ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2265] 繁栄の中の貧困
日時: 2015/04/30 12:59
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:j2JD5PyM

「繁栄の中の貧困」と言う概念は、一見、常識的な認識と思いますが、意外にも、その言葉を使った書籍、論文はあまり多く見当たりません。

実は「繁栄」と「貧困」は反意語でもなく、その関係を認識するには微妙は方程式を考えねばならないのです。
念の為に語源的意味を確認しておきましょう。

「繁栄」

豊かにさかえること。さかえて発展すること。
使用例  「社会繁栄する」「子孫が繁栄する」
反意語としては「衰退」が考えられます。

「貧困」

主に経済的な理由によって生活が苦しくなり、必要最低限の暮らしもおぼつかない様子をいう。
面白い分析に、ノーベル経済学賞受賞者のアマルティア・センの、貧困を「潜在能力を実現する権利の剥奪」と定義があります。
貧困の概念を固定的、静的に捉えているのではなく、後で、説明しますが、この方法こそが実際に貧困問題を捉えるのに有効であると思います。
反意語としては「富裕」が考えられます。
また「貧困」と言う言葉で表現する事のうちに、絶対的貧困と相対的貧困の問題(格差)があることも考えねばなりません。


「繁栄の中の貧困」を取り扱う言葉として

「アメリカの繁栄と落ちこぼれたもう一つのアメリカ」と言うものがあります。
その意味は言わずともお解りと思います。

また、
「貧困撲滅と繁栄の共有の促進のために必要なことは何か?」と言う言葉で、次のような問題提起をしています。
世界銀行は、2030年までに極度の貧困層を世界人口の3%以下まで低減する「極度の貧困の撲滅」と、各国の下から40%の人々の収入を増大する「繁栄の共有の促進」の2つの目標を業務の指針として掲げています。貧困削減は過去数十年にわたり世界銀行のミッションの核をなすものですが、今回は目標と達成期限を定めるとともに、全ての人々による成長の共有を目標として初めて掲げました。

2015年2月27日、アナ・レヴェンガ 世界銀行 貧困グローバル・プラクティス シニア・ディレクターの来日の機会にあたり、セミナー「貧困撲滅と繁栄の共有の促進のために必要なことは何か?」を開催しました。本セミナーでは、2つの目標の達成に向けて、同グローバル・プラクティスが途上国政府に対して提供する政策助言とそのモニタリング・評価、キャパシティ構築、データ収集・分析、経験共有などの取り組みをご紹介しました。

前置きは、これくらいとしまして、私自身の考えを進めたいと思います。

初めに「繁栄」と言う言葉ですが、これが実は不確定要素に包まれ、何を、どの状態を繁栄とするか、使う場合によって異なる概念となります。

先に紹介しました、世界銀行が言っている繁栄とは、現代に置ける経済的現状を数値として分析しています。
そうして繁栄の仕方によって、貧困の比率を改善できると言う考え方です。
言葉としては成立していても、実際にその様な方程式があるか、否かは別の問題ですが。

もうひとつの認識は、歴史的、文化的な領域での繁栄です。
これは、末世思想が広まる時代でない限り人類社会は繁栄を続けていること
になります。

その考え方からすると、人間の絶対的貧困は時代と共に改善され続けているのです。
ただ、全体の繁栄が大きく、その為に、その差(相対的貧困の問題)が顕著になっていると言う問題(格差の問題)として浮かび上がっていると言うことです。

いずれにしても「繁栄」は人類にとって何時でも「善」の形で存在してきました。
その考え方も決して否定はできず、するべきではありませんが、現代社会が直面している貧困の問題に向かい合う場合、従来のような捉え方では解決出来ないと思います。
要するに「繁栄」と「貧困」の概念は決して反意語ではないことをしっかりと認識し、その上で、両者を関連付ける何かを探さねばなりません。

それを、このスレッドでやってみたく思います。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

個人主義とは ( No.1 )
日時: 2015/10/25 10:05
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:r1aquFWc

せっかく取り上げた、このスレッドのテーマを忘れていました。
現代社会、西欧個人主義が持っている矛盾を解き明かす事を目的としてテーマであり、繁栄とか貧困の概念を人々はどのように受け止めるかを哲学的に検証したいと思います。
初めに、現代社会の様相を、ウキペディアを借りて見てみたいと思います。少し形而上学的な内容になりますが、最後に砕けた言葉に置き換えて見たいと思います。
難解な部分は読み飛ばしていただき、全体として、この(現代の)考え方は西欧(キリスト教圏)の論理であり、仏教的あるいは神道てき価値観を根底とする我が国の伝統の、それとは、何か違うもの、否、西欧個人主義とは別の考えもあるであろうと言うことも含んで読んでいただければ幸いと思います。


