ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

風化した財政政策の苦い経験>息抜きエピソードを ( No.509 )
日時: 2015/08/24 08:59
名前: 満天下有人 ID:SpeoNxU6

前稿で、維新政府は旧武士階級の救済のための秩禄公債発行、それらの財源として通貨を印刷する政府紙幣・太政官札を発行し、これが数年に亘る維新戦争軍事費財源となり、通貨信用の下落と財政悪化を招き、約30年後に高橋是清が政府公債直接引き受けの離れ業をやって、満州事変から太平洋戦争に至る膨大な出費を賄い、その負債積み上げは、究極の担保強制執行によらざるを得なくしてしまった大筋を書いた。

ここで息抜きに、政府紙幣太政官札にまつわるエピソードを紹介しましょう。

これは6年前に「官僚マフイアと通貨マフイアのどちらが怖い」シリーズで5回に分けて投稿した一部の再掲です。

『我が国通貨が円になったのは、明治4年に、新貨条例が公布されてからであるが、それまでは太政官札なる政府紙幣が発行されていた。

金二分なる「正貨」と二重通貨発行がなされ、太政官札は正貨に対し金札と呼ばれた。この通貨を考案したのは福井藩士であった三岡八郎=後の由利公正だが、そのアイデアは、財政が逼迫していた福井藩で町民に低利で藩札を貸付け、殖産興業として養蚕業を奨励、藩による専売として成功させた腕を、坂本竜馬が維新の主だった志士たちに維新成立後の財政担当者として推挙していたからであった。

しかしこの政府紙幣は町衆の信用をあまり受けて居なかったのである。それは政府紙幣発行せざるを得なかった財政裏事情を知っていたからである。故に初の全国共通の通貨であったのに、その流通ははかばかしくなかった。

裏事情とは勿論、旧幕藩の武士たちの食い扶持、秩禄を維持する財源が不足していたこと、明治元年の戊辰戦争による莫大な戦費が、単に政府権力によって印刷されただけの、価値の裏付けの無い消却不能な通貨であることを、日常生活的価値観によって直感していたからである。

政府紙幣と金二分正貨との差、今風に言えば二重通貨のスプレッドとしてその差を言うなら、正貨100両に対し政府紙幣は150両の評価、更には160両にまで落ちる信用の無さであった。外国公使など、価値下落を別にすれば、日本国内で太政官金札を使っている分には、特に問題もなかったのだが、いざ帰国するとか外に出る場合は正貨に換えて更に、ドルやポンドに交換せねばならない。その間の交換損はどうしてくれるのだと、騒ぎ出した。

薩長との権力争いの陰になっていた肥前の大隈重信、その時の大蔵卿であったが、薩長土佐への恨み返しとばかりにその由利公正をクビにしてしまった。

更に新政府の苦境に乗じて印刷されたニセ札事件まで起こっている。一つは福岡藩(黒田藩)が、戊辰戦争への分担金に苦しみ、福間などの重役が、藩の勘定奉行であった山本一心の進言によって、太政官金札のニセ札造りに応じてしまう(笑)。

その心情を察するに、恐らくこのようなものではなかったろうか・・・維新達成の為に藩も、大きな出欠を強いられ、新政府は今度は、政府紙幣なる太政官札での拠出を求めている。政府紙幣は日銀券のように国債をバックに発行されるから、国債償還時には負債である銀行券の消却が出来る。だが、政府紙幣は何の裏付けも無い印刷だけのものであるから、消却のしようがない。極端に言うと永久に世の中で放浪せざるを得ない運命にある。まあ一部は税によって政府に還流するだろうが僅かな額である。

そうなると何かにつけ政府は、新たな出費に対して印刷を続けねばならなくなる。だが、既に現に戦費での野放図な印刷によって、民衆の支持も得られ無いから悪性インフレを引き起こしてしまっているから、これ以上の印刷が状況を更に悪化させることも知っている。

そうなると各藩が、何かの循環によって還流してきた政府紙幣を持っているかも知れない。つまり福岡藩に命じたように、負担を政府紙幣で出せと、こういうことになってくる。だが福岡藩は政府紙幣太政官札もあまり持っていなかった。

