ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2717] 法廷で訴因の変更をした鶴田小夜子検事正と自死疑惑
日時: 2017/06/16 21:11
名前: 遂犯無罪 ID:uO3yEXTg
参照: http://www.suihanmuzai.com

以前に頂いたご意見に、刑事一審で起訴事実を認めて、二審で否認に転じたのは何故か、これは高橋真検事の起訴事実「投函ビラ」は公訴時効が完成しており、法廷で犯罪事実は認めて、公訴棄却とすべきと主張しようと考えた。

ところが法廷で、鶴田小夜子検事が読み上げた起訴事実は「投函ビラ」でなく、八王子検察庁脇のビルに貼った抗議ビラ、これに混乱してしまい、気がついたら結審されていた、法廷で訴因の変更をしたのである、もちろん違法手続きであり、たぶん高橋検事は関わっていなく上司鶴田の職務行為だろう。

では何故に法廷で弁論の併合がされたのか、これで思い出すのは、拘留期限寸前に検察は追起訴をした、たぶん告訴事実が時効と知り、慌てて「貼紙事犯」を持ち出して弁論の併合をした、この疑問を民事提訴時に、赤沼弁護士に話したところ、名誉毀損で追起訴とは有り得ない。

この法的根拠は解らないが、たぶん名誉毀損は親告罪という点にある、つまりで捜査機関が単独で逮捕や捜査はできず、一旦に起訴したら起訴内容を勝手に検察は弄れない、だから追起訴とは有り得ない、そういうことだろう。

この違法手続きに加えて、高橋真作成の須崎検事面前調書の署名指印偽造の犯人は、たぶん鶴田小夜子だろう、だから57歳の在官中に自死したのだろう。

鶴田小夜子
http://www.suihanmuzai.com/090729.jpg.html

鶴田小夜子検事正への抗議書
http://www.suihanmuzai.com/090319.jpg.html

鶴田小夜子 画像
https://www.google.co.jp/search?q=%E9%B6%B4%E7%94%B0%E5%B0%8F%E5%A4%9C%E5%AD%90%E3%80%80%E7%94%BB%E5%83%8F&hl=ja&rlz=1T4PLXB_jaJP735JP735&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwjxsdWtpMLUAhUCqJQKHRwlCrAQsAQIJQ&biw=1024&bih=580
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

立川支部が平謝りする記録廃棄の不始末 ( No.1 )
日時: 2017/09/13 21:43
名前: 遂犯無罪 ID:0bsodcQU
参照: http://www.suihanmuzai.com

本日13日、立川支部記録保管担当の書記官から、誤って記録廃棄した件で連絡があった、廃棄処分したことを咎めるのはクレーマーのようで見苦しく止めるが、この誤りを始末書的な書面にして渡すのは出来ないという点に関しては納得できず、ネット上でこの裁判所の職務怠慢に抗議する。

立川支部が平謝りする記録廃棄の不始末
http://suihanmuzai.com/index5/170913.jpg.html
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存