ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2628] 日本会議を甘く見ていいのか?
日時: 2016/11/27 20:02
名前: 取越 九郎 ID:CpLdkwKA メールを送信する

橋立さんの「日本会議」についてのご意見は、「腫瘍は出来ているが良性だからそれほど気にかける事は無い」との事のようですが、昨日のTBSの「報道特集」では日本会議を取り上げ,かなり叱りした内容にまとめて放送していました。

 彼らの改憲のうねりは想像以上大きなものになり、「美しい日本の憲法を作る会」等の様に、安倍のよく言う!美しい!と言う言葉に若者も高齢者も酔った様に動かされ、集会の終わりには大きな会場いっぱいの者どもが!天皇陛下バンザーイ!」と叫び、「君が代」を斉唱して終わりました。

 要するに、戦時中の国家主義をすべて美化し、日本をその時代へ戻すことが狙いなのです。日本が中国大陸に侵略したり、第二次世界大戦をはじめたことなど総てアジアの開放と発展のための聖戦であったとするものです。
大きな会場を埋めた群衆は熱気に満ちていました。

 その他、信濃毎日新聞に出た記事には、日本会議と神社本庁が、日本中の神社庁に指示を出し、櫻井よしこのバックに桜と富士をバックにし、「美しい日本の憲法を…」と書いたポスターを各神社の正面に張らせているとの事です。

 この日本会議の活動はかなりの効果を上げ、護憲派の活動などすっかり影が薄くなってしまっているようです。

 「日本の政治を糾弾する」と言ったこのサイトがそれを見逃していていいのでしょうか?

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 日本会議を甘く見ていいのか? ( No.12 )
日時: 2016/12/26 00:51
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:S8Zvs7uo

UP
メンテ
Re: 日本会議を甘く見ていいのか? ( No.13 )
日時: 2016/12/30 16:37
名前: 取越 九郎 ID:PWs0GZ4Q メールを送信する

橋立さん、UP有難うございました。私の言いたいことが尽きてしまったわけではなく、
橋立さんの様に思った事がスラスラ纏められないので投稿できずイライラしていました。

 言いたいことが十分に伝わらないかもしれませんが取り敢えず纏めてみます。

 前述のTBSで放送した「日本会議」についた補足します。

「日本会議」の活動領域は色々ありますが、まず第一が*憲法改正*であり、此れには計り知れない情熱で取り組んでいるようです。
 
 彼らは、護憲派の論法を根底から突き崩すには、≪大東亜戦争を愚かな戦争とする歴史観こそ正してゆかなければ・・・
そして大東亜戦争の誇りを取り戻し憲法改正へ≫の信念の元
「国民の世論の力で国会発議を達成しよう」
と書いたチラシを配布したり、そうした内容の映画の上映や、女性の集い、他様々な集会などで啓発活動を推進し
「国民投票で勝利を!」と息高々に実質的な活動を進めて護憲派が知らずにいる間に着々と成果を上げているのです。
そうした活動のグループには日本会議から補助金が出るようです。

 更に、各地方議会にも働きかけを重点的活動に据えた結果、即反応した石川県他、33県の議会で、「憲法改正」の決議がなされ、青森県や長野県など14県だけがそれに応じていない実情です。

 「日本会議」の他にも似たような組織はいくつかあり、その活動と成果に比べれば、
“九条の会”の活動何てそよ風の様なささやかなものです。

 私の訴える此の事について、糾弾サイトの多くの皆さんにはそれほど関心がないようですが、
それが、彼らの巧みさであり、狙いどころなんだと思います。

 この問題は重要と感じてこそテレビで特別番組にして放送したり、
この事に危機感を訴える著書が多くある事でも判ってほしいのです。

 主な本を紹介させていただきますので、出来たら読んで見て下さい。

☆青木理著「日本会議の正体」「安倍政権は完全に日本会議に牛耳られている」
☆菅野完著「日本会議の研究」
☆成沢宗男編「日本会議と神社本庁」
☆上杉聰著「日本会議とは何か」等々・・・

 因みに、私の読んでいる地方紙に*達人による今年の3冊*と言う書評でS氏が「日本会議の研究」を推薦しています
メンテ
日本会議と靖国神社 ( No.14 )
日時: 2016/12/31 12:52
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:OpjwSCRE

