ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

薩長土肥の権力争い ( No.771 )
日時: 2016/02/28 20:26
名前: 満天下有人 ID:QVVygyqc

明治4年に、岩倉具視使節団が欧米視察の長期外遊に出かけ、留守部隊の西郷以下の土肥藩士たちが、当時の朝鮮で攘夷論が高まり、日本とも断絶すべきとの世論に対抗して、西郷らによる征韓論が出て、海外視察中の岩倉や大久保利通などと違う意見が二重政治となり、明治6年の政変になりました。

この西郷の対朝鮮使節派遣に賛同したのが板垣退助(土佐)、後藤象二郎(土佐)、江藤新平(肥前)、副島種臣(肥前)、桐野利秋(薩摩)、大隈重信(肥前)、大木喬任(肥前)らであり、反対したのが岩倉視察団一行という構図でしたね。

西南戦争という内戦まで引き起こしてしまいましたが、結局、長州閥が権力の座を固めてしまった。あれから150年経って、長州志士の吉田松陰や、その松下村塾で育った高杉晋作などを尊敬して止まない者が内閣総理大臣として出現。

アメリカ密航で捕まってしまい、夢破れた松陰が幽囚録で門下生に残した言葉、「諸君、狂いたまえ!」・・・長州によるその血脈がまだ脈あったのか・・・冗談じゃないですね、シンゾー一人の狂人に翻弄されるなど(爆)。

はてさて、米大統領選民主党候補のヒラリーが、自力を発揮してサウスカロライナ州で圧勝。この人、TPPには猛反対、そして日本の超金融緩和は為替操作国の疑いがあるとして、折に触れて警告。シンゾー様はヒラリー大統領誕生となったらこれに対し、どう対処なさるのでしょうかね?(笑)。まさか、諸君、狂いたまえと叫んで、真珠湾にまた突っ込むのではないでしょうね。
メンテ
Re: 薩長土肥の権力争い ( No.772 )
日時: 2016/02/28 21:39
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:keCpiPyA

>薩長土肥の権力争い


明治時代に遡って言われるのであれば

まだしも

現代社会で本気で言っておられますか。
メンテ
Re: 薩長土肥の権力争い ( No.773 )
日時: 2016/02/28 21:58
名前: 満天下有人 ID:QVVygyqc

いえ、前段と後段で申していることは、関係ない・・・と言うより、薩長土肥の中から権力の座を仕留めた長州閥、其の後、アジア支配論をぶち上げた松陰、それを信奉した長州閥の岸信介によって満州支配へ向かい、そして今のシンゾー再登場となっている、そこへシンゾーをあまり良しとしていないヒラリーが大統領になると、どういう事になって行くのか、後段はそのような意味合いです。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.774 )
日時: 2016/02/28 22:49
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:keCpiPyA

満州支配を最初に言いだしたのは秀吉でしょう。
司馬遼太郎の作り事かもしれませんが、信長に朝鮮を進呈し自分は明に攻め入ると。

松陰の思想は名前が著名なほどには解りませんが、国粋主義的なものがあったかもしれません。
ですが松陰が評価されているのは革命に火をつけたことです。

岸信介も秀吉に影響を受けたとか松陰に影響を受けたとか言う前に、当時のロシアとの関係で専制国家同士の利権争いの流れの中で見るだけで十分ではないですか。

ましてや、安倍のバカボンなど、確固たる信念でアジア支配など言えるはずはありませんし、そんな器量があると思ってやることすらバカバカしい。

メンテ
維新、尊王攘夷思想に見える近代的植民地支配思想。 ( No.775 )
日時: 2016/02/29 08:49
名前: 満天下有人 ID:FmCxC9i.

