ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2279] 未来社会を考える < ヒットラーの予言
日時: 2015/05/27 18:33
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:TUwY8d8w

ヒトラーの予言──2039年の未来図について

●以下は、ヒトラーが語った言葉(予言)である。
『1999年以後』(祥伝社)から抜粋


「…“2つの極”はますます進む。1989年以後、人間はごく少数の新しいタイプの支配者たちと、非常に多数の、新しいタイプの被支配者とに、ますます分かれていく。一方は、全てを操り、従える者。他方は、知らずしらずのうちに、全てを操られ、従わされる者たち。

しかも進むのはそれだけじゃない。人間がそうなるにしたがって、地球にも宇宙にも大変動が起こるのだ。1989年以後、人類には宇宙から、かつてないカタストロフィ(大破局)が近づくのだ。

若いころ私は、『我が闘争』に、いずれ人間が大自然から復讐されると書いた。それが1989年以後の状態だ。人間が思い上がって宇宙の自然を犯すため、宇宙が人類に復讐の災厄を下すのだ。そしてそれが人類を、想像を絶する究極の状態にみちびいていく。私が生まれてから150年後、21世紀に来る究極に。私自身もそれを霊感ではっきりと見てさえ、信じられないような究極に。」

「…(20世紀末は)たとえ表面はデモクラシーや社会主義の世であろうとも、実質はナチズムが支配していよう。デモクラシーの国も社会主義の国も、われわれナチスの兵器を競って使い、殺し合い、社会は私の望むとおり、強く支配する者と支配される多数者に分かれていよう。それは天変地異の期間でもある。人類は大自然から手ひどく復讐される。気候も2つに分かれ、激しい熱と激しい冷気、火と氷、大洪水と大旱魃(かんばつ)が代わる代わる地球を襲うだろう。」

「だからその中から『超人(ユーベルメンシュ)』が現われる。もはや普通の人間ではそういう危機を制御できない。それに対応するため人類は超人たちを生み、超人が世界や気候を、人間や戦争を治めることになる。
つまり天変地異の下に生きる多数者。それを支配する少数者。その陰で実質的に世界を操る超人グループ。これが、私の予知する21世紀の世界である。」

「しかし諸君、さらに重大なのは、私がいま、これを話している100年後のことだ。それを告げるためにこそ、私は今日を選んで諸君を招いたのだ。今日から100年後といえば、すなわち2039年1月25日だ。

諸君にはわからないだろうが、そのとき人類には真の究極の状況が起こっている。そのとき人類は──少なくとも、いま言っているような意味での人類は、2039年1月、地球からいなくなっているのだ。」

「それは諸君、何かの異変か大戦か災害のために、2039年、人類が残らず滅びるという意味ではない。たしかに、それまでに多くの大難が続けて起こる。1989年から1999年まで、世界は続けざまの天変地異と戦乱の中にあるだろう。そのため一部の恵まれた国を除き、多くの国が飢える。いくつかの国は崩れて燃える。毒気で息絶える街もある。

2000年以後は、それが一層ひどくなる。2014年にはヨーロッパの3分の1とアメリカの3分の1が荒廃してしまう。アフリカと中東も完全に荒廃する。結局、いまの文明は砂漠しか残さない。

しかし人類はそれでも滅びない。わがドイツの一部と米ソの中心部、日本や中国は深い傷を負いながらも生き残る。ただ諸君、それでも人類はいなくなるのだ。いまの意味での人類は、そのときもういない。なぜなら、人類は2039年1月、人類以外のものに“進化”するか、そうでなければ“退化”してしまっているからだ。」

「それをもっとはっきり言えば、人類の一部はそのとき、人類から、より高度なものに進化して、神に近い生物になっている。人類から神のほうへ進化するのだから、それは『神人(ゴッドメンシュ)』と呼んでかまわない。

残りの大部分は、これも進化なのか退化というべきかわからないが、一種の機械になっている。ただ操られて働いたり楽しんだりするだけの、完全に受動的な、機械的な反応しか示さない『ロボット人間』になっているのだ。それまでの気候異変と環境異変、政治と娯楽と食物、それから起こる突然変異が、そのようなロボットのような人間を大量に生み出す。

神人のほうも同様で、同じ原因から生まれてくる。ただ突然変異が大脳にプラスに働いて、進化の方向がロボット人間と別方向になるだけだ。その前段階の『超人(ユーベルメンシュ)』たちも、より進化して神人になる場合がある。

いずれにせよ、彼らはいまの人間の数次元上の知能と力を持つ。彼らは団結して地球を支配する。それまでのあらゆる危機や問題は、彼ら神人たちの知能と力で急速に解決されていく。」

