ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1984] 密室性の高い医療現場と患者の基本的権利
日時: 2014/04/12 02:41
名前: ID:1mnPM41A メールを送信する
参照: http://www.kyudan.com/cgi-bin/bbskd/read.cgi?mode=form

手術後、最初に不調を訴えた時からまともな答えをされたことがない。

手術前から嘘八百だったのである。

公開質問状に対しても、具体的な説明は一切ない。

密室での言葉に関しては、言った言わないの水掛け論になってしまうのだろうが、
提示を求めた手術件数などの数字も一切開示されていない。

すでに何十回、何百回も反芻してきたことなので、自分の中では解りきったことでも、
他人にはわかりにくいかもしれないので、すべて開示することにしました。

病気の経緯については、後回しにします。

理解しにくいところや、表現のまづいところを指摘していただけるとありがたいです。

堅気とは思えない対応への5年間の怒りが蓄積してかなり、けんか腰の表現になっていますが。



医療法人社団○○会                      平成26年3月14日
理事長××××殿
               公開質問状
                              患者 ☆☆☆☆               
                             昭和 ・年・月・日生

平成20年10月23日に聴神経腫瘍摘出手術を受けました。
退院後、手術の肝心の目的であっためまいは治らず、傷口・頭頂部・後頭部・耳たぶの付け根・
耳の中の強い痛みが続き、担当医の●医師と▲院長に訴えましたが、まともに取り合わないどころか、
手術前になされた説明(簡単な手術である、きれいにコロッと取れる、術後の痛みはほとんどない)
を言っていないと嘘をつき、大学病院への紹介状は『心因性である』と誘導する内容でした。
約5年間にわたって苦しめられ、再手術によって完治しました。
この間の貴病院の対応等について(患者の基本的権利として)、以下の点について質問いたしますので、
平成26年4月18日までに、文書による回答を求めます。
以下に関して、「その根拠」(エビデンス)を示してわかりやすく説明すること。

1. 手術について及び手術前と後の患者への説明について
 a) 術後半年以上経過して尚絶えず続く強い痛みが改善しなかった理由の説明と、
   説明を拒否された理由の説明を求めます。再手術の後の痛みは退院後二週間で消失しました。

  b) 貴病院での手術後5年間続いていたためまい(方向転換時に必ず起るめまい)
    が再手術の後、完治しました。めまいは心因性ではないことが明らかになりました。
    貴病院手術後のめまいの原因について説明を求めます。 

  c) 大学病院への紹介状はめまいの原因・痛みの原因を知りたいという患者の願いに反し、
   『心因性』という回答へと誘導する内容のものでした。大学病院では質問もさせてもらえず、
   鼻で笑われ、精神的にも著しく傷つけられました。これもまた患者への裏切りではないのか、説明を求めます。

  d) ▲院長に説明を求めた際、「命に関わらない限り説明の必要はない」との返答であったが、
   そもそも命に関わらない病気であり、治療を急ぐ必要のない病気であったにも拘らず
   「明日入院」と●医師に言われ急遽準備して入院しました。疼痛に関する説明はなく、
   予期しない強い痛みが改善しない場合、説明を求めるのは当然ではないのか。
   命に関わらなくても説明の義務がある筈です。院長の対応について正しいとお考えですか。

e) 院長の暴言について
   痛みの原因について説明を求めた際、「子供を産んだことはあるか」といきなり尋ねられました。
  手術の前に子供はいない旨伝えていました。子供を産んだことがあって、いま子供がいないということは
   子供が死んだか、殺されたか、自殺したかです。いずれにしても、いやがうえにも患者を苦しめる言葉です。
 「痛みの感じ方は人によって違う」と言うために子供を産んだ経験があるかという質問をわざわざする必要が
   あるでしょうか。必要のない言葉を使ってまで患者を苦しめたい動機とは何なのか説明を求めます。
  「痛みの原因を知りたいというような性格は改めるべきだ」、こんな対応が協立病院の常の姿ですか。
 このことはその後受診したすべての病院で話しました。親戚の医大教授にも話しました。
 まともな対応がされていれば多くの医師にこんなことを話さずに済んだのです。
  「そんなことは言っていない」という嘘は通用しません。
 
 f) めまいの症状について
   術後めまいが治らないのを見てから、「原因不明で方向転換時のみめまいが起る患者はたくさんいる」と
   ●医師から言われたが、そのような患者がどれほどいるのか、証拠(データ)を示しての説明を求めます。
   また、事実なら術前に告げるべきです。

g) 手術前の説明@、Aが標準的な説明と言えるか。

@MRI検査結果の説明(腫瘍の大きさ・形状・治療法)
 9×13mmのオタマジャクシの形の腫瘍である。(写真一枚だけ示しての説明)
 簡単な手術できれいにコロッと取れる。これにより手術の予約をしました。
これで必要かつ十分といえるでしょうか。

 Aインフォームドコンセント時の説明について、患者が判断するための十分な情報であったか、
   意図的に手術へと誘導するために、必要な情報をあえて提供しなかったのではないのですか。

・「顔面麻痺発生率は4%だが、この病院ではもっと少ない」・・・
  具体的な数字を出さずに4%以下とだけ言うのは意図的に誤解させるものです。
  いかにも名医であるかの如き言葉です。名医であると信じて手術を決意しました。
    2003年からの貴病院における聴神経腫瘍手術件数と顔面麻痺件数の開示を求めます。  
   
・ めまいは治るかと尋ねたら「治る」との回答により手術を決意しましたが、
騙しおおせる自信があったためですか、ICに記入しなかったのは、証拠を残さないためですか。