取越 九郎さん、

>「日本会議」について、糾弾サイトの多くの皆さんにはそれほど関心がないようですが、

と言われていますが、関心がないのではなく、それ以上に次から次へと問題が起こり、何から非難すればよいか右往左往の状況なのです。

先に神社本庁と日本会議の関係について触れましたが、今度は靖国神社との関係について言ってみましょう。
先に紹介された本などにも書いてあると思いますが。

靖国神社は別格で神社本庁にも属していません。
もともと靖国神社は国が作った神社であり、本来の神道精神に基づき生まれてきたものではありません。

神社などと言わず、戦没者慰霊組織とした方がよいでしょう。
神社につきもの祭神などいないはずです。
しいて祭神を決めるとすれば、東条英機にでもすればよい。
これが明治天皇でも問題が起きるはずです。

そのようなものを神社と認めるわけにはいきません。
当然、神社本庁には属してないのですが、ここからが問題です。

神社本庁、というより、日本会議は、靖国神社を縁戚のように思い、靖国神社を戦前のように国家と結びつけることをたくらんでいます。
西郷隆盛でさえ、靖国には祭らないのにA級戦犯を合祀するなど、何を基準にしているのやら、非常に政治的な意図を含んだ靖国神社のありようなどを国民として受け入れるべきではないでしょう。

そういうものに政治屋共は参拝したがり、いつも問題を引き起こしています。
単なる戦没者慰霊であれば、国民の誰もが納得するものでなければならないでしょう。
ましてや宗教の仮面を被った靖国神社と国家の関係を認める訳にはいきません。

ですが、それを画策するのが国会議員の4割を擁する「日本会議」なのです。
国会議員とは何であるか、その根源に関わる問題なのです。

メンテ
Re: 日本会議を甘く見ていいのか?菅野完著「日本会議の研究」出版さし止め ( No.15 )
日時: 2017/01/09 11:57
名前: 取越 九郎 ID:/iQv4Ae. メールを送信する

 1月7日の新聞によれば、ベストセラーの新書「日本会議の研究」に対し東京地裁は、真実でない部分があるとして、
元成長の家の幹部だった男性の言い分を認め「出版さし止め」の判決を下したとの事。

 著者である、菅野氏及び出版元である扶桑社は、*言論弾圧の一環だ*として異議申し立てをしているとの事です。

 安倍政治の追い風となっている≪日本会議≫がさらに強風となって日本の平和と民主主義を破壊する恐ろしさにもっと多くの人がきずきくよう、私は“警鐘”を鳴らし続けます。

 コルルさん他、糾弾サイトの皆さんもこの件についてご意見をお聞かせください。
メンテ
Re: 日本会議を甘く見ていいのか?能天気な新成人 ( No.16 )
日時: 2017/01/12 14:35
名前: 取越 九郎 ID:th6Llfm6 メールを送信する

 1月9日の成人式の様子がテレビで放送されるなか、多くの新成人へのインタビューが次々と画面に流れた。
自分の将来や社会の問題について聞かれるとみんな楽天的で、明るい未来を描いていると言うよりも、あまりものを考えず、何となし生きている感じがした。

 政治についての発言はほとんどなかったが、安倍政治の行く末は大人になったばかりの新成人ばかりでなく、
彼らの子孫の時代まで方向付け、「秘密保護法」「共謀罪」「集団的自衛権」等々国家統制で個人的人権は極力弾圧され、
アメリカの手先になって戦争に加担するようになれば、自衛隊に応募するものも減り、
 やがては「徴兵制」を選ばざるを得なくなるはず。

 そうなれば、今でも世界的な少子高齢化の日本は、子育て世代が戦に駆り立てられ益々少子化が加速し、
其の上軍事費がかさみ、社会保障などが困難になる事は明らかです。

 そうなれば日本は国家として成り立たなくなり、困るのは今年新成人となった若者とその子孫たちです。

 メディアも教育も統制され、若者が日本の政治を糾弾するなどと言った感性はほとんど持たない「能天気」な国民ばかりになるでしょう。

 昨年から選挙権が18歳に引き下げられ、社会の現実に疎い者たちによってえらばれた「政治屋」によって日本はますますどうしようもない国になるでしょう。

 その頃私はこの世に居ませんが、だからどうでもいいとは言えません。

 アメリカに支配された政治の裏が見えず、沖縄の事は自分には関係ないと、基地問題など気にかけないのも困った事です。
メンテ
成人式 ( No.17 )
日時: 2017/01/12 15:43
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:tAcyNJuQ

残業がきついと言って、次から次へと自殺し、
(私の若いころ、そんなことで自殺をしていたら命がいくつあっても足りません)