<ましてや、安倍のバカボンなど、確固たる信念でアジア支配など言えるはずはありませんし、そんな器量があると思ってやることすらバカバカしい。>

・・・???・・・おやおや、そんなに力まねばならぬ事として申したのではなく、ニホンザルさんが言われている薩長藩閥政治支配に対し、長州といえども一気に権力を握れた訳でも無く、薩長土肥の権力争いがあったことを、明治6年の政変の例を出した程度にレスしたもので、そんなに力まねばならぬ程の問題提起をしたものではありませんが・・・

バカボンが祖父や叔父たちのようにやれる筈がないことくらい分かっております。ただ松陰に指導された連中が、北一輝のような右翼を産み、それを信奉した岸信介に至って現実に悲惨で不幸な歴史を創りだした、その末裔が松陰を信奉し、要らぬ波風を立てている、それも看過できない事実ではあるのですが・・

その確信犯的思想原点は秀吉というより、やはり吉田松陰であることは、まぎれも無い史実でしよう。

もうそっとしておけば良いのに、150年も経ってから松陰を崇拝し、あれこれ相手の神経を逆なでするような男が、内閣総理大臣になる、やれる筈が無い、ある、以前の問題として、現実論としてここ数年、外交上のこととして要らぬ荒波を立ててきた、内政においても、政治とは一体、誰の為の物か、正に松陰が言った『天下は万民の天下に在らず、天下は一人の天下である』を地で行くような振る舞い・・・(勿論、松陰が言ったことは、天皇の為に万民は死にもの狂いで尽くすべしとの趣旨で、一人の天下とは、天皇を指しているのだが。)

松陰→北一輝→岸信介→安倍シンゾーと繋がるその中に、維新以来変わらぬ何かがこの国には体質として脈打っている、そのことを、安倍政策に余り好感を持っていないヒラリーが大統領になったら、TPP初め、どうするのだろうな、と、そこに揶揄的にちょっと触れただけで、そんなにムキにならねばならぬ程の事ですかな?。ただ松陰のことで革命家と言われると、何の革命をしたのか、具体的に思い浮かぶものが何も無い。

ただブチ切れたら何を仕出かすか分からない分列症、そのゲノムが軍部にもあって、ブチ切れたか、前後計算も覚束ない精神状態で突然の真珠湾攻撃。どうもこの国では、さような単純ブチ切れ思考でバンザイ突撃して行く体質から抜け切れない。

ムキになるほどの発言もしていませんから、ましてや、中国支配の意図を持った最初は秀吉だとか、退屈な学校の歴史教科書の文章を読まされるような積りもありませんので、そこは避けますが、ただそこまで言われるなら、一体何の為に中国支配の意図を持ったのか、当時の状況に照らしてみても、あれこれの史料を読んでも、その意図、具体的な支配構想がさっぱり見えて来ない秀吉に比べて、吉田松陰のそれは、近代的植民地思想によるアジア支配が明確で、そしてその思想が後に、その通り満州事変として具体化された、その不幸な時代を具現したことは消すことの出来ない事実で、それさへも風化され始めている。敢えて申せば、その風潮に対し、時にはちょっと触れて見るのも、バカバカしいことだとは思いませんけど・・・

ま、そこは個人の見解の相違で、これ以上の事は平行線を辿り不毛になるだけで、松陰を革命家と思うか否かについても、同じ意味で不毛なことになりますから、そう思う人はそう思っておけば良いだけのこと・・・だが単なる国粋主義者以上の資質が松陰にはあったと思う。侵略植民地主義者であったとしか思えない。

吉田松陰の幽囚録・ウィキ現代語版より↓

『日が昇らなければ沈み、月が満ちなければ欠け、国が繁栄しなければ衰廃する。よって、国を善良に保つのに、むなしくも廃れた地を失うことは有り得て、廃れてない地を増やすこともある。今、急いで軍備を整え、艦計を持ち、砲計も加えたら、直ぐにぜひとも北海道を開拓して諸侯を封建し、隙に乗じてカムチャツカ半島とオホーツクを取り、琉球を説得し謁見し理性的に交流して内諸侯とし、朝鮮に要求し質を納め貢を奉っていた昔の盛時のようにし、北は満州の地を分割し、南は台湾とルソン諸島を治め、少しずつ進取の勢いを示すべきだ。その後、住民を愛し、徳の高い人を養い、防衛に気を配り、しっかりとつまり善良に国を維持すると宣言するべきだ。そうでなくじっとしていて、異民族集団が争って集まっている中で、うまく足を上げて手を揺らすことはなかったけれども、国の廃れないことは其の機と共にある』

