ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2106] 名誉毀損刑事事件という危うさ
日時: 2014/10/24 19:40
名前: 遂犯無罪 ID:s5NFWNnE

新刑事訴訟法に基づく名誉毀損刑事事件で我が国の実刑第二号となった、残念ながら一号はこの二年前に横浜地裁判決で同じく一年半の懲役刑が確定して判例とされた。

この名誉毀損とやらに格段の関心と意見がある、順次に投稿してゆきたい、さて本日もこのニュースが飛び込んできた、ブックマークしているサイトから引用。
http://grnba.com/iiyama/

2014/10/24(金)  きのこ女史が家宅捜索を受けた
片瀬久美子の名誉を毀損した疑い、と。

この「一個3千円の線量バッジを2万円で売り 1万7千円をボロ儲け その数30万個」を相手の実名を挙げて流布すれば、ガサ入れもしかたないかと。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

犯罪者へのサイコパス呼ばわりは名誉毀損刑事事件か ( No.1 )
日時: 2014/10/25 12:38
名前: 遂犯無罪 ID:zsWCXk0M

一連のサイコパス訴訟の核であり対象となるのは、巫召鴻が管理する「デタラメ判決を正す会付属掲示板」 坪井の個人・人格攻撃はデタラメ掲示板上で始まり、続いて北詰、吉田・小川が加わった。

二月のガサ入れの捜索理由・目的は坪井をサイコパス呼ばわりしている名誉毀損容疑、こんなものは刑事事件対象とはならない、民事でも判決書では不適切な表現ではあるが、不法行為までとは云えない・・と判示している。

収監されていると思われていた坪井隆作は娑婆にいる、てっきり訴追されていると思ったが・・燃やせ殺せ事件は時効完成がしている・・となるとあの事件はお咎めなしか? しかし中谷弁護士の様子では訴追間違いなしの意気込みだった。以下は↓

事件屋の巣窟サイト 検察は組織犯罪として立証するか
http://www.suihanmuzai.com/141025.jpg.html
メンテ
告訴だ 告発だ 指揮権発動だと騒ぐ事件屋 ( No.2 )
日時: 2014/11/16 06:41
名前: 遂犯無罪 ID:wTsSg4oY

柏市戸籍改ざん事件の小川達夫の提案・要請から作成した”自然葬友の会hp”、この削除要請を一年半前にしてきた、これに応じて全面消去をしたが、どうもネット魚拓されているらしく、この土地購入者が墓地使用と知りキャンセルしてきた・・これは営業妨害だから検察に刑事告訴したと電話で脅しを掛けてきた。

小川からの依頼で柏市戸籍改ざん事件hpを全くのボランティアで立ち上げ、自然葬友の会hpも作成した、この僅かなドメイン代すら小川は払わない、これらの著作権は当方に帰属して小川にはない、小川は虚構戸籍事件を法務大臣に指揮権発動要請までするふざけた奴だ、北詰・吉田・小川は何でも刑事告訴・告発だと騒ぐ。

インターネット上での虚偽流布・ヘイトスピーチ等の被害を刑事告訴しても受理されない、これは当然であり、捜査となれば専門家を雇って送信元を特定して、家宅捜査等多くの人員が動員される。

それだけの予算を使うのだから、それなりの物騒ぎでないといけない、自尊心が傷つけられたから刑事告訴だと騒いでの虚偽告訴をした北詰、また我が事件の園田義明・洋子も民事上のトラブルを警察に持ち込み虚偽告訴をした。

名誉毀損など私人間の紛争は、余程の犯罪事実・要件がないと刑事事件化してはならない、訴えるならばまず民事提訴とすべきだ、日常生活に警察が介入するのは権力の濫用に繋がり、予算面でも問題である。

民事不介入の原則とは、個人の権利は当人が自分で護れという考えに基づいている、我間断なき訴訟沙汰の意図するところ、18年前の虚偽告訴事件から懲役刑の事実、この怒りと好奇心、そして事件風化阻止としてのhpへのアクセス稼ぎと社会公益性にある。

強大な国家権力と闘うには、まず愉しむ遊び心、そして訴訟ゲリラ戦術に限る、偽装刑事裁判の実態解明に、虚偽告訴人・警察官・検察官・裁判官への刑事告訴に始まった、この関連事案として外務省・行政相手の三件の国賠訴訟、また三件のホームレス絡み事件、ヤクザ相手の訴訟など、公益性ある鬱憤晴らしに明け暮れている。

20年前に偽装失踪した財産犯・須崎との裁判の始まりは、実刑判決後の拘置中の身に損害賠償訴訟を提起、この被告敗訴確定から自己競落調書を獄中に送り突けた、これから18年の歳月が流れて、須崎相手の5回目の訴訟沙汰を6月に提起、この公示送達裁判から現在、八王子簡易裁判所の掲示板に公示送達が貼られている、公示送達で原告敗訴の栄誉は三回を数える。

告訴だ 告発だ 指揮権発動だと騒ぐ事件屋
http://www.suihanmuzai.com/141116.jpg.html
メンテ
侮辱罪も成立 ( No.3 )
日時: 2015/01/31 12:26
名前: 遂犯無罪 ID:UJQyvDfA
参照: http://www.suihanmuzai.com

この三点を具備しない被告吉田の違法記事を、被告巫の二つの匿名掲示板は即時掲載している、これに対して原告は、4年前の2011年春から、荒し行為を排除すべく、投稿記事はチェックする承認制設定にせよと、提言・抗議し続けてきた。

被告吉田の投稿記事は、単なる誹謗中傷の域を超えて、原告の社会的評価を著しく低下させるものである、これらの記事内容は公然と事実を摘示するものであるか、否か、事実の摘示がない場合は、侮辱罪の成否が問われる。

威力業務妨害罪(刑法234条)の「威力」とは、他人の自由な意思決定を制圧するような威勢を示すこと(判例)であり、被告吉田の常軌を逸した罵倒と実名暴きには、刑事再審請求者としては恐怖・憤怒に耐えない。

巫・吉田訴訟 訴状
http://www.suihanmuzai.com/index3/150130.pdf
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存