ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1984] 密室性の高い医療現場と患者の基本的権利
日時: 2014/04/12 02:41
名前: ID:1mnPM41A メールを送信する
参照: http://www.kyudan.com/cgi-bin/bbskd/read.cgi?mode=form

手術後、最初に不調を訴えた時からまともな答えをされたことがない。

手術前から嘘八百だったのである。

公開質問状に対しても、具体的な説明は一切ない。

密室での言葉に関しては、言った言わないの水掛け論になってしまうのだろうが、
提示を求めた手術件数などの数字も一切開示されていない。

すでに何十回、何百回も反芻してきたことなので、自分の中では解りきったことでも、
他人にはわかりにくいかもしれないので、すべて開示することにしました。

病気の経緯については、後回しにします。

理解しにくいところや、表現のまづいところを指摘していただけるとありがたいです。

堅気とは思えない対応への5年間の怒りが蓄積してかなり、けんか腰の表現になっていますが。



医療法人社団○○会                      平成26年3月14日
理事長××××殿
               公開質問状
                              患者 ☆☆☆☆               
                             昭和 ・年・月・日生

平成20年10月23日に聴神経腫瘍摘出手術を受けました。
退院後、手術の肝心の目的であっためまいは治らず、傷口・頭頂部・後頭部・耳たぶの付け根・
耳の中の強い痛みが続き、担当医の●医師と▲院長に訴えましたが、まともに取り合わないどころか、
手術前になされた説明(簡単な手術である、きれいにコロッと取れる、術後の痛みはほとんどない)
を言っていないと嘘をつき、大学病院への紹介状は『心因性である』と誘導する内容でした。
約5年間にわたって苦しめられ、再手術によって完治しました。
この間の貴病院の対応等について(患者の基本的権利として)、以下の点について質問いたしますので、
平成26年4月18日までに、文書による回答を求めます。
以下に関して、「その根拠」(エビデンス)を示してわかりやすく説明すること。

1. 手術について及び手術前と後の患者への説明について
 a) 術後半年以上経過して尚絶えず続く強い痛みが改善しなかった理由の説明と、
   説明を拒否された理由の説明を求めます。再手術の後の痛みは退院後二週間で消失しました。

  b) 貴病院での手術後5年間続いていたためまい(方向転換時に必ず起るめまい)
    が再手術の後、完治しました。めまいは心因性ではないことが明らかになりました。
    貴病院手術後のめまいの原因について説明を求めます。 

  c) 大学病院への紹介状はめまいの原因・痛みの原因を知りたいという患者の願いに反し、
   『心因性』という回答へと誘導する内容のものでした。大学病院では質問もさせてもらえず、
   鼻で笑われ、精神的にも著しく傷つけられました。これもまた患者への裏切りではないのか、説明を求めます。

  d) ▲院長に説明を求めた際、「命に関わらない限り説明の必要はない」との返答であったが、
   そもそも命に関わらない病気であり、治療を急ぐ必要のない病気であったにも拘らず
   「明日入院」と●医師に言われ急遽準備して入院しました。疼痛に関する説明はなく、
   予期しない強い痛みが改善しない場合、説明を求めるのは当然ではないのか。
   命に関わらなくても説明の義務がある筈です。院長の対応について正しいとお考えですか。

e) 院長の暴言について
   痛みの原因について説明を求めた際、「子供を産んだことはあるか」といきなり尋ねられました。
  手術の前に子供はいない旨伝えていました。子供を産んだことがあって、いま子供がいないということは
   子供が死んだか、殺されたか、自殺したかです。いずれにしても、いやがうえにも患者を苦しめる言葉です。
 「痛みの感じ方は人によって違う」と言うために子供を産んだ経験があるかという質問をわざわざする必要が
   あるでしょうか。必要のない言葉を使ってまで患者を苦しめたい動機とは何なのか説明を求めます。
  「痛みの原因を知りたいというような性格は改めるべきだ」、こんな対応が協立病院の常の姿ですか。
 このことはその後受診したすべての病院で話しました。親戚の医大教授にも話しました。
 まともな対応がされていれば多くの医師にこんなことを話さずに済んだのです。
  「そんなことは言っていない」という嘘は通用しません。
 
