ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2741] 自衛隊日報問題
日時: 2017/07/29 15:13
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:NJ2BVrYk

南スーダンに派遣されている陸上自衛隊の廃棄されて入りはずの業務日報が見つかった事について、色々と揉めていてついには稲田防衛相の辞任にまで至った事について、漫然と見ているだけでは何が何だかわからない。

そこで時系列を追って整理してみた。

南スーダンへのPKOとして陸上自衛隊が派遣されたのは2011年
その後、2015年には安保法制の改変にあたり自衛隊の海外での活動について議論が高まっていた。
2016年7月 おりしも自衛隊派遣地の近くで大規模な戦闘(死傷者150人)が起き、自衛隊員は業務日報で戦闘という言葉を使い記録していた。
2016年9月になって布施と言う男性ジャーナリストが、このことに興味をもち、当時の自衛隊の情報を知ろうと防衛省に情報開示を求めた。
普通は1ヶ月くらいで回答があるはずであったが
2016年12月になって、防衛省からは、日報はすでに廃棄されているので教えられないと言う回答があった。
自衛隊では日報などの文書は1年で廃棄すると言う内規があるらしい。
2017年1月 疑問に思ったジャーナリストは自民党の河野太郎と共に再開示の申請を行った。
同年1月には、問題の日報が自衛隊にある事が確認されている。
この時は防衛相、稲田も再調査を防衛省に指示した(防衛監察本部の監査を指示→この報告はつい先日になって行われたもの)
2017年 2月7日になって防衛省は日報の存在を公表した。
同時に発見された日報は、公式なものではなく個人のPCに保管されていた個人データなので、公式な効力は認めず改めて廃棄することを指示した。
この時の会合には、黒江防衛事務次官、岡部陸上幕僚長が出席し、廃棄の指示は事務次官から示された。
かつ、個人的ではあるが日報が存在していたことは公表し無いと言う方針を稲田防衛相にも報告した(2月15日)
同時に陸上幕僚長からも、日報は存在していたと言う報告がなされた(13日 だが稲田は受け取っていないと言っている)
日時が過ぎて 3月16日 稲田防衛相は国会で民進党議員の質問に対して、日報の存在、及び廃棄の報告は受けていないと答弁していた。
さらに進んで 4月16日 NHKがこの問題を取り上げ、匿名の自衛隊員を出席させて日報の存在を報道した。

後は御存知の通りの大騒動。
稲田も馬鹿だが、馬鹿な稲田を翻弄した防衛相はさらに悪い。

現地の自衛隊員が実際に起きた事を正確に記録することは、それが使命であり、その時点で嘘をつくのは、それこそ軍人に非ず。
問題は、その事実を政治的に処理しようとした防衛省幹部の認識にある。

安保法制が通った直後での問題の事態を封印することは、対、安倍と言うフレーズでは認められても、事は国防の問題。
こんな問題をすり替えるとは、戦前の満州国での状況をまともに報告しなかった連中と同じことあり、絶対にあってはならないことである。
こんな事を許しておいて、憲法改正もあったものではない。
自衛隊員がリークしたことを挙げて、シビリアンコントロールがなされてないなど、ふざけるではない。
安倍内閣の姿勢、防衛官僚の姿勢こそ戦前の軍部のそれではないか。

黒江事務次官に関わらず、防衛省全体で、これに関わった者は、即刻懲戒免職。
安倍も首相を即刻罷免すべき不祥事であるのであるが、なぜか、大きな問題とはしたがらない様だ。


目先の事象に囚われ、言いやすいことだけを評論しガス抜きを計るコメンタータ、似非インテリよ
あんたらも公衆の前に出てくる資格はないのだよ。


メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 自衛隊日報問題、大日本帝国陸軍と全く変わらん体質や ! ( No.1 )
日時: 2017/07/29 19:13
名前: 贅六@関西弁 ID:50slKd3g

戦前、ワテら銃後の日本人は、どんだけ政府と軍部に騙されて来たか! 思い出すだにムカムカしまっせ!

その戦前の軍部の体質と全く変らん顔を見せてるのが、今度の“南スーダン派遣自衛隊”の日報隠ぺい問題でおます。

ま、言うてみたら、昔の陸軍大臣に当たるのが「防衛大臣」(今は、陸、海、空、の三軍を統率するだけに、陸軍大臣より強大な権力)ですけど、此れが口先ばっかりのセコイ小母はん大臣では、職責は全うできまへんし、内部からも夙に不満の声が出てたて言いますっしゃないか! 今度漸く辞任しましたけど、元々不適格やし全くその器やおまへん。 

安倍晋三は余りにもオトモダチ重用がひどすぎます。内閣の人事もそうやし、行政の方針も 森友、加計、で示されるようにオトモダチ優遇ですがな。
東北大震災の時に、米軍の「オトモダチ作戦」を受けたから言うて、何も真似せんでもエエのんとちゃいますか?

今日の、稲田辞任、岡部陸上幕僚長辞任、黒江防衛事務次官更迭、を見て、新しい日本の軍事関係者も、やっぱり旧帝国軍部と変わってない事が証明されました。

そんな事より、

今北朝鮮の脅威が、益々リアリティを見せてますのに、日本の防衛省は如何言う事を考えてますねんやろねェ。 自民党は戦後一貫して米軍の核の傘を頼りにして、近隣への外交姿勢を構築して来ましたけど、ワテから言わしたら、そんな事屁のツッパリにも成らん幻想でおますわ。

米軍の核が有ろうが無かろうが、北が一旦暴発したらミサイルがぼんぼん飛んで来ます、通常火薬でも日本の基地へ落ちる奴が逸れたらえらい事やのに、其れが核弾頭やったら日本は壊滅しまっせ! 
ICBM防衛システムの、Pac3や、THAAD、なんかほんまは命中率が低すぎて、糞のツッパリにも成りまへん。
北朝鮮が選択する戦術は、陸軍でも海軍でも空軍でもあらしまへん、ミサイル一本槍でおます。
此れの前では米軍も韓国軍もムロン自衛隊も、全くの無力でおます。

「ほんならどないするねん?」ちゅう事ですが、敵対と制裁では何の役にも立ちまへん。あいつ等を飼い馴らす事だす。当面、北の体制を容認する事を約束して、安心させますねん。北は早晩体制が崩壊します。崩壊しないまでも近隣との理性的国交が望めます。

其れを実行するのは勇気ある政治家の高度な交渉能力以外に有りません。今の自民党にはおまへんけどね。 
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存