ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2801] ▲足立 議員の 問題の研究を どうぞ
日時: 2017/11/19 02:18
名前: 「南の島 九州 達磨」 ID:fYHGNMEg メールを送信する

/Users/fukuyamatoshihiro/Desktop/⚫⚫日本維新の会の足立康史 議員 事件▲2017-11-18 /「朝日新聞、死ね」で物議…維新のネトウヨ議員・足立康史のトンデモ暴言と安倍首相への信奉ぶり|LITERA▼2017-1-19 /1〜4 「朝日新聞、死ね」で物議…維新のネトウヨ議員・足立康史のトンデモ暴言と安倍首相への信奉ぶり|LITERA▼2017-1-19 .webarchive


「糾弾 日本の政治改革」 の 皆様

i-net で 「LITERA」は 日本で最高の
 意見・批判の  HP では?  と 思います


「天橋立 愚痴 人間」様

「LITERA」ご参照で  「糾弾 日本の政治改革」に
 紹介を  どうぞ



「南の島 九州 達磨」


「事実新見」  報道部

「検事・裁判官・警察官・マスコミ・弁護士・「公務員」ヤクザ犯罪  追求委員会」



メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: ▲足立 議員の 問題の研究を どうぞ ( No.1 )
日時: 2017/11/19 22:55
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:SnaWzQPk

達磨さんの言いたいのは下の様な事ですね。

日本維新の会の足立康史議員が11月15日の衆院文部科学委員会で、立憲民主党の福山哲郎幹事長と希望の党の玉木雄一郎代表を名指しして「私は犯罪者だと思っている」と発言。立憲民主党などから反発の声が出ている。

足立氏は質疑の中で、加計学園をめぐる問題に関して以下のように述べた。

立憲民主党の福山哲郎幹事長、これ献金もらってるんですよ、獣医師会から。希望の党の玉木雄一郎代表、これ献金もらってるんですよ

献金をもらって、仮に請託を受けて、あっせんをし、国会質問をしていれば、普通に考れば、お金を貰ってあっせんをすれば、あっせん利得罪、あっせん収賄罪、様々な疑惑が取り沙汰されています。すなわち、犯罪者である。ま、犯罪者とは言いませんよ。私は犯罪者だと思っていますけど個人的には

■足立氏「犯罪者が政府を取り囲んで非難」
足立氏は、「李下で冠を正した政府の周りを、犯罪者たちが取り囲んで非難しているというのが今の国会」と主張し、冨岡勉委員長に「自由討議でもいいので野党の議員についても質問し答弁を得る機会をセッティングしてほしい」と求めた。

これに対し、冨岡委員長は「ここは文科委員会の席でございます。私見は伺いますが、しかる委員会等にご提案を」と諌めた。

委員会室では足立氏に対し「それは失礼だろ」という声も挙がった。

それでも足立氏は、「国会が政府だけ追求していてはダメなんですよ」「犯罪者たちが、犯罪者の疑いがある人たちが(政府を)追求しているという茶番劇」などと発言し続けた。


(引用終わり)

足立の背景について動画を紹介しましょう。

安倍総理 櫻井よしこ氏 足立康史氏 公開憲法フォーラム 足立氏「民進党は今日もNHKで森友学園と言っててびっくりした」爆笑 総理「命を懸けて国を守っている自衛隊が違憲なのはおかしい!」

https://www.youtube.com/watch?v=3FDZybFDSyA


櫻井とか足立とか、このようなチンピラ右翼がいるのですね。

「北一輝」

は日本の右翼の代表の様に言われていますが、その内容を良く見て下さい。

幼名は輝次、20歳の時、輝次郎と改名。1911年(明治44年)中国の辛亥革命に参加し宋教仁など中国人革命家との交わりを深め、中国風の「北一輝」を名乗るようになった。右目は義眼であった。早稲田大学文科聴講生の時に、階級制度の廃止や労働組合の組織等、社会主義に傾倒する。
北は、国家社会主義者として、1906年(明治39年)23歳の時、千ページにおよぶ処女作『国体論及び純正社会主義』を刊行し、大日本帝国憲法における天皇制を激しく批判した。
内務省はこれを「危険思想」と見なし、直ちに発売禁止処分とし、北は「要注意人物」として警察の監視対象となった。
日本国内での発言と行動の場を奪われた北は、宮崎滔天に誘われ、孫文らの中国同盟会に入り、1911年(明治44年)中国の辛亥革命に宋教仁らとともに身を投じることとなった。
1920年(大正9年)12月31日、北は、中国から帰国したが、このころから第一次世界大戦の戦後恐慌による経済悪化など社会が不安定化し、そうした中で1923年(大正12年)に『日本改造法案大綱』を刊行し「国家改造」を主張した。

結局は、2.26事件の理論的支柱となり事件後死刑に処されたが、

それとは別に

「明治維新の本義は民主主義にある」と主張し、大日本帝国憲法における天皇制を激しく批判した。
すなわち、「天皇の国民」ではなく、「国民の天皇」であるとした。国家体制は、基本的人権が尊重され、言論の自由が保証され、華族や貴族院に見られる階級制度は本来存在せず、また、男女平等社会、男女共同政治参画社会など、これらが明治維新の本質ではなかったのかとして、再度、この達成に向け「維新革命」「国家改造」が必要であると主張した。

我が国の社会主義思想の草分けとも言える。

(引用終わり)

確かに国家主義志向ではあるが、それは飽くまでも日本と言う国、日本民族が作る国はどの様にあるべきかについて、当時の軍国主義さ中において主張して、当時の皇国思想を糾弾した人物。

その思想の良し悪しは別として、櫻井や足立の様に街宣右翼程度の奴とは比較にもならない。
私は北一輝とは違うが、西洋の取り入れるべき所は取り入れても日本らしいものは残さねばならないと言う意味で、真正右翼を自称してはばからない。

でが櫻井や足立などのカスとは厳しく区別していただきたい。
奴等は不快なゴミに過ぎない。


(2.26事件考)

2.26事件(クーデター)が成功していたら、太平洋戦争は避けられたか!

少なくとも東条英機に代表されるような軍事政権は現れ無かったかも知れない。
しかしながら彼らの目標は天皇に主権を渡し天皇親政を確立して困難を乗りきろうとしたもの。
昭和天皇自身が英雄的存在で、その能力があれば別であるが、結局は天皇の取り巻きを変えるだけに終わり、大きな歴史の方向が変わったとは思えない。

まあね、小さな島国でありながら、アリューシャン列島から韓国、満州、中国へ派兵し、インドネシア、オーストラリア近くの島々まで軍隊を派遣するなどの馬鹿げた事はしなかったかも知れない。
その様な地域を統治するならば2000万人の軍隊があっても足りない。
2000万人の軍隊を稼働させる力など、もともとない。
本当に当時の軍部は馬鹿な奴等であったのだ。
晩年の豊臣秀吉よりの狂っていたのだ(蛇足)。

ところで、2.26事件は北の次の主張と相反する。
>「明治維新の本義は民主主義にある」と主張し、大日本帝国憲法における天皇制を激しく批判した。

北が焦ったのか、何かのアクションを起こしたかったのか、それは解らない。
ついでに言うと、三島由紀夫の右翼は認めない。

彼のは単なる個人的、文学的思惑にすぎないと思っている。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存