ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

(全部表示中) もどる スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: PW設置の為の重複投稿分2 ( No.1 )
日時: 2015/02/14 09:07
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

2015/2/9 「鳴り物入りで始まっていた北朝鮮拉致問題はどうなった?」

昨年、安倍内閣の支持率が傾き始めた時、降って湧いたように再浮上したあの北朝鮮拉致問題、シンゾーの母親までが山谷拉致担当大臣を引き連れてモンゴルまで出向く力の入れようだったのに、昨年暮れ、北側が突然、生存者調査報告の延期を一方的に通告したまま、話が立消えになってしまった。

相手が話をクルクル変える北のことだからとは言え、そんなことは安倍が小泉内閣で官房長官として何度も経験したことで、今更相手がこうだからと言うのは、相手の手の内に乗ってしまった拙劣な外交の結果と言われてもしょうがない。エサを捕獲する為に擬態で狙いをそらす攻撃型擬態生物に騙されて捕獲されたようなものだ。

何を捕獲されたのだろう、最初に北がスエーデンで日本側と接触し、拉致問題をも一度協議のテーブルに乗せても良いと言い出した時、内閣は、これ以上の内閣宣伝の材料は無いと小躍りして、まだ成果も無く、この先北の特徴である豹変リスクが高いのに閣議で、それまで続けて来た制裁の一部を解除してしまった。

人の往来では、北朝鮮国籍者の入国禁止、在日北朝鮮当局職員の再入国禁止を解除し、送金規制10万円以下を100万円以下に緩和もした。

そして続いて出て来た問題が、例の靖国神社に隣接する一等地の朝鮮総連本部売却に絡む先週の報道記事だった。そこに総連が退去せずとも居座ることが出来そうになったという記事だ。

国交も無いのに事実上の北朝鮮大使館と言われている総連本部。この得体の知れないドロドロした一連の売却問題。事の発端はバブル崩壊で総連関連の信用組合が相次いで破綻、わが国の整理回収機構による物件差し押さえに始る。

一昨年、東京地裁が競売を認め、最高額でモンゴルの不動産企業が落札、だが地裁は書類不備として第二位の落札者であった四国高松市のマルナカホールデイング社への22億1千万円での落札を昨年春に決定。これを不服として朝鮮総連は東京高裁に競売無効の無効申し立てを行ったのだが、同時に降って湧いたのが拉致問題を再度テーブルに乗せると言う政治問題。

多分政治問題に配慮した事は間違いないと思われる最高裁による朝鮮総連の競売差し止め申し立ての審議決定。これで総連の即時退去の必要が無くなった。一連の政治謀略の匂いに耐えかねたのか、マルナカホールデイングは、第三者への転売も同時に開始。そこに登場したのが安倍の政治顧問と囁かれ、北との関係が深い鹿児島の最福寺池口和尚。自分がマルナカより物件を入手し、総連に賃貸しする意図があったのだろう。

だが転売を受け入れると申し出たものの、資金を出すと言っていた某大手ゼネコンが手を引いてしまい、池口もギブアップ。同時に北朝鮮も拉致問題調査報告を一方的に延期してしまったせいか、最高裁も凍結していた競売落札を解除し、マルナカホールデイングが晴れて総連資産を入手。

ところが先週の読売記事で、そのマルナカは、山形のグリーンフオーリストなる不動産屋に転売、このグリーンが朝鮮総連に賃貸しするという。これで総連は完全に退去を逃れる格好となった訳だ。
この転売に動いたのがマルナカの地元高松市選出の元自民党副幹事長で元参院議員の山内俊夫なる御仁だそうな・・・

民間の債権債務整理問題に政府が口出しできないのは当然としても、こちらが飛び乗った拉致問題もどこかえ消えてしまったような時に、総連は、バブル崩壊で日本の資金を喰い潰し、最終入手者の資金とて迂回して回って来た日本の資金で居座る。

テロには屈しないとして有志連合には資金を出した安倍政権。テロ国家北への資金は民間がやったことにしても、拉致問題は文字通りラチも明かないのに、カネだけはタップリと回るような仕組みになっているのだ。これはヨルダン問題も含めてナメられている証左ではないか。騙しも幼稚化した、とでも言えばいいのか?(笑)。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置・続編からの転載分(3 ( No.2 )
日時: 2015/02/14 10:14
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

日時: 2015/02/13 20:00名前: ryu ID:Qpm7Y7i6

 所詮、日本のツートップが最凶のアホだからでしょうか。(シンゾーと最近、タイ人と勘違いされやすい桃太郎侍)この二匹、あるいは3匹(AAA:アキバ、アベ、アマリ(オマリ−))が日本を毒しているからでないでしょうか。やはり コヤツらには 「Go To Ass!! Hip To Be Square!!」という言葉がお似合いですね。
メンテ
Re: 当代世間騙し装置・続編からの転載分 ( No.3 )
日時: 2015/02/14 10:13
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

日時: 2015/02/14 07:12名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

Yes 、Sinzoo & Akiba , as if they were running with no pants.

They are such damb―Ass !。 (手のつけようもない間抜け野郎)
メンテ
Abe is not Japanese, and We are not Abe. ( No.4 )
日時: 2015/02/14 10:22
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

日時: 2015/02/14 09:58名前: 青トマト ID:uM7Mny.U メールを送信する

古賀さんの、アイ アム ノッツ アベ を継いで、

アベは日本人ではないのだと、日本国民は世界に向けて言いましょう。

李ショウバンやマルコスのように米国でもオーストラリアへでも飛んで行け。

追放!!
メンテ
Re: Abe is not Japanese ( No.5 )
日時: 2015/02/14 10:34
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

But we are Japanese なのに、ドイツで開催の柔道国際試合に日の丸隠して行かねばならなくなりました。

このシンゾー野郎、テメエは日の丸掲げてテロには屈しないと言いながら、同胞国民はフラッグ隠して行かねばならない。

アメリカネオコンは、イラク戦でショウ・ザ・フラッグ、日の丸掲げて戦争に参加せよと言っていたが、シンゾーのお陰で、日の丸隠してウロウロせざるを得ない。

オイッ!シンゾー!・・・さっさと亡命して、一人で日の丸掲げて走り回れっ!!。

メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.6 )
日時: 2015/02/14 19:38
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:GMA5zHzU

イスラムテロの残虐性も
ロシアのテろ鎮圧姿勢も、領土拡大の意思も
北の将軍様の姿勢も
中国の民族弾圧も

何も変わるところのない人間社会の我欲の現れでしょう。
中でも、一番悪辣なのは、金融資本の支配でしょう。

そうして「当代世間騙し装置」スレッドは、彼らの悪巧みを暴くもの。
そういう意味でイスラム国の脅しは、我々自身に「当代世間騙し装置」に対する覚醒を促すものと言えましょう。

本当は、民主主義、資本主義の仮面をつけた妖怪に、スラム国の様に、テロを突きつけてやりたいもの。
日本は逃げてばかりいましたが、いい加減で現実社会に覚醒し、日本自身が立ち上がるべき時でも有ります。

ですが、一般的には、その自覚もなく、ヤブをつついた安倍批難ばかりで、未だに本質から逃げ回るばかり。
これでは何時まで経っても眠り(当代世間騙し装置)から冷めないでしょうね。
メンテ
相手が大き過ぎる時の自衛 ( No.7 )
日時: 2015/02/14 21:44
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

真の敵はユダ菌なのですが、相手がでか過ぎて、しかも資本の自由とか自由貿易とかを掲げて来ると、事が入り組んで反対勢力も焦点を定めにくいのが、敵にとっては都合がよく、こちらにとっては弱点になりますね。

しかも彼らに迎合する者を首相にして、のさばらせた上に、複雑なイスラム紛争にまで巻き込まされてるようでは、それ以上の見えにくい者を相手にする能力も期待できません。となると、逃げる意味ではありませんが、鎖国しか手が無い。

久しぶりにTPPの問題点を復習していた所、維新の時の福沢諭吉の「開鎖論」に出会いました。冒頭で「難い哉、一国の独立を維持するや」と、開国するにも鎖国するにも、一国の独立心をどこにおくべきか、非常に難しい問題だと、悩んでいたのですね。

どちらの道を国是として選択するにせよ、基本は「我が国民に国を維持する心身あればなり」として、国民の自覚が土台になると、当然の事を言ってる。

そして鎖国について、『そもそも我輩が唱える鎖国とは、数十年前に全国に流行したる攘夷鎖国に非ず。外国人に交わるに先ず、彼我の分界を明らかにし、人種においても、道徳においても、宗教においても、文物においても、政治法律においても、学芸商工においても、一切彼は彼たり、我は我たりと、大見識を定めて、我が欲する所の事を行い、我が向かう所の道を直行して左右を顧みざることなり。』

要するに国情、国柄が何なのか、日本とは何なのか、そこから見て国情が現在のような有り様で良いのか、そこをよく見極めた上で、ここから先は譲れないことがあるなら、ウロウロ左右ばかりを見ずに、ピシッと姿勢を固めろ、鎖国とはさような精神をしっかり持つ事、そういう風に言ってるのだと解釈しました。

そして『内の実情を顧み、外の大勢を視察し、千差万別の難易を計え尽くして、開国論に従はんか・・・一国を保つは、なお一家を保つが如し。家に巨万の富あるも、その主人にして之を維持するの力非らざれば、たちまちこれを失うや、必なり。』

いくらグローバリ化した現代にあるといは言え、お膝元が目下の現状では、何もかもを“たちまちにして失うこと、必定たり”に向かっています。これでは世界の悪の根源に立ち向かえる筈もありませんね。自衛も出来ないのに、その自衛権をふりかざして外に出たがる。ドンキホーテなら、まだ愛嬌があるのですが(笑)。
メンテ
福澤諭吉! ( No.8 )
日時: 2015/02/15 01:02
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:62MOjZx6

>そして鎖国について、『そもそも我輩が唱える鎖国とは、数十年前に全国に流行したる攘夷鎖国に非ず。外国人に交わるに先ず、彼我の分界を明らかにし、人種においても、道徳においても、宗教においても、文物においても、政治法律においても、学芸商工においても、一切彼は彼たり、我は我たりと、大見識を定めて、我が欲する所の事を行い、我が向かう所の道を直行して左右を顧みざることなり。』

そうですか、あの当時、福澤諭吉がその様な事を言っていましたか。
同じように新渡戸稲造も明治の武士道というテーマで、日本の洋風化に問題意識を持っていたようです。

http://www.lang.nagoya-u.ac.jp/nichigen/issue/pdf/4/4-02.pdf#search='%E6%98%8E%E6%B2%BB%E3%81%AE%E6%AD%A6%E5%A3%AB%E9%81%93'

ですが、時代が違い、現代ではこのように形が変わって来たと、考えるべきではないかと思います。

要するに開国を誘う勢力として、民主主義、資本主義の概念をあげたく思います。
西欧の民主主義、資本主義に両手を上げて突っ込んで行く前に、人間社会にとって、何が大事であるかを見極めることは鎖国と言う概念に当てはまるでしょう。

福澤諭吉が現代に生きていたら、このような警鐘を鳴らしてくれるのではないでしょうか。

メンテ
作物の自給は、需給、価格を超える国家安全保障である。 ( No.9 )
日時: 2015/02/15 10:42
名前: 満天下有人 ID:aFgQuxQ6

青いトマトさんが、別スレッドで言われている「農協がらみで日本の農業が論じられても、米英経済の枠組みで論ずるのであって、それは全く意味をなさないと考えます。米国の農産品は戦略物資であって、兵器と考えても良い。(その視点で言えば守るべき)農業は社会保障と同列に考えねばならない。」

これは長年に亘る私の持論と同じで、我が意を得たりの気持ちです。昨今の農協がらみで生じている我が国の農業論、元は小泉内閣の時に構造改革の一つとして、当時のオリックス(金融資本)の宮内会長が委員長であった総合規制改革会議で農協改革案が土台になっており、当時内閣官房副長官であったシンゾーが、今回蒸し返して来た物。

全農がここまでコングロマリット化した背景には、戦後農地改革=並行して敗戦国としての食糧確保の為の制度創りに際し、農家への支払い金融を要する為にGHQの反対を押し切って農林省が金融機能を農協に持たせ、それが他の肥料や農機具確保の機能にまで広げられて今日のマンモス寡占企業のようになってしまった。組合法による独禁法適用除外措置も、寡占化に大きな役割を果たしてきた。

シンゾーによる農協潰しの次の一手は、この独禁法適用にあると、世間雀がうるさくなっているようで、しかし農協改革、全農潰しの当初からの目的は、全農による農業の独占的支配を排除する、というより、農業をより資本主義体制化=大企業資本化するのが狙いで、その背後には当然ながら国際メジャーであるTPP米大農業資本の狙いも重なっている。寡占化される動きとしては、似たようなものである。

問題は、資本主義的効率に農業を委ねれば、人間生存の第一次基幹物資が、生命維持より先に利潤率で生産されて行くことになってしまう。食べ物はそういうものではなく、むしろ<社会保障>に近い概念で捉られるべき性格の物資だ。

<英国は食糧の自給率を高めていると思いますよ。>

この部分について、2011年12月に、当代世間ウソ算用スレッドで書いた事を思い出したので、順番が狂いますが先に、この部分の詳細を再掲しておきたい。英国は英仏戦争時の苦い経験を今でも生かして守っている。

日時: 2011/12/08 07:23
名前: 満天下有人 ID:IdNoaKcI
・・・TPP推進派、反対派の構図は、どうしても違う産業分野の利害が賛否を巻き起こす。問題はAの利益の為にはBの犠牲も止むを得ないとの利害が問題になることだ・・・ならば夫々が別々の条件で、Bの利益も損なわない方法で国際化なりを進めれば良い、ということになるが、TPPの場合は、品目にこだわらずに全分野にわたっての関税全面自由化だから、そうは行かなくなる。

・・・野田はコメは守ると言うが、交渉参加決断の前後において、どうも二枚舌を使っているのではないか、カーク米通商代表、オバマ大統領にに明言した事実と国内向け説明が曖昧なので国内で反発を招いている。

繰り返しになるが、このAとBの利害が、産業別にぶつかり、更に政治的にも相反する形となり、食糧穀物戦争に発展した歴史的紛争として、1815年に終結した英仏戦争から生じた第一次穀物戦争、ナポレオンによる小麦輸出禁止令と1972年のニクソン大統領による穀物輸出禁止令施行による第二次穀物戦争が大きなものである。

・・・どちらも市場価格の高騰を招き、3年前の高騰は、豪州の旱魃による需給バランスの崩れ、及び地球温暖化問題で批判を受けた米国が、ブッシュ大統領によるバイオエタノール転換政策を加速させ、それによる高騰側面もあったが、金融資本が需給バランスの崩れを利用し、それが高騰に拍車をかけた大きな要素も見逃せない・・・3年前に日本商社がカンサスの農家にトウモロコシ契約を反故にしないでくれと日参していた光景が思い出される・・・農家は短波放送によるシカゴ市況の活況に耳を一心に傾けるばかりであった、日本商社に対しては生返事だけ。

ロシアが小麦に、中国がコメに、一時的ではあったが、輸出制限措置を取っていた。エジプト、トルコ、果てはカリブ海のハイチで民衆による暴動が頻発、ハイチでは政府が倒れてしまう程であった・・・勿論、食糧暴動の背景には民主化運動があり、それが食えない状態とあいまって暴動に発展。

そして現在である・・・、シカゴの農業調査会社であるアグリソースは、この夏、穀物市場は更に20%上昇するとの予測を出し、世界三大投資家と言われるジム・ロジャーズなど、ユーロ危機回避には必ず世界同時的金融緩和がなされる、そのカネは必ず商品市場に向かい、とりわけ穀物市場に向かうとのご宣託。

・・・このスレッドのタイトルに態々「需給価格を超える」国家安全保障であると申している最大の理由は、高くともカネを払えばモノは手に入るのか、という基本的命題、工業製品と質が違うものが農業にはある、貿易論に幻惑されてモノそのものが入手できない事態を想定していないのは危険である、という想いをこめているからである。

こちらが食べ物に不足している、こちらでは生産できない珍しいものを輸入によって充足する場合は別に構わない・・・しかしこちらで生産できるのに敢えて輸入に任せる、或いは相手国の農業者への思いやりから輸入してあげるという性善説だけで、平穏に事が運ばないリスクも十分見極めておかねばならない。その意味で食糧は国家安全保障の重要な側面を持つものなのだ、キッシンジャーが米ソ穀物戦争当時、原油と食料を戦略物資と位置つけたことに看過できない政治が絡んで来る本質を秘めているものなのだ。

・・・英仏戦争時代の第一次穀物戦争を見ても、ナポレオンによる対英小麦輸出禁止措置が、価格高騰もあいまって、英国に食糧不足状態を起こしていた。

そこで見られた現象に、やはり産業別資本による闘いが見て取れる。当時の英国食糧自給率は現在の我が国と同じくらい低かった・・・有名な論争に、マルサスの悪魔がやって来るの人口論の先駆者マルサス、ネズミ算的に増加する人口によって世界は、食糧の需給バランスが崩れる、そうなると生産国とて自国余剰生産がある時はともかく、気象異変や戦争異変などがあると、相手国のことは構わなくなる筈だ・・・その背景には産業革命以前のように、自己利益を守りたい地主階級の思惑もマルサス理論の支持基盤になっていた。

・・・一方、産業革命で勃興した産業資本家たちは、労働力にも影響を及ぼす高い基礎食糧は困る・・・安いものがあるなら貿易によって賄え、この理論的支柱になったのが、国際比較生産費説で有名なリーカード・・・マルサスはリカード理論を、地球には資源が無限にあるとの仮説に立ったものでしかないと激しく論争、そして工業優先の政策は必ず行き詰るとして農工同時発展論を崩さなかった。

目下のTPP促進を擁護する米倉経団連の産業資本と、今では地主階級でもないが同じ産業としての農業擁護論による貿易優先反対論の構図が、この第一次穀物戦争当時の構造と良く似ているのだ。

・・・結果はどうであったか、我が国戦後の食管法にも似た当時の英国における穀物法・・・自給を守れとするその穀物法はマルサス/リカードの論争の末、リカードが勝って1846年に穀物法は廃止されて、自給率は40にまで急低下してしまう。

目下の我が国と当時の英国の違いは、英国は400万ヘクタールにまで減少した農業に危機感を覚え、これを1800万ヘクタールにまで回復させて今日に至っている・・・マルサス/リカード論争も産業資本優先による国際貿易が国家安全保障にどう影響するかの激しい論争となった、賛否両論のそれは、つまり基本命題をどうするかの国家サイズでの認識論争があったと言う事である。

・・・翻って我が国では、TPP参加問題にせよ、戦後の食糧基本法の若干の手直しや、農業への株式会社参入による大規模化論などがあっても、基本理念からの真の論争にはお目にかかれない・・・キッシンジャーが突然官邸に現れるとハイハイ全面自由化会議に参加しますと言うだけ。

米農業団体がホワイトハウスに、日本の参加の真意を再度確認せよと求めていることも、意図はオコメ売りに関心があるだけでニュアンスは違うにせよ、一体日本の、農業の位置付けに対する基本哲学は何なのかと、外交上の、経済上の技術的な駆け引き以上に、問われていると感じないといけない。



メンテ
御丁寧な解説をいただき、感謝いたします。 ( No.10 )
日時: 2015/02/15 17:46
名前: 青トマト ID:au0OaSqA メールを送信する

英国の事例に隣国フランスへの思惑あり、とは知りませんでした。

フランスは大農業国ですから脅威でしょうね。

面白い事に英国はスペインを痛め付けて来ていると思います。

英国人はワインをスペインのシェリー酒をよく飲んで来ていて、フランスワインを主としてきてはいないようで、シェリー酒は英国人によって味が磨かれたなんて言われているのですね。

シェリーの空き樽を使ってスコッチウイスキーを熟成させたのも廃物利用だった訳でして。元々はね。

戦後の食糧事情の打開策が放置されたままで、その後は米国の言いなりとは、戦後経済復興の米国事情に乗っかった幸運を食い散らかしているだけの日本国民のだらしなさの一例に過ぎない訳です。

農地解放によって小作農が自作農になれて、戦後復興に乗っかれた農民・農家であればこそ、自民党を支持して来たわけです。

全体として甘い汁を吸ってこれた。

これは、ハハ、日本が戦争に負けたからですよ。究極的には米国に占領されたからだ。

そうでなければ、今でも小作農はそのままで、地主は大手をふってまかり通っていたでしょう。

今の人達は、庄屋という言葉すら知らないでしょう。飲み屋のチェーン店の名前として知っている。

私も庄屋の現実に活動している姿は目にしていないのです。

既に彼らの全ては没落していました。彼らは小さな城のような大きな屋敷を構えていた。

地主は庄屋だけではなかったのですが。

日本の敗戦と米国追随の戦後日本の在り方が、自作農の経営する日本の農業の繁栄をもたらしてきたのだから、保守的になるのは当たり前で、対米追随自民党を支えてきたのはエゴイズムが満たされてきたからです。

でも、それがとうの昔に賞味期限切れになってきている事に彼ら農協と農民は気がついて来てないわけだ。

産業界も同様で、

これは、

首なしチキン、なのですねえ。まさしく。

日本国民の在り方は、首なしチキンだ。

自分で餌を摂取できないので、飼い主の世話にならなければ生き延びられない。

それがもうすぐクタバル老人のUSAというわけだ。

チキンの頭は何処行ったー?

頭はあるのか? 脳はあるのか?

あるらしいのだが、どうも眠って夢を見ているらしい。

この脳ミソ、起きるんかい?

どうやったら起きるんかな?

この技術を眠り姫?、植物人間?
メンテ
Re: 血まみれのカクテル ( No.11 )
日時: 2015/02/15 19:12
名前: 満天下有人 ID:aFgQuxQ6

西ヨーロッパの飲食文化も、それぞれの国情が絡み合っていて面白いですね。18世紀頃の英仏西は、それぞれ覇権を争って、文化にまで優劣をつけて溜飲を下げていたのかも知れません。

カクテルの原酒となる蒸留酒についても、イギリスで洗練されたものが多いとかの自慢話もよく耳にします。労働者のカクテルという訳でもないのでしょうが、私はよく、ウオッカベースにトマトジュースを調合し、グラスの淵に塩をぬった「ブラデイ・メリー」が好きでよく飲んだものです(笑)。

あの赤い色が血を連想させ、プロテスタント300人を処刑した英国メアリー一世女王にちなんで、ブラデイ・メリーと名付けたとか・・・

今でも米政界を牛耳っているユダヤ名誉棄損防止連盟・ADLの先代会長であったエドガー・M・ブロンフマン・・・オンタリオのシーグラム社を買収し、シーバス・リーガルや、エリザベス女王戴冠式の為に醸造した銘酒ロイヤル・サルートなどが有名ですね。

今やISが、ウン百年に亘る西欧キリスト教文明に反抗、ブラデイ・メリーをがぶ飲みし始めたかのように、人質のクビを切り始めました。

わが国はどうでしょう、最初から首無しチキンのように血を垂れ流し、それをいくらでも吸わせている。果てしなき国債増発で、生き血の製造に励んでいるバカみたいなことをやっている。逆にブラデイ・メリーを飲みほしてやらねばならない時期に・・・。
メンテ
お酒の話に深入りすると本題から脱線しかねませんが、英国ではビールとジンが主に飲まれているそうで。 ( No.12 )
日時: 2015/02/15 22:08
名前: 青トマト ID:au0OaSqA メールを送信する

英国ではウイスキーはあまり飲まないそうですね。

ビールが主だそうで、貴族階級はシェリーなんかのワインなのでは?

ブランデーとかウイスキーは食後で飲むのでしょう。

英国のジンはオランダから渡った製法の凝った薬用酒がかなりインスタント化したものです。

オランダやドイツのジンは熟成させてウイスキーのように香りも味も深いものが多く、英国のジンは熟成させないので、ウオッカと並んでカクテルのベースとして使われるに至っているようです。

私はカクテルが怖くて飲めないのです。悪酔いするのではないか?と怯えて、ほとんどストレートかロックで飲むのです。

ただ、ハンターというカクテルがありまして、ブランデーとウイスキーを重ねてつぐだけのもので、これなら飲めるかも知れませんが、ハンターとは標的は敵兵ではなく、オンナの人です。

英国人は英語についてもプライドが高いのですが、欧州の実情を見ると、プライドとはコンプレックスの裏返しなのではないでしょうか。

ちなみに米国でもビールが主で、バーボンウイスキーを主に飲んでるのではないようです。

スコッチもバーボンも輸出が主なのでは。
メンテ
日本が倒れるならば、首なしチキンのままで倒れるのでしょう。 ( No.13 )
日時: 2015/02/16 04:29
名前: 青トマト ID:S4YnK6sk メールを送信する

今の日本国民の在り方は、首なしチキンで喰われるままだから、それが克服出来なければ、相手の事情に寄る運命だから、栄養補給が絶たれたら御陀仏ですよね。

でも、望み薄いな。

まるで覇気がないんだもの。

外国で暫く暮らした人は日本を高く評価するが、私はそうは思わないのではないかと思うな。

外国で暮らして日本を評価するのは、元々、外国に過大評価をして渡ったからではないのか?

私は、別に外国に憧れたり評価を高くはしないから、仮に行ったとしても日本を高く評価はしないと思うよ。

韓国に渡れば、そこに馴染むし、米国でもロシアでも馴染むでしょう。

だから、日本人には自分で立って貰いたい。

自分としてやるべき事を私はやるだけの事だから。

日本人は回りを気にして生きることを止めた方がいいと思うよ。これは
メンテ
首なしチキンレースとは ( No.14 )
日時: 2015/02/16 14:05
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:VIAYMVKE

>まるで覇気がないんだもの。

北陸新幹線の初乗りチケットを入手するための大騒ぎ。
多くの人が長蛇の列を作り並んでいるニュースと共に、富山駅では、PC技術者を集め希望者の大半に乗車券を確保した、その手口を駅の広報官が自慢そうに喋っている。

新型携帯電話でも、PCソフトでも新型が出れば徹夜して並ぶその光景を見ると、その分にはエネルギー(破棄)がないとも言えないが、要するに民主主義を自己の欲望を満たす制度と勘違いしている事の裏返し。

どこかで書いたが、民主主義は利己心の開放であり、民主主義の行き着くところは弱肉強食の社会となるであろうと、言うことの証明である。

弱肉強食を受け入れながら格差是正など、鼻から意味のない話。
民主主義を標榜する一方で、弱肉強食を窘めても理論的に整合性はない。
その矛盾に人々は気がつかない。
気がつこうとはしない。

広辞苑では

>「金持は喧嘩をすれば損をすることを知っていて他人と争わない。」
となっています。

また、このようにも解釈するそうです。

>金持喧嘩せずは心の豊かな人のことです。

ですが、

単なる金持には、因業な金貸しのように、思いやりが一切ないような因業爺もいます。

イスラム国が、人質惨殺のニュースを流し、それを見せられている我国のメディアの解説は、残虐に報復で応酬しても事態は悪化するばかり、話し合いをしなければならないというものがほとんど。

ガンジーの様な無抵抗主義ならともかく、まさに「金持ち喧嘩せず」の発想。
まさに弱肉強食を是認したもの。
猛獣に襲われるカモシカなどが、危機を避けているのと同じこと。

人間社会には超えてはならない規範が必要。
それを破るイスラム国を容認するならば、どうしてユダ菌の所業も非難できるのか。
イスラム国を撲滅させる、その刀を、何故、ユダ菌へ向けようとはしない。
逆に言えば、イスラム国に敵対できないということはユダ菌へも刃を向けないということ。

まさに「金持ち喧嘩せず」の論理。

いずれの争いも避ける。

衆愚の後には独裁が始まるように
民主主義に現を抜かしていれば、弱肉強食の世界が始まる。

>「覇気がない」とは

民主主義の指標であり、成熟度。
民主主義のいうユートピアとは、そんなもの。

別の言い方をすれば「平和ボケ」
かりそめの、平和にならされた国民は、そのかりそめの姿に疑念を持たず、ただ従順に行進しする。

一方で、格差は広まり
テロは続発する。

そんなものが沈黙で防げようか。
否、人々の無関心の結果が、現在を招いたのである。

冒頭の、平和的争いは、本当にやらねばならない、人間としての争いを避けて、その本能の出しどころを誤ったもの。
要するに、日本は希にみる民主主義が成熟した社会である。

大口開けた悪魔に飲み込まれるまでは、平和を満喫すれば良い。
悪魔と戦う気概をなくした日本社会。

せいぜい、初乗りチケットの争奪戦狂喜していれば良い。


(追伸)

安倍の右傾化政策が、国民自身に戦う気概を呼び戻し、それによって安倍自民党が撲滅されるような諸刃の刀である事を期待したい。

善悪、好悪を別にして、これ以外に平和的に社会を変えることはできないのでは!



メンテ
場の空気で重要事項が決まるこの国特有の文化 ( No.15 )
日時: 2015/02/16 14:13
名前: 満天下有人 ID:9DKn2Z3M

<日本人は回りを気にして生きることを止めた方がいいと思うよ。これ・・・>

すぐに思い浮かんだのが、山本七兵氏の「空気の研究」であり、も一つは在米時代の経験で、日本人はどうしても群れて歩くことでした。

せっかく外国に来ているのだから、時間の許す限り現地に溶け込むこと第一義なりと思っていても、企業転勤者となると、自発的に海外勉強が目的で来た訳でもないから、どうしても社員として群れてしまうのですね。昼飯になると、何となく場の空気で、何となくゾロゾロと集まって、ゾロゾロとメシ食いに行く。

毎日、こんなこと止めましょうやと言うと、場の空気が厚くなってきて、今日はあそこの珍しいお国柄ランチ食いたいなと思っても、結局、無目的に場の空気に従って群れてしまい、食べたくも無いメニューに向かって群れて行く。

山本氏はこの雰囲気を、日本人独特の場の空気と称し、その空気が一種の力を持ち得るのは、何らかの気圧のような圧力があるからだろうと思い、あれこれ分析を試みてみたが、分からないと言っておられた。

それはそうでしょう、論理で解明できるシロモノではないのだから。激戦を体験された山本氏のことだから、あの太平洋戦争における軍部の不思議な作戦決定を随所に引用されているが、戦後になっても戦艦大和の無謀な出撃について、戦中軍令部次長であった小沢中将が、全般の“空気”よりして、当時も今も大和の特攻出撃は当然と思う、との発言を例に、戦闘になった時の細かいデーターは多々あったのに、何となく特攻精神が溢れていた当時の日本の空気、それが国の運命を左右する重要事項を決定してしまう。

その空気はムードによって決定されるから、分析のしようもない訳である。話が飛ぶが、目下のアベノミクスによる超金融緩和がそうである。最高学府の東大卒の総裁に副総裁、そして専門の東大の先生までが、物価上昇目標を言いだし、その効果は何によって決まるかと言えば、消費者民衆が物価が上がるという“空気”によると言うのだから、もうヘソも茶を沸かす元気も失せてしまう(笑)。

この日本的場の空気とは、何故さような強制力を持ってしまうのだろうか。これまであれやこれの日本人気質を醸成する因子について考えては来たのだが、どうしても地政学的に極東の離れ国家が、さような民族気質を創って来たのではないか・・・いつぞや黒沢明監督の七人の侍がここでも話題に上がったが、そこでも描かれていたそれは、山落共同体においての「村八分的」空気であった。

何となく村の空気で暗黙の内に決められたことが、判断の基準になり、それに抵抗すると異端者として「抗空気罪」とでも言うような罪によって社会的に葬られてしまう。日本人とて論理的に物事を考える能力はあるのに、この不思議な場の空気がより強い判断基準を持ってしまう。否、判断したとも言えない、単に空気に逆らわずに何となく同意しただけの事なのだから。前にも書いたが、この国では国会解散となると、何故バンザイと叫ぶのか、今もって理解できない(笑)。解散が持つ重要な意味など二の次で、とにかく場の空気としての爆発的高揚感に支配されただけのことだろう。

山本氏はこの気質が、相手の実態を見てはならないという空気を二次的に創りだすと指摘されていた。真にその通りである。シンゾー政治と、それに繋がる米従属も、批判してはいけないとの全土的場においての空気を創ってしまっている。自ら首無しチキン、」ネック・レスチキンに成り下がってしまっている。何よりも「場の空気」を大事にする結果である。

そして、日本初の女性東大教授になった東洋文化史の中根千恵女史が、この空気を重んじる日本人気質について、色んな状況を先ず「臨在感」的に把握し、その状況に支配されることから行動を起こすから、それは別の感覚としては、直観力は豊富だという性質も有しているから、論理的な説明考え方では絶対に動かないのに、瞬間的には即反応する天才的気質も持っている。

それが飛び上がるほど熱いものだと、いくら論理的に説明してもそれだけでは動かない。しかしそれがジュッと飛び上るほどに熱さを感じた時の対応は、驚くほど巧みで大ケガはしないという天才的素質も持ち合わせている。

そうは言っても、やはり場の空気から生じる群れる気質、それは向こう三軒両隣的な町会などの場で、先行きの大きな問題にもならない程度のことなら、まあいいか、で、場の空気を読んで同調する程度のことなら別に問題は無いのだが、国の、延いては文字通り己に降りかかってくるような大事に対しても場の空気で事が決まって行くのが怖い。維新以降、その実例には事欠かない。

SUICA販売や北陸新幹線チケット初売りに群れる群衆。この国でのその心理は権力の騙しに対抗する群れにはならない。毎年ランキングが下がり、昨年では61位にまで下がった国境なき記者団による言論の自由度ランキング。論理的に社会、政治風潮を監視すべきマスコミからして場の空気ばかりを気にしている。

状況の変化には対処しても、将来の状況を言葉でリード出来ない国なのだ。
メンテ
日本人は回りを気にして生きることを止めた方がいいと思うよ。これ・・・ ( No.16 )
日時: 2015/02/16 14:18
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:VIAYMVKE

確かに言われる風潮が有ります。

しかしながら、実際の現代日本社会は、昔ほど、回りを気にして生きないようになっていると思います。

回りを気にして生きると言うことは、ある意味の倫理道徳がある証拠です。
現代社会は、これすらもなく、単なる首なしチキン。
このことは皆さんも身近で体験されている事と思います。

そりゃ、最悪の選択肢でしょうね。
メンテ
子供騙しの経済政策>アベノミクスで景気が良くなる話は、どこえ?(1) ( No.17 )
日時: 2015/02/17 15:06
名前: 満天下有人 ID:yJ68zwLA

昨年度最終四半期10〜12月のGDP速報が内閣府から出された。

シンゾーがこの道しかないと力を入れていたアベノミクス、昨年は実質マイナス成長の連続でコテンパァに批判されていたが、やっとマイナスではなくなった。と言っても消費の伸びは僅か0.3%で、これは昨年同期と全く変わらない。

選挙後、シンゾーが所信表明演説はやらないとマスコミは報道していたが、今国会ではやっているではないか、最近ではマスコミ報道までが子供じみて、言ってたことと実際が違うことが非常に多い。記者クラブとやらが官邸報道しかすることがないためにさような齟齬が当たり前のことになってしまったのか、同じ日本人でありながら、ほんとに奇妙な国だと思う。

それはそれとして、そのシンゾー、今回の国会演説ではあれほど力説していたアベノミクスには一言も触れなかった、ゼニばら撒いても経済が上向かないことで、逃げにかかったのか。日銀は物価が上昇に転じれば、景気は回復するとして、市中から国債をバンバン買い入れる金融政策でベースマネーは140兆円も増やしたが、誰もそのカネを使わない(笑)。だから物価も上がらない。非正規労働促進のアベノミクスだから、実質経済を支える賃金を抑え込んで、企業の内部留保ばかりが増えて、企業も自己金融力は十分であり、お仕着せのカネなど使う必要も無い。

そして超金融緩和による円安で、物価だけを上げようとする子供でも分かる子供政策を、大の大人がやりおる。世界中の一流経済誌に嗤われても、嗤われている理由が理解出来ないのだから、手の打ちようもない。

2013年1月、異次元金融緩和発表。方法としてこれまでのやり方と異なる日銀のベースマネー132兆円を270兆円にまで増加させることで、景気を回復させ物価を2%上昇させてデフレから脱却する、というものであった。

増税後の内閣府GDPで、果たして政策の効果はどのように出たのか、最新日銀通貨統計と合わせて分析して見るに・・・

日銀ベースマネー 2013年1月 131.9兆円
         2015年1月 275.3兆円 +)143.4兆円

確かにベースマネーは270兆円に達し、目標は達成されている。だがそのベースマネーの中身を見て見ると・・・

日銀券発行残高:2013年1月  84兆円
        2015年1月  90兆円 
(ベースマネー増加143兆円に対し僅か6兆円しか増加していない)

日銀当座預金:2013年1月  43.5兆円
2015年1月  180.5兆円
(現金印刷が6兆円しか増えていないのに、ただ日銀による国債の買い入れだけの現象が如実に表れている。どういう理屈かと言うと、日銀が市中から買い入れる国債代金の一部を、買い入れたその市中金融機関からの預り金として増やしておけば、市中金融機関はいつでも市中に融資出来る準備金が増えて、貸し出しも増えると言う、経済の実態が何も分かっていない政策を続けているということです。

実際に経済活動=景気が回復しているなら、現ナマ印刷も増え、日銀ベースマネーの効果を表す市中のマネーストックも増加していなければならない。
メンテ
子供騙しの経済政策>アベノミクスで景気が良くなる話はどこえ?(2) ( No.18 )
日時: 2015/02/17 19:39
名前: 満天下有人 ID:yJ68zwLA

マネーストックの統計を見て見よう。日銀ベースマネーと市中でのマネーストックの関係何かと言うと、市中では現金そのものの約7〜8倍の信用マネーが創出される。どういうことかと言うと、例えば経済のパイ・GDPが50兆円増えたから、現金発行高も50兆円増やす必要はない、ということである。約束手形を想定されると分かりやすい。今日、10兆円の取引商いがあったとしても、それに要する決済現金は先の話である。その時までに増発すれば良い。そのような関連で、その10兆円から派生する別々の連鎖して広がる商いが増えて、しかも決済は先なのだから、そこで発生する現金予備軍は膨らむが、それは預金通貨として表示されて、使用経済が拡大する経済効果の重要な指標となる。

日銀買入れの国債も同じ理屈なのだ。日銀ベースマネーが143兆円増えたから、現金も143兆円印刷された事にはならない。あくまでも帳簿上の当座預金勘定で143兆円にしておき、国債を売った市中金融機関が現金を要する時に初めて、現金を印刷して市中に流す。その間は、国立印刷局に1万円札なら一枚15円の印刷代を払っておくだけで、当座預金勘定に計上しておくだけで、例えば現実に50兆円の現金の需要が生じた時に、その当座預金を50兆円減らして、現金勘定を50兆円増やして市中に流すのだ。通常経済のパイが大きくなり、現金需要が増加する時でも、その現金供給の見合いになる国債を政府が発行する事によって、現金が市中に供給される。

自民党が政権復帰する前のジミン総裁シンゾーが、とんでもない事を言っていた。現金1万円を増刷することは、印刷代20円払うだけで9980円は政府の利益になる、よって政権に帰り咲いたら超金融緩和を行うと・・・もうワッハッハとしか言いようがない、こんなのがアベノミクスしか他に道は無いと言い、訳が分からなくなるとダンマリを決め込む。

話を戻して、日銀が超金融緩和したのに現実に起こっていない現金需要を、市中通貨としてのマネーストック統計でも見て見よう。

2013年1月 1178兆円
2015年1月 1211兆円  +33兆円。内現金の増加は僅か4兆円である。

通常の信用の創造を伴う市中貨幣需要効果は、現金の増加に対し約7〜8倍であるから、まあ現金増加分に対しては理論が当てはまってはいるが、経済の効果指標であるGDP成長率は実質0であるから、いかに死んだマネー政策が続けられているかが分かる。

昨日発表されたGDPとて、実質で前期比0.6%増加、年率で2.2%というが、前述の通り、GDPの6割を占める個人消費は、僅かに0.3%増で、これはやっと前年同期の数値に戻ったということでしかない。では何がGDPを+に転じさせたかと言えば、経常収支の1.4%増加に拠っている。へえ、円安で輸出が増えたかと思ってはいけない。円安で中国人などの観光客が増えたからなのである。別にそれが悪いと言ってるのではない、要素としては甚だ頼りないと言いたいのだ。その為だけに世界も驚く超金融緩和をやったと言うなら、お粗末過ぎて話にもならない。

・・・別稿で、日本人は重要な決定に際しても、場の空気を重んじる気質で国家が運営されていると書いたが、カネを流し続ければやがて民衆の間にインフレマインドの空気が起り、景気が回復するなどと言う日銀幹部ども、空気任せで実態を誤魔化して、しかも恥ずかしいと思う気配すら無い。それどころか黒田総裁は更にこの金融政策を続けると言い出した。

金融緩和は現金が沢山出回り、政府は9980円も儲かり、民衆にもトリクルダウンでおこぼれが滴り落ちて来ると言うバカ丸出しの小僧が総理大臣なのである。そして民衆はこれを支持している。

NYタイムズに掲載されたシンゾーと日本国民に対する痛烈な皮肉戯画は、秀逸である。
憲法改正と書かれた人力車の座席にシンゾーが座り、竿の先にテロと書いた小旗を車夫の(日本国民の)鼻先にぶら下げて走らせる。車夫はテロが怖いものだから、必死になって憲法改正人力車を引っ張って走る。軍事行使容認に向かってひたすらに・・・ガハハハッ!!。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.19 )
日時: 2015/02/18 09:28
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:3189TkGg

しつこく言い及びますが、金利政策でベースマネーを増やすこと自体、実質的なヘリマネではないでしょうか。

そのヘリマネ資金を、文字通り、空から国民にばら撒けば、市中のマネーストックも増えるでしょう。

要するに、効果のないヘリマネを、し続けているのです。

効果がないと言いましたが、目的はあるようですね。

金融システムをまもり大企業群の活動環境を整えると言う意味では。


今年になって、私の身近でも、廃業した電気店、倒産した工務店(大工)が出ました。
お互いに、何時まで続けられるものやら!
と言うのが、共通した思いです。

人口2500人足らずの集落の小学校の全児童も80人くらいになったそうです。
これ以上減ってくると、学校の合併と言う事になります。

何故って、
若い人たちにまともな職場がないのです。
大学へ進学したもののほとんどは地元には帰ってきません。

小さな事業所も、子供に後を継がせると言う様なことは考えていません。
現在の自分自身が何時までやっていけるかを心配しているのです。
子供の為に、後を継がせないのです。


メンテ
Re: 実物経済における分配率を変えるしか方法がありません ( No.20 )
日時: 2015/02/18 11:27
名前: 満天下有人 ID:n101Butk

まあ、日銀ベースマネー増加に頼る経済が、実物需要に裏付けられた通貨増発になっていれば良いのですが、そうはなっていないし、ならばヘリマネと同じではないかとも見えるのですが、実は現金通貨増刷はほとんど為されていない所を見ると、厳密にはヘリマネやっているとも言えないし・・・

結局は信用の創造を実体以上に膨らませている訳で、ヘリマネ以前にそうさせている金融工学的市場の拡大を野放しにしている所に、問題の大きな根が埋められていることになりましょう。

印刷現金を無償で与えると、行き着く先は石ころ経済になってしまいます。だからあくまでも実物経済をベースにした通貨の供給と、それが需要の6割をも占める経済の担い手にも渡らせるには、現金無償供与でなく、実物経済の成果である剰余価値の分配しか方法がありません、少なくとも資本主義経済を建前にする場合は・・・

それが出来ないのですね、現状では。その延長線上に、後継ぎも居ないし、苦労を継がせるつもりも無いという状況も乗っかっている。人間ってほんとにバカな生き物だと思います。必要以上の剰余価値を分配すれば良いのに何故積んで行くのか・・・負けた時の恐怖心が拭えないのでしょうね。意気地なしどもが(笑)。
メンテ
経済のことは物理学者に頼めば良い! ( No.21 )
日時: 2015/02/18 12:03
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:3189TkGg

満天下さんのコメントを見て、ある意味勇気を得た思いです。

要するに、

実は現金通貨増刷はほとんど為されていないが、ヘリマネの様でもあると言うことは、今度は、本当に通貨の増刷をしてみたら!と言う事にもなります。

>印刷現金を無償で与えると、行き着く先は石ころ経済になってしまいます

このことは、良く理解できます。
それで、いつも言っていますように、国家が雇用を生むための公共事業費の財源を通貨の増刷で賄う、と言うのは如何でしょう。
これも、満天下さんは、公共事業と言う対価があるので、全くのヘリマネとは言えないとも言われていました。

>実物経済の成果である剰余価値の分配しか方法がありません、少なくとも資本主義経済を建前にする場合は・・・

その資本主義経済を建前にすると言う事になれば、なにわともあれグローバル化は認めねばならないでしょう。
それが人間自身の本性だからです。

結局は、雇用の確保は、国家が乗り出さねばならないと思います。
国家自身が資本主義経済の構成員となるのです(無限の富を有する資本家として)。

このような観点から見ると、労働者の1/4が公務員である、ギリシャなどは先進国の手本となるでしょう。
財源の問題以外は。

無税国家、極端に税金の安い国は中東に多くあるようです。
石油利権を抑えている国王が、自分の資産で国を運営しているようなものです。

石油の原価は、タダなのですから、こんな金もある意味、通貨の増刷に等しいでしょう。
で、あるならば、国王などと言う封建領主に頼らなくても、民主国家が、それをすれば良いことになります。

これを阻んでいるのが、結局は資本主義自体なのです。
要するに、既成の資本主義の経済理論は、金融のための理論、富を得る人間のための理論であり、万民の幸せに基づいたものではない。
だが、民主主義と言う美名を勘違いしている人々は、自分自身が経済の運営に参加できているものと思い(概ねは事実であるが)、システム全体の瑕疵を疑うことはしない。

民主主義も資本主義も空気のようになってしまっているので、多くの人々は、それ以外のものに気がつこうとはしません。

ですが、

発達した人間の英知があれば、公平に人間社会を見つめる立場であれば、資本主義の修正などできると思うのですが。

いっそのこと、経済のことは物理学者に頼んで考えてみてもらっては如何でしょう。




メンテ
新1万円札の発行 ( No.22 )
日時: 2015/02/18 20:20
名前: 満天下有人 ID:n101Butk

昨夕、新1万円札発行のNHKニュースをちらっと見たが、同時にNHKが、過去の預金封鎖の解説もやっていたとか、ほんとかな。

財産税課税が目的だと解説されていたらしいが、ショックを和らげる為にNHKに流させ始めたのかな?いや、そろそろ時期は近づいてはいる。こんな財政が長続きする筈も無い、もう0金利政策も限界だろうし。

そういえば、今年に入って1月19日に10年債利回りが一時0.2%を切って過去最低の0.195%を記録したが、先週12日には、一気に0.395%に暴騰=国債入札の札割れが出て、国債が一気に下落。

金融市場の乱高下が始まった時に、新札発行と預金封鎖の話がNHKから同時に出たとするなら、いよいよキナ臭くなって来たかな?

まあ世界が同時に一、二の、三で財政赤字をチャラにするなら、抜け切れるだろうが、やはり警鐘としては対GDPで最も比率が高い国の国債から火の手を上げさせるかな?。
メンテ
預金封鎖と新万札 思った通りやないけー。日米枢軸の軍事敗戦と言うことや。 ( No.23 )
日時: 2015/02/18 22:53
名前: 青トマト ID:Ajb3.7sU メールを送信する

歴史は繰り返したに過ぎないのだわ。

日本人は敗戦を学ばなかったから、米国と軍事同盟の地獄の道行きを歩んで来たんだ。

原爆二発で、ポツダム宣言を受け入れた。

完全敗北したんだよ。明治維新体制が完敗したんだ。

原爆二発での完敗を自覚してないから、三発目の福島第一を喰らったんだよ。

判らんということは悲しいね。

直接に戦闘しなくても、日本は米国の戦費を提供してきた。

日本経済を破壊して米国を支えた。

米国は敗戦するように仕組まれてるんだ。

当然に日本も敗戦で、経済は終戦の混乱の再来となる。

物理的数学的なオサライ問題だ。

易しい問題だから真面目な生徒なら解けるだろう。

日本人は頭を使わないから解けないだけだ。

メンテ
米国戦争経済に参加しとるんですよ。あれだけ戦争でひどい目に会ったのに。戦争を知らないなんて唄った天罰だ。 ( No.24 )
日時: 2015/02/18 23:22
名前: 青トマト ID:Ajb3.7sU メールを送信する

あの歌詞は不真面目だよ。

チンドン屋が歌うならOKだよ。戦争忘れて消費しまひょ、と歌えばいいわけ。

でも、当時の大学生がみんな歌ったんだよ。

おかしいよ、これは。俺は吐き気がした。

まあ、当時の幼稚園でこれにあわせて園児にダンスをさせたならわかるよ。

団塊の世代なんてふざけてた奴等(おれもその一人で、嫌なんだ)がまるで役に立たないじゃあないか。

だから、戦争に参加してるのに、戦争知らないなんて夢みてるんだ。

お前ら、ゴクツブシじゃ。お前らの顔も見たくない。

だから、俺はいつもマスクしてるんだ.。

救いようが無い奴等じゃ。

まあ、経済の焼け野が原を見るかかくごしよう。
メンテ
日米枢軸の(財政的)軍事破綻(1) ( No.25 )
日時: 2015/02/19 13:28
名前: 満天下有人 ID:twT0ShN2

一昨日のNHKによる敗戦直後の預金封鎖=国民へ負担をおっ被せた戦争経済破綻の報道は、どうやら専門家の間でも波紋を起こしているようだが、大蔵省OBなどのツイッターなどから伺えることは、NHKが独断で特集を編集したものではなく、やはり財務省に行って許可を得た上で作成されたもののようだ。

シンゾーのやり口からして、タブーとされてきた重要政策への切り込みは、総理大臣自ら問題提起をちらつかせながら、いつの間にか改正しても当たり前のような空気を創り出して目的を達成する手法からして、何かを企んでいる事は事実だ。

財政と戦争の関連から言えば、シンゾーの突然の中東行脚、これも日本が単独で突然中東外交に首を突っ込まねばならない客観的情勢が無かったことから判断して、既に米英仏などによるシナリオが描かれていて、シンゾーはそれに従って行動していただけである。

これを青トマトさんはいち早く見抜いていて、人質問題発生と同時に書いておられた。

今回、オバマが限定的地上軍投入を言いだした背景と、シンゾーがしきりに人道支援を喚いていた事とは、大いに関連している。名目は人道支援であっても、アメリカの戦争に財政的支援を惜しまないという確約をオバマに出したからであろう。

オバマが地上軍投入も限定的とする理由には、イラク戦で米国民が蒙った兵隊の損傷後遺症、これを怖れているのは明らかだが、空爆に莫大な予算を浪費している上に、本格的地上軍投入の支出を加える事をためらっているからだろう。現実に米議会ではIS殲滅には、中途半端な地上軍投入ではラチが明かない、本格的地上戦をすべきだとの議論が高まり、そこでオバマが一部投入でも踏み切った背景には、財政手当の目途がついたからだろう。毎年この時期になると米財政問題が浮上し、国債発行枠上限の上積み問題でアメリカはガタガタし始めるのに、今年はまだ声が上がって来ない・・・どこかがカネ出す裏取引が成立したからではないか・・・どの国かは、言うまでも無い(笑)。

一体あのどこで何時テロを起こすか分からないISに対するアメメリカの出費は、どれくらいなのだろう。JB Press が詳細数値を出している。こちらの人命を犠牲にしないハイテク攻撃にも、すごいカネがかかるのだ。
メンテ
日米枢軸の(財政的)軍事破綻(2) ( No.26 )
日時: 2015/02/19 14:19
名前: 満天下有人 ID:twT0ShN2

米地中海艦隊からIS拠点向けに発射された巡航ミサイル・トマホークの映像も久しぶりに見た。最初に見たのは12年前のイラク攻撃の初日に、海岸線を低空スレスレに飛んで行くトマホークだったが、岩場などを巧みに摺り抜けて飛んで行くのだから、何も兵隊まで投入することもないのに、しかしゲリラ戦のようになると、ミサイルでシラミ潰しは出来ない。

米国主体の有志連合国軍による空爆状況は、アメリカ国防総省による2014年末までの公式集計によると下記の通りである。
・作戦機出撃任務数:6981回
・爆弾等発射数:5886発
・偵察機出撃任務数:2164回
・輸送機出動任務数:1992回
・空輸物資総量:1万4555トン
・空中給油機出動任務数:4828回
・空中給油回数:2万8956回

このIS支配地域への空爆にかかる費用は1日あたり、平均840万ドル=約10億円。
この巨額に上る戦費には、出撃する戦闘機や爆撃機それに管制機や空中給油機などのランニングコストや、航空機から投下される爆弾の費用、艦艇から発射される巡航ミサイルの費用、それに航空母艦をはじめとして作戦に参加している艦艇の燃料費などが含まれている。

空爆作戦における米空軍機の、1時間作戦飛行を実施するのにかかる費用は下記の通りである。ISIL空爆の出撃基地はクウェート、バーレーン、それにペルシャ湾上の空母などのため片道900キロメートルから1500キロメートルと長距離であるため、作戦行動時間は数時間に及ぶ。当然空中給油も必要になる場合が多い。したがって、航空機を飛ばすだけで巨額の費用がかかってしまう。

F-16戦闘機:9000ドル
FA-18戦闘機:1万1000ドル
AV-8B戦闘攻撃機:1万3400ドル
F-22戦闘機:2万1500ドル
E-3早期警戒管制機:1万4200ドル
E-8対地攻撃管制機:2万2800ドル
RC-135電子偵察機:2万3200ドル
KC-10A空中給油輸送機:1万5400ドル
B-1B爆撃機:4万6500ドル
投下する爆弾の費用:
〇GBU誘導爆弾(最も安い爆弾)1発3万ドル。
〇精密誘導GBU−39爆弾 1発21万4千ドル。
(民間人などへの攻撃を避けるためにより精密なピンポイント攻撃を可能にする。)
〇対戦車ミサイル・AGM-114ヘルファイア 1発11万ドル。
〇巡航ミサイル・トマホーク 1発100万ドル。
メンテ
とても丁寧なデータを出して頂き、参考にさせていただきます。戦費提供だけなら改憲も不用。平和目的の嘘だけで十分。 ( No.27 )
日時: 2015/02/20 01:57
名前: 青トマト ID:BZGkHaKQ メールを送信する

日本の金で戦争継続。

それによって米国経済の延命を計る。

日本国民はなにも気がつかず、戦争に参加している事すら気がつかない。

これは、平和ボケでは済まないでしょう。

アベ政権が最悪の売国政権であることが国民にはピンと来ないようです。

日本の政治が機能していないのは、田中角栄失脚の時から本格化したのでしょうね。

いつも詳しいデーターを提供なされる事に驚いております。

ちなみに、9・11でペンタゴンには巡航ミサイルでも撃ち込んだのではないでしょうか。

どこからでも撃ち込めますから。

原潜とか水上艦艇とか戦略爆撃機とか。

コンボイと呼ばれる大型トラックの箱形荷台に積んで撃ち込んで、後は箱を閉じればいいわけですから。

横道に逸れました。

米国は日本を金庫のように扱って、円を増刷させて、日本経済が破綻するまで戦争を続けると考えられます。

先の大戦では、日本は自分で戦争をやって戦時経済を破綻させたのですが、

今度は、米国が戦争をやって、そのせいで経済破綻するわけで、

これも戦時経済の破綻であるわけです。

破綻してから、訳がわからない国民が大多数の有り様となるのではないでしょうか。

エコノミックアニマルのなれの果てなのでしょう。

又々、青い山脈といった歌が出て、日本人は変わらないまま、行進してゆくのでしょうかねえ?
メンテ
日米枢軸の(財政的)軍事敗戦(3) ( No.28 )
日時: 2015/02/20 10:43
名前: 満天下有人 ID:LP2Vwt7I

当初、シリア反政府軍支援を名目にシリア紛争に軍事介入したアメリカ、ところが撲滅するとしたイスラムテロ組織・ISが、シリア反政府軍と共に戦闘に参加して来たから、アメリカの立場が奇妙なものになってしまった(笑)。シリア政府軍が化学兵器を使用したことを名目にシリア政府を叩くと、ISを支援してしまうような、おかしな格好になる。

だからアメリカは途中から、対シリア政府叩きを公言しなくなり、標的をISに絞り始めた。

いずれにしても最初の攻撃が、地中海に面するシリア攻撃だから、地上軍を投入しない攻撃となると、艦船からのミサイル発射となる。そのISが、イラク北部のクルド人居住地域を支配し始めると、そこえの空爆やミサイル攻撃は、紅海、ペルシャ湾からということになり、やはり艦船の配備が重要軍事戦略となってくる。

湾岸戦争がそうであった。あれは文字通り海に面するクエートがフセインに侵略されたのだから、(これもアメリカがそうさせたとのマッチポンプ説が根強く残っているが)ペルシャ湾に米空母が集結された。当時、湾岸戦争を巡って我が国の憲法にも絡む後方支援が大問題となり、自民党幹事長であった小沢一郎は、内閣法制局による憲法解釈上、自衛隊は派遣できないとする論を押し切ることが出来ずに、130億ドル・約1兆3千億円を支援する事でアメリカの要請を満たした。

そこで小沢の国連PKOであれば、自衛隊の海外派兵は憲法違反にならないとする持論が明らかになったのだが、自民党を飛び出て後に民主党代表になったら、今度は、米艦艇へのインド洋、ペルシャ湾給油は憲法違反であるとして、当時成立したテロ特措法延長による後方支援に応じず、当時のシーフアー米駐日大使を民主党本部に呼びつけて、インド洋給油継続はしないと通告していたものだ。

理由は、テロ特措法はアフガン、ビンラデインアルカーイダ掃討が目的であり、イラク戦支援のものではない。イラク戦争は国連発動のPKOによるものではなく、明らかに「アメリカの戦争」であるからだ、そこに流用されているものについて、後方支援はできないというものであった。当時の福田康夫官房長官(後、総理)は、インド洋米空母に給油した量は*20万ガロンで、空母の活動量としては一日分にしか過ぎず、この量ではインド洋からイラク戦闘地域であるペルシャ湾にまで行けない、つまりイラク戦には給油加担していないという論理であったが、それが実際には80万ガロン給油していたことがばれてしまう。

(*ガロンにリッターにバレルと、欧米式の容量換算は非常にややこしい。この場合、1USガロン=378リットルで換算すると、米空母の一日の航海に要する原油の量は、756千リットルだ。最も、船舶用原油はバンカーオイルで、比重や価格も違い、更に軍事用となるとF76という品種になる。)

メンテ
日米枢軸の(財政的)軍事敗戦(4) ( No.29 )
日時: 2015/02/21 08:30
名前: 満天下有人 ID:mhyncnHU

このインド洋における疑惑の後方支援、米海軍HPでは価格50円/ℓと明記されていたのに、日本側防衛省では供給民間会社に79円/ℓ払っていたことを、当時の民主党原口一博議員が執拗に国会で追及していた。

現地調達額が56億円と記載されているのに、執行分は別途68億円になっている。この12億円の差は何か、提出された資料では、仲介業者名が黒マジックで消されているが、聞く所によると、ずっとA社という一社だけが仲介している。どこからこの軍事用バンカーオイルF76を調達しているかと言えば、米ペンタゴンの中に置かれているDOD・エネルギー供給センターという所から買っている。

石破大臣も(当時防衛大臣)、国家安全保障の為にと言いながら、こんな一民間業者に軍事用燃料を扱わせて、安全保障が成り立つものなのか、そして驚いたことに、この米DOD貯蔵タンクから燃料を運んで空母に供給している船舶は、シェブロン石油であり、その船舶名は「コンドリー・ザ・ライス号」になっている。

その名は当時の米国務長官、コンドリー・ザ・ライスなのだ(爆笑)、まあもうアメリカによる戦争もかくのごとく不真面目、悲惨な現地攻撃とは裏腹に、マンガのように戦争を扱っていた。シンゾーが人道支援と称し、アメリカの戦争にいくらでもカネを出して行く姿、あのインド洋給油疑惑発覚の時は、野党も厳しかったし、朝日を筆頭にマスコミも結構追及していた。その前に発覚していた守屋防衛省事務次官と、民間の山田洋行汚職事件もあったから、世論は厳しかったのに、昨今の有り様は一体、どういうこっちゃ・・・日本人が殺されれば、それに対する報復支援のドロドロした部分は許してしまうのか、日本人世論って、ほんとにおおらかなのか、バカなのか、そして分野別に増えて来る社会保障費については、使う国民が負担するのは当然とのムードがあり、一方で政官の垂れ流しカネ喰いにはおおらか。

沖縄米海兵隊グアム移転と辺野古への移転にせよ、実際は真っ黒けの汚職もあるだろう、敗戦国ドイツの米軍駐留費年約1900億円に対し、我が国では6千億円近くも長年に亘って負担して来ている。

このような状態について、あるいは、政府を甘やかしているやに見せ掛けて、その時が来れば倒してやると、賢さを隠してエネルギーを溜めているのか?・・・まだまだ飛び上って怒るほどの怒りが蓄積されていないのか?。そういう見えない姿勢を賢いとでも言うのだろうか?。戦後70年になる今年、それでもシンゾーに何もかもやらせるのか。
メンテ
Norton障害発生 ( No.30 )
日時: 2015/02/21 23:55
名前: 満天下有人 ID:mhyncnHU

今日4時頃、突然インターネット切断表示が出てPC使用不能となり、壊れたかと思ってFMVに問い合わせたら営業時間終了のアナウンス。

同時に、ノートンセキュリテイに何らかの障害が発生し、インターネットが繋がらない状況が阿溌しているとのアナウンスがあったので、どうしようもなく放置し、7時過ぎに画面を見たらちゃんとYafooトップ画面が出ているではないか・・・

ノートンコミュニテイを開いて見たtら、アップデートした途端にIE接続不能の表示が出たという人に対し、アップデートしたら修復されたという人も居て、何が何だか?(笑)。

ノートンからの公式説明が無いので素人には訳が分からないのだが、高いカネ払ったウイルス対策ソフトの不具合でIEが繋がらないとは、滅茶苦茶な話ではないか!。

メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 セキュリティの事 ( No.31 )
日時: 2015/02/22 09:25
名前: 贅六 ID:3MyludHk

セキュリティ問題、正直言いまして何時もヒヤヒヤですねんけど、今の処、大した被害にも遭わず過ごしてますねん。

ワテの場合は、Norton その他の市販物は使わずに、プロバイダーの元でセキュリティを掛ける センターセキュリティ方式でガードしてますねんやが、まぁ、ワテらみたいな大した機密も持ってない端末に、潜り込んでくる奴も居てへんのですやろねぇ。

ワテの PC はメモリが2ギガしかおませんので、速度は遅いし、あんまり重たいセキュリティ、特に重複セキュリティ を掛けますとドンドン遅ォ成りますし、却って障害を起こす事もおますので、上記のままで済ましてます。

こんな事書いたら、根性の悪い奴に悪戯されるかも知れませんけどねぇ。
メンテ
Re: PCセキュリテイ ( No.32 )
日時: 2015/02/22 10:03
名前: 満天下有人 ID:yVCe.YDg

贅六はん、どうもありがとさんです。

休日のせいかノートンからは、公式修復方程式がまだ出ませんけど、私もついうっかり、原因と修復プロイグラムを早く出せと喚いたものの、原因などを詳しく言うと、ハッカーなどえ情報を与えることになり、難しい問題もあるのでしょうね。

全く、我々のような普通生活者は別に高度機密を持っている訳でもないのに、複雑なフアイヤーウオールソフトをインストールさせられ、それが原因で不具合が起る。

今週、ホワイトハウスは、サイバー攻撃対策の為に、IT大手を全部呼んで対策会議をスタートさせるとか・・・ISもそうですが、IT大手、国家トップ同士によるハイテク情報合戦が、日常生活者のインフラまで複雑化してしまい、問題が生じてもフリーダイヤル電話はつながらないし、繋がっても長時間待たされるし、テープレコーダーによるガイダンスばかりを延々と聞かされて、ほんまに嫌な世の中になってしもうた。。。

そのプロバイダーによるセンターセキュリテイ方式、明日にでもビグローブに聞いて見ることにします。

メンテ
この国の現状を検証すべき時に、この国会の有様は何だ!! ( No.33 )
日時: 2015/02/23 13:36
名前: 満天下有人 ID:gvj4F4YI

もう語るに落ちたとは、この国会の現状だ。

まるで街中の暴走族同士のインネン付け抗争かと見まがうほどの低劣さだ。野党の質問の次元の低さも問題だが、それに対し反撃するシンゾーのヤジは、更にそれを下回る。最初のは何だったか忘れたけど、最新では、民主党議員の質問に対し、何を言うか!日教組メが!!とやったものだから、民主党も売り言葉に買い言葉となって、まるで街中のガキのケンカの様相だ。

これ、街中ではなく、国家運営の最聖域である国会の中の様相である。まあ、民主党のテイタラクが、こんなシンゾーが如き、よくまあ親もここまでバカ息子を世間知らずにし、傍若無人のセレブ気取り、好き放題やる人間に育て上げたものだと、ほんとに感心してしまう。

そして世間もまた、このような人間を、よりよって国家経営最高責任者に据えるのだから、世話は無い。

覇者としてのローマ帝国が、最後に潰しておかねばならない国としてカルタゴを選び、これを滅ぼしてしまった記事を目にした。結局ローマ帝国は滅亡して行くのだが、日本をやっつけたアメリカは、まさか20世紀において敗戦国を消してしまうこともままならず、逆に日本に戦争の贖罪感を埋め込み、骨抜きにすることによって冷戦に利用する道を選択した訳だが、これによってこの国は完全に、未来を見る眼を失ってしまった。

昨今のガキどもによる政治、国会風景、何とも表現もできないような下劣なヤジを見ていると、その自立心無き国家にたどり着いたその集大成を、集約して見せつけられているように感じてしまう。だが、今が、国の立ち位置を検証すべき重要で且つ絶好のチャンスでもある時に、そのタイミングを失いつつある。失ったらもう二度とチャンスは無いだろう、西欧による世界再編から独自の道を模索出来るチャンスは・・・・

どの評論家だったか忘れたが、シンゾーが総理大臣に座っていることこそが憲法違反であるとの解説をされていたが、それとておかしな事でも無くなっている国が、ここにある。憲法違反など日常茶飯事のこの国のことだから、シンゾーだけを取り上げても意味がない。

憲法違反が日常茶飯事ということは、日常生活がそれでも生きているということでもある。ということは、シンゾーが総理大臣になり国政を行っている事も、日常のこととして国民も日常生活を送っているのだから、シンゾーも病気以外で倒れることもない。つまり日常的なこととして総理として生きて行く。
メンテ
奢るシンゾーは久しからず。皇太子殿下、平和と戦争と憲法を語られる。 ( No.34 )
日時: 2015/02/24 00:32
名前: 青トマト ID:iRJ9q6R6 メールを送信する

Abe is not japanese.

奢るシンゾーは久しからず。

憲法改悪を画策するシンゾー一派は、逆賊である。

第二次大戦で戦争を止められなかった日本国民の中にあって、二発の原爆により、さらに原爆を落とされたら、日本が壊滅するとの思いから、降伏を決断したのはごく一部の指導者達であり、昭和天皇だった。

この恩を忘れて、国が滅びたことへの反省もなく、再び戦争が出来るようにしたいとは、誰を相手に戦争をするのか?

もう一度、対米戦争をやるのか?

そうではなく、米国に使役される傭兵になるということが判らないのか?

そうだ、逆賊であり、不敬であるから判らないのだ。

お前達は、天皇陛下の御想いも皇太子殿下の御想いも無視するのだ。

そして、背くのだ。

お前達は逆賊だ。

奢れる謀反者達だ。

久しからず!!

転落から滅びに至るであろう。

国会議事堂はお前達の墓場だ。

http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/02/kaiken/kaiken-h27az.html
メンテ
Re: 天皇の想いなど歯牙にもかけぬシンゾー ( No.35 )
日時: 2015/02/24 09:41
名前: 満天下有人 ID:SpeoNxU6

これ宮内庁のHPかな?とすれば皇族の発言は間違いなきように記事にすべしだが、皇太子殿下にお聞きする最初の質問、『天皇陛下が即位された55歳になられた感想は、いかがでしょうか』とは、意味がさっぱり分からん(笑)、天皇は既に80歳になっておられているし、皇太子はまだ天皇にはなっておられないし、最近の記事には大新聞も含めて意味が分からぬ文が多い。いい加減な世の中になっている一つの現象でもある。55歳の天皇とは誰の事なのか?

それはそれとして、皇太子が戦後70年に当たる今年、先の敗戦に対する昭和天皇の贖罪、その平和意志を受け継がれて来た今上天皇のご意思通りのお考えを持っておられることは、安心した。

だが現実の政治は、天皇が象徴の地位に後退されたことを良いことにして、その正反対の政治を臆面もなく実行している。昔なら不敬罪で一気にクビを落とすこともできたが、ただ今では民主主義的手続きとやらを経れば、何をやっても良い世の中、日本国になってしまっている。

政治的世論誘導のテクニックも進化して民衆は、何が理であり何が政治なのか、分からないようにされてしまった、言わば、クビの無い鶏が右往左往する有り様となっている。それに乗じて更に好き放題やっているのがシンゾー一派である。世論誘導には公共放送であるNHKに、バカヅラしか下げていないが如き無頼漢を会長に据えて、官邸広報機関として利用しまくっている。

皇族がいくら平和を祈念されても、この国の現実はシンゾー一派の囚人にされてしまい、そしてNHKもそうだが、たかがこんな一田舎バカもんを1億人も居る主権者たちがどうすることも出来ない。主権者が囚人になることを望んでいるのだから、歴史的に見てもこのような国家状態を打破する有志が出て来るには、相当長い年月を要する。

つまりシンゾー一派のわが世の春は、かなり長命である。
メンテ
天皇のお言葉に耳を傾けないのは国民もシンゾーと同じで、天皇は離れ小島の如し。 ( No.36 )
日時: 2015/02/25 01:14
名前: 青トマト ID:UuC5bxKk メールを送信する

国民感情は、天皇御一家と皇族方はお美しくて優雅。

まあ、そんなとこでしょうな。

芸能人感覚で見ているのでしょう。

となると、シンゾーも国民も、

天皇は余計なことを言わなくていいんだ…と考えますわな。

これが不忠だと言うのです。

天皇のお言葉を無視することは、天皇を認めていないと言うことだ。

そうなるでしょう。論理的に。

だから、死ンタローのように

「食わせてやってるんだから、五輪誘致に励め」

言い出すことのなるのだ。

天皇のお言葉をに従えなければ、それじゃ逆賊だ。

逆賊は滅びる。

だから、官僚も自民党・公明党も滅びる。

そして、国民も滅びる。

でも、天皇ご自身がなくなることはない。

天皇皇后両陛下も皇太子殿下も覚悟を決めて語っておられる。

お膝元で生活している日本国民は、天皇をはじめとする方々の孤立を孤独を放置してお
いて良いのか?

自分のためにではなく、国民の為に語っておられる。

無償で語っておられる。

無視してよいの?
メンテ
Re: 天皇の想いなど聞こえない者ども ( No.37 )
日時: 2015/02/25 08:02
名前: 満天下有人 ID:UbwfbPeY

聴こえて来るのは、シンゾー一派による悪魔の唱ばかりである。しかも心地よい響きとして・・・

30年ほど前、英国の作家が書いた、ムハンマド批判の小説『悪魔の詩』に対し、イラン最高指導者のホメイニ師によって作者が、遠隔死刑判決を受けた。

日本ではこの著作を翻訳した筑波大の五十嵐助教授が、大学エレベーター内で殺害され、謎のまま時効になってしまった。

国民も天皇の想いには至らず、シンゾー悪魔の唄しか聞こえぬとなれば、シンゾー打倒は外部勢力しかいない。でも、米英などによって固く守られているから、簡単には倒れない。

メンテ
日本人は不忠の輩である。天皇を無視するからだ。 ( No.38 )
日時: 2015/02/26 01:29
名前: 青トマト ID:sHwKpAY. メールを送信する

天皇皇后両陛下や皇族方を芸能人のように美しいと眺めても、

お言葉には関心がなくて、受け止めない。

これは、不忠でしかない。

不忠がどのような結果をもたらすのか…そこには想いが至らない。

不忠以前に…失礼である。

厚かましくて図々しくて粗野だ。
メンテ
>この国の現状を検証すべき時に、この国会の有様は何だ!! ( No.39 )
日時: 2015/02/26 14:07
名前: イントゥイッション ID:5pr0Gswc

>これ、街中ではなく、国家運営の最聖域である国会の中の様相である。まあ、民主党のテイタラクが、こんなシンゾーが如き、よくまあ親もここまでバカ息子を世間知らずにし、傍若無人のセレブ気取り、好き放題やる人間に育て上げたものだと、ほんとに感心してしまう。

国会での話は、ユダ菌茶番劇戦争に自衛隊を巻き込むにはどーするか? とか、シンゾーが毎日ゴルフだの映画だの毎晩の夕食会だので、護衛に使われる国民の税金がすごいことなど。  

幼稚園児の頭脳しか持たないものが日本の首相なんて飽きれてものも言えないけれど、国会ごっこはもうやめてほしいです!!!

そして、シンゾーが使った夕食会のお金や護衛費用やゴルフ三昧の費用や、外国に流した数十兆円のお金や、金融緩和して、NYの詐欺株屋証券に流したお金を日本国民に返還させよ〜!!!

2012年の12月から使ったお金は400兆円以上だと思います!!!(国会も偽国会で、そこら辺の幼稚園でやっているのと同じです!!!)

シンゾーにすべて返還させよ〜!!!

じゃないと、詐欺罪、不正選挙罪で中国なら死刑です!!!
メンテ
Re: 政治という商材を介して、飲み食いするブローカー ( No.40 )
日時: 2015/02/26 18:31
名前: 満天下有人 ID:jFfAi0tY

政治家や政党は、政治にはカネがかかると言う名目で、人様(国民)のカネで飲み食いする。

その典型はシンゾー。公費で毎夜豪華に飲み食いするは、浅ましいの一言に尽きます。選挙区に帰ると、近代日本を創ったのは長州であると自慢する。

それをネタに公費を飲みまくる根性は、卑しい以外の何物でもない。自分だけの公費飲み食いでは満足できないから、外にもバンバン国民から預かったオカネを与える。

まあシンゾーに限らず、今回の西川農水相、その前の小渕優子に松島に・・・遡れば、政治をエサに手数料を取るブローカー業が目的のこの国の政治家ども。

政治にカネがかかる、それは民主主義のコストであると連中は言う。でも私的企業からの献金は癒着になるから、企業献金禁止を目的として国民は税で更に政党助成金として払うようにした。国民は、というよりも知らぬ間に政官が国民の名の下にそう決めてしまった(笑)。

すると、それでもまだ足りないとして、何時の間にか、企業献金を復活させて、今回の西川事件のような浅ましい献金問題がまた起った。砂糖業界における産業法適用は今回に始ったことではないのです。オイルショックの時に、石油化学業界が瀕死の状態になって、それを救うために立法化された特定企業構造支援策の中に、砂糖業界も含まれた。西川大臣が、いくら説明しても分かって貰えない人には分からない、とのセリフを吐いて辞めましたが、30年前の第一次砂糖業界産構法の時でも、その仕組みを聞いたものですが、何度聞いても分からなかった(笑)。

まあ、政治の名の下にブローカー業に励む連中のこと、その上がりで毎夜飲み喰いする姿の浅ましさ、シンゾーフアンには、凛々しいお姿を見て安心しますというような、バカみたいな支持者女性も見かけますが、一体、人のカネで飲みまくる姿の、どこが凛々しいのですかねえ(爆)。人様のものを我が物のようにばら撒き続ける・・・。

その親にしてこの子ありです。その子ありて、その親ありきです。卑しい家系だね!。
メンテ
安倍政権「オスプレイ」相場の2倍で購入 ( No.41 )
日時: 2015/02/27 10:22
名前: イントゥイッション ID:XBjDas6E

おっちゃん、聞いてください!

安倍はアメリカ軍を神様だと思っているのでしょうか???

ま〜、自分のものは自分のもの! 他人のものは自分のもの!という大泥棒カルト統一教会の仲間たちだから、その神様のユダ菌には貢ぐんでしょう!
   ↓

自衛隊内でも異論…安倍政権「オスプレイ」相場の2倍で購入” http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/157524

もうね、そのへんの60代の婆さんたちに聞いたら、「あら〜、安倍さん以外に誰が総理大臣にふさわしいと言うのぉ?」

って、もうお話にならないノータリンのバカが10人に一人は存在すると思います。。。

でも、早く安倍が死んでほしいと願う人たちもたくさん存在しています〜。。。

カルト宗教どもが安倍の護衛しているんでしょうか???

安倍藁人形をつくっている人たちがたくさん存在します!!!
メンテ
Re: 相場の二倍で買うオスプレイ ( No.42 )
日時: 2015/02/27 10:49
名前: 満天下有人 ID:Qigtek9.

まあもう、開いた口が塞がりませんね、こんな使い物にならない化け物みたいなヘリを、しかも米軍でさえ、導入見送りを決め込んでいるのにねえ・・・軍事的に見ても、何時どこで緊急に軍事物資を運ばねばならない事態が発生すると言うのか?

尖閣諸島?あんな小さな島に向かってノロノロ運んでいる間に撃墜されてしまうワ(笑)。

そもそもこのオスプレイ、開発に政治力を発揮したのがパパブッシュ大統領。米国内地方経済活性化と称して、オスプレイ部品を各地に分散して作らせた。もう誰もが知ることになったように、米国内でも事故が頻発し、評判は下の下、それを倍の価格で今頃買うとはね・・・他にもF35時期戦闘機問題など、軍事に関する変な話はゴマンとあります。

このオスプレイ取引に介入する商社、昔は軍事物資取り扱いは極力避けて、そのおかげでグラマンやロッキード事件から難を逃れたというのに、もう世の中、儲かれば何でも良し、政治資金がそうでしょう、規正法なんぞあって無きが如し。

シンゾーが総理になってから、一気に牙をむき出しにして来ましたね・・・シンゾーもまた、オレと同じレベルの国民が増えたことをちゃんと計算に入れて、あれもこれもやり出したのでしょう。バカおばはんがたんと居ることを知っているのです(笑)。
メンテ
政治という商材を介して手数料を稼ぐブローカー業 ( No.43 )
日時: 2015/02/27 19:44
名前: 満天下有人 ID:Qigtek9.

西川農水相に続いて今度は、下村文科相に望月環境大臣と上川法務大臣も、文科省、環境省や国交省から補助金を受けている塾や地元の企業(総合物流の鈴与)から、政治資金規正法で禁じられている補助金受領規定違反までして、オカネを貰っている。

規正法が補助金受領企業は、1年以内に政治献金をしてはならない、政治家は1年以内に貰ってはいけないと禁じられているが、では1年経てば良いのか?こんなアホな法律にも関わらず、1年くらい辛抱して待てば堂々と補助金斡旋の手数料がフトコロに入るのに、待ちきれなかったのだね(爆笑)。

別にジミン党に限ったことではない。あの期待して圧倒的多数の国民が政権を任せた民主党しかりであった。出るわ出るわ、菅直人の朝鮮絡みの巨額疑惑、暗愚とみせかけてカネに関して暴力団との関わりがバレた野ブタ宰相に、規正法が禁止している外国人献金を長年受け取っていた前原、それを理由にさっさと辞任したが、実はも一つの大きな疑惑、山口系競馬予想の会社からも献金を受けていたことが発覚し、これに火がつく前に早々と辞任した。その馬券会社は、港区に既に存在していたソックリ社名を使い、ほんとのメデイアツエンテイワン社は、怒りまくっていたな・・

蓮舫しかりだった。あの麻薬所持事件で逮捕された不動産会社ダイナシテイの社長と昵懇で、ねぷた祭りとかを一緒に楽しんでいた。そのダイナシテイ社長の元秘書だったのが、前原夫人と、悪臭の連鎖は別にジミンだけでなく、民主も汚染されていた、というか、民主にもぐりこんだジミンの別動隊だから、話は極めてややこしい。この政治屋ブローカーどもは、黒いビジネスを独占しているのだ。これは独禁法違反である!ガハハハッ!!。

まあもう、こんな卑しくて浅ましい政治家という名のブローカー業どもに利する法律なんぞ、あっても意味が無いのだから、いっそのこと捨ててしまえ・・・もっとも、騙すために一丁前にきれいごとの規正法を、他ならぬこの政治屋ブローカーどもが作って、作った者どもがあっさりと破れる法なら意味が無い。

どんどんやらせて、いっそのこと汚職爛れ国家にした方が、手っ取り早い。形式にしか過ぎない法律に、一々照らして騒ぐ手間も省ける。騒いだ所で何がどう良くなる訳でも無いのだから、いっそのこと腐乱国家として堂々とやったらよろしい。

法の前に威儀を正すなどと、子供じみたことを言っても、もうどうにもならない。政治屋ブローカー行為に、その法がかすんで、法がビビッテしまっている以上、何の意味も無い法など撤廃しなはれ。遠慮は不要ですぞ、ブローカー諸君!!(爆)。

・・・浜の真砂は尽きるとも、政治屋ブローカーの尽きることなし。
メンテ
ここまで隷属化したこの国の有様、愕然とする ( No.44 )
日時: 2015/02/28 18:46
名前: 満天下有人 ID:QVVygyqc

金平キャスターによる6CHの報道特集で、今回、沖縄辺野古基地反対の運動家が、米軍に逮捕される事件を、映像で細かく見た。

もうここまで隷属というか、主権もへったくれも無い国に成り下がったかと思うと、吐き気がしてくる。

刑事特別法とやらがあって、米軍基地にはいかなる日本人といえども、それを犯してはならないという法律があるそうだ。路上にそれを示す黄色の線が引かれていて、そこから先は米軍基地。その5メートルほど手前に白線が敷かれている。いわば、ここまでは日本人にも行動の自由として、来ても良いという線引きなのだろう。

今回米軍による強制逮捕は、この白線と黄線の間で起っている。映像でもはっきり見えたが、デモ主導者の山城?さんが、この線の間で横になって倒れている。何故倒れているかといえば、それを阻止する官憲側とのモミ合いで倒れたものだが、その中間線に倒れている山城氏を、こともあろうに沖縄県警隊員がひきずって、刑事罰を喰らう米軍基地側の黄線の内側に引きずって、相手に渡そうとしている。

米軍側の上層部による逮捕の見解は、反対運動家を逮捕した理由として、その行為が日本国民の意見を代表しているとも思えないから、逮捕したというコメントを聞いて、実に複雑な気分、というよりも、ガックリ来た・・・

昨今のシンゾーによる軍事強化は、テロ戦である、テロを地球の果てまで追い詰めてでも、撲滅するというものだ。その為の軍事強化として、辺野古基地移転もその範囲として強行するという理由に転じているとして、しかし映像で見たそこまで米軍に従わないとISを僕越できないのか・・・もうマンガを遥かに凌駕する荒唐無稽な積極的平和主義である。

基地移転は、まだ中国を意識してのことなのか、そんなことでもあるまい。同時に流れていた国際ニュースでは、米国務次官は、(日本が戦後70年を迎えるに当たり)歴史認識については、日中韓三者外務相会談において、実りある方向で話し合いが行われることを望む、と、クギを刺している。だが現実には力づくで沖縄基地を守ろうと、主権国民までをも、その国の警察が米軍に渡そうとしている。色んな思惑利権者どもの、それぞれの思惑が、このようなチグハグな現状を生み出しているのであろう。

それに対し、中谷新防衛相までが、刑事特別法には逆らえないと、またまた法を楯にした、政治姿勢皆無の有り様である!。一方で、政治献金については、法よりも政治にはカネが要るとの、法を無視したスキャンダルが平然と横行し、片や、法の前には沖縄県民の気持ちも逆らうことは出来ないとのご宣託だ・・・

この国の崩落は、見えて来た。せめて崩落の前に、天晴れな義を示すことも無いのか・・・敗戦時にはトンチンカンな義を唱えて、日の丸バンザイで崩落し、今回は相手の言うがままに従って崩落するのか。米軍基地上層部が言う、今回の反対デモによる米軍基地侵犯は(別に侵犯した訳でも無い、日本の警察が米軍基地にデモトップを引きずり込んでいる)、日本国民の総意ではないとのコメントに対し、どう反応するのか・・・情けないこと、この上無しだ。
メンテ
アベ政権は対日テロ政権です。ABE is not Japanese. ( No.45 )
日時: 2015/03/01 02:55
名前: 青トマト ID:n/BmXlRA メールを送信する

アベ自公政権は、対日テロ政権です。

イスラム国と同じです。

誘導され、操られていることも、イスラム国と同じです。

イスラム国はイスラムではない。

アベ政権は日本のものではない。

アベは日本人ではない!
メンテ
どこかの国の総理が言いました、テロは・・・ ( No.46 )
日時: 2015/03/01 08:32
名前: 満天下有人 ID:tJRAcljs

世界の果てまで追いかけてでも、撲滅すると・・・

ならばテロリスト・シンゾーを世界の果てまで、追いかけましょう、シンゾーと一緒に(爆)。

野党が閣僚の政治資金問題を追及し始めました。それでもテロリスト・シンゾー一派はへっちゃら。生き延びます。IS撲滅と同じように、テロリスト撲滅は不可能だと思います。具合悪くなると潜み、頃合いを見計らって必ず復活してきます。

国民が隠れ場所を提供するのですから、絶対に撲滅はできません。

こいつらを撲滅できる時には、国も一緒に撲滅されることでしょう。
メンテ
と言うことは、日本も米国と同様のテロ国家、ならず者国家(爆笑)。 ( No.47 )
日時: 2015/03/01 20:23
名前: 青トマト ID:n/BmXlRA メールを送信する

いやあ、爆笑どころか、実態であり、深刻な有り様です。

アベ政権が国内向けテロ政権であるだけでなく、米国のイスラエルと並んでの同盟国として、ウクライナとは同盟国ではありませんが、実質的同盟関係で、英国とも繋がっていて、
対世界テロ国家として動いてきているということなのです。

地獄のはてまでテロ国家となるかも、いや、そうなるのではないかな。

アベのウクライナ訪問もあり得るかも知れないね。

そうすれば北方領土問題でふたたび日露を対立させられて日本を孤立化させられる。
日本とウクライナは、川崎で殺害された中学生と同じで、ツカイッパシリにされて、いたぶられて、使い捨てされて切り殺される有り様でしょう。

日本国民は鈍感だから、それが感知できない。

ウクライナで徴兵された人達の多くが親ロシア側に逃亡している。

その事が、ウクライナが軍事的に敗北を続ける大きな理由の一つになっている。

日本は年金族なんかがまだ金を持ってるんですよ。

これが、国民が頭を使わない考えない事をもたらしていると言えるでしょう。

若者は金がなく苦労しているが、親族に金があれば援助が受けられる。

何もない若者や中年は浮浪者となるわけだ。

日本人は四畳半的国民だね。

道理で浮世絵が世界的芸術であったわけだ。

日本人に過ぎ足るものが二つあり。

清らかな国土と天皇だ。

それを汚して叛く四畳半の徒。
n
メンテ
それにしても・・・ ( No.48 )
日時: 2015/03/01 20:40
名前: 満天下有人 ID:tJRAcljs

英国王子が帰国されると同時に今度は、ドイツ・メルケル首相が来日・・・英国王子も来日の目的が分からない。

シンゾーが自由国家有志連合に入った途端に、入れ代わり立ち代わり要人が来日する。一方でシンゾーのウクライナ訪問もあり得るし、何でまた日本に・・・タカリ始めたかな(笑)。

サミットでは来日したかもしれないが、ドイツ首脳が単独での訪日は、史上初のことではないかな、ヒトラーも来たことも無いし。

戦争賠償をドイツに求めているギリシャがうるさいし、半島に今でも賠償を請求される同じ立場の日本で、グチでも言い合いに来るのかな?。


メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.49 )
日時: 2015/03/02 12:33
名前: 贅六 ID:Mdw8Y51o

東アジア三国も、バカばっかりです。 過去の行き掛りが如何で有れ、いま世界を覆い尽くしている「流浪民族・ユダヤ」の巨大資本に、敵わずと言えど立ち向かう為に、我らモンゴロイドが団結して共同戦線を張らねばならない時に、

中國は、経済も、軍事も、拡充して北にも拘らず、日本に対して相変わらぬ嫌がらせと脅しの外交姿勢。

南朝鮮は、日本の罪滅ぼしを散々受けて来たにも拘わらず、何時まで経っても日本に愚痴と恨み言の毎日。

全く一衣帯水の気概が有りません。

勿論、日本も安倍政権に成ってから特に、これら二国との連帯を図る動きは無く、何時までもアメリカの飼い犬を甘んじている有様。

此れでは益々“ユダヤ巨大資本帝国”の蹂躙を許すばかり。真に情けない事夥しい。

韓国人など、何事につけ「韓国発祥だ!」等と滑稽な夜郎自大の言動ばかりで問題に成りませんが、

其れに付けても「大国・中国」の指導者も意外とバカばっかりですねェ。
メンテ
これじゃ東アジア共同体など、夢物語 ( No.50 )
日時: 2015/03/02 13:40
名前: 満天下有人 ID:Uu3X.Tz.

全くですな、広大な地域があって、資源とて豊富にある筈なのに、斯くもいがみ合うようでは、せっかくのパワーも持ち腐れでしょう。

歴史的に欧米に浸食されて、その反省も無く、それぞれがバラバラに米欧とくっ付き合うバカさ加減。分断し統括せよとの巧妙な支配戦略を使い続ける欧米の、戦略の手の上でそれぞれが、オレの方が偉いんだと勇み合うバカさ・・・日本などオカネも無いのに金持ちだとおだて上げられて、せっせと借金の山である円印刷に励むノータリンさ。ゴールドマンサックスなど、次の一手を既に考え始めていることでしょう。

やはり人種的に劣るのかなァ?アジアは。

それにしても中国人富裕層、成金どもが銀座で爆買いする光景を見るたびに、も少し品を示せないものかと、かっての日本人もそうだったから、文句も言えないか、同じアジア人のゲノムは似ている。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 虞や虞や汝奈何せん ( No.51 )
日時: 2015/03/02 14:34
名前: 贅六 ID:Mdw8Y51o

今日本は、“チャイナ・マネー・シンドローム”に浸食されて居りますねん。

実に我が朝は、「日の本の、何処何れの商いも、チャイナならでは、夜の明けぬ国」と成ったんですわ。

まぁ、何れこのブームもぱったりと火の消える時が来ますねんやが、そない成った時が悲惨でっせ!

昔、「狭い日本にゃ住み飽きた、支那にゃ四億の民が住む」ちゅうて、一獲千金を夢見て支那へ商売に行ったんだすが、

今は向こうからこっちゃへ来てくれまんねん。

それもねぇ、日本へ来た連中は、例外無ォ日本の社会の完成度に気を呑まれて帰りよります。

空気、青空、清潔、サービス、人情、人間性、此れのどれもに感嘆して帰るんでおます。

政権がもっと上手く立ち回ってたら、日本は中国をもっと取り込めてたのになァ、

ホンマに、安倍の「どメクラ外交」にあきれ果てまっせ!
メンテ
何時まで続く政治献金泥試合 ( No.52 )
日時: 2015/03/03 17:49
名前: 満天下有人 ID:0F.Tfs0Q

下村文科相が、補助金絡みの献金を受け、しかも暴力団に関係する者からの献金だったことがバレて、更に追及を受けている。

最初は知らないと言っていたものが、事実を掴まれて、説明し切れなくなったら、カネは返したと答弁。甘利経済大臣も、知らなかった、カネは返したと。

この政治資金規正法って、完全なザル法で、では誰がザルにしたかと言えば、立法府の先生方。知らなかったと言えば罪に問われない仕組みで、貰ったカネは返せば良いと、それで済む法律なのだ。

民衆の間でこれに似たような事をやれば、まあ罪に問われることまでに至るのかどうか、ケースバイケースなのだろうが、ほぼ信用はガタ落ちになってしまう。政治家の場合は、むしろうまく逃げ切れば、よく逃げたなと、勲章もの扱いされる。

誠に不愉快極まる話だが、よく考えて見ると、そのような政治絡みの利権を規制する法があるのに、その法が全く機能していないことに苛立ちを覚える。

この苛立ちを誘発するものが、この役立たずの政治資金規正法というヤツなのだ。こんな法律があるから苛立つのだ。いっそのこと、政治利権を認めてしまい、よって規正法など無くしてしまえば苛立つことも無くなる。

そしてドブのような何の倫理、道徳も無い社会であれば、現実はそうなのだからと、あきらめもついて、ドブ社会でも生きていける。

変な、実行も出来ないような倫理・道徳が一方に存在しているから、それを守ろうとの意識がどうしても生じ、だが一方で、現実は正反対だというその矛盾の狭間に陥ってしまうから、不愉快な気持ちになってしまうのだろう。

その矛盾を取り除くには、出来もしない倫理をかざすことを、止めることではないのか。原発OK、格差OK、戦争OK・・・少年殺人も所詮、人間がやったこと、所詮人間など言うものは、シマ社会で、そこから逃げる者は抹殺するという、人間レベルとはそんなものだと納得してしまえば気が楽になるのではないか・・・連日のマスコミによる報道は、何の為にやっているのか?本源的に人間に求められている倫理・道徳に反する物として報道しているのか?

しつこく報道した所で何も変わりはしない。とするなら、これまた、倫理・道徳までをもふりかざして、商売ネタにしているだけなのか・・・ウンザリする。ウンザリ感を払拭するにはどうすれば良いのか。

結局、倫理とか道徳なる基準を無くしてしまえば、騒ぎが起こることも無くなる、人間ってそんな程度の物だと皆が思えば騒ぐことも無い・・・これしか処方箋は無い。さすれば国会風景にも腹を立てることも無くなるだろう。j法律違反だと騒ぐだけで、時間の下劣な事にエネルギーを浪費する。いっそのこと、そんな人間のサガに沿わない法など、撤廃する事に精力を使った方が有効である。
メンテ
復興予算9兆円も使われずー朝日 ( No.53 )
日時: 2015/03/04 10:09
名前: 満天下有人 ID:LBCcjgUY

会計検査院の調査報告によると、東日本大震災の復興予算として国が2011〜13年度に計上した総額約25兆円のうち、13年度末現在で、少なくとも9兆円が使われていなかった。

年度をまたぐ事業のためにつくった基金全体では、6割が使われていないことが判明。福島、宮城、岩手3県が主体の事業を初めて現地調査すると、被災地のニーズに事業が合っていない実態も浮かび上がっていると言う。

まあこの問題は、役人による復興事業であるから、結果はかくの如くになることは、想定の範囲であったろう。そして例の予算大枠を汲んでしまえば後は、いかようにも名目をつけて他に流してしまう我が国得意のカネのムダ遣い全開となる(笑)。余りを繰り越し、不足する分野に回す発想は皆無で、一旦計上して残ったものは使い切らないと損だという発想なのだ。

復興予算からクジラ調査費に回ったり、税務署の建屋を地震防災名目で建て替えたり、自衛隊の米国内での訓練費他、自衛隊厨房の修理費にまで使うなど、どこからどうすれば左様なカネの使い方が出来るのか、国内では税収不足で社会保障費問題が毎年取り上げられて、国民の高齢化がいかにも悪いような宣伝が広がり、生きている事自体が悪い事のように思えて来るのに、災害復興予算の使い方は斯く如くで、そして外に向かってはいくらでもカネをブン投げて行く現状では、そんなカネの使い方に疑問を持つ方がおかしいのかも知れない。

国民全体として被災地復興に拠力するのは、同じ同胞国民として当然の義務であるとして、知らぬ間に毎年地方税からは千円巻き上げられている。これ25年間に亘って続くのに、使い方は上記の通りなのである。
日銀黒カラス総裁は事ある毎に、金融緩和は異次元的にやっているのだから、政府は財政規律を守れと唱えている。黒カラスが言う規律とは、予算のムダ遣いを止めろと言っているのではない。増税して規律を国民にも求めろと言っているのだ。さすが、大蔵省出身のことだけはある。

回り回って予算のムダ遣い、目下下劣極まりない政治資金を巡る問題にせよ、延いては人殺し軍事にも回って行くカネの為に金融緩和をやっているようなものである。

そして実体のないことに向かう世界金融市場の規模は、BISによる最新の調査では7京円を突破したという。世界GDPを約5千兆円とすれば、実態亡き経済の規模は、実態の約12倍にも達している。虚の数値はあくまでも虚であり、7京円もの実質付加価値が生産されたものではない。ペーパー上で利益が膨らんだだけのことで、売却して利益確定されたものではない。実体或る利益として確定できないシロモノなのだ。これを実現利益にしようとすると、売らねばならない、売ると価格が下がって利益が減少して行く、否、マイナスに転じてしまう宿命にある。サブローンによるリーマンショックは、ついこの間起ったことである。もう忘れたのか・・・

日銀黒カラス総裁は、それを怖れて予め税を挙げておけと言ってるに等しい。だが政治がインチキカネをどこまでも望む以上、インチキ経済を変えることは不可能になっている。単純な予算の組み方さえへも、それを誤魔化してインチキカネを求めるのだから、どうしようもない。復興予算問題など、その典型であろう。際限のないODA増額も然りである。だが中央銀行は増税による財政規律を唱える・・・やはり、もうワッハッハと笑うしか結論は無しだ(笑)。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.54 )
日時: 2015/03/05 12:16
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:t5epSkhE

政治家の献金疑惑など、全国会議員を合わせても、たかだか数億円、角栄、金丸などの強者を合わせても数十億円。
それに対して税金の無駄使い、横流しは十数兆円。
桁が違います。

何が諸悪の根源でしょう。
しかしながら、それを考えるにも疲れましたね。

掲示板で訴えても、それに呼応してくれる人の少なさ。
ニュース性を追っかけることに興味はあっても、事の本質に迫る気概はありません。
政権交代への期待が薄れ、各種の掲示板も、更にその傾向が強まってきています。

ところで、現実はさておき、次の動画を紹介します。
HULUの動画サイトの宣伝になりますが、月額900円あまりで登録すれば、1日に何時間、視聴しても見放題で、最近、これにはまっています。

以下のURは、その中の「24時間」と言う連載ドラマで、アメリカの権力構造が垣間見れます。
ドラマの世界ですが、なかなか迫力が有ります。

http://www.hulu.jp/watch/151578

http://www.hulu.jp/
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.55 )
日時: 2015/03/05 12:49
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:t5epSkhE

当代世間騙し装置と言いますか
騙される事を願う装置と言いますか

所詮大衆と言うものは愚かな存在。

テレビの歌謡番組は、曲と共に体を合わすダンスミュージックが花さかり。
歌に寄せる思いなど、どこにもありません。

クイズ番組と言えば、正解が解っていてもワザと間違えなければダサいと思われる。
その様な事を仲間同士でじゃれあう様が見世物となっている。

管理人さんも、何時か書いておられました。
日本では「バカを競う事が流行になっている」と。

毎週やっている「ビフォアアフター」と言う住宅の改修工事を取り上げる番組がある。
建築は私の専門分野、見ていても、その不合理さ、無責任さに腹が立つ。

ともかく、目先の変わったことであれば、何でも良いのである。
中には浴室をガラス張りにして、どこからでも見える様にしたものもあるらしい。

テレビでなくても、通常の設計業務においても、多くの主婦は対面式キッチンにこだわる。
普通は流し台は壁に向かって配置するもの、その方が台所の全体の構成に都合が良いのである。

ところが何時の頃からか、それでは、主婦が料理をしている間、幼児が遊んでいる様子が解らない、流し台は幼児が遊んでいる食堂とか居間が見える様に配置すべきだ、と言う理屈で、流し台を居間の方に向けて、仕切り壁を取り払うと言うこと(対面式キッチンの考え)が流行ってきました。

料理を作る間、幼児の動向に気をつけねばならないのは、一体、何歳から何歳の間である。
幼児の安全性を確保するための他の方法もあるはず。

だが、猫も杓子も、対面式キッチンにこだわります。
設計者の見解など、体よく避けて。

また、最近の傾向に、シューズクローゼットを取れといいます。
何かの雑誌とか、テレビの影響でしょう。
シューズクローゼットと言うのは、簡単に言えば下足室です。

家族が脱いだ履物が玄関にあっては格好が悪いと言う発想です。
玄関が、6帖の間くらいある邸宅では、そういうものを作った経験はありますが、35坪くらいの小住宅で、玄関の広さもタタミ2枚くらいの規模で、なぜ下足室まで必要か。
第一、家族の者が、みんな行儀よく下足室を利用できるのか。
玄関の整理整頓のこだわるほどに、家中の整理整頓ができるのか。

と、言う事を言っても、思い込んだ主婦様は、言うことを聞きません。
もっとも、最後には予算の都合で割愛になることがほとんどですが。

この他、料理番組でも、健康食品の問題でも、大衆は目新しい事が最大の価値で、本当に価値あるものを探そうとはしません。
このような、大衆が先なのか、これを利用するシステム(装置)が先きなのか。鶏と卵の論理になりますが、
政治経済の面での「当代世間騙し装置」の根源は、より深いところから始まっているように思います。

メンテ
謀略合戦に明け暮れる世界 ( No.56 )
日時: 2015/03/05 17:53
名前: 満天下有人 ID:QSmX6jhs

ジャックバウアーの24時間ドラマ、架空の諜報機関CTUの暗躍が舞台になっているようですが、国家安全保障の為にと称して、恐らく誰にも知らられていない国家以上の諜報機関は存在しているのではないかと思わせるくらい、世界はスパイ合戦の為に回り続けているのかと、錯覚を起こしそうです。

昨夕NHKBS1で、遥かなるアフガンの春と言う特番を見ました。未だに相手を信じ切れずに殺し合っているのですね、これドラマかなと思うほど、現実はドラマ以上のものがあります。見渡す限りの岩山と砂漠の中で、形だけの畑の向こう側に一人の少年を発見、タリバンなら即時銃撃、だが政府軍、と言っても米海兵隊と全く同じ戦闘服に銃弾を装備しているので、米軍かと間違えそうですが、その政府軍が同じ同胞少年を即時射殺するかどうかを、石垣に隠れて声を潜めて議論し合っている。

タリバンであっても、そでない場合はむしろ普通人を射殺したとして逆にタリバンの一斉攻撃を受ける恐怖がある。別の所でタリバンと戦闘になり、本体に無線で応援を頼むと本体は、別の事で忙しくすぐに助けに行けない、その間にも前線の兵隊は次々に射殺されて行く。

これドラマではなく、よくも撮影出来たものだと思うほど、現実のドラマ以上の戦闘場面を見て驚きました。世界大戦の時のような大艦同士の戦いではなく、陰湿な戦闘ですね現代にあっては・・・今回アカデミー賞では、米軍一の狙撃主で、これまで160名?もの敵方有力兵士を狙撃した兵士を題材にしたアメリカン・スナイパーなる作品が、受賞候補に挙がっていましたが、そこでもガレキの影から現れた少年が、自爆テロ犯なのかどうか、判断できずに引き金を引けない。これも実戦を題材にしたものでしょうから、上記実践場面で見たものと、迷う様はそっくりです。

何が言いたいかと言いますと、シンゾーなどが現実も知らずしてIS撲滅有志連合に加わりたくてしょうがない。こんな第二次大戦の時のような国家対国家の集団による国家存続の戦さでもないものに、自衛隊を使いたくてしょうがないバカが居て、そんなバカをのんきに政治やらせている・・・

実録アフガンの遠い春では、壁に隠れて潜む兵士たち、本音は一日も早く帰りたい、一日でも良いから普通の生活をしたい。だが上層部による謀略妄想によって、戦いは果てしないものになって行く。我が国では、そんなことも想像する能力も無くなってしまったのでしょう。

<管理人さんも、何時か書いておられました。日本では「バカを競う事が流行になっている」と>

ビフオアー・アフターでもそうでしょうが、目先変わったことをして注目させる。芸能人は正にそうすることによってメシを食っている訳で、いわば商売道具として使っているのに、それが本質だと思ってしまうバカが何と多いことでしょう。群れる民族気質は変わりようもありません。

政治資金問題にせよ、シンゾーが、責任者が違法献金であると知らなかったのであれば、法律違反ではないと言い出すと、大衆もそのように信じてしまうのが、今の世の中なのですね。そして皆で渡れば怖くないの類として、民主党まで突き始められると、では落としどころを決めて終わりにしようと(笑)。もうバカバカしくて見ちゃおれません。


メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.57 )
日時: 2015/03/05 19:55
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:QGSnDpzc

アッハッハ 24時間を見られましたか。

動画の世界と現実は違っているとしても、自国の安全保障は自前で考えねばなりません。
自国の安全保障とは、如何にあるべきかの理念の確立も必要です。
それを国民に納得させて、始めてシステムへ向かうべきでしょう。

それなのに、欧米に肩を並べたいだけの野心で安全保障の問題に首を突っ込んでも、海千山千の奴らに手玉に取られるだけ、イスラムゲリラ相手も同じで、とてもじゃないが太刀打ち出来ないでしょうね。

しかしながら、先の記事で書いたように、物事の本質を見ようとしないノーテンキな国民相手に、安全保障とは如何にあるべきかなどと、問うことも無理な話です。

その上に、少しは頭が回ると思われるインテリ層と言われている連中も、国連中心主義などと、ありえない理想に逃げ込む有様です。
日本人は、なぜ、この様にぼけた国民性になったのでしょうか。

情報などなかった大昔でも、弱腰外交であった幕末の日本でも、これほどだらしない国民性ではなかったと思います。

メンテ
Re: この国の安全保障に対する概念 ( No.58 )
日時: 2015/03/06 11:05
名前: 満天下有人 ID:DkYWf98A

NYタイムズの東京支局長が、あのISによる日本人人質事件が起こったあと、安全保障に対する国民規模での論議が巻き起こるかと思ったのに、何も問題はないような静かな雰囲気が理解できないと、不思議がっているようです。

その背景には日本マスコミが、官邸の指示通りにしか動かないという事が、大衆の目先をかわす大きな原因だと、マスコミ批判をしておりますが、まあ、今の時代、我々の時代のように、日米安保成立の過程を現実に体験した世代と違って、今では安全保障なるものは日米安保によるとの既成事実しか学んでいませんから、それがあれば大丈夫で、別に矛盾も感じないようになってしまっているのでしょう。

だから、シンゾーが盛んに唱える同盟国に対して加えられる危害は、わが国の危害でもあるから、戦闘に出動しなければならない、と言われても、当然のことのようにしか思えない。

先週も自衛隊出動要件について、本来は9条を守る党議を持っている公明が、連立維持の為にムリして自衛隊出動要件についてジミンを細かい摺合せを始めています。友好国が攻撃された場合は、いかなるケースでも出動する、というのがシンゾーの安保論で、これに対し公明は、友好国が攻撃されて且つ、わが国の安全が危機に晒された時に限りと、自衛隊出動の要件に更に歯止めをかけている。

しかし、どちらのケースでも、我が国単独での安全保障概念がスッポリ抜けおちていて、やれ日米同盟、やれ国連の範囲内でとか、安保行動の対象の原点であるべき、自己保存の立場からの考えでは無く、外の協調関係でしか事を捉えようとしない。これではNYタイムズの支局長が不思議がるのも、当然ですね・・・だがその肝心のアメリカでさえ、米政界全体の機運としてはどうもそうせよと尻を叩いている訳でもなさそうです。

シンゾーによる日米安保の延長線上でテロ対策を構築することは、「諸刃の剣」的なリスクを伴うとの危険視が米議会でも根強い。簡単に言うなら、シンゾーの復古調的軍事行動への参加希望を嗅ぎ取った米議会内でも、パールハーバーを忘れるな、という、もう米国内ではこの一点だけは忘れるなという無意識のうちに米国に植え込まれた意識が、最近復活しているようです。

青いトマトさんが、日米欧合作のIS人質事件によって、そのご日本もすぐに積極的行動に参加するのかと思いきや、何だか足踏み状態で、どうしてそうなったのか怪訝に思われているようですが、アメリカも予算編成時期で、しかも日本のように国債増発なんぞ簡単にやり、東北復興予算が余ろうとどうしようと無頓着な状況とは違って、国債増発による予算編成が毎年厳しく制限される時期だから、IS対策もイラクにやらせて、だが日本にも加勢せよとは頼みたくないムードが根強くある・・・松岡洋右、岸信介に至るシンゾー家系のことをよく知っているからでしょう。アベ・ジャパン利用には慎重になっているようです。

その表れとして、官邸は5月のシンゾー訪米の調整を進めていると、先月から報道されていましたが、別にアメリカが日米首脳会談を望んだ上での訪米日程調整ではなく、こちらがゴリ押しで5月に訪米させろ、米上院、下院で演説させろと、まで言うから、上下院で多数を占める共和党が、いくら何でも議会で演説させろとは厚かましいにも程がある、歴史認識面で米国とも落差があり過ぎる、それはシンゾー家系によるものだと・・・そこでリメンバー、パールハーバーとまで米議会は言いだしている。先月日中韓を暦付した国務次官補は、これまでの米外交の作法として、先ずは日本訪問、次に韓国、中国という順番を崩していなかったのに、今回は日本を後回し、最初が中国で友好維持に腐心、次が韓国で日本は付け足しの状態だった。

それでも米軍ですら採用を見合わせ始めたオスプレイを、通常価格の倍の100億円で買いましょうとシンゾー達は言いだしている。まあ、政治献金など、最高先任者が知らなかったなら、違法ではないという感覚なら、軍事武器の値段など、いくらでも良いということなのでしょう。

もっとひどいのは、次期戦闘機であるF35の導入。未だに欠陥を是正できないこの超ハイテク戦闘機にいくらでも予算は準備すると言う日本側。そりゃそううですわ、部品の6割を三菱重工以下の日本軍事産業が下請けするのですからね・・・この国の安全保障概念は、かくの如しです。


メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.59 )
日時: 2015/03/06 12:22
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:i1zkh3pw

以下は糾弾サイトのトップページの管理人さんの言葉です。


一体、日本人は自国をどの様に捉えているのだろうか。
自民党政権下で現在まで続く税金の無駄遣い、
異常なまでの官僚による国民支配。

改革され無くてはならない憲法や選挙制度。

信用できないマスコミに支配されている日本。

この先どの様に進むのか皆目見当が付かないが、
日本人の気概の無さには落胆するばかりだ。

日本人はもっと自国の事を知るべきだし、
もっと文句を言うべきだと常々感じている。

世界に理想的な国の形態は未だかつて確定していない。
難しいもんだとは思うが出来ないことではない。

オピニオンリーダーであるべきマスコミが
もう少しまともで、国民がもう少し利発になれば
日本は世界に冠たる国家になりえる事を
信じて今後とも、おかしいと思えることを
発信し続けてゆきたいと思います。

サイトの全面改訂は夏頃を予定しています。
全てのページでの書き換えを予定しています。



夏頃とは今年のことで、張り合いのない掲示板維持にも、なお積極的に考えられているようです。

日本の政治などは、例え共産党が政権をとっても、自民党と代わり映えのしないものでしょうね。
メディアの報道が何であっても、物事を自分で考えることもできます。

教育が行き渡ったことで、逆に、それができなくなってしまっているようです。
ほとんどの国民は、考えるとは選択する事と思い込んでいます。

これも「卵が先か、鶏が先か」の議論となってしまいますが、国民に覚醒を促すことも重要であると思います。

メンテ
毎日見るニュースに辟易し・・・ ( No.60 )
日時: 2015/03/07 18:45
名前: 満天下有人 ID:W4OKDEtU

それが延々と続くとウンザリして来る。

私だけかなと思って検索して見たら、評論家のあいば達也氏が、同じようにウンザリし、その記事を列挙されている(笑)。

《 最低の安倍自民の行状一覧 》
▼路上キス報道、中川農水政務官が陳謝 「軽率だった」(朝日新聞)
▼側溝に高濃度汚染水、雨で港湾内に流出か 福島第一原発(朝日新聞)
▼下村文科相、取材拒否メール認める 口止めの意図は否定(朝日新聞)
▼「下村氏に講演料やお車代渡した」 博友会元会員が会見(朝日新聞)
▼NHK受信料「義務化できればすばらしい」 籾井会長(朝日新聞)
▼「派遣はモノ扱い」発言、厚労相が謝罪 課長を厳重注意(朝日新聞)
▼「存立事態」の概念提案へ 政府、集団的自衛権行使向け(朝日新聞)
▼補助金交付企業から献金、塩崎厚労相側にも 12万円(朝日新聞)
▼日米協定書不開示求め提訴=国が沖縄県相手取り−那覇地裁(時事通信)
▼政治資金見直しに着手=中旬までに規正法改正案−民主(時事通信)
▼改憲へ若年層の理解促す=18歳選挙権で「条件整った」−自民(時事通信)
▼政治参加促す教育を=菅官房長官(時事通信)
▼防衛省設置法改正案:装備庁で調達一元化 6日閣議決定(毎日新聞)
▼集団的自衛権:政府「新事態」定義へ 法的位置付け明確化(毎日新聞)
▼公明党・安保3原則:自民副総裁「十分に話し合える」(毎日新聞)
▼補助金企業献金:菅官房長官側にも29万円(毎日新聞)
▼補助金企業:首相側に献金さらに1社…計4社で194万円(毎日新聞)
▼集団的自衛権、防衛出動の規定適用…政府調整(読売新聞)
▼規正法の議論呼びかけ…首相、補助金企業寄付で(読売新聞)
▼補助金交付企業から寄付認め、違法性否定…首相(読売新聞)
▼首相、バンドン会議出席…平和国家アピールへ(読売新聞)
▼外務省ホームページ「韓国との基本的価値共有」を削除(産経新聞) ≫

≪ 真っ当な話題は二つのみ
○共産党:パーティー券購入含め企業献金禁止法案提出へ(毎日新聞)
○「侮辱するような取り調べ」美濃加茂市長、無罪受け会見(朝日新聞)

・・・政治資金規正法違反事件も、これを追及し過ぎると、閣僚全員辞任の事態を招き、内閣総辞職に至るし、そうなると後を受ける政党が居なく、無政府状態になるから、追及もほどほどにしておこうと言うことになってしまった。おかしくもなく、もうヘソも茶を沸かさない(笑)、そして既に存在する法である規正法の遵守はそっちのけで今度は、安保に関わる自衛隊出動について、緊急事態法がどうとか、これについて公明が微に入り、細に亘って法を整備しようと言い出して、根本はそっちのけで法をいじくり回し始めた。

そんなこと止めておけよ、何を決めた所で何も守られないこの国で、一体、法に何の意味があるというのだ。本音がアメリカと一緒になって戦争したい、その衝動を抑えることが出来ないなら、本能のままにどこにでも行って血を流せば、それで良いじゃないか・・・良いというより、その衝動を国民までもが抑え切れない以上は・・・何をバカヅラ下げて一丁前に平和という言葉を使うのだ?自前の基本も作れない国家と国民なのだ、しち面倒臭い法案作成議論など、初めから不要である。

さすれば、真も報道できないこの国のマスゴミも、こんなウンザリ感だけを増幅させる記事も出して来なくなる。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.61 )
日時: 2015/03/07 21:41
名前: 贅六 ID:.N52Kp9.

此の情けない“日の本”の国に対して、とうの昔にニヒリスティックに成っているワテと同じ様に、満天下はんも、天橋立はんも、よう似た心境に成って来はりましたなァ。

もう、どないも、こないも、救い様のない我が国の惨状に、発する言葉も、抱く思いも、おません。

前にもどこかに書いた様な気がしますのやが、日本はおろか世界中が【中世】に逆戻りして行きよりまっせ!

世は暗黒の時代と成り、“首無しチキン”どころか“首無しの屍”が散乱して、死臭芬々の巷が現出するのもあながち妄想では無い!と思われまんなァ。

まこと、今ほど政治が下劣で、其れを生む国民が愚昧な時代は、且って類を見んのやおませんか?

太平洋戦争中の、軍の愚劣振りも酷いもんでおましたが、今の政治もそれに劣りまへんなァ。
メンテ
米空母乗組員による放射能被害損害賠償請求 ( No.62 )
日時: 2015/03/08 11:28
名前: 満天下有人 ID:js3VqvX.

首なしチキンと化したこの国の惨状、ほんまにもう、既に「国」とは言えない惨状ですね。見た目には立派な高層ビルが立ち並び、綺麗な列車が走り、美味い食べ物は大量にあり、物理的には立派に見えても、政治社会の現状は、精神的に完全にスラム化している。

いや、物理的にもスラム化が始まっているかと気付いたのが、たまたま昨夕TBSの金平キャスターによる報道特集で観た米空母ドナルド・レーガン乗組員による放射能被害損害賠償の特番。

この訴訟は既に3年前に起こされており、福島原発事故に際し、米空母がトモダチ作戦として原発爆発事故の封じ込めにやって来たのは良いが、当時の東電が放射能拡散状況の実態を隠していたから、拡散場所と知らずに米兵がそこえ行った為に、放射能被害を受けた、よって東電に1億1千万ドルの損害賠償を求めるとして提訴されたものだ。

しかし、そもそも救助に来た対象は、原発事故であり、放射能が渦巻いていることくらい分かった上での救助活動なのだから、文句を言う相手の順番は、それを決定した米海軍、米政府に先ず賠償を求め、米政府が日本政府へ、日本政府が東電えと、訴訟相手の順番は、そうあるべきではないかと素人には思えるのだが、乗船していた5,000人の水兵たちは、いかなる被害に会っても米政府には求償しないとの一札を、米海軍に取られており、やむなく訴訟を相手を直接に東電とせざるを得なかったようだ。

80日間に亘るトモダチ作戦の後、やっと休暇でタイに向かう途中、休暇上陸の条件として、「われわれが医学的に良好な状態であり、病気ではないこと、そして米国政府を訴えることはできないこと」、このような宣誓書に乗組員全員が署名させられ、兵士の証言によれば他に選択肢がなかったと言う。

しかし、米日政府を訴えることが出来ないからと言って、東電に賠償を求めることも、ちょっとおかしい。別に東電の肩を持つ訳ではなく、進んで助けてやると来た者たちは、そもそも「原子力空母」の乗組員であり、原子力の何たるかについては、十分な知識と対処策は既承のことであろう。リスクは計算の上でやって来たのではないのか?

そして日本側だ、訴訟大国アメリカのこと、すぐにイチャモンを付けて来るお国柄に何故救助を頼んだのか、相手が原発事故影響調査の為に、トモダチ作戦を勝手に押し付けて来たのか?TPP毒素条項にも見れる通り、アメリカという国は、相手が外国であってもアメリカの法律を優先してくる。しかも裁判は国際裁判では無く、世銀の中に設けられた私的法廷で裁かれる。

米軍兵士による訴訟順番もおかしいが、それと同時に、そんなありがた迷惑な助太刀をホイホイと受け入れた日本政府、東電もおかしい。更に言えば、事故が起っても何もしない、出来ない国が、長年に亘って築いてきた原子力行政の根本がおかしいのであって、国際競争力を名目に危険な原発をせっせと作り、実は、せっせと原子力村利権を創るだけが目的であった。だから、簡単に救助人からでさえ訴えられてしまう。米兵にも明らかに放射能影響による死者も出ているからにせよ、訴えればカネが取れると思われている脇の甘さもあるのではないか・・・

六ヶ所村再処理施設設置にせよ、仰山な予算の中に、フランス・シェルプール原発事故の処理費まで忍び込まされて、そして事故が起ってしまっても、また情報を隠し、復興は遅々として進んでいない。捨て場の無い核ゴミが年々堆積している。そして被害商業業者への賠償も今年で打ち切られる。

そんな中でシンゾーは、笑顔で英皇太子を被災地案内、安全で復興した所だけを(笑)。

それでも原発再開を目論む精神のスラム化。それと共に、手のつけよもない事故処理の現状を知ると、物理的にも国土のスラム化が始まっているのではないか。
メンテ
スラムも糞も、もともと日本は御上がなければ自分で国なんか納めれん連中ですわ。百姓・町人でならば治まるけどね。 ( No.63 )
日時: 2015/03/09 03:43
名前: 青トマト ID:bMs7vssg メールを送信する

百姓・町人レベルならば、世界最高レベルなんですよ、この国は。

東日本震災でも神戸震災でも騒乱にはならなかったんだから。

市民レベルから上の国家レベルで、奈良朝以来に間違ってきているのです。

鎌倉幕府以来の人民が治めた国家秩序を正当に評価しなければなりませんでしょう。

明治以来のニワカ尊皇の輩では、天皇も人民も国家もまともに扱えないでしょう。

それが、今の有り様で、人民は右往左往で、おろおろの有り様ですわ。

メンテ
腐臭漂うジミン党大会 ( No.64 )
日時: 2015/03/09 07:46
名前: 満天下有人 ID:AyJRluO.