となると悪知恵というべきか、苦境時のやむを得ぬアイデアというべきか、考えて見れば太政官札など、何の裏付けも無い印刷紙ではないか・・・ならば藩の為、家族の為と思えば、こちらで印刷しても同じではないか(笑)。秩序を失わせる通貨とは、さような現象まで起こしてしまう。第二次大戦中のヒトラーによるニセポンド札印刷=ヘルツオーク親衛隊作戦なども発想は同じである。

しかし話がどこかから漏れて、福間などの重役が逮捕されてしまう。東京に護送される間、福間は、藩のためにやったことだから、家族は別の者として咎めはないだろうと思っていたところ、家族まで罪人となってしまったことを知り、福間は発狂してしまう。

も一つのエピソードは、政府紙幣を逆手にとって巨利を得た富山藩・下級藩士の安田善次郎。後の安田財閥の創始者で、確か、ビートルズのジョンレノンと結婚したオノヨーコは、そのひ孫だったと思う。

下級藩士の安田善次郎は江戸に出て、商人になろうと思い、オモチャ屋に丁稚として入り、後に鰹節屋に転じるのだが、その鰹節屋がたまたま両替商を兼業しており、安田も金銭商売感覚をそこで身につけたのであろう、独立して*日本橋小船町に安田商店を構え、そこで下落する政府紙幣太政官金札の動きをジッと観察していたのだろう・・・新政府はいつまでもこの政府紙幣を野放しにしておく筈は無いと判断し、正貨と太政官札の比率成り行きをジッと見守っていた。

そうしているうちに、どうやら政府はこの金札を正貨と1:1で交換するらしいとの情報を耳にして、さあ、どこから集めたかは知らないが、金札を集めまくる。5千両であった安田商店の資産は翌年には1万4千両に膨れ上がり、これを基にでかくなったのが安田財閥である。そりゃそうだ、正貨100に対し政府紙幣は160にまで暴落、比価は0.625。正貨と1:1交換となれば、政府紙幣0.625で正貨1が貰える。濡れ手に粟で、新政府はそこまでして政府紙幣の価値維持を図らねばならんくなっていた、ということである。後に、今では合併でみずほ銀行になってしまったが、富士銀行も安田の手で創立されている。

坂本竜馬とは別の角度で、通貨、為替デリバテイブを見抜く力量があったのだろう(笑)』
*この界隈は日本金融制度揺籃期におけるメッカ的地域である。維新貿易金融の要であった横浜正金銀行、そして日銀、三井銀行などの発祥の地でもある。両替商として三菱財閥に対抗した、というか棲み分けによって三井財閥は、三越や三井物産などの商人資本と金融資本に特化、三菱は丸の内を拠点に富国強兵の重化学工業に進出。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 我が家に残る、昭和の痕跡 ( No.510 )
日時: 2015/08/24 11:22
名前: 贅六 @ 標準語 ID:npugsWHc

大した話ではありませんが、此れも一つの昭和史かも・・。

先日、もうずっと前に亡くなった母親の、和ダンスの小抽斗を整理して居ましたら、面白い物が出て来ました。

その一つは、戦前の「支那事変」の戦費調達の国債「支那事変国庫債券」と言う物で、昭和14年発行の額面五拾圓の物3枚です。利率は3.5%で、17年償還と言う物で、クーポン券の様な利払い券が35枚付いて居るのです。私が5歳の時に亡くなった親父が、商売で稼いだお金の中から購入したモノの様です。
そしてその債券の利払いクーポンは、昭和20年の分までは切り取られて居ますが、残りの分は未払いのまま日本は敗戦と成り、母親は暮しに忙しく、反古同様に成った物に関わって居られず、タンスの奥底に放置したままに成ったようです。
この債券は既に時効と成って居ますから、今更従軍慰安婦の補償を求めるどこかの国の様に騒ぎも成らず、我が家の戦争の負の遺産として記念に取っておきますが、仔細に眺めてみますと印刷だけは麗々しく、藤原鎌足と見える官人の顔や、二・三度訪ねた事のある「談山神社」と思しき建物の絵が認められ、見かけは立派な物です。

