ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1989] 老人医療と介護問題
日時: 2014/04/20 15:04
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:PxkVQE1.

このような報道があった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140419-00000590-san-hlth

特別養護老人ホーム(特養)の入所待機が全国で52万人に上ったとの報道を受け、読者からさまざまな手紙が届いた。今国会に提出されている法案が通れば、特養の入所は来年度以降、原則要介護3以上の人に重点化される。合わせてお伝えする。(佐藤好美)

 ◆椅子取りゲーム

特養の入所が「要領の良いもん勝ち」の競争になっていると感じている人は多い。

西日本在住の女性(61)は「軽いうちから申し込んでいる人や、あっちこっちに申し込んでいる人もいる。『椅子取りゲーム』状態で、軽い人が入ると、後の人はなかなか入れない。要介護度が重く、今すぐにでも特養入所が必要な人が待たされるのは気の毒やと思う」と言う。

女性の母親は80代で要介護3。今までは介護サービスもほとんど使わず、1人暮らしをしてきたが、最近、調子を崩して入院。生活の見直しをしなければならなくなった。

当面は介護保険のサービスを使って1人暮らしの予定だが、不安は大きい。日中はリハビリの手厚い施設でサービス(デイケア)を受けて過ごしてもらおうと考えたが、施設側から「要介護3では毎日は使えません。デイケアの前後に訪問介護を組み合わせると、限度額をオーバーします」と言われた。在宅の生活も難しく、かといって、適切なタイミングで入所できる感じもしない。

「虐待を受けた人はすぐに入所できると聞きます。でも、要介護度が軽いなら、そういう人が集まって暮らせる場所があれば、代わりに重い人が特養に入れるかなぁと思ったりします」と話す。

京都市の男性(66)からは「希望があれば、軽い人でも重い人でも、すぐに特養に入所できるように施設整備をすべきだ」という声が届いた。10年ほど前に認知症の母親の介護をした。「軽い人でも入れるようにしないと、家族は働くこともできない。その結果、日本の経済も衰退する」

 ◆必要性の高さとは

特養は本来、「待ったら入れる」ものではない。必要性の高い人が優先的に入所するのが原則。自治体ごとに入所基準があり、要介護度や緊急性の高さで点数化されている。

だが、施設側にも事情がある。「重い人ばかりだと、介護職が疲弊してしまう。手のかからない人も一定程度いないと運営できない」(ある特養の施設長)のも現実。また、「全く面識のない人よりも、できればデイサービスやショートステイで本人と家族の状況がある程度分かる人を入れたい」(同)という意向もある。

このため、利用者や家族からは「顔つなぎのためにデイサービスやショートステイを使っている」「いざというときのために施設のケアマネジャーと親しくしておく」という声が絶えない。膨大な待機者リストの背景には、入所が激戦で、要件が透明化しきらないこともありそうだ。

 ■自治体で異なる整備率と入所状況

厚生労働省の調査では、特養の待機者は全国で52.4万人。同省は特に「要介護度4、5」の重度で、自宅にいる8.7万人の待機が問題とする。

「もっと特養を」との声もあるが、特養の整備率は自治体によって事情が大きく異なる。65歳以上の高齢者1人当たりの定員を見ると、不足が著しいのは、愛知、千葉、大阪、埼玉、東京、神奈川などの大都市が並ぶ。地価が高く、高齢化のスピードが遅い地域で施設整備が遅れたためだ。だが、この地域は今後、急速に高齢化する。

都道府県によって、新規入所者に占める要介護度の軽い人の割合も異なる。奈良県や北海道では、要介護1、2の人が新規入所の2割を超えるが、富山県や愛媛県では5%に満たない。

軽い人の入所で多い理由は、(1)認知症で常時の見守り・介護が必要(2)家族による虐待がある(3)老老介護で経済力がない(4)独居で孤独感があり、本人も家族も入所を希望する−などが挙がる。だが、地域差の理由ははっきりしない。

厚労省はこうしたデータを踏まえ、特養の利用を要介護度が重い人に重点化したい考え。今国会に提出中の法案に、入所を原則要介護3以上の人に重点化する方針を盛り込んだ。ただし、「やむを得ない事情で特養以外での生活が著しく困難と認められる」場合は例外とした。具体的には先の(1)、(2)のような事例のほか、知的障害・精神障害などがあって地域での安定した生活が困難なケースなどを挙げる。今後、詳細を検討し、指針を作成する。

