ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1984] 密室性の高い医療現場と患者の基本的権利
日時: 2014/04/12 02:41
名前: ID:1mnPM41A メールを送信する
参照: http://www.kyudan.com/cgi-bin/bbskd/read.cgi?mode=form

手術後、最初に不調を訴えた時からまともな答えをされたことがない。

手術前から嘘八百だったのである。

公開質問状に対しても、具体的な説明は一切ない。

密室での言葉に関しては、言った言わないの水掛け論になってしまうのだろうが、
提示を求めた手術件数などの数字も一切開示されていない。

すでに何十回、何百回も反芻してきたことなので、自分の中では解りきったことでも、
他人にはわかりにくいかもしれないので、すべて開示することにしました。

病気の経緯については、後回しにします。

理解しにくいところや、表現のまづいところを指摘していただけるとありがたいです。

堅気とは思えない対応への5年間の怒りが蓄積してかなり、けんか腰の表現になっていますが。



医療法人社団○○会                      平成26年3月14日
理事長××××殿
               公開質問状
                              患者 ☆☆☆☆               
                             昭和 ・年・月・日生

平成20年10月23日に聴神経腫瘍摘出手術を受けました。
退院後、手術の肝心の目的であっためまいは治らず、傷口・頭頂部・後頭部・耳たぶの付け根・
耳の中の強い痛みが続き、担当医の●医師と▲院長に訴えましたが、まともに取り合わないどころか、
手術前になされた説明(簡単な手術である、きれいにコロッと取れる、術後の痛みはほとんどない)
を言っていないと嘘をつき、大学病院への紹介状は『心因性である』と誘導する内容でした。
約5年間にわたって苦しめられ、再手術によって完治しました。
この間の貴病院の対応等について(患者の基本的権利として)、以下の点について質問いたしますので、
平成26年4月18日までに、文書による回答を求めます。
以下に関して、「その根拠」(エビデンス)を示してわかりやすく説明すること。

1. 手術について及び手術前と後の患者への説明について
 a) 術後半年以上経過して尚絶えず続く強い痛みが改善しなかった理由の説明と、
   説明を拒否された理由の説明を求めます。再手術の後の痛みは退院後二週間で消失しました。

  b) 貴病院での手術後5年間続いていたためまい(方向転換時に必ず起るめまい)
    が再手術の後、完治しました。めまいは心因性ではないことが明らかになりました。
    貴病院手術後のめまいの原因について説明を求めます。 

  c) 大学病院への紹介状はめまいの原因・痛みの原因を知りたいという患者の願いに反し、
   『心因性』という回答へと誘導する内容のものでした。大学病院では質問もさせてもらえず、
   鼻で笑われ、精神的にも著しく傷つけられました。これもまた患者への裏切りではないのか、説明を求めます。

  d) ▲院長に説明を求めた際、「命に関わらない限り説明の必要はない」との返答であったが、
   そもそも命に関わらない病気であり、治療を急ぐ必要のない病気であったにも拘らず
   「明日入院」と●医師に言われ急遽準備して入院しました。疼痛に関する説明はなく、
   予期しない強い痛みが改善しない場合、説明を求めるのは当然ではないのか。
   命に関わらなくても説明の義務がある筈です。院長の対応について正しいとお考えですか。

e) 院長の暴言について
   痛みの原因について説明を求めた際、「子供を産んだことはあるか」といきなり尋ねられました。
  手術の前に子供はいない旨伝えていました。子供を産んだことがあって、いま子供がいないということは
   子供が死んだか、殺されたか、自殺したかです。いずれにしても、いやがうえにも患者を苦しめる言葉です。
 「痛みの感じ方は人によって違う」と言うために子供を産んだ経験があるかという質問をわざわざする必要が
   あるでしょうか。必要のない言葉を使ってまで患者を苦しめたい動機とは何なのか説明を求めます。
  「痛みの原因を知りたいというような性格は改めるべきだ」、こんな対応が協立病院の常の姿ですか。
 このことはその後受診したすべての病院で話しました。親戚の医大教授にも話しました。
 まともな対応がされていれば多くの医師にこんなことを話さずに済んだのです。
  「そんなことは言っていない」という嘘は通用しません。
 