「ロボット人間たちのほうは、それに従って生きるだけだ。これはある意味では気楽な身分だ。戦争も気候も経済も、神人たちによって制御されてしまうので、ロボット人間たちは神人たちの認める限度で、多くのものを与えられる。食物と住居も、職業も娯楽も恋愛も教育も、時には思想さえも与えられる。

ただロボット人間たちは、与えられ、操られていることを意識できないようになる。自分たちの意識では、何もかも自分で選択して勝手に生きているのだと思う。しかし、じつは神人たちがすべてを見通して、管理工場の『家畜』のように彼らを育て飼うことになるのだ。

こうして人類は、完全に2つに分かれる。天と地のように、2つに分かれた進化の方向を、それぞれ進みはじめる。一方は限りなく神に近いものへ、他方は限りなく機械的生物に近いものへ。これが2039年の人類だ。その先もずっと人類はこの状態を続ける。
そしておそらく2089年から2999年にかけて、完全な神々と完全な機械的生物だけの世界が出来上がる。地上には機械的生物の群れが住み、神々がそれを宇宙から支配するようになるのだ。」


(引用終わり)

ヒットラーと言うイメージでは、このような思想を思い浮かべることはできません。
どこまで、真実であるか解りませんが、ヒットラーでなくても、このような歴史観があることは興味深く、また概ねは現代及び未来社会を暗示している様です。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 未来社会を考える < ヒットラーの予言 ( No.126 )
日時: 2015/10/17 11:45
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:WIy2aE.g

TPP交渉も妥結した。

どこまで進む経済のグローバル化。

本当にグローバル化が望まれる時代であれば、TPP交渉など、もともと無用。

格差がある状態で、強引にグローバル化を要求するのは、強者の論理。

強者は、強者であるために、強者の常として恫喝を行う。

弱者は身を守るために、渋々従う。

その恫喝であるが、ヤクザと違うのは、一方で果実をちらつかすことである。

それが、アングロサクソン流。

宗教改革を経て、市民権を得たキリスト教徒(ピューリタン)は、キリスト教の影に隠れて己の経済的強欲を正当化し、世界の秩序などには目もくれない。

弱者等は、自分たちに従えば良いと考える。

現在の経済の仕組みは、彼らが作り上げたもの。

都合の悪い事には、民主主義(飽くまでもキリスト教的民主主義)は、個人の権利を最優先させる。

アングロサクソンの思うツボ。

奴らは、インテリヤクザであるのだ。

こんな奴らに対抗するには、どうするか!

アングロサクソン流に冒された世界を覆す事ができるのか。

それは、もはや文明史的転換が必要である。

パラダイムチェンジが必要である。

我々に、それができるか!

民主主義も資本主義も

根本から問い直さねばならない。

それが未来の社会である。

ユダヤを迫害した

あのヒットラーが

冒頭のような考えをもっていたとは

驚き、桃木、山椒の木!
メンテ
未来社会を考える < トインビーの予言 ( No.127 )
日時: 2015/10/21 21:27
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:GDGXZfZc

掲示板のトラブルで、このスレッドの結論的な部分が消滅しました。
少しづつ復旧したいと思いますが、同じ方法も窮屈なので、アプローチを変えて見ます。



トインビーは、「基軸時代」に現れた高度宗教では、「究極の精神的実在」が求められた、ここにこそ人間の「破壊的な自己中心性」を克服し得る手がかりが与えられていると説きました。日本の神道は、こうした高度宗教の中には数えられていません。しかし、トインビーは、日本の神道に対しても期待を寄せています。

 1974年(昭和49年)、日本の国際PHP研究所は、晩年のトインビーの論文を編集し、『日本の活路』を刊行しました。本書でトインビーは、文明史的な視野から、現代世界で今こそ必要なものについて、次のように訴えます。

 「最初は、人間は自然の奴隷でした。いまでは人間は、自分自身の技術の奴隷です。しかも、人間にとって、人間の技術というものは、かつての自然よりもはるかに恐るべき主人なのです。これこそ、人間が直面している現在の実際にほかなりません。それはまさに新たな精神的復興を緊急に必要としている苦境ということができます」と述べています。

 そして、トインビーは「西洋がどうしても学び、心に留めなければならない教訓を、東洋は持っている」として、その一つに「人間と人間以外の自然との本来の調和を取り戻す方法」を挙げます。トインビーは、日本は、「その固有の宗教と哲学の中に、現代人の自然からの疎外に対する、貴重な矯正手段を持っている」と述べ、神道に注目すべきことを説いています。