(西欧個人主義)

個人主義(こじんしゅぎ、英: individualism、仏: individualisme)は、国家や社会の権威に対して個人の権利と自由を尊重することを主張する立場。あるいは共同体や国家、民族、家の重要性の根拠を個人の尊厳に求め、その権利と義務の発生原理を説く思想。ラテン語のindividuus(不可分なもの)に由来する。対語は、全体主義・集団主義。

個人主義は集産主義に反対する。西洋諸国は個人主義的である。個人主義の概念の原因は西洋文化にある。古代スカンジナビアの精神、ギリシア哲学、キリスト教などの影響がある。ゲルマン人は非常に個人主義的である。

個人主義・集産主義間の違いの簡単な例:日本は集産主義文化である、姓を先に表記する(集団への帰属感)また一方アメリカは個人主義である、名・姓の順に表記する(個人を重要視すること)

個人主義と利己主義は同一ではない。集産主義と個人主義は高・低文脈文化と関連している。


「個人主義」は、多義的な言葉であって、個々の言説が意味するところは一様ではない[が、人間の尊厳と自己決定という2つの価値概念と、個人は理性的存在または個性的存在であるという認知的概念を共有する。individualismeというフランス語が発祥である。

もともとは啓蒙主義に対する非難を意味する言葉であった。啓蒙主義的な政治哲学は、トマス・ホッブズによって体系的にまとめられたのであるが、18世紀中葉、サン=シモン派は、啓蒙主義の哲学者を古代ギリシアのエピクロス派とストア派の利己主義を再生させた者たちであるとして個人主義者と非難した。フランスの政治家トクヴィルは、個人主義が民主主義の自然の産物であるとした上で、アメリカ人は自由によって個人主義を克服したのだとして、やはり否定的にみていた。

これに対して、啓蒙主義の画一性を批判して個人主義に、個人の独自性、独創性、発展性という積極的な意味を吹き込んだのは、1840年代ドイツのカール・ブリュッゲマンで、その伝統は、フリードリヒ・シュライアマハーらに受け継がれた。ヤーコプ・ブルクハルトにとっては、イタリア・ルネサンスの文化がその理想であった。

個人主義という語が、現在用いられているような、共産主義や全体主義といった主張とは両立し難い「社会的な理想」というような意味合いで用いられるようになったのは、19世紀から20世紀にかけてのアメリカ合衆国においてである。

個人主義という語は多義的であって、個人が至高の価値を有するという道徳原理、自己発展、自律性、プライバシー等の観念が結びついている。その文脈に応じて、社会学的個人主義、方法論的個人主義、政治的個人主義、経済的個人主義、宗教的個人主義、倫理的個人主義、認識論的個人主義といった諸類型に区分することができ、異なる論点が存在する。

個人が至高の価値を有するという道徳原理の起源は、キリスト教の伝統に求めることができる。その考え方は、たとえばマタイによる福音書25:40に示されている(ユダヤ教は、神の関心が一民族にのみ向けられていたので、異なる)。ルネサンス期の人文主義者の「人間の尊厳」も、宗教改革も、このようなキリスト教的伝統のうちに理解されるべきものである。カントやマクタガードが美しい表現でそれを著述している。また、ルソーの思想の中心をなすものである。

自律は、伝統的慣習・権威に従って行動するのではなく、個々人が自らの理性的反省によって、批判的評価を与えられた規範に従って行動することを求める。このような観念もキリスト教的伝統の下、トマス・アクィナスによって示されたものである。

プライバシー(私事権)は、極めて近代的な概念であり、私的な領域を神聖なものとする人間観を前提としている。自由主義の中心観念となる消極的自由であり、J・S・ミルが「人間の行為の中で、社会に従わなければならない部分は、他人に関係する部分だけである。自分自身にだけ関係する行為においては、彼の独立は、当然、絶対的である」と述べる部分であり、集団主義とは対立的である。

自己発展は、個人の諸能力の調和的発展によって理想が実現するとした考えである。この「個人」はやがて、「民族」「国家」にまで拡張された。フランス啓蒙思想における合理主義的な国家観の批判という文脈において、ドイツでは、自己発展の概念は個々人を超えて実在する有機的組織である民族にまで拡張され、他の文化と異なった発展を遂げた個性を有するものとして、「民族精神」が歴史学の基礎に据えられた。[要出典]また、このこととは別の流れとして、これはJ・S・ミルの自由論、マルクスのドイツ・イデオロギーの要素となった。

