ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

平家辞世の句、見るべきほどのことを見つ ( No.619 )
日時: 2015/09/20 06:58
名前: 満天下有人 ID:LP2Vwt7I

昨日TVで歴史の転換期における名参謀とかの番組をやっていた。

シンゾー家系の発祥の地に近い長州は壇ノ浦の戦いで、平家は源義経の戦術に敗れ、長年に亘った栄華を失い、幼い安徳天皇も海底に向かって入水し、滅亡してしまう。義経が何故海戦で勝ったのか、あの壇ノ浦水域は、一日で4回も潮の流れが、時速20キロの速さで逆さまに変わるそうだ。

そして義経は、潮の流れが源氏側に有利に変わった瞬間を逃さず、当時の戦いにおける掟であった水夫に矢を射てはいけないとの禁じ手を使って平家水軍を壊滅してしまう。

上記の辞世の句は、最後の場面になって清盛の四男・平知盛が、平氏滅亡を目のあたりにして自害する時に詠んだものだ。

「見るべき程の事は見つ」・・・平家の興隆とその必衰の理も見た、思い残すことは無いと、辞世の句として残したのだろう。

ここ僅か数日間の間に、戦後70年間、戦争は二度としないとの世界唯一の憲法の下に、まがりなりにも平和を維持して来た光景が、一瞬にして変わってしまった。国会戦術的には、自公と、野党でありながら自公側についた次世代の党などが、相手の隙をついてあっと言う間に戦争、それも米国助けの為に戦う法律が成立してしまった。

戦時から敗戦、そしてアメリカの大きな戦争にも一歩身を引いて、戦の難は逃れてきた。それが一瞬とも言える僅かの時間の間に、天地逆さまのような事態になってしまった。長きに亘った平和も、一瞬にして逆転してしまう世の恐ろしさ・・・正に、見るべき程のことを見た思いだ。

戦術的には兵士上がりの男を防衛大臣に据えて、シドロモドロの答弁をさせて国会を、否、国を混乱させ、やばいと見た潮目の変わりを捉えてこれも兵士上がりのヒゲの佐藤とか言う隊長が、一瞬にして法案を成立させてしまった。

確かに、見るべき程のことを、見た思いだが、余計なことを見せられた思いもまた残る。だがこれもまた、世の理(ことわり)かと、諦観にも似た溜息が出て来るシルバーウイークとなってしまった。
メンテ
単なるラグビー的スクラムを義経に例えられて、さぞやシンゾーも満足とか? ( No.620 )
日時: 2015/09/20 11:50
名前: 青トマト ID:CaX21C/Q メールを送信する

まあ、この暴挙は、国会を包囲された売国一派の

やむにやまれぬ、逃れられぬ運命的行動でしたな。

まあ、壇之浦に追い詰められたのは、アベウヨ自公政権で、
これから、本格的な壇之浦での戦いとなるでしょうね。

平家政権軍、海に沈んだか…。

ちなみに、安徳天皇と三種の神器についての、事ですが、
伝承は、トリックと考えられますね。

三種の神器は、安徳天皇と共に海に沈んだとされて、海から引き上げられた、とのお話ですが、どの程度の浅い海なんでしょうね?

浅くては、安徳天皇も沈めないのではねえ?

安徳天皇は、実はその後、神社に預けられて余生を全うされたとの伝説が四国にも九州にも残っています。
これが、本当でしょう。

そして、三種の神器は、海に沈んだのではなく、
平家政権側から、源氏討伐軍(主力戦力は関東平氏)に平和的に手渡されていた。
これについては、伝承は知りません。私の推測です。

安徳天皇の事については、海に沈まれたとしなければ、両軍・両派の収まりが着きにくく、いつまでも尾を引く可能性が残るので、
このように納めたのでしょうね。

これから、このようなダイナミズムが起こりますよ。

目が離せなくなるのでは…。
メンテ
Re:単なるラグビー的スクラムを義経に例えられて、さぞやシンゾーも満足とか ( No.621 )
日時: 2015/09/20 12:58
名前: 満天下有人 ID:LP2Vwt7I

2015/9/20  「Re:単なるラグビー的スクラムを義経に例えられて、さぞやシンゾーも満足とか」

本旨は、見るべき程のことは、見つ、これを言いたかったのですが、この場合、シンゾーは源平どちらの大将にも例えることが出来る器でもなく、ただ下郎の親玉として眺めていただけで、実際の戦闘はカスどもがやっただけ。