「神道は、人間とそのほかの自然との調和のとれた協調関係を説きます。神道によれば、自然は神聖であり、侵すことのできない権利を持っています。人間には、そうした自然の権利を尊重すべき宗教的義務があるのです。そして、もし人間がそうした権利を侵したら、その報いを受ける、とされています。日本国民は、自然の汚染によって、すでに報いを受け始めました。彼らは自然を怒らせ、自然に報復を余儀なくさせることによって、わざわいを招き寄せました。しかし彼らは、実は神道の中に、そうしたわざわいに対する祖先伝来の救済策を持っているのです」

 「自然と調和して生きることは、人間が生き残るための必須の条件です。これはまぎれもなく神道の教えにほかなりません」

 そして、また次のように述べています。

 「どん欲ではなく畏敬こそ、自然に対する私たちの態度を支配する感情でなくてはなりません。明日への挑戦は、神道への復帰です。西洋の見地からいえば、キリスト教や回教以前のカナン人、ギリシャ人、ローマ人の、宗教への復帰なのです」

 「技術は、全人類に対して同じ精神的挑戦状を突きつけました。私たちは、精神のルネサンスを達成することによって、この挑戦にこたえなければなりません。もし私たちが失敗すれば、人類の前途そのものが暗いものになります」

人類の精神的ルネサンスを達成するために、トインビーは、神道への復帰を提唱しました。神道の復興は、日本にとっても、また西洋諸国にとっても、さらに人類の生存のためにも必要だと訴えたのです。(

 私は、トインビーの偉大さの一つは、それまでの「世界史」が西洋人の視点で書かれたものであることを暴いたことにあると思います。キリスト教徒による十字軍の栄光は、ムスリムから見れば、侵略者の収奪であり、異教徒の暴行である。トインビーは、そのことを、西洋人で初めて公言しました。トインビーは、文明の東西、そして南北を、ともに公平に見る視点を、文明史観の根底にすえました。そして、人類史の次の段階では、西洋は東アジアに主導権を譲り渡すことになると、20世紀半ばにおいて大胆に予測したのです。

 トインビーの歴史認識は、西洋中心主義ではありません。彼は、世界の歴史は複数あり、西洋の歴史は世界の歴史の一つにすぎないと考えました。トインビーによると、16世紀から19世紀までは、西洋諸国がその科学文明を使って、世界を一つにした時代でした。西洋文明は一見、世界を征服したかに見えますが、征服したのは、たかが物質文明だけであって、精神的な原理まで支配することはできていない。今まで西洋文明に征服されていた他の文明が、西洋文明に反撃を加える時期が来ている、とトインビーは洞察しました。

 1947年(昭和22年)に、トインビーは、百年後の世界を予測して、次のように書き記しています。

「西暦2047年の将来から現代をふりかえってながめる未来の歴史家たちにとって、20世紀を特徴づけるものは西洋文明がその他の世界のあらゆる社会に加えた衝撃ということであろう」と。

● 資本主義の精神へのユダヤ教の影響


 神の栄光を増すための「道具」として勤勉に働き、倹約に努めれば、結果として利潤を生む。資本が蓄積される。一旦、資本が形成されると、資本は利潤を要求し、利潤を上げるための経営をしなければならなくなる。

 近代資本主義の特徴の一つは、複式簿記を土台とした合理的な産業経営にある。企業は、明確な数値目標を設定し、目的を実現するために、具体的な計画を立てる。さまざまな資材、労働を効率的に組み合わせ、利潤を最大にすべく計画・実行し、その結果を数値的に確認する。近代資本主義は、こうした形式合理的な態度によって、目的合理的な産業経営を行うことを最大の特徴とする。

 産業資本の形成によって、資本は、利潤の獲得を目的とした価値増殖の運動体に転じた。資本の価値増殖運動は、人間の欲望を拡張する活動である。資本主義の機構を生み出した宗教的な倫理は忘れられ、利潤の追求が肯定されて、価値観が大きく転換した。人々は来世の救済より、現世の利益を求める。もはや宗教的な禁欲ではなく、富と快楽を追求する欲望こそが、経済活動の推進力となる。


 ここで注目すべきは、ユダヤ教の影響である。この点は、本稿とは別に主題的に検討する予定なので、ここでは簡単に述べる。

産業資本の確立期以降の資本主義の精神は、キリスト教よりもユダヤ教に近いものに変貌している。ユダヤ教は、現世における利益の追求を肯定し、金銭の獲得を肯定する。プロテスタンティズム的な「世俗内禁欲」とは正反対の価値観である。そして、ユダヤ教的な価値観が非ユダヤ教徒の間にも広く普及したものこそ、今日に至る資本主義の精神だと私は考えている。