もう一つは、戦前と戦後の紙幣、拾圓札が此れも3枚。
その内の2枚は戦前の発券と見えて、「兌換券」の体裁を採って居ます。表に「此券引換に金貨拾圓相渡可申候」と印刷されて居ます。しかし、考えて見ますと日本の紙幣の兌換性はとっくの昔に空文化し、只の信用紙幣に成って居たのではないかと思います。
残りの1枚は、戦後に発券されたと見えますが、印刷も簡素で勿論兌換の文字も文章も有りません。
そして新・旧紙幣を見て面白いのは、旧紙幣の右肩に15oX30o位の紺色印刷の「拾圓」と書いた証紙が張られて居る事で、満天下さんが仰る所の、インフレ抑制の為の預金封鎖又は規制、と、タンス預金などの流通を防ぐ為の紙幣流通「証紙」を発行した証拠ではと思います。

そう言えば、子供ながらに大人の言う事を聞き覚えて居る事に、「拾圓札のイノシシは何処かへ餌を探しに行ったし、和気清磨はんは疲れて肩に膏薬はって走り回ってるなァ」と言う冗談です。

戦中・戦後、本当に必死に生きた時代でした。私なども空腹を満たす為には「自助努力」しか無く、山の幸、海の幸、を何時・何処へ行けば何が有るかを熟知して、頃合を見計らっては採集して食べたものです。 もう二度御免です。
メンテ
風化した戦時国債 ( No.511 )
日時: 2015/08/24 12:16
名前: 満天下有人 ID:SpeoNxU6

贅六はん、これは貴重な遺物を見つけられましたね!

敗戦翌年の昭和21年2月17日。政府は突如預金封鎖を発表しましたね、そのご母堂が買っておられた戦時国債をデフオルトし、政府借金を国民資産で強制償還!。最終権力による清算ですから、民間における担保権など設定せずとも、何時でも執行できます。

次の次くらいの投稿で、当時の破綻額も検証する投稿をしようと思っているところです。

私の微かな記憶でも母親が、ガックリ来て何かを睨みつけていた、当時まだ少年ですから何が何だか分かる筈もありませんでしたが、多分、贅六はんご母堂と同じ国債を睨みつけていたのかも知れません。すさまじいインフレで、疎開先で食糧を求めるために、私の靴までイモに化けてしまったものです。

しかし慰安婦補償は可能でも、一旦清算宣言された国家権力による国債デフオルト分は、どうすることも出来ませんね・・・富裕層は既にせっせと国外へ資産を逃がしていることでしょう。世間が知らぬ間に。世間が知らないということは、政府官僚にとっては何と幸せなことでしょう(笑)。
メンテ
連日のすさまじい株式市場の暴落 ( No.512 )
日時: 2015/08/24 16:45
名前: 満天下有人 ID:SpeoNxU6

前場の日経平均は、下ヒゲ無しの▼623円下げの、陰線坊主頭の出現となった!!

そして下値抵抗線である75日移動平均線 \19,000円をあっさり割ってしまい、もう完全な底なし沼へ突入した気配だ。

後場市場再開後は更に暴落、現在▼ \823円も下げている。これは過去の1929年の大恐慌開始の時のNYダウ、暗黒の木曜日を思わせる大暴落と似ている。

既に8月11日の高値20,948円から−)2,200円、11%もの暴落である。もうどこで下げ停まるかの抵抗線が無い。証券取引所を閉鎖してもおかしくない状況になっている。

シンゾーよ、日本株買いを世界に宣伝して回っていた勢いは、どうした(笑)。これで市中金融機関、機関投資筋が大きな評価損をかかえることになったら、今日の月曜日は二度目のブラックマンデーとなるよ・・・市中金融機関はもう国債買える懐がなくなってるのじゃないか?(笑)。

黒田日銀さんよ、もう超金融緩和の出口を探し始めた(テーパリング)のは、つい先週のことではなかったか?これじゃ国債買い止める訳には行かなくなるだろう。そもそもからして、ジャブつきカネが金融証券市場に回るようにしたのが、今回の異次元超金融緩和ではなかったのか(笑)。その結果がこのザマだ。

直接の原因は中国の経済頭打ち。世界資本主義は生き詰まって中国しか頼る所が無くなっていた、その中国が成長ストップに入って行きそう。

シンゾーさんよ、中国訪問止めてよかったね、戦勝記念祝賀行事で、お前の頭が叩かれそうな気配もあったが、これで経済の中国頼りする必要もなくなったかな?。
メンテ
すさまじい暴落が続く株式市場>中国発世界恐慌? ( No.513 )
日時: 2015/08/24 17:18
名前: 満天下有人 ID:SpeoNxU6