 f) めまいの症状について
   術後めまいが治らないのを見てから、「原因不明で方向転換時のみめまいが起る患者はたくさんいる」と
   ●医師から言われたが、そのような患者がどれほどいるのか、証拠(データ)を示しての説明を求めます。
   また、事実なら術前に告げるべきです。

g) 手術前の説明@、Aが標準的な説明と言えるか。

@MRI検査結果の説明(腫瘍の大きさ・形状・治療法)
 9×13mmのオタマジャクシの形の腫瘍である。(写真一枚だけ示しての説明)
 簡単な手術できれいにコロッと取れる。これにより手術の予約をしました。
これで必要かつ十分といえるでしょうか。

 Aインフォームドコンセント時の説明について、患者が判断するための十分な情報であったか、
   意図的に手術へと誘導するために、必要な情報をあえて提供しなかったのではないのですか。

・「顔面麻痺発生率は4%だが、この病院ではもっと少ない」・・・
  具体的な数字を出さずに4%以下とだけ言うのは意図的に誤解させるものです。
  いかにも名医であるかの如き言葉です。名医であると信じて手術を決意しました。
    2003年からの貴病院における聴神経腫瘍手術件数と顔面麻痺件数の開示を求めます。  
   
・ めまいは治るかと尋ねたら「治る」との回答により手術を決意しましたが、
騙しおおせる自信があったためですか、ICに記入しなかったのは、証拠を残さないためですか。

  ・術後の痛みについての質問に対しては、大した痛みはないとの答でした。
「腰痛のほうがつらいと言う患者さんのほうが多いくらいだ」との回答でしたので、
 手術を決意しました。術後、痛みが強く、氷枕を求めたが、「氷枕はない」と言われました。
 その後昼夜、 氷枕が必要でした。なおかつ、鎮痛剤としてデパスを服用しました。
    普通はこの手術の後には痛みはないものですか、手術へと誘導させるためになされた嘘の説明だった
のですか。疼痛に関しては手術の前に説明する必要があります。この点に関して説明を求めます。

   ・ICに神経損傷という言葉が記入されていますが、神経損傷するとどんな結果が出来するのか(顔面神経麻痺以外に)、
 その確率など、説明が全くなされていません。説明を失念していたのか、それとも意図的にしなかったのか、
 説明を求めます。

・ガンマナイフに関する説明がありませんでした。複数の治療方法がある場合は、
 それぞれのメリットとデメリットを説明する義務がある筈です。ガンマナイフなら二泊三日で済み、
    退院の当日から元の生活を続けることが出来たのです。なぜこのような大事な情報を患者に伝えなかったのですか。
 5年という歳月を失ったことに対してどう責任をとるおつもりでしょうか。

  ・「術後1カ月で仕事復帰は一番うまくいった場合だ」と術後になって言うのは無責任です。
  詐欺的手法で手術へと誘導したのですか。

  h) 執刀医に関して、辻医師より
「院長と二人で執刀する」との回答があり、何度も確認しました。手術前日にも●医師と▲院長が
   病室まで手術の件で来室ありましたが、△医師は顔を合わせたこともなく、言葉を交わしたこともありません。
   知り合いの医大教授・マスコミ関係者の名刺を持っていましたが、辻医師が名医であると信じてセカンドオピニオンを
   放棄して、手術を決意しました。△医師による執刀を隠蔽したことについて、説明を求めます。

 i) 聴力の6〜7割は残すことが出来る大きさの腫瘍であったのに、説明がなかったこと及び手術により
   聴力がなくなったことについて説明を求めます。


2. 2008年10月23日に実施された手術の評価について
 a) 手術前に当該手術に関する「手術検討会」を実施している筈です。
   その記録および検討会に参加したメンバーを開示すること。