  ・術後の痛みについての質問に対しては、大した痛みはないとの答でした。
「腰痛のほうがつらいと言う患者さんのほうが多いくらいだ」との回答でしたので、
 手術を決意しました。術後、痛みが強く、氷枕を求めたが、「氷枕はない」と言われました。
 その後昼夜、 氷枕が必要でした。なおかつ、鎮痛剤としてデパスを服用しました。
    普通はこの手術の後には痛みはないものですか、手術へと誘導させるためになされた嘘の説明だった
のですか。疼痛に関しては手術の前に説明する必要があります。この点に関して説明を求めます。

   ・ICに神経損傷という言葉が記入されていますが、神経損傷するとどんな結果が出来するのか(顔面神経麻痺以外に)、
 その確率など、説明が全くなされていません。説明を失念していたのか、それとも意図的にしなかったのか、
 説明を求めます。

・ガンマナイフに関する説明がありませんでした。複数の治療方法がある場合は、
 それぞれのメリットとデメリットを説明する義務がある筈です。ガンマナイフなら二泊三日で済み、
    退院の当日から元の生活を続けることが出来たのです。なぜこのような大事な情報を患者に伝えなかったのですか。
 5年という歳月を失ったことに対してどう責任をとるおつもりでしょうか。

  ・「術後1カ月で仕事復帰は一番うまくいった場合だ」と術後になって言うのは無責任です。
  詐欺的手法で手術へと誘導したのですか。

  h) 執刀医に関して、辻医師より
「院長と二人で執刀する」との回答があり、何度も確認しました。手術前日にも●医師と▲院長が
   病室まで手術の件で来室ありましたが、△医師は顔を合わせたこともなく、言葉を交わしたこともありません。
   知り合いの医大教授・マスコミ関係者の名刺を持っていましたが、辻医師が名医であると信じてセカンドオピニオンを
   放棄して、手術を決意しました。△医師による執刀を隠蔽したことについて、説明を求めます。

 i) 聴力の6〜7割は残すことが出来る大きさの腫瘍であったのに、説明がなかったこと及び手術により
   聴力がなくなったことについて説明を求めます。


2. 2008年10月23日に実施された手術の評価について
 a) 手術前に当該手術に関する「手術検討会」を実施している筈です。
   その記録および検討会に参加したメンバーを開示すること。

 b) 当該手術の後、手術の結果をどう評価していたのか、その記録を開示すること。

3. 聴神経腫瘍摘出手術はどこで調べても「難しい手術」とされています。
●医師が当該手術を簡単な手術だと判断した根拠を示すこと。

4. 術後のさまざまの症状発現に関する△医師の見解を求めます。

5. △医師の手術の経験(実績)の開示を求めます。

6. 手術録画ビデオの開示を求めます。

7. なお、回答の内容によっては、この質問状を監査指導機関及びマスコミなどに公開することも検討しています。

                                                以上


    住所
            名前 ☆☆☆☆



私の推測では、院長が、この△医師(女医)に手術をさせたのでしょう。
この病院の医師募集のビデオの中で、△医師が院長への感謝の言葉を述べていたのが、
不自然なくらいに感じました。また他の医師が『この病院は脳血管がメインだ』とも言っていました。
脳腫瘍の経験は、あまりないのではないかと思います。

2011年3月にカルテ入手した際、『この病院は脳血管がメイン』だと医師募集のビデオの中で
紹介されていたと言ったら、『それは保存したのか』と尋ねられましたが、『PC始めたばかりで
保存の仕方が解らないので、保存はしていない』と答えたら、その後すぐに消去されていました。
偶然かもしれませんが。
△医師は2010年までに辞めた(結婚して専業主婦になった)そうです。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 病院からの回答 ( No.7 )
日時: 2014/05/08 03:18
名前: ID:DVBpmgH6 メールを送信する
参照: http://www.kyudan.com/cgi-bin/bbskd/read.cgi?mode=form

   当該病院から送付された回答

 前略 貴殿より頂戴致しました平成26年3月14日付「公開質問状」について、次のとおり
回答させて頂きます。

1.公開質問状の内容について、当会の×××病院院長▲並びに当院副院長
 ●から事情聴取を行いました。しかし、日々数多くの患者に接している両者でありますの
 で、5年以上前の診療事案での細かな発言内容等について正確な記憶はありませんでした。し
 たがいまして、公開質問状に書かれた両者の各発言について、発言自体の存否も含めて客観的
 に証明することはできませんが、「命に関わらない限り説明の必要はない」とか「痛みの原因
 を知りたいというような性格は改めるべきだ」等の発言については、医師としてそのような発
 言をすることはあり得ないことと考えております。

2.手術前の説明については、手術の同意書や診療記録を確認した結果、合併症の有無等も含め
 て、医師としての説明義務は十分に果たしていたものと判断致しました。

3.術後の診療や説明についても、診療記録や大学病院への診療情報提供書等の資料を精査した
 結果、適切な対応であったと判断致しました。

4.なお、診療記録等の資料につきましては、貴殿からの開示申請に対し、平成23年3月23
 日、既に情報提供しております。当院と致しましてはこれ以上開示請求に応じて開示するべき
 資料はありません。

                                         草々

***********************************************************************************


    ●医師は副院長
    執刀し既に辞めた女医に関する言及はなし


医師としてそんな発言はあり得ないと言っていますが、大学教授も、
「そんなこと知ってどうする」とか「そんな後ろ向きの姿勢だから痛くないものを痛いと感じるのだ」
と言いました。


 『神の前にはすべてが露わである』と言うしかありません。
メンテ
Re: 密室性の高い医療現場と患者の基本的権利 ( No.8 )
日時: 2014/04/13 10:08
名前: 北の国から ID:dlZ5Mamk

