ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2896] ▲「地産地消」 地球的資源の節約・金銭も
日時: 2018/01/07 14:07
名前: 「南の島 九州 達磨」 ID:LF5TkktY メールを送信する

▲「地産地消」 地球的資源の節約・金銭も

2018-1-6現在 版(毎月・毎時 改善版が出ます)


◆ 地元の産物を買う
  代金も地元に落ちて青年の職場が増加

◆ 代金も地元商店還元し 地元の活性化が可能
  1 地元の米・牛乳を買う
     「越後の米」・「北海道 の牛乳」は イメージは良いが
       遠路中東から運んだガソリンの運搬無駄
  2 野菜・魚貝類も地元産を買う

◆ 「 JA佐賀牛乳 」は佐賀県の牛で 阿蘇などの遠路から運ばないので節約です  
  1 中東から遠路輸入のガソリンを 遠路から牛を運ばず 無駄に使わない
  2 グリコの牛乳加工場は 地元佐賀市に あるので

◆ 無駄包装を買わない
    例えば小さい包装の食品は大きい量の包装を買う(包装の無駄無い)

◆自動車は「軽自動車」で
  1 税金も安い 
  2 ガソリン代も安い 
  3 地球温暖化の排気量も小さい

◆買い物は本社が県内のスーパーで
 1 買った販売代金は他県に行って地元経済の不景気になる
 2 佐賀県内の本社のスーパーは
      「ダイレックス」 「アルタ」 「CO-OP佐賀生協」 「ユートク」 
      「モリナガ」・・・・で十分の店舗がある

◆ 養殖ブリ・ 鯛は食べない
  1 餌の鰯・秋刀魚が青魚で健康に良いし価格も安い
  2 いろいろの養殖・運搬・資源の無駄も 無い

◆ 料理上手の奥様は「殺人犯人」です
  1 美味くない料理はご飯一杯しか食べないが
     料理が美味いと2杯・3杯と食べて早死の原因です
      健康には 少量で 充分健康可能です

◆常時使う「トイレット ペーパー」・「チッシュ ペーパー」は
  下記の資源節約型を 買う
  1 「トイレット ペーパーは」 普通の幅は 114oだが
              探すと 狭い幅は  95oが ある

      地球的 森林資源が 約20%も節約可能     
      世界から運ぶガソリンが20%も節約可能
        包装の段ボール箱も20%も節約可能
           トラックにも20%多く積載可能で 節約可能
          便所で使用後も20%の処理費が節約可能

  2 「チッシュペーパ」も 大体 同じ です
      約20% 節約可能です

    使う機能は 全く同じ 嫌みも 完全に無し


◉ 赤字の家計節約法
  1 無駄な買い物をしない
  2   陰の声=奥様も共有が 無駄節約で 家計節約で良いぞ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「糾弾 日本の政治改革」の皆様も
 無いか? 気づいたら 節約を 投稿よろしく

皆様の投稿を  積み上げて
1 「地産地消」
2 地球資源の 節約集  の完成を よろしく

3 健康の憲法
4 毎日の健康食品
5 社会生活の 問題発生時・困った問題発生時の
    相談先の ▲横断先リストの 作成
6 ・・・・
7 ・・・


をここ「糾弾 日本の政治改革」で
   「天橋立愚痴人間」様・
    読者様
    投稿者様 皆様の

 ご指導 ご強力で  作り上げたら 便利では?

「天橋立愚痴人間」様 ご意見と ご指導を よろしく


「南の島 九州 達磨」
「事実新見」報道部

「検事・裁判官・警察官・マスコミ・弁護士・「公務員」ヤクザ犯罪  追求委員会」










メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: ▲「地産地消」 地球的資源の節約・金銭も ( No.1 )
日時: 2018/01/07 15:35
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:MtTgVhks

>地産地消

達磨さん、良いですね。

現在のグローバル化した経済の一番問題点は、生産地と消費地がかけ離れてしまっている事です。

私たちは日常買い物をしますが、食料品、家電製品のみならず、魚釣りの餌まで輸入品が多くなっています。
日本製品に比べて安価であり助かりますが、一方で、それらの商品の生産に従事する事はありません。

要するに生産する事による収入の道が無いのです。
これでは、いずれ手持ちの金がなくなってしまいます。

生産に従事する以外にサービス業があるではないかと言いますが、それだけで多くの人の仕事は充足できません。
またサービス業は不安定な要素が大きく、安い給料でこき使われることが多いです。

かつて、日本は低賃金を良いことにアメリカなどへ輸出攻勢をかけて好景気に沸きました。
また、生産技術の発達は、生産多くを大組織のオートメーションに頼る事になり、中小零細企業は生産の場から弾き出されてしまいました。

その結果が現代なのです。
経済のシステムから弾き出され、消費することのみを強いられている我々の救いの道は、昔の様に地域で循環する経済圏も持つことです。

「地産地消」

そのものが必要とされているのです。
ですが人間と言うものは勝手な生き物、口先で言ってはいても、結局は安価な輸入品へ向かいます。

付加価値の高いものを生み出す、果物でも品質の良いものをつくり、少々値が張っても買いたいものと作る、など、既にいろいろと試みられてはいるようです。

しかしながら、もう一つ文化と言う面での醸成も必要なのではないでしょうか。
それは身近なもの、生活、風習を見直す気持ちではないかと思います。

聞くところによれば、台湾やタイなどでは、未だに露店の数が多いそうです。
日本では30年ころまではまだ各地に出ていた屋台のおでん屋もほとんどなくなりました。

金だけではなく身近な生活方式を望む気持ちの高まりも必要でしょうね。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存