 f) めまいの症状について
   術後めまいが治らないのを見てから、「原因不明で方向転換時のみめまいが起る患者はたくさんいる」と
   ●医師から言われたが、そのような患者がどれほどいるのか、証拠(データ)を示しての説明を求めます。
   また、事実なら術前に告げるべきです。

g) 手術前の説明@、Aが標準的な説明と言えるか。

@MRI検査結果の説明(腫瘍の大きさ・形状・治療法)
 9×13mmのオタマジャクシの形の腫瘍である。(写真一枚だけ示しての説明)
 簡単な手術できれいにコロッと取れる。これにより手術の予約をしました。
これで必要かつ十分といえるでしょうか。

 Aインフォームドコンセント時の説明について、患者が判断するための十分な情報であったか、
   意図的に手術へと誘導するために、必要な情報をあえて提供しなかったのではないのですか。

・「顔面麻痺発生率は4%だが、この病院ではもっと少ない」・・・
  具体的な数字を出さずに4%以下とだけ言うのは意図的に誤解させるものです。
  いかにも名医であるかの如き言葉です。名医であると信じて手術を決意しました。
    2003年からの貴病院における聴神経腫瘍手術件数と顔面麻痺件数の開示を求めます。  
   
・ めまいは治るかと尋ねたら「治る」との回答により手術を決意しましたが、
騙しおおせる自信があったためですか、ICに記入しなかったのは、証拠を残さないためですか。

  ・術後の痛みについての質問に対しては、大した痛みはないとの答でした。
「腰痛のほうがつらいと言う患者さんのほうが多いくらいだ」との回答でしたので、
 手術を決意しました。術後、痛みが強く、氷枕を求めたが、「氷枕はない」と言われました。
 その後昼夜、 氷枕が必要でした。なおかつ、鎮痛剤としてデパスを服用しました。
    普通はこの手術の後には痛みはないものですか、手術へと誘導させるためになされた嘘の説明だった
のですか。疼痛に関しては手術の前に説明する必要があります。この点に関して説明を求めます。

   ・ICに神経損傷という言葉が記入されていますが、神経損傷するとどんな結果が出来するのか(顔面神経麻痺以外に)、
 その確率など、説明が全くなされていません。説明を失念していたのか、それとも意図的にしなかったのか、
 説明を求めます。

・ガンマナイフに関する説明がありませんでした。複数の治療方法がある場合は、
 それぞれのメリットとデメリットを説明する義務がある筈です。ガンマナイフなら二泊三日で済み、
    退院の当日から元の生活を続けることが出来たのです。なぜこのような大事な情報を患者に伝えなかったのですか。
 5年という歳月を失ったことに対してどう責任をとるおつもりでしょうか。

  ・「術後1カ月で仕事復帰は一番うまくいった場合だ」と術後になって言うのは無責任です。
  詐欺的手法で手術へと誘導したのですか。

  h) 執刀医に関して、辻医師より
「院長と二人で執刀する」との回答があり、何度も確認しました。手術前日にも●医師と▲院長が
   病室まで手術の件で来室ありましたが、△医師は顔を合わせたこともなく、言葉を交わしたこともありません。
   知り合いの医大教授・マスコミ関係者の名刺を持っていましたが、辻医師が名医であると信じてセカンドオピニオンを
   放棄して、手術を決意しました。△医師による執刀を隠蔽したことについて、説明を求めます。

 i) 聴力の6〜7割は残すことが出来る大きさの腫瘍であったのに、説明がなかったこと及び手術により
   聴力がなくなったことについて説明を求めます。


2. 2008年10月23日に実施された手術の評価について
 a) 手術前に当該手術に関する「手術検討会」を実施している筈です。
   その記録および検討会に参加したメンバーを開示すること。