 b) 当該手術の後、手術の結果をどう評価していたのか、その記録を開示すること。

3. 聴神経腫瘍摘出手術はどこで調べても「難しい手術」とされています。
●医師が当該手術を簡単な手術だと判断した根拠を示すこと。

4. 術後のさまざまの症状発現に関する△医師の見解を求めます。

5. △医師の手術の経験(実績)の開示を求めます。

6. 手術録画ビデオの開示を求めます。

7. なお、回答の内容によっては、この質問状を監査指導機関及びマスコミなどに公開することも検討しています。

                                                以上


    住所
            名前 ☆☆☆☆



私の推測では、院長が、この△医師(女医)に手術をさせたのでしょう。
この病院の医師募集のビデオの中で、△医師が院長への感謝の言葉を述べていたのが、
不自然なくらいに感じました。また他の医師が『この病院は脳血管がメインだ』とも言っていました。
脳腫瘍の経験は、あまりないのではないかと思います。

2011年3月にカルテ入手した際、『この病院は脳血管がメイン』だと医師募集のビデオの中で
紹介されていたと言ったら、『それは保存したのか』と尋ねられましたが、『PC始めたばかりで
保存の仕方が解らないので、保存はしていない』と答えたら、その後すぐに消去されていました。
偶然かもしれませんが。
△医師は2010年までに辞めた(結婚して専業主婦になった)そうです。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 密室性の高い医療現場と患者の基本的権利 ( No.27 )
日時: 2014/04/27 01:49
名前: 北の国から ID:vOjMDCDU

 ○○○○ 病院
 院長 ○○○○ 様                ○○○○年○月○日
                          患者 ○○ ○○
                          ○○○○年○月○日生まれ

                公開質問状

 1、
 日頃の貴病院の地域医療等へのさまざまな努力に敬意を表します。
 さて、わたしは貴病院にて、2008年10月23日に手術を受けました。
 その手術の後に発生した症状等について疑問があり、貴病院外来等で質問をさせていただきまし
たが、とうてい理にかなった説明がおこなわれませんでした。

 ご承知のように、過日、上記に関して貴病院の設立法人であるところの○○○○の理事長○○○
○様宛に、質問状を送付させていただき、先日、回答をいただきました。

 医療は言うまでもなく、患者と医療機関の契約によって行われ、それは医師法、医療法、健康保
険法などさまざな法的制限のもとに実施されるものでありますが、なによりも重要な要素は、患者
と、医療機関の信頼関係です。
 医師という高い専門性をもつ業種が、基本的には住民から高い信頼を得ているのは、人間の生命、
健康を守るという高いヒューマニステイックな本質への期待と信頼にほかなりませんが、それは、
医師としての技術的な素養とともに「患者のたちばにたつ」という人間的、人格的なものにこそ裏
打ちされているものです。

 そういう観点で、法人の理事長からの回答をよませていただくと、いくつかの特徴があることに
気づきます。
 具体性がない、いろいろ断定しているものの根拠が明確になっていない、医療の素人である患者
に「できるだけ解るように」「患者の疑問に沿って」という配慮も感じられないものです。

 2、
 医療ミスというものは言うまでもなくどんなに「注意義務」を怠っていんくとも起きるものです。
もちろん、医師をはじめとする医療スタッフは全力で善意でことにあたりますが、それでも医療ミ
スは(少なくすることはできるものの)無くせません。


   つづく。


  
メンテ
Re: 密室性の高い医療現場と患者の基本的権利 ( No.28 )
日時: 2014/04/27 02:18
名前: 北の国から ID:vOjMDCDU

 したがって私は、「医療ミス」が発生しとことで、患者側が軽々しく「業務上過失傷害」で告訴したり、
あるいは警察が告発するということには賛成できません。こうした訴訟などの行為が、地域医療の、とり
わけ、医療機関と住民の信頼関係にプラスにはならないばかりか、医師の善意や情熱などに不必要な攻撃
を与え、そのことによって地方の医療が(医師がいなくなり)崩壊に瀕している事例すら少なくありませ
ん。

