ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2265] 繁栄の中の貧困
日時: 2015/04/30 12:59
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:j2JD5PyM

「繁栄の中の貧困」と言う概念は、一見、常識的な認識と思いますが、意外にも、その言葉を使った書籍、論文はあまり多く見当たりません。

実は「繁栄」と「貧困」は反意語でもなく、その関係を認識するには微妙は方程式を考えねばならないのです。
念の為に語源的意味を確認しておきましょう。

「繁栄」

豊かにさかえること。さかえて発展すること。
使用例  「社会繁栄する」「子孫が繁栄する」
反意語としては「衰退」が考えられます。

「貧困」

主に経済的な理由によって生活が苦しくなり、必要最低限の暮らしもおぼつかない様子をいう。
面白い分析に、ノーベル経済学賞受賞者のアマルティア・センの、貧困を「潜在能力を実現する権利の剥奪」と定義があります。
貧困の概念を固定的、静的に捉えているのではなく、後で、説明しますが、この方法こそが実際に貧困問題を捉えるのに有効であると思います。
反意語としては「富裕」が考えられます。
また「貧困」と言う言葉で表現する事のうちに、絶対的貧困と相対的貧困の問題(格差)があることも考えねばなりません。


「繁栄の中の貧困」を取り扱う言葉として

「アメリカの繁栄と落ちこぼれたもう一つのアメリカ」と言うものがあります。
その意味は言わずともお解りと思います。

また、
「貧困撲滅と繁栄の共有の促進のために必要なことは何か?」と言う言葉で、次のような問題提起をしています。
世界銀行は、2030年までに極度の貧困層を世界人口の3%以下まで低減する「極度の貧困の撲滅」と、各国の下から40%の人々の収入を増大する「繁栄の共有の促進」の2つの目標を業務の指針として掲げています。貧困削減は過去数十年にわたり世界銀行のミッションの核をなすものですが、今回は目標と達成期限を定めるとともに、全ての人々による成長の共有を目標として初めて掲げました。

2015年2月27日、アナ・レヴェンガ 世界銀行 貧困グローバル・プラクティス シニア・ディレクターの来日の機会にあたり、セミナー「貧困撲滅と繁栄の共有の促進のために必要なことは何か?」を開催しました。本セミナーでは、2つの目標の達成に向けて、同グローバル・プラクティスが途上国政府に対して提供する政策助言とそのモニタリング・評価、キャパシティ構築、データ収集・分析、経験共有などの取り組みをご紹介しました。

前置きは、これくらいとしまして、私自身の考えを進めたいと思います。

初めに「繁栄」と言う言葉ですが、これが実は不確定要素に包まれ、何を、どの状態を繁栄とするか、使う場合によって異なる概念となります。

先に紹介しました、世界銀行が言っている繁栄とは、現代に置ける経済的現状を数値として分析しています。
そうして繁栄の仕方によって、貧困の比率を改善できると言う考え方です。
言葉としては成立していても、実際にその様な方程式があるか、否かは別の問題ですが。

もうひとつの認識は、歴史的、文化的な領域での繁栄です。
これは、末世思想が広まる時代でない限り人類社会は繁栄を続けていること
になります。

その考え方からすると、人間の絶対的貧困は時代と共に改善され続けているのです。
ただ、全体の繁栄が大きく、その為に、その差(相対的貧困の問題)が顕著になっていると言う問題(格差の問題)として浮かび上がっていると言うことです。

いずれにしても「繁栄」は人類にとって何時でも「善」の形で存在してきました。
その考え方も決して否定はできず、するべきではありませんが、現代社会が直面している貧困の問題に向かい合う場合、従来のような捉え方では解決出来ないと思います。
要するに「繁栄」と「貧困」の概念は決して反意語ではないことをしっかりと認識し、その上で、両者を関連付ける何かを探さねばなりません。

それを、このスレッドでやってみたく思います。

メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 繁栄の中の貧困 ( No.3 )
日時: 2015/10/30 19:22
名前: seigi ID:IkyzFeuI

削除


スレッドとは、全く関係のない記事を挿入し、流れを妨害している。





メンテ
Re: 繁栄の中の貧困 ( No.4 )
日時: 2015/11/11 10:56
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:YYsAB8Ok

経営コンサルが企業を滅ぼす…法外料金、役に立たない理論 敏腕コンサルが暴露
http://biz-journal.jp/2014/06/post_5029.html