 b) 当該手術の後、手術の結果をどう評価していたのか、その記録を開示すること。

3. 聴神経腫瘍摘出手術はどこで調べても「難しい手術」とされています。
●医師が当該手術を簡単な手術だと判断した根拠を示すこと。

4. 術後のさまざまの症状発現に関する△医師の見解を求めます。

5. △医師の手術の経験(実績)の開示を求めます。

6. 手術録画ビデオの開示を求めます。

7. なお、回答の内容によっては、この質問状を監査指導機関及びマスコミなどに公開することも検討しています。

                                                以上


    住所
            名前 ☆☆☆☆



私の推測では、院長が、この△医師(女医)に手術をさせたのでしょう。
この病院の医師募集のビデオの中で、△医師が院長への感謝の言葉を述べていたのが、
不自然なくらいに感じました。また他の医師が『この病院は脳血管がメインだ』とも言っていました。
脳腫瘍の経験は、あまりないのではないかと思います。

2011年3月にカルテ入手した際、『この病院は脳血管がメイン』だと医師募集のビデオの中で
紹介されていたと言ったら、『それは保存したのか』と尋ねられましたが、『PC始めたばかりで
保存の仕方が解らないので、保存はしていない』と答えたら、その後すぐに消去されていました。
偶然かもしれませんが。
△医師は2010年までに辞めた(結婚して専業主婦になった)そうです。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

北の国から 様、ありがとうございます。 ( No.37 )
日時: 2014/05/12 05:39
名前: ID:1mnPM41A メールを送信する
参照: http://www.kyudan.com/cgi-bin/bbskd/read.cgi?mode=form

北の国から 様

まことに、行き届いたご配慮に、ただ感謝あるのみでございます。

お恥ずかしいことに、そこまで気が付きませんでした。

私の頭が呆けてしまったのでしょうか。

もともと呆けていたので、付け込まれたのでしょうか。(笑)

ひな形の主旨、理解できました。ありがとうございます。

メンテ
Re: 病院のゴマカシは必ず綻びがでます ( No.38 )
日時: 2014/05/01 10:14
名前: 北の国から ID:6t/IbuHk

 碇さま。

 お疲れさまです。

 この掲示板は、決して有名なものでは(今のところは)ないのですが、お気づきの
ように、その投稿の内容のレベルの高さ、具体性とオリジナリテイー、そして何より
も、おおくの投稿者のみなさんと管理人さんのあたたかい人間性という点や、掲示板
そのものを言われなく攻撃することに対し、非常に適切に戦闘的にたたかうという点
では、日本の多くの掲示板のなかで、群をぬいた水準だと思います。

 もちろん、碇さまと、わたしの公開のやりとりを「当該病院」の関係者がたどりつ
いて、必死に読んでいるかもしれません。

 しかし、そんなことも、とうの昔から想定して、気を配りながら、同時に、そうい
うひとたちの問題提起も意図的に織り交ぜています。

 そういう意味では、この掲示板は、はかり知れないパワーのあるものと思います。

 このスレッドにしても、全国200人以上のかたが、1000回以上もみてくださ
っているのですね。

 病院のごまかしと対応するのは、一般的には困難なものですが、そのことを改めて
もらうとりくみは、碇さまご本人の問題であるだけでなく、日本社会全体に大きな意
義をもたらすという中身があるのかもしれませんね。
メンテ
『セカンドオピニオン外来』が開設されていた ? ( No.39 )
日時: 2014/05/05 00:52
名前: ID:L2BvGyhk メールを送信する
参照: http://www.kyudan.com/cgi-bin/bbskd/read.cgi?mode=form

当該病院のホームページで見つけました。 (セカンドオピニオン外来が平成17年に開設されていた)


私は、何度も「勇気を出して」、顔面麻痺のことや、予後のこと、傷の痛みのことなどを
訊いたのに、説明は嘘のオンパレードでした。
受付で、MRIのコピーを申し込む ⇒ 『先生に直接言って下さい』と断られる 
⇒ 診察室では『簡単な手術できれいにコロッと取れる』
さらにインフォームドコンセントのときにも確認 ⇒ 次週に予定されていた手術が ”明日入院”に変更。