そのカスどもがやった行為は、義経の戦法に似ただけで、潮目を見るに敏だっただけのことです。でもそのスクラム組は、数日前から潮目を見て計略されていたと思います。例えに言葉が足りず誤解されたようですが、シンゾーを源氏の勝利に例える意図は毛頭ありませんよ・・・

共産党がさすがにこれまでの姿勢を変えて、全国選挙区での選挙協力を打ち出していますから、変化は大いにありですが、問題は、第二ジミン党である民主党・・・ここがネックになって、案外変化もないような予感もしますね。圧倒的多数にならないと、シンゾー一派の事、手練手管でまた同じように切り崩されないとも限らない。

政民、もうどちらも何も信用できない悲しい物見になってしもうた(笑)。民にさような洞察力があれば、態々こんな事態にはならなかったと思うと、尚更悔しい。
メンテ
平家辞世の句、見るべきほどのことは、見つ(2) ( No.622 )
日時: 2015/09/20 20:31
名前: 満天下有人 ID:LP2Vwt7I

見るべきほどのことは見た重要な事の一つに、この国は近代国家と言うニセ衣装を纏って、現代に到着した、国家運営の真髄に迫る何事も創れず、西欧概念のマネゴトでしか何も考えられなかったその遺伝子を見てしまった。世はまがりなりにも近代思想の教えによって、成り立って来た筈なのだが、この国は誤魔化しの衣装を纏っていたことが、今回の安保法案成立の過程で明らかになった。
一言で言うなれば、要するに已然として後進国であったことが、明らかになった。

近代国家の概念は、人権を基本とし、それを掲げる立憲主義、政治における権力は一極に偏らないように、三権を分立させる事がが常識であると思って来た。その思想が盛られているのが憲法だ。そしてそれを守るのが司法の独立であることは、今更言うまでも無く常識の筈であり、そう思って生きて来た。だがそのような概念を常識であるとして来た者の方が、常識に欠けていたと、今回の近代概念を全て無視した政治行為に、近代国家であると錯覚していた者こそが、間違っていたのであろう。

今回の安保法案は、立法府で成立した。憲法に違反しないように立法せねばならないのに、その立法府が違憲法律を作ってしまった、それを違憲問題として訴訟を起こす団体がでてきた。団長は今回参考人のトップに立って違憲を主張した慶大の小林節教授のようだ。問題は立法府自らが、違憲法律を作ってしまう、何と言うべきか中世以前の状態にしておきながら、近代国家として世界の平和に貢献せねばならないと言う、その言いようも無いチグハグさである。

だがこの国の行政訴訟では、その違法行為によって具体的に受けた損害を提示しなければ、訴訟を成立させることさえ、非常に困難なのである。ましてや対象が憲法に絡んで来ると、いつかも指摘したように、統治行為論なる法概念があって、高度な政治関係にある行為を、一概に違憲と断定できない構造になっている。

ましてや最高裁玄関に、星条旗までが掲げられているこの国の、アメリカとの関係がある。これまでイラク戦後方支援活動は違憲行為であったと提訴されても、ほとんど受付もされない中で、たった1件、名古屋高裁がイラク自衛隊派遣は違憲であるとの判断を下していた。

で、それで何がどうなったの?・・・何の役にも立たなかった最大の証明が、今回の安保法案の成立である。所詮、憲法など飾り物に過ぎない事を、見るべきほどの事を見た思いがする。

所詮、近代国家概念とは程遠い政治の下に、維新後ニセ近代国家として長々と運営されてきただけの国であったことが、今回暴露されてしまった。三権分立など、この国には存在しないのである。ましてや憲法など無いのである。あるのに無いが如く政治がおこなわれるから、頭が混乱してしまうのである。

憲法など改正しても無駄なのである。だから以前にも申したが、いっそのこと憲法など無くしてしまった方が、筋が通る。こんなに簡単に違法行為ではない無法行為が出来るのだから、そしていくら違憲を叫んでも何も変わらないのだから、憲法など意味が無いのである。あるから話がややこしくなるのであって、何故頭痛がするのか、その訳を諄々と考えて見たら、要するにここは近代国家であるとの先入観があるから、矛盾に頭痛がするのであって、何とも言えないドン百姓的感覚国家だと思えば、全てがストンと納得が行くことに気がついた。

今更、とは思いつつも、しかしなあ、とは思っては来たが、事ここに至っては、もう恰好つけの概念など捨て去ってしまった方が、楽である。やっと中世から抜け出す時期ならともかく、先進国と言われてウン十年も経って、どうしてこのような事になるのか、要するに後進国家であることの認識が不足していた。そうとでも考えないと、あのような目茶苦茶な事が、そう易々とできる筈がない。

では抜け出せるか?・・・20世紀ならともかくも、もう21世紀である。この期に及んで、事はもう遅すぎる。

メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.623 )
日時: 2015/09/21 07:24
名前: 贅六 @ 関西弁 ID:hY1R1gm.