“隙に乗じて廃れていない地を増やすこともある”・・・でもこれが革命思想と言えるのかな???・・・
後半部分で、掠め取った廃れていない地の住民に徳を与えるとか言ってるが、こんな勝手な言いぐさって、普通の人間ならありがた迷惑もいいところでしょう。革命しに来て貰わなくても結構、そうなるのが普通の人情だと思います(笑)。

松陰の思想って、国内で自らの思いを果たせなかったものだから諸君!狂い給え!と絶叫するような個人的精神分裂症まで発揮して、欧米列強の二段三段構えの戦略に気もつかずに、後は富士山を仰ぎ見て、已むに已まれぬ大和魂などと、詠嘆するような無責任男、これを革命に死した志士と評価するのも各人の勝手だが、少なくとも、誰がどう見てもこれを革命として評価しないのが、客観的なものの見方ではないかな?。

だが未だに松陰のような思想が革命に殉じたと評価されるような土壌が、詠嘆調を好むこの国には根付いている、そしてそのような気質が国際的にも要らぬ逆波を立てる。でも他に比べたらまだましだという程度において、看過され、また同じ方向に向って行く。そんな土壌が変わりもしない、変えることも出来ないのに未来を言う事に、これがまた松陰が記した『むなしくも廃れた地を失うことは有り得て』に通じるものがあって、どうにも変えることも出来ないことなら、その地を捨てて、新たな形を創ろうとの思想にも繋がってくる。現実構造を変えることもできないのに、その上に立って何が構築できるのか。砂上の楼閣であるのに、現状に甘んじながら未来を思うその空しさ。

事を単にロシアとの覇権争いで見れば十分だという事も、到底言えない。沖縄が怒ります。上記松陰録で、天下は天皇一人の天下であるとして、続いて「琉球を説得し謁見し理性的に交流して内諸侯とし・・」と言ってるように、これは単なる欧米ロとの覇権争いではなく、思想的に天皇の国として沖縄も皇国思想に組み入れて置く・・・それが現に、沖縄が占領されても見向きもせずに、1億総皇国本土決戦を強いる煽りとなっていた。

でも敢えて申すなら、バカバカしくとも、現実の、現実に起こって来たことの事実構造をよく認識し、せめて「糾弾」するのがこの掲示板じゃなかったかな?。まあ、それもどうでも良いことであるとすれば、バカバカしくてムキになる程の事を、申した積りは何も無いし、勝手にそう思い込まれているのでは?。・・・それも自由ですし、見解の相違ですから、そう思っておられれば良いことで、特にどうこういう事でもないのでは?。
メンテ
Re: 維新、尊王攘夷思想に見える近代的植民地支配思想。 ( No.776 )
日時: 2016/02/29 18:25
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:HDnb.89E

松陰には国粋主義的な面があることは申し上げたとおり。

領土拡大の考えも「鎖国政策」対する反意語としての認識で、こんなこともできるのだぞ、と言うサジェッションにほかならない。
植民地政策も、終焉した時代ではあったが、まだまだ生々しく息づいていた時代。
若い松陰が若さでもって海外雄飛を考えても、天皇を政治の中心に据えても、それは当時の自然の発想。
と言うより、長く続いた武家政治を打ち倒す為に必要な口実であった。
現代民主主義の思想をもってなかったなどと批判するに当たらない。

松陰の性格は、強い気概が真骨頂。
だからこそ維新を指導できた。

松陰の幽囚録の記述をもって
>松陰→北一輝→岸信介→安倍シンゾー
このような図式を主張されるのか。
また、それ故に、明治維新並びに、明治大正の歴史を否定されるのか。