近代資本主義は、産業資本の形成をもって、初めて資本主義となった。産業資本が出現する以前、資本は商人資本、高利貸し資本という形態を取った。経済史学者は、これらを前期的資本と呼ぶ。そして商人資本、高利貸し資本からは近代資本主義は生まれないとする。

しかし、経済活動は生産だけでなく、消費と流通と金融なくしては成り立たない。近代資本主義においては、商人資本は商業資本となり、高利貸し資本は銀行資本となった。産業資本は、生産によって利潤の獲得をめざす資本である。これを生産資本と呼ぶならば、商業資本は流通資本、銀行資本は金融資本である。生産だけでなく、消費・流通・金融がバランスよく発達してこそ、経済規模が拡大する。それによって、資本の価値増殖運動は持続的に発展する。生産は消費と結びつくことで、継続・拡大する。この生産と消費を結びつける流通と金融に巧みなのが、ユダヤ人だった。

産業資本の発達による貨幣経済の拡大は、ユダヤ人の活躍の場を広げ、彼らに膨大な富をもたらした。それとともに、資本主義世界経済の発達によって、ユダヤ教の価値観がヨーロッパ文明のみならず、非ヨーロッパの諸文明にも浸透したところに、グローバル資本主義が出現したといえよう。ユダヤ人だけでなく、ユダヤ的な価値観を体得した諸国民が、地球規模の資本主義経済を推進しているのである。


●資本主義の精神の根底にあるものとは

 さて、近代資本主義は、結果として、利潤追求・欲望拡大の文明を生み出した。その資本主義の発達は、産業資本の形成による。ウェーバーは、産業資本形成期におけるプロテスタンティズムの倫理の役割を強調した。しかし、産業資本の発生期より以前にさかのぼると、ヨーロッパ文明の海外進出には、利潤追求・金銭獲得にもっとむき出しの欲望が働いていた。
 資本の本源的蓄積の時期となった15世紀末以降、西欧人は有色人種を非人間視し、インディオに強制労働をさせて銀を収奪し、黒人に奴隷労働をさせて砂糖や綿花で富を得た。マルクスは、西欧社会の労働者をプロレタリアと呼んだが、生産手段たる土地から引き剥がされ、鉄鎖以外には失うことのないプロレタリアとは、白人種に奴隷にされた有色人種こそがそうだった。そして、私はこうした異教徒を奴隷化し、彼らを使役して富を得る欲望こそが、近代資本主義の精神の最も根底にあるものではないかと思う。また、そこには、周囲の異教徒を敵視し、自らの神観念を絶対化するユダヤ教に通じるものがあると思う。

 そのうえ、カトリックもプロテスタントも、西欧において魔女狩りを行なった。魔女狩りは非キリスト教的なものを排除する社会現象だった。魔女狩りは、ルネッサンス期に嵐のように吹き荒れたが、その最盛期は、宗教改革時代と共に訪れ、1600年を中心とした1世紀がピークだった。
 魔女狩りはカトリック信者だけでなく、プロテスタントも行った。ドイツのプロテスタントも、アメリカのピューリタンも、魔女狩りに熱狂した。これは、プロテスタンティズムの倫理の暗黒面であり、ユダヤ=キリスト教自体の持つ暗黒面でもある。
 イエス=キリストの教えは、隣人愛を説く。使徒パウロは、神は愛であると説いた。しかし、キリスト教徒の愛は、異教徒には及ばされなかった。いやキリスト教社会の内部ですら、他宗派には及ばされなかった。それをよく表すのが、旧教・新教の間の宗教戦争である。私は、異なるものを徹底的に排除し、破壊しようとするのは、イエス=キリストの教えというより、ユダヤ的なものではないかと思う。

 プロテスタントは、それまでラテン語で書かれ、ラテン語の知識のない者は読むことのできなかった聖書を各国語に訳した。これは、ギリシャ=ローマ文明の遺産であるキリスト教の土着化をもたらした。各国語訳の聖書は、印刷技術と紙の使用によって、民衆に普及した。民衆は、自分たちが日常使っている言葉で聖書を読めるようになった。
 私は、このことがキリスト教の再ユダヤ教化をもたらす一要因になったのだろうと考える。イエス=キリストが教えを説く前に書かれた旧約聖書の思想は、ユダヤ教のものである。各国語訳聖書の学習は、キリスト教の教えの習得と土着化とともに、間接的なユダヤ教の摂取ともなったのだろう。
 こうした問題については、いずれ改めて別稿で検討してみたい。
メンテ
Re: 未来社会を考える < ヒットラーの予言 ( No.128 )
日時: 2016/02/09 13:00
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:dmkX7GEs

