も語らないが”阿吽の呼吸”で会話は成立したと考えている。
http://www.suihanmuzai.com/131003.jpg.html
メンテ
わいせつとは何か! ( No.7 )
日時: 2013/10/04 12:46
名前:  遂犯無罪 ID:DVWJT8Pw
参照: http://http://www.suihanmuzai.com/

このビラ配布でも逮捕が適わず、その後の活動は中止していたが、三ヵ月後に家宅捜索・逮捕となった、しかし大量に配布したこのビラは無視された
http://www.suihanmuzai.com/131005.jpg.html

嵌められた弁護士の虚偽告訴幇助
http://www.suihanmuzai.com/131004-1.jpg.html
メンテ
罪のない人罰しない・鬼丸最高裁判事が就任 ( No.8 )
日時: 2013/10/06 03:16
名前:  遂犯無罪 ID:7gjdSqig
参照: http://www.suihanmuzai.com/

赤沼弁護士との面談で、原田國男を知っていますかと尋ねたら肯いた、刑事裁判一筋の原田國男と民事弁護士が面識あると思えないが、名前だけ知っている・・しかし そうとも思えない
1996年当時の八王子支部長判事・原田國男は厳罰有罪判事の名が高く再犯者等の間では怖れられていた、その原田が2001年春頃から事実認定の権威などと豹変、その後に東京高裁総括判事となり、この8年間に何と24件の逆転無罪判決をしている。

赤沼弁護士に原田は以前に禿頭でしたか? 先生は笑ったが、裁判長席の1996年の原田は大顔で光頭だった、それが今では頭髪があり顔サイズも普通、そして原田の判決署名も怪しいと伝えたが、赤沼弁護士と鬼丸かおる最高裁判事は共同著作をしている。

罪のない人罰しない・鬼丸最高裁判事が就任
http://www.suihanmuzai.com/131006.jpg.html
メンテ
左派の最高裁判事誕生 ( No.9 )
日時: 2013/10/05 21:29
名前:  遂犯無罪 ID:6rpLy.52
参照: http://www.suihanmuzai.com/

最高裁判事の就任記事など興味もなく、この春に鬼丸なる女性判事が任官したなぞは知らなかったが、そういえば赤沼弁護士と共著していた弁護士かと、著作を検索したところ三冊もある。

伏魔殿・最高裁事務局人事は左翼系判事を排除している、しかし鬼丸弁護士の任官とは奇異だ、しかも就任会見で「罪のない人罰しない」
つまり最高裁内部で革命的構造改革が進行している。

これは我が事件真相解明された2000年秋頃から界面下で、法務省官内部で歴史的司法改革の長期プロジェクトを立ち上げた。
この頃から有罪判事・原田國男は逆転無罪判事に豹変した、また法廷検事の元最高検検事・鶴田小夜子は57才で不審死した。

東京「君が代」最高裁判決―鬼丸かおる裁判官補足意見
個人の思想及び良心の自由についての間接的な制約となり得る面の存在することは否定し難いものである。
個人の思想及び良心の自由は憲法19条の保障するところであるから、その命令の不服従が国旗国歌に関する個人の歴史観や世界観に基づき真摯になされている場合には、命令不服従に対する不利益処分は、慎重な衡量的な配慮が求められるというべきである。
http://blog.goo.ne.jp/zaza0924/e/a2ea98bc66afeef7297aa54e9cd0f2e0

赤沼弁護士の所属した法律事務所の所長は、現在の日本国民救援会会長である。
http://www.suihanmuzai.com/120618.jpg.html
メンテ
名誉毀損実刑二号となった ( No.10 )
日時: 2013/10/07 06:34
名前:  遂犯無罪 ID:zXNm8BeU
参照: http://www.suihanmuzai.com/

この名誉毀損実刑一号から三年後に、八王子支部・原田國男裁判官から実刑二号とされた、一号の犯罪形態(電柱にビラ・でっち上げ・無縁の被害者・わいせつ)と同じであり刑期もそのまま踏襲した。

これが事実認定の権威と称せられる原田國男の当時の職務なのだ、当時の原田はツル禿と記憶しているが、もしかしたら成済ましの偽装裁判官だったかも。
http://www.suihanmuzai.com/131007.jpg.html
メンテ
どんなことをすると名誉毀損で実刑になるの? ( No.11 )
日時: 2013/10/08 03:14
名前: 遂犯無罪 ID:0fraq6Tw

消えたのでアップします。
ついでにこれは酷いと思われる事犯の画像です、一事不再理の原則ゆえに反省ポーズと判っても不問するしかない。
http://www.youtube.com/watch?v=nKSuIMpP38M

どんなことをすると名誉毀損で実刑になるの?
http://blogs.yahoo.co.jp/kuzutume
メンテ
Re: 何故に再審請求を検察官に求めるのか ( No.13 )
日時: 2018/09/25 06:47
名前: 日本貧民党 ID:FttIHLEc

イヤァ〜、敵さんもご苦労様ですなァ。又、又、一斉に荒らし投稿です。こんな事で効果が有ると思ってるのでしょうかねェ。
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存