ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1857] 邪悪也、アメリカ共和党
日時: 2013/09/29 21:02
名前: 平和ボケもん ID:ao5rMgB.

米国大統領オバマの来年度予算編成が頓挫し、彼の国の官公署の内に、業務の停止状態が発生しそうですね。それと言うのもオバマが提案した予算組の中に、「医療保険制度改革法」なる物が有り、其れに対して共和党が反対をすると同時に、国民に党特有の反対論をキャンペーンして、世論を反対の方向へ誘導した結果でもあるそうです。

【引用】
ロイター/イプソスが発表したオンライン世論調査によりますと、オバマ大統領のこの保険改革法をめぐり、国民の44%が支持する一方、56%が反対しているのだそうです。
【引用終わり】

この依って来たる理由は、冒頭に書きました共和党のネガティヴキャンペーンによる自己責任論者の多いアメリカ国民を、巧みに誘導と言うより洗脳した結果であると言えるでしょう。

何度も言いますが、アメリカ合衆国の成り立ちその物が、ヨーロッパを食い詰めたゴロツキ共が、先住民を虐殺して乗っ取った国である事から、地の果てと思われる土地へ来て、すべて自己責任で生きてゆかねばならない過酷な環境により、他者それも弱者の事など構って居られない気風が一つの国民性と成っており、往々にして自分勝手な思考パターンを強引に押し通します。
この傾向の強いのが今の「米共和党」で、俗に「新自由主義者」と言われる連中は殆ど共和党支持者です。

この共和党的或いは新自由主義的考えのもとに、此の度の「TPP]も押し進められているのですが、実に共和党とは我々日本にとっても「百害あって一利なし」の海賊的存在です。

話を戻して、オバマの「医療保険制度改革法」が廃案と成ると、アメリカの中流以下の国民にとって将に「死ね!」と言われるに等しい結果を招きます。 アメリカの「民間医療保険」が如何に悪辣な物か、かってテレビのドキュメンタリーでも報道されましたし、劇場映画、1997年製作、コッポラ監督の「レイン・メーカー」と言う映画にも事細かにその犯罪性が描かれています。

こういう保険企業がやがて「TPP」を締結した暁に、日本上陸をし、日本の企業の「組合保険」や自治体が運営している「国民健康保険」に対抗して商戦を繰り広げ、その商売が上手く行かないと、企業活動に対する差別であると言う因縁を付けて、裁判に訴え、日本の医療保険を壊滅させようとする事は必定です。

この他の事に付いても大同小異、日本の滅亡は目の前に迫っているのですが、安倍政権は尚も売国政治を進めようとして居ます。

さぁ、皆さん、此れからの日本如何なさいますか?
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 邪悪也、アメリカ共和党 ( No.1 )
日時: 2013/09/29 17:33
名前: グッキー ID:JjUpN0IE

アメリカは階層分化が進み、アメリカ人の多数は、
自分より下の階層に居る人は、能力が無く怠け者だからだ。
自分より上の階層の人は親の遺産でその階層に居ると
考えているそうです。

これは何を意味するのかと言うと、現状の市場経済に対し
まったく疑問を持っていないからです。
現状の市場経済を当然のこととするから、下の階層に居る人は
能力が無く怠け者だという結論に成る。
上の階層に居る者を自分より能力が有る者と認めたくないので
親の遺産のせいにする。

アメリカではというより先進国では現状の市場経済を批判する
思想が育たないのです。
まったくそういう思想が無いので現状の市場経済について疑問を持たない。

これは学会誌に掲載する論文審査で現状の市場経済を批判する論文は、
過激、赤というレッテルを貼られはねられてしまうからではないかと思います。
学会誌に論文が掲載されなければ地位も名誉も出来ない(博士号とか教授職)
従って現状の市場経済を批判する思想は出てこなくなった。
経済学は現状の経済を数値分析する学問に成り下がった。

アメリカ経済学会の巨人と言われ、アメリカ社会に多大な影響を与えた
ジョン・ケネス・ガルブレイスの「アメリカ資本主義ー拮抗力の概念」も
忘れ去られてしまった。

各経済主体は拮抗力を持たなければ成らない。
拮抗力が無ければ寡占による超過利潤が生じ、それが貯蓄に回れば
経済を破綻させるという思想です。
これは経済だけでなく、政治とマスコミ、ラルフ・ネーダーの消費者運動
などにも影響を及ぼしました。

しかるに現在はほとんど忘れ去られ、大資本、大企業が大手を振って
寡占による超過利潤を貪っています。
大資本、大企業に都合の悪い思想は葬られ、出て来れない社会に
成って居るのです。
メンテ
Re: 邪悪也、アメリカ共和党 ( No.2 )
日時: 2013/09/29 17:50
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:5mo.jQ0c

本当に、アメリカの根性と言うものは判りませんね。

個人個人のアメリカ人は、陽気で人柄もよさそうなのに、国家となると、何故、このような理不尽を容認するのでしょうか。

大抵の場合、背後に蠢くユダヤ金融資本、

ユダヤ人とは、何か!