UP

後半の部分は経済の話になっていますが、冒頭のヒットラーの予言に続く文章は、人間の精神、心の持ち方の問題であり、現在及び遠い将来を予見する上に、参考になるでしょう。

ヒットラーの予言とは、思いがけないものですが、丁度現代に当たる時代には文明的転換が起きると書かれています。
メンテ
文明史的転換 ( No.129 )
日時: 2016/02/12 21:55
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:x9umxIbE

西欧民主主義、資本主義は偉大な文明であるといえよう。

世界中がこれに染まった大文明はかつてない。

だが、それもはっきりと行き詰まりの様相を見せている。

科学技術の発達で、かつては何千年とかかった文明の発展が、この200〜300年で果たされた。

予想もしない速さで文明の未来が見えてきた。

文明は生きている、衰退もし、発展もし、滅びることもある。

我々が考えなければならないのは、現代文明を発展させることである。

その為にはそれなりの行動が必要である。

ヒットラーのものとは言い切れないが、ヒットラーは、この時期に我々自身の価値観の転換(パラダイムチェンジ)が必要になることを予想していた。

具体的には、何かを考えてみよう。

資本主義の行き詰まりのことは、先駆者の間では既に言われている。
民主主義はどうかと言えば、
これも、ただ個人の自由、権利と狂喜しているだけでは済まなくなってきている。

何が問題か、考えてみようではないか。


メンテ
 ヒットラーの予言 ( No.130 )
日時: 2016/03/15 19:18
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:HuzIbwww

「…“2つの極”はますます進む。1989年以後、人間はごく少数の新しいタイプの支配者たちと、非常に多数の、新しいタイプの被支配者とに、ますます分かれていく。一方は、全てを操り、従える者。他方は、知らずしらずのうちに、全てを操られ、従わされる者たち。
(中略)
「しかし諸君、さらに重大なのは、私がいま、これを話している100年後のことだ。それを告げるためにこそ、私は今日を選んで諸君を招いたのだ。今日から100年後といえば、すなわち2039年1月25日だ。

「それは諸君、何かの異変か大戦か災害のために、2039年、人類が残らず滅びるという意味ではない。たしかに、それまでに多くの大難が続けて起こる。1989年から1999年まで、世界は続けざまの天変地異と戦乱の中にあるだろう。そのため一部の恵まれた国を除き、多くの国が飢える。いくつかの国は崩れて燃える。毒気で息絶える街もある。
(中略)
「それをもっとはっきり言えば、人類の一部はそのとき、人類から、より高度なものに進化して、神に近い生物になっている。人類から神のほうへ進化するのだから、それは『神人(ゴッドメンシュ)』と呼んでかまわない。

残りの大部分は、これも進化なのか退化というべきかわからないが、一種の機械になっている。ただ操られて働いたり楽しんだりするだけの、完全に受動的な、機械的な反応しか示さない『ロボット人間』になっているのだ。それまでの気候異変と環境異変、政治と娯楽と食物、それから起こる突然変異が、そのようなロボットのような人間を大量に生み出す。

神人のほうも同様で、同じ原因から生まれてくる。ただ突然変異が大脳にプラスに働いて、進化の方向がロボット人間と別方向になるだけだ。その前段階の『超人(ユーベルメンシュ)』たちも、より進化して神人になる場合がある。

いずれにせよ、彼らはいまの人間の数次元上の知能と力を持つ。彼らは団結して地球を支配する。それまでのあらゆる危機や問題は、彼ら神人たちの知能と力で急速に解決されていく。」

「ロボット人間たちのほうは、それに従って生きるだけだ。これはある意味では気楽な身分だ。戦争も気候も経済も、神人たちによって制御されてしまうので、ロボット人間たちは神人たちの認める限度で、多くのものを与えられる。食物と住居も、職業も娯楽も恋愛も教育も、時には思想さえも与えられる。

ただロボット人間たちは、与えられ、操られていることを意識できないようになる。自分たちの意識では、何もかも自分で選択して勝手に生きているのだと思う。しかし、じつは神人たちがすべてを見通して、管理工場の『家畜』のように彼らを育て飼うことになるのだ。