 3、
 重要なことは、起きてしまった「医療ミス」については、その原因となった客観的な要素について、事
実にもとづいて真摯に解析し総括し、患者との情報共有も含めた、しっかりとした人間関係を継続させな
がら「医療ミス」によって起きた患者の苦痛などに、最善の医療などで対処することです。
 この質問状は、こうした観点によるものです。
 したがって、回答は文書で(医療の素人である患者が読むということを考慮され)、○○年○月○日ま
でに(日常診療等で大変おいそがしいところ恐縮ですが)お願いいたします。

 4、「手術の適用」と判断したことへの疑問

 第一の疑問は、2008年10月23日の手術の前の段階の「手術による治療」と判断したことへの疑
問です。
 この種の「腫瘍」は「摘出手術」か、または放射線治療(ガンマーナイフなど)によるといろいろな専
門書に書かれているところですが「腫瘍の大きさが小さなうちは手術はしない」というのが、この分野の
今日的な医療技術の到達点であることは良く知られていることです。


 つづく
メンテ
Re: 密室性の高い医療現場と患者の基本的権利 ( No.29 )
日時: 2014/04/27 10:09
名前: 北の国から ID:vOjMDCDU

 「なぜ、手術を避けたほうがいいのか」については、脳外科医師である○○先生には「釈迦に説法」
のようなものであるのでしょうから、説明は不要でしょう。
 ただ、術後の外来で「ガンマーナイフの使用の検討は」というわたしの質問に「放射能を浴びるの
でよくない」という説明は、現代の腫瘍の治療の技術的進歩や到達を否定し、医師の発言とは思えない
非科学的なものではないでしょうか。
 また、手術をおこなうかどうかは、医師の「裁量権」であり、いちがいに腫瘍の大きさだけでない要
素もあったのかもしれませんが、それはいったいどんな「要素」であったのでしょう。ぜひ分かりやす
くご説明いただきたいと思います。
 もちろん、非常に経験が必要な脳外科分野の手術の、若い医師へのトレーニングを民間の病院で実施
することがありうるということも理解できます。しかし、それは患者の人間関係の構築と、しっかりと
した説明という謙虚な姿勢で実施されるべきものです。
メンテ
Re: 密室性の高い医療現場と患者の基本的権利 ( No.30 )
日時: 2014/04/27 10:15
名前: 北の国から ID:vOjMDCDU

 このような疑問があります。
 なぜ、そういう状況にもかかわらず「手術」と判断した具体的理由、根拠についてご説明ください○

 5、「手術はうまくいったのかどうなのか」、二転三転する説明について。


  つづく
メンテ
Re: 密室性の高い医療現場と患者の基本的権利 ( No.31 )
日時: 2014/04/27 14:03
名前: 北の国から ID:vOjMDCDU

 まず、2008年10月23日の手術の前に、患者であるわたしに(10月6日)手術についての、
担当医師からの説明がおこなわれました。
 簡単な手術であること(聴腫瘍摘出手術は、そんなに簡単なものではないということを後に知りま
した)。
 また、「腫瘍はころっと簡単にとれる」とも説明されていました。
 さらに「術後、1カ月くらいで日常生活復帰できる」という話もされました。

 患者に不必要な心配を与えないような配慮からの説明かも知れませんが、今考えると、担当医師は、
手術をすることの判断で、何か、浮足だっているような説明だったのかもしれませんが、その浮足立
つ理由はわかりません。