抽象的個人の見方は社会学的個人主義と名付けられ、社会契約説の基礎となった。イギリスの哲学者ホッブズが、各個人の有する無制限な自然権は、「万人の万人に対する闘争」を帰結するものとして、これを避けるためには、各個人の有する自然権が主権者に譲渡されることが必要であるとした。そこでは、社会はそれがどのようなものであろうとも、個人の目的のための手段とみなされる。

政治的個人主義は、政治的権威の源泉を個々人のうちに求める。ホッブスは、政治的権威は太古からの伝統や神や自然法に由来するものではなく、人間的目的から生まれるとした。イギリスの哲学者ロックは、「操作的重要性」を与えない形でホッブスの考えを継承した。フランスの哲学者ルソーは、「主権者とは『それを構成する個々人によって全体として形成されている』ものである」と発展させた。

経済的個人主義は、「経済的自由に対する信仰である」。個々人の自由な経済活動によって、最大多数の最大幸福が実現されるとみて、社会主義、共産主義を否定する。現代の代表的な論者はF・A・ハイエクである。経済活動のうえでは国家による干渉や統制を認めず、自由放任をよしとする。リバタリアニズムは経済的個人主義を先鋭化させた思想である。

方法論的個人主義は、ホッブズによってまず示されたが、社会学的個人主義とは区別される。あらゆる社会現象は、実在する個人に還元されるべきであると主張したもので、フランスでは、サン=シモンからデュルケームにいたる、この考え方への批判の伝統がある。理論的には、実在するのは個々人であり、社会や国家は個人の集合をさす名称にすぎないとする社会唯名論であり、社会実在論と対立する。これに対しては、社会実在論の立場から、場の雰囲気に流される傾向をもつ群衆と化した個人がより強固なシンボル・指導者を求めて全体主義へと至る危険性がエーリヒ・フロムによって指摘されている。また、ギリシア語のanomos(法がないこと)に由来するアノミーの概念を提唱した社会学者のデュルケームが、個人の無制限な自由がかえって当人を不安定にすることを問題とした。

倫理のうえでも個人主義が言及される。

個人の人格の完成が個人の幸福であるとする人格主義も、個人主義の1つといえる。また、カントの、自己発展と自律を組み合わせ、人格の完成は道徳的人格の確立以外にないとした考え方は、倫理的個人主義ということができる。倫理的個人主義においては、相対立する道徳的立場に面したとき、個人がこれを選び取らなければならない。「他人と代置不可能な個人の実存とその自由を重視する」[28]実存思想も、個人主義ということができる。また個人主義は、道徳的連帯を可能にする。

いっぽう、個人の利益・欲としての幸福だけが道徳の規準になるとすれば、それはエゴイズム・利己主義であり、幸福がもっぱら自己の快楽であるとされれば、それは快楽主義・享楽主義である。ドイツの哲学者シュティルナーの「唯一者」の思想は、この種の個人主義の代表といえる。決してそれらは「個人主義」ではないので注意が必要である。「個人主義」とエゴイズム・快楽主義・利己主義は同一ではない。

認識論的個人主義は、知識の源泉を個人に求めた。ジョン・ロックの経験論がその典型である。経験論者の一人のバークリーは、存在するのは自意識のみであり、すべては自意識の観念にすぎないと主張した。古代ギリシアのプロタゴラスのように、知識の源泉を個人に求め、真理は各人が認識する限りのもので相対的であるとすれば、主観主義、相対主義に至る。

量的個人主義と質的個人主義という分類の仕方もある。

個々の場(集団)は成員に対してそれぞれ一定の「要請」をするものだが、その要請が「普遍性」から逸脱する方向へ動き出したとき、個人主義はこれを拒否し得る(声をあげられる)(←→集団主義)。この個人主義は、原点は「神と人間との関係」であるが、確立したのは近代の西欧である。そのときの状況をジンメルは、量的個人主義(啓蒙主義的個人主義、個人の理性に力点が置かれる。18世紀フランスで起こった)と質的個人主義(ロマン主義的個人主義、かけがえのない一人ひとりの個人という視点に力点が置かれる。19世紀ドイツで盛んになった)、と把握した。