企業の業績拡大、経営改革には不可欠といわれている経営コンサルタント。なかには最先端の経営理論をひっさげ、経営陣に代わって企業の舵取りをしているコンサルタントも少なくない。

 だが、そのビジネス界のエリートである経営コンサルタントが自らの仕事を「組織をつぶす諸悪の元凶だ」と告発する本が出版されて、大きな話題になっている。

『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。コンサルタントはこうして組織をぐちゃぐちゃにする』(カレン・フェラン著/大和書房)がそれだ。著者は、大手会計事務所系コンサルティングファームのデロイト・ハスキンズ&セルズや戦略系コンサルティングファームのジェミニ・コンサルティングで活躍。その後、売上高世界一の米製薬会社・ファイザーをはじめとする大手企業でマネジャーとしての経験を積んだ。そんな敏腕コンサルタントがコンサルティング業界の内幕と過ちを暴露したのだ。

 同書は冒頭から、こんな記述で始まる。

「私はじわじわと確実に、私たちが適用してきた経営理論の多くが間違っていることに気づいていった」

「理論の正しさを示す証拠があっても、ほとんどは個々の事例に当てはまるにすぎないし、既存の研究の多くには企業の利益が絡んでいる(何百万ドルも投じた再建策にほとんどメリットがなかった、などと認めたがる企業がいったい何社あることか)」

 つまり、最先端の経営理論の多くは、個々のケースで成功しただけの事例にすぎず、他の企業でも成功するとは限らない。しかし、コンサルタントはその事例を素晴らしい理論として持ち上げ、法外なコンサルティング料で売り込み続けているのだという。

(引用終わり)


上記の例は個別の問題であるが、大体、弱肉強食の市場主義経済のシステムの中で、どの企業も容易に上手くいくはずはない。
経営コンサルトいうのは、多くの企業の中で勝者を育成することであり、ごく一部の例において成り立つもの。
それをコンサルこそが万能の妙薬のように思い込むことは大きな間違いである。

それでも、個別の企業がコンサルに頼ることは良いとしても、コンサルが万能のように思い込み、それを喧伝する風潮があることは如何なものかと思う。

というのは、近年、日本中の経営に関する公的団体が、会員を集め、コンサルを呼び講演会を開いている。
地方の行政も地域の経済の活性化の為に、コンサルに意見を求める傾向にある。

彼らは口を揃えて言う。

従業員教育を徹底し、生産の合理化を図る。
従業員の意見も取り入れて従業員にやる気を起こさせる。
付加価値を高めた商品の開発を促進する。
インターネットを使って商圏を広げる。
企業が停滞するのは経営者にイノベーションがないからだ!
・・・

と、言葉巧みに、ハイカラな言葉を使って、企業努力を奨励します。
それを聴く多くの皆さんは、なるほどな!と感心しますが、実際には、そんなものは何の役にも立ちません。

と、言うよりも、そのような努力など既に充分やってきた現在があるのです。
自分では汗をかいたこともない机上の理屈や、ないし、好調な企業に在籍し、本当の苦労、劣悪な環境で活動したことのないような人間に、本当の問題解決など出来はしないのです。

その様に学生、学者の理想論などを振りかざす、専門家と言う者の講演会が繁盛しているのを見て、今日の世情の虚ろさ、欺瞞性を感じます。

また全国の行政も一様に町おこしを叫び、数々の意味のない企画をし、問題に取り組んでいるように思い込んでいます。

これらは、全て現在の貧困の問題を個人的な努力で補えると言う考えに基づいているのです。
そうではなく、現在の貧困の問題はシステムの問題であり、個人で責任をとれる問題ではないことを、自覚し、共認するようにしなければなりません。

グラック企業の問題も
シャッター通りの問題も
ワーキングプアーの問題も

今の有り様では、何も解決はできす、ますます深刻になるばかりです。

企業コンサルタント、評論家の暗躍、行政の町おこし運動などで現実をカムフラージュされていること見抜き、正面から貧困の問題に取り組みたいものです。

メンテ
中国経済の破綻 ( No.5 )
日時: 2016/02/15 11:03
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:qaBRES1U

繁栄の中の貧困と言う事を別の角度から見てみましょう。

北朝鮮の貧困の概念は、概ね解ります。
繁栄と言う言葉ではありませんが、最近はギリシャが破綻したと言います。
中国も韓国も破綻まじかとしきりに言われています。

繁栄と貧困の面で言えば、中国など随分と前から極度の格差社会です。
その中国を、今更、破綻と言う意味はなんでしょう。

金融資本主義の面で財政的に破綻と定義付けしているのです。
いかにも国家自体が無くなるような言い方ですが、ギリシャにしても、そのようなものではありません。

金融面における国際関係の問題であり、その貸借の分だけ経済は一時的に萎縮するでしょう。
経済が萎縮しても国家は存在し、もともと国家というものは自国だけでも生きてきたのです。