昨日都内で開かれたジミン党大会、「夜明けを迎えた日本を、確かなものにする為に」と演説したシンゾー・・・

アベノミクスも成果を上げ、安保についても雑音など気にせずに正道を行くと大向こうを張った顔。上がっているのは日経平均だけだろうに。

そもそもアゴ骨も無いような狡猾なツラ構えを、一層不遜にしたような笑みを浮かべる姿を見ていると、いよいよたそがれが永遠に続く予感が、確かなものになって来たようだ。あのフテフテぶしい人相は、更に独裁の自信を深めている。

そのことは「、「国民の負託に応え、選挙を通じて約束したことは必ず実行することを約束したい」、との挨拶ににじみ出ている。言われて見ると、確かに文句も言えない。昨年の解散選挙でも、若干議席は減らしたものの、国民は支持したのだから、その負託に応えると言うことに、何らの矛盾も無い。

しかし大会に漂うごう慢不気味な幹部たちの雰囲気は、敗戦直後に巣鴨に戦犯として拘留された祖父岸信介が、突然釈放され、CIAの手下になって、同じく拘留されていたあの右翼児玉誉士夫、大陸で軍事物資の仲介を一手にしていたあの児玉機関の児玉たちと共に、この国を売り始めたあの頃の雰囲気とおなじような不気味さを感じる。右翼ヤクザ児玉に、しっかり頼むよと手を握る岸信介の写真は、検索すればどこかに載ってるはずだ。これがシンゾーの敬愛する祖父なのである。

児玉は釈放後は、CIAの委託で共産党思想を徹底的に破壊する業務を請け負っていた。典型的な弾圧が、あの北炭夕張炭鉱に暴力団・明楽組を送り込んで弾圧。あの頃母社でも組合結成の動きがあって、会社側と交渉していた代表の一人に聞いた話だが、北炭争議で北炭が雇った弾圧組がこちらの争議交渉会議に現れて、途中からの交渉は、窓ガラスが全部真っ黒なシーツで覆われて、怖くなって代表委員を降りたとのことだったな・・・

世論情報操作は児玉誉士夫が、博報堂を乗っ取ることで請け負った。その役員に、警察庁刑事部主幹であった町田なる人物まで起用していたのだから、岸による隷米売国構造はしっかりと出来あがっていた訳で、そして戦中戦後を通じてこの児玉をサポートしたのが外務省だから、世話はない(笑)。現在では、隷米派なら誰でもウエルカムで起用することだろう(笑)。

この敗戦直後の売国構造が、シンゾーの手によって着々と復活しつつある。さすがに英米などの一部識者は、その動向をしっかり把握し始めている。だから、半分腰が引けたスタンスでシンゾー・ジャパンを利用しようとしているのだろう。
メンテ
東北大災害4週忌日の日本人気質と横綱白鵬の反発(1) ( No.65 )
日時: 2015/03/11 07:55
名前: 満天下有人 ID:H3c56B22

早いもので、あの度胆を抜かれた大津波で、街が根こそぎさらわれてから、もう4年も経つ。余計なことに、福島原発までがやられて、復興は進んでいないに等しい状態だ。

大津波はいわば天災、どこにも文句の持って行き場もなく、結局は人間のあきらめない努力によってしか回復できない。歴史的な数々の大災害を見ても、がんばり合うことで復興して来た。被災者たちや応援するボランテイアも含めて「絆」をキーワードにがんばり合う光景は、見る者の気持ちに素直に落ちて来る。

だが、あの余計だった原発事故に対しても、同じようにがんばり合おう、助け合おう、私たちは負けないとして、天災に対すると同じ姿勢で「絆」を強調する姿には、些か違和感を持ってしまう。まあ、TVマスコミが、政治行政面で遅れている復興から目をそらさせる為に、あの事故を被災者の気持ちを美化して、日本的な助け合い心情に落とし込んでいるのかも知れないが、しかし原発災害についてはお互い、お涙頂戴的な姿勢で対処すべき性質の災害では無い筈だ。

40年に亘ると計画されている廃炉工程、まだ着手されたばかりの状態の時に、年々山積みされる廃棄物の捨て場所も無い、挙げれば枚挙に暇もないから止めておくにして、先日、オトモダチ作戦で、原子力災害に助太刀にやって来た米空母乗員までが、未だに放射能被害賠償請求を行っている。助太刀者が求償を求めるというのも、少しチグハグな感じも抱かせるが、それでも連中ははっきり物申して来る。

それに対し、こちらは肝心の被災現場なのに、復興予算がズサンに使われても、余っていても、電源回復に必要として申請されたものでも、緊急不要として予算が認められない。汚染水問題も民間を含めて議論しようものなら、一発で予算停止の報復を喰らってしまう。止む無く「絆」でがんばるしかないから、自己責任のような形を取って、皆でがんばりましょう、ということになるのだろうか?・・・

それも止むを得ない事として同情すべきかも知れない。国民生活に全責任を負うべきトップのシンゾー様が、相変わらず心にもない演説で、災害4年目を総括して、言ってることは、高台に1万戸の住宅を建設するとか、国交省の課長補佐程度のことしか言わない、言えないオツムを、国のトップとして置いているのだから、原発事故についても根本が理解出来ないこの国・・・・故に、事故の風化も早い。この国独特の熱しやすく冷めやすい気質なら、当然だろう。

数年ぶりに単独で来日したドイツのメルケル首相が、さすがに国際政治面でも一級と言われるだけあって、同じ人種迫害国としての歴史認識他、色々申されていたが、こと原発については物理学者らしく、高度技術国日本でさえ、事故を防げなかった、起った後も、始末に負えない現状を見て、原発に対する考えが、根本的に変わったと言っておられた。それと、単純に出来もしない技術で事を解決しようとするシンゾーを比べて見れば良い。そのシンゾーを何となく頂いている民族性・・・

・・・話が一気に変はるけど、好きな大相撲も今年二度目の春場所と相成った。白鵬は大鵬を抜く記録更新で、強い!の一言だ。その横綱白鵬の相撲姿勢に、何やら批判が高まっている様子。彼の批判から、どうもこの国の説明し難い文化と言うか、伝統と言うか、そのような得体のしれない縛りに対して、我慢できなくなっているような節が感じられる。
メンテ
東日本大災害4週忌日の日本人気質と横綱白鵬の反発(2) ( No.66 )
日時: 2015/03/12 18:50
名前: 満天下有人 ID:wQjynK3s

先場所、大関稀勢の里との一戦、取り直しの一番となった相撲で白鵬が、あんなの子供が見ても明らかに自分の勝ちだったのに、最近の審判部は、相撲盛り上げを狙っての事か、すぐに物言いをつける傾向があると批判し、物議を醸しているようだ。そう言えば最近の白鵬の相撲には、相手を土俵の下に落としても、追いかけて行ってダメ押しのように突き手を喰わしていることが多い。

その相撲姿勢は、横綱として如何なものかとの批判が、充満していた。直ぐに物言いをつける審判部に対しはっきりと物言いをつけたから、日本人の横綱に対する神聖さをも汚したということで、何やら神がかり的な批判が強くなっていた。土俵上で仕切りの最後になって、緊張が最高潮に達した力士は、それを吐き出すかのようにホオッ!と掛け声を吐き出す力士も多いそうな・・・相撲を神聖な勝負だとするなら、その息の吐き出し方は如何なものかと白鵬が、注意した。すると今度は観衆から、遠慮せずに吐きだせと、当該力士に応援の声がかけられる。

そんなやりとりが多くなっているそうだが、どうもその背景には、余りにも強い外人力士に対し、日本固有の伝統文化でもある大相撲に対する日本人の、説明しにくい神聖相撲観が外人力士にはかなりの重圧になっているようだ。そのことが白鵬のツイートから感じられる。「本当、肌の色は関係ないんだよね。同じこの土俵に上がってマゲを結っていることになれば、日本の魂なんです。みんな同じ人間です。偉いとか偉くないとか関係なく。盛り上がりどうこうじゃないんだよね。こっちは命懸けてやってますからね」というつぶやきにも似た本音から感じ取れる。

白鵬の相撲姿勢、ある意味、日本文化伝統が集約されたような相撲協会の体質、そして民衆もまた不可思議で説明のしにくい体質に、自ら浸ってしまっている。白鵬のそれは、お上に対する反抗にも似ていないか、大蒙古帝国が現在のウクライナ方面を支配下に置いた時に例えられる“タタールの頸木”でもあるまいが、勝負となったら、相手を土俵の外に出しても、勝利は確かなものかとの、確認行為が自然に出て来るのかも知れない。

片や相撲道における日本人の感覚は、かの有名な横綱双葉山が、連勝が69で止まった時に陽明学者・安岡正篤に打電した有名な言葉「我未だに木鶏たりえず」(動かぬ木彫りの鶏が如く、何事にも動じないという中国の故事)との神事にも似た精神を求める。

そのことは、何かを忘れてしまったかの如き日本人が、取り戻すべき精神かも知れない、だが、その体質が特攻隊を産んだように、個人と神の関係に自らを置いて生身に最も影響を与える政治とか社会関係を飛ばしてしまっている。外人に最も理解しにくい由縁であろう。下ネタめいた話だが、あの暴れん坊横綱朝青龍が白鵬に、もういいから帰って来いよと声をかけているらしい。

原発問題、沖縄基地問題、安保などなど、それに対し国民総運動にも広がって行かない所に、やはりこの民族独特の気質が横たわっているのではないか。神に近い物を無意識の内に求め、だが現実の身の回りに起こる事象には、意外に無頓着なのだ。それが気質とすれば、どうしようもない事になってしまう。何を言ってもムダなことなのだ。だが、徒然草の格言だったか?、物言わぬは、腹ふくるる思いが、どうしても消えない。
メンテ
残心! ( No.67 )
日時: 2015/03/12 18:44
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:ds6WwspM

大学の間の短い期間でしたが、剣道をやっていました。

剣道の試合では、残心と言うものを大事にしていました。

ウィキペディアですが、

武道における残心とは、技を決めた後も心身ともに油断をしないことである。たとえ相手が完全に戦闘力を失ったかのように見えてもそれは擬態である可能性もあり、油断した隙を突いて反撃が来ることが有り得る。それを防ぎ、完全なる勝利へと導くのが残心である。

たとえば弓道における残心は、矢を射った後も心身ともに姿勢を保ち、目は矢が当たった場所を見据えることである。剣道では、意識した状態を持続しながら、相手の攻撃や反撃を瞬時に返すことができるよう身構えていることを残心と呼び、残心がなければ技が正確に決まっても有効打突にならない。なぎなたの残心のルールは剣道とは異なるが、剣道同様、正確な攻撃であっても残心がないと無効とされる。

剣道でいう残心の形を具体的に現せば、倒した相手に対して刀を向けて睨んでいる様子であります。

空手における残心とは完全に意識している状態で、自分の周囲と敵を把握し、反撃の準備もできていることである。柔術における残心は、拳は繰り出すスピードより早く引き戻す、相手を投げた後もバランスを崩さないなど次の攻撃の準備ができていることを意味する。

合気道においても、自分が投げたばかりの受け(相手)を意識しながら、万一再攻撃があった場合に備えて体を構えることを残心という。

武道の試合において、審判の判断は別として、残心を解くまでが試合なのです。

相撲においても相手を倒したあと、睨みつける行為(攻撃の姿勢)があっても、それは正い有り様です。
民主主義の有り様に溺れてしまっている人々は、それを弱いもの虐めと受け取ります。

それを相撲界の幹部まで、大衆に迎合するとは、ますます国技としての相撲道の退廃に繋がるものと言えましょう。

日本文化と言っても、既に、その文化の真髄を読み取る事ができない人々が多くなってしまいました。
その様な傾向が、あらゆる面で顕著になってきていますね。

そのくせに、日本。日本と言っています。
日本の何を守りたいのでしょう。


メンテ
Re: この国の神髄は何だったのか? ( No.68 )
日時: 2015/03/12 19:19
名前: 満天下有人 ID:wQjynK3s

<日本文化と言っても、既に、その文化の真髄を読み取る事ができない人々が多くなってしまいました。その様な傾向が、あらゆる面で顕著になってきていますね。そのくせに、日本。日本と言っています。日本の何を守りたいのでしょう>

・・・全く、日本の何を守りたくてやっているのでしょうか?そこが全く分からなくなってしまいました。

相撲道から少し気質を観察してみたのですが、分かりません(笑)。よしんば相撲もスポーツの一つ、でもそれがプロの世界なら、宣伝盛り上げの工夫もあり得ましょう、だが、少なくとも行政機構である日本相撲協会として残した所を見ると、アメリカンフットボールや、欧州サッカークラブのように、商業的性格があってはならない、あくまでも「伝統文化」としてのお上的仕儀が求められている。

で、観衆も何となく神がかり的な気分で見るから、土俵の外まで厳しくやる必要な無い、勝負は勝負として決着がついたからには、不要な追い掛けは相撲道、それが横綱道に反する・・・

さようなお上的な神がかり気質を共有する所に、政治面や社会現象に対しても詰めの甘さを引き起こしているやに思えます。シンゾーが好き放題やっても。

まあ、キリスト教圏とて、最後は神の名が出てきますが、でも連中は、その前に詰める所は徹底して闘争して、神の名は最後の妥協点としているよにも見えます。こちらはそうじゃない、最初から神がかっています(笑)。



メンテ
「残心」は勉強になりました。 ( No.69 )
日時: 2015/03/13 00:16
名前: 青トマト ID:PlwF.xm2 メールを送信する

残心なき敗北!!

ウン、これが第二時大戦での敗北の姿であったわけですねえ。

負けてから、ノーズロ…ノーパンになった女子の姿が、日本国民の戦後精神(意識)と申せましょう。

すみません。エロい表現で。

これは、少数の人達でよいですから、この精神構造と由来とをはっきりと認識して行けば、大多数の日本人は判ってくれると思いますよ。

日本国民は、自分で敗北を決定しなかった。

これなんです。

ドイツは首都をソ連軍に落とされて、ナチス政府が無くなってしまって、ゼロになったのです。

否応なしにゼロですよ。

日本国民は、天皇が戦争をやめよと言われたと思ってきている。

その効果を期待しての側近と戦略提供者の南原繁と高木八尺をはじめとする東大教授グループの決断・実行だから、無理もないのだが、

お上から戦争を止めさせて貰ったので、しゅたいせいを発揮する場所がなかった。

幸せですよね。いや、これは皮肉で言うのですよ。

それで、戦後には占領米軍とサンフランシスコ講和の後には、米国が、

天皇に代わっての、お上、と、

国民には意識された。

天皇は幸運にもというか、当然の成り行きで、人間宣言により、

明治国家の虚構天皇の地位から解放された。

しかし、日本国民は今でも虚構天皇と意識している。

ごく一部の人達が天皇を形而下・形而上を問わない御存在として意識している。

これは、元首として意識しないということです。

と、いうわけで、ノーズロになったというのは正しい例えではないかもしれませんが、

占領米軍から米国は、お上、なのだから、敵ではありませんわね。

敵ではないから、残心で構える事はないわけで、男は褌を解いてノートランクスの有り様です。女はノーズロからノーパン。

ということは、先の大戦での敗北が問題だった訳ではなく、戦後の日本人がだらしなく変わった訳でもないわけです。

占領米軍も米国もお上ではありませんよ。

占領米軍は敗北側では、敵、であり、講和後も、米国は、潜在的敵国なのです。

旧連合国はしの位置にあるのです。

要は、日本国民に当事者意識がなく、お上に頼る意識が濃厚に残っていて、無責任のエゴイズムな輩の集合体になっている事なのです。

これは、明治憲法体制の精神構造が残っているからなのですよ。

幕藩体制において、自己責任を生きていて、天皇の権威を犯していなかった日本人が、無責任の輩となり、天皇を戦争責任を問われるまでの苦難な立場に追いやったのは、明治憲法体制だ。

その背景をなした、天皇御親政の思想が間違っている。

これは、日本人を無責任の集合体にして、天皇に自分達の責任を全て被せるという、不忠の極みを続けさせるに至っているのだ。

だから、明治維新は精算して、日本は出直さなければ、再生は断じてあり得ない、と言うのだ。
メンテ
お上の命令、硬い頭の人によっては天皇の命令によって戦争をやって、お上(天皇)が止めてくれたんだから、米軍と米国は敵と意識されない事になる。 ( No.70 )
日時: 2015/03/13 00:28
名前: 青トマト ID:PlwF.xm2 メールを送信する

と、いうことで御座いますよ。

ですから、国民は何も悪くないのですよ。

責めてはお門違いです。

お上が命じて、したがって戦争をやったんだ。

滅私奉公して、玉砕も特攻もやった。

そして、奮闘むなしく(寅さん調だ)、

お上が、降伏を決定された。

開戦にしたがって働いて、今度は降伏にしたがったんだ。

それ以上でもそれ以下でもないんだ。

それが、殆どの日本国民の意識ですよ。

で、

日本の未来はこれからですよ。

近代世界に踏み出すのはこれからなんだ。

メンテ
麻酔で眠れる美女である日本国民。 ( No.71 )
日時: 2015/03/13 00:33
名前: 青トマト ID:PlwF.xm2 メールを送信する

美女と美男の集まりとでも言っておきましょう。

そうでも言わなきゃ酒も不味いわ。
メンテ
Re: 眠れる森の美女と、世界一睡眠時間が短くなった日本人 ( No.72 )
日時: 2015/03/13 09:56
名前: 満天下有人 ID:n93hxrUU

<日本の未来はこれからですよ。近代世界に踏み出すのはこれからなんだ>

魔法をかけられた日本人、眠りから覚めて世界のどこに行きましょうや・・・売る物としてスシでもぶらさげて。

NHK文化放送の国民生活時間調査によると、何やら日本人が世界で一番、睡眠時間が短くなったそうで、一日7時間50分。韓国も同じ。最も長いのはフランス人で8時間50分。次がアメリ人の8時間30分。

労働時間との兼ね合いも考慮せねばならないとして、我が国の場合は、どうも深夜労働の多さが原因でもあるらしい。夜遅くまで働くと気が平常に戻るのも遅くなる。加えて過剰照明にも原因があるそうな。

韓国人と共に睡眠時間の短さは、アメリカ隷属の両国のこと、派遣労働法や米韓FTA、TPPなどから間接的に生じて来る恐怖感で、働き続けさせられているのだろうか、或いは、一日中働いていないと、落ち着かなくなってしまっているのだろうか。

覚醒していないと、どうも何かが気になってしょうがない心配だとするなら、麻酔をかけられた眠れる森の美女のようなものではないか。グリム童話では、美女に錘(おもり)が落ちて死ぬ魔法がかけられているのだが・・・。
メンテ
首都圏の電車は眠り部屋の如しです。昔とちがつて女も同じ。 ( No.73 )
日時: 2015/03/14 02:58
名前: 青トマト ID:euHZO0F. メールを送信する

昼間に乗っても若いサラリーマンは、口開けて熟睡中か、膝上でノートパソコンを打っています。

若い女子や中年の女子もおねんね。又はボケー。

元気に普通なのは、男女の老人達です。

登下校と塾通いの子供達もボケー。

韓国は日本の悪いところを真似るのです。

日本人は自分が無いから、なにかに没頭していないと不安なんです。

遊びも同じ。デズニーランドから、連休でのラッシュ。

これ、不安の表れなんですよ。

回りに合わせてると安心するんだ。

危険極まりない有り様で、こればかりは韓国人は真似ないと思いますよ。

この人達に期待は出来ませんね。

期待してませんよ。

回りが変われば変わってくれる人達だから意識的に邪魔はしないでしょう。
メンテ
ある方向へ群れるのも、不安感の現れか ( No.74 )
日時: 2015/03/14 10:00
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

もう外出して乗り物に乗ることも無くなり、車内風景も薄れて来ましたが、確かに、よく寝てますよね日本人は。それだけ労働が過酷なのか、それとも身体上、遺伝子的に睡魔が襲う構造になっているのか・・・

でも、自宅に戻ると起きている時間は世界一長くなっている。電車で寝るから夜は目が覚めているのか?(笑)不安感の所為か。

まあ、人様のことを言える立場でもない、現役時代を振り返ってみても、やっと土曜日は働かなくても良くなったが、しかし自宅に居ても落ち着かなかった、つい会社へ向かってしまったものです。

そして祝日が増えて来ると逆に、説明しようもない衝動から、社のデスクに座ってみないと安心できなくなっている自分をよく発見したものです(笑)、これ、何と言ったかな?ワーカーホリックだったかな?。

定年後やっと気がついたのが、働き蜂という性向、だが中心に女王蜂がいて、それを核として働き続ける。働き蜂も実はメスらしいのだが、せっせと蜜を運ぶのは良いが、寿命は女王蜂の6年に対し僅か1年。そして産卵する能力を持つ女王蜂は、運ばれて来た密のうち、ロイヤルゼリーしか食べない。何だか、労せずして生き延びる金融資本と、最終的にはそこえ貢ぐ為に,年がら年中働いている労働者との関係にも似ている。

果実はどこえ行くのかも分からずに、群となって働き続けないと死んでしまう。だが最近ではその働く場所も変わって来て、時には生息の場所さえも失せてしまっている。
メンテ
超金融緩和の張本人が、それを怖がり始めた。 ( No.75 )
日時: 2015/03/14 20:41
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

まあ、この黒田というおっさんも、いい加減な男だね、シンゾーにゴマ摺る為に、異次元金融緩和として、歴史的にも失敗した為に法的にも、日銀による国債の直接買入れは禁止とされているのに、そこは市中市場で買えば間接購入だから違法行為ではないと、ゴマカシ騙しテクニックを駆使して、結果は日銀総資産の82%もが、国債となっている。

何の為にそこまでの危険を冒したのかと言えば、もう耳にタコが出来るほど聞かされたアベノミクス達成の為に、一番の阻害要因となっているデフレを止め、日本経済を成長路線に復帰させるというものであった。素人から見ても、経済の正常化というより、過去の例に漏れず単に金融証券バブルを引き起こしているだけにしか見えない。

結果はどうか、もう散々出ている成長率の低さ、実質ではまだプラスに戻っていない(物価だけが上がる現象)のではないか、実質賃金のマイナス現象もそうである。

その現実に対し何も釈明もしないのに、黒田総裁は、シンゾーが議長である先月の経済財政諮問委員会で、これからしゃべることはオフレコにしてくれと条件付きで自発的に発言を求めて、国債暴落のリスクがあると言い出したそうな・・・

根拠は国際決済銀行BISで議論が煮詰まって来ている市中金融機関の自己資本比率問題にあるらしい。同組織にあるバーゼル銀行監督委員会が、リーマンショック後、どの国も金融緩和政策を進め、中央銀行が国債の買い取りを増やして行けば、将来それを市中金融機関に売り戻すことが必然となって来る。その場合、金融機関の資産として戻ってくる国債は、中央銀行の売りによって戻る訳だから、価格が下がり金利が上がったものを買うことになる。

金利は利回りの上昇だから、金融機関は証券価格と連動し、特に損失の発生を意味するものではないが、資産として見れば価格が下落傾向に入ったものを保有することになる。バーゼル銀行監督委員会は、そこを懸念してバーゼル規制Vで、現在容認している金融機関の国債持ち高を資産としてだけではなく、一部をリスク資産として自己資本から除外する=自己資本比率の実質的強化の動きとなっているようだ。

黒田がオフレコで頼むとして吐露した本音は、これ以上の金融緩和は國際的にやばいと言ってるに等しい。だがシンゾーが議長だからそんなストレートな説明はできない、そこで黒の決めセリフ・増税によって財政規律を、とにかく早くやってくれとの表現で政府に迫っている。

国債利回りの動きを見ても、異次元金融緩和によって2年弱で、10年債の利回りは史上最低の0.195%にまで下落、ところがそれから僅か1カ月も経っていない昨日では、一気に0.405%まで上昇、国債価格の下落を招いている。これは黒田発言のバーゼル第三次規制はどうやらほんとだと、市場が読み取ったからであろう。

国債の暴落とはどういうことか、もう何度も書いたことだが、古くは英国の南海泡沫事件、フランスのミシシッピー事件で国は超インフレに見舞われている。我が国ではプラザ合意後の金融緩和により債券証券市場でバブルが発生、国債問題では当時のタテホ化学が国債市場で1987年に286億円もの損失を出し、これを引き金に国債先物が一斉に売られたタテホ・ショックというのがあった。

これで日銀は金融政策の幅を縮じめられて、以降、日銀は何もしないとの批判を受けることになり、民間経済では失われた10年なる合言葉まで生まれた。

それは先ず、株式市場の暴落となって影響が出る。何の、株が暴落したって庶民生活には関係ないと思うなかれ、資本主義的金融資本的制度下にあっては、周り回って最終的には生活者の可処分所得が減ってしまうのである。

だがそのことを摺り抜けて、バーゼル規制を引用しておき乍ら根本的な経済政策との関係はそっちのけで、増税に結び付けてしまう黒田・・・これが我が国中央銀行の総裁なのである。冗談もいい加減にせい!生活などさっぱり楽にならない金融政策をやりながら、国際的に国債の下落リスクが芽生えているから更に増税せよとは、何たる言いぐさだ!

金曜日に長期国債の利回りが0.04%にまで一気に戻ったことは、経済成長が自然な形で正常化し、それにより特に金融面からの支援政策は不要になりつつあるとの信号ではない。単なる債券バブルを懸念して、国債買いより売りに比重が傾いたのことの方が、原因としては筋が通る。そのことは同時に、BIS規制、と言ってもそれは、法律で決められているものではなく、ガイドラインとしてのそれであるから、規制と言う事でも無いのだが、往々にして世界金融の流れを決めてしまう。

国債保有高が金融機関の安全資産として、自己資本比率に加算されて良いのかどうかは、2006年ごろに既に発動されかかっていた。それが今回、ECBによる遅まきながらの金融緩和=国債の増発認可によって蒸し返された訳だ。これ以上の通貨安競争を加速させる政策は、どうしても世界恐慌に繋がって行くからだ。時代は既に金融政策だけでどうこう出来る時代でもなくなっている。増税だけでも難しいのに、ならばより根本的な分配面に手をつけるべきなのだが、それが出来ないのだ。


メンテ
満天下有人様も社の机に座らないと不安でしたか? 意外に思いました。少し軽めに話しましょう。 ( No.76 )
日時: 2015/03/15 01:04
名前: 青トマト ID:Oyp9lwsc メールを送信する

と言っても、やはり深刻になるやも?

社の机に座らなければ不安な方は、今のあなた様の様にはならないのでは?と思うのですが…。

実は、私の近隣でも親戚でも、定年退職してから数年から十年程の間に、発病又はポックリと突然に死亡する元勤め人の男性が大変に多いのです。

後に残った奥さんはピンピンして、肉体の衰えなんかマルでないようであり、

女性は生命力が強いな…と唸ってしまいます。

肉体欲求のままに生きている有り様です。

いま国会で叩かれまくっている中川未亡人なんかも肉体欲求の赴くままだったのではないですかねえ。

さて、私が子供の頃に見ていた、百姓や漁師の老人はじいさんもばあさんも惚ける人は一人も居らず、皆が藁で縄やワラジを造ったり、網を直したりして、生産労働に従順していました。

死ぬ直前まで、社会と繋がっていたのです。

勤め人は、退職すると、

社会との繋がりを絶ちきられる訳です。

それで、緊張の糸が切れて、

精神不安定になるのです。

それで、発病するのでしょう。

「私は何処に居るのか?」と迷い出すのです。

これは、精神的拷問です。

退職後には、報酬の有り無しは別にして、社会に向けて働くべきでしょうね。

町内の塵拾いとかどぶ掃除とか、子供の送り迎えとか、

それにたいし、遊び呆ける事は良くないでしょうね。

ゲートボールとかカラオケばかりやっていると、社会との接点が無くなって、精神的にか肉体的にか、衰えて行くでしょう。

それで、発病です。

退職したら、勤め人は、

社会に再就職するべきでしょう。

新入学! 再就職ですよ。

退職して終わりじゃあないのです。

昔の百姓や漁民は、家庭生活がそのままで生産活動の場でしたから、死ぬまで生産活動と繋がっていたのです。

勤め人は、退職すると断ち切られます。

ですから、自分から新入学または再就職するのですよ。

それをしないと幼児から赤ん坊にまで戻っていってしまうのです。

どんな賢い人でも馬鹿になってしまいます。
メンテ
日本人が有名な食事処に並んだり、行楽地に同時に向かうのは、その事自体で味わいや楽しみを確認するからでしょう。 ( No.77 )
日時: 2015/03/15 01:32
名前: 青トマト ID:Oyp9lwsc メールを送信する

今度は別のテーマに行って申しわけありませんが、

これは、私は全く別の行動様式を採るタイプなので、なかなか解らなかったのですが、やっと解りました。

最近に至って。

私はラーメンとかレストランとか買い物で並んだことが全くありません。

並ぶのならば他のもので間に合わせます。

有名レストランで並ぶのならば、腹が減って、腹が立って来るのでイライラするから、我慢なりません。

それならばコンビニで買って食べればそれでOKです。

買い物は、通販でOK。

店に行くときは、人の行かない店に行って、掘り出し物を探すのです。

で、行列とか行楽シーズンのラッシュとかは、

これそのものが、価値を日本の大衆に付与するものであるのでしょう。

言い換えるとですねえ、行列とかラッシュとかを経験しないと、ありがたく思えない。

それを経験することにより、

美味しかった、と思い、

楽しかった、と思うのです。

行列とラッシュが、価値あるものであったと思わせるのでしょう。

ここに、日本人の日本社会の独特の集団性が感じられるのです。

これは、日本社会が今でも、根底において信頼感が存在するからではないでしょうか。

諸外国においては、異民族との共存なんかで、信頼感が薄いので、個人の判断力が求められる訳です。

私個人に限って言えば、日本社会の危うさを意識し、したがって日本社会への信頼感を失っているので、個人的判断力を優先して行動するわけです。

日本の集団に身を任せていては滅んでしまう危険性が高いので。

マスコミや安倍ニセラム国に身を任せていれば破滅間違いなしと同様の事なので。
メンテ
やはりすごいな、金持ち国ニッポン ( No.78 )
日時: 2015/03/17 08:46
名前: 満天下有人 ID:yJ68zwLA

防衛省予算が3年連続で増加、遂に5兆円を突破、今年度予算は5兆545億円で、前年比3.5%アップ。防衛省によれば政府専用機の購入増加が原因だとか・・・

一方で、米ボーイング社から購入した新品の無人偵察機が、飛ばした途端にエンジン不調で爆発。テロ対策費に200億円もポンと出し、欠陥オスプレイは相場の倍の1機100億円も払い、ODA全体では数兆円も拠出する。

一方では、社会保障費は、カネが足りないとして年金減額を初め負担額はどんどん増やす。一発爆発したら何の利益ももたらさない物にはバンバンお金出す。

やることが全くバカだな、要するに不公平感を煽るカネの使い方をするから不満が溜まるのだ。どっち途、破綻は確実なのだから、ならば戦争ゴッコやシンゾー外遊だけに予算を増やすのではなく、国民一般にもばら撒けば良い。

遠慮して円通貨の価値がどうなるからとか、七面倒くさいことは言わずに、どんどんヘリマネやったらよろしい。通貨価値に影響するからとか言いながら、政府は借金によって、何も心配せずに使いまくっているではないか、アホか、復興予算にまでたかりおって・・・。
メンテ
戦前の韓国と同じ運命を生きている日本…米国の保護国。悔しければ独立してみろ!! おまけに自大主義までおんなじだ。 ( No.79 )
日時: 2015/03/16 23:54
名前: 青トマト ID:WD4NAbKM メールを送信する

ニセ右翼どもは悔しがるかも知れない。日本が戦前韓国と同じだなんて言われると。

いや、悔しがったりしないか。

そんなことは判っていて、右派のポーズをしているだけなのかもしれないから。

戦前の韓国を無気力であると日本人は言って馬鹿にしていた。

今の日本…無気力じゃないか。

戦前の韓国、徴兵されずに日本の戦争に韓国の若者は参加させられる事はなかった。

尤も大戦末期には徴兵も行われて、韓国人の戦争参加も一部ではあった。

今の米国と日本との関係にクリソツ!!

戦争米国の末期に自衛隊の戦争参加が要請されて来ている。が、いままでは米国戦争にノー参加。

戦後日本を米国は自分の安全保障と植民地経済願望で日本を保護国にした。

そして、日本は鎖国に戻った。

戦前韓国と同様に、政治は米国が指導してくださる。

米帝国からの離脱なんて…トンでもない。

戦前韓国が大日本帝国から離脱なんて…トンでもない事であったのと同様。

帝国様が全て仕切って下さるのだから…国民が無気力になるのは当たり前。

韓国は、大日本帝国が無くなって、

それで、自力ではなくて、独立国の地位を拾いました。

日本もそうなるでしょう。

で、そのとき、まがりなりに独立してから、

独り立ち出来ますかねえ?

危ういなあ…。

支那(中国)か又はロシアの、それとも韓国の保護国になりかねませんね。

無気力だから。

琉球沖縄に統治してもらったらどう?

それも一度は体験するといいかも。

沖縄は薩摩と日本に統治されたんだから。

米国による統治よりははるかに良いでしょう。
メンテ
Re:独立どころか益々売国へ>農業も多国籍企業へ身売りか ( No.80 )
日時: 2015/03/17 11:01
名前: 満天下有人 ID:yJ68zwLA

ほんまに、まだ韓国の方が骨があるかもですね、中国からは反フアシスト70周年記念パレードに、形式的にシンゾーを招待し、実のところ歴史認識問題で誠意があればと、条件を付けられ、一種の踏み絵を試されています。

ドイツメルケル首相の来日の意図が何だったのか、未だによく分からないのですが、いずれにせよアジア歴史問題にドイツがあれこれ言う立場には無い、としつつも、独仏関係の修復については、ドイツの深い反省と、それに対する敵国だったフランスの理解が、戦後の関係修復をもたらしたと、暗に日本VS中韓関係の改善、それは一度反省した日本が、元の日本に戻ろうとしている所に、睨み合いの原因があると、示唆しておりましたね。

勿論、中国のやり方にも如何なものかと思うことはしょっちゅうですが、しかし私はもう、そこまで敵視するなら、ドンパチ開始まで持っていったら良いではないかと、最近はそこまで思うようになってしまいました。だが一方で米隷属路線を強化している所を見ると、中韓敵視も虎の威を背景にやっているだけですね・・・

その虎に更に祖国を献上し、独立心からどんどん離れて行くのが、郵政民営化であったし、いよいよ株式上場の時期も近づいて来た。多分、米大金融ヘッジフアンドが待ち構えていることでしょう、郵政が株式支配されたら、巨額保有の日本国債の扱いも、大株主発言として、いかようにも自在に操作されてしまい、言う事を聞かないケースが生じたらアメリカは、米大金融資本を通じて、一発で我が国を潰すことが可能になる。

それに追い打ちをかけてるのが、農協の民営化・・・今日のヤフー配信で、週刊朝日が取り上げた記事が目に入りました。

政府与党が目論む農協改革、そこに全農を株式会社化できる規定を関連法案に密かに盛り込んでいる。全農は目下は、米国産穀物積出港ニューオーリンズに巨大な積み出しインフラを持っており、そこで目下の日本輸入規制である遺伝子組換え穀物の選別積み出しをやっている。

だが世界最大のグレインメジャーであるカーギルが、全農の株式を取得し、大株主になれば、恐らくそのニューオーリンズの積み出しサイロの扱いにも、大株主権限を発動し、選別など出来なくしてしまうこと、朝メシ前の処理で出来るようになる。

現に最近の豪州穀物でも、その遠隔買収によって経営権をカーギルに奪われてしまっているのです。豪州農業の場合、小麦輸出組織=AWBは、多数の農家が株主となって株式会社化されていたが、5年前にカナダの肥料会社・アグリウムが買収し、何とその1カ月後にカーギルがそのアグリウムを買収してしまって、米国、カナダに次ぐ穀物生産国である豪州も多国籍企業に農業政策が支配されることになってしまった。

まあ、米豪なら、米豪FTAで豪州産砂糖面での協定もあり、同じ白人社会としてナアナアも利くかもしれないが、わが国となると、TPPでも行方が心配されている砂糖関連で、沖縄や北海道の生産者は大打撃を受けることでしょう。

全農がカーギルの支配下に入って困る国内農業面では、まあ野菜類などの小農産物はともかく、ヘビイグレインである穀物面で、小麦、大豆、トウモロコシは事実上全部米国産輸入になってしまっているから、変化は無いにせよ、いよいよコメがまな板に乗せられて来る。仮にTPPでコメを除外
できたとしても、全農がカーギルの傘下に入ってしまえば、遺伝子組換え種子で日本のコメは簡単に支配されてしまうことでしょう。

人間が生きていける根本の食い物が、最終的に支配されると、ここれで完全に独立の喪失になることでしょうね・・・何かのことでアメリカ脱却となったら、中国に頼んで中国大豆で先ず、カーギル→米国食糧を追い出さねばならなくなる(笑)。
メンテ
いやはや、日本は家畜小屋と言うよりゲットー化を目指されているようですね。 ( No.81 )
日時: 2015/03/18 02:19
名前: 青トマト ID:/EdtkB4s メールを送信する

北朝鮮よりひどいと思いますよ。

北朝鮮はなんと言っても独立国ですから。

ベトナムと同じ、キューバと同じですからねえ。

日本はハワイのでかいやつと言ったところではないですか。

戦前の韓国のような地位ではないですか。

かろうじて国旗に日の丸を使えてはいるのですが。
メンテ
黒だァ!日銀総裁、物価再下落の気配ありだと(爆笑)。 ( No.82 )
日時: 2015/03/18 08:12
名前: 満天下有人 ID:n101Butk

全く!シンゾーが選んだ国家運営重要ポストのおっさんどもに、ロクでもない者ばかりを選び、バカヅラ下げたNHKの籾井については、さすがの官邸も更迭の動きを見せ始めた。

民間時代のクセが出たのか、私的ゴルフへ行くのに、ハイヤー代をNHKに請求させて物議を醸し、取りあえずNHKに請求させておき、ちゃんと私費として局に払ったから問題ないとのご意見の様子。ならば最初から私費で払えば良いものを、1カ月も経って問題になってから私費で払ったと釈明しても通用するとのその感覚が、そもそもおかしい。

たかが5万円くらいの費用について誰もガタガタ言う積りも無かろう、何故問題にするかと言えば、視ていなくともTV持っている、あるいはTV持っていないと言う家庭にもNHK視聴料は徴収すべきなどと、丸で税金扱いするような独裁者ぶり、最も基本的な姿勢として、公共料金で成り立っている報道機関を、丸で官邸広報屋のような成り下がりに対して怒っているのだ、しかも尋常なやり方ではクビにも出来ないから、つまらぬ敵失をネタに、追い込まざるを得ない悲しい政治の現状がある。

籾井の金銭感覚は、次から次へと出ている政治献金問題を何とも思わない政治屋連中と同じ感覚である。

そしてそのオカネに関するマクロ感覚がおかしい者を、中央銀行総裁に据えている。デフレ対策として異次元金融緩和によって2年以内に物価を2%押し上げるとした、あのバカ金融論者、遂に原油安を言い訳に物価はまた下がるかも知れないと言い出した。つまりまた追加金融緩和を行うとの含みを持たせて、戻り高値を実現した日経平均高値維持の為の口先介入なのだろう。バカ厚労相の塩崎と両輪になって、高値高度恐怖症を、国民生活費である年金基金で支えるヤバイ手法を取っている。

まあ昔から金融論者という連中には、経済の原則が理解できていない連中が多いのだが、しかしこの黒カラスは言う事がひど過ぎる。間違い金融政策の影響はすぐには出ない。出る時は一気に破綻し恐慌に追い込む。

財政史上有名な日銀国債買いのタブーを破った高橋政策は、大蔵大臣や総理をもやれる力量があったからこそで、国債直接買のタブーを破っても、ちゃんと出口政策が出来る高橋だったからのことで、当時の軍事情勢からして、ひとまず財政は出動しておき、後で必ず軍事費を閉める目論みを持っていたからだろう。その目論見が裏目に出て、金融政策そのもので破綻したのではなく、軍によって命を絶たれてしまった。

現在の黒カラスやシンゾーや、麻生に出口をちゃんとやれるそんな力量があるか?無い。高橋是清に対峙した軍部、今ではそれは、アメリカだ。先週、長期国債の利回りが一気に上昇=国債価格の下落を見て、それはバーゼルBIS規制が市中金融機関による多額国債保有はリスクがある、国債の一部をリスク資産と見做し、自己資本比率を高める動きが心理的に国債市場に影響したのではないかと書いた。

そして世間までが、黒カラスの口車に乗って物価上昇、値上げ路線に一斉に走り出していた。カラスはまた物価下がる気配がある、原油安が止まらないからだと言いおる。ならば昨今のフアストフードなどの値上げは何によるのか?一様に原材料費の高騰により、止む無く値上げせざるを得ないと言い出している。

例えばケンタッキーフライドチキンなど、原材料費高騰を理由に4月から10〜30円の値上げ実施。食品に関する原材料費の何が上がっているのか・・・・主要穀物のシカゴ先物を見ても、小麦の高値は昨年12月18日に$6.77/ブッシェルで高値を付けて、以降は下落一方で今月には$5.00の安値。

畜産主要原料であるコーンも、昨年12月29日に$4.17の高値、今月は$3.80まで下げている。大豆はどうか、同じく昨年11月12日に$10.86から今月$9.70まで下げ基調である。

ならばKFCの主要商品であるチキンの国内相場はどうか、これは原油安に逆行して高くなっている。日経鶏肉卸荷受相場を見ると、むね肉加重平均値、昨年2月\333.79/1キロ→今月高値\415まで上昇・・・・原油安トウモロコシ安なのに何故?円安が響いているとしか原因が無い。

黒カラスは、物価上昇を目論んで円安に持ち込んだ。もっとも米FRB政策を助ける意味合いもあっただろうが、ここは政治要素ははずして勘げないとややこしくなるにしても、その円安が実現し輸出企業、と言ってもトヨタやキャノンなどの大企業だけは良い、だが一般は値上げラッシュにまた財布の口を閉め始めた、黒カラスが言う物価は再度下落傾向に入ると言ってるのは、そのことを言ってるのだ。何という自己矛盾に満ちた政策で、その矛盾を自らシャアシャアと、難しそうな顔付で、さも深遠なる金融政策の難しさでもあるかの如く、宣たまわる(笑)。

いや別に構わないのですよ、オカネじゃぶつかせて国民皆が楽になるのなら、どんどんやりなさい。しかし結局はシンゾー自らが財界に、賃上げを人為的にお願することで目的を達しようとしている。超金融緩和による経済の自然な活性化には何も期待していない。つまり引き締め時のリスクを回避できる能力も無く、かつ自然に賃金を上げることも出来ずに、口頭でお願いしますとの無様さだ。

昨日みた中小企業経営者のほとんどは、この春闘で賃上げ出来るかとの問いに、ほとんどが苦しいと言ってる。

加えて政治が、どこを向いてもバカおっさんと、バカおばはんばかりで世の中が仕切られている。
メンテ
総理大臣の通信簿 ( No.83 )
日時: 2015/03/18 23:49
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:jipXLKf6

最近、三原じゅんこ議員が、八紘一宇(はっこういちう)と言う言葉を使っているらしいです。

八紘一宇とは、古代中国でしばしば用いられた慣用句を元とし、『日本書紀』巻第三神武天皇の条に書かれた「掩八紘而爲宇」の文言を戦前の大正期に日蓮主義者の田中智學が国体研究に際して使用し、縮約した語。
大意は「道義的に天下を一つの家のようにする」という意味である。

女性の政界進出をはやし、結局は、こんな程度の女性が闊歩する。
メンケルを生んだドイツが羨ましいかぎり。

そこで、
戦後の歴代総理が何をしたかを問うて、通信簿をつけてみることにしました。
100点満点として、以下のとおり。

吉田     60点  欠点はあるも、一応はGHQと渡り合った。
片山     30点  ソ連の傀儡と言うか、結局は何も出来ない木偶の棒
芦田     30点  片山と同じで、実際に国を率いる器量なし。
鳩山一郎   50点  こいつが友愛などと言う言葉を使っていたらしい。理想家肌では人を率いる事が出来ない典型。
石橋     短すぎて、評価不能だが、続いていると鳩山よりは、マシかな。
岸      50点  これはやったことより、政治家としての力量を買う。
池田     70点  時代、そのものが右肩上がりであり、すべてが池田の功績とは思わないが、トップとしての決断力を買う。
佐藤     40点  何もしないやつに点数をつけたくないが、
田中     45点(ー50点)  彼を英雄視する傾向があるが、利権屋の能力はあっても、政治家としては単細胞。結果として田中           は、その後の日本の政治をダメにした張本人。
三木     55点  考えはまともであるが、トップとしての指導力がない。努力のみ買う。
福田     40点  政策などなく、権力のバランスだけで総理となった愚物
大平     65点  結局は、事を成し得なかったが意図したことは国家ののため。その情熱を買う。
鈴木     30点  福田と同じで、なぜ、総理になれたかが問題である。
中曽根    55点  岸と同じ傾向、力はあったが、米国追従だけで、我が国の将来とは無関係。
竹下     40点  本人は大物を気取っていたようだが、所詮は小物、何も出来るはずはなかった。総理の器ではなかった。
海部     25点  総理をやっていたかも忘れる影の薄い存在。
宮沢     35点  竹下と同じように、総理を狙う事が、そもそも間違い。
細川     40点  殿様気質がなければ65点以上やれたと思うが、40点が限界である。
羽田     30点  やる気がないやつなど不必要である。
村山     15点  間違って総理についた者。評価される資格すらない。
橋本     55点  中曽根と同じタイプで統率力はある、決断力もある。でも政策が単純。
小渕     20点  お飾り総理、こんなのを総理とする余裕があったのか。
森      10点  政策以前、人格的に総理の資格はない、バカタレである。
小泉     -50点  決断力、行動力は持っていたが、使い方を間違い、田中とは別の意味で日本の将来に禍根を残した。
安倍     10点  以下、考えたくもない。クソ共が続く。
福田康夫   15点
麻生     10点
鳩山     25点
菅      25点
野田     15点
安倍    -100点 日本国の総理として、おいてはいけない大愚物。

このように見れは、30点も与えられない総理が、10代、20年近く続いていることになる。
何の楽しみもない訳だ。


メンテ
ハッコーイチウ…ウイキペディアに載せられてますね。やはり元は日本書紀ですか。この書物は日本を滅ぼす為のものだったのでしょう。 ( No.84 )
日時: 2015/03/19 03:16
名前: 青トマト ID:EVF.VLvw メールを送信する

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/八紘一宇

ハッキリ言って、ハッコーイチウなんて天皇とはなんの関係もない筈ですよ。

田中智学は生真面目な人物であったのでしょう。

真面目な日蓮信徒だったから、日本書紀の胡散臭さには気が付かなかったのでしょう。

あのねえ、日本書紀はこの言葉を支那(中国)の文献の叙述に倣って書いてるわけだろう。

それは日本独自の視点ではないわけだ。支那の考え方で書いてる訳だ。

この事から、日本書紀は明治国家の大日本帝国憲法と同じ性格のものであるということだ。

田中智学は、この事に気がつかなければならなかった筈だ。

それができなかったのは、純真な天皇崇拝者にすぎなかったからだろう。

これは、ソウカガッカイの創設者である牧口常三郎にも言える。

彼は天照大御神の御札を焼き捨てよとか言って、監獄にぶちこまれて獄死したらしいのだが、大戦末期の事らしい。

彼の主張の根拠としての考えは、今上天皇つまりは昭和天皇が天照大御神だけではなく過去の全ての天皇の意思を凝縮して体現しておられるのだから、今上天皇こそが最高の地位に居られるのである3、とのものであり、これは正しいのである。

しかし、それは乱暴にも御札を焼き捨てるといった主張に繋がるものではなく、その主張は余りにも偏狭で乱暴である。

この事と、彼が小学校の教頭であった事、つまりは明治国家の精神に則って国民を指導しなければならない地位にあった。

この二つの理由により、監獄に繋がれるに至ったのである。

彼は自己矛盾を犯していた。

正しい主張を公言するのならば、明治国家の教育者としての教頭の地位にいてはいけない。

詰まりは、生き方として不徹底だったのだ。

牧口の純心な想いに反して、弟子達のソウカガッカイは、売国自民党政府の補完物に転落してしまっている。

これは、牧口の生き方の自己矛盾と弾圧を受けた生き方に由来している。

田中智学も同様で、ハッコーイチウの日本書紀における危険性を知覚出来ずに天皇崇拝の純心による誤解でもってこの言葉を理解したが故に、ウルトラ明治国家の先鋭的ファッショ体制の掛け声として天皇御自身を考慮しないイデオロギーとして使われるに至ったのである。

突き詰めれば、天皇御親政の思想の一つであり、その由来は日本書紀であり、この書物に流れる中華帝国崇拝の皇帝崇拝思想は秦の始皇帝から始まる強圧ゲバルト支配なのであり、天皇とは全く相容れないものなのである。

精神世界によって世界を統べられる天皇と強圧ゲバルトで地上を支配するに過ぎない皇帝とは、次元を異にするのである。

明治国家は日本書紀の世界であり、それは明治の西洋被れと同じく、中華帝国被れにすぎないのである。

まあ、ハイカラさんの一種にすぎない。

川上音二郎がからかった現象に過ぎないのだ。

どこやらが言っている世界政府の構想と同じ類いの思想である。

日本書紀や古事記は参考文献として扱えばよい書物に過ぎないだろう。

マトモに信じては学者は勤まらないだろう。

あまりの純心は鈍馬に通ずる。
メンテ
Re: 八紘一宇 ( No.85 )
日時: 2015/03/19 08:48
名前: 満天下有人 ID:twT0ShN2

あっはっは、三原じゅん子の八紘一宇ですか、あんな芸能おばはん議員が、浅はかな知識でそれを元の日本に戻す事の軸にしている、全く笑わしてくれますね。

日本史は青二才の頃、大学受験科目だったので、入試用に勉強した程度で、ユダ菌歴史ほど読み込んでいなく自信もないが、この国の歴史って、天皇家自体の覇権争いがあって、しかし豪族から天皇家が権力を取る為に、神話をこさえ、周りが己もその実質支配権力を利用せんがために、天皇支配の大義名分を創り上げて来た歴史、そのように見えます。だから歴史の節々で必ず天皇が絡められている。

日本書記などその典型ではないのかな?中国原典の八紘とは、天に繋がる八つの道で、それも同じ一つ屋根=一宇に繋がっているとされているのに、書記では態々「皇孫の正なる」云々と絡めてしまっているように・・・

言葉の創始者・田中智学自身も、八紘の元では諸々の人種、文化は共存せねばならないとしているのに、軍部がこれを利用し日本帝国主義をアジアの一宇にしようとしたとか。

私など、学齢期に入学したのが小学校ではなく「国民学校」でしたから、意味などさっぱり理解も出来ないのに、八紘一宇を毎日唱えさせられて、耳の奥にタコのように居座っています(笑)。敗戦後青年期に入ると共に、この八紘一宇なる四文字が、満州から東南アジアに進出した大東亜共栄圏なる実質植民地政策と、いかに表裏一体となっていたかを識り始めたものです。

そして産業支配面で力量を発揮したシンゾーの祖父、岸信介が、東大時代からこの八紘一宇思想をベースに大東亜共栄圏思想にまで昇華させた北一輝や大川周明に私淑して、思想実戦に大きな役割を果たしている。

今回、三原じゅん子が如き一介の芸能おばはんが、深い視点もなく国会で、このような植民地支配の亡霊のような四文字を持ち出したのは、自らの発想ではないように思えます。そんな器量があるとも思えない。官邸の誰かがシンゾーごますりの為に、シンゾーが好むようなことを国会で質問させる芝居を仕組んだとしか思えない。

詭弁屋シンゾーは、その八紘一宇祖父・岸信介について、週刊誌対談において「祖父は地方名家に生まれたエリートで、官僚時代には確かに米国から大きな影響を受けている。しかし、東条内閣の一員であったことで終戦時に、巣鴨拘置所に戦犯として拘束された。当時、拘置所から母に出した手紙を見ると、非常に屈辱的な体験が書いてあります。自由と民主主義を掲げる米国から極めて人種差別的で人権を無視した扱いを受けているのですね・・・・敗戦に対する責任を取るために自ら死を選んだ方もいた。ただ祖父は、自分の責任の取り方としてもう一度、この国を蘇みがえさせたいと思って、自分のグランドデザインをもって国政に当たりました。」

・・・よくもまあ、こんな詭弁を弄することができたものだ(笑)。お前のジッチャンは、北一輝や大川周明に共鳴して、八紘一宇→大東亜共栄圏に向かって走ったのだ。そこに目を付けた関東軍が
岸を、満州国産業部トップに祀り上げ、満州重工業や満鉄に起用している。

商工省に戻ってからは、自由主義経済の小林一三と衝突して辞任するが、その後、満州時代に関東軍参謀長であった東条英機の引きで商工大臣に復帰している。そして日米開戦の詔書に署名している。その後は、国家総動員法の事実上の権限者として、軍需省次官も兼任・・・何がアメリカの影響を受けていたのに、東条内閣の一員であったことが災いしたというのだ?(笑)。

鬼畜米英を唱えていた者に、何が敗戦の責任を取る為に、この国を蘇みがえらせたいと言うのだ、今度は徹底して米隷属路線にこの国を向かわせただけではないか・・・何が自由と民主主義を掲げる米国から人種差別を受けた、というのだ、では何故、屈辱を受けたそのアメリカに、従属路線を取るのだ?おかし過ぎてヘソも茶を沸かしてくれないワ。

まあ、八紘一宇といえでも、要するに中国からの引用で、その前が維新による脱亜入欧で、そして次が八紘一宇による入亜と、ころころ変わる国の精神状態は、何を意味しているのか?おい!三原のおばはん、解説してくれよ、これ、どちらも長州人による変節だよ、シンゾ組に入ったのなら、ちゃんと一貫してくれよ、八紘一宇と隷米路線の同時進行について(笑)。

欧米化一筋に警告を発し、筋の通った道徳を説いていた南洲翁遺訓の、西郷ドンの方が、まだましだ。
メンテ
なぜか! 司馬遼太郎 ( No.86 )
日時: 2015/03/19 18:17
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:MpleOrso

青トマトさんも、満天下さんも歴史に触れられています。

大体において、歴史書、物語と言うものは成功者が作成してきたもの、普通は、それを信じるより仕方がなく、信じることによる不利益も、あまりないものである。

それでも真実は知りたいもの。
そう言う面で、以前にも紹介しました、井沢元彦の「逆説の日本史」は面白い。

日本書記の記述において、面白いのは、全体の意図はともかく、現代社会では封印したがる、天皇家の熾烈な権力争い、道徳的に乱れた個人問題などを赤裸々に現していることです。

近い問題として明治維新の出来事があります。
司馬遼太郎の影響で、維新志士達の群像も、随分と面白可笑しく認識していますが、実際は、どうであったでしょう。

維新の最大の功労者は坂本竜馬となっていますが、彼の実際の活動期間で、あんなに大層な事が出来たでしょうか。
王政復古の構想も、船中八策も、外国社会のことも、既に多くの人が語っていたことであり竜馬のオリジナルではありません。

薩摩、長州が大きな武力を持ち、江戸幕府にとっては頭の痛い問題であったことは事実でしょう。
その両藩に、当時としては名君が藩主としていて、若い武士階級の勃興が起きていたことも事実でしょう。

問題の薩長同盟が竜馬の斡旋によってなされたとありますが、実は、薩長どちらかは解らないが、その同盟のための使い走りとして利用されたと見るほうが正いと思います。

最後に坂本竜馬が暗殺されました。
幕府側の見回り組によって暗殺されましたが、竜馬を売ったのは西郷と言われています。
要するに、薩長同盟の機密を知りすぎた竜馬の暗殺は、黒幕である西郷の意図したものと考えた方が自然であります。

その西郷も、明治政府になってから朝鮮侵攻を巡り対立し、下野を余儀なくされ、結局は西南の役を起こたように、
司馬遼太郎が描いた西郷像とは違い、明治維新では一番の武闘派であったと見ることもできるでしょう。
もっと穿った見方をすると、竜馬暗殺の黒幕は長州(桂)であったとも言えます。
何となれば、結局一番、得をしたのは長州ですので。

それが解っていても、司馬遼太郎は面白いですね。


メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.87 )
日時: 2015/03/19 13:00
名前: イントゥイッション ID:.H95XCsM

お久しぶりです。

天橋立さんが戦後直後に総理になった岸を50点に見立てていいらっしぁいますが、ありゃ、在日朝鮮人であり、統一教会を日本へ持ち込んだ張本人なので、私は日本の総理としての資格などびた一文も無いと思います!!!

私は福田さんのほうが、まだましに見えます。 鳩ぽっぽさんもプーチン閣下と仲良くする点ではとても良いと思います。

ところで、安倍ゲリゾー偽総理が適用した「NHKの籾井会長、NHKに乗車代を請求され支払う 監査委が調査」

だと。 もうお笑いの会長さんです。 早く辞めて、詐欺罪としてマントヒヒの隣の牢屋にでも入ってもらいたい!!!
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.88 )
日時: 2015/03/19 20:27
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:erXF/dtU

イントゥイッション さん、こんにちは

私の岸への評価、ごもっともです。

多くの方が、そのように思っておられるでしょうね。

岸に限らず、吉田、中曽根、小泉への評価も同じかと思います。

大体において、私の評価は、その人物の人間的力倆に焦点を合わせています。

そう言う面で、良くも悪くも現代の政治屋共は話になりませんね。

また、それぞれで歴代総理の通信簿をつけてみて欲しいですね。

メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.89 )
日時: 2015/03/19 21:00
名前: 満天下有人 ID:twT0ShN2

イントちゃん、やっと春の気配になりました。今年は、ことの他、寒気が強かったように思いますが、でも昨年はどうだったかと言うと、昨年冬は病院ベッドに縛り付けられていたようなもので、外の気配など分からず。比較も出来ませんが(笑)。

マントヒヒ籾井も、元があの顔ですから、恥とか赤面することも無いのでしょう(笑)、オチャラケ漫才で人を煙にまいて、あそこまでのし上がっただけの男、恥ずかしいったら、ありはしない。ロスチャイルド鉱山にしっかり長期契約してもらえれば、後は、遊んでいてものしあがれただけの地位にあった男に過ぎません。

しかしどうも出身地の福岡炭鉱地帯から長州下関にかけて、ろくでもない田舎モンが幅を利かせて来るのですねぇ、天橋立さんも、明治維新の志士たちについて、教科書的解釈に疑問を持っておられる所は、理解できます。まあ、個々の人物像については、政治家の場合、清濁飲み合わせるタイプとしての評価もありましょう。

岸信介について、おっちゃんは、あれは得体のしれない新興宗教家としてしか、見ていません。あの家系はその神がかり的な要素を、権力に結び付けることに能力があったとしか思えない。統一教会などその典型でしょう。宇宙的なものを現実の政治支配構造に組み込む。

そう言えば宇宙絶対神・天照皇太神と対話して、踊る宗教を開いた北村サヨも、この岸信介と同郷だったと思います・・・長州は珍しい生き物を産む産地かな(笑)。
メンテ
岸なんて基本的な事が判っていなかったアホでしょう。大秀才だったけど大アホだったわけだ。 ( No.90 )
日時: 2015/03/20 00:19
名前: 青トマト ID:KMnFAcAY メールを送信する

英国留学してトップの成績で卒業したとか聞いてますが、嘘か真か?

真であっても不思議ではありません。

学校の成績なんて役に立ちませんよ。

学校成績は教師が判定するのですから、教師の視野と能力で決められる訳です。

何でもそうなんですよ。

歴史理解にしても、井沢とか司馬とかにしても彼らの視野で論ずるわけで、その視野の範囲内で読者は観点や論点を獲得するわけです。

少し横道に逸れましたが、要するに岸ッチャンは英国の経済学を学ぶ上で秀才だったのでしょう。

だから満州経営でも戦時経済運営でも秀才ブリを発揮した。

それで、

戦後アメリカ支配の政治運営においても命令を施行する上で秀才ブリを発揮したのです。

それだけですよ。

安倍はジイサンを尊敬するのは当たり前で褒め称えてるのです。

安倍は阿呆故に、今のアメリカの阿呆的有り様に平行した命令施行者なのです。

元に戻ると、岸は日本の世界における立場とか位置とかを知る力が無かった。

蒋介石にも毛沢東にも劣る人物に過ぎなかった。

意外に聞こえるでしょうが、戦時中に中共とともに行動していた野坂参三が帰国したとき、連合国のなかで、野坂は極めて頭が良いから彼を首相に据えると良いとの意見が出たそうです。

野坂と岸を比較してもどうかとは言えますが、野坂のほうが視野は広いと言えるが、

二人とも長州の出であり、野坂は東大の進歩的?グループから英国に派遣されて、あちらで共産主義者になったので、引っ張りこまれたか、釣られたかとは考えられはしますわね。

蛇足ですが、東大や京大や陸大や陸士や海兵や官僚試験を一番で出たとか二番で出たとかを自慢して、世間もそれを尊敬するのは…これは狂態ですよ。

試験成績は危険物なのです。

先にかいた通りで、教師と試験官の視野のなかで踊る事なのですから。

孫悟空が果てまで飛んで放尿したら五本の柱が立っていた。それは釈迦の五本指だった事に等しい訳です。

要するに秀才は孫悟空ですよ。

自分で問を立てられなければならない。先ずは疑問が立てられなければならない。

人の立てた設問は答えがあるのだから、檻の中から出られないのだ。

だから、日本人はいつまでも檻から出られないのですよ。

中国人は現実から考えるのです。米国人は現実から考えるんだ。

英国人は経験から考えるんです。

英国が誠実・知性・教養の問題を度外視しても覇権が長く続いてきた、さすがに今は末期現象だが、長く続いたのは経験から考える事が出来たからです。

明治近代は小役人を産み出して滅びた典型であり、中国歴代王朝の二番煎じに過ぎないわけで、安倍政権はその先生グロテスクな腐敗の姿なのです。
メンテ
日本型産軍共同体の元祖・岸信介 ( No.91 )
日時: 2015/03/20 09:41
名前: 満天下有人 ID:LP2Vwt7I

青トマトさんが言われていることは、一つ一つご尤もと思います。維新で長州藩が官僚システムを創り上げ、後の岸信介のような官僚型国家支配の人材を生み出したとも言えます。

こいつが国家総動員体制の親玉となり、満州における重工業主体の産軍共同体をも創り上げている。岸信介回想録を紐解くと、こんな風に言ってるのですね・・・

『日本の置かれている情勢から、国防産業を中核として国防産業を考えなければいけない。その為には、国民生活がある程度不自由になっても止むを得ない』

まあ、政治的実績など皆無の孫であるシンゾーなど、祖父の面影をまとう事だけで政治ゴッコをやっており、軍事産業にのめりこみ始めた姿も、この祖父の産軍共同路線を引き継いでいます。海外に行くときには必ず、重工などの軍事産業をぞろぞろ引き連れて行くのが、それを証明していますね。

橋立さんが明治維新について、志士たちの「峠の群像」も眉ツバものだと言っておられたが、まあ竜馬にしても、薩長同盟を果たしたことも、それが日本の黎明のための彼の青写真であったことよりも、何だか貿易商売の為に長州のコメと薩摩の英国輸入武器とのバーター仲介貿易が目的であったような感じも受けます。

三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎との接点からしても、岩崎が単なる下級番頭であった土佐商会と竜馬の亀山社中→海援隊の利害が一致して、紀州藩貿易船・明光丸との衝突事件において賠償問題で岩崎が徳川御三家・紀州藩との交渉を成功させるなど、むしろ商売上の事件が面白くて、次世代日本の構想など、どこにあったのかとさえ、思わせます。

昨日、長州には踊る神様が出るなど、得体のしれない宗教の発祥地かな、と書きましたが、その教祖・北村サヨが、戦犯として郷里山口から護送される岸を見て、見送る一族郎党に対し、お前達、何をひしがれている!岸は3年経ったら必ず戻って来る!と叱咤したとか。

護送中に岸が一高時代の恩師に、「名に代えて、聖戦の正しさを万代までも 伝え残さん」、と謳ったそうだが、シンゾーがこれを国家の為として受け継いでいる、全く有難迷惑もいい加減にせいです(笑)。東大官僚型秀才が、頭の良さの究極として変人になってから言ったことを、どこで何を学んだのかさっぱり分からない孫が、21世紀になって蒸し返しているのですから、やり切れません。
メンテ
恐ろしき狂信で御座います。追い込まれた戦争の被害意識かも? でも、天皇にとっても国民にとっても大迷惑なのです。 ( No.92 )
日時: 2015/03/20 09:30
名前: 青トマト ID:KMnFAcAY メールを送信する

狂っているの一言しかでません。

何処を向いてるのかなこの人達。

国の方、つまり国民の方も見ていないし、

天皇も見ていないのです。

俺が大王じゃ…に行き着くのでしょう。

これは大蛇じゃ。

笑いたいけど笑えぬ現実。おそろしや。
メンテ
岸が判ってなかった基本的な事とは此れですよ。戦犯が釈放されて使われれば、イスラム国と同じの傀儡とされるのだ。 ( No.93 )
日時: 2015/03/20 10:26
名前: 青トマト ID:KMnFAcAY メールを送信する

そう、岸はイスラム国と同じだったのですよ。

岸自身は、敵国アメリカの事情の変化によって日本の再軍備とも言うべき自衛隊創設などの占領体制の変化により、戦前日本の復活の機会が到来したと考えて、米国の力を利用して戦前復活を考えたのでしょう。

ところがこれは、米国の立場からすれば、断固として戦前日本の復活つまりは大日本帝国の復活なんて許さない、属国・保護国として、軍事的にも利用できる国家体制ならば許すということなのです。

要は、米国の立場・思考が判らないということなのだ。

これは、グァンタナモ収容所や欧州などに点在した収容所に収容されたイスラム国戦士の捕虜達が釈放されて、傀儡のイスラムを脱線した偽イスラム抵抗勢力のイスラム国傀儡破壊集団として仕立てあげられた事例と同じなのです。

イスラム国と岸にそして安倍シンゾウに共通するのは、広い視野を求めることのない宗教的意識なのです。

狂信性と表現してもよいと思います。

We are not KISI.

We are not ABE.

岸はイスラム国であり、安倍はイスラム国なのです。

岸が傀儡となったのはその狂信性にあります。

視野の狭さにより、相手の広さと大きさが判らないし捉えられない。

それ故に、相手の事を自分都合で考えるのです。

孫悟空が岸で、お釈迦が米国ということだ。
メンテ
日本をテロ国家への仲間入りさせる岸の孫の安倍シンゾー。自公ニセラム国は売国国賊政権。 ( No.94 )
日時: 2015/03/21 00:03
名前: 青トマト ID:5rodWShM メールを送信する

笑わせるぜ。戦前日本の復活が、敵国米国の手下テロ国家とはなあ。

明治維新体制は、尊皇攘夷を達成出来たのか?

全く真逆になっているではないか。

はあ、そうですか。

東アジアで中国や北朝鮮と戦争をやらせたかったが、この二つの国は日本のようなおバカさんと違うから、米国がいくら挑発しても相手にせずに乗ってこない。

韓国だって同じ民族と二度と戦争はしたくないんだ。

で、日本の終戦時に本土決戦玉砕をしなければ気がすまなかった亡霊の生き残りが、どこかで戦死しなければ気がすまない。

そのような連中が安倍一派なんだ。

それで、中東やウクライナで死にたい訳だ。

しかも、自分は死なないで他人の日本人の息子や娘を戦死させたい訳だ。

米国は対中国戦争に日本はもう使えないから、中東やウクライナで使ってやれと考えたわけだ。

イスラエル救援の神の軍隊、神軍扱いにしたいのかも知れない。

狂信的で馬鹿げている。

ヒトラーなんか足元にも及ばないほど狂ってる。
メンテ
大政翼賛政治の恐ろしさ ( No.95 )
日時: 2015/03/21 06:35
名前: 満天下有人 ID:mhyncnHU

自公与党の合意があれば、国民の血をテロに捧げる事が可能になってしまう。

自公の為に、何で命を差し出さねばならないのか?恐ろし時代になってsまった、しかも何の騒動も起きずに簡単にそうなってしまう恐ろしさ。

今の世代は一体、何をどう考えているのだ!何時の間に左様な国民に変わってしまったのか?!いや昔からそうで、今更のことでもないのか?

ドイツメルケル首相の来日に関し、日本の危なさが逆に浮き彫りにされたと、ドイツ新聞の論調では、日本の孤立化が予想されている。シンゾーどもはこれで、完全にアメリカの傘下に入ったとして、安心しているのだろうが、アメリカとて戦前復古調の日本を警戒している。だから使い捨てにされるだけの可能性が高い、つまり孤立化に向かうだけだ。

これだけの借金が積み上がっているのに、戦争が出来る国にすれば、その面からも財政の破綻にエンジンがかかって来る。今の世代は、何をどう考えているのだ?それでも大丈夫とでも思っているのか?。いつの間に、こんな首無しチキンが増えてしまったのだろう、全く気がつかなかった。

メンテ
大政翼賛会 ( No.96 )
日時: 2015/03/21 12:09
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:cAZmlSMY

アインシュタインの言葉に『第三次世界大戦ではわからないが第四次世界大戦では人間は石を投げあっているだろう』といった様な言葉がありました。

青トマトさん、 満天下有人さんが、安倍内閣の危険性を、大東亜構想に比して危惧されています。
私は、武力的には、それで本格的な戦争が起きるとは思いません。

以前の大戦は、全て侵略戦争でありました。
現在は領土的に侵略しなくても、既にアメリカによって世界中が植民地化されているのです。
そうして、資源の取り合い、市場の取り合いは、小競り合いはしても戦争までしていては、利益を生まないのです。

それに、もし第三次大戦が起きれば、生き残れるのは、アメリカ、ロシア、中国の1国でしょう。おそらくもっとも広大なロシアではないでしょうか。

日本などは、戦争を起こせば、どの国と組もうが壊滅することは必死です。
安倍自民党が、いくら大東亜構想に凝り固まろうが、戦前のようには展開しないでしょう。

現代社会がこれから引き起こすであろう、大戦は、領土獲得戦争ではないのです。
安倍の間違いは、そのことが解らず、問題意識を戦前のレベルで考えていることであり、

そうした考えは本当の解決への道から外れていて、それにこだわるほど、社会の改革から外れて行くということではないでしょうか。
アベノミクスなどを誇らしげに世界へ発信していることなど、認識不足を喧伝している様なものであり、実態は、日本が後ろ向きに進んでいることの証明でしょう。

確かに、それが解らないまま、安倍政権を支持している日本の様相は、戦前の大政翼賛会の二の舞とも言えるでしょうね。


メンテ
Re: 第三次世界大戦の可能性は低い、というかムリでしょう。 ( No.97 )
日時: 2015/03/22 07:56
名前: 満天下有人 ID:yVCe.YDg

先々週、ロシア・プーチン大統領が一週間ほど雲隠れ、消息不明となり世界の注目を浴びておりましたね。

併行して、ウクライナ紛争でプーチンは、核兵器使用を決断していたとの記事が出ておりました。その決断と共に消息不明とは、どういうことかと、国際ジャーナリストの間で重病説など憶測が広まっておりました。

アメリカの精神病学者の分析では、何とか言う精神病の一つに、目前に現実的な危機に直面すると、不安感からその危機を、別の場所で静かに見て見たいという衝動に駆られることがあるそうです。一緒に流されていた記事が、核兵器使用決断でしたから、思い詰めて自らを消息不明にしてしまったとも考えられます。あるいは、権力闘争上、敵を潰しにかかっていたのかも知れません。

第一次、第二次大戦では、諸国が二分される形で対戦となりましたが、ウクライナ問題で危わや東西衝突かと思われましたが、ここまで核兵器が保有されてしまうと、勝ったところで勝者も死滅してしまいますから、古典的な大戦はもう、起り得ないでしょう。

ただ、大戦にはならないまでも、今回プーチンが核兵器使用を決断していたとの記事も、真偽のほどは分からないにしても、権力者の判断で双方死滅してしまう可能性は、否定できない。

軍事大戦とは別に、硝煙無き経済戦争、金融覇権争いはあり得る。現実に中国は先月、10年間に800億ドルが必要とされるユーラシア大陸のインフラ建設に向け、アジアインフラ投資銀行(AIIB)の設立構想を発表しました。アセアンから中央アジア、中東に連なる多く国が参加を表明。財政基盤が弱い途上国を支援する投資銀行という位置づけのようですが、国債金融筋の見方は、中国はこれまでの世界の金融秩序、IMF・世銀体制への挑戦を始めたということのようです。

これにロシアが参加すれば、経済面では東西対立の構図と言うか、覇権争いにはなって来ますが、まあ、核兵器時代において軍事的世界大戦は無いとしても、経済関係によって局地戦はしょっちゅう起るかも知れません。

その意味でシンゾーも、八紘一宇的世界大戦に向かう、というよりも、アメリカ主導の局地戦に参加したくてしょうがないことのようです。大戦当時のように、神国ニッポン出動のような、無謀な度胸は、持ち合わせてもいないことでしょう。ジイ様の想いを語っているだけで・・・

でも、大戦では無くとも、ムダな局地戦に血もカネも流すことの方が、むしろ救いようがないと思います。そんなことして国の何に利することでしょう、骨折り損のくたびれ儲けにしか過ぎません。それが重なって衰退して行く、むしろ大戦の方が、一か八かで決着がついて、すっきりするかも知れませんが。
メンテ
ウ〜ン、なんでこんなにアホになったか?の理由なんですけど…。 ( No.98 )
日時: 2015/03/22 01:14
名前: 青トマト ID:2Wlk4xl6 メールを送信する

これはで御座いますが、またまた愚考をさせて頂きます。

戦後の今に至るところのアホ的崩壊のキーはですねえ…

戦前との対比で判るのではないでしょうかねえ…

戦前は、国民が自分で政治を担えなかった訳でして、

それで、政党政治を機能させられなくて、軍部の台頭となったわけですが、

戦後も同じでして、戦後政党政治とは利権漁り政治でしかなかったわけです。

戦前は建前論では天皇が頂点に君臨となっていたわけです。

戦後は君臨するのが、天皇から米国に替わったわけです。

ところが、この米国は天皇とは違って、実権を持っていて、裏から日本の政治を操ったわけです。

そうなると、国民は政治において自らが何をしなくても困らないわけでして、

江戸時代の、農工商の立場と同じになるわけです。

先に天皇に米国がとって替わった、と書きましたが、

それよりも、徳川将軍のように米国が君臨した、と言うべきかも知れませんね。

戦後の日本は米国に平行して、比例して歩んできているわけでして、

日本が阿呆になっているのは、実は米国が阿呆になっていることの現れなのです。

将軍様つまり米国様が日本の政治を指導して下さって?いたから、

日本国民は、戦前よりも後戻りして、幕藩体制の江戸時代の意識にまで戻った。

農工商の心情に戻ったから、政治ではなにも考えられなくて、関心も極端に低い有り様となったのです。

愚考で御座いました。少しはお役に…?

パパママの米国にぶら下がって生きてきたんですよ。

自民党も社会党も共産党も公明党も。

そして国民も。
メンテ
で、日本人はホステスかホストか芸者か太鼓持ちか…可愛いペットになってしまいました。 ( No.99 )
日時: 2015/03/22 01:23
名前: 青トマト ID:2Wlk4xl6 メールを送信する

ですから、オシャレと遊びと旅行と食い気に走って、腑抜けの有り様になって、

戦争なんか出来ない国民性になったわけで、とりあえずは平和でエエじゃないか。
メンテ
日本人は、形式的に白人になりたいのか? ( No.100 )
日時: 2015/03/22 12:32
名前: 満天下有人 ID:yVCe.YDg

神話にリードされて来た日本民族、戦前までは天皇絶対主義で、敗戦によってそれが、米国にとって代わられた。要するに自前の政治的訓練が何も無されないままに、2千年を過ごして来た、そういうことですね・・・

では、その核となるものが中国であったらどうなっただろうか、それがロシアであったら、どう変わったか?歴史にタラレバを当てはめてもしょうがないのですが、日本歴史文化の源流は中国なのに、そこに対してはむしろ、反発して来ている。

古代において既に、「日出る処の天子、日没する処の天子に書を・・・」云々との遣隋使が持参した書簡からも感じられるように、中国を対等に、あるいはそれ以下に位置付けている風情が感じられる。

ならばロシアであったらどうなっていただろう。日経BP対談でインドの哲学者?ミシュラと言う人が、興味ある日本観を披露していた。日露戦争で日本がロシアに勝ったことについてアジア人は当時、アジア人である日本が白人文化に勝った、ということで日本にたいする価値観が一気に注目された筈だと。

19世紀にアジアの知識層は既に、欧米文化とアジアは違うとの認識を持っていた、そこえ日本による日露戦争勝利があった訳で、ロシアも白人社会であり、白人列強と見なされていたから、日本勝利はアジア人として尊敬を引き出すほどの出来事であったのに、その後、肌の色まで変えることは出来ないのに白人化しようとする日本に、落胆したとの趣意を述べている。

まあ、この人の歴史事実の見方も甘い、ロシアに勝ったのは白人列強に勝ったのではなく、英米白人列強の支援を得て(戦費を英国ロスチャイルドの指示で、米国ロスチャイルドのクーンレープ商会が拠出し、故に、東郷艦隊の旗艦・三笠には英海軍顧問が5名も乗艦して、あの有名なT字型砲撃など、海戦の事実上の指揮を取ってロシア・バルチック艦隊を撃滅したのが、真実。

話が横路に入るが、先月国会でのシンゾーによる「列強」なる言葉を使った答弁があって、通産OBの古賀芳明氏がこれに噛みついている。

シンゾーの発言は『明治国家の礎を築いた岩倉具視は、近代化が進んだ欧米列強の姿を目の当たりにした後、このように述べています。「日本は小さい国かもしれないが、国民みんなが心を一つにして、国力を盛んにするならば、世界で活躍する国になることも決して困難ではない。』

維新当時の列強とは、欧米植民地帝国を覇権とするものであったし、しかも現代では既にG7からG8→新興国を含むG20までも拡大されている。それは何かと言えば、昔の列強思想では世界は最早成り立たなくなっている、ということなのに、この頭悪いバカボンが墓場を掘り起こすようなことを言いだすからインド人のミシュラ氏も落胆してしまっている。

そして5月連休の訪米で、上下議会での演説にアメリカはやっとOKを出している。演説中身が見物だが、恐らく日米で八紘一宇の実践をやろう、そういう意思表明をするだろう(笑)。岩倉使節団の史実は、マンガチックで、下手な小説より読むほどに面白いのだが(笑)、京都公家の岩倉を団長に担ぎ、実質は長州伊藤博文などが仕切り、維新の時から白人化しようと一生懸命であった。

その歴史的良し悪しは別にして、白人思想、社会政治文化は、彼らが彼らの頭と実戦によって創り上げて来た物であって、それを黄色人種が遺伝子はそのままにしておいて、色だけを白くするなど、出来る話ではないだろうに、この国の民族気質は、一体、どこに核があるのだろうか?自ら考えて創り上げて来た社会政治的遺産なるものが、どこを見ても見つからない・・・敢えて言えば、八紘一宇がそれに該当するのか(笑)。
メンテ
狭量な日本人>横綱白鵬に浴びせ続ける罵声 ( No.101 )
日時: 2015/03/22 14:05
名前: 満天下有人 ID:yVCe.YDg

前回、横綱白鵬が、日本文化の伝統である大相撲の事について、外人である自分を偏見の目で見る息苦しさを表明していることについて、日本文化と民族性に絡めて書いてみた。

1月の初場所で、白鵬が大関稀勢の里に勝った一番で、審判から物言いがつき、行事軍配通り白鵬の勝とはなったものの、白鵬が、あれは子供が見ても勝敗は明らかなのに、見物客盛り上げの為に、すぐに物言いをつけるのは、如何なものかと記者に言ったものだから、協会でも物議を醸すことになってしまい、以降、白鵬は記者に何を聞かれても無言のまま。

自分が外人である為に、誤解されることを怖れて沈黙を守っているのだろう。

昨日の一場所ぶりの同じ白鵬VS稀勢の里の対戦。その前の同じ蒙古人同士の照の富士VS逸ノ城の対戦が、相撲史上初めてではなかろうか、勝負がつかずに水入りの熱戦。土俵上で水入りになるケースはよくあることで、その場合は行司が土俵上で両力士に一息入れされるのが普通。しかし昨日のそれでは、一旦両力士を放し、土俵から降りさせて息を整えさせる大熱戦。

その直後の因縁付きの白鵬VS稀勢の里の一戦が、両者立ち上がった途端に白鵬の勝ちという、余りにもあっけない勝負だったので、その前の大熱戦の直後だけに、そのあっけなさが際立ってしまった。勝った白鵬の方が瞬間的に、アレ?という表情を見せて怪訝そうな風情だった。

問題は、その瞬間の観衆の罵声である。あっけなく負けた大関・稀勢の里に浴びせられたのではなく、横綱白鵬に対し、「何考えてんねん!」「白鵬のアホ!」「何してくれてんの!」など心ない怒声やヤジが飛んだ。白鵬は支度部屋で風呂から上がって記者から何を聞かれても無言を通していたそうだ。

罵声なら、余りにも不甲斐ない大関・稀勢の里に向けられるならともかく、先場所から物議を醸している白鵬にむけられているのである。日本伝統大相撲の精神については、外人であるが故にむしろ外人の方が、難解で神がかり的な伝統精神を少しでも理解しようと努力しているのに、その肝心の日本人が、全然分かっていない。

だが白人社会アメリカに対しては、必要以上にひれ伏してしまう日本人。同じ日本社会人として、しばしばこの国社会から、世知辛さを与えられてしまう。時々感じるのだが、この国特有の世知辛さは、外国からもたらされていると言うより、日本人お互いが与え合っているような感じを受ける。
これは、実の所、こすからしい自利の気質がそうさせているのではないか。

白鵬に対する汚くて浴びせる方向も間違えたヤジを聞いて、咄嗟に、この民族はほんとに狭量だなと感じてしまったのである。強い白人社会へはひれ伏してしまい、要するに、虎の威を借りて、同じ人種に対しては優越感を持つこすからしい気質が、脈打って来たのだろう。戦時中の同じ国民なのに、戦争疎開先の町内会とか他の会合でも、村八分的実にいやな気風を、子供心にも何度も味はされたことを、相撲をみながら、思い出してしまった。
メンテ
日本の心のルーツ ( No.102 )
日時: 2015/03/24 13:46
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:tkkTP9Fk

>この国の民族気質は、一体、どこに核があるのだろうか?自ら考えて創り上げて来た社会政治的遺産なるものが、どこを見ても見つからない・・・敢えて言えば、八紘一宇がそれに該当するのか(笑)。

上に対応して、
当地の神社を守る立場の人間として訴え続けてはいますが ?

(会費徴収への挨拶)

氏子の皆様方には、須津彦神社の運営にひとかたならぬ御配慮を賜っていまして、誠にありがとうございます。
須津彦神社は西暦456〜500年の間に創建したものとされております。
当時の家屋は十数軒であったという記述もあります。

現在の位置に建て替えられましたのは西暦807年であり、創建時から言えば1500年の歴史を刻んでおります。
始原的な氏神信仰と言いますのは、我々の日常生活を脅かす自然の猛威に対して地域の「五穀豊穣」を始め、「無病息災」、「家内安全」、「子孫繁栄」を祈ることから始まりました。

他の国においても、それは同じことと思いますが、我が国の神社信仰は、未だに、その素朴な思いを全国的に保持してきている誇るべき慣習であると思います。
現代の民主主義社会も人々にとってかけがえのない素晴らしい制度ではありますが、最近の、あまりにも効率を重んじる傾向は、人々の間にギスギスとした余裕のない社会を生み出している面もあります。
この様な時代に、個人の主張から、少し離れて、地域の安寧と言う共通の思いを見直すと言うことも、大切なことではないでしょうか。

そう言う意味で、神社を通した共生の気持ちは、今後の社会を考えるとき、とても大切なことではないかと思います。
具体的な神社の活動として、村祭りや厄除け祈願、初参り、七五三、どんど焼きなどがあり、まだまだ、多くの人に受け入れられております。
氏子としての皆様の御宅の安全、繁栄もさる事ながら、このような思いを後世まで継承することも、また現代の私達の役目でもあると思います。
私たち、歴代の総代も、その様な気持ちで頑張ってきております。
氏子の皆様におかれましても、須津彦神社の運営に末長く御支援願いますよう、改めて御願い申し上げます。

平成27年3月吉日
                                            須津彦神社奉賛会
                                            

(須津彦神社例祭について)

本年度の須津彦神社の例祭を下記の日程で行います。
宵祭り  4月25日(土)
本祭り  4月26日(日)


我が国では、大昔から、それぞれの地域で祭りをしてきました。
なぜ、祭りをするかと言えば、人知を超える超自然的なものに対して、神社や寺院を舞台として地域の「五穀豊穣」を始め、「大漁追福」、「商売繁盛」、「疫病退散」、「無病息災」、「家内安全」、「安寧長寿」、「夫婦円満」、「子孫繁栄」、「祖先崇拝」、「豊楽万民」、「天下泰平」などを招福祈願、厄除祈念として行って来たものです。
現代におけるイベントとしてのパレードとは、少し異なります。
また祭りの要素として、祭祀(さいし)と祭礼(さいれい)が有ります。

「祭祀」とは神や祖先を祭ることであり、神社における神事の事をさします。
祭祀と祭礼の違いは明確ではありませんが、宗教的意味とは別に、祭礼には、神の巡行を民衆が歓迎すると言う意味もあり、山車の曳行や芸能の披露といった娯楽性も合わせ持つ様になりました。

祭りにおける具体的な祭祀、祭礼の形は、依り代(よりしろ)を立てて神を迎える行為や送る行為、神幸(しんこう=巡行)に関する行為、神饌を献ずる行為や直会などを神事とすることが多い。

依り代とは、神霊が依り憑く対象物のことで、神体などを指すほか、神域を指すこともある、祭りの祭礼の場合、神輿に神が移ると考えられている。
御幸(ぎょこう)とは、神霊が宿った神体や依り代などを神輿に移し、氏子地域内の、御旅所(おたびしょ)や元宮への渡御(とぎょ=巡行すること)することです。

これが、御旅行列のことです。
御旅所とは、神社の祭礼において神(一般には神体を乗せた神輿)が巡幸の途中で休憩または宿泊する場所、或いは神幸の目的地をさす。巡幸の道中に複数箇所設けられることもある。御旅所に神輿が着くと御旅所祭が執り行われます(実際は神楽舞とか太刀の奉納が行われます)。
御旅所には神社や祭神にまつわる場所や氏子地域にとって重要な場所が選ばれている。元宮、摂末社や配偶神を祀る神社などのような社殿があるもののほか、元の鎮座地などに臨時の祭殿を設けたり、氏子の代表(頭人)の家に迎える場合などがあります。
須津彦神社の例祭では、大川神社と愛宕神社前が御旅所になっています。

須津彦神社例祭の祭祀、祭礼の概略を説明しましょう。

須津彦神社の例祭の神事は本祭りの朝、神社拝殿によって始まります。
そこで何時もは閉ざされている神殿の内扉を開き、宮司によって祈願祭を始めます。その後、お旅行列を組織し、神の巡行を促します。
お旅行列が神社に帰ると、頃合を図り、神殿の内扉を閉めます。
その後は、夕刻まで、少女神輿、神楽、太刀振りが地域を巡行し皆さんと共に御祝をすることになります。

これが祭りの意味、内容です。
最後に、須津彦神社例祭の祭礼の内容(催し物)について説明します。

「太刀振りの意味」

太刀振りの風習は神楽舞(獅子舞)ほどではありませんが全国的に行われています。ですが丹後地方の立ち振りが一番盛んな様です。
丹後地方の太刀振りの源流は、籠神社に発しているようです。
全国の太刀振りと言いましても皆様が目にされているようなものではなく、舞いの形も、獅子と太刀を持った人間との戦いの様子を見せたり、かたき討ちなど物語風の演出を伴ったり色々あります。

籠神社系統の太刀振りが盛んであるのは、大太鼓を中心にした囃子方も充実していて、村内を巡行することを重視しているからではないかと思います。他地域では神社での奉納だけの太刀振りもあるようです。

太刀を振ると言うことは、その太刀で邪鬼や災厄を打ち払い、家内安全、無病息災、五穀豊穣をもたらす事を願っているのです。
そうして、それは男の役目でもあったのです。
祭礼の後、各戸へ巡行し太刀振りを奉納すると言うことは、その御宅の邪鬼を打ち払い、家族の安寧を願ってくれると言うことです。
後に述べます、神楽舞と比較して頂ければ、その違いもお判りになると思います。
太刀の種類も、通常使う太刀と神社で奉納するときに役振りがつかう槍、薙刀があります。

「神楽舞の意味」

剣の舞)

先にも紹介しました様に、獅子が宝剣をくわえて舞うことで、天地四方を清めます。宝剣を抜きはらって天地四方の邪気を切り祓う悪魔祓いの舞いとして知られています。
剣の舞は、各戸訪問の時は、そのお宅を正面として、1方だけのお清めをするのですが、本祭で神社で奉納する剣の舞は、3方の舞と言って四方すべて(地区全域)の邪気を祓いう中心的な神事です。
神社におけるこの舞には天狗が登場します。
天狗の役割は、獅子の真似をして舞うことです。神様が乗り移った獅子が民の為に厳かに舞う、その様を真似る天狗は、我々、民を暗示させているのではないでしょうか。

(鈴の舞)

門付けなどで最初に舞うのが「鈴の舞」。これは竈払い(かまどばらい)を意味します。現代でこそ、竈(かまど)は使われませんが、竈(かまど)は一家のいのちの根源です。火をおろそかにすると、すべてを失います。だから、「火の用心」なのです。獅子舞いは人々のいのちの根源たる竈(かまど)に感謝し、災いがおきないように最初に「鈴の舞」を舞うのです。            鈴と御幣を持った獅子が軽妙で確信的な笛の音色と共に舞う姿は、神様の満足ぶりを現しているのでしょう。

(乱の舞)

伊勢大神楽のなかに、跳の舞(とびのまい)と言う舞があります。       神楽では静かな所作から跳躍、登攀、飛び降り、逆立ち、旋回と回転、首振りと激しく動き回る仕草があります。これはすべて獅子神の悪魔調伏の威力を誇示する表現です。これを「狂い」と言いまして、激しい舞を見せることによって神の力を表現し、その力を皆さまに授けるのです。              

(笹の舞)

笹の舞は、神が宿った獅子が、のんびりと休んでいるところに天狗が登場し、獅子をからかうと言う想定で舞がなされています。この物語を神事として、どのように解釈するかが問題でしょう。以前にも言いましたが、須津彦神社の神楽舞では、神が乗り移られた獅子が登場します。その神をからかうなどと、とんでもない話ですが、天狗を民衆の代表とすれば、恐ろしい神を信じ親しんだ結果の民衆の姿を想像できます。                                この場合、天狗は笹をもち、片手には扇子を持っています。あまりにもしつこいので、休んでいた獅子も扇子を取り上げようとしますが、天狗は、その都度、巧妙に交わして逃げます。獅子はいやいやながらも3回ほど繰り返しますが、容易には取れません。結局は4回目で扇子を取り上げ、舞は終了するのですが、この過程を長々と舞い、神楽舞の中では一番長い舞となっています。あまり短くては値打ちがないと言うことでしょうか。  この様に笹の舞は、神を身近に感じた民衆が登場する、なごやかで、独特の神事であると言えます。

神道での神は荒魂(あらみたま)と和魂(にぎみたま)と言う二つの面の認識があります。荒魂は神の荒々しい側面、荒ぶる魂です。天変地異を引き起こし、病を流行らせ、人の心を荒廃させ争いへ駆り立てる神の働きです。祟りは荒魂の表れです。
それに対し和魂は、雨や日光の恵みなど、神の優しく平和的な側面です。神の加護は和魂の表れです。
荒魂と和魂は、同一の神であっても別の神に見えるほどの強い個性の表れであり、人々は神の怒りを鎮め、荒魂を和魂に変えるために、神に供物を捧げ、儀式や祭を行ってきました(これが神社信仰です)。

以上、須津彦神社の祭りの内容について説明させていただきました。
須津彦神社の例祭を記述した最古の古文書は1608年にあり、祭りの日付が11月10日から9月1日の変わったと有ります。
1787年には、洪水に見舞われ宵い祭りの挙行が大変であったと言う記述も有ります。
幕末の1865年には、祭具を新調したとあり、その時の祭具が今も使われています。

このように須津彦神社の例祭は残っている記述から見ても400年以上の歴史があり、毎年多くの方の協力で行われてきました。
本年も例祭の準備は、3月の初めから行われており、200名を超える関係者によって挙行されます。
皆様方におかれましても、このような須津彦神社例祭を理解していただき、より一層の御支援を賜りますよう御願い申し上げます。

平成27年3月吉日
                                            須津彦神社奉賛会
                                            
メンテ
戦時中にご苦労されたとのこと。よく聞きます。引っ張られるだけの貨車のような国民の心情ですから、こうなるのでしょう。 ( No.103 )
日時: 2015/03/22 15:09
名前: 青トマト ID:2Wlk4xl6 メールを送信する

日本人はこの国を自分の国と意識して生きてはいないのですね。

日本列島という島があって、その上にたまたま生まれて生活していると意識なんですよ。

国の始まりとかの物語は難しくてわからないから面倒なんです。

いや、これは古事記や日本書紀がわざと判らなく書いているのですよ。漢字を使って。

ですから、記紀を読んでも判らないから、列島の住民ということになって、自分の国について問う事なんかしないから、権力を握ったものにたいしても意義を唱える事もない。

勿論、全員がそうではないのですが、そちらの人が残念ながら多い。

それで引っ張られるだけの事だから、ヤッカイゴトが面倒臭いと考えるのです。

島の上で海に囲まれて生きているからそうなるので、日本人が知能が低いわけではありませんねえ、

正しい、考えないのですよ。面倒臭いから。

昔は実社会でも軍隊でも体罰が横行したのは、モチベーションが低い人間が多くて、殴ったり蹴飛ばしたりしなければピリッとしないのが多かったのですよ。

私も武道を体験していますが、そこでは自主的参加の民間でのものだったので学校や軍隊のような強制のものではないので、体罰なんか勿論ありません。

自主性の無いものは参加してきませんから。

このピリッとしない人たちが放任されているのですから、使い物にならなくなるのは当たり前の現象ですね。

戦時中の疎開者への苛めも、他人の不幸への無理解も同じ精神現象でしょう。

こんなのイチイチ問題にしていたら、足を引っ張られるだけですよ。

ほおっておけばいいのですよ。勝手になんとかなりますわ。


メンテ
村八分の起源 ( No.104 )
日時: 2015/03/22 15:22
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:7VU83Txg

追伸、

「村八分」

先に神社信仰について述べましたが、その神社に対する気持ちは、昔から当地に住んでいる人々と、後から移り住んだ人々との間に神社(氏神)を守ることに対する隔たりがありました(信仰の裏返しとしての、村八分の起源ではないでしょうか)。

そう言う気持ちから、新しい人々は氏子となることを快く思わない人もかなりありました。
実際に、神社総代の選出などにおいて、後から来た人からは選んでいなかった様です。

最近は、氏子、そのものが減ってきて、その数を増やさねば神社の維持も大変となり、勧誘をしていますが、昔からのしこりと、現代風に神社に興味を持たない人々が多く、将来を心配しています。

満天下さんが指摘されている日本人の狭量さは、このような事を源泉に始まっているのかもしれませんね。
要するに、神社と言うものが氏神という形で、各地でそれぞれ広まったことは、他の宗教が展開してきた形と異なります。

これは、神社信仰が持っている良い面と悪い面の2面性であると思います。

最近、神社を預かることになり、氏子と言う概念を中心とする神社の概念を変えるべく、次の様に主張しています。
神社は、元々地域に存在している守り神であり、氏子であろうが、なかろうが、神社を遺棄する人以外を対象に存在するものである。

氏子として会費を出してくださる方々には、大きな感謝を致しますが、神社としての有り様は、飽くまでも、この神社の神域に住まわれるすべての方を対象としている。

だから、村祭り、初詣で、七五三、厄払いの行事など、皆さんが積極的に参加して頂くよう御願いする。


(・・・できれば会費も頂きたい・・・と付け加えていますが)
メンテ
日本人とは、礼儀作法を知り実行するものと理解します。 ( No.105 )
日時: 2015/03/22 15:23
名前: 青トマト ID:2Wlk4xl6 メールを送信する

勿論、国籍は必要ですが、礼儀作法を知らず実行しない者は日本人とは言えない人だと思います。

外国人でも礼儀作法を知って実行する人は日本人的人物いや、日本人と言ってもいいのではないかとさえ考えます。

礼儀作法、これが日本にはあって、外国にはなかなかにないものです。

天皇は日本を御在所とされているので、天皇の意義を真剣に考える必要はあるでしょうが、それを真剣にやって来ていないのが日本人でもあると思います。

しかし、先ずは礼儀作法を知る者として日本人は居るのであって、これを大切に守って行かねばなりませんでしょうね。
メンテ
神仏混淆のこころで、世界平和 ( No.106 )
日時: 2015/03/22 18:25
名前: 満天下有人 ID:yVCe.YDg

智恩寺の  寺ぼた餅ほおばりて  逆さに見ても  神の橋立

八つ島の  さざれ石も八千代では コケも枯れる  島国根性

民主主義  神と仏で違うかな  キリスト一緒で  民主主義 

メンテ
横綱白鵬の反発(3) ( No.107 )
日時: 2015/03/23 08:14
名前: 満天下有人 ID:gvj4F4YI

日本古典文化である相撲について、色々物議を醸した横綱白鵬、同じモンゴル出身の横綱日馬富士との大熱戦の末、優勝。日本人大横綱であり、蒙古人白鵬に相撲道のあれこれを教えて来た大鵬のそれぞれの大記録を、一つ一つ更新し始めている。

土俵際でNHKから優勝の感想を聞かれ、「色々とお騒がせしましたから」と切り出したら、観衆もその意味を汲み、ユーモラスに受け止めたかドッと沸いて、後は大拍手で歓迎。しかしNHKが続けて、今場所はどのような気持ちで臨みましたかと聞かれ、答えに窮して20秒ほども息を詰まらせながら複雑な表情を見せていた。

開いた口から、「・・・ま、がんばります」と答え、更に後輩・関脇照の富士が、追い上げて来て、横綱を狙うかと聞くとムッとして、「(マスコミは)すぐそう言うことを聞くからね」とやり返すと、会場がまたドッと沸いた・・・

まあ官制報道機関のNHKのこと、聞くことが全てに亘って味も無い決まり文句の聞き方が多く、役人そのもの。そう言えば日本相撲協会は文科省、内閣府から認められた公益財団法人だ。加えて日本伝統文化として神道にも似た精神を求められる。横綱になると明治神宮に土俵入りを奉納せねばならない。戦中では、神に対する最高の神祇官は天皇だから、奉納の時には昭和天皇も列席されておられた。

相撲が単なるスポーツではなく、よって単なるスポーツ精神だけでは律し切れない何かがある。だから昔の曙や武蔵丸、朝青竜などの外人力士が、神道的精神をくみ取るには、かなりの努力を要したことだろう。しかも官僚外郭団体の性格を持ち、神道をも利用するこの国役人どもの体質、そして報道は官制NHKだけの独壇場とあっては、外人にとっての気配りは、かなりの重圧であろう。

スポーツが神に捧げられる競技のように感じられるものに、ラグビー試合開始前の鬨(とき)の声がある。ウオークライと呼ばれるニュージーランド選手の雄叫びが有名だ。膝を叩きながら前進する仕草は、現地先住民のアポリジニの儀式から生じたものと言われている。神に生贄をささげる、何か自然に対する畏敬の念を感じさせ、あれを観るのも好きだ(笑)。

横綱年の熱の入った対戦、どちらもモンゴル人。最近の場所が盛り上がっている好取組には、先々の昇進が楽しみな照の富士に逸ノ城など、顔を見ているといつも日本人に間違えそうになる皆モンゴル人・・・蒙古の大草原の蒙古相撲が日本に引っ越してきて、楽しませてくれているのかと、錯覚してしまう。日本人大関同士の対戦は、刺身のツマ程度に思われてしまう。

詩経は中国古典だが、有名な曹操の鹿鳴(ろくめい)は、大草原にあって友人を迎える壮大な歓待の響きを伝える・・・

・・・悠々として鹿鳴き  野のへい(牧草)を食う  我に嘉賓あり  よってもって遇すべし・・・

チマチマと細かいことには能力を発揮するのも特質だが、大きく壮大な戦略にはトンと疎いこの国の民族性。神がかりな事に弱い気質が、それを利用する官僚社会を創り上げてしまった。神技大相撲にもそれを感じてしまう昨今だ。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.108 )
日時: 2015/03/23 20:06
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:vHedK4R.

神技大相撲ですか、

でも、神道から見て、相撲が信仰に関する祭礼行事とは、何の関係もないように思います。
確かに、奉納相撲とか、当地の近くの神社でも、子供相撲という行事があり、まだ歩くことも出来ない幼児にまわしをつけて、対面させ、大声で泣く事を善とする風習があります。

大体、相撲と神道を関連させたのは江戸時代の中期に吉田司家と言う大御所が始めたようで、以来、相撲関係者が神社へ参拝するようになり、奉納相撲が始まり、明治になって天皇も相撲を神技と見るようになった様です。

横綱の土俵入りの際に、柏手を打つことも、神に対する礼法のようですね。
相撲を神事と見ることは、信仰の結果ではなく、後から押し付けた様なものでしょう。

現在、日本相撲協会は、文部科学省直属の公益財団法人になっていますが、助成金などは年間70万円足らずで、目くじら立てるほどのものではないようですが、他の法人と同じように税制上の優遇を受けることが一番の取り柄でしょう。

公益財団法人と言えば、日本相撲協会とは別に、アマチュアの日本相撲連盟も、公益財団法人となっていて、このような法人は沢山あるようです。

日本相撲協会などは、アマチュアと違って立派な収益法人なのですが、そこは、国技として甘やかされているのでしょう。
また国技と言うのは、神道とは関係なく、その国の独特の武術、スポーツを称するものであり、日本で言えば柔道も、剣道も立派な国技となるでしょうね。

日本相撲協会も、他の公益法人と同じで、所詮は、何らかの形で公的資金をふんだくってやろう(税金対策も含めて)とする団体でしょう。

悲しいですが、現在の大相撲は、蒙古の国技を日本で鑑賞しているようなものですね。
また、公益法人と言えば

公益財団法人 三菱とか、トヨタなどがあり、社会に貢献する研究や活動団体に助成金を出しているものが多くあるようです。
金があるなら、税金対策などせずに、まるごと企業としてやれば良いのにと思います。
その法人には、大層多くの役員が並んでいて、企業内天下り先の様です。

また、その様なところが助成の対象とする事業など、歯の浮くような大義名分のものが多く、本当に、それを税金減らしてまで、する必要があるのかと疑いたくなるものもあります。

地域の婦人会活動へ、どこの行政も助成金を出しており、各種団体は、何とかして助成金をせしめようと血眼です。
昔から、日本では市町村の役人、議員などが公金で飲み食いすることを役得としていました。

原発誘致がそうであるように、地域で火葬場、ゴミ処理場を建設する場合、予定地の住民が、その見返りに行政から出来るだけの金をとってやろと思っています。
また、私の叔母の例ですが、最近、足の骨を折りました。人工骨を入れる手術をして退院してきましたが、身体障害者手帳をもらうと言います。
骨を折ったくらいで障害者手帳をもらっていては、日本中障害者になってしまうと言いましたが、もらえるものはもらわにゃ損と言っております。
人工のものを体に入れると対象者になるらしいですが、ペースメーカーなどは、それなりに理解はできても、もうほとんど通常に戻っている人間を身体障害者とは、いかがなものでしょう。

他国の例は知りませんが、公金となると後先考えずに取り得と思う気持ちが、公務員の身勝手さにつながっているのでしょうね。
もう日本も、そんな贅沢が言える状態ではないでしょうに。





メンテ
狡猾さ発揮に頭が一杯のシンゾー政権 ( No.109 )
日時: 2015/03/24 09:20
名前: 満天下有人 ID:SpeoNxU6

アメリカに促されてのことだろうが、日中韓三国首脳会談開催に向けて、自主性の無い調整が続いている。

シンゾーは苦しくなったか、十八番の詭弁を弄し、国内には歴史認識上、中韓と相いれない向きもあるが、大局の判断を要することになってきた、と、得意の責任転嫁詭弁をまた始めた。

よく言うぜ、そもそもお前が先頭に立って、歴史認識問題を引き起こしたのではなかったのか、それがアメリカにちょいと突かれると、国内における反中韓感情を考慮して来たが、そうも行かないと、責任を世論に転化するみっとも無さだ。

続いて中国が立ち上げるアジアインフラ投資銀行・AIIB銀行の構想に、最初は無視していたのに、先ず英国が参加を表明、続いてアメリカまでもが参加しそうになってきたら麻生が、「誰が融資を決定するか、こういうことも明確になって来れば、中に入って協議する可能性は出て来る」と、回りくどい表現で、これもアメリカが参加するから入っておかにとまずい、との本音が見え透いているのに、他からの条件によっては参加しても良いと、意思を自力でなく他力要因に転化している。

そもそも、中国構想のアジア銀行は既に1966年に、アメリカのバックアプを受けて、55カ国が参加しているアジア開発銀行が既に存在しているのである。出資比率は日米共に約15%づつで、発言権を握り、総裁は歴代日本大蔵省→財務省が独占する密約の下に運営されて来た。前総裁は、日銀総裁になる前の黒田が、アジア開銀の総裁であった。

そして経営意思決定機関は15カ国からの総務で構成され、現在は麻生がアメリカの鼻息を伺いながら事実上の意思決定をしている。要するに中国による似たような投資銀行の設立は、このアジア開銀に中国も6%の出資国として名を連ねているが、事実上、意見が通らないことへの反発と、歴史問題で認識が全く違う日本主導のアジア金融機関への反発から生じていることは明らかである。

アジア開銀が存在していたのに、米ヘッジフアンドによる画策で発生した97年のアジア通貨危機に際し、当時、総理大臣を退任し再び大蔵大臣に就任していた宮沢喜一が、通貨交換価値を操作してアジア経済を滅茶苦茶にする米ヘッジフアンドの市場操作を封じるために、アジア通貨基金を創設し、アジア共通通貨を発行するしか、ヘッジフアンドを封じる道は無いとして提案したが、アメリカの一喝であっさり引き下がってしまった歴史もある。

中国の反発はアジア開銀に対してだけではない。IMFにも出資を増やして来たが、やはり日米による意思決定に不満を募らせて、中国主導の金融体制を画策していたし、ノウハウをかなり学習して自信がついたのであろう。情けないのは日本の姿勢である。まさかアメリカが参加するとは思ってもいなかったのに、風向きが変わると、辻褄合わせの狡猾さ全開となる(笑)。それも程度ものであるが、もう、恥も外聞もなく自主性の無さを前面公開に入った(笑)。いかにズルく立ち回るかだけで、頭が一杯になってしまう幼児性で政治をやっているだけだから、自主性もヘッタクレも無い。

そして国民に対しては、自衛隊をわが軍と、こともあろうに国会で自分の持ち物のように捉える発言をしている。先週、国会近くで、シンゾー辞めろデモに1万5千人が集まったようである。反アベの規模が少しづつ大きくなっているようだが、息切れしないように願いたい。いくら何でも、ここまでバカにされて尚、大人しいようでは、どうにもならぬ。
メンテ
器量! ( No.110 )
日時: 2015/03/24 13:45
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:tkkTP9Fk

最近、衛星放送囲碁や将棋を見ています。

どちらも、盤面を読みに読んで次の手を考えています。勝負は一瞬の不注意をついて決着します。
囲碁のばあい、中押し勝ちと言うものがあり、途中で大差がついて勝負を投げ出す事がありますが、その中押し勝ち、あるいは負けでも両者の真の実力は伯仲していることがあります。

戦略的に、イチかバチかの大勝負の結果なのです。
将棋においても、持ち駒を頼りに、積極果敢にせめて、決着は1手(持ち駒)があるか、ないかで決まります。

国家の勝負の場合は、個人の勝負と違って、ある程度の確信がなければ出来ないこともあるでしょうが、我が国は勝負するどころか、自他の持ち駒の確認すらできておらず、また、広い碁盤の目を前に戦略など思いもつかないさまであり、勝負師に交わって戦うことなど及びもつかないのに、見えを張って金がある事を見せびらかしている存在の様です。

また、最近は田舎の方へも量販店、コンビニの進出が続いています。
えっ、こんな場所に、と思うところに作った店が意外と流行っていることもあります。

資本力のある企業は、思い切って手を打ってきます。
彼らは新規進出する店が10店あるとして、そのうちの3店くらいは失敗しても、他の7店が好調ならば全体としては成功なのです。

ですので上手く行かない店は、さっさと引き上げてしまいます。
ですが、1店を出すことが死活問題の小さな企業は、そうは行きません。

考え、考えしている間に、大きな企業の後塵を拝するか、五分五分の確率で出した店が上手くいかず廃業に追い込まれます。
こうしてグローバル化はますます進んで行くことになります。

我が国の政治屋、官僚共の器量では、国内問題は誤魔化せても国際間の勝負など、どの面を見ても無理なのでしょうね。
動けば動くほどカモにされてしまいます。

いっそのこと、外国の商人と渡り合うことに慣れている商社の連合(各社10人づつ派遣をしてもらい)で外務省、財務省を運営すればいかがなものでしょう。

実社会で揉まれたことのない連中(官僚、政治屋)など、どこの世界でも使い物にはならないのです。

教師を含む公務員など、単なる事務屋であれば良いのです。
そんな奴らに政治を任せたり、国家の運営を任せたり、子供の教育を任せるなど、とんでもないことです。


メンテ
Re: 法律は政官によって牛じられている日本国家 ( No.111 )
日時: 2015/03/25 07:09
名前: 満天下有人 ID:UbwfbPeY

民間大資本といえども、法律を操作できる政官の下では、国策の名分を振りかざされると手も足も出ないのが現実で、国際活動も逆に霞が関の庇護下にありますから、運営などは不可能でしょう。と言うより、もたれ合っていますから。国際取引で失敗しても、大資本になるほど、救済されます。天下りを受け入れる交換条件で。

現にシンゾー様ご外遊の次官クラスにゾロゾロ連いて行く連中の顔ぶれを見てください(笑)。そしてODAなどの実施に際し、外務、財務省などに実務便宜を図ってやれば、他のギリギリ違法取引でも目をつぶってくれます(笑)。軍事武器など、有利な取引をしようにも、逆に高値納入を要求されることもあります(笑)、これにも逆らえない。資源エネルギーなどの面においても、実際はそういう事の方が多いと思う。例えば東シベリア資源開発に絡んで、北方領土問題が関係してくれば不利な開発取引でも飲まざるを得ないケースもあり、その穴埋めは別の商売で、という交換条件によって引き受けるとか。サハリン天然ガスプロジェクトの完成間際に、対中国販売権をロシアに持って行かれてしまうとか。

霞が関は国家権力による徴税権を持ち、これが最大の武器でしょう。よく紙上で○○企業の何年度税務調査で申告漏れがあったとかの記事を目にされるでしょう、あれも半分くらいは何かお上の言う事を聞かなかったケースによるものと思います。調査となったら、それはすごいものです。大会議室を半年くらい占領して徹底調査されると、叩けばホコリの一つや二つくらい、必ず出て来るもので、それを口実にイジメられます。

教育関係においてさえそれが見れる、何やら学業にスポーツに今や一流高校になった大阪桐蔭高校が、父兄から余分な会費?を徴収し、裏金として約1億円を飲み食いや高級ブランド品購入に乱用していたことがバレて、問題になっているようですが、私立校として年5億円の助成金を文科省から受けているからには、学校令違反となり、厳しい処分になるのが普通なのでしょうが、仮にその裏金の使い先がどこかによって、法解釈もいかようにも変更されてしまうことでしょう。

片や、政治資金規正法違反を犯している下村文科相の博友会など、国会で問題になっているのに、自著出版記念と称してこの博友会は、お一人様1万2千円で堂々と資金集めのパーテイーをやっておりますね、これが文科省大臣です。こんな所が助成金出している私立高校など、問題にもしないことでしょう。
メンテ
法律は政官によって牛耳られている日本国家(2) ( No.112 )
日時: 2015/03/25 21:52
名前: 満天下有人 ID:UbwfbPeY

やはりこの国は、国民意識よりも法律の条文の方が上位に置かれている。その典型例が、沖縄辺野古埋め建て差し止め命令を出した翁長県知事に対し、菅官房長官が早速に出した政府見解に表れている。

菅官房長官が知事の指示について「違法性が重大かつ明白で、無効なものだ」と言い放った、正にその意識がそうだ。国民であり有権者である沖縄県民が、長年に亘って闘争して来た沖縄米軍基地に対する意識に対し、それよりも政府、国会が決めた法律の方が上位に位置しているとの見解なのだ。

子供じゃあるまいし、政治は、そこに存在し生きて生活している国民の意識、安寧を目指すことにあることは、恥ずかしくて一々言うことでもないのに、それよりも政治決定の方を重要視するのが政治との感覚なのだ。

辺野古基地工事は、住民であり国民である沖縄県民の反対が、民主主義の原点であり、仲井真前知事も辺野古への基地移転反対を公約にしたから県民も知事に選んだ。それが一転して移転容認するとの裏切り行為で、安倍政権に寝返っただけのことで、そのことが何故、違法に当たるのか、とにもかくにも同じ日本人として理解できないことばかり出て来て、挙句に、今頃になって辺野古移転反対とは違法だと言い出す内閣、沖縄県民の辺野古基地移転反対は、ずっと反対で、特に法が成立した後に反対しているのではない。それなら違法と言われてもしょうがないが、そうじゃないだろう。誤魔化しによってドサクサに紛れて押っ取り刀でこさえた法を楯に、それを基準に違法だとは、もう中世以前の社会で生活しているような錯覚に襲われる。

前稿でも、これまでのこの国の政治でも少しは感じたことはあったが、しかしここまでひどい、何とも言えない賎しさというか、狡猾さと言うか、こんな連中によって好きに舵取りが行われる政治は、少なくとも戦後経験したこともない。

これに比べたら規模は小さいだろうが、大阪桐蔭中学・高校での、裏金不祥事。それに繋がる文科省の手の緩さ、これも賎しさと狡猾さが為せる業だろう、小さいがそれが寄せ集まると、知らず知らずのうちに、社会から規範が失せて行く。沖縄には法の足かせをはめて、永田町には違う法の解釋が適用される。

大阪桐蔭高校の不祥事は、教材費や模擬試験の受験料が裏金として保管され、一部が不正流用され、学校側の説明では、進学、スポーツ両面で実績を挙げている同校の更なる発展の為に、優秀な生徒獲得のために塾関係者への接待などに使ったと説明しているようだ。

しかし年1億円も使って教育向上の名目って一体、何なのだ。そしてこんな学校から一流と言われる大学に進学して、そして社会人となって世界に笑われる国家の一翼を占めて行く。英BBC放送による世界諸国による他国への評価では、先進国中、日本への評価が最低らしい。ドイツ人による日本人の評価が一番低いらしい。同じ敗戦国ながらドイツは、戦後賠償によってすさまじいハイパーインフレにも見舞われ、ユダヤ人虐殺問題で世界からのすごい批判にも耐え忍んで、財政面では今年やっと赤字予算から脱却できる所まで回復した。

片やアメリカ一辺倒で苦労せずに敗戦から生き延びてきた日本とは、訳が違う、筋金が違うのに、未だに米国の言うままになっているとの意識が、彼らにもあるからだろう。

辺野古に関する沖縄県民の行為について違法行為であるとする官房長官の発言など聞くと、さぞ腰を抜かすことだろう。中谷防衛大臣が、米海軍長官に対し、辺野古に米軍基地を創る日本政府の姿勢は、揺るぎないものであるとする姿勢に、日本の自立的優秀さを感じる国があるだろうか?。
メンテ
Re 法律は政官によって牛耳られている日本国家(2) ( No.113 )
日時: 2015/03/26 11:31
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:AOWiD.nk

そうだ、そうだ、大賛成!