人類学者のルイ・デュモンによれば、個人主義は、国家と対立するキリスト教的伝統の下で生まれた西欧の概念であって、その普遍性に疑問があるだけでなく、自己発展の概念から発生した民族精神、倫理的個人主義のディレンマから派生したドイツ民族の道徳的優位、政治的個人主義とは密接な関係がある、とされる。

夏目漱石は、自己の発展に重きを置くならば、他人のそれも尊重しなければならないとし、他人を妨害する結果にならないよう道義上の個人主義を説いた。また偏狭な国家主義を批判しつつも、真の国家主義は道義上の個人主義と矛盾しないことも主張した。漱石の個人主義は、ヨーロッパの個人主義を受け入れたものである。

ホッブズの社会契約説は、法の支配をその内容としていたのであり、個人主義は法の支配を内包している。個人が法に対抗してその信条を貫いた例として、良心的兵役拒否、あるいは内村鑑三の不敬事件などが挙げられる。

(引用終わり)

冒頭の部分に

>個人主義・集産主義間の違いの簡単な例:日本は集産主義文化である、姓を先に表記する(集団への帰属感)また一方アメリカは個人主義である、名・姓の順に表記する(個人を重要視すること)

とありますように、我が国は、どちらかと言えば、個人主義の対義の概念である、集団主義文化として発展してきた傾向があります。
中国、韓国でも姓の姓を重要視する傾向も、それを現しているようです。

また西欧においても、啓蒙主義と個人主義と言う言い方で、個人主義を対立する考え方を重要視することもあります。
結果として、キリスト教、特に宗教改革後のキリスト教の影響で、個人主義的価値観が強くなってきたのではないでしょうか。

>個人主義という語は多義的であって、個人が至高の価値を有するという道徳原理、自己発展、自律性、プライバシー等の観念が結びついている。その文脈に応じて、社会学的個人主義、方法論的個人主義、政治的個人主義、経済的個人主義、宗教的個人主義、倫理的個人主義、認識論的個人主義といった諸類型に区分することができ、異なる論点が存在する。

>個人が至高の価値を有するという道徳原理の起源は、キリスト教の伝統に求めることができる。

※ キリスト教は原則、個人としての信者とキリストの関係で成り立っている。

※ ルソーの社会契約論も個人を構成員の単位として認めた上で成り立っている。

>個人の人格の完成が個人の幸福であるとする人格主義も、個人主義の1つといえる

>経済的個人主義は、「経済的自由に対する信仰である」。個々人の自由な経済活動によって、最大多数の最大幸福が実現されるとみて、社会主義、共産主義を否定する。

※ 現在の資本主義の有り様は、この延長にあります。

>人類学者のルイ・デュモンによれば、個人主義は、国家と対立するキリスト教的伝統の下で生まれた西欧の概念であって、その普遍性に疑問があるだけでなく・・・

※ キリスト教的な世界観が、必ずしも西欧哲学と近似している訳でもない(ギリシャ哲学などは、キリスト教とは無縁であり、西欧近代哲学もキリスト教とは相容れない認識がある)。

※ 国家とキリスト教の対峙の事が言われているが、一神教であるキリスト教ではイエスの他に権威が求められないので必然的に、そのようになる。イスラム教は、それとば別に、イスラム教=国家と解釈し、その方向に進んでいる。

繁栄と貧困と言うテーマからは、少し離れているようですが、その(繁栄・貧困)実感は多分に相対的な要素があり、基本的な人間性、人生観をも見る必要があると思うからです。

要するに、ここで言いました西欧個人主義を総称してアングロサクソン流と言っております。
メンテ
Re: 繁栄の中の貧困 ( No.2 )
日時: 2015/10/29 21:15
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:f..mTU86

最初に戻ります。

「繁栄」と言う概念を、経済的=物質的なものとすれば、人類は有史以来、繁栄を続けてきたと思います。
しかしながら、繁栄を意識する時間軸は年代によって異なり、現代社会になるほど、繁栄の速度が早くなくては繁栄と言う実感を持てません。

言い換えれば、昔は少しの進歩も繁栄に移り、現代人は相応の進歩を感じなければ繁栄していると実感しません。
であるならば、繁栄の概念も相対的なものとなります。

幸いにして、科学技術の進歩はめざましく、現代人は繁栄の真っ只中にいることになります。
逆に言えば、もし科学技術の進歩が停滞し、目覚しい繁栄が感じなければ、人々は繁栄と言う概念を持たなくなるのではないかとも思います。

