ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1993] <衆院鹿児島2区補選>自民勝利 野党共闘の候補ら破る
日時: 2014/04/27 23:35
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:Y4Pz2u2o

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/shugiin_kagoshima/?id=6114965

 消費税率の引き上げ後、初めての国政選挙となった衆院鹿児島2区補選は27日投開票され、自民党新人の金子万寿夫氏(67)=公明党推薦=が初当選を果たした。無所属前職の打越明司氏(56)=民主党、日本維新の会、結いの党、生活の党推薦=ら5候補は敗れた。選挙戦は与野党対決の構図となり「安倍政権の信任選挙」と位置付けた与党は総力戦を展開。野党4党の統一候補をかわした。【内田久光、津島史人】

(引用終わり)

>自民党は強すぎる。
>野党がてんでばらばらでは勝てるわけがない。

この様な寝言が罷り通る世の中、55体制時の自民党に勝てる訳がない。
300の小選挙区で野党同士で譲り合いして勝てた選挙区がいくらある。

このような論理は、少数野党が初めから逃げの手を打つ論理である。
政治的情熱があるなら、単独で、真剣に選挙民に訴えることだ。
日本新党が政権を取ったのも、一時維新の会が躍進したのも、そういう強烈な訴えが有権者に認められたからである。

自民党に対する、野党共闘などは、選挙が終わってから考えるものである。
何を書き違えたか、馬鹿共は、本来の使命感に欠ける柔弱者は

>野党がてんでばらばらでは勝てるわけがない。

こういう発想に逃げ込むのである。
消費税値上げ」を問う補欠選挙と銘打ちながら、
野党の中心、民主党も虎視眈々と消費税値上げを狙っていたのであろう。

生活の党など、民主党の消費税値上げの方針を是、とせず、離党したグループであろう。
そんなものが1年も経たないうちに、民主党と共闘するとは、国民を無視した国会議員のあまりにも身勝手な事よ。

このような糞政党が、いくら集まっても意味がない。
自民党に勝てるはずがない。
自民党に反対する政治的スタンスもなく、自分たちが議員の身分を得たいだけの共闘に過ぎない。

それは、それとして

オリーブの木だの、選挙において野党共闘が必要などと、一般国民が思う事、その事が、すでに敗北であるのである。
相手を見るべし。

糞ばかりではないか。
糞が幾ら集まっても臭いだけである。


メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存