会社の上司が気に入らないと言って退社し、派遣労働者になるのはまだしも、閉じこもりになりかねない。
閉じこもりと言えば、社会に溶け込めないで(社会が自分に合わないと)閉じこもり状態の若者が、身近にどれくらいいると思いますか。驚くほどの数ですよ。

そこまでは行かなくても、自宅に表札も掲げない、電話帳に名前も上げない。
理由はプライバシーを守りたいからだそうだ。
社会の常識、社会のシステムの事は二の次、三の次。

まだまだ、あるよ
仮に企業で仕事をしていても、根性をもって業務と取り組むことは思わない。
すぐに、私には無理です、できませんと、努力をするまでに逃げてしまう。
または家庭の事情を優先し、やらねばならない時期に業務を放り出して平気である。

結婚も家庭生活など面倒である、という理由で結婚をしたがらない若者の数が随分と増えている。
経済的な理由などではない。

こうであるから、本当に価値あるものを見出すなどとは思いもよらない。
すべてが自分中心で、昔の生き様、社会的正義などに興味がない。

全員とは言わないが成人式を見ていると、このような連中が、また旅立ったと情けなくなってくる。
子供の様に社会的に責任感がないのに形だけは社会人と認める欺瞞の儀式が成人式。

昔とは随分と違った趣きになったもの。

それでも

祝 成人・・・!!!!!!



追申

日本会議ではありませんが

氏神信仰の何かを教えたい。
メンテ
Re: 日本会議を甘く見ていいのか?2月11日〜日本の行方は ( No.18 )
日時: 2017/02/12 16:46
名前: 取越 九郎 ID:th6Llfm6 メールを送信する

 2月11日は「建国記念の日」となっているが、元々は「紀元節」の日であり、
神武天皇が即位した日として戦前戦中まで続いたその日を記念日にしたものである。

 この日、二つの相反する集会が各地で開かれたようである。
その一つが、極右翼団体「日本会議」が神社などで開いたもので、
 *神道を国教に位置付け、天皇を中心とした国家体制を築いた戦前戦中の日本人の誇りを取り戻そう*
と言った思想の物である。

 要するに、敗戦によって自信や誇りを失う原因となった戦後教育を見直し、憲法改正をと合わせて
日本を立て直そうと言うのである。

 かつて日本は手狭になった国土拡張の手段として≪満州≫を強引に植民地にし、さらにあの広い中国大陸の奥地まで侵略し、
さらにアメリカに戦争を仕掛け、初めは各地で戦果を挙げ国民は益々戦意を向上させ、

 資源も国民も量的に不足しているのも構わず、調子に乗って皆に太平洋の島々からオーストラリヤまで目指したのだが、
その実態は、ガダルカナルやニューギニア方面に派遣された若い兵士たちに「弾丸」どころか、食料も送れず多くの兵隊たちは餓死してしまったのが実情なのであった。

 程よいところで戦争を止めれば良かったのに、それもしなかった結果広島や長崎に原爆を落とされるまで戦争を止めなかった愚かな政府や軍部。
この戦争の結果の反省から日本は戦後70年余平和を守り続けててきたのである。

 此れを忘れ又元来た道へと国民の思想を誘導しているのが「日本会議」などの右翼団体である。

このままいけば、憲法改正の国民投票では圧倒的多数で改憲派の勝利となるであろう。
メンテ
少し長くなりますが、建国記念日について思うこと。 ( No.19 )
日時: 2017/02/24 20:43
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:Ll6hbt1A

建国記念日(皇紀2600年)

日本では、実際の建国日が明確ではないため、建国神話(日本神話)を基に、建国を祝う日として「建国記念の日」が定められた。2月11日は、日本神話の登場人物であり古事記や日本書紀で初代天皇とされる神武天皇の即位日が、日本書紀に紀元前660年1月1日 (旧暦)とあり、その即位月日を明治に入り新暦に換算した日付である。

(当時の時代検証)

弥生時代は、水稲耕作による稲作の技術をもつ集団が列島外から北部九州に移住することによって、紀元前3世紀のころから始まったとされる。しかしながら、最近では日本の稲作の始まりは紀元前、3500年にさかのぼるとも言われています。