時代の英雄と思われている人間でも、探せば、その錯誤など誰にでも出てくる。
西郷でも大久保でも、あらを探せば現代で言えば議員辞職もの。

私は、まず第一に
佐久間象山→吉田松陰→高杉晋作、桂小五郎、西郷隆盛、大久保利通、坂本竜馬など維新の実行メンバー
と言う流れを賞賛する。
明治維新を賞賛する。

また佐久間象山に師事した者に、小林虎三郎や勝海舟、河井継之助、橋本左内、岡見清熙、加藤弘之、坂本龍馬などがいて、松陰の流れとは別にある。
西郷、大久保を生んだ島津は斉彬と言う英明の君主がいたし、大隈、江藤を出した佐賀藩には鍋島閑叟、越前藩には松平春嶽など時代を洞察できた人物はたくさんいた。徳川慶喜もその一人。
そのような環境が土壌となっていたからこそ、明治維新が成就した。

松陰の影響で海外進出を言われているが、そのこと自体、明治政府のトップの間で異論がでていて西郷は死に追いやられた。
大久保利通は国の形を整える過程で非業の死を遂げた。

その後に軍国主義へ走ったのは、時代の影響であり、種々の要因の結果であり、松陰が頭をもたげたからではない。
一個人の思想だけで社会が変えられるならば、人類はもっと違った歴史を作っている。
ただし、ヒットラー、ジンギスハンの様に、一個人の行動は、この限りではない。

維新に貢献した人間は、まだまだたくさんいるが、維新を実行する過程では、必ずしも一丸となって行動していた訳ではない。
松陰は多くの歯車の一つであったが、松陰がいなくても明治維新はなされていたであろう。
吉田松陰の事実は、社会を変えたい強い反骨精神で行動し、そのために30歳の若さで、権力者によって処刑されたことである。
その存在が司馬遼太郎が示すような華やかなものであったという保証はない。
それでも、
2500人以上の志士の命と引き換えに成した維新の大業と当初にそれを指導した人間の一人松陰の命懸けの生き様を、それも松陰の辞世の言葉を愚弄されているから、そのことについてのみ、異論を挟んだだけのこと。

>松陰→北一輝→岸信介→安倍シンゾー
の図式はまで異論を挟んではいません。問うているのみ。
希なことですが、明治維新を否定されるのも意見でしょう。

もとより掲示板の発言は、各人各様であれば良い。
私の感想は、こじ付けが過ぎると言うものであります。


PS

松陰が「狂いたまえ」と言ったのは、革命を実践しろと同士に激を飛ばしたことにほかならない。
革命に走るなど、何時の世でも命懸けのこと。
自分の中に「狂気」でもなければ行動に移せない。
そのことを「狂え」と言ったのである。
だが「狂気」を宿すことができない平凡人には、その心情が異様なものと映るでしょう。
メンテ
天下は一人の天下である ( No.777 )
日時: 2016/02/29 15:19
名前: ニホンザル ID:uPGIo68c

「天下は万民の天下にあらず、天下は一人の天下である」
これは薩長閥思想の凝縮された言葉ですが、李氏朝鮮の統治思想そのものです。

ここで一人の天下とは天皇を指しているとの解説です。
しかし一人の天下と書いて帝や御門と書いていないところに疑問が残る。
時の天皇は公武合体で攘夷の詔勅まで出した孝明天皇です。

なんで読んだか憶えていませんが、松陰にこれを吹き込んだのは横井小楠としていました。
しかしオリジナルは李氏朝鮮の両班政治です。

天下を統治するに、血筋のよい者を選び王として偶像化して奉る。
生身の偶像は統治者の都合で作ればよいとしたそうです。
これは言葉に帝や御門が使われなかった理由として信憑性を感じさせるものです。

さてそこで問題です。
維新を実現させたファイナンスです。
だれが誰にどういう目的で金を出したのかが問題です。これこそが有人様との一連の大テーマです。

近代日本の嘘は明治維新から始まって今に続く、政治は金、政治を改めるにはそこから
考える必要があるとの思いからです。

有人様の勉強家はボノボ様も感嘆されておられました。
浅学サル知恵の私には大変ありがたい存在です。

「皆さん暴露がうまくなった、民主主義のためには大事なことです」とはボノボ様の言葉です。
どうにもならないのはこの国の人の気質とされましたが、私は教育だと思いたいです。
そうでもなければやり切れません。