>やはりこの国は、国民意識よりも法律の条文の方が上位に置かれている。その典型例が、沖縄辺野古埋め建て差し止め命令を出した翁長県知事に対し、菅官房長官が早速に出した政府見解に表れている。

>菅官房長官が知事の指示について「違法性が重大かつ明白で、無効なものだ」と言い放った。

何を言ってやがる。
違法な法律など山ほどある。
その法律を作っておいて、法律を絶対正義などと、何処をみて判断しくさる。

この様な例など中央、地方を問わずアチコチで起きている。

思いつくままにあげてみても

身体障害者自立支援法。
国民健康保険被保険者資格証明書。
瑕疵担保保険法。
税金の源泉徴収法
天下り規制法。
天下り先を確保する為につくる公益法人の設立に関する法律。
大阪万博のための公益法人を今でも温存する法律など、そのときは適正であっても、現在は実態を反映してない法律など、数え上げたら無数に存在する。

行政の窓口で、道理を説明しても、担当者から、このような法律があるからと拒否される事物は、ほとんどが違法な法律のせいである。

そもそも、法律とは憲法に照らし合わせてこそ法律なのである。
要するに憲法の精神に違背する法律を、これほど作っておきながら、法治国家と、なぜ言える。

法治国家の素振りをするならば、常に法律を憲法に照らし合わせて検証することだ。
そうして、法律などは事象の変化に合わせて改変するものである。

法の番人、公務員が己の権力を保持したい為に、法律の検証をないがしろにした時点で、公務員の使命は果たされていない。

菅官房長官よ、
法令を振りかざすのではなく、その法令について、関係者(国民)と膝突き合わせて話し合うべきではないのか。
その法令が今でも適正か、否かの検証をするのが、お前の役目ではないか。

皆さんも、くれぐれも、行政の窓口で「法律ではこうです」と言われても引き下がる必要はありません。
私などは、したり顔で、そう言う役人を相手にすると、すかさず、その法律を変えろと凄んでやります。

この場合、ほとんど出てくる言葉が「その様な事を私に言われても困ります」です。
そんなことで妥協しては行けません。

だから、こうして言っているのだ、あんたは役人であろう。
組織の事を言われて知らないで済むか。
あんたは私の抗議を上に取り次ぐ必要があるのだ。

取り次ぐと言っても、国法であれば霞ヶ関、地方条例であれば都道府県県庁へ届けよ。
大体、私の申し出を法律を盾に拒否したあんたに直接的な責任があり、私との関係調整のための処理を願わねばならない。
あんたが、それを拒むのならば、法律の問題ではなく、市民と行政の関係として市長を含む上の方に申し込むことになる。
如何か!と言えば、大抵は上の方に取次ぎますと言う姿勢に変わります。

実際は、この程度で引き下がってやります。
したり顔の担当者をやり込めることはできても、それが伝達されるとは思っていませんが。

源泉徴収のことで1回、税務署でやってやりましたが、毎年、確定申告で世話になる相手、あまり怒らせると何を仕返しされるか解りません。
私も臆病な小物であると自覚せざるを得ませんね。



泥棒や詐欺の証拠をつきつけられて、それは言えまいが!
メンテ
Re:憲法をないがしろにして、何の法治国家だと言うのだ! ( No.114 )
日時: 2015/03/26 13:23
名前: 満天下有人 ID:jFfAi0tY

前にも言いましたが、形だけを飾る憲法など、却って無い法が楽でしょう、この国においては。
最高裁を含め、憲法に矛盾する判断を下すために、四苦八苦する苦労からも解放される(笑)。

<あまり怒らせると何を仕返しされるか解りません。私も臆病な小物であると自覚せざるを得ませんね>

目には見えない報復、これには注意せねばなりませんが、だからと言って、引き下がることを小物と思う必要はないでしょう。何しろ相手は、1億2千万人もの国民を裁量している権力ですし、権力とは誰が責任者なのか、誰にも分からない、だから「権力者」である得るのでしょう。

私も役所の窓口では、しょっちゅう遠まわしに皮肉ってやります。今日は本年度、年金から天引きする高齢者健保金の半期分の通知が来まして、窓口に行って、年額はいくらに決まったのかと聞くと、それは6月にならないと分からないと言う。最終決定も出ていないのに先に請求書を出すとは、如何なる精神によるのかと(笑)、問い詰め、そしてその支払財源である私の本年度年金は、いくら減額するのかと問うとそれは係りが違うから分からないと・・・キミ、世の中、公的給付金で生きている者に対し、その給付額も分からずに徴収だけを先に知らせることについて、一体、どう思うかと、突っ込んでやったら、しぶしぶ、そう思いますと・・・

キミも、役人組織の一員だから、キミ一人でどうなるものでも無い事は解っている。だが、キミもそう思うなら、時間がかかっても一人一人が上に向かって、折に触れて思いを拡散していかない限り、何もよくならない。キミの所へ聞きに来る国民市民など、見ての通り、何も分かっていない事は、キミにも分かるだろう、だが、それに安住するではない!と説教かまして来ました(笑)。この若い者は、分かっていたようです、最後にこちらの言う事に同意しておりましたから・・・

報復も計算に入れた上で、言うべきことは言っておかないと、“物言わぬは、ハラ膨るる思い”になって、精神的消化不良を起こしてしまいますから。
メンテ
民主主義とは身勝手主義とみたり! ( No.115 )
日時: 2015/03/26 14:41
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:AOWiD.nk

満天下さんも反骨の人の様です。

政治はさておき、行政に対して、もの申す人間が、せめて現在の100倍、1000倍もいれば行政から政治を変えることもできるでしょうに。

民間の個人の関係では、あれほど自己主張する人間がいながら、公共の価値に関して筋を通す人間はいません。

イヤハヤ

なんと言う身勝手で、大人しい国民になってのでしょうね。

メンテ
民主主義のコストとは、何を基準にしているのか? ( No.116 )
日時: 2015/03/28 18:24
名前: 満天下有人 ID:QVVygyqc

民主主義とはそもそも、多数の人間が生きるこの社会にあって、何を間違へて社会を構成する多数の人間を不幸にしているのか、同じ生存権を持つ生き物なのに、何故絶対多数を占める人間が、理不尽なことで苦労せねばならないのか、その間違いは何によって生じているのか、先哲たちがあれこれ思索した結果、絶対多数を占める人間社会なのに、その人間をないがしろにしていることが、おかしなことであるとの思想を生み出した。

つまり、民が主である筈だ、民が主でない社会はあり得ない、そこから民主主義という思想が生まれたのだろう。その意味から考えると、民主とは、個人的な民主ではなく、社会を構成する一人一人の民が集まっての民主、社会性のある民という意味での民主主義であらねば話がおかしくなってしまう。

個人でなく、複数の人間の為にということになると、複数の民を束ねるには、代表者が必要になって来る。民が主である社会運営を委任する者を選ばねばならなくなる。そこで選ばれた者は、政治家として、民の代理人となって複数の民のために働くことになる。

代理人である以上、その費用は民に負担してもらわねば、誰もタダ働きなどする筈がない。昔と違ってタダで政治をやるようなお目出度い政治家は、現代では居ない。政治家の根本には、そのような考えが横たわっているのだろう。だから、それにかかる費用を、歳費で賄ってもらうことは当然であり、足りなければ献金で補ってもらっても別におかしなことでもないとの主張も出て来るのだろう。

その一つの証かと思われるような記事が目に止まった。東京都議会で、議会出席を含む都政上の活動でかかる交通費について、一回1万円を支給するとの条例を改善しようとの動きに対し、自民、公明、民主が反対し、先送りにされてしまった。数百円の交通費で済んでも、最低1万円は支給されるのだから、そりゃ政治家も動きますわ(笑)。

あれっと思ったことは、他にある。その交通費支給の名目が「弁償費用」と呼ばれていることに奇異な感じを持った。弁償とは通常生活者なら、何か相手に損害を与えたら、弁償せねばならないと、咄嗟にそういう意味で弁償なる言葉が出て来る。民事和解だから弁償で事を荒立てない生活の知恵であろう。それで済まないケースになると立件になって「賠償」請求となる。

これが普通の人間感覚なのだが、政治の場になると話が逆になって来るのだねエ〜(笑)。政治家であるが故に、政治活動としてあそこも見て欲しい、こっちも見てくれよという要求を出すと、その交通費は政治家という人に「弁償」せねばなないのだ(爆笑)。

その根拠は地方自治法に定める「議員は職務を行うため要する費用の弁償を受けることができる」との条項によるのだそうな・・・・前稿でも言ったが、一旦、文章で書かれた法になると、それが最高の規範になる。民主主義の基本思想は、間接代理人として政治家に社会運営を委ねることなのだが、その民主主義によって政治を行う者にとっては、それよりも政官主義が上位に位置するのだ(笑)。だからその費用=民主主義のコストとして、民から費用を徴収するのは当然との解釈が正当性を持ってくる。

こうなると、民主主義とは実に面白い二面性を持った社会思想という姿も見えて来る。やはり、元々からして、この世は民主主義なんぞで成り立っているのではない、そう解釈すればよく解る。民主主義とは、少なくともこの国にあっては、成立させ得ない一種のユートピアであるかも知れない。
メンテ
見え透いた本音隠し詭弁で訪米したいシンゾー ( No.117 )
日時: 2015/03/28 20:11
名前: 満天下有人 ID:QVVygyqc

自衛隊を「わが軍」と表現して物議を醸し、続いて、連休の訪米を控えてワシントン・ポスト紙に答え、これまでの従軍慰安婦問題について、今度は「人身売買(ヒューマン・トラフィッキング)の犠牲となり、筆舌に尽くしがたい痛みと苦しみを経験されたことを思うと、心が痛む」と述べたとか。

おやおやこの坊や、これまでは従軍慰安婦など存在していなかった、というのが坊やの歴史認識ではなかったのか?(笑)、それがまた、どうして、春になってオツムが洗浄されたのか、周りから説教されてのことかどうかは知らないが、この落差は何なのだろうか?(笑)。お前むかし、WP紙に仲間と一緒に従軍慰安婦など存在しなかったとの、大きな広告を出したのではなかったか?

ドイツ格安航空の墜落事故で、副操縦士が精神を病んでいたことを揉み消されて、社の方が知らなかったと報道されているが、これに当てはめた時、大きな一国が墜落してしまうような、頭・精神がかなりいかれているようなパイロットを、機長として日本機の操縦を任せていて大丈夫なのかと思ってしまう。

危惧を抱いている乗客も多かろう。だが、墜落しないと誰も何も言わないのである。墜ちてしまってからでは遅いのだが、最も危惧されるシンゾー機長の精神状態は、国民の意識に鈍感で、むしろ批判派を、ヒステリーとしか思っていないことである。米国誘導のレーダーで操縦しておれば、大丈夫と思っている。だから、油圧管がおかしいと多国管制塔の多くが思っても(=歴史認識)、いや機長、それは違う、電気系統がおかしいのかもと、コクピットで言われると今度は、諸国管制塔に対し、おかしな原因の認識を間違えておりました、言われる通り油圧管(=歴史認識)に対する認識を間違えておりました、と、何だかそれに似た右往左往振りではないか(笑)。それも、卑しくて狡猾な男の見苦しさと思えば、納得も行く。

別スレッドで臨死体験のことがテーマに上がっている。不幸にも恐怖の墜落経験をされて亡くなられた乗客の皆さん、不遜ながら臨死をどのように体験されたのだろうか、8時間にも亘る恐怖に晒されては、本能的に花園が見えることもなかったであろうと、想像する。

バカ機長によってフラフラと旋廻する日本機に乗っていて、はてさて国民生活者としての臨死感は、どのようなものであろうか・・・あるも無いもヘッタクレも無い、土台、臨死感が無いのだから、感じないのだから・・・。
それもそうだろう、無意識のうちに持っている輪廻転生の死生観からすれば、死など一時の現象であると思えば、特に感じることなど何も無いだろう、善人なおもて往生をとぐ、いはんや悪人においておや、であるか(笑)。
メンテ
いやあ、笑い事では本当はありませんが、日本国民は自分で戦争を止めてはいないので、川の流れのように生きています。 ( No.118 )
日時: 2015/03/28 23:52
名前: 青トマト ID:6Q2Vn0wo メールを送信する

安倍が危険との意識もないのでしょうよ。

原爆落とされて降伏したことも共通認識としてはないのですから、

何でもお上が世話を焼いてくれた国民は、

やはり、一人立ち出来ないのですよ。

オンバヒガサなのですよ。

可愛い日本国民には…やはり一人旅が必要とされてるのでしょうね。

誰も助けてくれません…これが一番の薬なのでしょう。

日本人は外国人から年が若く見られると言われますが、これは容貌ではなくて、

精神年齢のせいであろうと思いますよ私は。
メンテ
加速される狡辛らしい(こすからしい)政治 ( No.119 )
日時: 2015/03/29 10:33
名前: 満天下有人 ID:FmCxC9i.

翁長沖縄新県知事が、辺野古埋立工事の差し止め命令を出すと、知事に就任後初めて基地移転ならぬ、事実上の新基地造成に対し、反対の姿勢を明らかにした。

新知事当選後に、辺野古問題で話し合うために官邸などを訪問しても、官邸側は玄関払いを喰らわせ、出来れば話し合いで説得しようとしていた知事も、これも穏当な手段を選ぼうとされているのだろう、関連法律を駆使して工事させないように持ち込んだ。

この行動に対し今度は、海域が管轄地域である農水省の林大臣が、防衛省が審査を求めた翁長知事による移設作業の停止指示は不当として、知事指示取り消しの審査請求を認め、審査結果を出すまでの間、指示を「執行停止」として効力を止めることにしたそうだ。

翁長知事が駆使する法律の背景には、沖縄県民・主権者の総意があり、それに基づく法の行使であることは明らかなのだが、この林農水大臣の法適用は、隷米が主軸になっており、法なるものが主権者社会における理不尽さを規制する根本思想から完全に乖離したものではないか・・・

しかもだ、国である防衛省が、翁知事による工事差し止め請求の停止を、国に審査してくれと言ってるのである(笑)。もうマンガとしか言えない(笑)。そもそも沖縄が王道として長年にわたり基地移転を求めて来たものに対し、枝葉の法まで駆使して対抗するとは、これももう、大人の世界の話では無い。

シンゾー一派が権力の座に座ってから、全てがしっちゃかめっちゃかになってしまった。幼児化の所為であると言ってしまえば、それだけの事になってしまうが、彼らの心底に横たわっている狡猾な気質が「狡辛しい(こすからしい)」手法として、恥も外聞もなく表で駆使される。

一方で、同じ同胞としての本土日本人、まだ地域に密着しているから、地方地方の政治の場ではまだ、如何わしいことには目を光らせて、その効果も直接的だから、まだ救われるのだろうが、来月の地方選について気になる記事が目に止まった。

定数に占める無投票当選者の割合(無投票率)が前回2011年統一選から5ポイント増の22・6%となり、総務省に記録が残っている1951年の統一選以降、過去最高となる可能性がある。(毎日新聞)

このまま告示日を迎えれば、新議員の5分の1以上が選挙の洗礼を受けずに議員となる事態となるようだが、この現象が、現在の地方議員さんたちがしっかり地方政治をやっている、新たな候補者など不要だと言う、良の現象だとすれば結構なことなのだが、それが何を言っても中央からの圧力で何も変わらないとの、あきらめによる現象とすれば、地方も中央に合わせていよいよ政治のスラム化が加速され、独裁政治の復活と相成ることだろう。
メンテ
官邸による報道規制の実態を曝け出した古舘VS古賀バトル ( No.120 )
日時: 2015/03/30 09:22
名前: 満天下有人 ID:YtK5fuu.

テレ朝古舘の報道ステーションに出演していた元通産官僚の古賀茂明が、今月で降板、その最終出演日であった27日の出演で、降板させらた裏事情を冒頭からしゃべり始めたものだから、古舘及び局側とすごいバトルの展開となり、CMタイムの鬨に、フロア全体が騒然となったようだ。

観ていた家族は、すごいケンカだったと。降板させられるのは自分だけではない、番組冒頭から、プロデューサーまでが降板させられる羽目になっていると古賀氏が発言した途端に古舘が、ビックリ仰天、しかし怒ってプロデユーサーについてはあれは降板させらてのではないと古賀氏に食ってかかったら今度は古賀氏が、古舘さん、何故態度を豹変するのか、あなたは私の降板について、力になれずに済まなかったと謝っていたではないか、その時のあなたとのやり取りは、ちゃんと録音しているから、テレ朝全体が官邸に屈している。私に対する菅幹部長官の排除圧力は、並みのものではなかったと・・・・

CMタイムになって、この古舘VS古賀氏のやり取りに激怒した番組幹部が激怒して古賀氏に、打合せに無かったことをシャベるな!と、すごい剣幕だったらしいが、古賀氏はそれも逆手に取って、番組再開と同時にあなたが今言った事も冒頭で言います。何故なら、私はあなたの指示により、打ち合わせていないことを仮に質問されて黙っていたら、視聴者は何故古賀は答えないのかと、私に疑惑の目が向けられます。私はちゃんと名前を出して喋っているからには、言いたいことを何故言えないのか、その理由をきちっと言わなければならないのだから、打合せに無かったことはしゃべれないと言わないと、私までが何か公表を禁止されている事情に迎合していると思われてしまう。

・・・まあ、古賀氏は言うべきことは全部言って局を後にしたそうだが、幹部たちは車の乗り場までおいかけて来て、しつこく言うから、何が問題なのかと聞くと、圧力がかかっているとかを匂わせていたらしい。古賀氏はそれが菅官房長官であることを暴露している。

古賀氏は現役通産官僚時代に原発推進の国策に疑問を持ち、更には霞が関全体にまたがる官僚現状について改革を唱え、排除されて官僚社会を去った人のようだ。だからシンゾーによる原発再開については、官僚時代に原発実情の隅々まで熟知していることから耐えがたく、批判の先鋒に立っていたことが原発村の目の上のタンコブのような存在になり、常時目をつけられる羽目になっていたのだろう。

27日の降板裏事情を巡るバトルでは、売り言葉に買い言葉のようなケンカの様相になったようだが、その背景には大きな問題が横たわっている。批判を権力で封じる世相が一挙に強まっていることにある。全体主義国家への回帰が一挙に始まっていることにある。

戦後70年に亘って、良きにつけ悪しきに付けて、批判の声は世に自由に流れていたのに、70年もかけて出来上がったそれが、僅か2年くらいの短い期間で元の木阿弥の状態に戻ってしまう怖さ、いや、小泉が新自由主義を取り入れてからなら、15年経っているが、それでも短い期間だ。そしていつの間にシンゾー的気質の人間がかくも増えていたのか、知らぬ間にそうなってしまったことへの怖さ。

彼らはどのような教育を親から受けたのだろうか?いや、今の世相では親の言う事など聞く子もいないから、シンゾー的ガキどもを批判してもしょうがないのかも知れない。しかしそれにしても、何と多い事よ、シンゾー的ガキどもの数が・・・やはり成長の過程で親と表裏一体でないと、そこまでにはならないだろう。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.121 )
日時: 2015/03/30 08:59
名前: 贅六 ID:L4s7QvaA

ホンマにもう、この頃はアホな政治や財界を罵る気ぃも萎え果て、世界や日本の愚かしさを呆然と眺めるだけに成ってますねん。

世界も世界やけど、その中の日本は“アホらしさ”で飛び抜けてますなァ。

従来から、戦後一貫して日本の従米政治は変わりませんけど、今の安倍晋三とその一派・自民党の売国行動は、何がアイツ等を突き動かしてるんやろか? アイツ等の何処を衝いたらアイツ等の行動原理が判るんやろか? 皆目見当も付きませんわ。
政治とは、民衆に対する“眼差し”を忘れたら、最早それは搾取の暴政でしか有り得ん! ちゅう事が判ってませんのですなァ。

其れともう一つ、“今の日本人”はなんでこう迄思考停止状態に陥ってしもたんか? 不可思議、ミステリー、としか言い様が有りません。 日本人は考える能力を放棄して“プランクトン”とおんなじ生命体に先祖帰りしてしまいよりましたんや!

日本人にもうちょっと考える能力が備わってたら、政治は変えられますねん。なんぼ“小っちゃい一票”と言うても、民衆がまともに世の中を見て、政治に関わる意識を持ったら、世の中変わるんと違いますやろかねぇ?
メンテ
何が怖いかと思う時、人間が一番怖い、それも昨今の日本人が。 ( No.122 )
日時: 2015/03/30 09:35
名前: 満天下有人 ID:YtK5fuu.

ほんまにもう、どないもなりまへん世の中になってしもうて・・・それにしても、ほんとに不思議でんな、何が楽しくてシンゾー的な人間になるのか???それも一人や二人ではおまへんがな・・・

ヒトラーなどについては戦後、色んな研究者が彼の生い立ち、その過程で何故あのような指導者になって行ったのか、そして何故そうなれたのか、納得の行く分析や、それが映画化されてよく解るのですが、この国と来た日にゃ、隠し事ばかりで、ほんまにもう、何がどないなってんのか、さっぱりですワ。


メンテ
対米従属保護鎖国… つまりは檻で飼育されている労働アニマル… これじゃおまへんか? ( No.123 )
日時: 2015/03/31 00:01
名前: 青トマト ID:Wptbxq7Y メールを送信する

米軍が駐留していて、政治には密かに米国からの指導が入っている。

これは、飼い猫や飼い犬と同じで、

飼い猫や飼い犬の習性を見ればわかりますが、

彼らは食うことと居住には困らないのです。

自分で餌を取りにゆく必要がない。

それに慣れているから、餌が出てこないと、鳴いて請求する。

これは、日本の政治家や官僚が、国の方針について、米国からの指示が出るのを待つこと、出ることを望むことにあたる訳です。

自分で餌を捕る能力を飼い猫と飼い犬は、失っています。

その必要がないから、能力が退化するのです。

餌つまりは政治方針と外交方針は与えてもらえるのですから…これは楽ですよ。

糖尿病にもなるし、頭も使わなくて済むから、幼稚化するわけですよ。

このような政治家と官僚に治められた国民は、これまた、なにも考えなくて済むわけです。

これは、鎖国状態です。対米従属鎖国であります。

金魚鉢の中で優雅に泳ぐ金魚達なのです。

米国の保護による保護国的鎖国状態なのです。

鎖国だから、海外の情報は入って来ませんから、黒船は来ないから、

日本国民はマンマンデーの太平楽です。

考えなくてよいのだから、政治家官僚も国民もそうなのだから、

従って、考えませんよ日本人は。

いやあ、檻のなかに旨く飼育されたものです。

元々が従順な国民性ですから。

考える力がなくても、失敗は必ず躓きますから引っくり返って、額に傷がついて、瘤が出来て、飼い主が夜逃げして、野良猫と野良犬になって、なんとか生き延びれる力を獲得するんじゃあないですかねえ。
メンテ
属国とコジキは三日やったら止められんのですわ。楽でええ。頭使わんでええから。 ( No.124 )
日時: 2015/03/31 01:05
名前: 青トマト ID:Wptbxq7Y メールを送信する

ですからシンゾーは従軍慰安婦もスルーして、TPPも集団的自衛権も円安も言われるママなんですわ。

国民はペット化したもの達が多数を占めているので、考える必要がない中で生きてきたから、今さら何も出来ないのです。

日本列島の鎖国の檻の中で、世界から浮き上がって生きているのです。
メンテ
物価が上がらないのは、原油安の所為だとぉ〜(笑) ( No.125 )
日時: 2015/03/31 09:55
名前: 満天下有人 ID:YYPCOnPY

見よ黒田のバカ頭ぁ〜〜〜♪
円札高くバラ撒けばぁ〜〜〜♪
天地の経済溌剌とぉ〜〜〜♪
希望は躍る大八洲ぁ〜〜〜♪

これがバカ黒田総裁の愛国行進曲で、せっせと異次元金融緩和を続け、それでも増税以外で物価はさっぱり上がらなく、焦った黒田は昨日、原油価格が戻ればインフレターゲットは達成できる、だと、何度バカを言えば気が済むのだ・・・(爆笑)

ならばOPECに頼めばいいじゃないか、私の国は異次元金融緩和をやっておりますので、何卒原油価格を挙げてください、いくら高くても買いますから、と。インタゲ未達成は、金融緩和だけで物価が上がらない、物価を上げることが景気につながらない事を、自ら証明しているようなものではないか、このバカ・・・どこの学校で何を勉強したのか?・・・ホー、東大ア・法か(笑)。受験秀才だけの能力しかないから、こんな連中が、名実ともにアホのシンゾーに起用されているのだから、変な国にヒン曲がって行くのも、然るべくして当然だ。

物価上昇が景気好調の指標になるのは、結果として、旺盛な民需の存在によってであろうが、さすれば通貨の供給も当然に増える。それを逆さまにして、通貨を先に増やせば景気がよくなるとは、知らぬ仏のお釈迦様でもビックリするわ。要するに超金融緩和によって、物価が上がるぞと、国民を煽っているに過ぎない。お前の所のバカ副総裁・岩田規久男がいみじくも言ってたではないか、超金融緩和によって国民がインフレになると思うか、どうかによると。こんなバカコンビ、過去に見たこともない。まあ、プラザ合意直後に日銀は、当時の金融政策の舵であった公定歩合をバンバン下げてバブルを起こしたが、後ろめたい気分でやっていた。今はそんな後ろめたさなど、微塵も無い。

通貨が破綻しないで生きているのは、FRBに従属しているからだけに過ぎない。万一アメリカが、もう十分利用させてもらったから、もう結構だとなった時、巨額財政赤字が一気に円通貨破綻が起る。

一番怖い生き物は人間だと、昨日書いた。それも昨今の日本人であると。それは国会答弁に居並ぶシンゾーに麻生に甘利に、そして沖縄県知事による辺野古工事停止に対し、それを差し止める命令を出した林農水相、こいつなど人間としての意思がどこにあるのか、顔からしてさっぱり意思など感じられずに、ただシンゾー、菅の言うままに動いているだけ・・・

こんなのが国会でフテフテぶしく大臣の椅子に座り、そして外では、通貨に対し重要責務を負う日銀総裁が、アホなことばかり言いおる。物価が上がって、それに見合う可処分所得が増える保証は、資本主義のどこにも存在しないという、大命題がこのオッサンには無いのだ。オカネを増やせばそれが所得に回る保証など、どこにもない。

昨今の日本人が一番怖いという意味は、こういう連中をのさばらせてしまった日本国民と言う意味なのだ。
メンテ
怖いですねえ、日本人は。ハワイや沖縄やフィリピンと違って、原発も自営軍(おっと、自営隊だ)も持ってるからね。 ( No.126 )
日時: 2015/04/01 02:18
名前: 青トマト ID:n/BmXlRA メールを送信する

工業力も持ってるし、国民が金を持ってる。政府は安い紙切れを持ってるだけだけど、まあ経済力を持ってるわけだ。

エネルギーは有るが、コントロールが利いていない訳だ。

これは危ないでしょう。原発と同じです。

う〜ん、こうなるとなんですなあ。

思いきって、米国に政治をやって貰って、日本国を無くしてしまって、J州になるとか、

韓国や中国に治めて貰うとか、

でも、日本は幕藩体制の江戸時代と実は同じなのだと解りますねえ。

徳川将軍の座布団に天皇が座られたと考える事もできます。

農工商は、政治力はないし、何よりも関心がない。

政治はお侍がやってくれる…から… 誰かがやってくれると考えるし、

実際にやってはくれてはいるのです。

対米奉公官僚と米国ジャパンハンドラーがやってくれるので、

江戸時代から変わる必要がないのです。

江戸時代では、国の政治に関心を持って、国を治めようとする少ない人達がいて、大多数の国民は自分の生業だけをやって政治は任せていた。

今の実際も同じでしょう。

少数の国を治めようとする人達は居る。属国でなくて独立国であろうと考える人達はいる。

このように考えると、江戸時代と特に変わらないのだから、希望は持てる。

国民に無理な期待はするべきではないでしょう。6

国民を江戸時代のままに放置してきたのは、明治国家の指導者達なのだから、国民に責任は無いからです。
メンテ
困るのは、責任無き国民に、責任を取らされる構造です。 ( No.127 )
日時: 2015/04/01 08:06
名前: 満天下有人 ID:tJRAcljs

<国民に無理な期待はするべきではないでしょう。国民を江戸時代のままに放置してきたのは、明治国家の指導者達なのだから、国民に責任は無いからです>

施政の失敗は、結局、国民が増税負担や戦争などによってその被害を蒙る、言い換えると仮に責任は無いとしても、その被害負担という形で責任を取らざるを得ないのが、歴史的事実です。逆に民主主義を掲げ、実際は羊頭狗肉で国民からクスネ取っているのが現実でしょう。

国民に責任がないとして、では政官財が責任を取るかというと、それはあり得ない。あった試しがない。いえ、別に構わないのです、政官どもに政治を行わせても・・・だが、その跳ね返りが必ずこちらへ押し寄せてくるから、参ってしまう、困っちゃうのですね。彼らは責任を取らない、国民にも責任が無い・・・となるとアナーキーですね、これは。

そして政治を任せてしまい、おかしな事をされてもこちらには責任が無いとすれば、民主主義などと言う概念は、この国には必要はなくなる。教える必要も無い。実際にどのように教えているのかは知りませんが、現実にはそんなこと教えてもいないのかも知れませんね、こちらが勝手に、そう思い込んでいるだけであって、元々からして、さような概念はこの国には無かったのでしょう。無いくせに一丁前に民主主義などと言うから、話がややこしくなって、頭が混乱する。

だからオカネかかる選挙など止めてしまえば良いのです。だって責任も無く、最初から任せてしまう政治など、国民が態々費用かけてする行為でも無いし、民主主義の概念も無い、育たない所で、ムダな行為ではないかと、なって来ます。任せて好きにやらせれば良い。但し、責任をおっかぶせて来ることがあるなら、その時は彼らを焼打ちするくらいの責任の取らせ方が出来る、それが条件となることでしょう。
メンテ
まあ、国家権力を勝手に盗み取って使ってる訳です。天皇を元首に据えて、再び自分達の悪事の責任を被せようとする。 ( No.128 )
日時: 2015/04/01 23:05
名前: 青トマト ID:n/BmXlRA メールを送信する

日本の体制は、無責任集合体です。

福島第一原発が最たるものです。

次に起きるのは、円のメルトダウンからメルトスルーなのではないか。

この時、黒田ハルヒコもシンゾーも責任なんか取らんでしょう。

バブル崩壊の時も、日銀の三重野総裁は、不動産総量規制の失敗政策の責任なんか取らなかった。

無責任の食い逃げをやるのが、日本の政治体制においての権力者の姿なのだ。
メンテ
天皇に責任をなすりつける悪漢ども、野放しにしているのは誰なのか? ( No.129 )
日時: 2015/04/02 13:42
名前: 満天下有人 ID:Uu3X.Tz.

青トマトさんの論法では、国民は明治以来、指導者に放置されて来たから、国民に責任は無い、国民に過度な期待をかけることは無理だ、そうなると政官財における悪漢どもを追い出す事は、不可能だということになりますね。

世に「無責任者めが!」と叫ぶ心情が存在します。これは責任あるものが、責任感など全く持ち合わせていない時に、理性的にそう叫ばせる程に、責任感を喪失させた状況に対して、これもまた人間的な感覚が、そう叫ばせる。

国民には責任が無い、このことも漢字で表現すれば「無責任」という字が当てはまりますが、しかし普通、この言葉を使う時には、責任を持て!という意味において、責任をも取らない者に対し、この無責任ヤロウが!と怒りとして発する時に使われる。
政治にたいする時、誰に責任があり、誰が責任を取らせるかと考える時、やはりそれは国民だというのが、ここまで生成されてきた歴史の結果としての近代思想ではないかと思うのです。あくまでも主権は国民にある、ならばその裏返しとしての責任もまた国民にある。それが、国民に責任が無いとなると、天皇に責任をなすりつける悪漢どもは、いくらでも後を絶たずにはこびって来ます。

でもそのような現象を非難することもおかしな事になって来ます。何故なら、どこにもその責任を取る者が存在しないのだから・・
こう考えている時に、アメリカ新自由主義思想のバックボーンとなった、20世紀経済学・哲学者であったフリードリヒ・ハイエクの思想がふと頭をよぎりました。まあどなたも今ではご存知の通り、この新天地アメリカへ逃げて来たユダヤ人たちが、ドイツと同じように迫害したロシアソ連の共産主義に対し、民族迫害を行った人間性に対する非難と、共産主義非難をごちゃ混ぜにしてしまって、アメリカは共産主義に対峙したのにこのユダヤ人思想家たちは、迫害された恨みをこの反共主義に便乗して、自由の無い共産主義批判に向けて、新自由主義なる思想を生み出してしまった。

米民主党がその思想育成の場に使われて、元々はこの新自由主義思想は民主党員から生じたのに、その民主党がどうもソ連共産主義に対し甘い、そこで強行派は共和党に移ってしまい、共和党でネオ・コンサバテイブ=ネオコンとなって、基本的人権を巧妙に操作して悪の手法を世界的に広めてしまった。グローバイリゼイションなる思想もその一つだろうと思う。

何故ハイエクを持ち出したかと言えば、ハイエク新自由主義思想の根幹をなしているものは、そもそも人間に理性など存在しないという、反理性主義が根幹になっており、ならば、最初から人間を自由に放置しておくことが最上の社会だと・・・規制してはいけないとの思想から、雇用の自由も=職業選択の自由なる地位を占めてしまい、そして失業の自由も与えられてしまう結果と相成ってしまった(笑)。

でも人間は理性無き生き物で理性的合理主義的な社会を構築することが出来ないから、自由に放置しておくのが最上だとすれば、それでは社会がアナーキーとなるから、それを制御する処罰を考えておかないといけない。つまりその意味で法治国家であらねばならないと言う。人間を制御できるのは法しかないとハイエクは言う。

だがその法治国家であっても、法などいくらでも巧妙にかいくぐる者が大勢いて、法治国家も殺人を除くと法が厳密に適用されないケースも多々生じて来る。特に政治に関しては。最高法規である憲法が、形骸法にまで堕落していることもその表れではないか。
そこで、何故そのような社会になってしまうのだろうか?に、話を戻して見るに、根本に、社会構成に対する責任の所在は、どこに、誰にあるのかとの最も基本的な意識に理屈が向かってしまう。国民に責任は無いとなると、これはもうハイエクの理性無き人間論をベースにした出発論と同じ事になり、・・・・・?・・・・・やはり理性無き人間、本能だけで構成されているこの世は、どうにもならないと言う事になるか?アッハッハ(爆笑)。
メンテ
あのうですねえ、日本国民に責任は本来はあるのですが、心の奴隷にあった人にそれを取れとは無理な注文でして。 ( No.130 )
日時: 2015/04/02 13:45
名前: 青トマト ID:XX1qPx1s メールを送信する

奴隷扱いというか、子供扱いというか…。

米国の黒人の地位の変遷にある意味で似ていますねえ。

日本人は金があって、生活が安定している人も、精神的には一人立ち出来てなくて、大人子供がほとんどで処置なしの有り様でおます。

朝鮮半島とよくにているのです。

ですからまあ、今後の米英イスラエルとロシア中国の動きから日本の地位も立ち位置も変わって、転換すると考えてますね。

言葉は正確ではありませんが、宮廷革命的に変わるわけで、黒人奴隷的な日本の一般国民というか庶民には何も出来ないのではないですかねえ…。

官僚は、I am not ABE. なんて人が多く出てきて、自民党や民主党も今までの崩壊現象が加速して、権力機構の頂点からポイントが切り替わります。

これを宮廷革命的と私は表するのですが、これは形体上の事であって、
基本的には国民の中の転換を意識した人達、権力の頂点にはいない人達の新たな方向を目指しての動きが底流として決定するのだと考えていますね。

頂点はそれを意識して変わるのです。このままではやって行けないとの危機意識によってです。

日本には古代から中世までこのような中核的な中間層が社会の指導層として存在してきていて、彼らが社会運営を担って、中央政府が腐敗して崩壊すると幕府なんかを組織したのです。

本来は国民全体にその力が欲しいのですが、明治以後は国民全体の力としては弱体化してはしまいまして米国黒人奴隷の有り様(精神的にですよ)のごときになりましたが、それでもまだ中核的な層の力は残っていて、反原発や反安倍や反戦や反米の動きを産み出している訳です。

残念ながら米国と同様の植民地奴隷的な有り様に近い日本国民の多くの有り様が進歩を阻んでいますが、進歩を阻止仕切るには至らず、日本が無くなる事はないでしょう。
メンテ
米国からも中東からも世界からも寄生者勢力は行き詰まって逃げだしますから、米国は自分を取り戻します。日本は鎖国だから深刻ですよ。 ( No.131 )
日時: 2015/04/02 16:29
名前: 青トマト ID:XX1qPx1s メールを送信する

日本は瓶詰めです。

蓋になっているのがマスコミで、雑菌が中で繁殖していますから腐敗して臭くなっているのが日本の社会です。

で、どこかでこの蓋を破って穴を空けないといけないのですが、すでにマスコミ蓋は破れかけているのですね。

NHKも民放も大日本帝国陸海軍の末期の有り様で、自民党公明党政府も実はこの有り様で、国民には嫌戦気分というか、嫌社会気分が漂っています。

で、タイトルにあげた国際情勢ですから、最終的に寄生者勢力は、世界中のどこかへ散って逃げるでしょう。

そうなると、開拓地国家の米国は地域性を各州が 守って大切にして無理に世界に展開なんかをすることはしないというより、できなくなるのです。

さて、残された日本なのですが、どうしましょうね…ニガ笑い。

この時、琉球沖縄が先例として教訓を示してくれているかもしれませんねえ。

まあ、満州に残された日本人開拓団のような行き場を失った気分に国民の多くはなるかも知れませんが、

過半数は、

「やっぱりなあ…そうだったか…おかしいなあ、ダメになってるだろうと思ってたんだよ。こうなったら出直しだ。
」と、

先の大戦の後のように気分を切り替えてゆくのではないでしょうかねえ。

しかも、そrを簡単にやるのですよ。横井庄一さんのように。

横井庄一的ココロだー。お天道様は微笑んでおられるのだー、といった具合に。

インテリとは弱いもの…離れて郷里お国を憂うもの…とは、室生犀星をひねって出た狂歌モドキ?ですが、

転換の時には、少しはポイント切り換えの取っ手の端っこを握りたいものではありますね。
メンテ
論理展開の確認 ( No.132 )
日時: 2015/04/02 22:12
名前: 満天下有人 ID:Uu3X.Tz.

青トマトさんとの対論では、世代の違いの所為か、言葉の使い方に少々違う所があるように感じますので、齟齬を来たさないように、分かりにくい箇所は都度、確認しながら進みたいと思います。

先ず、政治に対し国民に責任は無いのかどうか、これについては、この国では政官の巧妙な政治リードで国民は、騙されて来たのだから、責任は無い、そのような見解でした。

でも、次に、責任はあるが、奴隷化された者に責任を求めるのは、無理だとの展開になり、しかし、能力不足だから責任は無い、ということと、本来的に政治とは、国民が選択している訳だから本来的に責任は国民にあると思うのです。

この国の政治歴史が、政官によって創られて来て、その面で国民に政治社会的責任感が涵養されなかった、その意味は分かります。

だが、責任が取れないから責任は無いとなると、これは社会概念としては些かやっかいになりますね。責任能力の欠如によって責任が取れない事と、責任の有無とは、次元が根本的に違うと思うのです。政治が悪いとばかり言ってるだけでは、国民主権による政治は未来永劫、存在しないことになってしまう。むしろ、国民責任において政治を委託する、その委託者が責任の所在は己たちに有ることが認識できないでは、いっそのこと民主主義代議制など止めてしまえば良い。いや、棄権率がどんどん高くなっていることは、それを実証しているのかも知れません。

次に、世界寄生勢力は、米国からも中東からも行き詰って逃げ出すから、米国は安泰になる。何となく分かりますが、行き詰まりは具体的に、どのような形で出て来るのか、その結果、米国はどのようなプロセスで安泰になるのか、青トマトさんの論理の展開を予め知っておきたいと思いまして・・・

それと日本は「鎖国」だから深刻だとの分析ですが、その鎖国状態とは具体的に、どのような状況になっているのか、そこも併せてお願いします。
メンテ
きつい御批評を頂き、恐縮です。今のところお答えできるだけお答えいたします。 ( No.133 )
日時: 2015/04/03 02:33
名前: 青トマト ID:1.BSfqaE メールを送信する

国民全般の政治責任は当然にありますが、日本国民の大多数の現状は、

子育て放棄の父母と同様の子育て能力の無い父母や、

自己破産者これは借金を払う能力が無いということ。

これらと同じなので、責任能力を喪失しているので、

その意味で、責任が無いと言うことです。

しかし、現実は無慈悲ですから、運命は彼らをさらに痛めつけます。

米国がどのように変わって行くかは、具体的には見えません。

夢による予知能力が私にはなく、

しかし、論理的には見えるのですね。

米国の体制は、大きな矛盾をはらんだ体制であって、
これは、今の日本、中曽根内閣の登場以来、田中角栄失脚以来の日本と同様で判りやすい筈ですが、

本来の新天地を目指して国内での開発を目指してきた大多数の米国民と、豊かな富を持った米国に寄生してそれを利用してきた勢力との矛盾が、ベトナム戦争の失敗以来、拡大を続けてきたわけです。

日米共に、その富を外の寄生者が利用し続けて、

その欲は、止まるところを知ることがなく、

例えれば、放蕩息子は決して改心出来ずに、親の財産を食い潰すのと同様で、

米国と日本を食い潰すのです。

これは、放蕩息子を養ったのは愚かな親であり、
詰まりは米国民、田舎者の米国民の在り方と、
日本国民、政治責任を担う能力の無い自己破産者や育児放棄の親のごとき政治無能力の日本国民の在り方なのです。

でも、親の財産、詰まりは米国の富も日本の富も、

放蕩息子の放漫散財がそれを上回ってしまうので、親は潰れます。

放蕩息子は行き倒れとなるわけで、

これは、例えばなしで、論理的説明をしたわけで、

抽象論でありまして、具体的には悲惨な姿となるでしようね。

矛盾とは、強欲が資産を上回って、家が破産するという矛盾ですよ。

具体的姿は、破産した家の数億倍の姿なのでしょうかねえ。

具体像はその時にならねば私にも見えません。

夢による予知能力なんか持っても仕方ないとも思いますね。
気分的に愉快ではないし、人に語っても混乱させるだけでしょう。

ただ、論理的に予知できれば、対策は最小限には採れるでしょう。

白州次郎氏は開戦前から本土空襲を予測していて、東京を離れて郊外での農耕生活を始めていたわけですから。

回りは狂人と見なしたでしょうね。

白州氏はどんな気分で戦中と戦後を過ごされたのでしょうか?

少しでも彼の心中を知ろうとする人が居ればそれで満足だったのではないでしょうか?
メンテ
日本が鎖国に戻っているのは、戦前と戦後の流行歌の違いを見ても解りますよ。 ( No.134 )
日時: 2015/04/03 02:57
名前: 青トマト ID:1.BSfqaE メールを送信する

戦前は関心が海外に向かっていた内容が多いのであり、それは当然ではありますが、

海外に向かう思想内容が、ハーコーイチウであってもそれは制約上で仕方がない事ではあったのです。

ユダヤのシオニズムや中華思想や民主化論やキリスト教的開化思想と変わらない訳です。

ところが、戦後では一変して、悪い意味で言うのではなく、一国平和主義をベースにしたものであり、四畳半的恋愛とか社会批判のものにしても、世界的拡がりなんかは全くないものばかりであり、これは厄介な対外国政策を米国の政策に沿ってやって来たからで、一国平和主義は対米従属とセットになった表と裏の関係にあったからですよ。

で、日本は鎖国でやってこれたのです、というより、やって来たんですね。だらしなく自分から。

鎖国は楽なんですよ。大多数の国民の意識からは楽なんです。無責任で済むから。

無責任はあくまで無責任だから、責任放棄も自覚しないでしょうね。

戦後は天皇に替わって米国が密かに君臨して、国民はそれが楽チンだからそれで来たのでしょう。

敗戦で少しはびっくりしたでしょうが、今度も少しはびっくりして、それでも

違った青い山脈やリンゴの歌を歌って、再起して行くでしょう。

神経が逞しければ、火もまた涼し、ではなく、消火してしまうのでは。

私にはこんな芸当は出来ません。
メンテ
Re: 青い山脈に例えられた鎖国的心理状態 ( No.135 )
日時: 2015/04/03 13:48
名前: 満天下有人 ID:0F.Tfs0Q

♪若く明るい歌声に〜〜〜
♪古い上着よさようなら〜〜〜
♪雨にぬれてる焼け跡の
 名も無い花も降り注ぐ〜〜〜
♪父も夢見た母も見た
 旅路の果てのその果ての〜〜〜

敗戦と共に米軍がワッと上陸して来て、沢山のメリケン粉もらって、やっと飢えから逃れ命を繋ぎ、同時に民主主義が叫ばれて、このベストセラー・青い山脈が歌謡曲としても大ヒット、私も少年の頃、これを歌うと変に気持ちが明るくなるものだから、よくハミングしたものです。

古い日本的因習から逃れよう、そんな古臭いものは捨てよう、その希望が“古い上着をさようなら、との歌詞によく出ています。

民主主義は、名も無い民衆に存在する物だ、それが歌詞“名も無い花にふりそそぐ”との言葉に表現されています。

そして、日本人はずっと民主主義を夢見て来た、父も母もそうだった・・・

つまり、日本的古い因習に閉ざされている状態を青トマトさんは「鎖国」と表現され、それを戦後民主主義爆発と共にベストセラーとなった青い山脈で例えられ、戦後開いた民主主義傾向が閉ざされている、それを「鎖国」と表現されたようです。小説の流れでも、青春まっただ中にある若い諸君が、自由恋愛と古いしきたりによる見合い結婚のことがテーマになり、校長は理想と現実は違う、悪い事でも黙認せにゃならんこともある、と、因習に任せる保守主義を垂れる。

現実にはその若い理想主義も、高度経済成長と共にどこかえ消えてしまって、アメリカ型資本主義の恩恵にドップリ浸かってしまった日本国民。その状況を青トマトさんは、長いものには巻かれろ式古い因習に戻ってしまい、それを「鎖国」という言葉に託されたのでしょう。

でも、青い山脈に描かれた因習打破の機運も、我が国独特の遺伝子を持つ民族には、一時的な新し物に飛びつく衝動が出ただけで、民衆自らが血を流して勝ち取った経験から生じたものでもない。現在の左派的発言や行動を見せる一部の民衆も同じで、新し物に刹那的に飛びついているだけですね。父も夢みた母も見た、と言っても、戦争推進政治に対して抵抗したのはほんの一部で、皆、日の丸小旗を打ち振ってそれを受け入れた。

伊丹十三映画監督の厳父、伊丹万作さんが戦後一番に、進駐軍民主主義に迎合するこの国の民衆に、責任は一体、誰にあったのか、先ず、それを反省してから輸入民主主義に入れと、きつい正論を吐いていたことが、鮮明に思い出されます。氏は、戦争中の末端行政の現れ方や、新聞報道の愚劣さ、果ては町内会、隣組、警防団、婦人会といったような民間の組織が、いかに熱心に且つ、自発的に騙す側に協力していたか、それを先ず徹底して検証すべきだ、それは「だまされていて分からないと言うことで、責任回避するなら、この国の国民は、今後も何度でも騙されるだろう、と・・・・私はその国民気風について、先ず国民にそもそもの責任がある、それを認識せよと申したのです。騙されていたから責任は無い、と言うようでは、何度でも騙されるとの、伊丹万作氏の指摘と全く同じです。

そして、外に向かって後先も考えずに今度は、鎖国打破をせぬ限り日本の生きる道は無いとでも思ったのか、シンゾーが中東であろうがどこであろうが、国内問題はそっちのけで外への迎合路線を一気に加速し始めた、カネばら撒きによって・・・。

更に既に、企業もどんどん海外に製造拠点を移してしまっている。そのような状況下で青トマトさんが「鎖国」状態だと言われたので意味が分からなかったのです。私は逆で、精神的な面も含めて鎖国でもしない限り、食糧やエネルギー源、そして金融資本の毒牙からこの国は、身を守れないだろうとの見立てです。

ま、青い山脈に託された鎖国用語の意味は分かりました。次に、世界寄生勢力は行き詰って、米国からも中東からも逃げ出す、とのプロセスについては如何でしょうか?
メンテ
爛れきって、いよいよアナーキーに向かい始めたか、この国。 ( No.136 )
日時: 2015/04/03 19:32
名前: 満天下有人 ID:0F.Tfs0Q

NHK籾井会長が、NHK関連団体の不正を調査する為に、昨年設置したNHK関連団体ガバナンス調査委員会に、5600万円もの報酬を払っていたとか、もう滅茶苦茶になって来た、この国は。

委員会は小林弁護士を委員長とする3名で構成されているそうだが、調査に要した時間約1300時間に対し、5600万円も支出するとは、TV置いているだけでNHKを観ようが観まいが視聴料を徴収すべしとする籾井が、ただでさえ問題になっている時に、自分が社長をやっていた日本ユニシス時代の顧問弁護士に、多額の報酬を払うとは、視聴者からすれば、お前のお友達に儲けさせるために、視聴料を払っているのではない!、そのような怒りが噴き出て来る。

しかし、このおっさんを何時まで好きにやらせているのか、要するにシンゾー官邸が後押ししているからクビにも出来ない。会長をリコールできる経営委員会そのものが、官邸の承認を得なければ委員になれないのだから、経営委員会が会長更迭などする筈もない。

一方では景気指標はどうなっているのか、日銀短観ではまた、落ち込み傾向が見て取れる。異次元金融緩和によって景気は良くなるとしたが、どれもこれもウソッパチ。目下の注目指標は、その日銀による景気回復指標として、では実質賃金はどれくらい上昇したのか、その最新データーの発表が延期され、厚労省はCPのトラブルを理由に上げているが、街のスズメは、悪化したデーターを改造する為に時間稼ぎをやっているのではないかと。

何もかもが、疑心暗鬼の状態に陥ってきた。政治、社会から秩序が崩壊するアナーキー状態が、いよいよ始まったかの観ありだ。それは、責任を感じ、責任を取る者が居なくなった証でもあろう。崖っぷちに来たら気がつき運動が起るだろうと思って来たが、この認識では、落ちたが最後、這い上がることも難しくなりそうだ。
メンテ
当代 末世思想 ( No.137 )
日時: 2015/04/04 01:21
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:F2hhVQ16

>爛れきって、いよいよアナーキーに向かい始めたか

言い換えれば、民主主義が爛れきたと言うことでしょう。

民主主義はみんなにとって好ましい形態であることは確かですが、為政と言う領分では、本当に頼りないシステムであることを認識したがらない、ノー天気な連中が、何でもかんでも、民主主義さえ唱えていれば上手く行くように思い込んでいるのです。

民主主義の主題である、個人の自由、権利と言うものが、社会にとって諸刃の刃であることが解らない。
解らないで信じているものだから、宗教と同じ。

人間が社会を構成してから、数万年。
その間、弱者、強者の争い、善人悪人の戦いの連続であり、それが人間社会であると言う事を、民主主義を唱えていれば、神様が調整してくれるつもりである。

このような状態では、そりゃ、強者、悪人の思うツボ。
民主主義の概念が行き渡れば行き渡るほどに、強者、悪人が栄えることは自然の道理。

要するに、現代社会は、民主主義が爛れきたと言うことであり、皆が望んだ結果でしょう。

民主主義の名のもとに、個人の権利の保証と称して、電話帳に自分の番号も載せない、神社の行事で厄除け祈願祭を開催し該当する人たちに案内状を出そうと思っても、行政の窓口は、個人情報の開示になると名簿も見せない。

自宅に表札も出さない連中がいる。
そんな奴らでも権利だけは主張する。

大体が民主的に会議を開いても意見は人の数ほどあり、まとまることはない。
まとまるとすれば、誰かが強引にリードする場合であるが、そうすれば、必ず片隅で、奴は横暴だと中傷が起きる。

それが企業の中では、どのようになっているか。
民主的に運営している企業等、軒並み競争に破れ消滅している。
勝ち残っているのは強力な指導者を持つ企業であるが、なぜか幸せ一杯の庶民は政治は別の方式が通用すると思い込んでいる。

このような延長で、国政の意思決定で、自民党の横暴を非難しても、民主的手法で対案など出せるはずはない。
安倍の暴走も自業自得というもの。

なにせ、時の政権批判を民主的にやろうと言うのだから、どだい、成果は上がらない。

権力者と非権力者の戦いなど常識であるのだが、現在は圧倒的に非権力者には分がない。
民主主義は天国であるのだ。

天国、地獄を言う場合、他のスレッドでも、それは現世の両面と認識している。
民主主義を言う場合、同時に非民主主義の存在も我が身の認識につけて置かねば、子供の様な天国論に陥ることになり、それは宗教の世界でのみ有効であることが解らない。

現代社会は、キリスト教、イスラム教、仏教など目がなくて、もしくは形骸化し、民主主義教が世界を席巻していることになる。
まあ、宗教国家になってしまっていると言うことで、これを打ち破るには当然大量の流血を伴う闘争抜きには目が覚めないでしょうね。

拝金主義と言う言葉もありますが、金の問題など古代から現代まで同じことであり、その様な方向で見ていても本質を見失うと思います。

チャーチルが言ったと言う「民主主義は最悪の形態である」と言う意味は、どこまで、このことを認識していたのでしょうね。



メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 此の醜悪な物、中世への回帰 ! ( No.138 )
日時: 2015/04/04 01:20
名前: 贅六 ID:TunnvVAE

ニッポンの政治屋と言われるガキ等は、与・野党ともにグルに成ってこの国を地獄、いや、煉獄へ蹴落とす勢いでおます。

安保に始まり、米軍基地温存、其れだけや無ォて費用も全部こっち持ち。更に「思い遣り予算」やなんて“盗人に追い銭”まで出しよるし、年毎の政策はみ〜んな海の向こうの差し金通り。此の所は“TPP”で全面的な国の売り渡し、売国はさらに進んで「労基法改正」と言うより「改悪」によって労働者の奴隷化を推し進めよります。

此処までされても、日本人は大掛かりなデモ一つせずに太平楽を決め込んでますねんさかい、日本人総て「アホを通り越して」大海原に漂う“プランクトン”状態。 どないも、こないも、救い様のない生き物でおますなァ。

民主主義とは此処まで愚かしいもんかいなと、今更ながらその悍ましさに背筋が寒ゥ成ってます。 ワテ等少数派が何を云おうと、議会制民主主義とは基本的に多数決。衆愚の前には寡賢も色褪せて踏み躙られるばかり、神も仏も無い世の中でおますなァ。
メンテ
北朝鮮拉致問題も、これでお仕舞い ( No.139 )
日時: 2015/04/04 07:35
名前: 満天下有人 ID:LBCcjgUY


2015/4/4  「北朝鮮拉致問題もこれでお終い」

ほんまに贅六はん、わたしゃ最近の閣議で居並ぶシンゾー以下の連中の顔の、よくもまあここまで悪人ズラが集まったものよ、国会委員会で野党質問に対し、不遜で見下したかのようなフテブテしい面相、あれを観るにつけ、具合悪くなるのです。

アゴ骨も無いかのようなシンゾーのたるんだ頬肉、あれ針でつついても何も感じない爬虫類に似たものを感じます。あれ以上曲がらないのでは思わせる麻生のヒョットコズラ、それをさらにひん曲げて、質問者を見下す姿勢、どうしてそこまで威張りくさるのか、無能な者の、空威張りにしか見えない。

赤い投資フアンド、習赤い皇帝の元通貨によるアジア支配と批判されるアジア投資フアンドに、欧州諸国が続々参加、麻生財務大臣は、参加しないとの姿勢であったのに、アメリカの風向きが変わると6月頃に参加を検討しても良いと言い出した。ほんまにもう、自主性もへったくれもおまへん。アメリカは、米国債最大保有国である中国の金融戦略には、過敏と言えるほどに神経を払っている筈なのに、それをニッポン財務大臣は米本音をどのように掴んでいるのか、あのツラからは、何も伺えない。

昨日は昨日で北朝鮮が、これ以上政府間交渉会議を開けるメドが立たなくなったと通告して来たら、シンゾーは早速に留守家族会を集めて、あきらめた訳ではないと言うだけ。あれほど鳴り物入りで拉致問題解決の糸口をつかんだと宣伝し、其の後は結局、キムに振り回され、競売に出されていた朝鮮総連本部不動産の処分について、拉致問題を利用されて相手に儲け物させただけ。シンゾー母親までがモンゴルに秘密交渉に赴く有り様は、国家外交までがPTA化したのかと思ったものです(笑)。

昨日の家族会も、シンゾー首相に向かって、ねばり強く交渉を続けてくださいと言うのが、精一杯。シンゾーもこれで肩の荷が下りたことでっしゃろ、事実上の幕引きセレモニーでした。たるんだ頬肉が一瞬、狡猾に緩んだように感じました。

いよいよ爛れきって来ました。国民は仏教説話の火宅の子供よろしく、家が燃え始めているのに(消費税増税5兆円のうち、社会保障費にあてがわれたのはたった5900億円)、まだ家の中でマンガTVを楽しんでいるようなものです。
メンテ
端から端までずいーっと、お子チャマ国家を証明したAIIB参加問題 ( No.140 )
日時: 2015/04/04 17:38
名前: 満天下有人 ID:LBCcjgUY

中国主導のアジアインフラ投資銀行。AIIBへの傘下申し込みは、3月末をもって中国は締め切った。予想に反し参加希望国が続々増えて、48カ国に上った。参加希望が一気に増えた理由は、英国が突如参加を表明してからである。

日本は既に米国と協働でアジア開発銀行を持っているから、そして中国主導のアジア投資銀行設立は、戦後ブレトンウッヅ体制以来ずっと続いて来た米国中心の金融体制=ドル基軸体制への挑戦と受け止めたから、米国隷属の我が国が参加しない姿勢は、その意味では解る。

加えて中国覇権によってアジア金融が縛られる構造への不透明さもあるだろう。いずれにしても中国とはあくまでも対決して行くのが外交基本方針であるシンゾー政権のこと、その意味でも不参加は解る、その結果としてわが国の国益予測を抜きにすれば、筋は通っている。

(現在のアジアインフラ投資需要は約84兆円

 既存のアジア開発銀行・ADBの規模:参加国67。資本金18.3兆円。融資残高8.43兆円筆頭株主、米国15%、日本   15%)

 AIIB予定:参加国51.資本金12兆円。筆頭株主予定、中国・・・コンセプト=海と陸を結ぶ新たなシルクロードで、アフラ カまでを含む)

投資リスクを無視すれば、まだまだ開発投資域が広がっているアジア、アフリカ。経済ノウハウを身につけ始めた中国が、IMFや世銀での中国出資の枠引上げを認めてくれない米国に、ならば別途うちが銀行作ってやる分には文句ないだろうと、より広い視点で見るなら、戦後ドル一極体制に対し、いよいよ挑戦し始めたということだろう。

だが問題は、AIIB不参加への理由が、上記のような中国覇権がもたらす懸念によるものなら、慎重姿勢はまだ理解できるのだが、アメリカ様のご意向待ちであったなら、相変わらずのお子チャマぶりである。そしてADBが、発足当初からアメリカ様の了解を得て、総裁はずっと日本財務省から選ばれるとの条件付きだから、その利権を失いたくないが故のAIIB不参加とするなら、これはもう飴玉放さないお子チャマと何ら変わる所も無い。

英国が突如参加に踏み切った事について、日本にとっては寝耳に水のことで、シンゾーは外務省、財務省の担当官を呼びつけて、お前たちは一体、何を調べていたのかと激怒したとかの話も漏れてくる。しかしガキ小僧が役人小僧を罵倒して何になる。役人小僧どもは、シンゾーは徹底して中国と対峙するのだし、こちらは既にADBを持っているからには、AIIBのことなど、さほど重要とも思わなかったのだろう。

その英国が何故急遽参加に踏み切ったのか、背景には過去のチベット・ダライラマ問題が影響したようだ。中国がチベットの独立運動を押さえつけた時、英国はダライラマ師の側に立った。それ以来、経済貿易面で中国は英国を排除する傾向に傾き始めた。英国としては拡大しているシテイ金融市場における元通貨ビジネスのパイを失いたくない。英キャメロン首相は既にチベット問題で2年前に習主席と会談し、チベットは中国の一部であることを認めた。

だが米国がどう出るか、調整を重ねている間に習主席は、独仏伊などEU主要国を歴訪し、AIIB参加を取り付けてしまった。EUとしては中国本土そのものの経済パイと同時に、この陸海新シルクロード構想が、アフリカまで含んでいるからには、その投資ビジネス規模はかなり大きいもので、それを見過ごす訳には行かない。英国は独仏伊が参加決定したのを見て焦ったのだろう。突如参加表明となった。習主席は英国の反応を試すためにワザと、訪英をはぐらかしたのかもだ。

シンゾー官邸にも、中国は米国の参加を打診して来たとの米国からの連絡も入ったが、特に参加不参加の意思表示はなかったという。これをシンゾーどもは米国は不参加と読み、ところがその米国が、6月頃までには態度を確定すると、シンゾーの頭越しに中国に伝えたものだから、シンゾーは怒りを、調査担当官僚どもにぶつけたのだろう、お前達の目はフシ穴かと・・・テメエの穴だらけの頭はそっちのけで(笑)。

まあAIIBとて、どのようなリスク・テイキングで投資銀行を運営して行くのかも不明だし、その点では日本が態々参加する必要も無い、但し、ビジネスチャンスが日本企業から逃げて行くことは確かだろう。
それでも良いではないか。こんなお子ちゃま集団で、背伸びして行けば、大きなケガをする。身丈相応に静かに鎖国でもして行けば、まだ救いの道はある。人口も減少して行くことだし、内需だけで十分やっていける筈だ。

無理してスシビジネスぶらさげて、世界を走り回ることもない。向こうから来てくれる。見よ、上野の桜見物の客層を、世界各地から若者が団体でおしよせているではないか・・・但し、イスラム国も混じっているかも知れない。それは仕方ない。シンゾーの出しゃばりで標的国にされてしまったのだから。そして花見客のマナーの悪さで一段と秩序の無い国になってもしょうがない。そのような方向に国全体が向かい始めているのだから。
メンテ
AIIBで世界旅行に行ける! ( No.141 )
日時: 2015/04/04 17:29
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:Sod9g1YE

そうですか、

北京(場合によってはソウル)発、ケープタウン行きの列車が出るようになりますか。

帰りは、ドイツ、シベリア廻りの世界旅行が可能ですね。

その頃は、時速500kmの弾丸列車でしょうが、一周には何日かかるでしょう。

AIIBの設立などに興味がなくても、この雄大な構想は面白い。

まあ安倍など、自分の財布の中身の計算より出来ない木偶の棒に未来の話は無理でしょうね。

メンテ
Re: アジア投資銀行で突っ走るか、赤いシルクロード ( No.142 )
日時: 2015/04/04 18:05
名前: 満天下有人 ID:LBCcjgUY

あっはっは、それ夢でも無い事でしょう。

どこかでシベリア鉄道とも接続、トルコ辺りで欧州オリエンタル急行とも接続・・・

キリマンジャロを眺めてケープタウンまで夢の旅(笑)。いつぞや英BBC制作のアフリカ鉄道の映像を見ましたが、英国が植民地時代に設置した鉄道でしょう、社内外仕様は、全てロイヤル風。そこから数日間見ることが出来るアフリカの大自然光景、すばらしいですね。

わが国はどうして満鉄に、そのような夢を与えなかったのか、ただただ鬼畜米英と対決するだけの為に、軍事物資や資源運送手段だけの狭隘な目でしか、満州鉄道を建設しなかった。八紘一宇も視野が狭かったのですね、ギスギスしてロマンが無い(笑)。

シベリア鉄道建設も、ロシアに対しドイツが最初に出資表明したものの、あの複雑な第一次大戦の列強枠組みによって、ドイツが降りて、そこはさすがロスチャイルド、どちらの政治勢力にも加担しない立場をうまく利用して、ロシア国債引受けて、シベリア鉄道を完成させた。大きな貸を作った訳ですが、わが国は、そのような先見の明で動く戦略は0ですね。

ただ野放図にカネばら撒くだけですな。
メンテ
ええっとですねえ!難しくなってきましたねえ。説明がしづらくなってきましたが。 ( No.143 )
日時: 2015/04/05 04:57
名前: 青トマト ID:890y.ZQY メールを送信する

終戦をはさんで思春期だった人からよく聞かされる話として、

終戦から、それまでの大人達の言うことがコロッと変わって大人も国家も信用できなくなった、先生達はコロッと民主主義を教え始めた。

というものがありますが、

でもねえ、先生達も本当は困ったとおもうのですよ。

自分達が民主政治の経験が無いから、何を教材として選んでよいかわからないから、文部省の通達に沿って、それらしく、模型のようなものを教える他はない。

これは、戦前の軍国体制の教育と同じなではないですか。

だから、看板を取り替えただけだ。

セブンイレブンをローソンの看板に取り替えた、又はその逆ということですわね。

中身は空っぽの空洞ですわ。

そんな偽札を渡されたって、本当の物は買えないでしょう。

青い山脈気分。その前は忠君愛国気分。じゃあないですか。

安倍は愛国気分で内実は売国という不条理!!

寄生者の野垂れ死にとは、マネーゲームと戦争頼りの経済カジノへののめり込みから離脱出来ない事をグウタラ放蕩息子と評した訳です。

放蕩息子は改心出来ません。

ヤクザと同じで、地道に生きることが出来ないのです。

この手の刺激に嵌まった者は、真面目に働くことが出来ないのです。

必然的にバブルを造り出して、破滅を引き寄せます。

そのうち近くで、安倍ノミクスのバブルが弾けますよ。

そうなると放蕩息子達は経済力も政治指導力も失ってしまいます。

負債まみれになりますから。

世界経済はバブル破裂がいつ起きてもおかしくないのが現状で、バブル維持のためにも、バブルや財政に現生を投げ捨てる為に消費税増税をやるのでしょう。

円の増刷だけでは足りないし、財政も ますます難しくなるから、

国民をから搾り取って、略奪して、これらに充てようとしているのでしょう。
メンテ
戦前は軍国鎖国で、前後は属国鎖国と申せましょう。 ( No.144 )
日時: 2015/04/05 05:09
名前: 青トマト ID:890y.ZQY メールを送信する

戦後の日本は、戦前の韓国と同じ有り様で、

自分で国を開いて行く必要がないのですよ。

米英が引っ張ってくれる訳ですから。

放蕩息子とは、略奪者のことで、

真面目に働いた金でない金は身に付かないと言われる通りで、
身に付かないのですよね。

泥棒は人のものを勝手に盗んでくるのだから、大切には扱わなくて、使いきって身に付かなくなりますね。

どれで、自己破産ですわ。
メンテ
もういいですよ、青トマトさんの「被」鎖国論 ( No.145 )
日時: 2015/04/05 10:25
名前: 満天下有人 ID:QSmX6jhs



もう貴殿の鎖国論、鎖国されたから国民には責任が無いとの論、根本的に概念が違うので、ここらで止めますが・・・

戦後先生たちがとまどったことも事実、その他についても少なくとも私は一世代古い人間として、説明されずとも骨身に沁みて体験して来ました。紙も無くなって教科書も無くなった敗戦直後、馬糞紙と言われた粗末な紙に印刷された国語教科書、内容はもう忘れてしまったが「みにくいあひるの子」というタイトルの民主主義の精神を比喩して説いたものだった。先生も教えることに手間取っていた印象も覚えています。

しかし先生と言っても、ほとんどが代用教員で、もう正規の先生など居なかった。民主主義の概念を知らずに教えることに戸惑った、というより、食うために先生になっただけの事でした。先生不足だから一番、就職し易かったこともある。

それはともかく、総論として私が何度も言ってる、そもそもの国民自覚皆無論、ここにも根本的に自覚が欠落していたこの民族気質が反映されていたのであって、それを戦中は軍部、戦後はアメリカによって自立心が抑え込まれた物であるから国民に責任は無いとする論なら、これではもう未来永劫に、この国では国民国家ではあり得ない、そのような結論になってしまいます。

青トマトさんと根本的に違う点は、私は国を成しているのはそこで生活し、そして生活が成り立つように常に意識して行動せねばならないのは、そもそも国民なのであって、故に、国民が政治的社会に対しても責任を持っている、その感覚も無いなら先ず、最も根本的なことについて、責任感を待たねばならない。

責任感が無い事に問題があるのであって、責任は無いとは言えない。それが政治権力によって抑えつけられたから、責任が無い、というこことは根本的に問題把握の仕方が違ってきます。

私も、こんな有り様では、もうダメかなと、ある点ではあきらめの気持ちになってはいるものの、だから責任の無い国民が可哀そうだとは思いません。逆に政官、そして民も含めてクソ野郎!くらいの最後っぺかます気持ちの上で、もうダメだろうとの諦観に至っている。

だが青トマトさんの場合は、すべてが鎖国「させられた」から、どうしようもない、国民に責任は無い、実に穏やかな批判論ですね・・・話が飛躍するかも知れませんが、例えば昔総評とは全く違ってしまった「連合」・・・押さえつける者に一目も二目も置く精神状態が、権力者による鎖国を許してしまっている・・・やさしいのですね、相手の権力を認めてしまい、衆は己の殻の中で終末を待っている。
それよりも世界寄生勢力が行き詰ってしまうプロセス、多分私の想像と同じだろうと思いますが、そちらの方の貴見を楽しみにしています。中国が立ち上げたAIIB、寄生勢力が少し生き延びる巣となるか?。
メンテ
端から端まで、ずい〜っとお子チャマ国家の証明(2) ( No.146 )
日時: 2015/04/05 14:47
名前: 満天下有人 ID:QSmX6jhs

何やら、大阪維新の会から国会議員になった小西小百合とかの若い議員が、予算採決の衆院本会議をさぼり、天橋立で有名な宮津に怪しげな旅行に出ていたことで、維新の会は同議員を除名、同時に報道の在り方にも鉾先を向けた橋下代表が、同議員が病を装って欠席し、不倫旅行に行ったかのような報道をした関西テレビまでも巻き込み、丸で次元低き子供のような騒ぎ振りだ。

維新の会としては、衆院本会議初日を欠席した時点で、国会議員としてはアウトだとして除名処分とした。

小西議員としては、宮津旅行は仮病ではなかったし、不倫旅行でも無いと弁明、除名処分ならそれは受け入れる。だが、国会議員辞職は、「法に照らして」みても理不尽だ、よって議員辞職はしないと強行姿勢を崩していない。

いつぞやの投稿で、この国は法治国家を謳いながら、立法しているのは議員さんたちで、(実際は官僚であっても)、自らにも関わる法の場合は、官僚に何とでも解釈できる条項をさりげなく忍び込ませるのが常套手段。だから政治資金規正法も、実際は形だけの形骸法に過ぎないと書いたことがあった。

この小西議員の法的には問題ないとの見解、正にそのことを勝手に適用している。まあ、老獪、狡猾古だぬき議員がトボケて言う場合は、変な話だがまだ絵に納まる。だがこの小西議員は30才?の、しかも若い女性である。なのにもう古だぬきが如き法解釈を垂れやがる。

別の所では、八紘一宇発言で物議を醸した自民党の三原じゅん子議員が、まだ釈明している。八紘一宇なる用語が、侵略戦争推進のスローガンになってしまっていた批判に対しては、そのことは自分もよく知っている。だが私たちの世代は戦争は知らない、故に、その言葉が戦争に利用されたというのであれば、尚更のこと、八紘一宇の本来の精神に立ち戻るべきではないか、そういう趣旨でこの言葉を使ったと・・・

こういのを弁解、詭弁というのだよ、世間では・・・日本書記にちょろっと出ていた言葉で、要するに宇宙への八つの途の下では屋根は一つ、モーターボート競艇の親分の標語「人類みな同じ」で、人に差別があってはいけない、同じ地球運行の下で生きている人間は、人種の差別も無く暮らして行こう、そういう意味だろう。

ならば三原議員よ、お前の所はシンゾー政権で、その政治のやり方は八紘一宇の精神に沿ったものだと言えるのか?(笑)。社会保障のための増税と言いながら、増税5兆円のうち、公約に回ったオカネは僅か3900億円だろう。国民負担は増やし大資本減税には熱心、国民消費税は増やし、税法解釈では大企業の輸出にかかわる消費税は還付、これは八紘一宇の精神に合致するのか?

外に向かっては、八紘一宇の精神で自衛隊の命提供に熱心で、国内では働く者を右往左往させる法律をどんどん創り、国民生活を不安定にしてまで海外にはどんどんオカネばら撒く。そんなのが八紘一宇の本来の精神なのか?あんな大事故の始末も出来ずに原発再開にうつつを抜かすのが八紘一宇なのか?

精神概念と逆さまの政治をやる党に属していながら、八紘一宇の精神を説くなど、矛盾も甚だしい。だからそのような説明は詭弁に過ぎないと言うのだ。

あんたはもう50歳代で、お子チャマではない。しかし精神的にはお子チャマの部類に入る(笑)。そうではないと言うなら、党内でシンゾー一派を倒してみせろ。それも出来ずに八紘一宇を説くなら、離党してから物言え。そして橿原神宮所在奈良県選出の民主党元国交大臣をやって、党代表候補にもなった馬淵澄夫までが、三原じゅん子議員の発言を支持している。

どこを向いても、端から端まで、ずい〜っと、お子チャマ国家ではあります。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.147 )
日時: 2015/04/05 21:58
名前: 贅六 ID:zEf44JCs

bP39 の投稿文冒頭の一節を見て思う事。

誤解を恐れず敢えて申しますのやが、 “北朝鮮の拉致問題”、もうエエ加減で幕を引かなアカンのやおませんか? 

この問題、何時も思うんですが、「キタチョ」は拉致をネタにして日本から金をタカル仕事を遣りよるに違いない! て思てますねん。 *実際はもう拉致された人たちは無く成ってるのと違うか? *それを隠して時々金をせびる為に、拉致被害者の調査をするとか何とか言う話でアホな日本政府の奴等を誑かす。 政府は政府で、詐欺話に乗った振りして「キタチョ」利権の継続を図る。*「拉致被害者家族」は自分らの飯のタネに、建前論を振りかざして、政府に拉致問題の早期解決を迫る。 

拉致の家族も本心はもう生きてェへんやろ、と思てるのと違いますか?

何時までもズルズルこの問題を引きずるより、政府は根性を決めて「キタチョ」と「拉致家族」に最後通牒を通告せなアカンのやおませんか?

即ち、「キタチョ」には、「今後一切、貴国との関わりを絶つ、貴国から“国交正常化交渉”の申し入れが無い限り、文化、スポーツ、経済、などの如何なる切り口の交流も行わない!」と通告しますのや。 従って「朝鮮総連」の幹部やその一連の関係者は本国へ送還し、北朝鮮系在日も解り次第強制送還でおます。

で、拉致被害者の家族へは「これ以上時間をかけても問題は解決しない、拉致被害者はおそらく死去して居ると思われるが、拉致された事には政府としての責任が有るので、一人当たり○○の国家賠償金を支払う。これによりこの問題を終結してくれ」と説得し、この問題に幕を引くのでおます。

これ位の荒療治をせん限り、拉致問題は終結しませんで! その代わり「キタチョ」は完全に敵対国に成りまっしゃろから、其れなりの対応を油断無ォ継続せなあきません。

若し「キタチョ」がトチ狂うて核ミサイルの一発も日本へ打ち込んで来たら、そこで「キタチョ」は終わりでんなぁ。

安倍もホンマに向こう意気が強いとこ見せたいんやったら、この位の根性見せなあきまへんで!
メンテ
お子様ランチ国家の遊園地的有り様。 ( No.148 )
日時: 2015/04/05 22:58
名前: 青トマト ID:890y.ZQY メールを送信する

私の優しい心情が見抜かれてしまいましたか?

お恥ずかしい。

私は自分では冷たい性格と思っていて、世間の他人からもそう見られる事が多いのですが、見抜いて頂いて恐縮です。

日本近代の問題を考えるときに、子供の頃の境遇体験が大きく影響しているようです。

育ったのがかなりの田舎でございまして、終戦後の子沢山で、私たちの年代から、小学校が一クラスではオーバーで、やむ無く二クラスとなりました。

級友の殆どは、関西と中部方面に集団就職。

大工などの職人の子供は親に付いて見習い。

というわけで、途中で私は親子関係で 都会に転校。

で、恐らく、大学に進学したのはクラスで私一人か、もう一人位だったでしょう。

それで、勉学を熱心にしたわけではありませんが、自分一人の為に学業をするという気分は全くなく、今でも集団就職や見習いに付いた級友の顔を思い浮かべるのです。

このような彼らが、戦時中は兵隊として働き、戦後は家族の事だけを考えて働いてきた人達の子であり、親と変わらない生き方をしてきた訳です。

彼らは、私よりも先に働きに出て、お金が自由になりますから、スキーだのダンスだの車だのとそれなりに遊んでいましたが、私は学業に就けたので、申し訳なくて、大学でも麻雀等は参加したこともなく、学生のくせに遊ぶとは何事かと思いつつ、しかしそれを口に出す事はなかった訳です。

それで、帝政ロシア時代のナロードニキであるとか、日本戦前の地主階級の子息達の心情を理解して、それに近い立場にいたわけです。

親戚関係は、官僚であるとか、有力企業への就職を目指す立身出世主義の人が大多数で、その浅ましさと知性の貧困振りにウンザリしていましたので、

下層?と書いては失礼だが、当時の大多数の日本国民に、文盲とも比較してよい政治能力開発を政権担当者から受けることなく、ただ生きるだけに放置された国民大衆に、

責任を果たせ!! とは言えるはずはなく、

無罪放免としてもらいたい訳です。

現在の世界を混乱させているのは、ごく一部の欲望肥大勢力であり、彼らが世界の混乱の責任をとるべきであり、

近代日本の混乱の責任は、岩倉具視をはじめとしてのクーデター遂行の無教養の輩と、彼らの路線を忠実に歩んできた官僚組織と政権担当者達が取るべきでしょう。

大多数の国民には、原発問題と同様で、事故への予測認識が無かった。

しかし、東電や政権には予測認識はあったのです。検察が嘘を言ってるだけなのだ。

これと同様で、クーデター勢力には政権を奪うことを報復であるなどと思い違いして成り上がり、身の程知らずに、天皇を利用したことは、国民にも大きな迷惑をかけたのであり、罪は巨大であると考えられます。

国民にも原理としては責任はありますが、被害が余りに大きく、責任放棄の罪を自覚する知識も認識力も無いので、政盲と呼ぶべき立場なので、無罪放免と言って戴きたいのです。

くどくどと済みません。

まあ、日本が泥船とならないように祈りたいというより…私は滅多に祈りませんから、全滅はしないでくれと誠心誠意の生きざまを見せる他にないと思っています。
メンテ
おっちゃん、シンゾーが官僚を怒鳴りつけたぁ? あの頭空っぽのゴロツキ偽首相がぁ? ( No.149 )
日時: 2015/04/06 10:19
名前: イントゥイッション ID:f8QVuDss

>シンゾー官邸にも、中国は米国の参加を打診して来たとの米国からの連絡も入ったが、特に参加不参加の意思表示はなかったという。これをシンゾーどもは米国は不参加と読み、ところがその米国が、6月頃までには態度を確定すると、シンゾーの頭越しに中国に伝えたものだから、シンゾーは怒りを、調査担当官僚どもにぶつけたのだろう、お前達の目はフシ穴かと・・・テメエの穴だらけの頭はそっちのけで(笑)。

おっちゃんの言う通りですね〜。

参加させてもらえない国が、北朝鮮とイスラエルもじぁ〜ないですか?

  北朝鮮
  イスラエル
  アメリカ合衆国
  日本

  これで世界の紛争構図がわかってきますね〜。

  NHkに質問してやりたいんです〜。

   なにやらケニヤのキリスト教の大学生を147人射殺しました。 イスラム国の犯行でしょう。。。
    なんで? オバマ 裏社会ご用達隠れユダヤ人がケニアで生まれたからでしょうか?

   もう一つ、イスラム国はなぜ、イスラエルを攻撃しないのかぁ???

  安倍の空っぽ頭の官邸での記事でも読んで、もっと呆れてください。 (大笑)
     ↓


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42761

 では、想定外の参加国多数は外交当局の「誤算」、即ち日本外交の敗北であったのか。安倍晋三首相は3月31日午後、首相官邸で財務省の山崎達雄財務官(1979年旧大蔵省入省)、淺川雅嗣国際局長(80年同)、外務省の長嶺安政外務審議官(経済担当・77年外務省)と会った際、「聞いていた話と違うじゃないか。君たちは、いったい何処から情報を取っていたんだ」と怒鳴りつけたというのだ。

AIIB構想について、外務省(斎木昭隆外務事務次官・76年)はアジア大洋州局中国・モンゴル第2課が所管している。同省は英国の参加を誤算とするが、キャメロン首相は13年12月に訪中しており、さらに昨年3月のオランダ・ハーグで開催された核サミットの際も習近平・キャメロン会談が行われているのだ。情報収集・分析力が“甘かった”ということである。
メンテ
米国八紘一宇が後退し、中国のそれが始まる(1)>対するお子チャマ国家ニッポン ( No.150 )
日時: 2015/04/06 15:49
名前: 満天下有人 ID:DkYWf98A

イントちゃん、春先から世界は一気にカオス(渾沌)の状態になりましたね、いよいよ戦後ずっと続いて来たアメリカ・ドル一極体制のほころびが、大きく破れそうになって来ました。これに原油安が重なって、ドル・原油基軸体制も作動しなくなって来ました。イランの核問題とイラン・ロシア会談によって、資源覇権も大きく変化しそう。これに中国が元通貨覇権をおおっぴらにし始めた。

もうG7など、役にも立たない。中華AIIBがスタートし、中国は一応米国に対し参加のオプションを与えたものの、実質は中国がやんわりと仁義を切っただけのことでしょう。習金平は、米国内事情をよく分析し、ここがドルに対する仕掛け時と判断したのでしょうね。我が財務省は、まさか英国が参加し、それに独仏伊が続くとは夢にも思っていなかったようで、財務省幹部は、中国に完敗だと認めているようです(有力経済誌)。

EU主要国が全部中国に参加、これではG7など、間もなくG0(ゼロ)になるか(笑)。だが頭空っぽのシンゾー政権では、未だに米国一辺倒。例えば沖縄基地問題についても、元米海兵隊総司令官J・ジョーンズが、現役時代から沖縄基地は、特に重要ではない、無人兵器の開発も進み、むしろグアムの方が新たな安保拠点としての機能があると指摘していたくらいで、なのに米軍の沖縄兵員数削減を公表した時、国交省が突然ゼネコンを会議室に集めて、沖縄基地工事の説明、入札会を開いたあの頃が思い出される。

TVがゼネコン集めた様子を瞬間に、その映像を流してくれたが、あとはシャットアウト。あれを観たのはほんとに貴重な体験でしたね。つまり、アメリカは軍事的にも沖縄をさほど重視していない、だってこのハイテク武器時代に、海兵隊を沖縄に集めて、いざと言う時に軍事的に何の役に立つのか、中国へ?北朝鮮へ?素人が考えても、その間に殲滅されてしまう。

元海兵隊総司令官が自ら言ってるように、アメリカはもう、沖縄にはこだわっていないと思う。では何が原因で日本人同士でありながら、政府と沖縄はいつまでも揉めているのか?・・・ずばり、その原因は米国では無く、日本の、それも自民党的勢力が、安保を名目にそれに要する費用予算の計上を、失いたくないからだと思う。

アメリカは、基地費用は日本が持ってくれているのだから、沖縄に居ても特に痛みは無い。そこえ日本側から、どうしても基地として居てくれと懇願されれば、まあ米本土で締め付けが始まっている軍事予算に影響する事も無いし、居てくれとうなら、居てあげよう・・・どうもそれが実体じゃないかと思えます。要するに日本が離さないのです。

頭空っぽシンゾー政権で、北朝鮮からは拉致問題のドアは、先週遂に閉ざされてしまった。背景には拉致問題だけで日本が北に接近することを良く思わないアメリカの戦略が見え隠れ・・・でも、盟友サウジがイエメンに本格的空爆を加えても、シリアの時と同じようにアメリカが率先して動く勢いは、しぼんできたように見えます。

そこでアメリカに代わって日本が、世界の先頭に立ちましょうと、頭トチ狂ったかジミンのおばはん三原じゅん子先生が、八紘一宇精神を持ち出した(爆笑)。

PS:イスラム国・ISILがイスラエルを攻撃しないのは、そこまで手が回らないからでしょう。それにイスラエルは中東での軍事武器先進国で、中東戦争時にはイランを空爆するなど、本気になったら近代兵器総出動。

それにイスラエルの目の上のタンコブはシリア。ISILはシリア反政府軍に肩入れしシリア政府を攻撃している。そのイスラエルを攻撃するのは、ISILにとっては、痛し痒しの矛盾露呈となりますね。
メンテ
米国八紘一宇が後退し、中国のそれが始まる(2)>対するお子チャマ国家ニッポン ( No.151 )
日時: 2015/04/06 18:39
名前: 満天下有人 ID:DkYWf98A

三原じゅん子先生よ、あんたの稚拙な八紘一宇など、別にどうでも良いのだが、少なくとも政権与党の一員として、我々国民にも影響を及ぼす外交姿勢の視点から見る時、あんたの稚拙な見解は、あんたがたが夜も寝れぬほど心配して(くれているのか?)いる安全保障とは正反対に、我々が住んでいるこの国の安全を損なうものではないのか。

わが国はこれまでずっとアメリカ一極支配の傘の下で過ごして来た。だがそのアメリカはリーマンショック後、その損失カバーをドルでやらねばならなくなり、結果、ドル支配が後退し始めて、中東紛争介入の余裕も無くなり、介入したくない気配も出ている。予想されていたことだが、それに代わって通貨面から中国がドルに対抗する姿勢を鮮明にし始めた。

サウジが遂にイエメンを空爆。シリア内戦でもオバマは、地中海空母からシリアを攻撃すると勇ましいことを言っていたが、その後は尻すぼみ、長きに亘ってドル・原油戦略で盟友となっていたサウジのイエメン攻撃にも、支援姿勢をさほど見せてもいない。まあ、米国内におけるシーエルガスの開発が進み、加えてサブローン失敗による経済の後退で、ドル威勢を保てなくなったから、特にドル石油基軸体制にのめり込む必要もなくなり、そこえ軍事費削減の足かせが加わって、中東への睨みも弱くなってしまったのだろう。

中国はアフリカにおける天然資源エネルギー確保の橋頭保を築き、次に通貨で覇権を握る具体的行動を鮮明にし始めた。いわば赤い八紘一宇戦略が姿を現し始めた。

三原先生よ、今や世界二大勢力となったこの新たな米中、だがアメリカはサブローン破綻でドル威勢が崩れてしまい、むしろモンロー主義への回帰さえ感じられる。米国八紘一宇の後退と、予想されていたことではあるが、新たに中華八紘一宇の台頭が現実化し始めた時、わが国が神武天皇様の八紘一宇を掲げて、どのような世界戦略に乗り出そうと言うのだ?、米中のどちらにも加担せずに、大和純粋八紘一宇で行こうと言うその、具体的戦略は、何を武器にしているのだ?シンゾーのカネばら撒きだけで達成するのか?(爆笑)

シンゾー大将は未だに米国八紘一宇の傘の下にあって、更にその傘骨を強化する為に、傘の支柱骨として日本骨(自衛隊とカネ)を提供しようとしている。米国が攻撃されれば日本が代わりに攻撃してやるとまで言っている。なのに大和純粋八紘一宇で行くべしとの三原おばはんの話は、さっぱり分からん。あの侵略戦争に利用した八紘一宇、その的にした中国が今度は、赤い八紘一宇的世界戦略に向かう姿を現し始めた。

だがシンゾーは中華八紘一宇にすごい警戒心を抱いている。三原先生よ、だからあんたも危機感を持って大和八紘一宇を実行せねばならいと言うのか?それでは中国と八紘を巡って覇権争いになる、やりたければやれば良い、だが、そんな神話的八紘一宇でシルクロードからアフリカまでカバーして中華と対決できるのか?能力があるのか?お子チャマがマンガで夢想するゲームとは違うよ・・・アホか。
メンテ
米国八紘一宇が後退し、中国のそれが始まる(3)>対するお子チャマ国家ニッポン ( No.152 )
日時: 2015/04/07 08:17
名前: 満天下有人 ID:W4OKDEtU

八紘一宇なる日本概念は、厳密には米国、中国の世界戦略とは本質が違うことは分かった上で、だが世界を同じ傘の下において影響力を維持しようとする点では、共通の意味を持っているとして、敢えてその言葉を用いさせて頂いている。

それと勿論、お子チャマ国会議員がそれを持ち出した事に対し、その使い方が今の我が国政治からして矛盾極まりない使い方だとの、反発心もある(笑)。

いずれにしても中国が、資本主義的世界戦略を勉強して来て、まだ不十分さは残るとしても馴らし運転は終わったとして、いよいよその戦略を表に出し始めた。そのサインはイントちゃんが別スレッドで紹介した、IMFがSDR引出権使用通貨に「元」を認めたことと、中国おばチャンたちのすごい購買パワーに現れている。それとアフリカでの原油確保の橋頭保を構築したことが加わって、世界戦略に向けて動くことが可能になった。

前者は、新シルクロードをキイワードにしたAIIBの設立と相まって、元の流通度の拡大を米国が認めたということだ。それは後者の中国富裕層のすごい購買力が後押ししているからでもある。一方で中国とて格差拡大が進み、不安定貧困層の数も、あの人口からして柔なものじゃない。恐らく将来的にはアメリカと同じ苦痛を味わうことになりそうだが、目下のところでは、アメリカのように格差が極端に開いて経済全体の足を引っ張るには至っていない。

経済規模でも、GDPでは既に我が国を追い抜き、これにAIIBをエンジンとする経済圏の拡大が期待されるとあっては、英米独仏がよろめいてしまうのも、当然の動きとなる。前回ユーラシア大陸における開発資金需要は84兆円と紹介したが、これは年間金額である。アジア開銀試算では、これが10年間かかる。総計約1000兆円の需要がある巨大なものなのだ。しかもその新シルクロードを通る周辺国の人口は約30億人である。投資だけでなく、その投資による後の回転する経済循環では、もっと規模が大きくなる。

それに要する資金通貨がドル、ユーロでは、その原動力となる巨大市場を有する中国が、「元」を使えないでは意味がない。少なくとも基軸通貨の仲間入りしないと、通貨変動リスクを回避できない。現在の基軸通貨ドルの世界経済における使用率は約40%。ドル弱体化と言ってもドルはドルなのである。国際最終決済通貨が自国通貨であれば、すぐに用意できる。基軸通貨が強い手品はそこにある。

中国が狙う事も同じである。昨日イントちゃんが紹介した、元がIMF決済通貨の仲間入りしたというニュースは、実に大きな意味を持っているのである。これで既にGDP規模では日本を追い抜き世界第三位となった中国は、あと数年で日本の3倍に膨らむとIMFは試算している。これじゃIMFも元の存在を無視するわけにも行かなくなる。

戦後70周年を迎え、わが国ではシンゾーによる演説に、歴史認識がどのように盛り込まれるか注目されているが、それとは別の意味で、ドルを基軸通貨とし、世銀総裁は米国、IMFは欧州にするとの戦後通貨体制とその管理覇権の構図が、大きく変わろうとしている。その意味での戦後70年のことも見落とし、未だに靖国参拝がどうの、八紘一宇がどうの、沖縄基地がどうのと、脱皮どころか古い構造に戻ろうとするようでは、対中対峙政策も犬の遠吠えにしか聞こえないだろう。

ドイツ・メルケル首相など、首相になってから8回も中国との首脳会談を行って来ている。今回のAIIB構想が既に頭に入っていたのであろう。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.153 )
日時: 2015/04/08 14:09
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:j8V4a.WI

世界の人口、68億のうち、アフリカ、アジアで41億人。

北京発、ケープタウン行きの鉄道ができれば、インドへ立ち寄るコースを取れば、これも沿線国人口は40億人。
また、そのほとんどが経済的発展の途上にある。

アメリカが、泣こうが、叫ぼうが、これを無視してはやっていけない。
アメリカの顔色を見て金縛りにあっている、安倍のバカが、如何にあろうとも、これじゃ、世界の笑われもの。

そのアメリカも、虎視眈々と、この発想に参加するのを狙っているのに、どのツラ下げて、アメリカについて行く気であろう。
既に、アメリカからも嘲笑を受けているのに、それさえ解らないクソ安倍は、まさに国家大計に疎い。
否、疎いと言うよりも、
今更、大東亜構想に魅力を感じている、バカタレ、クソたれ。

どの様な嘲笑をもってしても、言い表せないほどの愚か者。
いいや、

安倍を補佐して、クソたれぶりも止まない、菅とか言う官房長官。
自民党の面々も、こんなことまで分からないう、クズの集まり。

今まで60年、日本の舵取りを誤ってきた、クソ自民、
今度は、今後100年の方針を誤ろうとしている。

これで良いのか、国民よ。

何故、こんな安倍を引き倒さないのか。

これで良いのか、国民よ。



メンテ
中国の八紘一宇が始まった(4)>Re:AIIBの規模 ( No.154 )
日時: 2015/04/09 08:35
名前: 満天下有人 ID:AyJRluO.

<インドへ立ち寄るコースを取れば、これも沿線国人口は40億人。また、そのほとんどが経済的発展の途上にある>

仰る通り、新シルクロード経済ベルト構想の範囲では、陸のシルクロード=西安→蘭州→ウイグル自治区・ウルムチ→カザフスタン・ビシュケク→パミール高原・トウシャンベ→イラン・テヘラン→トルコ・イスタンブール→モスクワ→オランダ・ロッテルダム→イタリア・ベネチア。

ベネチアはアドリア海に面し、ここからインドに至る海路経済圏構想が含まれるようです。これを21世紀海のシルクロードと呼ぶそうです。

ベネチア→ローマ→アフリカ・ナイロビ→スリランカ・コロンボ→インド・カルカッタ→インドネシア・ジャカルタ→マレーシア・クアラルンプール→ベトナム・ハノイ→中国福州(台湾の目と鼻の先)

これが新ユーラシア経済圏の構想のようです。

中国によるこの世界覇権構想の裏には、アフリカにおける原油掘削の橋頭保をほぼ、完成させた強みがあり、そして米主導のアジア・南米太平洋圏TPPに対抗するに、米国の裏庭であり且つ原油埋蔵量では約3千億バレルの世界一の規模を持つベネズエラ(第二位はサウジアラビア)との経済連携に注力し始めている。ご存知の通りベネズエラは徹底した反米主義の国。

中国はこのTPPの渦中と言うか、地勢的に真ん中に位置するベネズエラに対し、指を突っ込み、今年1月には北京でCELAC=中南米カリブ海諸国共同体としてフオーラムを開催している。習金平はここにも今後10年間で約30兆円の開発投資を行い、同地域と中国の貿易額60兆円を見込んでいる。世界の製造工場としての中国のパイを更に拡大する。その為のエネルギー資源はアフリカにおいてそうであるように、現地で確保する、というのが中国のこれまでの戦略ですね。

貿易額の60兆円にまで拡大されるその根拠として、中国はここでも輸送インフラの準備をしております。米国が支配するパナマ運河に対抗して、中米のニカラグア、綿実の産地で昔、よく取引しましたが、ここに大西洋と太平洋を結ぶ運河、パナマ運河の約4倍もの長い土地を掘らねばならない全長280キロに及ぶ巨大運河掘削に昨年着工しております。

パナマ運河の場合は、喫水線の関係で、目下の所65、000排水トン船舶の通過が限度です。これをパナマックス型というのですが、これ以上の運搬は出来ないので、米東海岸方面への貨物輸送交流ができない。西岸で一旦、陸上輸送に乗り換えねばならず、事実上そこでストップしている。新運河が開通するとベネズエラから巨大タンカーの太平洋への通過が可能になると同時に、カリブ海諸国との経済的運送交流が広がって来る。

経済関係の拡大の基は、一次エネルギーにありとする中国の戦略。陸路新シルクロードでも新たな天然資源開発に向かうことでしょう。胡錦濤前国家主席が就任と同時に真っ先に外交訪問していたのが、アフリカ諸国でした。そことの経済のパイを持つには、先ずそこの資源開発に協力して、先ずエネルギー源を確保する。今回のベネズエラとの経済関係強化では、原油安による同国の収入悪化に対し、先々を見越して支援している。同時に、米国の目と鼻の先で、しかも反米主義国家を支援する。これもドル一極体制に楔を打ち込んでおこうとの戦略でしょう。

そう言えばわが国のアフリカでの原油戦略は、其の後どうなったのか・・・2年前にナイジェリアの天然ガスプラントがテロに襲われて、日揮社の駐在員9名を含む多数の死者が出て、アフリカに進出している日系企業全部がビビッテしまいました。

次稿で中国が抑えてしまった原油埋蔵地域について数値を入手しましたので紹介しますが、日米投資の場合、今回のAIIBでも懸念された不参加の第一の理由は、投融資の基準があいまいではリスクが高い。アフリカにおいても日米の投資は、調査に時間がかかり、しかも条件が厳しい。それに比べると中国は余り細かいことは言わない。結局、審査が楽なものだから、中国に落札させてしまう。

ま、その是非については差し置くとして、しかし昨今の米シーエルガス投資による日本企業の巨大損失は、これは一体何なのでしょう?住友商事など、過去最大の3250億円の損失。米ジャパンハンドラーズ・アーミテージ、ジョセフナイなどが示した日米同盟新指針で、米国と一緒に世界の不正義に対し戦おう、さすれば日本を米国産シエールガスの供給先及び米国内投資国として認める。そんなことに乗せられてホイホイと投資した結果がこれです。

シーエルガス採掘の損益分岐点は、原油相場で$45〜50/1バレル位だと言われていますが、ご存知の通り、国際相場指標であるNY・WTIは$50を下回る水準まで下落。その背景は別稿にするとして、わが国の場合、資源のことになると、どうして何時も何時も大損こくのか不思議です。そして順調かと思われたイラン巨大原油のアザデガン開発では、途中でアメリカがイラン制裁を発動したものだから、これも損して中止。

古くは関西名門商社と言われた安宅産業が、国際政商であったレバノン人・シャヒーンの詐欺にあって倒産。カナダ・ハリフアックスでの原油掘削事業を知った安宅が、石油資源で一気に上位商社になろうとしたことが命取りとなってしまった。負債総額は当時で1000億円。

あの頃は第一次オイルショックが起るなどして、原油掘削競争が激しかった。旧石油公団が騙されたカナダドーム社事件では、これも国際相場師に騙されてしまって、北極の夜霧の彼方へ消えてしまったカナダ・ドーム事件と呼ばれたものです。石油事業ドーム社が再三旧石油公団に現れ、公団側が無担保で770億円を融資する、返済は石油現物としたが、石油は1滴も無かった(笑)。資金は特別会計から出されていたので、気が付かれにくかった。同時に角栄ロッキード事件が起こって、うやむや・・・

同じ頃、政商・日商岩井にやらせていたアルバータ州での掘削事業でも、1兆円ほどドブに捨ててしまっている。その他では三井物産のイラン石油事業IJPCの失敗。これも国家保険で救済された。元は政府の要請によってプロジェクトしたものであった。そして現在の住商の巨額損失。住商だけではない、上記大阪ガスの▼290億円。丸紅▼1200億円。伊藤忠商事▼380億円。三井物産▼530億円。三菱商事▼350億円。・・・昔から何とも早や、資源となるとすぐに騙されてしまい、そうでなくともテロに狙われてしまうこの体質は一体何なのでしょう・・・総理大臣殿はそれでも価値観外交を唱え、やみくもにカネのばら撒きには熱心で、そして福島原発を筆頭に、内外ともに入れ知恵されて損失を積み上げて行く(笑)。
メンテ
中国の八紘一宇が始まった(5)>河野談話の河野元衆院議長に同行する翁長知事 ( No.155 )
日時: 2015/04/09 08:45
名前: 満天下有人 ID:AyJRluO.

パナマ運河を上回る壮大なグアテマラ運河建設に踏み切った中国。デカイことをやるものだとその壮大さには驚くばかりだが、考えて見ればあの万里の長城を建設したお国柄だ。驚くこともないか・・・

米国は、経済の立て直しに少しでも寄与すれば良いと思ったか、あるいは、中国のこのベネズエラを中心にしたカリブ海経済圏構想に焦ったか、キューバに対するテロ国家指定解除も、この中国のカリブ海戦略と無関係ではあるまい。

一昨年の米中首脳会談で、二人だけで何が話合われたのかは、其の後全く漏れて来ないが、米中新大国による世界リードについて合意されたことは確かだろう。対立することもあるが(エネミー関係)、基本的には争わない(フレンド関係)、フレネミーなる造語の下にやって行こうということのようだ。

この米中関係の下でシンゾーにかなり影響を与える元大蔵官僚で政権の経済顧問である本田悦郎など、昨年2月にウオールストリートジャーナル紙インタビューで態々、アベノミクス経済強化の狙いは、軍事力を強化し中国に対抗することだと、手のつけようがないトンチンカンさである。続いて昨年暮れには、衛藤首相特別補佐官までが、米国によ靖国参拝批判を、そんなアメリカに落胆したと批判する有り様である。

そして昨日、中谷新防衛大臣は日米軍事会談で、日米の共同軍事力をグローバルな方向に拡大することで合意した。東南アジアにおける中国封じ込めだと明確な言葉を使って。こいつらは要するに変態なのである。故に、世界トップクラスのサンゴ礁と言われる辺野古を、ジュゴンより人間の安全保障が大事だとして、鉄杭を容赦なく打ち込めるのだ。

今更のことでもあるまいが、翻って国内を眺め直した時に、小さな池の中で小物どもが相変わらずチマチマしたことでの揚げ足取りに終始し、聴こえて来るのはテロには屈しないとの遠吠えだけだ。歴史認識では両陛下が未だに慰霊の旅に出かけられているのに、戦後70年も経って、一つの節目に差し掛かっても、あの戦争は正しかった言うだけの一派が政治権力を握っている異様さ。沖縄辺野古問題では、現地住民の意向など無視する異常さ。

その翁長知事は来週、あの戦争による日中、日韓のわだかまりを解くべく談話を出した当時の河野官房長官(後で衆院議長)が、現在でも国際貿易促進協会会長として訪中するのに同行、沖縄における中国観光客の勧誘促進を表向きにしているが、何かを中国と話し合った後で訪米する匂いが漂っている。

琉球は17世紀に鹿児島藩の攻撃により、鹿児島藩の支配下に入ったが、鎖国を続ける江戸幕府にあって、実質的には独立王国として中国との間に入って仲介貿易を進めるなどしていたが、、明治政府のもとでなされた沖縄に対する強行的な廃藩置県の際に、中国との関係を断絶するように命令し、中央政府の直轄地とされている(1875年の琉球処分)。

沖縄が昔の琉球王国のように、独立すると読む向きも結構多いが、同じ日本であっても歴史的には王国として独立していた期間も長いから、日本中央政府と離れた位置から日本政治が客観的に良く見えるのだろう。単に利権屋の利用の場、草刈り場になってしまっている思いをしている県民が、相当数に上ると推察できる。河野談話は見直すべきだとの歴史認識しかなかったシンゾーが、戦後70年記念日が近づくと共に、河野談話は見直さないと、例によって狡猾さを匂わせ始めたことにも、ただ利用するだけの本土政治の本質に対し、反発が強くなって当然である。

姿を現し始めた中国の巨大戦略、それを推進する中国覇権の全てを支持している訳ではない。その覇権の用い方に危惧される面は大いにある。だが、それを批判するシンゾー一派的批判よりは、やることの壮大さがむしろ、立派に見えてくる。故にシンゾー一派政策の矮小さが、余計、浮き彫りになるのだ。

所詮、小山の対象のガキ小僧を掲げて遠吠えする、極東の島国だけのことはある。そう、まだまだ威張り足りないよ、もっと威張りなさい(笑)。
メンテ
満天下有人さまの広大な中国認識には読んでいて気持ちが良くなりますが、中国と沖縄の裏にはオバマ政権の支持が窺えると見ます。 ( No.156 )
日時: 2015/04/10 00:26
名前: 青トマト ID:NIJfkJSY メールを送信する

グァテマラ運河ですか、なるほどね。米国にとっては歓迎するところですよ。

通商拡大に寄与するし、今後の米国はますます中国を頼りにするでしょうから、
自分で国際的インフラを建設する金がなくっても、中国にやってもらえばこんなうまい話はないわけです。

握手ですよ。彼らは。

日本を弾いておいた方が、両国にとっては都合が良いのだ。

米国が日中協力を恐れているし、中国は頼りない島国根性の日本はあてに出来ないから、潜在的敵で有りながら、国債という金玉を握って弱味を握りつつ、敵に攻撃させないためにも、経済交流関係を維持拡大させることが望ましい最善の策なのだ。

沖縄の翁長知事の中国訪問は、オバマ政権の承認するところであり、手引きすらあったかもしれないのです。

それでいいのですよ。

先に米国のジャパハンのナイが琉球タイムズのインタビュウにおいて、辺野古基地への移転は米国は見直しを考えるべきと語りましたが、

これは、沖縄へのシンパシーの表明と見なすべきではないでしょうか。

米国は日本と沖縄の歴史的経緯をよく知っていて、尖閣の帰属問題の経緯もよく知っている。

その上で、中国側の尖閣への主張も本音では退けてはいない筈だ。

沖縄の独立または、自治権拡大による独立的地位の獲得は、歴史的にも無理が無いことであり、米国としては、その線に沿って、中国との友好関係を持って行きたい考えであっても不思議ではない。

中国も沖縄も朝鮮半島の二国もそうであれば、米国はそれに沿うのが最も効率的な国際関係の選択なのだ。

尖閣問題は、アホの石原慎太郎が米国に唆されて、日中対立をでっち上げられた虚構の出来事でしかない。

沖縄戦においての在日本軍による沖縄県民への集団自決強要等といった話は、裏で米国が沖縄に対して反日感情を拡大させるように仕向けた事であろう。

沖縄の教育界に工作したのだろう。お人好しの左翼や確信犯の対米協力工作員の左翼がこれに乗った訳だろう。

日本政府の辺野古基地移転のごり押しは、かえって日本と沖縄を離反させる効果を産み出したのだから、これは米国が上手に対米追随の壊国政権である安倍政権をコントロールして強硬移転ごり押しをやらせたのだと考えられる。

かくして、沖縄は日本から主権を主張して、独立的地位を得る道に踏み出して行くだろう。

それは結構だが、問題は、これが日本の経済政治の崩壊へ作用して行く事である。

日本の地位は低下して行く。

中国との関係拡大の道が安倍政権によって閉ざされ、沖縄の離脱がそれに拍車をかける訳である。

考える力の無い国民にレベルを合わせていては、国は再興しませんよ。
メンテ
先の投稿を補足する意味で。植草一秀先生が尖閣問題と竹島問題の背景を鋭く指摘されています。 ( No.157 )
日時: 2015/04/10 02:06
名前: 青トマト ID:NIJfkJSY メールを送信する

http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1001861/1026314/99032015

尖閣問題も竹島問題も日本は無視出来ないポツダム宣言が絡んでいて、この宣言を無視することは、先の大戦での日本の降伏意思を無視する事になるわけです。

尖閣も竹島も、領有帰属は旧連合国群の承認がいるとの解釈も可能なので、これを無視して突っ走る事は周りの国々を敵に回す危険性がある、言い換えれば、敵を敢えて造り出す危険性がある訳です。

平たく言えば、回りに無暗に喧嘩を売っている、と言う事になるわけです。

これは、安倍政権が日本の政権とは思えない売国属国政権である所以と私は見るのです。

そうでなければ、こんな乱暴は出来ないはずです。

回りと戦争をやってもう一度、日本を潰したい政権のようです。いや、そうなのでしょう。

やはり、

Abe is not Japanese.

です。

安倍は李承晩と同じに、米国に逃げて行け!!
メンテ
日本を取り戻す政策の、方向違い ( No.158 )
日時: 2015/04/10 19:27
名前: 満天下有人 ID:oPloO2fo

憲法、尖閣問題に関する補足意見資料、どうも有難う。

シンゾー一派が権力を握ってから、とんでもない方向へ走るばかり。米中が明らかに手を組んでいる所へ、トンチンカン中国対決姿勢を強める(笑)。それが最もよく現れているのが尖閣問題に対する一方的解釈、しかも教科書を使って子どもにも一方的洗脳を始めたようです。

領土問題は存在しないとする根拠がそもそも薄弱で、ただ琉球人が長年に亘って島を利用していたとの実効支配だけを根拠にしている。前回触れた明治維新政府による琉球処分の時でさえ、当時の清朝が航海の目安として尖閣諸島それぞれに中国名を記していたことが、日本の一方的地図記載をためらわせたくらいに、領有権宣言には慎重に臨んでいる。

数え上げれば切りがない史実が錯綜しているあの島、だから日中国交回復時に角栄・周恩来会談では、双方が俺の物だと正反対の主張をベースにしていたのでは、何も出来なくなるとして問題を棚上げにしたのに、何故石原新太郎や野ブタ首相にシンゾーになってから、ケンカの材料としてしか扱わなくなったのか、やはり1968年の国連調査による原油の巨大埋蔵量が判明してから、双方賎しくなってしまった(笑)。

米国の立場では、沖縄占領の時、尖閣も米占領行政下に置いたことも、島嶼帰属権をややこしくしてしまっていますね。日本側としては、その米国が沖縄を日本に返還したのだから、その占領行政下にあった尖閣も当然、日本に返還されたものと見なす、つまり日本の領土であったことを米国は認めている、そんな主張なのにアメリカは、明確にそうだとは言わない(笑)。

日中国交回復の時に、両者棚上げにしたのだから、話し合えと逃げる米国、その表れが1997年の日中漁業協定で、尖閣周辺は暫定水域として排他的海域から除外している。つまり双方自由に操業できるとの了解があったのに、石原新太郎などが日の丸を立ててしまったものだから、話がややこしくなり、民主党のブタ宰相野田が、東京都が買うなら、あそこは日本国のものだから、国が買うとなって、つまり領土問題は存在しないとの規定事実をこさえてしまった。

前原も勇ましかったけど、アフガニスタン問題会議に訪日した当時のヒラリー米国務長官は、尖閣問題に関し米国の姿勢を確認したいとする民主党政権の要請を振り切って、本国へ逃げ帰ったくらいだから(笑)、尖閣が日本領土であるとアメリカは明確には言っていない。

一昨日、石原元都知事が竹島問題について、往年の軍事政権大統領で、親日派であった朴韓国大統領が、ややこしい竹島問題にはウンザリする、島ごと爆破してやりたいくらいだと激白していた事実を公表していた。シンゾーも、もっと太っ腹になって、沖縄を解放してあげれば良い(独立)、さすれば基地問題も尖閣帰属問題も一挙に解決するのだが(笑)。

いずれにしても尖閣を教科書までにも規定するとは、子供まで巻き込んでケンカを売るような行為が、果たしてシンゾーの呪文1である日本を取り戻す正しい道なのか?。
メンテ
政治業界就活たけなわの地方選 ( No.159 )
日時: 2015/04/11 09:01
名前: 満天下有人 ID:H3c56B22

明日は全国一斉の地方自治選挙、だが無投票当選者が過去最高に上る無風選挙になるそうだ。よって投票率も関係なく原発再開など、重要な地域では政策の選択など単なる飾り物になる。実にに平和な無風状態だが、それも日本的平和の状態であるとすれば、それを維持する事も平和志向なのだから、文句を言ってはいけない。

しかしその実態は、政治屋稼業が一番儲かる、しかも今年は名乗りを上げればほぼ、その職にありつける、こんな絶好のチャンスを逃してなるものかと、当選確実なのにどの議員も、街に出て突然、有権者の手を握り始める、街に出て運動する必要も無いのに出るのは、うれしくてしょうがないからだろう(爆笑)。

街頭で突然手を握られた有権者おばちゃんは、あっけにとられて、これ何なの?と、確認の為に手を放さないでいると、握った候補者の方が、次が忙しいと言わぬばかりに、そして汚い物を握ったと言わぬばかりに手を、振りほどいて次に移動(爆笑)。

深遠な哲理を含んでいるのかと思わせた、ギリシア・アテネ時代からの高邁な民主主義論など、所詮行き着いた21世紀におけるそれは、特に我が国においては、多々ある商売分野の選択にしか過ぎなくなってしまったから、哲理などレビユーする気も失せてしまう。

しかし考えて見れば、既に19世紀において、政治は経済の上部構造であり、すべてはそれを左右する下部構造としての経済によって人間の社会生活は規定されているとのカール・マルクスの言葉は、あれから200年経っても、げに至言ではある(笑)。

それが21世紀のこの国で、見事立証されている。大阪おっさん殺し女との批評まで出て来た、維新の会比例区当選の小西議員の、議員辞職はしない魂胆に対し橋下代表までが、議員歳入年間約4000万円の魅力を捨てきれないでいるとの批判に、いかに皆が一発勝負をかけたい家業であるかの本音が、よく現れている。

そんな個々の議員の行状を挙げていたらキリがない、自民党議員など、それが目的で議員になった者がほとんで、野党においてもそうであるし、それがシンゾーが政権を獲ってから政治商売家業は、ジミンの一党独占の状況になって来た。この一党寡占状態は、これもマルクスの資本主義理論の究極である寡占資本による独占に至るとの経済概念と一致する(笑)。正に経済下部構造が政治上部構造を規定している。

G7サミットは、7年おきに各国が主催国になる。福田総理による洞爺湖G7サミットから7年経った今年、また我が国が開催国となる。その場所の選定に当たり、各候補地が名乗りを上げて誘致合戦が始まった。条件はテロ時代でもあるから保安に適した町が一番候補に挙がる。誘致合戦に必死になる第一の理由は、G7が催される経済効果だ。ここなら700億円の効果、いやあsこなら1000億円の効果があると。

中国AIIBがスタートし、G7などはもうGゼロになると言われても、やはり国際政治の枠組みが代わって行くことよりも、興業としての経済効果が重視されるこの国。まあ、官邸広報部であるこの国のマスコミだけが騒いでおり、一般は既にG7など、国際関係などには関心は無い。それに応じてG7など、商売のネタにしか見られていないのである。
どっちに転んでも、憲法よりも日米安保、日米地位協定が上位におかれて、それを改善するのが政治と言う重くてしんどい仕事など、肝心の政治家がやりたくないのである。そんな高邁な政治理念よりも、食い扶持が先だ、ならばアメリカの傘の下で安全なら、その中で稼がにゃ損々、てな光景になってしまったな(笑)。

特に今回の地方選など、落選のリスクが過去最高に小さくなっている。就活で言うなれば、全員おいしい所に就職できるのだから、こんな美味いチャンスを逃してなるものか!。だがそれを糾弾してはいけない。これが日本人的平和維持の表れであるなら・・・しかし平和ボケとしか思えないような無気力の向こうに、果たして平和は長続きするものなのだろうか?。
メンテ
>政治業界就活たけなわの地方選 ( No.160 )
日時: 2015/04/11 14:24
名前: イントゥイッション ID:F7BxavFg

>しかしその実態は、政治屋稼業が一番儲かる、しかも今年は名乗りを上げればほぼ、その職にありつける、こんな絶好のチャンスを逃してなるものかと、当選確実なのにどの議員も、街に出て突然、有権者の手を握り始める、街に出て運動する必要も無いのに出るのは、うれしくてしょうがないからだろう(爆笑)。

それも、地方では自民党がバックに存在する議員が多い。 原発再稼働賛成、増税賛成、日銀の売国奴円ばら撒き大賛成、正社員を無くすの大賛成、労働者は低賃金で働け大賛成で、国民の税金を詐欺する就職活動で、当選確実の類人猿はうれしくてしょうがないでしょう!

当選後は、いくら入って、いくらを家族につかって、いくらを夜遊びで使うか! 特に山口の安倍ゲリゾー選挙区では、毎晩夜遊びして、女性にひどいことをするのが常識のやくざのような安倍の家来がうようよ蛆虫のように出てきますからね〜。

そういえば、なにやらネット上で、株価が2万円にも跳ね上がって、地震が起きるかもしれないと騒いでおりますので、おっちゃんも気をつけてください!!!

ところで、良いニュースを耳にしました。 これです! NHKの受信料はもう払わなくて良いかもしれません。
  ↓
 
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20150408/Gendai_49168.html
 
 受信料“拒否”可能に? 「NHKだけ映らないアンテナ」の波紋

これで受信料を払わなくて済む!? NHKのみがテレビに映らなくなる「アンテナ装置」が波紋を広げている。考案したのは筑波大システム情報工学科の視覚メディア研究室。卒業研究として学生らが開発した。

 指導したのは同研究室の掛谷英紀准教授。2013年に、NHKの国会中継がネット上にアップされた後、削除される騒動があったが、これが開発のきっかけになったという。

「NHKがそういうことをするのに、不公平を感じたんです。それなら、NHKと契約をしない自由があってもいい。今回の装置は、公共放送を改めて見直す問題提起になればと思っています」

「アンテナ装置」はすでにベンチャー企業が商品化。「関東広域圏向け地上波カットフィルター」として昨年7月から、アマゾンや一部の店舗で販売されている。電気工事の業者を通じて設置すれば、ほぼ100%に近い形で、NHK放送をカットできるという。

 受信料をめぐっては、NHKは近年、滞納者に対し、財産を差し押さえるなど厳しい対応を取ってきた。NHKが映らないテレビは特許上、作ることができず、国民はほぼ“強制的”に受信料を支払わざるを得なかった。
メンテ
もう、ゴロツキ国家です ( No.161 )
日時: 2015/04/11 15:26
名前: 満天下有人 ID:H3c56B22

へえ〜、NHKだけを受信できないアンテナまで発明されるとは、公共機関までゴロツキに乗っ取られては、このようなツールまで発明されるのですね・・・喜ぶべきか悲しむべきか(笑)。

シャンソンのサントワマミー風に歌うなら、

♪町に出ればぁ〜  政治屋に出会いィ〜
  ただ意味なくぅ〜  手を握られてぇ〜
♪この私の〜 行きつく先は〜
  増税だらけで〜 何も無いのよぉ〜〜〜
♪楽しい〜 夢のようなぁ〜
 あの頃を  思い出せばぁ〜 サントワマミー〜
 悲しくてぇ〜 目の前が 暗くなるう〜 サントワマミー〜・・・・。

ワッハッハッ!
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.162 )
日時: 2015/04/12 11:40
名前: 贅六 ID:OUTSZT8Y

中国のシー・ジンピン氏が唱える“AIIB”とか言う物でおますが、その趣旨たるや真に結構でやすが、発起人が中国言うだけに何やら今一つ心から底から気持ちが乗り切れんとこがおますのは、けったくそ悪いけど日本政府とおんなじでおます。

いま中国は世界有数の“成金はん”に成ってますんやが、今斯う成ったちゅう時間軸の過程で無理が有った所為で、どないしても何や危ない気がしてなりまへん。

中国と我が国は一衣帯水とかおんなじ漢字国やとか言われますけど、国民性ちゅうか人間性ちゅうもんは全く違いますわなぁ。

中国が人件費でエライ廉う上がるちゅうて、堰を切った様にいろんな企業が中国へ進出したもんの、手の平返した様な中国政権の仕打ちに音を上げて、撤退してるとこが仰山あるのんを見ても、世界の成熟した政治制度の国とは思えんとこがおます。

こないだも、「破綻続出の中国シャドーバンク」の問題を追及したテレビを見てて判ったんですが、中国に“雨後の筍”の様にゴマンと出来た高配当の投資会社へ、これまた何も解らんアホ庶民が雪崩を打って金を預け、その預け先が瞬く間に倒産して経営者が雲隠れ、全財産を預けた下層庶民が途方に暮れて自殺したりしてるそうな。
何としても金を取り返したい一心で、経営者の足取りを追跡して漸くその所在を突き止めたら、そいつは地方政府の党幹部で、そいつが勝手に中央の信用証書を作って投資者の金を騙し取る様な形で集めてた、インチキな投資会社やった。其れは解ったけど肝心の経営者はやっぱり行方知れずで、金の取り返しはやっぱり困難や! ちゅう顛末。 で、庶民は泣き寝入りしか仕様無いか!言う事です。

この話、勿論中央政府へ直訴に及んだ物の、担当者は「当部署は、この会社の設立を認可しただけで、信用を担保した物では無い」と言う回答で、糞のツッパリにも成らなんだ、ちゅう結果でおました。

此れを見てて、中国と言う国の未成熟さをつくづく思い知らされた感じで、「とてもの事に付き合い切れんなァ!」ちゅう思いが拭い切れませなんだ次第。
そやから、この AIIB の件に関して、日本が二の足踏んでるのは、ある程度までは賛同する気ィに成るんだすわ。

で、結局は、ワテ等日本はアメリカの横暴と中国の傲慢の狭間でどないに上手に生きて行くか、の一語に尽きるなァ、でおます。

其れと申し遅れましたが、このAIIBに欧州の列国が我も我もと参加を表明してますが、こ奴等またも中国舞台に詐欺師を遣る気とちゃうかな、と猜疑心が拭えまへんねん。
メンテ
Re: AIIB参加の是非よりも、戦後世界通貨体制の変化として見たい。 ( No.163 )
日時: 2015/04/12 18:28
名前: 満天下有人 ID:wQjynK3s

勿論、贅六はんの言われる通り、この赤い投資銀行の対象範囲は明らかになりましたが、リスク・テイキングについては、詳細はまだ見えません。参加については当然、判断の基準をどこにおくべきか、それさえも分からない状態です。

故に私は、この新世界投資銀行を見る時、わが国の場合なら、参加リスクを基準に参加の是非を議論しているなら、それはそれで当然、だがむしろ、詳細に関する情報が全然取れていなかった、英国を始め、EU主要国の参加についてもまさか、と驚いたが如き、その単視眼的物見の姿勢に、いつもと同じようながっかり感に襲われてしまい、わが国を軸にした角度からAIIBを見る気は、完全に失せてしまいました。

価値観外交を唱えながら、それは米国価値観に準じているだけで、だから戦後70年続いて来たドル基軸による通貨体制が、変化の兆しを現した、中国がIMFでSDR引出権に元通貨を加えよと主張してもそれが認められなかった、その突破口としてのAIIBだとして見る大事な視点が抜けてしまっている。

EUの参加もむしろ、通貨体制の変化がいよいよ始まると分析した結果、やはりAIBに参加しておくべきだとの判断になったのでしょう。勿論、目先の1000兆円にも及び商売上のメリットも計算するのは当然としても、やはり米ドル、ユーロだけでは世界経済は限界に来ている、巨大市場を持つ中国圏経済、そしてその決済に関わって来る通貨に、元を無視してはやっていけない、そのような大局観が働いたものと思います。

そして勿論、我が国は既にADBを持っており、それを中心にアメリカと共にやって行くことに、そうしたいのであれば、それはそれで構わないことでしょう。でもね、アメリカには一体、どれくらい損させられて来たか(プラザ合意による円切り上げ及びその結果としてのバブル崩壊)、更にどれほど支援して来たか、その損失をレビューした時、果たして赤い銀行のリスクは計り知れないと言える資格があるのかどうか・・・だからAIIBに参加すべしと申しているのではありません。

もっと、広い角度から見て、故に日本は参加しないと、納得させ得るような包括的なものがない。英国が参加した目先の損得勘定では、シテイにおける元通貨取引の取引額が既に大きくなってしまってる、それを失いたくないのが目先の理由のようですが、中長期視点では、世界はそのうちにドル、ユーロ、元の三極体制になるだろうとの大局観が働いているものと思えます。つまり元主導のAIIBには参加しておいた方が良いとの判断になったのでしょう。

リスク回避については、時々の状況に応じて是々非々で臨めば良いことです。とにかく、世界経済の牽引車になってしまった中国なのに、、世界通貨体制では元通貨が通用しない矛盾を、中国自らが解決しにかかった、そういうことであり、AIIBを見る時、そこに重点を置いて見て行きたいと思うのです。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.164 )
日時: 2015/04/12 17:48
名前: 贅六 ID:OUTSZT8Y

いやどうも、早速のご教示、深謝です。

この処の中国の傲岸、傍若無人振りに、弥が上にも不信感が募り、警戒心が先に立ってしまいます。小人の愚かなる性です。

心鎮めて冷静な思考が大切ですね。

ま、幾ら考えても解らない事は解らないのですが・・・。素養が無いと言う事は悲しい事です。
メンテ
Re: AIIBを、街の銀行屋基準に矮小化したシンゾー政権 ( No.165 )
日時: 2015/04/12 20:10
名前: 満天下有人 ID:wQjynK3s

贅六はん、そのように縮じみ込まれたら、困ります。誰しも全部が分かる筈もありません。

シンゾー官邸が、街の銀行屋のように、リスクだけの観点から不参加を決めたとの説明を聞くにつけ、では敢えてその角度から考えた時、あの衆院選でTPPへの交渉参加反対!との公約を掲げておきながら、政権握った途端に、TPPに参加しないことは、世界のルール創りに反する、今がラストチャンスだと豹変したあの狡猾というか、何と表現すれば良いのか、言葉も見つからない一転しての参加表明。

交渉参加の内容も公表されない徹底した秘密主義のTPP、リスク回避がどのようになっているかさえ分からない秘密共同体のことは棚に上げて、AIIBはリスクが判然としないからとは、あの衆院選の時のTPP反対、ウソはつかない自民党!のポスターのコピーを、今も眺めているのですが(笑)、AIIBに対する姿勢も、それと似たようなものでしょう・・・アメリカがオブザーバーとして参加表明する時の、シンゾー政権の大局観無き言い訳が、今から期待されます(笑)。

世銀、IMFもそうですが、これらは単に銀行屋の融資と違って、覇権争いの世界戦略の要因が軸になりますから、AIIBもその角度から見ておいた方が良いと思うのです。

世銀、IMFの悪行の数々、それらはゴールドマンサックスなどの多国籍国際金融資本がバックに居た事は既に、数々の資料で暴露されている所ですが、恐らく中国とて似たような事をやるかも知れません。その時、欧米国際金融制度側は、自分たちの過去のことは棚に上げてAIIBを批判することでしょう(笑)。

世銀、IMF、そしてAIIB規模になると、金融でありながら金融から離れた、硝煙無き戦いの様相を帯びてくることでしょう。円では太刀打ちできない、円は円なりの、身の丈に合った金融の範囲に居れば良いことで、その意味では、リスク角度から様子見の姿勢を取る事に異論はありません。

ただ、対米金融政策で、損ばかりこいているようでは、リスク回避の姿勢を掲げる事に、違和感を覚える、そういうことです。
メンテ
日本戦時バブル経済は遠くない時期に破裂する。日米軍事同盟の敗戦は予定されて、国際金融資本は中国に寄生を図って、日本脱落を計画中。 ( No.166 )
日時: 2015/04/13 01:36
名前: 青トマト ID:PlwF.xm2 メールを送信する

http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201504110001/

まあ、統一地方選も終わって、オバマはキューバと握手。

日本が北朝鮮や韓国と握手するなんて考えられない有り様だ。

中国が主導するIMFに代わるかもしれぬ金融システムに、これに日本が参加しては、

日本の発言力が国際的に上がるわけでありまして、

これは、オバマ政権や下請け機関の安倍政権は困るでしょう。

日本は米国軍国主義の財布・金庫のままでいて、やがて空っぽになってくれなければ、

中国を寄生先にできなくなりますから。

何よりも彼らが恐れるのは、日中それにロシアを加えた同盟関係なのです。

米国の代わりに中国に寄生する。

日本はフィリピンと同様の観光国家になればよいとの思惑だ。
メンテ
いえ、ユダ菌は日本脱落戦略よりも、まだ毟り取る算段の最中でしょう ( No.167 )
日時: 2015/04/13 12:05
名前: 満天下有人 ID:n93hxrUU

奴らにとって、こんな美味しい国を脱落させる筈は無いとおもいますよ・・・・・おもてなし、貢ぎ精神に徹したこのジパング、見放す筈がありません。

中国と競争させて、日本を引きずり込む戦略の方が、彼らにとっては両手に粟の筈。

今や、ドル資産保有高、米国債保有高では我が国を一気に追い抜いて世界一の中国。米国はこれで中国に何も物言えなくなってしまっている。その穴埋めに、引き続き日本を利用するシナリオは明らかです。殺さずに、利用効率を高めて来ると思います。

最初がTPPでしょう。農協トップの辞任にそれが現れている。
メンテ
安倍はまだまだ使えるということですかね。 ( No.168 )
日時: 2015/04/14 00:39
名前: 青トマト ID:euHZO0F. メールを送信する

何も考えられない安倍ですから重宝してるでしょうね。

ところで、アベノミクスはアベが考えられる筈がないのだから、どこが、誰が、旗振り役なんでしょうかね?

