ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2315] 老人介護のシステム<主治医制度を見直してみよう
日時: 2015/10/28 11:00
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:rx9enaEQ

私が経験したことを書いて見ます。

私の家には95歳になる母親がいまして、90歳に近くなると、何や、かやと介護の問題が出てきます。
介護のシステムの中で一番最終的な施設に「特別擁護老人ホーム」があります。

これは、家庭での介護が困難な環境の老人を死ぬまで収容してくれますが、少子高齢化のおり、全国的に数が足りず、希望しても入れるとは限りません。

その他に、治療の為の入所を対象に、内容は同じような施設がありますが、ここは、3ヶ月程度が入所の限界で、治療の目的が果たされたとして退所を求められます(病院も介護の目的では入院させてくれません)。

そこで入所者は、3ヶ月経つと次の同じような施設を探し、また3ヶ月程度の入所を続ける事になります。
このような状況で何年も続けるのは大変なことです。

ここで言いたい介護のシステムは、このようなことではありません。
上記にも該当しないケースの問題です。

上記のシステムには、ショートステイと言うものも併設されていて、1週間から10日くらいの短期入所の枠があり、これは結構利用できる機会があります。

介護している家族が旅行に出たり、介護疲れを癒すために、しばらく息抜きをするために利用します。
その他に、最近厚生労働省が力を入れているのが、自宅介護のシステムです。
自宅介護と言いましたが、自宅にいる老人をデイサービスと言う形で、1週間に1回から4回くらいまで施設へ送迎しリハビリや入浴、娯楽を提供し、老人の行動力を衰えさせない様にサポートします。

いずれの場合にも介護保険が提要され、施設のケアマネージャと言う者が、本人の面接をし、入退所の仕切りをします。
ケアマネージャーは入退所の仕切りだけではなく、定期的に本人を訪ね、1ヶ月単位の介護のスケジュールを作り、行政の介護担当者や家族との連携をしてくれます。

最初の頃は、ケアマネージャーの仕事は、これくらいであり、事務屋程度に思っていました。
ところが、最近になって、母親もいよいよ弱り、ついには持病もひどくなり医師からは数ヶ月の余命と言われる様になりました。

持病が酷くなったと言っても、苦しんでいる訳ではなく、また高齢でもあり入院しても治療の方法はありません。
それで掛かり付けの医者に相談したところ、24時間看護をしてくれる組織を紹介されました。
24時間看護と言っても、24時間自宅にいてくれるものではなく、1週間に1〜2回は様子を見るために自宅に来てくれるが、後は電話をすれば何時でも(深夜でも)自宅を訪問してくれるシステムのようです。

要員は全て看護婦の資格をもっており、緊急の場合は、法的に許された処置を施し、必要に応じて医師を呼んだり病院への搬送をしてくれるそうです。

今までは、何かあると救急車を呼ぼうか、様子をみようか迷うことも多々ありました。
今後は迷うことなく24時間看護の組織へ電話すれば良くなりました。

ここでさらに言いたいのは、最初は掛かり付けの医師と相談し、24時間看護の体制を受けると言えば、その医師が担当のケアマネージャーに即刻連絡し、そのケアマネージャーが24時間看護の施設の担当者の他、関係者数名が自宅来てくれて今後の方針を相談してくれました。

そこではリースで借りている電動ベットのマットレスを床ずれ対応のマットレスに取り替えるとか、私などが考えていなかった対応もしてくれました。

万がいつの死亡時の対応のことまで、そこで話し合うこともできました。
何と、その24時間看護の担当者は、死亡した本人のゆかん(体を拭いて衣装の着せ替え)までしてくれるそうです。

ケアマネージャーを中心とする介護のシステムは、ここまできめ細かく対応します。
先に言いました、掛かり付けの医者は、最近には珍しく自宅に往診してくれます。
それも毎週1回は、その医院の看護婦を派遣し、医者は原則、月2回の往診をしてくれます。
採血は看護婦がしますので、何時でも血液検査はやれます。

主治医制度をうるさく奨励している厚生労働省の方針に激しく反発していましたが、こうした決めの細かい介護システムを見ますと、主治医制度を見直す様になりました。

その他に自宅介護のシステムに中には、入浴をさせるものや、おむつ取替も出張してやってくれるサービスもあるようです。
最終的な老人介護は夫婦揃っていてもなかなか大変なことです。
施設にみんなを収容できない現在、このような支援体制のありがたさを痛感した次第です。

ですが、介護にかかる費用の問題があります。
介護保険の徴収も限界に来ております。

文明国、先進国の自負があるなら、何とか、この問題を解決し、良い社会を作りたいものです。
スレッド違いですが、ここでもヘリマネ資金を導入しても良い問題であると思います。
介護保険料で不足する5兆円くらいのヘリマネをやってもインフレの心配など、サラサラなく、介護事業で雇用が増えます。