 碇さま

 いろいろお書きくださってありがとうございます。

投稿のときの時間制限ですが、ぼくも以前、書くのに熱中して消えてしまったことが何度かありました。
それからは「時間が長くなりそうなとき」は、いったん送信して、つづきを書くようにしています。
メモをしておくのも、時間のロスを減らせますね。

 ところで、病院側の「回答」などを読んで、いくつかのことが分かってきました。

 第一。
 碇さまの、最初の手術を執刀した、女性の脳外科医のことを執拗に隠している何か大きな理由があるの
ではないかと言うこと。「退職した」とか「医者はやっていない」など不思議なことばかりです。
 つまり、このことが、碇様の手術の失敗の執拗な隠ぺいや、術後の外来の医者の対応の横柄さと不自然
さに表れてきているようです。

 第二。
 病院側は、「診療録等」は開示したのだから、他のものは見せない、と言う態度ですが、これは明らか
に「開示義務のない記録」(そんなものはほとんどない)や、「言った、言わない」という客観的証拠の
ないところで争いにすれば何とかうやむやにできる、と踏んでいるということです。
 したがって「質問状第二弾」では、相手の腹黒い土俵のなかで争うのではなく、問題をしぼって、しか
も、相手が言い逃れや、抽象的で一般的なものでは「回答」できないような質問、つまりカルテ以外の開
示義務のある「診療記録」(手術記録、執刀医の氏名と脳外科医としての実績など)の開示を、日本医師
会などの指針(天理よろず相談所病院でも平成18年に「診療記録開示規定」をつくっている)なども示
しながらおこなうのが必要だと思います。

 第三。
 最初の手術(聴神経腫瘍摘出術)後の症状の要因として考えられることです。

 つづく。
メンテ
Re: 密室性の高い医療現場と患者の基本的権利 ( No.9 )
日時: 2014/04/13 10:39
名前: 北の国から ID:dlZ5Mamk

 No8.より。

 最初の手術の後に出現したのは「めまい」と「頭部各部所の痛み」です。
 この「聴神経腫瘍摘出術」の後に(術中のミスなどで)起こる症状は6
通りくらいだそうです。
 このなかで「痛み」が出るケースは「頭蓋内出血」という合併症です。
 (もちろんわたしは、脳外科の専門医でもなんでもないので「患者さん
と向きあわずに断定的なことを言う」のは、今後の検証です。)

 術後の「頭部各部所の痛み」は、どの脳外科分野の文書を調べても「頭
蓋内出血」(つまり、手術中に傷つけた脳血管をきちんと処理しないで手
術を終えてしまったことによる頭のなかで出血していた)しかありません。
 もちろん、この出血が重篤な場合は、死にいたるものですし、出血量が
多ければ、激しい痛みとしてあらわれます。
 碇さまのケースは、たぶん(幸い)出血の量はそれほど多くなかったの
でしょう。
 これは、再手術をして、出血部分を正しく処理すれば、痛みは取れるそ
うで、碇さまが、再手術後に「症状」がでなくなったということとつじつ
まが合うと思います。

 それでは、なぜ、最初の手術をした病院で、すぐに再手術しなかったの
か。
 もちろん、患者さんにすでに信頼されていなく、とても手術承諾をもら
えない、ということもあるでしょうが、もっと大きな問題があるようです。

 つづく。
メンテ
Re: 医療ミスの隠ぺいが、新たな隠ぺいを ( No.10 )
日時: 2014/04/13 11:00
名前: 北の国から ID:dlZ5Mamk

 No.9より。

 最初の手術のあと、外来で術後の診察にあたった脳外科医は、碇さまの
訴える「痛み」が、重篤ではないが「頭蓋内出血」であるということは、
すぐに気がついたと思います。(外来に出るくらいの医師はそれほど無能
ではないことが多い)
 そして、その原因が「手術ミス」であることもわかったのでしょう。
 ところが「頭蓋内出血」が重篤でなかったということもあって「自然治
癒」の可能性にむいたのでしょう。
 なぜなら、再手術となると「手術ミス」について、患者さんに説明しな
ければならないからです。

 しかし、外来の脳外科医の期待に反して患者さんの痛みはよくならない。
その時点での再手術も検討されたのかもしれません。
 でも、もっと時間をかけて経過観察することにした。そして、この時間
かせぎのために使われた手口が、患者さんに「心因性」と決めつけること。

 外来の脳外科医が「自分のミスでもないのに、事後の対応をしなければ
ならなくなったことへのイラつき」が、対応の端々に読み取れます。
メンテ
Re:質問状 第二弾へ ( No.11 )
日時: 2014/05/12 06:56
名前: ID:1mnPM41A メールを送信する
参照: http://www.kyudan.com/cgi-bin/bbskd/read.cgi?mode=form

北の国から 様

いつも懇切丁寧なアドバイス、ありがとうございます。

第一 結婚して辞めた女性医師については、手術の記録に名前があるのですから、彼女の手術件数の
   開示を求める権利を病院は拒否できないはずだと思います。

第二 具体的なことに関して:

   インフォームドコンセントのとき、顔面神経麻痺の話が出たので、その率を尋ねたら4%とのこと
   でしたので、躊躇していたら、『この病院ではもっと少ない』と言われたので、よほど自信がある
   のだろうと思い、手術を受ける決意をしました。 この数字についてデータを出すように要求する
   つもりです。

   『手術の記録』に看護師さんによって記入されている執刀医3人について、聴神経腫瘍の手術件数
   と顔面神経麻痺の発現率を示すように再度求めるつもりです。

   2009年4月に院長に痛みの件で尋ねたとき、『この程度の手術、どこでやっても同じ』と言いました。
   この発言についても否定するでしょうが、どこの病院と同じなのか尋ねます。
   『強い痛みで本も読めない』と訴えたら、『本なんか読まなくてもよい』と返してきました。
   『本なんか読まなくてもよい』とは、考えなくてもよいということです。これは動物以下の扱いです。
   この発言も否定するでしょうが、患者に人間の尊厳を認めるなら、どう答えるべきと考えるか説明を
   求めたいと思いますが、これは書かないほうがよいでしょうか。