日銀の黒田本人ではないでしょうね。

財務省官僚のトップあたりですかねえ?

まあ、元はといえば、FRBなんでしょうけどもね。

もしかして、太平洋を渡って、直流とかね。
メンテ
アベノミクスを支える八肢の大蛇(ヤマタノオロチ) ( No.169 )
日時: 2015/04/14 12:50
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

シンゾーを囲む各諮問委員会。経済財政諮問に産業競争力会議Etc.、頭空っぽのシンゾーがアベノチャンポンミクスを考え得る筈も無く、ただ政権を支えてくれそうなゴマ摺り茶坊主を集めて考えさせたのが、このアベノミクスで、頭が八つもある(笑)。

シンゾーをまだ使えるかどうかは、政策の行き着く先がどうなるかより先ず、まだ使えると見るこの八つの頭が支えあっている強さ、そして背後には何と言ってもアメリカ様が居る。そして何よりも強い事は、青トマトさんの論である国民の、日本人的平和志向、これが一番強力な支えになっているから、後数年、人気一杯まで使える、いや使おうとするでしょう。

アベノミクスの、その矛盾に頭空っぽのシンゾーが気がつく筈も無く、ゆえにチャンポンのようになってしまった。その矛盾の典型が、成長と増税、アクセルとブレーキを同時に踏み込む政策。そして海外へのバラ撒き。

その中心頭が経済財政諮問委員会。議長がシンゾーで後は菅官房長官に甘利経済担当大臣に高市早苗早大臣。ま、ここまでは政府であるからシンゾーお仲間で当然の布陣として、民間有識者として元東大経済学部長の伊藤元重・・・こいつは死亡消費税を提案する程の増税派。復興増税を唱え、これが地方住民税25年間毎年1000円増税の根拠となった。これに同じく日銀総裁増税派の黒田も委員。

アベノミクスの最初は、超金融緩和から始まった。この伊藤と黒田大蔵官僚OBを推奨したのが東大及びイエール大の名誉教授である浜田紘一。その彼の理論的支柱になったのが米クルーグマン経済学博士(ノーベル受賞の所謂リフレ派でありインタゲ派)が居る。もっとも超金融緩和をやっても日本経済が成長しないのを見て、自分が押し付けた金融主導による経済回復理論は間違っていたとして、日本に謝罪している。そこはまだ良心的だ。

この経済財政諮問委員会には更に、法人税減税の推進者で経団連会長の榊原が財界代表、こいつは経済特区を推進する竹中平蔵が牛耳る産業競争力会議のメンバーでもある。そして経済諮問委員として交代したのが新浪サントリー顧問。何の識を持つ有識者なのかさっぱり分からないが、元は三菱商事の砂糖屋。

ユダ菌には免税する経済特区を推進する産業競争力会議には、竹中平蔵母校一ツ橋の後輩・太田弘子が居て、こいつもシンゾーにくっついている。

頭八つの大蛇からは、無数の手も伸びていて、全てに網が張られて絶対に倒れない構造になってしまった。その最大の支えはアメリカである。米上下院でのシンゾー演説に渋い顔をしてOKを出さなかった米議会が、これを許可することにした。最大の狙いは米多国籍企業が牛耳るTPPで、シンゾーはまだ利用できるとして米議会に圧力をかけた結果でしょう。
そして八肢の大蛇(やまたのおろち)が絶対にくたばらない最大の支柱は、この国の国民が願う平和、政府を困らすような事をしてはいけないという、何だかパラドックスの正義とでも言うのかな?(笑)、これが一番大きな支柱になっている。アメリカもそこをよく見ていると思う。隷属させるには、シンゾー平和に沿う日本国民意向に反することはしない(笑)。

その何よりの証明が、今回の地方選に表れた。シンゾージミンが勝敗の指標としていた北海道、大分知事選、そして数は少し減らしたものの全国地方議会では、ジミンが過半数を押さえた。

これはジミンが強引にそうしたのではなく、国民がそうしたのです。そうした所で、国民に責任は無いのですね(笑)、その結果、滅びに向かおうと、それを望んだ訳で(笑)。地方選終わって官邸に入る時のシンゾーの何とフテフテぶしい顔つき。見ろ!国民はアベノミクスを支持しているだろうが!・・・その勝ち誇った内心が表情によく出ていた。

使えるか使えないか、客観的な分析ではロクな結果にはならないだろうと思っても、マスコミ世論調査にも表れているように、そして何よりも今回の地方選での結果、国民主観的にはまだまだやって欲しいと思っている結果が出たからには、まだ使えるとの意思表示でもあり、米意向としても、シンゾー復古調には反対であっても、TPP他ではもっと利用できる(使える)と判断したのでしょう。・・・ヒラリー・クリントンが大統領になるまでの間は。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.170 )
日時: 2015/04/16 09:59
名前: 死者からの伝言 ID:L402AekY

柏事件の真実   保険と金融の 反社会勢力により 金融事故整理のため 組織された 「禁じて」をつかう 司法に守られた黒い犯罪である 本当に恐ろしい事件です 日本の姿          
      死者からの伝言  sos  

メンテ
死者からの伝言 氏 へ ( No.171 )
日時: 2015/04/16 10:53
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:tnd/iWgk

死者からの伝言 氏

スレッドの内容にそぐわない、プロパガンダは、荒らしの種類とみなす。

遠慮して頂きたい。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置=即ち国家機構、歴史は勝者によって記述される ( No.172 )
日時: 2015/04/17 22:55
名前: 贅六 @ 江戸弁 ID:rUYcx68I

予てから思って居た事ですが、私の思いと似た様な、「明治維新」と言う物を180度全く逆の視点で述べる書物や講演記録が散見されます。

現代政治のある種の修正主義の様に感じられるのですが、明治以来連綿と続けられてきた“薩長閥”による日本の政治のひずみを何とかしなければ・・・と言う蠢動が始まったのでしょうかねぇ。

西 鋭夫 氏と言う学者?あるいは研究者? や 原田伊織 氏と言う作家 等が最近目にした発言者ですが、ちょっと不思議な感じがするのは、この二人の方、何れも広告事業に身を置いた経験のある方と言う事。

中でも 西 鋭夫氏の講演ビデオを見てみると、米国留学をしてスタンフォード大学に身を置いた事のある方にしては、何かアジテーターの様な「オヤオヤ、此れは又何と言う・・」と言った感じを受けるお人柄ですが、如何言う事なんでしょうかねぇ。

そうは言いましても、いずれにしても私達はこの160〜70年位の間の事象に付いて、随分と一方的なストーリーに洗脳されて来たようです。

この辺で私達はもう、薩長土肥の藩閥政治から脱却しなければ、と思うのですが、今の様子を見ていますと真に心許ない感じです。
メンテ
円が紙屑になる日が近い? ゴールドマンサックスの40%の純利益と関係がある?! ( No.173 )
日時: 2015/04/17 10:03
名前: イントゥイッション ID:huDVE8XA

おっちゃん、おはようございます。
このごろの異様な天候にお体を大切にしてください!!!

ところで、いつも朝早くからNHKのラジオ放送聞いているのですが、それがまた真実の放送を、つまり地に足が着いた話をしてくれる人たちが登場するのでいつもそれを聞いています。

  3月30日までのビジネス展望は特に良いです。

  今は社会の見方 私の視点というテーマになっています。。。

   http://www.nhk.or.jp/r-asa/business.html

  その中で藤原直哉さんという方が、退役軍人が911はアメリカ政府の内部犯行だったと告白していると話しています。

    この方の放送では、ブッシュジュニア政権の副大統領だった吸血鬼ディク チェイニーがとうとう911をやれと支持したと自白しています。 そして、実行したのはイスラエルとサウジだそうです。

   今度安倍偽総理アンポンタンが、その戦争屋の一人に呼び出されてアメリカに行くそうですW。

    ところで今朝、7時からテロビではなくテレビのBSで日経ニュースを見ていたら、

   なんと、ロックフェラー主導のゴールドマンサックスが1年前に比べ40%の利益を得た情報がありました。

   私は、相棒の映画でX DAYを見て、それが今年の5月の10日だということです。 つまり円が紙屑になる日!

   今、通貨の大きな戦争中だと思いますので、ゴールドマンの利益とサギノミクスは一致すると考えます!!!
メンテ
Re: 新明治維新?? ( No.174 )
日時: 2015/04/17 18:18
名前: 満天下有人 ID:yJ68zwLA

この西何某氏、何やらよく分からない人物ですね。講演録を全部読んだ訳でもないが、スタンフオード大研究所教授にしては、言ってることが陳腐ですね、坂本竜馬がロスチャイルドに端を発するアジア植民地化勢力から資金を得て、維新財源にしたとの論は、言われるまでもなく当時の列強による、特に宗主国である英国なら、当然でしたでしょうね。

その戦略の中でも特に海上貿易によって発展して来た大英帝国が、植民地インドの抵抗に会い、東インド会社を一旦閉鎖したが、その前に中東ユダヤ人のサッスーンが、インドアヘンと紅茶に目をつけ、その送金扱いを行う銀行が必要となり、設立されたのが現在でも巨大銀行である香港上海銀行・HSBC。この創立株主はロンドン・ロスチャイルド、長崎グラバー邸で有名になったジャーデイン・マセソンの支配人のグラバー・・・

一方、幼い時から大海原の太平洋を見て育った坂本竜馬・・・英米が中国の後、極東までやって来る世紀の変動を目の当たりにして、夢は海の向こうに飛んだのも自然の流れでした。その手段として最初に必要としたのが、船舶とそれに伴う貿易。既に極東支配を狙ってやって来ていたジャーデインマセソンのグラバーに竜馬が接近したのも自然の流れで、竜馬は多分、教示を得て長崎に亀山社中を設立したのでしょう。

その流れから逆算しても、ジャーデインマセソンがジパング支配のツールとして竜馬を利用する戦略は、素人でも分かります。その背後には大英帝国が居り、武器をどこに売るか、米税制の発案者でもあった長州藩に目をつける。それを竜馬にやらせて反英の薩摩と長州を結び付けさせて、新日本を彼らに牛耳らせて、英国は陰で莫大な利益を得る。

薩摩が欲しがっていた英国製鉄砲を竜馬が、長州から薩摩に売らせる。薩摩は農産物を長州に売る。点滴的なバーター貿易を竜馬にやらせたという訳です。

竜馬が薩長同盟進展の為にいろは丸で瀬戸内海を近畿に向かう途中で、紀州藩船舶に衝突して沈没。そこでも、多分、ジャーデインマセソンから得た知識であろう海洋損害に関する国際法を駆使して、徳川御三家であった紀州藩に、法律訴訟を挑んで賠償金をせしめる。

そのような時に助手として、大三菱の創始者・岩崎弥太郎がこまめに働いていますね。

このような史実から維新を見ると、竜馬はどのような新らしい日本を描いていたのでおうかと思う時、政治面よりむしろ大商人としての手腕が伺えます。

話を戻してこの西教授は、その当時の模様を、アジア支配に乗り出した大英帝国がアヘン戦争に失敗し、損害が余りにも大きかったので英国は、アジア極東の地、日本支配に関しては日本内部に手先を置いて、かれらにやらせる戦略に変えた、という論旨から見える事は、現在におきかえると、アメリカがやっている対日政策が、当時の大英帝国の戦略と同じである、そういうことのようですね。

だが、それでは我が国はどのような方向を目指すべきか、ということになると、よき伝統文化があると言うだけで、これでは昔の日本に戻ろうと言うだけのシンゾーと何ら変わりません(笑)。スタンフード大研究所教授にしては、深みが感じられません。何者ですかな?(笑)。その程度では何も学ばない日本大衆にアピールすることも出来ないことでしょう。

わが国は再度の維新が起こるとしても、インパクとは中からは出て来ない、どのような外圧が出て来るのか、それを想像する方が早いかもです。どのようなインパクトであろうと、薩長が創り上げた官僚機構を崩せるものにはならないような気がします。つまり、維新の時と同じような脱亜入欧、そして政官を温存することで終わるような。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.175 )
日時: 2015/04/17 23:40
名前: 贅六 ID:rUYcx68I

いや〜、ワテもでんなぁ、この“西 鋭夫”ちゅう御仁の講演ビデオをチラッと見て、何や此のオッサン、スタンフォードでウロウロしてた人間にしたら、言う事が泥臭過ぎるなぁ、ちゅう感じを受けましたんだす。 この頃は偽装、詐称、は「世の常」みたいな風潮がおますので、此のオッサンなんや胡散臭いなァて思いましたんだすわ。

そやけど一方で、明治維新の「綺麗噺」を一皮も二皮も剥いて、今の世間の目に曝すのも一興かいな? とワテは思いますねん。

「歴史は常に勝者によって書き残される」ちゅうのが常識でっさかいねェ。

へてからワテは臍曲りでっさかい、某国営放送の今年の“大河ドラマ”も、アホらして全然見てェしまへんねん。

「ウソも百ぺん言うたらホンマに成る」て言いまっけど、その通りで、其れが洗脳その物で、エエ加減で目を覚まさなあきまへんわ。
メンテ
米国民主主義は礼賛し、沖縄民主主義は踏みにじるシンゾー ( No.176 )
日時: 2015/04/18 10:35
名前: 満天下有人 ID:n101Butk

どのメデイアのスクープだったか、この29日にシンゾーが米議会で演説する草稿の骨子を読んだ。まだ固まっていない段階ではあろうが、冒頭からアメリカ独立時の精神を礼賛し、アメリカ民主主義の価値観を共有し、日本はそれを世界に広めて行く新たな決意の下に、米議会での演説を許可されたことを評価する・・・とか、そのようなものであった。

翻って昨日、辺野古基地問題に関する、翁長沖縄県知事とシンゾーの初の会談が行われた。シンゾーは、普天間基地移転は沖縄県民の思いであり、それに従って「辺野古へ」基地を移転することは、他に選択肢の無い最良の方法であると、政府方針を崩さなかった。

それに対し翁長知事は、これまで沖縄が自発的に基地を提供すると申し出たことは一度も無い。勝手に決めておきながら、こっちは古くなったからあっちへ移転するなどという行為は、県民の意思、つまり沖縄の民主主義を否定するものだ、訪米した時にはオバマ大統領に沖縄県民は勝手な日米政府の行為に限界に来ている、その旨、お伝え願いたいとして、予想通り平行線のままに物別れ。

真珠湾を忘れるな、それがアメリカ世論のコアになって来たのに、今回シンゾーの演説が何故認められたのか、あれこれ背景を探って見ると、ベイナー下院議長が、シンゾーが自由貿易圏に熱心であることを評価し、どのような演説になるか期待していると言ってるところから推察して、狙いはやはりTPPにあるようだ。

同時に太平洋戦争時の米軍傷病兵の遺族会や退役軍人会が、一度は戦犯として拘置所に入った戦争責任者の孫が、事もあろうに米議会で演説することに当初反対していたのに、その歴史認識をしっかり聞きたいとして、演説を認めたそうな。

おそらく裏ガネで、当時の傷病兵遺族会に何らかの鼻薬的オカネを出す約束をしたことも疑われる。そういえば今年初めに、米国債保有高で中国が遂に日本を追い抜き、世界トップになったとの米財務省記事を目にした。

2014年末残高;
中国 1兆2400億ドル
日本 1兆2300億ドル

ところが先月、ロイターの記事で、中国は昨年末から一貫して米国債を売り、逆に日本は1月1カ月だけで約80億ドル約1兆円買い増し、また中国を追い抜いてトップに立っている。まあ、日銀がまだまだ超金融緩和を行い、円安ドル高に向かはせるとの政策で米国債を買い増す市場テクニック的な側面、そして中国AIIB発足による中国側の資金調達によるものかも知れないが、シンゾー訪米の時に重なって来た中国動向を加味すると、どうも裏があるような気がして素直になれない(笑)。何故なら米国債買いは一般市場が買うのではなく、政策当局である財務省が買うのだから・・・

いずれにしてもシンゾーによる民主主義の精神、アメリカのそれは立派で、沖縄のそれは間違っているとする、何度も言うが、この幼児性頭脳ではそれしか分かっていないのであるから、始末に負えない。

言って見れば、多国籍企業の  多国籍企業の為の  多国籍企業による政治・・・それを礼賛しているのである。史上、バカ殿と言われたリーダーも居た、だがそれは封建世襲君主制度の下のことであって、近代民主主義が始まってからこんなバカを奉っている状況は、史上稀有のことだ。
メンテ
コメにいつまでもしつこいユダ菌ども ( No.177 )
日時: 2015/04/20 13:01
名前: 満天下有人 ID:LP2Vwt7I

シンゾーの月末月初訪米、議会演説を前に、休憩していたTPP交渉が昨日から東京で再開された。

甘利担当大臣は、アメリカが要求するコメに関し、大幅に譲歩することは無い、心配するなとの姿勢だが、わが国はウルグアイラウンド以来、村山内閣の時に年間最低77万トンのコメを毎年輸入することで(ミニマムアクセス)、関税引き下げを回避して来た。

それを今回フロマン米通商代表は、更に主食用のコメ17万五千トン、加工用で4万トン、計21万五千トンの輸入増を求めている。

以前にも詳しく書いたことだが、アメリカにとってコーン、小麦、大豆など主要穀物の生産高・約6億トンに対し、コメ生産量は僅か1000万トン程度である。日本への輸出高、ミニマムアクセス年間77万トンの5割がアメリカ産米で約38万トン・・・見比べても、米国内コメは生産量、消費的に見てもマイナーな作物であるのに、どうしてコメにこだわるの。

例に漏れずコメもまた、ワシントンにおける政治物資として重要な政治道具になってしまった歴史があるからだ。他の穀物と同じく「政治通貨」になっているからだ。そもそもは英国植民地としてカロライナ沿岸で、英本国が必要とする2千トン程度の栽培にしか過ぎなかった。

南北戦争によって土地が劣化すると共に、生産地はテキサスなどへ西進し、特に西岸カリフオルニアではゴールドラッシュによるヒスパニックやアジア系人種の増加と共に、そして灌漑・イリゲーションの発達でコロラド河からの水利もあって生産が増えた。

そして第二次大戦によって食糧増産の一環としてコメも政治的地位を占めるようになり、終戦後には「サザン・バロン=南部の男爵たち」なる代名詞がワシントンでの通用語になるくらい、政治化した。下院歳入委員長のアーカンソー選出・ミルズ、上院外交委員長の同じくアーカンソー選出・フルブライト、下院農業委員長のテキサス選出・ボーグなど、コメに対する補助金や輸出奨励策などが、かれらの権限によって進められた。

これに現在ではカーギルと共に二大穀物メジャーとなった食品から穀物流通までをも押さえるADM会長・アンドリアスが食い込んで政治商品としての地位を固めてしまった。量は小さいが利益率は他穀物よりもはるかに大きい。

この噂だけが飛び交うだけだったアンドリアが稼いだ資金が政界工作に使われていた証拠としてバレたのが、あのニクソン大統領を失脚させたウオーターゲート事件で、10万ドルのワイロを贈っていた事がバレて、ADMの政商としての顔が炙り出された。

終戦と共に米国産穀物も過剰となり、あの余剰農産物処理と軍事支配を両建てにした公法480と相互防衛援助協定・MSA法を成立させてアメリカは一挙両得を狙った。過剰穀物を捌くと言ってもタダでくれるのではない。代金はアメリカに払わねばならない。オカネがないならMSA法準備金によって融資する。その一部で以って必ず米国産余剰農産物を買わねばならない。1954年・昭和29年の例では、わが国はMSA法によって500億円の融資を受けた。これで米国産穀物を購入し、返済は円で積み立ても良い。但しそのカネは将来の軍事予備金としてしか使ってはならない。その財源によって現在自衛隊の前身である警察予備隊が創られ自衛隊に変身したという訳です。

占領国日本に対し、寛大な戦勝国としての、表の顔を見せながら裏では、コメの捌き先に困っていたアメリカ・・・食糧援助でありながら日本人が米食から粉食へ比重を移した為に、コメの捌き量が減ったという矛盾に見舞われてしまったアメリカ。まだ沖縄の統治権を握っていた時代で、日本本土が粉食への切り替えでコメ余りの傾向が出始めた頃で、それが沖縄へ流れると、せっかく確保していたカリフオルニアコメの輸出先が、僅か7万トンとは言え、それが無くなることは重大事であった。

沖縄向け精米輸出業者であったカーチス・ロッカはジョンソン大統領宛てに米軍基地は撤去するなと直訴した程であった。ニクソン大統領時代には韓国もコメで支配下におかれてしまっている。カリフオルニア米の沖縄向け輸出がストップになるだろうと予測した韓国系政商・朴東宣が、韓国CIA・金長官との人脈を頼りにカリフオルニア米の売りつけに成功している。もっとも、韓国製織物の輸入量の増加に悩んでいたニクソンが、その対米輸出を止めてくれれば、韓国が不足しているコメを輸出してあげようという裏が、既に韓国と結ばれていただけの話ではあるのだが・・・

アメリカ穀物生産量に占める量では、話にならないくらい少量のコメについて、何故アメリカはあれから40年経ってもコメ、コメとうるさいのか、その歴史的経緯についてアバウトながらコメも、政治道具であり政治通貨である歴史をほんの少し紹介させて頂いた。

同時に、今回全農解体の動きに絡めて見ると、コメ問題は単に、アメリカ産米の輸出だけの問題では無い気がする。勿論、モンサントなどによる種子支配による食糧支配の側面も重要だが、通貨面からの要因の狙いもあるだろう。

目下、ミニマムアクセスで主食としての輸入量が減少傾向にあるのは、我が国でのコメ価格が下がっていること、及びドル高でアメリカ側の輸出採算面での要因が重なって、カリフオルニア米の競争力が相対的に弱くなっていることもあろう。

全農を民営化しユダ菌どもが資本参入できるようになれば、本国と支配地での通貨の強弱による時系列差は、どのようにでも操作で、カバーできるようになる。

飛躍した想像だが、翁長沖縄県知事が基地問題でオバマ大統領に直訴しに訪米することが決まっている。40年前にアメリカ産米を主食にしていた例を持ち出し、沖縄県民は全てカリフオルニア米を食べますから、どうか普天間は勿論、辺野古にも来ないで頂きたいと・・・

そもそもが、日本の伝統を取り戻そう、TPP反対も公約していたシンゾーが、手のヒラを返すような伝統を破壊するような詐欺行為をやるから、こんな事になってしまうのだ、否、菅直人、野ブタがそもそも、さような手のヒラ返しをやった事に遠因がある。
メンテ
コメにいつまでもしつこいユダ菌ども(2) ( No.178 )
日時: 2015/04/21 08:18
名前: 満天下有人 ID:mhyncnHU

昨夕のTPP閣僚会議に関する報道は、一様に厳しい交渉が続いているとの解説だった。

菅官房長官は、甘利TPP担当大臣は、国益を踏まえギリギリの妥協点を見出すべく、よくがんばっていると記者団に状況を説明していた。

言葉尻を捉まえる訳でもないが、TPP交渉がこのようなある種の殴り合いのような交渉になってしまっている事自体が、TPPの何たるか、その本質をよく現しているのではないか。

皆が仲良く公平に利益を得ましょうとの精神が、TPPの目的であるなどという、そんな見え透いた本音隠しの仕掛けを誰が信じているのだろうか。もしその線で交渉が為されているならば、何も国益ギリギリの線で、とか、妥協点を見つける必要など、そもそもからして、顔を歪めてまで交渉に参加する必要など無い。

何の為にそこまで苦労せねばならぬのか?何の為に態々苦労してまでそんな強盗的集団取引交渉に参加せねばならないのか?

あのシンゾーを選んだ衆院選の時の自民党ポスターを、事ある毎に眺めるのだが、シンゾーの如何にも憂国の志士ぶった、しかめた顔を真ん中にして、その横には「ウソはつかない。TPP断固反対。ブレない!自民党」と書かれたポスターが並ぶ。

所が政権を獲った途端に「今がラストチャンスです。この機会を逃すことは、すなわち、日本が世界のルール造りから取り残される事に他なりません」・・・ガハハハッ!爺様岸信介を始め、どうしてあの家系は左様なウソ付きばかり産むのだ、いくら何でも大勢の国民を騙してノウノウと正反対の売国政治を押し進める輩、そして僅か1/4の国民支持でその詐欺がどんどん広がって行く。

異様である。そして顔を歪めてまで苦労してまで、コメと自動車についてはまだ厳しい交渉が残っていると言う。バカか!ならば最初から公約通りTPP反対、参加しないで何故押し通さない、

態々ユダ菌強盗集団の誘いに乗って、どうしてそこまで譲歩しないとこの国は生き残れないのか・・・異様なユダ菌多国籍企業よりも、こちらの方が異様である。
メンテ
バカバカしい、アリバイ造りのTPP交渉 ( No.179 )
日時: 2015/04/21 13:13
名前: 満天下有人 ID:mhyncnHU

今回の東京でのTPP交渉、日米共に合意に手の届く所に来たと。

さも難交渉が続いているとの雰囲気を出しておいて、一夜で合意に達する見込みだと言われては、茶番劇もいい所だ、いい加減にせい!と言いたくなる。元々が秘密交渉で、会議の中身を参加国は漏らしてはいけないとの縛りを良い事に、一般主権者には何がどうなったのかも分からない。秘密と言うならば一々報道するな!とも言いたくなる。テメエらだけの手弁当で秘密を楽しめ。

シンゾーが米議会で演説させてもらうに当たり、TPP条件で軟化したのは見え見えであったのに、それでは売国心が見え過ぎる、だから最初から落としどころは決めておきながら、相変わらずの難交渉であることを印象付けておかねばならない。バカにするのもいい加減にしてもらいたい程の、アリバイ作りの茶番劇であった。

アメリカもアメリカだ。世界のリーダーを自認するなら、も少し知性ある世界観を示せないものか。欧州から見れば、アメリカの力は認めつつも、どうしても最後の一線では成り上がり田舎モンとしてしか見ない、そこに卑下されるアメリカの救い難い馬賊性が見られる。

そのような者に更に下手に出るシンゾーは、では何と言えば良いか・・・こいつが時折見せる上目使いで相手を睨むあの目つき、瞬間的にゴロツキの本性を見せている。馬賊にゴマ摺るゴロツキ宰相、とでも言う風情か・・・。



メンテ
アジア・アフリカ会議での日中首脳会談 ( No.180 )
日時: 2015/04/22 20:30
名前: 満天下有人 ID:yVCe.YDg

現地で実現した習主席との会談、もう終わった頃かと思われるが、会談前にマスコミが映した各国首脳の握手風景。

目の前に近づいて来る習金平を見るシンゾーの何とも言えない緊張表情。貫録もクソもありはしない。習主席は特に意識もせずに手を出し、それを握るシンゾーが満面に浮かべる愛想笑い・・・緊張したままで、ひきつったような笑いだ(笑)。

昨年、北京で開かれたAPEC会議の時もそうだった。ホストとして出迎える習金平は、外交儀礼上握手をはずす訳にもいかないから手は握ったが、顔はソッポ向いて横を向いたままだった。今回も厭々ながら握手する風情が滲みでていた。

握手後、椅子に向かう両者、シンゾーの顔はこわばったままの緊張振り。豪州でのG20でもそうだった。どの首脳も誰も相手にしない、話かけようともしない光景が思い出される。
オラガ国のトップのそんな姿を揶揄しようなどとは、露ほどにも思わないのが普通である。いくら国内で評判が悪い首相であっても、外国でバカにされたような対応をされると、国民としては、無礼だ!と、怒る気持ちが出て来る。

しかし、シンゾーがそんな目に会っても、怒りの気持ちも起らないから不思議だ。国内でもそうだが、相手の顔色を窺って狡猾な対応をする人間性が、日本の首相、がんばれ!との気持を無くさせてしまうのだ。

今回習主席との会談が実現したのも、月末の訪米を控えて、アメリカからの何らかの指図があってのことだろう。日本が満州に進出した歴史を正当化するあの勇ましい意気込みは段々と後退し、今や羊頭狗肉の外交姿勢を見せるその狡猾さ・・・やるなら、アメリカであろうと中国であろうと徹底して首尾一貫した姿勢で、徹底してやればまだしも、まずいと思った途端に、ずるがしこく豹変する。それもさすがペテン師だと、うならせてくれるならまだしも、ドギマギしている情けない姿・・・。

実にいやな性格の持ち主だね、救われない気持ちだ。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.181 )
日時: 2015/04/23 22:31
名前: 贅六 ID:.98h8pLk

全く、ホンマに、満天下はんの言うての通りですなぁ。

テレビの画面に、あの間延びした、アホ顔が出て来るたんびに、虫唾が走りまんなァ。

ウチの番頭はん(ジパングちゅう国の旦那はんは海の向こうに居てはって、ジパングに居てるのは旦那はんや無ォて、番頭でおます)の出来損ないには愛想が尽き果てますなァ。

お店の事はな〜んにも出来んくせに、他所へ行っちゃぁ金ばら撒いて極道三昧。寄合に出るのはエエけど要らん事喋って店の評判は落とす、評判落とすだけやったらまだしも、態々ゴロツキの気に障る事言うて、「金寄越せ!」ちゅう因縁付けられる、碌な事しよらん!

こんなアホ番頭! 誰か早う始末して呉れんかいなァ!
メンテ
Re:アジアアフリカ会議における日中首脳会談 ( No.182 )
日時: 2015/04/23 06:20
名前: 満天下有人 ID:gvj4F4YI

何やら村山内閣、小泉内閣の時の歴史認識を維持する、そういう事で日中は戦略的互恵関係に立ち戻るそうでんな・・・ならば最初からそう言っておけば良いことだったのに、河野談話を再検証するとか言いだして物議を醸したのは一体、どこの誰だったのか?シンゾー本人がややこしい事にしてしまった。

自分も取り巻き連中も、三流ネットウヨ程度の頭しかないクセに、偉そうに振舞う事だけは一丁前。だが、それでは済まなくなって来ると、シッポ撒いて豹変する情け無さ、見てください、あの巨体で堂々と正面から出てくる習金平の迫力に、一瞬しり込みするスピッツ犬程度の情けなさ。最初から偉そうにキャンキャン吠えるなと言いたい。

沖縄の主婦が述懐していた言葉がピタリと当てはまります。習金平中国も怖いが、それ以上に怖いのがアベ・シンゾーだと・・・全く、我々とて何も中国のやり方が正しいなどと、諸手を挙げて評価している訳でも無い。だが、シンゾーの対応の仕方では、これから先の不安の方がより強く感じられます。

中国AIIBについても、猛烈に参加反対していた財務省が、参加しておかないとアジアインフラ商売がEUに取られてしまう危機感が生じ始め、どうやら、アメリカの了解を得る方向に方針転換した様子。これもアメリカが6月頃にどうも参加表明するだろうとの気配が強くなったからのこと。

そしてアジア重視と言いながら二律背反のTPP条件についても、訪米による米議会演説の手土産として、米多国籍企業に譲歩せねばならない。その矛盾しない説明をさせる為に財務、外務官僚たちはシンゾーへのご講義に大忙しだそうな(笑)。バカ宰相に入れ知恵するのも難儀なことにしても、官僚自体がアメリカ鼻息に右往左往して、バカ生徒相手に家庭教師せねばならない情けなさ。どこを向いても救いがたい政治が続きます。

ラジコン型小型ヘリ・ドローンが官邸の屋根に墜落していた事でマスコミ世間が騒いでいます。それよりも月末からの訪米でシンゾーもまた、国民には本音隠してオバマに手土産渡してドロンする事に注意せねばなりまへんで(笑)。いくら注意払っていても、どにもなりまへんけどな・・・。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 亡国者 昔軍部で 今自民党。 ( No.183 )
日時: 2015/04/23 10:08
名前: 贅六 ID:.98h8pLk

何処まで続くヌカルミぞ、この二十年晴れ間無く、不況の嵐吹き募る。

てな替え歌が思わず口を衝いて出て来るこの頃でおますが、安倍自民の暴走は、さながら昭和初期の軍部とおんなじですなァ。

更に、あの時代を容認し、むしろ嗾けた蒙昧な大衆の存在も、今の有権者とおんなじメンタリティや無いかと思いますわ。

自分の実力を知らん奴に限って、実の無い表面的な強がりを吹聴し、頭の薄い奴が其れに付和雷同しますねん。

洋の東西を問わず、政治家てなもんは所詮エゴで動きよる生き物やと言う事は解ってますのやが、

余所の国の政治家のエゴと、我が朝の政治家のエゴとは、スケールが違い過ぎでっせ。

余所の国の政治家のエゴは「ワイとこの国がNO.1に成って、俺の子々孫々まで楽に暮らせる様に成ったんねん!」ちゅう意気やのに、

日本の政治屋連中ときたら、国の事は売り渡しても、我が身だけ得したろ! てな小っこい事しか考えてまへんわ。

そんだけ根性も度胸も無い ! ちゅう事でっけど、安倍がそのエエ見本ですなァ。

安倍の言動はいっつも「右顧左眄」「小判鮫」としか言い様のない情けない状況。日向民謡で言う「芋がら木刀」其のモノでんなァ。





メンテ
強盗的手法のTPPにまでひれ伏すシンゾーの、権力維持願望 ( No.184 )
日時: 2015/04/24 12:54
名前: 満天下有人 ID:SpeoNxU6

内容と今後の展開はともかく、シンゾーは連休訪米前に習金平とも会えたし、後は如何に詭弁演説を行うか、その草稿いじりに余念がない事だろう(笑)。

贅六はんが、昔軍部、今自民党による亡国政策と言われていたように、米議会で反発喰らわぬように靖国詣では、ジミンウヨオバハンたち、閣僚では山谷えり子国家公安委員長、高市早苗総務相が、シンゾー組長に傷がつかぬよう代わりに参拝して、玉ぐし料を奉納。

従軍慰安婦問題では、そもそもその歴史的史実を糾弾した米議会のこと、アメリカ奴隷制度による人身売買にも似たりとして、ヒューマン・トラフイッキングなる英用語(人間を管理下において奴隷として利益を得させる行為)でシンゾー一派による慰安婦問題は存在しなかったとの認識に怒りまくっていた。その議会で演説するのだから、シンゾー御用学者どもがまたこれについても、慰安婦は民間業者がやったことで、政府、軍は関与していなかったと言う点を強調して、このトラフイッキングなる用語を使うようにと、くだらぬ講義をする。

シンゾーは歓迎せざる客であることは、前回訪米の時に証明されていた。大統領との夕食会も無く、代理人による形の歓迎も何も無かった。外国首脳の訪米でこんな扱いをしたのは、ホワイトハウス史上初めてのことだった。

それが何故、ごり押ししてまで訪米し、演説せねばならぬのか、その演説が米国中東介入反対、TPP反対とかの演説ならともかく、日本国民の民主主義は恫喝し、米独立精神、独立民主主義を礼賛しに行くのだから話にならない。その価値観にひれ伏し、態々TPP妥協までしに行くのだから、上目使いの卑しい小人丸出し興行以外の何でも無い。

ユダ菌どももどうしてTPPでのコメ、自動車部品関税について、こだわるのか・・・TPP参加10カ国で、お互い貿易を伸ばし豊かになろうと言った所で、外需に頼らないとやっていけない国は、シンガポール、マレーシア、くらいのものである。そんな経済構造の中で外需を交換し合って全体が伸びる筈がない。外需依存度が最も低いのが、その宗主国アメリカで11%、次に低いのが我が国で17%。国内循環型で十分やっていける。

むしろアメリカは、ドル基軸通貨国であるから、逆に輸入を受け入れてやって世界経済の牽引車を自認して来たのが、これまでの世界経済の構造であった。今や中国がそれに取って代わろうとしている。アメリカでさえ中国頼りになっているのが現状だが、その中でTPP枠内でコメ、自動車部品で日本にばかり何故ゴリ押しして来るのか・・・

要するにサブローン破綻、リーマンショックから米経済が完全に立ち直れていないからだろう。
金融破綻でGMなど製造業までが大きな痛手を蒙り、内需が冷え込んだものだから外需=輸出強化に転換した。リーマンショック翌年の09年輸出額は3千億ドル減の約1兆ドルにまで落ち込んでいる。そしてユダ菌救済の超金融緩和でも、FRB新議長のイエレン女史は、そろそろ発行過剰国債の買い戻しに入ると(テーパリング)暗示するばかりで、一向にやる気配が無い。これも米経済が回復していないことの一つの証明だろう。

2012年度予算教書でオバマは、年間輸出を2014年までに倍増させると公約していた。2011年度の輸出額は1.4兆ドル、これを倍増させたとするなら2.8兆ドルになっていなければならない。それが昨年でもまだ1.5兆ドルくらいしか輸出額は回復していない、だから対日コメ、ミニマムアクセス量を21.5万トン増やした所で相場から見て精々1億ドル程度の輸出増にしかならないのに、オバマも議会公約上顔が立たないのであろう、僅かでも輸出を増やしたと議会で弁解せねばならない。そこえ飛んで火に入る夏の虫、でもないが、ジャパン・シンゾーがゴリ押しでアメリカへ来たいと言うからには、それ!むしり取れ、との算段であろう(笑)。

まあ、こんなシンゾー一派のような狡猾上目使い小人どもが、あっちでもこっちでも乱舞するようでは、結果は見えている。夏が来ると魔の月・ルナが人を幻惑させて狂乱の宴にうつつを抜かすシエイクスピアの佳作「真夏の夜の夢」が思いだされる。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 Back To The Edo Period ( No.185 )
日時: 2015/04/24 22:29
名前: 贅六 ID:aqx7dF9k

ほんに、寝る間も惜しんで今の政治の下らなさ、の理由を考えてますのやが、どう考えても納得のいく答が見つかりまへん。

何でそないにアメリカにペコペコせなあかんのか? 何で何時までもアメリカにしがみ付いてなあかんのか?

まぁねぇ、沖縄の基地にしてもアメリカは出て行きたいのに、其れを自民党政権がアメリカを引き留めて、「出て行かんといて!」ちゅうてるのは、その予算投入が自民党の奴等へのキックバックやリベートに成ってる所為や! ちゅう事ですけど、TPPなんかは究極の売国協定その物だすわなァ。

いえね、ワテは予てから日本の自立性について考えてましたんやが、考えて見たら江戸時代の日本は、地方の町なんかは結構“自己完結型”の社会システムを持ってたやないか! て思いますねん。衣、食、住、の夫々に関して最低限の他地域からの調達で済んでたし、卑俗な話やけど、地方の小さい町でも“色町”までちゃんと備わってた!
ワテが小っさい頃に済んでた田舎町にも“紅楼”が存在して、何かの折には三弦の音と共にさんざめきが聞こえて来たもんだす。兎に角、人間生活のエエもワルイもその地域でちゃんと完結してました。

其れが戦後に成って、天から降って湧いたアメリカ型の“民主主義”と“資本主義”によって、色々な稼業が集約され統合されて、弱者無視の利便性が推進されて、ある種のアンバランスな社会が組み上げられてしもた、て ワテは思います。

と言うても此れを今更元に戻す事は出来まへんが、日本人の英知で何とか修正せなあきまへんし、日本なら出来ると思いますねんけどねェ。
メンテ
Re: Back to the Edo Period ( No.186 )
日時: 2015/04/24 14:43
名前: 満天下有人 ID:SpeoNxU6

江戸時代に戻って見よう、で思い出したのが、六年前この掲示板に御邪魔した最初に、江戸時代の浪速の作家・井原西鶴の世間胸算用をもじって、当代世間裏算用なるスレッドを立てた事でした。

目的は、世界経済はインチキで成り立っているのに、その本質に迫る経済学理論及び学者が皆無となり、それを良い事に世間庶民を騙す構造が出来上がってしまっている、その構造を可能な限り追及してみたかった。

西鶴は江戸時代に既に、人は皆、渡世に油断して、そのツケが大晦日に一気に集まってしまう、めいめいの日頃の覚悟が悪いから、一年を仕舞はねばならない大晦日、その日こそ一日千金に替えがたい日なのに、人々は帳尻合わせに走り回らねばならなくなる。

江戸時代西鶴の金言をもじって、スレ冒頭の趣意文に、次のように書きました。

『・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)。

江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)。

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない。その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い。

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか。

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない。通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう。

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった。

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった』

このように書いたのですが、シンゾーの指南役、東大浜田名誉教授とその子分黒田日銀総裁。黒田総裁は浜田指南役が言うがままに物価を上げれば景気は回復すると言い、その親方浜田は、黒田が超金融緩和をやっても物価がさっぱり上がらないのを見て昨日、物価目標にこだわる必要は無いと言い出す有り様(爆笑です)。
では何の為に将来の国民生活をやばくしてしまう、超金融緩和をやって過剰国債リスクを態々抱え込むような政策をやったのか、その説明は全く無い。

シンゾーの周りにはどうしてこのような、公約通りに事が運ばないと詭弁を弄して誤魔化しを始める者ばかり居るのか不思議です。そうか、シンゾー自身が左様な人物だから、類が類を読んでも不思議でもないか・・・

西鶴はまた大晦日風景について次のように記述していました。文中シンゾーとあるのは、西鶴原文では「女が」としている箇所を、シンゾーに置き換えてもピタリとはまるからです(笑)。

『・・・銭銀のうては越されぬ冬と春との峠が大晦日、借金の山が高うては登りにくい。それも足手まといの子(国民)というものに、それぞれに相応の費用を食うからだ。差し当っては、目には見えぬが、例えば正月の破魔弓、手鞠、朔の綏(つくり)雀など、いずれは掃溜の中へ捨てられるのだが、年中に積れば、莫迦にはならぬ。なお、中の亥猪を祝う餅、氏神の御払団子、弟子の朔日、厄払いの包銭のほか夢違いの御礼まで買わねばならず、宝舟にも車にも積み余るほどの物入りである。 

ことに近年は、シンゾーも贅沢になっている上になお、当世流行の正月小袖に浮身をやつし、羽二重半疋四十五匁の地絹も大変だが、その染賃と来てはそれ以上で金一両ずつも出すのだ。つまりは、さのみ人目につかぬことに、あたら金銀を捨てるのである。・・・・腰巻も本紅の二枚がさね、白ぬめの足袋をはくなど、昔は大名の奥方も遊ばさぬこと、思えば町人のシンゾーの分際として、冥加恐しいことである。それも金銀があり余ってのことなればともかく、夜が明ければもう利子を食う、油断のならぬ銀を借りている身代で、こんなシンゾーの派手好みは、よくよく分別すればわれながら恥かしい筈。それとも、たとえ明日分散に会っても、シンゾーの諸道具は差押えを免れるから、新規まきなおしの世帯の種にするつもりだろうか。』 


全く、何の為に大枚はたいてアメリカまで大名旅行をせねばならぬのか、それで世間が新規まき直しの世にでもなれば、まだしも、テメエだけの新規まき直しだけなら、帰って来るな!お前のような輩はこの国には要らぬ。

でも江戸時代に既に西鶴が注意していた、渡世に油断ばかりする国民が増えるだけでは、一蓮托生ですね。

メンテ
日本の未来は、日米同盟強化無しでは開けない。 ( No.187 )
日時: 2015/04/27 09:06
名前: 満天下有人 ID:Qigtek9.

シンゾーが、この連休訪米に飛び立った。日本史上初の米上下下院での演説を認められ、米国独立精神と、それに基づく米国型民主主義こそが、普遍の価値観であり、わが国はそれに沿って行動するとの演説を行う為である。

正に日米同盟強化こそが、新時代において最も世界の平和に貢献するとの価値観を表明する為にである。沖縄基地反対運動、TPP参加条件に抗議することは、その崇高な21世紀日米同盟強化の精神に反する事であるから、日本国首相として、そのような事は断固として排除する演説を行い、米国と共に歩む基本姿勢を示す。

その為に慌ただしく開催されたTPP日米交渉会議でも、いかにも交渉難航にみせかけて実の所は、予め合意予定されていた線で落ち着いたようだ。秘密交渉がTPP条件であるから、中身は分からない。だが、甘利担当大臣が、コメ決着には触れず、自動車部品関税問題では、米国がから大幅な譲歩を取ったと言ってる以上、予め決められていた当初の線に落ちたのであろう。

自動車部品関税問題は、我が国企業にとっては大きな問題でもあった。米国現地日本自動車企業は、重要な部品は日本で生産し、日本からの輸入で賄っていた。車の心臓部である機密技術が漏れないようにするためであろう。日本本土輸出側からすれば、その部品に課せられる米国関税は、TPP精神の軸である関税全面撤廃の精神に反する訳だから、それを撤廃させたとの手柄話になる。

だが、その為に譲歩するコメは、どうなったのか・・・否、コメなどはまだ小さな問題かも知れない。米側は自動車分野で歩み寄りを見せて、そしてTPP上、最も大きくて最も基本的な条項であるISD条項を飲まざるを得ないように、日本を追い込むことになろう。

このISD条項、投資家と投資された国との紛争(Investor State Dispute)、被投資国が何らかの投資規制を敷いて投資家の利益を損ねた場合、企業が相手国国家を訴訟する。そのTPP違反事項は米国裁量によって動く非公開裁判を行う国際投資紛争センターが仕切る事になる。現にNAFTAにおけるカナダ、米韓FTAでも韓国は数多く訴えられている。例えば日本企業が何らかの不利な状況になって大損失を出した場合、国がそれを救済に動くと、相手多国籍企業は日本国家に対し、得べかりし利益が無くなったとして、その損害賠償を日本政府に求める事が出来る。

こんなバカげた強盗的自由貿易など、米国良心を代表するステイグリッツ経済学博士はこれを、特定集団の為に「管理」された貿易協定であると批判している。

そのようなものでもシンゾーは、礼賛する米国民主主義の具体的組織である米上下議会で、その礼賛する米民主主義に沿って、自由貿易を実行する演説を行う。米国が事実上の宗主国となるTPPにおいては、米国企業の日本進出も制限してはいけない事になる。でもその点についても、日本側は既に経済特区を設け、無税地域とする租界創りを用意していると演説するであろう。コメについても、譲歩内容は日本では公開しない、何故か、すごい反対が起れば米議会での演説もパアになる。むしろ、内容については日本はここまで譲歩したと米議会で演説すれば、いかに米国民主主義を礼賛しているかの補強になる。

敗戦時にサンフランシスコ講和条約を締結してから70年経過した。70年も経ち、世界はそれとは別に米基軸体制から離れようとしている。いや、離れさせない力が米国に無くなって来たからでもある。このような時こそ、敗戦国としてお世話になった恩返し、恩を忘れてしまいつつあるこの日本国にその恩を思い出させるのも、シンゾーの議会演説の趣意なのであろう。

日本を取り戻すとの公約は、昔の強い大日本帝国にカムバックすることであり、その中心はアメリカの戦争に参加OKにすることである。だがそれは米国に対峙する為のものであった戦前の大日本帝国ではない。あくまでも米国の為の大日本帝国になる為の昔へのカムバックである。米国の為に戦い、米国に有利な貿易協定TPP参加も、国民を中心にこれから苦心惨憺して行くのも、全て米国を支える為に行うのである。そのような趣旨を米議会で演説するのであろう。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.188 )
日時: 2015/04/27 18:00
名前: イントゥイッション ID:AmUaYMEs

>全て米国を支える為に行うのである。そのような趣旨を米議会で演説するのであろう。

ユダ菌が大株主である企業は、フォードやGMであると思いますが、日本に車を輸出しているのだが、ハンドルが右ハンドルだから車が売れない!!! よって、訴える!!! となるでしょう。。。

ユダ菌が一番利益を得たいのがぁ、医療であります!!!
日本人は、ちょっとしたことですぐに病院へ行きます。。。 皆保険があるからです。。。

ところが混合診療というのが出没してきました。。。 日本で認可していないアメリカの薬を保険外で売るんですが、保険でもカバーできるようにすると、たちまち健康保険料ががば〜っと上昇するんです。。。 そして、ユダ菌ご用達の医療費水準まで押し上げると、健康保険料が今の3倍にも4倍にも跳ね上がることでしょう!!!

毎日、フラフラと高血圧の薬を貰いに病院に行っているそこのおばあちゃん! ちょっと子供が風邪気味だとすぐに病院へ走る若いお母さん、もうすぐ医療費は、ダイヤモンドの値段になりますよ!!! それも100カラット以上の。。。

ぼけ〜っと毎日病院へ行っていていいんですか〜??? おばあちゃん!!! あなたが儲けのターゲットですよ〜!!!(爆!!!
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 えらいこっちゃ!ワテはB型肝炎と狭心症ですねん ( No.189 )
日時: 2015/04/27 18:28
名前: 贅六 ID:NJQzI54A

TPPが合意に達したら、早晩そないに成る事は予測してましたが、その他すべての人間生活のエレメントに影響してくる訳で、そやからワテ等は初手から反対の烽火を上げてましてん。

こら〜ッ、自・公に投票した奴 ! 選挙を棄権した奴 ! 一体どないして呉れんねん ! と言うても“暖簾に腕押し”糠に釘”所詮は“蟷螂の斧”ですなァ。

まぁ、貧乏人は早う死ね! ちゅう事でっしゃろから、金が払えん様に成ったら死ぬよりしゃー無いァ。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.190 )
日時: 2015/04/27 20:07
名前: イントゥイッション ID:AmUaYMEs

>まぁ、貧乏人は早う死ね! ちゅう事でっしゃろから、金が払えん様に成ったら死ぬよりしゃー無いァ。

ところが、今では、病院へ行けば、変な肝炎が移ってしまったり、手術されて早死になったり、金儲けだけの診療になりますからぁ、病院に行けば毒だらけで、病気になりますから、皆保険も廃止すれば、保険料も払わなくてすむし、家で体を温めて、添加物食べなければ、自分の免疫力で回復できますよ〜。

今じゃ〜病院へ行ったら病気になりますから、本音を語って、自然を大切にするお医者さんを探すのが良いでしょう。 そうすれば、急に大けがをしたときは、良い先生を紹介してくれます。。。

メンテ
訪米シンゾーを、遠くから来たヤヤ子のように出迎える米国 ( No.191 )
日時: 2015/04/28 07:24
名前: 満天下有人 ID:QVVygyqc

アメリカ到着のシンゾー。夕食に招待したケリー国務長官は、満面に笑みを浮かべて出迎え。何だか成熟した大人の政治家同士が対等に旧交を温めるといった雰囲気では無く、セレブボンにそのお嬢様、遠縁の親戚筋が大きな土産持って来てくれた、大人が子供を抱き包むような雰囲気だ(笑)。

ケネデイ駐日米大使も、ケネデイ記念館を案内し、ケネデイ家と縁があった日本記念品をシンゾーに紹介。その雰囲気も遠縁の姉がセレブボンに気を使っている様子だった。

明日からそのセレブボン夫婦は米議会で、日本はアメリカ家と遠縁では無い、最も近い縁者で、いや親とも思っている。隣の大きな悪ガキ(中国)がうちをいじめにかかっている。アメリカ家よ、どうかそれを懲らしめてください、その為にTPPは何でも言う事を聞きます。アメリカ家がうちに関係ない国であっても、戦争するなら真っ先に戦争支援を致します。オカネならこれからもいくらでも支援します。アベノミクスで日本は成功しているのですから・・・とまあ、アベノミクスの自画自賛もやることだろう。

そのアベノミクスの成功とは何を言うかというと、ジャブつくカネを株式市場に回して日経平均を2万円に押し上げただけである。それが下がりそうになると国民貯金である年金基金で、年寄への給付は下げ続け、そしてその貯蓄金10兆円単位で株価を支えるのである。はて、それでも支え資金が枯渇した時、株価支えはどうするのだろうか?暴落一途になって、国民貯蓄はどうなってしまうのか?

そしてアベノミクスで円安にして儲かった企業は大企業だけ。この2月に厚労省は、勤労統計指標を、アベノミクス効果で上がったとはせずに、逆に下方修正した。昨年の勤労者所定内平均給与は24万1338円で、その前の年より上がったではなく横ばいとしていたものを、更に下げてしまっている。4月に入っての再修正では、昨年度平均給与は結局前年比▼0.4%になってしまった。

上場企業の内部留保額は増え続け、既に100兆円は突破している筈なのに、何故平均給与は下がり続けるのか・・・賢明諸兄は言わずともお分かりだろう。正社員は減少傾向を示し、非正規労働者数が増加し続けている傾向が、その原因を示している。そして円安の影響をモロに受けてい中小企業が多い所に、平均給与が株価と反比例して下がる構造になっている。

もう今更言うても詮無いことだが、要するに新自由主義の美名の下に、ユダ菌多国籍企業に牛じられている米国型企業統治形態を輸入し始めてからこうなっている。それをシンゾーはお土産つけてまで米議会で称賛する演説を行う。

シンゾー夫婦がケリー国務長官の出迎えを受けて、嬉々として喜ぶ我が国トップの子供のような光景を見て、正に子供の国以外の何でもない状況が思い知らされる。
メンテ
世界潮流の変化に手を打てないオバマと、子供首相の会談 ( No.192 )
日時: 2015/04/29 10:07
名前: 満天下有人 ID:FmCxC9i.

前回訪米時にはオバマに会っても貰えず、警戒されていたシンゾーを今回は、米議会演説までも認めたアメリカ。

シンゾーを、どちらかと言えば嫌うアメリカがどうして今回は歓待するのか。答えはオバマ/シンゾーの共同声明で明かされている。会談後にオバマは、〇日本は代理人としてアジアの安定により大きな役割を持つ、と表明した。

中国投資銀行の創立で、同盟国と思っていた英米独が、雪崩を打つように参加、アメリカの睨みが効かなくなっている事の証明である。ウクライナ問題でもEUは必ずしも米戦略に対し男一枚岩ではない。

米国内経済動向も、サブローン破綻の後遺症が抜け切れない。イエレン新FRB議長が何度も超金融緩和打ち止めを暗示し、異常金利を元に戻すと言いながら、今回のFOMC連邦公開操作委員会ではその暗示も引き下げてしまっている。つまり経済は元に戻っていないし、且つ、中国AIIB発足による通貨変動が読み切れない、昔ならドルは率先して通貨操作のシナリオを公開し、ドル維持=米経済維持の処方箋を打ち出していたが、昨今では思うに任せなくなっている。

そこえ極東の小僧首相が、何が何でも日米首脳会談をやってくれ、日本が如何に戦後の事で恩義を感じているか、それを米議会で表明させろ、と申しこんで来れば、シンゾーを毛嫌いするオバマとて、欧州親戚筋国家が離れて行き警戒する中国になびいて行く、八方塞がりの状態の時に、こんなに支援してくれる(バカ)国があるのだと思えば、オロロンとニセ涙の一粒や二粒くらい見せてやらねばと思うのも、当たり前のこと。

それがニセ涙であることの証明は、これからなされる。ズバリ、中国の前面に立つのは日本よお前だ、だからアジアではアメリカの代理人として日本がより大きな役割を持つのだと、しんどい事は肩代わりさせられて、実の所、犠牲になるのは日本という構図が、より強化されたのが今回の日米首脳会談であったと言える。

それが端的に強化された分野が、日米防衛協力の為の指針の再改定だ。自衛隊は日本の自衛権強化だけでなく、それを飛び越えてアメリカの戦争であれば、それは全て正義であるとせねばならなくなる。

それについて早速に自衛隊員の安全をどう確保するかの議論が始まっている。昨日も、小泉がイラクに派遣した時の自衛隊のヒゲの隊長・佐藤自民参院議員が、民主党と議論していたが、言ってる事はこれも子供のようなことしか言えない(笑)。集自権にもとづくアメリカの戦争に参加する時、自衛隊員の生命を如何に守るか、法律の整備を急がねばならないと言いおる。

バカか・・・戦争になれば、戦闘員の命を守るのではなく、投げ出すのが戦争というものであろう。しかもだ、それを「法律の整備」によって守る、というのだから、毎度のことながら、アメリカに子供のように包み込まれる首相の国だけの事はある(笑)。法律によって先に守られる命ってあるのか?どんなに事前防備した所で、殺人は結果なのである。その結果を法律が裁くだけのことであって、いくら事前に人を殺してはいけないと言うた所で、特に戦争となれば、命は失われるものだ、それが分かっていない。第一、アメリカのどこなのか、また迷彩服を着て米軍戦車に乗って喜ぶ、いかにも頭が薄い表情ではしゃいでいる、そんなのが日本国の首相なのだから・・・

そのような事も含めてTPPでも、八方塞がりのオバマを助太刀することによってシンゾーは、己の権力を維持しようとする。オバマの任期は決まっているから、醜いアガキをすれば良い。だがこちらシンゾーのそれは不明である。こちらの醜さは、長くなる。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.193 )
日時: 2015/04/29 11:49
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:w0dBR/Ss

久しぶりになります。
3月の終から4月27日まで、当地の春祭りの準備などをしていました。

祭り当日以外は、そんなに時間を使っていた訳でもないのですが、何かと気ぜわしく過ごしていました。
祭りの様子をご覧下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=5g6H7jzX2RU

http://video.search.yahoo.co.jp/search?p=%E9%A0%88%E6%B4%A5%E7%A5%AD%E3%82%8A+%E5%BE%A1%E6%97%85%E8%A1%8C%E5%88%97&tid=7ac7f0f1010fee92cf650a9a4ddeaa38&ei=UTF-8&rkf=2

http://video.search.yahoo.co.jp/search?p=%E9%A0%88%E6%B4%A5%E7%A5%AD%E3%82%8A&tid=c6f56cc02964b0d74830818f0768c900&ei=UTF-8&rkf=2


最初の動画(御旅行列)には、神主につづいて私も映っています。

田舎の村祭りですが、一両日のあいだ、仕事のしがらみも忘れ、みんな子供のような気持ちに帰りはしゃいでいました。
1年に一度くらいは、こうした時間を持てることは大切と思います。


ところで、現実は、満天下さんが書かれているように、駆け引き、欺瞞が横行し、実に侘しい世界ですね。
テレビにせよ、新聞にせよ、まともに物事に対応している内容など、1割もないのではないでしょうか。

あとは見れば見るほど、読めば読むほどに真実が分からなくなっていきます。

NO 192の文章等は、新聞にでも掲載したいものですね。
どれほど、社会の目が覚めることでしょう。

最近、北詰に関することで、管理人さんとやり取りした中で、現在の日本は政治的な対立もなく、民意と言うものは、全てが興味本位、軽薄短小を旨として推移しており、本当のことを提示し続けている糾弾掲示板もいささか疲れ気味であると言っていました。

ですが管理人さんは、夏ころまでにサイトの改装を予定されているようで、その熱意にお礼を言っておきました。
メンテ
神にささげる稲穂でなく、アメリカに捧げるコメ ( No.194 )
日時: 2015/04/29 12:37
名前: 満天下有人 ID:FmCxC9i.

古代を思わせる春ののどかな奉納祭り。須津彦神社の由来は不詳とありますが、宮津方面での神様との関わり合いが、何とものどかで平和な時代を忍ばせます。

シンゾーは、日本を取り戻すと言いながら、正反対の方向え国を向かわせていますね、こいつには大和の御米など食わせたくありません(笑)。パサついたテキサス米が口に合うでしょう。

命を投げ出すのに法律文章で歯止めがかけられると思っている。法の条文だけで 、それ以前の紛争を良識の目で判断しようとする力が、失せてしまったようです。何故紛争になるのか、その前の生活上の公序良俗が基準になっていない。

別スレッドの件は、ご苦労さんでした。
メンテ
閑話休題 ( No.195 )
日時: 2015/04/29 19:56
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:VLcrUn9Y

>須津彦神社の由来は不詳とありますが

どこかに書いてあるのでしょうが、由来を示す古文書もあり、私が、それをまとめたものの一部を紹介します。
スレッドの趣旨とは異なりますが、春の夜に悠久の昔を忍び、一時のくつろぎの為に掲載します。


須津彦神社由来記

現在の須津彦神社の正式の名称は下記になります。
延喜式内 阿(あ)知(ち)江(え)磯部(いそべ)神社
  須津彦大明神
  須津姫大明神
祭神  去来(いざ)穂別(ほわけ)天皇(履中(りちゅう)天皇)→須津彦大明神
久呂比売(くろひめの)命(みこと)(履中天皇の皇后)→須津姫大明神

平安時代(927年)に書かれた延喜式神名帳に丹後国の神社として大社7小社58の計65社が記載され、そのうちの与謝郡の小社として阿知江磯部神社の名が挙がっていて、それが須津彦神社と言われています(吾(われ)野(の)神社とも考えられています)
ですが、最近の宮津市・与謝郡神社要覧では、登録されている神社の数は169社ありますが、そこには須津彦神社は延喜式による小社としては挙げられていません。

ですが、別添の資料の丹後国式内社には延喜式神名帳の神社の阿(あ)知(ち)江(え)磯部(いそべ)神社ないし吾(われ)野(の)神社の論社として須津彦神社の名前が記載されています。
論社と言うのは、延喜式で規定した神社と同一のものとする複数の候補社がある場合に連記して記載されるものと言う事です。要するに後世、延喜式神名帳にある阿(あ)知(ち)江(え)磯部(いそべ)神社はこちらであると言う神社が現れたと言う事です。
その宮津市・与謝郡神社要覧によると、半分くらいは創建時が不詳となっていますが、創建時が推定されている神社の中では、古い物から5番目くらいに入っています。

後世書かれた須津彦神社の由来に関する資料では、その名称として常に須津彦神社と言う言葉が出てきますが、これは後世の人間が、便宜上言っている事で、創建時から須津と言う地名がついていたとは限りません。

阿知江とか及び吾野と言う名前は、同じものが各地にあり、土地を示すものではなく、神社の形式を言う様です。その名前の付け方が後世に於いて当該神社の名称の変更などもあり、対象神社との因果関係を曖昧なものにして行ったと思います。
延喜式神名帳に記載されていると言うことは、900年以前に創建されている事が条件であり、須津彦神社の創建は450年頃とされていて、須津彦神社以前に創建された神社の数が5社もないところから、また、他社に比べて、須津彦神社の創建に関する由来が比較的整っていることからも、それが確かであれば、延喜式神名帳に載っている小社は須津彦神社と考える事が出来るでしょう。

また、創建時の記述の中に、真鈴の宮と言う言葉は出てきますので、これから見ても、スズと言う発音は当時からあったのでしょう。
資料において須津村と言う言葉が出てくるのは、和銅6年(714年)であり、次の様に記されています。


(語り継がれている神社の由来)

当社は人皇21代穴(あな)穂(ほ)天皇(安康(あんこう)天皇の事 在位453〜456年)の御宇(ぎょう)、億計(おけのすめら)の命(みこと)(仁(にん)賢(けん)天皇 在位485〜487年)、弘計(をけのすめら)の命(みこと)(顕宗(けんぞう)天皇 在位488〜498年)、御兄弟、当国に於いて難を避け給い加佐郡大内山より与謝郡なる此里に移り給う

字東谷の傍ら小高き丘(東谷、のち御所の内と変名)に假宮を御造営あり、是を真鈴の宮と名づけ給いて、両命実に座ませし時、去来(いざ)穂別(ほわけ)天皇(履中(りちゅう)天皇 在位400〜405年)と久呂比売(くろひめの)命(みこと)(履中(りちゅう)天皇の皇后)と枯れ木の浦、王谷(その後、宮の谷と言う)の地に鎮め祭り給い、倉椅山、王下の地には速(はや)総(ふさ)別(わけの)王(おう)、女(め)鳥(とりの)王(おう)の祭祀置かれ給いしを、

後、大同2年(西暦807年)、是を吉里の地に遷して須津彦、須津姫と崇め奉るもの也と、嘉祥(かじょう)二年(849年)八月社殿再建の棟札に記しありしと伝う
尋くも皇帝皇子の御霊社にして延喜延長のころ(927年)式内、阿(あ)知(ち)江(え)磯部(いそべ)の神社となり恐れ多くも御軀は

古代より女神、男神の御木造にして年歴詳かならず 
是を仰けば愈々、其の御神徳猶高き事恰も泰山の如し正応(1288〜1299年)・嘉吉(1441〜1443年)の大洪水、大洪波と云え共 此の後神殿においては聊も変動なしと古人言い伝えうるを以って其の由来を略し慎んで之を記し中

元文ニ年丁巳八月日(西暦1737年)    藤原武斉槿書 

(註)
御宇(ぎょう)→時世の意味
阿知江磯部の磯は、正式には。山辺に石と書きます(文字転換不能)

(速(はや)総(ふさ)別(わけの)王(おう)、女(め)鳥(とりの)王(おう)の話し)

次には、現代風に柔らかに経緯を書いてみました。

仁徳天皇(在位313〜399年)には、四人の妻がいました。事件は五人目の妻になるようにと、女鳥王(天皇の異母妹)に求婚したことが発端でした。女鳥王は、大后の石之日売命(いわのひめのみこと)のせいで、妻となった姉・八田若郎女(やたのわかいらつめ)が不遇を強いられていることを知っていたので、きっぱり断るつもりでした。ところが、求婚のため仁徳天皇の使者としてやってきた速(はや)総(ふさ)別(わけの)王(おう)(仁徳天皇と共に応(おう)神(じん)天皇の皇子で仁徳天皇の異母弟)に、逆にプロポーズをしてしまったのです。このあと、仁徳天皇が直接、女鳥王の家まで来ますが、それに対し、女鳥王は「今織っているのは速総別王の衣です」と強気に断りました。それどころか、速総別王と仁徳天皇(大雀命(おおささぎのみこと))とを鳥にたとえて、「ハヤブサだったら、スズメなど捕まえなさいませ」などと、謀反をけしかけるような歌を詠みました。

これに怒った仁徳天皇は、軍隊を出動させます。二人がまず逃げたのは、倉椅山(くらはしやま、現在の桜井市音羽山)でした。速総別王は、女鳥王の手を取って危ない岩場を登るなど、女鳥王を守りながら逃げました。
二人は、音羽山(おとわやま)を越えて宇陀に入り、曽爾へと進みました。宇陀から伊勢へと抜けようとしたのですが、「宇陀之蘇邇(そに)」で追いつかれて、ついには殺されてしまいました。しかも、女鳥王に仕えていた山部大楯(やまべのおおたて)という人物の手によって殺されてしまいました。

室生田口には、速総別王が女鳥王を岩陰に隠して仁徳天皇の追手から逃れたという伝説があります。女鳥王が隠れたという岩は、姫隠し岩と呼ばれています。
また曽爾村今井には、横穴式石室墳で構成される楯岡山古墳群があります。1号墳が速総別王の墓、3号墳が女鳥王の墓とする伝承があります。古墳の年代と二人の生年とは少々、異なりますが、いつの頃か不遇な二人を偲んでこのような伝承が生まれるようになったのでしょう。
逃亡する途中、倉梯山で下記の歌を読んでいます。
梯立(はしたて)の 倉梯(くらはし)山を 嶮(さが)しみと 岩懸きかねて 我が手取らすも

※ 時代は350年前後の事なのですが、億計・弘計の両皇子が、100年も後に、何故、速総別、女鳥を須津の倉梯山に祀ったのでしょうか。おそらく、後には天皇になったが、両皇子の当時の境遇と速総別、女鳥の話しを重ね合わせたのではないでしょうか。
また、歌に出てくる「梯立」と「倉梯山」の言葉ですが、この言葉は関連の歌にも良く出てきまして、由来に出てくる地方が須津の地を示すことを証明する要素となっているのではないかと思います。
尚、奈良の倉梯山と須津の倉梯山との関係ですが、須津の地の倉梯山を本来のものと解釈する記述も資料の中にあります。

※ ところで、この由来(語り継がれている神社の由来)自体が、さらに検証を必要とするものであることを、これから述べます。

(中略)

いずれにしても、この土地(丹後地方)が古くから朝廷とも結びついて発展していたことを物語っています。
その土地柄についても少し触れて置きましょう。
「あまのはしだて」の内海に流れ注ぐ野田川が遠い昔には想像以上に大きい歴史的役割をはたしていまして、流域には670余りの古墳があるとされています。このうちの霧が鼻古墳群と言うのは現在の宮津市字大谷に位置し、先に言いました須津彦神社の発祥の地、王谷と同じ発音をします。
この霧が鼻古墳は、弥生時代の遺物の出土もあり、弥生時代から古墳時代(紀元前300年から西暦600年)まで長期に渡る複合遺跡である事が判明しています。
遺跡と言いますと倉椅山についても触れねばなりません。
億計・弘計が丹波与佐の倉梯山にのがれてきたという、倉椅山は枯木浦の西にあり、ここにも多くの古墳があります。
また万葉集には、倉梯山を読んだ歌が残されています。
       五月雨くらはし山の杜鵑
           おほつかなくも鳴渡るなり
       白雲のたな引いたる倉椅の
          山の松とも君はしらすや      貫之
       霧はれぬくらはし山の秋風の
         音にや月を鳴き渡るらん       慈鎮
       倉椅の山のかひより春霞
          としをみつゝやなり渡るらん    朝忠
続古今集 
橋立の倉椅川にかる螢
          永き日くらし涼む頃かな      後鳥羽院
     
飛螢もへこそ渡れ橋立の
倉椅川のくらき波間に       頓阿法師

万葉集の成立年代は7世紀後半から8世紀後半なので、履中天皇の歿後、200年、奈良の都人が当地に思いを寄せた歌もかなりある様です。ここに出てくる倉椅川とは、野田川の事を言います。
この様な地理的背景、歴史的背景の中で須津彦神社が西暦456年から500年にかけて創建された事が推測できます。
創建時の須津彦神社の遺跡調査の記述は見当たりませんが、真鈴の宮については、次の様な記録があります。
慶長3年(1598年)、御幸山を刈木せし時、岩穴ありしを掘り見るに一の壷あり、中に玉石あり、此れを以って村社々内に納む。
と言う記録があり、宝物と伝えられている玉石は、此れではないかと思います。
これで、冒頭に掲げた、元文ニ年丁巳八月日(西暦1737年)の藤原武斉による由来記の検証を終わる事にします。
メンテ
Re: 古代人の生命を感じさせる祭事 ( No.196 )
日時: 2015/04/29 21:45
名前: 満天下有人 ID:FmCxC9i.

古事記において、出雲の国へ降臨されたのは、スサノオでしたか?宮津は地勢的につながっておりますから、神話に関係する史跡も多いことでしょう。祭りの行列から伺える事は、延々と生命を伝えて来た古代からの息吹きです。

ハンガリーの有名な神話学者であるケレーニーは、神話は古代人によって生きられた“生”である、と言ってます。神話の出来事は、世界の根底を創る源初である。天橋立さんがよく引用される天地創造の詩に通じるものがあります。

そこに何も無く、あるのは渾沌だけの世界から神話が生まれてくる。そしてその神話が尽きる事も無く、繰り返されて行く中で、生命誕生の最初が不滅のものになって行く。

人間は、その不滅の中の実に一瞬を生きているだけのもののようです。
メンテ
己だけが舞いあがっているシンゾーの米議会演説 ( No.197 )
日時: 2015/04/30 18:50
名前: 満天下有人 ID:YtK5fuu.

前夜の大統領招待晩さん会では結構笑わせた勢いを駆っての議会演説、中身はこれでもかとアメリカに隷属化する話ばかり。

特に自衛隊をアメリカの戦争に供出するくだりでは、その関連法案をこの夏までに日本議会で成立させると、一体、どこの国で演説しているのか、一瞬あたまが混乱するような属国振りであった。

何を手振り身振りで堂々と、国民そっちのけでアメリカ戦争を支援するのか。その理由は一点だけ。何度も言うが、日本は負け戦だったのにアメリカは、戦後ずっと暖かく指導してくれた、その恩返しだと言う。

お前の爺様、岸信介を戦犯から救ってくれたお礼だと言うなら、そんなことは安倍家が個人的に勝手にやれ。日本国民の大勢は関係無いことだ。それを勝手に日本全体を巻き込むな。

それにしても、どうしてこの国の近年の政治家共は、国際舞台に立つと国民国会で決まってもいないことを外には公約するのだろうか。民主党政権の時もそうだった。シロアリ無くして増税無し、と公約しながら国際会議の場では堂々と消費税増税を約束してしまう。その光景はあたかも、自国民を売りとばす売国そのものである。一方でODAはバンバンやるのだから、国民から搾り取って外に貢ぐ売国政策以外の何物でもない。

愛想笑いと揉み手しながらの売国。何故そうしなければ生き延びられないのか、同じ同胞でありながら、そしてその同胞に選ばれておきながら、何故同胞を売らないと国は生き延びられないのか、この仕業。

小人(こびと)とは、何も出来ないとなると、国を売ることしか考えられないものなのか、昔の日本に戻すとは、国を売ることなのか。訳の分からぬ世の中になってしまったものだ。だがよくよく考えて見れば、シンゾーが一人でそのような事が出来る筈がない。みなが寄って、そのようにさせてしまって、それで良しとしている。
メンテ
3月の消費支出、過去最大の10.6%減 ( No.198 )
日時: 2015/05/01 12:16
名前: 満天下有人 ID:tJRAcljs

今日総務省が発表した3月の、2人以上世帯の家計調査によると、1世帯当たりの実質消費支出は、前年同月比▼10.6%も減ってしまったようだ。

前年は消費税増税直前で駆け込み需要があったから、それに対比すると減少も当然に見えるのだが、シンゾーが鳴り物入りでアベノミクとして喚いていた超金融緩和による物価上昇目標2%=これで景気が回復するとの予定に対比すると、御利益は何も無く、生活者のサイフの紐は一段と固くなっている。

超金融緩和すれば物価が上がるとの大衆の思い込みが景気を回復させるとの、バカみたいなマネタリストの理論を未だに有難がるバカが、国家の運営にあたっているのだから、話にならない。日本と言う国家を運営するのに、日本人という独特の気質をも考慮できずに経済政策を取ること自体が間違いの元だろう。

政治の動きには鈍感というより、分かっていても関わり合いたくないこの国の民衆の気質を良いことに、ならば何をやっても反対は出ない、何をやっても大丈夫とのアホ施政者たち、おっとどっこい、経済に関してはこの国の民衆は意外に直観力があって、煽りには乗らない。そこを忘れて施政者達はアホ理論をそのまま適用して来る。

直観力以前に、経済の大元になるエネルギー源の原油が、高値から半値にまで下落している時、物価が上がるのは何だかおかしいと思う気分になるのだが、そんな気分以前に、具体的に増税があって、しかも閣議とやらで2年後にも更に2%アップが決められてしまった。おまけに景気条項ははずされてしまっている。つまり景気がどうであろうと増税すると決めたのである。しかもだ、原油下落に関わらず電気代もまた値上げされそうだ。更には介護保険料も値上げ、高齢者窓口負担値上げも画策されている。

これって一体、アベノミクス日銀が物価を上げると言うから、上げるのだろうか・・・大衆は当然、消費を締めにかかる。特に日本人は、そのようなことには敏感な民族だと思う。

だが日銀総裁、そしてその指南役の浜田宏一なんぞ、今頃になって物価目標にはこだわらないと、だが為替は平価からみて105円くらいが適当だと、的がはずれると的はずれな事を言いだす。

親方は何をしてる?アメリカ議会演説で何度もスタンデイング・オベーションやってもらって舞い上がっているだけ。あんなの、ここで立って拍手をと、予め演出は決められてそれに従って議員どもは拍手しているだけ。そりゃまあ、演出なくとも、飛んで火に入る夏の虫、が如く、公開されない手土産はどっさりあることを知っているのだから、拍手を惜しむとは考えられない。

どっちを向いても、舞い上がり売国奴だらけで、それがまた、きれいなオベベの間から賎しさが滴り落ちているから、卑しさが際立って来る。

・・・賎しさが短く終わるというものは無い。短いが故に賎しさが際立ち、それは長く感じられるものだ・・・シエイクスピア。
メンテ
Re: 3月の消費支出、過去最大の10.6%減 ( No.198 ) ( No.199 )
日時: 2015/05/01 17:56
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:T9lJrhN2

>超金融緩和すれば物価が上がるとの大衆の思い込みが景気を回復させるとの、バカみたいなマネタリストの理論を未だに有難がるバカが、国家の運営にあたっているのだから、話にならない。


その話は、100年前の経済学の主流ではありませんか。

もう、経済学と言う分野はいらないでしょう。

物理学、化学、医学など、目覚しい発展の影で、名前ばかりの「経済学」など、経済学者と言う連中は、どこまでも無能、無責任、怠惰な人種であろうか。

否、否

ユダ菌をはじめとする資本の番頭でありながら、良くもまあ、一人前の面下げて、表舞台に出ていられるものだ。

厚顔無恥も甚だしい。

メンテ
ノーベル賞でくだらんのは、平和賞に経済学賞 ( No.200 )
日時: 2015/05/02 10:00
名前: 満天下有人 ID:Uu3X.Tz.

平和賞も、オバマが貰ったり、わが国では沖縄返還密約を隠して受賞したシンゾーの叔父・佐藤栄作などが居りますが、まあ、どちらかと言えば、その業績に値する人物が選ばれているのに対し、経済学賞の何とお粗末なこと。

過去受賞者の中で、その理論がどのように人類に寄与したのか、殆どが分からないものばかりです。特にレーガン、サッチャー以降では、ビッグバンと称して経済理論なるものは、ユダ菌どもの資本蓄積に寄与しただけで、結果は人類に迷惑な事しか与えなかった。

ノーベル罰則賞も同時に設けておくべきです(笑)。

土台、マネタリズムなどと言う物は、経済のパイがまだ小さい頃の100年前、いや150年前なら通貨の総量も少なくて済みましたから、発行操作の効果もまだ計量できたことでしょう。今や、巨額のマネーが世界を飛び回り、それは蓄積ある所を更に蓄積させる効果しかない事は明らかで、加えて消費の需要がありませんね・・・根本的な分配の問題を考えねばならない時が来ているのに、ただカネを増やせば良い、それしか能が無いのですね。

まあそのような構造の中で金融当局がやりたいのなら、超金融緩和であれ何であれ、好きにやったら結構。但し、悪影響が出た時には責任の所在を明確にして・・・と言った所で誰も責任は取らないのだから、空しい叫びとなる(笑)。

超金融緩和によって上がったのは株。市中金融機関も相当買い込んでいることでしょう。目下はまだ日銀が国債買いを継続するからまだ、買いつき資金はあるのでしょうが、それをずっと続けることは不可能であるし、ある時点で世界が更に何らかの変調をきたした時の暴落によって、これまで何度も痛んだ金融機関の財務の、数倍もの痛手に襲われ、そしてまた、失われたウン十年とかが繰り返される。

国債の外人比率が徐々に増えているのも感じ悪い。まあ良いことではないにしてもまだ、国内引受が国債暴落の歯止めになっていたのが、今後は予断を許さない構造になって来る。その構造の最たるものが、今回のシンゾー訪米による日米同盟の強化、これからの複雑な世界状況に対処して行かねばならない時に、ただ日米同盟しか生きる道が無いとの柔軟性に欠く姿勢では、財務面でも米国協調が強化されて、その硬直性が国債暴落の引き金にならないとも限らない。国債先物市場、3月の平均取り扱い高は1日約6兆円でした。その増加傾向に占める中で外人比率が増え始めている。まあこれが一気に外人による縦横な売買となって来ると、低金利が一気に破滅することもあり得る。何故か、いくら何でも日銀が、現物買上げ(=日銀による事実上の国債直接引受)ならまだしも(これとて既に財政法違反)先物市場で証拠金積んで、丸で市中の仕手筋のような行為が中央銀行としてやれるものなのか・・・円に対する印象は最低に落ち込むことでしょう。
でも現実にはあり得ることです。何故、どうしてそんなことまでせねばならないのか?ただ株を挙げてシンゾー政権の印象をよくしたいだけで、同時に、財政金利負担を軽減させる為だけが目的で、所謂財政フアイナンスやってるだけで、一般大衆には何の関係も無く、ただ将来の大衆負担リスクが増えているだけです。

中央銀行が政府財政金利負担を軽減させ、そして施政者達には好き放題カネを使はせ、その為に国債はいくらでも引き受けるとし、そしてその穴埋めとして再増税を早くやれと言う、その理屈の根拠としてウン百年前の理論を振りかざして来る。国債市場の変化に気がついている証拠です。その点からも国債取引における外人比率の上昇傾向は気味悪いです。

英国債売り、英ポンド売りで巨財を成したジョージソロスも、既に若い敏腕の後継者に経営をゆづったようで、特に若い連中は何を仕掛けてくるか分かったものでは無い。我が国のバカ経済学者などが太刀打ちできるシロモノではない。
メンテ
早速にアメリカ財布代わりの本領発揮 ( No.201 )
日時: 2015/05/03 12:13
名前: 満天下有人 ID:0F.Tfs0Q

シンゾーの首脳会談、議会演説、終わるか終らない内に、なんとか言う外相が早速にキューバー訪問。あのケネデイVSソ連フルシチョフ首相とのキューバー核ミサイル問題で息詰るような交渉があったキューバー事件。以来50数年にわたって国交断絶していたアメリカ・オバマ大統領が断交解除した途端に、米国ATMである我が国が早速に経済援助の為にキューバーへ(笑)。

一昔前まで、いくらクルクル変わる大臣様といえども、財務、外務大臣くらいの名前は自然に頭に入っていたものだが、外相キューバー訪問との記事を読んでも、その肝心の外相の名前がすぐに出て来ない(笑)。ああそうか、岸田とかいう小僧か(笑)、そう言えばシンゾー夫妻がケリー国務長官私邸の前で抱きかかえられるように迎えられた時、気を使ったシンゾーの手招きで写真撮影に横から加わったあの印象も何も無い男が、岸田とかいう外相だったのだ(笑)。

かくも、単に民主主義代議制度で、多すぎる議席の穴埋めの為に二世か三世か知らないが、ゾロゾロ出て来る候補者が議員になり、そして何の見識も印象も残らない者が大臣になって、せっせとタダカネを配る。それもだ、日本財務省の上位に位置つけられるアメリカ様に指示されると、もう日本議会における説明=少なくとも日本国民のカネを配るのだから、議会において必要である筈のその説明など全く不要なのである。

いやはや、今回のシンゾー訪米で、わが国がシンゾーによって好き放題に行うアメリカ貢ぎが、鮮明に浮き彫りになったのだが、それにしても、砂糖以外には印象の薄いわが国にとって特に重要な交易の復活がある訳でも無いキューバーに、議会演説の翌日に現地に外相を派遣までして、オカネ配りをするとは、いくら何でもこれは行き過ぎだ。

いくらでもカネあるのに、何で増税するのか、ただカネなら造れるからいいやとでも思っているなら、ならばカネ造って国民にも配れ!その先がどうなるか史実でもひどい状況になった例は多々ある。だから国内向けには怖いからカネ造りを控えているのか(笑)。外国なら歓迎怖くないされるから怖くないのか?こいつらの頭の中、どうなってんだ。
メンテ
変な国として浮き彫りになったこの連休 ( No.202 )
日時: 2015/05/05 11:29
名前: 満天下有人 ID:QSmX6jhs

憲法記念日を挟む連休は、毎年やって来る。根本的に概念を変えた憲法が連休の真ん中に来るから、憲法を考えて見る時間を与える意味合いもあったのかどうかは知らない。たまたま交付日が連休の合間に重なったからであろうが、態々憲法記念日として休日にまでした事の趣意は、それ以前の戦争に対する考えを根本的に考え直そうとする事にあったのだろう。

だがその趣意を急速に変えようとする動きが浮き彫りになったのが、今年の休日としての憲法記念日となってしまった。是ほど鮮明に浮き彫りになった記念日が過去にあっただろうか。

その露払いがシンゾーの訪米であったし、そこで戦争出来る国、戦争する国に向かう事が明確化された。一昨日、3万人以上が集まった過去最大規模の護憲集会となった、ここ横浜での集会、それを見る限りまだまだ民衆の良識は失われていないかに見え、そして良識的識者層による護憲言論も決して萎えてもいないのだが、何故か、それだけではシンゾー一派に勝てそうにも無い気が払拭できない。何と表現すれば良いのか、何故か弱い!との直感が消えない。

それは、もう破廉恥もクソもないシンゾー一派による、バカみたいな言論が大手を振ってまかり通っている現状、特に今年の連休にはそれが強烈に感じられる。自民党憲法改正議連委員長の船田、元外相の高村、憲法概念も何も持ち合わせていない。場外では桜井よし子やNHK経営委員に座らせて貰った百田やその他有象無象、彼らに共通する憲法概念は、単に中国脅威論だけであって、だから戦争対応に都合の良い安保行動法だけというテクニック論だけに終始している。

そこには憲法に対する概念は皆無である。戦争もできない憲法は不要である、それだケノテキニック論に終始している。それも当然であろう、深い哲理など皆無であるから、肝心の憲法改正は後回しにして戦争出来るテクニック論を先に固めておき、既成事実を積み重ねてから、現状憲法はその事実に合わないから変えると、正に詐欺師手法を取ろうとしている。

戦争出来る国にすることの軸が、中韓を中心に考えていることは、誰しも感じる隠しようも無い事実だろう。シンゾーがしばしば日本は侵略国でなかったとする歴史修正主義が、詫びると言う言葉を絶対に使わないその心情に如実に表れている。

ドイツメルケル首相が来日した際に、あるいはどの戦争記念日でも言ってる「歴史に終わりは無い。起こした事実には終生向かい合って行かねばならない」、それが宿命だとするハイレベルの覚悟、哲理など、この国の国民も含むシンゾー支持者には、到底理解もできないことだろう。要するに三島由紀夫が自決前に総括したこの国の気質、極東の矮小な一島国根性強気に傾き、まだ弱いと見た相手には虎の威を借りて強がる気質は、何年経っても変わっていない、いや変われる筈がない。

その傾向が事の他、強く浮き彫りにされたのが、この連休であったように思える。この国の自らの意識は、一体どこにあるのだろうか・・・弱い自意識で過ごす数年後の憲法記念日は、どのような風景になっていることだろう。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.203 )
日時: 2015/05/06 09:05
名前: 贅六 ID:i5zU6ujI

アホ(愚か)らしい、あんまりにも、アホらしい、極東の島国のアホ政治屋の言動は、ほかの何処の国の政治屋も真似できまへんなァ。
そらぁねぇ、国と言えるかどうか、国と言う形が整うてない、アジア・アフリカなんかでは、政治と言えるもんが行われてない現実もおますけど、少なくとも近代国家の一つや ! て云われてる国の政治集団やそのリーダーが、毎日日にち取ってる言行とは思えまへん。
あいつ等の何処に“自己存立”の姿が有る? あいつ等の何処に国としての誇りが有る? 自尊と誇り を放棄した国や国民は、牛馬に等しい畜生と成り果てまんねん。
其れはもう奴隷以下 ! 奴隷は解放を希求して人間の心を持ち続けますけど、家畜は何時までも使役されるのみでおます。

今の自・公政権の遮二無二突き進む“売国”を見てると、如何見ても国民を導く集団の在り様とは見えまへん。

中・韓の言う事する事に到底同感を覚える物ではおませんが、あいつ等の言う事には確固として“自己存立の信念”ちゅうもんが感じられますわ、国内になんぼ難問を抱えて様ともねぇ。
今、中・韓をくさしまくる話や、逆に日本を褒めまくる自慰的な話の、印刷物が増えて来てますが、これなんか、裏を返したらアベノミックスやその他の政策が皮相的な現象だけに終わり、本質的な改善は殆ど見てこない焦りの為せる業や無いかいな? て思いますわ。

何処の国も、政治ちゅうもんは“嘘で塗り固め”られたもんが多いんですが、安倍のアホぼんの遣り方は度が過ぎますなァ。
メンテ
政治に詐話は付き物なれど、程度というものがある ( No.204 )
日時: 2015/05/06 09:54
名前: 満天下有人 ID:DkYWf98A

ちょっとひど過ぎる国になってしもうた、何事もアメリカの顔色によって、言うてた事がコロッと変わってしまうひどさ。TPPは言うまでも無く、日米会談後今度は高村が、中国AIIBに参加すると言い出した。

あれほど敵視していたのに、どうせアメリカに何か言われたのでしょう、今度はアジア投資を重視すると、口実を変えて中国へ接近。アメリカが中韓を無視できない事くらい最初から分かっていることなのに、殊更に中韓を刺激しておきながら、アメリカの風向き如何で変わってしまう節操の無さ。

ジャパンハンドラーズの一人であるハーバード大行政カレッジ元総長のナイ教授が、日米会談が終わった後、沖縄米軍は辺野古にこだわらず日本全体に薄めて駐留すべきだと言い出している。シンゾーの中韓対峙姿勢の象徴とも見える辺野古移転に対し、やんわりと牽制し始めている。まあ少なくとも沖縄にとっては有難い話になりそうにしても、オラが国の総理がそうする訳ではない所に、歯がゆさが残る。辺野古問題にせよ、アメリカ意向で辺野古への強引内転が変更される事が仮にあるとすれば、それさえも県民の意向を十分にくみ取ったと、必ず話を摺り替えて来ることでしょう。

ドイツメルケル首相の発言などは、この人が言うからには信頼できる、とするものがどこかにある。だがこのシンゾーどもが言う事は、最初から信用できない。TPP絶対反対を掲げて選挙に勝たせてもらったことなどが、最大の証拠です。人間、こと政治となればある程度のテクニックを要することなど、普通の人間なら理解している。だがそれを良い事に、こいつらシンゾー一派はその国民理解を逆手にとって、国民の支持を得たと話を摺り替えてしまう。

強気に付く姿勢は、シンゾーによるヘドが出そうな米国礼賛と、それに追従して行く演説で明らかなこと。一方で、オドオドしたような習金平との握手風景。国民も、こんな遠吠えスピッツが如き輩を総理大臣に据えて、国を誤誘導することに危機感は芽生えているのだろうか、そこが最も怖いですね・・・。
メンテ
自転車マナーの悪化から見れる社会規範の喪失 ( No.205 )
日時: 2015/05/07 11:42
名前: 満天下有人 ID:W4OKDEtU

まあ、日常生活における便利さからすれば、手軽に移動できる自転車の活用で、目的地に着いて駐輪する場所がないと、つい歩行を妨げる場所であっても止めてしまうのが、人間行動の本能というものかも知れない。

術後、電動車が無いと移動も出来ない身体不自由者になって以来、近くの大きなショッピングモール前の自転車の不法駐輪が急増し、入り口を抜けることもままならぬ有り様となってしまった。そのような事は無かったのだが、今年に入ってから特に、人のことなどお構いなしの、ひどい状況が日を追うごとに、更にひどくなっている感じがする。

昨今の様子を見ていると、自転車置き場の不足だけが原因とも思えない。そうとばかりも言えない何かを感じてしまう。最悪のケースは、信号が赤に変わっていても、チョイ御免とばかりに強引に横切るケースを、よく目撃する。警官が目を光らせていてもそうなのである。

数年前に、北京での自転車マナーの悪さをTVでよく見たものだが、それは同時に中国が後進国であることの証明でもあるような解説もよく耳にしたものだ。最近、わが国でも自転車マナーの取り締まりに警察が躍起になっていることからして、我が国民衆とて規範性の無さでは人後に落ちないのではないか、との思いが強くなる。

まあ人間などという生き物は、そのようなもので、己の便利さだけを求め、元々公共性など無い生物なのかも知れないが、一方でこの国の技術、国民の優秀性などが喧伝されるから、何とも早や、チグハグなものを感じてしょうがない。

話が飛躍し、些かこじつけがましくなるが、シンゾーの出現以来、どうも何かが公共性の軸である規範と言うものを、失しなわせて来たやに感じる。広い意味での格差とは、どうしようもない連中はどうしようもないのだから、ほっとけと言う傾向を強めるものなのだろうが、底辺層は底辺層で、こんな社会ならこっちも好きにやらせて貰うぜ、一方の上層部もまた、底辺層はほっとけとなり、格差がますます広がってしまう。行き着く先はスラムしかない。

20年前に自転車事故にあった所為で、下半身が徐々に不自由になり、且つ他の病が重なった身であるが故に、自転車に対しては些か強い思いが抜け切れないのだが、色んな分野で規律規範性が失せてきた社会現象を、自転車マナーの悪さに見る思いだ。
メンテ
Re: 自転車マナーの悪化から見れる社会規範の喪失 ( No.206 )
日時: 2015/05/07 12:50
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:EsypU4tk

社会規範の喪失に関連して、

その逆に、共生社会を破壊する規範の氾濫。

個人情報保護と称して、この世の中、随分とやりにくくなりました。

まず、固定電話を持ちながら、電話帳に載せない人が増えてきています。
玄関に表札を掲げない人も増えています。

社会活動の一貫として、どうしても、その人に連絡を取らねばならない時、どうすれば良いのでしょう。

私の経験ですが、神社として厄払いの儀式をすることになり該当者に案内を出そうとして市役所を訪れ名簿を見せて欲しいと申し込んでも、窓口では拒否されます。

調べてみれば、従来、その名簿は民生委員に頼んで提供されているようです。
どうして民生委員が、その様な情報を持っているかと聞いてみたら、それは市役所から知らされているのではなく、日頃の活動の内容を記録していて、そこから抽出すると言うことです。

それでは民生委員も個人情報保護の条例に違反していることになるのではありませんか。
市役所の窓口には、その名簿の使用目的、申請人の立場をきっちり示しても、そうなのです。

また、別の角度の話ですが、私の息子は幼児の時に特別養子縁組で養子にしたもの。
成長と共に実の母親に会いたい気持ちが募り、いたたまれなくなっているのを見かねて、母親に会わそうと、母親の古い住所を提示して調べてくれる様に依頼したが、地元の市役所では全く受け付けない。
仕方がないので、古い住所のある北海道の市役所に電話で相談したところ、事情を聞き、その担当者は、彼女の現住所並びに結婚をしている事を教えてくれた。
もちろん、母親の事情もあるので、いきなり訪ねたり都合の悪いような連絡方法は取らない。
結局は母親の意思で会うことはできなかったが、それなりに収束することになった。
ここで言えることは、実の母子の問題に、市役所が介入するどのような権限があると言うのか。
少なくとも、息子に面談し、別途母親の気持ちも確認してから処置を決めるべきだはないか。

個人情報の垂れ流しも、詐欺などの犯罪防止の為に規制しなければならないことは解っていても、現状の規制の仕方以外に考えるものはあるはずである。

このような事が起きるのは、市役所に、本当の裁量権が持てる、能力のある人間がいないせいである。
300万人の公務員全体に、その様な能力を求めるものではないが、その能力がありながら、関わる事を善としない風潮が蔓延していることは問題としなければならない。
古代中国の秦が、その行き過ぎた法治のせいで崩壊した事を始めとして、法治は万全ではなく、法治の精神を問い直すことが必要であろう。

民主主義を盾に、個人の自由、権利を意識するが為に、結局は共生社会の有り様を歪めていることに気づかない。
自転車の問題などで、社会の規範を損なっているのも大衆であれば、行政の方も別の意味で社会の規範を歪なものとしてきている。

医療に置いて、大きな病院へ行く場合、かかりつけの主治医の推薦状が必要との条例も、社会にとって余計な規範、反規範である。

こうした訳で現代社会は、公私共に規範をないがしろにすることが正義と化しているようです。

やれやれ!


(追伸)

安倍の馬鹿は、規範を弄び、私物化している極悪人。
何よりも先に、
人民裁判で、極刑を申し渡さねばならない。
メンテ
Re: 社会規範の喪失と規制強化 ( No.207 )
日時: 2015/05/07 17:30
名前: 満天下有人 ID:W4OKDEtU

むしろ橋立さんが言わんとする所を書いたつもりが、抜けおちてしまいました。

仰る通りだと思います。要するに人間、勝手なもので、自分に都合がよい事には規範性を失い、具合悪い事では規制を自ら敷く。自転車駐輪規制強化は、民衆の規範喪失が規制を強化させてしまっているように、も少し大衆も良識的規範を維持しないと、官憲に規制強化の口実を与えてしまう。

勿論、官憲側の規制強化=個人情報の守秘義務もそこに含まれると思うのですが、それが何故必要かの応用が出来ないのですね・・・尤も、官憲が裁量の幅を広げると、示しの境界線がぼやけてしまう副作用も無視できないことですが、それにしても一旦、条文化してしまうと、ニッチもサッチも動けなくなる状況も如何かとは思います。正に<市役所に、本当の裁量権が持てる、能力のある人間がいないせいである>、良い意味での裁量ということに頭が向かない。

いずれにせよ、言いたかった事は、特にシンゾー政権になってから事あるごとに規制を強化しようとしている、極端に言えば、規制緩和はユダ菌に利する分野ではどんどんはずそうとし、政治権力に歯向かうような動きには強化する傾向が一段と強くなっている時に、日常生活上のささいな事であっても、当然の規範が守られないでは、官憲、延いては政治権力に規制の口実を与えることになる。それを言いたかったのです。

同時に昨今では、何かにつけ政治権力は個人情報を取りたがり規制する、そして有用な活用はせずに,十束ひとからげに規制してしまう。不便の基は誰がこさえているのか、規制される側の勝手な規範にも問題ありですね。

広い公共性ある行事をしようにも、個人個人が隠れてしまっている状況、これもまた政治権力や官憲側にとっては、好都合な事になるでしょう、民衆が隠れ合うことでバラバラになり、一つの大きなまとまりになりにくい状況は、権力側にとって好都合なことです。

要するに全員で、寄ってたかっておかしな社会にしてしまっているのが、この国の現状なのでしょう・・・戦後70年の間に、どうしてこのような状況になってしまったのか、教育の問題なのか、学校の先生の所為なのか、企業社会の所為なのか政治の所為なのか、1億総中流社会の所為なのか、そしてシンゾー一派のような政治を産み出してしまった。

全てが複合化した産物なのでしょうが、具体的に何かで治るという簡単な事象ではないことは確かですね。


メンテ
規制 ! ( No.208 )
日時: 2015/05/07 20:00
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:bTc8wKfM

久しぶりに、ミネさんが登場し、同じような事を吠えておられます。


>役所は規制、裁量権が財産と考えているのでしょうか

>外国企業が日本で起業するには 幾つもの規制の扉に会います

>国連機関は 起業の難易度について(優しい順でしょうが)


>一番はニュージーランドと カナダ      日本はなんとなんと 83番とのこと・・・

>書類を抱えて 幾つもの部門に出かけていき 裁可の印を取る

>しかも さも「十分に検討した」と 思わせる為なのか かなりの日数を必要とします

>最も有名な扉は 医薬品の許可でしょう 既に外国で使われているものでさえ許可に「年単位」を掛けるーーー


>規制を無くすと どうなるかーーーデスクが不必要になる、人員削減・・・・

>これは役所が最も否定したいことです。そのために恣意的数字を並べて「存在の意義」を強調します




何のことはない、

要するに、これですね。

>規制を無くすと どうなるかーーーデスクが不必要になる、人員削減・・・・

メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.209 )
日時: 2015/05/08 19:04
名前: 贅六 ID:UoMK9tiE

規制ねぇ、市民の生活規範と公共の法規制との相関はイタチごっこの観がおますが、ワテが住んでる北摂の小都市は、駐輪場の整備と根気良い違法駐輪の撤去で駅前や盛り場の違法駐輪を解決した例とちゃいますかなぁ?

利用価値の低下した“古ビル”や“駅近か”のあらゆる空きスペースに、片っ端から“駐輪スタンド”を設置して、2時間くらいまでなら無料とし、その一方で違法駐輪はこまめに撤去する。加えてタスキ掛けの指導員を配して違法者へのビラ作戦を行う。

此れを何年くらい継続したですやろか? やがて違法駐輪は姿を消していきよりました。社会的コンセンサスが取れたちゅう訳でおます。但し一方で無謀走行による自転車と歩行者の交通事故は度々起きまんなァ。この場合、自転車と言えども死亡事故につながるケースもおまして、市当局や警察当局は何遍も啓蒙ビラなんかを配布してますが、根絶は出来てまへん。まだまだ根気が要りまんナァ。

ワテが言いますのは自転車だけの話だすが、要はお互いの遣る気と根気やおませんか? そやけど断っときますが決して“違法駐輪ゼロ”ちゅう訳ではおません。時々郵便局の前に自転車が固まってる事もおますなァ。そやけど一昔前の目を覆うような惨状は無ォ成りましたなァ。 この話お門違いかも知れまへんな。
メンテ
Re: 不法駐輪 ( No.210 )
日時: 2015/05/08 10:35
名前: 満天下有人 ID:js3VqvX.

不法と書くと、何だか駐輪法があって、それに違反しているような印象になりますが、むしろ、公序良俗に反すると言う普通の良識が無い、その事に腹が立ちます。

貴人的なことで恐縮ながら、一般論としては、不足している駐輪場の確保で、何とか需給が緩和して行けると思いますが、私がしょっちゅう経験する事態は、通勤時の駐輪とかそういうものではなく、そこにしか止めることが出来ない買物の場合ですね。

勿論、自転車で買い物に来られる人たちも、そこで買い物をするから、他に駐輪する場所がない、遠方でしか駐輪できないとなると、何の為に自転車で買い物に来たのか、意味が無くなる。よって、幅が僅か40cmしかない電動車も通り抜けてショッピングモールの玄関口まで設定された通路までにも駐輪してしまう。

ひどい時など、すみませんが、そこはこの電動車通り抜け専用通路ですから、駐輪しないでくれと目の前で言っても、知らん顔で止めてしまうのですねぇ。まあ、たまにそのような不逞の輩に遭遇することはありましたが、今年に入ってから、そのような人の事など知ったことかという風情の人間が一気に増えているのです。

電動車でないと歩けないので、通り抜けが出来ないと結局、回れ右して手ぶらで帰らざるを得ない事がしょっちゅうなのですね。監視員が運よくそこに居てくれる場合なら、自転車を動かしてくれるのですが、常時監視している訳でもないし・・・

ちょっとした配慮に欠ける人間が増えて来たのではなかろうか、また話が飛躍しますが、どれがどの事件だったか区別がつかない程に、毎日殺人事件が起こっている、しかも近親者間で・・・一昔前なら、殺人と聞いただけで、ギョッとして、犯人探しに推理気分も起ったものですが、最近では、生き埋め?どの生き埋め事件?と気にも止まらなくなり、犯人探しも、またバカな奴が出たか、そんな程度にしか受け止めなくなってしまいましたね。

目の前で不法駐輪をとがめても、知らん顔、追及するとこちらが殺されかねない世の中です(笑)。また話が飛躍します、左様な風潮が好き放題の政治家を産む土壌になっているのかも知れません。
メンテ
続・当代世間騙し装置→民主主義編 ( No.211 )
日時: 2015/05/08 10:00
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:7hxe6eZw

満天下さん

それが民主主義の真骨頂なのです。

個人の権利、自由を追求すると言うことは、すなわち、相手の権利、自由をないがしろにするのです。

電話帳の問題も、表札の問題も、相手のことは考えていないのです。

不特定の相手、すなわち公共の利益、と言うものなど、いとも容易く放棄してしまうのです。

仕方がないですね、限りない個性の主張とは、やがて混沌の世界へ入ることになります。

考えて見れば簡単なことです。

1億人が住む日本で、1億の個人の主張、権利を通すとなれば弱肉強食の世界でなくてはなりません。

満天下さんも、屈強なガードマンを雇われて強引に、権利を主張されねばならないことになります。

それが究極の民主主義なのです。

民主主義とは、いかにも、アングロサクソンらしい処世術ですね。

民主主義と言う目先の人参で(キリスト教)、大衆を操りながら、その影で自己主張できる権力を養い社会を牛耳っています。

更に、進んで物質的に豊かな社会の民主主義となれば、また、格差が進んだ民主主義社会では、今まで培ってきた人間のモラルも崩壊

し(個人の権利の前には、モラルなど不要のもの)、性犯罪、強盗殺人なども権利の延長になるでしょう。

そう言うことも解らずに、表札も出さない、電話帳にも登録しない一般人が増えてきているのです。

こうなれば、もう、政治や行政が何を言っても、人間社会をコントロール出来ないでしょうね。




メンテ
勝手な民主主義への変貌(1) ( No.212 )
日時: 2015/05/08 13:15
名前: 満天下有人 ID:js3VqvX.

人生これまで、色んな民主主義説を読んで来て、歴史的にはその時代時代の背景が違い、そこから生じた民主主義の概念が、これまたそれぞれに概念が違うようです。その意味で少し、民主なる概念に何故「主義」という、ある種の思想と言いますか、イデオロギー的な概念が加わったのか、その歴史を駆け足で見てみたいと思います。さすれば今の民主主義なるものが、政治体制としての概念なのか、あるいは生存に関わる人間全ての権利事象に関わるものなのか、そこが少し整理出来るのではないか、そういう発想です。

さすれば、ミネさんの持論である参政員制度、純粋な政治形態として、その形態を理想的に利用できる規模の問題とか、そして自転車駐輪における大衆の行動が、民主主義という広い意味での概念に反する行為なのか、「主義」という言葉を加える事に拠る概念の混乱が、少し整理出来るのではないかと・・・。

最も古い原初的な民主主義は、ギリシャのアテナイから始まったことは、世界史を少しでもかじった方であれば、誰もが知っている。だがこの時代においては「主義」という概念とかを表すほどのものでもなく、一種の政治体制、政治形態を表す程度のものであったようです。

では何故そこからデモ(民衆)が権力の主人公(クラシイ)になったのか、また成り得たのか、それは当時古代の都市国家ポリスのサイズが小さかった、その範囲も一目で見渡せる程度の地勢で、人口も1万人も越えていなかった、故に専業役人を必要ともせずに、皆が交代で公共事項について協議する事が可能で、故に誰かが変に権力を動かすことも出来なかったし、文字通り政治と民衆が一体化できるものであったから、そういう事のようです。(今日でも北欧での地方自治においては、普通の勤め人が交代で自治行政に携わっているようですが、その原型が、アテナイのそれであったようです)

も一つは、橋立さんが指摘されるように、デモ(民衆)の数と、政治なり行政分野でも、その幅が広くなってしまい、現在ではデモ側の好き勝手もそれに応じて広くなってしまい、ギリシャ時代におけるような小さなポリス単位では、好き勝手な数も自ずと限られていた、故に民衆主体の政治が成立し易かったのではなかろうか・・・

ギリシャの衰退と共に民主制による政治も退廃し、衆愚政治なる言葉で民主制が揶揄されるようになって来ます。衆愚政治とは、正に目下の民主主義状態と同じく、民衆のエゴイズムが強くなり、それが政治をも堕落させてしまった。

メンテ
勝手な民主主義への変貌(2) ( No.213 )
日時: 2015/05/08 16:06
名前: 満天下有人 ID:js3VqvX.

複数の人間が生活する共同体において、住民共通の事項をどうのように決めるか、規模から見てギリシャでのポリスは、サイズ的に理想の単位であったのでしょう。故に民主政が行われ得た。しかしその民主政下において同時に、衆愚政治なる概念、現象が同時に発生していたというのも、実に皮肉なことです。

生活上の権利を持つ主権者が、それぞれのエゴを通そうとする。それは自己利益の積極的な追及に限らず、他人任せの機会主義、問題の先送りとか、色んな形でアテナイにおいても晩年にあっては、民衆による無関心が蔓延していたようです。先に申すならば、目下の民主主義は、既に「主義」というイデオロギーを含んでいるものですが、それは、「自由」民主主義という、自由概念が軸になっていることは、今更言うまでも無いこと。だがアテナイ時代ではまだ、その自由概念が民主政を毀損してしまったというものでもなかったようで、単に蒙昧な民衆が政治に参加する程度につれて、質が落ちて来たもののようです。今日と似たような状況が古代からあったようですね。

ギリシャアテナイ時代から近代国家群が多数生じている現代にあっては、都市国家ポリスと違い、国家というものの規模、政治規模がはるかに大きくなっており、そこえ権利主体である民衆に自由なる概念が加わって来ると、民主主義の規模も、極端に言えば果てしない広がりを持つようになってしまった。

橋立さんが何時も嘆いておられる民主主義における自由の履き違え現象が、それに該当することになります。民主主義に何時からこの「自由「概念が加わって来たのか、このことも又、民主主義の歴史を語っていると思います。何から自由でなければならなくなったのか・・・1700年代末期のフランス革命、アメリカ独立運動などがすぐに頭に浮かびます。史書をひもどきますと、そのハシリは、それ以前の1645年のピューリタン革命で自由概念が求められている。

国教制度=政治権力による信仰の強制に対する内面の自由を主張し、そのことから自由一般に対する国民の権利が民主政の根幹であるとして、「自由」民主主義概念のハシリとなり、フランス革命やアメリカ独立宣言の精神的支柱になって行く。
フランスでは王朝から公共資産を取り返す革命、アメリカ独立宣言では、その主体は人民であると明確に謳われ、どちらも民主主義に乗取った形が示されている。でも民衆が主権者であるとの思想が制度として発展したにせよ、経済的に貧困から脱出できない「民主」が増え始めた。

ここにメスを入れたのがカール・マルクスでした。フランス革命にせよ、それはせいぜいブルジヨア革命によって「法的」な平等が与えられただけであって、普通選挙権が民衆に与えられたからと言って、民主主義の実現にはならない、人間を抑圧している本源的な条件、経済的な基礎の抜本的革命が無ければ、人間の解放は無いとして、共産主義的民主主義を唱えた。

以前どこかで橋立さんの修正資本主義論の対話において、それはマルクスの急進的革命から離れて、議会民主主義制を通じて経済的平等=資本主義の修正を試みるとして発足したのが、「社会民主主義」制度を唱えたドイツ社会民主労働党であることを紹介した記憶があります。
メンテ
勝手な民主主義への変貌(3) ( No.214 )
日時: 2015/05/08 21:37
名前: 満天下有人 ID:js3VqvX.

1800年代の終わりから1900年初頭にかけて、ドイツを中心にどうして社会主義思想が生まれて来たのだろうか。時代背景を見ると、その頃では普墺戦争や普仏戦争、そして第一次大戦の兆しも出て、資本主義が寡占資本主義に向かい始め、それが帝国主義と結び
ついて経済が疲弊してしまった。

1873年頃から始まった世界的不況が、其の後20年間も続き、労働者の疲弊が社会主義思想を産みだし、だが革命的手段を選ぶよりむしろ、民主主義を尊重する制度の中で、より民主的な手段によって民主主権を守ろうとする動きが、ドイツ社会民主主義思想を生み出した。

これに噛みついたのがマルクスでした。資本が政治と結託して独占的傾向を強めている時に、既存の機構を民主化するようなやり方では、絶対的貧窮を避けることが出来なくなる。立憲的民主化のような手法では、既存勢力が立ち入る隙が多くなる。

ドイツ社会民主労働党が、勢力を伸ばす為に、宰相ビスマルクとも通じて補助金を得ながら協同組合方式に傾注する全ドイツ労働者党と提携を模索するようでは、労働者の権利は必ず誤魔化されてしまうとして、マルクスが徹底して批判したのが有名なゴータ綱領批判でした。

(話を少しそらしますが、欧州では革命は成功しない、むしろ当時の帝政ロシアの方が条件が整っていると分析したレーニンが、マルクス・エンゲルス思想をロシア革命に応用するように仕向けたようです。そして階級意識とは、労働者階級が自然発生的に生めるものではない、特に絶対権力社会にあっては、労働者による無秩序な行動は団結のエネルギーを産まない。むしろ専門職的なリーダーの下に束ねるべきとし、民主主義革命は標榜しなかった)

現実にマルクスが見抜いたように鉄の宰相・ビスマルクは、飴とムチの両刀を使って、労働組合を非合法化し、ドイツ社会主義思想を徹底して弾圧する一方で、社会政策として労働者の保護政策も出していた。その部分がドイツ民主労働党の議会を通じての社会主義実現の思想と一部相いれることになった。所謂修正主義と言われるものです。

この項では何を言いたかったかと申すなら、最初に申しましたように民主主義にも色んな形があるということで、ドイツ社会民主主義の存在のほんの一部に触れてみました。所で、レーニンによるロシア革命では、民主主義はどのようになっていたのか、あの革命には民主主義概念は無かったのだろうか、共産民主主義は生じなかったのか・・・労働者の階級意識に目覚めた民主主義なるものをレーニンは期待していなかった、それは当時のロシアでは、近代的工業労働者は少数で、むしろ農業国家であったから、革命としては職業的指導者によった方が、成功する、そのように考えたレーニンだから、共産主義に民主主義などあり得ない、というより、当時のロシアにおける労働者の意識レベルは、かなり低度であったらしい。

だから段階を踏んで共産制度の中で民主主義なる概念も育てようとしていたのか、レーニンが他界してしまっては、検証もできなくなってしまった。言えることは、その後に出たスターリンが、民衆意識の低さを利用して、民衆の底辺からの意識としての政治化・民主主義が萌芽する前に官僚主義共産体制を創り上げてしまった。形式的には選挙による二院制を決めたスターリン憲法も後で出たようだが、それは粛清と同時並行的に創られたものだから、本来的な民主主義概念でもない。
メンテ
Re: 勝手な民主主義への変貌 ( No.215 )
日時: 2015/05/08 22:14
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:ztJcnU6o

何時もながら格調高い文章に関心します。

途中でしょうが、今までのところは、民主主義と言うものを、政治的に、社会体制的に捉えていて、確かに国家単位で民主主義の有り様を模索した経緯がわかります。

形は不完全でも、成果としては歪であっても、封建国家体制から、民主主義国家を目指そうとした良き時代でもあったようですね。

その後、多くの国で軍事独裁がはびこり、少し方向を違えた様子でもありますが、現代民主主義が、頭をもたげてきたのでしょうね。

メンテ
勝手な民主主義への変貌(了) ( No.216 )
日時: 2015/05/09 08:05
名前: 満天下有人 ID:AyJRluO.