こうして人類は、完全に2つに分かれる。天と地のように、2つに分かれた進化の方向を、それぞれ進みはじめる。一方は限りなく神に近いものへ、他方は限りなく機械的生物に近いものへ。これが2039年の人類だ。その先もずっと人類はこの状態を続ける。
そしておそらく2089年から2999年にかけて、完全な神々と完全な機械的生物だけの世界が出来上がる。地上には機械的生物の群れが住み、神々がそれを宇宙から支配するようになるのだ。」


(転載終わり)

具体的な表現こそ違和感があるものの、
この文章に、なにか暗示される事はないか。

ノストラダムスの予言でも、予言と言うものは、まあ、そんなものであろうが。

メンテ
未来社会を考える ( No.131 )
日時: 2016/05/06 11:20
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:MUYWbK3Q

繰り返しになりますが、次の文章の意味を、感じ取ってください。
100年前に作られた文章なので、比喩的な表現になっていますが、現代社会が直面している課題を別の形で現しています。

>「ロボット人間たちのほうは、それに従って生きるだけだ。これはある意味では気楽な身分だ。戦争も気候も経済も、神人たちによって制御されてしまうので、ロボット人間たちは神人たちの認める限度で、多くのものを与えられる。食物と住居も、職業も娯楽も恋愛も教育も、時には思想さえも与えられる。

>ただロボット人間たちは、与えられ、操られていることを意識できないようになる。自分たちの意識では、何もかも自分で選択して勝手に生きているのだと思う。しかし、じつは神人たちがすべてを見通して、管理工場の『家畜』のように彼らを育て飼うことになるのだ。


生産技術の飛躍的な発達で、人々は、何が何でも働かなくても、生きていくことはできるようになってしまい、実際に既に働くと言うことはサービス産業が中心になって来ています。

人間の実質的な生活(人生)に置いて、
「食物と住居も、職業も娯楽も恋愛も教育も、時には思想さえも」与えられると言うことは、何を指すことになるのか。

従来の人間は、働かねば食えず、住む場所も得られず、義楽も、悩みも生きてゆく過程で感じ取り得てきていたものです。
このように喜怒哀楽とは人生の実態でありました。

生きるために働く必要もなく、有り余る余暇に埋没した人生に、何の人生があるでしょう。
人間は、神様の様に無色無臭の存在でいることはできないのです。
アダムとイブの話の様に、そう言う環境ではいられないから人間が誕生したのです。

理想とか、幸せなどは、求めているうちはよいのですが、その真っ只中にいれば、理想でも幸せでもないのです。
紹介した文章は、そう言う環境を示すと同時に、そのような社会からはみ出さざるを得ないもの、排斥された者が辿るアングラ生活と体制内にいる人間との致命的な対立がある事を示しています。


>「それをもっとはっきり言えば、人類の一部はそのとき、人類から、より高度なものに進化して、神に近い生物になっている。人類から神のほうへ進化するのだから、それは『神人(ゴッドメンシュ)』と呼んでかまわない。

「神人」と言っていますが、それはシステムと言い換えても良いでしょう。
システムとは、これまた複雑で、要するに我々自身が構築するもの、人間の理想、否、思い上がりが、そうさせると言っても良いでしょう。

断っておきますが、このような文章で末世を言うつもりではありません。
問題点を把握して、そうならないようなシステムを目指さねばならないことを言いたいのです。

具体的には、人間にとって生きるために働かねばならない環境は絶対に維持しなければならないことであり、ほとんどの人が働ける社会を作らねばなりません。

グローバル化する経済の法則に任せていては、それができないことを認識しなければならないのです。

メンテ
Re: 未来社会を考える < ヒットラーの予言 ( No.132 )
日時: 2016/09/29 13:20
名前: topics editor ID:YnhX7nh6

UPします
メンテ
Re: 未来社会を考える < ヒットラーの予言 ( No.133 )
日時: 2016/12/26 00:39
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:S8Zvs7uo

UP
メンテ
ベーシック・インカム ( No.134 )
日時: 2017/06/03 10:14
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:4mdeIA0Y

阿修羅で、この様な記事を見つけました。
未来社会を見つめる記事は本当に少なくめったにお目にかかれません。

「超ヒマ社会」とベーシックインカム(中村伊知哉):人類総貴族化時代も間近か?
https://news.yahoo.co.jp/byline/nakamura-ichiya/20170603-00071650/

