ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2389] 反転攻勢 これでは不起訴処分とはゆかない
日時: 2016/03/14 12:49
名前: 遂犯無罪 ID:CbIpo/b6
参照: http://www.suihanmuzai.com/

ネット公開目的に、刑事判決書の作成権限のない北詰淳司が、真正な判決書の本質的部分を改ざんした事実は、1年以上10年以下の懲役に処される。なお、北詰淳司の逆転無罪は民事裁判で明確に否定されて、有罪とする事実認定がされている。

北詰の告訴から送検事件となった事案の「理由開示請求」をしてみる、不起訴処分には、罪とならず・嫌疑なし・嫌疑不十分・起訴猶予、この四つらしいが、家宅捜査・送検調書録取と実態被害・精神的被害が生じている、また前科歴が残る不利益も多大だ。
東京地検検察官・島田健一 平成26年 東地刑第3796号・第3795号

柏市戸籍改ざん事件の嘘つき小川は、一度も家裁には相談していないと文書でも述べている、然るに吉田が作成した小川書面には、以下の画像の如く吉田の作文が小川主張となっている・・訴訟勝訴目的に小川主張を改ざんした私文書偽造罪、及び敗訴すべき裁判で支払いを免れたのは詐欺罪が成立する、これも執行猶予が付かない重罪である。
■添付画像が入力できず、この3頁を参照ください。
http://www.suihanmuzai.com/141209.jpg.html

謄本と書記官認証された北詰逆転無罪判決書の裁判官記名
http://www.suihanmuzai.com/index2/160313.jpg.html

巫グループのSNSを媒体としたサイバー犯罪
http://www.suihanmuzai.com/index2/160312.jpg.html
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

北詰の恐喝傷害事件を揉消した裁判所と検察の怯えとは ( No.134 )
日時: 2017/04/12 09:43
名前: 遂犯無罪 ID:sqXkz1As
参照: http://www.suihanmuzai.com

北詰に対する尋問は三回行われている、この総てを公開しなければ真相はわからない、北詰は閲覧等制限申立をしている、
この申立書は13頁にびっしりと意味不明な戯言を書いている、要は閲覧申請者の目的は不純だから閲覧禁止とせよ、
こんなものがとおる筈はないが、それだけ怖れているということ。

しかしこれで相手方とされて、この訴訟の当事者になった、これでは謄写資格を認めざるを得ないだろう、河野氏から殴りかかれて、
この手を払った際に顔に当たったと一審は判断しているが、この明らかな意図的な一審の判決の誤りは、
先に述べたとおり、原審で執行猶予、控訴審で無罪と裁判所は、検察調書改ざん事件を隠蔽する目的で、
北詰の恐喝傷害事件を揉消したのである。

北詰の恐喝傷害事件を揉消した裁判所と検察の怯えとは
http://suihanmuzai.com/index5/170412.jpg.html
メンテ
検察・裁判所が怖れた刑事記録の不正使用事件 ( No.135 )
日時: 2017/04/13 09:56
名前: 遂犯無罪 ID:HUGMkj.k
参照: http://www.suihanmuzai.com

検察証拠に弁護人が不同意とすれば法廷には提出されない、北詰の国選宮下弁護士も述べている、
これが何故にと関心が集中している。
そこで同意・不同意を記した証拠等関係カードを参照すれば・・しかしこんなことで時間を潰す訳にもゆかん、
こうしたことは法律の専門家に任して、隠されている記録を引き出すのが目的だ、その為にも謄写は必要不可欠である。

検察の証拠の改ざんの発覚を怖れての、目的外使用の禁止が制定されてから十年ほどになる、
しかしまさか無罪判決書の公開は想定外に違いない。

先の尋問調書でも解るが、裁判官・弁護人は不同意の検察証拠の内容を、被告人が知っていることに慌てふためいている、
これは北詰の功績で誉められるが、この見返りの科罰は、判決書の裁判官署名の変造は、有印公文書偽造罪で長期刑だな。