安倍シンゾーによる安保法制の準備が着々と進んでいる。我が国も近代国家であると普通にそう思っているから、この国の民主主義にもその根底に、近代思想である立憲主義が当然に横たわっていると、疑うこともなく今日まで来た訳だが、シンゾーが米議会で行った演説では、立憲主義思想に基づく民主主義などそのカケラも伺えず、安保法制は日米同盟強化の為に必ず実現すると、一体、人類がギリシャアテナイ時代から2千年もかけて、民主主義の何たるかの歴史を積み重ねることで今日まで営んで来た社会が、僅か1時間程度の演説で消されてしまう光景には、ほんとに驚いた。

これは正に勝手な民主主義の典型例として、心から驚くべき事なのだが、世論や識者の反応を見ていると、余り天地驚愕の事として受け止められていないような雰囲気も感じる。その民衆の反応も広い意味で、民主主義が勝手に変貌してしまっている光景だろう。変貌と言うより、民主主義の放棄、と言った方が正確かも知れない。

先に申したように、ギリシャ民主政体であったポリスにおいても、共同政治の案件が増え、利害関係が錯綜するにつれて、民衆の怠慢が増え始めて、政治が所謂衆愚政治に堕落して行った。それでも人口の増加や、経済のパイの拡大によって政治社会の場が広がって来ると、民衆が堕落することで運行しなくなった政治が、その隙を見て逆に自由を制限する権力がはこびり、結局、民衆が自らのノドを締める形で苦しくなり、個々人が持つ人格権を要求し始め、それが社会民主主義を産んだり、自由民主主義を産んだりしてきた。

人間社会の根本構成、原理を振り返って見るに、同じ人間が別の人間に社会の運営を委託する時、同じ人間の間で治者と治められる人間が生じる訳で、しかし出発点ではどちらも同じ人間であることに違いは無い筈である。しかし社会運営が複雑化し、自由な要求の数が増えて来ると、委託することが増えて来て、その事が委託される者の裁量権を増やしてしまい、元は同じ人間でありながら、統治者と被統治者の乖離が進む。

つまり、双方において勝手な民主主義の出現という現象が起る。言葉で言ってしまえば簡単だが、実はこの現象が一番怖いし、もっと怖いのが双方がこの事に気がつかないという有り様ではなかろうか・・・

そもそも輸入民主主義でやって来た我が国の場合は、ある意味でこの現象について特に奇異にも感じない風潮があっても、おかしな事でもないのかも知れない。わが国では行き着く所まで行かないと事の重大性に気がつかないと指摘される投稿者も少なくない。行き着く所まで行くという事態は、民主主義の正に危機でもあるのだが、わが国の場合は逆に、大衆が不安でいたたまれない事態になって初めて、民が主である重要性が理解出来るのだろう、その点において、わが国では極限状況こそが民主主義の真の領域を提供する場になることだろう。

政治を委託した者が立憲主義を無視し、勝手に自分が憲法であるかの如き天地驚愕の政治を行う、一方でそのことが天地驚愕の事態であることとして強く反応しない民衆になってしまった。それはヒトラー的な物、あるいはスターリン的な一見、大衆主義を装いながら独裁を行うような物の出現を、徐々に準備し始めた現象でもある。

既に西欧社会では経験済の現象を、わが国はこれから経験するのだろうか、与えられたものはあったが、自らの手で初めての経験をする為に。



メンテ
Re: 勝手な民主主義への変貌(了) ( No.217 )
日時: 2015/05/09 09:36
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:AdjYH8/k

民主主義についての一連の投稿は、

>わが国では行き着く所まで行かないと事の重大性に気がつかないと指摘される投稿者も少なくない。

上も言葉を体系的に表現されたものであると思います。

その内容を、私は以下のように理解しました。

民主主義社会と言うものを作ろうとする試みは、過去に、いろんな形であったが、いずれも十分な社会を作るには至らなかった。
そのうちに民衆の方が民主主義の概念に慣れてしまい、民主主義は社会的な概念から個人的な概念に変わってしまった。

それと同時と言うか、当然の成り行きと言うか、社会的な民主主義の概念は形骸化してしまい、代わりに時の権力を貪る資本と言う妖怪が封建領主にとってかわり、民主主義の仮面をつけて社会を支配し始めた。

民衆は、再び、民主主義に何を求めたのかを見直す事ができなければ、いつまでも資本の妖怪に虐げられることになるであろう。



こんな理解で、宜しいでしょうか。
メンテ
Re: 資本主義と民主主義 ( No.218 )
日時: 2015/05/09 11:52
名前: 満天下有人 ID:AyJRluO.



私の持論は、資本主義にも自由の概念がくっついていますが、そもそも資本主義であれ共産主義であれ、それは一種の経済に関する生産関係であり、故に、民主主主義なるむしろ政治的関係を構成する概念は、どの形の政治関係であれ、言い換えますと生産関係が資本主義的なものであれ、共産主義的なものであれ、それを形成する根底には民主主義、民が「主」である概念をはずしては成り立たない。

途中で共産主義には民主主義は存在しなかったのかとの疑問を挟んだ理由は、レーニン亡き後、スターリンが意図的に民主主義を排除したからであって、だがそのことは共産主義や社会主義には民主主義は併存し得ない、ということにはならない。

も一つは、最初に共産主義国家をロシアで成立させた狙いは、当時のロシアでは資本主義は発達しておらず、ナロードニキの標語を立てたことからも伺えるように、むしろ農奴の開放が主眼でありました。言い換えますと西欧で生じて来た民主主義は、資本主義であったからこそ発達して来た物であり、ある意味で資本主義なるものは、民主主義を産む籠ではなかったか・・・・

その意味において、橋立さんが解釈された<代わりに時の権力を貪る資本と言う妖怪が封建領主にとってかわり、民主主義の仮面をつけて社会を支配し始めた。民衆は、再び、民主主義に何を求めたのかを見直す事ができなければ、いつまでも資本の妖怪に虐げられることになるであろう。>、それと矛盾するものはありません。むしろピタリとはまって来ます。

現状が正にその通りですね、民主主義、つまり個々人の人格権を損なう事については議員を選び、その議会を通じて民主主義を守るその基本的な手順が、完全に失われてしまい、権力側による勝手な民主主義解釈によって、国全体が危険な方向へ向かっている。この現象も言い換えますと、資本の為にだけ民主主義が勝手に利用されてしまっている。

法人だけが減税の恩恵を受ける、軍事産業然り、挙句に主である民の格差はどんどん広がるばかりで、橋立さんがしばしば示される統計にそれが如実に表れている。果ては歴史問題にせよ、この国の民主ではなく、日本研究の重鎮が世界から187人もが集まった外国人によって指摘される有り様です。

TPP然りです。さすがに米次期大統領の候補者であるヒラリー・クリントン女史が、正式に反対を唱え始めたようです。こちらが主役にならねばならないのに、逆に米多国籍企業に利するだけのものに、この国の民主の反応の何と鈍いこと、食われてしまうのに・・・

私の投稿に対する橋立さんの解釋で、問題はありません。
メンテ
Re: 資本主義と民主主義 ( No.219 )
日時: 2015/05/09 14:36
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:AdjYH8/k

満天下さん、資本主義と民主主義についての考察の続きに、以下の文章を紹介します。
阿修羅掲示板でのやりとりですが(阿修羅にしては真面目なものですが、私は深くは関わっていません)。

(前略)

じゃあどうやって食べていくの?だけど、そもそも生産性が上がっている
わけだから、必要なものを全員分揃えることは可能なわけだ。

だから、LKXRYf922Aさんも言うように、分配の仕組みを変えればいい。
従って貨幣の考え方を変える、というのは方向としては間違っていない。
意味としては同じだと思っている。

(中略)

生産性をあげて経済活動を必要最小限にする、余った時間を余暇に使う、
幸福になる、そこから新しい発想が生まれる、人類が生き残る確率があがる。
そういうストーリーじゃないかな。

(後略)


少し進んでいると思うと、このような将来像を描く人が多いのです。
まあ、簡単な気持ちで、ユートピアを想定しているものと思います。


(以下は私の返事です)

全体としては、理解願っているようだが、

>生産性をあげて経済活動を必要最小限にする、余った時間を余暇に使う、
幸福になる、そこから新しい発想が生まれる


ここからが、少し違います(前のコメントでは、そのことは言及しなかったが)。

それは「余暇」に対する考え方です。

現在は、経済の問題がほとんどであると言って良いでしょう。
あなたが言われるように満ち足りた社会になると、次に出てくるのは「余暇」の問題です。

有り余る余暇を、ほとんど人が創意工夫して過ごせば良いのですが、人間と言うものは厄介な代物。

贅沢に慣れれば、更なる欲求を募らせるもの。
そうして出て来るのは、性犯罪の増加、意味のない殺人などなど、善良な人間精神の崩壊が始まります。

最近の犯罪の中でも、既に、その兆候は見て取れるでしょう。
この事は、歴史家アーノルド・トインビーが、50年も前に予告しています。

「余暇の問題は、人類にとって、将来、一番深刻な問題となるであろう」

と。

であるので、人間は、どうしても生きるために働かねばならないと言う基本姿勢は崩してはならないのです。

そのことで人間は善良で有り続ける事が出来るのです。

これを前提として、経済のシステム、貨幣のシステムから、考えたいものですね。

※ 満点下さんも心配しておられる民衆の中の民主主義に対する思いが、冒頭のようなものに発展する可能性があり、それはますます人間社会を壊していきます。


メンテ
Re: 余暇と経済関係 ( No.220 )
日時: 2015/05/09 18:39
名前: 満天下有人 ID:AyJRluO.

産業革命と言う用語を創出したアーノルド・トインビー。そのトインビーが未来において必ず生じる余暇の問題を取り上げていたということは、氏は経済学者ですから、生産性の向上によって生じる余暇の事に論究したのでしょうかねぇ、氏の著書は読んだことが無いので、なんとも言えませんが、仮にそうだとしても、人間にとって余暇とは、その発生源にも大きく関係することで、故に、生産関係から発生する余暇であれ何であれ、そもそも余暇なるものに人間が向かい合う事は、経済に関係なく、大昔から人間の形而上的資質に関わる問題であり、何故そのことが近代になって大きな問題として浮上したのか、問題提起のプロセスが、今一よく分かりません。

例えば労働と余暇の関係から考察するにしても、働き過ぎで考える余裕も無いと思う人間と、そうではない人とでは、同じ余暇が生じても、それに対処する場も変わって来ることでしょう。

高齢化社会においても、同じことが言えると思います。もう働く必要が無くなった、否、働きたいにも社会がそれを不要としている以上、どうにもならない。いや人生タップリ稼がせて貰って、もう働く必要が無いとする人たちと前者では、余暇に対する取り組み姿勢も違うものになりそうです。

あるいは時間が余ってしょうがない、何故なら、リストラされてしまったからだ・・・このタイプの人の余った時間に対する処し方、これもまた自ずと違ったものになって来る。要するに、余暇の発生源によって、それへの対処の仕方は、それぞれ違って来るのではないかと思うのです。仕事を天職と思う人が仕事が無くなってしまうケースでも同じことが言える。でも、働くことは生命維持の手段であって、労働は一時的拘束にしか過ぎないと、最初から割り切っている人では、これまた余暇に対する姿勢が違ってくる。

要するに、人間にとって余暇とは時間の空間ですから、人それぞれの形而上の空間であり、そのことについては古代から人間は千差万別に対処して来たのであろうと思います。

トインビーも経済学者ではあっても、宗教の根源にもかなりの洞察を行っているようですが、むしろそれとの関係で人間性を考察している内に、余った時間について何か論及したのでしょうか。むしろ特権者があり余った時間を弄ぶようになることを懸念されていたのか・・・

現状、労働の場も無くて困り果てている状況の改善も出来ずに、先々の余裕時間の心配をしてもしょうがない気がしないでもありませんが、むしろ、有り余る余暇を生み出す前提となる生産経済の問題に目を向けよ、という趣意なら問題提起の意図が理解できます。それに対する処し方が甘いことも、現代民主主義の特徴でもありましょうか。
メンテ
アーノルド・J・トインビー ( No.221 )
日時: 2015/05/09 19:46
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:BIVPaY1Y

満天下さん、私は知らなかったのですが、
アーノルド・トインビーと言う人物は、イギリスの経済学者、社会運動家にもいるようですね。

実は、私が言っています、トインビーは、彼の甥で、正式にはアーノルド・J・トインビーと言うそうです。
私が言うトインビーは20世紀最大の歴史家と称されています。

彼の主著は「歴史の研究」でありまして、その取り上げ方は、文明史的、文化人類学的なもので文明の興亡に焦点を当てて書いています。
私が読んだ、もうひとつの本は彼の「宗教論」です。

そこでは、キリスト教、イスラム教、仏教の3つを高等宗教として取り上げています。
理由は、ユダヤ教などのそれまでの宗教が民族単位など、少数の仲間を対称として考えられていたことに対して、これらの宗教は民族を超えた教義として流布することを主体としています。

歴史書と言っても、記述を中心とするものではなく、当時、大変興味深く読んでいました。
現在は、ボヤーとした断片の知識が残っているだけです。

現在は、随分と御無沙汰になっていますが、当時はキリスト教関係の本やら、西欧の没落など、歴史に関する本などを好んで読んでいましたが、もう、その様な情熱は湧いてきません。
メンテ
Re: アーノルド・J・トインビー ( No.222 )
日時: 2015/05/09 20:34
名前: 満天下有人 ID:AyJRluO.

ああ、歴史学者の方のトインビーですか、イギリス外務省情報部SISの幹部でしたね。007シリーズの作者・イアン・フレミングは情報員時代、Jトインビーの指令を受けてスパイ活動に従事していた。このフレミングの007は、実際にスパイ活動をやっていた時の計画などを少しSF風に仕立てて面白いですね。

その叔父の経済学者トインビーの方は、オックスフオード大時代に、ミルナーという男に好かれて、このミルナーが南ア鉱山資源を奪う壮大な計画を立てて、オックスフオード大の秀才どもを集めて、アフリカ征服を実行した。このミルナースクールをもじって、アフリカはミルナー幼稚園に奪われたと歴史に記されているようです。

有名な劇作家、バーナードショウとアフリカ征服の議論などをしている内に、当時の英蔵相・ゴーシエンの個人秘書に抜擢されて、活躍する。そのゴーシエンから四代後に生まれたのが,故ダイアナ妃。
一族の資産は兆円単位のようです(笑)。まあ、この連中の関係からユダ菌どもが誕生して来たと見ています。
メンテ
トインビー ( No.223 )
日時: 2015/05/09 23:18
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:BIVPaY1Y

満天下さんの意外な言葉に、改めて、トインビーを追ってみました。

すると、何と、

忘れられた歴史家とか、トインビーの著作が絶版になると言う情報を得ました。
なぜ、そうなったのでしょう。

私は「歴史の研究」や「宗教論」をほぼ読んでいて、その内容について関心していました。
他の歴史書と違い、史実を政治的、軍事的に追うのではなく、哲学、文明史、宗教的に追いかけ、個々の事実よりも、その流れの因果関係について語っていました。

文明の衰退と発展、試練と克服などと言う捉え方は、刺激的でした。

その様な取り上げ方は、ある程度、哲学、文化人類学、宗教に興味がないものにとっては、大言壮語、理想家と写ったのでしょうか。

また、トインビーが言っている文明の起源の話などは、プラトンの洞窟の比喩の様な趣があり、確かに歴史の記述としては、アマチュア的とか、妄想の類に傾注しすぎると言う批判があるようです。
ウパニシャッドの世界や、存在、有、無などと言う形而上学的な世界に親しんでいる人間でないと、マンガチックに見えるのでしょう(素直に読む事ができないのでしょう)。

一時はトインビーの言葉に期待をしてみたが、その不確実性故(その通りに推移しないから)に忘れ去られようとしていると言うことでした。

トインビーを乗り越えるのならば、申し分のない主張ですが、自分が感応できないからと言って、彼を避けるとは、なんという愚劣。


(以下は、その評論の一例です)

包括的な文明論というのは「大きな物語」としてそれなりに魅力のある分野ですが、昨今の流行ではないようです。
また、書店に書籍が並ぶというのはまさに人気であり流行を示すものであって、学問上の価値とはあまり関係ありません(万葉集を現代韓国語の知識で解読する・比較言語学の概念を用いずに日本語の起源を探る等)。

>主要なものを絶版にすることはまずないと思った

岩波の復刻版のフェアを見て「こんなのが版元品切れ重版未定(=絶版)になってたのか」と驚くという経験を何回(何十回?)も繰り返した自分から見ると、かなり現実離れした考え方です。

トインビーの評価としては、こちらが現代的なものとしてはほぼ満点でしょう。そのぐらいの存在意義の人です。
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0705.html

大雑把に言えば宗教の役割を過大評価しすぎであり、「面白いけど現実には合ってないよね」というのが正直なところでしょうか。
見るべきところがないわけではないですが、わざわざ今読むべきかというと、「まあ暇つぶしならいいんじゃね?」レベルだと思います。

>こちらが現代的なものとしてはほぼ満点でしょう。

と言うのが、松岡正剛と言う御仁の、トインビーの批判をしているようですが、その批判の内容は、同じ書物を読んだ私から見て、どうして、そうなるのかと、耳を疑いたくなるような内容です。
そう言う解釈をして耳目を集めたかっただけでしょう。

むしろ松岡某氏にカルトの匂いを嗅ぎます。

http://1000ya.isis.ne.jp/0705.html


要するに、現代人は、物事を深いところから考える事ができなくなったのでしょう。

では、歴史に何を求めるかと、と言うことは二の次、三の次なのでしょうね。
自分のレベルで、人の粗探しばかりしていて、大きなもの、真実なものを求めようとはしません。


>包括的な文明論というのは「大きな物語」としてそれなりに魅力のある分野ですが、昨今の流行ではないようです。

この言葉など、もう、ショックの極みです。
先に民主主義で言いました様に、もはや民衆にも政治にも、インテリにも期待できるものはありませんね。

トインビー流に言うならば、現代社会に置ける民主主義の概念の混沌は、西欧第三期文明に置ける人類生存への挑戦(攻撃)であり、人はこれをどうして乗り越えるかが、試されていると言うことになります。

その昔、文明への挑戦(攻撃)は、自然災害や多民族の侵略である場合がほとんどでした。中世ヨーロッパのキリスト教による世界支配も、その一つと考えられます。だからルネッサンスが起こり、新しい文明(西欧第三期文明)が始まったとも言えるでしょう。

※ この風潮に腹がたって、追伸です。

言う事がアマチュアっぽいなどと、なんという言い草、明き盲。
私などの文章も大概、アマチュアっほく、専門用語などは苦手です。

しかしながら、その情熱は激しく、真実に迫ろうとしています。
大きな変革を前提とすれば、専門知識など逆に障害になることもあります。
トインビーも生粋の学者ではなかったから、あの文章が書けたとも言えます。
アカデミックな歴史学者としては、トインビーが目障りであったのでしょう。

歴史家として希に見る情熱を注いで書いた、トインビーの著作を、アマチュアっぽいと避けるなど、なんという無知蒙昧、見当違い。
何の為に意見を言い、著作に打ち込んでいるのか。

要するに流行に乗って金が稼ぎたいのか。
メンテ
余暇の問題。21世紀ラッダイト運動は起こるのか ( No.224 )
日時: 2015/05/10 20:45
名前: 満天下有人 ID:oPloO2fo

未来の世紀文明に余暇問題が大きな重しとして登場して来るとの、J・トインビーの警告。

氏が論じた余暇の原語は、どのような英単語だったのか、それを知らないものだから、翻訳された余暇という言葉だけを聞くと、氏が言わんとした事が何だったのか、よく分からないもので、対論が途切れてしまいました。

氏が指摘したかった事を理解するには、原著をじっくり読まないと分からず、かなりの時間を要しそうです。ただ断片的に拾ったアンチョコの範囲では、文明が生成される本質論からの余暇問題なのか、単に経済生産的側面から生じる余暇の事なのか、両方の命題を含むとするなら、これは1カ月程度の原著の読書だけでも足りない、生涯をかけた、膨大なライフクワークに匹敵するテーマになります。

ただ日本語で表現される「余暇」という単語から受ける印象は、暇を持て余すという印象が先に来てしまって、故に犯罪とか、あるいは時間を持て余す富裕層のロクでもない発想しか産まない、そういう意味で警鐘を発していたのか、「余暇」と言うだけではそこら辺がよく分かりません。

産業革命時代では、機械生産が生産性を挙げて、労働者は仕事にあぶれる危機感から、機械打ち壊し運動=ラッダイト運動が勃発した。当時の労働者の危機感を想像して見るに、それは、仕事が無くなって持て余す時間への恐怖感というよりも、仕事そのものを奪われる恐怖感の方が強かったのではないかと想像します。所謂マルクスが指摘した、二重の労働の疎外感、というものではなかったか・・・仕事は大事だ、人間、仕事をすることで生きていることが出来る第一の要因は、生活のカテを得られること、同時に生きている喜びを感じる、そして暇を持て余す恐怖を抱え込むこともない。

余暇と言う一語でも、そのように、そのことが内包するフアクターは、多様に複雑に絡み合っているのではないかと思うのです。私が先に余暇とは、「形而上的」概念も含んでおり、その範疇でなら、それは個人の人生哲学の範囲の問題であり、別の、生産性向上による経済的側面から生じる余暇と捉えるならば、考えの方向性がまた違ったものになって来る。社会関係と無縁で生きることは出来ない社会生活的な意味での余暇と、そこに宗教的な思索をも含めると、何が危機なのかの意味合い合が大きく異なって来て、凡人には整理がつきません。

J・トインビーも、そのような発想で余暇発生の危機感を述べていたのか、とにかく原著を読んでいないので、トインビー批判への批判も、ままなりません。そして氏は、文明に危機をもたらす余暇は、止めようがない、故に生じてしまう余暇に対して対処すべきだ、と言われたのか、或いは、事前にそのような余暇の発生を食い止めよとしたのか、そこら辺のこともよく分かりません。

仮に経済的生産性の向上によって生じる余暇が問題であるとするなら、現代にあっての生産性の向上は、PCの発達と無関係ではない。そう考えると、仮に余暇の発生を事前に食い止めるべき、PC打ち壊し運動が起るのか・・・

とにかくJ・トインビーが出した余暇によって生じる文明の危機には、膨大な要因が含まれていると思います。まあ、書評家の連中が言う事、かれらは書評と言う商売をせねばなりませんから、その程度に受け止めておけば良いと思います。世に言う評論家として・・・。
メンテ
余暇文明 ( No.225 )
日時: 2015/05/11 09:27
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:dyV9ED5.

トインビーが取り上げている余暇の問題は、トインビーの何かの著作に書いているのではなく、そう言う言葉を発していると言う事をどこかでみたと思うのですが、なにせ、随分と以前のことなので解らなくなりました。

それ以来、有り余る余暇の問題は、人生において哲学的、宗教的にも大きなウエートを占めると思ってきました。

その延長で「余暇文明」と言う概念に注目していましたが、それをテーマとした著作は多くはありません。

ネットで「余暇文明」で検索しますと、少しは出てきますが、内容は、レジャーの過ごし方を書いているようなものが多く、トインビーが指摘した意味での「余暇」の問題ではないようです。

私は人間は不公平があるから、格差があるから、悩みがあるから平穏に生きられるものと思って思っています。

人の人生がガラス張りで評価されては、多くの人は劣等感に苛まれ、逃げ道がなくなってしまいます。

実際の人生では、自分は高等教育を受けていないのであいつよりも浮かばれないのだ、とか

あいつはコネがあるので出世できるのだとか、なんとか自分を慰めて生きているものです。

また、数々の悩み事も、働いている間は忘れています。

生活の為に働かねばならないと言うことは、それ以外の欲望を制御できます。

旅行などを楽しめるのは、苦しい職場生活の合間に旅行すればこそ、楽しいのであり、何年も旅行し続けるのは、もはやレジャーではありません。

人生は8分の苦の中に2分の楽があれば、良いのです。
それでこそ、互いに助け合うことの意味が分かり、共生社会のルールが成立出来るのです。

みんなが遊びほうけているような社会こそ、地獄の社会と思います。

トインビーが警鐘している「余暇」の問題は、このようなことでありますが、トインビーもこれについては本格的に取り上げていないかと思います。
当時は、イケイケドンドンの時代であり、グローバル化の問題も意識されていませんでした。

現在、いくら生活が苦しいからと言っても、いくら格差があるからと言っても

余暇を持て余す時代よりも幸せであると思います。

ですので、日頃、ほとんどの人に、なんとかして仕事を確保しなければならないと言っています。

紹介された様に、その昔、機械の打ち壊しをやった人たちの方が先見性があると思います。

現代人は豊かになりすぎて、神にもなったつもりで、思い上がっているのでしょう。

メンテ
社会制度による歪みも、形而上的に吸収しますか・・・ ( No.226 )
日時: 2015/05/12 07:25
名前: 満天下有人 ID:wQjynK3s

<私は人間は不公平があるから、格差があるから、悩みがあるから平穏に生きられるものと思っています。>

まあ、結局のところ何事も、自己精神と向き合うことで己への鍛錬として世の矛盾も吸収して行かねばならないということのようですね。そのように収斂して行けば、糾弾する対象も無くなって、平和に過ごせる、そういうことのようです。

原著も読んでいないので何とも言えませんが、どうもJ・トインビーも、人間が産み出した物理的な社会制度による歪みとて、所詮は信仰的な世界において、個人の問題として形では捉えられない形而上の世界で、それぞれの人間が己と向きあって解決して行かねばならない、そういう事を言ってるようですね。氏の力点が古代から存在する人間の目に見えないものへと畏怖感、そういう事象について思いを深めよ、そのような深遠な哲理を基準に、むしろ人間が創りだしている人為的な歪み(社会的な不平等)などは、取るに足りないことに見えて来て、むしろ左様な矛盾があるからこそ、人は生きていける、そういう論理のようですねね。

何事も、文明草創期にあった天地と人の一体感からすれば、全てはそこに吸収される、つまり人為的な矛盾から生じる悩みなどというものは、取るに足りないことだ。そう思えば世俗的な、資本による飽くなき利潤追求オンリーの本質から受ける影響なども、単なる悩みに過ぎず、神仏的大きな抱擁に包まれることに思いが至らない民衆の浅はかさが、格差にうるさくなっているだけのことだ。そういう事のようですね。

仕事の有無とて、そのことによって精神的に平穏に過ごせるはずの事なのに、それを騒ぐ民衆の方が、未だに文明の何たるかに至っていないことの証ではないのか、確かにそう思えば、では人間、何に対して糾弾を続けるのか、神仏一体的な抱擁の中に入れば、不公平も格差も何も問題があるとは感じられない筈だ・・・J・トインビーは、多分、そういう事を言っていたのでしょうね。

ただ、よく分からないのは、仕事こそ、ロクでもない考えを起こさない場であるのに、その仕事を奪うようなオートメによる余暇の増大に、J・トインビーは何故警告を発したのか、そこがさっぱり分かりません。経済関係から生じる形而下的で人為的な事象に対してさえも、個々人ではどうすることも出来ない物理的人為的な事象までをも、形而上的な個々人の情念の世界で解決せよと言ってたのでしょうか。

21世紀における文明崩壊の危機は、むしろ形而下的、人為的な操作によって為される傾向が強くなっていると思えます。環境問題とて、資本の本能による論理で悪化し、人の生活を不安定にする雇用の問題にせよ、むしろ人為的な操作によって不安定化されている。その不安定さの中に平穏さが存在するのであって、それに気づかないことが文明の崩壊につながるとの論理になって来て、どうもよく分かりません。逆に現状のおかしな現象に不満を持つ、その事の方が、文明の崩壊につながるとの文脈になって来ます。

仕事にこそ生き甲斐がある、でも人為的にその仕事にもありつけない状況を作り出した結果としての不安が、平穏さにつながるとの論理がよく解りません。橋立さんがよく出されている格差のデータ。よく調べておられると何時も感心していたのですが、その格差データ提示の意図も、このような格差がある事に驚いてはいけない、惑わされてはいけない、その中にこそ平穏さが隠されているのだとの意図であったとは、とても思えないのですが。

つまり、個々人の宗教観、芸術観的な形而上的で抽象的な場で、社会制度的矛盾に対する人間の思いも消化すべきだとするなら、糾弾とは、何に対するものなのかが、分からなくなってしまいました。これは、原著も読んでいないけど、どうもJ・トインビーに対する私なりの疑問にもなって来ます、特に文明と宗教的考察をしておきながら一方で、資本主義をバネにする生産性の向上から生じる暇な時間に文明の危機を設定している文脈が、さっぱりわかりません。まあ、それに対する世間一般の消化不良的解釈に危機感を持たれることについては、よく理解出来ますが。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.227 )
日時: 2015/05/11 22:55
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:/xWVgiN.

金銭の問題に関わらず、格差とか、悩みは、人間社会である限り、と言いますか、みんなが神にでもならない限りなくはなりません。
ですので、格差がない世界とか、悩みのない世界を究極の目標として社会のシステムを考えることはできません。

そう言う条件下で万民の幸せを追求するのが政治ではないでしょうか。
糾弾は、その政治に対してあると同時に、民衆の啓蒙もあって良いのではと思います。

トインビーの余暇については、先にも言いました様に、彼は著作のなかで体系的に取り上げたものではなく、予見みたいなものです。
予見ではありますが、マルクスが、ずっと将来までの、資本主義経済体制の瑕疵を透視したように、人類にとって「余暇」の問題は大きなものとなるでしょうね。

ただし、資本主義体制が行き詰まり、世界が壊滅状態になれば、その様な心配もしないで良いでしょう。
その程度の話と思います。

ですが、資本主義体制を大きく修正しようと思えば、その方向性として「余暇」、言い換えれば労働の有り様に関する考察を、もっと重要に思わねばならないのではないでしょうか。


追伸です。

トインビーについて、多くを知ってはいませんが、彼は、経済とか、格差の問題など、具体的な事象については語っていないように思います。






メンテ
論点の軸の食い違い ( No.228 )
日時: 2015/05/12 08:52
名前: 満天下有人 ID:wQjynK3s


私の資本主義論、民主主義論は、どちらかと言うと、人間が間違った方向で、言い換えると人為的な制度をこさえることで、そこから社会に対する影響も生じて来たのではないか、よって今日見れる派遣法や非正規労働などの労働の切り下げ=それによって生じる歓迎されざる余暇時間も人為制度的に生じている。その社会的制度として具体的に見える問題として取り上げたのですが、橋立さんはむしろ、人生一般論というか、格差の問題にせよ経済的格差だけではなく、人間が本来的に持っている能力の差とか、そのことまでをも含む人間一般論として、そして余暇の問題もそこのような人生一般論的な面で取り上げておられた。

そこに論点の食違いが生じたようです。私とて、人間人生一般論としては、人間として避けることができない大きな本質的な事象は厳として存在していること位は解ります。ただ、今回の一連の投稿における趣意は、むしろ掴みどころのない茫洋とした宗教、芸術などにも関係する人間一般論を軸とするのではなく、端的には政官あるいは巨大資本による歪というもっと狭い範囲での(狭くもありませんが)事象に焦点を当てたものです。

これに対し、橋立さんは、もっと人間本質に絡む一般論を軸にされた、故に人間の不公平、格差などは当然に存在する、存在するからこそ平穏がある、そのような広い意味で余暇のことも問題提起された。

だが私の場合は、より狭い範囲での社会体制から人為的に生じている歪みを最初からテーマにしていたものですから、そして阿修羅での論争紹介でも「生産性」というより身近で具体的で、より資本人為的な事項も取り上げておられたので、論点の軸は同じだと先走りしてしまい、故にそれは全て人間に平穏さをもたらすものだとの論が、唐突に思えてしまったのです。そして何故そこで創価学会などが取り上げて宗教論的に利用したJ・トインビーを出されたのかが、分かりませんでした。

橋立さんの論は、例えば悪人正機説に見れるような仏の大きな懐からの発想で事を捉えておられた、そこに食い違いが生じたものと思います。再度申しますと橋立さんは形而上的に、私は事象を目に見える人為的形而下的に捉えていた事による食い違いでした。これにて対論は終わりにします。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.229 )
日時: 2015/05/12 10:46
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:N2ulnonY

そうですね、

元々は現代民主主義の有り様が話題でした。

そこで文明史的な立場からトインビーを軽い気持ちで出したのですが、そのトインビーを避ける風潮が広まっていることを知り、そのことに驚く、それについて言及したものであり、満天下さんとは議論する内容はなかったのです。

いみじくも、満天下さんも言われている、

>人間として避けることができない大きな本質的な事象は厳として存在している

これを自覚しない評論、民意と言うものを嘆く気持ちを現していたのです。

創価学会とトインビーの関係は、あれは蛇足ですね。

85歳のトインビーが、池田大作に利用されたようなもので、後にトインビーの孫娘が、創価学会をカルトと言っていることでも、それが解ります。

メンテ
ワッハッハ、シンゾーが口永良部島の安全対策を指令! ( No.230 )
日時: 2015/05/29 16:50
名前: 満天下有人 ID:FmCxC9i.

鹿児島桜島もキナ臭いのに、その目と鼻の先の川内原発は何が何でも稼働させる政治をやっておきながら、これまた目と鼻の先の口永良部島に、爆発してから安全対策をやれとは、久しぶりに笑わせてくれたな(笑)。

ただでさえ、かの小松左京SF小説「日本沈没」の兆しが列島を覆っていると言うのに、自衛隊は外に出して血を流させる算段ばかりする、それは解る、国内では生活を含め血が流れる状況が日増しに高くなっているから、せめて自衛隊は外に出してあげようとの配慮か?(笑)、国内オスプレイの犠牲者にしたくないからか?。

日本沈没・・・21世紀の「黙示録」の影の作者は、やはりシンゾーだな・・・ガハハハッ!。

メンテ
口永良部島大爆発を、川内原発に結び付けないマスゴミ ( No.231 )
日時: 2015/05/30 12:41
名前: 満天下有人 ID:YtK5fuu.

植草氏が、ご自分ブログで上記表題で書いておられる。私も危険度最高レベル5の噴火を起こした口永良部島の映像を見て、咄嗟に浮かんだのが、鹿児島川内原発の稼働に関する九州電力、官邸、原子力規制委員会のこれまでの経緯だった。

東京オリンピック開催の口実として、世界が懸念していた福島原発事故についてシンゾーは、放射能は完全にコントロールされていると言い、だが現実には放射能漏れの事実が次から次へと出て、これって一体、この国の行政トップである内閣総理大臣が、どうしてこんな見え透いたウソをつくのか、そしてそのままに原発再稼働が喧伝されるこの国・・・何ともその不思議さが理解できなかったし、今回の口永良部島大爆発があっても、地脈として繋がっている川内原発について、どこも取りざたしない不可思議さも理解できないのだ。

ただナルホド!と納得が行ったのは、シンゾーは稀に見る稀有な詐話師であるから、矛盾だらけの政治も、かくしてかくありなん、と納得できるのだ(笑)。

全国至る所で火山活動が活発化している。気象庁が発表している各火山の噴火警戒レベルを見ると、九州での地脈的な火山噴火の繋がりを見ても、阿蘇山警戒レベル2、霧島山2、桜島3、そして口永良部島が5・・・北から南にかけてそのレベルは最高位に近づいている。なのに、シンゾーが福岡訪問の際に密談した九州電力社長に対し、心配するな、何とかしてあげる、という約束をしている。それから鹿児島県による住民意向の動向も再稼働賛成に向けて微妙に変化して来た。

そして昨日に至っては、口永良部島の安全に対し、万全を計れとのシンゾーの檄まで出だした(笑)。それよりも傑作なのが、近くで火山地震大爆発が起こっている時の一昨日、原子力規制委員会が、川内原発が求めていた再稼働条件である審査事項に対し、許可を出したという、どこまでお笑いを誘えば気が済むのか?・・・(爆、爆)。

『27日時事通信:原子力規制委員会は27日、九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)の再稼働の前提となる審査で、事故時の対応手順などを定めた「保安規定」を認可した。2年近くにわたった審査はこれで終了。九電は1号機について7月下旬の再稼働を目指している。』

もう笑っちゃうよ、この国のマンガ姿勢&施政。地震で原発に破損が生じ、放射能が漏れても要するに「逃げる手順、逃げ先」が確保されていれば、原発事故そのものは問わない、再稼働OKと言ってるのだ(爆笑)

まあ世の中恐ろしいもので、トップの資質がそのようであれば、行政から何から何まで、国民意向も含めて、社会に対し何も感じなくなってしまうもののようだ。言い換えると当代は、騙し装置によって騙される、というより、騙される事に快感を覚えるようになてしまっているということだ。

騙し装置よりも「騙され快感装置」が、大きく横たわっていると申した方が、より適格かもだ。
メンテ
二階俊博 ( No.232 )
日時: 2015/05/30 13:27
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:xD7jqSw2

二階俊博

(略歴)

自民党を離党

1993年、宮沢内閣不信任決議案に賛成し、自由民主党を離党、小沢らと共に新生党結成に参加した。総選挙後、発足した細川内閣で運輸政務次官に就任する。細川内閣での政務次官時代は社会党の伊藤茂運輸大臣を差し置いて、影の運輸大臣と呼ばれた。

細川・羽田政権後、新進党にも参加し、「明日の内閣」の国土・交通政策担当などを務めた。また、小沢側近として小沢党首選出に尽力した。1996年第41回衆議院議員総選挙で新設の和歌山3区で清和研の現職野田実を破り5連続当選(野田は比例復活したが後に連座制適用で失職)。1998年、新進党分党後も小沢側近として自由党結党に参加。

国会対策委員長として自自連立政権樹立に動き、1999年の小渕内閣第2次改造内閣で運輸大臣兼北海道開発庁長官として入閣した。

2000年4月、自由党の政策が実現されないと連立解消を主張する小沢と袂を分かち、野田毅らと保守党を結成し、自公保連立政権に参加。小渕内閣を引き継いだ森内閣で留任。

同年7月、保守党国会対策委員長に就任。2001年に保守党幹事長に就任。

2002年、保守新党でも幹事長に就任したが、2003年(平成15年)の第43回衆議院議員総選挙で保守新党は代表の熊谷弘が落選するなど惨敗し、自由民主党に吸収された。

自民党復党と党内出世

復党後、旧保守新党の議員らで新しい波(二階グループ)を結成し会長に就任。2004年9月、自由民主党の総務局長に就任。以後2009年までほぼ一貫して政府や党の要職の座にあり、政界再編期の離党・出戻り組の中では異例な存在であった。

2005年5月、小泉首相の意向により、自民党総務局長を兼任しながら郵政民営化法案を審議する特別委員会の委員長に就任。郵政国会では郵政民営化法案の衆院通過に尽力した上、その後の郵政解散による第44回衆議院議員総選挙では選挙責任者の総務局長として候補者擁立などに奔走し、自民党圧勝の功労者となった。この大勝利をきっかけに総務局長の地位が見直されて、地位向上が行われるようになった。またこれによって比例当選議員が中心ではあるが二階派の議員数が増加することになり、二階が一定の政治的影響力を持つことになった。

総選挙での功績を買われて2005年10月に成立した第3次小泉改造内閣では経済産業大臣として入閣。

2006年9月、小泉首相の自民党総裁任期満了に伴い、安倍晋三が総裁に就任し、民主党代表である小沢一郎への対策として、自民党国会対策委員長に就任した。2007年8月、党三役の一角である自民党総務会長に就任。その直後、自らが代表を務める和歌山県第三選挙支部について、政治資金収支報告書への未記載問題が発覚[1]。2007年9月14日、麻生太郎幹事長の総裁選挙立候補を受け、自民党役員会にて、07年自民党総裁選中において幹事長の職務を一任された。9月24日、福田康夫が総裁に就任し、総務会長に留任することが決まった。

2008年の福田内閣の改造に伴い自民党総務会長を退任、福田改造内閣に経済産業大臣として再任された。さらに2008年9月24日発足した麻生内閣でも経済産業大臣に再任された。

2009年8月30日に行われた第45回衆議院議員総選挙に出馬した際は、公明党の推薦も受けて9回目の当選を果たし[2]、同年10月には自民党幹事長の下に新設された自民党選挙対策局長に就任。自身が会長を務めていた二階派は総選挙で二階本人を除く衆議院議員が全員落選し、参議院議員2名と合わせて総勢3名となったことから派閥の維持が困難となり、11月5日に全員が志帥会(伊吹派)へ合流。同日付で全員が伊吹派へ入会し、二階派は解消された。12月に西松建設事件で政策秘書が政治資金規正法違反で略式起訴となったことを受け、自民党選挙対策局長を辞任。

2012年12月、伊吹文明が衆議院議長就任に伴い、伊吹派会長を退任。後任として二階が同派会長に就任し、伊吹派は二階派へと衣替えした。

2014年9月、第2次安倍内閣 (改造)の下で自民党総務会長に就任。同時に、慣例として二階派会長を退任し、同派会長は空席となる(同派の指揮は会長代行の河村建夫が務める)。


(人物)

親中派の有力議員の1人である。「北京オリンピックを支援する議員の会」所属。まだ保守新党が存続していた時代、地元の和歌山県田辺市の新庄総合公園に江沢民が自筆で書いた「登高望遠睦隣友好」の文字と、自身も参加した2000年の日中文化観光交流使節団に対して江が発表した重要講話を刻んだ日中国交正常化30周年記念碑の建立を計画し、全国各地にも同様の石碑を建立する心算であったが、地元の抵抗等もあって頓挫した。

新幹線の中国への輸出に関し、訪中時に新幹線担当の曽培炎国家発展計画委員会主任(大臣)、さらに陳健中国大使に対し、「日本は、中国から文化を教わり、その延長線上に今日の日本の繁栄がある。そのなかから、たまたま新幹線の技術を開発した。(中略)この技術が中国の発展にもしお役にたつならば、どうぞ一つお使いください。積極的に協力します」と発言した。

東シナ海の日中中間線でのガス田開発問題では、麻生外務大臣が中華人民共和国によるガス田開発強行に断固対応する姿勢を示すと、この「日本の対応に“こそ”問題がある」、「強硬に対応するなら勝手にやればいい」と述べた。当時の中川昭一経産相が帝国石油に東シナ海のガス田の試掘許可を下ろしたが、二階が経産相になると試掘を中止させた。

日中国会議員書画展へ書画を提供している。

2003年2月11日、訪韓した二階は、青瓦台で朴智元・大統領秘書室長と会談し、自身が韓国の国立墓地「顕忠院」に参拝したことを紹介し、靖国神社に代わる新たな追悼施設について「必要性をあらためて認識した。実現のために努力したい」と述べた[10]。その一方で、4月22日には靖国神社に参拝している。

2015年2月には1400人の訪問団を率いて韓国入りし、慰安婦問題解決を迫る朴大統領に「積極的な努力」を約束した[16]。過去の数々の韓国に対する功績に対して、韓国から最高位の国家勲章 「金塔産業勲章」(1等級)を授与されている。日韓議員連盟常任幹事も務める。産経新聞の前ソウル支局長の拘留問題(産経新聞韓国大統領名誉毀損問題)では、「われわれから新聞社の判断や韓国の司法がどうだとか、言うべきことではない」と発言している[17]。河野談話の見直しについては、「軽々しく口にすべきではない」として否定的な立場を示しており、河野氏の国会招致についても反対している。

最近は3400人の中国訪中団を率いて習近平と会談をしている。

みのもんたと親交がある。二階はみのの長男の披露宴で主賓として祝辞を述べ、みのの「アナウンサー生活おもいッきり40周年ズバッと感謝の会」でも芸能関係者に交じり祝福のスピーチを行った。2007年12月8日には、二階を団長とした経団連などを中心とした訪中団にみのも招かれていた[3]。東海地方で「ニッコク」を興したみのの父親が、二階俊博が秘書を勤めていた東海地方選出国会議員の後援者だった縁によるもので、20年来懇意にしており、大下英治著『躍動の日本経済へ 二階俊博の挑戦』には、みのが推薦文を寄せている。


(引用終わり)

みのもんた、と言えば数あるテレビのコメンテーターの中で、羽仁衣をきせず自民党批判をしている硬骨漢。
二階は自民党最後の党人派と言われ、最近信望を集めているようです。

安倍のバカタレとは比較にならない、人間と思われます。
野党がこれほど情けない状況では、とり合えず、二階に期待せざるを得ないでしょう。

ここ1年の動向に注目しようと思います。

いけ好かない奴だと思ってましたが、

もう、それよりないでしょう。

メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.233 )
日時: 2015/05/30 17:08
名前: 贅六 ID:94lhJvUs

二階俊博ねぇ、ワテとこの隣の県の奴ですが、利権塗れの政界遊泳術に優れた、小利口な男でんなァ。

まぁ然し、こんな男でも日中関係に役に立つんやったら、少々の利権は握らしても関係改善の為に働かす、ちゅう事ですかァ。

この男に働いて貰ォて、今の閉塞した日中関係に打開の道が開けるんやったら、此奴の議員報酬は廉いもんですわ。

天橋立はん言うての様に、暫しこの男に時間を与えてお手並み拝見と行きますか。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.234 )
日時: 2015/05/30 17:38
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:xD7jqSw2

贅六さん

昨日の話ですが、私は当地のある会合で、当地としては一番格が高い旅館での宴会に出席しました。
その送迎用のマイクロバスの運転手と最近の景気の話をしたところ。

日本人の観光客は相変わらず先細りで困っているが、外国人の観光客が増えてきているのが救いであると言いました。
外国人と言うのは中国人のことです。

中国人が観光に沢山訪れているのはニュースなどで解っていましたが、彼らは1泊3万円のその旅館に、3泊、4泊と平気で連泊するらしです。

金に糸目をつけない所では、何と京都からタクシー(5万円)でくる人間がいると言うことです。
その話をしていると、会合の出席者の一人は体験談として、次の様に語りました。

その人は、この春に当地のバス会社が主催する、格安旅行(1泊で18000円程度)で富士山へ行ったそうです。
富士山の5合目の休憩所に行ったところ、観光バスが30台ほどいて、何と、その人が乗ってきた1台以外は全て中国人観光客のバスだったそうです。

土産物店のおばさんが、やっぱり、日本人相手だと、ホッとすると言っていたくらいです。
また、日本のスキー場も、多くは中国人が来ているそうです。

みんなで話したのですが、中国、15億人の国民のうち、1億人が裕福になっていると仮定すれば、そりゃ、恐ろしい状況になると。
日本で言えば、全国民が富裕層になったと言うことで、とても考えられる話ではありません。

スケールの違う話ですね。

ついでに、その中国人に自宅の設計を頼まれないものかと、儚い期待をしてみたものです。

メンテ
バルカン政治家・二階俊博・・・おっと、すごい地震揺れが来た! ( No.235 )
日時: 2015/05/30 20:49
名前: 満天下有人 ID:YtK5fuu.

今日の、日経記者上がりの田勢康弘がホストを務める東京TVの週刊ニュース新書に、この二階が出ていました。

あの民主党の隷米工作員・渡辺黄門ジジイがよく登場していたこの番組、どうしてかくも嫌な政治家ばかり出演させるのか、さすが隷米マスコミ、ジャパンハンドラーズどもの溜まり場を創る日経だけのことはある(笑)。

やはり最近注目を浴びだしたバルカン政治家・二階を登場させた。以前は竹中平蔵をよく出演させていたように、ロクな政治家でもないのに、のし上がって来ると、この番組に必ず出演する。故に、政治家の質を見るにはリトマス試験紙的に便利な番組でもある(爆)。

もう過去の人になってしまった小沢一郎とたもとを別かった代表例が、この二階と小池百合子。その時々の状況変化に応じ、出世の為に敵味方を目まぐるしく変えていくバルカン政治家の代表的人物でしょう。過去の疑惑は数々あれど、

〇西松建設献金疑惑など、マスコミはこいつの事には触れずに、小沢陸山会ばかりを報道。当時、警察庁からだったか、漆間と言う官僚が官邸副官房長になって、検察は自民党は捜査しない=二階疑惑は封印されると事前に言ってしまったものだから、一時世情は騒然となったものの、後は、さざ波も立たなくなった。

〇今回の訪中団。田中角栄の一の子分であった小沢が、親分の由しみで、中国政界の出世手法をよく学習。それを自由党時代に学んだ二階。今回はそれを踏襲しただけの事で、二階自身の発想でも無い。真似てやる所がバルカン政治家の面目躍如たるだけのこと。

まだ国家主席にもなっていなかった習金平を、無理やり頼まれて天皇陛下の謁見を画策し実現させた小沢一郎。中国共産党で幹部に出世するには、中国国内で権力地盤を確立するだけでは足りない。それを補完するのが外交上の実績で、日本天皇に会ったと言う実績は、米大統領との会談以上に中国政界では箔が付き物を言う。

江沢民とてそうであった。態々来日して天皇と会ったという実績造りに、二階が貢献し、己の自民党内地位確保にも利用できる一石二鳥を狙った。まあ、狙いが何であれ、日中相互利益に繋がるのであれば、それはそれで構わないことだが、しかしそれを利用して二番手政治家が権力の座について行く光景は、己の出世に力点があり、政治家としての資質上、余り好きでは無いな・・・・

二流政治家としての二階の印象は、この西松建設事件及び、中国大訪問団を真似る行動に集約される。それもしょうがない、シンゾーよりはましと言う、比較優位でしかこの国の政治は成り立たない。

中国経済動向を無視して日本の経済は成り立たなくなってしまった。いや、日本だけでなく本家のアメリカ、そして世界がそうなのだから、しょうがない。中国人観光客に頼る情けない、実に不安定な経済構造になってしまった。問題はそれでも良いから、何とか中国とうまくやってくれとしか言えない民情と、それを推進する二流政治家頼りのこの国。

円が124円をつけた。中国観光客は尚、増えるだろう。倒産しかかっていたラオックス家電量販店が、中国大手家電企業に買収されて、株価が15円から一気に150円にまで暴騰したのは、もう10年前のことになるか・・・・

円安は米国がいよいよ金融緩和打ち止めに入るとの観測から、ドル高に傾き始めたその裏返しに過ぎない。故に、中国観光頼りとて、一時のあだ花頼りの姿で、あのプラザ合意の時のように、いつ何時アメリカがまた、ドル安政策を押し付けてくるか分からない。そうなったらまたバブルが破裂する。プラザ合意によるバブル発生とその崩壊の時とは、影響が全く違うものなるだろう。

あの時は、まだ需要があって成長のネタに支えられていた。この次は、巨大な財政赤字の下での崩壊となるから、その影響は単なる株価暴落以上の天と地ほどの差になって跳ね返ってくるだろう。根本が変わるにはそれしかない。楽しみである。

・・・おっと、すごい揺れが来た、震度4〜5の感じだ!。浅間山も噴火を続けている。御嶽山もまだ油断ができない。一番近い噴火は箱根の温泉だ・・・震源地は小笠原列島はるか沖合だが、震度は名古屋、関西、四国、鹿児島にまで1だ。地理的揺れの中で政治は、未だにアメリカに手を引かれて日韓、日中関係を模索。二階はさすが目が効くバルカン政治家だな、ワッハッハ。
メンテ
Re: おっと、すごい地震揺れが来た! ( No.236 )
日時: 2015/05/30 21:51
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:BVdKdUsQ

神奈川県で震度5強のようですね。

地震お見舞い申し上げます。

私の地方は、私が覚えている限り、震度4が最強です(阪神淡路大震災)。

建築設計士として、震度5は、実際に、どの程度か、何時も気になっています。


バルカン政治家ですか!

懐かしい、呼び名ですね。
メンテ
Re:すごい地震揺れが来た! ( No.237 )
日時: 2015/05/30 22:23
名前: 満天下有人 ID:YtK5fuu.

発表によればMは8.5。これなら震度はもっと強く感じる筈が、震源地が小笠原のはるか南で、深さ590キロでしたから、震度もこの程度で済んだのか、ぞっとします。

10日ほど前にも箱根の温泉地の連日に亘る噴火を見ていたら、こちらに震度4の地震が来て、下からドンと突き上げるような感じで、でも後の揺れは、ユラユラという感じ。

だが5となると、ドンと突き上げられた後の揺れにパワ−を感じます。マンションの鉄骨がギシギシときしむような感じですね。そして驚いたのがこの関東地方における地震の影響が遥か鹿児島県にまで伝わっていることです。四国沖から鹿児島まで震度は1で小さいものの、範囲の広さが不気味です。

これに南海トラフによる地震が同時に発生したら、どうなるのか・・・日本沈没が極めて現実的になります。
メンテ
地震で日本のバカ政治が一時ストップするのが望ましいのじゃないですかねえ。黒い男のアベシンゾーを国民は止められなかったんだから。 ( No.238 )
日時: 2015/05/31 00:43
名前: 青トマト ID:KJfCz9Og メールを送信する

地震を恐れるのではなくて、世直しの揺れとして歓迎出来ないものですかねえ。

関東大震災だって日露戦争で成金になった日本への戒めだったと考えますが、

その後の日本は転落の道を転げ落ちて行きましたねえ。

アベは最悪の逆賊だから、そりゃあ日本の地盤も怒るでしょう。

アベなんかいくら気張っても、何もないんだから、スッテンコロリンですよ。

今に見ていろ!!だ。

ざまあみやがれ、と皆が言う日が早くくるだろう。

高速道路の上に乗っかって、猛スピードで走ってるアベ政権ボロ車が地震で高速道路が倒れて、スットンデ地上に激突分解となる様だ。

なにも知らずに今が華だ。

哀れな奴等よ。

地震だって…豪華客船に乗った気分よ♪
メンテ
Re:日本列島全噴火で、世直し出来る。 ( No.239 )
日時: 2015/05/31 05:48
名前: 満天下有人 ID:YYPCOnPY

あはは、全く!そうでもならないとこの国は、何も変わらない。

但し、古くは関東大震災、近くは東北大震災のように、地域限定での大震災は、政官による復興予算のつまみ食いを誘発するだけで、何も変わらないから、やはり全国規模で大震災が起らないと、1000兆円の大負債も処分できない。処分するには絶好のチャンスとなります。

しかし一時的にせよ瓦礫の中での生活は、大戦末期にB29空爆から逃げた防空壕生活に似て、嫌だね(笑)。

まあ日露戦争勝利とは言え、実際は負けていたようで、なのに誤魔化した報いが1923年(大正12年)の関東大震災だったかも。でも被害は関東地限定であったが故に、震災優遇策に便乗した向きが多く、日銀に大災害前発行の手形割引決済不能分までをも引受させ、あの有名な鈴木商店や台湾銀行までがその制度を悪用して、不良債権を精算せず、後に続く昭和恐慌で支え切れずに倒産。

日露戦争時も、この関東大震災でも儲けたのは、日本公債を引き受けてくれたロスチャイルドと、その系列であるモルガンだけ(笑)。日露戦争時のロスチャイルド借金も完済しないままで、この関東大震災復興債も引き受けてもらい、それをまた、徳川家会津親藩・松平家の松平恒雄が駐英大使になった時に、まけてくれと嘆願し、英ロスチャイルドと大喧嘩(笑)。

3年前の東北大震災の復興予算は18兆円。だが、あれもこれも復興に絡めて税務署の建て替えや、自衛隊の厨房改修費まで、果てはクジラ調査費に自衛隊米国での訓練費にまで予算が流用されている。

だから、全国規模での大災害でも起らないと、自分の手足を食っているタコ足食いの矛盾に気がつかない。全国規模でなら1000兆円の復興債を発行し、それで一旦旧債務を清算し(つまり旧公債は燃やしてしまう)、不要となる年間約30兆円の公債費を減税や年金にあてがい、需要を喚起して新たな税収を計る。

ハイパーインフレの懸念?・・・そんなの時限的に物価統制令でカバーできる。今のままでの円安継続で円の信用を棄損するよりも逆に、おお、円もなかなかやるなと、逆に円への信用が回復できる(笑)。全国規模での災害にならないと、負債も燃えないから(笑)。まあ国民金融資産が一旦は無くなるが、そうでもならない限り、この国は政・民ともにカラクリに気がつかない。
メンテ
調子に乗って<日本沈没 ( No.240 )
日時: 2015/05/31 11:40
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:f9BGfbwE

小松左京「日本沈没」

http://www.pideo.net/video/pandora/4fa55606c68b53f4/

物語

地球物理学者である田所雄介博士は、地震の観測データから日本列島に異変が起きているのを直感し、調査に乗り出す。潜水艇操艇者の小野寺俊夫、助手の幸長信彦助教授と共に小笠原諸島沖の日本海溝に潜った田所は、海底を走る奇妙な亀裂と乱泥流を発見する。異変を確信した田所はデータを集め続け、一つの結論に達する。それは「日本列島は最悪の場合2年以内に、地殻変動で陸地のほとんどが海面下に沈没する」というものだった。

最初は半信半疑だった政府も、紆余曲折の末、日本人を海外へ脱出させる「D計画」を立案・発動する。しかし、事態の推移は当初の田所の予想すら超えた速度で進行していた。各地で巨大地震が相次ぎ、休火山までが活動を始める。精鋭スタッフたちが死に物狂いでD計画を遂行し、日本人を続々と海外避難させる。一方、あえて国内に留まり日本列島と運命を共にする道を選択する者もいた。

四国を皮切りに次々と列島は海中に没し、北関東が最後の大爆発を起こして日本列島は完全に消滅する。


>新日本沈没

良識の掲示板である糾弾サイトは、日頃の観測データから日本列島に異変が起きているのを直感し、警鐘をだす。このころになると経済産業省も釜ヶ崎など貧民層の調査に乗り出し、日本社会を走る奇妙な亀裂と経済の大断層を発見する。異変を確信した政府はデータを集め続け、一つの結論に達する。それは「日本列島は最悪の場合2年以内に、経済変動で地域のほとんどが水面下に沈没する」というものだった。

最初は半信半疑だった政府も、紆余曲折の末、日本人富裕層を海外へ脱出させる「D計画」を立案・発動する。しかし、事態の推移は当初の予想すら超えた速度で進行していた。各地で巨大暴動が相次ぎ、自衛隊までが自暴自棄の行動を起こす。阿部政権のスタッフたちが死に物狂いでD計画を遂行し、日本人を続々と海外避難させるが受け入れ先がなく失敗に終わる。一方、あえて国内に留まり日本列島と運命を共にする道を選択する者もいた。

四国を皮切りに次々と列島は破綻し、北関東が最後の大暴動を起こして日本列島は完全に荒廃する。

メンテ
Re: 新・日本沈没 ( No.241 )
日時: 2015/05/31 13:22
名前: 満天下有人 ID:YYPCOnPY

アッハッハ、でも現実性は非常に高いです。笑いごとでもない。

何やら別スレで、旧約聖書の話が出ていたようですが、39の記で構成される旧約のトップの記である創世記の最初に記述されている渾沌が、大和八洲をも覆う事になりそう(笑)。

渾沌の中でヤハゥエの神が、新たに天と地を創ってくれるだろうか?(笑)。沈没した八洲に、アマテラスオオミカミが第一日目に、「光あれ」と言われ、再び天と地を創造してくれるだろうか?・・・いや旧約には来世という概念は無いから、やはり仏法における輪廻転生でしか、生き返らないのか・・・

でも日本神話では、天上の神々、アマテラスやスサノオノミコトが高千穂や出雲に天下るから、再世しても官僚天下りがまた芽生える(笑)。神仏混交でまた、ややこしい国になりそうです(笑)。
メンテ
プレミアム商品券 ( No.242 )
日時: 2015/06/01 13:06
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:LMeP4TfU

先日のある会合で知ったことですが、満天下さんは、どのように思われますか。

隣の町のことですが、町がプレミアム商品券を発売したところ、ある販売所では2時間で売り切れたそうです。
町の窓口で発売するのではなく、その町の商工会に属している有力商店で販売したそうです。
内容は、その10000万円の商品券を持って行けば町内の店では12000円分の商品が購入できると言うものです。
その町の場合、総額 2億5000万円分の商品券を出したそうです。
全ての人が商品を購入すると3億円になり、その差額、5000万円は町の負担と言うことです。
最も、町の負担と言うよりも、その分、国から補助金が出ている様です。
ついでに言いますと、換金の実務は商工会が行い、手数料として数%をせしめるらしいです。

更に聞きますと、このやり方は、下記に紹介する様に、最近、流行のようで当地、宮津市でも始まる様です。


http://www.kyoto-np.co.jp/potics/article/20150417000042

プレミアム商品券求め列 京都・福知山市、販売始まる。

特設販売所でプレミアム商品券を買い求める市民ら(福知山市役所) 京都府福知山市は16日、1万円で1万2千円分の買い物ができる「ふくちやま復興プレミアム商品券」の販売を始めた。府内で最も早い販売で、市民が列をなしてお得な商品券を次々と買い求めた。初日は1万4336セット(午後5時現在)が売れた。

 商品券は1セット千円券12枚つづりで5万2千セット発行。1人5セットまで、代理は2人分まで購入できる。スーパーや家電販売店、飲食店など市内の297の加盟店(14日現在)で8月31日まで利用できる。福知山商工会議所など9カ所で販売している。

 市役所では販売開始の午前9時前から45人が並んだ。市民らは伝票に住所や名前を書き込み、福知山城があしらわれた商品券と現金を交換していた。

 1時間前から並んだ三浦尊賢さん(65)=同市かしの木台=は「20%の補助は大きい。日用品や電化製品を買いたい」と話した。

 プレミアム付き商品券は国の交付金を活用した取り組み。府内全市町村で順次発行される。

 府北部の市町の発行予定時期は次の通り。

 舞鶴市=6月〜完売まで▽綾部市=5〜6月▽宮津市=6〜9月▽京丹後市=5月▽伊根町=5〜7月▽与謝野町=5〜11月

(引用終わり)

要するに、ベイシック・インカムの一種と思いますが、安倍のバカタレは、こうしたこともせっせとやっているようです。
主婦の弱みに付け込んで、なけなしの金も吐き出させるとは許せません。

最も、2億5000万円が、2時間で売り切れたとは、私にとっては別世界です。


メンテ
Re: プレミアム商品券>フオアグラ製造的な国家経済i政策 ( No.243 )
日時: 2015/06/01 19:44
名前: 満天下有人 ID:tJRAcljs

この記事を拝見して咄嗟に浮かんだイメージは、フオアグラでした。

ガチョウにこれでもかと言わぬばかりにエサを口から詰め込んで、三大珍味と言われる肝臓を肥大させたフオアグラ取り出し、高級珍味として売る。シンゾーどもの稚拙なアイデアは、何としてでも何かを国民消費者に詰め込んで、アウトプットさせようとしている。マクロの頭が無いものだから・・・あるのは米国助けだけ。

この地域プレミアム付き商品券は、故郷納税にも似たりで、要するにカネを使ってくれるか、カネを納めてくれれば景品を付けますよと言う、一種のお金の循環を促進させる地域通貨的発想から生じたものではないでしょうか。

あのバカげたアベノミクスによる、日銀のインタゲ政策で、日銀がいくらベースマネーを積み上げても末端需要が伸びなかった。伸びなくて当たり前、最終実需者がオカネを使わないのだから・・・可処分所得の絶対値は上がらず、上がった層とて、将来への社会不安が強まっている証拠として、使うオカネの効率を計算して使うようになってしまっている。

しかも日銀が率先して物価を上げると言ってるのですからね、トイレットペーパーなど、前と同じ値段で売っていても、長さが短くなってしまっている(笑)。私の好物であるウイスキーつまみに持って来いのカリフオルニア産ピスタチオ・・・以前は一袋130円だったものが185円に値上がり。別のコンビニでは一袋298円だったから、この一袋130円を2袋買った方が得でした。

298円÷60粒=4.96円/一粒
130円(30粒)X2袋÷60粒=4.33/一粒

そこで130円が185円に値上げされた場合、185円÷旧価格4.33=42粒・・・一袋に42粒入っておれば価格据え置き。だが35粒しか入っていない。つまり185円÷32粒=5.78円で、巧妙に値上げされている(笑)。

まあ円安だからと言われればそうかもしれないけど、エネルギー代=原油など高値から半値になっているのに物価上昇とはこれ如何にで、どうも日銀超金融緩和効果=物価上昇に行かないものだから、経済業界に対し、あれこれ値上げさせているのではないかと、疑いたくもなります。物価が高くなっているとの印象が一番強いのは、魚類です。元々近海ものは高かったですが、最近では輸入物も結構高くなっている。

さて、物価は上がっているのに国民経済全体としては、逆に年率で0.3%しか上がっていない。これでは消費税増税分だけが上がった勘定で、物価高の印象はあるのにGDPベースでは全体としては上がっていない。これは、例えば例に出されたその商品券にプレミアムをつけるなど、売上量は増やすが実質実入りは前と同じというおマジナイ商法が流行り出したからではないかと推測しております。スーパーなど、いまだに夜8時頃から始まる半値セールに皆さん殺到している。

我が家でも、かくも毎年年金を減額され、かくも社会保険料が上がってくると、昼間1500円の焼肉などバカバカしくて買う気がしません、夜8時頃行って750円で買いますね(笑)。

もう政府による経済政策も、正に民間商法程度に落ちましたから、逆に民間があの手、この手で買わせるアイデアを連発し出したのでしょう。もうインターネットPRなど、明日までなら通販でポイント倍にするとかどうとか、広告がほんとにうるさくなりましたね。民間消費者も、このような傾向を強めているから、プレミアム商品券などと言う物が出回り始めたのでしょう。

<安倍のバカタレは、こうしたこともせっせとやっているようです>

問題は正にこれですね、あのノータリン頭では、精々この程度のことしか出来ない。それもあの鳴り物入りのあべのミクスはどこえやら、さっぱり効果も無いものだから、例によって詐欺話法を駆使して目先をかわすために補助金でもってプレミアム付き商品券などの浅はかな知恵を地方自治体に入れ込む。

まあそれを受ける国民も、それで実質2割アップの商品券を手にすれば、儲けたっ!と喜び、騙し装置によってでなく、騙され装置全開で、幸福感を味わう(笑)。世界も含めて根本は、分配を限りなく広げないとやって行けない構造になってしまっているのに・・・お目出度い光景がますます広がって来ました。




メンテ
ゆうちょ銀行が腹黒の日銀黒田と話し合ったうえで、国民の郵貯資産を外資に差しだして、スッテンテンにするようだよ。 ( No.244 )
日時: 2015/06/02 23:50
名前: 青トマト ID:mVefM9M2 メールを送信する

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6690.html

国債は戦時国債のように軍票のように、価値を低下させるだろう。

一方で、郵貯の国民資産は、外国株や外国債に投資して、何れはこれも行き詰まるから、スッテンテンで、

裏で、外資は持ち逃げ夜逃げを計る計画倒産をやるのではなかろうかい?

満天下有人様、出来ればお詳しい解説と御意見の表明を頂きたいものです。

私は専門外であり、不馴れゆえ。
メンテ
郵貯国民資産、日本国債、株式市場は、ユダ菌を通じ表裏一体(1) ( No.245 )
日時: 2015/06/03 11:17
名前: 満天下有人 ID:0F.Tfs0Q

2015/6/3 「日本国民郵貯資産と日本国債の関係は、表裏一体(1)」

青トマトさんの質問には、膨大な問題が含まれており、且つ、郵政民営化から始まったこの国の国民資産の運用の問題、つまり小泉内閣から始まった国債を軸にした長期的売国問題、そして貼り付け記事によるこれからの郵貯国民資産の運用問題ど、短期要素も長期要素が土台になっており、要素をこれまでの長期要素、それと郵貯運用変更の短期要素、二つに分けてみたいと思います。両者は勿論、表裏一体になっておりますが、目先問題としては、バカノミクスによる郵貯運用方針の変更であり、このことは郵貯に限らず民間金融機関も軒並み国債運用額を減らし始めております。

さて、どこから手をつけましょうか(笑)・・・短期視点では郵貯、カンポの比較財務諸表を作って数字を見なければならず、そのことは国債市場との関係も数値的に見る必要があり、作業に少し時間を要しますので、先にこれまでを振り返っておかねばなりません。その延長線上に提供ブログの記事が乗っかっている訳で・・・

<国債は戦時国債のように軍票のように、価値を低下させるだろう>・・・その要因について私は、小泉郵政民営化が始まった15年前から言い続けて来ました。それは長期的要因によって、しかも外資による郵政事業への参入によって、国債市場が荒らされることになる。貼り付け記事の郵貯運用の株式への増額変更も、この長期的に行われて来た民営化の本質に乗っていると思いますので、先ずはそこを復習しておきたい。株式市場への運用増加もユダ菌による運用それと無関係ではない。

何故かというと、ユダ菌共による日本郵政資金の運用の思惑、否、強い表現を使うなら指令と言っても過言ではない。それは郵政支配の時期=郵政株式の解放、上場時期が近付いており、短期運用を旨とする国際ユダ菌の手法からして、利回り運用の妙味がうすくなっている国債市場よりも、先ずは株式市場への運用に転換させる、現にゴールドマンサックスの経験者を起用している。郵政株式はまだ上場されていなのでユダ菌が直接郵政に対して指示している訳ではありませんが、既に前触れ的な行動であることは、NY市場の二軍で補完的な役割を果たしている日本株式市場にあっては、郵貯巨額資金の株式市場への運用比率増大は、事前トレーニングとしては絶好の材料でしょう。

書き出しが少し長くなりますが、郵政民営化が一時スムーズに行かなくなった当時、ワシントンポスト紙までが民営化は、米国にとっておいしい話で、当時国会衆院予算委員会で民主党がごねて、小泉が解散まで断行、WP紙は民営化が一時中断されても待ってますよと、ジャパンの巨額資金は必ず解放されるとの記事を書いていた程です。

民営化に猛反対していた、当時はまだ三井住友の頭取であった西川、突然に民営化賛成に回りました。バブル崩壊で自己資本比率が最も毀損していた三井住友・・・当時の政府財政経済担当大臣・竹中が西川頭取をゴールドマンサックスに紹介、極秘裏に将来の郵政民営化に際してはGSに最優先陰茎を与える条件で、三井住友えの融資を実行させて、その後、西川頭取を初代郵政社長に据えました。

ウオール街のGS本社の階段を、オーバーの襟を立てて分からぬようにGSに入って行く姿も日経だったか?にスナップを撮られていました。当時では日経でさえまだジャーナリストの根性は残っていた。でも数日でこのスナップは削除されました。

私はたまたま、ユダ菌共とどのような密約がされているのか、大いなる興味を持ってアレコレの情報を見逃さないように気を配っていたある日、旧郵政のHPに、郵貯資金をどのようにユダ菌どもに運用させるのか、その分割原案を旧郵政のHPで見てしまったのです(笑)。多分、郵政民営化の直前多忙で旧郵政官僚どもも、ついミスしちゃったのでしょう。コピー取って再確認の為に翌日HPを覗いて見たら、もう『記事の閲覧は出来ません』との表示(笑)・・・順次掲載しますが一日の違いで貴重な資料を手にすることが出来ました。

そして郵貯カンポの不祥事等々その後、暗部が次々に表に出て、鳩山邦夫総務大臣(郵政担当大臣)と西川初代社長とのバトルが始まったことは、ご承知の通りです。そこで郵政株式の上場及びその時期、そして政府持ち株比率をどうするかが、自民党政権の崩落と共に棚上げされてしまい、政権が民主党に変わりました。そして民主党も衣を脱ぎ捨てて野党時代とは反対に郵政株式の上場時期を明確にしました。

この間の経緯、当時経団連会長の奥田が、民営化の委員長に座り、オリックスの宮内に便宜を図るなどして、もう政官挙げて国民資産をユダ菌米国へ開放する売国政策が、恥も外聞もなく推進されておりました。売国だけでなく、国内でも奥田の本拠であるトヨタの生産性向上指針が郵便局にまで導入され、郵貯カード発行も当初は三井住友銀行が独占するなど、内外合わせても巨大資本の利益に供されましたね・・・よく世間話をするご近所の日本郵便でパートをされている奥さんから内情を聞きますが、色んな話が漏れてきます(笑)。旧郵政分割後各社の、同じ職場内でのいがみ合いなど、何が生産性向上だと言うのか、その色分けは社員が首にかける紐の色によって違います。

ま、続く投稿で話の順序を現状から始めるとして、小泉、竹中が民営化の第一歩を築いたものの、ユダ菌どもによる郵政への侵入は、リーマンショックによって一時中断されました。その民営化後の資産のことが最近、また金融市場で口に上り始めました。

それはアベノミクスによる株価上昇政策、それを推進する日銀、その土台は国債市場にあり、そして最大の国債保有者であった郵政、その株式上場とその後の政府とユダ菌の保有比率がどうなるのか=当然ながらユダ菌が大手を振って株式を保有することになります。つまり経営に発言権を持つことになります。と言う事は運用比率=国債を自由に売買し始めます。連中はCPによって精密に計算し、自動的に売買の自動指令をコンピューターから得て、瞬時にポートフオリオを作成、行動します。

そこで話を理解するには、国債市場の仕組みを知っておかねばなりません。これまでは大蔵省預託金制度によって国債は、国内金融機関の最大資金を持つ郵政が保有者のトップでありました。現在でも外国保有が増えて来たとは言え、その比率がまずくなって来ると日銀が買い上げてしまうから、まだまだ国債価値は国内でいかようにも操作できます。現実に超低金利政策でそれをやっておりますね・・・郵政西室社長と日銀黒田との間で話し合いがあったとの記事が、それを裏付けていますが、日銀がマイナス金利までにして国債市場に介入するでは、目先ユダ菌にとって郵政の国債保有率の大きさが目障りになりましょう。

でもまだまだ巨額残高がありますから、ユダ菌が郵政を通じ保有するとなると、特にCP運用で割り切ってしまう連中ですから、もう完全に国債市場、為替金融市場をも含めた先物の売った買った運用に組み込まれてしまいます。いや自由市場でやるのだから構わないではないかとの意見もあるでしょう。だが、よ〜く数値を見てください。一番怖いのが国債発行大元である政府巨大借金です。短期期間利益重視のアメリカ型営業なら、これが大きく揺さぶられます。国家予算も組めなくなることはあり得ます。青トマトさんが言われる敗戦時の国債破綻以上の影響を及ぼすでしょう・・・何故か、敗戦時にはまだこれから復興するぞと言う成長期待=潜在成長率があり、現にそれによって傷も癒えました。だが今回は何もありません。まあ為替円安などによるおこぼれはあっても、そんなのカスに頼っているよなものです。

通貨の強弱は、原則的には当該国金利差によって動きます。実質金利と名目金利の、相対する他国との比較によって傾向的に動きます。つまり国債価格にその動向が現れて来ます。そして株価にも影響を与えます。目下の更なる円安のカギはどこにあるのか、リーマンショックの後始末の目途がついたのかドル高傾向に反転した裏返しでしょう。ここにも国債市場が関係している・・・・

と言う事で、順次数値も使いながら、先ずは国債市場、それも先物市場の構造を見ておかねばなりません。そこをまず押さえておかないと金利市場(短期市場、長期市場の国債との関係)→為替市場→株式市場との関係カラクリが分からなくなります。

順序よく数値も入れないと分かりにくいと思いますので、かなり膨大な数値分析も要し、少し時間をください。バカノミクスに乗せられた日銀、円通貨の価値、信用はどのようになって行くのか、その為に日銀財務諸とのベースマネーばかり見ていて、郵政関係各社の財務諸表分析がおろそかになっておりました(笑)。今夜にでも比較貸借対照表を作ってみて、それから運用変更についての、つたないコメントを書いてみたいと思います。その前に国債市場の構造、現物と先物市場の構造を理解しておかねばなりません。この分野は、株式市場と違って金融専門家だけが参加しておりますから、一般人にはデーターが入手しにくい面はありますが、大まかな動きは把握できますので。
メンテ
日本国民金融資産、日本国債、株式市場はユダ菌を通じ表裏一体(2) ( No.246 )
日時: 2015/06/03 20:26
名前: 満天下有人 ID:0F.Tfs0Q

今回、郵貯資金運用のポートフオリオを、国債から株式運用に比重を変えるとの記事、郵貯の財務諸表で確認しました。主たる資産の前期からの比較B/Sにもはっきり出ております。

H26年3月末国債保有高  126兆3900億円
H27年3月末   “ 106兆7700億円   ▼19兆6200億円

H26年3月末その他証券 22兆7300億円
H27年3月末  “ 32兆8900億円(内外国債券17兆円) +)10兆1600億円

H26年3月末預け金     19兆3400億円
H27年3月末預け金     33兆1600億円  +)13兆8200億円

H26年3月末株式保有高      9億3500万円
H27年3月末  “           9億3500万円    ±0

上記数値から見えるもの、今年年度変わり4月の段階では、確かに国債は19兆円も売却しており、だが株式保有数は僅か9億円態度で、運用に変化は見られません。だが、預け金が一気に13兆円も増えております。

これは明らかに、国債売却先である日銀に、当座預金として預けたものであり、つまり、アベノミクスに呼応して日銀が、非伝統的金融政策として謳った、日銀ベースマネーを増やす政策によって経済を復活させるとの(インチキ)政策に沿って郵貯も、そうしたのでしょう。

では何故、郵貯はそんなことまでして、国債売りに走ったのか、これは郵貯に限らず銀行、生保などもそうしているのですから、一斉に一つの方向に向かった訳です。ここにシンゾーと米ユダ菌の合意が垣い間見れます。

米国は、彼ら自身の金融、経済政策にせよ、日本を便利屋として利用しているのですから、日本が従来通り市中金融機関も含めての国債買いのPKOをやっていたのでは、財政悪化による財政フアイナンスがモロに表面化して、金の卵を産ませる鶏として利用する方針からすれば、従来通りのやり方ではまずい・・・・

財政悪化を表面化させるだけの単純な民間引き受けの国債発行では、何のメリットもない。それどころか国債発行の民間による連続引き受けでは、超金融緩和政策が、悪化する単なる財政フアイナンスにしか過ぎないと市場に見透かされてはまずい。米国際政治戦略上でも、日本にカネを出させねばならないのだから、そんな財政フアイナンスをやってるだけとの印象を世界に与えたのでは、特に対中政策上まずい・・・・

そこで米日共同で、うまい名目を編み出さねばならない。日銀超金融緩和の効果をどこに力点を置くか・・・そもそも国民経済の復活の為に、などと言う本音はは全く無かった訳ですから、手っ取り早いのは株式市場の力任せによる押し上げしかない。

シンゾーが昨年暮れに訪米して、オバマに晩飯もおごって貰えなかったせいもあるのか、余った時間をNY証券取引所でアベノミクスによって株価はまだ上がると大演説(笑)、政治的には株が、日経平均で2万五、六千円くらいいまで行かないと、いや、行かせないと、政権が保てない。

政治的な側面からすれば、そういうことでしょう。そして短期的市場側面からすれば、郵貯とて金融資本です。ユダ菌がバックについておれば、アメリカ式の短期期間損益を重視せねばならない。明治維新後のように、ドイツ型資産重視の経営では無く、期間損益を重視したアメリカ型の経営運営をせねばならない。

まあ、アメリカは何だかだ言っても、資源もあるから、期間損益型重視で株主に報いる経営でも構わないだろうが、資源の無い我が国では、その少ない資源でも、国民経済を安定させる=中長期的な政策運営が国家資源の元なのですから、売った!買った!のようなバクチ的市場運営に頼ることは、ほんとに如何なものかと思います。

だが、その短期投資利益重視型に傾斜するなら市中金融業界は、中長期国債、特に短期市場でマイナス金利になるような金融商品=国債の場合は、価格が上がり、証券資産評価としてはプラスでも、短期的には実現利益が出ない、つまり低金利政策が目下の国債市場の眼目ですから、国債価格の上昇=金利収入の低下ですから、いつまでもこだわっていては、運用益が出ない。郵貯に限らず市中メガバンクとてそうです。
昨年、三菱UFJが真っ先に、今後は国債市場での新発国債を引き受けるとは限らないと宣言しておりました。

そのことは、実質上では禁じ手である日銀国債買いに対する、金融の本質的不安を現していたと受け止めることが出来ます。言い換えると、では日銀による超金融緩和の本音は何なのか、国債売りは中央銀行が引き受けてやる、だからお前達は、日銀が買ってやってジャブついたカネで株を買っておけば良い、というに過ぎません。

今回の郵貯による株式運用へのシフトも、その構図の一環に過ぎないと見ます。そこには一石二鳥の誤魔化しが透けて見えます。一つは前述のように、財政悪化隠しです。だから日銀黒田はオフレコで、経済諮問委員会で突然発言し、日銀が超金融緩和をやっている間に、少しでも良いから、更に増税しておかないと、困るとの発言になった・・・その背景には世界諸国中央銀行のまた中央銀行であるバーゼル国際決済銀行・BISで、金融機関の自己資本比率上で、一定以上の国債保有高は、リスク資産とするとの討議が行われている事も、大きく影響していると思います。

(1)期間損益的には、国債買いだけでは運用益が上がらない。だが国家財政的には国債買い札割れが起ると、日本財政沈没になる、だがそこは日銀がやる。
(2)郵貯背後にいるユダ菌共、日本株式市場もまだ上昇トレンドを示さないと、NY市場が困る。
  だから郵貯も株をもっと買え。GPIF・年金運用基金だけでは単純買い支えになって、手口が見え透いている。巨大郵貯も参加すべし。
(3) いずれ郵貯の株主になった時には、日本国債売りで巨利得る。だが目下のところでは、利回   
   運用益が望めないから、それは暫くほっとけ。その間に株式市場で利益を出せ。

GPIFに郵貯が加われば、株式市場は生き長らえる。財政悪化、増税の目くらましに役立つ。
だが、同じ規模でリスクも増加するでしょう。人間はレジームチエンジより、同じことを繰り返すよう方向で進むようです。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.247 )
日時: 2015/06/03 21:50
名前: 混沌 ID:XqfeWq6.

 数多くの政治家や、マスコミの論客たちが、日本の屋台骨に触れたその直後に、誰にとは言いませんが、その発言生命を絶たれたことは、今更言うまでもありません。
 数日間、満天下さんの書き込みが滞っただけで、『スワー、きたか・・』と、心配している今日この頃です。 「サルでも解る」と云えば失礼ですが、安易に噛み砕いて表現なされている文章、拝察するに細かく保存している様子がうかがわれます。

 感度が鈍い筆者などは、3年位してから「あ〜〜そうだったのか・・」と、思うことしきりです。 前にもリクエストしたような気がしますが、ヤフー時代の投稿も絡めて、今の日本の現状がなぜそうなっているのか、またこれから、どうすれば日本的心情を失わず、この国を継続していく事が出来るのか、そんなに大きなテーマでなくても良いのですが、そう云う事を後輩達の為に記録して戴く事は、出来ないものでしょうか?

 大きく言えば日本人的心情、小さく言えば『反金銭万能主義』、今の世間で、人々が生きる為に必要な事は何であるのか、この日本に江戸時代から息付いた、共同体の生活上の『国民の品格』。  無駄な抵抗の様な気がしない訳でも有りませんが、この種子は未来へ残して遣るのが、現代に生きる我々の責務ではないかと思います。

 くれぐれも、お体を大切に、また未来を見据えたご意見を、お伝えして戴く事を希望いたします。 
そして、この掲示板でも門外漢では、見当のつかない着眼点を、これからも御説明頂ければ幸いかと、存じ上げます。 
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.248 )
日時: 2015/06/03 23:25
名前: 青トマト ID:mLyyX8qI メールを送信する

満天下有人様、複雑な背景の動きを教えていただき、驚きもありますが、理解が門外漢の私にはなかなか難しいものがありますが、

判るところだけでも判れば、当面は仕方ないと考えますが、

やはり、裏でヒソヒソと動き回って居るわけですね。

彼ら、将来の展望なんて考えているのでしょうかね?

最早、賭博も八百長続きでどこまでもつのか?

でも、日本人だから付き合っていると言えるのではないですかねえ。

日本人には、自分がありませんから。

例えは悪いが、日本国民はユダ菌の従軍慰安婦です。

でも、報酬は貰えないから、単なる性奴隷か?

汚い例えで、エロウすんまへん。
メンテ
こんなに気持ち悪い時代って、初めてだ。 ( No.249 )
日時: 2015/06/04 13:54
名前: 満天下有人 ID:LBCcjgUY

渾沌さん、青トマトさん、お気遣い恐縮します。しかし、国家権力が力づくで、こんなに気持ち悪い時代にしてしまった、その事にはほんとに心底から驚かされます。

今週は、地方税の税額決定通知書が届きました。市民税、県民税で所得の有無に関わらず徴収される所謂均等割り税額、つぶさに読んで行くと、災害何とかやらでまた500円、20年間追加されている。一昨年からは東北災害復興税として、地方住民税が25年間、千円増税されていたのに、今年また500円追加増税されている。

誰が何時、勝手に決めているのだ!市役所に聞いても答えが無い。その増税の根拠法は何なのだ、それを年金から特別徴収として天引する根拠法は何で、いつ誰がどこで決めたのだ!地方自治体でなく、やはり中央が決めたのか、では地方は中央が決めたことをただハイハイと、受け入れているだけなのか!何の為の自治体なのだ・・・

そもそも国には国民が居て、地方には市民が居て、その生活安寧の為に国、地方自治体が存在する。子供でも教えられて分かる理屈が、それを預ける官僚、政治家と、上に行くほど分かっていない。これは明らかに憲法違反であり、その違反を憲法に忠実であるべき代理人である政治家、役人が、どこで誰が決めたのかも教えられない、知らないとは、どういう事だ!!

まあ、今週は頭に来ることが多くて週初からケンカの連続(笑)、復興税や災害対策税は、地方税法321条、7の2の改正で決められたと答えはするが、ではそれは誰が決めたのだ、役人が勝手にか?国会、地方議会が知らぬ間に?・・・そのことを誰に聞いても応えることが出来ないから、ならばオレが直接市議会で、全議員さんの前で質問したいが、傍聴一般市民に質問権はあるのか問うと、やはり出来ない規則になっている。

議員を通じて「陳情」という形でしか聞くことはまかりならぬと言う。そんなバカな民主主義っておかしいと思わないのか!こんな青臭いことまで言わせるような世の中になってしまい、そのことをクレイムすることも出来ない政治で良いのか!オレが言うてること間違っているか?・・・すると黙りこくっていたどの役人でも、いえ、正しいですと言い出す(笑)。

まあ、あなたがたは役人で事務官に過ぎないから、問い詰めてもしょうがない、ならば市会議員に聞いてみるとして、ジミン、コウメイなどに電話しても、こちらの主張について丸で何もわかっていない。市民が直接議会で聞けるかどうかに絞ると、それは出来ないというだけ・・・バカヤロー!お前さん、政治家だるが、そんな役人みたいな答えしかできないなら、政治家辞めろ!と怒鳴りつけたら、もうヤクザ紛いでケンカしてくるのですね(笑)。何県でしたか?お涙議員と揶揄された県議がおりましたね、カラ出張か何かがバレて、泣きじゃくる議員・・・私が今週体験した連中も、どれをとってもこれと似たりよったりの者ばかりなのです。

まあ、国債売りの株式買の話とて、その背景に横たわる、起り得るリスクの想像も怖い物ですが、そんなことにも無頓着、否、分かっていない政治家どもが政治をやっている、その事自身にも恐ろしいものを感じます。そんな政治が花盛りなのですからね。

金融市場の世界は複雑で、非常に分かりにくいと思います。何重にも張り巡らされたヘッジの世界で、それがほとんど連関し合っているのですから、相当高度なCPシステムポートフオリオを操作できるくらいでないと、理解が困難です。目下、知る限りでは、それがやれるトップクラスの頭脳集団が、ゴールドマンサックスでしょうね・・・我が国債券市場も、2007年?だったかで、先物市場でう年間取扱高が初めて1京円を超えておりました。

国債をベースにした金融の仕組みを創ったのは、1642年にピューリタン革命で英国に戻ることを許可されたオランダ系ユダヤ人が、仏ルイ14世の横暴に対抗し戦費調達に苦しんだ英国に120万ポンドの金を貸し付け、その返済方法として国家が利回り年12%の国債を発行する仕組みをユダヤ金融商が独占する英イングランド銀行の創設が、そもそもの始まりです。

青トマトさんたちが別スレッドで旧約のトップに位置つけられる創世記の失楽園の話をされていたようです。神が御創りになった最初の人間アダム、そのアダムとエバがヤハウエの神の意志にそむいたとして、楽園から追放される。「労働」とは、人間に対する罰として失楽園から始まったと、欧米人は人が働かねばならなくなったのは、この創世記に記されている人類の祖・アダムの罪を相続しているからだと、日常的にも自然にそのように精神に埋め込まれているようです。

そこで言う労働・・・汗水垂らして罪をつぐなう力仕事のイメージ。金融の仕事は汗水たらさずに手もよごさない労働で、つまり罰としての汗水垂らす労働から逃げた仕事だとも解釈できる(笑)。だが実質的には、こんなに手も汚し、人をも死に追いやる要素を持っている金融なるものの仕組み。神が与えた最大のお仕置き、罰が金融の商売ではなかろうか(笑)、人間どもは益々その罰の中で苦しんで行くことになりそう。
メンテ
法的安定性、論理的整合性があれば、安保法案は違憲ではない??? ( No.250 )
日時: 2015/06/04 21:55
名前: 満天下有人 ID:LBCcjgUY

あっはっは、前稿で、こんな気持ち悪い時代は初めてだ、と書いたが、ただでさえ気持ち悪い上に、安保法制に対する政府見解まで聞かされると、もう吐いてしまいそう(笑)。

安保法制と憲法の関係について聞くために、憲法学者を国会に呼んでの聴聞会。与党側が呼んだ学者先生までが、安保法制は違憲であると言われてしまった(爆笑)。

すると菅官房長官が、法的安定性と論理的整合性があるから、憲法違反ではないと答弁・・・以前、この国は法律文章で決めておけば、国民が現実に生きようと死のうと、問題は無いと揶揄った投稿をしたが、正にその通りだ。

法的文章で整合性があれば、アメリカの戦争で自衛隊員が血を流そうが死のうが、違憲ではない、という訳だ。そして安保法制は違憲ではないとする学者も沢山居ると言う。ならば違憲だと言う先生と、違憲ではないと言う先生方の、討論会でも国会で開いたらどうか。

実り無き議員どもの質疑応答より、よほど為になるのではないか?(笑)。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.251 )
日時: 2015/06/05 00:21
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:WPr3j5fc

「自衛隊海外派遣の三要件」

安倍晋三首相は28日、集団的自衛権の行使容認を柱とする安全保障関連法案の審議で、自衛隊の海外派遣に対する判断基準として(1)日本が主体的に判断する
(2)自衛隊の能力、装備、経験に根ざしたふさわしい役割を果たす
(3)前提として外交努力を尽くすの3点を挙げた。

「法律をつくったとしても、やらなければいけないということではない。慎重な政策判断がある」とした上で、法案に盛り込まれていない判断基準を表明した。

それに対して

第九条【戦争放棄、軍備及び交戦権の否認】

1  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


要するに自は隊派遣の三要件、この憲法の条文に違背するものではない。
確かに上記三要件には戦闘的な文言は使われていない、そのことを、奴ら(阿部、中谷、菅)は、法理に沿っていると妙な言い草を考え出し、痛く気に入っっているようです。



※ 一方で、政府の裁量権(行政府としての判断)において、次の様にも言っている。
これは三要件のうち(1)に該当する。

政府は一日の安全保障関連法案に関する衆院特別委員会で、米国などを攻撃した相手国が日本を標的にする意思を持つかどうか不明な場合でも、集団的自衛権に基づく武力行使は可能との見解を示した。中東・ホルムズ海峡での戦時の機雷掃海が念頭にあるが、他のケースでも当てはまる可能性がある。武力行使の要件となる「国民の生命、権利が根底から覆される明白な危険がある」などに該当するかの判断は、政府の裁量次第ということがあらためて鮮明になった。

 安倍晋三首相は、相手国が日本を攻める意思はないと表明しても、他国への攻撃の発生場所や状況から「そうではないという推察も十分あり得る。単純に見ることはできない」と説明。すべての情報を分析し、集団的自衛権行使が可能となる「存立危機事態」に該当するかどうかを「総合的に判断する」と述べた。中谷元・防衛相も、対日攻撃の意思表明がなくても武力行使に踏み切る可能性を「排除しない」と述べた。

 首相は、集団的自衛権に基づく戦時の機雷掃海の必要性が生じるのは、現時点で「ホルムズ海峡しか想定できない」と重ねて表明。集団的自衛権を行使して敵国のミサイル基地を攻撃することは憲法解釈上は可能としつつ、「装備体系を保有しておらず、想定していない」と述べた。
 中谷氏は「専守防衛」に関し、他国が攻撃を受けたときに反撃する集団的自衛権も含まれるとして見解の一部変更を認める一方で、「受動的な防衛戦略という定義はいささかの変更もない」と繰り返した。



このような詭弁を、時の総理及び政府高官が国会答弁につかい、テレビで全国放送する。

それで、なお、「法理」に沿っていると何回も繰り返す。

そもそも「法理」とは、なんだい!
誰が「法理」などと言う言葉を使えと言ったのか。

「法」を守る責任者である行政のトップが、揃いも揃って「法」を紙きれとする。

一体、この国は、どうなっているのでしょう。
正義も、論理も、倫理もなくしているカス共が我が国を率いている。

野党のクソたれ共も、それを決定的にやり込めることができず屁理屈の応酬でお茶を濁す。

国民を馬鹿にした答弁をする安倍などは、演壇に詰め寄って、詭弁を弄するなと、殴り倒せば良い。
それだけで良いのである。

最近はテレビの国会中継も、、気分が悪くなるので見られなくなってしまいました。

メンテ
戦費調達に苦しんだ英国で、ユダヤ金融がイングランド銀行で国債を考案!それから戦争は儲かるツールに気がついたのかもね? ( No.252 )
日時: 2015/06/05 01:35
名前: 青トマト ID:LBasQg/w メールを送信する

そうなのか、前から気付いてたのか判りませんが、

何しろ、戦争は儲かるから、国家に戦争をやらせて、スッテンテンに追い込んで、壊して、又、建設して、そこで儲けようとの意地汚い思惑でしょうね。

で、この意地汚い思惑を招き入れているのが、強欲と支配欲なんでしょうね。

ルイ14世と英国とは支配を争って、そこにユダヤ金融が入り込んだ訳だ。

戦後米国の歩みと、現在の日本のアベ政権が陥っている傲慢が同じ道筋と言うわけだ。

と言うことになりますでしょうか?

戦後の米国は東西対立に誘導された訳ですが、その誘導された背景に、第二次大戦での最大の戦勝国として登場してしまったが故のによる国民の驕りと傲慢があるでしょうね。

国民の貧困大国と化した背景に、最大の富国があったわけです。

ところが、戦後日本はこれとは事情を異としていて、驕りと傲慢によるのではなく、
無責任と無気力によるものと考えられるのです。

ここしばらく、私は日本国民への厳しい批判で投稿しておりますので、ご不満の読者の方々も多くおられると思うのですが、

しかし、日本国民ほど無責任な国民性は世界中で珍しいのではないですかねえ。

中国人は国家の政権が何時も不安定で変転が激しい歴史で生きてきているので、相互扶助の結社を組んで助け合って生きてきているので、社会が続いており、

米国は、単純と批評されるかもしれませんが、何らかの宗教宗派への信仰心が強いのでヘコタレないのですよ。

ですから金融資本に国を壊されても、言い換えれば、彼らに負けても、又、立ち上がる事ができるのですが、

まあ、日本も何れは立ち上がるでしょうが、

申し訳ないけど、日本人はユダヤ人と同様に、世界に迷惑をかける国民だと私は考えておりますねえ。

ユダヤ人は頂点の部分が歪んで金融に頼りきる事で。

日本人は全体の無責任によって。

アベ政権は、日本国民の無責任の結晶体と私は把えています。

自分の運命にこれほど無責任な国民性は呆れ果てる。

米国人やユダヤ人や英国人等が他国人を苛めても、考えが確固としてあっての事であって、確かに悪ではあるが、
私は、悪人としての可愛さを見いだすのです。

そこには、罪の意識があるのですよ。やましい気持ちがあるのです。

原罪論はそれなのです。

中国人はそれはないが、結社意識があるのです。

日本人…なにもないし、なにも考えないじゃないですか。

都合が悪くなると、こそこそと逃げて、台風が去ると戻ってきて、当たり前に食って寝て、大人になるとSして、
糞して寝ろ…というほかない。

無責任の極みですね。嫌ですねえ。可愛くありませんねえ。

これは、神に背いた原罪による失楽園ではなく、

自然宇宙すなわち神への忘恩、つまりは恩をわすれた恩知らずの成の果ての姿と考えるのです。

恩を感ずれば、自分で自分の運命を切り開いて立てて行こうとしますでしょう。

でも、自分で何かをしようとする人が居るけど、大変に少数なんですよね。

で、なにもしない万里の長城が立ちはだかってるんだ。

これが、外からの圧力で壊されることになるのだ。

で、次は少しは良くなりたいものですねえ。
メンテ
Re: 自衛隊海外派遣の三要素 ( No.253 )
日時: 2015/06/05 07:35
名前: 満天下有人 ID:QSmX6jhs

ほんとにそうでしょう、頭ウスッペラ連中のやり取りを聴いていると、具合悪くなって、TVを切ってしまいます。

シンゾーに中谷に、菅・・・連中の発言はもう滅茶苦茶です!そして予算員会で野党が質問する時、それを睨みつけている与党席の委員たちの顔、顔、顔…尋常ではありません。ゴロツキ以下です。

青トマトさんが、別テーマだる金融の歴史で、それに対しても日本国民はノーテンキだと嘆いておられるが、戦争法案に対しても同じ無感覚が、感じられます。

そしてマスコミによる相変わらずの、矛盾に満ちた、明らかに加工した世論調査。安保法案に反対が75%も居るのに、同じ調査で内閣支持率が、50%近い!・・・もうガハハハッ!ですね、この国。
メンテ
いやあもうこれ、地震怖いですよ。お互いに備えましょう。アベ政権は地震雲だ。 ( No.254 )
日時: 2015/06/05 10:12
名前: 青トマト ID:LBasQg/w メールを送信する

小笠原震源地震の前に虹色七色の平面の雲が幾つも観測されましたが、

アベ政権とマスコミは、この奇妙に美しい雲のごとき、

異常な自然のエネルギー発露を映し出した七色雲なのです。

雲は美しいが、アベ政権と滓コミはグロテスクなのは、勿論ですが、

どう見ても正常な神経ではありません。

ガラガラポンとなった後では、

「俺たちもおかしいとは本当は思ってたんだが、自分では止められなかった。日本はこんな国だよ」と言うだろうと、今既に、未来のテレビラジオ報道が見えてしまいます。
メンテ
Re: 地震雲・・・・ ( No.255 )
日時: 2015/06/05 11:17
名前: 満天下有人 ID:QSmX6jhs

余談から入りますが、もう40年近くになる昔の話。国際食糧業務に携わっていた当時、気象の予測が欠かせませんでした。

そこで社が、気象庁から予測官を引き抜いて、一時私の席の隣にお座りになっていた事があるのですが、この方、少年時代から野っぱらで地面に耳をつけると、地震の前触れを嗅ぎ取ることが出来るとのエピソードの持ち主でした。

まあ、取り巻き周囲が箔をつけるために創った創作臭いものではありましたが(笑)、当時まだ若造の私がその真偽を聞くわけにも行かず、ただただ、北半球と南半球では地球気象条件が違う事など、勉強になる話は沢山教わったものです。

そしてアメリカへ転勤後、シカゴ先物市場での勝負が、一重に天候予測を競い合うフクターも大いに持っていることが分かり、その予報官殿が来米された時に、小講演会も開かせて貰いました。

残念なことにこの方、後に「富士山大爆発」なる予測書籍を書かれて、これがベストセラーになり、だが暫くして、世情騒がせるお人だとの批判も嵩じて来て、それが退社して頂く原因にもなったようです。

その頃知ったことですが、琵琶湖の上空で七色の虹がかかる時の気象を、本能的に知ることが出来る能力を持った人の話も知りました。ナマズによる予知、ネコの行動から地震予知が出来る研究などなど、やはり動物を始め、自然現象の異変を嗅ぎ取る能力を持っているのも、自然に近い生き物であり、その自然現象そのものが異変を予知している。

はてさて人間ども・・・特にこの国の人間どもは、丸でナマズのヒゲが如く偉そうに動かしている大ナマズたちが異変を起こそうとしているのに、誰も敏感に反応しない。シンゾーや菅などの口元を見れば、大ナマズがヒゲをうごめかしている姿にそっくりではありませんか(笑)。

米西岸の穀倉地帯を回って、ワラジのようなナマズステーキをよく御馳走になったものですが、あれは美味・・・だが、永田町ナマズは見ただけで食いたくも無し(笑)。
メンテ
地震と虹 ( No.256 )
日時: 2015/06/05 12:06
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:AVeaxoU2

余計なことかもしれませんが、地震と虹と言えば当地には、その御本尊とも言われる椋平翁がいました。

http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E6%A4%8B%E5%B9%B3%E8%99%B9


1995年1月17日午前5時46分,阪神・淡路大震災が発生し,6000人を越える尊い命が奪われた.この地震をきっかけに,地震の予知は不可能だとする論調が,文部省・測地審議会を筆頭にして,強まった.不可能というのは言い訳で本当は,予知する目的からそれて,なぜ地震が起こるのかといった「地震学」の基礎研究に重点が置かれ,地震を予知しうる前兆の検出のための努カは十分行わなかったのである.地電流,電磁現象,電磁波伝搬,動物の異常行動などの分野の研究を総合した「地震予知学」の発展こそが防災の要となるのである.

17歳のとき,椋平廣吉は天の橋立の対岸の岬の上空に,不思議な「虹のきれはし」を見つけた.この虹の出現が翌日以降に発生する地震の前兆であることを突き止めた.観測を続けて自信を深めた彼は,昭和5年(1930年)11月25日の午前10時50分,「椋平虹」を観測し,午後0時25分,天の橋立局から京都帝国大学理学部宛に「アスアサ4ジイズヂシンアル」と打電する.果せるかな,翌26日午前4時3分,マグニチュード7.3の「北伊豆地震」が発生し,死者272名の大惨事となったのである.

予知の的中率25パーセント(一説では昭和51年まで,2000回を越える観測で86パーセント)を誇り,当時,来日していたアインシュタイン博士も激賞したが,学会からは一部を除き,椋平は心霊術者であるなどと冷遇された.昭和10年9月,「ふとした知人のお招きでミカンの産地,田辺に来て3年間,地震研究を続けております.」 椋平はハマユウの里(湊494番地?)に寄寓して,19ぺ一ジの非売品のパンフレット「地震の前兆と椋平虹現象」(寄贈図書として田辺市立図書館に所蔵)を著している.その中で大正8年5月から昭和10年7月までの間に椋平虹を観測した回数として,丹後国340回,紀伊田辺106回,広島2回,富山1回と述べている.

晩年に椋平が行った惜しまれることは,鉛筆で書いた葉書を自分宛に出し,消印付きの葉書を用意しておくこと,そして地震が発生するとその葉書を知り合いの家に自分で投函し,消印の日付を予知的中の証拠にしようとするトリックであった.「当て」がはずれ,彼の長年の研究成果は水泡に帰したばかりでなく,学者らが市井の地震予知に深い疑念を抱く結末となった.

地震の前に地中から静電気を帯びた微粒子が空中に放出されるとされる.この微粒子がさまざまな電磁現象,あらゆる周波数の電磁波伝搬に影響し,前兆予知への手掛かりを与えると考えられて,近年,多方面で予知研究が著しく進んでいる.電磁現象には,地震発光,地震雲,地震霧,そして地震虹(椋平虹)などが含まれる.誰にも観測されるこれらの現象が科学的に疑念の起こらない裏付けを与えられて,予知に有用となる日も近いのではなかろうか.

参考図書: 椋平廣吉著 「地震の前兆と椋平虹現象」 (田辺町上屋敷町 谷内文生堂印刷 非売品,1935年)


※ 後段は、椋平翁自らが白紙のハガキを自分に出して、芝居をしていたとされ、全面否定する者が出ています。
私は、詐欺をするために、ハガキを出したのではなく、実際に虹を見たあと、予感はしたが自信のない場合、その様な方法をとって成果をあげようとしたものと思い、全てがそうではなかったと思います。
的中率にこだわったせいであると思います。

椋平翁に会ったことはありませんが、車で15分くらいの場所に住んでいた様です。
地元では、それほど知られた存在ではありませんでした。

メンテ
Re: 地震虹 ( No.257 )
日時: 2015/06/05 13:17
名前: 満天下有人 ID:QSmX6jhs

橋立さん、私が昔読んだ地震雲の見分け天才の人、思い出しました、その椋平(りょうへい?)さんのことに間違いありません。文芸春秋だったかオール読物だったか忘れましたが。

へ〜、そちらのご近所でしたか、これは奇遇です!。

私の隣の席でしばらく一緒に仕事して頂いた方もそうでしたが、このタイプの人には一風変わった風情があって、世間からはよく変人扱いされるようですね。

でも永田町変人よりは余程、有為です。
メンテ
シンゾーが総理になると、ロクでもないことばかり起こる>年金情報流出問題 ( No.258 )
日時: 2015/06/06 09:16
名前: 満天下有人 ID:DkYWf98A

安保法制を巡って世論もさすがに、この内閣のターニングポイントが近づきつつあるとの声が高くなって来たようだが、そう言えば、9年前に造られた第一次安倍内閣でも年金問題が政権を揺さぶり、今回も年金に関する個人情報125万人分が流出し、大問題となっている。

第一次安倍内閣の時では、民主党・長妻議員が消えた年金として鋭く追及していたが、この問題を審議していた衆院予算委員会が紛糾するとシンゾーは、旧社会保険庁を民営化するとして、民営化とは名ばかりの看板架け替えによって年金機構へ衣替え、そして強引に審議打ち切りを行った。あの時のひどさは、予算委員会を報じるTV映像が今でも目に焼き付いている。

今回はどこかえ持ち去られた年金情報、言い換えるとこれも消えた年金の一種である。名を変えた所で実質は、厚労省が裁量しているのだから、内実は何も変わっていない。それどころか、年金システムに大打撃を与えたかのグリーンピア保養システムに多額の投資で大損害を被っておきながら、一方で年金額を減らし続け、挙句の果てにその重要な個人情報が流出されてしまった。

調査の過程で、その元になった個人情報のインプット作業までが、幽霊会社に委託されていたとの、おまけのとんでもない事までが、発覚している。共産党議員の追及で、このインプット作業が福井県のデータ処理会社に委託されていた。ところがその委託会社は、業務を更に富山県の業者に丸投げしていたのだが、その会社は有期雇用の派遣会社の届け出もしておらず、その前段階の福井の丸投げ会社を実地に訪問して見たところ、住所に社名など無かったというから、もう幽霊のような話である。そしてその幽霊会社のポストの下に、丸投げ先の富山の会社の名札が差し込まれていたと言う。

まあ年金減額は、社保庁でなく本庁の厚労省が裁量しているのだが、減額の説明が全くなっていない。先日も、今年度減額通知はいつ発行されるのか、今回もいくら減額するのかと聞いたら、今回は若干増額になるという。いくらだと聞くと、物価上昇率がこれこれで現役給与所得者の賃金アップをベースにしているというから、ならば日銀が物価上昇の効果が生じつつあり、1.?%上がっているし、しかし賃金はあまり上がっていないから・・・あれこれ言い訳みたいに説明するから、簡単に言え!!賃金上昇率など臨時給与は14.5%上がったとお前の省が、ついこの間発表していたからには、年金にも14.5%のアップを適用してくれるのか?!、まさかそこまでは期待もしないが、では物価上昇分だけでも上げるのかと聞くと、いや先行してこれまで物価下落分について、給付を下げていなかった分の残りがあるので、それを差引くと0.何々%くらいしか元に戻りませんと言いやがる。

この連中、グリーンピアで年金基金に大きなダメージを与えておきながら、誰も責任は取らない。その言い分は、自民党先生たちがやったことで、役人の責任ではないと弁解しおる。そして政治家先生には第一次内閣で社保庁を逃がしてやったシンゾーが第二次詐欺内閣として復活し、そこでまた年金業務のデタラメさが発覚している。
こんな鬼門野郎は、第一次内閣で既にその本質は解っていたのに、また選んでしまい、そしてその鬼門の扉がまた開き出している。この国はどうして、何故、鬼門を好むのだろうか?・・・

鬼門って何だ?ウイキを紐解くと、鬼門とは、北東(うしとら=丑と寅の間)の方位のこととされている。中国から伝わった陰陽道の方位の事で、鬼が出入りする門のことで、万事に忌み嫌う北東の方向のことだそうだ。丑年に産気ついて寅年に生まれて来るのは、ウシトラの巽(たつ)という漫才的笑い話は知っていたが、しかしどこを基準にして北東の方向を定めているのか、それがよく分からない。シンゾーは北東の方向では無く、むしろ西南の方向の出であるし、丑寅の生まれは巽として、良き風門の意味になるし・・・
よく調べて見たらあった・・・西南の方向は裏鬼門とされて、やはり鬼門とされている。長州から九州にかけて、ロクな政治家が出ないのも、この鬼門があるからか?(笑)。とにかくも、陰陽道においては、西南の方角は鬼門とされ、陰陽の境として世情不安定になるとされている。
ではそれを占う陰陽師は誰なのか?・・・鬼門から出て来た年金不始末の鬼、それを擁護するシンゾージミン、擁護されているのは厚労省官僚である。現代我が国では鬼門から鬼を入れてサポートさせる陰陽師は、官僚ということになるか?(爆笑)・・・あきれて、そして疲れてもう、腹も立たなくなった、出て来るのは怒りでなく、笑いのみだけである。

蛇足:

それにしてもこのような問題が起ころうと、安保法制が揉めようと、このシンゾーという男、夜な夜な毎晩、よくもまあ、高級料理を食べ歩くことが出来るものだな・・・下品極まりない田舎者風情そのものであるが、しかしよくもまあ、カネがあるものだ(笑)。

5月26日:代官山最高級イタリア料理店リストランテ
5月27日:永田町日本料理店黒澤
5月28日:銀座高級日本料理店新ばし松山
5月31日:虎の門ホテルアンダーズタヴァン(母と嫁を招待・・自腹切ったのかな?)
6月1日:赤坂飯店
6月2日:銀座ワインバーアムルーズ

しかし菅直人も毎晩、高級料理店をはしごしていたが、こやつも長州、西南方向の出身だな・・・下品な鬼ばかり出て来る(笑)



メンテ
Re: シンゾーが総理になると、ロクでもないことばかり起こる>年金情報流出問題 ( No.259 )
日時: 2015/06/06 10:39
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:qLI1YTRM

あの時は、野党が何とかしてくれるものと言う期待に、我々も興奮していました。
その後、福田、麻生と短期政権となったのも、政権交代は必須と言う思いが、国民にも野党にも満ちていたからと思います。

現在は違いますね。
国民も、どうせ野党は口先だけと、思っているので政権交代のマグマが溜まってはいません。

安倍のアホーでも、居座ることができているのは、国民の政治に対する無力感故でしょう。
阿修羅などでは、未だに小沢待望論がありますが、こうした状況に追い込んだのは小沢民主党です。

一時、あれほど、国民の気持ちを集約しておきながら(308議席)、やったことは  幼稚園児内閣。現実の政治課題に右往左往するばかりで責任の擦り付けあい、現実逃避。

政権を取った瞬間から公約の何たるかを理解できない有象無象の集団であったことが証明され、国民も幾らなんでも、これは酷いと呆れ果てた。

時の政権に対し、野党を支援してもの申すと言う民主政治の根幹を、完全に無力化してしまった罪は、一政策の問題に関わる善悪の比ではない。

政治に対する、野党に対する信頼を取り戻すのが先決ですが、それには、少なくとも今の野党の血を入れ替えねばなりません。

小泉の出現で、我が国の改革は10年遅れると言われましたが、それを取り戻すと期待された、小沢民主党の出現は、何と、その倍以上の足を引っ張る結果となりました。

安倍はともかく、自民党政権は、初めから考えると100年続く政権になるのではありませんか。

愚かな国民は、ギネスに載せられると、その方を自慢したいのでしょう。
メンテ
Re: 政治屋稼業死守のためだけの、野党再編 ( No.260 )
日時: 2015/06/06 19:41
名前: 満天下有人 ID:DkYWf98A

もう、暗澹たる気分です。橋下の政治家や〜めた、の合図と共に、野党の野合が始まった(笑)。

もう過去の人になりつつある小沢一郎が、地元政治影響力を維持するために、維新松野の野党結集を岩手県知事選に利用。民主・岡田も岩手県知事選に協力する事に合意しましたが、野党再編については、知事選とそれは別だと、言い訳していましたね。

もう本音は見え透いている。党内に残る小沢アレルギー派の反発を慮ってのことでしょう。その小沢アレルギーを創りだしたのは誰なのか?小沢自身でしたね(笑)。

私が明確に小沢もおかしな男だなと感じ始めたのは、あの菅直人不信任案動議提出の時、何故党を飛び出なかったのか?あの絶好のチャンスを何故?、まあ当時では一般には理解出来ない自民、検察による陸山会帳簿を口実に小沢排除のすごい謀略があって、身動きできない事情もあるのだろうと、同情もしたものの、何故民主党内ジミン潜伏者とたもとを別つ行動に出なかったのか、自由党として自自公連立政権を蹴飛ばして外に出たものの、数が足りない、それを救ってくれた鳩山由紀夫への恩義があって、菅問題を平和裏に解決しようとした鳩山にモノ言えずに曖昧な行動に出たのか・・・・

いずれにせよ、もう終わりましたね。今更野党結集など出来る話ではない。何故か、何の大義名分もなければ、何の共通政策も持っていない。それらは最初にありきの、重要な事項であるのに、野合する為の共通項としてしか、作ろうとしない。

シンゾー一派のニタ笑いが、迫力を増して来るでしょう。対抗できる、せねばならないのは国民、有権者です。これがまた政治のこおtなど全く、意識にも無いのですから、もう行き着くところまで行かないと、何も変わらないでしょう。

ただ今TVで池上彰氏が、明治維新で決まった行政単位について,橋下の大阪都構想に絡めて講釈中のようで・・・だが、聞いている芸能人たち、怪訝な顔をするだけで(笑)、これが日本人一般なのでしょう。これでは官僚天国は消えることなし、シンゾー的傾向は、益々大手を振ることでしょう。
メンテ
小沢一郎への思い ( No.261 )
日時: 2015/06/06 20:38
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:grXp1DgU

>私が明確に小沢もおかしな男だなと感じ始めたのは、あの菅直人不信任案動議提出の時、

満天下さんも、そうでしたか。

私は東日本大震災が起きる直前まで、東京で1万人の小沢支援デモの企画に参加していました。
デモ行進の為のスピーカーも40台ほど手配し、関西から15人くらいのスタッフを連れ、大人しい東京のスタッフに代わりデモの先導役として東京へ行く手配までしていました。
実行の直前になって震災が起きて、今は何が何でもまずいと、直感し中止するように献言したものです。

菅内閣不信任騒動が起きたのは、その半年後ですね。
あれを見て、私は一気に小沢に愛想を尽かし以来、阿修羅でも、それによって顰蹙を買うくらい反小沢の姿勢をとっています。
デモの仲間からは転向者となじられてもいました。

ですが、その確信は揺るぎないものであり、それでも、ようやく「民主党を飛び出し国民の生活が第一の党」を立ち上げた時には、。再び支持に回ったものですが、あの時ほど、小沢を憎んだ時はありません。

小沢が本心、国民の為に命をかけて行動する以外、日本の政治を変えられるとは思っていないほど、期待をしていたのです。
未来の党などに走らず、せめて「国民の生活が第一の党」を守っていたなら、支援の気持ちは変わらず、糾弾掲示板でも、現在も政治を語る要素も濃厚なものであったはずです。

今から思えば「国民の最活が第一の党」などと、長ったらしい党名を選んだ時点で小沢の心根を疑うべきであったでしょう。
30年に及ぶ、私の政治に対する思いが根こそぎ否定され、いい年をして、何をしてきたか、30年間も架空のものに騙され続けてきたことが悔しく、情けないことです。

最後に、党名とは別に、日頃の言動とは別に、小沢ほど、国民目線を無視している政治屋はいないと思っています。



メンテ
すみません、愚痴人間様、どうも良く理解できないのですが、どこで小沢一郎を見限られたのですか? ( No.262 )
日時: 2015/06/07 02:33
名前: 青トマト ID:0K09HuRk メールを送信する

ヒトラーの予言スレッドでの御返事もしなければなりませんが、論を整理して提出したいので、少しお待ちください。

私も小沢一郎氏の弱点とか限界?とも言うべき部分を認識しており、それについても投稿する予定ではいますが、

実は愚痴人間様も私と同様の認識で重なるのかな?と思って来ていましたが、どうも違うようでして、

どうも期待を裏切られてのお怒りが激しいようで、読んでいて良くわからないのです。

どのように期待されていて、小沢氏がそれをどのように裏切ったのか、いや、不足の人物だったのか、

お聞かせ願いたいのですが。

でも、あなた様がとても行動力がおありの方と知り、私に無いものをお持ちで、驚きました。
メンテ
架空のものに騙された…とは、それはやりきれないでしょうね。 ( No.263 )
日時: 2015/06/07 02:44
名前: 青トマト ID:0K09HuRk メールを送信する

うーん、どうなんでしょうかね?

片思いだったのでしょうか?

絶世の美女で、頭もよいし、性格も良い。

この人となら、恋愛関係や夫婦になりたいものだ…と思われることはありますよね。

でも、その像は、貴方自身の姿で、その女性その人ではなかったという世間の実例とよくにているのでしょうか?

確かに女性でもヒーロー的な男性でも居ますよね。美しい人、才能に溢れた人。

でも、どこかがお馬鹿さんな人。

お金やセックスにだらしない人。

それでも、いいんだと溺れるままの人も居ますよね。

私はと言うか、私もと言うか、
惚れやすくて、覚めやすいタイプなのですよ。

直ぐに、飽きてしまうので、恋愛に溺れたり、政治に溺れたりしないというより、出来ないのです。

詰まらない性格なのです。
メンテ
愚痴人間様への質問は先の投稿の通りですが、恋愛と政治への関心については大衆においては似ています。 ( No.264 )
日時: 2015/06/07 04:32
名前: 青トマト ID:0K09HuRk メールを送信する

まあ、普通は白痴美女性を選ぶのです。男性の例で語ります。

でも、それでは飽きたらなくなります。生きる力が弱いから頼りなく思えるからです。

ところが、能力の高い女性は敬遠するのです。美女であってもそうでなくても。

恐れるのですよ。

で、元に戻るのです。

そこでは、進歩はしないのです。

ですから、どうしても政治においては指導者が必要になります。

悪人ではない、ということは国民の利益に働く指導者が必要で、彼が彼らが引っ張って行かねばなりません。

何処の国でもそうなっているので、

日本だけが、白痴政治家を頭に乗っけて、それで安心してるのは、
政治を知らなくて、みんな一緒の横並びを民主主義と思い違いしてるからであり、
自分達より低いレベルの人物達が上にいてくれると、
自分が安心できるからですよ。

利口でない経営者が、部下に使えない能力の低い人物を置くのは、自分の地位が脅かされる事を恐れるからだ。

かくして、横並び大衆が、国を滅びに導くのです。

大衆に任せて放置しておいては、駄目!!
メンテ
おっちゃん。またまた安倍のお友達、チンピラ犬HK会長、やくざと癒着!!! ( No.265 )
日時: 2015/06/07 10:08
名前: イントゥイッション ID:xHP14X.s

だら〜っと、本当にNHKの籾井会長って、やくざの親分と仲良しなんでしょうね〜。
   ↓

NHK籾井会長、関係企業が暴力団癒着疑惑で強制捜査 取締役在任時に巨額損失の怪


http://biz-journal.jp/i/2015/06/post_10219.html

もうNHKは都道府県別別で再起業していかないといけませんね〜。 
メンテ
Re: NHK籾井会長の疑惑(1) ( No.266 )
日時: 2015/06/07 15:34
名前: 満天下有人 ID:W4OKDEtU

あははイントちゃん、珍しくもない大企業介入の事件、グローバルアジアなる企業は売り上げ僅か7億円程度の小企業であっても、社名を転々と変えて取り扱い業種を増やして来たその中身を見ますと、ハハア、やはり籾井が絡んでいたか、そのことの理由も見えます。

珍しくもないと最初に申したのは、その取扱い品目に国際戦略物資が登場しているからです。籾井が頼まれたのか、あるいは先に籾井がグローバル企業に仕掛けたのかは、定かではありませんが、あるいは暴力団が、これはおししい話だとして介入して来たのも知りませんが、メガバンクなどではしょっちゅうある話で、籾井が頼まれたのか、社外取締役として介入した国際戦略物資に、ロスチャイルドが世界的に独占している商品があるからです。

この事件、順を追って説明しないと、何故籾井が?と、一般の生活者には分からないと思います。
おっちゃんは2000年ころに、アイビーダイワなる企業の株価が10円から一気に260円?だったか、その異様な動きを耳にして、色々調べてみたことがありました。

そこでアイビーダイワなる社の前身は、何と繊維業界では名門であった豊国産業→豊国糸業であったことを知りました。製糸産業では名門で、確か漁網も製造していたような記憶があります。漁網関係では自民党の河野洋平の父、次期総理と言われた実力者河野一郎、京都宝が池に国立国際会議場を創ったことでも有名ですが、自己事業の東京麻袋?だったかで政治資金問題を追及されたこともあったと記憶するのですが、まあ、そのことは大物にとって蚊に刺された程度のことで、でも何故それに触れるかと言うなら、日米繊維交渉で日本の繊維産業が没落の道に入り、政治問題として切り離せない歴史を辿った・・・この豊国製糸も社名を転々と変えながら、社業の多角化を図らねばならなかった、そこに国際資源商品の土台=利権商売を一度作っておけば、後は安定した経営が出来る。

豊国製糸→豊国産業→アイビーダイワ・・・・株価が10円にまで落ち、もはや倒産寸前でした。証券取引所で言うと、新興市場ジャスダックに上場されていましたが、二期連続で債務超過のボロ会社に転落。金融庁からもその直前の増資に疑問が出されて、刑事事件になりかかっていました。

その時、突如株価が上がり始めたのです。不思議なことがあるものだと調べてみたら、取扱い商品に原油とか、銅、鉄鉱石などの金属製品が定款変更で加わっていたのですね・・・製糸業がまたどうして?と怪訝に思い、かつそれを定款に加えるには、余程大きな政治力、そしてそれらが、そこら辺の関係無い商品を扱っている企業では到底、参入できる筈も無いとてつもない大きな壁があるのに、これはかなりのキナ臭い背景があるなと・・・・

ここで元NHK会長の籾井が、そのアイビーダイワからグローバルアジアになった社の社外取締役として絡んでいた、そこがキイポイントになる訳です。その籾井は、元々鉄鉱石の出身で、後にITソリューション企業である日本ユニシスの社長になっております。

アイビーダイワの株価が10円から突如暴騰、その動力は先ず,国際資源商品に参入できるようになったとの噂。100円を超えてから200円突破の原動力となったのが、アジアへのITソリューション事業も手掛けるとの噂。このどちらも籾井の経歴と一致し、今回、今更のように蒸し返されているのです。

次はロスチャイルドとの複雑な関係・・・三井、三菱はどの国際マフイヤと関係しているのかを、許す限りの範囲で大雑把に(笑)、グローバルアジア社のスキャンダルの根も無関係ではないでしょう。
メンテ
NHK籾井会長の疑惑(2) ( No.267 )
日時: 2015/06/08 17:25
名前: 満天下有人 ID:js3VqvX.