 問題は、この後です。

 手術後に発生した、痛みや強いめまいについて、外来で訴えたときの担当医師の対応です。
 「手術はうまくいった」と強調しながら「術後1カ月の復帰のはずでは」との私の質問に対し、
「手術はうまくいくときもあるし、そうでないこともある。『1カ月で復帰』というのは」、手術が
うまくいったときの話だ」。

 これは、誰が聞いても矛盾きわまりない説明です。(2009年1月23日)
 とても論理的思考の高いレベルにある医師の話として信じられないものです。

 一体どうしてこんな矛盾にみちた説明になったのでしょうか。
 素人にも解るような説明を求めます。

 6、診療情報、診療記録の開示について

 前回の法人理事長への質問の回答は、「診療は適切に行われた」「カルテなどは開示している」とい
う内容でありました。
 医師が記載するカルテは「患者のもの」という考え方が最近の方向です。ところが、提供されたカル
テの記載は、外国語なども含む断片的なもの。客観的な診療記録という考え方からはほど遠いものとい
う印象をもちました。

 医療という専門的な行為が、患者、住民との信頼関係をひろげて行くというたちばにたてば、「診療
記録は開示している」ということが、患者の率直な疑問にこたえるのに値しているかは、医療機関側の
努力と誠実性がなければ、それは単に「形式的な行為」でしかありません。

 そうしたことを踏まえられ、前記2点(論点は、具体的に回答しやすいように、整理し、しぼってい
ます)についてご回答ください。

                            以上

メンテ
Re: 密室性の高い医療現場と患者の基本的権利 ( No.32 )
日時: 2014/04/27 14:13
名前: 北の国から ID:vOjMDCDU

 碇さま。

 とりあえず「公開質問状2」について「たたき台」をつくってみました。

 碇さまの、詳細、具体的なメモは、たいへん役立っています。

 相手の一般的な「言い逃れ」を避けるため、論点をしぼっていますし、具体的な質問の形式に
してあります。
 どうぞ、参考になさってください。

 また、一般的医療問題らしいことを、あえて書いてあるのは、回答する相手の頭を整理させる
という目的をもたせてあるつもりです。

 お体を大切に。
メンテ
Re: 密室性の高い医療現場と患者の基本的権利 ( No.33 )
日時: 2014/04/28 06:00
名前: ID:e88WVZRM メールを送信する
参照: http://www.kyudan.com/cgi-bin/bbskd/read.cgi?mode=form

北の国から 様

 至れり尽くせりの御親切に、ただただ有り難く、「地獄で仏」の心持ちでございます。

 質問状は、お送りくださったひな形のように丁寧な言葉遣いで書くべきでした。

一回目の質問状は、攻撃的な言葉遣いをしてしまい、今となっては恥ずかしいことですが

しかたありません。

 二回目には、具体的なこと・・・3人の医師の脳腫瘍あるいは聴神経腫瘍の手術件数

                顔面神経麻痺の件数(%)

                手術ビデオ の開示

を求めたいと思いますが、繰り返し求めてもいいでしょうか。

すぐ近くの関西労災病院では、年度ごとの手術の内訳を円グラフでホームページに出しています。

関西労災病院の脳外科の先生は、当該病院(理事長を含めて8人)よりは少ないです。

統計はすぐにでも出せるはずですが、ホームページには抽象的なきれいごとが書かれているだけで、

具体的なことは何一つ書いてありません。

              ◇◇◇

脳外科医8人(理事長を含む)、外科3人、内科5人、整形外科6人、
神経内科3人、麻酔科2人、放射線科1人、リハビリテーション科1人 (2014/04/16現在)
    

病院理念

1. 地域との連携を大切にし、皆様の健康な暮らしと救急医療に貢献します。
2. 知識と技術の向上に努め、患者様本位の質の高い医療を提供します。
3. 働きがいのある職場を通じて、より良い医療サービスを提供します。