第三 痛みについて調べてくださったのですね、ありがとうございます。
   私は、神経損傷によるのもではないかと考えています。
   2009年6月に国立病院脳外科部長を受診した時、"三叉神経" と言って癲癇薬を処方されました。
   強い痛み(耳後ろの骨を切った傷にタワシが刺さっているような痛み)はおさまりました。
   痛みが内側に押し込められたような感じはありましたが。
   時々殴られたように、突然強い痛みが出ましたが、体全体が楽になりました。
   2013年夏に、国立病院へ問い合わせしましたら、癲癇薬処方の記録はあるが、三叉神経のことは
   記録がないとのことでした。(処方した部長医師は2009年7月に他病院へ転勤)
   "三叉神経痛" ではなく"三叉神経" と言われたので少し違和感はあったのですが、とにかくこの痛みを
   なんとかして欲しかったので、何も尋ねず薬を飲みました。
   この先生は、理由を分かっていたが、医者同士のかばいあいの原則に従ったのではないかと思います。

   調べてくださった "頭蓋内出血”に関してはCT検査でわかるのではないでしょうか。
   CT検査でも異常はないと大学病院への紹介状には書いてありました。(画像からは証拠が出ない自信があったと思います)
   頭頂部・後頭部の痛みは少しづつ改善ーーーとはいっても再手術をした2013年まで完全に消失したわけ
   ではないのですが、改善していきました。
   県立病院を受診した時に神経を損傷しても写真には写らないと看護師さんに教えていただきましたので、
   おそらくこれだろうと思います。
   出血もあったのかもしれませんが、少しも改善しないどころか、却って悪化したように感じる痛みは 
   耳後ろの骨を切った痕でした。この傷にタワシが刺さったような痛みが24時間(眠っている間は感じません)
   つづくのですから、心身が消耗してしまいます。

   痛みの部位として書き忘れていましたが、耳の中にも強い痛みがありました。これは、労災病院では、
   鼓膜の神経を傷つけたのではないかとのことでした。 但し、病院とことを構えないという条件付きで
   教えると言われました。


  ★ 痛みに関しては:
    ・頭頂部や後頭部の痛みは頭蓋内出血。
    ・耳後ろ(骨の部分)や、耳の中、耳たぶ等は神経損傷ではないかと考えています。

 
退院して傷痕を鏡で見たときに、縫合のひどさに驚きました。
骨は固いので縫合が難しいのかとも思いましたが、まるで野戦病院か小学生のお裁縫か・・・という感じでした。
未熟な医師(女医)が神経を傷つけたので、その後始末で時間がかかり、縫合は乱暴になったか、
縫合も練習用にされたので、下手にしか出来なかったということでしょうか。


再手術をしていただいた病院と比べたら、天国と地獄です。
まるでホラー映画のような体験でした。


私のために、大切な時間を使って頂き申し訳なく存じます。
引き続きよろしくお願い申し上げます。
メンテ
Re: 客観的な証拠(記録)の開示要求が大切です ( No.12 )
日時: 2014/04/13 14:04
名前: 北の国から ID:dlZ5Mamk

 碇さま

 お疲れさまです。
 くれぐれも無理なさらないように。

 それでは「公開質問状2」の具体的検討に入っていきましょう。

 この、病院への「対応」の大きな目的は、病院側が患者である碇さまの、当然の疑問に、誠実にこたえさせる
ことです。そのために有効な手段はできるだけ活用しますが、関係医師たちにダメージを与えるということでは
なく、当該の病院が「医療ミスを疑われるような事例」について、記録のまともな開示もおこなわないという体
質が、第2、第3の医療ミスにつながり、このことが患者の不利益、医療全体への住民からの信頼の低下につな
がることを改善していくというものです。

 「公開質問状2」は、客観的な証拠(開示義務のある記録)を開示させるという内容が骨格にまります。

 つまり、病院側が「そんなこと言うはずがない」とか「言ったおぼえはない」とうい言い逃れに流れていかな
いような「質問状での工夫」が必要です。(質問状の宛先は「法人の理事長」ではなく「病院長」にしたほうが
いいでしょう。なぜならば、医師法、医療法、健康保険法などは、すべて法人ではなく、医療機関、医師を対象
にしているもので、法人には本来「当事者能力」がないからです)

 第一
 最初の手術の手術記録のコピーをもらうこと。(すでにもらってはいないと思います)
 この「手術記録」は、病院が患者の求めに対して、開示の義務をもつものです。
 場合によっては「天理よろず相談所病院」の「診療記録等の開示規定」などを添付するのがよいでしょう。
 つまり「世間の病院では、開示があtりまえですよ」という客観資料の価値があります。

 第二
 すでに手にいれられている「カルテ」を(手術後の症状出現で外来受診したときの部分)精査し、「患者の
訴えが正しく記載されているか」(記載の方法はいろいろある)、「その訴えに対して(検査などを実施しなが
ら)どんな診断をしたのか」。
 殴り書きのようなカルテでしょうが(以前はドイツ語などで書く医者もいた)、その時期の、その部分をゆっ
くりとひろい「何をどう書いているのか解析」することです。
 患者の訴えが、たぶん短い表現で記載され(必ず日付がある)、そしてどこかに「診断」が出てくるはずです。
 その精査と解析が一段落したら、そのなかで「意味不明」の個所、「分からない表現」について抜き書きしま
す。
 つまり、質問状には(日にちごとの、診察室でのやりとりに沿って)『○年○月○日の診療記録の、日付印か
ら何行目のXXXXXという記載の意味を説明してください』というスタイルになります。
 この部分は、碇さまの、この病院とのやりとりの最も核心となる部分です。