5日連続での大幅な下げ、その中でも今日の900円もの下げは、陰の極かと思わせるような、とどめの暴落だった。

だが、大きな下げのローソク足はほぼ陰線丸坊主の形になっている。陰の極とは下げに下げて、ここら辺がもう下げの限界という意味だが、どっこい、下ヒゲがない陰線丸坊主の出現は、まだ下げる危険性があることを暗示している。

下ヒゲが無いとは、例えば、18,000円まで下げて大引けが18,500円で終えれば、500円幅のヒゲがあって、最悪18,000円まで下げたが、そこが底値の下げ停まりの暗示となるケースが多いのだが、その500円幅の戻しも無く、つまり下にヒゲが無い大引けが本日の最安値となった場合は、陰線丸坊主と称して、市場心理的にはまだ売ろうとする動意が残っているとの暗示になる。

ま、テクニカルな市場技術はどうでも良いことで、問題は、中国の経済減速は、世界恐慌の再来を思わせるほど悪化しているのか?・・・7%の成長が達成できなくとも、まだ2%でも成長の余力があるだろうし、だが、資本主義的世界市場の期待からすれば、その7%から、まだプラスの2%であっても、その差の5%ものマイナスにおびえてしまうのである。

世界中の観光地で目撃されるあの中国人ツアーのすさまじい爆買い(笑)、買って貰わないと資本主義は成り立たないのである(笑)、命がけの飛躍(マルクス)がないと資本は死んでしまうのである。
それが先ず通貨面での中国元の三日連続の4.65%もの切り下げが、いよいよ成長の限界を暗示したと金融証券市場で受け止められた。急激な切り下げによって通貨安戦争に傾いたかと思われてしまった側面もある。

でもまだ巨大な需要を持っているのが中国だ。その判断を先取りする株式市場が、今後そこをどう判断するか、もう中国は終わったと判断すれば、中国発の世界恐慌も起り得る。

後は、中国市場における失業率の動向が世界を左右するだろが、も一つの懸念は、度重なる工場の爆発事件が、ただ需要があるというだけで、環境問題面で非常に危険だとする見方が増えてくれば、やはり中国経済の終焉と見なされ、世界に強大な影響を及ぼしてくることになる。
メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 ( No.514 )
日時: 2015/08/24 19:08
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:eIJ.Sqk6

全てがまやかしに思えますね。

中国も、日本も実体経済は少しも変わらないのに金融市場だけが大騒ぎする。

システム自身が実体経済の足を引っ張る。

ギリシャの問題でもサブプライムローンの時でも、関連する金融機関を情け容赦なく破綻させればよいのである。

ところが狡猾な金融関係者は、個別の問題を金融市場の法則の問題に添加し、世界中に揺さぶりをかけ、どさくさに紛れて責任逃れをするどころか、問題を大きくすることとで逆手にとり利益さえあげようとする。

その様なことを可能にしいているのが現行の金融理論。

要するに、大騒ぎするのは、そのシステムが問題であり、みんなで否定し葬り去らねば、この様なことが際限なく続く。

それにみんなが気がつかねばならないと思います。

ですが、こんな騒動の中で、たっぷり儲ける奴がいます。

一般投資家の中にも上手く立ち回る奴がいて、この世界でも弱肉強食が続いている。

そのそも、経済と言うものが、何故、このようになったのか、それが問題だ。

どこかで、ボタンをかけちがえているのである。

まあ、中国は逃げ切るでしょうね。

なんとなれば、中国は資本主義の制度など横目で見ているだけ。

肝心要は中央集権国家の面を見せるでしょうね。

やはり日本が一番被害を被ることになるでしょう。

モロに金融資本主義の制度に浸りきっているのですから。

アメリカの金融資本などは現行のシステムの問題点など百も承知で、それを利用している立場であるので、アメリカの弱い企業は別として、アメリカ経済、そのものは我関せずでやれるでしょうね。

と言うよりも、世界の金融危機を演出しているのは奴らなのです。

みんな、上手いことマイルドコントロールされているのです。

メンテ
風化した戦争体験>それに協力した財政政策の苦い経験の風化(3) ( No.515 )
日時: 2015/08/25 09:27
名前: 満天下有人 ID:UbwfbPeY

すさまじい株式の暴落が続いている。昨日日経平均は更に▼900円もの暴落、下値がどこにあるのかが見えない。一つの指標は、これも連日暴落しているNYダウの昨夜の動向が注目されたが、やはり先週金曜日の▼$530の下げに続き、▼$588もの連続の暴落。