検察・裁判所が怖れた刑事記録の不正使用事件
http://suihanmuzai.com/index5/170413.jpg.html
メンテ
原田國男の裏判決が証した刑事司法の現状と課題 ( No.136 )
日時: 2017/04/15 10:35
名前: 遂犯無罪 ID:nYdCSXSM
参照: http://www.suihanmuzai.com

北詰刑事裁判の被害者河野氏の尋問は2度された、3回公判での51頁の他に24頁がある、しかしこの24頁を北詰は公開せず、
また証拠提出もされていない。

我が事件では一切の尋問がされず調書が存在しなく解らないが、証拠等の関係カードを照合すれば解る、
このように北詰は都合のよい刑事記録だけを公開している。

51頁の巻末に「河野氏から殴りかかった」これに弁護人は拘っている、たぶん北詰はこの尋問の中で河野から殴られてと、
矛盾した供述をしているのだろう、だから右往左往する醜態となり、実刑は必至と裁判官忌避した、
この尋問調書の全文謄写が待たれる。

原田國男の裏判決が証した刑事司法の現状と課題
http://suihanmuzai.com/index5/170415.jpg.html
メンテ
事件屋北詰事件の真相を弁護人は見抜いていた ( No.137 )
日時: 2017/04/17 08:12
名前: 遂犯無罪 ID:bmoYuxV6
参照: http://www.suihanmuzai.com

これを読むと河野は北詰の狙いが解っていなかった? 北詰は相手会社、また和解額まで知っていた、
この弁護人の指摘は北詰の非弁行為では? 北詰は和解解決に関与していたのではないか?

河野の和解解決事件には裏がありそうだ、十年も揉めたという欠陥住宅問題、代理弁護士の解任もありそれが代理人抜きで、
一千万余で解決したとは、もしかしたら事件屋が絡んでいるのではないか、そう仮定するれば河野の及び腰も理解できる。

実はこの河野と同じ頃に、同じ千葉県で欠陥住宅裁判をされていた夫婦を知っている、
この方と河野は情報交換していた、しかし和解解決頃に連絡が絶えている。

事件屋北詰事件の真相を弁護人は見抜いていた
http://suihanmuzai.com/index5/170417.jpg.html
メンテ
渾身の国選弁護人の弁論再開申立書 原田國男の裏判決 ( No.138 )
日時: 2017/04/18 13:57
名前: 遂犯無罪 ID:5TQI.j/c
参照: http://www.suihanmuzai.com

事件屋絡みの傷害事件に対して、検察は懸案の北詰訴追遂行に検事面前調書の捏造をした,
これに裁判所と国選弁護人は意思一致して、検察犯罪に加担したのである。

この検察の調書の捏造発覚を怖れた二審の原田國男は、事実調べをせずに即日結審した、
しかし二審の国選弁護人は、事犯の解明を求めて公判の再開を要求、だが原田國男は弁論再開に応じなく、
犯罪者北詰に刑事補償金を与え野に放ったのである。

このカウントされない裏刑事判決は、マスコミも知ってはいるが一行も書けない、
だから逆転無罪者北詰はこれが不満で騒ぎ続けている、この事実からも東京地裁記録保管室は、
北詰・河野に係る謄写を許可すべきである。

検察犯罪を揉消す逆転無罪判事原田國男・・このロゴは原田裁判官の正体を一言で言い当てている。


これから起きること

予想していたが北詰事件には多くが注目している、今は放されている北詰だが池上・浦和警察への虚偽告訴、
そして行政への虚偽通報(虚偽告訴罪)の何れも、司直の調べから調書作成がされて、浦和地検・東京地検に送検された、
行政の方は北詰に続く偽名吉田卓朗の虚偽通報からの調べもされて、この調書は坪井・北詰と共に保管されている。