 根気がいる作業かもしれません。ゆっくりと、診察室でのやりとりを出来るだけ思い起こしながらすすめます。

   つづく。





 
メンテ
Re: 密室性の高い医療現場と患者の基本的権利 ( No.13 )
日時: 2014/04/15 01:54
名前: ID:nCY2v6Ak メールを送信する
参照: http://www.kyudan.com/cgi-bin/bbskd/read.cgi?mode=form

ただ、事実が知りたかっただけ。今は大嘘つきの正体を暴露してやりたい。
事実を教えてもらっていれば、つらい症状でも受け入れて、心穏やかに生活出来たはず。

普通、医者が嘘をつくのは失敗してからだが、最初から嘘で患者を騙して、出来もしない手術をするとは
病的な嘘つきだとしか考えられない。患者に『心因性』の烙印を押そうとしたが、精神科の世話になるべきは
この嘘つき医者のほうだ。

10/23に手術したばかりで翌2/1には、手術前に説明したことを、『そんなこと言うてません』と言った。
『知り合いが医大に勤めている』と言ったら、椅子を引いてのけぞった。私の顔をしばし眺めて、一呼吸
おいてから、『それはドクターか?』と返してきた。あきれた。嘘がばれると思ったのか、
ドクターでなければ嘘を重ねて騙しおおせると計算したのか。

10/21(月)精密検査、翌週10/28(月)に入院予定であったのが、『手術しか方法がないのか』と尋ねたら、
『はい、明日入院』と言われ、腫瘍が大きくなているのかと心配になり、徹夜で準備して10/22(火)入院した。
予後に関する問いにも、『一か月で仕事復帰』との答えだったのに、予後の悪いのを見るや、
『一か月で仕事復帰は一番うまくいった場合』と言って平然としている。
万に一つの不運か、騙されたほうが悪いのか。

プロの医師でも偽医者に騙されかけたことがありました。
2010年5月、医師不足に悩む岩手県宮古市の県立宮古病院で、『大阪大医学部出身で、大阪市内の
赤十字病院の救急専門医だ。手助けしたい』と嘘をついていた女(44)が着任寸前に発覚。


4月に院長を受診した時には、『痛みの原因としてどんなことが考えられるか?』と尋ねたら、
『なんということを言うんや!』、『命に関わらない限り、説明の必要はない』
『原因を知りたいというような性格は改めるべきだ』。
さらに、『痛みの感じ方は人によって違う、子供を産んだことはあるか?』と。

『耳の中が腫れている感じがする』 → 『鼻でもつまっとるんやろ!』
『強い痛みが続き、本も読めないので困る』 → 『本など読まなくてもよい』
『鎮痛剤を何時まで飲めばよいのか?』 → 『何時まででも飲めばよい』
『手術のときに何かあったのではないか?』 → 『手術をした記憶はない』
『この程度の手術、どこでやっても同じや!』 (福島孝徳医師も聴神経腫瘍の手術は難しいと書かれている)

院長からは、暴言しか聞いていない。


日本の名医検索サイト専門医ナビ から
 治療・手術実績(DPC統計データより集計)

当該病院の脳腫瘍の手術件数  2009年 0 件
               2010年 0 件
               2011年 12 件 ・・・県内15位

同じデータによると、当該病院のすぐ近くの関西労災病院は脳腫瘍では県内1位(2009,2010,2011年)


近医の紹介で当該病院へ検査申込み → 検査・病気発見 → 嘘の説明で手術
近医に相談したが、1度目は『●先生は、めまいの専門家である』
2度目には、『もうその話はしたくない』


インターネットを始めるのを先延ばしにしたために、取り返しのつかないことになってしまった。
すべての病院の待合室には、PC設置を希望したい。
メンテ
Re: 医者が「言い逃れ」や「開き直り」をするとき ( No.14 )
日時: 2014/04/15 12:44
名前: 北の国から ID:3JrQXu1k

 碇さま。

 お疲れさまです。

 手術をおこなった病院の医師たちの、度重なる不誠実な対応に、ほんとうに
つらい想いをされたことがよくわかります。
 医師にとっては「何百人のうちの一人の患者」かもしれませんが、患者一人
ひとりは、かけがえのない人生がかかっています。

 医者はミスをします。診断がまちがっていたり、処方がまちがうことなどが
おこりますし、「大丈夫でしょう」と外来で返した患者が、実はたいへんな病
気であって、危険な目にあうこともおこっています。
 まじめな医者が、一生懸命に診察していても「まちがい」はおきます。
以前は、情報開示やインフォームドコンセントなどの概念もなかったのですか
ら、患者は、ほとんどの場合「泣き寝入り」でした。

 手術のミスは、患者に重大な被害をおよぼすことも少なくありません。
 だから、最近では「業務上過失傷害」での捜査が(それ自体の意義について
は、医療全般の問題としての議論も必要ですが)おこなわれたりします。

 医師が患者に「ウソをついたり」「言い逃れ」「開きなおり」「恫喝」する
ときは、そのほとんどの場合が「自分や他の同僚医師のミス」を覆い隠そうと
するときでしょう。
 しかし、そういったケースは、最近ではほんとうに少なくなってきています。
これは、患者の権利というものが確立してきているだけではなく、医療機関が
「患者と医療機関の良好な人間関係」を重視してきているからでしょう。

 そういう流れであるにもかかわらず、碇さまの病院の対応は、言ってみれば
「前時代的」なのです。
 あきらかに「手術ミス」を認識しながら、病院をあげて隠ぺいしようと必死
だからでしょう。
 こんなことがまかりとおれば、また昔の時代にもどり、患者は「泣き寝入り」
させられてしまう。
 そことたたかわなければなりません。