株式市場から逃避する資金は、定例通り国債に逃げ込んでいる。米長期金利指標である10年債の利回りは、6月には2.5%水準に戻り、FRB新議長のイエレン女史が、金利水準を常識的な線=米経済の回復を示す水準にまで戻し始める=国債買いによる下支えも止めるシグナルを発していたが、先週末の利回りは2・009を示し、国債買いが復活している状況が手に取るように見える。これで国債買い支えに戻り、米財政は更に悪化する方向で進んでいる傾向が見て取れる。

いずれにしても今日の指標が注目されるが、状況は1929年の世界恐慌の切っ掛けとなったNY市場、暗黒の木曜日と歴史に刻まれたあの暗い時代の入り口を連想させる。史実によれば、その日の大暴落で巨額損失を出した市民11名が自殺に追い込まれた。また、ケネデイ大統領家の父が、大戦後のアメリカのウハウハ経済ぶりを疑問に思い、ある日、靴磨き屋までが株の話ばかりするのを見て、一般大衆がブームに乗った時が何事も終わりとの格言を思い出し、世間と反対に株の空売りを続け、あの暴落で巨利を得て、ケネデイ家の基礎を創ったとのエピソードまで生んでいる。

あの恐慌の入り口は、第一次大戦終了後に、直接の打撃を受けずに、しかし戦争需要に沸いたアメリカ経済、わが国もその恩恵に預かった。

戦争は、当事国になっていなければ、その需要によってブームを満喫できる。だがブームが去れば大不況に見舞われ、元の木阿弥に戻る。当事国となれば戦費支出が後の財政を圧迫、その償還が大変になる。これも簡単な原理で、世界はそれを繰り返す。

1914年からの第一次世界大戦は、 米、日共に戦争景気をもたらした。だがアメリカは、戦争による金の流出を抑えるために金輸出禁止令を出し(=金本位制の停止)、わが国も通貨防衛上、直ちにアメリカに追随。 

1919年に大戦終了と共にアメリカは金解禁(=金本位制の復活)を行い、ドルの通貨価値基準を基に戻し、アメリカを軸とする世界経済の秩序維持に踏み出したのだが、ここで図に乗ってしまい、戦場であった欧州の戦争疲弊による物資不足に対し、アメリカの輸出は好調で、しかしここでも金の流出を懸念して、輸出一本やり、信じられないような欧州からの輸入に対して輸入禁止令を出してしまった。       

だがその政策は、欧州が徐々に復興する過程で、天にツバしたそのツバが、アメリカに振り戻って来た。欧州農業の復活による米農業の後戻りで農業恐慌が起った。我が国でも昭和恐慌で同じ現象が起きて、東北地方における悲惨な子女人身売買が発生している。

アメリカが取った輸出オンリー、輸入禁止政策は、逆に安い輸入品の流入を妨げる現象も伴い、且つ、欧州の復興によって輸出にも陰りが生じ、そしてアメリカオンリーの覇権固めの政策が、資本移動まで規制したものだから、欧州ではドイツの復興が妨げられて欧州全体の経済のかさ上げのネックになっていたところへ、 NYダウが一気に大暴落、これでは世界恐慌を招いても不思議ではなかった。
わが国に目を転じて見ると、やはり世界恐慌の波を受けて、昭和恐慌が始まっている。当時で現在の三井物産、三菱商事に匹敵する大商社であった鈴木商店が倒産、そこに大きな融資を行っていた台湾銀行もおかしくなってしまうような昭和恐慌が始まっていた。

不幸なことにこれに関東大震災が加わって、日本沈没のような様相を呈していた。日銀が震災救済策として引き受けていた震災手形も、震災では無く他の要素で経営が傾いていた企業までが震災に名を借りてインチキ融資を受ける有り様であったらしい。世をあげて規律が失せたような状態に陥っていた。 

そこに通貨価値の下落が重なってしまった。第一次大戦後アメリカは再び金解禁によってドル通貨の価値維持に復帰した。だが我が国は恐慌の後始末の為に国内積極財政策を取り、且つ、中国情勢により北洋軍閥の北京政府への巨額支援継続が必須との政治状況もあって、金の保有率を高めるために金解禁を見送っていた。