最後に、介護保険料の不正使用も随分とあることも言っておきます。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 老人介護のシステム<主治医制度を見直してみよう ( No.1 )
日時: 2015/10/28 11:26
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:rx9enaEQ

>患者の紹介率の低い大病院を、他院の医師の紹介状を持たずにはじめて受診すると、初診料2700円のうち健康保険が適用されるのは2000円までで、700円分は保険が効かなくなる。そのため、通常なら810円ですむ自己負担額が1300円に増える(70歳未満の場合、以下同)。

※ 上記の話はよく聴かれ、掛かり付け医制度を非難していました。
  実際に、高度医療器械なしに病気を発見することはできません。せっかくある高度な機械で検査をしてもらいたいのは、当たり前  のことで、それを妨げることはできません。
  ですが、病気の種類、治療方法が定まった折には、治療行為は掛かりつけの医院できるはずです。
  問題は、大きな病院と掛かりつけの医院の連携が十分にできるか否かだと思います。


※ その点で言えば、初診を掛かりつけの医院へ向かわせようとするシステムには賛同できませんが、医療行為全体としてみれば、主  治医位制度は充実させねばならないと思います。

※ 下の文章は、ある医院のHPのものです。
  >ある一定の条件(登録した電話から連絡していただく、患者さんの病気、
  薬に関する情報を小川に提供していただく等)にご理解、ご協力いただけ、
  患者さんやそのご家族の方が希望されれば小川が主治医となり、
  直接・間接的に小川と24時間連絡がつく体制にしております。

※ ここにありますようにかかりつけの医院は患者との連携を、必要な場合は、開業時間に関わらずとれるように配慮しているようで  す。
  昔のように往診する医者も増えてきているようです。
病院へ連れていくのが大変な年寄りを抱えていると大変助かります。
  場合に拠ってではありますが、療養生活を自宅でもできることは大変ありがたいことであります。

※ 少子高齢化のおり、こうした制度が、ますます充実したものであるように期待したいと思います。

(今までは主治医制度を認めてはいなかったので、改めて紹介します)
メンテ
Re: 老人介護のシステム<主治医制度を見直してみよう ( No.2 )
日時: 2017/08/14 12:11
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:j0DWt/fk

主治医制度が発表された時、私は以下の様に反発していた。


田村厚生労働大臣の本日の記者会見。

「地域の診療所などでの紹介状なしに大きな病院へ行く患者の費用負担を引き上げ大きな病院が本来の機能を発揮できるようにする」

もう本当に殺してやりたい。

つい先日の私の家内の話しであるが、最近体調が悪いと言うので病院へかかるとした。
その場合、行きつけの医院もあるが、あえてこの地方では大きな病院へ行かせた。

最新のMRI検査を受けて膵臓癌の恐れのあることが判明した。
更なる精査と治療の方針はこれからであるが、最初に行った先が行きつけの医院であれば、栄養剤の投与などで様子をみましょう、くらいが関の山。
同じようなことも最近体験している。
近所に住む独居老人の私の叔母が、熱を出しているのを知って訪ねてみたら、この真夏なのに寒気が納まらないと言う。
本人は風邪と決めつけていたが、この場合も大きな病院へ救急で駆け込んだ。
診察の内容は腎臓の疾患であり、その日の内に入院となった。
もうすこしほっておくと急性腎不全で命を失うところであった。
このように、
診察と言うのは最初が一番大切であり、まずは大きな病院で診察を受けるべき。

田村のクソ馬鹿も、そんなことは承知の上、厚生労働省の官僚も、身内に何かあれば目の色を変えて大きな病院へ駆け込むに違いない。
一方で、冒頭の様なことを平気で言い出す。
こんな輩は、安倍などが集団的自衛権で国を危機に陥らせているよりも、もっと、もっと許せない暴政である。

来年に、その法案を出すと言うが、
みんなで、これを糾さねばならない。

こういう政権は葬らねばならない。
政治の問題ではない。

国民の命を弄ぶ、こういう施策を考える奴らは、殺してしても良いのだ。
はっきりと、我々に死ねと言う政策を取ろうとするのである。
多くの初診料を払えない患者は死ねと言うのである。
本格的な診察は受けさえないと言うのである。

否、最近の大きな病院では、金の問題でさえなく、ともかく地域の医院で診察を受けるように勧め、診察を断っている。
大人しい人は、それを受け入れざるを得ない状況になっている。

また主治医の紹介がなければ初診料を法外に取るなどの所業に出ている。

ですが、診療体系としての主治医制度は反対であるが、もっと主治医の存在を認めるべきではないかと思い、このスレッドを立ち上げました。


メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存