では、人類にとって、繁栄と言う概念は、常に必要不可欠なものしょうか。
そこのところが、将来は問題となってきます。

何となれば、人々は繁栄していることを、幸せな状態と重ねて感じているのです。
国の人にとって、このスレッドの表題、繁栄と貧困は、すなわち幸せと不幸を重ねて感じているのです。
それだから、繁栄と貧困について興味を持っているのです。

まずは、その関係を検証してみましょう。


>幸せとは、何でしょうか。
ここでは、まず他人の言葉を借りることにします。

https://happylifestyle.com/13782

あなたが幸せと感じる瞬間を、思い出してください。
大金を手に入れたとき。
欲しい服を買ったとき。
最新の電子機器を手に入れたとき。
大金や欲しい物を手に入れたとき「幸せだ」と考えることでしょう。
たしかに物質的豊かさは、幸せの1つです。
しかし、本当の幸せかというと、疑問が残ります。
物質的豊かさによる幸せは、一時的です。
手に入れた瞬間は喜びを感じますが、すぐ慣れます。
また、手に入れたときの幸せには、深い満足感が伴っていません。
ニュースを見てください
お金や物に不自由しないはずの資産家や有名人が、自ら命を絶つニュースがあります。
物で人が幸せになるのなら、自殺をするはずがありません。
物は、人を本当に幸せにはしないのです。
深い満足感があってこそ、本当の幸せです。
では、本当の幸せとは何でしょうか。
精神的豊かさなのです。
愛情、愛着、友情などです。
人とのつながりを通して得られる心です。
幸せは、心で感じるものです。
心があってこそ、本当の幸せを感じます。
人とのつながりを通して得られる心に触れたとき、人は深い満足感を抱きます。
人から慕われたり、愛されたり、尊重されたりするとき「幸せだな」と感動し、深い満足感が得られるのです。
自分の生活を振り返りましょう。
心が豊かな生活を送っているでしょうか。
人間関係を大切にしましょう。
家族関係、恋人関係、友人関係などです。
仕事の人間関係も大切です。
本当の幸せとは、物質的豊かさではなく、精神的豊かさです。

(引用終わり)

ここに書いてあることは、物質的、経済的繁栄のみが幸せではないと言っていますが、そうかと言って物質的、経済的な繁栄は重要な幸せの要素でもあります。

物質的な繁栄は、幸せ感の必要条件とも言えますが、
繁栄の概念の中に、個人的権利の確保の度合いも繁栄のように定義するべきかと言う問題もあります。


※ 当分の間は、幸不幸の概念と生きがいの概念と照らし合わせて「繁栄と貧困」の概念を突き詰めることにしますが、最封的には次のような論理を展開したいことを最初に言っておきます。

ここに書いています「繁栄の中の貧困」と言う概念は、多分に物質的、経済的なことを念頭に書いてあるのですが、それだけを考えていると、現代の市場主義の中では、それが固定的になってしまいます。

これを(市場主義の宿命)を打ち破るためにも「繁栄と貧困」の別の概念も取り入れる必要が無いかと言う事へ繋げたいのです。
メンテ
Re: 繁栄の中の貧困 ( No.3 )
日時: 2015/10/30 19:22
名前: seigi ID:IkyzFeuI

削除


スレッドとは、全く関係のない記事を挿入し、流れを妨害している。





メンテ
Re: 繁栄の中の貧困 ( No.4 )
日時: 2015/11/11 10:56
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:YYsAB8Ok

経営コンサルが企業を滅ぼす…法外料金、役に立たない理論 敏腕コンサルが暴露
http://biz-journal.jp/2014/06/post_5029.html

企業の業績拡大、経営改革には不可欠といわれている経営コンサルタント。なかには最先端の経営理論をひっさげ、経営陣に代わって企業の舵取りをしているコンサルタントも少なくない。

 だが、そのビジネス界のエリートである経営コンサルタントが自らの仕事を「組織をつぶす諸悪の元凶だ」と告発する本が出版されて、大きな話題になっている。

『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。コンサルタントはこうして組織をぐちゃぐちゃにする』(カレン・フェラン著/大和書房)がそれだ。著者は、大手会計事務所系コンサルティングファームのデロイト・ハスキンズ&セルズや戦略系コンサルティングファームのジェミニ・コンサルティングで活躍。その後、売上高世界一の米製薬会社・ファイザーをはじめとする大手企業でマネジャーとしての経験を積んだ。そんな敏腕コンサルタントがコンサルティング業界の内幕と過ちを暴露したのだ。