我が国も民政党が政権を獲った1929年(昭和4年)に金解禁を行ったが問題はその前に潜んでいた。

その前の内閣は、陸軍出身の政友会の田中義一内閣であった。 米英外交は穏便に進め、中国大陸での覇権争いに慎重であった立憲民政党の幣原(しではら)内閣とは正反対の、思想弾圧の為に秘密法を設け特高警察を設置して、政友会に批判的な都道府県知事などを、徹底してクビにしている。

この時にまた蔵相として起用されたのが高橋是清である。先日もNHKが特集していたが、禁じ手の日銀国債直接買いの無謀な政策発動までにはまだ時間がかる、そのために、おっとり刀で紙幣を印刷させている。印刷に間に合わないものだから、片面印刷無しの「ウラシロ紙幣」を大量に“印刷”して市中にばら撒いたのである(笑)。これじゃあ民衆も、あの太政官札政府紙幣の時と同じように、通貨に対する信用をガタ落ちにしてしまった。

この田中義一内閣が取った手法と、高橋是清を再起用して日銀に目茶苦茶をやらせた状況、そして一方で昭和恐慌の引き金となった株式市場の暴落・・・いまのシンゾー政権がやっていることと、それに伴って生じている客観情勢、昭和恐慌時とそっくりではないか(爆)。 
メンテ
ブルーライト横浜からブルーライトジャパンへ>否、ブラックナイト世界へ ( No.516 )
日時: 2015/08/25 18:41
名前: 満天下有人 ID:UbwfbPeY

いやはや、すさまじいとしか言いようがない株式市場の崩落だ・・・下落なんてものじゃない、崩落だ。

1929年の世界恐慌は、まだ生まれていないから知らない。生身で経験したのは平成元年から翌年にかけてのバブル崩壊だけだが、何だかあの時よりも今回の暴落は質が違うように感じる。むしろ世界経の時に近いのではないだろうか。

経験したあのバブル崩壊とて、米ドル支援の為に日本が犠牲にされたのであって、日本だけの一人コケであった。だが今回は、中国初の世界崩落につながっているという点で、生身としては未曽有の現象を肉眼で見せてもらっている。風化し始めた過去の財政政策の失敗を、ゆっくり書いている暇も無いほどの、すさまじさだ。

先の投稿で、もう5日間も下げ続けたのだから、いくら何でも今日の市場が一つの目処を示すかと思ったが、東証オープン後、700円もまた下げて、ここで踏ん張れるかどうかの日経平均18,000円をあっさり割って、だがその後、前日比プラスの展開。やはり市場は、今日が下げとめの目処模索に入ったかと感じたが、並行して注視していた中国上海総合指数が、更にマイナス1.44ポイントを示していたから、日経平均のプラス転換も、プロによる利益確定の買戻しの一時的な現象だと見た。

案の定、大引けは▼733もの下げであった。今回の世界同時株安は、中国発なのだから、その元凶である中国株式市場がプラスに転換しない限り、下げ停まりの目処が無い。

株の上下など庶民に関係ないと思うなかれ。過去数回大きく庶民生活に影響が与えられて来たのである。その順番は、先ず株式保有数が大きい銀行などの金融機関が打撃を受ける。政府官僚たちは、国民生活の潤滑油が無くなっては社会が崩壊するとして、先ず市中金融機関の救済に入る。

小泉内閣での竹中タコゾ造の手練手管を、よもや忘れてはいないだろう。そして金融機関は税制面でも優遇されて生き残る。一方、民間企業は不景気下で生き残るために、先ず人件費削減から手をつける。資本主義経済の宿命である。そして人件費削減の手法は、派遣労働法の設定を産み、需要の担い手である所得層に打撃を与える。

なのに施政者は、そこには手を付けずに利潤回復した企業には減税し、需要の担い手には増税する。その間、証券金融市場にはカネを流し込み、実体経済の担い手である国民の付加価値は増やさず、日銀にやらせたアブクゼニを市場に流し、株の上昇で恩恵を与える。

その恩恵が今回、破裂してしまった。さあどうなるか、保有株式の評価損を理由に雇用を控える動機が広がって来る。今回の暴落止めの為に日銀は先週、一回300億円規模で市場介入していたようだ。でも一日の取引高が何兆円単位の市場にあっては、焼け石に水である。

