ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1943] 名護市長選挙から学んだこと
日時: 2014/01/20 10:23
名前: 北の国から ID:.zfpviYo

 自民党が党大会を行った19日、沖縄県名護市の市長選挙の投票がおこなわれ、自民党が
なりふりかまわず金の力で沖縄のひとびとを愚弄しつづけてきた、その焦点のまっただなか
の地域で、自民党が敗北しました。
 当日投票では、稲峰氏約13000票、末松氏約6500票。期日前投票分は、稲峰氏約
7000票、末松氏約9000票、という内容でしょう。

 自民党は、石場幹事長、小泉進次郎氏などをはじめとするそうそうたる応援。
 石場氏は金のはなしがほとんど。小泉進次郎氏は「普天間をなくし、基地問題に決着を」
と演説していたそうです。

 沖縄の歴史と決意は、金の力をのりこえていたのでしょう。

 沖縄は、数値でみるかぎり、たいへんまずしい県にちがいありませんが、しかしこのまず
しさをつくってきたのが歴代の自民党政権であり、アメリカ政府の意向でもありました。
 自民党とアメリカが、いくら3000億円とか、500億円とかちらつかせても、沖縄の
ひとびとの、決意をゆがめることはできなかったのでしょう。

 末松氏に投票した名護市民にしても、そのほとんどは「新米軍基地建設」には反対の気持
ちだったにちがいありません。アメリカ政府と自民党が、こうした人々の気持ちをもてあそ
んだ、そういう結果だったにちがいありません。それだけに、アメリカと自民党政府の行為
は、極めて犯罪的なのです。

 沖縄の人びとは、貧しさのなかでも独自に産業、雇用の道を切り開いていくにちがいあり
ません。命をなによりも大切にしてきた沖縄の人びとには、そうした勇気があるのだと思い
ます。

 本土の人間としては、この生き方に学ばなければならないと思います。
「目先の金にだまされるな!大切なのは誇りある生き方。自律の道はある!」
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 名護市長選挙から学んだこと ( No.1 )
日時: 2014/03/25 02:28
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:0qmu.x4M

UP
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存