AIがもたらす超ヒマ社会。働くこと以外の生き方をみつけなければいけません。
することはたくさんありましょう。飲食。恋愛。芸術。学問。奉仕。
ぼくらの一つの解が「超人スポーツ」。スポーツは自分で汗をかくから楽しい。ロボット同士の対戦を観戦しても興奮しない。AI・ロボット後も人類に残される業務であります。だから、新しいスポーツを作って楽しもう、というもの。
とはいえ、全ての仕事がAI・ロボットに移行することはありますまい。予測どおり、半分ぐらいが奪われる、と考えてみましょうか。
すると、その超ヒマ社会が経済システムとして回るのか、が巨大テーマとなります。
彼らが半分の仕事を奪うということは、半分の生産を引き受けてくれるということでしょうが、ではぼくたちが半分働かなくなって、世の中の生産量やGDPが変わらないとして、それで世の中が回るのか。生産論よりも分配論の問題かもしれません。
その一つの回答案がベーシックインカム(最低生活保障、最低所得保障)。働いているか、いないかに関わらず、国民全員に生活に必要最低限のお金を支給するこの制度は、社会福祉コストが増大する超高齢化社会に向けた大胆な政策プランとして注目されていますが、AI・ロボットの台頭も影響しています。
2016年6月、スイスがその是非を国民投票にかけました。月額で大人が2500スイスフラン(約27万5千円)。最低生活保障を導入する代わりに年金や失業手当を廃止する提案。反対約8割で否決されました。議論が生煮えで政府も反対だったんです。
一方、フィンランドが今年1月から、抽選で選ばれた2000人を対象に一人あたり月560ユーロ(約7万円)で実験を開始。オランダのユトレヒト、カナダのオンタリオ、イタリアのリヴォルノ、スコットランドのグラスゴーといった地域でも実験が計画されているといいます。
可能性のある制度です。社会保障システムをまるごと変える大胆な策だけに、成り立つのかの分析が必要です。まずはいくらのベーシックインカムなら社会保障廃止が実現できるのか、の数式ですね。
その上で、全ての人に最低所得を渡すことが労働意欲に与える影響と、それが経済にもたらす影響。これが成り立つなら、AI・ロボットが仕事をしてくれても結構、働くヤツは働くさ、となるかもしれません。
これに関し、中央大学の森信茂樹教授がデータを踏まえた論考を提示しています。
「人工知能に仕事を奪われる人々を、ベーシックインカムで救おうという議論の現実味」
http://diamond.jp/articles/-/98513
一人当たり月10万円弱の給付額として、60兆円ばかりの課税が必要という答案。データを用いて、財源調達などの政策論にも踏み込んでいます。こうした論考をたたかわせ、AIという技術と、社会経済との折り合いを考える。理系・文系の「学」の出番です。
こうしたAI社会をどう実現していくのか。
マレー・シャナハン「シンギュラリティ」は、大きな社会的・政治的意志が必要、とします。
AIの未来に悲観・楽観であるとを問わず、そうであることに同意します。そしていよいよそういう議論と判断が必要になっていると考えます。
「シンギュラリティ」は、デジタル・パーソナルアシスタントの可能性をにらみ、AIへの権利、人格を与える議論を進めています。これは日本政府・知財本部でマンガ家・赤松健さんがAI人格論を持ちだしたことを想起させます。
しかし、AIの人格に関しては、AIが複製・分割・結合されることとの関係をどうみるか。市民権が国にヒモついてきたことをどうとらえるか。筆者はそう指摘します。制度設計は超難問です。
AIはまだ技術論の段階ですが、実装を展望し、社会、経済、政治、哲学、宗教などの知見を総動員することが求められます。研究者=彼らから、みんな=ぼくらの問題になりました。
仕事のなくなる社会とベーシックインカム。経済学・政治学などの知恵を国際的にたたかわせて、現実的な仕組みを考えることが必要です。

(引用終わり)

私の返信

この様な未来社会を論じる記事は少なく、待っていました。
ベーシック・インカムを主体とする社会、方向性はそうであって欲しいが、
ベーシック・インカムをやりすぎると、投稿文の様に暇を弄ぶ釈迦となり、への弊害は計り知れません。
一言で言うと、1億、総貴族社会となり虚栄と享楽がはびこります。

ですが、ますます発達する経済のグローバル化、生産技術の発達は、このままの至上主義経済では、一部の貴族と奴隷の社会となり歴史を2000年もさかのぼります。

では、どうすれば良いかの問題になります。
応えは単純。
ベーシック・インカムで困窮者を救済するのではなく、国家が必要な雇用を提供するシステムの確立です。
そのためにはギリシャの様に国民の1/3くらいは公務員としなければならなくなるでしょうし、公共事業を増やし雇用を確保したり、介護業界などの人件費を国家で補助するなど、いろいろと考えられます。