弥生時代のころは、海外からの移住者が多いことでも知られていて、弥生人の特徴に、頭蓋骨の計測値で弥生人に最も近いのは新石器時代の河南省、青銅器時代の江蘇東周・前漢人と山東臨淄前漢人であった。また、眼窩は鼻の付け根が扁平で上下に長く丸みを帯びていて、のっぺりとしている。また、歯のサイズも縄文人より大きい。平均身長も162〜163センチぐらいで、縄文人よりも数センチ高い。しかしながら、こうした人骨資料のほとんどは、北部九州・山口・島根県の日本海沿岸にかけての遺跡から発掘されたものであるが、南九州から北海道まで、他の地方からも似た特徴を持つ弥生時代の人骨は発見されているが、それらは人種間の形態とその発生頻度までを確定付けるには至っていない。

狩猟・漁労生活から農耕生活へと生活環境を一変させた変革こそ形質を変えることになったと理解されているが、
一方で、国家、政治という概念で捕らえると

弥生時代が始まって間もなく、紀元前2世紀ころから、各地の有力豪族が小国家の様な形で勢力を伸ばし、
100か国余りが勢力を競っていたと言う記述が中国の史書(後漢書)などにみられる。
その中で頭角を現していたのが、卑弥呼の邪馬台国、とか「漢委奴国印」で知られる奴国がある。

大和朝廷の正史から見れば、これらはすべて神話の世界に閉じこめられているが、少なくとも大和朝廷を我が国の統一、建国の始まりとするには、いぶかしい。
ただし、弥生時代を迎え、我が国にも全国統一の機運が生まれた時代としては、時代に即したものとも言えよう。


ついでに、当時の日本人の生活の様子を、紀元3世紀ころに書かれた「魏志倭人伝」によって見てみよう。


男子はみな顔や体に入れ墨し、墨や朱や丹を塗っている。
古くから、中国に来た倭の使者はみんな自らを大夫と称している。
夏(中国の王朝)の王の少康の子が、會稽に封ぜられた時、断髪して入墨をし、蛟(みずち)の害を避けたという。今、倭の漁師も好んで水にもぐって魚や蛤を捕り、身体に入墨をして大魚や水禽を避けていたが、後には飾りになった。
その(倭国の)位置を計ってみると、ちょうど會稽や東冶の東にある。
その風俗は淫らではない。男子は皆髷を露わにし、木綿の布を頭に巻いている。その衣服は幅広い布を結び合わせているだけであり、ほとんど縫われていない。婦人は髪に被り物をし後ろで束ねており、衣服は単衣(一重)のように作られ、中央に孔をあけ、貫頭衣である。
桑と蚕を育てており、糸を紡いで上質の絹織物を作っている。
兵器は矛・盾・木弓を用いる。木弓は下が短く、上が長くなっている。矢は竹であり、矢先には鉄や骨の鏃(やじり)が付いている。
土地は温暖で、冬夏も生野菜を食べている。みな、裸足である。
家屋があり、寝床は父母兄弟は別である。身体に朱丹を塗っており、あたかも中国で用いる白粉のようである。飲食は高坏(たかつき)を用いて、手づかみで食べる。
已葬、擧家詣水中澡浴、以如練沐。 人が死ぬと10日あまり、哭泣して、もがり(喪)につき肉を食さない。他の人々は飲酒して歌舞する。埋葬が終わると水に入って体を清める。
持衰は人と接せず、虱は取らず、服は汚れ放題、肉は食べずに船の帰りを待つ。船が無事に帰ってくれば褒美が与えられる。船に災難があれば殺される。
倭の山には丹があり、倭の木には柟(だん、おそらくはタブノキ)、杼(ちょ、ドングリの木またはトチ)、豫樟(よしょう、クスノキ)・楺(じゅう、ボケあるいはクサボケ)・櫪(れき、クヌギ)・投橿(とうきょう、カシ)・烏号(うごう、クワ)・楓香(ふうこう、カエデ)。竹は篠(じょう)・簳(かん)・桃支(とうし)がある。薑(きょう、ショウガ)・橘(きつ、タチバナ)・椒(しょう、サンショウ)・蘘荷(じょうか、ミョウガ)があるが、美味しいのを知らない。また、猿、雉(きじ)もいる。
特別なことをするときは骨を焼き、割れ目を見て吉凶を占う卜(ぼく)を行う。まず占うところを告げ、その解釈は令亀の法のように、火で焼けて出来る割れ目を見て、兆しを占う。
集会での振る舞いには、父子・男女の区別がない。人々は酒が好きである。敬意を示す作法は、拍手を打って、うずくまり、拝む。人は長命であり、百歳や九十、八十歳の者もいる。
身分の高い者は4、5人の妻を持ち、身分の低い者でも2、3人の妻を持つものがいる。
婦人不淫、不妒忌。 女は慎み深く嫉妬しない。 不盗竊、少諍訟。 盗みはなく、争論も少ない。
法を犯す者は軽い者は妻子を没収し、重い者は一族を根絶やしにする。
上のもののいいつけはよく守られる。