 ********************************************


患者さまへ
セカンドオピニオン外来
○○○○脳神経外科病院
△△ △△ 院長 
 

今、医療の社会的な立場が、少しずつ変わり始めています。患者様自身に十分理解し納得した医療を
受けて頂くために、インフォームドコンセント(説明と同意)が医療現場に取り入れられました。また、
医療技術の急速な進歩に伴い、自分の病気に対して自らその治療方針を決定したいという「患者の権利」
に対する認識が高まり、同時に、他の医師の意見を聞く「セカンドオピニオン」に対する要望も高まって
きました。この様な患者様のニーズにお答えするため、○○○○脳神経外科病院では、平成17年7月より
「セカンドオピニオン外来」を開設致しました。
もともと「セカンドオピニオン」という言葉は、欧米において保険会社が保険医療費削減の目的に作られ
た制度からきています。それは、保険会社が、主治医以外の専門医が主治医の治療法に対して同意しなけ
れば、治療費を払わないという仕組みです。この別の専門医の意見というのが「セカンドオピニオン」と
いう言葉です。しかし、日本では「セカンドオピニオン」という言葉のみが本来の意味を離れて一人歩き
し、まるで駆け込み寺のようなイメージが広がったのも事実です。
そこで、当院では、「セカンドオピニオン外来」を設置するにあたり、

1.患者様中心の開かれた医療を目指し、患者様自身による治療法の選択・決定に協力する。

2.主治医と患者様およびその御家族との信頼関係を強固にする。

の2点を最重要目的と致しました。

この目的を達成するためには、まず現在の主治医の話(ファーストオピニオン)を、良く聞いて理解して
頂かなければなりません。日本人の患者様の多くは医師に積極的に質問しない傾向が顕著ですし、医師の
方も患者様がうなずけば理解して頂いたものと考えがちですので、形ばかりのインフォームドコンセント
になってしまっていることが多々ありますが、自分の命に関する重要なことですから、わからないことは、
「ちょっと勇気を出して」遠慮せずに聞いて頂きたいと思います。ファーストオピニオンを十分理解しな
いで、セカンドオピニオンは存在しないということを御理解下さい。
これらの点を踏まえ、当院のセカンドオピニオン外来は以下の基本方針で運営させていただきますので
よろしくご協力をお願いします。

1.患者様及びその御家族がセカンドオピニオンを希望される場合、現在治療を受けておられる医療機関の
医療情報(画像データ・検査所見・治療方針等)をお持ちください。


2.当院では、原則として検査・投薬等の治療行為は行いません。ただしご提供頂いた情報のみで正確な
判断がつきかねる場合はこの限りではありません。


3.セカンドオピニオンとしてお話させていただいた内容は、文書にて現在治療を受けておられる主治医に
ご報告いたします。今後の治療方針については、現在の主治医とよくご相談の上お決め下さい。


4.「治療選択の支援」と、「信頼関係の構築」を目的としているため、今までに行われた治療に対する
セカンドオピニオンは相談対象とはなりません。


医療費、医療給付に関する相談は、院内の『医療福祉相談室』をご利用下さい。
また当院の患者様でセカンドオピニオンをご希望の場合も同様に対応させて頂きますので主治医にご遠慮
なくお申し付けください。

ご相談の留意事項
申し込み予約方法




個人情報保護について サイトマップ

このページの先頭へ戻る

Copyright (c) 2007 KOYUKAI - GROUP. All rights reserved.
メンテ
Re: 怪しげなサプリメントほど宣伝に金をかける ( No.40 )
日時: 2014/05/04 21:28
名前: 北の国から ID:B5LqWZnI

 碇さま。

 世の中に激しく出回っているサプリメント。
(もちろんまじめにとりくんでいるところもあるのでしょうが)