 同書は冒頭から、こんな記述で始まる。

「私はじわじわと確実に、私たちが適用してきた経営理論の多くが間違っていることに気づいていった」

「理論の正しさを示す証拠があっても、ほとんどは個々の事例に当てはまるにすぎないし、既存の研究の多くには企業の利益が絡んでいる(何百万ドルも投じた再建策にほとんどメリットがなかった、などと認めたがる企業がいったい何社あることか)」

 つまり、最先端の経営理論の多くは、個々のケースで成功しただけの事例にすぎず、他の企業でも成功するとは限らない。しかし、コンサルタントはその事例を素晴らしい理論として持ち上げ、法外なコンサルティング料で売り込み続けているのだという。

(引用終わり)


上記の例は個別の問題であるが、大体、弱肉強食の市場主義経済のシステムの中で、どの企業も容易に上手くいくはずはない。
経営コンサルトいうのは、多くの企業の中で勝者を育成することであり、ごく一部の例において成り立つもの。
それをコンサルこそが万能の妙薬のように思い込むことは大きな間違いである。

それでも、個別の企業がコンサルに頼ることは良いとしても、コンサルが万能のように思い込み、それを喧伝する風潮があることは如何なものかと思う。

というのは、近年、日本中の経営に関する公的団体が、会員を集め、コンサルを呼び講演会を開いている。
地方の行政も地域の経済の活性化の為に、コンサルに意見を求める傾向にある。

彼らは口を揃えて言う。

従業員教育を徹底し、生産の合理化を図る。
従業員の意見も取り入れて従業員にやる気を起こさせる。
付加価値を高めた商品の開発を促進する。
インターネットを使って商圏を広げる。
企業が停滞するのは経営者にイノベーションがないからだ!
・・・

と、言葉巧みに、ハイカラな言葉を使って、企業努力を奨励します。
それを聴く多くの皆さんは、なるほどな!と感心しますが、実際には、そんなものは何の役にも立ちません。

と、言うよりも、そのような努力など既に充分やってきた現在があるのです。
自分では汗をかいたこともない机上の理屈や、ないし、好調な企業に在籍し、本当の苦労、劣悪な環境で活動したことのないような人間に、本当の問題解決など出来はしないのです。

その様に学生、学者の理想論などを振りかざす、専門家と言う者の講演会が繁盛しているのを見て、今日の世情の虚ろさ、欺瞞性を感じます。

また全国の行政も一様に町おこしを叫び、数々の意味のない企画をし、問題に取り組んでいるように思い込んでいます。

これらは、全て現在の貧困の問題を個人的な努力で補えると言う考えに基づいているのです。
そうではなく、現在の貧困の問題はシステムの問題であり、個人で責任をとれる問題ではないことを、自覚し、共認するようにしなければなりません。

グラック企業の問題も
シャッター通りの問題も
ワーキングプアーの問題も

今の有り様では、何も解決はできす、ますます深刻になるばかりです。

企業コンサルタント、評論家の暗躍、行政の町おこし運動などで現実をカムフラージュされていること見抜き、正面から貧困の問題に取り組みたいものです。

メンテ
中国経済の破綻 ( No.5 )
日時: 2016/02/15 11:03
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:qaBRES1U

繁栄の中の貧困と言う事を別の角度から見てみましょう。

北朝鮮の貧困の概念は、概ね解ります。
繁栄と言う言葉ではありませんが、最近はギリシャが破綻したと言います。
中国も韓国も破綻まじかとしきりに言われています。

繁栄と貧困の面で言えば、中国など随分と前から極度の格差社会です。
その中国を、今更、破綻と言う意味はなんでしょう。

金融資本主義の面で財政的に破綻と定義付けしているのです。
いかにも国家自体が無くなるような言い方ですが、ギリシャにしても、そのようなものではありません。

金融面における国際関係の問題であり、その貸借の分だけ経済は一時的に萎縮するでしょう。
経済が萎縮しても国家は存在し、もともと国家というものは自国だけでも生きてきたのです。

ゴローバル化と言って、外国から急激に発展を迫られ、それについて行けなければ国家の破綻と烙印を押す。
そのような勝手な言い様で世界を弄んでいるのです。

破綻というのは、金融ゲームの参加している連中の貸借関係に過ぎません。
そのようなことに目を奪われるよりも、国家は自国内の繁栄と貧困の問題、要するに弱者対策に打ち込むべきであるのです。

うさぎと亀のことわざもある様に、いたずらに先を急ぐことが全体の反映には繋がらないのです。
生産技術を身に付け、15億の民をもつ中国などは、今後、どんどん発展し続けるでしょう。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存