法律が成立すれば、来年4月から実施されるが、既に入所している要介護度の軽い人に退所を求めることはしない。

特養も変わりつつある。複数の利用者が交互に特養の1ベッドを使うことで家での生活を支える施設もあれば、大規模施設を分散化した所もある。在宅サービスの充実や低価格の住まいの整備に並んで、柔軟な施設利用も課題になっている。


(引用終わり)


これに対して旧掲示板に2007年、すでに下記のような投稿をしている。


◆ゴールドプラン21の推進

 平成12年には、我が国の高齢化率が世界最高の水準に達することが予想されるとともに、介護保険法が施行され、全国の地方公共団体において、老人保健福祉計画と介護保険事業計画が一体的に作成されています。高齢者保健福祉施策は、まさに新たな段階を迎えようとしているのです。こうした状況に対応するため、活力ある高齢者像の構築などを柱としたゴールドプラン21を策定し、推進しています。

(以上厚生労働省)

上記により始まった「介護保険制度」であるが、確実に成果を上げているのは新たな税金(介護保険料)の徴収のみ。
実際のシステムはすでに経済的に破綻状況になっており、各地で介護保険料の値上げが始まっている。
なんと言うことか、これから団塊の世代がその対象として登場すると言うのに。

そりゃそうだわさ。官僚が作ったシステムなどは中間搾取が多すぎて、支払った介護保険料の何割が実際の現場で使われていると言うのだ。

一つはコムスンの問題を見ると良い、経営者一族の莫大な資産は何なのだ。
あっと言うまに数百億の蓄財が出来てしまっている。
そのために使った政治家などへの賄賂も相当な金額となっているであろう。

もう一つは介護用品を買う場合、9割が補助金でまかなう制度である。大手メーカーは殆ど定価販売が出来、儲けのドル箱状態である。
勿論、介護製品の認定を得るための官庁への見返りは十分に必要であろうが。

さらにさらに、まだあるぞ。最近全国で流行しているグループホームの建設も、誰がどのように決定しているかは知らないが、知らない間の多くの補助金の出る施設が突然出来ている。
グループホームに入居できる老人は、毎月20万くらいは出さねばならないため、かなり裕福な人に限られる。
10人から20人のためのグループホームを作るのに1億以上の補助金が用意されているのだ。

実際に介護に携わる人々は時給700円から900円のパートで泣く泣く頑張っている。
彼等を尻目に、左うちはで鼻息荒いのが、人材派遣の元締め、全国の社会福祉協議会。コムスンなども彼等には勝てないのだ。
勿論、天下り先になっている事は言うまでもない。

つい十年前に、馬鹿官僚が思いつき、ゴールドプランなどと大見得切ったこのシステムも、年金と同様に税金の垂れ流しとなっている。
なおかつ、最早破綻だそうである。


メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

日本人の投票行動と高齢者医療 2 ( No.11 )
日時: 2016/03/11 22:19
名前: 北の国から ID:obvLyMpo

 「難しいことをやさしく」と言ったのは、作家の井上ひさしさんですが、今日の
国会答弁などをきいていると「難しいことをやさしく」というのは、
 ・ウソと美辞麗句を取り交ぜることが可能
 ・科学的、論理的思考を(ことさらに)排除できる
という問題があり、つまり、腹黒い政治家の国会答弁に活用されると、それが日本
人の投票行動にプラスに作用するのではないか、などと思っています。

 ところが、医療、介護の問題(制度改悪計画)は、どんな家庭でも具体的な問題
であって、しかも本来普遍的価値である「人の命を大切にする」ということと、た
いへんわかりやすく結びついているようです。

 
メンテ
Re 日本人の投票行動と高齢者医療 2 (北の国からさん) ( No.12 )
日時: 2016/03/12 00:31
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:1ml7aipI

後期高齢者医療制度とは、すっかり意識から遠のいていました。
なんやかやと言っていますが要するに、75歳に達した老人を皆保険としようとしたものです。
それまでは家族の扶養者扱いの老人は保険料を収めていなかったので、彼らを対象に歳入増加を図ったものです。

真面目に考えると、絶望的な統計より見当たりません。
少子高齢化の波は、これからが本番と思います。

ところで、我が国の老齢化現象を見てみましょう。
昭和58年(今から30年ほど前)には、75歳以上の老人は、400万人でした。
これが平成25年になると、1600万人、
10年後の平成35年には、2150万人になると推測されています(ピークに近い)。