そうすればハイパーインフレを起こすこともなく、安定し、安心できる社会が作れます。
ただし、表題のベーシック・インカムにおいても問題となるのが財源です。
これは現在ではタブーとされているヘリマネ(通貨の増刷)で補わねばなりません。
問題なのは1億総貴族社会の弊害を除くためには、国民は原則、一生懸命働かねば生きて行けない状況を保つことです。
そのことが結局は人間にとって一番幸せなのです。

働かなくても生きて行ける社会が理想社会の様に思われかちですが、それは真逆の思いなのです。
メンテ
Re: ベーシック・インカム ( No.135 )
日時: 2017/06/04 11:28
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:FGQcIkrk

前のレスの続きで、
ベーシック・インカムについて阿修羅で、次の様な問答をしました。
解りやすい問答となったので紹介します。


16. 2017年6月03日 22:29:39 : EIHH4CSarE : ZNs6WKx@BdQ[705]

一億総貴族社会となるかどうかはわかりませんが、例えば、年収300万円程度を上限とすることで、この上限を下回る低所得者に対しては、差額分をベーシックインカムで給付することで、年収1075万円を超える労働者に対する残業手当をカットすることで、カットした分を、年収1075万円を下回る労働者の基本賃金に廻すことで、年収1075万円を超える労働者に対する所得税や社会保険料を、どんどん徴収することで、年収300万円〜年収1075万円の範囲の労働者に対する所得税や社会保険料を軽減することで、ベーシックインカムの財源に充てていくというのは如何でしょうか?
年収1075万円を超える労働者にしてみれば、税金や社会保険料を、どんどん払い続けながらも、必要最低限の医療や介護などのサービスについては、遠慮することなく受けることが出来る様になることを誇りとして、国際社会にどんどん見せつけて行くことにすれば良いのでは?

年収300万円未満の低所得者については、ベーシックインカムにより給付を受けながらも、医療や介護などの公的サービスについては、どんどん遠慮することなく受けることが出来る様になることを、誇りとして、国際社会にどんどん見せつけて行くとにすれば、最低補償年金や農家への個別所得補償制度も、この年収300万円程度を上限とすることにでもすれば、年収300万円から1075万円までを所得比例年金に適用することにすれば良いのでは?

年収300万円〜1075万円の範囲の中間所得者については、ベーシックインカムによる給付を受けることも無く、税金や社会保険料については、収入に応じて払い続けながら、必要最低限の医療や介護サービスについては、誰もが受けることが出来ると同時に、必要な人には、どんどん遠慮することなく回して下さい、ということを誇りとして、国際社会にどんどん見せつけて行くことにすれば良いのでは?



18. 天橋立の愚痴人間[297] k1aLtJengsyL8JJzkGyK1A 2017年6月04日 08:59:35 : Fwo8pHGm1k : ZvtoPs3BEYQ[8]

>
年収300万円〜1075万円の範囲の中間所得者については、ベーシックインカムによる給付を受けることも無く、税金や社会保険料については、収入に応じて払い続けながら、必要最低限の医療や介護サービスについては、誰もが受けることが出来ると同時に、必要な人には、どんどん遠慮することなく回して下さい、ということを誇りとして、国際社会にどんどん見せつけて行くことにすれば良いのでは?
<
16さん

結果の形としては大賛成です。
現在のワーキングプア、非正規雇用の人たちが年収300万円を国家によって保障されることが出来たらどんなによいか。

しかしながら、問題があるのです。
ワーキングプアでも、働きながら補助を受けてくれるのなら、それで良いのですが、いっそのこと働くことを止めて全額補助(ベーシック・インカム)で暮らそうとされれば問題があるのです。
それも労働者のうちの2割程度ならば良いのですが、半分くらいの労働者が働かないようになれば、他の社会的な問題は生まれてくるでしょうね。

生産技術の発達から言えば、産業全体としては労働者の数は減っても良いのですから、そのような事態が起きることは十分に予想されます。
ある種の予想、ロボット化が進めば、労働人口の半分以上が失業する(30年ほど先には)という予想も出ています。

だから、一部にはベーシック・インカムを取り入れても、何とか雇用も確保しなければいけないと言うのが私の考えです、
そうして、このような流れのなか、生産技術のさらなる発達、雇用の確保は市場主義のシステムに任せていてはできないの国家が介入するべきと言う事です。

いずれにしても、このようなことは税収によっている財政ではできません。
それでヘリマネ(通貨の増刷)の解禁を言っております。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存