昨日にアップした北詰と河野の和解金疑惑にアクセスが集中している、河野はこの掲示板を見ているそうだが、
実際に河野は健康を害しているのか不審だ、たぶんことの成り行きに怯えているのだろう。しかし時効は完成している。


渾身の国選弁護人の弁論再開申立書 原田國男の裏判決
http://suihanmuzai.com/index5/170418.jpg.html


メンテ
弁護士書面を改ざんか 暫定記事 ( No.139 )
日時: 2017/04/19 12:10
名前: 遂犯無罪 ID:aeDgdsmI
参照: http://www.suihanmuzai.com

弁護士書面を改ざんか 暫定記事
http://suihanmuzai.com/index5/170419.jpg.html

立川検察庁直告班の検察事務官は、事件屋巫グループに関する告訴に対して「事件を構成しない」門前払いをする、
しかし保管検察官の検察事務官は、刑事記録の公開は刑罰に処せられると述べて、この誓約書を書かされた。


立川検察庁直告班の検察事務官氏に、再三の告訴告発の意思を伝えた、この事務官氏は話の聞き上手で相槌を入れて、
一方的喋り捲る愚痴話を聞いて呉れる、これはカウンセリングとして好ましいが、判断するのは憎き検察官だ、
たぶん今回も聞き流しだろうな。

園田夫婦の虚偽告訴からガサ入れされて投獄、坪井の告訴からガサ入れされて送検、北詰の告訴からガサ入れされて送検、
この何れもが名誉毀損罪である。

メンテ
尾瀬宏和弁護士とは存在しない淳司の捏造だ ( No.140 )
日時: 2017/04/20 08:03
名前: 遂犯無罪 ID:Rh1uhXxg
参照: http://www.suihanmuzai.com

直告班と話して解ったこと

東京地裁記録謄写室からの連絡が遅れているが、この事態となれば検察の判断が絡むのは当然だ、
しかしさも実在するような尾瀬宏和弁護士名で裁判書面を改ざんする、これを十年以上公開しても咎めない、
まあ関心が無い北詰逆転無罪事件ということもあるが、今回はそうはゆかない。

昨日のアクセスから気付いたが、北詰の違法公開事件は巫にも連座する、共謀罪云々に係らず現行刑訴法で、
組織犯罪として訴追される、これは立川検察庁の検察事務官との話から感じ取っている。



北詰の恐喝未遂事件

「ホテルにいた写真をばらまく」とタレントの恐喝未遂事件がニュースになっているが、北詰のしたことは当にこれだ。

密やかに録音したピロートークを買取れと女性に迫り、この際の暴行が傷害罪として起訴された、
こんな卑劣な北詰に寛容な原田國男は許せるか。

ピロートークを買い取れと迫った北詰淳司
http://shizensou.org/index4/160618.jpg.html



尾瀬宏和弁護士とは存在しない淳司の捏造だ

架空の弁護士が作成した弁論再開申立書、これを真正な刑事書面として公開することは許されるのか、
これも明らかな有印虚偽私文書の行使だ、検察はこの件でも訴追せよ。


立川検察庁からの呼び出しを待っている

立川検察庁直告班の検察事務官氏に、再三の告訴告発の意思を伝えた、この事務官氏は話の聞き上手で相槌を入れて、
一方的喋り捲る愚痴話を聞いて呉れる、これはカウンセリングとして好ましいが、判断するのは憎き検察官だ、
たぶん今回も聞き流しだろうな。

園田夫婦の虚偽告訴からガサ入れされて投獄、坪井の告訴からガサ入れされて送検、北詰の告訴からガサ入れされて送検、
この何れもが名誉毀損罪である。

メンテ
弁護人の弁論再開申立書を捏造した逆転無罪者北詰淳司 ( No.141 )
日時: 2017/04/22 05:51
名前: 遂犯無罪 ID:CZTsHWfU
参照: http://www.suihanmuzai.com

やはり北詰敦司は、刑事二審の弁護人が作成提出したとする、弁論再開申立書を捏造していた、
しかしこの弁論再開申立をしたとする主任弁護人吉田弁護士に対する弁護人解任請求書は、担当刑事部で受理されている。