 怪しげなところほど、宣伝にはお金をかけ、耳触りのいいことばで商品の
拡大をめざしていますが、このセカンドオピニオンも、そうした動機が(も
しかすると当事者は気づいていないのかもしれませんが)あるのでしょう。

 一般的には「盗人猛々しい」という気がしますが、たぶん、こういう業界
にはおおいにあり得ることなのでしょう。

 大切なことは、声を大きくして「セカンドオピニオン」を宣伝することで
はなく、日常診療のごくありふれた普通の場面で「医師と患者の信頼を大切
にする」「患者のたちばにたつ」などを、どうつらぬいてきているか、とい
う、自己点検能力があるか、そういう問題での自浄作用を発揮できるような
病院内の「民主的な管理運営」が日ごろからできているか、ということです
ね。
メンテ
Re: 密室性の高い医療現場と患者の基本的権利 ( No.41 )
日時: 2014/05/04 22:19
名前: 北の国から ID:B5LqWZnI

 それにしても「わからないことは、ちょっと勇気を出して聞いてください」などと
恥ずかしげもなく書いているものです。

 医師は、「ミスを隠さずに、ちょっと勇気をだして真実を話してください」と言い
たくなりますね。
メンテ
院長ごあいさつ 『患者さま本位の最高の医療を』 ( No.42 )
日時: 2014/05/12 05:10
名前: ID:1mnPM41A メールを送信する
参照: http://www.kyudan.com/cgi-bin/bbskd/read.cgi?mode=form

いつも、素早いお返事ありがとうございます。

もうひとつ、面白いものを見つけました。(笑えるくらい面白いです)
これは、第一回目の「公開質問状」に対応して書かれたのかのような内容だと思います。


 ***********************************


院長ごあいさつ

当院が目指すものはただ一つ、
患者さまに患者様本位の最高の医療を
提供することです。

○○○○脳神経外科病院のホームページにようこそ。

当院は名前が示すように脳神経外科を中心として、外科、整形外科、形成外科、麻酔科、
内科(消化器・内分泌)、循環器科、神経内科、放射線科、リハビリテーション科、
リウマチ科からなる急性期病院で、24時間体制で皆様の救急に対応しており、
月間約300台前後の救急搬入を担っています。他医からの紹介率も40%超と高く、
当院の治療内容と成績を評価していただいた結果と誇りに思っています。
当院が目指すものはただ一つ、患者様に患者様本位の最高の医療を提供することです。
患者様へのサービスの向上はもちろんですが、肝心の医療がおろそかにならないよう、
以下の点を特に重視しています。




脳神経外科病院の取り組み

1.医療技術と知識の向上

 これは患者様の命を預かる以上当然のことです。昨今は手術数、あるいは手術成績
 だけで病院を評価する風潮がありますが、これには問題も含まれています。数は確
 かに重要な要素ではあるのですが、数を増やさんがために不必要な手術をしたり、
 適応を無視して手術をしたり、さらには手術をやりっ放しで術後のケアがおろそか
 になるようではかえってマイナスです。また成績を上げんがために重症例に手を出
 さない病院があるとも聞きますが、重症例を見捨てるようでは本末転倒と言わざる
 を得ません。週刊誌で紹介されるとこれらの数字だけが一人歩きしてしまいますが、
 実際にどのような症例を治療しているのか、その結果として成績がどうなのか、が
 重要です。地域で開業しておられる先生方は、数字に表れない情報も含めて総合的
 に把握しておられるので、その先生方の評判は病院の信頼性を測る最も確かな尺度
 だと思っています。
 当院は、救急搬入300台/月という多くの重症患者様(当然患者様を選択することは
 できません)を対象として、基準を十分に満たす手術数を行い、地域の先生方に
 評価していただける成績を残しております。さらに充実したカンファレンスを定期的
 に行うことで、個々のケースを十分に吟味し、その経験をスタッフ全員が共有する
 ことで、一つの手術を何倍にも活かしながら、スタッフの医療技術の向上を図っています。