まことに何時の頃から日本は無法の国に成って仕舞いましたんや? 此れではまるで日本は石器時代に逆戻りと言うべきですやろね。

それも、ご丁寧に国の最高機関である立法府と行政府がともに法を無視しますのやから、此れほど酷い話はおまへん。

満天下はんが仰る通り、法が有っても法を無視しますねんさかい、法が無かってもエエ訳で、法治国家の態を為して居りまへん。

一国の宰相の補佐官が「法的安定性など関係無い!」と言い切るんでっさかい、此れほどはっきりと無法国家を世界に知ら令めした事はおませんのや。

中国も、北朝鮮も、韓国も、近代国家とは言い難い状況やのに、日本までが其処へ並ぶとはアジアにマトモな国は無い! ちゅう事ですわ。

更に、欧米諸国と言うた処で、表面は近代国家らしゅうに取り繕うてますが、中身は海賊国家、略奪国家、泥棒国家、のオンパレード、中世から進歩の無い有り様でおます。

「バック トウ ザ フューチャー」やおませんが、成ろうものなら「江戸」の昔に帰りたいくらいですわ。

たった一つの望みは、次の選挙まで国民がこの危機感を忘れずに持ち続ける事ですねんけど、果たしてねぇ。
メンテ
一周遅れて、そして、ドベ着する日本島民。でしょうね。世界情勢マラソン大会で。 ( No.624 )
日時: 2015/09/21 02:01
名前: 青トマト ID:uCERYI6E メールを送信する

済みません、何時も皮肉タップリで。

バック トゥー ザ ヒューチャー

いいですねえ。でも、今が江戸時代とも言えるでしょうね。

チョンマゲもマルマゲも今でも似合いますよ。

国会の中で、真剣勝負で斬り合えばいいんですよ。

そうしたら、切られれば、血が出て、命に関わるから、あんな不真面目な乱闘なんかしませんよ。

私が民主党の議員やってて、そして、あの場にいたら、司令塔は佐藤の髭軍曹だから、あいつを狙って、足から体を突入させるでしょうね。

あいつらが妨害のスクラム暴力を行使してるんだから、暴力でそれを排除する権利行使をするわけです。

勿論、自分の議員生命は終わりになりますが、佐藤髭軍曹は、ノウシントウを起こして気絶して、奴等のスクラムは脆くも腐った縄のように崩れます。

そして、中から、委員長の肛門の池不倫エロ爺がモロだしで現れる訳ですわ。

あんな言葉のノロいぐうたら髭佐藤軍曹に殴られとってはいけないね。あんなの避けられるよ、簡単に。

出してきた手を掴んで、自分の体を飛び降りさせれば、佐藤は転落したんだよ。

まあ、これは私があの場に居たら、こうやっただろうとの想定ですが、

私は山本太郎ほどの文化人ではないから、佐藤なんかと組み合う事はスポーツとしても楽しいのです。
メンテ
Re: 一周遅れて、ドベ着する日本島民>その間も吸い取られるだけ吸い取られて。 ( No.625 )
日時: 2015/09/21 13:10
名前: 満天下有人 ID:mhyncnHU

いつになったら、気が付くのだろうな?。安保法案反対だけでは足りないのに・・・

ま、せめて反対せねばならない事に、気がついただけでもマシか?。
メンテ
南スーダン支援で褒め合うユニセフと外務省 ( No.626 )
日時: 2015/09/21 20:09
名前: 満天下有人 ID:mhyncnHU

安保法案成立で、一番早く自衛隊を派遣する先はどこだろう?・・・

個別自衛権行使より、やはり集団的自衛権行使が先になるだろう。1対1での戦闘は、すぐには起らず、やはり複数国家による戦闘支援国での行動が、目下の課題になるだろうから。

内戦が続く原油基地である南スーダン。ここへは既にPKO法に基づいて自衛隊が約350人、隊員を派遣している。

日本は既に09年以降6年間で5100万ドル=約61億円も支援してきて、昨年は更にユニセフにも南スーダン資金として5億円寄付している。外務省はいち早く南スーダンに人道支援を行ったユニオセフを褒め、ユニセフは外務省によるこの昨年の5億円の寄付を絶賛している(笑)。