一体に何が何だかわからないが、申立書の法的構成から第三者、例えば巫辺りが作成したのではないか

弁護人の弁論再開申立書を捏造した逆転無罪者北詰淳司
http://suihanmuzai.com/index5/170420-1.jpg.html


あるツイキャスの書込みに北詰を指して・・いい歳した大人がYouTubeで、深夜に怒りをぶつけていて恥ずかしくないのかな?
激おこプンプンぷ〜りん。先ず、言葉使いからして下品です、ドン引きしちゃう。
そうとうな怯えだな、ツチヤ氏に問合せをしているが回答はない、やはりかな。

北詰の書面を書いたのはツチヤ氏だ、当時の彼を知っている、また巫が本人訴訟支援業者ということからも考えられる、
いずれにしても今回ばかりは検察も動かざるを得ないな、昨日から今日にかけてのアクセスが凄いなり。

メンテ
北詰書面のゴーストライター 原田國男の裏判決 ( No.142 )
日時: 2017/04/22 08:08
名前: 遂犯無罪 ID:CZTsHWfU
参照: http://www.suihanmuzai.com


逆転無罪判事原田國男のカウントされない裏判決に北詰無罪事件がある、高裁は刑事補償と引き換えに北詰の逆転無罪を封印した、
マスコミが一行も報道しないことが不満の北詰は、異常な自己顕示欲の持ち主でこれが我慢できない。

そこで禁止されている刑事記録のネット公開や、高裁前での街宣演説を続けるが、訴訟狂人と見做されて相手にされない、
北詰は社会の関心を呼ぼうと、刑事判決書の変造・裁判書面の改ざん等をして、ネット動画で公開する騒ぎを続け、
また誰彼かまわず告訴すると脅迫、これに検察も手を焼いてはいるものの、闇の冤罪者北詰には傍観するしかない、
北詰事件を暴けば検察・裁判所に及ぶ職務犯罪は、司法の崩壊を引き起こす、これが真相である。

しかし弁論再開申立書で明らかにされた、弁護士に成りすました書面の作成がされて、これを高裁は受理している、
北詰のゴーストライターの存在が浮かび上がった、この者が誰なのか、凡その特定はついている、
たぶん公安も狙っている組織だろう。

北詰書面のゴーストライター 原田國男の裏判決
http://suihanmuzai.com/index5/170422.jpg.html

メンテ
疑惑の弁論再開申立書の作成者は巫組織の参謀・谷口功か ( No.143 )
日時: 2017/04/23 10:10
名前: 遂犯無罪 ID:19m4A4P6
参照: http://www.suihanmuzai.com

昨年に提起した谷口訴訟は訴状送達されていながら、二度の補正命令から門前払いとなった、
二度もの補正命令をすることなく、
原告の立証がされていない、訴え自体が失効と、二回期で請求棄却すれば済む裁判、
それを民訴法140条の門前払いとは訳あり事件だからだ。

この不審がどうも当っていた、北詰刑事裁判の弁論再開申立書の作成者は谷口でないかと、
谷口に電話をしてfax文書を送ったが着信拒否を続けている。
やはり裁判所検察は坪井隆作・北詰淳司に始まる、柏市戸籍改ざん事件の自称吉田・小川、
そして巫グループの参謀・谷口らの組織犯罪への立証をしている。

谷口と北詰が共謀した裁判書面の捏造事件は、刑事時効は完成しているが継続犯行として訴追される、
やはり谷口功(偽名の疑い)は柏市戸籍改ざん事件の黒幕であり、この発覚に恐怖した自称・吉田卓朗は逃亡した。

疑惑の弁論再開申立書の作成者は巫組織の参謀・谷口功か
http://suihanmuzai.com/index5/170423.jpg.html

谷口功とは、当掲示板でお馴染みの南京屋応仁、景子
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存