2.十分な説明と納得していただいた上での同意

 最近よくインフォームドコンセント(説明と同意)という言葉を耳にされることと
 思いますが、当院ではインフォームドコンセントでは不十分であると思っております。
 と申しますのも身内のご病気などで気が動転しておられる場合には、こちらが十分に
 ご説明したつもりでも十分に理解していただいていない場合がおうおうにして見られる
 からです。当院では単にご説明するだけではなく、十分納得していただいた上で治療を
 進めて参ります。

3.新しい情報の発信

 当院が、患者様の治療を通じて経験したことは、多くの医療関係者のみならず、患者様
 にも還元すべきものと考えております。このような観点から、新しい治療法や手術器具
 の開発、様々な臨床研究などに積極的に取り組んでおり、これらの成果の多くは国内外
 の有名雑誌に掲載(論文のご紹介)されております。また2003年からは創薬センターを
 立ち上げ、新薬の治験に取り組んでおります。

4.医師、看護師、コメディカルの教育および市民講座

 職員一同が積極的に学会やセミナーに参加し、新しい知識の向上に努めています。
 対外的な学術活動として、いろいろな学会で発表する以外に、県内あるいは全国レベルの
 学会なども主催(学会等のご紹介)しております。また年6回程度市民講座を開催し、
 地域住民の方の健康に対する啓蒙を図っております。協力型臨床研修病院として研修医の
 教育を、さらには大阪医科大学、兵庫医科大学の主関連病院として若手医師の教育を担う
 とともに、西宮医師会看護学校の実習施設、西宮市消防局救急救命士の研修施設でもあります。




個人情報保護について  サイトマップ

このページの先頭へ戻る

         Copyright (c) 2007 KOYUKAI - GROUP. All rights reserved.

 *****************************************


救急搬入300台/月 と書いているのに、手術件数は書かない。
手術件数だけで評価は出来ないから書かないというのは、要するに書きたくないと言うだけのこと。
判断は患者がすることです。 近所の薬局の話では、『あの病院は手術の件数は多い』とのことでした。
件数だけ出して、成績を訊かれると困るので件数も出さないことでしょう。


体調は、だいぶ良くなってきました。
北の国から様の支えがあったればこそだと、本当に感謝しています。
お陰さまで、抗鬱薬は一週間ほど前に、やめました。
血圧上昇も、薬の副作用だったかもしれません。

[ 鬱病の薬をやめたら体調が良くなったという話を聞いたことがあったからです。
 ロシアのピアニストで1990年代に亡くなったリヒテルが、調子が悪くて医師から処方された抗鬱薬を
 飲んでいたが、全然よくならないので、やめたら元気になった、と。
 傑出したピアニストでしたからどんな事情があったか分かりませんが、抗鬱薬なんて、本当はどうなんでしょう・・・? ]

質問状は、連休明けに、配達記録郵便で送付する予定です。




メンテ
患者さま本位の最高の医療を目指す病院の”冷たい対応” ( No.43 )
日時: 2014/05/05 02:26
名前: ID:L2BvGyhk メールを送信する
参照: http://www.kyudan.com/cgi-bin/bbskd/read.cgi?mode=form

ネット上で見つけました。当該病院の冷たい対応が書かれていました。

***********************************************************

社会保険神戸中央病院の評判・実績・口コミ - 兵庫県神戸市北区
Caloo 圧倒的な情報量から探せる病院口コミ検索サイト
8人中 6人が、この口コミが参考になったと投票しています


神戸社会保険病院

西宮の某脳神経外科病院に、寝たきりの父が黄疸がでて救急車で、かかりつけ、

という理由で運ばれました。かなり苦しそうなのに、その病院は何の処置もせず、

覚悟してください、というだけでした。

祖父が当時97歳で、たまたま数ヶ月前結石になり、こちらの病院で手術を

受けるとのことで仕事先に母の同意が必要で電話があったのを思い出し、

親族一同一度本当に死を覚悟したのですが、電話で相談をしてみたところ、

どうなるかわからないが診て上げましょう、ということになりました。

[医師の診断・治療法]