PS
有人様

あまりやりすぎると家人に叱られます。
レスが疎くなるのはご容赦下さい。

ニホンザル拝
メンテ
薩長の政治 ( No.778 )
日時: 2016/02/29 16:50
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:HDnb.89E

「議会の創設」

議会を設けてそこでさまざまな政治課題を議論し、決定するというのは憲法に規定されていることです。
したがって、日本の民主主義のはじまりは明治23年に施行された大日本帝国憲法ということになります。

これ以前は、まだ選挙によって選ばれた国民の代表が政治に参加することはなく、薩長出身者を中心とした役人、政治家によって政治が行われていました。その政治手法はいささか強権的であったために「有司専制」と呼ばれています。
この薩長閥中心の有司専政に反対し、日本にも議会制民主主義の導入を求めた運動が「自由民権運動」で、要するに日本における民主化運動でした。
征韓論の政変に敗れた江藤新平、副島種臣、板垣退助、後藤象二郎らが出した明治6年の「民選議院設立建白書」が自由民権運動のはじまりです。

中江兆民の『民約論』や、福沢諭吉ら啓蒙思想家が西洋の人権思想を紹介したことによって、自由民権運動は一気に広がり、とくに板垣・後藤の出身地である高知や、旧幕府領だった東京近郊(町田や秩父など)ではこの運動がさかんでした。
民権運動を推し進めるひとたちのあいだからはさまざまな憲法私案が出され、全国的に憲法制定(=議会開設)の要求が高まっていったのです。

政府も憲法制定に消極的だったわけではありません。というのも、幕末に諸外国と結んだ不平等条約の改正が明治政府にとって最大の課題だったからです。
日本が欧米列強にいくら条約改正を申し入れても、じっさいには相手にもされませんでした。日本はまだ封建制度から抜け出したばかりで民主化されていない後進国だとみなされたからです。憲法を制定し、議会を興し、民主国家であると認められて条約改正することが、明治政府の悲願でもあったのです。

しかし、拙速に憲法を制定しても、憲法の運用に失敗すれば、「やっぱり東洋のサルどもに憲法なんてムリムリ」と思われてしまうので、明治政府も慎重でした。また、憲法の内容についても革新的なものにするか保守的なものにとどめるかで政府内でも意見の対立があったのです。
この対立によって、大隈重信は失脚します(明治14年の政変)。

まあそんなわけで、自由民権運動がはじまってから16年もかかって大日本帝国憲法が制定されたわけです。
この憲法は、いろいろと欠陥はあったにせよ、議会に予算審議権を認めていたので、議会の権限はひじょうに大きかったといえます。「天皇に権限が集中していた」といった紋切り型の批判はまったく当たりません。けっこう民主的な内容でした。
ただ、選挙権が高額納税者のみに限定されていたという部分では、まだ国民みんなが政治参加したとはいえなかったでしょう。憲法制定後は選挙権の拡大をめぐって議論がくりひろげられました。


PS

薩長政治を悪の根源の様に言われるが、この大日本帝国憲法の発布に伴い、立憲君主制の有り様を巡り、それをイギリス型にするかプロシャ型(元首の権限がより強い)にするか政府内で意見が分かれていた。

結局はプロシャ型をモデルにしたのであるが、これを推し進めたのは岩倉であった。
岩倉は公家の出身、天皇家を守ることに必死であったのであろう。

伊藤博文や大隈はイギリス型を押していた。
山県は岩倉にせがまれてプロシャ型を応援した。

西郷、大久保がいなくなった明治政府は、権力を巡り、このような対立が生じていたのである。
私は長州の伊藤を支持したい。
人事を占有していたとしても、薩長の政治を否定する何もない。


最後に、官僚の問題を云々したい人がいるでしょう。

これは薩長政治とは別のもので、官僚の正体を御覧になりたいのであれば
次のサイトで熱心にやっています。

http://n-takayama.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-5194.html
高山渚「官僚を撃て」
メンテ
ヒットラーは隠れユダヤ人! ( No.779 )
日時: 2016/02/29 16:45
名前: イントィッション ID:NOOKeglA

>ただし、ヒットラー、ジンギスハンの様に、一個人の行動は、この限りではない。

ありゃ、確かぁ、ヒットラーの甥はデヴィッド・ロックフェラーで、ヒットラーは隠れユダヤ人で、裏で金融マフィアが戦争に持っていくように仕向けたので、ヒットラーが一人でやったわけではありません。

んな、戦争なんて一人で仕向けてやれるはずがないではないですか〜。 戦争には相当のお金がかかる!