もう今の世相では、籾井追及の背景など気にもならず、退屈な話になりそうですが、でも貼付け記事が何を言おうとしているのか、それを言わないと記事の中身も分からないでしょうし、籾井の当時の話として興味が持たれるのは、恐らく、その筋に関係していた、その部分だけでしょうね・・・

記事の狙いが何なのか、読み返して見ると、籾井が社外取締役に就任した2006年から2007年にかけて、それまでのアイビーダイワを定款変更してまで社名を変え、鉄鉱石、石炭や油田開発にまで業務拡大を計ったのに、234億円もの過去最高の赤字を計上・・・事業多角化のために行った増資金のうち2億円が行方不明になっているとする疑惑。

どうして巨額赤字が出たのか、それに対し籾井の役員としての法的責任はどうか、そこに至る経緯は国際金融資本や国際資源メジャーも絡み複雑ですが、記事の意図を簡単化すると、ヤクザ絡みの話だけに世間の興味を持たせようとするものですね。

ではどうしてヤクザ絡みになったのか、そして今頃それを蒸し返す記事の意図は?勿論、こんな奴がNHK会長で良いのかという反発の流れの先に出てきた話でしょうね、籾井降ろしのフオローですね。

しかし暴力団がどうして絡んで来たのか、簡単に言えば巨額赤字消しのインチキ増資がその筋に狙われたのでしょう。その筋は、左様な話を掴むと真っ先に企業舎弟どもが喰いついて来ます。籾井がそのようなインチキを態々その筋に与えたとも思えないし、アイビーダイワ時代やグローバルアジア社に社名変更した増資に絡む株価上げの煽りは、違法ではないし、勿論、後述しますがそんな一般投資家を騙す手法としては如何なものかとの、道義的責任はあっても、株主資本主義の時代ではインチキ煽りなど、どの企業でもやっていることで、その点では籾井に法的責任を問う事は難しいでしょう。

当時の役員は籾井だけでなく、定款変更した時に外資株主が6割にもなっているし、しかも既に8年前の話ですしね。やるならNHK会長就任時にやるべしです。

いかなる企業でも、赤字を出す土壌はあります。それがどうして「大」赤字になるのか、謀略紛いの陰謀にでも乗らないと、会社が持たなくなった特殊なケースがあるからです。ならば、あっさり倒産して消えてしまえば良いだけの事だが、その筋に目をつけられると、最後の一滴まで利用、しゃぶるネタにされてしまうのです。

その筋が目をつけたのが、同社が再度増資しないと、金融庁から上場廃止にされてしまう当時の状況。自己資本を増強せなばならない。そこで社外から取締役として迎えた国際商人としての籾井に、その筋は注目していたのでしょうね。何故かというと、前稿で申しましたように国際商品である資源関連商品、その取引にはそう簡単には参入できない、元々製糸業であるアイビーダイワが取扱い品目に入れた鉄鉱石、石炭、原油開発etc.などは、世界三大資源メジャーが支配してしまっているからです。(参考までに後記)

そこと取引の一部でもやれれば、定款も変えて、増資名目も上がり、増資引受者も多くなり、株価がまた暴騰する。それを狙ってそれまでの累積赤字・債務超過状況を消して上場維持を図る。その為に籾井を社外取締役として入れたのでしょうね・・・

昔と違ってグローバリゼイション時代になって、要するにそのキモは資本の自由化ということであって、その資本を増資する手法も多様化して、そんなある意味、バクチ詐欺ではないかと思われるような手法が大流行となり、経営が苦しい企業にとっては一時の息ながらえる救いの神となりました。一時のカンフル注射のようなもので、簡単に言えば、世間知らずの、」小銭持ちで欲深い一般大衆を騙す手口による増資の手法=新株予約権増資という手法が認められているのです。

どういうことかと言いますと、ある企業が大赤字で上場廃止される瀬戸際にある。そこで期限付きで東証ないし金融庁から増資を迫られる。そのような時にその企業が○○の増資を行うと言った所で世間は、誰も買わない。そこで企業は〇〇の新規事業を開始しますとIRを打ちます。そして増資に応じる権利=新株予約権を一定期間の間に株式市場で公募し始めます。

その予約権の価格は大きく上下します。このグローバルアジア社の場合は、ルイジアナ州での原油掘削と、アジアITソリューション事業が大きく期待されて、株価がまた500円近くにまで上昇すると期待されました。だが蓋をあけてみたら、その新規事業の実現性が低く、株価は暴落。籾井が社外役員として迎えられた時に200億円超もの赤字が発生した原因は、自社株下落の評価損だけではせいぜい40億円程度の赤字、そこで他の、例えばあのサブローン証券などを多数買っていたのではないか、あるいは中国系役員がどっと増えていますから、そして中国における病院経営のITシステムソリューションなどが、先行契約されてそれが実現出来ずに、巨大なペナルテイが生じたものと想定されますね・・・・ヤクザがそれに脅しをかけたとして、どうもその筋は中国ヤクザ・・・ヘッドスネイクとまでは言いませんが、かなりなヤクザであったのではないか。

籾井なら、国際ヤクザからやられかねませんね(笑)。いずれにしても、そのような一般投資家を騙す増資手法である新株予約権発行は、吹けば飛ぶような零細企業=所謂不動産業界で零細な賃貸業しかやっていない業者で、そのようなマユツバ物の手法を使って株価を上げようとした企業はゴマンと居ます。ヤクザはそこにインネンを付けるのです。

特に日銀が超金融緩和で、国債の他に不動産REIT証券まで買い上げ始め、そして東京オリンピック決定などが、さような零細不動産業者を活気つかせ、雨後のタケノコのように新株予約権を発行しておりました。そして期待はずれとして暴落した株もゴマンとあります。中には一攫千金を実現したものもありますが、ほんの数%でしょう。

まあ、籾井の場合は、そのようなことをやりかねない人物ではありますが、でもそれは道義的な問題であり、グローバリゼイション後では株主資本主義が満開となり、騙されてもその株主の自己責任ということで違法ではない。が、そんなことまでした人物が公共放送のトップになること自体の道義的責任は、問われて当然です。そしてそんな人材登用を行った内閣総理大臣の資質の問題でもあるのですが、そうなるとそれを選ん国民の責任ということになってきます。更に言うなれば、そのようなことまでして食い合いの利益を競争せねばならない金融資本主義の時代が問われなければならない。籾井がアドバイスしたような手法が合法であるとそする時代が問題であり、そこを問題視しないスキャンダル興味的糾弾では、何も良くはならない。

しかし如何わしい事をやる時、何故かグローバル〇〇との名前が必ず付いて来るのも不思議な世の中です(笑)。そして時折見せるヤクザ以上のドス顔を持つ男が、内閣総理大臣なのですから、類は類を呼ぶ世の中になってしまっている。

最後に籾井が何故、そのグローバルアジア社の定款に国際資源を取り扱いの項目を入れることが出来たのか、籾井と国際天然資源の関係はどこから生じたのか、次項にしますが参考までに読み流しておいてください。
メンテ
これほどまでに籾井の背景を語れる方はおられないだろうね。しかも只で読める。企業論として読んでも腹一杯。 ( No.268 )
日時: 2015/06/08 10:22
名前: 青トマト ID:GyAlKkdw メールを送信する

そうですか!! 私が畑違いの仕事・業務にタッチしてきた人間なので、そのご指摘の多くが良く理解できないのが極めて残念です。

関心は深いのですが、外界の出来事としての理解しか出来ません。

国際企業の活動を知らなければ、国際政治の動きの背景はわかりませんからねえ。

わかるところだけでもわかろうとする他ありませんねえ。

わかる人は十分にわかって下さい。

しかも、只です。
メンテ
国際商法の欺瞞 ( No.269 )
日時: 2015/06/08 10:34
名前: 満天下有人 ID:js3VqvX.

いえいえ青トマトさん、わかり易く説明するにはもっと具体例を示すべきなのですが、それが出来ないのです(笑)。墓場まで持っていかねばならないことが多々あります。

郵貯の国債買い減らし、株式買い増やしも、その市場構造について、理解できない個所があれば逆に、どの説明が理解できないか、質問してくだされば、可能な限り説明致しますので・・・。
メンテ
おっちゃん、現代は株屋独裁政治となりさがりました。 安倍なんて何も知らないでしょう! ( No.270 )
日時: 2015/06/08 16:00
名前: イントゥイッション ID:yeAexc2k

>違法ではないし、勿論、後述しますがそんな一般投資家を騙す手法としては如何なものかとの、道義的責任はあっても、株主資本主義の時代ではインチキ煽りなど、どの企業でもやっていることで、その点では籾井に法的責任を問う事は難しいでしょう。

違法としないことが、裁判所まで圧力がかかっているように思えます。 もちろん御用学者付のお金で! それも国民の税金でW!

>最後に籾井が何故、そのグローバルアジア社の定款に国際資源を取り扱いの項目を入れることが出来たのか、籾井と国際天然資源の関係はどこから生じたのか、次項にしますが参考までに読み流しておいてください。

はは〜。やっぱり、おっちゃんが一昔前から言っている、バブルの時代、三菱がロックフェラーセンターを買収したことからはじまっているような気がします〜。 三菱の会長?社長?は安倍の兄さん。 

>郵貯の国債買い減らし、株式買い増やしも、その市場構造について、理解できない個所があれば逆に、どの説明が理解できないか、質問してくだされば、可能な限り説明致しますので・・・。

郵貯の預金や簡保生命なんかぁ大丈夫でしょうかぁ? たくさんの親が子供の教育資金をかんぽで積み立てているのに!!!

JAも狙われていますよね〜。  秋にはゴーストマン臭い臭いソックスに全部売るって!!!

株での運用は本当に肥やしになるんでしょうか?

もっと、色々教えてください!
メンテ
NHK籾井会長の疑惑(3)>国際天然資源の取引 ( No.271 )
日時: 2015/06/10 08:17
名前: 満天下有人 ID:oPloO2fo

<株屋独裁政治となりました>

あははイントちゃん、言い得て妙なりですね(笑)。そして<バブルの時代、三菱がロックフェラーセンターを買収したことからはじまっているような気がします〜>これは続きの話をさせて頂く良い切り口になります。

その前に、シンゾーの兄、安倍寛信は三菱商事の仔会社、三菱パッケージングの社長で、本社役員ではありません。弟で参院議員の岸信夫(旧姓は安倍信夫)も、住友商事12年間勤務の後に自民党政治家になっておりますが、国際商人の何たるかの道をかじってますから、国際利権のボタンは、どこにあるかくらいは学んでいると思います。そしてシンゾー自身も社会人になった時に、神戸製鋼でサラリーマンやってますから、鉄鉱石原料の寡占状態のことくらいは知っているでしょう。

三菱(地所)がロックフエラーセンタービルを高値で買い取ってあげて、最安値の時に買い戻しに応じてロックに大儲けさせた、明治維新の後、わが国が富国強兵政策を始めた時、政府が直接、民間商売に乗り出すことは出来ない、そこで三井、三菱、両財閥にそれを任せた。勿論、国家産業としてです。国家独占資本の形成の基は、そこから始まります。
そして三菱財閥は、どちらかと言えば、国内産業の富国に重点を置き、三井財閥は、国際取引商人としての分野ですみわけました。そのことかから三菱財閥は、三菱重工など、国内産業で地盤を築き、三津財閥は三井物産を軸に国際商取引分野で、世界に地盤を築きました。

現在ではもう、両社どちらも同じ分野で相互乗り入れをやってますが、三井財閥が国際取引で地盤を固めたところから、そして三井利左衛門が両替商を始めてたこともあり、ロスチャイルドとの結びつきが強くなりました。そしてロックフエラービルを介しての取引を三菱地所がやったように、どちらかと言えば三菱はロックフエラー系と言えるかも知れません。

そこで国際天然資源の話に入りますが、世間の殆どは、橋を造るにも高速道路造るにも、あるいは列車、船舶製造など近代都市国家には金属類が必須不可欠、そしてエネルギー源としても石炭など尚、不可欠の物資であることは知っている。

だがそれらは、誰でもが掘れば手に入れることは出来ない。つまりそれら鉱山の所有者が一手に握っている。それら鉱物、金属資源の世界需要からして、膨大な量だから、それを掘削する業者も沢山居ると思われがちだが、それらは僅か三社+1の手に牛じられているのです。それを資源三大メジャーと呼びます。

食糧穀物でも世界の生産流通を支配しているメジャーは、昔は5大メジャー、現在では三社しかありません。そして天然資源メジャーという場合のメジャーとは、その資源を人間の手を加えて増産する事が出来ない、食糧穀物の場合は、育成という手段で人間の手によって加工が可能だが、鉄鉱石にせよ、銅、アルミ、そして原油など、そこに存在している以上には増産は出来ない。この場合の増産とは、加工的に増産するという意味では無く、掘削rを増やすという生産行為となります。

言い換えますと、掘削に手心を加えることによって需給調整を行うことが可能であり、価格調整もその資源の所有者次第でいかようにも操作が可能になります。新古典経済学で言うところの価格は、市場の需給によって決まるとの理論は、通用しません。そして最も大きな要素は、世界的国際戦略物資として使えると言う点です。食糧にもその性質はありますが、でも食糧の場合は、自国で生産することが可能ですが、天然資源の場合は、そうは行かない。食糧にせよ、左様な要素があるから私は一貫して、食糧の自給は国家安全保障であり、自給率を高めておけと、主張し続けています。

鉄鉱石の供給が止められた、石炭が入って来なくなった、銅、アルミが足りない、レアメタルが足りない、原油が不足するからと言って、それを国内で「創る」ことは出来ません。そのような戦略物資も持たずに戦争を始めたのが、太平洋戦争でした。海軍総司令長官・山本元帥が、開戦には反対だが、やるとなれば1年間は暴れて見せると言ったその裏付けに、1年分の天然資源をまだ持っているからだとの計算があってのことでしたでしょう。

そして何としてでも満州に傀儡政権を作らねばならないとしたのも、満州地方における天然資源が、ノドから手が出る程に、欲しかったからです。その前の日露戦争しかりです。資源を運び出す旅順港封鎖は必須事項でした。

いつだったかの投稿で、日露戦争もロスチャイルドの支援がなかったら負けていたとの史実を書きましたが、彼らは天然資源と金融面から日本が、儲けの場であると判断したからです。英仏戦争では、英仏両国の国債操作で莫大な利益を得、日露戦争では、ロシア皇帝から黒海のバクー油田掘削の権利を得ていたから、とてもじゃないがその敵国日本に戦争財源など貸せる筈も無いのに、アメリカロスチャイルドのクーンレープ商会をダミーとして、日本政府発行の国債を引き受ける形で日本に戦費を貸付。常に両手に粟の戦略で、絶対に損しない手法で世界を牛じってしまう。

そのように世界を牛じっている天然資源の持ち主、それもロスチャイルドなのです。つまり三井グループが日本主義形成の過程でロスチャイルドとの関係が出来ている、故にロスチャイルド支配の天然資源取引にはコネがある。籾井は三井物産の米国社長の経験がある。チッポケな製糸会社がそう簡単に取り入れることが出来ない天然資源取り扱いの項目を入れさせるバックを持っている。そのような絵が描ける訳です。

さて、ではその天然資源物資の鉱山を牛じっている三社とは、どこなのか、・・・*リオ・チントジンク、*BHBビリトン、*アングロ・アメリカンの三社が、世界中の石炭、ウラン、鉄鉱石、銅、アルミなどの3割も牛耳っているから、その影響力は大きい。その下に世界中に販売網が網の目のように張りめぐらされているのです。その販売権も、国家クラスの財閥級にならないと得ることが出来ません。NHK会長の籾井が、小さな一製糸業者の定款に、株価暴騰させる為に簡単に取引できない天然資源を取り扱い品目に入れることが出来たのか、それはロスチャイルドと歴史的に関係が深い三井財閥だからです。
メンテ
国際金融資本のマネーゲーム引き込みと略奪は、世間の小さな規模での流行る店を博打で潰す事例に例えられますか? ( No.272 )
日時: 2015/06/09 01:34
名前: 青トマト ID:gAJPHUWc メールを送信する

満天下有人様のお話を、国際的な規模では理解するのが難しいかもしれませんが、

もしかして、小さな規模での事例に例えれば、分かりやすいのでしょうか?

この実例を例えとして考えるのが妥当であるかどうか、それをお聞かせ頂ければ嬉しいのですが…。

私が学生の頃に住んでいた都市での本当の話なのですが、

大変に繁盛していた肉屋がありまして、家族総出で働いていて、大変に繁盛していたのですが、ある日突然に夜逃げのように店を閉めてしまいました。

客の人達は皆が大変に驚いていましたが、

後で知ったところでは、息子がヤクザに誘われて博打にのめり込んで、借金ができて、店が潰れたとのことでした。

儲かりすぎて気が大きくなっていたのではないかと、当時の私は考えましたが、ヤクザは狙っていたようなのです。

もうひとつの事例は、寿司屋で、これは兄弟二人で経営していて、これも大流行だったのですが、ある日突然に店を閉めました。

人の話では、やはりヤクザに博打に誘われてのめり込んで破産して、どこかへ連れて行かれて、そこで只働きさせられているとの事でしたが、その場所がどこか分かりませんでした。

肉屋は昔からある老舗ではありませんでした。

寿司屋も親の代からやっていた店ではなかったと思います。

国際的規模での企業や国の利益や富の略奪も、似たようなものではないのでしょうか?

戦争とかに引き込んだり、儲け話に引き込んだりして、貯めた金を取られるといったことではないでしょうか?

それにしても…臭い臭いソックス、と聞いて…うわー、臭って来そうです。

下ネタに転落する傾向に走る癖があるので、なんとか努力して止まります。

具体的人物の顔が浮かんできそうになりますので。この辺で。
メンテ
食い合い=M&Aの時代=カネが鳴ります ( No.273 )
日時: 2015/06/09 08:32
名前: 満天下有人 ID:AyJRluO.

流行っている店ならヘッジフアンドは、それを乗取って、その企業を更に高値で売って儲けようとします。小泉時代に資本の自由化によって、大流行になったM&Aです。それに沿うように会社法も改正されたのですから、法を国際金融資本に合うように改正したのですから、もう話になりません。

そして当時、自民党は法改正と同時に、それまで禁止していた外資による政治献金も、解除していたものです。自民党商法、会社法改正部会が、そのような案も抱き合わせで出していた、空いた口が塞がらない思いでしたね。
青トマトさんの例は、むしろ優良企業内部が、変な事業にのめり込んで、自業自得で会社を傾かせるケースですが、まあ我が国が更に儲けようとのスケベ根性で、外資ヘッジフアンドにも自由に行動の場を解放して国産企業を傾かせてしまう光景は、その例に当たるとも言えます。

このような光景が何時始まったか、ライブドアのホリエモンの名がすぐに浮かびます(笑)。ニッポン放送の仔会社化を巡って、ホリエモンとフジTVの、すさまじい株式奪い合いが始まりましたね。双方、お互いの企業株式を奪い合って、経営の主導権を握ろうとする。そして左様な手法で日本企業を支配しようとした外資が、三角合併方法を編み出し、当時の自民党に法改正を求める。

三角合併とは、株式争奪戦において、双方物量に限界がある時、外国企業が日本に置いた仔会社がその株式争奪戦に参加させ、本国外資親会社の株式評価をも、日本設置の仔会社に適用できるとする手法です。例えば、日本に置いた仔会社が資本金10億円程度で、狙う企業相手に株式交換による経営支配には、数が足りない。さような時には、本国親会社が100億円の資本金で時価もかなり高い位置にある場合は、その株数も、時価を簿価に換算して株数を増やし、日本に置いた仔会社の株数に適用できるとするものでした。これじゃあ、相手外資が巨大企業では勝てる訳がありません。

郵政民営化の時に、トヨタの奥田が経団連会長になり、民営化に大協力、民営化に一定の役割を果たした後、キャノンの御手洗が後継経団連会長に座りました。当時キャノンは既に外資株主が50%を超えていました。旧法では外人持ち株が50%以上の企業が政治献金することは、禁じられておりました。そこで新経団連会長に座った御手洗が、自民党への献金増やして、大企業の海外活動に有利な法改正をさせる為に、外資による企業献金を解禁させ、外資にも日本国内活動に自由を与える。その見返りに日本企業も海外で動きやすくさせる。

NHK籾井会長が社外取締役を務めていたグロ−バルアジア社の増資に絡む株価上昇煽り、その原型が05年前後に一気に増えた、株式市場における敵対的M&A=TOBの乱舞でした。楽天によるTBSへの敵対的TOB、王子製紙による北越製紙の乗っ取り、インスタントラーメン屋の明星食品までが外資ハゲタカフアンドのステイール・パートナーシップとかいう、得体の知れないフアンドに狙われて世間を騒がせたものです。

普通に経営し、まあ波風立たずに順調に行ってる企業の株価が突然、上昇を始める。別に何の新しい画期的な新規事業も無いのに、株価が上昇し始める。大抵の場合、背後でヘッジフアンドがその当該企業の株式を買い増し始めているのです。そして新たな役員を送り込み経営に参画する。この手法はまあ、旧態已然たる経営を行っている企業に、新風を吹き込むと言う点では、効果もあるでしょうが、本質は乗っ取るとみせかけて株価を上げ、儲けたらさっさと手を引いてしまう、それに乗せられて調子に乗り過ぎた大衆投資家は、いつも損させられる。バクチ世界における自己責任の問題ですから、こちらは関係ない(笑)。

まあ、さような金融資本主義的手法が世界化し、企業は常に大株主におびえる株主資本主義時代。非正規労働制度などの促進も、株主資本主義時代の結果でしょう。それを是正するのが政治と言うものなのでしょうが、政官財が一体化しておりますから、どうしようもないのですね。カネ、カネ、カネの時代です。

昔、NHKのラジオドラマで、菊田一夫の曲、♪緑の丘の赤い屋根・・・鐘が鳴りますキン、コン、カンという主題歌がありましたね・・・後の歌詞がメエメエ 小山羊が鳴いてますぅ〜〜と続いておりました。カネが唸り声を上げて、小国民がメエ、メエと鳴いているように聴こえます(爆)。
メンテ
政官財一体のカネがなるか…成る程…一般国民は…ネエー(カネが)となくか。うまい例えデスネー。 ( No.274 )
日時: 2015/06/09 09:15
名前: 青トマト ID:gAJPHUWc メールを送信する

ウ〜ン、其れの行き着く先は、やはりバブルなんでしょうね。

これはしかし、実体経済の広い意味での行き詰まり現象から発生してると理解できないものでしょうか?

それとも、このような金融利益一辺倒の追求が、世界経済の発展を寧ろ妨げてしまっている有り様だとか。

戦後の米国の歩みを見ていると、その様に思うのですが。

米国を食いつくして足りず、寧ろ、米国をさらに軍事有効利用するために、日本から富を流出させる。

その日本が離れて行かないように、今回のように軍事的協力関係の鎖で縛り付けると言うか、手錠をかけるというか(苦笑)。
メンテ
物が先か、カネが先か ( No.275 )
日時: 2015/06/09 22:10
名前: 満天下有人 ID:AyJRluO.

<其れの行き着く先は、やはりバブルなんでしょうね。これはしかし、実体経済の広い意味での行き詰まり現象から発生してると理解できないものでしょうか?>

その通りだと思います。実物経済の行き詰まり現象が、更にオカネを貯めておこう、それにはオカネでオカネを儲けておかねば、という倒錯した貨幣絶対価値論を人間が創り出してしまい、21世紀になって益々それへの傾斜を強くしています。それはバブルに過ぎないのに、バブルでしか生きることができない金融資本。そのことが実物経済の、人間の現実生活の実質価値から乖離することによって名目の繁栄を実質的繁栄と錯覚してしまう。

もう170年も前に、カールマルクスが喝破していたオカネの本質、人間とオカネの関係(経済哲学草稿の貨幣論)・・・その前提として、物の(=商品の)価値と貨幣価値との本質的関係。資本論の有名な冒頭の書き出し『資本主義的生産を行う社会では、その富は、膨大なる商品の集積として現れる』・・・・

そして続く貨幣論で『その商品には使用価値(自然的形態)と価値(交換価値)という二重の性質がある。その使用価値は交換によって実現される。それを担うのが貨幣である。』つまり、貨幣そのもには価値は無い。だが商品の使用価値が実現されには貨幣を要する、貨幣の価値はその交換なる使用価値にある。そりゃそうですわ、モノでモノは買えない。モノでお金も買えない。モノでお金を得ることは、買うとは言いませんね、「売る」です。・・・要するにお金でしかモノは買えないという人間生活になっている。

そしてゲーテの有名なフアウストやシエイクスピアのアテネのタイモンの一節「黄金か!貴い!キラキラ光る黄色い黄金か、いや神様!私はダテにお祈りしてるんじゃないよ!こいつがこれくらいあれば、老も若に、黒も白に、醜も美に、悪も善に、卑賤も高貴に変えてくれる!・・・こいつは司祭を誘惑して祭壇から引っ張り出し、治りかけの病人から枕を引っこ抜く!」
すさまじい表現をしたものですね、シエイクスピアも(笑)。

マルクスはこのような大文学者の一節を引用しながら、彼自身も『貨幣は一般的な娼婦であり、一切の人間的、及び自然的な性質を転倒させる』と言い、そして、『貨幣が全ての財物を手に入れ得るという属性を持っているから、』人間も又、それを追いかけると言ってます。つまり貨幣もまた商品化されて貨幣がその商品を、貨幣によって買うという無限の運動が始る事を予測しておりました。

ケインズ卿もまた、その性格をよく把握しており、融通無碍なるその能力が、貨幣を求め、経済活動が沈滞化すると、ある場所に溜まり始め(退蔵貨幣)、それが向かう先は貨幣市場である(流動性の罠)金融市場であると見通していましたね・・・今が正に、そのような現象が現れている時でしょう。

実質経済は上向かないのに、株式市場が大きく上に向かう。これバブルなのですがね・・・国家金融構造もそうです。前の国債買いから株式市場への資金の移動・・・国債の始まりはイングランド銀行によるとの話をさせて頂きましたが、当時英国政府は、港湾利用税を担保にして国債を発行し、イングランド銀行=出資者のユダヤ商人からお金を借りた、とおいう訳です。

つまり、国債は何によって担保されているのか、ということです。現在では経済や、金融のパイがでかくなりすぎて余り意識されなくなりましたが、要するに国民経済=付加価値の創出で以って担保されている=最終的には国民金融資産が担保に入っているということです。

だが、その国債が国民経済強化の為に向けられず、貨幣が貨幣を産むだけの市場で活躍しているだけですから、バブルということになります。そして怖い事は、貨幣を持つ者が貨幣だけを求める行為は、他人は自分の為の手段に過ぎなくなるという現象です。宝島で有名な19世紀半ばの童話作家、ステーブンスンが南海先夜一夜物語で、貨幣の力を利用して欲望を満たそうとした結果、ハイパーインフレを招いてしまい、最初に投資したお金がたんなる小石と同等の価値しか無くなる話・瓶の妖鬼という短編で書いておりました。
金融利益一辺倒の経済行為が世界実物経済を邪魔しているのか、あるいは、実物経済がへたってしまって金融資本が乱舞しているのか、どちらも裏表の関係にあると思います。
メンテ
Re: 物が先か、カネが先か ( No.276 )
日時: 2015/06/09 22:34
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:ISHxftYU

物が先か、カネが先か

について、私が思うところを言わしていただきます。

思えば、懐かしいグッキー氏の需要管理政策論です。
グッキー氏は、需要を増やせば金が回るとの主張でした。
その需要を増やすため、金がいるではないかと言う事になり、卵が先か、需要が先かの話になりました。

ところで、物か金かの関連性ですが、資本主義の理論のなかでは、またマルクスの理論の中でも、仕事のない人間にとっては、物と金の方程式が、そもそも成り立たないことについては触れてはいません。

要するに、時代時代の景気の有り様で、一時的な失業者の増減はあっても、概ね人々は経済活動に参加できる金を手に入れることができると言う条件であると思います。

金がなくなれば、物価が幾ら安くなっても、溢れていても手にすることはできません。
全く金がないまでも、ワーキングプアー、または、それ以下の収入よりない人にとっては、最低必要なものを手にする以外の需要は起きないと思います。

その様な人が人口の1/3以上になると、もはや、どのような経済理論も、その影響が及ぶ範囲は限られてくることになります。
しかしながら、我が国で言えば、1億2000万人の内、現在のところ8000万人以上については資本主義経済の理論が通用する社会で生きているので、国としては、まだまだ経済政策が成り立つのでしょう。
後の1/3は、既に国家の経済施策の対象ではないのです。

現在の経済ニュースなどを見ていると、このことが痛切に感じられます。
物と金の関係について、その昔は、必ずしも労働と物の関係だけではなく、それこそ物物交換、要するに何か金に変えられるものを、自然採取のものでも、持っていれば、経済が成り立った時代もありました。

それが現在では、ほとんど無くなり、働く場所を失うと、もう、行けません。
人間として、万事休すなのです。

現代社会の経済論は、このことに触れようとはしませんが、それで本当にやって行けるのでしょうか。
別のスレッドでも出しましたが、生活保護を支給しなければならない人たちは先進国で10%に近くなっていて、その予備軍(補完率を計算すると)15%にもなりそうです。

資本主義経済のメッカ、アメリカは特にひどく、15%は確実でしょう。
アメリカの場合、定期的に雇用が回復したという発表がありますが、それは、20万、30万単位のことで、徐々に仕事につけない人が増える傾向には歯止めはかかってないでしょう。

中国、インドなどの生産力が上がれば、先進国において、この傾向が強まることは明らかであります。
経済学者は、どうして生産技術の発達が、人々から雇用を奪っていることに関心を示さないで目先の経済の運用問題、特に為替、株価などの金融の流ればかり気にするのでしょう。

その様なものは、社会の上層の流れに過ぎないのです。

先に言いました、

後の1/3は、既に国家の経済施策の対象ではないのです。

多くの人たちは、資本主義社会の番外地に住んで居るのです。

経済ニュースなど、何にも関係ない話しなのです。

このような人々の叫びは、一体、誰が聴いてくれるのでしょう。




メンテ
橋立さん、テーマが別です ( No.277 )
日時: 2015/06/09 23:42
名前: 満天下有人 ID:AyJRluO.

橋立さん、少し勘違いされたようです。物が先かカネが先か、と掲げたのは、どうしてかくも金融資本が乱舞するのか、そもそもの人間とカネの関係はどういうものだったのか、資本主義経済時代に入って、商品として財が出回り、それにカネが付きまとう。その内に、カネなる融通無碍なる手段に人間は取りつかれ、物を得るにもカネさえあれば便利だ、さような人間と、人間が経済行為を行うことを通じて、オカネの力をトップに置き始めた。そのような人間とオカネの関係について先哲はどうのように考察していたのか、そのようなテーマに絞ったものであり、モノの生産を通じ、カネとの関係で雇用、失業はどうなるのか、それはテーマにしておりません。

今回のテーマは、金融資本の乱舞、どうしてカネがカネを追い求める状況になったのか、モノの生産も行き詰まった結果なのか、その観点から人間にとって、その人間が織りなして行く経済行為のなかで、物より先にカネを追うようになったのか、貨幣の本質と人間との関係という視点の投稿でしたので、需要喚起とか失業とかの問題は、含めておりませんでしたので、悪しからず。
それはまた別テーマで考察したいと思います。
メンテ
国際天然資源メジャー ( No.278 )
日時: 2015/06/10 12:38
名前: 満天下有人 ID:oPloO2fo

NHK会長籾井が昔、社外取締役を務めたグローバルアジア社時代の疑惑、株価暴騰させるために、誰でもがそう簡単に扱えない、業界参入が難しい金属関係、原油などの天然資源を定款に取り入れさせて一般投資家を騙した話が、中途半端になってしまった。

もう、どうでも良い事だが、この地球規模で存在する鉄鉱石、銅、金銀、アルミ、ウラン鉱などが、僅か三社+1で支配されている事は知っていて損はしないので、序に書き足しておこう。

その三社とは、
〇リオ・チント・ジンク=リオ(スペイン語の河。チント(スペイン語の色調、顔料)。ジンク(英語の銅)元々はローマ帝国時代に ローマに銅を供給していた南部スペインの鉱山。1873年に英仏ロスチャイルドが、鉱石から金を抽出するのに水銀が有効であることを発見し、同鉱山を買収)
〇BHBビリトン=豪州の石炭鉱山BHPと英ビリトンが合併。そのビリトンがロスチャイルド系
〇アングロアメリカン=ロスチャイルドのダイヤモンド鉱山である南アのデビアス及び南アの金鉱山アングロゴールドを運営する会社。カナダではミノルコ・カナダを通じ、ウラン鉱山や銅鉱山を所有)
〇+1=ブラジルのヴァーレ。ロスチャイルド系とは関係なく独立系。でも長年に亘ってロスチャイルドに系列化を狙われている。

上記三社の基は、英国及び仏ロスチャイルドです。そして5年前?だったか、その豪州BHBビリトンとリオ・チント・ジンクが合併しようとした。もう想像を絶する巨大な資源支配企業となり、資源価格がいかようにも動かされてしまう。さすがに世界最大の鉄鉱石、石炭消費国である中国が猛反対して合併話は頓挫してしまったが、やることが柔じゃない(笑)。

2014年鉄鉱石世界生産量 約20億トン

ブラジルヴァーレ3億トン
ロスチャイルド系3社3億トン(リオチントジンク、BHBビリトン、アングロアメリカン)
中国8億トン
他ロシア、インドなど6億トン

最大消費国は中国。年間11億トン。内輸入が3億トン。これを全部ロスチャイルド系3社に頼っている。価格を好きなように決められるリオとBHBの巨大合併に猛反対する訳だ。何故ロス系の鉄鉱石が優位にあるのか、品質が全然違うそうだ。そしてその取扱い権益を三井は40%も有している。NHK会長が元三井出身で鉄鋼屋であったからには、一製糸業に天然資源鉱物を取扱い品目に掲げさせ得る理由が、そこにある。

歴史的にも日露戦争では、戦費18億円の内、8億円を国家要請により、ロスチャイルドから調達する仲介を行ったのも三井財閥。そしてそれを全部返さない内に満州事変が始り、ロスチャイルドの代理人としてアメリカからはグリューが駐日大使として、英国からはリンドレーが駐日大使として赴任。

グリューはペリー提督の閨閥に入り、そのペリー家はロスチャルドと閨閥を持ち、英国からのリンドレーは英国ネイサンロスチャイルド銀行の番頭であった。両者は、日露戦争時の債権の取り立てを三井財閥を通じて行い、三井本社に日参(笑)。交換条件は、日本が満州で得た天然資源権益の譲渡であった。

いずれにしてもロスチャイルドとの関係は、三菱より三井が歴史的にも緊密であったし、国際商権にも強い。昨年、ロスチャイルド石油であるブリテイッシュペトロ・BPと合弁で、米湾岸ガルフ、メキシコ湾で原油掘削に着手したは良いが、ドリルが折れて原油が海を汚し、巨額訴訟を起こされていた。損害額は約1000億円だっと記憶する。他にも米国シエールガス掘削で大損こいている。

でも絶対に潰れない。国家独占資本なのだから(笑)。国際金融資本然りです。バックで天然資源を押さえてしまっているのだから。
メンテ
世紀の悪魔がやって来た>シンゾー一派による戦争法案 ( No.279 )
日時: 2015/06/10 20:04
名前: 満天下有人 ID:oPloO2fo

さすがに民衆の間からも、ゴリ押しするシンゾー一派ジミンによる安保法制の成立に対し、反対意思が表に出始めた。

渋谷で演説を始めた谷垣幹事長に向けて、帰れ!コールが沸き起こったようだ。でも瀬戸際で反対意思が表面化したことに、結果はオーライだが、ハラハラさせるギリギリの線での反対に、危ない物を感じる。

反対意思表面化の切っ掛けは、衆院での3名の憲法学者、与党召請の学者までが違憲を表明したことから、反対運動が一気に盛り上がった訳で、もし憲法学者の違憲表明が無かったら、どうなっていたかと思うと、ほんとにギリギリのところでかろうじて橋から転げ落ちなかっただけで、背筋に冷たいものを感じる。

自民党員からも、憲法学者による違憲見解は、さすがにショックだったと言う者もおり、世間ではこれ以上の違憲説を唱える学者をコケにすると、政権党として立場が弱くなるとの意見まで出てくる。

これって一体、どういう頭しているのか、純粋に憲法の精神に思いを致すことなく、駆け引き的にしか物事を考えていない。一般もそうであるから、話にもならないチグハグな見解を出しては、自らが困ってしまう大臣ども・・・中谷元防衛大臣に、岸田外相がその典型ではないか、そしてそのような大臣を集めて政治を行い、自分で言ってることの矛盾に全く気がつかないシンゾーという男が、何と内閣総理大臣なのであり、そして何と、国民がそんな男を祭り挙げてしまい、憲法学者が反対の流を創りだしたムードに乗って、やっと反対の意思が表に出てきた。

G7終了後に違憲を唱える憲法学者に、コブシを振り上げるばかりの反対論をぶつシンゾー、その様は、悪魔がやって来たとしか言いようがない不気味さである。反対論の中身も矛盾だらけである。今回は、何を今更と思わせるような、古い砂川判決が、自衛権は違憲ではないと、一体、アメリカの戦争にまで助太刀しようとする、自衛ならぬ他衛としか思えないような安保法案について、何の関係があるのかウン十年前の砂川判決までをも絡めてくる。

夕刊紙が、元共産党委員長を務めた不破哲三氏のコメントを報じているが、自民党でも昔は政権党としての良識があった。田中角栄や後藤田正晴官房長官など、横須賀基地入港の米原潜の、放射能水流しのデータをつきつけたら、ほんとに真剣になって調査に応じたものだ、当時の米国務長官キッシンジャーが、はやく原潜を入港させろと言っても、角栄首相は調査が済むまで頑として受け入れなかった。

今や、どうだ…欠陥オスプレイを倍以上の価格で買い取り、それも対中国防衛の一環とするデタラメさ。デタラメさの集約が安保法制の一括成立の目論見ではないか・・・

もう第一次安倍内閣の頃から、この男は異様であると言い続けてきた。それが国民自力で排除するでなく、違憲説憲法学者の発言によって、やっと阻止機運が盛り上がって来たことに、手ごたが感じられない。それにしても、いくら岸家がアメリカにお世話になったからと言って、それで以って国をアメリカに差し出すとは、一体この家系は、子孫をどのように教育しているのか。少なくとも1億2千万人の生命財産が懸っているのに、そんなこと気にするなと子供を教育して、それを内閣総理大臣にする家系。どうすれば、どのような教育をすれば、そのような恐ろしい人間を創りだせるのか、どのような考えがあれば、そのように出来るのか・・・

どうすれば国家国民の憲法までをも、手続きも踏まず、勝手な一家系の解釋に合わせることが出来るのか?・・・息子がコブシを振り上げて、すごい形相をした演説、ヒトラー以上である。それを見て満足する母親って、悪魔の家系としか思えない。悪魔がやって来るのも、当然である。
メンテ
満天下有人様、難しい事ではなく、単純に痴呆でそれが総理をやってる、やらせてる方が危険なのではないでしょうか。 ( No.280 )
日時: 2015/06/10 22:51
名前: 青トマト ID:.evZeyBE メールを送信する

ご覧になったと思いますが、谷垣の街頭演説も狂ってましたね。

私は、谷垣や高村の方が怖いですよ。

アベのような痴呆を総理に据えている自民党や公明党が、そちらが異常、異常すぎると考えるのです。

アベは頭も言葉もないから、馬鹿殿の激昂でしかないわけで、お坊っちゃまが下男から注意されて逆ギレしてる姿でしかないのではないですか。

奴は痴呆だから、国民を下男と見ている程度のオツムですよ。

戦後日本の溶解現象、国民の心のメルトダウン・メルトスルーが痴呆総理を戴いてると見ますね。

ですから、ヒトラーやナチス政権とはやはり違うでしょう。こちらにはエネルギーがあって欧州からロシアからアフリカまでを戦争に引っ張った訳です。

今の日本のアベや政権には其がない。

腐敗してドロドロと溶けて流れている有り様ではないですか。

腐臭を放って、溶けている死骸ですよ。

戦後日本の死骸の有り様なんだ。

一旦、地獄へ落ちるでしょうね。

罰当たり共の無惨な姿だ。

顔を背けますね、私は。この辺で
メンテ
シンゾーより怖いジミン党 ( No.281 )
日時: 2015/06/11 10:31
名前: 満天下有人 ID:H3c56B22

自浄能力も失せたジミン党。己の首が繋がっている間は、シャッポが誰であろうと構わない。

それより怖いのが、野党民主党と維新の会。野党の体をなしていない。かろうじて共産党だけが正論を吐いている。
元総務省官僚の民主党小西議員が、思惑含みで違憲法案である安保法制作成に知恵を貸し続ける官僚どもは、世が世なら処分してやると息巻けば、枝野幹事長が、品位を保って発言せよと注意する有り様。

まあ、小西議員も言える立場かどうかはさて置いても、こんな有り様では、ヤクザ紛いの発言でもしないと、襟を正すとか品位がどうのと言う政治レベルなど、既に無いのだから(笑)。

小西議員の魂胆も、池に落ちた犬は叩け、との格言を地で行こうとしているのかも知れないが、そのようには行かない世論もあるから・・・転がり落ちて、お池にはまったドングリに、坊ちゃんコンニチワ、一緒に遊びましょ、と歓迎するドジョウも世論池には沢山居る(笑)。

これが一番怖い!
メンテ
ついに炸裂したジミン低脳 ( No.282 )
日時: 2015/06/11 15:35
名前: 満天下有人 ID:H3c56B22

おい!おい!!ジミン!!

多分・・・推定するに、余りもの低脳に、さすがの大脳も手の付けようも無くなったか、谷垣に高村などのジミン執行部の映像入りで、「憲法学者の憲法観で、平和が保たれて来たと言えるのか」と、言わせ始めた!

もう、開いた口が塞がらないビックリジミンの数々は聞いては来たけど、事ここまで言いだすとは、もう、いよいよ太陽が西から昇り始めたかと思わせるような、天地驚愕の光景である。

話は逆だろう。戦争に巻き込ませようとしても、そうは行かなかった、それは憲法の精神を遵守したからであって、その理解を守って来た多数の憲法学者が居たから、何とか血を流さずに、ここまで来れたのであって、逆にお前達の方が、何としてでも戦争したいが為に、要らぬ事を煽り続けているのではないのか!。お前たちの理屈の、それも矛盾が露わになると、どう理解すれば理解出来るのか、得体の知れない妄言を続けては、何も分からぬようにしてしまう。

そのような説明も、前後矛盾なき説明も、いや事は説明の問題では全く無くて、体質、本質の問題なのだが、敢えて説明矛盾の観点から言うなれば、そのような言葉のどこに平和が守れると言う本質があると言うのだ?・・・?????。

いくら何でも、つい前稿で、やっとのことでシンゾーより怖いジミンの体質を突っ込んだのに、僅か数時間で次の脳が爆発させられるような光景にぶち当たってしまう。いくら低脳だと言っても、その低脳大脳までがビックリして、良識ある人間たちの大脳まで炸裂させてくれる。

まあ世が世なれば、谷のガキや、高村なんぞがジミン幹部である筈がないのだが、こんなバカ小物どもが幹部で居られるとは、チョット、ちょっと、この国、いつからそうなってしまったのだ?いずれ良識が頭をもたげて来るとは思っているが、その気配も無い。
メンテ
悪い奴ら! ( No.283 )
日時: 2015/06/11 16:14
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:VfBVr.3.

60年安保改定とデモの動画。

http://video.search.yahoo.co.jp/search?p=60%E5%B9%B4%E5%AE%89%E4%BF%9D%E3%83%87%E3%83%A2&tid=1375ca57d0f9e952119782a2932bb4d6&ei=UTF-8&rkf=2&dd=1

色々ありますが、次を推奨、

08 - 60年安保闘争 - 1959 - YouTube


安保法制反対デモの動画。

http://video.search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%AE%89%E4%BF%9D%E6%B3%95%E5%88%B6%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E3%83%87%E3%83%A2&tid=0f1e945f0450a800390bd5a0b56755cb&ei=UTF-8&rkf=2&dd=1


これだけ世情が違います。
「政治は殺し合い」とボノボさんが言っておられました。

現在の安保法制反対の動きなど、子供の遊戯に等しいもの。
そんな事をしているから、安倍や谷垣にさえも舐められるのとは違いますか。

そりゃまあね、

戦争反対、武力行使反対は良いとして、当面の自民党相手の政争でさえも、民主主義は通じはしない。
安倍や谷垣でなくても、この世の中悪い奴らは次から次へと出てくるもの。
経済を支配するドンも隠れでいる。

その様な人間社会で、有識者と言われるものを中心に、行儀良く不平を言って見ても始まらない。
体よく処理されるだけ。

仮に、今回は乗り切れても、その様なお上品な世論である限り、悪い奴らは引っ込まない。
現代日本人には「怒」と言う観念がありません。

誰も彼も賢しらに理屈を述べてはいるが、その理屈を通すためには戦わねばならないことまで考えない。
安倍自民党も最低ですが、民意と言うものも、最低であることは、60年安保闘争の動画を見るだけで、まるで別世界です。

現在の安保法制反対デモに参加している人のインタビューを見ればわかる。
彼らは余裕綽々で不平を言っているだけ。

何となれば、それぞれの生活は満ち足りているから、必要以上の抗議などするつもりはないのである。
世の悪い奴らが、そんなものに恐れるはずはないのである。


満天下さん、引いて考えれば、全てが嫌になって来ますね。
悪い奴らと、民衆と、どちらが悪いかと言えば、
悪い奴らは、民意の影の部分の反映であると思います。
メンテ
ノー天気な民意が、低脳政治を産んでいる ( No.284 )
日時: 2015/06/11 19:26
名前: 満天下有人 ID:H3c56B22

<悪い奴らは、民意の影の部分の反映であると思います。>

私も、第二次安倍政権が発足した時、いくら民主党の崩壊があったとはいえ、あの自民党大勝の結果に見えた民意には、ほんとに驚きました。

要するに、国民がポジテイブに認めていると言うよりも、無関心という面で、ジミンを支持しているからには、ジミン低脳は無関心という低脳によって生み出されていると言えます。民意の影の部分がそうしている。

私など、第一次安保世代として、コンクリート部屋に一晩、官費でお世話になった者としては(笑)、今の形だけというか、本質が何も分かっていないなと思わせるような抗議活動も、ほんとにママゴトにしか見えません。まあ無いよりはマシということでしょうか・・・

何とか食えて行ける世情では、止むを得ないことでしょうかねぇ、それにしてもジミンにあそこまで言わせて、良識者たちも、言ってるだけで身を挺する風情もありません。言わぬよりはまだましです。

安保法制など、米国が中国を牽制するためのブラフに、ホイホイと乗ってるだけなのに、その本質が全く分かっていないのですね。中谷防衛相の、憲法をいかに安保法制に合わせて行くか、そういう問題だと言うに至っては、もう何をか況やで、昔ならこんな発言を聞いたら、暴動に近いデモを起こしたものですが、全くやり切れません、今の世相は!!。
メンテ
シンゾージミンによる動機不純な戦争法案>国民の無関心がそうさせた(1) ( No.285 )
日時: 2015/06/12 12:47
名前: 満天下有人 ID:wQjynK3s

全く!どっちもどっちだ!

ジミンが参考人として国会聴聞に召請した憲法学者、京大佐藤幸治名誉教授が、先日、東大で開かれた「立憲主義の危機」なるシンポジュウムで怒りの発言されておられた。

法律には素人の所為もあって、13年前に小泉内閣で憲法改正の動きが始まった時、憲法を少しかじってみようと思い始め、この方は生まれ歳が同じという親しみの所為もあったか、随筆風に書かれていた多くの憲法に関するエッセイを「憲法と、その物語性」なる表題の本として出版されたので、哲理を分かりやすく書かれていると思って、手にしてみた。

予想通り生活者としての人間の立場から、憲法の精神との関係を分かりやすく書かれていた。難しい法理はさておき、思想の基本を「国民主権の意味については、基本的には憲法制定権力は国民にある」と説かれている。

氏は先達である憲法の大御所・佐々木惣一博士の文言を引用され、「この国で真の立憲政治が行われないないのは、何の故か?」との疑問から、「之は憲法制度を、条文の解釋だけから理解しようとするからであり、解釈を観ただけでその精神は解る筈がない。憲法なるものを我々人間としての、生活から見なければならない」と述べておられる。

このような指摘をされたのは随分以前のことなのに、目下のシンゾージミンどもの憲法に対する姿勢は、正にそれだけ=字ずらの解釋だけに熱中し、やれ自然に認められている自衛権は、集団的自衛権を否定するものではないとか、精神はそっちのけで解釈だけに終始熱中している。

佐藤幸治博士が、先日のシンポジュウムで、憲法の解釋だけを巡って、いつまでグダグダやっているのだ!と、強い怒りの言葉を発せられていたようだが、氏が主張されたかったことは、文字だけの解釈に終始し、根本の整理=ならば憲法を改正すると言う近代国家としては当たり前の手続きを踏もうともしない姿勢こそに大問題があるのであって、それを飛ばして違憲だ、やれ合憲だと言い合うみっとも無さが、この国の姿なのだ、そのことに怒りを発せられたのであろう。

憲法制定権力は、国民に存するとの基本思想からすれば、我が国憲法が敗戦によって押し付けられた故に、改正せよという意見が存在するのも、当然のことである。だが、どのように改正するのかとなると、憲法なるものの基本思想がどこにあるのかとの理解が、不足したままで改正論だけが、これまた一人歩きしている。

憲法制定の権力は、国民にある、それは生活から見た基本的人権の思想が=憲法であるとの絶対的価値観の上に立っていない。そういうことを佐藤教授は言いたかったのであろう。基本的人権さえ守られていないこの国の現状。

そしてそれに対峙する国民の意識も、おかしい。まあ、まあ安保法案には反対かどうかとの単純な質問をされれば、反対、だけとしか言えない(約70%前後の世論が反対している)、だが自衛権は必要だとする意見は圧倒的に多い。ならば正に国民生活感覚の上に立って、そして制定権は、あるいは改正権は国民にあるとの最も基本的思想に立ち返って、あいまいな自衛権の解釈に終始せざるを得ないような条文を、国民生活の立場から改正しようとの動きが出て当然なのだが、それも無い。

そして政治権力側も、憲法は国民のものであるとの大原則など眼中にも無く、ただ戦争OKと解釈する数名だけの憲法学者の意見を取り上げて、それを政府解釈として実行しようとする。憲法をどのように安保法案に関係させて行くか、というような本末転倒の政府見解が堂々と白昼出されて来る。
メンテ
シンゾージミンによる動機不純な戦争法案>国民の無関心がそうさせた(2) ( No.286 )
日時: 2015/06/12 13:39
名前: 満天下有人 ID:wQjynK3s

ところでこの佐藤幸治名誉教授は、当初自民党が与党側の参考人として召請したものだが、断はられ、シンポジュウムでは怒りの言葉を発せられている。断った理由はジミン、ソーカの憲法解釋がどうのと言うより、もっと憲法の何たるかから勉強し直せと言われているのだろう。それをジミンのバカどもが、解釈変更OK論者だと勘違いして政府側見解者として召請したのだから、やはり低脳なのだ(笑)。

安保法案も、先ずは根本的な憲法改正を、主権者である国民に問うという正道から始めないシンゾー、自分の持ち物のようにしてしまっているジミンども・・・隷米主義がそうさせていることは、今更言うまでもないことだが、一方で憲法改正を国民に問えと、要求もしない国民。芸能政治には興味を持つだけで、良識、知性のカケラも失せた国家と国民・・・

目下、国会のサル山で引っ掻き合っている集団的自衛権、それも自衛権の延長に入ると憲法は認めていると言えば、別のサルは違憲だという。ならば自衛権の概念を憲法条文で明確にすれば良いではないか、主権者国民に問えば良いだけのことではないか・・・いや国家危機が目の前にあるから、憲法改正など悠長な時間がない、そうであるならば、いつ、どこに、誰が攻め込もうとしているのか、明確に言えばよいだけの話ではないのか・・・安保法案を遮二無二成立させようとするのは、動機が全く不純だからであろう。

同じフアシズムで敗戦したドイツ。その後、東西冷戦もあって戦争は放棄していない。しかし自衛権については連邦基本法第115条aで、明確に規定している。

『第10章a防衛事態』
 
第115a条(概念および確認)
1 連邦領域が武力で攻撃された、またはこのような攻撃が直接に切迫していること(防衛事態)の確認は、連邦会議が連邦参議院の同意を得て行う。確認は、連邦政府の申立てに基づいて行われ、連邦議会議員の過半数かつ投票の3分の2の多数を必要とする。

2 即時の行動が不可避とされる状況で、かつ、連邦議会の適時の集会に克服しがたい障害があり、または議決不能のときは、合同委員会が委員の過半数かつ投票の3分の2の多数をもって、この確認を行う。

3 確認は連邦大統領により、第82条に従って連邦法律官報で公布される。これが適時に可能でないときは、他の方法によって公布されるが、可能な状況になったときは、直ちに連邦法律官報で追完しなければならない。

4 連邦領域が武力で攻撃され、かつ、権限を有する連邦機関が1項1段による確認を即時に行うことができる状況にないときは、この確認は行われたものとみなされ、かつ、攻撃が開始された時点で公布されたものとみなされる。

5 防衛事態の確認が公布され、かつ連邦領域が武力で攻撃されたときは、連邦大統領は、連邦議会の同意を得て、防衛事態の存在についての国際法上の宣言を発することができる。2項の条件のもとにおいては、合同委員会が連邦議会に代わるものとする。』

この自衛権と集団的自衛権との整合性についてどのように規定しているかは、まだ調べていないけど、NATO及びEUが結成されたからには、欧州共同体の中で集団的自衛権になっていることは、想像される。

この春にドイツメルケル首相が来日された。シンゾーによる歴史認識の無さを、間接的に批判されていた。ドイツの場合は、第二次大戦中のユダヤ虐殺その事に関しては、大きく反省し、尚その上で、侵略もあるかもしれない、受動的な戦いにも備えておかねばならないとの考えが、上記のような自衛権の明示として、憲法に盛り込まれたのであろう。

わが国の場合は、自衛権概念を構築するにも、手順を完全に間違えて、間違えたというより、そもそも憲法概念に対する基本的思想も無いのだから、ましてや手順などについても、どうして良いのかが国民も含めて解らないのであろう。

政治の側からすれば、先ず、ドイツのように歴史認識をきちっと構築し、そして尚、侵略されるリスクがあると思うならば、それはそれで、ドイツのように自然法として認められる自衛権を、遠慮せずにキチッと明示すれば良い。それなくしてただ、反省無き歴史認識の上に、ただ中国が危険だと言うだけとしか思えないような安保法制しか考えつかない、この国の民をも含めた思想の浅さが哀しいではないか・・・

だから、怪しげで不純な政治動機が、いつまで経っても止まない。世界に比して我が国の教育率は、相当高い筈である。もう少し深い考えが教育の結果として育成されて来て良いはずなのだが、そうなっていない。教育がただ就職率上げるだけの進学競争を目的とした結果なのか・・・さっぱり分からない。

何故、法の依って立ってきた背景も知らずして、外では法の支配を強調するような奇形児が、どうして総理大臣に座はれるのか、やはり国民レベルがそうだからなのか・・・。
メンテ
Re: シンゾージミンによる動機不純な戦争法案>国民の無関心がそうさせた(2) ( No.287 )
日時: 2015/06/12 17:44
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:uidGeCAw

お話中かも知れませんが、「立憲主義」のついても触れられているようなので、そもそも自民党の憲法改正の意図の問題点を明らかにしておきます。
自民党による憲法改正の動きは古く昭和30年代から始まっています。
最近では、平成17年に「新憲法草案」を出しています。
これを作った時の首相は、小泉で、森喜朗も関係しています。安倍第一次内閣ができたのは、この直後です。
そのご自民党の中にある憲法改正促進本部で検討が続けられ、本部長には保利耕輔、船田元などがなっていて、憲法改正の為の国民会議なども設けています。
これが、安倍第二次内閣発足の直前の平成24年には「日本国憲法改正草案」を出し、安倍はこれを国会で通そうとしています。

その内容は、憲法第9条の問題に関わらず、とんでもない事を企んでいます。
もちろん、安倍などには、その全容は解ってないでしょうが、自民党と言う政党は、国民目線を持ってない、財界、アメリカの傀儡政党であることがハッキリとしています。
このような政党と、官僚に70年も支配されていては、国民がよほど腹を据えないことには、どうにもならないでしょうね。

以下、その問題点(9条関係以外)をかいつまんで説明します。


自民党による憲法改正の目的について、第9条の安全保障の領域の改正が中心であると思っていたら、その後段には下記の様なものが仕組まれていました。

(現行憲法)

第十章 最高法規
第97条
 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。

(改正案)

第十一章 最高法規
現行憲法の第97条の条文は削除。

(解説)

第十一、十二条の条文を最高法規と位置づけるこの条文を削除したことはこの条文は将来さらに人権を制限することを考えている証拠となる。そういえば、第十一条の改正案でも、基本的人権の認識に後退がある。


(基本的人権に関する現行憲法)

(基本的人権の享有)
第十一条 国民は、全ての基本的人権を享有する。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利である。

(改正案)

第十一条 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。

(解説)

改正案では基本的人権の享有を妨げない、とか国民に与えられるとか、言う表現に変わり、国民にとっての権利を受動的な認識に変えている。

さらに続く、

(現行憲法)

第99条
 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

(改正案)

第102条(憲法尊重擁護義務)
1 全て国民は、この憲法を尊重しなければならない。
2 国会議員、国務大臣、裁判官その他の公務員は、この憲法を擁護する義務を負う。


※ 全て国民は、この憲法を尊重しなければならない。 の文言は入っていない。
追加するとすれば、全ての国民は、公務員の忠実義務を監督する権利があると言うことであろう。

(解説)

憲法とは、元々国家が国民に対して負う義務の規定である。
要するに、国会議員、国務大臣、裁判官その他の公務員の行動の規範となることを目的に制定されている。

「立憲主義」

立憲主義とは、政府の統治を憲法に基づき行う原理で、政府の権威や合法性が憲法の制限下に置かれていることに依拠するという考え方。

>1 全て国民は、この憲法を尊重しなければならない。

このような表現の挿入は、もう、無茶苦茶である。

自民党には、この様な考え方をする人間が多くいるということであり、戦前の天皇中心と言うよりも、天皇を利用した神道国家へ逆戻りする要素が隠れていると言うことである。

まこと、安倍晋三などは、人間の皮を被った妖怪に過ぎない。

最後に第96条を改正して、憲法改正に必要な手続きを現行の2/3の賛成から、過半数に変えようとしていることは周知の事実であります。

メンテ
しかし余りにもひどすぎるシンゾー現役ども ( No.288 )
日時: 2015/06/12 18:51
名前: 満天下有人 ID:wQjynK3s

ジミンの憲法改正草案、数年前に目にしておりましたが、もう目を覆うばかりの内容です。確かに、小泉内閣の頃から目立ち始めましたね。小泉のオッサンも、よくもまあ、いくら北朝鮮拉致問題でシンゾーが協力してくれたとは言え、このような男を後継首班に据えるとは、小泉の先見性もあやふやなものです。今頃、反原発など言いだしても、息子の地位を確保してやるだけのスケベ根性しか見えません。

今日はさすがに政界ロートルである自民元幹事長の山拓、民主党元財務大臣の藤井、さきがけの武村、そして亀井静香などが結束して、戦後憲法を守って来たが故に、日本は世界から信用されて来た、それを僅かの会期国会で、70年の歴史を崩壊させるとは、何事だと息巻く会見をやっておりましたね。

それに対し、菅官房長官のコメント、もう政界を引退された人たちの寝言であると言わぬばかりの、内閣の反応。

わが国の現状はこれに尽きると思います。若い世代の感覚が、この菅官房長官のコメントに凝縮されている。もう年寄は引っ込んでおれ、年金問題にまでかこつけて、爺様たちの年金支えるのに大変だ、だから年寄は口を出すなとの世相が、この憲法に関わる大問題にもよく出ている。だが何をどうして良いのやら、さっぱり分からない世代。
そのことがシンゾー的奇形児をサポートする結果になっている。言い換えると、菅がとんでもない発言として言ってる、もう現役引退した者の言う事など、何の足しにもならないとのその感覚、そのような感覚が、政治社会が如何に政治社会によって誤魔化されているかを隠されて、単なる世代間抗争に転化されてしまっている。

年寄はできる限り、穏やかに引っ込んでいようと、常に心がけていても、日常生活面でも、驚くような幼稚な感覚に出会うと、つい小言を言ってしまう。すると反発されます。

いつの時代でも世代間の感覚に相違が生じるのは止むを得ない事。でも振り返って見ると、自分がまだ青年時代だった時でも、年配者から得る教訓はある、そのような暗黙の姿勢はあったと思います。菅官房長官が言う、政界ロートルは引っ込んでいろとの発言、日本人の美徳として存在する批判はすれど、先達にも耳を傾むける姿勢、己に足らざる所は無いか、その一歩下がった姿勢。それを基本にする施政なるものが全く無い。まあ、同じ政界の中に対しての老人に対する反発発言かも知れませんが。

道理で国民など、簡単に無視されてしまう筈です。別に年寄の言う事を聞け、などと主張する積りは、毛頭ない。余りもの幼稚さに驚いているのです。いくら何でも、こんな状況、世界に対しても恥ずかしさも感じないのか。維新開国外圧の時と同じように、やはりバカにされているような気がしてならない。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.289 )
日時: 2015/06/12 19:28
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:8UuBpXG2

一般の人たちは、憲法をお上のみことのりの様に考えているのでしょうね。

憲法を奉じるのが良き国民であるとでも考えているのでしょう。

まさか、憲法が、官僚、政治家を含む公務員の活動規範であるなどとは、国民の合意に基づく憲法の精神を疎かにする公務員に対して、

第十五条【公務員の選定罷免権、公務員の性質、普通選挙と秘密投票の保障】

1  公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。


などとは、思いもよらないのでしょう。

まあ、しかしながら

解ったとしても、

何が、そうさせているのか、公務員に対する激しい糾弾などは、できないでしょうね。

不思議ですねえ!

「和」の心とは、そんなに情けない心情を言うのでしょうか。

それで、何が守れると言うのでしょうか。



何回も持ち出して申し訳けありませんが、このような話になると、


<< 現代に生まれた人間の精神生活の癌の一つは、精神的緊張の低下であって、ごく少数の選ばれた人びとを除き、我々はみな、弛緩した日々を送っている。仕事においても、気晴らしにおいても、我々がもっぱら目標にしているのは、人気取りと享楽である。全心を自分のしている事に打ち込み、本当に手に入れる価値のある承認を勝ち取ることのうちに見いだされる、真の精神的財宝を得ることに、少しも関心をもたない >>

ヘレニズム社会(紀元1〜3世紀)の文明批評家の言葉を思い浮かべます。

日本と言う狭義の意味での文明が衰退へ向かっていると言うことでしょうか。


なんだ、かんだ、と言いながら3000年、中国の侵略を跳ね返してきましたが、
いよいよ、
これから台頭するであろう、中国文明圏に組み敷かれると言うことでしょうか。


メンテ
連射されるジミン低脳弾二発・・・ ( No.290 )
日時: 2015/06/13 09:39
名前: 満天下有人 ID:n93hxrUU

安保法制の違憲論を展開した憲法学者に対するジミンの、違憲ではないとする学者も多数居るとの低脳振りを炸裂させたかと思うと、まだまだ低脳予備軍は後を絶たない(爆笑)。

それに続く炸裂低脳は、言わずと知れた高村副総裁の、もう45年も昔の砂川事件に対する最高裁判決を引用して、集団的自衛権を認めたとするトンデモ憲法解釈が、しかも国会公式の場で出たことだ。

そしてそれをサポートし、違憲か合憲かは、学者が決めることでなく最高裁が判断するとの、これまた手のつけようもない菅官房長官低脳大砲が炸裂した。よくもまあ、次から次へと発射できる低能弾があるものよと、ほとほと感心してしまう。

砂川事件とは、当時学生から社会人になる前後の時代に起った事件だから、私の世代では昨日の事件のように肌に記憶されている。この事件が第一次安保闘争の引き金となった。

昭和32年、米軍立川砂川基地の拡張に乗り出した日本政府の行動に学生が抗議運動を起こし、当時の特別調達庁の測量を阻止するために基地へ侵入したとされて7名の学生が逮捕された事件である。周辺の住民までが学生を支援し、暴動的デモに発展していったものだ。

訴因は、日米安保条約で米軍の地位は保障されているのだから、それを損なう刑事特別法違反だったと記憶する。そこから日米安保条約は違憲であるとの、国民運動にまで拡大したのである。一審では学生に無罪判決が下されたが、これが憲法論争にまで発展し、昭和36年の12月に最高裁は、米軍基地の存在は、わが国の自衛権を補助する意味で、9条には違反しないとの判断を出した。
手元にある2000年出版の岩波六法全書の第9条に関わる判例に、最高裁による判決趣旨が掲載されている。

『第9条は、わが国が主権国としてもつ固有の自衛権を否定しておらず、無防備、無抵抗を定めたものではない。我が国の平和と安全を維持するために他国に安全保障を求める事は何ら禁じていない。本条二項が禁止する戦力は、わが国が主体となって指揮権、管理権を行使しうる戦力のことを指すから、わが国に駐留する外国の軍隊は、それに当たらない。
米国駐留軍は、米国に指揮監督権があり、我が国及び極東の平和と安全の維持を目的とし、わが国の防衛力の不足を補うためのものであるから、一見極めて明白に違憲無効とは言えない。』

(昭和34年12月16日 最高裁大法廷判決趣意)

まあ、敗戦国として米軍の駐留を受け入れざるを得なかった現実に対し、判決を下す側としての苦汁の跡が見られるが、かろうじて我が国戦後憲法が、米軍駐留を合法であるとの判断を通じ、自衛権までも無いとは規定していないとの判断を下したのである。だが、そのことが他国が攻められれば助太刀に武力を引っ提げて外に出て行っても構わない=集団的自衛権をも認めているとは、どこにも書いていないし、言外を推測してもさような暗黙の了解もどこにも感じられない。
それを高村ジミン副総裁は、集団的自衛権を認めた判決だと言い出しているのである。おい、おい高村!お前、中央大学法科卒で司法試験にも合格し、弁護士の資格も持っているのだろ?一昔前では中大法科といえば、司法試験合格トップを誇っていた。やはり単なる受験秀才だけだったのか?この砂川判決のどこに、自衛ならぬ他衛の集団的自衛権を認めている趣意があるというのだ!。

お前のところの谷のガキも、東大法卒で、ちゃんと司法試験にも合格しているだろう、だがそんな低脳アタマでよくも卒業できたものだな(笑)、まあ、我が国の学校など、受験秀才で合格さえしてしまえば、後はカンニングでも何でもやれば卒業は出来るから、珍しくも無いが・・・

そして集団的自衛権などには全く触れていない最高裁判決、菅官房長官はその最高裁判断が違憲、合憲を決めるのであって、憲法学者ではないと、先行低脳弾に続いて二発目の、いやシンゾーに中谷防衛省のそれも含めると、何発目になるのか勘定もできないが(爆)、続く低脳弾で高村を援護射撃した積りなのだろうが、文字通り低脳弾だから的外れのところへ飛んで行ってる。

つまり、信頼すべきその最高裁砂川判決は、集団的自衛権には何も触れていないのだから、合憲であると判断したとの高村の見解の援護にも何もなっていない。仮にその判決が集団的自衛権を万が一、間接的に認めていたとしても、あの砂川事件について一審が無罪とした判決は何とか覆しますと、当時の最高裁田中長官が米国当局へ約束していた文書が、米公文書館で発見されて、わが国でも書籍の一部として出版までされている。

何が憲法判断の権威は最高裁にありと言うのだ!戦後ずっと憲法判断から逃げまくって来たのが、この国の最高裁の実態ではないのか。
数撃ちゃどれかが当る式の下手な、低脳弾の炸裂は、いい加減止めろ!!。
メンテ
砂川事件<安保法制議論と、国会の猿芝居 ( No.291 )
日時: 2015/06/13 10:23
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:Ibn3RDoM

安保法制に絡んで、最近、砂川事件が取り上げられていましたが、その内容を検証することも億劫でしてませんでした。
このレスで概要は分かりました。

日米安保の存在そのものが集団安全保障であり、現在、改めて云々するまでもなく、そう言う体制にあったことは事実ですね。
そうして、実質、自衛隊を持ちながら、憲法9条があるので、我が国は武力を行使できないので代わりに米軍を置いて代行して貰うなどと言う理屈は憲法の解釈上で既に問題となっていることは、当時から現在まで変わりません。

この状況を、70年も続けてきておいて、憲法9条は、旧社会党が言う様に、完全武力行使放棄を謳っていると言っても世界は承知しないでしょう。
憲法9条は詐欺条文と言うことになります。

このことに対して、この70年間、国民はどのように思ってきたのでしょう。
自然権としての自衛権については、これを認めねばならないと言う考えが台頭してきていますが、国民はこれを、その様に受け止めるのか、否かが、曖昧なままで推移しています。

多くの識者(インテリ)と言われる人々は、理想としては、完全武力行使の姿を憲法9条に見ながら、自衛権を消極的に考えて来たのではないでしょうか。

この曖昧さが、自衛権論議を棚上げにしたまま、憲法改正の是非のみを言って来ており、未だ、その傾向にあると思います。
国民自身がそうであるので、野党の安全保障への対応も、その程度でお茶を濁して来て現在に至っております。

今、国会の安保法制改革の議論でも、安倍の想定に意義を唱えるばかりで、野党としての安全保障政策を示した上での非難は出来ていません。

この事が、安保法制改革の本質であり、今の議論を幾ら続けても拉致は明かないでしょうね。
理屈に置いては、問題は簡単なことなのです。

個別自衛権でも集団的自衛権でも、我が国は我が国領土を出て武力を行使しないと断言すれば良いだけのことですが、野党も、それは言いません。
安保問題以外の国際関係(主に米国との経済的な関係)から、言えないのです。

その根拠はと言えば、国民自身が言わせないのです。
国民自身が、主義を通して出来るだけの利益をとるか、リスクを背負っても、より多くの利益を求めるか、と言うことにほかなりません。

このような問題を、大げさに、生きるか、死ぬかの問題の様に騒ぎ立てる国民性こそ、世界の笑いものではないでしょうか。

私は、国民自身が覚悟を決めて、自衛権の発動の範囲を明確にし、それを世界に問うことこそ、我が国の取るべき道であり、その範囲で他の分野(経済)の付き合いもすれば良いと思います。

そうでこそ、アメリカ、中国、ロシアと対抗して将来を見据える事ができるのではないでしょうか。
国民が、このように決意することには色々な妨害があるでしょうが、大企業への影響力は行使できても、国民一人一人は自由に決断できるのです。
何時の世でも、結局、黒幕、権力者が一番、恐れているのは「民衆」なのです。

でもね、安倍一頭に関わらず維新、民主の餓鬼共には荷が重い選択でしょうね。


メンテ
今日も東京で、自民党宣伝カーで国会議員が「戦争に巻き込まれることはありません。ただの安全保障の為の法制です」とかふれまわっていたワイ。 ( No.292 )
日時: 2015/06/14 00:34
名前: 青トマト ID:jKPX.tpA メールを送信する

東京の東南部でした。議員の名前までは覚えていません。

はじめは宣伝カーが綺麗な女性の声で、適当な宣伝文句を流すのかと見ていたら、議員の名前が貼ってあって、当人らしき人物が乗っていて、自分で表題に書いたようなことを言って流していましたねえ。

私は偶然に通りがかって、呆れました。

これ、アベ政権のTPP公約と同じで、180°に向きを替える嘘なんですよ。

でも、どうしてこんなに必死になるのでしょうかね!?

麻生太郎(アホタロウと読まないでね)、のように、
「シモジモのものが憲法を持ち出して騒いでおるが、憲法なんかどうでもいいんじゃい。ワシャ憲法なんか知らないし判らんのだ」
なんて、悠然としておれば気が楽だろうに。

それに、まだ判らんのが公明党だ。

どうして、公明党は宣伝カーを出して、出鱈目合憲論をふれて回らないのかねえ?

狡いのか、後ろめたいのか、判らんねえ?

維新だって次世代の党だって、自民党と同じ考えの奴は、宣伝カー出せばいいんじゃないのか?

もうひとつ判らんのが、右翼宣伝カーだな。鶴田浩二の歌なんか流してる黒いバンのような奴だが、彼らも、合憲論をふれて回ってはいない。

ということはだな、違憲がハッキリしてるから、彼らも恥ずかしいのか?

自民党だけが孤立して空しく吠えているのは、淋しい有り様だ。

ジャパンハンドラーも在日米軍も、合憲論は語ってはくれないからねえ。

もう、嘘は通用しなくなったのかも?

やはり、ゾンビは墓に戻るほかに道はないようだ。

一度死んでるからねえ、生き返るのは無理だな。
メンテ
生き続けている「狂った果実」 ( No.293 )
日時: 2015/06/14 06:44
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

尚も戦争法案の街宣をやるとは、勃起することだけが男の生き様のような、あのクダラヌ石原慎太郎の「狂った果実」(太陽の季節)を、今尚読まされているような気分ですね。

アメリカ社会派の映画監督、マイケルムーア氏の傑作、華氏911が描き笑わせてくれたあの名場面のように、日本人も街宣ジミンに聞いてみたらどうか(笑)

「そんなにアメリカの戦争に加担したいのなら、先ずお前たちが外へ行って、最前線で戦って見てくれよ・・・」ガハハハッ!!。

隷米の為だけに、安保法案を作らねばならないとの本心があるなら、それはアメリカの為に勃起せねばならないと言ってる事に等しく、異常変態を示している。変体による殺人ばやりの世の中、国民もそろそろ、真剣に気が付けよ。

メンテ
流石、空しい勃起だっと言うことですか!! 奇妙に納得しました。バイアグラ政権なんだ!! ( No.294 )
日時: 2015/06/14 16:07
名前: 青トマト ID:jKPX.tpA メールを送信する

狂った果実ねえ。残念ながら私はこの映画を見ていないのですが、慎太郎の小説は幾つかは読んではいます。

裕次郎の「嵐を呼ぶ男」もやっと最近、テレビ放映で見て、
そうか、裕次郎が女の人達にモテた理由を妻の感想を聞きながらやっと理解した有り様でして。

まあ、慎太郎は太陽族から成長できなかった訳で、これは何処かで働くといった経験も積まずに、自民党から代議士にされたというか、なったというか、お馬鹿の典型例であるわけですわ。

自民党公明党は、今や勃起する力なんかありません。

アベノミクスで自傷行為を繰り返し、さらにはTPPの経済占領軍政策を飲み込もうとしているのですから、
バイアグラ飲んで、空勃起といった姿でしょう。

バイアグラ飲んで励むと…寿命は縮まります。

人の精子生産量は増えるわけではないので、前倒しで放出するからです。

ですから、自民党と公明党の寿命が縮まっている証しなのですよ。
今回の安保法制のドタバタは。

夕刊紙や週刊誌的な投稿を続けて申し訳ありません。

満天下有人様には、バブルを招くに至る現在の経済のあり方について御返答をいただいているのですが、私の方からの返事を書きたいのですが、ここ最近、公私ともに大変に忙しく、天橋立愚痴人間様への返事も怠っている有り様で、もう少し時間的余裕がやって来るのを待っている状態で御座います。

でも、慎太郎と共に戦後体制も寿命が切れる兆候ですね。

我々、戦後世代に残された使命は、バトンタッチであったと言う事かもねえ。

戦後時代を神格化して見てこなくて良かったですよ。

戦後は戦前の衣替えの姿でしかありませんが。
メンテ
瞬間男性能力を支えるウヨ ( No.295 )
日時: 2015/06/14 20:04
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

いえいえ、それぞれに掲示板見る時間は人さまざま、レスなど気にされることもありません。バイアグラ集団についての見解も、慌てることもありません。彼らは割り箸を支えにグルグル糸巻して、役にも立たない思想を支えているだけで、まあ、割りばし支えでしばらくは持つと思われますから(笑)

バイアグラ支えの源は、右思想集団の日本会議でしょう。300名弱の国会議員が名を連ねているそうですが、主力はジミンでしょう。

主な役員・メンバー(2014年4月1日現在の役員名簿参照)(ウイキ引用)

特別顧問(麻生太郎、安倍晋三)
顧問(谷垣禎一、石原慎太郎、亀井静香)
相談役(額賀福志郎、石破茂、山東昭子、鴻池祥肇)
会長(平沼赳夫)
会長代行(中曽根弘文)
副会長(古屋圭司、森英介、小池百合子、下村博文、菅義偉、高市早苗、新藤義孝、渡辺周、松原仁、藤井孝男、中山成彬、松野頼久、西村真悟、橋本聖子、山崎力)
幹事長(衛藤晟一)
副幹事長(加藤勝信)
政策審議会長(山谷えり子)
政策審議副会長(萩生田光一、稲田朋美、磯崎陽輔)
事務局長(鷲尾英一郎)
その他のメンバー(渡辺喜美、浜田靖一、伊吹文明、前原誠司、竹下亘、河村建夫、塩崎恭久、園田博之、山本幸三)

バイアグラ供給源は、やはりアメリカでしょうね。でも、中国産神秘的長寿生薬の方が、強いような気がして(爆)。・・・大和黒酢+黒ニンニクで対抗できるか?ワッハッハ。

メンテ
回春剤は副作用ありです。慎太郎の代表作はやはり学生の時に読んでましたね。でもつまらなくて忘れてしまってたと言うことです。 ( No.296 )
日時: 2015/06/14 22:37
名前: 青トマト ID:jKPX.tpA メールを送信する

彼の作品のご指摘を受けて、Wikipedia等でストーリーや発表背景(選考)等を調べて見た結果、思い出しました。

やはり読んでいますね。代表作品は。

でも、印象に残るほどのものではなかったのですね。

当時の選考のコメントを読むと納得です。選考については太陽の季節に関するものでしたが。

私は読んだ小説は、印象に残ったものは部分的に覚えているものです。

大江健三郎でも三島由紀夫でもそうなのですが、慎太郎においては一つを除いては記憶にありません。

慎太郎の最高傑作は、「日本零年」で、これだけは印象に残ったのですが、

不思議なことに、この小説の粗筋の紹介が見あたらないのです。

一つ見つけたのですが、それがこれなのです。

http://i.bookmeter.com/b/B000JAIWQU

私の手元には、若い頃の小説類は残っていないので、確認は出来ないのですが、
このような内容とは記憶していないのですが、これが恐らく本当で、私は他の部分で感激や同感をしたのでしょうね。

原発問題を扱っていて、衝撃的内容に思えるのですが。
もしかして、不都合でこの小説を隠したいのでしょうかね?

私は20才前後でこれを読んでいるのですが、その数年先には原発が不可能な技術、つまりは技術として採用できないものであるとの認識を得ているので、この内容であれば記憶している筈ですが、もしかして、私は日本零年に既に共感していたのかもしれないが、それを忘れたのかな?

いずれにせよ、資料がないので確認できません。

取り敢えずはこれで。

メンテ
石原慎太郎の初期作品である日本零年について、続けます。 ( No.297 )
日時: 2015/06/14 22:56
名前: 青トマト ID:jKPX.tpA メールを送信する

これは、比較的長いものでしたが、

慎太郎は、風俗小説とでも言うべきものに足を突っ込んでいって、そちらで奇妙な成功を納めて?しまって、彼の人生の線路はしかれてしまいました。

ある意味で、戦後日本を代表し象徴する人物です。

太陽の季節の選考コメントや作家のコメントを読むと、どれもが全くの妥当なものであって、今更ながら驚きます。

中でも、石川達三のコメントなんかは最も共感できますね。

題名は、ドイツの有名な小説である「ドイツ零年」を参考にしたのでしょう。

太陽族の風俗としては、

映画の「狂熱の果て」が石原の作品よりも印象が強く残っています。

戦犯問題が絡んでいます。田舎育ちで出生と成長を都会で過ごした自分には日本社会の両面が見えるので、東京エリートの戦争を挟んでの挫折感を対象認識出来るので、これは参考になる優れた作品として記憶しています。

なにか、湯川レイコさん(反原発の音楽評論家)にダブりますね。
彼女はこのように転落してはいませんが。

メンテ
ジャパンネオコンの印象しか無かった石原 ( No.298 )
日時: 2015/06/15 07:39
名前: 満天下有人 ID:aFgQuxQ6

ということで、氏の作品などにも興味がありませんでした。政治家として、戦後の国の安寧をどのように創って行こうとしたのか、全く記憶にありません。

随分昔の氏の随筆だったかで目にした記憶がありますが、とにかく進駐軍非難しか印象に残っていない。彼の政治家の原点はそこにあるだけのように感じます。そのことが尖閣を東京都が買うとして、何でそのアメリカにまで態々行って宣言しようとしたのか・・・演説した場所はユダ菌ネオコン巣窟のヘリテージ財団でしたね、真の」憂国の士なら、さような行動はとらないでしょう。

単純軍国少年がそのまま、戦後政治家になっただけの御仁ではなかったかな?(笑)。文学者としても政治家としても、生活者にとっては何の支えにもなっていない。まあ、環7の公害空気清浄化はやってくれた程度(笑)。
メンテ
一橋大学行ってたんだから、小説なんか書くのは止めて、会計士試験に熱中すればまともな人生送れたんだ。 ( No.299 )
日時: 2015/06/15 23:04
名前: 青トマト ID:2UToVr4A メールを送信する

何回失敗してもやれば良かったんだ。

お坊ちゃんだが、生活に追われていたと聞いたこともあったか…。

それで裕次郎も映画界に入ったとか?だったかな?

いや、アルバイトやりながら金を稼いで会計士試験をあくまで貫けば良かったんだ。

私は慎太郎だけでなく裕次郎も好かんね。

イージーなんだ。彼らは。

裕次郎を女の人達は好いたようだが、まあ、男と女とでは、男の何処に魅力を感ずるかが違うからしかたがない。

裕次郎なんて、あんなの何処にでもいる男で、足が長いとかいったって、特に長いわけではなく、短くないだけ。

顔だって、平凡じゃん。

裕次郎タイプを仕事上の関係者として想定してみると、

上司ならば、扱いやすいタイプ。

情に訴えれば上手くゆく。
しかし、何度も助け船を出してやらなければならない。
彼から裏切られる事はあまり無いだろう。
しかし、仕事が退屈になりそうだ。

部下として想定してみる。

扱いやすそうで、意外とそうではない。
頑固だろうから、扱いやすいタイプではない。
情に訴えて、おだててやれば機嫌がよくなるだろう。

しかし、特に使えるタイプではないから、カモナクフカモナクだ。

部署の看板として使えば、部署の評判は上がる。

まあ、なんと言うことはないタイプだ。

悪人ではないが、キレはない。

裕次郎人気なんか私には眼中にないことです。

しかし、女の人の好むタイプの一つとして、無視は出来ない人物です。

日本女性を知る上でも、世界の女性を知る上でも。

いまだに謎だな。日本人の

メンテ
日弁連は、高村ジミン副総裁の弁護士資格をはく奪せよ! ( No.300 )
日時: 2015/06/16 07:59
名前: 満天下有人 ID:9DKn2Z3M

昭和34年の大昔の砂川事件を巡る最高裁判決を、集団的自衛権も違憲ではないとした高村ジミン副総裁、これに噛みついた憲法学者による安保法制違憲証言によって、反安保法制運動が国民規模となって来た。当然である。それでも尚、ダンマリを決め込む国民なら、もう政治など不要である。アナーキーの方がましである。

しかしこの高村なるデタラメヤロウ!最高裁砂川判決が集団的自衛権を認めていたと言うなら、そしてそのトンチンカンな見解であっても、一貫して左様な解釈をして来たのであればまだしも、ここ数日のTVでさえ、その高村が、砂川判決は集団的自衛権にまで言及していたものではないとの、過去の発言を取り上げている・・・・

99年2月、当時外相であった高村が、衆院安全保障委員会で。自由党の故・塩田晋議員から憲法9条と自衛権の関係を質問され、その答弁で高村は、『憲法第9条のもとにおいて許容されている自衛権の行使は我が国を防衛するため必要最小限度の範囲にとどまるべきものであると解しており、集団的自衛権を行使することはその範囲を超えるものであって、我が国の憲法上許されない』と答弁していた事が発覚。

 さらに「集団的自衛権はあるけれども、これは行使しない、また行使できない、それは本当に権利と言えるのか」と食い下がられると、高村は、『日本国国民自身がみずからの憲法をつくって、それは行使しないと、その集団的自衛権の方は行使しないと決めたわけでありますから、当然日本国政府はそれに縛られる」と強調。その従来の憲法の解釈は変えないとされていると、食い下がり質問を一蹴していたのだ。

おい!オイ、オイッ!!コウムラ!!・・・少なくとも政治家は、無意識でも暗黙の内でも、憲法の精神を片時も忘れる事無く、政りごとを行うのが、根本では無いのか!!しかもお前は司法界での弁護士である。それが何というザマだ。昭和47年以来政府見解となっていた、我が国憲法は集団的自衛権行使は認めていないとする政府見解を、そしてお前もそれに沿った見解を国会で表明し、国民を安堵させていた、それが今になって天地驚愕の正反対のことを、全国版NHK政治討論にまで出て、シドロモドロになってまで、子供みたいに、何の為にかと思わせるような二枚舌を使いおる。

既に政治家失格であり議員辞職すべきだが、そんなことに一々気にしていたら政治家など務まらない、よって蛙のツラにションベン風情で、二枚舌を使おうが、矛盾した事も涼しい顔でやり過ごせる政治世相なら、せめて法の良識までは捨てていないと信じたい日本弁護士連合会が先ず、高村の弁護士資格を剥奪して見せたらどうか・・・・

こんなヤツを消すこともできないようでは、この国には憲法を改正する資格さえ無い。
メンテ
おまじない経済学を未だに信じる施政者ども ( No.301 )
日時: 2015/06/17 07:45
名前: 満天下有人 ID:yJ68zwLA

もう35年も昔の古い話になるが、あのパパブッシュでさえ、最初の大統領候補指名に負けてレーガン大統領の補佐、副大統領にはなったものの、候補争いの時にはレーガンの経済政策=富裕層の減税を行えば株価も上昇し、消費が増えるとの経済政策に対し、呪術をかければ願いがかなうと言うハイチ島国のブードー教のようなものだと批判していたものだ。

それにそっくりなのが、シンゾーによるアベノミクスであり、それをサポートしてインタゲ2%を唱えて目茶苦茶金融緩和を(世間では異次元緩和、バズカー砲緩和と言うが)実行し、これ以上日銀貸借対照表を壊せば、一体円価値の信用は保たれるのかと懸念されるギリギリのところまで国債買いに走り、そして消費は伸びない、当然にGDPも伸びないのに、ただただ物価さえ上げれば経済は元に戻るとの呪術政策に邁進して来た。

このおまじないは、経済政策面で民衆を誤魔化そうとするだけのものではなく、目下全容を現した戦争法案を成立させる為の目くらましでもあった。シンゾーの本質は、祖父譲りの帝国主義であり、ほんとの目的は軍事にあり、それを隠す為に受けの良い経済政策から入り、そしてそれに追従したのが日銀黒田などであった。お前は黙って超金融緩和をやって株価を上げろ、民衆の目をそらせ、その間に戦争法案を成立させる。

ところが最近、アベノミクスのアの字も言われなくなった。言わなくなった理由を、先週10日に行った黒田総裁の記者会見に垣い間感じることが出来た。

円安はどこまで進むと思うか、との記者の質問に黒田は、いつまでも円安が続く筈がないと意味深な答弁をしていた。それを契機に、円に125円突破の勢いが感じられなくなった。株価は一時2万円台を回復したものの、どうやらそこが上昇のテッペンになったような気がする。実質経済の回復無き資産価格の上昇は、バブルであるから、いずれその天井はやってくるのだが、アメリカFRBのドル高政策への転換の動きを見て、ヤバイと思い始めたのだろう。

日銀黒田はそれを嗅ぎ取って、いや嗅ぎ取ると言うよりも紙幣による人工的な経済回復を目論んだからには、超金融緩和を通じて金融市場も操作してて来た訳だから、そろそろヤバイ水準に到達したかなと思えば、これまた人工的に通貨安の天井も操作できるから、それを暗示したのが10日における答弁であったのだろう。珍しく、アベノミクス支援の言葉も発せず、シンゾー一派からもバカミクスを囃す言葉が聞かれなくなった。米FRBの金融政策の転換の匂いも嗅ぎ取ったからであろう。

その兆候は既に出ていた。数々の経済指標が示すように、2%のインタゲを唱えて超金融緩和をこれでもかとやっても、GDPは伸びなかった。当たり前である。超金融緩和によって伸びたのは、市中銀行を中心に大手企業の内部留保だけである。企業は好決算に湧いている。だが社会保障の行き詰まりを生活感覚で嗅ぎ取った圧倒的多数の家庭がサイフの口を緩める筈がない。なのに政治は更に家計を不安定にする派遣労働法の成立に血道を上げている。企業が好決算に喜べるのは、労働コストをいかようにも操作できる法の支援があるからである。

これでGDPの70%を占める消費支出が伸びる筈もないのだが、安保法案がどのような生命不安定を招くかにとんと気も付かないことと同じレベルで、国民経済生活のことなど、気にもならないのであろう。

何も良くはならない実態を見てヤバイと見た日銀は、国債売りも積極的に吸収しなくなっていた。長期国債指標である10年債の利回りは、今年1月に0.195まで下がり=日銀による超金融緩和政策により国債売りは全部買い上げますとしていたのが、当月に入ってから利回りが0.4%台に上がり、黒田がこれ以上の円安は無いとした10日には0.515%にまで跳ね上がっている。これは明らかに売りは全部吸収してやるとの空前絶後の中央銀行による超金融緩和を、そろそろ打ち止めにするとの合図であったのであろう。

為替は市場的に見るなら当該国の金利差で動く。勿論その背景には当該国における、中長期的な経済活動の実勢差が横たわっているのだが、アメリカの場合は、サブローン破綻以来、金融救済の為に金利を下げ続けてドルの脆弱化を招き、そろそろドル安を方向転換させないとアメリカへの投資が弱くなる。金利も少しづつ挙げて、常識的なレベルに戻さないと投資を呼び込めない。イエレンFRB議長が何度もそれを匂わせてきたが、そろそろ本気でやるかも、ドイツも急ピッチで長期債の利回りが上昇し始めている。

さて2%のインタゲ掲げて景気回復すると言ってアベノミクスを始めたこちらの結果はどうか。そもそも2%のインタゲ論そのものの意味が未だに分からない。何をどうすれば2%物価が上がって、それで何故景気が回復するのか、さっぱり理解出来ない。色々調べて見たが世界中の専門家の半数が、そのよう効果は無いと言ってる。単なる呪文に過ぎないと。

その証拠に、黒田の片腕となった東大金融論の岩田規久男が副総裁となり、見事にアホなことを言っていた。中央銀行が物価上昇を目標に置けば大衆は、物の値段が上がると思い出して物を買うから、インフレ傾向に方向が転換すると・・・ワッハッハ、高校の社会科でもそんなバカなことは最早言わないであろうに。つまり、この期に及んでまだ、パパブッシュが嘲笑った呪術ブードー教経済を信じているというバカさ加減である。

結局は円安を招いただけで、それが国民経済の安定成長に寄与したのか?全く逆であろう、輸出が伸びたか、伸びたのは円安の部分だけで実質的には、量が増えた訳でも無い、貿易収支など関係無くなっている。だってもう皆は外に出て行って工場作っているではないか。

そしてアベノミクスがインチキであった何よりの証拠は、アメリカ金融政策の転換を見て、超金融緩和の打ち止めを始めた10日の日銀総裁の発言だ。2%インタゲは消費税増税分だけ物価が上がっただけだけの事に気が付き始め怖れをなし始めた。最初のあの威勢の良い超金融緩和はどこに行った???まだまだ円が500円に成ろうが1000円になろうが、そして日銀国債保有高が1000兆円になろうが、2000兆円になろうが、目標達成に何故向かわない(爆笑)。ペンペン草が生えるのが怖いのか?ならば最初から言うな!根本の構造も理解していないニセ呪術師ども・・・・

それが怖くなって、円安は何時までも続かないと、他人事のように言いだした日銀総裁。つまり呪文で経済が良くなるとしか考えていなかった証拠ではないか(笑)。類は類を呼ぶとは、このことだろう。シンゾーがトップに立ったら、回りをアホで固めてしまった。


メンテ
成る程、アベノミクスは、神風待望論だったと言うわけ!! アホすぎて呆れるが、本当なんですね。 ( No.302 )
日時: 2015/06/17 08:29
名前: 青トマト ID:oNVf3l2M メールを送信する

頭脳構造がどうなってるのですかねえ?

でもまあ、インチキ宗教に凝ったようなものと考えれば、奇妙さも理解できない事はないか。

集団的自衛権法制も、米軍と転戦進撃すれば、中国に並ぶ経済政治大国になれると、

神風に乗るような気分でいるのかも、いやそうなんでしょう。

とんでもない狂人の集まりだな。

考える力がまるでないわけだ。

ちょっと、外を歩くのが怖くなってきたな。いや、なかにいても危険か!?

だって、日本は精神病棟ではないですか…(苦笑)。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.303 )
日時: 2015/06/17 14:20
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:mwFz18SA

アベノミクスの欺瞞性は、発表された時からにもの、ですが、事、経済施策に限り、アベノミクスと反対の事をしても結果は、アベノミクスの結果と、変わらないのではありませんか。

それは民主党政権の時に、為替、株などの経済の指数、GDPなどもほとんどが安倍政権のそれよりも落ち込んでいることでも証明されます。

多くの経済専門家も批判はしても、「こうすれば良い」と言う提言は何もしません。

ブラック企業をなくせば経済が立ち直るとか、派遣労働者をどのようにするかなど、経済の先行きには何の関係もないのですが、如何にも。それが問題のように取り上げています。

最低賃金を上げることも、同じでできるならばやれば良い。

できないから現在があるのでは。

まあ、いずれも改善するに越したことはありませんが、全体の景気対策とは関係ないでしょう。

要するに経済政策など、どのような考えでも社会は変えられないのです。

日本の債務残高が、2000兆円を越すのは、5年先と見て間違いないのでは。

そのときは、どのような屁理屈をつけてごまかすつもりでしょうね。

経済の論理など、とっくの昔に崩壊しているのに、形だけは、あと撫ぜしているのが経済学なのです。


私は「食料鎖国」を言っておりますが、満天下さんの「金融鎖国」

これらが立派な提言と思うのですが、経済の専門家の間では、こうした話題が上がらないようですね。

これらの劇薬は、どん詰まりになってからでは危険であり、出来れば早く与えるほど効果があるのではないかと思うのですが。

メンテ
国の在り方を、絶対値として考えることが出来ないこの国 ( No.304 )
日時: 2015/06/17 18:38
名前: 満天下有人 ID:yJ68zwLA

いくら世界が相互に関わり合っているからとは言え、先ずは国の在り方はどうあるべきか、そこから物事を考えることが出来ない国なのですね。

アベノミクスと反対の政策はどうか、それを考えても意味が無いし、民主党との比較も余り意味があるようにも思えません。財務省の振り付けだから、ジミン経済政策と別に違う所も無いでしょうし、それ以上に何もしなかったから、彼らの政策がどうだったかも、全く記憶にありません。

それよりこの国をどうやって行くのか、経済政策面でも、日本国絶対値としての考えが出て来ません。民主党菅直人総理に、安住チンコロ財務大臣もそうでしたが、国内公約破ってまでも、国際会議になると、日本は消費税増税を確約すると、外国に向かって言うのですからね(笑)、第二次シンゾー内閣では麻生がG20で態々言い出す。

出て来る強い物は、シンゾーミクスくらいだけです(笑)。まあ民主党は無策でしたから、行き着く財政破綻の根は同じでも、今回ジミンの場合は、日銀を巻き込みましたから、円価値毀損という余計な要因を増やしました。

アメリカの風向きによっては日銀は、これまで買い込んだ国債を、次は売らなければならなくなります。日銀資産に評価損が出て来る訳で、同時に国は新発債の利上げをしないと、引受者が居なくなってしまう。アメリカとて構造は似たようなものでも、経済規模がアメリカより小さい我が国が、財政借金残が、アメリカの倍もあって、そして中央銀行の国債保有高は、FRB比率より多い。だがそれでもアメリカでさえやらない海外援助を、ドンドンやる。この国の存在は、棄民政策をやってまで海外を支援しないと生き残れないのですかね?

それよりも鎖国でもすれば、余程、どこにも迷惑もかけずに、安定した立派な国になれると思えて仕方がありません。どうして背伸びするのか、そこら辺のことがサッパリ理解できないのです。

<私は「食料鎖国」を言っておりますが、満天下さんの「金融鎖国」論>・・・・

いえいいえ、食糧は国家安全保障であるとの論を、延々と書いた私です。食糧が国際戦略物資として利用され始めた歴史から延々と書いたのは、橋立さん以上に食糧鎖国論者だからです。肌で経験した事です。

コメは大丈夫としてもただ、既に畜産蛋白摂取時代になって(それもアメリカの戦略ではあったにしても)、その飼料原料トウモロコシの自給がコスト的に確保できない。でも休耕地など活用すれば出来るはず・・・数年前に国際穀物市場が高騰した時に、わが国でもその動きが出ていたのに、何故か止まってしまいました。恐らくアメリカメジャーからの何らかの差し金があったのであろうと推察しますが。

野菜など、国産であり余ります。問題は主要穀物です。コメ、大豆は国内でやれる。残る品種は畜産原料です。

食糧も金融も、一度鎖国して、世界に、特にユダ菌どもに、目に物を言わせてやりたいのに、逆に米軍を支援するには、どうとかこうとか、2%物価目標がどうとか言ってるようでは、話になりません。
メンテ
連射されるジミン低脳弾三発目 ( No.305 )
日時: 2015/06/18 09:43
名前: 満天下有人 ID:n101Butk

選挙権年齢18歳に引き下げで菅官房長官は、これにより学校現場などで、主権者教育を強化して欲しいと述べたそうだ。

漫才でもあるまいし、よくもまあ、次から次へと笑はせてくれるものだ。いくらこちらが政党助成金を税で払ってあげているからとは言え、それを木戸賃貰っているからには、お笑いでお返しせねばと思っているのなら、嗤わせるんじゃねえ!と返してやりたい。

昨日の党首討論で共産党の志位委員長が、シンゾーが唱える同盟国後方支援について、それも違憲行為ではないか、国際法では後方支援とは、戦争における兵站のことで軍事行動と一体をなしていると言うのが、世界の常識であると突っ込んでも、このバカ坊やは、違う、戦闘が行われていない後方において食糧、水などの供給支援を行うことは憲法では禁止されていないと、相変わらずのママゴト振りである。これが所謂坊やが言う積極的平和主義というものなのか?

どのような戦争でも、後方兵站、補給源を叩くのが常識で、太平洋戦争でも我が国はアメリカから後方兵站を相当叩かれた、いや、こちらこそが戦争を勝利に結びつけるには後方を叩けとして先ず、真珠湾を攻撃し、実現されはしなかったものの、米西岸の潜水艦攻撃も計画されていた。

満州でもそうであった。後方兵站の南京を叩かねばならないとして、奥深く入り込んでしまって負けた。このシンゾーはどこまでバカなのか、果てしなき広がりを持つ奇形児であることはほぼ、国民の8割が分かったようだが(安保法案反対)、そのお側用人・官房長官が主権者教育を言いだしたその範囲は、このようなママゴト遊びのような防衛論を、学校でも教え込めとでも言うのか・・・後方支援は軍事と表裏一体であるとは、教えるなということか、国際法が間違っていると教えろということか・・・国民を舐めたその姿勢、そして舐められたままの状態が、いつまで続くことやら。

言う側は、それが低脳に基づくものであるとは、鼻から思ってもいないから、低脳弾を炸裂させたなどとは露にも思わない。結局、炸裂させられるのは、常にこちらの頭である。
メンテ
選挙権年齢引き下げ ( No.306 )
日時: 2015/06/18 11:15
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:HreHUpPo

選挙権年齢引き下げについて、あるコメントをひろう。

http://blog.kohokugakkan.com/?eid=109

2014.04.10 Thursday
選挙権が18歳に引き下げられる??
「18歳で選挙権?」世界の常識?

国民投票法における投票権の資格を現行の20歳から18歳に引き
下げる法案が国会に提出された。4年後には選挙年齢や民法に
おける成人の規定も同様に引き下げられるらしい。

先進主要7か国で選挙資格が20歳なのは日本だけ、欧米では18歳
が当たり前になっている。

みなさんはどう考えますか?
高校生に勉強を教えている私は時期尚早と考えています。
18歳の若者が政治・国際情勢・国内環境(社会保障制度や年金制度)
をどれだけ知っているか?
社会的常識はもちろん政治知識が無いうえに、さらに精神的な未熟
な若者は多いと感じているからです。

確かに、世界では18歳で立派に自分の考えをもち、自分の将来を
しっかり見据えた自立した若者が多くいると思います。

では、日本の高校生はどうでしょうか?
大学進学を目指して、学校と予備校を通っている高校生
一つでも有名な大学へ入るために、自分の試験科目だけをひたすら
勉強をし続ける。試験に合格しやすい科目を選択する。それゆえ
社会全般的な勉強はそっちのけ。
以前、入試科目でない必修科目を無視して文部科学省に指導を
受けた有名高校がありましたね。(学校の教師も馬鹿ものですが)

専門学校や就職を決めている高校生たちの多くが、自己の欲求を
満たすためにアルバイト生活に明け暮れている。
勉強よりも、ファッションやスマホの維持費のためにバイトする。
こんな高校生たちが自分の意見や正しい判断力や批判力などある
はずもない。

そうです。日本はモラトリアムな時間(責任を取らなくていい
未成年の時間)が長くなってきたのです。
つまり、昔に比べて、成人になる過程が長くなったような気が
します。
大学生なのにアルバイトもせずに親からお小遣いや生活費を
もらい大学生活をエンジョイしている甘ったれ学生たち。
社会人になってもお金も入れず親と平然暮らしている。そして、
親たちもそれを許しているのが現状ではないでしょうか?
自主自立などという言葉は現在の18歳の青年には皆無でしょう。

危険なのは何もわからない多くの青年が、テレビや有名人の
言動に振り回され、洗脳され、多数決が行われることです。
選挙で言えば浮動票になる可能性のある人たちが、時の流れで
世の中の一大事を、将来を見据えずに決めてしまうことです。
現在の内閣は、それが狙いなのかもしれません。
集団的自衛権による憲法改正をわけもわからない浮動票の獲得で
行ってしまおうと考えているとしたら、それは危険なことだと
言わざるを得ません。

東日本大震災の復興は遅々として進んでいません。
日本の借金も1000兆円を超えました。
景気は果たして上昇気流にのるのでしょうか?
原子力発電はまだ続くのでしょうか?

港北学館は生徒に常に自主自立を考えさせる学習塾です。


http://okitahidehito.blog.fc2.com/blog-entry-4911.html

選挙権18才引き下げの先に何があるのか。

日々雑感

 選挙権が18歳に引き下げられたと、報道番組は嬉々として報じているが、この先に自公政権と官僚たちは何を企んでいるのだろうか。もちろん少年法の厳罰化は既定の路線だろうが、あるいは「徴兵制」の実施を見越しているのではないかと思ってしまう。
「戦争法案」が成立すると、現行の自衛隊員がそのまま在籍して「友軍支援」で戦場へ行くのか疑問だ。徴兵制を敷かなければ兵員定数を満たすのが困難にならないだろうか。

 かつての大日本帝国時代の再来を目指す安倍自公政権は徴兵制を見越して18歳を日本国民としての完全なるすべての権利をまず与えて、その後に義務を課そうとしているのではないだろうか。
 あまり浮かれて18才選挙権万歳、と叫ばないほうが良いのではないだろうか。それとも初夏の夜の悪夢だろうか。

(引用終わり)


ここでも西欧民主主義を追いかける風情が強く出ています。
それが正解であるのか、否かも、考えねばならないのに。
メンテ
ここ数日間の安保法制国会を観て ( No.307 )
日時: 2015/06/18 17:04
名前: 満天下有人 ID:n101Butk

シンゾーの答弁は、酷過ぎる、あまりにも。。。。。民主党も維新の会もお粗末。国家の体をなしていない。

ジャリタレどもが遊びで国政を行っている。国はいよいよ崩壊に向かう。
メンテ
おそまつな国家! ( No.308 )
日時: 2015/06/18 18:40
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:HreHUpPo

極最近、管理人さんと、掲示板の現状についてやり取りしました。
そのメールの一部ですが、差し支えない内容と思われるので紹介します。

もともと、日本の政治の現状を憂いて、糾弾サイトを立ち上げられた管理人さんです、以来、10年を経て、日本をどのように見ておられるかの一端を知ることができるでしょう。

(管理人さんからのレス)

>糾弾でもかつては週に10万アクセス在ったともあり、私自身で驚いています。
最近アクセスが減って来ていることも充分知ってます。

>日本の現状、と言われると私自身は残念な状況にあると思います。
今の若い人、30才前後の若者が何を考えて、何に向かっているか、全く理解出来ません。
テレビでは連日バラエティーの大盛況で、お笑いタレントの恋愛事情などが大問題、
AKB総選挙が大々的に報じられ、日本は平和なんだ、と感じる今日この頃です。

>しかし、今後日本で生活を余儀なくされている日本の若者が何の興味も無いことには
驚かされます。日本の発展、経済成長、平和などなどが与えられるものではなく、
自分たちで築かなくてはならない事になぜきずかないのだろう、と思う今日この頃です。

>はっきり言って、今も昔も日本の政治、行政が悪すぎます。
理にかなう、と言うことが理解できない人が多すぎる。
日本はかなり特殊な国民性の国だとつくづく思います。


(私の返事)


一時、民主党政権を誕生させるまでは、どこの掲示板でも、熱い思いが充満していたように思います。


その後は、その様なマグマが、湧いて来ていない状況で、何を書いても手応えなど、感じられないばかりか、アクセスする人たちさえありません。

以下の文章は掲示板で、良く引用するものです。

ヘレニズム社会(紀元1〜3世紀)の批評家の書いた文章ですが、文明の崩壊前夜の様相が良く解ります。


<< 現代に生まれた人間の精神生活の癌の一つは、精神的緊張の低下であって、ごく少数の選ばれた人びとを除き、我々はみな、弛緩した日々を送っている。仕事においても、気晴らしにおいても、我々がもっぱら目標にしているのは、人気取りと享楽である。全心を自分のしている事に打ち込み、本当に手に入れる価値のある承認を勝ち取ることのうちに見いだされる、真の精神的財宝を得ることに、少しも関心をもたない >>


この状況は、余りにも今日に重複して見えます。
この時代に何を言っても無駄とは思いますが、当時にも、警鐘を出していた批評家がいたように、現代でも、それを言い続ける人間も必要なのではないでしょうか。
もう、このような心境で書かざるを得ません。

糾弾サイト経由での掲示板へのアクセス数が減っていると言っても、検索で入ってこられる人は結構いまして、古いスレッドでも、今でも伸び続けてはいます。

私としましては、管理人さんが続けられる限りは、投稿させていただくつもりでありますので、宜しくお願いします。

日本の現状について一般的な認識は既に持たれていると思いますので、身近な事例を紹介して見ます。

最近、3年間の任期で、私は地元の神社の総代をしています。

その神社の境内に、子供の為の市の遊戯施設があります。
随分古いので、痛みがひどく危険であるので(近くの保育所から、対応を求められた)使用禁止の張り紙をし、市の担当部署に連絡をしておきました。
数ヶ月経過して、地元の若い市会議員がきて、市としては、神社からの改修の要望書を出して欲しい、といいます。
一見、自然な話の様ですが、

私は、すかさず、「神社としては境内に遊戯施設があること自体迷惑であり、何故、要望しなければならない」と言いました。
その若い市会議員氏、吾を得たりと気色張って私に食ってかかります。

言い分は「地元の人が希望しているのに、総代として、それに応じなくて良いのか」と言うことです。
地元の人と言うのは具体的に、どのような立場の人が、何人くらい、どこへ申し出ているのかと聞けば、個人情報だから教えられないといいます。

問題の正解は、その昔、市が児童遊園地の建設を進めていたとき、当地のどこへ建設するかと言うことになり、自治会と協議したところ、丁度、神社の境内が適切であると判断し、神社側の了解を得て現在の場所に建設していたが、その後の管理は市も、自治会も全く無関心であったと言うことです。
今回、くしくも神社から、遊具が傷んでいると言う連絡を受け、市は自治会とも連絡をとり、遊具の修理、実際は取り替えをするか、しないかを決め、神社へは、引き続きの境内使用許可と協力を要請すべきであったのです。

どこから見ても、神社が要望をだす必要などありません。

そういう道理もわきまえないで、神社を預かる身分であるものが、民意(誰か知らないが、遊戯施設を改修して欲しい)を無視して良いかと、詰め寄る、その無分別に腹がたちました。
神社としては周囲の人たちの利益に対して配慮はするが、それは無条件にではなく、神社の方針に基づいた上であることが分からない、その若い市会議員氏のレベルの問題です。

民意と言えば、なんでも通せると言う軽薄な認識です。
言い方を変えると「お前に脅されることなどない!」と言ってやったと言うことです。

その市会議員には、さらに、この問題は神社と市の問題で提起されているはず、それなのに、いつの間に市会議員氏の仕事になったのか。
何ヶ月も、この問題を棚上げしてきた市は、議員が口を出せば、直ちに対応したのか。
そうして、あんたは、自分が地域の為に人肌脱いだと言う実績を作り、次の選挙に備えたいのか、とたたみこんでやりました。

民主主義の有り様を問う時、何の変哲もない、このような事象の中にも、認識違いが蔓延っています。
30代前半の政治家の認識が、この程度ですので、如何に我が国の民情と言うものが重症であるか、お分かり願えるかと思います。
メンテ
連射されるジミン低脳弾、四発目 ( No.309 )
日時: 2015/06/19 08:49
名前: 満天下有人 ID:twT0ShN2

【時事通信】
 自民党山東派の山東昭子会長は11日、衆院憲法審査会で同党推薦の憲法学者が解釈変更による集団的自衛権の行使容認を「憲法違反」と断じたことに関し、「大きなミスだ。誰も責任を取らず、曖昧に何となくお茶を濁す問題ではない」と語った。人選に関わった船田元・党憲法改正推進本部長を念頭に置いた発言だ。
 山東氏は「きちんと対処していかないと、これから国会運営でますます問題が出てくる」と懸念を示した。衆院議員会館で記者団に語った。』

要するに言ってることは、憲法違反の安保法制を出した責任を取れ、ではなく、違憲だとする憲法学者を人選したことを責めているのだ。違憲法案ゴリ押しにによってこれからの国会運営に問題が出て来ると言うのではなく、法案に反対する学者を人選した責任のことを言ってるのだ。

本末転倒の低脳弾炸裂四発目である。そして船田はやばいと思ったか、ジミン憲法調査会の活動はしばらく休憩すると、逃げを打ったが、この方がまだましな対処の仕方だ。

山東のばあさんよ、そんなにもどかしく、且つ違憲ではないというなら、むしろ防衛大臣でもやらせて貰って、自ら日の丸掲げてアフガンでもパキスタンでもシリアでも自衛隊の先頭に立って行けばいいじゃないか・・・アルカイーダもタリバンも目をパチクリさせてびっくりするだろう(爆笑)、いくら何でも第二次大戦中に、大和ナデシコと言われた勇ましい女どもが、突然、岩山ガレキの戦場に表れた・・・ガハハハッ!!。

♪真白き富士の気高さを  心の強い楯として
 御国に尽くす  女等(おみなら)は〜〜〜
 輝く御世(みよ)の  山桜ぁ〜
 地に咲き 匂う  国の花ぁ〜〜〜♪

そいうえば、ばあさんよ、あんたが初の芸人政治家だったな、その前はラジオドラマ、北辰一刀流、千葉周作道場の剣士・赤胴鈴の助の語り手だったな。鬼面党退治に正義の剣を振るった。

ばあさんよ、今や鬼面党は、あんたたちなのだよ、いい加減、勘違い発言など止めてくれ。いくら世の中、勘違いと気狂いは似たようなものだと言っても、気狂いに政治をやられたのでは、こちらは生き死になってしまう。
メンテ
TPP本法案、米下院通過>米巨大製薬企業の国境越え加速 ( No.310 )
日時: 2015/06/20 09:17
名前: 満天下有人 ID:LP2Vwt7I

トヨタ自動車で、唯一の外国籍常務取締役ジュリー・ハンプ女史が、麻薬取締法違反で捜査されている。

何でもアメリカでは、医師が処方すれば薬局で手に入るガン治療の痛みを和らげてくれる薬だそうだが、それに麻薬成分が含まれている為に、恍惚感を味わう為に治療目的以外で使用されている傾向が出て、アメリカでも問題視されている薬だそうな。。。

ハンプ女史は米GMからトヨタが引き抜いた役員で、まあそれなりの経営手腕の持ち主ではあるのだろうが、警視庁は、彼女が治療目的でアメリカから取り寄せたのか、それ以外の目的があったのか、そこを重点に捜査中のようだ。

アメリカでも、その使用法は厳格化されるべきなのだろうが、そこに政治をも支配してしまう巨大多国籍製薬企業の前では、色々問題もあるのだろう。

そのような巨大企業に対する米世論も、かなり反発が強くなってきており、一時中断状態になっていたTPP各国会議、貿易促進のために大統領に特別権限を与えるTPA法が米議会でも強い反対にあっていた、同時にTPPで影響を受ける雇用支援法をセットで成立させる民主党の条件が、TPP本法の成立を妨げていた。

その雇用支援法案が、TPP本法から切り離され、そして大統領貿易促進権限法・TPAだけが下院で成立した、というものである。それも賛成218、反対208という殆ど賛否に差が無い状態で、片肺だけが成立したもので、TPP本法の成立は未だに不透明、且つ、次期大統領候補の政策とTPPが、どのように関わって来るのか。

安倍内閣は、TPP交渉会議では二枚腰作戦で臨んでいるのか、シンゾーは参加に前のめり、甘利TPP担当大臣はシタタカな米ブロンフマン代表に一歩も譲らない姿勢で厳しい交渉に臨んで来た印象だが、今回TPP本案がまだ成立しなかったのは、甘利の抵抗の結果ではない。秘密交渉で米国民も何に抗議したら良いのか、全容が分からなかった、それが時間の経過と共に分かり始め、それが米労働者にも大きな影響を及ぼすものだと分かって来て、反対運動が大きくなって来た。

そこえヒラリーが次期大統領候補となり、先週、鮮明にしていなかったTPP姿勢を匂わすコメントを発している。どういう発言か、TPPの恩恵を受ける製薬会社は、その利益を米国内で薬品価格を下げることに使って欲しいとコメント。
簡単に言うなれば、製薬企業は大儲けしている。TPPによってそれが更に増えることを確信した物言いであり、ならばその増える利益を米国内に還元しろと言うことだ。そして女史の長年の念願であり、挫折させられて来た米国内皆保険の実現を巨大製薬会社にTPP成立と引換に求めているとも受け止められる。

ではTPPによって医療関係のパイを広げる先はどこか、参加国のGDP規模からして日本しかない。しかも薬価は低く抑えられている。 薬品に関する規制を撤廃させ、健保制度を変えて混合診療など導入させれば薬価は上がり、米国の製薬会社の儲けは膨らむ。

トヨタ外人常務の麻薬取締法など無くされてしまう。タイミングが悪かったね(笑)、も少し辛抱しておれば麻薬調剤ガン治療薬も堂々と送らせることが出来たのに(笑)。

参考までに、米国製薬会社の規模は、どれくらいデカイのか・・・

2013年世界ランキング(120円換算)
(1)フアイザー(米)5兆7453億円  
(2)ノバルテイス(スイス)5兆6956億円  (3)ロシュ(スイス)5兆1217億円 
(4)サノフイ(仏)4兆6190億円  
(5)メルク(米)4兆4924億円 (7)ジョンソン&ジョンソン(米)3兆3750億円  
(9)イーライリリー(米)2兆5154億円 (10)アッヴイ2兆2458億円  (11)アムジェン(米)2兆2411億円

(16)武田薬品(日)1兆8835  (18)アステラス製薬(日・旧山之内製薬と藤沢製薬が合併)1兆4344億円

上位に占める米巨大製薬は更に、中小を合併しマンモス化しようとしている。

(ここ第二位と三位にスイスの巨大製薬会社の名が出て来る。ノバルテイは更に歴史が古い18世紀に遡るチバガイギー社が母体。そことサンド社2社の合併によって1996年に設立されたものだが、チバガイギー時代ではロスチャイルドの支配下にあった企業、製薬実験中に数々の副作用を出した企業でも有名だ。)

TPPによる被支配分野では農業に焦点が合わされて来ているが、やはり一番警戒されるのが、シンゾーが推進する以上、警戒してもしょうがないのだが、この米巨大製薬企業による国民皆保険制度の崩壊であろう。先週また保険料の値上げ通知が舞い込んで来たが、ある意味、この度重なる値上げは、医療費財政が持たないとの口実の下に、TPPに馴染ませる為に保険制度を値上げ一方で、庶民淘汰を始めたのではないかとさえ、勘ぐりたくなる。

安保法制戦争法案と重ねてTPPも受け入れれば、もう属国の完成である。日本人はもうアメリカ庶民と同じ苦しみを受ける。抵抗力が無い分、アメリカ庶民よりも苦しむだろう。
メンテ
日本の国民はもうバカとしか言いようがありません!!!今に及んでボケ〜とTV見てます!!! ( No.311 )
日時: 2015/06/20 14:30
名前: イントゥイッション ID:tKRfa7KA

>安保法制戦争法案と重ねてTPPも受け入れれば、もう属国の完成である。日本人はもうアメリカ庶民と同じ苦しみを受ける。抵抗力が無い分、アメリカ庶民よりも苦しむだろう。

★税金をむさぼられ、爆発すれば人間社会が終わってしまう原発を推進している電力会社に冷暖房費用などでドンドン金を払う!

★金融規制緩和だと名前で誤魔化して、ユダヤ金融詐欺泥棒に年金や預貯金までも投資という名目で送り込まれて黙っている!