オカネでは巨額をあちこちに拠出してきた上で、今回の安保法案成立で更に軍事力を追加サービスすることになった。ちと、おもてなしが行き過ぎてはいないか?、と思うのは私を含めて極く少数の見解かも。何故かと言うと、これまでの巨額ODA援助にに対して厳しい国民世論に接したことも無いから。これもやはり外ズラは良くしておきたいという、大和民族特有の気質が、大きく影響しているのであろう。前稿で、国がクタバるまでの間、もっと吸い取られて行くだろうと申したのは、このことなのだ。念願の軍事支援が可能となった今日、ならばオカネでの支援は減らして行くのか?この財政悪化の基で、両方やって行けばどうなるか、ソロバンはじくまでも無いだろう、国内で社会保障危機が叫ばれているのに、戦争反対だけで事足りるのか?

南スーダンでは反乱組織が略奪行為を当然の如く行っている。我が国はこれまで戦闘行為は出来ずに道路建設や医療行為などを中心とする支援行為に留まっていたが、これからは武器使用も可能となる。もし反乱組織が銃口を向けて来たら略奪行為は許さないとの正義の鉾を振るう事も可能になるのだが、それを可能にする法律を、略奪行為紛いのことをやって成立させた国が、略奪行為は許さないとの論理は成り立つのか?

同国政治はほぼ幼稚な原始的範囲で、形だけは議会討議という場を設けただけで、安定性など全く無い。その分野でも外務省筋は支援するかのようだが、ならば、あのヒゲの隊長・佐藤議員を派遣して、反対が多い場合の瞬時における先制手法も伝授せねばなるまい(笑)。

安保法案成立で、茶番劇がどんどん増えるだろう・・・国民の命を楯にした大政翼賛政治が続くのだから。国会による派兵歯止め条項は、結局どこにも盛り込まれなかったから。
メンテ
シンゾーフアシズムと国民の対立>中央アフリカのようになって行く懸念。 ( No.627 )
日時: 2015/09/22 18:12
名前: 満天下有人 ID:yVCe.YDg

あれだけの無謀な採決をやってのけ、それを賛美するネットウヨが後を絶たない、そして大手マスコミ、特にフジ産経などが、あのデモには共産党系のシンパが多かった、一般世論調査ではデモに参加した者たちは僅か3%だったと言い出す。

昨日は南スーダン援助で悦に入る外務省とユニセフについて投稿したが、国内では民衆の意向など歯牙にもかけない政府が、その典型である中央アフリカのルワンダや南スーダンには自衛隊を派遣して近代化の手助けをすると言う。

本音は何かはよく知らないが、危機感を覚えた共産党が、国民連合政府とか言う選挙協力を打ち出したが、隠れジミンを多数抱えている民主党が、そうすんなりとこの戦略に乗るとも思えない。ましてや我が国で伝統的に根づいている共産党アレルギーが強くては、国民自身が共産党のアイデアを支持するとも思えない。

かくして選挙制度を変えない限り、現在の状況が続けば、暴力と数が実力だとヤクザのように錯覚する,凡そ非近代的な自公多数政権は存続して行き、デモが激しさを増すにつれて与党政権による弾圧は、増えこそすれ減ることは無くなる。

丸で中央アフリカ国々のような政情に近づいて行くのではないか・・・一番怖いのは、その背後で米欧勢力とイスラム勢力が張り合っている実態であり、そこに中国が絡んでいる。わが国も、これほど米隷属を鮮明にした以上、中央アフリカのように背後に居て張り合っている勢力が、わが国でも何かに火をつけて、場所を借りて米欧勢力と張り合う場にしてしまう事である。

中央アフリカは、そこから抜け出そうとしているのに反し、こちらは21世紀になってから、ご苦労なことに、そのような状態を好む方向に転落して行くのだろう。そのような政権が逆に中央アフリカを援助して行くのだから、これは珍風景である。
メンテ
シンゾーフアシズムと国民の対立>中央アフリカのようになって行くのでは?(2) ( No.628 )
日時: 2015/09/23 11:09
名前: 満天下有人 ID:gvj4F4YI

今回の安保法案強行に対し、山本太郎議員が、これは米国に対する売国行為ではないかと、ギリギリのきわどい言葉で迫っていた。具体的には牛歩行為と葬儀形式のパフオーマンスをやったたことで、同議員を除名処分にせよとの署名運動の動きがあるらしい。