父は寝たきり、失語の状態の脳梗塞患者。

黄疸が出ていて予断を許さない状態でしたが(無処置の病院では数日でだめだと

いわれている状態)、医師と看護師同伴で救急搬送、親族も追走し、病院へ到着

と同時に、各科のエキスパート医師が3名ほどで対応してくださり、その日のうちに

手術が行われました。カテーテルを首側と足の付け根側から入れて、結石を取り除い

てくださり、結局2ヶ月ほど入院しましたが今も自宅で療養しており生きております。

とにかく、何とかしてあげよう、助けてあげよう、と言う心意気と、すばやい対応、

技術のお陰で今の父があると思います。

[感想・費用・待ち時間・看護師などスタッフの対応]

祖父、父ともに助けて頂き、何も申し上げることはない素晴らしい病院だと思います。

設備、技術以前に、苦しんでいる人を助けてあげたい、という気持ちが伝わるかどうか、

医師、病院という所はそこでよいかどうか分かれると思います。

寝たきりの状態で、メスを入れたら何があるか解らない、と、何もしなかった既出の某院は、

なにも できなかった だけでしたが、対照的な対応でした。

相談しなければ父は亡くなっていました。

投稿時期: 2012年07月  この口コミは参考になりましたか? (ログイン不要) は い  いいえ

メンテ
Re: 密室性の高い医療現場と患者の基本的権利 ( No.44 )
日時: 2014/05/05 10:42
名前: 北の国から ID:8mnl5TyE

 碇さま。

 いろいろ貴重な情報をありがとうございます。

 「患者さま」という呼び方を実施している病院がありますが、ボクは社会通念上も
ひろく定着している「患者さん」にすべきです。

 患者に対する医療従事者の接し方、信頼関係、患者のたちばにたつことは、「様」
をつけることによって深まることはありません。
 「人間としてどう見るか」(人間観)、「患者と医療従事者との関係をどうみるの
か」(患者間)、「病気というものを、人間の全体からとらえることができるか」
(疾病観)というものが、日常的にあらゆる場面で、くりかえしくりかえし職員が教
育されていなければ「単なる言葉のかざり」です。しかも「患者さま」などは、国語
のうえでも不自然ですね。

 したがって「患者さま」という言葉を職員にあえて使わせている病院は、あまり信
用できない場合が多いのではないでしょうか。

 薬をたくさん出す病院も疑問ですね。
 確かに、高血圧、糖尿病などの慢性の病気は薬でコントロールしなければならない
ケ-スが少なくないのでしょうが、大病院から特別養護老人ホームに移ってきた患者
の薬を(特養の施設長がベテランの医師で)全部やめたところ、徐々に元気をとりも
どした、という報告を聞いたことがあります。

 厚生労働省の「安あがりの医療政策」のなかで、病院の経営のために薬をたくさん
だすこともありうるのでしょが、そんなことばかりしていると医業というものが、住
民の信頼をどんどんそこなってしまうことになってしまいます。
メンテ
わざわざ不自然なことを書くこと自体が後ろめたさを裏書きしている ( No.45 )
日時: 2014/05/07 07:03
名前: ID:Ex.en.KU メールを送信する
参照: http://www.kyudan.com/cgi-bin/bbskd/read.cgi?mode=form

1)「医師募集のビデオ」は保存したのか・・・何故こんな質問をする必要があったのか、
そもそも不自然である。医師募集のビデオが医師以外に見られては都合が悪いということだ。
保存していないと答えたので、何を言っても水掛け論になると、高をくくっている。 
もしビデオがあると言ったら、どうするつもりなのだろうか。
デタラメな説明も録音がある、院長の暴言も録音がある。

