ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2697] 電力自由化の怪!
日時: 2017/04/25 13:09
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:x0uLbpDo

昨年4月から電力自由化が始まったと聞く。
そういえば最近、いろいろな企業から、わが社と電気の契約をしてくれという勧誘の電話があるようになった。

はじめは、大企業が自分の発電装置を設けて発電し、既成の電力会社の送電網で配給するものと思っていた。
勧誘員にその企業の発電所はどこにあって、どれくらいの能力をもっているのか尋ねるが、相手も何のことか解ら無いらしく話がかみ合わない。

調べて見ると、新規電力会社と言っても自社で発電をするとところは皆無、実際の電力はすべて既成の電力会社から供給すると言う。
それでいて、契約相手を既成の電力会社から我が社に代えていただくと5〜10%は安くなると言う。
なんてこった!とさらにその理由を問えば、

既成の企業は組織が大きく、電気の契約などにかかる費用が多く、その点、新しい企業は合理化しているので経費分安くできると言う事です。
ボーッとして聞いていると、なるほどと思うかもしれませんが、既成の電力会社との契約など、50年も60年も前にやったきり、選択の余地もないので最寄りの電力会社の出先に申請したのみ。
毎月の使用量の検針も、電力会社に依頼された人が知らぬ間に来ている。

電気の契約にかかわる経費を安くするなど、トンでもないごまかし。

しかしながら、何はともあれ、この制度が実施され、多くの人が新しい電力会社と契約をしているようである。
その新しい電力会社の数は昨年4月の時点で100社を超える。
ごく最近は、私の住んでいる地方の大手スーパーでもやりだした。
すでに数百社の規模になっているものとおもう。
こんなものは、マヤカシ以外の何ものでもない。
私の地方のスーパーは10%割り引くと言う。

どうなっているのであろう。

その仕組みについて次のレスで説明するが、要するに契約の形態(プラン)によって差が出てくると言うもの。
各社、それぞれのプランを用意し営業しているようである。

みなさん、このことも冷静に考えられるべきである。
数百社がよってたかって出すアイデア(プラン)など、既成の電力会社でできるもの。
電力自由化などと言わず、既成の電力会社が顧客のためやるべき仕事。

実は、ここに本当の狙いがあるのである。
電気料金は
「総括原価方式」と言い、絶対に赤字にならないシステムを取っています。
福嶋の原発事故でも、それにかかわる費用はすべて電気料金に組み入れられるのです。

そう言った独占企業電力会社は、驚くほどの資産を隠しています。
毎年発表される決算報告は、利益が出ていないように、それこそあらゆる手法で誤魔化しているのです。
そういうことを続けているので、今更、電気料金を下げろと言われてもメンツが立たない。

それで考えたのが電力自由化と称した今のやり方です。
我が国の電気料金アメリカ、韓国の2倍。
ドイツ、ベルギーなど、もともと発電資源に恵まれていないところは日本の倍くらいの国もありますが。
我が国は水力利用など十分な発電資源があり、10〜20%の電力代の低減はできるのです。

安くなることは良いとして、こういうやり方は霞が関官僚の考えること。
政治屋ともには、そのような情熱も、知能もない。

(追申)

結局は我が家も地域のスーパー(新規電力会社?)と契約することにしました。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 電力自由化の怪! ( No.1 )
日時: 2017/04/25 13:29
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:x0uLbpDo

電気料金が安くなる仕組み(理解はしたくないが)


特に2016年度からの経費削減には、「電気代」という新たなキーポイントも登場しています。なぜなら、今年4月にスタートした電力自由化によって、誰でも自由に電気を選べるようになったからです。

これまで電気を独占していた大手電力会社に対抗するべく数多くの新しい電力会社が登場しており、それぞれがよりおトクな電気料金プランを発表して競い合っています。

「そうはいっても、電気料金プランを切り替えるだけで本当に電気代が安くなるの?」

そんな疑問を抱えて、料金プランを変えれば、コストカットにはなりそうだとなんとなく分かっていても、実際の切り替えに二の足を踏んでいるあなたのために、ちょっとまじめに検証してみました。



電気料金の内訳と計算方法
電力会社から請求される電気料金の内訳は、主に次の2つ。


1:基本料金(または最低料金。電気を使用しなかったとしても支払う)
2:電力量料金(1kwhあたりの料金単価 × ひと月の電力使用量)


つまり、わたしたちが毎月支払っている電気代は、毎月一定金額で変わらない基本料金と、その月の電力使用量によって増減する電力量料金、この2つを足し合わせた合計金額なのです!