看護理念

1. 患者様の人権を尊重し、質の高い看護を提供します。
2. 患者様やご家族の信頼を得られるよう、愛ある看護を提供します。

              ◇◇◇ 

御親切に寄りかかってしまい、ご負担をおかけしていることを心苦しく存じます。

どうか、今後もよろしくお願い申し上げます。

                               碇
メンテ
Re: 密室性の高い医療現場と患者の基本的権利 ( No.34 )
日時: 2014/04/30 12:53
名前: 北の国から ID:N.XoOqOQ

 碇さま。

 お疲れさまです。

 法人の理事長からきた「回答」について、法人(病院)側の「思惑」について、この
「回答」のことばの端々から、いろんなことが見えてきます。

一、回答を期日通り、文書で送ってきたことは、質問状を無視できない事情があった(質問状に
  対し、理屈をつけて無視することもありうる)ので、法律の専門家などに相談したら、やは
  り、きちんと回答文書を送付しないとまずい、ということになったのでしょう。
   回答まで、一定の時間がかかっている(もちろん調査もしたのでしょうが)ことが、その
  ことを物語っています。

二、回答の文書は(碇さまご指摘のように)、まるで国会の官僚がつくる答弁文書です。
  これは、なにか重大なことを隠しながら、それでいて相手に証拠を与えないという、その道
  のかなり経験もつんだ人間が関与しているのでしょう。
   そして、そのみちのプロが関与しなくてはならない、どうしてもかくさなければならない
  ことがある、ということを自ら告白しているようなものですね。


 したがって、質問状第2弾は、その背後にいるプロがかかわるということも想定するものにす
る必要(工夫)が求められました。

 ここから導きだされたことが「論点を絞る」「できるだけ医療関係者に関わる問題点について
あらかじめ提起しておく」ということです。

 つづく
 
メンテ
Re: 密室性の高い医療現場と患者の基本的権利 ( No.35 )
日時: 2014/04/30 13:08
名前: 北の国から ID:N.XoOqOQ

 つまり「具体的でない」「客観的うらづけがない」ものについては、徹底してしらを
切る、という作戦なのでしょう。(実はこのことが、逆に手術のミスを裏付けています
ね)

 したがって、「手術のビデオのこと」「その後の手術で症状が出なくなった」という
重要なことは、あえてふれていません。

 (これは、第2弾の回答を分析して、場合よっては「第3弾」の主要な論点にするこ
とも考えられるからです)

 当該病院以外のやりとりも(シンプルにするため)触れないほうがいいと考えます。
 また「病院や法人の理念」なども、同様の主旨から触れないほうがいいのではないで
しょうか。

 シンプルで具体的な質問とういのは、質問の論点をはずしてのらりくらりと逃げるこ
とがせきない(一般的には)ものです。

 最大の論点は「必要がないのに手術をした」「手術に問題があったのにそれを隠して
いる」、というところですね。


 お体を大切に、無理なさらないようにがんばりましょう!
メンテ
Re: 密室性の高い医療現場と患者の基本的権利 ( No.36 )
日時: 2014/04/30 13:34
名前: 北の国から ID:N.XoOqOQ

 当該病院の脳外科手術の実績の件数の質問も「第2弾」では触れていません。

 あくまでも「二つの論点」を「患者さんと病院のやりとり」ということに集約
させて質問したほうがいいと思うのですが。
 碇さまのご意見もお聞かせください。

 第2弾の根底にあるのは

 「実は、こちらも何でも知っているのですよ。それを口に出さないだけですよ」
という圧力(背後の人間へのメッセージでもある)。

 それと、誠実でない相手との交渉のポイント。こちらの手の内をみせないで、質
問内容や事実問題を「小出し」にしていく。

 それと、碇さまのご判断ですが「このやりとりは、ある全国的掲示板にて公開さ
せていただきながらすすめています」ということを書くべきか、書かないか。

 天橋立の愚痴人間さんをはじめ、北海道から沖縄まで、たぶんたくさんのかたた
ちが応援くださっているにちがいありません。 
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存