ゴローバル化と言って、外国から急激に発展を迫られ、それについて行けなければ国家の破綻と烙印を押す。
そのような勝手な言い様で世界を弄んでいるのです。

破綻というのは、金融ゲームの参加している連中の貸借関係に過ぎません。
そのようなことに目を奪われるよりも、国家は自国内の繁栄と貧困の問題、要するに弱者対策に打ち込むべきであるのです。

うさぎと亀のことわざもある様に、いたずらに先を急ぐことが全体の反映には繋がらないのです。
生産技術を身に付け、15億の民をもつ中国などは、今後、どんどん発展し続けるでしょう。

メンテ
国家の破綻とは ( No.6 )
日時: 2020/03/31 10:22
名前: ニホンザル ID:T0dBG0rY

天の橋立の愚痴人間様

破綻というのは金融ゲームに参加している連中の貸借関係にすぎません。
とのご意見は正確ではありません。

国家破綻とは国が借りた外貨(米ドル)借り入れが返せなくなった事態に陥った国に対する表現です。

資本主義経済の世においては外貨が無いと国民生活が維持できなくなる国が殆どです。

国は外貨を何のために借りたのでしょう。それは国経済発展のために必要だったからです。
しかし、その使い方を誤ると外資の餌食にされるのです。

国が外貨を借り入れる一番簡単な方法は自国通貨を外貨に売ることです。
売りたいと思っていなくとも外資はその国の通貨を買いに来ます。
売らないと通貨高となるので売ってしまいますね。

その外貨を日本のようにキープできればよいのですが、貧しい国はその金を民間に貸してしまいます。
そして返す金を使ってしまうと外資は通貨の買い戻しを始めます。

返す外貨は残っていないので自国通貨で外貨調達を計りますがあっという間に驚くほどの通貨安となり
国家の信用不安が発生します。

結果IMFから外貨を借りて返済して落着となりますが・
IMFへの借金返済のために国有資産を外資に差し出すことになります。

一般国民に無関係どころか被害は結局その国の一般庶民にかかるものです。

メンテ
Re: 繁栄の中の貧困 ( No.7 )
日時: 2020/04/04 12:04
名前: 徳名 鬼峰 ID:/nMHM8no

全くその通り! 適切な解説に全面同意いたします。

中国の、地方と、都市部、との貧富の差は、単なる「富の偏在」で有って国家資産の減少ではないと思っていました。今現在も中国の財政破綻を言い募るネトウヨもどきが大勢居ますが、中国はいまだに健在です。

何故そうなのか? 所説有りますが、私見では中国の『西側先進国に、追い付け!追い越せ!』が中国を粘り強いものにしていると見ています。

それに引き換え、日本は且っての「高度経済成長」で慢心し、油断、した為に、進化、前進、の意欲を等閑にした為に産業、経済、ともに「停滞」したまま。加えて「バブルの崩壊」で国中が自信喪失! 立ち直れないまま今に至っていると見ています。

更に悪い事には、政治も、産業界も、自己保身の内向きな行動に走り、国民に対する「増税」と「実質給与減少」を行い、消費の減退による一層の景気後退を招いてしまったのです。

とまぁ、此れは浅学の私見ですが、間違って居るかも知れません。
メンテ
中国経済について ( No.8 )
日時: 2020/04/06 11:08
名前: ニホンザル ID:lyeYvhwk

徳名 鬼峰様

[中国経済の破綻を言い募るネトウヨもどきが大勢いますが中国はいまだに健在です」

何故そうなのかについては異論があります。

中国が守りに強いのは外資に対して強力な資本規制をしてきたからです。
外為市場も株式市場も外資規制されています。

よって外資が中国中国市場を直接攻撃できません。

中国が賢かったのは外資をとてもうまく利用して経済発展させたことです。

日本はアメリカとの貿易交渉の過程で自由化と称して規制を外し殆ど丸裸にされました。
その結果が今の経済状態につながっています。

賢い政治家の出現を待つしかないと思っております。

天の橋立の愚痴人間様

スレッドをお借りしての他者様との論談申し訳ありません。
ご意見頂ければ気が楽になるのですが。

ニホンザル拝
メンテ
ニホンザル様へ ( No.9 )
日時: 2020/05/07 23:45
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:PVhIwDzI