★派遣法で、これから労働者の収入がドンドン減っていくだけです!!! 生涯派遣で一人暮らしが30代、40代に増え、老人は餓死者が多くでるでしょう!

★憲法を改悪して、アジアでユダ菌悪魔が紛争をでっち上げ、派遣法で、正社員になれない若者が増え、結婚もできず、生きがいが亡くなり、それなら戦争に行って生きがいを見出そうみたいな環境を安倍政権によってつくらさせられる!

★安倍政権で、18歳から選挙権を持たせて、徴兵制という言葉まででっちあげてきた。 これで安倍政権が何を企んでいるのか理解できないほうが頭が変R!

★風邪をひいて、ちょっと熱でただけや下痢しただけや肩がこるだけで病院へ走る日本人! ところがモンサントの遺伝子組み換え猛毒入り食品を毎日食べさせられているのはおかまいなし! アメリカの猛毒入り薬屋は、TPPを涎を垂らして待っているんでしょう!

★消費税も市民税・県民税やら健康保険料・年金支払いばかりが増加し、食品のものの値段がドンドン上昇し、年金や収入が減り、サギノミクスで国民の財産が2分の1にもなり、もやしとニラしか食べることができない人が増えているのに、ボケ〜としてTV見ています!

 高学歴者は、こんな変な世の中、やはり世界を相手に競争していくには原発の稼働もしかたがないと信じ込んでいるバカがよけいに多い!!!

  日本の国民は朝鮮キチガイ宗教団体によって、総白雉頭脳にさせられてしまいました。
メンテ
ニタニタ嗤いながら答弁するシンゾー ( No.312 )
日時: 2015/06/20 16:14
名前: 満天下有人 ID:LP2Vwt7I

を、見ていると、ほんとに殺してやりたい気持ちになります。国民の怒りは広がってはいるけど、ほんとに地に足がしっかり生えたような反対運動にならないと、この男は、ほんとにヘッチャラな気持ちで政治をやってますからね。

額は4億円と小さいものの、ミヤンマーの聞いたこともないような少数民族の、密航漂流救済にまたシャシャリ出る日本。可哀そうではあるが、ミヤンマー内政が先ずやるべき事で、次にどうにもならないなら国連の出番。それを飛び越えて出るシンゾーは、またカネを投げ与える、国内では社会保障費による財政破綻を唱え、だが外には、よくもまあ次から次へと財政に打ち出の小槌が出て来るものよと、ほとほと感心してしまう。

「積極的平和主義」者として、国内のことなどほっといてでも、居ても立っても居れないのか(笑)。どうせ国内安保法案から目をそらさせるか、国際世論を引き入れて、どうだ!我が国の平和主義は!と、トンチンカンな宣伝に使いたいのだろう。

つい一昨日、稲田朋美政調会長が、我が国財政破綻は必ず起きる、故に社会保障費を削減せよと言い放ったばかりなのにね、ミヤンマー難民など、オマエらの財布から出してやれ。ミヤンマー政府には、日本国民の将来負担を財源に、3千億円の債権を放棄してやったばかりだろうに。

少数民族を救うと記者団に言う岸田外相の表情からは、平和的愛情などみじんも感じられない。無表情に言葉を並べているだけ。これで平和の為の安保法制が必要だと、嗤わせるんじゃネエッ!怒、怒、怒。
メンテ
眠たい人は見てください→目が覚めますよ! ( No.313 )
日時: 2015/06/20 23:05
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:Q.XeJxQs

腹が立って、腹が立って、

こんな程度の議論をしてもらう為に選挙へ行ったのではない。


6月17日の党首討論→安保関連法案を中心に白熱した議論が繰り広げられる(これは御用放送局のコメント)

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00295111.html



17日に行われた党首討論では、安倍首相が、体を使って激しく訴える様子が見られた。5月20日以来となる、激論の第2ラウンド。「安保関連法案」を中心に、白熱した議論となった。
安倍首相は「私が自分でしゃべっている声が聞こえないほどのやじは、ぜひ、やめていただきたい」と訴える中でも、「小さい!」、「器が小さいぞ!」などのやじが飛んだ。

激しいやじが飛び交う、集団的自衛権の行使を限定的に認める安全保障法制をテーマに、論戦が繰り広げられた、17日の党首討論。
民主党の岡田克也代表は「なぜ、集団的自衛権の限定行使が必要になったのか。どのような安全保障環境の根本的変容があったのか、お答えください」と述べた。

安倍首相は「どの国も、一国のみで、自国の安全を守り得る時代ではなくなった。自分たちの安全のために、自分たちが、その能力を使わなくていいのかどうか。われわれは立法府、政治家の一員として、そこから逃げてはだめなんですよ」と述べた。
岡田代表は「存立危機事態になれば、防衛出動になるんです。武力行使になるんです。だから、それは具体的にどういうことなんですか。朝鮮半島有事の例で、どういうときに、存立危機事態に総理は認定されるんですかということを、わたしはお聞きしているわけです」と述べた。

安倍首相は「ケースケースで、私がここで述べていくということは、まさに日本はどういうことを考えているのか、どういうことでなければ武力行使をしないのか、政策的な中身をさらすことになりますから。これは国際的にも、そんなことをいちいち全て述べている海外のリーダーは、ほとんどいないと申し上げておきたい」と述べた。
集団的自衛権の行使につながる、存立危機事態の具体的な事例を求めた、民主党の岡田代表に対し、安倍首相は、相手国に中身を明かすことはできないとして、説明を避けた。
お互いが、質問に答えないなどと迫り、平行線となる場面もあった。
安倍首相は、先週の衆議院厚生労働委員会で、民主党議員が採決を阻止し、渡辺委員長がけがをしたことについて、岡田代表に逆質問した。

安倍首相は「言論の府である委員会での議論を抹殺するものであり、極めて恥ずかしい行為であると思います。こうしたことは、民主党の代表として、二度とやらないということを約束していただきたい」と述べた。
岡田代表は「公正な議論の運営が確保できるかどうかが問題なんです。強行採決をしないと約束してくれますか。そういったことをせずに、こちらだけ責められても困る」と述べた。
続いて、党首討論に臨んだのは、維新の党の松野代表。

維新の党の松野代表は「今、党内で、(安保法案の)われわれの案というものを出していくつもりです。これは、憲法の枠内のぎりぎり、自衛権の範囲ぎりぎりの中で、できることは、いったい何なのかということを考えて作る案です。どうか、その案に賛成していただけるなら、その案を通していただきたい」と述べた。

安保関連法案への独自の対案を提出する考えを示した松野代表に対し、安倍首相は「大変いい質問をしていただいた。きっちりと国会の中で審議が深まっていくということを、政府としては期待したい」と、岡田代表の時とは、うって変わった発言だった。
これは、安保法案の審議で協力を求めたい維新の党に、安倍首相が配慮したものとみられる。
メンテ
広島原爆投下記念?の日に、平和運動は軍事脅威を止められなかったとの集会を広島で打って、戦争を止めずに始めようとの思惑。焦ってるねえ。 ( No.314 )
日時: 2015/06/21 01:11
名前: 青トマト ID:gHepTXi2 メールを送信する

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6903.html

この掲示板への投稿者の方々は、皆様が仰天でしょうなあ。

櫻井御姉様は、自由の女神か、ジャンヌ・ダルクの心境なのかな?

でもまあ、簡単ですよ。

資金が出てるんでしょうな。

戦争扇動に投資して、戦争を日本に参加させれば、金融投機の国際激動を起こし得る訳で、
このような集会を打つ資金を投入することは、
先行投資なのです。

ここで、憲法9条に繋がる広島平和運動を叩いて、

原爆落とされたんだから、日本も本格的に軍備を持って、核武装しようと、
叫びたい訳だ。

原爆投下の日を、復讐の核武装を決意する日、としたいのだろう。

これは、国際金融資本の思惑なのだ。

米国はかなり国力を消耗させて使いきったので、ピンチヒッターや抑え投手として、米国を補佐して軍事行使を世界中で行う軍事力として日本を使いたいからだ。

そうすれば、日本は落日して、国際金融資本は儲かり続ける事ができる。

軍事占領された下での押し付け憲法は無効と言うが、占領後において、日本国民はこれを歓迎して守ってきた。平和を守事が出来るからだ。

軍事占領終了後の事として有効性を持って来たのだ。

それに、君たちの目論んでいる集団的自衛権行使法制は、現在の強化された実質的軍事占領においての、
米国戦争勢力による在日米軍の実質的軍事占領を背景としての、

「押し付け」である。君たちが米国の手先として、日本国民に戦争を押し付けようとしているのだ。

押し付けをしているのは、君たちだ。
メンテ
国民を巻き込まないと何もできない弱虫ども ( No.315 )
日時: 2015/06/21 09:08
名前: 満天下有人 ID:mhyncnHU

憲法の解釋を巡る連日のウンザリ国会に、この櫻井ババアどもによる中国と早く戦争したい低脳団に、いい加減カビも生えそうな梅雨時のこの頃・・・いい加減にせい!!と怒鳴りたくもなって来る。

そして裏で戦争画策屋の日本会議の会長?に安保法制合憲学者ども。お前達、そんなに70年間の歴史が嫌いなら、どうぞ勝手に中国でもアフガンでもどこえでも行って戦かってくれ。遠慮することはない。どうぞやってくれ。だが国民を巻き込むな!そんな大義の無い戦争なら、殺されてしまった方がましである。なのに何故お前たちは国民を巻き込もうとするのだ?いらぬお世話だ。

余計なおせっかいは結構だから、どうぞ勝手にやってくれ。何?、国民を巻き込まないと怖いからだと?(笑)、よくぞまあ、そんなヘッピリ腰の弱虫で、70年間を無駄にしたなどと、偉そうなことが言えるものだ(笑)。

そうではないと言うなら、正々堂々と正面から、何時どこの国が、何のために攻め込んで来るのか、明確に説明した上で、憲法改正から始めるべし。何?、それは出来ないだと?このクソ弱虫どもが!ならば偉そうなことを言うではない。

よりによって広島原爆投下日に、広島で戦争推進講演をやるとは、原爆落としたアメリカでやったらどうだ。何?それはまずいだと?・・・要するにお前達は詐欺やに過ぎないから、国民騙しに必死なのだろう。卑怯で賎しい連中だ、全く!。単独で何も出来もしないお前達弱虫アホウに、戦争平和など講釈されたくないワ。


メンテ
憲法解釈に明け暮れる暇があるなら・・ ( No.316 )
日時: 2015/06/22 07:21
名前: 満天下有人 ID:yVCe.YDg

解釈変えるだけでOKと言うなら、そうしたい国会議員に日本会議の皆さんよ、超法規的行動を認めてあげるから、早く米軍支援に行きなさい。尖閣に南沙諸島へ一刻も早く行きなさい。それなら認めてあげる。

それが義というものです。反対が多いとき、ならば皆の分も背負ってオレが犠牲になろう、義を見てせざるは勇無き成り、というではないか・・・反対者が多いのに、いつまでもグジャグジャと皆を巻き込むのも疲れないか?そんなに国家危機だと思うなら、それこそ代表に選ばれたお前たちだけで、さっさとどこえでも米軍にくっついて行けば良い。

心配するな、遺骨はお前たち大好きな靖国神社に上げるから。
メンテ
政治とは、なんぞや! ( No.317 )
日時: 2015/06/22 19:56
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:SW389KtI

>憲法解釈に明け暮れる暇があるなら・・

どちらにしても、ノー天気なことですね。

当地、宮津市の次期市長候補として、京都大学の準教授氏を推す人たちがいるらしい。
それを聞いて知人と語ることになった。

「宮津市も、早く潰れた方が良い」と言うことで意見が一致した。

宮津市の財政は、一般会計、110億円、特別会計90億円の約200億円であるらしい。

このうちの純粋自主財源である市税は

個人所得税       6.7億円
法人税         1.8億円
固定資産税       14.0億円
タバコ、軽自動車税など 2.5億円

特別会計で
国民健康保険料
介護保険料       合わせて約7億円

占めて32億円相当の自主財源で200億円の予算を組んでいます。
このうちで、景気、不景気に関連する、経済活動を根拠とした財源は、何と8.5億円です。

こんなの、誰がどのような施策をとっても、焼け石に水。
予算を組むこと自体が、まやかしであります。

このような市の市長になろうと言う者は、普通は出てきません。
潰れりゃ、良いのです。

町民2000人の近隣の町では、一般会計、32億、特別会計11億円、計43億円の予算を組んでいます。

ここなども自主財源は1割くらいのものでしょう。
行政などやらずに、一人あたり200万円、一世帯あたり400万円を配った方が、よほどてっとり早いと思うのですが。
宮津市の人口は、2万人です。

これで言えば、一人あたり100万円はいただけそうです。
私の家は、3人家族ですので、300万円です。


政治とは、何か!

考えさせられますね。
まあ、日本全体では、我々を助けてくれる余裕があるのでしょう。

この実態の上に、私たちの様な国民は、ただただ、黙って生きて行けと言うことでしょう。

僻み根性で 

合掌!

メンテ
行政あって政治無し ( No.318 )
日時: 2015/06/23 06:48
名前: 満天下有人 ID:gvj4F4YI

で、その行政って何だとなると、立法、司法以外の物となって、漠然として膨大な物となり、誰が何を何時決めたのかとなると、政治家の誰も知らない。

人口370万人の全国第二位の自治体となると、その漠然とした物を誰も知らない。行政は政治が決めたと言い、その政治に聞くと適格な答えは誰も出来ない。つまり行政が出した物を居眠りしている間に議長が賛成多数と見て決めてしまう(笑)。

ここでも書きましたが、住民税から更に25年間千円の再度の災害対策費増税。どのような根拠で決めたのか、どこに聞いても分からない。前回の復興増税25年間千円も、どのように使われているか、誰も知らない。まあ、野ブタが総理の時に、消費税増税は社会保障費に充当などとウソ八百ついて、軍事費にも使うとしたメモが暴露されたこともあったように、これ政治が決めているのではなく、行政が決めていることです。

その行政は、無機質です。人間の痛みなど関係ない。ただ決まったことを、いや己たちが提出し、形式的に賛成を得た物を機械的に実行するだけなのですから。

そして政治は、その天衣無縫の権力を持つ行政権に預かる事を目的として政治に立候補する。目的は政治では無く行政権力に預かりたいからです。だって昔から言うではありませんか、末は大臣が目的だとか・・・大臣とはある行政分野の親分ですね・・・そのトップが内閣総理大臣です。

つまり、行政が政治をやっている形となります。目下の安保法制も、行政としての内閣が釈迦力になってやりたがっている。そして歴代内閣法制長官なる行政官まで出てきて、違憲だ合憲だとやる。どこに政治があるのでしょう?。

地方予算にせよ、地方交付税なる中央行政によって差配される。それも法文なる無機質的文章によって決まって来る。戦争とて行政による「文章」によって差配されて、だから人間の生命財産などという最も基本的な有機的な思想から何も決められない。

シンゾーなどは、文章で決めれば自衛隊員や国家国民の安全が決まると、無機質な行政の傀儡のような発想しかできない。政治家ではありませんね。
メンテ
日韓国交回復50周年記念>やっと歩み寄ったシンゾー ( No.319 )
日時: 2015/06/23 13:01
名前: 満天下有人 ID:gvj4F4YI

同時に、戦後70周年記念に伴うシンゾーの、歴史認識を含む総理大臣としての声明も出さないことになった。 恐らく、このバカボンを抑制せねば、飛んでもない事態も想定されるとして、日韓双方の大人たちがかなりの努力をした結果であると推定される。勿論アメリカの指示によってのことだろう。

それによって、戦後70年目についても、特に何も言わないからと引き下がったシンゾー、要するにその程度の坊やに過ぎない資質が、正直に表に出た格好だ(笑)。別に70年目だからと言って、内閣総理大臣が何か言わなければならない、それも無いのに、バカが戦争右翼であることを証明したいだけの為に、村山、河野談話をひっくり返したかっただけのことであろう。

ただ、手に負えないのは、我がままを引っ込めるのはアメリカに言われた時だけのことで、本質は何も変わらない。アメリカの為となると、いきり立ってしまうだけの子供なのである。但し油断がならないのは、このバカボンの消えない生まれながらの汚い気質である。いかにも一歩下がったようなフリして、人が油断した所を狙ってだまし討ちにする天性の詐欺師的気質があるから。

国民も、何も分かっていないこの男の危険な性格が表に出て、戸惑はされない限りこの国では、変わらない危険な本質を持っている人間でも、いらぬ事をしない限り許容する優しさがある(笑)。国会会期を95日も延長したその裏の汚い策謀には、よほど気をつけておかないと、あたかも日韓で歩み寄って、平和志向を見せるが如き策謀をしておいて、突然に安保法案を成立させるかも知れない。思いだすが良い、第一次安倍内閣の時の年金機構の民営化抜き打ち強行採決を・・・社保庁の目茶苦茶年金運用は全て隠されてしまった。

シンゾー的先天的詐欺師体質が、ある日変わる筈がない。だから根本は何も変わらないのである。それを隠す演出が、昨日も国会で議論されていた違憲か合憲かの議論だけが、行われているのである。国会参考人意見も、それぞれが憲法を中心に違憲か合憲化ばかりが議論される。自衛とは何か、根本から何も考えられていない。その証拠が、憲法解釈に終始する有り様であり、根本の憲法改正議論に広がらない。だから96条の改正動議2/3以上の条項も避けて通っている。

公明党参考人として呼ばれた民主党内閣時代の防衛相・森本バカなど、国家危機事態における法整備が全くなされていないと意見を述べていたが、ならば自衛権として憲法で明確化すれば良いのに、そこに同盟国アメリカの戦争概念という不純な要素をもぐりこませようとするから、話がややこしくなり、欺瞞性満杯の法案になる。

早い話、アメリカが日本の為に戦ってくれる筈がないだろう。一歩譲って具体例を挙げろと言えば、ただ米艦が日本人のジッチャン、バアチャンを避難させてくれて、その米艦が攻撃された時に、黙ってみているだけで良いのかと。、丸で荒唐無稽な紙芝居を見せる。
ホルムズ海峡にイランが何故機雷を設置するのか、それをも日本攻撃の一つのシグナルだからとして、機雷除去するのも集団的自衛権だと抜かしおる。あんなのアメリカ&イスラエルvsイランの睨み合いであって、何も日本に原油供給しない事まで含めたものではないだろう。逆に我が国はイラン巨大油田アザデガン開発に協力していた。それを禁止したのはアメリカだろう。何が日本に危機をもたらすと言うのだ、逆ではないのか、日米同盟によって、更にその活動範囲を世界に広めることの方こそ、わが国に危機をもたらす。

世論調査もやっと支持率40%を割って来た。でも、これほど安保法制が紛糾していても、マスコミは官邸を怖がってのことかも知れないが、まだ40%もの支持があると言ってる。これが怖いのだ。これを頼り前後見境の判断もできないシンゾー一派が、まだまだ何を仕出かすか分かったのもではない。

本来なら即、内閣総辞職となってもおかしくは無いのだが、無茶が表に出ない間は宜しいとの、国民の優雅さがある限り、まだまだ油断はできない。油断の元が国民意識である以上、どうすることも出来ない。
メンテ
ごもっともです。70周年の声明を出さないのは?本音を隠した声明を出したくないとの頑固さとは言えませんか? ( No.320 )
日時: 2015/06/23 22:58
名前: 青トマト ID:RmY1Svo6 メールを送信する

70周年の声明を、どんな形であれ、出さないことがそもそも異常では御座いませんか?

アベは本当は出したかったのでしょう。

でも、韓国や米国から、「反省無しは駄目ですよ」と言われたのでしょう。

それで、子供だから、「自分の考えに沿わない嘘は言いたくない。だったら黙秘だ。」とでも、

言って、ソッポ向いたんではないでしょうかね?

当たり障りのない声明を出して終わることも出来たのでは、と思いますが、
利かん気の子供だから、イヤイヤしたのではないでしょうかね。

何しろ、この政権は、明治開国?以来、もっとも子供っぽいではありませんか。

壊れていますよ。

とても機能なんかしませんよ。
メンテ
本音を隠したシンゾー演説に、帰れ!と言った沖縄県民 ( No.321 )
日時: 2015/06/24 08:25
名前: 満天下有人 ID:SpeoNxU6

昨日6月23日は、沖縄が本土を守るために米軍に決戦を挑み、住民の4人の内一人が戦死したという、玉砕に近い戦いをやってのけた記念日。

この時期になると毎年新たな、そして驚くような沖縄戦史が表に出てくる。そして今尚、日本防衛の呪文の下に、基地であり続けている。ただ半島リスク、中国リスクを掲げられるだけで、具体的にそのリスクについて説得力ある説明も無いままに・・・

シンゾーが、沖縄負担を軽減するとの演説を始めた途端に、会場からウソ付き、すぐ帰れ、とのコールが起こっていたようだ。それを伝えたのも外電のAFPだけで、日本メデイアは一切触れていない。

いつからこのような卑怯国民になってしまったのか?本土ではやっと安保法案反対が過半数を超えて来たようだが、沖縄県民からすれば、遅きに失しているとの見方がほとんだと推定する。本土における今回の反対は、遊びのデモでないことを祈る。

メンテ
オロナミンC小さな巨人‥これに例えれば、沖縄は小さな日本。本土決戦やってたら3分の1が死に原爆あと三発落ちたろう。 ( No.322 )
日時: 2015/06/24 08:50
名前: 青トマト ID:gIOf1hH. メールを送信する

日本本土の国民は、自分の空襲被害の記憶に加えて、沖縄の地上戦の被害を、沖縄の人達から聴いて学ぶべきなのだ。

従って、本土の若い人達は沖縄を訪れて、直接に聞いてくると良いだろう。

本土の暇で困ってる老人達も沖縄に行って、聞いてくると良いだろう。

世界中で戦争を起こそうとしている英米イスラエルの第三次大戦発生戦略に使われる、沖縄と日本本土の米軍基地は日本を戦争に巻き込んできている。

従って、もう、出ていって貰おうではないか。
諸悪の根源だから。

沖縄も日本も自分の安全保障は、自前で外交と自己防衛努力で賄うから。

破綻する国際金融資本の利益擁護の為の第三次大戦に駆り出されては堪らない。

シンゾー自民公明は第三次大戦起こしを狙う勢力だ。

明治壊国路線に継ぐ平成壊国路線を敷いて、既にかなり壊してきている。
これ以上、壊させてはいけない。

財産も生命も奪われる。
メンテ
確たる信念も覚悟も無く、流されて行く日本 ( No.323 )
日時: 2015/06/24 10:09
名前: 満天下有人 ID:SpeoNxU6

全く、沖縄戦の玉砕を見て天皇がやっと敗戦を覚悟された。本土決戦を唱える気違いどもには、何の裏付けも無く、兵士たちも太平洋や満州で既に玉砕の連続で、本土に残っていた戦力は、もう戦力と言えるようなシロモノではなかった、近衛兵など芋だけを必死に植えていたとの史実も読んだ。

そして当時の何の裏付けも持たない決戦主義者どもと同じような連中が、再びこの国で育っている。恐ろしいことだ。

敗戦国だったのだから、沖縄返還にも相当な苦労があった筈。この国は当然、米戦略に組み込まれてしまう。

でも昔の自民党には、沖縄に対し、沖縄の気持ちはよく分かっている、それを解消するには時間がかかる、目下の時世では今すぐと言う訳には行かない、そのような苦しい心情を沖縄に対して発信する幹部政治家が居たと、訪米前の翁長県知事が記者との対談で言っていた。

例えば田中内閣の時の後藤田官房長官。当時の沖縄検知知事に対し、対米上、苦しい胸のうちを語っていた。あの橋本龍太郎総理でさえ、沖縄県知事の面会に対し、いつも順番を最後に回していたそうだ。面会人の最初や真ん中に入れると、時間の制限が出て来るから、沖縄に対しては十分話ができるように後の時間制限を気にせずに済むように、何時も面会の最後尾にまわしてくれたそうだ。

翻ってシンゾーの態度・・・態々上京してきた知事に会おうともしない。昨日も、式典後の沖縄との会談も入れなかったというから、式辞とは裏腹の本音は、見え透いている。

昔の骨のある政治家は、アメリカが本気でン本を守ってくれるなどとは、ハナから信じる者はいなかったと思う。敗戦国であるから表だって抵抗はできない。だが、可能な限り本心ではアメリカから独立していた。それが21世紀になって、更に独立心が涵養されたのかと思えば、さに非ず。昔の日本を取り戻すと言いながら、隷米ベッタリの、何とも表現のしようもない、裏表顔が違うゾンビが、飛び出て来たかのような光景が広がる。
皆が無頓着になっている隙を狙って、こんなゲテモノがヒソヒソと成長していたとは・・・

シンゾーだけではない、その一派の数は少なくない。何とか食えると言う豊かさがあるから、自らの生命財産がどんどんリスクに晒されて行くことに気がつかないのか・・・どうも、それだけでは説明できない、何か別のゲノムが、この国を変えてしまったのだろうか。
メンテ
ゲノム! ( No.324 )
日時: 2015/06/24 10:58
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:c/KVTRPU

>何か別のゲノムが、この国を変えてしまったのだろうか。

天皇制でしょうね。

日本の天皇家は、何故か解りませんが、常に統治の最上部に存在しました。

形だけでも、民衆の天皇に対する信頼感はなくなることはなかったのでしょう。

それも、自分にとっては、余りにも偉い人なので直接的な恩恵はなくても崇拝できたのでしょう。

ですので時の政権が幾ら横暴をしても、いずれ天皇の御気持ちで糾されるとでも思っていたのでしょう。

それで時の政権に対する糾弾に甘さがあったのでしょう。

明治維新の時も、そうですね、何か、事あると、結局、天皇を担ぎ出します。

これを、どのように判断すれば良いのでしょう。

卑怯と言うか、卑劣と言うか、欺瞞と言うか、身勝手と言うか。

似たような国家に、タイがありますね。

タイも結構政情が不安定ですが、なにか、あれば、こちらは国王が積極的に乗り出して来ますね。

多くの場合、それで対立している双方が妥協します。

いっそのこと、天皇に絶対権力を持たせ、

安倍は首だ!

と言わせれば良いでしょう。

国民も大喜びするのではないでしょうか。

まあ、国民が自立できてないと言う事になるでしょうね。
メンテ
そのゲノムとは、高度成長だったのでは…米国もかつての米国ではありません。最大の戦勝国になって転落した。 ( No.325 )
日時: 2015/06/24 23:21
名前: 青トマト ID:gIOf1hH. メールを送信する

今回の安保法制への国民のノーの高まりは、戦争拒否だけの感情に由来するのではなく、生活破壊言い換えれば経済破壊に由来すると考えています。

ここにおいて、小泉政権からアベ政権までに、高度成長で達成された大国経済が崩壊しました。

国民は生活不安なのです。

日本株の異常な高値は、国際的な投機家への救済策でしかないので、日本の経済と国民の生活は上向きにはなりません。

古い言い方ですが、

資本主義経済の全般的危機なのです。

生活不安に陥った国民は、新たな動きを始めるでしょう。米国でも同様でしょう。

アベ達の動きはイスラム国と同じであり、単なる破壊者として使われてのものと考えています。

世界経済の主導権が米英から離れつつあります。

それで、米英は発展途上国だけではなく、経済力を持つ日本を手放したくはなく、且つ、

中国やロシアと手を組んで世界経済の主導勢力にならないように、世界動乱に巻き込みたいのです。

TPPと集団的自衛権法制傭兵化とアベノミクス は、日本への独自路線防止策なのです。

詰まりは、日本をアジアのイスラエルにしたいのです。

日本がEUのドイツやフランスのように、中国やロシアと連携しないように、軍事緊張に引き込みたいわけです。

これは、ますます生活を苦しくさせます。

日本の経済発展は遮断されるのですから。

日本国民は、今後、

高度成長日本人を離脱して行くでしょう。

アベも自民党も公明党も、塵箱に捨てられるでしょう。数十年の期間で。
メンテ
安保法案と同じレベルで、警戒を怠ってはいけないTPP ( No.326 )
日時: 2015/06/25 19:18
名前: 満天下有人 ID:UbwfbPeY

前回は、米下院が僅差の賛成多数で貿易促進大統領権限法TPAで成立。上院は共和党が多数だから、元々成立するのは簡単だと思われてはいたが、その上院でも正式にTPA法は可決された。

成立は時間の問題であったから、特に煽り立てることもない。だが、TPP本法の成立は、TPPによって米国労働者が受ける影響を防止する労働支援法もセットになっており、労働支援法が成立しないとTPPも完全には成立しない。

だが、労働支援法と切り放なされているとは言え、TPAが成立したことで、米通商代表はTPP参加国に対し、米国有利の内容を一層押し付けて来るだろう。その場合、怖いのは医療分野だと前回書いた。これが一番厄介だ。

今日のニュースで、介護保険未納者とその額が274億円にまで増えたと報道されていた。未納者は無年金に等しい層が多数だと推定するが、更なる介護保険料の値上げと年金減額で、今後ますます未納者が増加すると思われる。このような状況で健保の分野でも、混合診療が導入されたらどうなるのか・・・

それでも同胞国民屠殺政権であるシンゾーは、米TPA成立に祝辞を述べて、TPP成立にも協力するだろう。何故か、己の政権が保てれればそれで良いからである。そうでないと言うなら、どうして選挙の時にはTPP反対を唱え、終わると交渉に参加するのだ、これほど明らさまで確かな裏切りは無い、そのことが証明している。
そして国民も、安保法案に対する反対が、やっとここまで拡大して来たのは、当初は戦争法案であると、認識できなかったからで、日を追うごとに、こりゃ大変だと気が付き始めたからだ。

ましてやTPPのように、直接の痛みが何なのか、肌で感じることが難しいが故に、国民もまた眺めている間に、あれよあれよという間に成立してしまうことだろう。もう最初から分かっていたことだが、関税無き貿易など、対象は日本であった。GDP比率からしても、他国のそれは小さくて、アメリカにとってはどうと言う事も無い。

今回TPA成立によって、TPP本法成立までの間、アメリカが更にゴリ押しして来る相手は我が国以外にはない。他国の条件は飲んで、良いようにしてもらった多国は、アメリカによる対日強硬策は歓迎するだろう。その分、自国へのアメリカの注目度は薄まるから・・・

わが国TPP関連で、喧伝されていたのは食糧問題。まあ、目下の所はアメリカからの輸入に頼り、それによって特に問題が起っていないから、気がつきにくいのだが、今年の梅雨を見ても、真夏日の次に爆弾寒冷前線が入ってきて、まだ6月だと言うのに、真夏日が来て、翌日はもう6月だと言うのに、真冬のような寒さが深夜を襲う。

明らかに異常気象が再開されている気配だが、これが食糧育成に大きな影響を与え出す。この一事だけでも食い物の確保は、早め早めに対処しておいても、遅いということは無い。問題は、その対処を、TPPモンサントに頼るべきか、自前で生産の場を確保しておくべきか、そこにあると思う。

応えは自ずと明らかなのだが、シンゾー的米国頼りで、何もかもを、それに頼って良いものかどうかにある。今の世代は、もう戦後米国頼みの時代に生まれて、それが当たり前のように育っているから、現世代がどれくらい自覚しているのかによって、この国の先は、大きく変わって来ることだろう。

遺伝子組換え食糧で悪名を馳せたモンサントは、世界世論の反発をかわす為に、インドネシアで目先を変えて、遺伝子組換(GMO)でない、異種間勾配のハイブリッド農業の展開を始めている。

ハイブリッドは、遺伝子を組み替えてしまうものではなく、違う親世代を掛け合わせて生まれる異種混合の生物体である。最も分かりやすいのが、イノシシとブタを掛け合わせて生まれたイノブタなどが代表例である。これは未知の遺伝子組換え作物とは違い、生物学的にも異変は起らないことが確認されている。

モンサントは、これを応用してインドネシアでハイブリッドコーンの種子販売と金融を既に始めている。ハイブリッド穀物は既に、ハイブリッド大豆がそうであるように、かなり広く流通している。だからハイブリッドコーンと言っても、さほど驚くには当たらない。問題は、ほんとにそれがハイブリッドなのかということだ。やり方は、モンサントのその種子を買って収穫されたトウモロコシは、モンサントが全量買い上げる。それなら銀行が農家に融資しても心配ないとして、そこで金融と一体化する。

もうウン十年も昔の話になるが、某官庁経由米メジャーの依頼に乗って、同じインドネシアでジャングルを切り開いてコーンの大量栽培を始めたのだが、自然生態系を破壊した所為か、大量の害虫が発生して収穫0。やっと収穫にこぎつけたかと思ったら、イスラム教徒のボルネオ人たち、アッラーの神の恵みだとして、夜中に収穫されてしまい、投資も回収できない。せめて利息だけでもと交渉しても、イスラムには金利の概念が無い(笑)。まあ国策問題でもあったから、損失は全部、政府が払ってくれたけど(苦笑)。

何が言いたいかと言うなら、TPPにせよ、よほど国民規模で気をつけておかないと、食べ物の何もかもが、米メジャーの手の内に握られてしまうということだ。今の世代が、わが国は独立主権国家では無い、生まれた時からさような環境で育ってきて、それで特に違和感も感じないなら、それはそれで良いのかも知れない。安保法案についても然りである。
メンテ
おはようございます。 インドネシアでは、色々な宗教信者が存在しているようで。 今朝のNHKのニュースで株主総会の時期だと。 ( No.327 )
日時: 2015/06/26 09:12
名前: イントゥイッション ID:VCOC0lzA

>明らかに異常気象が再開されている気配だが、これが食糧育成に大きな影響を与え出す。この一事だけでも食い物の確保は、早め早めに対処しておいても、遅いということは無い。問題は、その対処を、TPPモンサントに頼るべきか、自前で生産の場を確保しておくべきか、そこにあると思う。

生まれた時から、コンビニ、スマホ、マクドナルドにネズミーランド、超高層ビルに豪華ホテル、ロボットゲーム、そして大スクリーン3D付TVにマスゴミと2チァンネルネット、冷凍食品に大きなケーキ! 

そして遺伝子組み換え甘味料たっぷりで家畜頭脳!

今、アメリカでは大学の卒業式がこの時期にあるのですが、株主総会もこの時期です。 大学と一体化しているようですね〜。

たしかロックフェラー大学とかありましたよね〜。 創価大学や成城大学も真似したんでしょうかぁ。。。(苦笑。。。

犬HKのニュースでは、昨年株を売った人が多く、その税収だけで1兆円とアナウンサーが発言しておりました。。。

今年は絶対に下向するから。。。と見る人が増えたんでしょう。。。 リーマンショックのリベンジでしょうか???

そして総会屋が昨年は、株主総会に来て、問題を起こして5人ほどが重傷をおったようで、今年はその警戒をしているとか。。。

安倍や小泉や竹中の関係者でしょう。。。 

生まれた時から日本人は家畜。。。ゴイムだったぁ。。。
メンテ
国連に政治厚生施設はないものか・・・ ( No.328 )
日時: 2015/06/26 19:47
名前: 満天下有人 ID:jFfAi0tY

会期延長したから、仕方がないのだろうが、まだ周辺事態法がどの、存亡危機事態がどうのと、延々とやっている(笑)。シンゾーも少し疲れて来たのか、答弁で相手を刺激する場面は無くなっているが、こいつの性格からして、大人しく見せ始めた時は、逆に要警戒だ。

一方でシンゾー内閣の言論恫喝も続いている。何やら菅官房長官が、沖縄タイムズと琉球新報を呼びつけて、余りいらぬことを書くなと言ったとか・・・

シンゾー昭恵夫人が沖縄に同情的な発言をしたことを記事にしたことが、どうのこうのと・・・自民党若手会が内閣法制局を呼んで、拉致問題解決の強行手段として、自衛隊を北朝鮮に派兵することは可能かと・・・もう、どちらを向いても政治の切片も見えないネットウヨ以下程度の光景が広がっている。

これを糺してやる施設はないものか?国連にも無かったか?、あっても、次から次へと放り込まないといけない国がワンサかとあるから、すぐに満杯になって、意味を成さないか(笑)。

一方,市井に目を向けると、出産後の嬰児を母親が殺したとか、昨日は、30代の息子が家に放火して両親を焼き殺したとか、若い男女が人を殺して山中に埋めたのではないかとか、もう似たような事件が毎日起こっている。

政治も含めたこの現象、前回はゲノムの所為かと書いたが、そうではなく、遺伝子が組み換えられたかの観ありだ。普通の常識的庶民感覚は、もうどこかえ消えてしまった。

この社会現象、教育現場で何を教えているのかと批判すれば、実も蓋も無い茫洋とした批判になってしまうが、やはり生まれた時からITの洗礼を受けて社会の成り合いの中で育つと、もう、ITゲーム感覚でしか事象を捉えることができなくなるのか・・・

自民若手会の、自衛隊を即北朝鮮に派兵して、拉致被害者を救出できないかとの大真面目な質問が、今の世代の感覚をよく表現していると思える。気持ちはそうであっても、まだまだ世の中は、そんな短略的な発想で、事がうまく解決出来る筈がない、その筈がない事が、理解出来ないのだ。

ここまで来ると、痛い目に会わないと、何も分からないのだろう。いつ脱皮できるのか。

メンテ
清教徒革命直前の英国の有り様に似てきた日本。アベ愚王の幼稚政治と取り巻きの混乱。 ( No.329 )
日時: 2015/06/27 03:23
名前: 青トマト ID:77aQRGMI メールを送信する

スコットランドからやって来て慣れないイングランドで失政をやった国王に、イングランドでは反発から遂には清教徒革命にまで至ってしまった。

一旦は政権から転落した自民党が西国長州の狂信ソンジョウ思想のピエロ末裔アベヂンゾーを御輿に担いで東京の官僚勢力と結合して、絶対王政的な乱暴狼藉な振る舞いを演じてきたが、

余りにも愚行の連発で、遂には、
清教徒革命前夜に似た政情となった。

英国政治の変転には、当時の国際関係が大きく影響している。

他国との連携関係により財政圧迫などが起き、政情が激変したのである。

現在の日本も同様で、アホな慣れない政治勢力が外国にくっついて国を傾ける一方なので、
遂には、国民も其々の頭脳にあわせて政権に距離を置き始めた訳だ。

家畜から何人が人に戻れるか?

いよいよ、バブルもブルルンと震動を激しくしてきたようですぞ。

中国株の激震で、直ぐに米国債を投げ売りとはならんでしょうが、でも?、どうなるか?

ますます円安、軍事行動やりたくてもやれないアベ幼稚政権。

アベ拒否により、日本発の世界バブル崩壊の大地震に至るか?

金のない奴は安心だ。その日を何とかやって行ける。
メンテ
新教徒革命と、我が国の違い>民衆がカトリック教の横暴の本質を見抜いているか・・ ( No.330 )
日時: 2015/06/27 08:01
名前: 満天下有人 ID:Qigtek9.

シンゾー一派の教義が、当時のカトリック教教会の、文字通り神がかった教義によって動いているとして、その教義は何だろうか、やはりアメリカ教なのか。

アメリカ教を支えて圧迫しているこちらの教団は、創価か、シンゾーが入れ込む国際キリスト神霊統一教会か・・・

英国では近世に入っても、スコットランドなど独立したがっている。勿論、わが国を取り巻く国内歴史も国際歴史も違うのだが、わが国ではほんとに中世的シンゾー横暴に対し、その本質を民衆は見抜いているのか。

ただ戦争にむかうことだけ止めさせれば、後の事は、まあまあで許容するような甘い認識で居るなら、英国で起った新教徒革命とは似非なるもので終わってしまう。
メンテ
満天下有人さま、シンゾーは足利尊氏のようで、それに遥かに及ばぬ子供でしかないのでは。 ( No.331 )
日時: 2015/06/28 03:45
名前: 青トマト ID:ySPFQZ4o メールを送信する

足利尊氏は、源氏の正統として、北関東に鎌倉幕府の執権それは平氏に追いやられた怨念を晴らすべく、後醍醐天皇の鎌倉幕府討伐の御意思を、自分への機会到来と考えたに過ぎない頭脳の人物であったわけで、怨念を晴らす行いを達成する行いに邪魔になると考えれば、後醍醐天皇に対し、鎌倉幕府を上回る反抗を行ったわけで、天皇を取り巻く側近達も平安朝政治秩序を克服する思惑が皆無であったであろうとかんがえられ、それにより、鎌倉幕府よりも劣る室町幕府が実現したのでしょう。

さて、満天下様も私も毛嫌いするシンゾーでありますが、
勘違いしている子供でしかありません。

マスコミも判ってるんじゃないですかねえ。

只の御神輿ですよ。
それを勘違いしてるんだ。

シンゾーは飛鳥奈良律令体制の中央集権体制のイデオロギー、詰まりは、当時の明治憲法や現行憲法と同類の書物である日本書紀と古事記を、ただ単なる歴史的な一時期の体制を表す限定的なものと理解できずに、日本の聖典と思い違いしているに過ぎないわけで、カルトでしかないのです。

日本書紀と古事記なんてのは、奈良や京都の歴史的遺物と同じものでしかありません。

それは決して、聖書やクルアーンと同類ではなく、支那大陸の王朝が権威付けの為に作成した歴史書と同類のものであり、当時の日本の例えれば明治以降の対欧米追随と同じものでしかありません。

これを崇めるシンゾー一派は、骨董品・古美術(と言ってもグロテスク)でしかないのです。

無知無謀であります。

単なる一時的なアダ花でしかありません。

麻生と並んで最低の日本人ですよ。
メンテ
シンゾーや右翼の自覚しない本質は、支那追随であり、それで容易に対米追随となる。 ( No.332 )
日時: 2015/06/28 04:15
名前: 青トマト ID:ySPFQZ4o メールを送信する

飛鳥奈良時代の帰化人による主導の対支那王朝体制に追随する律令体制を日本の国家体制の曙と考える思い違いにより、
日本を大国に押し上げようとの、支那的体制を大国と勘違いしての ものであるゆえに、
大国の米国に追随する事が馴染みやすいのです。

全くの思い違いでしかありません。支那大陸に追随した朝鮮半島の自大主義と同類なのです。
メンテ
中国によって権威付けられた古代日本政治文化 ( No.333 )
日時: 2015/06/28 09:14
名前: 満天下有人 ID:QVVygyqc

私のこの国の政治、文化歴史観も、青トマトさんとほぼ同じです。も少しくだいて言うなれば、大陸に対する朝貢外交による関係から始まり、大陸側は特に周辺諸民族に対する政治的支配権の確立を狙った、というよりも、むしろ文化的君臨をしたのであって、しかし当時の日本人政治は、中国皇帝が大陸において覇権を争っている政治面に注目し、文化の取り入れも政治覇権に大いに関係する・・・そういうある種の畏れもあって、政治方式も移入して来たのではないか。

言い換えると、移入文化を基軸に、大陸における覇権争いとは違う日本と言う土壌に、政治方式をそのまま植え付けてしまった。故にこの国においては、相手国が包括的な諸条件の中で、政治なるものも創り上げて来た歴史の本質も分からなければ、自国のことさえ、分かっていない。極論すれば、理解もしていない相手国からの移入制度をそのまま受け入れてしまうから、いつまで経っても独自の政治文化が生まれない。いやモノマネ政治こそが、独自の政治文化になっている(笑)。

昨夕、NHKBSで、タモリによる主要都市旅歩き「ぷらタモリ」で、奈良市平城京跡の探索の仕方なる番組をやっておりました。若い頃、奈良県も担当区域に命令された所為もあって、何度も行ったことのある古代都市なのに、ビジネスが主であったので、時間が余ればサボリも入れて鹿にセンベイをやって時間つぶし。平城京が坂を権威の象徴として取り入れ、微妙に高台に向かわせる街創りになっているとか、何度も行ったのに全然気も付かなかった(笑)。

段差の町ということらしい。平城京門から徐々に坂が上に行き、そこに市街を見下ろす興福寺が建っている。藤原不比等が平城京遷都する際に、中国文化をまねて支配権威の象徴として一段高い所に建立したもののようです。

中国儒教では、むしろ政治権力の抑制、反省なる意味合いが強かったと思われますが、仏教であれそれを移入する目的は、その本質が曲げられてむしろ権力維持に利用されてきた面が、この国の政治文化の特徴ではないか?・・・神道しかり。

古代においては中国に対しても、その文化を日本独特のものに加工し(司馬遼太郎氏が言う他国文化の“接げ木”)、故に相手国文化の周りだけについて、あれこそ手本だ,否、手本にしてはいけない、さような議論が無意識の内に、今尚続いている。安保法案に関する言い合いなど、その典型だし、相手国の周りだけの概念に連いて行こうとするだけの気質が、対米従属として現れている。

今のシンゾーが、対中反発、対米隷属するその様も、律令時代からの対中モノマネ、対中見下しの、相手国文化の本質から得た物では無いが故の、周辺解釈だけによって為されてきた政治文化の結果でしょう。だから・・・

<大国に追随しやすい>、ことになり、同時に毛嫌いもする。古代からそうですね。シンゾーはたまたま、後者に傾いている世代として現れているだけ。でも、その骨董品的無知が、取り返しのつかない大事を引き起こしてしまう。満州事変など、古代においても存在していた中国見下しの典型例ではなかったかと思います。
メンテ
同感で御座いますね。奈良の町が坂を登る形での権威つけとは知りませんでした。多いに参考に成りました。 ( No.334 )
日時: 2015/06/28 13:14
名前: 青トマト ID:ySPFQZ4o メールを送信する

奈良では子供のに鹿に煎餅をやりましたねえ。

それで気がついたのですが、現在のあの横長墓石のような佇まいの国会議事堂が、高台に有りまして、奇異な印象を受けているのです。
坂を下る形で霞が関官庁が並んでいますね。

私は、国民の主権を行使する最も大切な場所であれば、広い平地に置くべきで、皇居前広場から日比谷公園辺りに置くのが最適と考えるのですがねえ。

皇居の隣であるから、両陛下の関心も隣で頂いていると議員達も考えて、紳士淑女的に振る舞うのではないですかねえ。

あの地に、平屋で木造で、平民的で気さくな、国会議事堂を建てて、現在の石造りのあれは震災復興の建材に回せばいいですよ。

飛鳥奈良から、謀略の土地を捨てて、山城の地に移転して何とか心機一転して安定を得た平安朝政治だったのですが、天皇の座を政争に関係させる事を繰り返し、政治が汚れて秩序崩壊を招き、国民の自決的な幕府政治を造りだし、なんとか進歩をしてきたと考えていますが、

でありますから、奈良飛鳥時代を文明開化?の時代と捉えるのは間違いの基であり、明治国家はこの思想によっており、敗戦による尊皇攘夷の挫折から国辱的現状の有り様を認識できない思想の原点は、
ここにあるのです。

と、考えております。

飛鳥奈良の前の実像が全く掴めていないではないですか。歴史遺物が沢山あって、文献すらいくつもあるのに解らないのは、頭が殺られているからですよ。

笑うべき悲劇ですよ。
メンテ
なるほど、シンゾーが唱える安全保障環境の変化とは、そういうことなのか・・ ( No.335 )
日時: 2015/06/28 18:45
名前: 満天下有人 ID:QVVygyqc

夕刻のテレ朝報道ステーションの、米中日の合同軍事演習を見て、現実にテロ相手?とする合同演習を見て、既にかくの如き実践演習まで実行されているのでは、シンゾーとしても何が何でも今国会で、集団的自衛権関連法案を成立させないと、アメリカに顔向けが出来ない心情がよく分かった。

番組は途中からしか見ていないので、演習の場所は定かではないが、風景からして、どうも中国に楯ついている新疆自治区周辺のような風景ではあったが、そこに潜んで敵の出方を伺っている特殊部隊の迷彩服、袖に小さく見える日の丸マークに中国マークが混じっている。つまり自衛隊と中国人民解放軍の、合同演習だと読み取れた。

そして、演習を見守っている顧問団?は、明らかに米海兵隊だ。

ここ二年ほど前から、米中日合同演習の記事が、僅か一行ではあったが、目についてはいたものの、映像で実践を観たのは初めてなので、ビックリした。もう現実はそこまで為されている。

これはアメリカによるテロ対策を含む、一国による世界監視の行動に限界が来ている事を示すものだろう。だから日中仲良くアメリカを支えてくれと言う訳で、シンゾーはそれに異論はないが、相手が南京虐殺主張を止めないから、頭に来てむずがっている。

米国債買支えにせよ、中国は対米輸出という実質経済によってドルを溢れるほどに保有したから、これの運用としては米国債買いが最も手っ取り早やいし、そうしておけば元通貨の切上げ圧力もかわせる。我が国の場合は、それよりも金融市場における米ドル毀損を支える側面から、実質経済の利益でもない空中楼閣のような紙幣価値を支えてあげるために、米国債を買ってあげている、いや、買わされている。中国による米国債保有高の原因が、このように全く違い、そして中国のそれが米牽制の大きな役割を持っているのに対し、こちらは、何の役にも立っていないし、逆にそんなことお構いなしに、中国とケンカせずに米軍事費の負担=米財政を支えろとまで言われているに等しい。

結局のところ、アメリカの戦争に踊らされているだけの話だ。それだけの事なのに、安全保障の国際環境が変わったからだとか、あれこれ理屈をつけ、挙句に文化芸術懇話会という、余計でクダラない尾ひれまで付ける労力を使いおる。イスラム圏に対するアメリカの問題であって、そもそもからして我が国に何の関係も無い事に、何故自衛権を使わねばならない?・・・世も末だな・・・。
メンテ
ギリシャ、銀行業務停止 ( No.336 )
日時: 2015/06/29 08:29
名前: 満天下有人 ID:FmCxC9i.

何年も前からギリシャ危機が叫ばれ、しかも国家財政を粉飾していたこともバレて、ドイツなどは救済不要との立場を維持しつつも、ECBやIMFから金融支援を受けて、ここまで来たギリシャだが、政権を獲った急進左派のチプラス首相は、ついに銀行業務停止を発表した。

切っ掛けは明日返済期限が到来するIMFからの借金約2300億円の返済が出来ない事から、国家デフオルトに追い込まれ、国内銀行における払い出し現金が0になるとして、業務停止措置が取られてしまったようだ。

これは事実上の預金封鎖である。では封鎖して何が出来るかと言っても、EU圏内に居るギリシャだから、勝手にユーロ通貨の印刷も出来ない。ならば、ハイパーインフレ覚悟でギリシャ国債によってギリシャ通貨ドラクエ通貨発行できるかと言えば、これもEUの一員である以上、事実上不可能。

しかもギリシャ国債は、危機が叫ばれ始めた2010年には利回りが10%に急騰、12年には何と38.5%にまで暴騰。どれくらいの爆弾かと言うなら、わが国の長期利率指標である10年債の利回りは、アベノミクス超金融緩和で0.5%くらい。それでも一時は0.15%にまで下落し、それが0.5%にまで上昇している事にさえ、警戒感があれこれ言われているのだから、ギリシャの国債利回りの異常さの程度が分かろうと言うものだ。

観光以外に大した産業も無いギリシャ。確か労働者の6割強が公務員で、しかもその月給が、民間の平均約15万円の倍もあり、それが財政支出として赤字の最大原因になっているから、ECBもIMFも金融支援条件として歳出の極限=年金廃止まで言われて来ている。だが国民は車、家電など、ドイツ製品をどんどん買っているから、これがまた経常収支の悪化に拍車をかけて、財政破綻の大きな要素にもなってしまっている。

ではその財政赤字の規模はどれくらいなのか・・・ご承知の通り、EUでは加盟条件として財政赤字がGDPの3%以内と言う厳しい条件が課せられており、当初ギリシャは5%くらいの赤字としていたものが、ゴールドマンサックスが、それを隠蔽して融資していたことがバレた事件もあったが、GDPは約20兆円。その3%の赤字とすれば僅か6兆円。(参考までに我が国の比率は約12%の40兆円)

債務総額としては約13兆円で、それでもGDPの65%で済んでいる(我が国は200%超えた)
では何故日本は破綻しないのか、大体の国においては、国民経済を担保に自国通貨発行によって急場はしのげるのだが、ギリシャの場合は、EUでユーロ通貨だからそうは行かない。

緊縮財政に対する国民投票も行われるようだが、結局は、EU離脱して独自通貨のドラクエ発行しか手は無いだろう。店頭から小麦粉や砂糖が消え始めているようだが、EU離脱なら一時はハイパーインフレに襲われることだろう。

わが国も、国家債務は、目下は国民資産の範囲内にあるし、国債もそれを担保にほぼ国内で支えられているけど、このバランスが崩れないとは言えないから、ギリシャ問題も他山の石として、軍事と海外援助ばかりに精を出すではない。
メンテ
Re: ギリシャ、銀行業務停止 ( No.337 )
日時: 2015/06/29 08:56
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:fjCOdJRQ

満天下さん、おはようございます。

ギリシャの先行き、さらに興味が湧いてきます。
いつも言っています、金融資本主義の破綻、行き着くところの状況を、論理でなく現実として追求したく思います。
今後の状況の解説を楽しみにしています。

この文章の中では、次の言葉が気になります。

>大体の国においては、国民経済を担保に自国通貨発行によって急場はしのげるのだが、

自国通貨の発行で、どのようにしのげるのか、急場とは!
それもギリシャが実際に演じてくれれば良いのですが。

もう一つ、これは前からいわれていますが、

>観光以外に大した産業も無いギリシャ。確か労働者の6割強が公務員で、

これは、グローバル化する資本主義経済共通の行き着く先のひとつの形態ではないでしょうか。
どこの国でも、起こり得る状態ではないかと思います。

他国のことながら、教材のようですね。
ハイパーインフレも、やってみて欲しいと思うのは、いけないでしょうか。


メンテ
ギリシャ、銀行業務停止(2) ( No.338 )
日時: 2015/06/29 09:14
名前: 満天下有人 ID:FmCxC9i.

橋立さん、御下問の件より先に、今日の重要な金融市場の動きを先行させて頂きます。


影響を受けた東京株式市場、目下▼511円安。米金融・国債市場も急落。

メンテ
ギリシャ危機に思うこと ( No.339 )
日時: 2015/06/29 18:46
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:Qqa.o1Kc

EU統合とは、

>欧州統合は、グローバリゼーションを歴史的に半世紀ほど先んずる「歴史的実験」である。とくに経済通貨統合は、「国境を越えて人や資本やモノやサービスを移動させる」というEU統合のプロジェクトと直接関わっている。欧州単一通貨ユーロが、1999年に銀行の計算単位として導入され、2002年からは紙幣やコインが発行され、ユーロ加盟国市民の日常生活に溶け込み、10余年の歳月を重ねた。強い通貨であったドイツのマルクやフランスのフランなどが自国の通貨主権を放棄し、現在27加盟国中17か国が欧州単一通貨ユーロ加盟国へと変わっている。ユーロを導入することの経済的なメリットは、@為替レートの変動の消失による貿易・投資の安定化、域内貿易の促進、A為替手数料の節約、B域内市場統合戦略の観点から、競争促進や規模の経済効果による能動的利益の増加、Cマクロ経済環境の改善、インフレ・財政赤字抑制、金利低下を通じた経済成長の促進、D金融・資本市場でのユーロ金融ビジネスの活性化などを挙げられる。

と言うことで、ヨーロッパ諸国は我も我もとEUに参加しました。
上記の統合の趣旨によれば、全ての国が、その恩恵に浴する様に感じましが、そこは自由経済体制、当然、強いもの(生産力、資本力)国は繁栄するが、弱い国は圧迫されるのは当然の成り行き。

ギリシャを始め、スペイン、イタリアなどが最初に悲鳴を上げ始めました。
ドイツ、フランスなどの富める国が支援して体制を維持してきたものに、破綻する国が出てきて当然でしょう。
資本主義における競争と言うものが、相互扶助の精神でやられるはずはありません。

ところで、財政破綻したギリシャにドイツなどは、緊縮財政を組むことを要求しています。
国家単位の貸借関係では、それも、当然の成り行きでしょう。

国家の財政問題は世界中、どこの国でも問題であり、その原因は、福祉政策費の増大です。
要するに国家単位でEUについてこれなければ、その国は福祉を切り捨てろと言う事になります。
国家間の貸借関係だけが大事であると言う発想は、暴力団の上納金システムの様なもの。
組員、国民には全く迷惑な制度。
何故、そんな制度に入らねばならない。

ギリシャについては、国力に見合わない年金制度や公務員の高級など、問題点はあるとしても、EU内の金融システムを維持するために、ついてこれない、言い換えれば力のない国は、福祉を切捨てろと、言う結論になります。

そもそも、財政が赤字になる理由は、どこの国でも税収不足であります。
景気が悪くなり、失業者が多くなえば税収はさらに減って行きます。
片方で、グローバル化を推し進め、生産の統合化を進めながら、それによって生じる問題には、知らぬ顔。

結果責任だけを求る、その姿勢は、まさに弱肉強食、サバイバル。
こんなシステムを「歴史的に半世紀ほど先んずる」などと評価する方がどうかしています。

国家間だけの貸借関係を正常に保つ事にのみ懸命な金融資本主義など、まったく非人間的。
何のための国家であるのか、何の為の政治、経済であるのか。

金融マフィアの奴隷国家の様なものが近代民主主義国家である。

メンテ
ギリシャ破綻に見る、共同体の幻想 ( No.340 )
日時: 2015/06/29 19:06
名前: 満天下有人 ID:FmCxC9i.

理屈っぽい話をする前に、ギリシャ破綻を受けて日経平均596円安に、アベノミクスに香典を出すか、何の何の、再度札束ばら撒けば、また元に戻るとのカジノ経済に邁進すべきかなのか、ギリシャが札束発行できないが故に、国家経済破綻に陥った事と合わせて考えて見ると、行き詰まりを見せ始めた世界経済の縮図を見ているようで、久しぶりに実に興味深いものを見せて貰っている。

こんな現実の教科書と、その理論的裏付けをした経済学者の理論が一致しない事を、同時に見せて貰える機会は滅多にない。実に貴重な、そして現実的な問題を提起してくれている。

今更のことでも無い事だが、経済構造が違う国が一つになって、しかも通貨調整もできないでは、どこかが必ず破綻するでしょう。ギリシャ問題がそれを示したとも言える。いや、ポルトガル、スペインとてそうですし、イタリアなどもその範疇に入るでしょう。所謂PIGSと言われるEU加盟国がそれです。

何故EUは共同体として出発したのか、そもそもそこから振り返って見ないと、矛盾した条件のもとに、何故一体化せねばならなかったのか?ということが理解出来ない。

理屈の出発点は、やはりノーベル経済学賞のロバート・マンデルによる最適通貨圏の理想から始まっていると言える。ここにも、非現実的な理論が、ノーベル賞の対象になっている(笑)、まあ自然科学分野と違って、理想論に贈る賞だと言えばそれまでの事になるが、社会科学の分野では、人間という生き物を十束ひとからげに括って分析され、何故かくも人種、民族、その自然環境とか、それらによって形成されて来た違いを根底に置いた分析が為されないのか、いつも思う疑問だ。つまりグローバリゼイションなるものへの疑問である。

EUによる単一通貨ユーロの創設、何故それが良いとされたのか、マンデル理論の理由は単純。単一通貨圏の範囲が広ければ広いほど、為替変動が無く、通貨費用がかからなくなるというものです。ただしその条件として、労働移動の自由性、資本移動、価格、賃金の柔軟性が確保されていること、そして国情が違う国家間の格差を解消するために、財政移転の自由度=租税移転が重要な取り決めになっていないと、経済性が違う国が、ハンデイはそのままにされて、通貨発行権も無いでは行き詰まることは目に見えている。
更には上述したように、どうしてそのような経済構造になったのか、それは例えばギリシャはギリシャなりの一国として、というより世界文明の発祥地としての歴史的国家の特殊性や、民族気質なるものも、その国の在り方に大きな影響を及ぼしているのに、ただ通貨を同一にすれば発展するとするその理屈に、そもそもムリがあるのではないか。

EU加盟諸国の経済構造を、大雑把ではあるけど、ざっと見ると、ギリシャをトップに南欧諸国になるほど、生産業が少ない。ドイツにおける製造業のGDPに占める比率は25%くらいで、フランスでも16%、ギリシャやポルトガルでは9%くらい。

何が言いたいかと言えば、近代社会において一国が経済交換的に成り立ちえる基礎条件は、何と言っても必要な物資、現代社会にあってはやはり工業生産によって得られた付加価値によって、その国の生産労働者もメシが食えている。それは農業であっても構わないことで、どの分野であっても、そこで生産した付加価値によって物質的再生産が可能になってくる。経済力が弱い国で財を生産した場合、それはそれなりに通貨価値が反映してくれて、調整が行われる。通貨が弱い国ならそれなりの高価格として反映されてバランスが取れて来るものだ。そして通貨の発行調整によっても、バランス取りが出来る。

ギリシャの場合、EU加盟国だから、それが出来ない。観光と海運業だけでは事足りない。それでもここまでやって来れたのは、近代経済社会に不可欠な通貨=財政の調整を一国として出来たからだろう。

それが出来ない、<急場しのぎ>として、通貨大暴落を覚悟すれば、ドラクエ印刷で取りあえずIMFに返済は出来る。だがEU加盟した以上、勝手に通貨は発行できない。だがECBの許可があれば国債を発行して通貨の調達は可能なのだが、それもドラクエではなくユーロ通貨として財政に入っては来るが、欧州単一通貨に対し、その価値を毀損することになるから、ECBは厳しい条件を付けるのです。ユーロ通貨による国債発行であっても、ギリシャの長期国債利回りが38%=長期金利が38%という、途方もない金利となり、EU全体の経済及びユーロに大きな影響を及ぼして来る。

先週末ノユーロ・円は、\133.78だった。それが今朝では\138.05・・・一気に5円近いユーロ安円高だ。

わが国はどこの経済共同体にも属していないから、単純比較は出来ないものの、例えば現在、ギリシャと同じ状態=どこか他所に借金して、明日2000億円返済せよと期限が到来したと仮定して見る。でも、一気に通貨暴落=ハイパーインフレのリスクもあろうけど、その与件は一旦はずしても、政府が国債を日銀に引き取らせて2000億円印刷しろと言えばそれは不可能では無く、それを債権国に返済することが出来る。例えが少しズレますが、現在でもそのようなことは、税収といえども毎日現金が入って来る訳では無い、資金繰りとして日銀から借りている=政府短期証券担保にして、それも為替介入の資金源としても利用されている。

だが、ギリシャでは、自国単独通貨の発行は出来ない。為替もユーロ単一通貨が全てを背負ってくれている、同一通貨共同体なのだから、当たり前の話です。

ギリシャ問題は、狭義で見れば、さような経済のフアンダメンタルズが違う構造に対し、それ事態としての対処策が取れないことから、生じているとも言える。それが自国通貨ドラクマとしてなら、急場しのぎに発行出来ない事は無い。だがそれが出来ない。ヘビー級ボクサーに、フライ級ボクサーを戦わせるよなもので、マンデルが最適通貨圏の条件としていた財政の移転なるハンデイも何も無くて、緊縮財政をやれでは、どうしようもない。

途はEU脱退しかない。勿論、その先も茨の道ではあろうけど、経済構造からして単独行動としてはそれしかない。グローバリゼイションが成り立たない一つの具体的な例かも知れない。ハルマゲドン予言のような、その後に単一世界が出現するなど、それぞれ民族も気質も文化も含む構造が違う所え、単一の世界など出来る筈がない。資本主義では括れない、全く別の要素を無視したのでは、資本主義云々以前の問題のような気がします。お互いは違う、違う中で相手を尊重すれば、足らざるを補える、正に最適経済圏が期待できるのに、一つの共同体でさえ、この有り様だ。その兆候は既に北米共同経済圏NAFTAに出ていたのに・・・。

要するにマンデル理論も、現実の政治による経済へのひれふが、理論を歪めてしまう事に思いが行っていない。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.341 )
日時: 2015/06/29 19:32
名前: 北の国から ID:yvJM775M

 天橋立の愚痴人間さん、満天下有人さん。
 ユーロをめぐる問題については(その評価なども含め)、なかなか理解できないで
いたのですが、たいへん解りやすい、具体的な説明をしてくださいまして、ありがと
うございます。
メンテ
北の国さん、今晩は ( No.342 )
日時: 2015/06/29 21:09
名前: 満天下有人 ID:FmCxC9i.

何かの参考になれば、幸いです。

橋立さんも言っておられるように、どこの国でも税収が不足してくれば、金融システムに不具合が生じて来ます。そのシステムを支えているのが、別の言い方をするなら、直接的ではなくとも、無言の担保力になっているのが、国民資産であり、それがオカネそのものではなくても、例えば農業に持続力があるとか、そういうもので、わが国財政がGDPの二倍もの借金になっていても、まだ国民金融資産があるからです。

同時に、国民の無形の勤勉性も、大借金破綻の歯止め役を果たしているとも言えます。

まあ、ギリシャ国民等、南欧民族を悪く言う意味では無く、ノンビリしている所も、ドイツなどから見れば、もっとキッチリやれよ、甘えるなと言う感情論にもなって来るのでしょう。

EU中央銀行ECBも、ドイツ派がきっちり握っていることも、厳しい注文になっているのかも知れません。

何故、EU共同体でなければならなかったのかの、マンデル理論とは別の追加理由として、東西ドイツの統一が、そうしたのではないかと、これは私の勝手な理由付けですが、東ドイツの過剰な労働力をどこかで吸収せねばならくなった。西ドイツだけでは到底支え切れない。

そこにマンデルの最適通貨圏理論に、労働移動の自由性が重要であるとの理論がくっついていた訳で、共同で労働の移動の自由が可能になるとの、願ってもない理屈があったと・・・

フランスも、北アフリカからの不法入国が絶えない。フランスで使い道が無ければ、不満解消策としても、労働者が自由に移動できる、何しろ「共同体」なのですから。

そのような思惑もあったろうと思いますが、始末は所詮、オカネがあるのか、無いのか、そこに問題が集中してしまい、そしてEUの場合は、ユーロなるオカネの融通も、財政赤字できつく縛ってしまった。自国通貨発行は認めないとの縛りは、そう簡単に国債発行してお金を簡単に都合付けれるものとはしない。言い換えますと、徹底した始末を条件にした、そういう事です。その為にはガンバレとのアクセルを差出し、同時に始末(緊縮財政)というブレーキを、同時に踏ませる政策になってしまっている。そこに大きな矛盾があるものと思いますね。

私の持論、金融鎖国をギリシャもやれば良いし、やらざるを得ない事になるでしょう、EUを脱退してしばらく、固定為替制度にして、経済の構造をより付加価値のある産業に転換させるとか。


メンテ
ユーロ、対ドルで上昇に転じる ( No.343 )
日時: 2015/06/30 08:20
名前: 満天下有人 ID:YtK5fuu.

ギリシャ危機でユーロが大幅に売られるかと思いきや、昨日対米ドルで下げに入ったものの、ユーロ高に転じている。ユーロ/米ドルは一時1.0956ドルまで値を下げたが、ニューヨーク午前中盤の取引ではプラス圏に浮上。直近では約0.20%高の1.1186ドルで取引されている。

ギリシャには悪いが、EUを離脱してくれれば、腫瘍切除で、ユーロは健全になれるとのシグナルか?あるいは、ギリシャの経済規模はEU圏内で見ても世界規模で見てもパイとして小さいもので、デフオルトによる影響は大したものではないと見られている様子。

気の毒だが、EU離脱決定後のギリシャが、どのような状況に陥るか、注目される事はそれだ。自国通貨発行権を取り戻しても、そのドラクマは超下落し、常識的には高いインフレに襲われることは確かで、ギリシャ政府がどう対処して行くのか、EUに対する反発的な国民投票(7月5日)を、そのまま実行するのか、残留、離脱はまだ五分五分らしいが、どちらに転んでも塗炭の状況に陥ることは確かだろう。

独仏首脳は既に、これ以上ギリシャを救済するのも限界に来たと、昨夜声明を出している。
メンテ
民主主義発祥の地ギリシャで、国民がEU条件を呑まない ( No.344 )
日時: 2015/07/01 09:21
名前: 満天下有人 ID:tJRAcljs

これも民主主義のなせる民衆の総意であるとするなら、ギリシャ政府はECB,IMFからの借り入れを踏み倒すのも、民主主義的行為になるのであろうか?(笑)。

ギリシャ政府側は一度は、消費税(VAT税)を23%にまで引き上げ、年金支給年齢も67歳からとする引き伸ばし条件を出したが、EUがこれを呑まない、ならばしょうがアンメエ、踏み倒すしかないとなり、後付け民主主義として7月5日に国民投票を実行する。

まあ債権債務とは、そうしたもので、額が大きくなるほど債務者の方が強くなるもので、横になってしまった者の勝ち(笑)、逆に債権者の方が弱くなり、余り追い込むと自国銀行に支障が出てしまう。だから債権者なのに自国銀行へは公的資金を注入せざるを得なくなってしまう。

ドイツ財務大臣が、ギリシャがデフオルトしても、それ自体でEUから出て行く必要はないと言い出していることも、一種の債権者の弱みの現れであろう。

それにしても、ギリシャの銀行は業務停止してしまったが、取り付け騒ぎによって閉鎖されたものでも無さそう、国民の引出タイミングが悪かったのか、あるいは行っても既に、引き出せるユーロ残高が実質上無くなっていたからか?(笑)。

さて我が国の場合は、どうなって行くのだろう。日銀資金循環統計で見ると、まだ国民金融資産の残高がネットで約1300兆円、既に国債は約1000兆円発行されているから、通貨裏付けとしての国債発行余力は300兆円。借換債を除き、利払費を含む新規発行額が毎年30兆円として、10年後に何かが起る事は確かだろう。

スイス・バーゼル銀行監督委員会は、市中銀行の国債保有率の一定額はリスク資産と見做し、その分、自己資本積み増しを議論中。同時に、それに伴う金利上昇リスクによる銀行財務状況=含み損の率をどれくらいにしておくかも、目下議論中らしい。

日銀試算によれば、長期金利が1%ポイント上がれば、市中銀行の国債含み損が9兆円になり、そこから先は純利益が0になるらしい。どのような方程式になっているのか、目下問い合わせ中だが、機密事項としてマル秘にしているかもだ。我が国の場合は、ギリシャのように同じEUであっても他国やIMFからの借り入れで無いから、踏み倒し相手は国民になる(笑)。1万円札1枚印刷すると、印刷費20円を差引いて、9980円が政府の利益になるなどと、アホなことを言う者が、内閣総理大臣なのだから、いざとなったら金融政策もヘッタクレも無い、無法国家になることだろう(笑)。

いや安保法制なども、国民の前で既に横になっている現れではないか(笑)。
メンテ
ギリシャ、借金返済期限を延長してくれれば、国民投票中止 ( No.345 )
日時: 2015/07/01 14:31
名前: 満天下有人 ID:tJRAcljs

[アテネ 30日 ロイター] - ギリシャに対する欧州連合(EU)側の金融支援が1日に失効した。ギリシャは支援が切れる直前に債権団に対して支援の延長を求め、新提案が受け入れられれば、国民投票を中止する用意があるとの考えを示した。』

アメリカもEUに対し、折り合いをつけるべく交渉を打ち切らないことを要請。関係機関一同、このまま決裂した時の、対ギリシャ債権諸国の銀行が打撃を受けることに配慮し始めたようだ。額が大きくなるほど、開き直ったら債務者の方がやはり強いようだ(笑)。
不良債権であっても、支払期限を延長してやれば、銀行は一応、債務超過破綻からは免れる。そうでないと、ユーロが下落し、輸入品の価格高騰となって、色んな不具合が生じてくる。

わが国はそれでも、返済見込みのない国に対しても、どんどん融資しているから大したものである。ミヤンマーへの債権放2000億円放棄など、実に簡単にやってしまった。更にアフリカへは合計3兆2千億円貸し付ける。もっともこれは、経済上の見返りが期待されるから、まだましだが、バングラデッシュなど、返ってこない確率が高い国などへも、ヘッチャラで貸し付ける。まあ、1万円札1枚刷れば、9980円も政府が儲かるとの倒錯した考えの者が、内閣総理大臣様なのだから、そういうこともやってしまえるのだ。

そして国内では社会保障費の削減に邁進する。昨日の新幹線での焼身自殺事件。どうやら年金削減で生活が保てなくなったのが、自殺動機で、広く抗議する意味があったと報じられ始めた。

でもそれはほんの一部の報道で、事件に対する歯止めの根本には触れずに、いつもの通り、やれ乗車前のチエック強化とか、規制強化の報道ばかりで、本質に迫る報道は皆無だ。
メンテ
ギリシャの今後 ( No.346 )
日時: 2015/07/02 18:20
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:.yPezjw6

>ギリシャ、借金返済期限を延長してくれれば、国民投票中止


ギリシャも身勝手ですね。

ギリシャ人はラテン系でもなくスラブ系でもない、ハイブリッド種といわれているようですが、そのせいで身勝手を平気でやるのでしょうか。

ところで、実際にギリシャの今後を占ってみると、

ギリシャはあっさり自己破産をしたほうが良いと思います。
EUの救済を受けたところで、今後何十年も責任を負わされるでしょう。
ギリシャ経済がよくなることも考えられません。

今後、20〜30年間、苦しみを克服する覚悟があるなら、いっその事、債務を踏み倒し自給自足を覚悟で出直す方が確実と思います。

グローバル化した現体制から抜け出す一番手となるでしょう。
地域は温暖で、農作物の耕作には適しているようで、その上に世界に冠たる観光資源があります。
漁業も盛んな様です。

再生できないはずはないと思います。
ですが、ギリシャ人の身勝手さは、そんなことも避けたいのでしょうか。

労働者の1/4が公務員と言うのも、気概としてマイナスでしょうね。
メンテ
身勝手なギリシャ ( No.347 )
日時: 2015/07/03 17:30
名前: 満天下有人 ID:0F.Tfs0Q

数日前のNHKクロ−ズアップ現代で、ギリシャ年金生活者の女性が、これまで年金月50万円くれていたのに、今や半分にされて生活が苦しくなったとボヤイている映像を見て、これじゃあドイツが怒るのもムリはないと思いましたね。

半分にされたと言っても、まだ月25万円もある(笑)。

EUやIMFの改善案に不満を唱えて、EU脱退するのか残留するのか、2日後の国民投票で明確になるとは思うものの、EU案を一気に実行するのではなく、段階を踏んで実行する妥協案を提示したので、その国民投票も実施されるのか中止されるのか、報道を見ても日替わりで予想が変わり、その日になってみないと分かりませんね(笑)。

私はどちらかと言うと、ギリシャ国民は意外に残留を選択するのではないかと読んでいます。何故かと言うと、独立した場合の自国通貨ドラクマの大幅下落を怖がっているからです。これほど世界に注目されるデフオルトをしながら、悪性インフレになっていないのは、物資需給状況よりも通貨がユーロだからです。独立した場合の為替は、かくも大きな変動要因になって、通貨価値の下落が為替に反映されて下落を招くことが、怖がられている何よりの、現実の証拠なのです。

少し横道になりますが、別稿で目下対論しました通貨の価値が何で担保されているかの、絶好の教科書をギリシャが示してくれています。何やら別稿では、何を言ってるのか、国民貯蓄の額で国債は担保されるものではなく、経済規模=GDPの範囲が国債発行の限度だとか、そう言いながら最後で発行額は税収が限度だとか、さっぱり理解できない矛盾記事の引用をされているようですが、何を言ってるのかよく分かりません。

ま、そこで質問することにしますが、国債による通貨価値の担保保証、それは正に現実の国民経済力、その結果としての国民貯蓄が担保しているのであって、1400兆円の金融資産に特に意味は無いとするなら、出は何故、ギリシャ、昔ではアルゼンチンなど預金封鎖したのか、その説明がないから、さっぱり分からなくなってしまっている所です(笑)。

そして為替暴落によるハイパーインフレなどあり得ないとの推測も、その根拠が理解出来ません。これも何度も紹介した現実の事例ですが、1992年のロシアルーブルの大暴落によるすさまじいインフレ、何と2600%にも上昇しました。それは旧ソ連からロシアに戻る時、ルーブルを単純印刷でバンバン発行していたからです。

対ドル為替は10ルーブルくらいから9000ルーブルにまで大暴落しました。IMFがルーブル単純印刷に警告を発し、具体的に金融が調整出来、国民経済力が担保する国債発行によって通貨を発行せよ、さすれば資金貸し付けるとの条件によって、8年くらいかけてやっとハイパーインフレも終息しました。

最も最近の例では、15年前のアフリカジンバブエのハイパーインフレです。何と2億3100万%です!(笑)、物資の不足が原因ではありません。これも何度も紹介したことですが、独裁者ムガベ大統領が兵士の給与を9倍に、公務員の給与を6倍に上げ、その財源としてジンバブエ中央銀行のゴノ総裁にジンバブエドルを印刷させたからです。

同時にIMFへの返済期限到来で、米ドル調達のために約60兆Jドルを「印刷」させた事が重なって、史上最高の為替暴落から、史上最高のハイパーインフレを招いてしまいました。北朝鮮と違うからハイパーインフレは我が国では起らないとは言えないのです。

そして通貨価値は、信用で成り立っているとの論、それも漠然としていて、でも現実には債権債務なるものは、与件を一枚一枚剥がして行くと、最終的には結局通貨で清算せなばなりません。そしてその通貨価値を担保している物が、問われてしまいます。現にギリシャとIMFがそうなってしまっています。IMFも漠然とした信用でオカネ貸してきた訳ではありません。EU国債と言うちゃんとした担保があるからです。そしてそれを最終的に担保する者はギリシャ国民であるから、故にギリシャは銀行を閉鎖してしまったのです。もし、信用してくれよの交渉だけで済むなら、預金封鎖などすることもありません。戦後の我が国が、軍事国債デフオルトで、預金封鎖をしてしまい、給与の一部にも引出制限をかけてしまいました。

最後は結局、信用してくれよでは済まないことの例で、そんな話は史上多々あります。アジア通貨危機もそうです。あれは国際金融マフイアが仕掛けたものでしたが、それが実行できる『営業制度』を容認していたことが悪いのであって、管理通貨制度が悪い訳ではありません。だからアメリカは、第一次世界恐慌の際に金融規制のために制定したグラス・ステイーガル法、それを後に一旦解除した為に、リーマンショックを起こしてしまい、そしてオバマがまた一部復活させましたね。まあマフイアどもは管理通貨制度の隙をついたとも言えましょうが、でも管理通貨制度の所為でも無い。それはデリバテイブなる金融商品を無制限に認めた「制度」上の問題です。

ギリシャ問題に話を戻して、結局ギリシャ民衆はドラクマ通貨復帰を怖れている、それは、正にロシアがそうであったように為替暴落におびえています。だからユーロ通貨が欲しい。各経済誌がドラクマ復帰でその為替相場をあれこれ予測しています。結果は誰にも分からないとしつつも、ブルームバーグなどは、平常交換価格から900倍、悪化するとの予測を出している。

通貨価値の下落は為替だけに限らないとしても、先ず為替に反映されてしまうのです。例え米ドルと連動・ペッグ制にしておいても、相当悪化するでしょう。だからアメリカはギリシャ、EU双方に対し、最後まで話し合うことを望んでいる訳です。それ以前にギリシャは、その甘え体質から抜け出すためにも、EUから脱退し、通貨価値の本質について、復習してみる必要があります。
メンテ
ギリシャのこと ( No.348 )
日時: 2015/07/03 09:10
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:5aPraACE

>それ以前にギリシャは、その甘え体質から抜け出すためにも、EUから脱退し、通貨価値の本質について、復習してみる必要があります。


EUからの脱退を進めると言う面では同じようです。
ですが、その反省と言う面では、労働者が何の根拠もなしに金を要求するその姿勢、それこそヘリマネ政策の最大の問題、人間性の問題は、大いに反省しなければなりませんが、他方、EUに戻るために反省することはないかと思います。

ギリシャでなくてもグローバル化は弱者を犠牲にして進展していることは事実であるので、ギリシャが強者側に立たない限り同じことがおきます。

国家として債務のバランスが取れたとしても、国民レベルでは弱者の切り捨ては進むでしょう。
で、あるので、グローバル体制から抜け出す先例として、ギリシャに汗をかいてもらい、成り行きを見させていただきたいものですが、これも言われる様に、もともと苦労をしたがらないギリシャの国民性では、それも望まず、EUにしがみついて生きる事を選ぶのでしょうね。

通貨の価値の問題については、ご指摘のことで、またまた問題の検証が深まったと思います。
ここでもよろしいのですが、できれば同じ話題を集めるために、別スレッドでレスすることにします。



メンテ
ギリシャ国民、EU残留希望が広がる ( No.349 )
日時: 2015/07/03 14:02
名前: 満天下有人 ID:0F.Tfs0Q

読売の報道では、EUが求めていた改革案に賛成の輪が広がっているようだ。つまり残留を希望しているということだ。

ブルームバーグが試算した、過去のデフオルト国家における為替に反映される通貨価値下落では、米ドルに対し1年以内における通貨下落率は、平均で55%、1年以内で最大の下落を見せたのはアジア通貨危機におけるインドネシアの84%下落、まあ我が国で言えば1年で$1=125円が230円にまで下落したという事だ。

それも回復見込みのある経済国で、期間は1年以内のことで、例えばロシアの場合は、ルーブルを印刷するだけに走り、資本主義に戻った時にパン屋も靴やも、ルーブルが何の裏付けも無くただ輪転機から印刷されて出て来ている紙切れだと知り始め、商品の値段をどんどん釣り上げて行った結果、2510%ものハイパーインフレに見舞われ、ルーブル対米ドル為替は、8年間で10ルーブルから6000ルーブルに近い所まで超下落。(前回9000ルーブルと書いたのはグラフの見間違い、ここで訂正しますが、もうここまでになると、感覚がマヒ、どっちでも同じようなこと・笑)。

IMFが出した条件、つまり通貨発行は国民経済力を示す国債発行によって、つまり国民金融資産もその一部を占める訳だが、その国債発行をバックにルーブルを発行せよとの条件にロシアは従ったものの、当初の発行価格は、これがまた超安値でしか引き受け手がなく、やっと50%もの利回りでIMFが引受、徐々に30%まで下げて行ったが(=ロシア国債の引き受け手が増えた)、わずか1年でまた80%にまで金利が暴騰。

何故かと言えば、ロシアが共産主義を止めた結果、米ソ冷戦の終結で、戦争回避のムードが世界に広まり、原油価格が下落開始。皮肉にも平和の到来がロシア危機を救う筈の原油資産の下落で、国債が売られ始めた結果によるものだった。

15年前のアルゼンチンノデフオルトによる預金封鎖では、其の後、大豆の生産に特化し、ジャングル伐採による環境問題を引き起こしたものの、アメリカに次ぐ大豆強国となってその後、年8%の高成長を達して危機を脱出している。そこに至るロスチャイルド一派の、別の政治的思惑もあった、そのことについては、「食糧の自給は国家安全保障である」スレッドで詳しく書いた通りです。
続きはそちらのスレッド、ヒトラーの予言で、色々質問をさせて頂きます。

メンテ
シンゾー、メコン河開発に7500億円拠出!! ( No.350 )
日時: 2015/07/04 20:12
名前: 満天下有人 ID:LBCcjgUY

今日のメコン河流域5カ国首脳会議で、拠出を決定。

一方で、財政再建の為に3年間、毎年5000億円以上の社会保障費は増加分は削減。老人建保及び介護保険料は値上げ、年金はまだまだ減額。やれやれ、日本国総理でありながら、他国国民のことの方が、よほど大事なのだ。

そして、自民若手会のマスコミ威圧発言については、一応、党総裁としては謝ったが、その発言に関与したNHK百田経営委員および、名前は忘れたが3名の議員についても処分したとは言うものの、実質上、野放し。

だからその議員たちは、臆面もなく取材TVに向かって、国家を憂いて言ったことの
どこが悪いと、開き直る。しかし沖縄二大新聞をやり玉に挙げたということは、これほどの沖縄侮辱は無い。シンゾーを筆頭に、こんな連中は、玉砕場面になると真っ先に逃げ出す種族。それが国家を憂いて、とは、今更のことではないが、いよいよ狂った国になっている。

そもそもからして、シンゾー体質がそのような取り巻き連中をのさばらせているのだから、いくら謝罪したところで、何も変わらない。事は益々悪化して行くだけの話。

しかし次から次へと円を供出する内閣総理大臣・・・背筋が冷たくなる。ギリシャじゃないが、預金封鎖の時期がだんだん近づいている。しかしノンキなものだね、この国は。民間の話だが、今月14日に期限到来ギリシャ向けサムライ債114億円も、多分、デフオルトされるだろう。

水は必ず高い所から低い所に流れるのが、自然界の鉄則。
メンテ
いよいよ明日、EUvsギリシャ睨みあい決着の日が来る ( No.351 )
日時: 2015/07/05 09:21
名前: 満天下有人 ID:QSmX6jhs

・・・と言っても、決別による双方の打撃は、小さからず、また交渉期限が延長されるかも知れない。

だが、これまでギリシャ側の希望をある程度入れて債権期限を延ばして来たEU、ECB、IMF、所謂トロイカ側は、今回はかなり強硬姿勢に出ており、それはギリシャ極左政党が政権を握り、反EU的行動に出る政治的反発の意味合いもあるにしても、その強行姿勢を明日も貫くか、それに対し、EU要求を跳ね返すチプロス極左政党を選んだそもそものギリシャ国民が、EU離脱後の更なる経済破綻を怖れて、トロイカ要求の改革案(支給年齢の引き上げと年金額引き下げ、消費税の増税など)に同意する世論も増えているから、決裂か、期限延長かの予測が全く立たない。

ここ掲示板でも、ギリシャを余りイジメルな、との投稿も出ているが、それも、EU側があまりギリシャを追い込むと返り血を浴びて、それがまた世界経済に悪影響を及ぼすことを懸念しての発言なのか、真意は分かりかねるが、何がどう、両者に跳ね返るのか、ギリシャ問題が生じた15年前のフアイルをひっくり返して、レビユーして見た。

ギリシャのEU加盟は1981年で、でも、このEU共同体構想は第二次大戦後の1951年の欧州石炭鉄鋼共同体にその原型があるから、構想自体の歴史は結構古い。

共同体構想が最も重点を置いたのが、強い通貨の発行によって、欧州経済を強いものにする、暗黙の内に米ドル経済圏への対抗意識が根にあったことは、間違いない。

だから共通通貨価値、ユーロ価値維持には、参加国の経済=財政規律を厳しく求めることとなり、財政赤字はGDP比3%以内を条件にした。ギリシャはその基準達成期限である2001年になって、財政赤字の実態を求められ、赤字は5%であるとし、EU側は、ならばあと10年くらいは余裕を観ようと妥協した。

ところがだ、そこであの世界最大の投資銀行であるゴールドマンサックス(GS)から内緒で借金して、しかも財政決算を粉飾していたことがばれてしまった(笑)。その手法は、ギリシャの空港税や宝くじ収益を担保にオカネ貸して、それを為替取引に見せ掛け、そうしておけば借金にはならない、その運用は国際デリバテイブ取引として運用しているやに見れて、金融取引により収益も上げているように粉飾することが可能になる。

それがばれてしまい、ギリシャに対する不信感が大きくなり、延いては、共通通貨価値維持を狙ったユーロの価値を損ね、為替面でユーロが安くなりECBは加盟国銀行全体への連鎖を畏れた。その時のギリシャの借金は42兆円ほどに膨らんでしまっている結果が暴露され(現在の借金は53兆円)、ギリシャGDP20兆円とすれば、負債は倍になってしまっており、年間財政赤字=EU国債でどれくらい歳入が賄われているかの数値が分からないが、GDP比赤字は結構大きなものになっているだろう。

為替側面からギリシャのEU加盟動機を探って見ると、加盟直前のギリシャ固有通貨ドラクマは、1ユーロ=340ドラクマ(GRD)くらいであった。円でどれくらいものかを言わないとピンと来ない向きには、340GRDx当時の1ユーロ140円≒1GRD\47,600ほどになる。

当時のギリシャ借金が3170億ユーロx340GRD≒100兆GRDとなる。

仮に1ユーロ=1000GRDに暴落すると、100兆GRD÷1000=1000億ユーロとなり、3170億ユーロの借金は、1/3に減ってしまう。目先借金返済を減らすならEU離脱が有利と見えるが、そうは行かない。ギリシャ国債はユーロ建てになっているから、実際にはGRDによる返済額は激増する。

さらに怖れを成しているのが、離脱後のGRD暴落によるハイパーインフレだ。1ユーロ=340GRDの時でさえ、信用或るユーロ通貨圏に入っておかないと、インフレ昂進に見舞われる怖れを持っていたギリシャのこと、離脱後に恐らくカネを貸してくれる投資家はいないだろう。

EU残留を選択しようが離脱を選ぼうが、真剣になって経済構造を変える命題は残る。同時にEU側も、ただギリシャ破綻がスペインなどにも連鎖影響を及ぼすことだけを懸念していては芸が無い。問題は、同一通貨圏として加入を認めてやったギリシャの経済構造をどう変えるか、そこも抱合せてやらないと、片手落ちである。でないと最適通貨圏理論を唱えて、その理論に乗った独仏など、マンデルに顔向けができないだろう。

そしてギリシャも、どっち途、いばらの道を歩かねばならないなら、離脱して意気込みを見せるほどにならないと、ただインフレ怖さ、どこもオカネ貸してくれないからだけの理由で残留を望むようでは、いつまで経っても自立できない。いや、自立したくないから加盟したのだと言うなら、こりゃもう、破綻は目に見えている。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.352 )
日時: 2015/07/05 10:12
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:enTV.t22

満天下さん、ギリシャ問題を言っておられる紙面で、方向違いの質問をさせてください。


>さらに怖れを成しているのが、離脱後のGRD暴落によるハイパーインフレだ。1ユーロ=340GRDの時でさえ、信用或るユーロ通貨圏に入っておかないと、インフレ昂進に見舞われる怖れを持っていたギリシャのこと、離脱後に恐らくカネを貸してくれる投資家はいないだろう。

国内だけに限ってみれば、ハイパーインフレが必ずしも起きるとは思えないのですが、それはGRD暴落に伴い輸入品の価格が暴騰する事、対外債務の精算が極端に不利になる事に伴うと考えれば良いのでしょうか。

また将来、輸入品がなくなると言う予測の下に買溜めなどが起きると言うことも想定されているのでしょうか。

もう一つ、自国通貨が安くなれば輸出がしやすくなると言うのは、幾ら安くなってもインフレを起こしていれば、そういう効果も期待できないんでしょうか。

これは工場生産品の場合、資材の輸入などが絡むので理解はできますが、農産物、海産物など、採集物的な商品の輸出に経済効果が期待できるのではありませんか。

何千%のインフレとなると、そういう想定も想定できませんが。
メンテ
EU離脱、固有通貨ドラクマ(GRD)復帰の場合の、ギリシャ国内の状況 ( No.353 )
日時: 2015/07/05 12:27
名前: 満天下有人 ID:QSmX6jhs

いえいえ、この質問は的はずれのものではなく、正にギリシャ危機の本質分析には欠かせない要素です。

既にデーターはお持ちだろうと思いますが、質問事項は、ドラクマ・GRDの為替大変動から予想される国内経済の混乱ですが、一応、同国の基礎データーを列記して、そこから全体を見たいと思います。この構造は、金額の大小の問題ではあるのですが、分析要素としては、アメリカだろうが中国だろうが日本であろうが、これまでの世界経済歴史が創って来て現在に至ってる諸国の分析に共通する項目です。

2013年のものが最新のデーター(IMF)です。金額は1ユーロ138円で換算。

人口 :1,081万人。
GDP:22兆円。
経済成長率:▼3.9%
失業率:25.8%
貿易総額:輸出 1兆3100億円
     輸入 5兆4924億円  貿易収支▼4兆1824億円

これを経常収支で補っているのが、観光収入
観光収入: 3兆3000億円(GDPの約15%、観光雇用は全体の20%)

貿易収支面で橋立さんが想定されているGRD下落による輸出効果ですが、上記実績の通り貿易は大幅赤字ですから、GRD下落は更に拍車をかけます。いつかの投稿でも指摘しましたが、ギリシャ経済構造は、普段の生活に要する、つまりその生産が経済の軸になる重化学工業が無いと言うことです。これを何とかすることがギリシャの生命線だる筈なのに、それを借金で輸入して来て、そしてその購買力も公務員に対する給与増やしでやってきたのですから、ドイツの怒りにも正当性があります。(ただし、ドイツ単独勝利のためにEUは共同体にされたのか、との批判もありますが、一応これは横に置くとして)。

そしてその観光収入も今年は、更に15%も減少するだろうとロイターは報じております(ギリシャ観光団体の見通しを総合した結果です)。まあ既に出ている観光客離れは、ATMでユーロ引き出しができなくなった一時的不便さの現象の所為だとは思いますが・・・

<(ハイパーインフレ)それはGRD暴落に伴い輸入品の価格が暴騰する事、対外債務の精算が極端に不利になる事に伴うと考えれば良いのでしょうか>・・・正にそういうことです。既にその兆候が出ているようです。店頭からチーズとヨーグルトだったか?消えてしまったようです。何が原因かと言えば、他国輸出業者が、ギリシャがGRDに戻ればすさまじいインフレになり、撃出価格をどんどん挙げれる思惑で、商品供給を控えているようです。

それよりも、もっと怖い影響は、離脱した場合の借金の額が目減りしても、あるいは踏み倒した場合、其の後の借入、金利は暴騰、これは想像もできません。例えば、橋立さんが何故ハイパーインフレの危険は少ないと言われているその根拠がよく分からないのですが、恐らくGRDは暴落するとして、その分金利は暴騰します。つまり正にそこに現代世界の金融システムがあるのです。言い換えますと、何も無しでは誰もオカネ貸してはくれません。何度も言いますが、その最低証書が「国債」なのです。

他国投資家、あるいは政府は、まあしょうがないな、貸してやるかとなったとしても、自国通貨価値を犠牲にするような貸出しをする国、投資家はいないでしょう・・・まあ、円をバンバンくれてやる日本のシンゾーみたいのも居るには居ますが(ガハハハッ!!)。

そこで例えば橋立フアンドが、よし貸してやろうとして、タダで貸されますか?・・・何か政府証券を出せと言う筈です。ではそれをいくらの担保価値として評価するか?ギリシャに対して90%評価で良いとされるか、その場合は単純計算でも金利10%になります。でも相手は謝金を踏み倒した国です。そこに10%くらいで貸しますか?GRD復帰した場合は為替市場がGRDを評価し、そのレートにもよるでしょうが・・・前稿で史実として紹介しましたロシアルーブル危機では、最高80%!!にまで金利が跳ね上がっております。

序になって失礼とは思いますが、橋立さんは事実誤認が多いと、少しきつい表現をしましたが、それでも<(ギリシャ)国内問題では、ハイパーインフレは起るとは思えない>と言われることが、事実誤認だと、私が申している事実誤認とは、さようなことを言ってるのです。まだギリシャはGRDに復帰した訳でもないから、事実はまだ発生していないにしても、ほぼ過去の実例から想定される事実は、そう変わるものでは無いと思います。

預金封鎖問題でも、戦後軍事国債デフオルトで、ハイパーインフレに見舞われ、結局国民金融資産で、つまり預金封鎖したことは、まさに国民資産で国債が担保されている何よりの証左なのです。それが事実なのです。だから、<担保を国民の資産であてると言っても、実質にはそんな担保は取れません(ヒトラースレ投稿NO。52)>、ということにはならないのです。

それは通常の民間での担保のように、抵当権を設定するとか、定期に質権を設定するとか、国家金融となると、最初からそのような設定は出来ないから、何故かというと、それでは金融制度が創れなくなるからですが、しかし最終結果としては、最後の権力としての、そして最強の預金封鎖なる手段を持っているから、最初からそんなことはしないだけの話で、故に国民も安心錯覚してしまうのです。

まあアメリカを始め、預金封鎖をしなかった政府は、無いと極言しても良いでしょう。やらなかったとしても、その操作は予め脳裏にある筈です。

そこで想定されるギリシャ離脱のケースですが、そのリスクプレミアムは、どれくらいに評価されているのか、GRD通貨での債務証券でなく、ユーロ国債の陰に隠れてしまっていますから、リスク評価市場=クレジット・デフオルト・スワップ・通称CDSプレミアム市場に上場されていないので、誰もがGRD下落値は予想の範囲を出ない訳ですが、どこの予想を見ても、下落率は相当なものを予想しています。

さきほどの仮定の話、橋立さんフアンドの予想では、金利設定を=ギリシャGRD国債をどう評価されるでしょうか。私なら最初から貸しませんね(笑)。まあそこに運用を任せている投資家が、利息が高ければ儲かるから、リスクを取ろうと言い出すなら話は別ですが、それではサブローン破綻・リーマンショックの再現になってしまいますね・・・しかもロシアのように世界有数の天然資源国家でもありません。上記毛叔父構造では、いくら観光業が復活したとしても、暴騰するであろう金利による借入金を、賄うことはほぼ不可能だと思うからです。

上記ギリシャの現状経済フアンダメンタルズからして、その状況の下で離脱しても橋立さんは、ハイパーインフレは無いと思われるその根拠、つまりGRDは下落しないとの予想、参考までに知りたいです。橋立フアンドとしては低金利でも貸すと言われるかどうかです。

昨日、サウジの王様が自己資産4兆円を事前異業に寄付するとの記事が話題になっていたようですが、ギリシャ救済は通常の経済金融計算では成り立たないと思います。慈善家が出てくれば、ハイパーインフレにはならないと思います。そして離脱後に厄介払いのお礼としてドイツが救済してくれるか。それしか手が無いでしょう。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.354 )
日時: 2015/07/05 12:57
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:enTV.t22

早速、ありがとうございます。

ですが、やはり論旨がずれています。
ギリシャにおいて、現実にはハイパーインフレが起きるでしょう。

私が知りたいのは、ハイパーインフレが起きる条件のことです。
そういう意味であえてギリシャの国内事情だけならハイパーインフレが起きない想定が可能かと言うことです。

一連の質問は、現在の経済の理屈を詳細に検証することで、いわば、既成の理念を変ええる根拠を模索しているのです。
既成の論理が本当に、それ以外はないのかと。

貿易や、債務が絡んでいる場合、それはない、と概ね解ります。
そうでない場合、これは現実にはありえないのですが、理論的には可能なものかを知りたいのです。

もちろん、実際に経済の仕組みを転換するには、あらゆる分野で一旦、リセットしなくてはならないでしょうが。
リセットした後の目安が立たなければリセットもできないでしょう。

いずれにしても詳細な検証は、ここでは不似合いと思いますので、別のスレッドで考えたいと思います。
メンテ
Re: ギリシャハイパーインフレの可能性 ( No.355 )
日時: 2015/07/05 15:09
名前: 満天下有人 ID:QSmX6jhs

<国内だけに限ってみれば、ハイパーインフレが必ずしも起きるとは思えないのですが>

どうも冒頭でこの文言に引っかかってしまったようです。文章だけでのやり取りは、ほんとに大変です。私など、投稿分は3回くらい推敲し、誤解を招く前後の文章はないかと、それで疲れてしまうのですね・・・面と向かって話している分には、誤解を招いた言葉は、その場で、それはこうい意味だよと、追加説明できますが、文章だけの往来となると、しかも数値検証をも入れないと意味が分かりにくいテーになりますと、特にね。

<私が知りたいのは、ハイパーインフレが起きる条件のことです。そういう意味であえてギリシャの国内事情だけならハイパーインフレが起きない想定が可能かと言うことです。>

そこで早速に、言葉の意味が解らないので、そこから始めざるを得なくなります。ギリシャの国内事情だけなら、という場合の、その国内事情とはどの範囲なのか、その条件は何なのかが分からないと、考えようがありません。後の文章で、<貿易や債務が絡んでいない場合>と言われていますから、通常の状態でのことを想定されているものとは、推測しますが、それにしても、どうして通常の状態でのハイパーインフレを想定せねばならないのか・・・

、推定されることは、例の国内単純印刷紙幣を想定されているからだと、想像します。

ならば、それは仰る通り、ギリシャ問題とは別の事項になります。

だが、ここでのテーマでないにしても、また言葉の定義をお聞きしない事には、考えようがないのです。それは<一連の質問は、現在の経済の理屈を詳細に検証することで、いわば、既成の理念を変ええる根拠を模索しているのです。>と言われている、その既成の概念とは、何かがまた分からないからです。

通貨概念のことなのか、経済生産システムの概念なのかによって、答えは大きく異なって来るからです。故に、既成の論理が本当に、それ以外はないのかと、言われても何の論理なのかが分からないからです。

通価値維持の理念とするならば、現在の理念以外にはないと、私は既に結論しておりますので、ご苦労様ですが、後は橋立さんの労力しかありません。私が無いと結論付けている理由も既に何度も述べております。理論がどうこう言う前に、人間そのものが、通貨の価値について本能を持っているからです。それを「理論」によって変えることなど、到底不可能だと思うからです。

既成の経済生産社会の概念と仮定するなら、それに対しては橋立さん自らが、資本主義維持を前提にされているので、その中で考えて頂かねばなりません。私の場合は、いかなる社会経済体制であっても、通貨に対する人間の概念は変わらないと思っているからです。

そこで既成の経済社会の概念を変えるとなると、革命でも起らない限り、これも不可能でしょう。既成の概念を民衆が変えて欲しい事項は、分配の問題だからです。橋立さんは資本主義を維持したままでを、前提とされていますが、その前提は成り立たないと思います。

私が修正資本主義に対して言ったことには、通貨の概念は含んでおりませんでしたが、それは別にして、修正された資本主義なら、それは修正云々ではなく、修正できる資本主義なら、それは既に資本主義ではないと、何度も申してきております。言うまでも無く利潤追求と、それを資本に蓄することを命題として運動するのが、資本主義だからです。そんな資本家が出るでしょうか?精々利益の一部を寄付するくらいで、制度的に利潤分配の分野を広げることなど、あり得ないからです。

<もちろん、実際に経済の仕組みを転換するには、あらゆる分野で一旦、リセットしなくてはならないでしょうが。リセットした後の目安が立たなければリセットもできないでしょう。>

こればかりは、世界大多数の民衆の行き詰まり、不満が高じて、革命でも起らない限り、リセットもできないでしょう。そして革命が、どのようなリセットを望んで一斉蜂起するかですね、それがリセット後の目安というものかも知れません。

いずれにしても経済上の価値観とは、情緒的概念で成立するなら苦労は無いのですが、価値は必ず数値的計算で検証されてしまいます。故に金融市場が発生したとも言えます。労働も、それに伴う地賃金論も、人間は働く動物であるとの形而上的概念では、満足されません。必ず経済社会的関係に置いて、再生産が出来る水準なのか、計量的にクールな計算になってしまいます。労働価値も経済構造の中で計算されてしまう。労働の再生産概念が生じた歴史も、そこにあります。簡単に言えば、その賃金ではメシ食って命を繋げない!ではそれに対し、オカネを配給できるのか・・・やはり経済、財政政策でやらねば、資本なんて、そんな慈善はやりませんから、結局政治の問題になって来る。それでもやはり国債担保でやらねばなりません。基礎年金とて、国債担保で資金調達しております。ヘリマネではやっておりません。
メンテ
ギリシャ国民投票、改革案拒否が優勢 ( No.356 )
日時: 2015/07/06 06:10
名前: 満天下有人 ID:DkYWf98A

ロイター電によれば、国民投票中間開票で緊縮財政反対派が61%と、賛成を上回っている。賛否はかなり均衡した数字になるとの事前予想は覆された形だ。

さて、市場反応はどうか。ユーロ・ドル相場ではユーロが対ドルでそんなに下げてもいない。最も敏感に反応する株式市場は、土日を挟んでいたから、今日の東京市場が最も早い市場となる。

為替が思ったより激動していないのは、IMFが結果如何に関わらずギリシャ債務の総額は公表しないとの措置を取ったものだから、再度ギリシャ側に強行策は求めない何らかの妥協案がまた出されるだろうとの、憶測によるものかも知れない。言い換えるとEU側からはギリシャを除名する行為は取らない、つまりユーロ圏にとどまる形になるから、ユーロ価値としては、スペインなど多国への連鎖はないとして、平穏を保っているのかも知れない。

IMFはギリシャ債務は公表しないとしているし、市中推定による総額は53兆円程度で、サブローン破綻が累積で6京円もあった数字に比べると、ユーロを揺さぶるほどの額でもないということか?

問題は、逆にギリシャ側がEU離脱スルケースである。その場合でも世界に与える影響は軽微で、ギリシャ単独によるGRDを通じて大打撃を受けるだけである。でも、反対は改革案に対する反対であり、ユーロ圏を脱退するとの決定ではないから、また、そんな決定をする度胸も無いだろうから、この時点でギリシャは借金を払わないだけで、国家破綻には至らない。

ただ、銀行閉鎖は事実上行われているし、生活通貨としてのユーロが現金として無くなっているから、これをEUがどうするのか、EU財務相会議は投票結果がどうなろうと開催する積りはないとしているから、ギリシャは現金無しで、どうする積りなのか?・・・

今日午後にドイツメルケル首相が急遽パリに飛び、フランスと緊急首脳会談を持つようだが、それまでは波乱要因は内包されたままである。見物は、ギリシャ国民投票後、世界最初に開かれる後3時間後の東京市場の反応である。
メンテ
ギリシャ国民投票、EU改革案に反対確定 ( No.357 )
日時: 2015/07/06 07:44
名前: 満天下有人 ID:DkYWf98A

同国チプラス首相は、反対61・45%、賛成38.5%の投票結果を見て、対EU案に対し勝利宣言。

投票前賛否拮抗の民間予測に対しても同首相は、反対世論が勝つと、自信満々だったが、米中露三大大国がギリシャ支援を表明していたことを民衆も知っており、それが首相の強気背景になり、結果がそれを示したようだ。

米オバマ大統領は、一昨日にも独仏に対し、一方的にギリシャを追い込むなと要請していたが、その背景はNATOとして、ギリシャからトルコに至る地域でのミサイル防衛網基地としての重要性を維持したい、ロシアプーチンは、その牽制としてギリシャに援助金も出す姿勢で、中国は例のアジア投資銀行AIIBの陸と海を結ぶ新シルクロード実現に、インドから中国に戻る海の拠点としてのギリシャは、どうしても必要。AIIBの巨額投資額に比べれば、ギリシャ支援金など微々たるものだとの計算があるし、観光立国としてのギリシャにとっては、中国から得られる支援は、一石二鳥となる。

それにしても投票中でも海で寝そべるギリシャ人の悠々さには、驚くばかりであったが、ギリシャ在住の日本人の分析では、いかなることがあっても、欧州文明の発祥地としてのギリシャ人の自信、プライドは、揺るがないものらしい。言う事聞かない傾向は、2千年以上に亘るギリシャ文明を背景に、相手は必ず引っ込むとの自信があるからだそうだ。

欧州諸国による、どの国が一番信頼できるか、どの国が一番勤勉かとの世論調査では、ドイツは当然としても、他のどの国でもトップにドイツを置いている。ただギリシャだけはトップにギリシャを置いている(爆笑)。

そして公務員天国のすごさ、何しろ民間給与の三倍も出る公務員天国。公務員の衛生維持に手洗い手当が月6万円も別につくそうだ(愕)。それをユーロ加盟によるユーロ通貨価値に守らせて天国を楽しむのだから、さすが人類文明発祥の地ではある。我が国サムライ債券期日が15日に到来するそうだが、114億円は、古代文明の地に吸い込まれてしまうことは、確実だ。まあ、兆円単位で外を支援する、ギリシャ以上のすごい国だから、蚊に刺されたようなものか?国民は既に痒みが膿になりつつあるのだが(笑)。
メンテ
ギリシャ国民投票結果に、市場が反応し始めた ( No.358 )
日時: 2015/07/06 19:24
名前: 満天下有人 ID:DkYWf98A

ギリシャ国民投票後の、世界金融市場で一番早くオープンした東京市場の反応が注目され、東証はいきなり▼311円安で開始。ギリシャの今後の出方が消化しきれない動きも読み取れ、一時は270円安程度に戻していたようだが、先ほど市場の動きを見たら、一時400円超の暴落を見せていたようだ。それもやはり三菱UFJなど、銀行株の下げから始まっていた。

為替もさすがに、対ドルでユーロが窓を開けて一気に下げ始めていた。

何が市場をそうさせたのかを見ると、やはり、ギリシャのEU離脱がまだあり得るとの市場の心理が働いている様子。離脱後に、中国がそれを奇貨として、AIIB構想を一気に加速させるその投資の為に、ギリシャを支援するとの予測が消化しきれていないようだ。まあ、政治当事者といえども、駆け引きの結果、どうなるかは誰も分からないことだし、ましてや市場がそれを決定できる筈もないのだから、金融市場がブレまくるのも当然だ。

ユーローは世界どの通貨に対しても下落、その反動で円は、どの国の通貨に対しても高くなっている。日本が世界の通貨安の受け皿になれる筈もないのだが、要するに円価値は、日本国内だけの引き受けで価値を維持している国債によって発行されているからなのである。簡単に言えば、ギリシャは勿論の事、どの国も国債を外国に引き受けて貰っているから、一旦緩急あれば、外から売り圧力がかかり、外からの売り圧力がかかりにくい円にヘッジされるのである。円そのものの経済力が強くなったからではないのである。

そして為替は、必ず対面通貨があって市場が成立しているからなのである。単純にドル売りだけはできないのである。単純に円買いだけは出来ないのである。必ず対面する通貨がなければ、為替取引はできないのである。そこに、財政にせよ、巨額負債精算にせよ、金融鎖国しないと、精算が出来ない理由があるのである。

ギリシャの場合は、まだユーロー通貨圏内にあり、まだEU圏内にいるから、その必要が無いだけである。ただし、EU離脱してGRD通貨に復帰した場合は、必ずGRDを対外通貨に対し固定せねばならなくなる、何故か、放置すればハイパーインフレに見舞われるからである。つまり通貨鎖国となる。

東京株式上の大幅下落、それも金融株から下落が始まっていたことは、また金融不安が起こるシグナルにならなければ良いのだが、これでアベノミクスのメッキが剥げた、ザマア見ろでは済まない要素がある。何かといえば、年金基金まで出動させて株価維持を図っていたからである。

まあ市民としては予め、それの何がどうなって、何が普通の生活に影響するのかが、ピンと来ないから、年金と株式市場、あるいはアベノミクスが如何なる危険性を内包しているかが、理解出来なのである。ギリシャ問題しかりである。他国のことでは済まない要因を含んでいるその関係が、分からないのである。

安保法制にせよ、最初から猛反対が起こって当然なのに、やっとデモが大きくなる鈍さなのである。そこが第一次安保時代とは、国民感覚が全く違う所以であり、だから信じられないような、ネットウヨ程度のジミン議員がのさばってしまうのである。だから議員どもはいつまでも国会で、ああでもないこうでもないと、ギロンするだけなのである。それは国民がいまだにほんとの痛みを感じていないからである。
メンテ
そうですね。だから躊躇するのですよ。これって本当なのかな?と。 ( No.359 )
日時: 2015/07/07 02:23
名前: 青トマト ID:60VD/vEk メールを送信する

若者、学生はそのままでしょうね。

年金だって下げられてる訳でしてねえ。

モヤモヤとした不安感から抗議行動に出た中高年齢者なんですかねえ。

日本はまだ破綻してませんからねえ。

破綻せずにズルズルと行くのかも知れませんよ。

参政権を受け入れる用意のあるなしに関係なく与えてしまったので、戸惑ってる国民も多いのではないですかねえ。

でも、一旦与えたものを取り上げる訳には行きませんしねえ。

服が大きすぎて、成長が追い付かない有り様ですわ。

棄権する人は選挙権返上する制度を造るとか、

白票とか支持政党無しの票が多ければ、政党は解散するとか、

抜本的な改革をしなければ、日本に民主主義は根着かないのではないですかねえ。

自転車しか乗れない人に自動車を与えても戸惑うだけで、今はそんな有り様ではないですか。

訳の判らん奴等が自民党と公明党に投票してるんですよ。

迷惑だね。迷惑かけられたくないんだな私は。
メンテ
ギリシャ中長期金利18.3%にまで上昇中 ( No.360 )
日時: 2015/07/07 06:21
名前: 満天下有人 ID:W4OKDEtU

米金利市場は、ギリシャ関連債券類の保有高(エクスポージャー)が比較的少なかったことにより、安定した動きになっており、NYダウも▼$62安程度でショックというほどのものでもなかった。

先にオープンされたNY二軍市場である東京市場で既に、売る物は先物で売ってしまったから、東証は▼426円安で、ギリシャショックはそこで吸収させたのかもだ。

でも、ギリシャ金利は高騰している。ユーロ建てのギリシャ中長期国債の利回りは、3年前には30%近くまで急騰、昨年6%くらいに低下していたが、今年に入って18.3%にまで再上昇始めている。我が国に当てはめて言うなれば、これから毎年発行する新発国債、毎年の財政赤字約30兆円の債務は、20%で金利計算すると、それだけで毎年6兆円、発行本体を30兆円とするなら、計36兆円、それが複利で累積されていく計算になる、と言うことだ・・・まだ封鎖できる国民資産は約600兆円残っているから、そこまでは大丈夫だが、それも5,6年で満杯となる。民間のように担保権など設定せずとも、国家政府最終権力、つまり究極の担保を有しているからである。だから国債が発行出来ているのである。ギリシャにはそれが出来ない。

も一つの側面、生活者の立場で言うと、中長期金利指標が18%ということは、実勢金利としての住宅ローンの金利が、20%以上だと言う事。

さてさて、EU側が妥協するとしても、その条件の一つとして反映される金利が、どこまで上昇するのか、これが見ものである。ギリシャは既に借金は踏み倒すと(=デフオルト)宣言してしまっているから、EU側が、その分はしょうがないと折れたにせよ、ここから支援して行く分の金利(利回りいくらでユーロ債発行を認め、引き受けるのか)、そんな借金踏み倒すような国の債券を高く買ってやるお目出度いヤツが居るかどうかが、焦点になる。これが通貨価値に対する人間の本能というやつで。つまり慈善事業で経済は回らないというのが、人間現実の本能で、それが人間なのである。


まだ昨日の今日で、時間が経っていないから、緊縮案ノーのギリシャ国民投票結果に対するEU首脳の態度は明確になっていない。スペインなど他の加盟国への連鎖反応を怖れて、そう簡単にギリシャ出て行けと、言いにくいのだろうが、何事も賭け好きのイギリスブックメーカのギリシャEU離脱の賭け率が低下(出て行かない、追いだせない)している事にもそれが現れている。

逆にイギリスのEU離脱、共通通貨ユーロには加わっていなかったが一応EUには加盟しているのだが、その離脱を問う国民投票も9月だった?かに行われる。その賭け率、残留への賭け率が低下=離脱予想が急増している所から予想して、英国はEU離脱することになろうか・・・ギリシャ・ドラクマと違って英ポンドは、それほどに孤高の自信を保ってきたとも言える。政治文化はそれぞれ違うのに、通貨だけを共通にすると矛盾がいずれ噴き出ると、予測していたからだろう。

そして北米共同体を狙ったNAFTAにせよ、割を食ったのは結局メキシコとカナダであった事実も英国はちゃんと頭に入っていたからでもある。NAFTAでも共通通貨アメロ発行の動きはあったのだが、さすがにカナダもメキシコも、それには反対。
中国がギリシャ支援を表明している。EU全体としても中国経済頼りの構造になっているから、それにウクライナ問題を抱え、中国との協調路線をしきりに演出しているロシアも居るから、ここから先は、国際政治の駆け引きの範疇になってくる。

メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.361 )
日時: 2015/07/07 10:00
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:XbXkkCqM

結局は、被害を受けたのはEU諸国の国民で、投機筋は被害を受けた分だけ、誰かが儲けると言う事になりますね。

投機マネーにとっては、このような危機など飯の種。

後にスペインもあるさ、イタリア、韓国もあるさ、真打は日本だ!

とほくそ笑んでいるのと違いますか。

メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.362 )
日時: 2015/07/07 21:46
名前: 贅六 @関西弁 ID:aQ3Zde76

ワテの喋る言葉は、大阪・船場の言葉でもないし、河内弁でもなし、まして京都の、オス、ドス、言葉でもおませんので、敢えて関西弁と差して貰ォた訳でおますが、土台教養の欠片も無いワテの目ェから見たら、この頃の世界と言い、日本と言い、何やこう欲望剥き出しの駆け引きばっかりが飛び交ォて、エゴと無責任の先陣争い、ちゅう様相を呈してますなァ。

ギリシャがデフォルトに陥って仕舞うのはもう既定の事実の世ですが、ギリシャの現状を招いたのは、日本の現状を招いた日本人がアホやったのと同様、ギリシャ人がアホやった! ちゅう事に尽きる、とワテは思いますねんけどねぇ。
ギリシャちゅう国は、ヘレニズム文化発祥の地で、ヨーロッパ文化・文明の源や!ちゅう目で、彼の地では見られてる様でおますが、今ギリシャに済んでる連中は、古代ギリシャの人間とは似て非なる物やとワテは思うてます。

ワテの独断と偏見の目から見ますと、抑々ラテン人そのものが押し並べて諸事ダラシナイ、一言で云うたら“享楽型民族”とでも言いますか、向こう先見ずに突っ走る民族や! ちゅう事ですわ。 民主主義発祥の地や! 言いますけど、古代ギリシャの民主主義=デモクラシーて何ですねん? 幾つもに分かれた都市国家の市民階級=今で言うたら「富裕層」だけに及ぶ政治思想で、他に奴隷がいっぱい居てましたし、そいつらは民主主義の対象外ですねん。ギリシャのチプラス首相は 民主主義の勝利 てな事を云うてますが、そんなもん「ぐうたら主義」の勝利ですわ。

何れにせよ、拒否するも地獄、受け入れるも地獄、どっち転んでも地獄に変わりは無いんだすが、「財政緊縮案」を受け入れて地獄を見ながら再建に励む方が、前途に希望が持てるんや無いか! とワテは思いまんな。

此れって、教養の無い庶民の感覚ですねんけど、考えて見たら日本も危ないなァ・・・・!
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.363 )
日時: 2015/07/07 11:51
名前: 贅六 @関西弁 ID:aQ3Zde76

日本にも影響が無いとは言えんので、あんまり無責任な事は言えませんけど、今回のギリシャのデフォルトの可能性に続いて、あの問題児「ウクライナ」も債務不履行ちゅうか、借金の40%棒引きを宣言してますなァ。

ホンマにもう、アッチもコッチも借金踏み倒しの大流行りで、此の分では例の“AIIB”も首謀者が中国だけに、参加国から資金だけ集めて上手い事取り込み詐欺を遣るんでは無いかいなぁ? て恐ろしい邪推が働いて来ました。

所で、このウクライナの借金棒引きだすが、此れ屹度“プーチンの入れ知恵”ちゃうか? て思いますねん。

名にし負う腹黒いスラブ野郎の事でっさかい、此れくらいの事は遣りよるんとちゃうか?て思います。そう言うたらギリシャにも接近してるようですしなァ。

ほんまにもう、嘘とペテンの鬩ぎ合い、幼児国ニッポンは、この虎、狼、獅子、に 羆の跋扈するマネージャングルの中を、無事に通り抜ける事が出来ますやろかねェ。

この際、冥途から笠置シズ子を呼んで来て「ジャングルヴギィ」を唄わさなあきまへんでェ。 ウワーオ、ワオ、ワオ〜ォ、・・。
メンテ
贅六はん、規模は違いますけど、我が国もギリシャによう似てまんな・・・ ( No.364 )
日時: 2015/07/07 18:40
名前: 満天下有人 ID:W4OKDEtU

現役若い頃に、大阪支社勤務の経験がありますし、贅六はんが言われる混成関西弁の意味は、よく分かりますから(笑)、別に気にしないでください。京都弁の・・・どす、・・・おす、のニュアンスも良く分かります。でも余り好きな言葉ではありませんでした。その言葉の陰から感じられる駆け引きの、本心がどこにあるのか分かりにくい公家的雰囲気には、疲れました。贅六はんが、もしそちらの方なら、悪う思わんといてくれヤスです。

それとは別に、ギリシャ問題における贅六はんのご意見、基本的に同意するものです。私は、目下、金融市場が示す反応、そこから世界に及ぼす影響、65億人中わずか一人の人間として、その影響をどのように受けるか、ウオッチせざるを得ないので、現行世界金融制度によるその構造が及ぼす影響を中心に追っていますけど、しかし反応を示している市場が、何故さような反応を示すかについては、皆、余りにもノー天気になりすぎて居はしないか・・・と思います。

最近の我が国の現状、特に、シンゾーアホ一派による戦争したい法案など、頭に来ることが多く、昨夕も年金の件で、年金機構相手ではラチが明かないので、厚労省本庁に電話殴り込みテロ』攻撃(笑)をやりましたが、もう税金の上にアグラかいてるだけの公務員に、丁寧で上品な標準語、東京弁?でしゃべっている限り、相手は、舐めてきやがる。

問題は、国家のムダ使いと年金減額の関係についてでした。これは正に目下起ったギリシャ問題にも通じます。厚労省は、年金は元々国民生活を保障する制度では無いと言い出したものですから、その言い方と憲法における理念との整合性についてでした。国民がノー天気であることの上に、アグラをかいているのではないかと。

当然ながら官僚的回答が延々とされます。そこで、河内弁?だったか、オイ!おんどりゃ!オレが聞いてることの、何の答えにもなっとらん!何を言うてけっかる!!、ワイが言うてること、どこかおかしいか?国民の奉仕者として国家行政に携わっていると言うなら、月給半分でもよろしおます、と何故言わない!!要するに、国のことなど関係ない、仰山な月給もろとれば、エエちゅうのが、本音やろ!!・・・とやりましたら、相手は私を共産党か何かの回し者と思い始めたのか、真面目に謝りだしました(笑)。

ギリシャに対するEU本部やIMFの要求、要するに財政悪化の大きな原因は、過剰な年金、それも国家公務員のそれが財政に比して大き過ぎる、借金が膨れ上がり、しかもそれを返済しないから、これ以上のお金貸せないと・・・我が国も、国内引受の政府債務だから、そしていざとなれば国民貯蓄で清算できるから、まだ金融市場から圧迫されてはいませんが、何事につけ、誰かが助けてくれるとの甘えに乗っている心情は、よく似ていると思いますね。

まあ、ギリシャ国民からすれば、政治に騙されてきたとの思いはあるにしても、それに気がつかずに安易に政治を甘やかして来たツケが、今出てしまっている。我が国の場合でも、それはこれから必ず出てくると思います。贅六はんは、その一里塚として、若者諸君に、覚醒を求めておられます。その通りだと思います。

ギリシャ問題に戻して見るに、国民は緊縮財政にも従ってきた、それが原因で破綻した、そこに食い込んだのが国際金融マフイア共で、国民には責任がない、故に余り国民を追い込むな、との意見も目にしますし、経済評論家の植草一秀氏なども、貸し手責任などにも言及されていますが、これはおかしな理屈です。

確かにギリシャの近世歴史上、軍事政権が成立した已むを得ない政治的背景はあったにせよ、どうも政治を牛耳っている一部支配層が、政治権力を手にするために、選挙の時に、支持してくれる層に公務員を増やしてあげるとの甘言によって政治基盤を創り、その繰り返しで公務員が労働人口の25%、全人口の約10%にも達する100万人もの公務員=財政圧迫の原因を作ってしまった。

第一次ギリシャ危機は2010年5月に勃発したと思います。あの時ギリシャ国民は、政府によるIMFへの14兆円の支援要請に対し、それでは箸の上げ下ろしも一々IMFの指示によらねばならなくなってしまうとして、暴動に近いデモがアテネで起っていました。要するに条件とされた年金減額に対し反対が起り、銀行まで襲撃されたのではなかったか?