歴史書なんてユダヤ金融悪魔の嘘が多すぎて、真実を見極めるには、動かす菌がないと〜。

226事件だって、明治維新だって、嘘の上乗りが多いはずですね〜。
メンテ
すべての人種は、ユダヤに通じる?(笑)。 ( No.780 )
日時: 2016/03/01 13:41
名前: 満天下有人 ID:tJRAcljs

ヒトラーの話もどこかで読んだような気がします。世界に散らばったユダヤ人。ユダヤ人でなくとも婚姻関係を通じてどこかでユダヤ人種に繋がっている。

おっちゃんがヒトラーユダヤ人説には、信ぴょう性があると思う理由が金融面にあります。

一般的には、あれほど世界を震撼させたヒトラーについて、その生い立ち、出自に触れたものが殆ど無い。これは逆に出生が疑わしい疑惑を醸し出している。ヒトラーの側近であり、占領ポーランドの総督であったハンス・フランクが、戦後ニュールンベルグ裁判で死刑執行される間に書いた自著で、ヒトラーの出自に関し極秘調査を命じられたというもので、ヒトラーの父親は私生児であり、その母が家政婦をしていたユダヤ人家で出産したという記述、これがヒトラーユダヤ人説の根拠になって世界に広まった。

では仮にそうだとして、何故ユダヤ人を徹底して排除したのか・・・ナチス幹部にも結構ユダヤ人である身分を隠して生き延びていた者が居て、疑われないように逆にユダヤ人を迫害する側に回ったとする説。

それよりもおっちゃんは、米FRB初代議長になった、ワーバーグ銀行のポール・ワーバーグが、ドイツ諜報員であり、ドイツ銀行の監査役であった弟のマックス・ワーバーグが、ヒトラーナチスに巨額の資金の面倒を見ていたという米海軍による調査資料。

ポール・ワーバーグは、アメリカロスチャイルドであったクーンレープ商会の娘と結婚し、アメリカロスチャイルドの一員となっている。

このワーバーグ銀行こそが、先に書きました世界の金(きん)を支配していたイタリア・デルバンコの、欧州における別社名銀行で、これがナチスの財政を支えていた。ということは、ユダヤ人ヒトラーを支援していたということになります。

そしてFRB議長になってからワーバーグは、銀行業務の細かい雑用は、D・ロックフエラーのシテイバンクに全部任せていた。ここにデル・バンコとロックフエラーの結びつきが見られます。勿論、背後にはロスチャイルドが居ます、何故なら、そのポール・ワーバーグは、アメリカロスチャイルドであるジェイコブ・シフの娘を嫁にしていますから。

とにかく、ユダヤ人金融資本の複雑な結びつき合いは、根が深い・・・ブッシュ家銀行のハリマンも、ポール・」ワーバーグの指示によってヒトラー財政の一部を担わされていたのです。

ロスチャイルド各家の別荘写真などを見ていると、それぞれが中世の王侯のお城のようにすごい。圧倒されてしまいますね(W)、これらが瞬時に世界情報を一手に握っている。ヒトラーだけではありませんでした、我が国も日清、日露戦争は勿論のこと、太平洋戦争に至る戦時財政は、彼等に全部握られておりました。戦時民間生活に欠かせない電灯、東京電灯など殆どの電灯資本に、社債引受という形で彼等の資本が万便なく入っております。

そして電灯会社が利払を遅らせると日本政府の保証を求めるなど、国が支配されてる姿でした。これじゃ相手を倒すことなど、不可能です。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存