私はスレッドで話題を提供しているだけです。

他の人のスレッドを含めてスレッドを大切にしたいと思っていますが。

私のスレッドなどとは思っていません。

またスレッドから外れた話でも、自然と、その方向へ向かうことも好ましく思っています。

ご存じのように多方面の話題を提供しているつもりですが、それを出しゃばりと受け取られる方もいるようです。

最近の掲示板では互いの意見を述べ合うことが少なくなって、寂しく思っています。

「資本主義のシステムと共産党独裁のシステムとのせめぎあい」との見方、私もその様に感じて成り行きを興味深く思っています。

>賢い政治家の出現を待つしかないと思っております。

信念に命を懸ける政治家が途絶えて久しいですね!


それから

中国経済の問題も含めて、最近の777氏のスレッド建てには感心しました。

残念ながら、777氏と私は、阿修羅掲示板を含めて折り合いが悪く、また出て行ってしまいました。

もう少し、素直になられればよいのですが!
メンテ
天橋立の愚痴人間様 ( No.10 )
日時: 2020/05/12 23:18
名前: ニホンザル ID:s1xAolIQ

レスをいただきありがとうございます。

有人様が退場されて寂しくなりました。

当掲示板はカルトとおぼしき御仁に席巻されています。

管理作業は大変でしょうが整理をよろしくお願いしたいです。

ニホンザル拝

メンテ
天橋立の愚痴人間様 ( No.11 )
日時: 2020/05/13 12:24
名前: ニホンザル ID:i2fEpNv.

レス頂いた文言につき私見を申し上げます。

「資本主義のシステムと共産主義のシステムのせめぎあい」

この表現には異論があります。

現中国は共産主義国家ではありません。
共産党独裁国家ではありますが、マルクス主義の共産主義ではありません。
いわば一党独裁(共産党)による国家資本主義だと理解しています。

同様に表現するなら私的資本主義と国家資本主義のせめぎあいとすべきだと思います。
しかしそれも本当はせめぎあっていないような気がしています。

トランプ大統領の出現によりそのように見えるだけで、それまでは仲良くやっていたと思います。
この件ついてはまた別に論考したいと考えています。

「信念に命を懸ける政治家」との表現は問題です。
どのような信念かが問われていません。

私の言う賢い政治家とは資本主義をよく理解して、それを利用して国民の幸福の増大を図れる政治家です。
別に命など賭ける必要は無いでしょう。


日本人を嘆く者様のことですが、本当にスレッド建てに感心されているのですか。
人に読んでもらうものではなく、メモ代わりとのたまっているのですよ。
メモ代わりと言いながら貼り付けコピー文ばかりとはこれいかに。
既にメモをお持ちではありませんか。

他人様の引用ばかりで自己の意見は見受けられない。
一見納得させられるところもあると思いますが、その引用も一貫性はなく、矛盾のある引用を平気でされています。
自分の頭で考えない見本のような方だと思います。

当初の天皇制に批判的な引用の多さから共産カルトの匂いを強く感じました。
そのような内容は当掲示板の板主様の本意には外れすぎだと思うのですが。

私の希望はカルト備忘録としてスレッドを数本にまとめて頂けたらと思っています。

以上管理人代理の天橋立の愚痴人間様にお願い申し上げます。

ニホンザル拝

メンテ
僕はネットに無数に有る相反する意見の中から信頼度が高いものを探してきて提示しているだけだよ ( No.12 )
日時: 2020/05/13 17:53
名前: 777 ID:eWK7zTB2

>その引用も一貫性はなく、矛盾のある引用を平気でされています。
>自分の頭で考えない見本のような方だと思います。


僕はネットに無数に有る相反する意見の中から信頼度が高いものを探してきて提示しているだけだよ


僕は関連資料を集めているだけだからね。
素人が自分の意見を言う事に意味はないし、資料を勝手に省略したり、自分に都合のいい箇所だけ取り上げたら資料価値が無くなるんだよ。

まあ、この掲示板にはアホしかいないみたいだから、どんなに価値が有る資料を提示しても誰も理解できないだろうな。
だからここをメモ帳として使っていると言ったんだよ。

僕はネットに無数に有る相反する意見の中から信頼度が高いものを探してきて提示しているだけだよ

その価値は判断力が無い人には理解できない


メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存