与党政治権力側がやっていることが、むしろ除名処分に該当するのに、それを悟られないように隠しておきながら、本質をついた具体的にきわどい言葉で迫ると、それは不遜行為として糾弾されてしまう。形式を重んじれば、それで良いとして、実質には迫らない大和独特の文化のなせる業なのであろう。

花鳥風月を愛でる形式さえ整えて、個々人の感情の世界に事が押し込められておけば、それが美しいとするこの国民族の気質が、一部であっても山本議員の辞職論になって出てくる。電子道具を使っての政治的アホな計略なのだろうが、山本議員をつつくその心情は、恥を知れとの、これまた日本的気質文化を利用しての責めである。

今回民衆によるデモは、かなり広がった。だが広がった事は良しとしても、戦争はノーだ、且つ憲法違反であるとの心情が中心になっているだけで、その安保法案に反対を唱えて国会の場で、可能限りの反対を表明した山本議員。安保法案反対との姿勢に対し山本議員を褒めた民衆も、では、山本が指摘したアメリカの言いなりとの批判の内容を、どれだけ理解していたかについては、些か心許ない。

そのことを東京新聞が、あのジョセフナイとアーミテージなる日本猿まし役をやっている連中が、シンゾー政権に突き付けた第三次日米レポートの内容と、それに呼応して今回成立させた安保法案との見事な一致点を纏めて記事にしている。

〇平時から戦争まで、米軍と自衛隊が前面協力するための法制化を行うべし。

シンゾーの対応:安全保障関連法案の制定。これを今回全て成立させた。

〇集団的自衛権の禁止は、日米同盟の障害になる。これを是正すべし。

シンゾーの対応:新たに国際平和支援法を制定し、且つ、PKO協力法及び重要事態安全確保法を改訂の形で新たに設置し、集団的自衛権行使を認めた。

〇航行の自由を保障するために、米国と協力して南シナ海の監視を増やすべし。

シンゾーの対応:上記重要事態安全確保法にて、アメリカの要望をカバー。

〇PKOを充実させるため、武力で一般人や他の平和維持軍隊を保護することを可能にせよ。

シンゾーの対応:PKO法に、駆けつけ警護を新たに設けた。

〇日本の防衛技術の輸出は、米国防衛産業の妨げになるとは限らない時代になった。
シンゾーの対応:武器輸出三原則の撤廃。

原発は日本にとって包括的な安全保障に不可欠な要素だ。

シンゾーの対応:原発再開。

そして既に自衛隊が派遣されている中央アフリカ南スーダンでは、南部と北部に分かれた部族間の争いが根にあるとは言え、背後に居る大国間の原油掘削利権が部族間の争いを二重構造化してしまい、大虐殺にまで発展している。米国による掘削と輸送パイプラインが、中国による開発とバッテイングし、部族も二派に分かれてそれに関係して紛争がより大きくなっている。

米国の対中国戦略として、対峙はしても争わない方針があること、米国内シエールガスの開発によって、さほどアフリカにおける権益にこだわる必要が薄れたことなど、そして今日から訪米する習国家主席の面子も立てたいのか、あるいは日中和解の実践もさせたいのか、南スーダンにおける中国企業の護衛を、日本自衛隊にもやらせるそうだ(笑)。日中共同南スーダンの治安に当たれと言う訳だ。

ここまで来ると、何から何まで米国の為の安保法案整備だったことがよく分かる。ペルシャ湾ホルムズ海峡機雷除去にものめりこんでいたシンゾーが、米国がイランと和解した途端に、その事に一切触れなくなったことも、米隷属の証左であったし、そのような一連のシンゾー外交を山本太郎が精一杯の抵抗として牛歩に葬儀パフオーマンスで示した。

でもその行為は、シンゾーによる行為よりも、日本的美徳に欠けるものとして批判の対象にしてしまう風土が未だに存在している。そして米国的風土に従うことが我が国の美風に沿うと言う文化に変質してしまったようだ。米国的風土を盤石なものにしているのが、多国籍型資本主義と政治の癒着に他ならない。我が国では、自動車工業連盟を筆頭に、各業界団体が全部、シンゾー的ジミン党を強く支えている。

経団連会長による安保法案成立の賛辞、そして国民がそれを理解できないでいることが、誠に残念だとのコメントに強く現れている。国民よりも資本が大事なのである(笑)。この新日本的風土を崩すことは並大抵のことでは実行不可能である。別に共産党を選択する訳でもないが、共産党は嫌いなどと、日本的風土に浸っているようでは、この盤石なシンゾー的風土を壊すことは出来ない。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存