中国との通交

中国との通交は渡来系弥生人に遡ることができる。近年、DNAの研究が進み、渡来系弥生人の多くは中国大陸の長江流域、江南地方から来たと言われている[58]。更に遡ると現在の中国の青海省付近にまで遡ることができるという調査結果がある[59]。

稲作については、弥生米のDNA(SSR多型)分析によって、朝鮮半島には存在しない水稲の品種が確認されており、朝鮮半島経由のルートとは異なる、中国中南部から直接渡来したルートが提唱されている[60]。

また近年、渡来系弥生人のDNAとお酒に弱い人の遺伝子の関連性が調査されている[61]。
弥生時代の開始についてはかつて中国の春秋戦国時代の混乱と関連付ける考えがあったが、弥生時代の開始年代を繰り上げる説に関連してこれを否定するか、あるいは殷から周への政変に関連付ける考えが検討されるようになった。

中国の史書では、後漢の『論衡』が周代の倭に関する知識を伝え、ついで漢書が前漢代のこととして倭人が多数の国に分かれて住んでおり、使節を送ってくると記している。

『後漢書』(南北朝時代、432年成立)には、57年に倭奴国王が後漢光武帝から金印を授かり、また107年には倭国王帥升(または倭面土國王帥升)が生口を後漢へ献じたことが見える。

三国志の『魏志倭人伝』には、3世紀の倭国の状況が詳しく記されており、邪馬台国の卑弥呼女王が統治していたことなどを伝えている。

中国の三国時代の呉と倭国が公的に交渉を行った文献は全くないが、遺物としては呉の年号を記す画文帯神獣鏡が二面存在する。


世界史を見れば

紀元前、5000年には
メソポタミア、エジプトに文明が興隆し、中国でも黄河文明が興る。

紀元前、5〜6世紀には具体的に次の様な歴史があります。

紀元前597年 - 晋と楚が河南省鄭県の邲において激突し、楚の大勝利に終わる(邲の戦い)。
このころ孫武が出て孫子の兵法を説く。

紀元前595年 - 第一次神聖戦争でデルポイ隣保同盟とキラが戦う( - 紀元前585年)。
紀元前594年 - アテナイでソロンがアルコンに選ばれ政治改革を行う。

紀元前544年 - 一説によると仏陀が入滅した年とされ、東南アジア諸国で使われている仏暦はこの年。 翌年の紀元前543年を元年として起算している。

紀元前540年頃 ギリシア系フォカイア人が南イタリアに植民市エレアを建設。
コルシカ島アレリア沖の戦いで、カルタゴ人とエトルリア人の連合軍がギリシア人・サルデーニャ人の連合軍を破る。

(以上、一般論を語りました)


建国記念日!

おおらかな意味での建国意識は良いとしても、皇紀2600年などと、権威を象徴する必要性はさらさらないと思います。
なぜなら、建国の目安としている時代考証において、同じような時代は、多くの国では2600年ところか、3000年、4000年も前の事になります。

メンテ
Re: 日本会議を甘く見ていいのか? ( No.20 )
日時: 2017/02/24 20:13
名前: コルル ID:Z/2rRbZQ


「日本会議」の存在、あり方自体、、、時代錯誤だ!!こいつらは、マジで日本を乗っ取って昔の戦前の頃の日本に戻したいんじゃないの!!こんな考え方、今の(現代の)日本人に受け入れられない、、、今風な感じではない、、似つかわしくない OLDーFASHIONじゃない。極右でヤクザやどこぞのチンピラ(ごろつき)みたいなもので在日のみんなにヘイト行為を盛んにやる。これ、犯罪をあおっているようなものだね。
メンテ
Re: 日本会議を甘く見ていいのか? ( No.21 )
日時: 2017/02/26 08:12
名前: コルル ID:9sONy9iw

 
 戦後の日本で何がなされたか、事実を受け入れずに真実を歪曲し後生に誤った(偏りのあるイビツな)解釈を押しつけ伝えようという行為は、時代錯誤も甚だしい!!もうコヤツらの「政治ごっこ」は、終わり。。。一体、戦後直後の日本は、アメリカからなんの教訓を得たのかこれじゃ、、、、解らない!???
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存