日銀は株式担保まで認めてここまで金融を緩和して来た。国債売りにはまだ転じていないものの、保有した株式の評価損が膨らめば、純資産の僅か3兆円など吹っ飛んでしまう。
まあ世界同時だから、わが国中央銀行だけが債務超過になる訳でも無ければ、赤信号、みなで渡れば怖くないの類で、IMFなどが新たな基準を出してくるかも知れない。

それにしても政府当局からはまだ何の声明出て来ない。戦争法案ゴッコに熱中するバカ小僧に、同じレベルの者が財務大臣では、原因も分からないのだろう。分かったとしても未曽有の事態を、ミゾウユウとしか読めない頭の持ち主では、手の打ちようもないのだろう(爆笑)。

石田あゆみのヒット曲・ブルーライト横浜・・・揺れにゆられて庶民は、誰の手によって支えられるのか、これでもう、賃上げ、雇用増は夢の中に消えた。ニッポン事態がブルーライトの明かりに照らされている。それも目立たない。世界全体がブラックナイトに覆われ始めたから、もう暗闇になるであろうから・・・

微かな望みは、中国上海株式が下げ停まることである。でも市場心理としては、江戸時代の、山形県酒田地方出身の相場師、本間宗久が数多くの相場から編み出した市場心理の形・酒田五法があって、それによれば、三日連続大きい下げは、三兵黒カラスの出現と言って、更なる大きな下げに繋がる。それが絵に描いたように証明されたのが最初の三日間の大きな下げであった。それでは止まらないのである。それを更に証明したのが、昨日、今日の更なる四日目、五日目の下げである。中国市場にもその形が現れている。

どこかで下げは止まる。だが下げ停まってもそこから先が怖い。もう明かりが灯る材料がない

メンテ
Re: 続・当代世間騙し装置 風が吹いたら桶屋が儲かる、株の暴落、庶民が苦しむ ( No.517 )
日時: 2015/08/25 18:32
名前: 贅六 @ 標準語 ID:rzpKqNkY

あたしゃ株の売買で儲けるなんて言う“不労所得”イエ間違いました“不労利得”は罪悪だ! などと言う貧者の片僻み人間ですから、株が上がろうと下がろうと関係無ェ、それこそ「アッシには関わりの無ェ事でござんす」と、昔は文次郎気取りで居たものですが、その株の上下が我ら民草を痛め付ける事に我慢が成りませんねぇ。

とは言え、私は今、現役では無く年金生活者です。其の年金生活者が兎角世間のお荷物視される事にも腹立たしい限りで、我々が収めた年金保険料をネコババしたのは何処のドイツだ! それを以って年金の仕組みを滅茶苦茶にしたのは何処のドイツだ! 

とまぁ、こんな事を愚痴って見ても所詮は 豆腐に鎹 蟷螂の斧 力無き民草には為す術も無い訳ですが、然りとて首をくくって死ぬも業腹な事。老人稼業とは 厭な渡世だなァ、です。

オヤ、オヤ、今もテレビで、NYは1,000jほど、日本は730円ほど下げた! と言うニュースが流れました。 ウ〜ン本当に中国発の第○次世界恐慌が始まるのかも・・・、不気味ですなァ。

考えて見ると、中国がAIIBを創ろう、なんて言いだしたのは、この状況を予測して取り込み詐欺でも働く心算だったのかも?  イヤ、怖いですねェ、シー・ジン・ピンの考える事は!
メンテ
戦時中に国民が供出した貴金属や宝石は、戦後に返されなかった。米軍が持ち去ったものもあるだろう。M資金の噂もある。岸信介の復活資金にも使われたか? ( No.518 )
日時: 2015/08/26 02:34
名前: 青トマト ID:uHl.hH72 メールを送信する

http://blog.goo.ne.jp/watashinoshowa/e/2ae053ac99a0b07629beb8457bb080b8

国民はあらゆる金属を供出した。寺院の鐘まで供出した。

ダイヤモンドをはじめとして宝石も供出した。

金属の一部は弾薬や兵器に使われたであろうが、

終戦と共に、何処かへ行ってしまっている。

当時の日本の管理者がこのような国の財産を盗んだ事は考えられる。

地下に隠された可能性もある。

勿論であろうが、占領軍が持ち去ったものもかなりあるのではないか。

岸信介の巣鴨からの救出にこの問題は絡んではいないだろうか?

彼の政界復帰にこれらの残された財宝が充てられてはいないか?
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存