 つづく。
メンテ
経緯 ( No.15 )
日時: 2014/04/17 11:54
名前: ID:IRrA7c9Y メールを送信する
参照: http://www.kyudan.com/cgi-bin/bbskd/read.cgi?mode=form

北の国から 様

いつも、私からのお返事が遅くなり申し訳ありません。

PC購入後にワードに記入したものを見直しながら、何を質問すべきか考えてみました。

カルテの内容(単語が少しづつ記入してあるだけです)を付け加えて、up します。


聴神経腫瘍の記録
 
2008. 2/28(木)  近医をめまいの件で受診 ・・・(腰痛があり、大病院で長く待つことが出来ないため)
           "良性発作性頭位めまい症" ではないかと。
           心配なら病院紹介する。検査必要とは言われない。
                 
2008. 9/10(水)  めまい悪化 近医から病院MR予約 

2008.10/1(水) 夕方 MR検査 当該病院にて。検査結果は近医へ連絡が来る。 
  

2008.10/ 3(金) MR検査結果 近医で聞く (当該病院からのFax)
          聴神経腫瘍 9 × 13 mm
          近医の先生:「道理でふらつく筈や」
          ●医師を紹介。 月曜日午後の診察。 「いい先生ですよ。」

         
2008.10/6(月)  当該病院 
       受付でMRコピー申込 → 断られる。『先生に直接言って下さい』
       ●医師 : 9×13mm の聴神経腫瘍
        私  :  大きく見えるが 9×13mm か?
       ●医師 : 9×13mmのおたまじゃくしの形の腫瘍ができている。
         私 :  治療法は?
       ●医師 :  手術でとるのが一般的、再発したら放射線治療。

  ここで、手術と放射線(ガンマナイフ)のメリット・デメリットの説明の義務あった筈
  すでに、ガンマナイフの方が良い結果が出る(後遺症が少ない)との実績あり。

         私 :   頭の奥の方にあるが、難しい手術か?
       ●医師: いや、ホクロをとるような簡単な手術。きれいにコロッととれる。
  「きれいにコロッととれる」という言葉に驚く。
        私 :  脳本体を傷つけることなく、きれいにコロッととれるという意味か?           
       ●医師: そうだ。
         私 : 執刀は先生がしてくださるのですか?
       ●医師 : 院長と二人でする。
   よほど自信があるのだろう(名医)と考える ――→ セカンドオピニオン放棄 
         私 : では、お願いします。
   子供いないこと伝える。

     精密検査 10/20(月)  入院 10/27(月) の予定
    24時間365日 常に起るめまいであること 
     運動に伴って必ず起るめまいであること    ⇒  心因性ではない。
     次第に悪化していること 

      私 : 耳の中が痛い。(←この時すでに鼓膜の神経に影響が出ていたのではないか。手術後強い痛みになる)
    ●医師 : 関係ない。 

      
2008.10/20(月) 当該病院で精密検査
      
        手術以外に方法はないのかと尋ねたら、『はい、明日入院』

   インフォームドコンセントを書きながらの説明。早口で、5分程度か。詳しい説明は一切無し。
   簡単な手術のインフォームドコンセント はこんなものかと思う。

 ICの内容  診断内容 : 聴(前庭)神経腫瘍
       手術・検査の内容:?摘出手術
       手術・検査の目的
       手術検査の危険性: ○聴力低下
                    △顔面神経麻痺
                    ・出血、感染、髄液漏 ⇒ 言いながら書いただけで説明なし。
                    ・脳神経損傷 ⇒ 言いながら書いただけで説明なし。

 他の治療法の説明 :

 医師名前、
 患者氏名・住所


     顔面神経麻痺、という言葉が出たので心配だったので、

      私 : 顔面麻痺は何人に一人くらいの割合で起るか?
     ●医師 : 25人に1人、4%くらい。
      私 : ・・・・・・?  手術受けるべきか迷う。
     ●医師 : この病院ではもっと少ない。 ⇒ よほど自信があるのだろう
      私 : 予後は?
     ●医師: 1ケ月で仕事復帰。     ⇒ やはり簡単な手術なのだ
      私 : めまいは治るか?
     ●医師: うん、治る。        ⇒ 良い先生に巡り合えてよかった
      私 : 術後の痛みは?
    ●医師   : 腰痛のほうが辛いという患者さんのほうが多い。

重ねて執刀医を確認 → 院長と二人で執刀する。
   
   病院から帰宅後、徹夜で入院準備。


2008.10/21(火) 入院 聴力検査  CT  採血  ●医師 病室へ。
        男性看護師 病気のこと尋ねに来る。 経過詳しく話す。

2008.10/22(水) 理事長、病室へ  「どこで紹介されたか?」  理事長も脳外科医、外来担当
        男性看護師 病気のこと尋ねに来る。(昨日と同じ人) 再度詳しく話す。

2008.10/23(木) 12:00 手術
         ↓ 
       18:20 ICUへ  「手術はうまくいった」と、●医師から父へ。

2008.10/24(金) 体温が戻ってきて吐き気、ナースコールのボタンが手探りで見つからない
        明け方 吐く 緑色の液体 マスクのなかへ吐く。
        傷口の方へ流れたのではないか心配。
             マスクはずす  ガーゼ交換なし(心配)
               ↓
            ?時 ガーゼ貼りかえ 消毒 (看護師交代前)

        昼 12:00 病室へ戻る  傷の痛み強いので、氷枕を要求したが、ないと言われる。 
                     不織布にくるんだ小さな保冷剤与えられる。   
          夜 ●医師 病室へ。手術は成功したと。

