ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2813] 日本の「天皇陛下」の役目 効果を教えてください
日時: 2017/12/02 07:35
名前: ▲「南の島 九州 達磨」 ID:zdXrGtXQ メールを送信する

今 「天皇陛下」の退位ニュースが 多いが 震災被害者 「原発」被害者 戦死者の家族を 助ける
「天皇陛下」は 居ないのでしょうか
「自民党」議員も 全部で 「政調費」で泥棒し安倍首相も ガリガリ君を被災者を助けず

被災者の血税で 買って盗む事実犯罪の「自民党」です

「天皇陛下」は 「自民党」血税泥棒議員を 何故 指導しないのか


最大の疑惑です

日本の右翼様 被災者を 「天皇陛下」を 指導して

日本国民を 助けて 下さいませ

日本の良心の 最高の右翼様に 期待しますぞ


「南の島 九州 達磨」

「検事・裁判官・警察官・マスコミ・弁護士・「公務員」ヤクザ犯罪  追求委員会」
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 日本の「天皇陛下」の役目 効果を教えてください ( No.1 )
日時: 2017/12/02 14:47
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:pGaS8mow

「達磨さんに催促されて  天皇論」スレッドでも書いていますが、達磨さんは、天皇の事が余程気になる様ですね。
https://www.kyudan.com/cgi-bin/bbskd/read.cgi?no=294

これは、現代流の民主主義の概念からは答えられないでしょう。
否、答える事は出来ないはずです。
答えるべきではないはずです。

それはと言いますと、現代流民主主義の思想は、そんなに完璧なものではないからです。

イギリスの元首相チャーチルの言葉の中に

>「民主主義は最悪の政治形態であると言える。ただし、これまで試されてきたいかなる政治制度を除けば。」

という言葉があります。これは政治の面(つまりは多数決の論理)について主に語ったのですが、政治の分野以外に、飽くことなき個人の権利、自由の主張を容認する事が本当に人間社会で実現できるのか、実現できるとしても、それは幸せな状況なのか。

その答えを見ることなく、考えることなく民主主義に浮かれてしまっているのでは無いでしょうか。
それが現代社会の、格差とは異なる、もう一つの大きな問題ではありませんか。

人間社会の有り様は、人類発生以来の課題であり、人間集団の成り立ちは、婚姻制度や家族、社会の仕組みなどを神話・伝説に始まり呪術・宗教など介して展開してきました。

現代社会の単位、国家と言う概念が出来たのは1万年くらい前からの事です。
その流れの中で間違いなく共通してきたのは、人間は群れを成して生活しているという事です。
他の動物界でもそうですが、ある程度知能の発達している動物は大抵は群れをなして生きています。

その群れにはボス的存在がいます。
人間社会も、社会の大小に応じてボスを中心に社会を形成してきました。
群れの首長から豪族、王が出てきて、さらに王に変る独裁者が群れを導く時代が相当長く続きました。

現代社会でも、いくら民主主義の社会と言っても、ボス的権限、つまりは統治の権力は存在しています。
その様なものが存在しなければ群れは自立できないのです。

所が時代時代に出てくる独裁者は、常に権力を私物化する傾向があり、常に民衆と対峙してきました。
しかしながら、ここが矛盾するところで、独裁者などいらないと言いながら実質的には権力者を必用としてきたのが人間の社会です。

古代の呪術の世界では、現実社会の権力は儀式を司る呪術師であったと思われるが、呪術師の思考は民衆の赴くべき方向を天に尋ねて答えるという形式を取っていました。

その答えを民衆は、自分たちの方向と信じて物事に対処していたと思います。
勿論、その呪術師に言うことが何時も正しかったとは言えません。

その事は別にして、民衆と言うものは、何かの暗示、啓示を求める傾向があるものと思います。
もう、集団心理学の領域ですが(文化人類学)科学が幾ら発達しても人間の深層心理は科学ほどに変っているとは思いません。

このような思いから、人間社会で、天とか神とかの存在を全て払拭できるか否かの検証が必要となります。

個人個人の感情はいろいろとあるでしょうが、総体としてみて、旧イギリス連邦諸国でイギリスから移住してきた人々の間でイギリス王室を親しく感じても憎む傾向は無いでしょう。
ロシア、ドイツ、フランスなど西欧諸国において王室は無くなっているが、国民の心の奥底には王室への感慨が生きているものと思います。
アメリカインデアンなども、自分達だけで暮らしていた頃の民族の伝統を思う心が残っているでしょう。

また反対に、SF映画で描かれている未来社会に皇帝と言われる人の存在が良いにしろ、悪いにしろ良く出てきます。
人類にとって群れの象徴とはこのようなものでしょう。

さて初めに返り「天皇制」ですが、
天皇を漠然とした群れの象徴と見るか、そういう存在など無用と見るかの話です。

勿論、象徴と言っても、天皇が時の権力と結びつき、邪悪な存在であった事も否めません。
実際に天皇家、その他の王家が実験をもち民衆を虐げてきた歴史もあります。

そのすべてを含んで、群れの象徴としての「天皇」を認めるか、認めないかの話しです。
私は、弊害は乗り越えて、群れの象徴としてみなせる天皇の存在を認める方です。

また天皇に変る、何かがあれば天皇など不要とも思います。

(追伸です)

もっと平たく言えば、我々が墓を守り先祖を大切に思うことと同じですね。

いわゆる、自分の存在のルーツを確かめている心情です。

まあ、最近は、墓などいらないという人も多くなってきていて、私の論理など通じないとおもいますが。

しかしながら、それで良いのでしょうか。

民主主義的思考を極限まで追求した社会が、本当に幸せな社会となるのでしょうか。

神も天も意識しない人間社会とは、どの様な社会になるのでしょうか。

私は常々、西欧民主主義の限界を考えています。






メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存