その抗議運動が、年金減額の前に、政府のインチキ財政を改めろとの要求にはなっていなかった。デタラメな税制、タクシーの運チャンには、全て領収書の提示を義務つけ、大企業の納税漏れには寛大。我が国の大企業減税、生活者全部に網をかぶせる消費増税も、同類的政府政策です。

色んな政府政策の誤魔化しに協力したのが、ゴールドマンサックスによるインチキ融資でした。それも国際金融マフイアが非難され、非難するのは当然ですが、それを見逃す国民が悪い。マフイア共は、さような事をするのが稼業なのだから、それを打倒する運動もしない国民は批判されずに、マフイアが批判される。まあ、NYで反ウオール街運動も起りはしたものの萎んでしまい、結果的には、民主主義がそれを看過し甘やかしてしまっている。

ギリシャ国民も、そもそも論で言えば、こんなにEU条件に反対するのなら、どうしてユーロ圏に入ったのでしょうねエ、そこに自国通貨でない通貨の傘の中で、自国通貨ではどうしようもなかった逃げ道としてユーロ圏に入ったとするなら、その根性から先ず、問い直されるべいきだと思います。贅六はんも言われている通り、EUから離脱して真剣に自立の途=政治構造及び経済構造の真剣な立て直しを行う。だがその機運が見えません。

長くなって済みませんでした。要するに、構造を真に変えろとの、民衆の動意がなければ、政治権力にせよ、好き放題やるのですから、その点では、ギリシャ国民の甘さ、他力本願は、やはり批判されてしかるべきで、そして我が国民衆も似ている、その意味で、贅六はんの基本的考えに同意するものです。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.365 )
日時: 2015/07/07 22:34
名前: 贅六@関西弁 ID:aQ3Zde76

どうも、どうも、ご懇篤なる解説、多きにありがとさんでおます。

ワテは何時も、漠とした感覚だけで投稿してますので、細かいデテールは他人様から教えて貰わなあきません。お蔭さまで理解が深まりました。

此れは、嘘、隠し、無しにワテは貧乏でおますよって、株式相場や、預貯金金利、なんかに一切関係おません。そやから、ダウ平均が如何たら斯うたら、金利が何%上がったの、下がったの、世間で言うてても全く心を動かされません。定年退職の時に僅かばかり貰ォた退職金を葬式金に、少ない年金でその日暮らしですので、資産勘定で悩む事は全くおまへんのだす。その所為でお金の関する件は精神衛生上実に清々しい限りです。此れ、て金持ち・資産家より幸せなんとちゃうかいな? て負け惜しみで思てます。

何か催し事が有ったら、よお寺社参りもするのですが、古銭をモチーフにした踏み石のデザインに、「吾、唯、足る、を 知る」と口を中心に据えて彫ったもんがおますのやが、ワテ、あれが好きですねん。寺の坊主が必ずしもそういう生き方をしてるとは思えませんが、ワテら貧乏人は斯う言う心境で生きなアカンなぁ、てね。

翻って、ギリシャの国民が如何言う生き方してたのか、具には知りまへんが、前にも書きました様に、ラテン民族特有の刹那的な暮らしをしてたんに決まってる。もっと身の丈に合った生き方をせなねェ。

そやけど日本は国民は倹しい暮らしをしてるのに、首相が湯水のように金をばら撒くねんさかい、如何しようもおまへんわ。
メンテ
現金が無くなった国家、ギリシャの現況 ( No.366 )
日時: 2015/07/08 10:53
名前: 満天下有人 ID:js3VqvX.

IMFからの借金返済期限到来にたいし、返済不能を宣言し、EUによる財政改革条件についてもギリシャ国民はノーの意思を表明、ユーロ現金供給本部のECBは、返済も出来ない、且つ、返済を少しでも可能にする条件も呑まないでは、ユーロ現金をこれ以上発行できないとして、資本移動を規制=ギリシャ銀行にまだ残っているユーロ現金の移動を禁止、ECB規則支配下にある銀行は、止む無く現金引き出し額を規制=事実上の預金封鎖となっている。

これに対しギリシャ国民は、悲鳴を上げ始めた。一人一日60ユーロ、約8千円しか引き出せないで
は生活ができない。それもEUとの交渉結果では0にされてしまう恐怖が国民を襲っている。

首脳会議は日本時間今朝早朝から協議に入っているが、結論はまだ。議題はギリシャの要求、借金総額の3割をカットしてくれ、その返済期間も長くしてくれ、防衛費はそのままにしてくれ、離島に対する消費税優遇策は維持させてくれ・・・・その上でまたカネ貸してくれ(笑)。

こりゃちょっと、世の中のオカネに対する常識からして、ムリで且つ、少し厚かましい要求で、そう簡単にイエスとは行かないだろう。

だから、全米経済調査会名誉会長で、元ハーヴァード大教授・フエルドシュタイン博士が、5年前にIMFに14兆円の借金申し込んだギリシャに対し、早くEUを離脱してドラクマ通貨に戻し、その苦痛は数年続くとしてもEU残留で毎年ガタガタするよりは、すっきりする。元々、国情が異なる諸国が単一通貨で経済を統一できる筈がない、とギリシャにアドバイスしていた。

勿論米ドルによるEU圏ユーロの拡大に対する牽制の意味もあったろう。だが今ギリシャがその方向、EU離脱、GRD通貨に戻ろうとしても、数日前に国民投票結果を見て辞任した何とか言うギリシャ財務大臣が、GRDに戻そうにも、その通貨印刷機も無いと(笑)、ボヤいていた。

仮に印刷機が調達されドラクマ印刷を開始、それに見合う価値基準の裏付けとなる純粋ギリシャ国債の価値は、言い換えるとGRDの価値がどのように市場で評価されるだろうか・・・世界のどの専門家も予測できない、つまり最初はロシアルーブル破綻の時、国債発行によって調達されたルーブルは、対米ドルに対し、平常時では数十ルーブル/$1だったのが6000ルーブル/$1驚異の下落を見せたからには、ギリシャGRDもすさまじい価値無し通貨として評価されるだろ。金利も恐らく80〜100%になるかも知れない。ロシアルーブルでは短期金利は117%にまで上昇していた。

GRD国債による利回り、それを予測暗示する指標がある。ユーロ建てギリシャ国債のリスク評価指標である。いつか簡単に記したが、クレジット・デフオルト・スワップ、CDS市場だ。簡単に言うと、債権債務リスク保険の売買。国債の買い手が将来リスクを売りに出し、それを買う買い手で成立している市場。金融デリバテイブ派生商品の一つで、

1ベーシスポイント(bp)=債務1000万ユーロに対する保証料1000ユーロに相当。

IMF借り入れに追い込まれた時、ギリシャ国債のbpは、374bpが一気に400bpに急騰。
それが今年5月では2000bp近くまでに暴騰している。もうデフオルト宣言したのだからCDS売買も停止されているだろうし、この数値は現在では意味を成さないかも知れないが、金融工学の発達によるデリバテイブ商品は、ここまで通貨経済の優劣を表示しているのである。

あのリーマンショックの時、リーマンブラザーズが発行していたサブローン抵当証券に対し発行した保険証券CDSは、約40兆円もあった。それが払えなくなって倒産。発行者で最大の企業は、世界一の保険会社AIGであった。他にも政府住宅公社フアニーメイなど、一体どれくらい発行されていtのか、誰にも分からない。IMFもかろうじて推定数値は出したが、何と60兆ドル、これ円では7000兆円くらいになります。

さあ、慌てたFRBは、もう担保は何でも良いから持って来い!米国債ジャンク債であろうが株券だろうが社債であろうが、見合いのドルを出してやるから!(笑)・・・それ以降のFRBによる金融緩和はすさmじものであったし、まだ金融資本には負債も相当残っているとは思われるものの、NYダウもここまで上昇したし、不良債権はかなり整理が進んだと見て、新議長のイエレン女史がテーパリングを暗示、金利も上げるかもとの憶測で世界金融が動いているのが昨今の状況。

そこえギリシャ問題が、これは突発事故ではなく、もう底辺では金融当局も注視していたことだから、世界経済指標は、米ドルがやや弱含みで推移しているものの、リーマンショックの時ほど極端な変動は見せていない。

まあ、極端な変動が出て一番困るのはアメリカだろうし、ギリシャは米軍事戦略上NATOの重要拠点でもあるし、独立後のGRDもアメリカが買い支えてくれることも期待できるし、中国も控えているから、案外暴落はしないだろうから、さっさと独立してしまえば良い。ただ欧州文明の発祥地としてのプライドが邪魔する。それがユーロ離脱はしたくともEUからは離脱したくないとの姿勢になっているかも。
メンテ
日経平均、すさまじい暴落 ( No.367 )
日時: 2015/07/08 15:33
名前: 満天下有人 ID:js3VqvX.

一昨日は、中国上海総合指数の下げにギリシャデフオルトも重なり、427円も下げ、昨日は多分、先物売り方の買戻しだろう、264円ほど戻したが、今日の下げは2時現在で560円も大暴落している。

ギリシャ問題よりも、やはり中国不動産バブル崩壊による上海株式指数の一貫しての下げが
大きく影響している。

上海総合指数は、6月に5200元に近い所まで上げ続けて来たが、不動産市場で、皆が買い殺到した物件は、野ざらし状態のものが多く、キャッシュフローを産んでいない。まあ、中国政府が何とかするさとタカを括っていたのが、どうも政府の手に負えない程に不動産市場が傷ついている、その事を知った政府は、特に救済の為に公的資金は投入しないとの感触が広まり、株式市場が売られ始めた。

昨日での指数は3,585元だから、31%もの急落である。中国リスク担当公社が緊急に2600億元を、各証券会社経由で、不動産投資株式買い支えを始めている。08年の暴落はまだ、リーマンショックという外部の影響を受けたものだったが、今回は、自前のバブル破綻である。

では何故日本がその影響を受けるのか。昔はアメリカがクシャミすれば日本は風邪をひくと言われたものだが、いまや、中国が風邪をひけば日本は肺炎になると、比喩してもよいくらいに、世界の工場となった中国経済による影響が、直接我が国にも響いてくる関係になっているから、東証も暴落するのだろう。

まあ、中国人による日本不動産の爆買いも広がっているようだが、その元資金も、いずれ中国政府が海外への資産逃避に規制をかけて来るだろうし、その予測が東証に集中している。

まあ、そんなことはどちっても良い、ただシンゾーがNYでも日本株買いを宣伝するほどのあのブローカー振りが気になっていたし、首相ともあろう者が、年金基金まで出動させて、内閣総理大臣が率先してバブルを演出するその、経済音痴ぶりが、非常に重大、且つ、恐ろしく感じていた。

そんなことは、もう随分言ってきたことだが、ただでさえ減らしにかかっている年金基金を、何でまた、更に追い込むような株式損害に向けねばならぬのか、そこがもう、ほんとにチンプンカンプンで、バカのやることと、ある程度は笑ってきたことが、戦争法案の強行採決企み、更に働く者を不安にさせる派遣労働法の改正なども併せて、ほんとに恐ろしい国になって、いや、我々がそんな国にさせてしまったことが、恐ろしい。
メンテ
うほっ!日経平均▼638円安!!! ( No.368 )
日時: 2015/07/08 17:49
名前: 満天下有人 ID:js3VqvX.

途中で427円下げを見て、これはまた、金融機関で影響を受ける所も出るかな、程度でしか見ていなかったが、何と大引けでは638円安!。

あのバブル崩壊時でも、一日の下げは、どれくらいだったか、もう記憶から消えてしまったが、こんなのあったかな?しかも当時では、銀座四丁目の土地価格が1uで1億円にも暴騰し、そのバブルがはじけたのだから、自業自得であった。

今日の東証の暴落は、何を意味しているのだろうか?確かに、格差も広がってはいるのだが、原則的には上場大企業が順調に儲けていれば、市場は、全体としてはそれを評価し、大暴落などしない。現在でも一部上場企業の内部留保額は、100兆円を超えている。さらに、超金融緩和で日銀が、投資金ならふんだんに供給している。

だから極端に株価が下げる理由は無い。しかし、逆に言えば、ここまで日経平均が上昇して来た根拠もない。つまり根拠のない上げ=風船の張らみ過ぎを感じていた所へ、中国暴落やギリシャ破綻を見て、わが国の根拠なき株バブルが気持ち悪くなって、一斉に売り一方に傾いてしまったのだろう。でないと、いくら何でも、どこかの銀行がまた破綻しそうだとか、さような気配も今は無いのに、こんなすごい暴落とは、説明する理由も見つからない。

説明できるのはシンゾー様だけか?ガハハハッ!!。でも街中の株価買えブローカーでもあるまいし、しかし株価買え煽りばかりして来た、内閣総理大臣なのだから、ブローカーとしても説明責任を果たして貰はにゃならんよ。

安保法制の説明にしろ、何で堂々と大手TVでやらないのか、こそこそジミンネットTVで、何とも早や、聞くに堪えない説明をして、それで一応の義務は果たしたとする、もう手に負えないバカボン、一国の内閣総理大臣ともあろうものが、テメエがアメリカにまで行って日本株買えと宣伝したその結果がこれ・・・しかも年金基金にまで買わせていたのだろう、ちゃんと説明責任を果たせ!!。
メンテ
うほっ!日経平均▼638円安に驚いてはいけない。中国市場では売り殺到で市場閉鎖 ( No.369 )
日時: 2015/07/08 20:04
名前: 満天下有人 ID:js3VqvX.

何と、東京市場の震源地である上海総合指数銘柄では、1323銘柄が取引停止。その総額は上場株式の40%に相当し、金額では2兆6000億ドル、約320兆円に相当するという、信じられないような暴落である。

取引が成立しての暴落ならともかく、全面ストップ安の状況だから、こりゃすごい!さすが白髪三千尺のお国柄だ。

でも真面目な話、世界第二位の経済大国にのし上がった中国、そこの株式市場大暴落は、実体経済に影響が出始め、リーマンショック後また世界経済は沈没するか・・・

金融工学による余りもの金融先物商品が開発され、しかもCPに組み入れられた自動計算機で、売買が行われる現代。そもそも先物は、どの市場の商品でも、将来のリスクヘッジの為に市場が創られた。

特に天候異変に左右される食糧穀物は、収穫終えて現物が手に入るのは、先の話で、でも今買っておきたいとするユーザーが多ければ、では半年後の収穫時にこれこれの価格で売りましょう、買っておきましょうとなり、だが、収穫時に天候異変で価格が左右されるリスクが当然あるから、売買価格を先物で売っておく、買っておくとのヘッジ取引、それが先物s所発祥の原型であり、1848年のシカゴ穀物取引所CBOTがそれである。

いやそれよりも早く先物市場が出来ていたのは、大阪淀屋橋のコメ先物市場だ、との説もあるのだが、ま、それはともかく、その先物リスクヘッジ市場の価格が、別途取引されるようになり、そして金融市場に波及し、今日に至っている訳だ。

特に金融市場の場合は、先に紹介した国債リスク回避保険であるCDS市場まで開発されており、それが色んな金融商品と連携=デルバテイブされているから、一旦、市場に異変が出ると、もう損が額の合計さえ、分からなくなってしまう。だから、歯止めが効かないのだ。

中国株の大暴落に絡んでいるデリバテイブ商品が、どれくらいあるのか知らない。知っている専門業者でも、総計額は解らないだろうと思う。結局それを防御するのは、どこまでの取引を認めるかの、sれぞれの国の政治の問題になってくる。

サブローン破綻、リーマンショック後の処置としてオバマ大統領は、金融機関の取引制限措置を敷いたが、完全なザル法だ(笑)。ユダ菌どもには頭が上がらないのである。

そう言えばイントちゃんが4年前に、米某不動産会社の優先株が、11秒間の間に$28から$2600まで急騰していた話を紹介されてたけど、超高速CPでは、100分の1秒の早さだったか、仕手筋のオモチャにされるとあっと言う間に価格が大変動する。まあ、値幅制限措置もあるにはあるが、それが適用されない株式もある。中国の市場で、1300もの銘柄に値がつかいない現象は、多分、下げの値幅制限にひっかかっているからだろう。怖いのは、高値水準での下げなら、値段調整の趣と1、取れることもあるが、今日の中国は、下げに下げてきて、なお値段がつかないうことだから、一体どうなることやら、世界への影響が、ギリシャ問題と共に注目される。
メンテ
どうなんですかねえ?こういった解釈は成り立ちますかねえ?アベの集団的自衛権法制がもたついている事とギリシャの土俵際での踏ん張りが背景では? ( No.370 )
日時: 2015/07/08 23:07
名前: 青トマト ID:eJZrA3b6 メールを送信する

アベに指令された集団的自衛権法制とは、ひとつには中国への軍事的恫喝に日本の軍事力を使おうとの目的があるわけですが、

それが米国が考えていたスケジュール通りには行かずにもたついている。

ギリシャ問題も借り手の強みが発揮されて、EUを困らせるには至っていない。

このままでは、中国の経済はさらに強くなって行く。

ここで、一発、中国への金融攻撃をギリシャ危機に絡めてやっておくべきだ、
と考えたのではなかろうか。

ウクライナの戦場化を思惑通りには行っていない。

米国経済なんか復活していないだけでなく、米国の金融の危機はアベノミクスの日本からの国富移転がなれば、避けることは出来ない。

ここは、中国に金融攻撃を加えて、中国からの対米譲歩を引き出したいところなのではないか?

若しも、中国の自作自演の金融危機であれば、なかなかのものではある。
メンテ
中国株式市場暴落、NYSE取引一時停止背景仮説の検証 ( No.371 )
日時: 2015/07/09 18:30
名前: 満天下有人 ID:AyJRluO.

これをギリシャ問題への中国の出方を牽制する米国の思惑から出たものとする仮説には、ムリがあると思います。

その仮定が正しいとした場合、昨日NYSEの取引停止は、中国側の報復になってしまいますが、NYSEは、原因はサイバー攻撃では無い、単なるシステム障害だと言っており、まあそのコメントは100%信用できないとしても、ダウの下落は、上海総合指数や日経平均の大暴落に比べ、$200程度の下げでした。システム障害も、一時売り殺到があったからとの仮説も一概に否定はできませんが、今回のそれは、単なるシステム障害ではないかと思います。下げ幅が$200と、小さいからです。

勿論、ギリシャ不安、中国バブル崩壊がNYSEに影響しているのは確かでしょうが、むしろ米国経済自身に対する確固たる自信が回復していないことの要因が、下げの原因だと思います。

それを裏付けるものとして、公表された連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、会合では委員から、ギリシャの債務危機については重大な懸念があるとの指摘はあったようですが、年内に利上げする政策正常化には、米国経済成長の強まりや労働市場状況の改善が為されている新たな指標が必要だと、結論されたようです。つまり昨日のNYダウの下げは、米国内要因に比重があり、たまたまギリシャショック、中国ショックが重なったものでしょう。

ギリシャ問題については「同国と公的債権者が双方の食い違いを解消できない場合、ユーロ圏の金融市場が混乱したり、その影響が米国に飛び火する恐れがある」として、強い警戒感が表明されています。裏返せば、それがギリシャ・チプラス首相の強気の背景にもなっている。

中国株暴落は、米国による警告攻撃かもとの仮説が成り立つかどうかを検証するとして、中国経済の崩落は米国にとって困る事になるので、その仮説は成り立たないと思います。

ただでさえ元切り上げを要求してきた米国が、中国経済凋落によって、元安になれば、反対の結果となってくるからです。そして青トマトさんも指摘されていたように、苦しくなって中国は、米国が最も警戒する米国売りに出るかも知れません。米国が嫌う現象を、米国が仕掛けたとは、考えにくい。そこは中国バブルの崩壊によるものと、単純にとらえた方が、辻褄が合うと思います。

ギリシャ問題、中国株大暴落に対する米国姿勢は、昨日の米国・ルー財務長官の声明、勿論、政治家の言うコメントは、額面通り信用してはいけない側面もありますが、ルー財務長官は、金融安定に関するイベントで、ギリシャ問題をめぐり欧州当局と緊密に連絡を取っているとしたうえで、「ギリシャがメルトダウンするような状況になれば、大幅な先行き不透明感が出てくる」とし、地政学的にもこうした不透明感は欧州のみならず、世界にとってのリククになる、中国の株価急落についても注視しているとし、これにより同国の経済改革が腰折れしないことを望んでいることに、米国の基本姿勢が出ています。

<アベの集団的自衛権法制がもたついている事とギリシャの土俵際での踏ん張りが背景では?>

ちょっと言葉の意味が分かりません。アベの集団的自衛権法制成立がもたついているのは、皆がノーと言ってるのに、ギリシャをマネて踏ん張り過ぎるから、国会でも何時までも結論が出ず、もたついてしまっている、という意味でしょうか?

バカシンゾーのもたつきは、デモの広がり、世論調査でも安保法制ノーが増えている、加えて毎日世論調査ではついに内閣不支持率が、支持率を上回った、そのような背景にあって、一旦ふりあげたコブシの降ろし所が無くて、モタモタしているに過ぎないと見ております。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 >ギリシャ救済の妄想的迷案< ( No.372 )
日時: 2015/07/11 09:36
名前: 贅六 @標準語 ID:6GafZu1k

昨夜、眠れぬ侭に考えるとも無く妄想とも無く、夢現の狭間を彷徨って居て頭に浮かんだ事・・・、

目下EUの頭痛の種、「ギリシャのデフォルト問題」 当のEUのドイツ、フランス、は勿論、アメリカも自分の事で手が一杯、ロシアも、シージンピンの中国も、子分にはしたいが丸抱えで面倒見る事には二の足を踏むのが本音、さすればいかなる方策が有るのか?

と、無い知恵を絞った結果、ここは一つ中東のオジャマ虫、イスラエルにギリシャを買わせたら如何な物か、 なに! 資源は全世界のユダヤ資金を糾合して集めたら、ギリシャ一国の負債をチャラにする事は出来るでしょう。

見事ギリシャを買い取った暁には、この地をイスラエルの巨大金融資本の根拠地とし、シティ、ウォール街、は勿論、ドイツ、フランス、その他の国に散在するビッグコーポレーションの本社を移し中東からイスラエルをそっくりお引越しして来るのです。

この場合、現住民のギリシャ人は出て行くも良し、残ってイスラエルの企業で働くもよし、自由にさせます。ギリシャ人が一生懸命働けば勤勉を認められて暮しは安定するでしょうが、今までの様にパラサイト暮らしを続ければ、乞食、ホームレス、に成るより道は有りません。己の身の上は全て自己責任と成ります。但し、ユダヤ人はみな「シャイロック」みたいな奴ですから、かなり厳しい労働環境には成るでしょうが・・・。でも努力すれば報われます。

一方パレスチナ問題は、イスラエルを追い出した所為で、大変スッキリします。後は同じイスラムの国同士が仲間争いをしようが、仲良く暮らそうが、欧米は不干渉で居れば宜しい。

これで世界は、EUは不良債権の回収は解決、イスラエルは中東でのゴタゴタから解放され、ギリシャは巨大負債国から解放され、「三方一両得」で、めでたし、めでたし、 てな具合には運ばないモノですかねェ?。
メンテ
贅六はん、そのアイデア素晴らしいです。 ( No.373 )
日時: 2015/07/09 10:49
名前: 満天下有人 ID:AyJRluO.

ノーベル賞級のものですね(笑)、いやあ、考えつきもしませんでした、素晴らしい。

ただ今は、昨日に続き世界経済はどうなるか、上海株式市場と東京市場に注目、両市場とも底なし沼のような状況で、昨日以上の大暴落で始まっております。もうパニック状態ですね。

この後、病院へ定期検診で外出、贅六はんの素晴らしい発想へのコメント、夜にでも検証させてください。
メンテ
贅六はんの、イスラエルによるギリシャ買収のアイデア ( No.374 )
日時: 2015/07/09 17:39
名前: 満天下有人 ID:AyJRluO.

これほんまに、一石三鳥デスネェ!

問題はギリシャのプライドが、ユダヤの進出及びユダ菌マネーを受け入れさせるか・・・何しろ、現在でも欧州文明の発祥国のプライドが強く、EUを離脱しない。

ギリシャエーゲ海文明とユダヤ人発祥のメソポタミア文明の発祥は同じころで、ギリシャ文明のプライドがユダヤを上回れば、拒否するでしょうね、武士は食はねど高楊枝みたいに。歴史的にも、数々の国家苦難に会っても、プライド根性で切り抜けてきた国ですからねえ。

そしてユダ菌マネーは、真のユダヤ文明が産み出したものではなく、ニセユダヤ、ハザール人がユダヤ教に改宗しただけで、何の文明も持っていないではないか、と。

ならばマネー侵略をやるか・・・オバマはギリシャを追い込むな、支援はするからと言うなら、いっそのことユダ菌金融大資本に密かに、イスラエル経由でいくらでもゼニ出すからEU離脱しなさいとギリシャに言えばよい。

すると今度はEUが、防衛に回り、甘い条件でギリシャ残留を認める姿勢に転換するかもしれません。

いや現在における大国同士の思惑は、正に贅六はんアイデアを巡る駆け引きになっているかもですよ。


メンテ
満天下有人様、米国株市場の背景はよく理解できました。御返事を有難う御座います。 ( No.375 )
日時: 2015/07/09 18:02
名前: 青トマト ID:zBlQg//w メールを送信する

しかし、中国は長期にわたっての取引停止をするそうで、米国の一時停止も、一時ではあれ異常が考えられて、なんんらかの対応策の現れたと推測せざるを得ないのです。

ギリシャ危機の現実的推移は、前々から考えられていたことでチプラス政権の性格から考えても、ギリシャの出方は予測されていて、その通りになっているのだと考えます。

しかし、アベ政権の法制を巡っての躓きは、米国の日本誘導勢力にとっては、予想外の事であると私は考えています。

ギリシャ危機の後においての国際経済において中国を軍事経済で包囲しつつ寄生して行こうとの思惑に暗雲が垂れ込めてきていて、さらに、
中国がギリシャに支援をもって入り込む可能性が濃厚であったと考えられ、

それが、つまりは、中国株バブル崩壊の攻撃、外資系の売りだけではなく、中国人投資家株主に売りを誘導するといった戦術でそれを行い、

一方で、米国は自国市場への攻撃に備えて、砦を補強するための時間を稼ぐために、一時取引停止をしたのではないかと考えたのですが。

まあ、大変参考になりました。さらに考え直してみます。
メンテ
青トマトさん、勿論、大国による次期覇権戦略はあると思います、 ( No.376 )
日時: 2015/07/09 21:19
名前: 満天下有人 ID:AyJRluO.

しかし、昨日の中国株式暴落は、昨日も申しましたように、高値圏からの下げではなく、もう大底かと思われた位置での大暴落でした。

もし米国が、<ギリシャ問題も借り手の強みが発揮されて、EUを困らせるには至っていない。このままでは、中国の経済はさらに強くなって行く。ここで、一発、中国への金融攻撃をギリシャ危機に絡めてやっておくべきだ、と考えたのではなかろうか>

と言う事であれば、中国株式市場は既に、昨年の今頃から下げ続けています。それは米国による緻密な戦略というよりも、中国独特のシャドウバンキング金融システムがあって、正に中国国内問題として、高成長を支えてきた不動産バブル、それを金融面で支えていた陰の銀行の存在を、そろそろ何とかしないといけないとの、中国政府の牽制、それは、影の銀行によってはこびっている汚職の温床にもなっているから、その芽もそろそろ摘んでおかないと、習金平体制にとって、将来、獅子身中の虫になる。

そのような危機感があって、不動産金融への引き締めを続行し、それを中国株式市場が反映してきた、私はそのように見ておりまして、ダメ押しかと思われるような昨日の下げは、米戦略が対ギリシャ問題の思惑も含めた結果ではないと、さように分析してみました。

他には前稿でも申しましたように、元安に向かわせるような政策は、逆に米国の国策に反する事だから、巨大な中国株式市場を崩壊させるとは、考えにくいのです。但し、米国経済の復活が確かなものだ、世界一極の力を取り戻せた!となった時は、中国お邪魔論が出て来て、中国叩きの表示として中国株売り叩き戦術には出るでしょう。でも今の状態では、そこまでやらねばならない状況では無いし、逆に叩くとまずい要素の方が多いと思います。

勿論、混沌としてきた世界の中心軸、それに対する諸大国の戦略的思惑、これは当然あると思います。<国際経済において中国を軍事経済で包囲しつつ寄生して行こうとの思い>、これは現にやっていることで、但し米国が前面に出る訳には行かない、シンゾーが利用されている面は、否定できません。

市場のテクニカル側面から言えば、中国政府は、なりふり構わない株式市場支えに出てきましたね、大企業に対し、株価格を下げる売り禁止規制、5年間は株売りを禁止するとか(笑)。やはり共産主義国家の中央による統制はすごいです(笑)。でもいざ鎌倉となった時には、民主主義か何か知りませんが、ウダウダ言うばかりでピシッと対処できないよりは、ましかな・・・。
メンテ
よく解りかした。中国の影の銀行の存在とバブル破裂予測は知っていましたので。 ( No.377 )
日時: 2015/07/10 01:36
名前: 青トマト ID:lXYcWAgE メールを送信する

成る程、そのような現状分析、解りました。

先ほど地震がありましたが、世界経済も地震ですね。

この中で鹿児島で原発を再稼働させようとするわけですから、

?日本本土は沖縄化の進行、アベ政権はアメリカ軍政というわけで?
?自民党公明党は軍政組織であるわけです?

中国のバブル破裂が大きければ、将来のアジア経済にも大きく変化が生ずる訳で、日本は本当に戦艦大和や武蔵のように沈没する可能性は出てきていますね。

沈没すれば、米中で太平洋を仕切るか…苦笑いですが。
国民の無責任の極み乙女ならぬ宦官かな?

ちなみに戦艦長門が沈没せずに生き残りまして、海軍の中の幸運艦と呼ばれたのですが、
これは、全くの間違いで、
長門は南方太平洋での米国による核実験の標的にされて最後を遂げた訳で、日本そのもの日本海軍そのものの悲劇を象徴したのでありまして、
それを、幸運とは、長門の運命詰まりは長州の辿った運命を表しているのであり、それが解らんのが目出度い日本人の在り方なのです。

大和と武蔵はむしろ幸運といえる。

日本も再度の幕末危機の仕切り直しで、ギリシャの比ではないウクライナやイラクのような存亡の危機でありますよ。

目出度い日本に未来はあるのですかねえ?

まあ、やるべきことをやるだけですよ.
メンテ
中国 ( No.378 )
日時: 2015/07/10 13:34
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:PHmTZ0mc

ギリシャと共に中国の動向とは、資本主義を見習う手本ですね。

私は中国の資本主義は違った方向へ進むと期待しています。

資本主義の発達途中で、先進国も色々な障害を経てきました。
中国は、現在でも独裁国家に変わりはありません。

民主主義と資本主義は双子の関係と言ってきましたが、中国に関しては民主主義≒資本主義であり、いざとなれば民衆をコントロールします。

現在、世界の国々が金融ファフィアの暗躍に手も足も出せないのとは少しは条件が異なると思います。
中国が経済を開放した時から、このことを注目していました。

現在起きていることは、資本主義の発展途上で、当然起きるべき事と思っています。
またバブルの事以外でも、資本主義が経験してきたことは起きるでしょう。
問題は、中国がどのように対応するかです。

おそらく欧米諸国では考えられない対応策をとってくるでしょう。

また中国全体は、まだまだ発展途上国、13億の人口と、広大な国土、豊かな資源。
これを基軸に周囲の発展途上国をまとめれば、もはや行き詰まっている欧米諸国よりも、可能性は大なるものです。

そういう意味で現在は経済の覇権がアメリカから中国へ移る過渡期と思います。
ただ、それが世界の安寧と結びつくか、否かは解りません。

何せ、相手は中華、華僑なのです。
ユダヤVS華僑と言ったところでしょうか。

軍杯は華僑に間違いないのでは。


日本!

国内的には飽和状態で他国に頼らねばならない日本は、何をか、言わんや、

ですね、アメリカから中国へ乗り換えるタイミングが問題では。
メンテ
中国経済の現況と、その歯止めは・・・ ( No.379 )
日時: 2015/07/10 20:17
名前: 満天下有人 ID:oPloO2fo

中国バブル崩壊とは言え、13億人の巨大消費市場がある訳で、需要無き所に成長無し
の、経済の原則論からすれば、バブル崩壊による調整が済めば、已然として巨大生産、消費市場は存在し、消える訳ではない。

夕方のニュースで見た、埼玉県のどこかの川で、梅雨時の魚の乱舞を見て、大きくなると体長1mに及ぶ巨大魚、中国からやってきたハクレンとか言う中国原産種とか。食えない魚かと思ったら、中国では四大食用魚だというからには、何だか、何が原因で高くなっているのか分からない近海魚の代用品として、歓迎されるかも知れない(笑)。巨大国が周辺国を食わせてあげる光景を暗示している(笑)。

バブルがはじけた中国とは言え、資本主義導入結果の良し悪しは別にしても、中国共産主義的資本主義的経済の膨張は、まだまだ諸国に影響するだろう。目下のバブル崩壊は、調整過程なのかも知れない。むしろ、修正資本主義は、政治と表裏一体であり、修正できない要因を政治がどのように修正できるかに大きく依存している。案外中国が尚、世界の牽引車になり得るのは、資本主義を修正し得る強力な政治体制があるからとも言える。ここ一番!となった時には、歪みを一気に是正できる中央権力を持っている。

普段から中国経済の実情など、毎日ウオッチしている訳でも無い。爆買いの為に日本へ押し寄せてくる中国人買い物客の映像を見て、まだバブルを続ける実力があるのだなと、そんな程度でしか、見ていなかった。ギリシャ問題の結論は、12日まで延期されているので、この間に少しばかり中国の現状について、レビユーしてみると、経済的指標としての、鉱工業指数が、まだ伸びてはいるものの、その率が低下している、生産活力を示す電力消費量や、鉄道貨物輸送量の低下とか、色々あるが、経済原則である需要の側面から見ると、中国人爆買いは、すごい消費力をまだ維持していると、幻惑されてしまうのだが、それは一部バブル恩恵層による、贅沢消費であろう。

その購買力、消費力、それに対する危惧として、ご多分に漏れず格差が生じているのではないか、中国バブル、それを支える政府当局の財源は、大丈夫なのか、巨大経済圏であるが故に、その根拠がしっかりしていないと、世界は目茶苦茶になってしまう。格差放置して、その格差を繕うために考案されたあの米国サブローン。国民貯蓄も無いのに、借金漬けにしてしまったあの手法。

わが国は昔からの勤勉性によって、その結果としての貯蓄性向が高く、それが政府大借金を暗黙の内に支えて来ている訳だが、国が拠って立ってきた中国は、その歴史性からして庶民の警戒感は日本人以上に強く、それが世界第一位の貯蓄性向を保ってきた。

だが爆買いの映像を見ていて、中国人はもう消費オンリーの国民性に変わったのか、とも思ったが、それは一部バブル層による贅沢消費で、中国もご多分に漏れず格差が拡大、過剰不動産投資による物件が、キャッシュフローを産んでいないのも、格差拡大の所為によるものだろうと思える。


さような21世紀的資本主義的構造を植え付けたのは、他ならぬアメリカである。ただ、目下のバブル崩壊を、多分食い止めることが出来るのも、中国政治体制であろう。第二次大戦に入る前の西欧列強による中国進出、その尻馬に乗ったとしか思えない日本、その影響の下で、毛沢東が台頭した転換はあったにせよ、中国独自では経済構造を変え得なかった時代と違って、今では、それを変え得るのは、共産主義中央集権政治権力だろう。
修正主義云々も、所詮は、そう出来る政治パワーがあるかどうかにかかっている。民主主義的修正など、元々からしてムリなのである。人間なる生き物が、そしたものなのであるから・・・。現実とは、結局、ある既存の構造を変えるためのパワーは、集中された政治権力か、民衆パワーによる革命しかない。
わが国の構造を変え得るか、いや変わるかどうかは自主的パワーでなく、一重に米中パワーの動き次第による。中国には民主主義が無いとか、故に危険だから軍備増強の発想しかない低次元のことしか言えない連中に、何を変えることも出来ない。
メンテ
CPUシステムで動く社会 ( No.380 )
日時: 2015/07/11 07:50
名前: 満天下有人 ID:H3c56B22

8日にアメリカで同時に起ったシステム障害、NY証券取引所の取引一時停止、ユナイテッド航空のシステム障害による運行の全面停止、マスメデイアではWSJ誌も障害に見舞われ、一時ニュース発信が不能になっていた。

遡れば、米連邦政府システムがハッカーされ、ヒラリー次期大統領候補は、ハッカーは中国からだけではない、ロシアもそうだと、8日直前に内情を漏らしていたほどだ。我が国でも三菱重工や霞が関一部の官庁システムもハッカーされたことがあった。

NY証券取引所は幸い、バックアップは、証券取引の競合相手であるインターコンチネンタル取引所のシステムがNYSEに提供されて、取引再開。

ロイターに、アントニー・カリーなるジャーナリストが面白いことを言ってる。

007はゴールドフィンガーのセリフ「最初は行きずり、2度目は偶然、3度目は敵同士」・・・・8日の同時システム障害は、「ゾンビ黙示録(世界の終末)」の最初の徴候ととらえることも可能だ。だがコンピューターは、自動走行車の事例に見られるように、かつてなかったほど多くの商品を文字通り動かしている。コンピューターはまた、旧来の電力や水資源の業界でも運営上、より中心的な役割を担うようになると期待されている。

こうした状況は、複数のシステム障害が同時に発生する事態がより一般的になることを意味している。相互に関連した障害さえ増えるだろう。例えば交通信号システムが故障すれば運転手のいない自動走行車の走行ができなくなり、自宅のコンピューターに接続された車内のエンターテインメント機器に支障を来す状況が発生する。

振り返って見れば、人間という直観力とか、そこに混じっている良識、自己抑制心とか、そういう有機的なものが社会の抑制装置として働かなくなっている。米軍によるアフガンでの無人攻撃機・ドローンが、標的を間違えて結婚式場を攻撃してしまったとか・・・確かに米兵の命を犠牲にしたくない発想から生まれた兵器かも知れないが、相手の命はどうでも良いとの、勝手極まるシステムである。

翻って我が国を見てごらん。ネットウヨとしか見えないジミンシステムが大手を振ってのさばり始めている。中心プログラムの名を「シンゾーシステム」と言う。国民がノーと言っても動き出したものは止まらない。だって、システムにシンゾープログラムを入れたのは、他ならぬ国民なのだから。
メンテ
オリンピック新国立競技場建設費2520億円が意味するもの ( No.381 )
日時: 2015/07/11 13:35
名前: 満天下有人 ID:H3c56B22

ギリシャに中国と、そちらに目を奪われて、看過していた次期東京オリンピック新競技場の建設費が、1620億円から増えに増えて、ついに2520億円にまで増えて、その増額財源の一部500億円負担を文部省から求められて桝添知事が怒っている。

その建設費が妥当な物かどうか、基準を探していたら、あの派手な北京オリンピック、それでも競技場の建設費は630億円程度だったと言うから、今回東京新建設費の2520億円というものが、いかにベラボウなものかが分かる。
昨年五月段階での建設費が既に1625億円と、オリンピック史上最大のものであったのに、更に900億円も上乗されたことに驚く。

まあカネがあるなら、最新装置を持つこの競技場、勝手にやってくれだが、経済財政諮問委員会で日銀黒田総裁が、特にオフレコで発言したこの国の超借金額に、バーゼルの中央銀行委員会が、日本国債保有の市中銀行に対し規制措置=国債を更に買うなら、それをリスク資産と見做し、対応する自己資本金の積み増しを要求されている危機感を、首相や財務大臣が居る前で表明したことがリークされている。

このような財政悪化問題リスクが、徐々に表面化し始めている時、更には目の前でギリシャ問題が世界の金融市場を揺さぶっている時、中国はまあ、バブル崩壊なる勝手転げにせよ、世界がオカネ問題で揺れている時に、このような信じられないような、バカが考えてもおかしいなと思うような事が、平気で出て来ている。
建設費に確保されている財源は626億円しかないそうだ。内訳は国が392億円、スポーツ振興基金が125億円、totoの売り上げ金から109億円。

この626億円に+新国立競技場のネーミングライツ(命名権)で200億、totoの売り上げから660億が追加で供出されるそうだが、それでやっと昨年5月段階での、それでも目を見はるような1625億円にやっと追いつく程度である。

そこえ後900億円も追加する超豪華建設を行うというのだから、ただでさえシンゾー戦争法案で頭がしびれているのに、文部科学省は東京都に500億円を負担するよう言い出しているのである。しかし世の中、バカが支配し出すと、このように信じられないことが当たり前のように為されて来るのだ。

あのリーマンショック後に、経済刺激の為に14兆円も財政出動したあの麻生総理の時に、国立マンガ博物館建設の予算が組み込まれていたのには、驚いたものだが、今回のそれはもう、ヘリマネ感覚そのものである。空からカネをばら撒いているようなものである。バーゼル筋もさぞ、腰を抜かすことだろう(爆)。

情報を検索して見ると、どうやらこの下村博文なるアホ文科相が、文部科学省の外郭団体であるスポーツ新興センターJSCに天下りした無能文科省役人たちの言うがままに動いており、JSCの案をこれまた、バカ民間諮問委員会が儲かれば良いだけの理由で2520億円の支出を決定したというから、もうこの国、隅から隅まで、ズイ〜〜〜っと、頭がいかれてしまっている。この下村なるシンゾー軍団ならではのバカボン、数か月前に、自分の政治資金団体の疑惑を言われていた。一事が万事で今回も何かあるのではないかと、疑ってしまう。


更なる900億円の追加費用、そりゃ、950億円の屋根工区を担当する竹中工務店、1570億円のスタンド工区担当の大成建設は、何でも良い、多額の工事費となれば技術の発揮場所となり、売り上げも増える。後々の維持費年間35億円のことなど、関係ない。

この巨額予算になる設計原案を決定した世界的建築家として有名になった 安藤忠雄氏。さすがにTVマスコミは、何故こんなことになったのか分からないとして安藤氏を登場させた。氏は、新競技場建設民間諮問委員会の議長である。日本人設計家の案は却下し、イラク出身の英国設計家のザハ女史の案に決定した経緯がある。あの不便極まりない渋谷駅地下の改造設計を行った建築設計家である。
その連絡役を担ったJSC。まあ設計家は理想を追う者だ、だがそれをチエックするのが行政である。この国は、そこら辺のことがもう、グチャグチャになっている。そんな有り様について、バーゼルの国際銀行監視委員会も、さすがに回り回って世界金融システムへの影響に関し、野方図に見え出した日本の財政に対し、レッドカードの前にイエローカードを示そうとしている。

それはオリンピックにかかわる財政出動について、直接にどうこう言う訳では無く、全体としての日本の金融政策に関わるものとしての話で、シンゾーミクスに賛同していた日銀黒腹も、さすがにシンゾーと麻生にオフレコで苦言を呈したものと思われる。

バカにバカを掛け合はせると、その下方相乗効果は、果てしない状況を示すことになろう。現代ニッポンらしい光景になって来た。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.382 )
日時: 2015/07/11 14:12
名前: 贅六 @ 関西弁 ID:6GafZu1k

ホンに、この国の性質ちゅうもんのアホ臭い事言うたら、薩長がこの国を乗っ取って以来、イケイケどんどんの突っ走りだけで、一旦止まって考え直すちゅう事が出来ん国でおますなァ。

此れが一般の国民家庭の問題やったら、「銭も無いのに、こないなアホな事遣ってられんなァ、止めた、止めた!」てなもんでおますが、政治家や官僚の世界では、ブレーキちゅうもんが無いに等しいんだすなァ。

其れは何でかちゅうと、政治家や官僚は何事にも責任を取らへん、ちゅう犯罪的悪習が有るからでおます。今迄どんだけ政治で失敗しようと、官僚がヘマを遣らかそうと、責任を取った事がおますか? 世間が何を言おうと、何ぼ謗ろうと、カエルの面にションベン。恬として恥じる事無くノウノウとお国の血税を簒奪し続け、ワテら民草に負担を押し付け続けますわ。

東京の、オリンピック・スタディアム 建設費も其れとおんなじで、費用が掛り過ぎるんやったらデザインを見直して、予算内で収まるもん軌道修正せなアカンちゅう事をせんと、そのまま突っ走るんだす。

いっつも思うのは、日本ちゅう国の無責任体制は神代の昔からヤマタノオロチみたいな国で、どの頭がホンマの頭か訳が分からん国や、ちゅう事でおます。誰も決定権を発揮する奴は居らんし、だれも責任を取る奴も居らん、のが日本だすわ。
メンテ
新国立競技場 ( No.383 )
日時: 2015/07/11 15:29
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:fcsYnJws

英国設計家のザハ女史の案とは、巨大な2本の鉄骨に支えられたもので、従来の建物の構造と言うのではなく、巨大なアーチ橋を使って建物としたようなものです。

東京の永代橋を3倍くらい大きくし、その中に競技場、観客席を取り込んだようなものです。
この巨大な2本の鉄骨アーチの為に、700億円とかが増えたと聞いています。

(新国立競技場の写真)
http://ameblo.jp/mori-arch-econo/entry-11744493834.html


ところでスカイツリーの建設費をご存知でしょうか、総事業費は650億円と言われていますが、建設費は400億円です。
スカイツリーに使われた鉄骨は、4万トンと聞いています。
一般鋼材自体は、トン当たり8〜15万円で流通しています。
最高額としても、15×4=60億円です。
これに加工組立、その他の経費がかかるので、それをトン当たり30万円(通常は10〜15万円)として、4×30=120億円

都合鉄骨工事費は、スカイツリー1本で180〜200億円と見て差し支えないでしょう。
スカイツリーの場合は、高さがあるので地下部分に必要な建設費も高くなっています。

後に、新国立競技場の資料を添付しますが、巨大アーチ本を作るのにスカイツリー1本分の鉄骨工事が発生するとしても、2本で400億円とまり。

後の300億円はどこに消えてしまったのでしょう。
もちろん、英国の女性建築家の案にかこつけて、我が国の鉄鋼業界、建設業界がつるんで、安藤を焚きつけて強引に持って行ったのでしょう。

コンペなどと言うものは、このようなもので、デザインで決まるとは限りません。

安藤忠雄をは、おそらくコンペの審査員か、審査員を動かすことができたのでしょう。
安藤忠雄と言うのは、恐らく丹下健三以来の国際的著名人で、各種の賞を沢山受けています。
安藤は大学で建築を学ぶことはなく、ほとんど独学で地位を築いたと言われています。

確かに商売人としては、社会に取り入るのが上手かったのでしょう。
ですが、人格的には、安藤の設計した建物を受注し建築に当たった監督、または安藤の事務所に使われていた職員など、口々に安藤の傍若無人さを言います。

私は安藤の結構簡素なデザイン風は好きですが、人格的には買ってはいません。
安藤ならば、それくらい(英国の女性建築家の案を採用して鉄鋼業界、建設業界に恩を売る)のことはやるでしょう。

ヘリマネも、こう言うのは行けません。
その金が強者に渡るだけですから。


(追伸です)

秦の始皇帝じゃあるまいし。

国を滅ぼしてまで墳墓を作ることはなかろう!

安倍のバカタレ
メンテ
Re: 新国立競技場 ( No.384 )
日時: 2015/07/11 19:55
名前: 満天下有人 ID:H3c56B22

<後の300億円はどこに消えてしまったのでしょう。もちろん、英国の女性建築家の案にかこつけて、我が国の鉄鋼業界、建設業界がつるんで、安藤を焚きつけて強引に持って行ったのでしょう>

この国は、昔から己の生き残りを図るだけで、業界挙げて国を食い潰すのですね。

聞く所によれば、安藤なる設計家も、人格乏しい御仁の様子。政治がそのような要素を全部、見逃している。要するに「つるんで」いるということですね、政官財が。

今朝の政治バラエテイで、その安藤氏は、何でそんなに価格が増えたのか、自分は知らん、分からへん、と言ったとか(笑)。



メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.385 )
日時: 2015/07/11 21:24
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:fcsYnJws

イギリスのウェンブリー・スタジアムは収容人員でこそ、スペインのカンプ・ノウ競技場に僅かに及ばないが、カンプ・ノウがオープン型であるのに対して収容人員でも9万人を超えている上に、屋根付き競技場であり、世界一の施設となっている。
その建設費が、1500億円(190円/ポンド換算)です。

ドバイの超高層ホテル(620m)の建設費も1200億円と言われています。

それをいきなり、3000億円とは、見上げた根性としか言いようがありませんね。

まさか、その金、税金から出すのではないでしょうね。

東京オリンピックの為に格好を付けるのなら、東京都に出させるがよい。

舛添知事も500億円を出せと言われて怒っているそうです。
国から出せば、誰も文句を言えないとは、いい加減にして欲しいもの。

福島原発処理、原発再稼働防止や安保法制など、デモするネタは尽きないのに、国立競技場建設反対まで、やりきれない。
日本の政治はどこを向いてやっているのでしょう。

くそったれ、自民党ですが、聞けば国立競技場の予算として2500億円を計上したのは民主党内閣のときだそうですね。

やつら3000億円で騒いで見せて、2500億円くらいで手を打つ魂胆と見えます。
その2500億円も許すべからざる金額なのですが。

日本の現状からして、7〜800億円の総事業費でられば良いのです。

日本には頼れる政党などいないようです。

選挙に行くのが、ますます億劫ですね。
民主主義の意味がありません。

メンテ
Re: 新国立競技場疑惑>やはり出て来たサメ脳・森元首相の名前 ( No.386 )
日時: 2015/07/12 06:52
名前: 満天下有人 ID:wQjynK3s

スポーツ絡み、そして文部省絡みのイベントになると、必ず出て来るのがこの文教族の森元サメ脳首相。

同じ自民党清話会に属するシンゾーは、新国立競技場構想は民主党政権時代に決められたことだと、またまた責任を他に転化する聞くに堪えない汚さ。

当時既に次期オリンピック招致委員会に属していた森元首相。日本ラグビー協会長としても、新国立競技場で、何が何でも世界ラグビー大会を開きたい、ラグビー大会だけでは、こんな贅沢な競技場は造れない・・・・新競技場建設諮問委員会にも属していたのだから、その立場を利用し、当時既に出されていた目下紛争中の設計、新競技場建設に熱心で、諮問委員会議長の設計家・安藤忠雄に無言の圧力を加えていたことは、想像に難くない。

だからその安藤は、いつこんな巨額の建設費に変わったのか「分からへん」と、トボケるのもうなづける。逆に、その設計は民主党政権時代に決められたことだとのシンゾーの言は、辻褄が合わない。清話会として自分を総理大臣にしてくれたのも、森親分だから、そしてその親分は当時既にオリンピック招致委員会の会長、裏ではツーカーの間柄であることは、誰もが当然だと思うだろう。

そして下村文科相までが、費用のことは何も知らへん、分からへんと弁明する安藤氏に対し、設計と費用は別物だとする考えは、ズサン過ぎると安藤氏に責任を転嫁しおる。

そしてシンゾーだ。オリンピック東京招致に、人一倍熱心だったシンゾー。東京に決定したあの日に、TVで見たが、アルゼンチン・ブエノスアイレスでのIOC決定発表会に出ていた森元首相の喜びを受けてシンゾーが、福島原発は「アンダーコントロールされている」との、後にウソ付き代名詞として有名になったあのセリフと共に、目下紛争となった設計図案のとおり、過去最高の競技場も造りますと、自分から言っていたではないか。

この森喜郎やアベシンゾーを輩出したジミン清話会。元を辿ればシンゾーの祖父・岸信介が創立したようなものだ。後継者であった福田赳夫が他界し、シンゾーの親、安倍晋太郎が安倍派として引き継いできた歴史がある。竹下派の経世会に対抗してきたジミン有力な派閥だが、戦争好き集団であり、汚職の巣でもある。

何が「清」話会だと言うのだ、「濁」話会ではないのか・・・。

メンテ
新国立競技場疑惑>二代に亘るサメ脳首相による21世紀の墓標 ( No.387 )
日時: 2015/07/13 06:47
名前: 満天下有人 ID:n93hxrUU

この国は、天皇を中心とする神の国だ、アホ庶民は選挙があっても寝ていてくれと言った、あのサメ脳森元首相、そして同じジミン清話会から出た二代目バカ総理・シンゾー・・・

このバカが原発再開には力を入れ、財政悪化はそっちのけ、貧困層増大もそっちのけの増税、憲法違反もそっちのけの戦争法案の推進、・・・だが巨大アーチ建設は容認する。

招致委員会当時の事実上の委員長であり、東京に決定と同時に組織委員会会長となったサメ脳親分・森の意向を受けてのことは、もう見え見えで、それを民主党政権時代の事として責任を転嫁しておきながら、設計見直しやると、オリンピック開催まで時間が足りない、それを理由に、2520億円もの、更に追加予算を要する巨額競技場建設を容認するが如き姿勢を示しながら、民主党政権時代の所為にするその厚顔無恥さ。

ドロドロした新競技場建設を是正しようとする片鱗も無い、その姿勢から巨大な設計画を眺めていると、周りにはペンペン草が生い茂り、軍隊と巨大アーチだけが聳え立っている所に、疲弊した半数以上の高齢国民が、ぞろぞろ歩いている絵が浮かび上がってくる。

そのど真ん中に聳える新国立競技場、その光景を暗示する21世紀日本の、墓標に見え始めた。二枚のサメ脳総理の写真が巨大屋根に張り付き、さて、戒名は何にするか・・・。
メンテ
おっちゃん、バカ首相だらけのほかに防衛の幕僚長などのイラクにおける自衛隊の活動内容の記載が真っ黒塗にさっれて読めない! ( No.388 )
日時: 2015/07/13 13:06
名前: イントゥイッション ID:L3kfxT0.

イラクで自衛隊が40人以上も亡くなっていることの真実が隠されている!
   ↓
 
https://www.youtube.com/watch?v=qWnosVbojxw&index=5&list=PL306CCA134287EE3E

安倍のふにゃふにゃ答弁はいつもの通りだけど、それに相反する辻本清美議員がとても立派に見えます〜。

イラクでの自衛隊の活動は、自殺した人たちが存在すると発言しているけれど、イラクで見たもの!

つまり、アメリカの自作自演の真実を見てしまったので、口封じで殺されたものと思います!

戦争法案は、このイラクの事実を公開しないことには、戦争法案なんて。。。 だれが賛成するか!!!
メンテ
こりゃひどい!新国立競技場と安保法制に関するシンゾーの詭弁答弁 ( No.389 )
日時: 2015/07/13 16:18
名前: 満天下有人 ID:n93hxrUU

イントちゃん、国会予算員会のこのやり取りを聞いていると、このシンゾーという男、頭悪いを通り越してもう精神異常者だね。岸家の血筋が、こんな異常者を産んだのでしょうかねェ、しかもそんな精神破綻者が内閣総理大臣になれる国って、どこかの後進独裁国では、まま聞く話だけど、よりによって、まだまだここは、日本国なのですよね・・・

前半の新国立競技場の予算見直し問題、民主党政権が決めたことで、辻元議員が指摘されるムダ遣いについても、国民と同じく私も、心を痛めていると答弁。では、見直す余地があるとの総理見解と受け止めてよいかと畳みかけると、今度は、あのデザインに決定した時の付帯条項として、いくらかかるかも、その審議員会が決めることであったから、しょうがないと・・・それを覆い隠すように、デザインを今から変えるために国際コンペをやっていると、完成がオリンピックに間に合わない、と表現を変えて、これも既成事実として、やってしまうようだ。

それよりひどいのが、自衛隊による集団的自衛権執行による後方支援問題。辻元議員が、後方で攻撃を受ける危険がある時は、自衛隊を撤退させる、それが法律だとの前回の答弁、それに変わりはないかと問うと、皆そこを誤解し、自衛隊員の生命を危険に晒すと誤解しているようだが、だから何度も説明したように、そこを法律で縛っているのに、それを何故しつこく聞くのか・・・

さあ、舌鋒では負けていない辻元議員のこと(笑)、やおらシンゾーとあのNHK経営委員ウヨ坊主。百田との対談本を取り出して、この36頁に、『アセアン首脳会議で、集自権について説明した時、日本自衛隊は攻撃受けた時は撤退すると言い出して、アセアン主のは一様にビックリ。そこで百田が、集団で自衛権行使している時に、自衛隊だけが抜けるという事を、他の参加国はそれを認めない、というのが国際関係の常識ではないかと問うと、シンゾーは、同じことをインドネシアのユドヨノ大統領にも聞かれて、いや抜けないと答弁』・・・

経った今もソーリ、自衛隊安全のために撤退させると答弁されたばかりだが、これって、国内では戦闘に参加しない、外国には戦闘も諸外国と一緒にやる、頭が二つくっついたような理屈でやっていけるのかと追及すると・・・何だか、焦って来ると例の〇〇デチュネの舌足らずの舌で、それはデチュネ、ゴラン高原のPKOとデチュネ、混同されて・・・・・誤魔化しに必死。

こんなの、幼稚園児が聞いても明らかに矛盾というか辻褄も合わない論理、しかも酒の場でもあるまいし、白昼、国民の生命財産維持を論議する場で、堂々とまかり通ってしまう。いや、それを認めた訳ではない、と言ったところで、強行されてしまえば、どうにもならない。

しかし、もう単なるバカだと、看過する時期は過ぎてしまっている。明らかに精神以上の様相を見せ始めました。卑しいゴマスリマスコミも、世論調査では先週の毎日で今頃初めて、支持率と不支持率が逆転、今日は朝日と他にもう一社が、逆転世論調査を出していた。

これは強行採決に踏み来る相当のブレーキになるとは思うものの、それでも強行採決されたらどうしようもありません。それ以上に大事なことは、毎度言いますが、シンゾーは勿論、中谷に高村に岸田と、脳無し議員に札を入れてはいけないのです。入れておいて、後で大変なデモをせねばならなくなるとは、これもバカげた話です。まあやっと火はついて来たようですが、とにかく遅い!。
メンテ
戦争法制は、とにかく自衛隊を外地に連れていって、インチキテロ軍事組織にでも隊員を殺させて、日本国民が怒るのを引き出す積もりじゃないかな。 ( No.390 )
日時: 2015/07/13 23:36
名前: 青トマト ID:/zZDjlO2 メールを送信する

これまでは、自衛隊の海外派遣は、闇行為だったわけだ。

イラクにだって外国同士の戦争に、無理矢理に自衛隊をつれていった。

復興支援とかの理屈をつけてだ。

復興支援に武器は邪魔だろう。建設作業員や医師や看護師を派遣すればいいだけの話だ。

しかし、自衛隊を連れていった。

米英は、本当は自衛隊を戦闘員として引き込みたかったのだが、憲法の規制があって、行っても戦闘はできなかった。

それでは意味無いじゃないかと、英米は考えて、
「行って、戦闘しろ」と日本に命令して、

「ちゃんと戦闘できる法整備をしろ」とアベ政権に命令してきて、売国外務省防衛省官僚達がせっせと国を売ろうと励んで来たのだ。

で、とにかく自衛隊が外地に行ったら、養成したテロ戦闘部隊に攻撃させて、自衛隊員の何人かを殺害させる。

待ってましたと、日本では雇われ右翼が、
「報復せよ、テロリストを殲滅せよ」とわめき散らす。

国民の一部が頭に血がのぼって、
「やっちゃれ、報復だ」とわめきだして、

アベのような自民党公明党政権は、派兵の拡大を決定する。

影の米英は、「上手くいったわ。ジャップはアホだ」と大喜びだ。

この流れは、ロコウキョウ事件から始まる、泥沼の日華事変の拡大の事例と全く同じだ。

要するに、米英は、無理矢理に自衛隊を外国で戦わせたい訳だ。

日本を潰すためだよ。

まだ判らん人が沢山いるんだよね。旨いものとか旅行とかオシャレとかカラオケとかデートとか、そっちが大事なんだよな、お前ら人間か?

自衛隊員ではなく、お前らが男も女も旅行にいけよ。戦地に自動小銃担いで実弾込めてさ。撃ってみろ、雇われテロリストに。撃たれてみろよ。お前らが他人事と言ってる事はこういうことだと肌で知れよ。

こいつらが一番腹が立つ。
メンテ
強行採決のためのセレモニー、中央公聴会が終わり、いよいよ狂犬が発狂する ( No.391 )
日時: 2015/07/14 01:27
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

昨日、衆院安保特別委員会は、5人の識者なる者を呼んで意見を聞いた。

野党側の三名は当然、この安保法案に反対意見。反対しようがこれは関係ない。採決の為の単なるセレモニーで、これで形式手続きは済んだとして、シンゾー狂犬が公式に首輪を放されて戦争反対者に噛みつくことになる。

しかし与党側識者の意見って、聞いていて、一体、目はどこについている!と怒鳴りたくなってしまう。典型は外務省出身の岡本行夫の意見。海外で外国軍隊が日本人を救出した例を挙げ、安保法制を『各国の善意と犠牲で国民の生命、財産を守ってもらい、それで良しとしてきた日本の在り方を転換する』

では存立危機事態を何故標榜する?これは単に日本人救出などの問題を遥かに超える、戦争そのものに対する防衛概念であり、しかもその防衛を、個別自衛権から離れて集団でやろうとするものだ。それを単に日本人が救出されたとの、ほんの一、二例をあげて、それを今度は日本軍も参加しての集団的に救出するとの趣旨だから、画期的な転換だとするのは、外務省官僚でありまがら、ちょっと大げさすぎるし、集自権を一番最初に持ち出した時のシンゾーによる、日本人じっちゃん、子供を救出してくれる米軍の行為を想定したあの、子供じみた発想と何ら変わらず、日本人を助けてくれるとの美徳に、戦争法案の本質を隠そうとする以外の何物でも無い、子供じみた見解である。

あのイラク戦ではっきり覚えていることがある。米国による軍事開始の名分は、イラクによる大量破壊兵器の存在であった。結果、何も持っていなかった。多国籍軍もその頃から、何だかこの戦争、怪しげなものだと思い始めていた時、スペインだったと思うが、イラク戦報復としてすごい列車の転覆テロに見舞われて、スペインは、イラク戦から撤退してしまった。確かドイツもさっさと引揚げた。

残ったのは英国と日本。その英国も撤退開始したのに、後方支援であった自衛隊だけは、誰かの指示を待つかのように、最後まで残っていた。昨日のシンゾーによる、辻元議員の追及に対する答弁、後方支援であっても自衛隊は、生命の危険があるときは、撤退できるとする答弁。お前、イラク戦の時の小泉内閣で官房長官ではなかったか?米軍と共に事実上最後まで残っていながら、その実績も隠して何が日本の自主的撤退ができる安保法案だと言うのだ・・・

最初は日本人救出の為に、集自権が必要だtの改正目的の説明から始め、途中から段々その安保法案の本質が見え始め、すると、わが国に対する存立危険が発生した時にしか、集自権は発動しないとなり、裏返せば安保法制は、日本人救出を目的とするものではなく、要するに海外で戦争に参加する為の、しかも米国の戦争に加担する輪郭が浮かび上がってきた。

そして国民側が、この法案を理解していない、説明して行くといいながら、ジミンお手盛りのネットTVで説明、それも説明と言えるシロモノでもない、そして国会の公式の場での答弁は、子供でも分かる矛盾した物言いに終始する。しかも恥じらいの片鱗も無くだ。

そして多分、16日には強行採決に入る。それは参院での審議を睨んだ憲法59条による60日ルールを睨んだ日程の逆算しての採決と思われる。参院では与野党は過半数の議席は持っていない。参院が否決、あるい衆院で議決されて送付された法案を、60日以内に議決しない時は、議決した衆院に送り返されて、2/3の賛成で成立してしまう。衆院は目下、自公で2/3以上の議席を持っているから、この戦争法案は成立間違いない。

シンゾー狂犬が発狂するのは、その日程が頭に入っているからである。矛盾した説明など出来ない空っぽ頭でも、発狂の日程は計算できるのである。狂犬とは、元々から狂っているのだから今更発狂でもないのだが、潜在的に持っていた狂気が、表に出るという意味で、発狂するのだ。

この責任は、狂犬に権力を与えた国民にある。狂犬注意立札に該当するのが、憲法9条なのだが、立札など狂犬には何の役にも立たない。保健所で殺処分するしかないのだが、保健所に該当する司法がこれまた、立札無視の狂犬野放しだから、どうすることもできない。

残された手は、強行採決しても、次の発狂、わが国を現実に戦闘に参加させる海外派兵を、事実上できないように監視するしか方法がない。繰り返して言おう、全ての責任は国民にある。
メンテ
狂犬の扱いを知らない日本国民。自動車免許返上と同じく、投票権返上をさせてみたらどうかな? ( No.392 )
日時: 2015/07/14 02:07
名前: 青トマト ID:6pt3omqc メールを送信する

このセンゴサイダイの危機に臨んで、暇な事をヌカスナ!!とお叱りを受けるでしょうが、

勿論、これは冗談で、さもしく、がめつい国民が投票権を手離す筈はないのですが、

そういった現実論はさておいて、

車の免許証返上の制度がありますが、

もしも、選挙権返上の制度が出来たら、かなり多くの国民が返上するのではないか?と私は見ていますね。
政治なんて判らない。誰かにやってもらえばいいのだと考えてる人は結構、多いと思いますよ。

自公政権は、この制度は実現させません。

騙されやすくて政治に関心の薄い層に彼らは支えられて以拠しているのだから、国民が愚かで、その愚かさに以拠して生き延びてきてるのだから返上なんてあり得ないのです。

では、どうすれば良いか?

反対勢力は自分を高めて、自分達だけで政権に対峙してゆくほかにない。

選挙権をもて余している人たちは、放置しておく外に無いと思います。

時代が替われば彼らは邪魔をせずについてきます。

狂犬の群れは、政治権力は、国民の為にあるのではなく、自分達の為にあるのだと思っています。

これって、泥棒でしょ。

泥棒は捕まえて逮捕する他にないではありませんか。

裁判にかけて、刑を言い渡せばよいのです。
メンテ
投票権など、返上したも同じ ( No.393 )
日時: 2015/07/14 09:16
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

憲法を守るべき施政者側は、憲法など飾り物の棚におき、国民側もそれに対し身を挺して守る気概も無いから、この国では投票権などあって無いに等しい。この国は既に、立憲国家であることの片鱗も見えないし、いつか遠い未来において、立憲なるものが確立されるとの「夢」を、ほんの一部の国民が夢見て生存している後進国家に過ぎない。

狂行採決は今週中かと思っていたら、何と明日か!。前世期においてもこの国は、狂った施政者たちと、それを危険だとも思わなかった国民によって、何度か墓標が建った歴史がある。それに準じるなら、明日が21世紀に建てる墓標の記念すべき重要な日になる。

狂犬の発想は、こういうことではなかったろうか・・・マスコミの世論調査では、安保法案反対が徐々に増えて来た、だが、どのマスコミも提示していた質問事項に、「説明が足りない」とする民意が多かった。

裏返せば、では説明があって辻褄が合えば、この戦争法案を認めても良いようなニュアンスが、よく感じ取られたものだった。シンゾー一派は、ここに目をつけて、ならば会期延長して説明したことにすれば責任は果たせたことになるから、シンゾー自らがいみじくも言ったように、説明とは同じことを何時までもクダクダ言うものではない。一つのケジメを要する、と。それが明日なのだ。

マスコミの質問に乗せられてしまった国民。説明が不十分だ、などと言う誘導質問にひっかけられてしまった。こんな違憲法案など、最初からクダクダ言うな!!説明もヘッタクレも無い。よって全面撤回すべしとの、一本筋の入った骨のある反応を示さなかったから、狂犬どもに取り込まれてしまった。

いずれにしても、もう遅い。後は何度も言うが、せめてこの安保法案通りに事を実行させないようにするしかない。何とも幼稚で哀しい抵抗の仕方ではあるが、実に恥ずかしく、哀しいことである。まあ、こうなったら知ったこっちゃない。米軍の前にどんどん戦場に出されて頭おかしくされて来い。
メンテ
狂行採決!! 国民無視!! 残念ながら実態ですね。自殺しても殺されても、他人の事は気にかけぬ日本人だからね。あす15日は日本死刑の日!!と ( No.394 )
日時: 2015/07/14 09:30
名前: 青トマト ID:6pt3omqc メールを送信する

満点下有人様、ストレートに仰いますね。

全く同感でございますが、私はこれまでも遠慮して書いてきていますねえ、やはり。

自分で気がついてなかったのですが、天橋立の愚痴人間様に指摘されたのは、この事だったのですね。

七 一五 の日は、 足せば、一三となるので、

13階段を登らせる日なのです。日本を殺す、死刑にする日なのです。

アベ達には思想も信仰も無いから、気が付かないし、国民の大多数は気が付かないのです。

まあ、これはポツダム宣言の二回目であって、そのいみも込めて、原爆に倣って原発再稼働させるんじゃないかな。

死刑申し渡し、つまりは戦争法制を整備して、TPPで内部から壊しつつ、日本を死刑にして行くのです。

私が相手の立場なら、そのように壊しますからねえ。

まあ、でも気がついた国民が多数出てきた事は救いですよ。

豚鶏となった国民は、残念ながら放っておくしかない。なにしろ人間の地位を放棄してるんだから打っても響かないから。

古代に渡来帰化人達に密かに占領占拠された飛鳥奈良時代と同じなのが現在で、在日米軍が居るから、もっとわかりやすい筈です。

これから平安時代へと道は遠いが、日本らしい時代へと向かうんじゃないですか。

やっと、かなりの国民が、自公政権と官僚支配は、国民の為のものではなく、外国の為のものと気が付いた訳で、気が付かないよりは大きな進歩でございますよ。


メンテ
今日は平成の二大墓標鍬入れ記念日である。 ( No.395 )
日時: 2015/07/15 06:53
名前: 満天下有人 ID:aFgQuxQ6

建立者は二大国賊、シンゾーとその親分である森喜郎サメ脳元首相。この二人による墓標は集団的自衛権の名の下に、わが国の存立危機に関わるかどうかも曖昧な戦争にも、特にそれがアメリカによって仕掛けられたものなら、どこにでも戦争しに行く安保法案の成立であり、も一つはあの無責任極まる決定によって、工費が青天井になる新国立競技場である。

葬られるのは言うまでもなく主権者である国民である。この二大墓標に対し、主権者国民はいずれも反対しているのに、戦争法案は本日午後、狂行採決される。新国立競技場についてはサメ脳森元首相が、3千億円かかろうがいくらかかろうが、決めろと圧力をかけていたことが、関係者の話であちこちで漏れ始めている。

あの珍太郎前東京都知事など、足りない分は、一人千円増税すれば穴埋め可能だと言っていたそうだ。しかも建設後の維持費がこれがまた巨額で、赤字の垂れ流しになるのは、目に見えているというのにだ。

元NHK記者の池田信夫が昨日表現していたが、主権者がどうもおかしいと思うことを、時間がないとして強行する状況は、あの太平洋戦争に突入した時の状況とよく似ていると。ほとんどの人はアメリカには勝てないと分かっていた。あの海軍総司令官・山本五十六元帥は、やるというなら1年間は暴れて見せる、と(言外に、それ以上の対米相手の戦争継続はムリだと)。それでも東条英機は、ここまで来たら引き下がれない、それもすぐに始めないと「間に合わない」と強硬に主張して墓穴を掘ってしまった。

シンゾーが言う、新国立競技場の設計見直しをやっていたら、間に合わないという言と全く同じである。さすが、太平洋戦争主導者の一人であった岸信介を先祖に持つ家系のことはある。

しかも、設計コンペで二位ではあったが、美観もありコストも拡大に安くてすむ立派な設計案もある。それに切り替えれば簡単に済むことだが、そうしたくないヘッドが森喜郎元総理と、その子分シンゾーなのだ。

国賊とは何か・・・当たり前のことだが、主権者は国民である。それが反対しているのに狂行する行為は、国賊である。そして国民を葬る墓穴は、大きいほど良いとしか思わないのが、国賊の特徴である。その力は強大で、墓穴穴掘りを阻止することは不可能なのである。日頃からよほど注意しておかない限り・・・。

その記念日が今日である。
メンテ
今日は平成の二大墓標鍬入れ記念日(2)>午後乱闘が見れるかも。 ( No.396 )
日時: 2015/07/15 09:14
名前: 満天下有人 ID:aFgQuxQ6

野党は一様に、国家の在り方を変えてしまうような安保法案の強行採決は、認められないと息巻いているが、自公与党は採決すると言ってるのだから、法案は成立することになる。本会議にかけても自公は2/3以上の議席を持っているのだから・・・

そして野党は、法案整理由断固阻止するとも言ってるが、阻止出来る具体的な方法は、与党議員及び特別委員会の議長を議場に入れないことしか無い。

バリケードでも築いて阻止するのだろうか・・・久しぶりに乱闘が見れるぞ(笑)。

いくら真面目に考えても、そもそもからして国民が、このような連中に2/3もの議席を与えてしまったことは、どうぞやってくれとの意思表示でもあったのだから、真面目に考えることが馬鹿馬鹿しくなって来る。

乱闘があるなら、久しぶりに議員レスラー興業でも、大いに楽しもう(爆笑)。アントニオ猪木が委員でないのが寂しいな(笑)。まあ、参議院で見れるかもな。


メンテ
平成の二大墓標鍬入れ記念日(2)>シンゾーが土壇場で責任回避答弁 ( No.397 )
日時: 2015/07/15 12:15
名前: 満天下有人 ID:aFgQuxQ6

午前中の衆院平和安全保障委員会でシンゾーが、世論調査を背景に国民の理解が進んでいないのは事実で、ここから先は、採決される委員全員の判断だと、また他人事のように責任を転嫁し始めた。

この「国民の理解が進んでいない」との言い回しに注意。国民はよく分からないから反対しているのではない。この法案がいかに危険か「理解している」から、やっと猛反対の意志を示し始めたのだ。このバカ男は、バカなりに巧妙に言い回しを他に転嫁する、何といえない育ちの悪さが鼻につく。

新国立競技場に関する政府責任の時も、国民が批判しているのは解っている、後は組織委員会が判断することだと、人の所為にするする無責任方程式と、全く同じ式を持ち出した。

要するに、自己判断力に欠ける子供が、最初はダダをこねて、自分で処理できなくなると、誰か決めてよという、丸でガキ小僧が内閣総理大臣である国なのだ、ここは・・・

まあ、そのような光景は昔から分かっていたことだと、毎度同じことを申して恐縮ながら、しかし、久しぶりに期待した乱闘が、どうやら見れそうにない、残念だ!!(爆)。

メンテ
平成の墓標(3)>安保法案あっさり成立 ( No.398 )
日時: 2015/07/15 17:15
名前: 満天下有人 ID:aFgQuxQ6

殴り合いのバトルを期待したが(笑)、お行儀よく戦争法案が成立してしまった。野党の抵抗も、今時の大人しくてお行儀良い世相を反映して、何とも早や、法案出す側も、深い思想など微塵も感じれないバカボン集団。

これに対抗する側も、辻元議員の涙の絶叫、議長席にアベ政治を許さないとのプラカードを掲げての、単なる抗議の意思表示にしかならない抵抗に象徴されるように、お坊ちゃん、お嬢ちゃんたちの、子供のような抵抗しか無く、ある意味では今後の歴史の転換点ともなるこの法案は、あっさりと決定されてしまった。

審議無効にするための議長のマイクを奪う行動も、何だか迫力無し。何に対してもただ優しいのだな、いやアメリカに対しては別か。

墓標建立は決まった。かくして漂流船は、墓標を旗艦に掲げて、出航する。先ずは尖閣に向かうか?。


費用が更にはらむ。新国立競技場も含めて、要するカネなど、日銀に印刷させれば良い、同時に増税すれば良いってか(笑)。
メンテ
何故、どうして施政者どもは、国民生活を常に揺さぶるのか? ( No.399 )
日時: 2015/07/15 19:48
名前: 満天下有人 ID:aFgQuxQ6

シンゾーが権力者にカムバックして以来、派遣労働法の改正、社会保障費の削減、一方で増税しながらムダなオリンピック費用にはカネを出し、何故態々戦争できるようにするのか、九州では大分で震度5の地震も発生しているのに、原発は再開しおる。

何故、どうしてここに生活する国民の、平常な生活を揺り動かすのか、何故そうしないとこの国は沈むというのか、そこら辺の感覚が、ほんとに心底から分からない。

国民の平穏な日常生活を揺り動かさないと、何故、落ち着かないのか?、何故落着いた政治が出来ないのか、国民を落ち着かせない為に、何故態々政治の場に出て来るのか?

今日の戦争出来る法案の委員会成立を見て、ほんとに一生活者としての疑問が、一気に吹き上がってしまった。整然と論理立てて考えるにつけ、ほんとに頭がおかしくなってくる。気違い相手にすると、こちらの気がおかしくなってしまう。
メンテ
国際情勢を冷静に分析、その上で未来をも視野に入れた安保を唱える政治家は居ないのか ( No.400 )
日時: 2015/07/16 09:43
名前: 満天下有人 ID:9DKn2Z3M

安保法案成立に伴い、スダレ官房長官が、野党も国際情勢の危機は解っていて、反対する、それが悲しいみたいな言い方で、国民意思には触れないコメントを出した。

シンゾーが国民に分かりやすく説明するとしたジミンネットTVで、あの根性曲りの元テレ朝アナの丸川珠代がシンゾーに相槌を打って、ホルムズ海峡機雷除去に反対していた当時の社民党の辻元議員は、自分のNPOであの海域でイラク戦反対航海をした時に、自衛隊に護衛を依頼していたとネットTVで発言。

辻元議員がそんな事実は無いとカンカンになって怒ると、書面で謝罪したらしいが、これもスダレ官房長官の、問題を色眼鏡でしか見れない無能与党の安保に対する底の浅さが読める。

要するに今回の急ぎ安保法案の成立は、米政府の全面的指示でもない、アーミテージ、ジョセフナイ、マイケルグリーンなどの単なる米一部のジャパンハンドラーズによる恫喝に、国内では偉そうにしているそこら辺の跳ね上がり暴走族チンピラどもが、驚いてひれ伏しただけの単純な行為であろう。そのような歴史上でも画期的な転換を、憲法をも無視してやった事に、恐ろしさを感じる。

米政府による全面的指示ではないことは、あのシンゾー訪米が証明した事である。米議会での演説をしぶっていた米政界、演説を許したのは多分、ジャパンハンドラーズたちの工作によって、TPPでは多国籍企業の目論見を認めさせるとのエサを撒いたからであろう。

全米世論とて、日本が中国と対峙することに両手を挙げて支持するとも思えない。米財政を支えているのは日本だけではない、中国の方が、売却するとの材料を持っているから力がある。

ただ野党叩きでもって、安保法案を説明しようとする所に、安保に関する深い洞察のカケラの無さが如実に表れている。敗戦し講和条約締結されても、それを巧妙に日本利用に使ってきたアアメリカの高度な国際戦略政治技術。でもその本質を良く見透かして、何でもかでもイエスとは言わなかった政治家は、沢山いたと思う。

戦後日本の対米同盟を貫いていた軸は、冷戦による米国の共産主義封じ込めであった。我が方は、それを受け入れる姿勢を示しながら、一方で現実の戦闘には参加せずに、経済的発展を遂げることが出来た。何でもイエスではなくうまくやる政治家が居た。そして自衛隊も、「存在」しておれば良いだけの存在であったから、そして米国も、新憲法制定した手前、そう簡単に自衛隊を戦場に出せとは言えなかった。それを最初に口に出したのが、イラク戦でのあのアーミテージ国務次官補であった。それも米政府意向と言うよりは、日本支配したいグループ員としてであった。政権を維持したい小泉は、それに逆らえなかっただけのことである。小泉も、森サメ脳首相、脳無しシンゾー首相と同じジミン清話会の一員である。

昨日、石破れ元防衛大臣が、今回の安保法案は国民に理解されていないと、よりによって採決前日になって、いかにもジミンは全員が賛成している訳ではないとの、今回の強行採決でジミンがまずいことになった時の、己のアリバイ作りが見え見えの発言をしていた。ほんとに国民が反対していると思うなら、ギリギリの日になって言う筈がない(笑)。二階進バルカン政治家も、新国立競技場疑惑について、計画を見直すべきだと言い出した事も、これも巧妙なアリバイ作りに過ぎず、石破れと同じ類の脳思考である。

そもそも石破れは、防衛庁長官偉大の2004年に、防衛白書で「存在する自衛隊から機能する自衛隊へ」として、冷戦時代に存在し訓練さえ実行しておけば、米国にもガタガタ言われずに済んだ時代転換を暗示していた。

その時でさえ、国家安全保障に関する、憲法の精神と抱合せた根本的発想は無く、国防に関する基本理念は無いままに「機能」する自衛隊を謳い、それは基本的思想に裏付けされたものでもないから、「機能する」ではなく、「機能させる」為の自衛隊としか把握されなかった。言い換えると、機能させるには、アメリカに言はれるがままに、自衛隊を行かせれば、それで機能する事になる(笑)。

近年、特に2000年以降、自衛隊を具体的に機能させる国家戦略無きままに、戦闘の想定による戦場の範囲とか、やれどこそこの国がどうしたから、こうだとか、そんな机上の事ばかりに議論が集中している。それは憲法の精神から考えて見る、とか、憲法概念を変えるくらいに国際関係は緊迫しているとシンゾーどもが言うなら、先ずそこを軸に根本から考えて見る必要があり、故に憲法改正議論から入るべきなのである。

国民が理解できないこととは、どこかの国が米軍を攻撃し、それが我が国の国家存亡にかかわるから、だとか、そんな枝葉の事を説明不足だとしているのではない。今の時代にあって、そしてその状況が未来永劫に続くのか、そのような根本の所から国家安全保障を考えて、その上で原則である憲法概念から考えて見るべきことではないのか・・・審議時間が十分過ぎたからとか、そんな胆略的な発想、そしてただ野党叩きの浅くて下劣な発想しかない動機で時代転換をやられたのでは、たまったものではない。

自衛隊を機能的に使うと言う場合でも、そのことは国家的戦略に裏打ちされたものでなければならない筈ではないのか?それも無くて、どうやって軍隊を健全に使うことが出来るのだ?それでは単に、そこら辺の暴走族が、ええい、やっちまえ、程度の発想で血を流すことと同じ有様になる。

国際関係の現状と、それがどのように変化するだろうか、目の上のタンコブ中国牽制だけの発想で、事を急ぐ必要があるのか、冷静に総括的に熟考できる政治家は居ないのか?。
メンテ
おっちゃんの分析はさすがですね。 ( No.401 )
日時: 2015/07/16 14:27
名前: イントゥイッション ID:pXEvr62w

>米政府による全面的指示ではないことは、あのシンゾー訪米が証明した事である。米議会での演説をしぶっていた米政界、演説を許したのは多分、ジャパンハンドラーズたちの工作によって、TPPでは多国籍企業の目論見を認めさせるとのエサを撒いたからであろう。

さすがオッチャンの分析は鋭いです。シンゾ〜の兄弟が支配する三菱を主体とする武器商人が日本に増えたことが、最悪のことです。

今、またターミネーターの映画が放映されました。。。 そんなロボット戦争ゲームを安倍シンゾーは目指しているんでしょう。

メンテ
RE:ロボット戦争ゲームを楽しむシンゾー ( No.402 )
日時: 2015/07/16 16:01
名前: 満天下有人 ID:9DKn2Z3M

全くですね、イントちゃん・・・東京新聞ワシントン特派員が、米政府当局の発表として、あの欠陥オスプレイ17機約3400億円を、特別に日本へ売却すると伝えているようです。

外国へ重要武器を売るのは、日本が始めてみたいな、勿体ぶった言い回しですが、あんな欠陥品、しかも価格が一機50億円と高くて、どこも欲しくないのが実態でしょう。

それをいくら維持費込みとは言え、四倍もの値段で買うのですからね、新国立競技場のすごい建設価格もそうですが、一方では消費税増税、社会保障費増加には枠をはめて来る財政状態なのに、ほんとによくオカネを捻出できるものだと、ほとほと感心します。インチキ捻出の財源は、絶対に国民には回しません。

見てください、あの森サメ脳元首相、世紀を象徴する新国立競技場だから、4千億円かかっても良いと言うし、石原前東京都知事は、東京へ仕事しにくる準都民に一人千円の税金を徴収しろと、とんでもないことを言いだします。

そのうちシンゾーは、官邸に向けて飛ばされたプラモデルのドローンでなく、あの不気味な巨体の本物のドーロンを買うと言い出すかも・・・自衛隊員を運ぶために尖閣に向けて飛んだオスプレイが、撃墜されたら、次はドロ−ンを北京に飛ばす積りかも(笑)。

その間に4千発も持っている中国ミサイルが、こちらへ向けて発射されて、あっと言う間に焼野原(笑)、米軍を助ける為の後方支援、あるいは一緒に戦うとする安保法案なんぞ、意味を成さない、愚の骨頂です。

でもそれをやる。軍事産業育成であることは見え見えです。
メンテ
レンジャー部隊にいた元自衛官、「アベ首相の言うように運用すれば小隊は全滅」。全滅させて増派出来れば思う壺。 ( No.403 )
日時: 2015/07/16 17:10
名前: 青トマト ID:lU0awRx2 メールを送信する

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-7239.html

いやあ、全滅だって、出鱈目だって、彼らは構わないのです。

アベは何も知らないだけの事。日本人なんか戦死してくれればいい。

くれなければ困るんだ。

石破、さすが悪役の顔つきだ。

日本は、今まで、憲法の陰に隠れて、兵隊(自衛隊員)を殺さずに来て逃げ回ってきた。

仮に砲撃受けて死んでいたにしても、自殺扱いや事故扱いしてきたかもしれない。

でも、これからは、アベが使えたお陰で、

公然と「日本兵戦死」と言わせることが出来るのだ。

盧溝橋事件と同じで、日本軍(自衛隊)派兵をバンバンやらせられる。

極東のイスラエルとして使役できる。

国民の金と食糧安保は日銀金融超緩和とTPPで奪い去って、米国の後を追わせればよい。

規模の小さい北朝鮮にかわって、日本を極東のガン細胞に仕立てあげられる。

日本イスラエルは、中東のイスラエルにより使えそうだぞ。

軍事技術も世界一流だ。自衛隊は強くなくても構わないのだ。

弱い方が国が潰れてくれるには好都合なんだから。

二流三流の悪人の石破とか二階とか公明党幹部は、所詮、ついて行くだけの、鮫の糞にすぎない。

メンテ
・・・草木も眠る丑三つ時、シンゾーの頬をさ〜っと、一陣の冷たい風が・・・ ( No.404 )
日時: 2015/07/16 21:40
名前: 満天下有人 ID:9DKn2Z3M

腹の底に響き亘るような低音の読経の音に根が覚めると、シンゾー地元の赤間神社に伝わる怨念の平家亡霊を弔う耳なし芳一が、靖国に祀られている兵隊たちの戒名で体中をうめつくした姿で、宙に浮いたままで、読経を続けている。

恨み声は全て、オレ達は何の為に死んだのかとの、琵琶の旋律に乗った怨念の声であった。

それが毎夜深夜に現れる。家中を般若心経の経文で、家の外も屋根にまで張りつけて見たものの、効果は全くなかった。日に日に祟られたシンゾーは衰弱して行ったそうな。結末は下痢の再発を伴って、どうなったかは分かっていない。

平成の墓標、戦争法案にまつわる、夏の夜の怪談でした(爆)。
メンテ
ギリシャとEU、ギリシャ危機回避でやっと合意に達する ( No.405 )
日時: 2015/07/20 16:14
名前: 満天下有人 ID:LP2Vwt7I

EU発足後初の離脱国となるか、世界注目の的であったギリシャ危機に対する対策がやっと合意に達したようだ。

EUが引き続きギリシャをEU圏内に引きとどめるか、でも無条件では困る、ギリシャ側もEU離脱かと思わせた国民投票による、EU条件ノーの意思表示で、EU離脱かと思わせたが、独立後の単独行動には無理がある、国家破綻になる可能性が高いと判断したのであろう、チプラス首相はEU条件を呑むと妥協。EU側はその妥協をギリシャ議会で法制化せよと条件を更に引き締め、ギリシャはそれにも合意。

法制化まで求められた内容の数値はまだ公表されていないが、日本の消費税に相当する付加価値税VATの増税、年金の減額などの法案成立が条件で、その法制化を見届けたうえで、EUは金融支援を再開すると言ってたから、法制化されたのだろう。
EUによる追加金融支援額は1300億ユーロ、約17兆円で、まだ返済プログラム上にあるECBやIMFへの過去の債務を、期日に返済実行することも、条件にされている。増税、年金減額でその財源を確保するしんどさは、これまでと同じだろうから(成長が見込めない以上は)、それでもEU側はギリシャ離脱によるユーロへの影響、ギリシャ側は離脱後の辛苦乗り越えに自信がなく、双方の弱点が合意に達しせしめたと言える。

そして何よりも世情不安にさせる銀行預金封鎖を、取り付け騒ぎを起こさないように解除することが重要だとクギを刺している。さてユーロ札が銀行に供給再開された時、年金受給者が行儀よくして、銀行に殺到しないのかどうか、ECBが資金供給呈したあの時の、銀行襲撃一歩手前の民衆の殺到ぶりが再現されないかどうか・・・

まあ、きついこと言わずに助けてやれよとの、情緒論もある。だがユーロ札もタダではくれない。ギリシャ独立にせよ、ドラクマ紙幣の価値維持に自信がない。最古の紙幣は10世紀中国・宋の交子紙幣だったと思うが、貴重な銅通貨の銅の流出を怖れて宋は、辺境では鉄貨しか使わせなかった、その重さの不便さの所為で、鉄銭との交換手形として交子を発行、紙幣とはいつの時代でも、実物価値に担保されないものは、紙幣価値すらなかった。誰も相手にしない。その証拠に最古の紙幣とて、塩や年貢の対価としてしか発行されていないシロモノなのだ。現代管理通貨制度のもとにあっては、最終担保は政府の徴税権である。預金封鎖も広義の徴税権である。だからEUは増税を求めている。

わが国でもそれを証明する発言が出ている。例の新国立競技場の多額建設に要する札束。森サメ脳元首相や石原前都知事が言う、増税で賄えというのが、それに該当する。誰かが担保しないとお札はタダでは誰もくれない。ギリシャもただ、欧州文明の元祖というプライドだけでは、誰も経済実物として信用しない。
メンテ
これでシンゾー政権の、長期政権化が、見えてきた。 ( No.406 )
日時: 2015/07/17 13:07
名前: 満天下有人 ID:yJ68zwLA

夜な夜なあの琵琶法師、耳無し芳一の怨霊呪文には、参ったが、待てよ、何も芳一呪文に頼らずとも、長期政権の可能性はあるではないか!

真夜中にそれに気がついたシンゾー、冷静になってみれば、何の、トロイ国民をたぶらかすのは、訳も無いことではなかったか・・・僅か25%の支持で、念願の戦争法案も成立させた、何?あと60日立たないと、最終決定とjは言えない?

それを誤魔化す方法があるではないか。耳無し芳一呪文よりも強力な手がある。そう、新国立競技場の建設案を見直させる手がある。まあトロイ国民のことだ、おや、シンゾーさんて意外に目配りする所もあるんだと、怒りも少し和らぐだろう。

そして膝元の党内、閣僚では石破がゴチャゴチャ言いだしたようだが、あんなの秋の内閣改造で、放りだせば、後は全員、私に従う筈だ。何故か、次の選挙までにオレに対抗する野党など、勢力が拡大する気配も無いからな、少数でも束になろうとの動きも無い・・・となると、敗北の可能性は限りなく0に近ずくジミン党員、オレにくっついていた方が得だと思うからな。

更に最大の武器は、オバマが特に何も言いだしていない。本音では日本に憲法改正させてでも、アメリカの戦争の半分でも自衛隊が血を流して負担してくれれば、ほんとに助かる。その本音をシンゾーという男が、憲法改正せずともやってのけてくれたのだから、こりゃすごいと思っている筈だ。何しろ憲法を法律で無効にさせた総理大臣は、中世はともかく立憲主義の近代国家ではオレが最初だろう。

後は、戦争法案強行採決を報道させなかったNHKに、逆に、新国立競技場の見直しを、首相自ら率先してやりだしたと、連日報道させれば、それでOK。籾井を会長にさせてやった効果があったというものだ。

・・・かくしてシンゾー政権の長期化が定まったと思いますね。昔なら自民党内からもひきずり降ろしの圧力が出たものだが、今や、引きずり降ろしの最大の武器であった筈の、憲法無視の軍事優先のとんでもない法改正。その打倒が独裁政治を倒す絶好のチャンスとなるのに、国民が逃してしまった。
メンテ
シンゾー政権の長期政権化(2)>案の定、報道は、新国立競技場問題へすり替え ( No.407 )
日時: 2015/07/18 10:41
名前: 満天下有人 ID:n101Butk

前稿で、安保法案採決に関する報道は下火になり、代わってシンゾーによる、さも英断を下したかのような報道が、一斉に流されると予想したが、その通りになっている。

昨夜か、どこかの料亭で会談したシンゾーと、その親分・森喜郎。両者ともに難しい顔して、特に今日のシンゾーの公式記者会見では、重々しく、国民にこれだけの反対があることを、強行することは出来ないと・・・(爆笑)・・・では、あれほど世論が反対した安保法案の強行は、どう説明するのだ、ガハハハッ!!

そして街行く庶民、特にオバハンたち、ああ良かった、あんな競技場に2520億円もオカネかけるなんて、「やはり総理大臣が決断してくれたのね・・・」

問題は、ここ、総理が決断してくれたのねという浅はかな国民の判断。前稿でシンゾー政権は長期政権になると言ったキモはそこにあ
る。予想した通りのマスコミによる、安保法案から新国立競技場への焦点の移動、そしてその通りに目眩まされる国民・・・朝予想したことが夕方に、現実に目の前に現れるとは、予想ははずれるかと内心ビビッテはいたが、余りもの一致に、些かビックリしてしまう。

シンゾーと森親分の料亭会談。中身は想像できる。森さんよ、やっと安保法案を通したのだから、国民の安保法案にたいする目そらしに、新国立競技場問題を、白紙に戻すとの、私の決定に同意してくれませんか・・・そうでないとせっかくの清話会による政治権力の維持が難しくなります。

民衆は必ず新国立競技場に関する私の英断として、評価する筈です。

そしてマスコミは、いかにも深刻に考えた末だと言わぬバカリノシンゾーの表情を、どの局も取り上げている。安保法制に対する批判的報道など皆無だ。過ぎ去った台風の報道も多すぎる。

桝添知事は、競技場の見直しについて、白紙に戻すとの総理大臣判断があれば、それに従うだけだ。ただ、2520億円を認めたのも内閣であった。そこが朝令暮改するのだから、都としては振り回されているとしか、言いようがない、と。その通りである。
も一つ分からなかった事、それはどのマスコミも賛成多数で安保法案が成立したと書いている。その中身が分からない。あちこちの大手新聞社に聞いてみると、野党は採決には投票せずに退席。このようなケースでは、議員が投票札をもって賛否箱に札入れする必要は、無いらしい。衆院議長は、議場に残っていた自公議員=316議員数で十分、過半数になるから、賛成多数で法案は成立しました、ということになるらしい。

ただし、採決事前に野党が、記名式投票を求めるとの、1/5の議員請求があると、記名式投票になるらしい。
こんな、わが国にとっては世紀の大変動となる国家の在り方を根本に変えるイベントについて、ただプラカードを掲げて小委員会議長席に詰め寄る程度の野党、詰め寄った後はそのプラカードも、その場に捨て去るだけ、・・・上記、目をすぐにそらされてしまう国民性と合わせて、この野党によるただ、反対を唱えるだけの有り様、シンゾーはその野党のずさんさもちゃんと見ている。そしてそのうち、ジミン議員からも造反が起るとの予測についての裏付けも取ってみたく、ほんとに自公全議員が賛成票を投じたのか、知ろうとしたが、記名式投票ではなかったから、中身が分からない。

いずれにしても、シンゾーを取り巻く客観的情勢よりも、もしシンゾー政権が年内にでも頓挫するとするなら、それは前回と同じく、シンゾー自身の健康問題による場合だけであろう。
メンテ
日本の最高裁判所に日本の旗の横に、な、なんとアメリカの国旗が!!!裁判所がアメリカの似非ユダヤハザールテロ政府に乗っ取られています!!! ( No.408 )
日時: 2015/07/18 11:42
名前: イントゥイッション ID:RVlZWBI.

おっちゃん、大変です。
ツィートTVを見てたら、大発見!

この戦争法案強行採決の時期に、最高裁判所にアメリカの旗が。。。

日本の最高裁が、アメリカの似非ユダヤハザールに乗っ取られています!!!

ブッシュ戦争屋政権の時のロバーツ長官が43年ぶりに来日。。。

何しに来たんでしょう!!!
   ↓
https://www.youtube.com/watch?v=MTJ-ZFGH_50
メンテ
Re:星条旗掲げる最高裁が、憲法判断など出来る筈がない。 ( No.409 )
日時: 2015/07/18 18:09
名前: 満天下有人 ID:n101Butk

ほんとだ、星条旗が日の丸の横ではためいている、驚きました。

あの界隈は、普通の生活者には縁遠い場所で、おっちゃんも地裁には用事があって、よく行きましたが(笑)、最高裁は写真で石棺のような建物を見ただけで、行ったこともなく、ほんとに驚きました。

今回の安保法案国会でも、ジミン副総裁のアホ法学士・高村が、昭和35年の古い砂川事件に関わる最高裁の合憲判決を持ち出して、トンチンカンな勘違い解釈をやっておりましたね。その判決が集団的自衛権を認めていると・・・

既に先月にも書きましたように、砂川事件。砂川基地拡張を巡って反対運動の学生、市民が基地に入り込んで、騒いだ事件で、当時の一審判事、伊達裁判長は、そもそも米軍駐留は違憲であるとする有名になった伊達判決を下しました。

これに対し最高裁は、9条は自衛権を否定はしていない。9条第二項が禁止する戦力とは、わが国が主体となって指揮権、管理権を行使し得る戦力のことを言うから、わが国に駐留する外国の軍隊は、憲法違反には該当しない。

如何でしょう。さすが東大金時計組の秀才が仰ることは、奇想天外な最高の詭弁を弄されて、頭が悪い庶民には、何のこっちゃと、訳が分かりませんね・・・訳が分からないことを、同じく頭が悪いとはいえ、施政者たちは有難がって、正しい憲法解釋だとするのですね(笑)。

その憲法判断を出したのが、当時の田中耕太郎最高裁長官です。外務省官僚OBの天木氏が先月、その内幕をブログで暴露しておりました。伊達判決を覆す米軍駐留合憲判決を出すから、少し待ってくれと、当時のマッカーサー駐日米大使に伝え、最高裁判決文を事前に米大使が本国え打電する英文の翻訳も外務省がサービスしていた。

これは既に、米公文書館に公開されている。

そのどこにも、集団的自衛権のことなど書かれていないのに、高村アホ法律士は、既に最高裁は集自権は合憲であると(爆、爆)。明らかな事は、わが国の最高法規を守る最高裁が、もう第一次安保の時から星条旗を掲げていたという事実です。高村のアホが、砂川判決の時から、わが国最高裁といえども、星条旗には勝てないのだ、そう正直に言うなら、まだ話は分かります(笑)。

あの砂川判決は、その後に続くシンゾー祖父の岸信介による改訂安保条約締結の予めの伏線でした。あれから何十年も経ってから、その孫が同じことをする。

一部には、今回のシンゾーによる強引なやり方も、最高裁が違憲判断を下すとの期待もあるようですが、それはムリ。土台、この国での違憲合憲判断は、地裁どまりです。最高裁が憲法判断を示した例は、その砂川事件以外では知りません。上訴される前に、司法当局内で、最高裁まで上げて来るな!との事前措置は働いていると、当たらずとも遠からずでしょうね。

・・・彼らの思いは、ああ、星条旗よ、永遠なれ、だと思いますよ(笑)。

でもその本場アメリカでは、深い哲学に裏打ちされ、時の権力を諭すすばらしい連邦最高裁の判決などがあります。たまにしかないようですが、ここ一番となった時には、出て来るのですね、万人が納得する名判決が。
メンテ
Re: 最高裁が掲げる星条旗>大事な事を言い忘れました ( No.410 )
日時: 2015/07/19 09:13
名前: 満天下有人 ID:twT0ShN2

イントちゃんに一つ、とても大事な事を書き忘れました。

わが国最高裁では、日米同盟に関する事項については、統治行為論を適用していますから、どういうことかと言うと、『国家統治の基本に関する高度な政治性を有する国家の行為については、司法審査の対象からはずす』との、法理論を適用しています。

だから最高裁玄関に、堂々と星条旗を掲げているのです。だから違憲審査となると、最高裁は判断から逃げてしまえるのです。

その根拠論が、この統治行為論なのです。既に属国ですね、だからシンゾーは大手を振って強硬採決の虚に出たという訳です。安保法案違憲審査が請求されても、最高裁は受け付けません。

おっちゃんが何時も文句言ってる、この国に憲法は無い、あっても形骸と主張している理由は、近代立憲主義とは政治権力による暴走を止めるために憲法が存在するのであって、それを高度な政治判断であれば破っても構わないとするこの、統治行為論があるからです。
メンテ
日米同盟は悪玉細菌なり!!! ( No.411 )
日時: 2015/07/19 13:44
名前: イントゥイッション ID:1JrMv.hY

>統治行為論があるからです。

>日米同盟に関する事項については

あ〜ぁ、もう悪玉細菌がべったり永田町に張り付いていますね〜。

では、最高裁のアメリカ国旗をはずせデモをやったり、六本木ヒルズのゴールドマン・ロックフェラーの事務所へ押しかけて、日本から出ていけ〜! とデモをやったりするほうが良いでしょう。。。

そう簡単にはいけないけど。。。
メンテ
民衆が最高裁にデモかけるのはムリ ( No.412 )
日時: 2015/07/19 18:48
名前: 満天下有人 ID:twT0ShN2

米隷属が、このような目にもつかない統治行為理論によってまで武装されていることなど、一般は知らないし、知っても直接身にふりかかることでない限り、最高裁にまでデモをかけることは無いでしょうね。

今回の安保法案反対とて、絶対許さないとの覚悟によるにせよ、それは米隷属の結果であると、そこまで認識しての抗議行動にも見えません。自らの生命に直接関わって来るからとの、久しぶりの皮膚感覚として、直接の認識に至ったからだと思います。

何事も、その根底にあるのが、日米同盟による米隷属が原因だとは、そこまでは認識していない。その認識があるなら、沖縄問題に対しても、本土からも猛烈な抗議活動が起るはずなのに、同じ国民なのに、同情程度で、対岸の出来事のようにしか捉えていない。
皮膚感覚的に、こちらにも影響があるとは、思えないからだと思います。だから日米同盟=米隷属問題として捉えない→星条旗まで掲げる統治行為論反対→最高裁に反対・・・そこまでは行かない、そういうことなります。

しかも今回は、本音ではシンゾーに大いに自衛隊派遣をやって欲しい米ジャパンハンドラーズ、その一人であるまだ慶應の教授やってるのかな?あのジェラルド・カーテイスが、シンゾーのやり方は強引過ぎると、いかにもそんな指示はしていないとのアリバイ作り見え見えの記事をWSJ誌に寄稿していたから、ましてや日本国民が、日米同盟反対にまで踏み込んで来る要素がありませんし・・・

クソ!シンゾー野郎!とは思います。でも、ほんとに今後未来に亘って、根っこからシンゾー一派のような連中を出さないような、根本的な反対ではないように思います。戦争で命を取られなければ、そしてアメリカが支配しようとも、優しく支配してくれたらそれで結構・・・どうも底流にそのような甘さが国民に流れているような感じが拭えません。恐らく、しばらく時間が経てば、元の木阿弥に戻ると思います。

また大好きな一文を・・『よしんば領主様が誰に代わろうとも、自分の家を脅かさない限り、理不尽なことでも、それに従う』国民気質は変わらないと思う。こんなに周りに理不尽なことが次々政治によって為されようとも、痛痒を感じない限り、それに従ってしまっています。

ただこの安保法案だけは、下手すると直接、身に降りかかってくる恐怖心が、やっと出たからでしょう。そのようになってくる構造に対しては、誰も日頃から無頓着です。
メンテ
真意が見えにくい内閣支持率急落 ( No.413 )
日時: 2015/07/20 09:57
名前: 満天下有人 ID:LP2Vwt7I

朝日:内閣支持率37%(▼2%)、不支持率46%(+4%)
安保法案の進め方よくなかった69%
新国立白紙「評価する」74%

毎日:内閣支持率35%、不支持率51%
    安保法案説明不十分82%

この数値から見える事は、要するに強行採決に関する反発が噴き出したということで、朝日の法案審議の進め方がよくなかった69%、毎日の説明不十分82%に、その傾向が出ているように見える。言葉尻を捉まえる訳ではないが、逆に審議を十分に尽くし、説明が十分であったなら、国民もある程度は賛成したかも知れない、そのようにも受け止めれる。

まあ、大手紙の世論調査のこと、どうせ内閣からは、これこれについての国民感情動向はどうか、そんな依頼を受けて調査しているだろうから、法案そのものの内容について、具体的に国民に真意を問うことはしないだろうから、調査結果に対する上記のような反面疑問が生じてくる。

さような聞き方では国民も、進め方、説明の仕方によっては新安保体制には必ずしも、反対とは言っていない、私如き者は(笑)、そのように解釈してしまい、要するに「強行採決」に反対しただけなのかと感じてしまう。勿論、デモ現場では戦争参加反対と、具体的に新安保反対の本音が叫ばれているとは思うものの、新国立競技場白紙撤回を、安保法案と並列して調査している所に、実に如何わしさを感じる。いわゆる目そらし調査で、現実に町方は、マイクを向けられると、シンゾーの決断として評価する声が少なくない。

このような世論調査をするから政府は、例えば高村他の幹部連中は、これから説明して行くと、これまた降りようとなくなる。まあ、新安保法案の土台になっている日米同盟から崩さない限り、根本的な反戦実現は不可能なのだが、反対する国民も、そこまで踏み込んだ上での事と期待するのはムリにしても、そこまで踏み込んだ反対では無く、納得できればOKとの余地も感じられなくもない。

そこを明確にする為に、審議の進め方がどうの、説明がどうのというより、ずばり、自衛隊海外戦闘参加に賛成するか、反対か、シンゾーは、後方支援にとどめ、自衛隊が攻撃を受けそうなら、撤退と言うが、そんな器用なことが出来ると思うか、思わないか・・・そのように具体的に聞けば良いのに、審議進め方がよければ、あるいは説明が十分なされればOKということなのか、そこら辺のことを実に曖昧に、巧妙に国民真意を計りかねるような問答形式になっている。

やり方によっては案外国民も、21世紀型集団的自衛も必要かな、と、思い始めるかも知れない。要するにシンゾー的強引な再戦争論に反対しているだけなのか、日米同盟破棄までをも視野に入れた、本格的平和国家を目指してのことなのか、そこら辺の見定めが、まだ時期早尚の観あり。

勿論、シンゾー的チンピラ風情のやり方には、猛反対だが、それだけに終わらせるなら、力強い反戦運動になっているとは言えなくなる。

そしてマスコミは、支持率下落を報じるが、では反対している野党への国民の支持率は上がっているのか、その数値を目にしたこともない。受け皿つくりの国民の動向はどこに向かっているのか、それも分からない。総じてシンゾー政策反対だけが、焦点にされてはいないか。それだけなら、巧妙なシンゾー一派の事、手を替え品を変えて来ることだろう。
メンテ
フジTVでの、シンゾーの安保法案説明>まるでマンガ時代の象徴 ( No.414 )
日時: 2015/07/21 11:00
名前: 満天下有人 ID:mhyncnHU

最初の方を少し見ただけで、会場からの質問も、ずばり本質を突くものがなく、説明するシンゾーもそれを聞く側にも傾聴に値するもがなく、途中で見るのを止めてしまったが、何と1時間半もやっていたらしい。

まあ、官邸ご用達トップの、フジサンケイグループが、シンゾーの顔を立ててやった企画に過ぎないから、矛盾も甚だしい企画で、あほらしくて・・・

パネルにアメリカ家の模型まで造っての説明、どうせ世耕あたりのシアデアなのだろうが、シンゾーは得々としてその模型を使い、アメリカ家の庭に火災が起り、それが隣にある日本家に延焼の危険が迫った時に、消化救助に向かうのが、今回の安保法案であると・・・

続いて、安保法案とは要するに、「戸締り」をしっかりしておこうとの基本的な考えを法律にしておことうと言うことだと総括。安保とは、消防署のような役割だと言いながら今度は、強盗が来るかも知れないから戸締りをと警告する警察みたいな事を言いだし、消防と警察の役割が混用されている(笑)。

トップでアメリカ家の庭を持ち出したことは、もうアメリカの為に準備する安保法案だとの、本音を最初から暴露しているようなもので、さすがマンガ的に考えないと回らない頭を持っているからには、マンガチックな説明しかできない、当然の話である。それを分かりやすく説明すると力んでいるのは、あの郵政民営化の時と同じように、紙芝居でやらないと理解出来ない、B層をターゲットに今回も、さような説明を始めたのかも知れない。

その証拠にTV局側は最初に、今回の安保法案を国民が理解していない映像として、若い連中が数名、焼肉屋でジョッキを掲げている場に赴き、安保法案について尋ねたら、最近米NASA探査機が発見した冥王星の直径が地球の1/10だとの報告にちなんでか、冥王星から攻撃機が飛んで来るかも、という話ですか?と(笑)。

シンゾー戦争法案をマンガだと揶揄っているのか、あるいは、安保などという人間同士の戦いなど既に超えてしまって、宇宙戦争しか描けないマンガ世代の象徴なのか、そこら辺のことは解らないが、一般側も事の本質が分かっていない一面を見せられた思いがする。
それが、同じフジサンケイグループだから当然の事ではありにしても、同時に施行した産経新聞の世論調査の解説として、世論調査では、今国会での成立には反対63%としつつも、安全保障関連法案の成立に関しては42・1%が「必要としている。そして野党の努力については、「評価しない」「まったく評価しない」が、合計で68・3%に達している。民主党支持率は更に下がっている。他の野党の支持率も上がってはいない。

シンゾーが狙っているのは、正にその点であろう。いくら反対があっても、法案を取り下げないのは、B層分析に自信があるからだろう。ここに至っても支持率が3割台半ばを維持している。

そう言えば、あの、圧倒的多数の郵政民営化反対世論を受けても解散を強行して勝ち取った小泉首相・・・あれほど反対していた民衆はその後「ジュンちゃあ〜〜〜ん」と、熱狂していたな。
メンテ
安倍のテレビ出演 ( No.415 )
日時: 2015/07/21 13:47
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:NV2nia0Y

安倍のテレビ出演画面は下のものです。

http://www.asyura2.com/15/senkyo189/msg/193.html


>アメリカ家の模型まで造っての説明、
の画面を見た感想を言います。

上記の動画のはじめの方だけを見た(全部を見る気などなかったから)
丁度、安倍が住宅の模型を作り火事の場合を例えに出して集団的自衛権の概念を説明する下りであった。

実にうまく説明したものだと感心した。
テレビを見ている多くの視聴者も同じ気持であったろう(なるほど、そんなものかと)。


その直後に質問した、やくみつるなどは、安倍の説明を真正面から論破することはできす、サイバーテロの方向を変えて追求していた。

だが、ここが人間の認識力の怖いところ。

何時の間にか、火事と戦争を同じように見ていることに気がつかない。

なるほど火事は一旦、燃えさかると、それ自身が独立した存在となり、風向きによっては消化が間に合わないとか、多量の水にて消火出来る。

火事に人為的な作戦などないからである。

戦争は違うだろう。

火事と違って延焼するか、否かの判断は、消防士的判断で決められるものではない。

戦闘の場合は、突然止むこともある。

テロ集団が、日本の家屋には銃を向ける気がないこともある。

この場合、延焼の恐れはない。

火事の成り行きの判断と、戦争行為の成り行きの判断は全く異なるのである。

それなのに、予防的処置で自衛隊員を送る判断は、全く人為的なものとなる。

火事の例えで持って戦争における集団的自衛権の範囲など説明できないのである。

あの場合、安倍に対して、お前は何を勘違いしているのかと、正面から突きつけるべきであった。

後の映像は見てないが、おそらく大半は、このような概念のすり替えをやっているのだろう。

国民の多くは釈然とはしないものの、そんなものかと思い込んでしまう。

後で討論に参加した人間が、それを指摘した、どうか知らないが、このままでは安倍の立場が良くなってしまう。
メンテ
Re:安倍のTV出演>早速に法案修正を言い出した。 ( No.416 )
日時: 2015/07/21 18:41
名前: 満天下有人 ID:mhyncnHU

アメリカ庭で火事が起ったケースを例に上げ、こちらへの延焼危険がある場合、消火活動を行うのが安保法案だと言い出した時、相変わらずこいつはダメだと直感しましたね。

消火活動に何故軍隊を出さねばならないのか、消防署の問題なのに何故、自衛隊でないといけなののか、咄嗟に、またゴマカシ詭弁を始めたと思いましたね。

<火事の成り行きの判断と、戦争行為の成り行きの判断は全く異なるのである>・・・正に問題は、そこを摺り替えている詭弁にあります。

出席者に質問が振られた時、質問者は何故、そのことを聞かないのか、イライラしました(笑)。漫画家のヤクミツルに至っては、支持率低下でも、やるのかと(笑)、的はずればかりで、グサッと突ける指摘は沢山あるのに、市民も日頃何を考えているのか、唯反対だけでは、シンゾーに生き延び口実を与えてしまいます。ここ数日の私の市民に対する指摘は、そこにあります。広がったデモ、それは大いに結構。だがそろそろ本質を見極めて、相手がマンガで来るなら、マンガで応酬するようなことでは、相手は巧妙に鉾先を変えて来る。

<このままでは安倍の立場が良くなってしまう>

見ておりませんが、シンゾーは今日もTV説明やっていたそうで、記事によれば、「もちろん、我々は今の政府が出している法案がベストだと思いますよ。しかし、なるべく多くの党に参加をしていただく、支持をしていただく、あるいは円満な形で成立をさせたいと思っています。今までもそういう形で修正をしたことはいろんな法律においてはありますから。我々も、当然そういうことも考えながら対応していく必要があるだろう」、と発言。

早速に自分立場を誤魔化し始めたようです。まあ野党要求をどこまで取り入れるのか、野党とは言え、あの米隷属ではジミン以上の体質を見せた民主党のこと、そして維新の会に至っては尚更の米隷属・・・先週から予測していた通りの展開になって来ました。
米隷属の本質的脱却は、日米同盟脱却しかない、でも現状、沖縄基地問題が正にそうであるように本土日本は、対岸の火事としか対応していない。それしか出来ない。故に、今回の安保法案とて、単にシンゾー反対であって、野党も含めた合意としては、形を変えた新安保法案になって行くだろう。

案の定シンゾーは落としどころの妥協に入って来ました。これも予測していたシンゾー政権の長期政権化に合致しています。
その良し悪しは別にして、そもそもからして、いくら野党がコケて、選択肢が無かったからとは言え、このような状態にしてしまう体質国家、それが現代における我が国なのでしょう。数人の方も言っておられたように、この国は、行き着く所まで行かないと、何も分からない、そういうことでしょう。マンガ的やり取りで事の本質を見極めることなど出来ない話で、ましてやそれをバネにした新しい社会など望むべくも無い。
メンテ
安倍が安保法制修正案! ( No.417 )
日時: 2015/07/21 19:30
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:NV2nia0Y

安倍が妥協案!

そりゃ、大変です。

あの民主党では、それに乗ってしまう恐れがあります。

そうなれば、もう安保法制反対の市民デモは矛先を失ってしまいます。

自民党も腐っていますが、

民主党には、それ以上に腹が立ちます。

もう、

日本の政治は

無茶苦茶ですね。

可愛そうだよ

国民よ!


幾ら最終的には国民のせいだ!

と言っても、

そりゃない!

悪すぎる政治屋が、政党が。

これでは独裁国家と同じではないか。

北朝鮮と変わらないではないか。

・・・

大体、民主党始め、野党共が、理屈に理屈で応じて反論しているから、足元を救われことになるのだ。

戦後生まれで修羅場をくぐってない二世議員共に喧嘩の仕方など解らないのだ。

根性なし!
メンテ
ヘヘ、追い詰められたアベーが戦争法制修正案だって?いい男の細野が乗り気だって♪ 色男、実力なしで色と金に弱いとか♪ ( No.418 )
日時: 2015/07/21 23:11
名前: 青トマト ID:HCuH86nI メールを送信する


http://saigaijyouhou.com/blog-entry-7308.html

天橋立の愚痴人間様、私も戦後生まれで、喧嘩の仕方、知りません。(笑い)、闘争の仕方は少しは知ってるかな。

戦争は参加してませんが、イクサの仕方は知ってるかな。

腐れ自