2008.10/25(土)  停電  (入院前にも、入院当日にも知らされず、水曜日の午後に知らされる)
       氷枕により痛み緩和  退院まで昼夜氷枕が必要、深夜にも取り換え。
        車イスでトイレ 立ち上がると激しいめまい
        トイレからの帰り、男性看護師、乱暴に首(ガーゼの上)をつかむ。
        「痛い」と言うと、「どこかにぶつけたのか?」と言う
        病気のことすでに2回、詳細に説明してある。

        
2008.10/27(月)  回診 ●医師ではない。
        くしゃみで激しいめまい 傷痛む  

2008.10/28(火)  12:30 ●医師 回診 「きれいにしておいた」 → 午後、熟睡

2008.10/29(水)  理事長 「どこで紹介されたか」 2度目

2008.10/30(木)  採血 CT  “汚染米”の謝罪、廊下に貼り出してある。⇒ 1階に貼ってあれば入院しなかった。

      10:00 “ 院長回診!”まるで教授回診(大名行列のような大げさなアナウンス)
        
        院長 「めまいは治ったか?」
         私 「治っていない。」 同室の人たち驚く。
        院長 「もともとの症状だから」
          私 「??????」
A医師から 病気のプロセスについて質問。
         私「2003年春、方向転換時にめまいがして、頭を強打した。今でも時々痛む。」
       ?医師 「強打! プーーーッ!」 ← 強打という使い方を間違えたか、患者を馬鹿にするとは程度の悪い医者!
       A医師 「関係ない!」・・・院長とA医師は腫瘍とめまいの関係を否定。予め、相談の上か。
       何の為の手術であったのか

聴神経腫瘍は小さくなることもある、消失することもある、(2010年9月ネット上にある)
2003年のめまいが腫瘍と関係ないとは言えない筈である。
院長も聴神経腫瘍の知識はあるのか。最初の診断のときに当然患者に知らせるべきである。

2008.10/30 午後、抜糸の予定が明日に変更。 歩く練習。 天気がよかったのでベランダに出る。 
      ベランダでで会った女性と話す。
      「●医師の手術受けた。あっても心配無いと言われていたのに、●医師から『何のための検査か
      分からないやないか』と怒られて、手術した。」 術後は順調とのこと。脳動脈瘤のことか?
      明日またベランダで会いましょう、と言って別れる。

2008.10/31(金)3時 抜糸。●医師「痛いでー。」   
        めまいに関する質問無し。痛みについても質問無し(氷枕の記録無視)
        めまいは治るのか尋ねたかったが躊躇。 聞きそびれる。
        抜糸の後の痛み強い、翌朝まで強い痛みが続く。 
        強い痛みのため、ベランダに出られず。


入院中のカルテには : 1日1〜2行の記載  めまいがある、トイレまでは行ける、など。
            あとは、英語?2〜3語で汚くて読めない。

看護記録には : 疼痛のこと・・・氷枕を交換した、鎮痛剤(デパス)服用した。
          体温、血圧、食欲など。


メンテ
経緯(2) ( No.16 )
日時: 2014/05/12 07:34
名前: ID:1mnPM41A メールを送信する
参照: http://www.kyudan.com/cgi-bin/bbskd/read.cgi?mode=form

続き

2008.11/1(土)  ●医師 回診 退院許可 次回診察は、11/14(金)
        めまいに関する質問無し。
        めまい治っていないことはカルテに書いてある筈。
        タクシー乗車時、ふらついて頭ぶつける(右側)。 傷の痛み悪化
        帰宅 ガーゼとる 荒々しい傷あと 野戦病院の手術か
        傷痛 耳痛 耳たぶ熱い 耳つけ根ヒリヒリ
        めまい 耳鳴り  歩く度、頭の中で脳ミソがグラグラ揺れる。

2008.11/7(金) 傷にあてる保冷剤をくるんだ手拭で顔かぶれる。


2008.11/14(金) CT検査 ●医師 まず顔のかぶれに関心
        傷にあてる保冷剤をくるんだ手拭でかぶれたと話したが、保冷剤を必要とするほどの傷を
        見ようともせず、痛みについても、めまいについても質問なし。
        CT画像のみ見て、「きれいに治っている。」
        私  「ならば、よく眠れないので回復が遅れているのでしょう。」
           「もっと早く気がついていれば・・・」 と悔やむ。
       ●医師 「早期に手術しても聴力はなくなる。」 ・・・ 信じがたい。嘘つきか。
       看護師さん「予約カードお渡ししましたかね?」
         私  「いただいていません。」
       ●医師  「いただいてましぇ〜〜〜ん。」     

11/14のカルテ : CT ok 、2月にMR、次回1/23予約。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            
2009.1/23(金)  私 : 「めまいが治りません」
       ●医師 : 「11/14には、治っていたのでは?」驚いたふり、自分では一度も訊かなかったのは何故だ。 
       ●医師 :  「今、CT検査するか?」
         私 : 「CT検査でめまいの原因が判るのですか?」 
       ●医師 : 「・・・・・」返事なし。CTにより何が分るかの説明もなし。
         私 : 「何があっても絶対に責めないので、本当の事を教えてほしい。」
       ●医師 : 「何もない。すべて、上手く行った。」
         私 : 「インフォームドコンセントの時、1ケ月で仕事復帰といわれたが・・・?」 
       ●医師 : 「それは一番うまくいった場合の話。 半年、1年かかる人もある。」  
                     ↑
              手術前に説明すべきである。 騙し打ち 騙し打ち 騙し打ち
          