と改めて考えさせられます。

キリストを裏切ったユダもユダヤ人とか

今度は、人類を貶めるつもりなのでしょうか。

メンテ
Re: 邪悪也、アメリカ共和党 ( No.3 )
日時: 2013/09/30 01:22
名前: 平和ボケもん ID:GwpdFjDk

ホンの50年ほど前までは、アメリカ合衆国の中枢を為す者は、WASP=WHITE ANGLO SAXON PROTESTANT でなければ成らないと言われ、ケネデイ大統領も彼の出自がアイルランド人である上に、WASPたちの既得権を侵害する様な政策を採ったが為に、軍産共同体に暗殺されたと穿った事を言う手合いも有ります。

そう言われると、然も有り喃、ジョンだけに留まらず、ロバート(司法長官)までも執拗に暗殺された事がそれを物語って居る様な気がします。更にネオコンなども共和党の息が掛かっていますし、其れが産業界を牛耳って居る“○ダ金資本”と癒着すれば、今のアメリカの対外政策の姿は頷けるでしょう。

この WASPのルーツは、イングランドからの政治犯や食い詰め者、又は一発当てようと言うならず者が構成して居りました。後世に成って、イングランドに圧迫されたスコットランド人、ジャガイモ凶作で餓死寸前のアイルランド人達も渡って来ましたが先に来ていたアングロサクソンが幅を利かして居たのです。

その辺の事は、此れも又アメリカ映画「ラスト オブ モヒカン」でアングロサクソンの身勝手さが描かれています。この映画の場合は英国=A・Sが入植者に対する差別と蔑視と言う形に描かれ、其れを滅び行く先住民を絡めているのですが、その英国から分離独立した後もA・Sの身勝手なDNAがアメリカと言う国に脈々と流れているのです。

此れこそがアメリカの本質、共和党の確固としたアイデンテティなのです。要するに、アメリカ合衆国とはホロコーストによる土地強奪国家なのです。 
メンテ
確かに: 邪悪也、アメリカ共和党 ( No.4 )
日時: 2013/09/30 01:32
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:E4XVbsbE

米国共和党の大統領

アイゼンハワー
ニクソン
レーガン    中南米攻略
ブッシュ(親) 湾岸戦争
ブッシュ(子) アフガン進攻

米国民主党大統領

ケネディ    ベトナム戦争
ジョンソン   ベトナム戦争
カーター
クリントン
オバマ

共和党は北部を中心に興り、保守主義を貫く
民主党は、南部に本拠を置き、社会主義的な志向もある(南北戦争の頃とは以外に感じる)。

リンカーンを輩出した進歩的であった共和党は、その後、キリスト教右派を取り込み、保守的な姿勢に転換し民主党と政治的立場か入れ替わった。
現在は、退役軍人会、全米ライフル協会などが強く支持し、各種産業界の後押しを受けている。

ユダヤ資本との関係は、満天下さんの解説がなければ、私には判らない。
ともかく、レーガン以来、新自由主義一辺倒の政策を取ってきたことは確かである。

確かに、アメリカと言う国の、邪悪なところは全て持っている政党である。
オバマが就任以来目指している「国民皆保険制度」も「銃規制」も共和党の反対で進んでいないようである。
メンテ
ピューリタン達! ( No.5 )
日時: 2013/09/30 01:41
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:E4XVbsbE

アメリカ合衆国の保守とは何か!

400年前、メイフラワー号で新天地に向かったピューリタンは、斯くも身勝手で邪悪な精神の持ち主たちであったのであろうか。
ピューリタンとは、どのような人たちであったのか!

否、ピューリタンたちに、何が起こったのかと言う方が正しいかも知れない。

否、否

元々、ピューリタンには、ユダヤの影が付きまとっていたともいえる。

アメリカを検証することは、

人類の壮大なドラマを紐解く事になりそうである。
メンテ
Re: 邪悪也、アメリカ共和党 ( No.6 )
日時: 2013/09/30 06:04
名前: グッキー ID:pbwZn2Cs

アメリカは理想主義の国でも有ります。
戦争賠償を放棄した。
これは世界の歴史上画期的なことです。
略奪、強姦、賠償金、名前を変えても、勝った方が奪うのが
戦争でした。
それを放棄し、戦争による領土拡大などという野望を世界から
非現実的にしたのです。

主権在民という憲法も創りました。
日本人で主権在民という憲法を創れたでしょうか??

財閥解体、農地解放など結構良いこともしたんですよ。
しかし日本を操縦したいという輩もおりました。
CIAを中心とする勢力です。

アメリカはマッカーシー旋風の頃から大資本、大企業に
政治が支配されるように成って行ったのでしょう。
ニューディールを推進した、リベラルで自由な人々は
赤のレッテルを貼られパージされたと言います。

大資本、大企業の既得権者が共産主義、社会主義の台頭に
恐怖を覚えしたのでしょう。
ニューディールが上手く機能しなかったのも、これらの勢力のため
マネーを循環させるという思想、目的を持てなかったからではないかと
思います。

その赤狩りの手先と成ったのがハリウッドではレーガンです。
ケネデイもマッカーシーの支持者だったと言います。

現在は大資本、大企業にアメリカは支配されています。
企業献金無制限などというとんでもない国です。
大資本はユダヤと結びついています。

それで国民はアマゾンの例で示したように「仕事が有るだけ
ありがたいと思え」と言われ、奴隷労働をさせられようとしています。
労働需給の悪い状態が継続すれば、日本もアメリカも労働者は
賃金奴隷にされてしまいます。

何か最近は仕事が無いのが当たり前なのだ、賃金が下がって行くのは
仕方が無いのだと、刷り込みをやっているような気がします

ということで、バカ言ってるんじゃなよ〜と
3年目の浮気の浮気、でもどうぞ
http://www.youtube.com/watch?v=-TuFqVLDxZU
誰か、バカ言ってるんじゃないよ〜と替え歌創ってくれないかなー

アメリカは何処に行くのか皆目不明です。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存