これに対して我が国の医療費は
昭和58年頃には、18兆円、
平成25年には、40兆円、
平成35年には、考えるだに恐ろしい、60兆円と予想される。
経済的な指標として、
国家の税収は、昭和58年頃は、50兆円
平成25年は、過去10年に比べてかなり回復し、それでも55兆円。
こんなもの(国税)で医療問題など論じることさえできない。
後期高齢者医療の保険金も、年平均が、75000円、1600万人分としてもたかだか1兆2000億円。
ところで国税とは別に社会保障費を支える一人当たり国民所得と言うと、
昭和58年  231万円  (国民負担率 33%)
平成25年  362万円  (国民負担率 40%)
一人あたりの国民所得と言うものはGDPを人口で割ったもので、統計上の意味合いより持たない。
別の指標に、サラリーマンの平均年収がある、これは
昭和58年どでもほとんど、400万円あった、
平成25年度では440万円そこそこ。
要するに医療保険を維持するために国民は必死で対応しているのである。

他に失業問題もあり、税金で社会保障を維持する事は既に不可能になっているのです。
それでも国家は予算を組まねばなない。
税収は必要な経費に比べて微々たるもの、国民負担率を上げるりない。
それも失業者、生活困窮者が増えて行き、一般の人から負担させるには限界がある。
福祉国家を諦めるか、否かという選択を迫られる。
明治時代を考えれば、それでも結構な時代である。
だがね、社会の空前の発展とは何であったのか。
簡単なことである。
国民負担率の上限を30%とし、それ以上の経費は、通貨の増刷で賄うことである。
金額で言えば、現在で10兆円。
これで何の支障があるのか。
インフレが起きると言うのか。
為替相場が激変し交易が成り立たないと言うのか。
全ては、否である。
ここまで進んだ生産設備を有し、GDPで500兆円を超える経済規模を誇る我が国にできないことか。
今更、明治時代に帰る必要などないのである。

結局のところ、我が国は、当面の間は赤字国債の発行で切り抜け、国家の債務が2000兆円を越す時になって、通貨の増刷に踏み切るでしょうね。
それも、そんなに先のことではなく、10年、そこそこでしょう。
髄分と前から、官僚共も、様子を見てタイミングを図っているのでしょうね。

心配ご無用と言いたいですね。
メンテ
Re: 老人医療と介護問題 ( No.13 )
日時: 2016/03/12 00:58
名前: 北の国から ID:.YHdSsAE

 医療保険制度の給付総額は30兆円を上回っていますが、国の負担自体は、
その3割弱くらいでしょうか。
 厚生労働省の役人のずるくてアホなところは、その総額の上昇について国
民をおおいにおどしておいて「持続可能」のために給付を下げる、という子
どもだましのようなことをくりかえしくりかえし強調してみせています。

 これは、とんでもないことで、「無駄な検査」「無駄な投薬」を(医療機
関側を)適切に規制すれば、給付の4割近く減らすことは可能だとボクは考
えています。
 さらに「予防医療」にまともに力をいれれば医療費の2割近くは減らせる
とも思います(自治体単位でこれを実現しているところもある)。

 大手の製薬メーカー、大手の検査機器メーカーのもうけをそのままに、国
民負担だけ削ろうというところに、厚生労働省のウスギタナイやりかたの根
性がまる見えですね。
 「予防、公衆衛生」から「まともなリハビリ」こそが必要ですね。もちろ
ん「労働者の働きかたの改善」も医療費を引き下げますね。
 要するに厚生労働省の「医療観」はいびつきわまりないもので、そこに大
きなメスをいれなければならないでしょうね。
メンテ
Re: 老人医療と介護問題 ( No.14 )
日時: 2016/03/12 01:01
名前: 北の国から ID:.YHdSsAE

訂正です

国民負担だけ削ろうと … 国民負担だけ殖やそうと

すみませんでした。
メンテ
Re: 老人医療と介護問題 ( No.15 )
日時: 2016/03/12 07:54
名前: 北の国から ID:.YHdSsAE

 国民と患者の負担を増やさずに医療費を適性に引き下げるもう一つの
重要な方法は、医師政策の改革です。

 たとえば、初期の肺がんを、優秀な呼吸器内科の医師だったら、胸部
の(一般的な)レントゲン写真の微妙な変化を見て(読影)で診断する
ことができますが、出来の悪い医師はCTの画像まで見ても診断できま
せん。
 いろんな検査をしたり、専門医を紹介してやっとまともな診断がつき、
治療計画をたてる、という具合ですが、出来の悪い医師がその間にいろ
いろと「指示」する医療行為が、医療費を大きく膨張させています。