院長回診時、めまいは治っていないと答えた。 カルテに書いてある筈。
めまいを治すための手術をして、めまいに関する問いは、一度もなかった。
わざと避けていたとしか思われない。 患者を白痴扱いできるとみている。
退院後、初めての診察日(11/14)にも、CT画像のみ見て、私の方は見ないで、「きれいに治っている」とのみ。 
まず顔のかぶれに関心を示したのも、話をそらすためか。

 1/23のカルテ : めまい、まだ+。 徐々にとれると思うが。 MRへ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2009.1/27(火)  近医 受診
         めまいが治らないので、めまい外来を紹介してほしい旨。
      ⇒ 「めまい外来はメニエールを診るところ。他は紹介できない。●医師の方が、めまいの専門だから。」
        ●医師の手前、他は紹介できないということか。
        患者ハ医者ノ所有物? 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


2009. 2/2(月) MRI検査  検査室前で待っているところへ●医師(診察を中断してわざわざ?)
        MR室に何の用があったのか? 都合の悪いところの撮影をしないように指示できる?
      ●医師:「近医の先生のところへ行ったのか。」 不機嫌。
         MRI検査後 「画像ではきれいに治っている。」
         めまいに関する質問無し(どんな種類のめまいか、どんな時に起るか)
         患者無視、画像しか見ない。

  メモを見ながら話そうとしたら、「そんなもの見るのはやめよう」と言う。
      私 : 院長とA医師は回診時、めまいと腫瘍の関係を否定されたが・・・」
    ●医師 : 「診断は医師によって異なる。」⇒  ●医師は「関係ある」との診断。
問題を先送りして、ウヤムヤにしてしまうつもりか。
      私  「MRA(脳血管) 等、腫瘍以外の原因は考えられないか?」
    ●医師 : 「ない。」
      私 : 「これでおしまいなんですか?」
    ●医師 : 「そんなに心配なら、8月にMR検査してもいい」


    何のための手術か。 患者をモノ扱い。
    医師・病院を疑ってかかるというのが常識か?
 
   とり残しがあれば再発するとの説明もなし。

 2/2のカルテには : よくわからない単語2つほど、8月MR再検

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
2009.2/5(木) 県立病院へ電話。 脳外科で診てもらえないか。
       看護師さん : 「脳外科は、これから手術を受ける人が受診するところ」
              「写真では何も出ない。手術の時に、神経を傷つけるので、めまいは
               3 〜 6ケ月は残る。 それで治らなければ、もう治らない。」
       当該病院では、手術の前にも後にも、このような説明は一切なし。

2009.2/10(火)  当該病院 ●医師予約 2月13日(金)

2/13(金)  気分悪く起きられない 病院予約キャンセル。

2009.2/16(月)  県立病院 脳外科断られ、東洋医学へ。
         東洋医学、部長先生 → 神経内科を紹介、予約  2/23(月)


テレビ東京 7:00pm 上山医師(旭川赤十字病院)
     悪い医者 = 画像を見て患者を診ない医者。
     良性腫瘍でも、取り残しがあれば必ず再発する。


                      
2009.2/23(月)  午前、県立病院 神経内科 → 脳外科に紹介 3/2(月)予約

        午後、当該病院 ●医師 : 「原因不明のめまい患者は多数いる。」
                          ↑
手術前に告げるべき。ICのとき「めまいは治る」との言葉は手術へ誘導する為の嘘だった?
      傷の痛みを訴えているのに、首の傷のみ見て、骨の縫合あと見ずに、「きれいに治っている。」
      私 「いまだに氷が必要」  → ●医師 : 「もう氷はやめた方が良い」
      私 「鎮痛剤を使うのか?」 → ●医師 : 「それもやめた方がよい」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2009.3/2(月)  県立病院 脳外科 部長先生
        「9×13mm ではない。 この大きさで普通手術はしない。
        オタマジャクシのような単純な形ではない。」


 騒音が大きく響く (踏切、集団の声)
 自分の声が反響する(エコーがかかる)  
 僅かに聞える音も意味ある音や声ではない。        
 傷の痛みはいつまで続く?
 これらの症状はもう改善しない? or 悪化していく?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2009.3/9(月) ●医師 「複合的な要素があるので、腫瘍をとったからめまいがすぐ治るとはいえない。」
                          ↑
昨年10/20 の インフォームドコンセント時、「めまいは治る、一カ月で仕事復帰」は嘘だった?
                          ↑
             手術へと誘導するために騙した

 ☆複合的な要素とは何なのか説明すべきだ。

 私立医大めまい外来への紹介状
 バランスが悪くなってきた経緯を手術前にすべて説明したのに、症状のプロセス改めて質問。
 めまいが悪化してきたプロセスをカルテに記入していなかったということか。
 今回は、「6年前のめまいは腫瘍と関係ない」 ・・・手術前の説明と矛盾。
 2/2(月)には、A医師と診断が違うと指摘したら、「診断は医師によって異なる」と言ったのに、
 今日はA医師と同じ診断。
 6年前のめまいが、腫瘍と関係ないならば、手術によってめまいが治る筈がない。
 行く度に言葉が変わる。 よほど瞞着しやすい人間と見られたか。
 患者を白痴扱いしている。 Informed Consentは、患者を罠にかけるためのものか。
 傷痛、髪が縫いこまれてしまったような痛み。 荒々しい傷あと。
 患者をどこまで瞞着できるかの実験か? 瞞着なら見過ごすことはできない。

小さくなることもある、消失することもある腫瘍だから、6年前のめまいが関係ないとは言えない筈。 
患者を容易に瞞着出来るとみている。平気で言葉を変えるのも患者を馬鹿にしているからだ。 
最初のMR診断のときに患者に告げなければならない重要な事実である。

 
 3/9のカルテには : Op後もめまい、私立医大耳鼻科紹介状。

   
2009.3/16(月)  テレビ東京 「2006年から患者の数 減少」

心身消耗

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存