電気料金 = 基本料金 + 従量料金

電気料金のちょっと豆知識
なお、厳密にいうと、電気料金の内訳には他に次の2つも含まれています。


3:燃料費調整費額
4:再生可能エネルギー賦課金(全国一律)


これらは今回のテーマ、電気代を安くする電気料金プランの選び方には大きく影響を与えないため詳細を省きますが、知っておくとちょっと「電気代の通」になれるかも!?
それでは、電気料金プランを切り替えて電気代を安くするためにはどうしたらよいのでしょうか?ズバリ、基本料金と電力量料金の1kwhあたりの料金単価、どちらかまたは両方が今より安く設定されている電気料金プランを見つければよいのです。

また、電気代の節約には電気の使い方を見直したり、節電に努めたりすることも大切ですが、そもそも基本料金および電力量料金が高く設定されている電気料金プランを契約しているままでは、電気代を大幅に安くするのはむずかしい、ということもわかりますね。

そうはいっても、電気料金プランを切り替えて実際にどのくらい電気代が安くなるのか、がやはり気になるところ。そこで、電力自由化で参入した多くの電力会社の中でも「大手電力会社より誰でも5%OFF!」と特にわかりやすい電気料金プランを発表している、H.I.S.(関東の新電力会社の名前)のでんきに切り替えた場合の電気料金で検証してみました。

H.I.S.のでんき「誰でも5%OFF」のシンプルプラン
H.I.S.のでんきは、その名の通り、全国展開の旅行代理店として知られるH.I.S.が電力自由化をきっかけにはじめた電力会社。

現在、北海道電力・東北電力・東京電力・関西電力・中部電力・北陸電力・中国電力・九州電力のサービスエリアにて電気を供給しています。H.I.S.のでんきの電気料金プランの特徴は、「大手電力会社の従量電灯プランよりも誰でも5%OFF」!

ということはつまり、例えば現在、東京電力の従量電灯プランを契約している人がH.I.S.のでんきの電気料金プランに切り替えると、それだけで電気代が今よりも5%安くなる、ということ!!絶対に今の電気料金よりは5%安くなるなら、安心ですよね。

従量電灯プランってなに?
ちなみに、従量電灯プランとは、東京電力をはじめとする既存の大手電力会社が、電力自由化以前から提供している一番スタンダードな電気料金プラン。

一般家庭向けの従量電灯B、大型住宅や商店など向けの従量電灯C、(関西電力、中国電力、四国電力は従量電灯A、従量電灯B)と2種類の従量電灯プランが用意されています。(沖縄電力は1種類のみ)

電力自由化以降も電気の切り替えをしていな人のほとんどは、おそらく現在も地域の大手電力会社の従量電灯プランに加入したまま、のはず。そのため、電力自由化で新しく参入した電力会社は従量電灯プランに相当する電気料金プランを発表しています。

今よりもおトクな電気料金プランを見つけるには、まずは従量電灯プランを基準に探してみましょう!
さて、それでは実際に、東京電力の従量電灯からH.I.S.のでんきに切り替えた場合、基本料金と従量料金がいくら安くなるのかを検証してみましょう。

東京電力の従量電灯BからH.I.S.のでんきに切り替えた場合

《基本料金》

契約アンペア数
30A…842.40円 → 800.28円
40A…1,123.20円 → 1,067.04円
50A…1,404.00円 → 1,333.80円
60A…1,684.80円 → 1,600.56円


《従量料金》

電力使用量と1kwhあたりの料金単価
120kWhまで…19.43円 → 18.46円
120〜300kWhまで…25.91円 → 24.62円
300kWhから…29.93円 → 28.44円


東京電力の従量電灯CからH.I.S.のでんきに切り替えた場合

《基本料金》

1kVAあたり…280.80円 → 266.76円


《従量料金》

電力使用量と1kwhあたりの料金単価
120kWhまで…19.43円 → 18.46円
120〜300kWhまで…25.91円 → 24.62円
300kWhから…29.93円 → 28.44円


例えば、従量電灯Bを40Aで契約して毎月の電力使用量が403kWhの場合

《月額平均》

11,201円 → 10,643円(558円の節約!)


《年間平均》

134,412円 → 127,716円(6,696円の節約!)


一ヶ月単位では些細な額に思えますが、1年間で6,696円の節約、そして5年間ではじつに33,480円の節約に!ただ電気料金プランを切り替えるだけで電気料金がこれだけ安くなり、経費を削減することができるのなら、見逃す手はないのではないでしょうか?!
電力自由化後も大手電力会社の従量電灯プランを契約しているままなら、基本料金と従量料金がより安い電気料金プランを選んで切り替えるだけで電気代が今よりも安くなる、ということが検証できました。

今回取り上げたH.I.S.のでんき以外にも、電力自由化をきっかけに多くの電力会社が、電気+αのセット割引や各種ポイントサービス、環境にやさしい電気など、さまざまなおトクな電気料金プランを発表しています。

でも、数が多すぎてどの電気料金プランを選んだらよいのかわからない?そんなときは、比較サイトの電気料金比較シミュレーションを試してみるのも一つの手です。比較サイトの最大の強みは一度にたくさんの電気料金を比較できることです

(引用終わり)


上記の記事で

契約アンペア数
30A…842.40円 → 800.28円
40A…1,123.20円 → 1,067.04円
50A…1,404.00円 → 1,333.80円
60A…1,684.80円 → 1,600.56円

左の数字が右の数字になる根拠が書いてないでしょう。
また、新規電力会社の地域性も全くなく

契約情報さえあれば、どの電力会社も全国をシェアーをすることができるのです。
ちなみに、私に勧誘してきた企業は、インターネットのブロバイダーであり、私への連絡方法や一定の関係があるからです。
という事は、新規電力会社というものは、最終的に既成の電力会社へ渡る電気料金の単なる経由機関にすぎません。

そんなシステムのどこに電気代が安くなる要因があるのでしょう。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存