 これを無くすには二つの方法が考えられます。

 まず、医師の国家試験をもっともっと優しくして「国民のための医師」
を目指す医学生に大量に医師免許を与える。
 医師の技術は、現場でどれだけの研修ができるか、研修医がどれだけ
「医療に情熱をもち、患者、国民のために役立ちたい」と思うかによっ
て飛躍的に高められるのであって、医大の成績や、国家試験の成績とは
関係がないからです。

 こうした研修を行うと「名ばかりの医師」は淘汰されていくでしょう。
医師が現場にたくさんいて、切磋琢磨される条件をつくるとともに、不
正やミスした医師におおきなペナルテイーを課します。
メンテ
Re: 老人医療と介護問題 ( No.16 )
日時: 2016/03/12 08:04
名前: 北の国から ID:.YHdSsAE

場合によって、このペナルテイーは「医師免許はく奪」まで毅然として
行います。
 このことによって、保険医療費はかなり削減されるでしょう。

 もうひとつは、医師の人件費の削減。
 医師の研修の改革によって「金めあて」の医師は、現場から淘汰されて
いくので、医師の人件費の適正化をすすめます。

 ボクは、「年収で750万円以下」の設定がいいと思っています。
高い給料で、医師の技術が高まるわけではなく、高い給料をあてにして医
師になる人はほんとうは少数なのですね。
メンテ
Re: 老人医療と介護問題 ( No.17 )
日時: 2016/03/12 09:43
名前: 贅六@関西弁 ID:NKtf4qFs

そうですなぁ、天橋立はん、

どの道ワテの家庭は老人世帯ですよって、国民健康保険はワテ等自身が掛けなあきまへん。それはエエのんですが「後期高齢者医療保険」は一世帯一口や無ォて、 個人毎の「後期高齢者医療保険」でおますよって、ウチのカミさんも別に掛けなあきませんのや。その二人分の合計が以前の「国民健康保険」の一世帯一口の時と同じか如何かまだ調べてませんが、以前の様に、息子と同居の暮らしやったらワテに「厚生年金受給」の無い場合、息子の扶養家族に成って息子の健康保険の一口のメンバーに組み込まれる筈ですわなァ。其れが幸か不幸かワテに「厚生年金受給」がおますよって、息子と同居してたとしても、ワテは「後期高齢者医療保険」を別に掛けなアカンのですやろ。その分多額の保険金収入が有るちゅう事に成りますなァ。
メンテ
薬代 ( No.18 )
日時: 2016/03/12 11:19
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:LhFR2h36

北の国から さんは、流石に医療問題の詳しい事をご存知ですね。

医療費で言いますと、私は持病の為に2ヶ月に1回診察を受けて薬をもらいます。

持病と言っても、軽い糖尿病、高血圧、肝臓など、色々と溜め込んでいて、薬は相当多いです。
ですが毎回の診療報酬の内訳を見ますと、薬代が7〜8割で、保険がなければ、7〜8万円になります。
1日に換算すると、1300〜1400園の薬を飲んでいることになります。

薬の開発には少々金が掛かっても、あの程度の錠剤の値段としては暴利であると思います。
ですが、保険で1割負担なので製薬会社への悪感情は起きません。

これが、毎回、薬代で7万も、8万も払っていたら、薬を少なくするか製薬会社に文句を言いたいところです。
介護保険での補助金の制度もそうですが、保険の影に隠れてメーカーのやりたい放題は許せませんね。


メンテ
Re: 老人医療と介護問題 ( No.19 )
日時: 2016/03/12 12:20
名前: 北の国から ID:.YHdSsAE

 天橋立さん。
 まったく仰るとおりで、厚生労働省の役人は、いわゆる「総医療費」(普通の
売薬だとかサプリメントなども含む)を抑制しようなどとは、クソも考えていな
く、要は「国の負担さえ、限りなくゼロに近づけばいい」のですね。

 したがって、厚生労働省の統計資料などをみると、意図的に「総医療費」と、
「保険医療費」をまぎらわしく表現しています。
国民は、そのウスギタナイトリックにごまかされてしまうことがあるのですが、
国会のやりとりなどを見ていると、野党の議員までが、役人の騙しにひっかかっ
て(あるいは、ひっかかているふりをして)、政府と一緒に「持続可能な制度」
などと発言しているのですね。

 製薬会社、検査機器の会社などのもうけは、しっかりと確保させて、という
のが日本の役人の(構造的な)根性なのでしょう。
メンテ
Re: 老人医療と介護問題 ( No.20 )
日時: 2018/01/06 01:31
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:05gQi7yk

UP
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存