もし、証拠が出たら、どう反論するつもりなのだろうか。
面の皮千枚貼り・・・病院側には何一つ非はない、と開き直るか。

 医師には、「もっとアグレッシブにやっていい」と言い、
同時に病院のホームページでは、
「数を増やさんがために不必要な手術をしたり、適応を無視して手術をしたり、さらには手術を
やりっぱなしで術後のケアがおろそかになるようではかえってマイナスです」とか
「セカンドオピニオンを勧める」などと正反対のことを書いている。
やはりペテン師、あるいは病的な嘘つき。



2)「この患者は手術目的で入院した」とわざわざ大学病院への診療情報提供書に書くこと自体、
みずからこの手術に対する後ろめたさを暴露しているのである。

「この患者は手術目的で入院した」と記入 ← 「検査目的だけで来た病院であったのに、簡単な
手術であり、予後も一カ月で仕事復帰、等々の説明をされたので、信じて手術を決心した」と
院長に言ったので、わざわざ書いたのだ ・・・ 分かりやすい反応。


 *******************************


「各国の医師の職業倫理」という記事を見つけたのですが、かなり長いものです。

http://www.fine.bun.kyoto-u.ac.jp/tr4/NLsasaki.pdf

ひとつ、気になったことがありました。

懲戒規定を持つ団体(強制加入)が、英・仏・独・米 にはあるが、日本にはないということです。



  
メンテ
質問状(2)送付致しました。 ( No.46 )
日時: 2014/05/11 18:42
名前: ID:d.WZpmas メールを送信する
参照: http://www.kyudan.com/cgi-bin/bbskd/read.cgi?mode=form

北の国から様
5月8日に、公開質問状(2)を送付致しました。
一人ではとても出来ないことでした。改めてお礼申し上げます。
ひとりで、憤激して、近視眼的になっていました。

事の本質からは少しズレますが、病院の収入について(お金のこと)を
大雑把に開示します。

病院の収入(手術料・麻酔料・差額ベッド代のみで)
当該病院(手術時間 6:20)・・・ 再手術した病院(12時間)
手術料 :  956,000 ・・・・・・ 1,477,000
麻酔料 :  151,570 ・・・・・・・ 197,980
差額ベッド : @2,000 ・・・・・・・・0(トイレ・洗面所が各部屋にあり)
リハビリ   なし ・・・・・・・・66,150
*高額療養費につき、患者の負担は極めて低いものでした。
当該病院では差額ベッドの4人部屋にトイレも洗面所もなし。
 差額ベッドの部屋にしか、冷蔵庫がなかったのです。→ 1日の冷蔵庫使用料が \2,000 ということ。

再手術の後のガンマナイフ治療 : 567,240 + 入院料等 52,020

再手術の必要がなかったら、再手術とガンマナイフで約2,300,000円は
必要なかったわけです。(保険の無駄使い)
1回のガンマナイフのみで治療を済ませることが出来た場合と比較すると、
不要な2回の手術とリハビリで、2,848,700円以上が無駄に使われたことになります。

そして、患者の時間、身体的負担は比較になりません。
何よりも精神的ダメージは致命的とも思えるものです。

保険が使えない場合には、医師は必ず、費用の説明もする義務がある筈ですし、
意図的に手術へと誘導することは、詐欺と断定されても仕方ないと思います。

5年間心身傷つけられ、魂のレベルにまでダメージを受けることを考えれば、
保険なしで、300万円支払ってまともな治療を受けるほうが余程良かった。

患者を虫けら以下にしか見なさないペテン医者による被害を無視する国が、
平和国家日本の正体なのですか。 悲しいですね。

被害はどんな被害も取り返しがつかない。だからといって、統計もとらない
(死亡例しか届け出の必要ない)とは・・・
助かるのが奇跡的といえるような場合でも、死亡例だけは届け出るとはなんという
偽善・瞞着。 政治家と医師会との狎れ合い。国民を騙すためのアリバイ作り。

 当分は、雑用などで、頭を空っぽにして過ごしたいと思っています。
とりあえず、御報告まで。

 今後もどうかよろしくお願い申し上げます。    碇。


メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存